「アニメ」カテゴリーアーカイブ

『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE~2人の英雄~』入場者プレゼント決定!


映画情報どっとこむ ralph 2014年7月より週刊少年ジャンプ(集英社)にて連載され、2016年4月よりTVアニメ放送がスタートとなった大人気作品「僕のヒーローアカデミア」。

既刊18巻のコミックスのシリーズ累計発行部数は1500万部を突破し、現在毎週土曜夕方5時30分に日本テレビ系全国ネットでTVアニメ第3期が放送中の「ヒロアカ」が、ついに今年8月3日(金)に初の完全オリジナル劇場版長編アニメーション作品が全国ロードショー!
物語の舞台は総人口の約8割が何らかの超常能力「個性」を持って生まれる世界。事故や災害、そして「個性」を悪用する犯罪者・ヴィラン敵から人々と社会を守る職業・ヒーローになることを多くの若者が夢見る中で“無個性”で生まれてしまった主人公・緑谷出久(みどりや いずく/通称:デク)が、ヒーロー輩出の名門校である雄英高校に入学し、一人前のヒーローを目指して成長していく。

映画情報どっとこむ ralph そしてこの度、劇場来場者全国合計100万名様限定で、入場者プレゼント「僕のヒーローアカデミア Vol. Origin(ボリューム:オリジン)」の配布が決定いたしました!堀越耕平先生がこの入場者プレゼントのためだけに描き下ろした限定イラストが表紙になったコミックスには、なんとこのここでしか読めないマンガが掲載!更には、堀越先生が学生時代から憧れ続けている「ONE PIECE」の作者・尾田栄一郎先生との夢の対談が実現!今まで聞くことができなかった「ヒロアカ」、そして「ONE PIECE」の制作秘話や、お互いの印象などが盛り沢山に語られた対談は、ジャンプファン必見の永久保存版!それに加えて、ヒロアカキャラを徹底大解剖したキャラクター設定資料集も収録。この夏、映画館でしか手に入らない超貴重な大ボリューム入場者プレゼントを必ずゲットしよう!
※お1人様につき1つプレゼント。
※8月3日(金)より映画「僕のヒーローアカデミア」上映館でもらえます。
※劇場により数に限りがありますので、プレゼント終了の際はご了承ください
※プレゼントは非売品です。転売目的でのご購入はご遠慮ください。
※詳細は劇場スタッフにお問い合わせ下さい。
映画情報どっとこむ ralph 僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~

※「英雄」に「ヒーロー」とルビが入ります
2018年8月3日(金) 全国東宝系にてロードショー!


映画公式サイト:http://heroaca-movie.com/

<主題歌>
菅田将暉「ロングホープ・フィリア」(EPICレコードジャパン)
菅田将暉の新曲「ロングホープ・フィリア」は本映画のために制作した楽曲で、作詞・作曲を秋田ひろむ(amazarashi)が担当。菅田将暉の楽曲がアニメーション映画の主題歌になるのは本作が初めてとなります。
2018年8月1日にニューシングルとしてリリース、7月14日(土)から先行配信されます。


<ゲスト声優>
●メリッサ・・・志田未来

デクが<”I”アイランド>で出会う”無個性”の少女。”個性”がないことに悩みつつも、
尊敬する父デヴィットのような科学者になるべく、 明るく前向きな性格をもって日々努力を続けている。


●デヴィット・・・生瀬勝久

メリッサの父親で、若き日のオールマイトが海外で活躍していた時の相棒。
世界的な科学者で、多くのヒーローのサポートアイテムを開発している。
オールマイトのコスチュームを開発したことも。


<あらすじ>
白熱の期末試験が終わり、夏休みの林間合宿を控えた雄英高校メンバー。
デクとオールマイトは、ある人物からの招待を受け、海外に浮かぶ巨大人口移動都市<I・アイランド>を訪れていた。
世界中の科学研究者たちの英知が集まったまさにサイエンスハリウッドのような島で個性やヒーローアイテムの研究成果を展示した<I・エキスポ>が開催される中デクは“無個性”の少女・メリッサと出会う。
メリッサに、かつて同じ“無個性”だった自分を重ね合わせるデク。
その時、突如
鉄壁のセキュリティを誇るアイランドの警備システムがヴィラン敵にハッキングされ島内全ての人間が人質に獲られてします!
いま、ヒーロー社会の構造を揺るがしかねない【ある計画】が発動する-!
その鍵を握るのは、ナンバー平和ワンのヒーロー象徴・オールマイト。      

夏に向けてより一層盛り上がりをみせる『ヒロアカ』に今後もご期待ください!

映画情報どっとこむ ralph ≪TVアニメ≫
『僕のヒーローアカデミア』新シリーズ第3期絶賛放送中!

毎週土曜夕方5:30(※一部地域を除く)/読売テレビ・日本テレビ系全国29局ネット
【1期】 放送時期:2016年4月~6月 / 放送局:MBS・TBS系 毎週日曜 17:00~
【2期】 放送時期:2017年4月~9月 / 放送局:読売テレビ・日本テレビ系 毎週土曜17:30~
●世界148ヵ国にて配信
●FUNimationによる北米での配信:2017年4月期、7月期で再生数No.1を獲得

***********************************

声の出演:山下大輝、三宅健太、岡本信彦、佐倉綾音、石川界人、梶裕貴
志田未来、生瀬勝久

原作・総監修・キャラクター原案:堀越耕平(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:長崎健司
脚本:黒田洋介
キャラクターデザイン:馬越嘉彦
音楽:林ゆうき
アニメーション制作:ボンズ
公開日/2018年8月3日(金)
©2018「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE」製作委員会
©堀越耕平/集英社


木村文乃、尾野真千子、オダギリジョー,坂口健太郎ら声優参戦!『ちいさな英雄 ―カニとタマゴと透明人間―』コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 昨夏、『メアリと魔女の花』を発表したスタジオポノックが、制作レーベルとして「ポノック短編劇場」を新設し、この夏、第一弾となる『ちいさな英雄 ―カニとタマゴと透明人間―』が8月24日(金)に全国公開となります。

“子どもたちから大人まで楽しめるアニメーション映画を作りたい”という志からスタートした本プロジェクト。 “ちいさなものの中にこそ大事なものが込められている”3つの奇跡の物語が誕生します。

そして!

豪華 3作品の キャスト&スタッフが発表 &コメントも到着!

兄と弟の勇気、母と子の絆、そして、たったひとりの闘 い。愛と感動の “英雄たち”の3つの物語で、奇跡のコ ラボレーションが実現!追加キャスト&スタッフが発表、あわせてポスタービジュアルも解禁となりました。

映画情報どっとこむ ralph 『メアリと魔女の花』の米林宏昌監督が自身初となるオリジナ ルストーリーで挑む、カニの兄弟の大冒険ファンタジー 『カニーニとカニーノ』には、木村文乃が主演カニーニ 役でカニ役に初挑戦。弟のカニーノ役には鈴木梨央が扮しカニの弟役で出演決定!音楽は『思い出のマーニー』『メアリと魔女の花』に続き、村松崇継が米林監督と3度目の タッグを組みます。

『カニーニとカニーノ』

▼木村文乃(カニーニ役)さん
初めてお話をいただいた時、カニ役のお兄ちゃんということでどんな風になるのか、と思っていましたが、絵コンテで 米林監督の映画の世界観に触れて想像が広がり、とてもワクワクしています。全編、カニ語!?ということで、どのよ うに演じていくのか今から楽しみです。

▼鈴木梨央(カニーノ役) さん
米林監督が、初めて男の子を主役にされた作品だと聞いて感動した事、その作品に私も関わる事が出来るとわかった 時は、驚きと喜びで全身に鳥肌が立ちました。男の子の役は初めてですが、カニーノの気持ちになって、カニーニと 大冒険をしていく様子をしっかりと演じきれる様に精一杯頑張りたいと思います。

▼村松崇継(音楽) さん
絵コンテを頂いた時、これが短編映画?と感じるくらい、短編とは思えない展開やスケールに正直、驚かされまし た。そしてこの映画は、家族愛、兄弟愛、何をテーマにしているんだろうと思った時、あっ、この映画は、今、この 現代だからこそ届けたい全ての愛を表現しているんだということにも気付かされました。 絵コンテ状態から既に感じる圧倒的な絵の美しさとスケール感。息を飲むスペクタクルな展開。 この世界を自分が、音楽で表現させてもらえることに今は、ただただ幸せを感じています。

映画情報どっとこむ ralph 巨匠、高畑勲監督の右腕として活躍した鬼才・百瀬義行監督に よる実話を元に描いた母と少年の愛と感動の人間ドラマ 『サムライエッグ』。出演は尾野真千子、篠原湊大(9 歳)、 さらに坂口健太郎が参戦!たまごアレルギーをもった少年シュンとその家族が懸命に生きる姿を描きます。日本ポ ップス界を牽引する島田昌典が映画音楽を手がけます。

『サムライエッグ』

▼尾野真千子(ママ役) さん
本格的な声のお芝居は初挑戦でした!とにかく難しい。声優というお仕事を尊敬した時間でした。 でもやはり伝えたいという気持ちは変わらず一つ一つ大切にお芝居させていただきました。 この物語がたくさんの人に届きますように。

▼篠原湊大(シュン役) さん
オーディションでは関西弁に気をつけながら「ぼくはシュンだ!」と思いながら初めてのアフレコに臨みました。極度 のたまごアレルギーのシュンになりきり、自分と戦う役を精一杯頑張りたいです。

▼坂口健太郎(パパ/医者役) さん
普段のお芝居とは違う、声でキャラクターに命を吹き込むことを大切に、 現代の小さなヒーローに寄り添えるように頑張ります。ぜひ、楽しみにしていてください。

▼島田昌典(音楽)さん
初めての映画音楽です。それがこのような素晴らしい作品で挑戦させていただけたなんて、大変光栄です。観る方々 が、スッーと映像の世界感に入っていけるような、寄り添った音になっていると嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph 宮崎駿監督作品の中心を担った天才アニメーター・山下明彦監督が、見えない男の孤独な闘いをスペクタクルアクションで魅せる『透明人間』。透明人間はオダギリジョーが演 じ、舞踊家として活躍する田中泯も出演します。音楽プロデューサーの中田ヤスタカが独自の EDM 的サウンドで 重厚感のある音楽世界を作り上げました。

『透明人間』

▼オダギリジョー(透明人間役) さん
改めて芝居というのは色々な要素で形成されるんだなということを考えさせられました。声優の仕事を通して、俳優 の根源を見つめ直すことができ、良い経験になりました。アニメーションで透明人間を描く、ということがまず面白 い挑戦だなと思っています。今までにない、未知の経験をこの作品から感じて頂くことが出来たならとても嬉しく思 います。

▼田中泯(盲目の男役) さん
見えてない、あるいは見られていなくでも人は存在できた。が、現代ではこれでは無視されることになる。見える、見 られる為に他者が必要なのだろうか?。わからない人では駄目なのだろうか?。誰のカラダの中にも、自分ですら知ら ない透明人間性というのが本来的にあるのではないのでしょうか。誰だって自分のカラダの中で生きているのだから。

映画情報どっとこむ ralph 超大作を手がけてきたアニメーションの旗手たちが、瞬間にすべてを懸けた、奇跡のエンターテインメント! この夏必見の話題作にご期待ください。

ちいさな英雄 ―カニとタマゴと透明人間―

8月24日(金)全国ロードショー

公式サイト:
ponoc.jp/eiyu

***********************************

企画制作:スタジオポノック/スタジオポノック・日本テレビ・電通
提携作品
配給:東宝
(C)2018 STUDIO PONOC


日本アニメの新鋭 石田祐康監督・新井陽次郎登壇に興味津々!『ペンギン・ハイウェイ』inアヌシー


映画情報どっとこむ ralph 6月11日(フランス現地時間)より開催中の、世界四大アニメーション映画祭の一つ、アヌシー国際アニメーション映画祭で、現地時間15日に、『ペンギン・ハイウェイ』の石田祐康監督とキャラクターデザインの新井陽次郎さんが登壇する上映会が行われました!

日付:6月11日(フランス現地時間)
会場:アヌシー国際アニメーション映画祭
登壇:石田祐康監督、新井陽次郎

映画情報どっとこむ ralph 今回『ペンギン・ハイウェイ』が招待されたのは、新作のアニメーション映画について紹介するイベント「Work in Progress」(ワークインプログレス)。イベント開始前は会場前に長蛇の列。


二人が登場し、『ペンギン・ハイウェイ』の予告篇が上映されると満席の会場からは歓声があがった。
石田監督:ペンギン・ハイウェイを選んだのは、少年の目線で、少年の世界を純粋なかたちで描きたかったこと、そして少年からの“お姉さん”にあこがれる気持ちも物語をひっぱる強い力があると感じたし、日常の中に不思議なことが入り込んでくる絶妙なバランスに惹かれました。

と明かしました。

キャラデザインの新井さんは主人公“アオヤマくん”のキャラクターデザインについて聞かれ、

新井さん:アオヤマくんは少し背伸びをしていて、同級生のいじめっ子と対立していたりする。同年代から見ると生意気なんだけど、大人から見るとかわいらいしく見えるよう意識しました!

と話し、壇上でキャラクターを描き、その模様がスクリーンに映し出されるライブドローイングを実施。

約5分の間で、本作の主人公・アオヤマ君とペンギンが滑らかに描かれていくのを観客は熱心に見守り、完成すると大きな拍手が起こりました。

世界から注目される作品の、監督とキャラクターデザインを20代の若さで務める二人の話を、フランス中から集まったアニメファン達は終始興味津々な様子で聞き入った舞台挨拶。


登壇を終えて・・・

石田監督からのコメント
最初は緊張しましたが、お客さんのリアクションから伝えたいことが伝わっている感じがしたので嬉しかったです。フランスの皆さんにも早く作品を観てもらって感想がききたいと思っています。

新井陽次郎さんからのコメント
皆さんに喜んでもらおうと、ライブドローイングは練習もしてきたので、肩の荷が少しおりました。喜んでもらえていたら嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph ペンギン・ハイウェイ』フランスでの公開は2019年を予定。
またフランス他世界十か国以上での上映が決まっています。

そして!日本公開は8月17日(金)。 

公式サイト:penguin-highway.com


★アヌシーアニメーション国際映画祭★
ザグレブ、オタワ、広島と並ぶ世界4大アニメーション映画祭の一つ。カンヌ映画祭からアニメ部門が独立し1960年に設立、世界最大にして、最も歴史の古いアニメーション映画祭として知られている。
毎年国内外の約230作品が上映され、来場者は約12万人を記録している。
また同時に世界最大規模のアニメーション見本市 MIFA (Marche international du fim d’animation) が開催されており、世界95か国(2017年度)のアニメ・ビジネス関係者が一同に集まる。

***********************************

出演:北 香那、蒼井優
原作:森見登美彦『ペンギン・ハイウェイ』(角川文庫刊)
監督:石田祐康 
キャラクターデザイン:新井陽次郎
脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)
音楽:阿部海太郎
制作:スタジオコロリド
主題歌:宇多田ヒカル「Good Night」(EPICレコードジャパン)
© 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会



『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』ポスタービジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph この度、10/27(土)公開の劇場版最新作『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』より、本ポスター及びプレゼントつき前売券の発売が決定しました。

プリキュア15周年を記念しての本作は、サブタイトル“オールスターズメモリーズ”が表すように、なんと今年は歴代プリキュアが総出演する「プリキュアオールスターズ」が2年半ぶりに復活。


総勢55人のプリキュアがこの秋、スクリーンを彩ります。さらにこれまで「プリキュア」シリーズに出演してきた歴代プリキュア豪華声優陣もこの映画のために総出演。まさに15周年の集大成ともいえる超豪華な作品になっております。

またポスターは「HUGっと!プリキュア」「ふたりはプリキュア」の7名が、物語のキーとなるキラキラと光る色鮮やかなステンドグラスのお城とともに描かれたビジュアル。さらに歴代48人の小さくなってしまったプリキュアも描かれてるなど早くも続報が気になるビジュアルとなっております。

前売情報詳細 7月13日(金)発売決定! 劇場窓口にて(一部劇場を除く)
★プレゼントつき前売券 いっしょにあそぼう♡ベビープリキュアシール 「ピンク」または「ブルー」どちらか1つ!
劇場窓口にて(一部劇場を除く)

ピンク
【キャラクター】 「HUGっと!プリキュア」(キュアエール、キュアアンジュ、キュアエトワール) 「キラキラ☆プリキュアアラモード」「ハピネスチャージプリキュア!」「ドキドキ!プリキュア」 「ハートキャッチプリキュア!」「フレッシュプリキュア!」「ふたりはプリキュアSplash☆Star」

ブルー
【キャラクター】 「HUGっと!プリキュア」(キュアエール、キュアマシェリ、キュアアムール) 「魔法つかいプリキュア!」「Go!プリンセスプリキュア」「スマイルプリキュア!」 「スイートプリキュア♪」「Yes! プリキュア5GoGo!」「ふたりはプリキュア Max Heart」

※全国合計各4万枚限定!
※プレゼントは数に限りがございます。
※デザインは実物と異なる場合がございます。
※親子ペアにはプレゼントがふたつつきます。

前売券料金(税込) 親子ペア2,200円/一般1,400円/小人(3才以上)900円


『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』

10月27日(土)ロードショー

公式サイト:
http://www.precure-movie.com/


***********************************



【声の出演】
声の出演:引坂理絵  本泉莉奈  小倉 唯  田村奈央  田村ゆかり  多田このみ  野田順子  本名陽子  ゆかな  
田中理恵  樹元オリエ  榎本温子  三瓶由布子  竹内順子  伊瀬茉莉也  永野 愛  前田 愛  仙台エリ  沖 佳苗  喜多村英梨  中川亜紀子  小松由佳  水樹奈々  水沢史絵  桑島法子  久川 綾  
小清水亜美  折笠富美子  豊口めぐみ  大久保瑠美  福圓美里  田野アサミ  金元寿子  井上麻里奈  西村ちなみ  生天目仁美  寿 美菜子  渕上 舞  宮本佳那子  釘宮理恵  
中島 愛  潘 めぐみ  北川里奈  戸松 遥  嶋村 侑  浅野真澄  山村 響  沢城みゆき  高橋李依 堀江由衣 早見沙織  美山加恋 福原 遥  村中 知  藤田 咲  森 なな子 水瀬いのり  関 智一  矢島晶子


©2018 映画HUGっと!プリキュア製作委員会 (ショートVer.)

©2018 HPMC


山寺宏一、高木渉、加隈亜衣、釘宮理恵、梶裕貴ら『ニンジャバットマン』トークも炸裂で観客大爆笑!!


映画情報どっとこむ ralph 前代未聞の戦国タイムスリップ・アクション・エンターテイメント映画『ニンジャバットマン』が6月15日(金)より公開中です。

公開語からSNSでは「何度でも見たくなる」「これはやばい」と中毒性を感じさせる強烈な内容で大好評の本作。公開を記念して、6月16日(土)に豪華キャスト陣と制作陣による、大爆笑の舞台挨拶が行われました!

‪イベントでは、冒頭から山寺さんが「バットマン役のクリスティアーノ・ロナウドです!」と挨拶するなど、500人の観客と共に大盛り上がりしました。

さらに、6月17日に57歳の誕生日を迎える山寺さんに、サプライズで特製のバースデーケーキも登場し、全員でハッピーバースデーを歌って祝福いたしました!


『ニンジャバットマン』公開記念舞台挨拶
日付:6月16日(土)
場所:新宿ピカデリー
登壇:山寺宏一、高木渉、加隈亜衣、釘宮理恵、梶裕貴、水﨑淳平、中島かずき、岡崎能士、松澤千晶(MC)

映画情報どっとこむ ralph 上映後の興奮冷めやらぬ、どこか緊迫感のあった場内に、キャスト陣とスタッフ陣が登場すると、場内は大きな拍手が沸き起こった。 バットマン役を演じた山寺さんがいきなり

山寺さん:バットマン役のクリスティアーノ・ロナウドです!

とタイムリーな挨拶すると、一気に場内は和やかな雰囲気に。

高木さん:違うでしょ!

とナイスツッコミも起き、その高木さんは山寺さんのせいで

高木さん:何を言いたかったのか忘れた!

ととびっちり。 冒頭からキャストの連係プレーが光る展開となった。 日本で本作を見た観客の前に立つのは初めてという水﨑監督が、

水﨑監督:ニンジャバットマンを楽しんでもらえましたか?

と観客に呼びかけ ると、すぐさま観客からは、この日一番大きな拍手が巻き起こり、安心した様子だったが、直後に

水﨑監督:朝からこんなもん見せてすみません。

と申し訳なさそう。すぐさま

山寺さん:”こんなもん”って!すごいもの作ったんですよ!

とフォローが入ったが、

水﨑監督:キャストの方は悪くないんです。

と謎のフォロー返しが。

ここにもすかさず

山寺さん:悪い前提でしゃべらないでください!

と突っ込むと、場内から大きな笑いが起きていました。

映画情報どっとこむ ralph 先にアメリカでの上映に立ち会っていたという

水﨑監督:アメリカでも卵が飛んでくるかもって思っていたんです。でも日本でも皆さん に楽しんでいただけて、これでやっと眠れます。

と笑顔を見せ、脚本を担当した中島さんも

中島さん:皆さん胸焼けしてませんか?僕はこういうもの しか作れないんです(笑)。90 分満足してもらえたならよかったです。

と満足した様子。
キャラクターデザインを担当した

岡崎さん:やっ と日本の皆さんに届けられてよかった。

と満を持しての公開に感無量だった。スタッフ陣が不安だったという理由について

水﨑監督:実は 作品自体はだいぶ前に完成していたんです。完成した直後は『やった!』と勢いがあったけれど、公開を待っているうちにだんだん不安になってきて…“こんなことしてよかったのか”と…

と胸中を明かに。

映画情報どっとこむ ralph 一方でキャスト陣からは

山寺さん:何回か過去にバットマン役を演じさせてもらっていて、今回も同じものかと思ったら、日本で作ったすごいクオリティの作品で。全然かっこよくてびっくりしたんです。みんなに見てもらえてうれしいです。

とが言うと、

加隈さん:キャットウーマンはどっちに味方に付くか読めないキャラなんですけど、「女の気の迷いを許せる男は素敵よ」ってセリフがあって…皆さん、許せる方が素敵だそうですよ!

と駆けつけたファンに呼びかけていた。

ロビンを演じて

梶さん:まさか時代に合わせて髪形があんなに変わるとは思わなかったです。戦国であり、バットマンであり、そしてまさかのロボットで、日本とバットマンの融合が素晴らしい作品です。

と太鼓判。

高木さん:ジョーカーをやるプレッシャーは感じましたね。特に隣に大先輩の山寺さんが…。

と語り始めると、ここでも

山寺さん:大先輩って!ほぼ同じでしょ!大河俳優が何を言っているんだ!

と怒涛のツッコミ。それに対して

高木さん:なんとしてもジョーカ ーとして山寺さんをいじめたい、これでもかってくらいこっちのほうが楽しくなって、バットマンを振り回せるようにというのは考えて演じてい ました。

と明かし、

山寺さん:いろんな意味でいらつきました…。

というと、高木はニンマリだった。



映画情報どっとこむ ralph 一方で、ジョーカーの相棒であるハーレイ・クインを演じ、2 人のバトルをワクワクしながら見ていたという釘宮さんは

釘宮さん:好きな人しかいない現場で、毎回テンション全開でジョーカーについていきました。

といい、舞台挨拶前にもエレベーターで一緒だった高木さんから「俺に惚れるなよ。」と言われ

釘宮さん:惚れちゃう♥

と返していたというエピソードを明かした。

これにはさすがに「キャスト陣も引いてた」と山寺さんが言うも、紫のシャツとネクタイの高木さんと、紫と黒のドレスの釘宮さんと、衣装のコーディネートもそろっえた2人は意に介さない様子で、作中同様のコンビネーションを見せつけていた。そんなエピソードが明かされていく中、一人で収録だったという梶さん・・・

梶さん:楽しくやらせてもらったけど寂しかった…。

とポツリ。それでも、あるシーンについて

梶さん:絵が完成するのを楽しみにしていたら、なんとそれがすでに完成した絵だった。でもあれはあれで素敵なので、全部あの絵になってるものを見てみたい

と語っていた。 ここで、水﨑監督からどうしても聞いてみたいとのことで「今回初めて「バットマン」シリーズを見た方は?」というと、客席からは意外にも多くの方が挙手。その様子に

中島さん:これすごく間違ってますので!

と申し訳なさそうにすると、逆に

水﨑監督:あれ?僕は今回”バットマ ン入門編”という気持ちで作っていたんですけど。こんなに楽しい作品なんだよと。

というと中島さんが驚いた様子で

中島さん:でも、ニンジャバ ットマンを見た人は、どんなバットマンも大丈夫だと思いますので!どれでも楽しめます!

と観客に呼びかけていた。そんな中島さんはジョ ーカーについて

中島さん:ジョーカーはひたすら喋らせようと思ってた。黙っちゃうと死んじゃう人みたいに。戦闘シーンもセリフが入ってなかったのを 追加したんです。

というと、

高木さん:喋った後に死にました…。

と苦労を明かした。子供のころからバットマンが大好きで、今回のデザインにすべて詰め込んだという

岡崎さん:普通のアニメだと消されてしまうような細かいデザインも、監督が全部拾ってくれた。着物の模様 とか、装飾とか本当に細かいので、是非皆さんもう一度見て確認してみてください。

というと、デザインについて

山寺さん:宣教師のバッ トマンの髪形がバットマンのマークになってて、あれはすぐばれるでしょ!

というと、

水﨑監督:あのカツラは、実はキャットウーマンが渡し たからバットマンは気づいてないんです。

という思わぬ裏話に、初耳だったキャスト陣は大爆笑。

加隈さん:遊び心を許せる男は素敵よ!

とキャットウーマンのセリフになぞらえていた。

映画情報どっとこむ ralph そしてここで、翌日 57 歳を迎える山寺へのサプライズケーキが登場!

バットマンマークをあしらった特製ケーキを前に、全員からハッピ ーパーズデーの歌で祝福された。特大スプーンを持った梶さんにケーキを食べさせてもらって、何味なのかと聞かれると

山寺さん:バットマン 味!!こんなにお祝いしてもらってうれしい。励みになります!

と嬉しそう!

最後に・・・、

高木さん:朝早くからこんなに多くの方に来ていただいて感無量です。今日、壇上に上がった瞬間に皆さんの笑顔を見て、 本当に楽しんでもらえたんだなって伝わりました。

山寺さん:みなさんワールドカップで寝不足な中、来てもらってうれしいです。水﨑監督も、これがコケたら神風動画がつぶれてもいいっ て言ってたくらい、みんなで情熱を注いだ作品です。ここからさらに発信して、『ニンジャバットマン』ブームになってほしい!

と語り、最後 は観客全員との三本締めで、イベントは大盛況に終わりました。

なお、明日 17 日には、イオンシネマ名古屋茶屋とミッドランドスクエアシネマ2でも、水﨑監督と、音響監督の岩浪美和、プロデュ ースの川瀬浩平による舞台挨拶が実施され、来場者への抽選による豪華声優陣のサイン入りポスタープレゼントなども予定されて いる。



映画『ニンジャバットマン』
米題:BATMAN NINJA

6月15日(金)より新宿ピカデリー他 公開中


公式 HP
http://wwws.warnerbros.co.jp/batman-ninja/

公式 Twitter
@batmanninja2018

WB 公式 Twitter
@warnerjp

物語・・・
現代の犯罪都市ゴッサムシティの悪党たちがタイムスリップし、群雄割拠する戦国時代の日本。戦国大名となった悪党たちがこのまま自由に暴れ続ければ、日本 だけでなく世界の歴史すらも変わってしまう! 絶望的な乱世で、現代テクノロジーからも切り離されてしまったヒーロー、バットマンは世紀の歴史改変を阻止することができるの か? 日本と世界の未来をかけた、時空を超えた壮大なバトルの行方は!? 眼を見張る映像×前代未聞のストーリーで日本が世界に放つ、戦国タイムスリップ・アクションエン ターテイメント!

***********************************

キャスト
山寺宏一、高木渉、加隈亜衣、釘宮理恵、子安武人、田中敦子、諏訪部順一、チョー、森川智之、三宅健太、梶裕貴、河西健吾、小野大輔、石田彰、大塚芳忠

スタッフ
監督:水﨑淳平
脚本:中島かずき キャラクターデザイン:岡崎能士
音楽:菅野祐悟
アニメーション制作:神風動画

Batman and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © Warner Bros. Japan LLC