「アドベンチャー」カテゴリーアーカイブ

『スター・トレック イントゥ・ダークネス』 冒頭10分37秒


『スター・トレック イントゥ・ダークネス』 本編冒頭10分37秒の圧倒的映像を日本全国全てのIMAX3D劇場16スクリーンで上映決定です!!

パラマウト ピクチャーズは、全世界ファン待望の『スター・トレック』の続編、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(原題:Star Trek Into Darkness/全米公開2013年5月)を、本年9月より全国公開ですが、それに先駆け、本編冒頭10分37秒の、観るものの魂を揺さぶる圧倒的映像を全国のIMAX3D劇場16スクリーンにて、上映することを決定しました。

これは、昨年IMAX3D版『ホビット 思いがけない冒険』の一部上映劇場で上映されていたものだですが、そのあまりに素晴らしい映像を見た観客による、Twitterやブログなどへの書き込みを見た全国映画館の支配人からも、映像上映に際しての問い合わせを多数受けて実現したものです。

本日1/25より公開のIMAX3D版『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』上映劇場にて、順次上映されていきます。
公開半年以上前に、このような長編フッテージの上映が行われることは、異例中の異例で、本作が、今年最注目の1本であることを裏付けることが実証された格好です。

カーク船長役のクリス・パイン、スポック役のザッカリー・クイントなど前作でおなじみの出演者に加え、イギリスTVドラマ「シャーロック」で人気急上昇中のベネディクト・カンバーバッチが悪役で登場し、大きな話題を呼んでいます。 

『スター・トレック イントゥ・ダークネス』IMAX3D版フッテージ
上映劇場一覧はこちら

◆1月25日(金)より
シネマサンシャイン大和郡山、シネマサンシャイン衣山、
シネマサンシャイン土浦
成田HUMAXシネマズ ※(休憩時間中の)反照明での幕間上映

◆2月2日(土)より
109シネマズ木場、109シネマズ川崎、109シネマズグランベリーモール、
109シネマズ湘南、109シネマズ菖蒲、109シネマズ名古屋、
109シネマズ箕面
ユナイテッド・シネマ札幌、ユナイテッド・シネマ浦和、
ユナイテッド・シネマとしまえん、ユナイテッド・シネマ岸和田、
ユナイテッド・シネマキャナルシティ13

上映開始時間等詳細につきましては、各劇場にお問い合わせ下さい!

あっ 余談ですが
本作の監督:J.J.エイブラムスさんは、『スター・ウォーズ:エピソードVII』の監督に決定したって!

********************************************************************


『スター・トレック イントゥ・ダークネス』

<ストーリー>
平和を謳歌する地球に、突如訪れた史上最大の危機。それはエンタープライズ号の内部に潜んでいた静かなる悪のもたらしたものだった。壮大な宇宙を舞台に繰り広げられる生死を賭けた闘い。仲間との絆は引き裂かれ、愛は試される。世界と引き換えにカークが、エンタープライズ号のクルーが、払わなければならない「犠牲」とは?。


(c) 2012 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED. STAR TREK and related marks and logos are trademarks of CBS Studios Inc.
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン


原題:Star Trek Into Darkness
監督:J.J.エイブラムス
製作:J.J.エイブラムス、ブライアン・バーク(共にバッド・ロボット・プロダクションズ)
   デイモン・リンデリフ、アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー
出演:クリス・パイン、ザッカリー・クイント、ゾーイ・サルダナ、
   ベネディクト・カンバーバッチ、ジョン・チョウ、サイモン・ペッグ、
   カール・アーバン、ピーター・ウェラー


石ノ森章太郎生誕75周年!『009』Night 開催決定!


来たる1月25日(金)に昨年から続く9大イベントのラストを飾る第9弾イベント『009』Night in WALT9の実施が決定です。

この日は『サイボーグ009』の生み親である石ノ森章太郎氏の生誕75周年でもある記念すべき日という事で、絶賛公開中の『009RE:CYBORG』をはじめ、過去作である1966年 劇場版『サイボーグ 009』と1980年 劇場版『サイボーグ 009超銀河伝説』の上映もあり、「サイボーグ009」一色の一夜になります。

また、昨年2012年に「サイボーグ009」を映画と小説、それぞれの分野で現代に甦らせた神山健治監督と小野寺丈氏が登壇も決定!2人でのトークショーは初であり、『009 RE:CYBORG』とはまた違った「サイボーグ 009」のエピソードなどが披露されるかも!?、「サイボーグ009」のファンにとってはこれ以上ない一夜となること間違いなしです。

是非、この貴重な機会に劇場へ!

イベント『009』Night in WALD9の詳細を以下に。

『009』Night in WALD 9

映画『009 RE:CYBORG』神山健治監督×『サイボーグ009 完結編』著者 小野寺丈氏
トークショー開催!

■日程:1月25日(金)
■会場 :新宿バルト9
■時間 :開演 17:30 終了:23:39(予定)
■鑑賞料金:3900円
■登壇者 :
  神山健治氏(『009 RE:CYBORG』監督)
  小野寺丈氏(『サイボーグ009 完結編 conclusion GOD’S WAR』著者)
■上映作品:
  『009 RE:CYBORG』(2012年 2D版)
  劇場版『サイボーグ 009』(1966年)
  劇場版『サイボーグ 009 超銀河伝説』(1980年)
■1月18日(金) 24:00 KINEZO EXPRESSにて発売開始!
  http://kinezo.jp/pc/140



********************************************************************


井上和彦氏観客と『009 RE:CYBORG』を観た直後トークショー!


キャラクターデザインや設定が大きく変更され、『009 RE:CYBORG』として生まれ変わった「サイボーグ009」。

今回、テレビシリーズの中でも人気の高かったTVシリーズ第2作で主人公の島村ジョーを演じた井上和彦さんと一緒に本編を観られるイベントが決定しました!

これまでにない加速装置の表現を含め、かつて島村ジョーを演じた井上和彦さんから観て、今回の生まれ変わった島村ジョーはどう映るのか?本編鑑賞直後に語って頂きます!

ここでしか聞けない当時のエピソードも聞けるかもしれない貴重な機会です!是非、ご来場下さい!

イベント内容はこんな感じです。

【第6弾】もう一人の島村ジョー、井上和彦氏と一緒に観る!
生まれ変わった『009 RE:CYBORG』!
・『009 RE:CYBORG』鑑賞直後の予測不可能のトークショー!
・現代に生まれ変わったサイボーグ戦士たちを井上和彦氏はどう思うのか!?
・大幅に変わったキャラクターデザイン、
「009」島村ジョーの設定に対して、旧作の声を担当した井上氏の反応は!?

■日程:12月9日(日)
■会場:新宿バルト9/シアター5
■時間:マスコミ受付 20:40~ (11階にて受付を設置します)
開演 21:00~(19:15の回 上映後/21:30終了予定)
■登壇者:井上和彦氏(『サイボーグ009』にて009島村ジョー担当声優)

********************************************************************


井上和彦氏プロフィール
1954年3月26日(58歳)
1973年、『マジンガーZ』(兵士役)でデビュー。1976年、『キャンディ・キャンディ』(アンソニー・ブラウン役)で注目を浴びる。それ以来、テレビアニメ、外国映画の吹き替え、ナレーションなどの各分野で幅広く活動している。

開設から10年目だった「井上和彦の声優教室」を「B-Box Actors School」に改名、現在も講師として指導をしている。
2009年、第3回声優アワード助演男優賞を受賞した。

<出演作品>
機動戦士ガンダムAGE(アセム編):フリット・アスノ
エウレカセブンAO:トゥルース
ギルティクラウン:茎道修一郎
FAIRY TAIL:ギルダーツ・クライヴ
遊戯王ZEXAL:扉の声
純情ロマンチカ:宮城庸
妖怪人間ベム:ベム
今日からマ王!:ギュンター
NARUTO~ナルト~疾風伝:はたけカカシ
夏目友人帳:ニャンコ先生・斑
家庭教師ヒットマンREBORN!:γ(ガンマ)
遙かなる時空の中で~八葉抄~:橘友雅
フルーツバスケット:早摩はとり
美味しんぼ:山岡士郎
名探偵コナン:白鳥警部

その他、多くのアニメ作品、洋画の吹き替えに参加しております。
********************************************************************



©2012「009 RE:CYBORG」製作委員会

『009 RE:CYBORG』
■原作:石ノ森章太郎 ■脚本・監督:神山健治
■音楽:川井憲次 ■キャラクターデザイン:麻生我等
■絵コンテ:青木康浩、林祐一郎
■アニメーションディレクター:鈴木大介 ■演出:柿本広大
■リードアニメーター:植高正典 ■美術設定:渡部隆、滝口比呂志
■美術監督:竹田悠介 ■色彩設計:片山由美子
■撮影監督:上薗隆浩
■サウンドデザイナー:トム・マイヤーズ
■ラインディレクター:川端玲奈 ■制作プロデューサー:松浦裕暁
■製作プロデューサー:石川光久 ■プロデューサー:石井朋彦
■共同制作:Production I.G/サンジゲン
■配給:Production I.G/ティ・ジョイ
■上映:2D・3D併用 ©2012「009 RE:CYBORG」製作委員会
********************************************************************


『スター・トレック イントゥ・ダークネス』 邦題&公開決定!


パラマウント ピクチャーズは、全世界ファン待望の『スター・トレック』の続編の邦題と日本公開が決定しました!

日本公開タイトルは、『スター・トレックイントゥ・ダークネス』。
日本公開は、2013年9月。

『スター・トレック イントゥ・ダークネス』は2009年に公開され世界中で大ヒットした『スター・トレック』(日本公開:2009年5月29日)の続編で、新しい世代に向けた“スター・トレック”の世界を新たに創り上げた作品として公開されます。

稀代の天才プロデューサー、鬼才監督として世界にその名を馳せるJ.J.エイブラムス監督最新作。
映画史の未来を切り拓くSFアクション超大作『スター・トレックイントゥ・ダークネス』(原題:Star Trek Into Darkness/全米公開2013年5月)が、
2013年9月、ついに日本に上陸します!!

ワクワクして待ちましょ。

それにしても、脚本家が3人もいるんですよ。
これが、アメリカ映画の強みですよね。。。当たる物を創る。
脚本家は観客のメンタリズムを考慮したりするみたいです。

そればかりではないですが。大事だな~と思うわけです。

********************************************************************

『スター・トレックイントゥ・ダークネス』
原題:Star Trek Into Darkness
監督:J.J.エイブラムス
脚本:デイモン・リンデリフ(『プロメテウス』(12))
アレックス・カーツマン(『スター・トレック』(09)
ロベルト・オーチー(『スター・トレック』(09))
製作:J.J.エイブラムス、ブライアン・バーク(共にバッド・ロボット・プロダクションズ)
デイモン・リンデリフ、アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー
出演:クリス・パイン、ザッカリー・クイント、ゾーイ・サルダナ、ベネディクト・カンバーバッチ、ジョン・チョウ、サイモン・ペッグ、カール・アーバン、ピーター・ウェラー

2013年9月 全国ロードショー!


アベンジャーズ


アベンジャーズ

世界を救うために集められた最強のヒーローによる禁断のプロジェクト!

アベンジャーズ

【ストーリー】

ひとつになるには巨大すぎる力。彼らは地球を救うのか、それとも―。

地球戦略のカウントダウンが開始された時、人類の未来は、≪最強≫の力を持つ7人のヒーローたちに託された。そのメンバーは、戦う実業家“アイアンマン”、神失格の男“ソー”、超人ソルジャー“キャプテン・アメリカ”、魔性のスパイ“ブラック・ウィドウ”、苦悩の科学者“ハルク”、地上最強の射手“ホークアイ”、そして孤高の司令官“ニック・フューリー”。まさに究極とも言えるこの最強チームは、≪アベンジャーズ≫と名付けられた。

だが、意思に反して集結させられた彼らは、ひとつのチームとして戦うことを拒み続ける。次第に明かされる≪アベンジャーズ≫の知られざる過去と苦悩・・・。そしてついに、人類が未だかつて経験したことのない最大かつ最強の敵が現れる。はたして彼らは地球を救うことができるのか?それとも・・・?

出演:
ロバート・ダウニーJr., クリス・エヴァンス, マーク・ラファロ,
クリス・ヘムズワース, スカーレット・ヨハンソン
監督: ジョス・ウェドン

********************************************************************


この映画に関して皆さんの評価をお願いします。(星を押すと投票できます)




明らかにアイアンマン2はこのアベンジャーズのフリ的作品。
アイアンマン2ですっきりしなかった方はこちらもチェック。

********************************************************************