「アドベンチャー」カテゴリーアーカイブ

あの(ゆるめるモ!)チェーンソーで浅川梨奈を貫く!『血まみれスケバンチェーンソーRED』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph この度、映画『血まみれスケバンチェーンソーRED』が公開となり、主演の浅川梨奈さん、あの(ゆるめるモ!)さん、山口ヒロキ監督が登壇して初日舞台挨拶が行われました。壇上では、ぶっ飛び設定の本作での役作りなどを披露。さらには、浅川さん演じる鋸村ギーコの必殺技“つらぬきのチェーンソー”を実演するというイリュージョンも行われ大盛り上がりのイベントとなりました!

『血まみれスケバンチェーンソーRED』初日舞台挨拶
日付:2月22日(金)
場所:ユナイテッド・シネマアクアシティお台場
登壇:浅川梨奈、あの(ゆるめるモ!)、山口ヒロキ監督
フォトセッション時:佐野いずみ

映画情報どっとこむ ralph 前作では、今作でナレーションを担当している内田理央がギーコ役を演じており、作品ともども高い評価を受けたが、浅川さんはギーコを内田さんから引き継ぐことに

浅川さん:プレッシャーはありました!ですが、内田さんとはまた違ったギーコを演じることできるんじゃないか? とあえて前作を見ずに、原作を頼りに役作りをしていきました。撮影が全て終わった後に前作を拝見して、本作と違う部分もあれば、通じる部分もあるんじゃないかと感じました!

と明かします。続けて

浅川さん:劇中のギーコの『やれやれだぜ』というセリフは、もともと台本では『やれやれだな』とあるのですが、ギーコなら『だぜ』という言い方をすると思ってそうしましたが、内田さんも同じようにされていたと聞いて、同じ気持ちでできてるのかなと嬉しくも思いましたね。

と手ごたえを口に。


ギーコの前に立ちはだかる同級生のネロを演じて

あのさん:お話をいただいて、原作のネロと自分がだいぶかけ離れていて、なるべく寄せるように、表情、メイクも含めて頑張りました。狂気的な部分だけじゃなく、ネロの孤独などの心情のメリハリつけるように監督と相談しながらやりました。

と振り返った。

山口監督は前作との違いについて

山口監督:一番の違いは、最初から4DXを意識して作り始めたというところ。4DX寄りのストーリー展開になっていて『ここで水を出したいからこういう展開』という感じで悪ふざけ感がすごいです!

と強調。
先週まで韓国で仕上げ作業を行ない、ギリギリで4DX版が完成したというが

山口監督:普通の4DXでは体験できない悪ふざけ、嫌がらせみたいな演出が盛り込まれています!

と自信をのぞかせた。

映画情報どっとこむ ralph まさに監督の言葉通りの“悪ふざけ”は、この日の舞台挨拶の壇上でも展開!
ギーコのチェーンソーで、あのさんが浅川さんの身体を貫くというトンデモ大イリュージョン企画が行われ…。このための装置を福岡から運び込んだと聞いて、

浅川さん:いくらかかったんですか? 送料…。わけがわからない…(苦笑)

とあきれた顔。一方で、あのさんは、この日、初めて持ったというギーコのチェーンソーを手に

あのさん:つらぬきのチェーンソー!

という掛け声とともにイリュージョンを実演!
見事に(?)装置の後ろから差し込まれたチェーンソーの刃が浅川さんの身体を貫き、会場は笑いと拍手に包まれた。


さらにあのさんは、今度は「つらぬきのあの!」と叫び、チェーンソーではなく自らの肉体で浅川さんの身体を貫くという荒業を敢行!

イリュージョンを終えて、

あのさん:今年イチ、楽しかったです。『わけわかんねー』と思いました!!

とやり切った?感満載で楽しそうに語り、

浅川さん:誰か、これの正解を教えて!

と最後まで困惑しっぱなしだった。

映画情報どっとこむ ralph 最後のフォトセッションでは、後編から出演する佐野いずみさんも劇場スタッフにまぎれて壇上に乱入!

佐野さん:後編は、新たなキャラがまた何人も入ってくるので注目して見てください!

とアピール。

あのさん:血まみれになっておりますので、ぜひみなさんも血まみれになってください!

と???な、コメントで笑いを誘い・・・

浅川さん:前作よりもさらにパワーアップしています!目指せ『カメとめ!』打倒!で頑張っていきたいと思います!

と本作同様に小規模公開でスタートしながらも大ヒットを記録した『カメラを止めるな!』と引き合いに、さらなる広がりへの希望を口にしていた。


『血まみれスケバンチェーンソーRED』は公開中。

2月22日(金) 前編・後編 ユナイテッドシネマ・アクアシティお台場にてロードショー

公式HP:
http://www.vap.co.jp/chimamire/

公式Twitter:
@chimamire2016

【STORY】
自前のチェーンソーを持ち歩く鋸村ギーコ(浅川梨奈)はうぐいす学園に通う女学生。ある日同級生の碧井ネロ(あの)が創り出した改造死体たちに襲われ始める。 迫り来る改造死体たちを撃退して行きながら首謀者のネロのアジトに乗り込み直接対決を試みる。なぜ、
ギーコを執拗に襲うのか!?それには衝撃の理由があった!ネロとの苦闘、そして鎧を纏った新たな敵と の遭遇。彼女はうぐいす学園新生徒会ガーディアンズの総長ネメシス(護あさな)。ギーコ絶体絶命のピンチに!!

***********************************


監督:山口ヒロキ 脚本:福本充則 出演:浅川梨奈 ほか
 
配給:プレシディオ
©2019三家本礼・KADOKAWA刊/うぐいす学園3年A組


千眼美子主演『僕の彼女は魔法使い』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 千眼美子主演『僕の彼女は魔法使い』が2019年2月22日(金)に公開となり、初日舞台挨拶が行われ、千眼美子さん、梅崎快人さん、高杉亘さん、不破万作さん、清田英樹監督が登壇しました。

日時:2 月 22 日(金)
場所:シネマート新宿
登壇:千眼美子、梅崎快人、高杉亘、不破万作、清田英樹監督

映画情報どっとこむ ralph 温かな拍手の中で登場したキャストと監督。

人魔法使いを演じる上で
千限さん:普通の人間とは違う逸脱した感じを得るために、ローラーシューズを買って、スス~と滑りながら現場入りした!

と一種独特な役作りを明かし

千限さん:現場では『千眼さんが浮いている!』という感じになって、風花はこんな感じなのかな?と役柄の雰囲気を掴むことができました。

と手応え十分のご様子。
最近は将棋にハマっているようで、撮影中は恋人・優一役の梅崎さんと対局したというが、当の梅崎さんは
梅崎さん:初戦で敗退。千眼さんは強い!飛車で王手でした!

と苦笑い。

千眼さん:始めたばかりなのに、ボロ勝ちしました!風花がまるで優一を翻弄するかのように、盤上でも翻弄してやりました!

と自慢ポーズ。一方で、

高杉さん:ケータリングが豪華で美味しかった。撮影が終わったときは少し太りました(笑)

と舞台裏を明かし、

千眼さん:和食、洋食、ステーキにスイカも出た。撮影時の休憩は命だから嬉しい。
とニッコリ。ベテランの不破さんは

不破さん:(千眼さんと梅崎さん)二人の若さが溢れ出たエネルギーがほとばしる映画です。高校生役の二人を見て、あの頃に戻れたらなぁと思いましたね。

と感化されたご様子。
千眼さんと梅崎さんへのアドバイスを求められると

不破さん:好きなように生きて!この世界は持続が大変だけれど、ブレないで役者道を歩いてほしい。ずっと期待している。

とエールを送った。それに

千眼さん:最低でも75歳までやらなきゃ!頑張ろうぜ!あと50年、頑張ろうぜ!

と梅崎さんと頷き合っていた。主演だけではなく、千眼さんは劇中歌「夢の時間」も歌唱。

千限さん:等身大で歌う方が心の中の動きとかがリンクしました。

と歌手としても手応えを感じながら

千限さん:次に挑戦してみたい楽曲はラップ。韻を踏んでYO!YO!のラップ。キャップかぶってメ~ンとか言いたい。まさかのラップに挑戦!作詞も楽しそう。

と“ラッパー美子”誕生に意欲的だった。
また映画の内容にちなんで「魔法が使えたら?」との問いには

不破さん:高校時代に戻って青春を取り戻したい。

高杉さん:魔法を使えなくなる魔法。魔法でなんでもできてしまったら努力しなさそうだから。

梅崎さん:未来に行きたい。

清田監督:自分の分身を作る魔法。

とそれぞれ回答。


映画情報どっとこむ ralph 劇中でも魔法使いを演じている千眼さんは

千限さん:私は大事な魔法を言います!週末動員ランキング第1位の魔法をかけたい!さらにSNSで映画が拡散される魔法、マスコミの皆さんがいい記事を書いてくれる魔法をかけたい!

と宣言。粋な魔法に会場は拍手喝采となった。

最後に・・・

梅崎さん:観終わった後に爽やかな春を予感させる風が吹き渡るはずです。僕達が演じたときの信念を感じてもらい、それが皆さんの笑顔に繋がれば。

とアピール。

千眼さん:人を喜ばせたり、幸せにすることができたら、その時点で魔法使いです。常に心を幸せで満たすことは難しいかもしれないけれど、努力して満たすことの大切さを教えてくれる映画です。観たら明日が明るくなるような映画。白の魔法使いが増えてほしいです。

と思いを込めた。

映画情報どっとこむ ralph 僕の彼女は魔法使い

物語・・・
「やっとみつけた!」――高校3年生のある日、優一のクラスに転校生の風花が現れる。そのときから、優一のまわりで不思議な現象が起きはじめる。そう、風花は魔法使い。しかも世界で最後の“白魔術の継承者”だったのだ。優一は戸惑いながらも次第に心惹かれていく。しかし、ある事件をきっかけに突然、風花は姿を消してしまう。それから5年後、二人は偶然に再会を果たすが――それは時空を超えた“白魔術と黒魔術の戦い”の始まりだった。
***********************************

製作総指揮・原案/大川隆法
千眼美子 梅崎快人 春宮みずき 佐伯日菜子 高杉 亘 不破万作 

監督/清田英樹
脚本/チーム・アリプロ 音楽/水澤有一
製作/幸福の科学出版
製作協力/ARI Production ニュースター・プロダクション
制作プロダクション/ジャンゴフィルム
配給/日活
配給協力/東京テアトル
©2019 IRH Press
   


成瀬瑛美もゲスト登壇!歴代プリキュア大ヒット記念!~ミラクルライト応援上映イベント~


映画情報どっとこむ ralph 2018年、15周年アニバーサリーイヤーを迎え、大きな話題となったプリキュアシリーズ。これまでファンと共に築いてきた15年分の歴史を引き継ぎ、2019年プリキュアは新たなステージへと踏み出します!!

このたび、劇場版最新作『映画プリキュアミラクルユニバース』の公開に先立ち、前作『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』の歴代最高となる大ヒットを記念いたしまして、「大ヒット記念!~ミラクルライト応援上映イベント~」を新宿バルト9にて行われました!


「大ヒット記念!~ミラクルライト応援上映イベント~」
日付: 2月21日(木)
場所:新宿バルト9
登壇:宮本浩史(監督)、神木 優(プロデューサー)、内藤圭祐(プロデューサー)
スペシャルゲスト:成瀬瑛美(キュアスター/星奈ひかる)

映画情報どっとこむ ralph 平日の遅い時間にも関わらず、会場は満席!!
『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』の宮本浩史監督と神木優プロデューサー、「HUGっと!プリキュア」の内藤圭祐プロデューサーが登場すると、会場は大きな拍手に包まれました。

宮本監督:本日は、今まで振ることができなかったミラクルライトを力いっぱい振っていただけると嬉しいです!本日はよろしくお願いします。

と挨拶をすると、会場からは笑いがこぼれました。

歴代55人のプリキュアが登場したことでも大きな話題となり、”プリキュアイヤー”となった15周年の集大成ともいえる作品にふさわしく、歴代最高の大ヒットを達成した今の気持ちを聞かれると、

宮本監督:まさか歴代最高記録を越えられるとは思っていなかったので、びっくりしました。この映画単体でというよりも、タイトルにメモリーズ、とついているように、15年間皆様が愛してくださったメモリーがあったからこその記録だと思っております。本当にありがとうございます。

神木プロデューサー:観てくださった一人一人の方がたくさん周りに口コミしてくださったおかげだと思っております。本当にありがとうございます、お疲れさまでした!

と笑顔で語りました。



この日は、限定入場者プレゼントとして、通常は中学生以下の子どもにのみ配布している応援アイテム“ミラクルライト”を入場者全員に配布!

プリキュア映画史上初の試みに、会場は大興奮となりました。そこで、大人と子供のミラクルライトでの応援上映の楽しみ方の違いを問われると、

宮本監督:劇中の応援ポイントとしては、昨年のコメンタリー上映の際に音楽担当の林ゆうき先生が命名した“ハム演説”の部分ですね。「HUGっと!プリキュア」のハリーが応援を呼びかけるシーンです。大人と子どもの違いというと、大人の方は15年前から応援してくださっているということで、各世代それぞれとの想い出を噛みしめながら応援していただけるのが大人ならではだと思います。

神木プロデューサー:今日は大人の方が多いので、目一杯叫んで、声援のボリュームの最高記録を更新してください!

と呼びかけ、会場の笑いを誘いました。

一方、「HUGっと!プリキュア」を1年間終えた感想を聞かれ

内藤プロデューサー:本当にホッとしました。

と正直な想いを口にし、「HUGっと!プリキュア」チームの成長を感じた点を聞かれると、

内藤プロデューサー:この映画では、CGパートを先行してプレスコで録ったのですが、その後の作画パートのアフレコでは、はぐプリチームの成長が感じられました。プレスコ部分を成長したギリギリの状態で演じてもらうために、録り直したりもしました。1年という長丁場なので、そういった成長を感じられるところも楽しんでいただけると思います。

と語りました。

また、映画と連動してTVシリーズにも歴代のプリキュアを登場させた経緯については、

神木プロデューサー:監督となんとなく、TVと連動させたいねという話はしていたのですが、まさか本当に実現できるとは、という感じでしたね。

内藤プロデューサー:TVでやる内容ではない、と周囲に怒られながらもなんとか実現しました。

と語り、意外な制作の裏話に会場からは驚きの声があがりました。

映画情報どっとこむ ralph そして、この日のスペシャルゲストとして、3月16日(土)公開の『映画プリキュアミラクルユニバース』より、「スター☆トゥインクルプリキュア」でキュアスター/星奈ひかる役を演じる成瀬瑛美が映画プリキュアの応援アイテム・ミラクルライトを振りながら登場!会場もミラクルライトを振って応え、ボルテージは一気に最高潮に!!本作のプロデューサーも務めている内藤プロデューサーとともに、最新作の魅力を語りました。

本作のポイントについて、

内藤プロデューサー:各世代のコラボレーションは秋の映画でやっていたので、ちょっと別の方向で攻めたいなと考えまして、今回は今まで以上に参加型で、劇場の一体感を感じられるような映画を目指したいなと思いました。そこで、子どもたちとプリキュア、みんなの想いをつなぐこの“ミラクルライト”に焦点をあてたストーリーで制作を進めております。

と語りました。


今回「スター☆トゥインクルプリキュア」で初めて声優を務めた成瀬さんは、「HUGっと!プリキュア」「キラキラ☆プリキュアアラモード」とも共演した映画のアフレコについて

成瀬さん:憧れの先輩方と和気あいあいとアフレコをさせていただけて、本当に夢のようで、キラキラでミラクルな現場でした!スタプリチームとしても絆が深まりましたし、私がくじけそうなときにチームのみんなや先輩が励ましてくださったり、みんなで協力しながら作り上げた、私たちにとってもミラクルで想い出がいっぱい詰まった映画になったと思っております。

と興奮気味に初めての映画への想いを語りました。

さらに、いつも劇場でプリキュア映画を鑑賞しているという成瀬さんは、

成瀬さん:いつもは劇場の後ろのほうの席で小さくなってプリキュアを応援しているんですが、今日は皆さんが一生懸命声を出して応援している姿を見て、私もプリキュアを応援したくなりました。次の春映画でも、またこうやってたくさん応援して頂けると嬉しいです!!

と語りました。

春映画の楽しみ方について問われると、

内藤プロデューサー:スクリーンとの一体感を感じていただきながら、映画館で、アトラクションのような、また来たくなるような、そんな想い出を持ち帰っていただきたいなと思っています。

成瀬さん:映画としてだけじゃなく、遊びに行くような感覚で楽しんでいただける素敵な作品になっています。ひとりでもみんなでも、いろんな楽しみ方を見つけて、皆様に全力で楽しんでいただきたいなと思っております。一緒に楽しもう!!

と呼びかけ会場を盛り上げました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

宮本監督:プリキュアが今後は100人を越えてほしいと思います!本日は思いっきり楽しんでいってください。ありがとうございました。

神木プロデューサー:皆様の応援が全部つながってこの場があるということを、改めて感謝しております。私たちも今から一緒に応援しますので、頑張りましょう!

内藤プロデューサー:この秋映画が15周年記念の映画ということで、春映画は16年目のスタートとなります。全力で楽しんでいただけるような方向性で、目下制作中でございます。(会場からは「頑張れー!」の声が。)春映画のほうも、どうぞよろしくお願いいたします。

成瀬瑛美:プリキュアの映画は、とにかく楽しいです!観て楽しい、応援して楽しい、そんな映画なので、一緒に楽しみましょう!!応援よろしくお願いします!!

舞台挨拶終了後の応援上映では、劇場に集まった全員が「ミラクル♡メモリーズライト」を手に、心をひとつにプリキュアを応援し、大盛り上がりとなりました。


『映画プリキュアミラクルユニバース』 

2019年3月16日(土)ROADSHOW

■ストーリー
ふしぎいっぱい☆キラキラ星の世界へ大冒険!!わたし、星奈ひかる!ある日星をみていたら、宇宙にワープしちゃった!?キラやば~☆この宇宙のどこかにミラクルライトを作る惑星があるって本当?あれ?えぇ~!?いきなり光が消えて、星たちが闇に包まれていく!?このままじゃ世界が真っ暗になっちゃう…大ピーンチ!!でも、宇宙の光を取り戻す為に絶対にあきらめない!だからみんな、応援して!

公式サイト:
http://www.precure-miracleuniverse.com/

***********************************

原作:東堂いづみ
監督:貝澤幸男
脚本:村山 功
声の出演:
成瀬瑛美 小原好美 安野希世乃 小松未可子 木野日菜 吉野裕行
引坂理絵 本泉莉奈 小倉 唯 田村奈央 田村ゆかり 多田このみ 野田順子 福島 潤
美山加恋 福原 遥 村中 知 藤田 咲 森なな子 水瀬いのり かないみか 水島 裕

ゲスト声優:田中裕二(爆笑問題) 梶 裕貴 小桜エツコ ゴー☆ジャス 脳みそ夫
主題歌:「WINくる!プリキュアミラクルユニバース☆」 (歌:北川理恵)
©2019 映画プリキュアミラクルユニバース製作委員会
   


登坂広臣ソロプロジェクト“初”の映画主題歌は劇場版「名探偵コナン」!コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph コナンの劇場版第23弾『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』が4月12日(金)より全国東宝系にて公開となります!

そしてこの度、本作の主題歌を三代目 J SOUL BROTHERSのボーカル・登坂広臣さんが担当することが決定しました!
今回は“HIROOMI TOSAKA(登坂広臣 / 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)”名義でのソロプロジェクトで、映画主題歌を担当するのは初!そして楽曲のタイトル「BLUE SAPPHIRE」からも分かる通り、歌詞には、映画のキーとなる世界最大の宝石「ブルーサファイア」や「謎」「秘密」「真実」といった言葉が頻繁に登場。


登坂さん自身も「今作の『紺青の拳』のストーリーの世界観、各登場人物の内に秘めた想いなどをテーマに楽曲を制作しましたので、観ている人達の心に疾走感を与えられたらと思っています。」と語るなど、映画の世界感や登場人物に深く寄り添った楽曲に仕上がっています!

登坂広臣さんからのコメント
映画『名探偵コナン 紺青の拳』主題歌のオファーを頂き、長年にわたり日本のみならず、世界中にも多くのファンの方々がいる作品の主題歌を担当させていただけるという事で、大変光栄に思います。「コナン」という作品自体は子供の頃から良く見ており、僕に限らず、同世代や年上の人たちにとって、青春時代をともに過ごしたアニメです。今作の『紺青の拳』のストーリーの世界観、各登場人物の内に秘めた想いなどをテーマに楽曲を制作しましたので、観ている人達の心に疾走感を与えられたらと思っています。


江戸川コナンくんからのコメント
登坂広臣さんに、ボクの映画の主題歌『BLUE SAPPHIE』を歌ってもらうことになりました!「闇夜に浮かぶBLUE SAPPHIE」「Secret in the moonlight」など怪盗キッドの事を連想させるキーワードがたくさんで思わず登坂さんのキッドへの愛に嫉妬してしまうくらい、カッコよくて素敵な曲です!大人な雰囲気の曲で、ボクもすごく気に入っ
てます!みんなも是非聴いてみてください!


映画情報どっとこむ ralph さらに今回は、その主題歌を使用した最新の予告映像もあわせて解禁!
シンガポールに眠る伝説の秘宝「ブルーサファイア」を狙う“怪盗キッド”の前に立ちはだかる“京極真”。その2人の対決を遮るようにサッカーボールが放たれ…劇場版初の海外を舞台に繰り広げられる、コナン・怪盗キッド・京極真の三つ巴バトルはさらに加速。なぜ彼らは闘わなければならないのか、そしてシンガポールの闇に潜む真の黒幕とは誰なのか!?さらにシンガポールの象徴“マリーナベイ・サンズ”を襲う大爆発に、迫りくる超巨大タンカー、水中で息が途絶える“怪盗キッド”と…まったく先が読めない緊迫感と大スペクタルなアクションシーンが満載の予告映像にもご注目ください!!


映画情報どっとこむ ralph 『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』

映画公式サイト:
http://www.conan-movie.jp


19世紀末に海賊船と共にシンガポール近海に沈んだとされる、世界最大のブルーサファイア“紺青の拳”。

現地の富豪が回収を目論み、表舞台にその姿を現した時、マリーナベイ・サンズ近郊にて殺人事件が発生。現場には、怪盗キッドの血塗られた予告状が残されていた―。一方、シンガポールで開催される空手トーナメントを観戦する為、蘭と園子は現地を訪れていた。パスポートを持っていないので海外渡航できないコナンは留守番のはずだったが、彼を利用しようとするキッドの奇術的な方法により、強制的にシンガポールへ連れてこられてしまう。キッドに従わなければ日本に帰ることすらできないコナンは、メガネ、腕時計、服などすべて奪われ変装することに。その正体に気付いていない蘭に名前を聞かれ、とっさにアーサー・ヒライ(!?)と名乗る。やがて、キッドはある邸宅の地下金庫にブルーサファイアが眠っているという情報を得る。いとも簡単に侵入成功したと思われたが、危険すぎる罠がキッドを待っていた。立ちはだかったのは、400戦無敗の最強の空手家・京極真。キッドの命運は…!? 

そして、不吉な何かを予兆するかのようにシンガポールの象徴・マーライオンから真紅に染まった水が放出される!

かつて海底に葬られた【伝説の秘宝】が時を経て、“獅子の国”に蠢く巨大な闇を呼び覚ます!

***********************************


原作:青山剛昌「名探偵コナン」(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監督:永岡智佳  
脚本:大倉崇裕  
音楽:大野克夫
声の出演:高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、山口勝平 ほか 
ゲスト声優:山崎育三郎、河北麻友子
配給:東宝
製作:小学館/読売テレビ/日本テレビ/ShoPro/東宝/トムス・エンタテインメント 
©2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会


サプライズ尽くし!土屋太鳳、志尊淳 『バンブルビー』日本語吹替版アフレコ会見


映画情報どっとこむ ralph 『トランスフォーマー』シリーズの”はじまり”を描く最新作『バンブルビー』が、3月22日(金)に日本公開となります。
本作の吹替キャストで土屋太鳳さんが演じるのは、“地球外生命体”バンブルビーが、地球に来て最初に出会った”最高の相棒” チャーリー(ヘイリー・スタインフェルド)。傷ついたバンブルビーを廃品置き場で見つける、心に傷を抱えた少女を演じます。そして、志尊淳さんが演じるのは、チャーリーにひそかに思いを寄せる心優しい隣人の少年・メモ(ジョージ・レンデボーグJr.)。念願の映画吹替初挑戦となります!

そして、この度、土屋太鳳さん、志尊淳さんによる、公開アフレコ会見イベントが行われました。

映画『バンブルビー』日本語吹替版キャスト公開アフレコ会見
日程:2月21日(木)
場所:サウンドインスタジオ
登壇:土屋太鳳、志尊淳

映画情報どっとこむ ralph あふれんばかりに報道陣が詰めかけた公開アフレコイベントの会場に、土屋太鳳さんが役柄のチャーリーを意識したジャケットに黄色いイアリング、志尊さんは黄色いインナーシャツと、バンブルビーのトレードマークである黄色を差し色にしたコーディネートで登場。

土屋さん:大きなチャンスを頂き、ハリウッドの大作にこうして声で参加させていただけたことに感謝しています。いまも緊張していますが、このイベントを楽しめたらと思います!

と挨拶、

志尊さん:映画の日本語吹替を初めてやらせていただきました。この作品のメッセージを、クリアに、正確に伝えられるように努めました!

と続け、さっそく公開アフレコにも挑戦することに!

映画情報どっとこむ ralph 2人とも洋画実写の吹替が初、共演も初、さらに2人が揃ってアフレコをするのもこの日がはじめてということもあり、少し緊張の色もうかがえたものの、いざアフレコが始まると驚くほど息ぴったりの演技。

アフレコ収録を振り返り、

土屋さん:本当に難しかったですし、声のお仕事をされている方って声の熱量がすごい。自分は未熟者だと打ちのめされながらでしたが、本番中も作品に本当に感動させてもらったのでパワーをもらいながら、その感動を返せるように、と思ってやらせていただきました。これまでは1人ずつ録っていたので、相手はこういう声なのかな?と想像でしかなかったんです。今日ご一緒することができて、やっと会えた!と嬉しい気持ちでいっぱいです。

と喜び、

志尊さん:嬉しいですね。僕も、チャーリーをイメージしていた声と土屋さんの声がまさしくリンクしていたので、お芝居の掛け合いとしてはとても世界に入りやすいように土屋さんがリードしてくださった。すごく楽しくやらせていただきました。お芝居をするというよりも、実際の映像にあわせてそのメッセージや熱量をそのまま伝えることが使命だと思っていたので、とにかくメモに寄り添って演じることを意識しました。

と充実感をにじませました。

さらに志尊さんは、自身が演じたメモという不器用な青年は青春時代の自分に重なる部分があるそうで、

志尊さん:ものすごい不器用でした。好きだったり気になっている人に話しかけられなかったり、どう表現していいかわからなくてテンパってしまって、自分の本当の気持ちが伝えられない部分などはすごく共感できて感情移入しやすかった。それでも後半にメモは、自分らしく正義感をもっていろんなものに立ち向かうので、尊敬できる素敵なキャラクターです。

と振り返ると、

土屋さん:チャーリーって家族の中でも、女の子だから、女性だから、と自分を出せなかったりする。でもメモと出会って、絆を築いて、これから恋になるのかな?良い友人なのかな?といろんな気持ちを出せました。

と2人の関係性が演技に役立っていたことを明かしました。

この作品が、ちょっとドジで優しいシリーズきっての人気キャラ・バンブルビーが主人公ということで、自身のドジなエピソードを聞かれ

土屋さん:わたしは特撮作品が好きで、そこに出てくるヒーローって無条件に自分よりも年上に思うんですけど、共演することになった志尊さんは戦隊ものをやられていたので年上だと思っていたら同い年で、しかも誕生日は私のほうが先で(笑)。勝手に上だと思っちゃってました!

と勘違いを明かすと、

志尊さん:僕のほうが後輩です!人生の後輩!

と会場を沸かせました。

またバンブルビーのキャラクターが理想の男性像でもあると語っていた土屋さんは

土屋さん:女性はきっと好きだと思う。弱くてでも強くて、警戒しているけど実は親しみやすくて、真面目だけどお茶目で。何よりも、大切な人を守ろうとするときの力、守ってくれる姿が本当に素敵!

と話すと、志尊さんも、言葉をしゃべれないバンブルビーを

志尊さん:言葉を発さずとも、行動で周りを動かせるのが素敵で素晴らしい能力だと思います。一緒にいて楽しそうですよね。

と男性目線でその魅力をアピールしました。

映画情報どっとこむ ralph そして!!!

ここでサプライズとして、本作のメガホンをとったトラヴィス・ナイト監督から土屋さん&志尊さんへのメッセージ映像が上映され・・・

トラヴィス監督:タオとジュンが声の出演をしてくれて嬉しいです!2人のおかげで新しいファンにも愛される映画になるでしょう。出演してくれてありがとう!

と投げかけられ2人そろって感無量の表情を見せ、

土屋さん:これで大丈夫なのかな、と思いながら吹替していたので、こういう風にタオ!ジュン!って言って下さるとすごく嬉しいですね!

と喜びを語るのもつかの間、今度は土屋さんが声をあてたヘイリー・スタインフェルドからもメッセージ映像が届

ヘイリ―:ハイ、タオ!チャーリーの吹替をしてくれたと聞いてとっても嬉しかったわ。ありがとう!

と直々に呼びかけられた言葉に

土屋さん:すごく遠い存在なので、1ミリでもチャーリーに心を寄り添えたらと思っていたので、こういう風にコメントをいただいて心に光りを灯してくださったような嬉しい気持ちです。チャーリーという役に出会わせてくださった皆さんに感謝を伝えたいです!

とますます胸いっぱいの様子。

映画情報どっとこむ ralph さらにここでサプライズは終わらず、年女・年男であり誕生日も2月(土屋さん)と3月(志尊さん)で近い2人のために、バンブルビーの形をした巨大な誕生日ケーキが登場!
土屋さん:こんな素敵なサプライズまで本当にありがとうございます!青春と人生と最新技術が詰まっていて、観ているときは盛り上がって、観たあとには自分も周りももっと愛したくなるような作品です。ぜひ一緒にこの世界に浸っていただきたいです!

志尊さん:作品のなかにいるかのように引き込まれますし、年齢も問わず、ご家族でも、誰が観ても満足できる作品だと思います。僕も微力ながらですが、1人でも多くの方に観ていただけるように広められたらと思います!

とアピールも忘れませんでした。

映画情報どっとこむ ralph バンブルビー

3月22日(金) 「はじまり」が幕を開ける。


物語・・・
1987年、海辺の田舎町。父親を亡くした哀しみから立ち直れない思春期の少女チャーリーは、
18才の誕生日に、海沿いの小さな町の廃品置き場で、廃車寸前の黄色い車を見つける。
自宅に乗って帰ったところ、車が突如、変形≪トランスフォーム≫してしまう。
驚くチャーリーを前に、逃げ惑う黄色の生命体。チャーリーは記憶と声を失い”何か”に怯える黄色い生命体に、
「バンブルビー(黄色い蜂)」と名付け、かくまうことを決める。
ボロボロに傷ついたバンブルビーと、心に傷を抱えたチャーリー。
思いがけない友情が芽生えるのだが、しかく、予想もしない運命が待ち受けているのだった――

公式サイト:
http://bumblebeemovie.jp/

公式Twitter:
https://twitter.com/Bumblebee_JP

***********************************

監督:トラヴィス・ナイト 『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』
原案:クリスティーナ・ホドソン
脚本:クリスティーナ・ホドソン、ケリー・フレモン・クレイグ
製作:ドン・マーフィ、トム・デサント、ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ、マイケル・ベイ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、ブライアン・ゴールドナー、マーク・ヴァーラディアン、クリス・プリガム
キャスト:ヘイリー・スタインフェルド 『トゥルー・グリット』、『スウィート17モンスター』、ジョン・シナ、
ジョージ・レンデボーグJr.、ジョン・オーティス、ジェイソン・ドラッカー、パメラ・アドロン、ステファン・シュナイダー

全米公開:2018年12月21日
原題:Bumblebee
配給:東和ピクチャーズ

(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS,
and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.