「アドベンチャー」カテゴリーアーカイブ

山寺宏一、加藤浩次 最凶声優チーム結成!


9月13日(土)から公開のマーベル・スタジオが贈る待望の最新作。
宇宙のはみだし者たちが、銀河存亡をかけた戦いに挑むアクション・アドベンチャー超大作

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー 本作は、秘宝“オーブ”を巡り銀河存亡を懸けた戦いに巻き込まれたトレジャー・ハンター、ピーター・クイルと、ヒーローとはかけ離れた宇宙最凶の仲間達の冒険が描かれています!8月1日に米国公開で月公開作品のオープニング記録を樹立! 全米サマー・シーズンの掉尾を飾る全米No.1大ヒットスタートを切っています。

この度、本作の声優が決定いたしました。

『GOG』声優画像
新たなヒーロー像を確立すること間違いなしの、宇宙一ツイテないトレジャー・ハンター=ピーター・クイルの声優に、今や日本No.1声優の山寺宏一さん、その愛らしさと裏腹の凶暴さで話題集中の“宇宙最凶”アライグマ、ロケットの声優に数多くのレギュラーを抱える人気No.1朝の顔でありながら、凶暴さではお笑い界No.1ともいわれる加藤浩次さん。そして「私はグルート」の一言しか話さない樹木型ヒューマノイドのグルートに注目度No.1俳優の遠藤憲一さんが、それぞれ決定。オリジナル・キャストは各界のNo.1揃いのこの作品、吹き替えキャストも各界のNo.1結集、映画本編の最凶ヒーローたちにひけを取らない“最凶声優チーム”の誕生です!

ピーター・クイルを演じたクリス・プラットは今や全米が注目するNo.1ニュー・スター。数多くの映画の吹き替えで様々なスターの声優を演じたキャリアから山寺宏一さんは「やるときはやるキャラクターをクリスはかっこよく演じている」と、そのスター性に太鼓判。さらに意外や意外、マーベル・スタジオ作品の劇場用映画では初めての声優となることについては「こんな大作でいきなり主人公ということで、驚いているし、とても嬉しい!」とかたっています。


加藤浩次さんが演じたロケットは、本編ではハリウッドNo.1セクシー男優のブラッドリー・クーパーが演じています。「ブラッドリーが声優をやっている役だと知って、俄然興味を持った」という加藤さん、しかし、このロケットというキャラクターは誰もが思わずなでたくなるほどの外見の可愛さに似合わず、口は悪い上にすぐキレてマシンガンをぶっ放す乱暴者。“狂犬”の異名を持つ加藤さんには、本人も納得の正に適役!?オリジナル以上に柄の悪いロケットへ期待が高まります!


遠藤憲一さんが演じた心優しき樹木型ヒューマノイド、グルートは「私はグルート」の一言しか話さず、しかもその一言だけであらゆる感情を表現するという映画史上稀有なキャラクター。セリフを覚えるという苦労は皆無ですが、喋り方の変化だけが勝負となる、ある意味超難役です。オリジナルでグルートを演じたNo.1アクション・スターのヴィン・ディーゼル同様、演技派で知られる遠藤さんが一言だけの出演という贅沢な起用と、「見た目が似ている!?」吹替え版本編への注目度も増しそう!

このバラエティに富む3人の顔合わせはまさに想定外!No.1揃いのオリジナル・キャストに匹敵する“No.1声優”と“No.1MCであり、凶暴度No.1コメディアン”。そして“今最も旬なNo.1俳優でありながらセリフは一種類だけ”の「和製ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の“最凶声優チーム”が、9月13日(土)、日本に大センセーションを巻き起こします!2D/3D全国ロードショーです。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』


********************************************************************


物語
史上最も運が悪いトレジャー・ハンター、ピーター・クイル。無限の力を持つパワーストーン<オーブ>をめぐり、凶暴なアライグマをはじめとする宇宙のはみだし者たちと結成した“宇宙最凶チーム”が、銀河滅亡を阻止する戦いに挑む!
【原題】Guardians of Galaxy 全米公開:2014年8月1日
【監督】ジェームズ・ガン
【製作】ケビン・ファイギ
【出演】クリス・プラット/ブラッドリー・クーパー/ヴィン・ディーゼル/ゾーイ・サルダナ/デイブ・バチスタ/ベニチオ・デル・トロ

【配給】ウォルト・ディズニー・スタジオ (c) 2014 Marvel. All Rights Reserved. Marvel-japan.jp/GOG/


小説版『ぼんとリンちゃん』発売決定!星野リリィが表紙!


9月20日(土)より新宿シネマカリテ、シネ・リーブル梅田ほか、全国順次公開となります
小説版『ぼんとリンちゃん』発売 『ぼんとリンちゃん』

の小説版がコラボレート企画として、8月28日(木)に発売されることが決定しました!!

小説版『ぼんとリンちゃん』
タイトル:『ぼんとリンちゃん』
著者:小林啓一
カバーイラスト:星野リリィ
出版社:竹書房
出版日:2014年8月28日(木)
定価:702円(税込)
判型:文庫版
ページ数:256頁

本作、小説版『ぼんとリンちゃん』は、小林啓一監督自らが原稿を執筆。
映画本編の中では描かれないエピソードや、映画で描かれるエピソードの前日潭と後日潭を描き、映画本編の中では描かれなかった主人公のぼんとリン、そして二人の親友みゆが東京にやってくるまでのエピソードとそれぞれのキャラクターの葛藤をふんだんに盛り込み、小林監督の本作での構想をすべて網羅。

映画と小説版のセットにより、初めて作品世界の全貌が明らかとなります。

また、小説の表紙を飾るイラストは、映画本編に登場するオリジナル同人誌も手がけた『おとめ妖怪 ざくろ』等で人気の漫画家、イラストレーターの星野リリィさんが担当。

主人公のぼんとリンの魅力が本イラストにより、一層引き出されています。

なお、本作発売にあたって、著者の小林啓一監督、そして本イラストを担当された星野リリィさんのコメントも到着しました。

小林啓一監督コメント
この小説は、なんとなく一人で書いた気がしないのです。
というのも映画に登場するキャラたちはキャストのみんな(特に佐倉さん、高杉くん、比嘉さん)と一緒に作り上げたからです。なので、初の小説でしたが、わりと肩の力を抜いて書けた気がします。

なんせ、登場人物たちが自由にひとり歩きしてくれたので。


星野リリィさんコメント
『ぼんとリンちゃん』の表紙を、と思ったときに やはりタイトルそのまま、ぼんちゃんとリンちゃんの二人を描かなくてはだめだろう!と思い、そのままを形にしました。普段の二次元すぎる自分の画風だと二人の良さがまったく表現できないので画風をリアル寄りに変えて描いたので、いつもと違って新鮮だったのと、二人がかわいいのでとても描き甲斐がありました。参加させていただきありがとうございました。

読んでから観るか?観てから読むか?

映画『ぼんとリンちゃん』

9月20日(土)、新宿シネマカリテ、シネ・リーブル梅田ほか全国順次公開です。

公式HP: http://bonlin.jp/
公式Facebook: https://www.facebook.com/bonlin2014
公式Twitter: https://twitter.com/BONLIN2014



********************************************************************


ぼんとリンちゃんポスターここではないどこかの地方都市に住んでいる四谷夏子(通称“ぼん”)は、16歳と62ヶ月を自称する女子大生。彼女と友田麟太郎(通称“リン”は、ボーイズラブ(BL)やアニメ、ゲームが大好きなオタクの幼なじみ。

ふたりは、同棲中の彼氏から暴力を振るわれているという親友のみゆちゃんを連れ戻しに東京へやってきた。

ぼんとリンはネットゲームで知り合った会田直人(通称“べび”)に協力をあおぎ、みゆちゃんの家へと突撃する。

その姿は、ロールプレイングゲームの勇者や魔法使いのパーティを彷彿とさせるものだった。

リン曰く「ボス戦」に挑む一同。果たして、予測不能のミッションは成功するのか!?

監督・脚本・撮影:小林啓一
出演:佐倉絵麻、高杉真宙、比嘉梨乃、まつ乃家栄太郎、桃月庵白酒

主題歌:『迷子のリボン』作詞・作曲40mP/同人誌制作:星野リリィ
製作:マイケルギオン、フルモテルモ
配給:フルモテルモ 配給協力:コピアポア・フィルム
日本/2014/カラー/91分/ビスタサイズ
©ぼんとリンちゃん


トランスフォーマーが渋谷ジャック!


8月8日(金)の日本公開の

『トランスフォーマー/ロストエイジ』

トランスフォーマーロストエイジ
渋谷のランドマークといえる109やQフロントなどに、ほぼ等身大のオプティマス司令官やバンブルビーが登場。道玄坂から公園通りには総額1億円の4台のスーパーカーが逃走。まさに渋谷がトランスフォーマー一色となった渋谷で、イベントが行われた模様。

そして、イベント会場に現れたのは、今ものまねメイクファタジスタとして絶大な人気を博している、まさに人間トランスフォーマーといえるざわちんさん。

なんとのこの日はオートボットの総司令官オプティマスのメイクと衣装で登場。

ざわちんさんがタレント以外のメイクをするのはこれが初。人生初の金属生命体メイクを問われ「顔の左側半分にオプティマスメイクを施しました。強さを表現するべく、アイラインの作り方と青いシャドウの入れ方をシャープにするようこだわりました」と、メイクのポイントを熱く語った。

続いて、ざわちんさんの紹介で現れたのは南明奈さん。南さんはバンブルビー風の衣装とざわちんさんが施したメイクで登場。

バンブルビーになった感想を問われると、「どうなるのかと少しだけとまどいましたが、さすがざわちんさんお見事ですね!」とざわちんさんを大絶賛。南さんのメイクを施したざわちんさんは、メイクのポイントを「オプティマスは三角でシャープに見せることに対し、バンブルビーは丸みがポイント。眉のアーチを刻み、アイシャドウをぐるぐる塗りました」とこだわりを語った。

TF4渋谷ジャック好きなトランスフォーマーのキャラを問われると、ざわちんさんは「オプティマス!男らしく、理想の男性です!」、南さんは「バンブルビーです。愛嬌があり、人間に近いので。」と答えるなど、二人とも熱狂的なトランスフォーマーファンであることを明かした。

続くフォトセッションでは、なんとオプティマスプライムが登場。本物のトランスフォーマーを前に「カッコいい~!!」と二人とも大興奮な上、あまりのリアルさと大きさに驚きも見せました。

ゲストのざわちんさんと南明奈さんからのコメントです!

ざわちんさん
元々トランスフォーマーの大ファンで、過去シリーズは全て観ていました。今回はアクションシーンがすごく、主人公の父と娘の関係が自分の父親との関係性と重なりました。うちの父は映画と同じく親バカなので(笑)。家族の物語に共感でき、笑いもあり、楽しめます!家族やデート、友人と観て頂きたい作品です。過去作品より確実にレベルアップしています!

今回メイクで似せたオプティマスに私は恋をしました(笑)。男らしく、まさに理想の男性です。今回のメイクは強さを表すような目元がポイントです。アイラインの作り方や、青いシャドウの入れ方にこだわりました。

また今回は渋谷ジャックということで、高級スーパーカーも登場するようなので、時間があればフラついて見に行きたいです。


南明奈さん
今回ざわちんさんにメイクを施してもらえると聞き、すごく楽しみ!となりましたが、バンブルビーになると聞いてどうなるのかなと思いました(笑)。けれどもこんなバンブルビー風になれて、ざわちんさんは改めてすごいなと感じました。バンブルビーは愛嬌があり、人間に近く、リアルな感情を持っているので一番好きですね。

『トランスフォーマー/ロストエイジ』

8月8日(金)TOHOシネマズ 日劇ほか3D/2D全国公開です。

公式ホームページ: http://www.tf-movie.jp/

********************************************************************


監督/製作総指揮:マイケル・ベイ(『トランスフォーマー』シリーズ、『アルマゲドン』)
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ(『インディ・ジョーンズ』、『トランスフォーマー』シリーズ)

脚本:アーレン・クルーガー(『トランスフォーマーダークサイド・ムーン』)
キャスト:マーク・ウォルバーグ、ニコラ・ペルツ、ジャック・レイナー、スタンリー・トゥッチほか

© 2014 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro.
 
 


『GODZILLA』観てきました!日本ゴジラへの愛に満ち満ちてます。


ハリウッド版GODZILLA
ハリウッド版GODZILLA
後姿に哀愁も
最高の恐怖、極限の絶望
全世界待望のハリウッド版ゴジラ

『GODZILLA ゴジラ』 

が、2014年7月25日全国東宝系ロードショー中です。

公式サイト:
http://www.godzilla-movie.jp

この作品は、日本が誇る「ゴジラ」をハリウッドの超一流スタッフ・キャストによって映画化される超大作想像を絶するスケールのGODZILLAがハリウッドの手よる本作のテーマは「リアル」

前回、単なる恐竜にされて大失敗だったハリウッド版リメイクの二の轍は踏みません。

今回は、現代にゴジラが現れたら、我々は何を感じ、何をなすのか? 何を大切にし、何を犠牲にするのか?日本から始まる物語は、徹底的にシミュレーションを重ね、アクション映画の枠を超えた繊細なドラマに練り上げられ、もちろんゴジラ自体の造形、動きもリアルにこだわっています。

と、プレスリリース。

どうせならば、大きな画面で3Dで見てみようと、IMAX3Dで観てきました。

感想は・・・・いや~良かったです。

日本のオリジナルゴジラへの愛に満ちている映画です。
設定、フォルム何処をとっても“ガッジーラ”ではなく“ゴジラ”です。
しかもあの白黒の初代です。動きも好感です。
日本人も納得のこのフォルム。間違いなくゴジラです!
日本人も納得のこのフォルム。間違いなくゴジラです!

監督は新鋭のギャレス・エドワーズ、脚本がマックス・ボレンスタイン。
絶対この2人ゴジラオタクです。

最後の最後まで、日本のゴジラのイメージを崩しません。

なお、26日にサンディエゴで行われたコミコン・インターナショナルでは続編製作が発表され、しかも、モスラ、ラドン、キングギドラが登場するようです。

嬉しい反面、
このクオリティーで『三大怪獣 地球最大の決戦』的なものまで、やられたら。。。
残念ながらもう日本でゴジラ作れない気がします。。。

強いて、難点を挙げるとすると、核兵器の扱いが日本人の感覚より荒いことと、ゴジラが出てくるまでが長めなところでしょうか。その分人間が良く描かれていますけどね。

後、僕は3Dで観たけれども、そんなに飛び出さないし、奥行き間も重要でないので、明るい2Dをお勧めします。(もしかすると2D⇒3Dコンバートかもしれない。)

大きい画面と良いサウンドはマストです!

巨大、ごつい!迫力のゴジラ現る
巨大、ごつい!迫力のゴジラ現る

『GODZILLA ゴジラ』 

が、2D/3Dで2014年7月25日全国東宝系大ヒット上映中。
ゴジラ好きな方。是非映画館で観賞を。

公式サイト: http://www.godzilla-movie.jp

********************************************************************

『GODZILLA ゴジラ』 

【キャスト・スタッフ】
アーロン・テイラー=ジョンソン,渡辺 謙,エリザベス・オルセン,ジュリエット・ビノシュ,サリー・ホーキンズ,デヴィッド・ストラザーン,ブライアン・クランストン

監督:ギャレス・エドワーズ
脚本:マックス・ボレンスタイン
音楽監修:デイヴ・ジョーダン
音楽:アレクサンドル・デスプラ
(C) 2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC
 
 


『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』試写してきました!


9月13日(土)公開となります、マーベル・スタジオ待望の最新作映画

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
(原題:The Guardians of the Galaxy)。

宇宙一運が悪いトレジャー・ハンター、ピーター・クイル率いる史上最もヒーローらしくないヒーローたちの銀河滅亡をかけた戦いと冒険を、圧倒的なスケールと独創的なストーリーで描いたこの秋大注目のアクション・アドベンチャー超大作です!

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
息継ぐ間もなく炸裂するアクションと宇宙規模の壮大なスケールで描かれている本作には、70年代のメジャーどころからコアな懐メロが存分に使用されています。

主人公・ピーターが肌身離さず持ち歩き、ウォークマン(カセットテープ)で聴いているのは、“イケてる曲選集volume1 !!!”と書かれたカセットテープ。

亡き母の形見であり、命よりも大切なそのテープから流れてくるのはどれも名曲ばかり。宇宙で繰り広げられる派手なシーンに流れる懐かしのヒット曲、そのコントラストが本作をより面白くしています!

いきなり初っ端から心を鷲掴みにするのは10ccの“I’m Not In Love”。どんな世代でも、どこかで一度は耳にしたことはあるこの曲はまさに最高の1番手です。そして、ガラリとシーンを変えて流れる、レッドボーンの“Come and Get your Love”はアップテンポで、乗り易い軽快さ。キャラクターの魅力を引き立て、観る人を一気にストーリーへと引き込んでいきます。

ラズベリーズの“Go All The Way”やザ・ランナウェイズの“Cherry Bomb”、ブルー・スウェードの“Hooked on a Feeling(ウガ・チャカ)”、ルパート・ホルムズの“Escape(The Pina Colada Song)”、エルヴィン・ビショップの“Fooled Around and Fell in Love”、デヴィッド・ボウイの“Moona ge Daydream(月世界の白昼夢)”マーヴィン・ゲイがタミー・テレルとデュエットを組んだ“Ain’t No Mountain High Enough”とジャクソン5の“I Want You Back(帰ってほしいの)”など、次々と登場する楽曲たちは、見事に合わさり、本作の旨みを引き出しています。特にザ・ファイヴ・ステアステップスの“O-o-h Child”は予想外な使われ方に、ぜひご注目して欲しいシーンの一つです!

で、一足先にマスコミ試写行ってきました!いや~面白かったです。

70年代の音楽好きの映画?
って30代後半から50代前半くらいが血湧き肉踊る感じの曲で構成されていて、アメリカでもマーベル好きな大人って多いんだなーと感心させられた次第。

内容は、いい意味でステレオタイプ。
次も観てみたくなってます。。その理由は。。。。
なんといってもキャラクターが面白すぎなんです。

特にアライグマに改造された超凶暴なロケット樹木型ヒューマノイドグルートのコンビが全編通していい味を出しています。

メッチャおしゃべりなロケットに対して、グルートは「私はグルート」しか言わないんです。C3PO&R2-D2のでこぼこが逆転した感じですね。最後まで楽しませてくれます。

因みにグルートはヴィン・ディーゼルが声をいれてます。

僕は、アライグマと木人間を観に行くだけでも価値ありだと思います。(ロケットとグルートだけのスピンオフ観てみたいですもん。)

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

9月13日(土) 2D・3Dロードショーです!

マーベル&SF好きな方! 9月に観に行く一本にどうぞ
 
公式サイト:marvel-japan.jp/GOG/

********************************************************************


『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

【ストーリー】
子供の頃に地球から誘拐された、宇宙一運が悪いトレジャー・ハンター、ピーター・クイル。ある日、彼は巨万の富を夢見て、無限の力を持つパワーストーン<オーブ>を盗み出す。だが、オーブを狙う“闇の存在”から命を狙われ、セクシーな暗殺者、復讐に生きる破壊王、さらに凶暴なアライグマ&歩く植物という、史上最もヒーローらしくない仲間たちと“宇宙最凶チーム”を結成。銀河存亡を懸けた無謀すぎる戦いと、ありえない冒険に挑む

(原題:The Guardians of the Galaxy)/全米公開:2014年8月1日
監督:ジェームス・ガン
製作:ケビン・ファイギ
出演:クリス・プラット/ブラッドリー・クーパー/ヴィン・ディーゼル/ゾーイ・サルダナ/デイブ・バチスタ/ベニチオ・デル・トロ

配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ
©2014 Marvel. All Rights Reserved.