「アニメ」カテゴリーアーカイブ

山田孝之、知英、安田顕登壇!『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 世界的ヒーロー、ジャスティス・リーグとのコラボで話題の『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』が、10月21日(土)より、全国ロードショーがスタート!!!初日舞台挨拶を新宿ピカデリーにてバットマン役の山田孝之、ハーレイ・クイン役に元KARAの知英、ジョーカー役の安田顕、そして監督のFROGMANが登壇して行われました。

日程:10月21日(土)
場所:新宿ピカデリー
登壇:山田孝之、知英、安田顕、FROGMAN(監督)、バト田・ スパ田(着ぐるみ)

映画情報どっとこむ ralph この日はキャスト全員がおそろいのTシャツを着て登壇。
FROGMAN監督にそのことについて尋ねると、

FROGMAN監督:この映画のテーマということで、“予算は計画的に”と出てると思うんですけども、僕らも計画的に使っていたつもりですが、ド派手な映像や豪華な記者会見をやったり、キャストの皆さんも豪華ですし、実は今日の舞台挨拶の予算を残していなかったというですね、宣伝プロデューサーからガチで言われまして(笑)そしたらネタにしてTシャツに予算崩壊!と書いたらどうだ、と。題字は伊集院静さん

と、納得顔で聞いていた皆さん。しかし、題字を頼んだのが伊集院さんだとわかると

安田さん:それで予算崩壊じゃないですか!

とツッコみました。

映画情報どっとこむ ralph 山田さんの収録スタジオのスペースが一畳にも満たないスペースだったということで、


山田さん:ドアがあって、スタンドマイクがあって、ここが壁です。(と、スペースをジェスチャーで説明。)もう動けない。なので少しやっていると、『ごめんなさい!熱い!』って。

同じ収録場所だった知英さんも・・・

知英さん:二回やったんですが、二回目がすごく狭かったですね。

と証言。

収録の苦労話について語っていると、なんと安田さんだけ、快適なスペースでの収録だったことが判明

安田さん:すっごい僕、快適な場所でやらしていただきました。僕全然普通のスペースでしたよ。

と暴露すると、

監督:なんでヤスケンさん言っちゃうんですか…!

と少し焦り気味の様子・・・。山田さんが追い打ちをかけ

山田さん:僕に与えられたのは60センチくらいでした。

監督:その話は…次にいきましょう(笑)

と誤魔化す監督でした。

映画情報どっとこむ ralph 山田さんは特徴的なバッドマンの低い声づくりについて聞かれると、

山田さん:(機械でやる)と思っていたので、ある程度低くすればいいのかと思っていたんですけど、本家のようにやってほしい、と言われて。『機械でやるんじゃないんですか?』と聞くと『いや、ご自身でやってほしい』と言われたので…予算の問題だったんですか?

と監督に尋ねると、

監督:いや…僕知らなかったんです。機械で出来るんだって。あとで音響監督から言われて『あ!』と。

と、衝撃の事実に、一同大爆笑でした。




知英さんは今回の役を演じた感想を聞かれると、

知英さん:声優は今回が2回目なんですけど、ハーレクイン・クインは悪役だったんですが、ジョーカーのことが大好きでとってもかわいいなと思って、とても好きでした。

とお気に入りのキャラクターであることを話しました。鷹の爪団の独特なギャグについての感想を聞かれると、

知英さん:予算のことを前面に出しちゃうのが面白いし、本当にくだらない話をしてるのに、笑っちゃうというのが面白いですよね。これ、ほめてますよ!(笑)

とフォロー。

安田さんはジョーカー役に起用された際の裏話を披露

安田さん:監督が、『水曜どうでしょう』という番組で私が白塗りで巻物を読んでいる、というシーンがあったんですが、そのままやってくれ、ということで。僕としてはジョーカーがやれる、とおもったんですが、FROGMAN監督が『あれがいい』ということだったので、そのままやらせていただきました。

監督:(イメージが)ありました。怪優といえば安田さんじゃないですか。怪優しかこのジョーカーはできない、と。

と安田さんのキャスティングについて確信をもっていたことを話しました。

映画情報どっとこむ ralph 映画のテーマにちなんで、『もくろみがはずれてしまったこと』について質問されると、

監督:この舞台挨拶の予算崩壊してしまったこと自体が、もくろみがはずれてしまいましたね。

とFROGMAN監督。

安田さん:笑い声の芝居をいろいろやらせていただいたんですが、本国の方からNGが出てしまいまして、撮り直しました(笑)

と役作りにおいて苦労した部分を語りました。

知英さん:マスクを買いにコンビニにいって、500円だけ持って行ったんですが、いろいろ買いたくなっちゃって。

とかわいらしいエピソードを披露。

山田さん:こうみえてすっごく慎重に動くので、あんまりないですね。ただお酒ですかね、今日があったので2時には寝なきゃと思ったんですが、結局6時に寝ました。
と昨日がちょうどお誕生日だった山田さん。今日が誕生日を迎えた後の初めてのお仕事で、キャスト・観客の皆さんから拍手でお祝いされる場面もありました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

FROGMAN監督:鷹の爪も映画が10周年を迎え、感慨ひとしおです。正式な映画のシリーズとしては4年ぶりの作品で、最初のころを思い出してしました。当時は全部、舞台挨拶も一人でやっていたんですけども、こんなに華々しいことができるなんて、夢にも思っておりませんでした。一つの画面をみんなで共有できるのは劇場という空間しかないので、今日は鷹の爪をご覧いただきましたが、日本には素晴らしい作品はたくさんあるので、これからも劇場に足を運んでいただければなと思います。

と、FROGMAN監督のコメントで締め、鷹の爪らしさもありつつ、舞台挨拶は大盛り上がりの中終了しました。

公式HP:http://dc-taka.com

Twitter:
映画公式:
@dctaka_movie
鷹の爪公式
@_takanotsume_

吉田くん
@yoshida_justice
FROGMAN
@ono_ryo1
***********************************

監督・脚本・原案:FROGMAN
声の出演:山田孝之、知英、安田顕、鈴村健一、松本梨香、浪川大輔、中井和哉、高木渉、岩田光央、内田彩、犬山イヌコ、金田朋子ほか

タイトルコール:大塚明夫
製作: DLE/ワーナー ブラザース ジャパン
制作: DLE
配給:ワーナー・ブラザース映画
宣伝: KICCORIT/ウフル/DROP./フラッグ
© Warner Bros. Japan and DLE. DC characters and elements © & ™ DC Comics. Eagle Talon characters and elements © & ™ DLE. All Rights Reserved.


シャーリーズ・セロンが猿役CV!『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』


映画情報どっとこむ ralph ストップモーションアニメ『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』が11月18 日(土)全国 ロードショーとなります。

数々の傑作を送り出してきたストップモーション技術最高峰・スタジオライカが今回選んだのは日本。
監督には、黒澤明や宮崎駿を敬愛する大の日本マニアで、次回作に『トランスフォーマー』シリーズ最新作『バンブルビー(原題)/Bumblebee』も控えた、映画界最注目のトラヴィス・ナイト。

また、先日、日本版の吹き替えキャストが発表されたばかりの本作ですが、実は本国版のボイスキャストも超豪華!シャーリーズ・セロン、 マシュー・マコノヒー、レイフ・ファインズ、ルーニー・マーラら、実力派俳優陣が参加しています。

映画情報どっとこむ ralph そして!
この度、本作でシャーリーズ・セロン演じる”サル”によるアクション映像が解禁となりました!シャーリーズ・セロンといえば、『マッド・マックス 怒りのデス・ロー ド』のフュリオサ役や公開されたばかりの『アトミック・ブロンド』で最強の女スパ イ、ロレーン役を演じるなど、かっこいい女性の代名詞と言っても過言ではない憧 れの女優。そんなシャーリーズ・セロンがサル役!?
というのも驚きですが、主人公のクボとともに旅をし、戦い、彼を見守る優しさを持った”サル”。

セロン:サルは辛口で、どう猛で、面白くて、 皮肉っぽいわ。そしてとても正直。残忍なほどに正直よ。賢くて、悪びれたところ がないの。でも心の奥底は、とても硬い殻に覆われた、柔らかい部分があるの。

と 自身が演じたキャラクターの魅力について語りつつ、

セロン:彼女は最高の人よ。卓越し た武道家で、サバイバルにかけては抜群に腕が立つわ。彼女は…言ってみれば 戦士ね!

ともコメント。

因みに、日本語吹き替え版は、攻殻機動隊シリーズ草薙素子役や洋画吹替えの世界でも大人気の田中敦子さんが演じてます!

映画情報どっとこむ ralph

“戦士”というシャーリーズの言葉通り、今回、彼女は声だけ の演技で驚きのアクションシーンを演じています!

美しい肉体だけでなく、声でも魅せてくれるシャーリーズ・セロンのかつてないアクションシーンは必見です!

KUBO/クボ 二本の弦の秘密
原題:Kubo and the two strings

公式 HP:
http://gaga.ne.jp/kubo

物語・・・
三味線の音色で折り紙に命を与え、意のままに操るという不思議な力を持つ少年・クボ。幼い頃、闇の魔力を持つ祖父に狙われ、助けようとした父親は命を落 とした。その時片目を奪われたクボは、最果ての地まで逃れ母と暮らしていたが、更なる闇の刺客によって母さえも失くしてしまう。 追手である闇の魔力から逃れながら、父母の仇を討つ準備を進めるクボは、道中出会った面倒見の良いサルと、ノリは軽いが弓の名手のクワガタという仲間を得る。やが て、自身が執拗に狙われる理由が、最愛の母がかつて犯した悲しい罪にあることを知る。

***********************************

監督:トラヴィス・ナイト 声の出演:アート・パーキンソン(クボ)、シャーリーズ・セロン(サル)、マシュー・マコノヒー(クワガタ)、ルーニー・マーラ(闇の姉妹)、レイフ・ファインズ (月の帝)

2016/アメリカ/カラー/シネスコ/5.1ch デジタル
字幕翻訳:石田泰子
©2016 TWO STRINGS, LLC. All Rights Reserved.


『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』4DX、MX4D上映決定


映画情報どっとこむ ralph 感動のTVシリーズから12年―新たに描かれるレントンとエウレカの物語。『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』が、劇場3部作として待望の映画化、1作目の『ハイエボ1』は、絶賛公開中です。
 
この度、10月28日(土)より、全国71館の劇場にて『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』の4DX、MX4D上映が決定いたしました!
4D上映とは、映画のシーンに合わせて、客席のシートが前後、左右、上下に動くとともに、風、香り、ストロボ、煙や振動など、人間の五感を刺激する特殊効果が味わえるアトラクション型のシアターシステムです。
全編を通してこの「エウレカセブン」の世界を体感できるのはもちろんのこと、特に戦闘シーン、本作で初めて描かれた人類最大の危機「サマー・オブ・ラブ」などはまさに圧巻!自身がそのシーンに立ち合っているかのごとく、より深く物語に入り込むことができます。京田知己総監督に「もう1つの完成版。」と言わしめたこの4D上映は、まだ本作を観ていない人も、すでに1度観た人も必見のクオリティとなっています。
下記、京田総監督、南雅彦プロデューサーからも、コメントが届いています。

さらに、この4D上映を記念して、10月28日(土)~4D上映来場者限定特典として、《ハイエボ1 生コマフィルム》の配布が決定(数量限定)!
映画情報どっとこむ ralph 京田知己総監督 コメント
これがもう1つの完成版。
色々なセクションの人たちが、補填をしてくれたおかげで、ここまでのものに完成できたと思っていた本作に、新たな力が加わって、もう一段落上の完成版に仕上げていただきました。一度観た方もこれからの方も、ぜひ4Dで本作を観ていただけますと幸いです。

南 雅彦プロデューサー コメント
映画冒頭から、4Dでのサマー・オブ・ラブ。体全体で受けとる映像、音、音楽は圧倒的な迫力です。そして4Dのその魅力は、映画後半に向けてレントンのドラマに心まで揺さぶられます。劇場でしか味わえない映像体験を是非観てください。

映画情報どっとこむ ralph 公式HP:eurekaseven.jp

地球上を覆う情報生命体・スカブコーラルと人類の戦いが巻き起こした世界の危機――サマー・オブ・ラブ。
その危機から世界を救ったのは、アドロック・サーストンだった。英雄と讃えられるようになるアドロック。だが、その真相を知るものは、最前線で戦ったごく一握りの人間だけだった。そして10年の時が流れた。

アドロックの残された息子レントンは、ビームス夫妻の養子となり、地方都市ベルフォレストで暮らしていた。義理の父チャールズは、豪放で色んな意味で“濃い”男。義理の母、レイは冷たそうに見えて細やかな愛情の持ち主だった。だが、ビームス夫妻とレントンの間にはどこかぎこちなさがあった。14歳になり、鬱屈とした日々を送っていたレントンに運命の転機がやってくる。そして、家を飛び出すレントン。そこからレントンは様々な人との出会い、別れを経験する。
レントンが出会ったひとりは、ファシリティ・ガード隊長のホランド・ノヴァク。一時、ホランド率いるファシリティ・ガードに身を寄せていたレントンだが、ホランドとの相性は最悪。徹底的に悪かった。結局レントンはそこからもわずかな時間で飛び出してしまった。

彼が出会ったもうひとりは、少数宗教ヴォダラクの少女。死に瀕した彼女を救うため、レントンは、再会したビームス夫妻の心配をよそに奔走する。

人々との出会いと別れは、レントンに大事なことを気づかせる。

自分はなぜ、家出をしたのか。自分はなぜ今、この道を走っているのか。

***********************************

レントン:三瓶由布子 エウレカ:名塚佳織
デューイ:辻谷耕史 ホランド:森川智之 タルホ:根谷美智子
チャールズ:小杉十郎太 レイ:久川 綾 / アドロック:古谷 徹

総監督:京田知己 脚本:佐藤大 キャラクターデザイン:吉田健一

原作:BONES
監督:清水久敏 メインメカニックデザイン:河森正治 コンセプチャルデザイン:宮武一貴
デザインワークス:武半慎吾、齋藤将嗣、出渕裕、コヤマシゲト、柳瀬敬之、中田栄治
キャラクター作画監督(サマー・オブ・ラブ パート):藤田しげる
キャラクター作画監督:倉島亜由美 特技監督:村木靖 メカニック作画監督:阿部慎吾
メインアニメーター:柿田英樹、金子秀一、大塚健、横屋健太、長野伸明、工藤糸織
美術監督:永井一男 美術監督補佐:本庄雄志 色彩設計:水田信子 編集:坂本久美子 撮影監督:木村俊也 音響監督:若林和弘
音楽:佐藤直紀 挿入曲:Hardfloor 、HIROSHI WATANABE
主題歌:「Glory Days」尾崎裕哉(TOY’S FACTORY)
アニメーション制作:ボンズ
製作:バンダイビジュアル、バンダイナムコエンターテインメント、博報堂DYミュージック&ピクチャーズ、ボンズ、MBS
配給:ショウゲート
©2017 BONES/Project EUREKA MOVIE 


百田夏菜子(ももクロ)初ソロ主題歌 山寺宏一とデュエット!


映画情報どっとこむ ralph こどもたちに圧倒的な人気を誇る児童書「かいけつゾロリ」シリーズ。
累計発行部数3,500万部を超える本シリーズが2017年、遂に30周年を迎え、その記念すべき映画第5作目『映画かいけつゾロリ ZZ(ダブルゼット)のひみつ』が、11月25日(土)より全国公開いたします。

原作でも語られることのなかったゾロリの秘密に迫る本作では、過去にタイムスリップし、若き日のゾロリの母“ゾロリーヌ”が登場。そのゾロリーヌの声には、ゲスト声優本格初挑戦となる「ももいろクローバーZ」リーダー・百田夏菜子さん!そして今回なんとソロ主題歌にも初挑戦!いたずらの天才ゾロリには、「七色の声を持つ男」と称され、長年アニメと共に演じてきた山寺宏一さんが続投し、百田とのデュエットが実現いたしました。

作曲はアニメ楽曲になくてはならないこの方!田中公平先生。作詞は原作の原ゆたか氏です。
主題歌「夢は心のつばさ」レコーディング実施
実施:10月10日(火)
会場:ビクタースタジオ
登壇:百田夏菜子(ももいろクローバーZ)、山寺宏一

映画情報どっとこむ ralph
別々にレコーディングを終わらせたばかりという二人が登場して、今回が初共演であることを挨拶と共に明かし、

百田さん:お会いするのも初めて!。

山寺さん:初めての共同作業。しかも親子共演!ママ!。
百田さん:息子!

と息のあったやり取りからスタート。

そしてデュエットで主題歌「夢は心のつばさ」を初お披露目。
百田さんはソロとして初の主題歌を担当することもあり、

百田さん:山寺さんの声が一緒にヘッドフォンから聞こえたとき涙が出てきそうになった。

と感無量の様子。一方、

山寺さん:ドキドキした~。一緒に歌ったら気持ちいい!ママと一緒に歌えたっていうか。こんなおっさんが息子でごめんねー。ももクロの一員になったような気がした。いつでもももクロの公演に呼んでもらえたら!

とアピールを欠かさず、先輩としてもしっかりフォロー。

映画情報どっとこむ ralph 感想を聞かれると、

百田さん:普段は自分として歌っているけれど、今回は役として歌うのも初。正直どうすればいいかわからなかったけど、山寺さんの声が先に入っていたので全身を預ける感じでした。男の人の声が耳から聞こえるって今までないので、それが新鮮で、ハモった瞬間が楽しい!って思えた。ゾロリに寄り添うように。声でも優しいママを出せたらと思って歌いました。

と。

百田さん:佐々木彩夏(あーりん)が前に違うアニメの声優をしたことがあったので、先輩ヅラするんです。『声優に関してわからないことあったら何でも聞いて。』って言ってくるので、若干イラっとして(笑)。結局何も聞かなかった。

とメンバーからのコメントも明かしました。

山寺さん:楽しいって言ってもらえて良かった、違和感でしかないって言われたらどうしようかと思った(笑)。夏菜子ちゃんの声は特別な波動でてるよね。みんなを笑顔にする、顔だけじゃなく声も。(声で波動だすのは)野沢雅子さんくらいしか知らなかったけど。やっぱりそういうことか!なんか出ているんだ、みんなを明るく楽しくさせる波動が。ゾロリはとにかくママが大好き。そのママとデュエット、特別な思いがあります。歌詞がすごい音楽もすごい。僕、アニメで主人公と主題歌の両方担当しているのは、唯一「ゾロリ」だけなんです。TVシリーズの最初から主題歌を歌っていますが、ゾロリは名曲ゾロリ。幸せです。

と感慨深げに語りました。


また、レコーディング中のエピソードについては、

百田さん:山寺さんと声が重なってくるところが難しかったし、急に山寺さんが入ってくると一気に緊張して、引っ込んじゃう。と思ったんですが、割りとすっといけました。

山寺さん:夏菜子ちゃんが追っかけて歌うパートがあるんですが、一人でレコーディングしているときはなかなかうまくいかなくて最後まで録り直していたのに、さっき二人で歌ったらすーっていけた。散々うまくいかなかったのに。さっきのを本チャンに使ってもらっていいですかー?頭っからやり直すー?。

と笑いを誘いました。

最後は

劇中にも出てくるセリフ。

山寺さん:夢は心のつばさ。後世に残したい名曲です。ももクロファンが好きになってくれたら。百田さんをお迎えして心あたたまる作品になったので、映画も主題歌同様楽しんで欲しい。

百田さん:親子愛もあるし、ちょっと初恋のような気持ちでキュンキュンしたりとかもある。ドキドキウルウルハラハラな作品になったので是非楽しんで。

とイベントを終えました。

映画情報どっとこむ ralph 『映画かいけつゾロリ ZZ(ダブルゼット)のひみつ』

物語・・・
ゾロリの胸から消えた「ZZ」のマーク。時空を超えた冒険の果てにたどりついた秘密とは…!?
ゾロリたちが過去にタイムスリップ!トレードマークの「ZZ」誕生のひみつが、ついに明かされる!
朝一番にドーナツ屋さんに並ぶため、“目覚まし時計”型のゾロリ庵で寝ていたゾロリとイシシ&ノシシ。3人は、ひょんなことから異空間に吸い込まれてしまった!行きついた先は見知らぬ町。そこで出会ったすてきなレディにゾロリが恋心を抱いたのもつかの間、「ゾロリーヌ」と名乗った彼女は、なんと若き日のゾロリママだった!ゾロリたちは過去にタイムスリップしてしまったのだ!!
突然あらわれた謎のかいじゅうに飲み込まれてしまったゾロリーヌを取り戻すため、宝探しから帰ってきたトレジャーハンターのゾロンド・ロンとともに奮闘するゾロリたち。はたして、ゾロリたちは、無事、ゾロリーヌを助けることができるのか?
そして、ゾロリのコスチュームに刻まれた「ZZ」マークにかくされたひみつとは?かいけつゾロリ誕生のひみつが、今、ここに明かされる!!

公式サイト
http://www.zorori-movie.jp/

【主題歌CDデータ】
11月22日(水)発売 CD
映画かいけつゾロリZZのひみつ 主題歌
夢は心のつばさ
COCC-17377  ¥1,200+税

収録内容
1.夢は心のつばさ
  作詞:原ゆたか 作曲:田中公平 編曲:多田彰文
  歌:ゾロリーヌ(CV:百田夏菜子fromももいろクローバーZ)withゾロリ(CV:山寺宏一)

2.つぎ いってみよう!(オープニングテーマ)
  作詞:原ゆたか 作曲:田中公平 編曲:江原大介
歌:ゾロリ(CV:山寺宏一) with イシシ(CV:愛河里花子)、ノシシ(くまいもとこ)

1、2 のオリジナルカラオケ

【初回封入特典】
映画名場面のゾロリとゾロリーヌの声が聴けるよ!「AR機能付きシール」封入

***********************************

原作:原ゆたか(「かいけつゾロリ」シリーズ/ポプラ社刊)
監督:藤森雅也 脚本:吉田玲子 音楽:田中公平
声の出演:山寺宏一 愛河里花子 くまいもとこ 他
アニメーション制作:BN Pictures、亜細亜堂 
配給:東京テアトル 
配給協力:イオンエンターテイメント
(c)2017 原ゆたか/ポプラ社,映画かいけつゾロリ製作委員会


第30回東京国際映画祭 アニメの名手「映画監督 原恵一の世界」決定!


映画情報どっとこむ ralph 10月25日より開催する第30回東京国際映画祭のアニメーション特集は、「映画監督 原恵一の世界」をお届けします。2001年公開の『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』で大人も泣かせるアニメの名手として脚光を浴びた原恵一監督初の大規模特集上映は、今年で監督デビュー30周年となるフィルモグラフィーの中から7つの代表作を選び、各回上映後に原恵一監督によるトークショーを実施。

さらに監督と縁のあるゲストの登壇も決定しています。

①気になるゲストは?
劇作家・脚本家の中島かずきさん、映画監督の樋口真嗣さん、俳優の上川隆也さん、作曲家の富貴晴美さん、映画評論家の町山智浩さん、俳優の加瀬亮さんという超豪華メンバーが登場します。

②注目の入場者特典は!
「映画監督 原恵一の世界」オフィシャルガイド(B5判・36p/非売品)を観客全員にプレゼント。この機会を逃すと二度と手に入らないビギナーズガイドは、まさにファン垂涎の一冊です。

③噂の監督最新作!?
今回の特集上映を記念して新作イメージボードを解禁! 10/27(金)『クレヨンしんちゃん オトナ帝国の逆襲』上映後にチラ見せしますので、どうぞお楽しみに!!

映画情報どっとこむ ralph アニメーション特集「映画監督 原恵一の世界」開催概要
会場:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
料金:一般1,300円、学生1,000円、当日学生500円(上映当日0:00〜)
日時・タイトル・ゲスト

10/26(木)20:15
『映画クレヨンしんちゃん 嵐をよぶ アッパレ!戦国大合戦』
©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2002
原 恵一(映画監督)×中島かずき(劇作家・脚本家)

10/27(金)11:50
『映画クレヨンしんちゃん 嵐をよぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』
©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2001
原 恵一(映画監督)×樋口真嗣(映画監督)

10/28(土)10:15
『河童のクゥと夏休み』
©2007小暮正夫/「河童のクゥと夏休み」製作委員会
原 恵一(映画監督)×上川隆也(俳優)★

10/29(日)21:00
『エスパー魔美 星空のダンシングドール』ほか/
「エスパー魔美 星空のダンシングドール」
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 1988
原 恵一(映画監督)

10/30(月)20:40
『百日紅〜Miss HOKUSAI〜』
©2014-2015杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会
原 恵一(映画監督)×富貴晴美(作曲家)

10/31(火)17:50
『カラフル』
©2010 森絵都/「カラフル」製作委員会
原 恵一(映画監督)×町山智浩(映画評論家)

11/2(木)20:20
『はじまりのみち』
©2013「はじまりのみち」製作委員会
原 恵一(映画監督)×加瀬 亮(俳優)

映画情報どっとこむ ralph <第30回東京国際映画祭 開催概要>
イベントタイトル:第 30 回東京国際映画祭
開催期間:2017年 10 月 25 日(水)~11 月 3 日(金・祝)
会場:六本木ヒルズ(港区)、EXシアター六本木 他
公式サイト:
http://www.tiff-jp.net 

***********************************

©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 1988
©藤子プロ/シンエイ
©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2001
©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2002
©2007 小暮正夫/「河童のクゥと夏休み」製作委員会
©2010 森絵都/「カラフル」製作委員会
©2013「はじまりのみち」製作委員会
©2014-2015 杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 1988
©藤子プロ/シンエイ
©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2001
©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2002
©2007 小暮正夫/「河童のクゥと夏休み」製作委員会
©2010 森絵都/「カラフル」製作委員会
©2013「はじまりのみち」製作委員会
©2014-2015 杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会