「アドベンチャー」カテゴリーアーカイブ

松村龍之介 北園涼 宮原華音 黒崎真音ら登壇「BLOOD-CLUB DOLLS1」初日!


映画情報どっとこむ ralph 2011年のTVアニメから6年、 CLAMPが原作に携わる「BLOOD-C」シリーズ最新作「BLOOD-CLUB DOLLS1」が、10/13(土)より新宿バルト9にて公開となります。

このたび、奥秀太郎監督はじめ松村龍之介さん、北園涼さん、宮原華音さんをはじめとする今の2.5次元舞台&アクションを牽引する若手俳優、そしてアニソンシンガー黒崎真音さんら出演者&監督が舞台挨拶を行いました。


日時:10/13(土)
会場:新宿バルト9
登壇:松村龍之介 北園涼 宮原華音 黒崎真音 友常勇気 田中涼星 郷本直也 奥秀太郎監督
急遽登壇:南圭介
MC:松澤千晶

映画情報どっとこむ ralph 物凄い拍手で迎えられたキャストと監督。

奥監督:皆様のおかげで奇跡のような初日が迎えられてうれしいです。
と、一言挨拶を終え

松村さん:あれ?今回南さん出てた?

南さん:出てたよ!出てましたよね(拍手)

全作の阿修羅ガールに出ていた人は!!!


松村さん:前回は田舎で貧乏だったんです。近代的になって、都会的になりました。時代が変わって新鮮な気持ちで演じられました!

北園さん:映画が初めてで。こういう場も緊張します。不思議です。感謝です。

黒崎さんも初めて、

黒崎さん:緊張の毎日で、スタッフさんと監督のこだわりに答えたくて頑張り、吸収させていただきました。出来上がりを見て感動しました。
今回も大変だった宮原さん。

宮原さん:大変なことしかなかったんですよ!走ったり飛び降りたり。錦糸町の道路を夜中の3時にセーラー服に刀で走ってたんですよ。変な叔父さん!に絡まれたり・・・なのに南さんは車の中でぬくぬくしてたんです。スタントなしで。瓦割とかさせられて。皆さん!空手イコール瓦割じゃないですからね。初めてやりました!ポキッといっちゃいました!

宮原さんに過酷を課していた監督は、別方向をみて逃避!

南さん:僕たちだってやったよね!?思い出して!涼くん

北園さん:あーーー思い出した。煙もくもくで吸い込んで大変でした!

黒崎さん:去年の11月、学校のシーンで、私は薄着なのに、南さんはコート来てぬくぬくしてました!

南さん:役だからね!!!気持ちは裸でした!

と、皆にいじられまくる南さん。

映画情報どっとこむ ralph 実は奥組の撮影は脚本にないシーンが追加されることが多いそうで

松村さん:スケジュールがシーンごとに書いてあるんですけど、最初からシーンエクストラ!って書いてあるんです。台本にないのが必ずある。置く監督あるあるです。
南さん:僕はその追加シーンに入れてもらうことが多かったです!

奥監督:ネタが増えて行って、謎が謎を産めばいいかなと足してきました!南さんには電話で伝えて。

と、台本なしで、口伝えの確信犯。


先生も大変でした?

郷本さん:あっ俺か!竹刀持って夜回りしてましたね。今回短い中で撮り切るので、時間との戦いが多かったなと。
友常さん:ずっと、ミット打ちしてて、次の日踊ったりしなきゃいけなくて・・・大変でした。ウーって。

可成りの肉体美を見せている北園さんは

北園さん:まさか脱ぐことになるとは。。。。鍛えといてよかったです!
松村さん:チョコレートみたいで綺麗だった!!
と絶賛。

田中さん:僕も初めて映画。撮影初日から楽しくて。つらいシーンなくて。夜景のシーンも助手席でまったりてました!すっぽんたべたり。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

奥監督:今を時めく舞台俳優が集結してそのエネルギーがスクリーンから炸裂していると思います!

南さん:この場に立ててよかったです!いつでも呼んでくだされば!

郷本さん:本編を昨日観まして。とっても2を匂わすところが多くて、どう続いていくのか興味津々です!

田中さん:初映画デビュー登壇嬉しくて。2で色々解決されるかなと。2の為にも1を沢山楽しんで!

友常さん:また皆様の前に立てるよう一同切磋琢磨していきます!

黒崎さん:主題歌も歌わせていただいていて、タイトルの「Hazy moon」は朧月の事です。まさにこの映画のストーリーにぴったりだと靄のかかった月のタイトルを付けましたので、聴いてみてください!

宮原さん:19歳の時に最初に演じた如月小夜。3度目嬉しいです。笑わないし人を倒してばかりですが、好きになってくれれば嬉しいです。

北園さん:初日の初回。出来るだけ多くの方に観ていただきたいのでSNSで拡散してください!

松村さん:今後、どのように展開されていくのか楽しみにしています。またお会いできる日を!

と、舞台挨拶を締めました!



BLOOD-CLUB DOLLS1

https://bloodclubdolls.com/

【イントロダクション】

アニメのスピンオフ作品を実写で撮り下ろした映画「阿修羅少女 BLOOD-C異聞」の衝撃から1年……宿命の男女・七原文人と小夜の物語が、新たな幕を上げる。

脚本は「BLOODシリーズ」全作に関わる藤咲淳一が担当。舞台「BLOOD-C The LAST MIND」および前作映画に続き、奥秀太郎がメガホンを執る。

人気舞台俳優の北園涼とシンガーの黒崎真音は、今作が映画初出演。映画・ドラマ等で活躍する朝倉あきと共に、主演の松村龍之介に華を添える。宮原華音・八神蓮・南圭介・高崎翔太・友常勇気・安里勇哉・杉江大志・田中涼星・郷本直也ら華麗な舞台俳優の脇を固めるのは、田中要次・八嶋智人・高橋克実ら個性派ベテラン勢。

アニメ×実写、2・5次元×劇映画……ジャンルを超えた豪華すぎる競演が未知なる感動を切り拓く、新感覚バイオレンスアクション・ムービー!


物語・・・
謎の地下闘技場「BLOOD-CLUB」では、男たちが夜な夜な繰り広げる熱闘が、多くの観客を集めていた。ルール無用、剣闘士はいわくつきの者だらけ。「勝ち残れたら望みが叶う、負けたら死ぬだけ」

闘技場には裏社会を統治するリーダー・蒼炎と、七原文人の影がちらついていた。政界とのつながりを強めながら何かを画策する彼らの動向を、権力の中枢・有栖川家の令嬢、みちるが探る。みちるの美貌に魅了される蒼炎、しかし彼女の熱い視線は、闘技場に送り込まれた新たなチャレンジャー・藍刃へと注がれる……。

文人を追って東京に辿り着いた小夜だが、闘技場には既に、七原の手先として動く彼女の姿があった。服従と反発、どちらが小夜の本当の顔なのか? 藍刃の事件に見え隠れする「古きもの」の血の片鱗、執念で真相に迫らんとする警視庁の刑事たち。いにしえよりこの国を覆う、夜の闇が明ける朝は来るのか?

***********************************

出演:
松村龍之介、北園涼、宮原華音、黒崎真音
田中要次、朝倉あき、八神蓮、高崎翔太、友常勇気、安里勇哉、杉江大志、田中涼星

清水順二、郷本直也、白柏寿大、南圭介、河原田巧也、吉川麻美、桜井理衣、細川洪

八嶋智人、高橋克実

原作:Production I.G・CLAMP
監督:奥秀太郎
脚本:藤咲淳一・奥秀太郎
撮影:岸建太朗
殺陣指導:清水順二(30-DELUX)
音楽:西本康佑
スチール:藤井光永
プロデューサー:奥村千之介・堀口聖一
配給:NEGA
2018/日本/ DCP/カラー/85分/


千眼美子と今掛勇監督ら登壇『宇宙の法―黎明編―』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 『宇宙の法―黎明編―』が2018年10月12日(金)に日米同時公開!『UFO学園の秘密』(15)の続編となる本作。前作から3年の時を経て、地球文明の誕生、人類創世の秘密、宇宙人との交流と戦い、そして明らかになる地球神の存在が描かれる。

10月12日(金)に日米同時公開した『宇宙の法―黎明編―』。そんな大作映画の公開記念イベントが10月13日(土)、シネマート新宿で行われ、声優を務める千眼美子さんと今掛勇監督、松本弘司プロデューサーが登壇した。


日時:10月13日(土)
場所:シネマート新宿
登壇:千眼美子、今掛勇監督、松本弘司プロデューサー

映画情報どっとこむ ralph 長編アニメーション映画『UFO 学園の秘密』から約3年ぶりの続編。


千眼さん:貴重な土曜日のお昼に来ていただきありがとうございます!

と会場を埋め尽くした観客に向け感謝を伝えてからイベントが始まった。

千眼さんが声優に挑戦したのは『龍の歯医者』以来2度目で、苦労した点について聞かれると

千眼さん:手や身振りといった姿を使わず声だけで演じるのは難しい。今回変身したり戦ったりしているので余計難しくて。気を抜くと千眼が出てきちゃうのでその度に監督に突っ込まれていた。

と裏話を話す。

千眼さん:今回いろんな方から言われたんですけど、ザムザの声が私だと気づかない方が多いみたいで。それはそれで嬉しいんですけど…私です!

とこれから本編を見る観客に向けて猛アピール!今掛監督と松本プロデューサーは前作『UFO学園の秘密』に続き再タッグということで、豪華な声優陣の中に千眼さんが加わったことで作品にどのような影響を与えたのか聞かれると、


今掛監督:刺激的なアフレコでした。キャラクターデザインで言うと千眼さんが決まった時点で仕草やポーズなど少し微調整させていただきました、

と明かし、

松本P:超一流の声優陣の中でひときわ大きな光を与えてくれて、千眼さんが作品全体に影響を与えている、

とプロデューサーも絶賛した。

映画情報どっとこむ ralph 千眼さんが演じたザムザは攻撃的で宇宙最強の女帝という役どころ。
一見すると実際の千眼さんとは真逆なのかと思いきや

千限さん:よく考えたら案外似ているかもしれないと思うことがあって・・・。声色などはイメージして作っていった所もありましたが、内面の部分では自分も我が強いタイプなので結構似ているかもしれません。

と意外な共通点を感じたことを明かす。

千眼さん:23年間の私の人生がザムザさんに詰まっているなと感じた。

と振り返った。MCより千眼さん一押しのザムザの台詞を生で披露してほしいと懇願されると、照れつつも「6秒待ってください」と後ろを振り向き集中。

千限さん:強い者が弱いものを支配する。それがこの宇宙のルールだ!

という力強いセリフを轟かせ、会場を沸かせた。

最後に満席の観客が青のサイリウムを一斉に灯すと会場は宇宙にきらめく星空のような輝きに包まれた。
また最後にレイ(CV:逢坂良太)とタイラ(CV:柿原徹也)が再び登場!2人から金色に輝くキャノン砲がプレゼントされると会場は大盛り上がり。千眼の大きな笑顔と共にイベントが締めくくられた。

宇宙の法―黎明編―

大ヒット公開中!

物語・・・
大学生のレイ、アンナ、タイラ、ハル、エイスケの5人は、それぞれの夢を追いかけながら学生生活を送っていた。しかし彼らには宇宙からの侵入者であるレプタリアンたちと戦うもう一つの顔があった。あるとき、邪悪な宇宙人ダハールの罠に落ち、消息を絶ったタイラを探し出すため、レイは3億3千万年前の地球へとタイムジャンプする。
その時代、地球での新たな文明の創造を計画していた地球神アルファは、ゼータ星の女帝ザムザが率いるレプタリアンを地球に招き入れていた。そこに現れたダハールの狙いとは何か。レイとタイラの運命は!?そして“地球神の文明計画”とは――。


***********************************


製作総指揮・原案/大川隆法
逢坂良太 瀬戸麻沙美 柿原徹也 金元寿子 羽多野渉 / 千眼美子 梅原裕一郎 大原さやか 村瀬歩 立花慎之介 安元洋貴 伊藤美紀 浪川大輔

監督/今掛勇 音楽/水澤有一
総作画監督・キャラクターデザイン/今掛勇 キャラクターデザイン/須田正己 VFXクリエイティブディレクター/粟屋友美子
アニメーション制作/HS PICTURES STUDIO 
幸福の科学出版作品
配給/日活
配給協力/東京テアトル
ⓒ2018 IRH Press


今年も『超英雄祭 KAMEN RIDER × SUPER SENTAI LIVE & SHOW 2019』開催決定!


映画情報どっとこむ ralph 休館前のラスト武道館!
「ジオウ」「ルパパト」レギュラーキャストに加え、
Shuta Sueyoshi feat. ISSA、松岡充、
Project.Rら豪華アーティスト陣が集結!!

例年開催している「超英雄祭」!2019年の開催が決定しました。
2019年1月23日(水)に日本武道館にて「超英雄祭 KAMEN RIDER × SUPER SENTAI LIVE & SHOW 2019」の開催が決定した。スーパーヒーローエンターテイメントの最高峰、仮面ライダー&スーパー戦隊シリーズによる年に一度の祭である本イベント。

会場となる日本武道館が2019年9月を以て改修工事に入るため、今回が「休館前最後の武道館開催」。

メモリアルとなる今回の「超英雄祭」は、平成仮面ライダー20作品記念となる新仮面ライダー『仮面ライダージオウ』と、史上初の“VS戦隊”で話題を集める『快盗戦隊ルパンレンジャーVSパトレンジャー』の番組出演キャストによるトーク。そして、仮面ライダー&スーパー戦隊シリーズを盛り上げるアーティストたちによる豪華ミュージックライブの2部構成。ミュージックライブには、『仮面ライダージオウ』の主題歌を手掛けるShuta Sueyoshi feat. ISSA、『快盗戦隊ルパンレンジャーVSパトレンジャー』の主題歌を歌う吉田達彦・吉田仁美はもちろん、RIDER CHIPS(野村義男・寺沢功一・宮脇“JOE”知史・Ricky)、Beverly、松岡充、小林太郎や、NoB、高取ヒデアキ、YOFFY(サイキックラバー)、IMAJO(サイキックラバー)といった歴代の「仮面ライダー」、「スーパー戦隊」を楽曲で支えた豪華ゲストアーティスト陣が集結し、「超英雄祭」でしか見ることができない、コラボレーションライブを披露する。


チケットは10/13(土)正午12:00よりe+で史上最速先行受付を実施。
本公演の詳細は随時、公式HPにて更新していく。「日本音楽の聖地・武道館」で「日本最高のヒーロー」が贈るエンターテインメントに、ぜひ期待して欲しい。

映画情報どっとこむ ralph 超英雄祭KAMEN RIDER × SUPER SENTAI LIVE & SHOW 2019

日程:2019年1月23日(水)
会場:日本武道館
時間:OPEN 17:30 / START 18:30
【チケット料金】
全席指定 ¥7,800(税込)
※3歳以上有料。3歳未満膝上鑑賞無料。但し、お席が必要な場合は有料

【チケット発売】
2018年10月13日(土)12:00正午~ 史上最速先行受付開始
2018年11月25日(日) 10:00~ 一般販売
e+(イープラス)にて http://eplus.jp/superhero-fes-2019/
※お申し込みには事前の登録(無料)が必要


【出演者】(予定)
<仮面ライダージオウ>
奥野 壮【常磐ソウゴ/仮面ライダージオウ 役】
押田 岳【明光院ゲイツ/仮面ライダーゲイツ 役】
大幡 しえり【ツクヨミ 役】
渡邊 圭祐【ウォズ 役】
板垣 李光人【ウール 役】
紺野 彩夏【オーラ 役】
兼崎 健太郎【スウォルツ 役】

<快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー>
伊藤 あさひ【夜野魁利/ルパンレッド 役】
濱 正悟【宵町透真/ルパンブルー 役】
工藤 遥【早見初美花/ルパンイエロー 役】
結木 滉星【朝加圭一郎/パトレン1号 役】
横山 涼【陽川咲也/パトレン2号 役】
奥山 かずさ【明神つかさ/パトレン3号 役】
元木 聖也【高尾ノエル/ルパンエックス/パトレンエックス 役】

【ゲストアーティスト】(予定)
<仮面ライダーシリーズ>
Shuta Sueyoshi feat. ISSA
Beverly
松岡充
小林太郎
仮面ライダーGIRLS
RIDER CHIPS (野村義男・寺沢功一・宮脇“JOE”知史・Ricky)

<スーパー戦隊シリーズ>
Project.R
吉田達彦
吉田仁美
NoB
高取ヒデアキ
YOFFY(サイキックラバー)
IMAJO(サイキックラバー)
高橋秀幸
松原剛志
鎌田章吾
大西洋平
幡野智宏
伊勢大貴

公式HP
http://www.tv-asahi.co.jp/zi-o/eiyusai2019/

<チケットについて>
e+(イープラス) http://eplus.jp/qa/


***********************************

【開催名義】
主催:テレビ朝日 / 東映
協賛:バンダイ / KDDI
協力:エイベックス・エンタテインメント / 日本コロムビア
制作協力:キョードー東京 / MITギャザリング
©石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映AG・東映
    


『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』20仮面ライダーキャラポスター完成


映画情報どっとこむ ralph 毎年冬の恒例映画として人気を博してきた「仮面ライダー×仮面ライダー MOVIE大戦」シリーズ(2009年~2015年)。

2016年からは「仮面ライダー平成ジェネレーションズ」とタイトルを改め、その人気を不動のものとした本シリーズの最新作にして平成最後の仮面ライダー劇場版『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』が遂に12月22日(土)に公開します。

10月にテレビ放送がスタートし、マスクに「カメンライダー」と書かれた独特のデザインと、歴代の平成仮面ライダーの力を使うことができる「タイムトラベルライダー」という設定も話題となっている「仮面ライダージオウ」(テレビ朝日系 毎週日曜9:00~9:30)がスクリーンで大活躍する本作。

この度、平成仮面ライダーシリーズ20作記念の映画の公開に合わせて、平成仮面ライダー第1作目である「仮面ライダークウガ」から最新作の「仮面ライダージオウ」までの平成仮面ライダー20人のキャラクターポスターが完成しました!

今回、映画の公開を記念して、制作された本ポスターは、全ての仮面ライダーを新たに撮り下ろしたビジュアルで構成されたもの!!!!

20人の「仮面ライダー」一人一人が持つ “魅力”を最大限に引き立てるために、背景はシンプルな白で統一し、敢えて仮面ライダーの名前を入れないデザインとなりました。

まさに平成仮面ライダーの集大成である映画にふさわしいポスターが完成しました。

映画情報どっとこむ ralph 平成の集大成である映画『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』は12月22日(土)に公開!ご期待ください!

12月22日(土) ROADSHOW 

***********************************


出演者:奥野壮、犬飼貴丈 他
©「ジオウ&ビルド」製作委員会 
©石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映


スパイダーマンたくさん現る!「日比谷シネマフェスティバル2018」オープニング!セレモニー&スパイダーマン


映画情報どっとこむ ralph 10月12日(金)から11月3日(土・祝)までの期間、東京ミッドタウン日比谷にて「日比谷シネマフェスティバル2018」を開催。10月11日(木)そのオープニングセレモニーイベントが行われました。
「キミもスパイダーマン」撮影&上映会が行われ27人のコスプレーヤーによるスパイダーマンが登場。セレモニーを盛り上げました。

日付:10月11日
場所:東京ミッドタウン日比谷
登壇:
主催者三井不動産株式会社 豊蔵英介 事業室長
ソニー株式会社 浅井晴美 担当部長
各種スパイダーマン27名

映画情報どっとこむ ralph 主催者三井不動産株式会社 豊蔵事業室長:
映画・演劇の街として、日本のブロードウェイになることを目指し日比谷シネマフェスティバルを明日から行います。そして未来志向の新たなビジョンとして「キミもスパイダーマン」も企画しました。さらに、本年度から東京国際映画祭に日比谷も加わり、映画祭の発展にも貢献していきます。

ソニー株式会社 浅井担当部長:
ソニーとしての世界のソニーだからこその技術と、新たな思いをリンクして企画し、日比谷をさらに盛り上げようと言うことで、議論を重ねました。そして、来年公開予定の映画『スパイダーマン:スパイダーバース』と、最新技術によってスパイダーマンになってもらおうという仕掛けになっています。

今回搭載した機能により360度映像として、映像化してくれるアプリになっています。SNSや3Dアバターを作るなどいろいろな遊び方ができるようになっています。ここで撮影した予告が地上の大スクリーンに映るようになっております。

映画情報どっとこむ ralph ここで27人のスパイダーマンコスプレイヤーが登場!



映画情報どっとこむ ralph 今回のスパイダーマンになろう企画。
スマホによる撮影実演!本来はマスクはかぶらずに素顔で撮影。

そして、地上の大スクリーンに移動して予告の上映。
このように『スパイダーマン:スパイダーバース』の予告の中に顔がハメ込まれて上映されます!

東京ミッドタウン日比谷に来れば、誰もがスパイダーマンになれる! と言う企画です。

映画情報どっとこむ ralph
「日比谷シネマフェスティバル 2018」

2019年全国公開予定の「スパイダーマン」シリーズの最新作『スパイダーマン:スパイダーバース』とタイアップしたイベント。 地下広場の会場に設置された、ソニー独自の最新技術を使った顔の3D撮影が可能な「3Dクリエーター」ブースで顔を スキャンすると、屋外の巨大スクリーンに自分がスパイダーマンとなって出演する予告動画が放映されます。また、 放映後は QR コードから特設サイトへアクセスすると、自分だけのオリジナル予告編動画のシェアも可能です。 さらに、日比谷ステップ広場の巨大スクリーンでは、気軽に楽しめるイベントとして、予告動画の放映前後にその場で スパイダーマンのフレームと撮影ができる撮影システムをご用意しています。こちらは設置されたカメラの前に立つだけで、 たくさんの方にスパイダーマンを楽しんでいただくことができるデジタルインタラクティブイベントです。

<実施概要>
実施日 :2018 年 10 月 12 日(金)~2018 年 10 月 24 日(水)
開催時間:日比谷アーケード(地下広場)
受付時間 12:00~21:00 日比谷ステップ広場上映時間 12:00~21:30
主 催 :三井不動産株式会社/一般社団法人日比谷エリアマネジメント
特別協力 :ソニー株式会社/ソニーモバイルコミュニケションズ株式会社/ 株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
会 場 :日比谷アーケード(地下広場)、日比谷ステップ広場
※荒天時上映中止 参加費 :無料


スパイダーマン:スパイダーバース
原題:Spider-Man: Into The Spider-Verse

革新的なヴィジュアルのアニメーションとともに、フレッシュなスパイダーマン・ユニバースが誕生する!『スパイダーマン:スパイダーバース』の主人公は、ニューヨーク・ブルックリンの少年マイルス・モラレス。彼が暮らす世界には、スパイダーマンのマスクをかぶることができるのは一人だけではない、無限の可能性が秘められた<スパイダーバース>が存在していた。


公式twitter:
https://twitter.com/SpiderVerseJP/

公式Facebook:
https://www.facebook.com/SpiderVerseJP/

***********************************


全米公開:12月14日
製作:アヴィ・アラド、フィル・ロード&クリストファー・ミラー(『LEGO(R)ムービー』『くもりときどきミートボール』)
監督:ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン
脚本:フィル・ロード