「アニメ」カテゴリーアーカイブ

横山だいすけお兄さん登壇!生歌も披露!『トムとジェリー 夢のチョコレート工場』特別上映会


映画情報どっとこむ ralph 横山だいすけが声優に初挑戦した『トムとジェリー 夢のチョコレート工場』の DVD 発売記念 特別上映会が 19 日(日)、に て行われ、舞台挨拶に横山だいすけさんとトムさんとジェリーさんが登壇しました。

日付:11月19日
場所:ユナイテッド・シネマ豊洲
登壇:横山だいすけ、トムとジェリー

映画情報どっとこむ ralph 横山さんは自身が声優を務めたウィリー・ウォンカをイメージした格好で登場。

横山さん:だいすけウォンカだよ~。こんにちは~

と会場に呼びかけると、子どもたちも元気よく「こんにちはー!」と返し、子どもたちへの人気ぶりと扱いのうまさは健在!ウィリー・ウォンカに扮した衣装について

横山さん:みんな似合ってる?

と横山が問いかけると、集まったお母さんたちが「かっこいいー」と返す一幕も。また、MC からトムとジェリー との初共演について聞かれ

横山さん:小さい頃から見ていたから嬉しい!トムはおっちょこちょいだけど頑張っているところ、ジェリーはみんなに優しいところが好き。

と答えた横山さん。

映画情報どっとこむ ralph MC から、どっちの方が好きかと聞かれると、

横山さん:おっちょこちょいな所が似ているから。

とトムを選び、最近では携帯電話を現場に忘れた事が 3 回くらい あるというおっちょこちょいエピソードを明かしてました。初挑戦となった声優については、初めは右も左もわからない状態だったというが、始まってみると順調で笑顔で終える事ができたそう。役作りのために『夢のチョコレート工場』(1971 年)と『チャーリーとチョコレート工場』(2005 年)を観て、ウィリー・ウォンカ役を研究したという横山だが、収録時は「もっとおじ様っぽくやってほしいと 言われた。」という“だいすけお兄さん”ならではの NGエピソードを披露した。


さらに舞台挨拶では劇中で歌った「ピュア・イマジネーション」を会場で生披露。

バラード調の曲をしっとりと歌い上げた横山の歌声に、 トムとジェリーも身体を揺らし、それまで客席で騒いでいた子どもたちも静かに聞き入っていた。歌が終わると会場からは大きな拍手が起き、特にお母さんたちは大興奮の様子だった。

最後に、本作を通して伝えたいことを聞かれた横山さんは、

横山さん:この映画のチャーリー(主人公)の様に、ズルい事をせずに一生懸命に頑張ればいろんな大切な事にいっぱい出会えるよ。例えば食べ物も好き嫌いをせずに残さないで食べるといい事があるよ

と会場の子どもたちに呼びかけた。それに対し MC が会場に「わかった人?頑張る人?好き嫌いしない人?」と聞くと「はーい!」という元気な返事が。 退場時まで子どもたちからの「だいすけお兄さん」という声は止まず、大盛況のイベントとなりました。

映画情報どっとこむ ralph 『トムとジェリー 夢のチョコレート工場』

ウィリー・ウォンカのチョコレートは、世界中のこどもたちに大人気!
ライバル会社にそのおいしさの秘密を盗まれないように、ウォンカは工場を閉めてしまった。ウォンカの工場は謎につつまれていた。

ところがある日、ウォンカのチョコレートに5枚だけ入れられた“ゴールデン・チケット”をみつけた子には、秘密の工場にご招待! というお知らせがあったため、世界中のウォンカチョコレートはあっという間に売り切れ、出荷が追いつかないほど。

貧しいけれど心やさしい少年チャーリーは、トムとジェリーの助けもあり、見事ラッキーな5人のうちの1人に選ばれた。

トムとジェリーもチョコレート工場に潜入し、おいしいお菓子が作られる夢の世界への旅がはじまる。でも本当の秘密はまだまだこれから・・・。

DVD 2,990円+税
デジタル配信中
発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

©TOM AND JERRY and all related characters and elements are trademarks of and © Turner Entertainment Co. CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY and all related characters and elements are trademarks of and © Warner Bros. Entertainment Inc.

***********************************

    


YouTube Music Night with水木一郎 feat. 『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』イベント


映画情報どっとこむ ralph 1970年代一世を風靡した永井豪原作の巨大ロボットアニメ「マジンガーZ」が映画で超復活します!今年画業50周年を迎える永井豪のスーパープロジェクトとして、45年の時を経て復活する『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』は、2018年1月13日(土)より全国公開。

そして、六本木ヒルズ29階のYouTube Space Tokyoにて、11月16日(木)に、本作の公開を記念して、「YouTube Music Night with水木一郎 feat. 『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』」イベントを実施しました。

映画のオープニングテーマを歌う水木一郎が登壇して熱いトーク&ライブを繰り広げたほか、最新ポスタービジュアルを世界初解禁となりました。

YouTube Music Night with 水木一郎 feat. 『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』
日時:11月16日(木)
場所:YouTube Space Tokyo
登壇者:水木一郎、うみくん、海外ファン代表の皆様、有村昆(司会)

映画情報どっとこむ ralph 会場が暗転し、おなじみの「マジンガーZ」のイントロが流れると本日の主役・我らが“アニキ”水木一郎が登場。冒頭から水木の熱唱でイベントがスタートして大興奮のお客さんから次々と「アニキー!」の声援が飛び交うと、歌唱を終えた水木は「俺ってなんでこんなに人気者なんだろね(笑)」と、茶目っ気たっぷりに一言。のっけから会場を爆笑で包んだ。
水木一郎ライブ セットリスト ※歌唱順
・マジンガーZ/「マジンガーZ」オープニングテーマ
・Zのテーマ/「マジンガーZ」挿入歌
・空飛ぶマジンガーZ/「マジンガーZ」挿入歌
・わが友マジンガーZ/「マジンガーZ」挿入歌
・おれはグレートマジンガー/「グレートマジンガー」オープニングテーマ
・勇者はマジンガーZ/「グレートマジンガー」オープニングテーマ
・鋼鉄ジーグのうた/「鋼鉄ジーグ」オープニングテーマ
・キャプテンハーロック/「宇宙海賊キャプテンハーロック」オープニングテーマ
・おれたちの船出/「わが青春のアルカディア無限軌道SSX」オープニングテーマ
・コン・バトラーVのテーマ/「超電磁ロボコン・バトラーV」オープニングテーマ
・マジンガーZ INFINITY ver./「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」オープニングテーマ

映画情報どっとこむ ralph 会場がアツアツにあったまったところで続いて、今回のイベントの模様がYouTube Liveにて全世界に生配信されることから、YouTubeクリエイターであり、シンガーソングライターのうみくんを司会の有村昆の呼びかけでステージに招く。「今日水木さんにお会いするということで、昨日の夜は眠れなかったです(笑)。(イベントのはじめから)もうフィナーレかってくらいの大盛り上がりでしたね(笑)」と、アニメ「ヤングブラックジャック」の主題歌を務めるなど、着々とアニソン界でも活躍の場を拡げる期待の新星・うみくんも、さすがに大先輩・水木の生のパフォーマンスに圧倒された様子。

そんな緊張気味のうみくんから水木へさまざまな質問が投げかけられる中、アニソンを歌うコツについて水木は「アニソンはアニメの顔。作品の代弁者だから、そのヒーローになりきることが大事!」と、これぞアニソン界の帝王といった名言でアドバイス。また、マジンガーZ放送当時のアニメソングについては、「子どもが歌えるキーの幅で作曲されている」といった特徴を挙げ、「オーケストラアレンジの贅沢な音楽が多かった。今は打ち込みが多くなっているが、(本作オープニングテーマの)『マジンガーZ INFINITY ver.』は豪華なアレンジ音で、気持ちがとても高ぶった」と振り返った。

映画情報どっとこむ ralph
ここで、海外から集った「マジンガーZ」を愛する猛者たちもゲストに加え、「俺の国が一番だ!」というマジンガー愛を水木に語るコーナーに。水木の歌を聞いて独学で日本語を勉強したというイタリア人のアントニオさんは、「威張っているのか?」ということを意味するのに、「お前はマジンガーだと思っているのか?」ということわざのようなものがイタリアにあるという驚きのイタリア事情を披露。するとスペイン人のアミールさんも負けじと「スペインには10メートルくらいのマジンガーZの巨大な像がある!」と、写真を見せて大いに自慢。マジンガーZ愛を語った二人に対し、フランス人のピエールさんは、約30年前のものという原作者・永井豪直筆によるマジンガーZのイラストを自慢のお宝として披露。会場から大きな歓声があがり、満足そうな表情を浮かべていた。

そして本作『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』について話が移ると、公開に先駆けて映画を鑑賞したという水木は「自分の歌が大画面で流れて感動した!ものすごい迫力で画も良いし、ストーリーも良いし、歌も良いし!エンディングの吉川(晃司)さんの歌も良い!」と感想を述べ、同じく本作鑑賞済みの有村は「TV放送当時の1972年と2017年の今とでは、悪の描き方の違いがある。あえて人間にそれを考えさせるとこがある。いまの日本の問題に直結している感じですごくびっくりした」と、映画コメンテーターならではの視点で感想を語った。また有村が「インフィニティが大きすぎてびっくりした!(笑)」と、本作ストーリーの鍵である”第三の魔人”インフィニティについてコメントすると、水木も間髪入れず「そう!」と声を張り上げた。有村は「そのインフィニティに対し、マジンガーZがどうするのかも見どころだと思います!」と語った。

映画情報どっとこむ ralph また、公開が待ちきれないといった様子のうみくんは「いまは45年前とは音の綺麗さも違うので、その分ヴォーカルのごまかしが効かなくなる。それなのにパワフルでエモーショナルですごい」と、水木の歌声を新作の期待ポイントに挙げる。すると水木は「45年前に歌った曲が45年後にまたオファーが来るなんてことはない。世界中の人が観てる作品。(昔と比べて)声が出なくなったなあとは思われたくない。けど自然と”情熱”で声帯が潤ってきた!」と語った。「予告編で曲を聞いただけでも感動した。劇場の大音響で聞きたい!」といううみくんのコメントに水木は、「泣かせたいなあ(笑)」と、笑顔をみせてはにかんだ。


ここで、本作の最新ポスタービジュアルを会場で世界初解禁!

カウントダウンと共に暗幕に包まれたポスターを初お披露目すると、会場は「おおお!!!」と、大きなどよめきの声と拍手に包まれ、賞賛の声が沸き上がった。

映画情報どっとこむ ralph 『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』

2018年1月13日(土)全国ロードショー

あれから10年―。新たな運命が人類を待ち受ける。それは神にも悪魔にもなれるー
かつて悪の科学者Dr.ヘル率いる地下帝国によって滅亡の危機に瀕した人類は、兜甲児が操るスーパーロボット・マジンガーZや光子力研究所の仲間の手によって、悪の野望を阻止し、平和を取り戻した。
あれから10年-。パイロットを離れ、祖父や父のように科学者の道を歩み始めた兜甲児は富士山の地中深く埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇する-。そして、時を同じくして現れる機械獣や宿敵Dr.ヘル。新たな出会い、新たな脅威、そして新たな運命が人類を待ち受ける。かつてのヒーロー・兜甲児の下す未来への決断とは。
再び人類の未来を託されたマジンガーZと人々の激闘を描く、壮大なアクション巨編!
***********************************


森久保祥太郎 茅野愛衣
上坂すみれ 関 俊彦 小清水亜美 花江夏樹 高木 渉 山口勝平 菊池正美
森田順平 島田 敏 塩屋浩三 田所あずさ 伊藤美来 朴璐美 藤原啓治 石塚運昇
石丸博也 松島みのり /おかずクラブ(オカリナ・ゆいP)/ 宮迫博之

原作:永井 豪 監督:志水淳児
脚本:小沢高広(うめ) キャラクターデザイン:飯島弘也 メカニックデザイン:柳瀬敬之 美術監督:氏家 誠(GREEN)
CGディレクター:中沢大樹 井野元英二(オレンジ)  助監督:なかの★陽 川崎弘二 音楽:渡辺俊幸
オープニングテーマ「マジンガーZ」水木一郎
エンディングテーマ「The Last Letter」吉川晃司
アニメーション制作:東映アニメーション
配給:東映
©永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会 


のん 美少年過ぎ!映画秘宝でなりきりコスプレ『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』


映画情報どっとこむ ralph 日本を舞台としたストップモーションアニメ『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』が11月18日(土)全国ロードショーとなります。

そして!映画雑誌『映画秘宝』(洋泉社発行)にて2017年11月号(9月21日発売)より連載が開始した、女優・創作あーちすととして活躍する“のん”さんによる天下無敵の電撃連載「ヒーローになりたい!」。

本企画は、古今東西、憧れのヒーロー映画を“のん”さんが観まくる!だけでなく、ズバリ! なりたいヒーローに“のん”さんが、実際になってみる! というスペシャルな企画です。

この度、連載第3回目となる2018年1月号(11月21日発売)にて、「ヒロインよりも、ヒーローに憧れます!」と語る“のん”さんが、“ワンダーのん”こと『ワンダーウーマン』の次に変身に挑んだのが・・・・

本作の少年主人公クボ。
今回“のん”さんが、きゃりーぱみゅぱみゅなどのスタイリング・衣装デザインを手がける飯嶋久美子さんと、レッド・ツェッペリン、ディープパーブルからユーミン、YMO、福山雅治など数々の著名ミュージシャンを撮影してきた写真家・三浦憲治さんとタッグを組み挑戦したクボは、中世の日本を舞台に大活躍するまだ少年のヒーロー。なんと体長わずか23cm程度の人形ながら、4800万以上のパターンを表現可能な顔を持ち、三味線を奏でることで不思議な力を持ち、折り紙を自由自在に操るというオリジナルキャラクターです。
映画情報どっとこむ ralph 本作を鑑賞して、

のんさん:『KUBO』めっちゃ面白かったです!主人公が弾く三味線がすごくカッコいい。三味線の音色が物語のなかに自然に溶け込んでいくのが心地よくて楽しかったです。そして“日本のアニメみたい”といわれる理由もよくわかりました。ストーリー展開も、この映画が大事にしている“人の想い出が一番強いんだ”というテーマ性も、日本のアニメと通じる部分が沢山ありました。日本の折り紙や、クワガタ、サルのキャラクターの面白さなど、ジャパニーズかわいいが満載!

と、熱く語っていただいたロングインタビューも掲載!
映画情報どっとこむ ralph 企画概要 映画秘宝“のん”さん連載「ヒーローになりたい!」

■今回の特集内容:11Pの大特集!!
・『KUBO』“のん”さん表紙
・『KUBO』“のん”さん巻頭グラビア&インタビュー
・映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』メイキング&スタッフインタビュー
・“のん”さん新曲「スーパーヒーローになりたい」インタビュー

■月刊雑誌『映画秘宝
ワンテーマのA5判ムックとして現・映画評論家の町山智浩が 95 年に創刊。
99 年に A4判の隔月刊雑誌としてリニューアル。02 年より月刊化。
主にアクション、ホラー、SF映画などのジャンル映画の特集を中心とした誌面作りでコアな映画ファン層から絶大な支持を得る。本誌とは別に「2002年東京
国際ファンタスティック映画祭」より「映画秘宝まつり」を毎年開催。チケットは例年完売で、1,000 人を超える来場者数を集めている。@eigahiho

■のん
93年兵庫県生。趣味・特技:ギター、絵を描くこと、洋服作り。著書に『創作あーちすと NON』(太田出版)。新レーベル「KAIWA(RE)CORD」発足記念『オヒロメ・パック』のアナログ7インチEP盤発売中! 映画『この世界の片隅に』blu-ray&DVDはバンダイビジュアルより絶賛発売中! 最新情報はのん公式サイトへ!

映画情報どっとこむ ralph ★本格デビュー第1弾シングル「スーパーヒーローになりたい」
11月22日(水)「KAIWA(RE)CORD」より発売★


[CD]1,200円+TAX
    収録楽曲:
①スーパーヒーローになりたい
②へーんなのっ
③I LIKE YOU
④タイムマシンにおねがい(WORLD HAPPINESS 2017 MIX)

[CD+DVD]2,000円+TAX
DVD収録映像:「のん、ride 音 music」
※WOWOWチームが追っかけた映像を編集したレコーディング風景、リハ風景などに密着したドキュメント。

さらに!11月22日(水)発売“のん”さんの本格デビュー第1弾シングルCD『スーパーヒーローになりたい』のメイキングインタビューも掲載!作詞・作曲を高野寛さんが担当、映画秘宝連載企画と楽曲名が酷似している理由なども語っていただいています!

映画情報どっとこむ ralph KUBO/クボ 二本の弦の秘密

11/18(土)より新宿バルト9ほか全国公開 配給:ギャガ

三味線の音色で折り紙に命を与え、意のままに操るという不思議な力を持つ少年・クボ。幼い頃、闇の魔力を持つ祖父に狙われ、助けようとした父親は命を落とした。その時片目を奪われたクボは、最果ての地まで逃れ母と暮らしていたが、更なる闇の刺客によって母さえも失くしてしまう。
追手である闇の魔力から逃れながら、父母の仇を討つ準備を進めるクボは、道中出会った面倒見の良いサルと、ノリは軽いが弓の名手のクワガタという仲間を得る。やがて、自身が執拗に狙われる理由が、最愛の母がかつて犯した悲しい罪にあることを知る―。

公式HP:
http://gaga.ne.jp/kubo

***********************************

監督:トラヴィス・ナイト
声の出演:アート・パーキンソン(クボ)、シャーリーズ・セロン(サル)、マシュー・マコノヒー(クワガタ)、ルーニー・マーラ(闇の姉妹)、レイフ・ファインズ(月の帝)

原題:Kubo and the two strings/2016/アメリカ/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/字幕翻訳:石田泰子
©2016 TWO STRINGS, LLC. All Rights Reserved.
     


百田夏菜子(ももクロ)登壇!かいけつゾロリ30周年をお祝い!!完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph こどもたちに圧倒的な人気を誇る児童書「かいけつゾロリ」シリーズ。累計発行部数3,500万部を誇る本シリーズは2017年、遂に30周年を迎え、その記念すべき映画第5作目『映画かいけつゾロリ ZZ(ダブルゼット)のひみつ』が、11月25日(土)より全国公開となります。

“いたずらの王者”を目指すキツネのゾロリが、双子イノシシのイシシ&ノシシを子分に冒険を繰り広げる「かいけつゾロリ」。本作では、ゾロリ達が過去にタイムスリップし、衣装に縫い付けられたトレードマークの「ZZ」の秘密が明かされます。いたずらの天才ゾロリには、「七色の声を持つ男」と称され、長年アニメと共に演じてきた山寺宏一。イシシとノシシにはそれぞれ愛河里花子とくまいもとこがレギュラー参戦。そして過去にタイムスリップした際に出会う若き日のゾロリの母“ゾロリーヌ”を、ゲスト声優本格初挑戦となる「ももいろクローバーZ」リーダー・百田夏菜子が演じます!百田は今回ソロとして初めて主題歌(山寺とデュエット)も担当!
11月16日(木)に完成披露試写会を行い、舞台挨拶に百田夏菜子、原作者原ゆたか、藤森雅也監督が登壇致しました。百田夏菜子さんは映画の完成に感激しつつ、巨大ドーナツタワーを囲んで“かいけつゾロリ30周年”をお祝いしました!

日時:11月16日(木)
会場:新宿バルト9
登壇:百田夏菜子(ももいろクローバーZ)、原ゆたか(原作)、藤森雅也監督、ゾロリ

映画情報どっとこむ ralph 百田夏菜子さん 声優本格初挑戦と山寺宏一さんとの初ソロ主題歌に挑戦しての感想

百田さん:今日はゾロリーヌをイメージした赤いベレー帽、ゾロリのイヤリングをつけてきました!声優ヒロイン、主題歌とも初めてですごく緊張しました。とても素敵な作品が出来たので、皆さんに届けられて嬉しく思います!

原先生:百田さん、今まで声優の経験がないということで心配してました。初めて予告編の声を録った時、ちょっと声が小さくて「大丈夫かな?私が教えてあげなきゃ」って思ってたのですが、本番アフレコはめちゃめちゃ上手くてキュンキュンしました!皆さんゾロリーヌに惚れると思います。私は今後ゾロリーヌを描く時は、もう百田さんの声しか浮かびません。

藤森監督: 今回の百田さんはすごく重要な役。ずっと心配してたが、実際アフレコで声を入れてもらって「この映画はこれで大丈夫」と安心しました。(山寺宏一さんと百田さんがデュエットした)主題歌も素晴らしい、絵と声がピッタリ合った心地よさを感じました。


百田夏菜子さん NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」でのお母さん役、今回も、お母さん役と続いていますが今回の映画で「母親らしさ」を意識した部分はありますか?

百田さん: 映画ではゾロリのママの若い頃の役ですが、セリフにちょっと母性を込めて演じたシーンはたくさんあります。

MCから「百田さんのゾロリママはどうだった?」とゾロリに聞くと、ゾロリの動きに合わせて「すごかったゾ!」と百田さん演じるゾロリの声が。「山寺さんに怒られちゃう!」と言いながら、百田さんがゾロリにアフレコする一幕もありました。

監督:芯が強くてイタズラ心もあり、さらに恋愛映画のヒロインのように演じて下さいとお願いしましたが、見事に演じてくれました!

映画情報どっとこむ ralph 30周年記念映画を祝して、巨大ドーナツタワーが登場!!登壇者が1個ずつドーナツを飾ってタワーを完成させました!百田さんの反応は?

百田さん:すごーい!映画でもドーナツタワーが重要な感じで出てくるので、いよいよ公開するんだなって実感しますね。めっちゃいい匂い、食べたい!



最後に・・・・

百田さん: 本当に素敵な作品に出来上がりました。笑いあり涙あり、家族っていいなと思える映画です。どうぞ最後まで観ていってください!

原先生:30年前にゾロリを読んでいたお父さんお母さんも、今回の映画でゾロリの謎がわかるし、ゾロリママが素敵なこともわかります。山寺さん演じるかっこいいゾロリをぜひ観てあげてください!

藤森監督:今回は恋愛映画っぽい要素もありますが、ギャグとオナラとアクションは健在です!あと、映画を見終わったらオムライスを食べたくなると思いますよ。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
ゾロリの胸から消えた「ZZ」のマーク。時空を超えた冒険の果てにたどりついた秘密とは…!?

ゾロリたちが過去にタイムスリップ!トレードマークの「ZZ」誕生のひみつが、ついに明かされる!
朝一番にドーナツ屋さんに並ぶため、“目覚まし時計”型のゾロリ庵で寝ていたゾロリとイシシ&ノシシ。3人は、ひょんなことから異空間に吸い込まれてしまった!行きついた先は見知らぬ町。そこで出会ったすてきなレディにゾロリが恋心を抱いたのもつかの間、「ゾロリーヌ」と名乗った彼女は、なんと若き日のゾロリママだった!ゾロリたちは過去にタイムスリップしてしまったのだ!!

突然あらわれた謎のかいじゅうに飲み込まれてしまったゾロリーヌを取り戻すため、宝探しから帰ってきたトレジャーハンターのゾロンド・ロンとともに奮闘するゾロリたち。はたして、ゾロリたちは、無事、ゾロリーヌを助けることができるのか?

『映画かいけつゾロリ ZZ(ダブルゼット)のひみつ』

11月25日(土)全国ロードショー!

公式サイト
http://www.zorori-movie.jp/

***********************************

原作:原ゆたか(「かいけつゾロリ」シリーズ/ポプラ社刊)

監督:藤森雅也
脚本:吉田玲子
音楽:田中公平

特別出演:百田夏菜子(ももいろクローバーZ)

声の出演:山寺宏一 愛河里花子 くまいもとこ 他

アニメーション制作:BN Pictures、亜細亜堂
配給:東京テアトル
配給協力:イオンエンターテイメント

©2017 原ゆたか/ポプラ社, 映画かいけつゾロリ製作委員会
   


斎藤工がヒュー・グラントの吹き替え!『パディントン2』マーマレードタワー点灯式


映画情報どっとこむ ralph 年明け2018年1月19日(金)より『パディントン2』が全国公開となります。

この度、英人気俳優ヒュー・グラント演じる落ち目の俳優ブキャナンの声優を斎藤工さんが務めることが決定しました!

この式典のあと、歌入れにMAスタジオに向かわれるとのこと、斎藤さんの歌にも注目です!

映画『パディントン2』声優発表&マーマレードタワー点灯式
日程:11月16日(木) 
場所:TOHOシネマズ日本橋
登壇:斎藤工、パディントン

映画情報どっとこむ ralph
斎藤さん:今回、落ち目の俳優役ということですごく共感しております。そもそも上ってもいないですから・・・。

と、謙遜の斎藤さん。今回のアフレコについて
斎藤さん:非常にアフレコすると、何度も見ますのでヒューグラントの多才ぶりに驚きました。今回はラブコメのヒューグラントさんのイメージと違って、何種類もの役を演じ分けているので、楽しい時間でした。お茶目な部分も声に乗せられるように心がけました。

と挨拶。斎藤さんの起用が、ヒューと同じくカッコいいけれど茶目っ気があるところがチャーミングだから。

斎藤さん:チャーミング?自覚ないですね。。実はまだ、昨日、声を入れて、この後、歌を入れに行きますので、まだブキャナンな感じです。

とのことですので、斉藤さんの歌にも期待です。
映画情報どっとこむ ralph パディントン2をご覧になって

斎藤さん:子供向けだけでなく、大人っぽいテーマをしっかり持ってエンターテインメントしているところが凄いですね。そして、紳士で礼儀正しく健気なパディントンの愛らしさに魅せられました。

英国の映画祭に自分の作品の上映で行ったときに、空港も劇場もパディントン一色だったそうで、

斎藤さん:会場の近くが、ヒューグラントさんのご自宅で。運命感じました。光栄です。

誰と見に行きますかとの司会の問いに。

斎藤さん:一人ですね。自分のかかわった映画に誰かと行くのは自己顕示欲の塊みたいで・・・なかなかね。でも、皆さんは、お子さんとだけじゃなくて、デートムービーにもなってますので、パートナーと是非。

見どころを聞かれると

斎藤さん:周りの人たちの作りこみ。細かいところも観てほしいです。それからヒューグラントの七変化。楽しんでほしいですね。
ヒューグラントと監督が来日が決まっています。

斎藤さん:安い居酒屋とか行ってみたいですかね。僕もクレイの作品を撮ってますので、監督にはぜひ見ていただきたいなと思っています。

と、来日時に会えることを期待する斎藤さん。

映画情報どっとこむ ralph ここで、パディントンが登場してマーマレードタワーの点灯式に。
斎藤さん:本当にマーマレード入ってるんですね。これだけあると一冬越せますね。(笑)
このタワーはTOHOシネマズ日本橋に公開までロビーに設置されるそうです。

パディントン2

日本公開は来年2018年1月19日(金)!

公式サイト:
paddington-movie.jp

***********************************

出演:ベン・ウィショー(声の出演)、ヒュー・グラント、ブレンダン・グリーソン、ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス他
日本語吹替え版キャスト:松坂桃李、古田新太、三戸なつめ、斎藤工

監督:ポール・キング 
製作:デヴィッド・ハイマン『ハリー・ポッター』シリーズ 
原作:マイケル・ボンド 
配給:キノフィルムズ
©2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.