「アドベンチャー」カテゴリーアーカイブ

「ウルトラマン」シリーズの日本国外利用権についての米国訴訟(勝訴判決)に関するお知らせ


映画情報どっとこむ ralph 円谷プロダクションさんから「ウルトラマン」シリーズの日本国外利用権についての米国訴訟(勝訴判決)に関するお知らせが来ましたのでご紹介。

頂いたデータ全文掲載です。

映画情報どっとこむ ralph ユーエム株式会社らと係争中の、「ウルトラマン」シリーズの日本国外利用権についての訴訟に関し、アメリカ合衆国カリフォルニア中央区地方裁判所において2018年4月18日(現地時間)、当社の主張を全面的に認める判決が下されました。

この度、当社がユーエム株式会社らと係争中の著作権関連訴訟に関し、アメリカ合衆国カリフォルニア中央区地方裁判所において、相手方が主張する1976年3月4日付けの契約書が真正に作成されたものではないという当社の主張を全面的に認める判決が下され、当社が「ウルトラマン」キャラクターに基づく作品や商品を日本国外においても展開する一切の権利を有することが確認された他、権利侵害に対する損害賠償も認められました。


1. 判決のあった裁判所及び年月日
アメリカ合衆国 カリフォルニア中央区地方裁判所
2018年4月18日(現地時間)

2. これまでの経緯
当社が著作権を保有する「ウルトラマン」シリーズの日本国外利用権について、ユーエム株式会社が、その権利を保有し、当社が権利侵害をしているとして、2015年5月18日付けにて、ユーエム株式会社が当社に対し、同権利の帰属確認と損害賠償の支払いを求める旨の提訴が上記裁判所になされました。これに対し、当社も、2015年9月11日付けにて、ユーエム株式会社及び同社のライセンシーらに対し、権利帰属及び損害賠償請求の反訴を提起し、審理が進められてまいりました。

ユーエム株式会社は、1976年に当社の代表者であった円谷皐が署名した契約書が存在し、同契約書に基づいて許諾された「ウルトラマン」シリーズの日本を除く全世界での利用権を、タイ人実業家であるサンゲンチャイ・ソンポテ氏からユーエム株式会社が承継したと主張しており、当社は、この文書は偽物であるとして争っていました。そのため、同文書が円谷皐の署名捺印した真正な契約書であるか、それとも偽造されたものであるかが本件訴訟での主な争点となりました。

当社とユーエム株式会社及びソンポテ氏との係争は20年以上にわたります。

ソンポテ氏は、当社の元代表者であった円谷皐が逝去した翌年の1996年になって、突如1976年に円谷皐が署名したとする文書の写しを当社に持参し、自身が全ての「ウルトラマン」シリーズの利用権を、日本を除く全世界において、永久に有すると主張してきました。ソンポテ氏から示された文書は、わずか1ページの文書であり、かつ、原本は開示されませんでした。その文書には、当社の社名や「ウルトラマン」シリーズの作品名、作品本数等、円谷皐が作成したのであれば絶対に間違えることのない基本的な事項について誤った記載が多数ありました。また、具体的なライセンス料の定めもなく、その他のライセンスビジネスにおいて当然規定されて然るべき事項の定めもありませんでした。

加えて、ソンポテ氏は、同文書の作成年とされる1976年以降、円谷皐氏が逝去する翌年まで、約20年にわたって同文書に基づく権利を行使していなかったことはおろか、同文書の存在すら一度も言及したことはありませんでした。

1976年以降も、当社は、多額の投資をして「ウルトラマン」シリーズの制作や世界展開をし、国際的なブランドを築いてまいりました。これに対し、ソンポテ氏らは、この間、一度も同文書の存在も権利主張もしたことはありませんでした。また、ソンポテ氏は、1976年以降も、「ウルトラマン」シリーズの世界的なビジネス展開をしたことはありませんでした。

このような諸事実等から、同文書は偽造であると確信してソンポテ氏及び同氏の権利を承継したとするユーエム株式会社と争って参りました。

この文書が偽造されたものか否かについては、過去に日本、タイ、中国の裁判所でそれぞれ争われてきました。日本では、当社が偽造だと主張した同文書について、裁判所による筆跡鑑定を求めましたが、鑑定は行われず、文書の原本の確認も行われないまま、真正な文書であるとの判断がされました。タイでは、筆跡鑑定手続が行われ、その結果、当社の偽造の主張が認められて、全面的に勝訴しております。タイではこの文書偽造について民事のみならず刑事事件にもなっており、ソンポテ氏に対し有罪判決が出ております。中国では、第一審は当社が勝訴したものの、上級審では、タイで行われた鑑定結果が外国で行われた手続であること等を理由に採用されず、中国での鑑定も行われずに敗訴判決が下されました。尚、中国・日本の判決においても、限定的な利用権を昭和初期シリーズのみに認める内容であること、更に、勝敗の如何に関わらず、いずれの国の判決においても、当社に著作権が帰属することは、争いのない事実として認められていることを付言しておきます。

3. 米国判決

米国の訴訟手続では、今までの各国での訴訟手続にはなかった、いわゆるディスカバリーと呼ばれる手続を通じて、両当事者の持つ膨大な資料や通信履歴が顕出され、長時間をかけて調査分析が行われました。その結果、これまでの各国の訴訟では明らかにならなかった新たな事実や証拠が顕出されました。また、両当事者の多数の証人や筆跡鑑定の専門家証人等について、デポジション(トライアルの前に宣誓のもと行われる証言)及び証人尋問も行われました。尚、事情を最もよく知るソンポテ氏は、米国訴訟の訴状の受け取りを理由なく拒否したうえ、証人としての出廷も拒否しました。

このような手続を経て、判決では、相手方が権利主張の拠り所とする1976年3月4日付けの契約書は円谷皐によって署名され捺印された真正な契約書ではなく、効力はないと判断されました。


今回の米国での全面勝訴判決は、これまでの長い係争のいわば集大成であると考えております。

4. 円谷プロコメント

上記判決は、当社の主張を全面的に認めるものです。今回の全面勝訴判決は、長い時間と膨大な労力をかけた精緻な証拠開示手続に加え、多数の証人の証言、筆跡鑑定の専門家の鑑定意見等を経て出されたもので、極めて信頼性の高いものであると考えます。この判決を踏まえて、今後はさらにウルトラマン作品の積極的な海外展開を進めていく所存でございます。

お取引先様、ご関係者様、ウルトラマンシリーズファンの皆様におかれましては、今後とも変わらぬご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

以上


(C)円谷プロ

***********************************



細田守監督『未来のミライ』アヌシー国際アニメーション映画祭・長編部門コンペ選出決定!


映画情報どっとこむ ralph 『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』の細田守監督の新作『未来のミライ』が、2018年7月20日(金)に公開となります。3年ぶりの新作となる今作でも、前作に引き続き、細田監督が自ら原作・脚本を手がけています。

そしてこの度、『未来のミライ』が、フランスのアヌシー国際アニメーション映画祭2018の長編部門コンペティションに選出されました!

『未来のミライ』海外版ポスター
アヌシー国際アニメーション映画祭は、1960 年にカンヌ国際映画祭のアニメーション部門が独立して始まった、国際アニメーションフィルム協会(ASIFA)公認の映画祭。世界最大規模のアニメーション映画祭として知られています。監督週間での選出に続き、アヌシー国際アニメーション映画祭のコンペティションの選出と、細田守監督作品には世界からの注目が集まっています。

細田守監督の作品では『時をかける少女』が長編部門特別賞を受賞。
細田守監督の名前が世界に知られるきっかけとなりました。『バケモノの子』は、2015年に完成前の作品を紹介する「WORKS IN PROGRESS」に招待され、翌2016年の本映画祭では数々の名作・傑作アニメーション映画を上映する、野外シアターにて上映。凱旋を果たしました。


『未来のミライ』/英題:『MIRAI』

■映画公式サイト URL
http://mirai-no-mirai.jp/

■映画『未来のミライ』公式Twitter
@mirai_movie

ストーリー
とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。
ある日、甘えん坊のくんちゃん(4歳)に生まれたばかりの妹がやってきます。
両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うくんちゃん。
そんな時、くんちゃんはその庭で自分のことを“お兄ちゃん”と呼ぶ、未来からやってきた妹、ミライちゃんと出会います。
ミライちゃんに導かれ、時を越えた家族の物語へと旅立つくんちゃん。
それは、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。
待ち受けるみたこともない世界。むかし王子だったと名乗る謎の男や幼い頃の母、
そして青年時代の曽祖父との不思議な出会い。そこで初めて知る様々な「家族の愛」の形。
果たして、くんちゃんが最後にたどり着いた場所とは?
ミライちゃんがやってきた本当の理由とは。

***********************************


監督・脚本・原作:細田守
『時をかける少女』(06)、『サマーウォーズ』(09)、『おおかみこどもの雨と雪』(12)、
『バケモノの子』(15)
キャスト:上白石萌歌 黒木華
      星野源 麻生久美子 吉原光夫 宮崎美子
役所広司
オープニングテーマ・主題歌:山下達郎
企画・制作:スタジオ地図
公開:2018年7月20日(金)
©2018スタジオ地図


ディズニー・アニメーション・スタジオ最新作『シュガー・ラッシュ:オンライン』ポスタービジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph 人間たちが知らないゲームの裏側の世界を舞台に、“悪役”なのにヒーローになりたいラルフと “ひとりぼっち”の少女ヴァネロペの冒険と友情を描いた大ヒット作『シュガー・ラッシュ』の最新作『シュガー・ラッシュ:オンライン』が12月21日(金)に日本公開となります。

ディズニー・アニメーション・スタジオの映画として『モアナと伝説の海』から約2年ぶりの新作アニメーション映画となる本作は、インターネットの裏側の世界が舞台。ヴァネロペが暮らすお菓子の国のレーシングゲーム<シュガー・ラッシュ>の最大の危機を救うため、ラルフとヴァネロペは初めてアーケードゲームの世界を飛び出しインターネットの世界へ。
2人の未知の世界への冒険は、思わぬ事件へと発展することになっていきます。

そして!!今回ビジュアルが解禁。

「こんな世界、見たことない…」

というコピーの通り、目の前に広がるキラキラと輝く近未来都市のようなインターネットの世界に目を輝かせるヴァネロペ、そしてアーケードゲームとは全く異なる新しい世界にワクワクを隠し切れない表情のラルフが描かれている。ツィッターやインスタグラムなど、グローバルなSNSアプリのアイコンのみにとどまらず、日本版ティザー・ポスターには、日本人にお馴染みのLINE、楽天、NTTドコモ、そしてLINE:ディズニーツムツム等のアプリのアイコンが様々な情報が飛び交うネットの世界のデザインの中に組み込まれている。ネットを通じて、あらゆる世界がつながっていることが表現されています!!

また前作『シュガー・ラッシュ』でアーケードゲームの世界をハチャメチャにした2人が、今度はネットの世界でどんな冒険を繰り広げるのか。年末に控えた公開が待ち遠しいところです。

映画情報どっとこむ ralph 監督を務めるのは、前作『シュガー・ラッシュ』と2017年のアニー賞、アカデミー賞の長編アニメーション賞に輝いた『ズートピア』を手掛けたリッチ・ムーアと、両作で脚本家としてコンビを組んでいたフィル・ジョンストン。前作を遥かに越えるスケールでラルフとヴァネロペの冒険を描く、

映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』
原題:Ralph Breaks the Internet: Wreck-It Ralph 2
は12月21日(金)全国公開。
***********************************

全米公開日:11月21日(水)
原題:Ralph Breaks the Internet: Wreck-It Ralph 2
監督:リッチ・ムーア&フィル・ジョンストン
製作:クラーク・スペンサー
声の出演:ジョン・C・ライリー サラ・シルヴァーマン
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2018 Disney. All Rights Reserved.


細谷佳正、三森すずこ ら7名が登壇!『デジモンアドベンチャーtri. 第6章「ぼくらの未来」』初日舞台挨拶決定!


映画情報どっとこむ ralph 「デジモンアドベンチャー」15周年を記念して製作、初代「デジモンアドベンチャー」シリーズの続編、全6章で描く最新作『デジモンアドベンチャー tri.』

舞台は、異世界・デジタルワールドへ渡ったあの夏の冒険から6年後。
高校生になった主人公・八神太一をはじめ、成長した“選ばれし子どもたち”の冒険が描かれます。最終章となる第6章「ぼくらの未来」は、5月5日(土)選ばれし子供の日!より劇場上映となります。

★劇場上映開始を迎える5月5日(土)に、新宿バルト9にて初日舞台挨拶の開催が決定しました!


遂に最終章を迎える第6章「ぼくらの未来」の初日舞台挨拶には、

細谷佳正(石田ヤマト役)、山口眞弓(ガブモン役)、三森すずこ(武之内空役)、田村睦心(泉光子郎役)、吉田仁美(太刀川ミミ役)、池田純矢(城戸丈役)、荒川美穂(望月芽心役)

ら7名が登壇し、ご挨拶の予定です!

映画情報どっとこむ ralph 『デジモンアドベンチャー tri. 第6章「ぼくらの未来」』 初日舞台挨拶 概要
【日時】
①2018年5月5日(土)16:50の回(※上映後の舞台挨拶となります)
②2018年5月5日(土)19:40の回(※上映前の舞台挨拶となります)
【場所】 新宿バルト9
【内容】 第6章「ぼくらの未来」上映 + 登壇者舞台挨拶
【登壇者(予定)】 細谷佳正(石田ヤマト役)、山口眞弓(ガブモン役)、三森すずこ(武之内空役) 田村睦心(泉光子郎役)、吉田仁美(太刀川ミミ役)池田純矢(城戸丈役) 荒川美穂(望月芽心役)

【販売方法】 ※座席指定券は「チケットぴあ」での発売となります。 <最速抽選「いち早プレリザーブ」>
■申込受付期間:4月21日(土)11:00AM ~ 4月26日(木)11:00AM ■抽選結果発表:4月26日(木)18:00PM
<先行抽選販売「プレリザーブ」>
■申込受付期間:4月23日(月)11:00AM ~ 4月27日(金)11:00AM
■抽選結果発表:4月27日(金)18:00PM
■チケット購入URL:
http://w.pia.jp/t/digimon-adventure/

※最速抽選「いち早プレリザーブ」とは・・・ 一般発売に先駆けて、受付期間内にお申し込みいただき、 抽選でチケットを購入するサービスです。チケットぴあのサイトで一番早い先行発売となります。 詳しくはチケットぴあの「チケット購入について」をご確認ください。
http://t.pia.jp/guide/ichihaya.html
※先行抽選販売「プレリザーブ」とは・・・ 受付期間にお申込み頂き、抽選でチケットを購入するサービスです。 詳しくはぴあの「チケット購入について」をご確認ください。
http://t.pia.jp/guide/prereserve.html
※チケットのお申込は、お一人様2枚までとさせていただきます。
※チケット当選後の変更・払戻は出来ません。予めご了承ください。
※プレリザーブとは、事前のお申し込みの後、チケットを購入できるサービスです。
※必ずしも優先的に良いお席をご用意するものではありません。 ※お申込多数の場合は抽選にて当選者を決定します。(先着順ではありません) ※お申込は受付期間中ならいつでもOK。(メンテナンス時間をのぞく)

<一般発売>
4月28日(土)10:00AM

【料金】 2,000円(税込)

映画情報どっとこむ ralph 『デジモンアドベンチャー tri. 第6章「ぼくらの未来」』

3週間限定劇場上映/劇場限定版Blu-ray先行発売/先行有料配信
5月5日(土)同時スタート!

公式サイト:
http://digimon-adventure.net/

***********************************

【CAST】花江夏樹、坂本千夏、細谷佳正、山口眞弓、三森すずこ、田村睦心、吉田仁美、池田純矢、荒川美穂ほか
【STAFF】監督:元永慶太郎 シリーズ構成:柿原優子 キャラクターデザイン:宇木敦哉 ほか
※一般販売版Blu-ray&DVD 6月2日(土)発売!

(C)本郷あきよし・東映アニメーション


「機動​戦士ガンダムUC」の続編『機動戦士ガンダムNT』発表 新たな宇宙世紀100年スタート


映画情報どっとこむ ralph 1979年にTV放送が開始され、来年で40周年を迎える「機動戦士ガンダム」。

その​「機動戦士ガンダム」から続く世界観「宇宙世紀」に紐づく物語で、Blu-ray&DVDの累計出荷数180万枚(全7巻)を突破した大ヒットシリーズ「機動​戦士ガンダUC」の続編を描く、劇場作品が『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」の製作発表が行われました!


日付:4月20日(金) 
場所:THE GUNDAM BASE TOKYO (ガンダムベース東京)
登壇:
濱口 優 (よゐこ)
浪川大輔(「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」アル役 など)
福井晴敏(「機動戦士ガンダムUC」ストーリー)
宮河恭夫(株式会社サンライズ 代表取締役社長)
小形尚弘(「ガンダム」シリーズ プロデューサー)

映画情報どっとこむ ralph イベントスタートと共に現れたのは株式会社サンライズ 宮河恭夫代表取締役社長。
新たなプロジェクトを発表!サンライズ第1スタジオが制作を担当し、​『機動戦士ガンダムUC』のその先を描きます。

UC NexT 0100とは
アムロとシャアの戦いから始まり『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』『機動戦士ガンダムUC』へと​連なる宇宙世紀サーガ。そこからさらに新たな宇宙世紀100年の歴史を描く新作タイトルをシリーズ​展開して行きます。“宇宙世紀”をアニメからだけではなく、ゲームやコミック・小説などのマルチ​メディアプラットフォームなどからも発信し、新領域まで開拓・拡大するプロジェクトです。​本作品はその先駆けとして展開していく。

「UC NexT 0100」プロジェクトと連動した「Gundam New Tactical Game Project」始動!したことが発表となりました。​


映画情報どっとこむ ralph 小形尚弘(「ガンダム」シリーズ プロデューサー)
「機動​戦士ガンダUC」の続編を描く、劇場作品が『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」が始動します!

U.C.0097――。​

『ラプラスの箱』が開かれて一年。​
ニュータイプの存在とその権利に言及した『宇宙世紀憲章』の存在が明かされても、世界の枠組みが大きく​変化することはなかった。​​のちに『ラプラス事変』と呼ばれる争乱は、ネオ・ジオン残党軍『袖付き』の瓦解で終結したかに見えた。​

その最後の戦闘で、2機のフル・サイコフレーム仕様のモビルスーツが、人知を超えた力を示す。​白き一角獣と黒き獅子、2機の脅威は、封印されることで人々の意識から遠ざけられ、忘れ去られるはずだった……。​しかし、2年前に消息不明となっていたRX-0 ユニコーンガンダム3号機が、地球圏に再びその姿を見せ始めた。​

金色の“不死鳥”……その名は、フェネクス。​

映画情報どっとこむ ralph 今回も福井晴敏さんが自ら脚本を手がける宇宙世紀サーガ。
福井さん:NTはナラティブ。語る=ナレーションと同じ言葉。ニュータイプ神話に句読点を打ちたいと思っています。


ヨナ・バシュタ​(左)
25歳。地球連邦宇宙軍所属。階級は少尉。​『不死鳥狩り』作戦の増援として送り込まれた​ナラティブガンダムのパイロット。​ミシェルとリタの幼なじみ。少年期に​オーストラリアで被災した過去を持つ。​

福井さん:主役はガンダム者少年が乗ることが多いですが、今回は25歳。正規の軍人さんです。


ミシェル・ルオ​(中央)
25歳。ルオ商会特別顧問。略筮法での占いに長け、​政財界から絶大な信頼を得る。『不死鳥狩り』作戦​を展開するクラップ級宇宙巡洋艦ダマスカスに、​増援のナラティブガンダムを伴って乗り込んでくる

福井さん:Zガンダムで出ていたルオ商会に関係がある。


リタ・ベルナル​(右)
25歳。地球連邦宇宙軍所属。階級は少尉。​
消息不明となったユニコーンガンダム3号機フェネクスのパイロット。少女期にオーストラリア​で被災し、奇蹟の子供達と呼ばれた過去を持つ

福井さん:ほかの二人より若く見えますが・・・・幼馴染。

その意味するものとは・・・そこはKEYになりそう!


そして!
今回のガンダムはカトキハジメ デザイン!
福井さん:機動戦士ガンダムNT。今回のコンセプトは着せ替え。これが素体でミッションごとに武器を換装します。。3号機フェネクス『不死鳥狩り』をするために投入されます。
映画情報どっとこむ ralph ここで、浪川さんと濱口さんが登場。この4人はUCのTV放送の時の副音声で盛り上がったメンバー。

浪川さんは今回、声優でオファーされていないようで
福井さん:浪川さんはリディ・マーセナス。動かせないですから・・・1年後の話。リディ―が出るのか出ないのか?大事にしていきたい。

浪川さん:一番僕が気になっています!今日ワクワクしてます。

小形P:今のところ、出てないですね。

濱口さん:温存?

福井さん:もう軍隊止めてんじゃないですかね。

浪川さん:あれっ!?オファー来てないですが・・・・NTは無い?

福井さん:本編ではね。今後100年あるから。

浪川さん:(ポケットの中の戦争)アルフレッドが成長して0097年。27-8で、ちょうどいい歳になってますが。
と必死に入りたい浪川さん。

福井さん:濱口さん出ていただけるなら、何か作りますよ。

濱口さん:是非是非!
映画情報どっとこむ ralph ここGベースはガンプラが全種類売られているそうで、好きなモビルスーツは・・・
浪川さん:ガンダムNT-1とユニコーンガンダム バンシィ

と浪川さんが出ていたガンダム

濱口さん:グフとドダイ

福井さん:ジュアッグ

そしてこの流れで
『機動戦士ガンダムNT』劇場公開に合わせ、ガンプラから早くも2018年6月より、HGUC 1/144 ユニコーンガンダム3号機フェネクス(デストロイモード)(ナラティブVer.)の発売が決定。以降も続々商品展開予定です。​

更にバンダイ特製の濱口さんモデルのフェネクス=ミツマタのやりに魚が刺さったガンプラがプレゼントされ

濱口さん:獲ったどー!

のサービス。

映画情報どっとこむ ralph そして!実物大ユニコーンガンダムにプロジェクションマッピング!

『機動戦士ガンダムUC』のその先を描く、宇宙世紀サーガ最新作!​

そこにあるのは破滅か、永遠の生命か?​

機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)

2018年11月劇場公開!

公式サイト:
http://gundam-nt.net/

公式twitter:
@g_narrative
#ガンダムNT​

***********************************

企画・制作:サンライズ
原作:矢立 肇、富野由悠季
監督:吉沢俊一
脚本:福井晴敏
メインキャラクター原案:高橋久美子​

キャラクターデザイン:金世俊
メカニカルデザイン:カトキハジメ、小松英司
色彩設計:すずきたかこ
美術監督:丸山由紀子、 峯田佳実
音響監督:木村絵理子
編集:今井大介
音楽:澤野弘之
アニメーション制作:サンライズ
©創通・サンライズ​