「アドベンチャー」カテゴリーアーカイブ

『機動戦士ガンダムNT』爆音上映が実施決定!公開3週目入場者プレゼントは年賀状!


映画情報どっとこむ ralph 『機動戦士ガンダムUC』のその先を描く、宇宙世紀サーガの最新作『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』が、11月30日より全国90劇場でロードショー中です。富野監督が描いた“ニュータイプ”という概念に対し、果たして本作はどのような答えを見出すのか・・・。

物語は、『機動戦士ガンダムUC』より、一年が経過した、宇宙世紀0097年。

世界的な商業ネットワークを構築する華僑の商業集団、ルオ商会が調整し、実戦投入した新たなモビルスーツ「ナラティブガンダム」。
果たして彼らの真の目的とは何なのか?

映画情報どっとこむ ralph 『機動戦士ガンダムNT』爆音上映が実施決定!!

現在、東京・新宿の新宿ピカデリーにて開催している、爆音で楽しみたい選りすぐりの13本の名作の数々を“爆音”で上映する『新宿ピカデリー爆音映画祭』が、大反響につき、20日までの開催を急遽21日(金)~1月10日(木)まで、延長することが決定!

そこで、11月30日(金)に公開となったばかりの『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』の上映も行われることが決定しました。新宿で3回目の開催となる“爆音映画祭”。

回を重ねるごとに、開催前よりチケット争奪戦となり、かなりの盛り上がりを見せています。
爆音映画祭主宰 樋口泰人が、全編を通し、シーンごとに細かな音響・音圧調整を施します。
これを観れば、宇宙世紀を体感できるかも…? 澤野弘之のこだわりぬいた音楽と、キャスト陣が息遣いまでこだわった演技は爆音上映によって、新たな興奮と感動が広がること間違いありません!

映画情報どっとこむ ralph 公開3週目の入場者プレゼントには、オリジナルイラスト・デザインの年賀状(2種・ランダム配布)が配布!

“平成最後のガンダムNT年賀状”と題し、来年で終わる“平成”年号で送れる年賀状となっています。


さらに! この入場者特典と一緒に『機動戦士ガンダムNT』公開を記念して、ガンダムトライエイジ筐体でスキャンすると「ナラティブガンダム(A装備)」で遊ぶことのできるプロモーションカードが配布されます!
http://www.gundam-try.com/
※プロモーションカードは12月14日(金)~20日(木)配布の公開3週目入場者プレゼントに封入。
※数量限定のため、入場者プレゼントがなくなり次第配布終了となります。


***********************************

【キャスト】
ヨナ・バシュタ:榎木淳弥/ミシェル・ルオ:村中 知/リタ・ベルナル:松浦愛弓
【スタッフ】
企画・制作:サンライズ/原作:矢立 肇、富野由悠季/監督:吉沢俊一/脚本:福井晴敏/
メインキャラクター原案:高橋久美子
キャラクターデザイン:金 世俊/メカニカルデザイン:カトキハジメ、小松英司/色彩設計:すずきたかこ/CGディレクター:藤江智洋/ディスプレイデザイン:佐山善則/美術監督:丸山由紀子、峯田佳実/特殊効果ディレクター:谷口久美子/
撮影監督:脇 顯太朗/編集:今井大介/音響監督:木村絵理子/音楽:澤野弘之/アニメーション制作:サンライズ/
配給:松竹


「ひつじのショーン」長編第2弾『A Shaun the Sheep MOVIE: FARMAGEDDON(原題)』特報映像とポスター到着


映画情報どっとこむ ralph 2007年に英国BBCで1話7分のショートアニメがシリーズ化、日本でもEテレで放映される(2018年11月放送終了)など、「ひつじのショー ン」のファンが年々増え、2015年にはシリーズ初の長編映画『映画 ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~』が公開。それから3年、ついに待望の「ひつじのショーン」長編映画シリーズ第2弾!『A Shaun the Sheep MOVIE: FARMAGEDDON(原題)』日本では来年の2019年12月に全国公開することが決定しました。

最新作では、群れの仲間たちと‟未知との遭遇”!
この度来年の公開に先駆け、最新の特報映像とポスターが到着。

今回解禁となる海外版特報映像は、ある夜、イギリスの片田舎の牧場モッシー・ボトム・ファームで何 かが起こりそうな怪しげな気配から始まる。そして突然、強烈な光がどこからか放たれ、牧場主は目を 覚ます。光の正体を確かめる為牧場へ向かう牧場主。そこには、何かの暗号なのか?ミステリーサー クルが出現し、畑の中から何やら怪しい光と音が聞こえるのだった。突然のことにビックリした牧場主 は、たまらず家へと走って逃げていく。同じく、牧場の異変に気付いたビッツァーも現場へ駆け付け、畑 を分け入って怪しい光と音がする方へ進んで行くと、そこにはイタズラ好きなショーンたちが…。いつもの ことかと、ビッツァーがショーンたちに説教を始めた瞬間、突然ショーンが何者かに連れ去られてしまう …。 これまで見たことのない新しい世界がショーンたちと遭遇する、今回の最新作。

一体、この先何が起こるのかが気になってしょうがない特報となっています。


映画情報どっとこむ ralph また、同時に解禁される海外版ポスターも、これまでのショーンシリーズからは予想もできない、ワクワ ク感満載のビジュアルとなっている。

最新作製作陣から、日本のファンへ熱いメッセージも到着!

この度日本のファンへ特別に、アードマン・アニメーションズの製作陣から、熱いメッセージも到着。 第一作目『映画 ひつじのショーン~バック・トゥ・ザ・ホーム~』では、ショーンを映画スターとして確立させるのが大きな目的でした。 今回は更に劇場映画らしい大作を目指して、ショーンをより壮大で無謀な冒険へと放り込みました。 ユニークで魅力的なキャラクターたちと一緒に、ワクワクするような新しい体験を観客の皆さんにお届けします。 もちろん笑いたっぷり、そして少しホロリとくるような場面もあるかもしれません。 本作はアードマンにとって初のSF劇場作品になります。 私たち製作陣は皆SFの大ファンですので、作中にちりばめられたSFへのオマージュにもぜひ注目してみてください。 そして何といっても、今回新たに登場する魅力的な主人公が、観客の皆さんを虜にすること間違いなしです!

映画情報どっとこむ ralph A Shaun the Sheep MOVIE: FARMAGEDDON(原題)

【ストーリー】
モッシンガムの静かな街を照らす奇妙な光は、はるか銀河を超えて地球に降り立った謎の訪問者の到着を告げる…。しかし近隣のモッシー・ボトム・ ファームでは、ショーンはまったく別のことに気を取られている。ショーンのイタズラにうんざりのビッツァーが、ショーンの企てた悪巧みをことごとく阻止するのだ。 いかにもわんぱくで可愛らしい宇宙人が、特殊能力を携えてモッシー・ボトム・ファームの目と鼻の先に不時着すると、やがてショーンは宇宙人パワー満載の楽しい 冒険に出る絶好のチャンスに気付く。銀河系の彼方からやって来た訪問者が邪悪な組織に捕まってしまう前に、無事に帰郷させるという大切なミッションだ…。ショ ーンと群れの仲間たちは手遅れになる前に、モッシー・ボトム・ファームのファーマゲドンを防ぐことができるのだろうか?! 刺激的で心温まるSFコメディー・アドベンチャーが、モッシー・ボトム・ファームから宇宙までご案内…それも洗車場経由で!みんな発射準備OK?!

***********************************

監督:リチャード・フェラン、ウィル・ベッカー
脚本:ジョン・ブラウン、マーク・バートン(『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!』、『マダガスカル』)
プロデューサー:ポール・キューリー
製作総指揮:マーク・バートン、リチャード・スターザック、ピーター・ロード、ニック・パーク、デヴィッド・スプロクストン
製作:アードマン・アニメーションズ(イギリス)、スタジオ・カナル(フランス) 2019年/イギリス/アニメーション/英語/カラー
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES ©2018 AARDMAN ANIMATIONS LTD AND STUDIOCANAL SAS


小倉優香・搗宮姫奈・花影香音バトルアクションシーン一部到着!!映画『レッド・ブレイド』


映画情報どっとこむ ralph 映画『レッド・ブレイド』が2018年12月15日(土)よりシネマート新宿ほか公開します。

本作は、いじめられっ子の高校生・マコが、憧れていた“忍者”となり、時空を超えた戦いに巻き込まれていく姿を描くニンジャアクション・エンターテインメント。鬼才・園子温が原案、坂口拓が総合演を手掛け、小倉優香が映画初主演を飾ります。

この度、主演・小倉優香のバトルアクションシーン一部と新場面写真が到着。
この度公開された映像は、時空を超えた戦いに巻き込まれた、小倉演じるマコが敵をなぎ倒していくソードアクションを展開。片やセーラー服に身を包み、岩永演じる悪の忍者・勘助に、ハイキックするシーン等が収められています。



映画情報どっとこむ ralph 映画『レッド・ブレイド
は、2018年12月15日(土)より公開。

本作は、『冷たい熱帯魚』『愛のむきだし』など海外でも高い評価を受ける園子温原案によるストーリー。『HiGH&LOW THE RED RAIN』のアクション監督、『RE:BORN リボーン』主演で知られる坂口拓と“ミスター・バイオレンス”と称され、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015正式上映作品『コントロール・オブ・バイオレンス』の石原貴洋のメガホンで映画化。さらに、ド迫力のオープニングアクション監督を『いぬやしき』『BLEACH』などを手掛けた下村勇二が担当。今までの忍者の常識を覆す、世界初の忍者映画がここに誕生しました。

映画初主演にして本格アクションに挑戦する小倉優香。“リアル峰不二子”と絶賛されるスタイルでグラビア界を席巻し、最近は、ドラマ「チア☆ダン」や「恋のツキ」などに出演するなど女優として開眼。今後は、主演舞台「呪いシリーズ(呪いの万華鏡/呪いの49日)」の公演を控えている。共演には、舞台『MIRRORION(ミラリオン)』の搗宮姫奈や『アズミ・ハルコは行方不明』の花影香音。『孤狼の血』の岩永ジョーイなどアクションに特化した実力派若手俳優が小倉の脇を固める。また、総合演出の坂口拓が、TAK∴名義で伝説の忍者として登場する。

ストーリー
いじめられっ子の高校生・マコ(小倉優香)は、この世界に嫌けが差していた。学校の図書室で忍者の児童書「雷風刃」を読むことが唯一心安らぐ瞬間で、巨大な悪に立ち向かう忍者たちに憧れていた。ある夜、下校途中のマコの前に「雷風刃」の忍者・ヒロ(搗宮姫奈)とユウ(花影香音)が現れる。時空を切り裂き、導かれるようにタイムスリップした先に待っていたのは伊賀の世界。伝説の忍者・才蔵(TAK∴)指南のもと、強さを求めマコの忍者修行が始まる。ところが、マコと同様に、「雷風刃」の悪人・原田勘助(岩永ジョーイ)が現実世界に出現してしまい・・・。

***********************************

小倉優香
搗宮姫奈 花影香音 岩永ジョーイ 美音咲月 徳江かな 咲村良子 榊英雄 TAK∴

原案:園子温
総合演出:坂口拓
監督:石原貴洋
脚本:龍一朗 
サウンドデザイン:小野川浩幸
音楽:中森信福
プロデューサー:木村俊樹 ラインプロデューサー:真山俊作 撮影:富田伸二 照明:太田博 録音:杉本崇志 
オープニングアクション監督:下村勇二 TAK∴ 稲川義貴(トリプルクラウン)
アクション監督:坂口茉琴
アクション監修:匠馬敏郎
主題歌:『moi-même』(AMG MUSIC)
制作プロダクション:ステアウェイ
配給:AMGエンタテインメント
協力:アミューズメントメディア総合学院 
製作:「レッド・ブレイド」製作委員会 
(C)2018「レッド・ブレイド」製作委員会


『ザ・プレデター』監督シェーン・ブラックと製作ジョン・デイビスのインタビュー映像公開!


映画情報どっとこむ ralph シリーズ1作目『プレデター』の“最初の犠牲者”本人が明かす!
シェーン・ブラックが演じたホーキンスが最も早く殺された、驚きの理由とは?! 監督シェーン・ブラックと製作ジョン・デイビスのインタビュー映像公開!

今回公開されたのは、映画『ザ・プレデター』の監督で、シリーズ1作目『プレデター』 (1987)にも出演したシェーン・ブラックと、シリーズ全作で製作を務めてきたジョン・デイビスの インタビュー映像。ブラック監督がシリーズ1作目『プレデター』で“最初の犠牲者”となる 通信兵ホーキンスを演じたまさかの理由がこのインタビューで語られています。

ブラックは、『プレデター』への最初のオファーについて「トーマス兄弟が書いた脚本にジョークを 書き加えるよう依頼されたが、不要だと思い断った」と語る。すると今度は「出演者としてロケに 加わるよう言われ、喜んで引き受けた」と当時を振り返る。これに対し、シリーズ全作で製作を 務めてきたジョン・デイビスは、
「出演の名目で連れていき(脚本を)書かせようとしたが、 “出演する”と主張するから真っ先に死ぬ設定にした」と語り、ホーキンスを早く殺せば、ブラック が長い期間演じなくてなくて済むだろうという思惑でホーキンスが“最初の犠牲者”になったと、 驚きの理由を明かしている。

またブラックは、
演じたホーキンスについて「僕が演じた役柄は嫌な奴だが笑えるんだ」と、 意外にもお気に入りの様子。さらに、『ザ・プレデター』でコイル役を演じたキーガン=マイケル・ キーも、ブラック監督が『プレデター』に出演していたことについて「“ウソだろ”って言ったよ。見て みたら最高だった」と、ブラックの当時の演技を絶賛している。



映画情報どっとこむ ralph 『ザ・プレデター』のブルーレイには、今回公開された映像のほかに、メイキングや未公開 シーン集など計 60 分を超える映像特典を収録。ブラック監督が本作を製作した理由を語る インタビュー映像をはじめ、進化を遂げたプレデターのデザインを紹介する舞台裏映像など、 ファン必見の映像特典が満載だ。

映画『ザ・プレデター

のブルーレイ&DVDは、2019年1月5日(土)発売、同時レンタル 開始。
2018年12月19日(水)より先行デジタル配信。
映画情報どっとこむ ralph 『ザ・プレデター』

2019年1月5日(土)ブルーレイ&DVD発売、同時レンタル開始!
※2018年12月19日(水)先行デジタル配信!
■ザ・プレデター 2枚組ブルーレイ&DVD ¥3,990+税
■ザ・プレデター <4K ULTRA HD + 2Dブルーレイ/2枚組> ¥5,990+税
■プレデター クアドリロジーBOX <4K ULTRA HD + 3D + 2Dブルーレイ/9枚組> ¥16,800+税
発売元・販売元:20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
© 2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

***********************************



『スパイダーマン:スパイダーバース』日本版<最新予告>解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 最強チームで、新生スパイダーマン始動!
スパイダーマン:スパイダーバース』。

この度、本作の日本版最新予告の解禁となりました!


映画情報どっとこむ ralph そして!日本語吹替版主題歌を<TK from 凛として時雨>が手掛けることが決定しました!
独創的、かつ革新的な映像で描かれる本作品の世界観を彩るのは、今回ハリウッド映画と初タッグとなる<TK from 凛として時雨>。本作の日本語吹替版主題歌として書き下ろされた新曲P.S. RED I(読み:ピーエスレッドアイ)が、スタイリッシュな新生スパイダーマンの魅力を一気に加速させる!

日本語吹替版の音響監督をつとめるのは、日本を代表する存在である岩浪美和。

映画情報どっとこむ ralph nEW


TK from 凛として時雨 <コメント>

Q本作の日本語吹替版主題歌に決定したことへの感想

スパイダーマンの話が僕のところに降ってくると思っていなかったので、すごく嬉しいですし、
今回はスパイダーマンの映画としては初めてのアニメ化ということなので、自分自身もどのような楽曲を創り出せるか楽しみでした。

Qスパイダーマンの映画シリーズについて

もともと、僕がバンドをやり始めるかどうかという時期に映画館に見に行きました。
その当時は学生だったと思うのですが・・すごく多感な時期でしたし、
ヒーローものでありつつ人間の強い部分と弱い部分が同時に描かれているという作品というのが当時はあまりなく、そ
のシナリオ自体がすごく斬新でしたし、大好きな映画でした。


Q今回制作された楽曲について

まずは自分自身の意識をスパイダーマンにどれだけ溶け込ませられるか、というのが課題でした。
ごく普通の少年が抱いている葛藤やコンプレックス・・そういったものをちゃんと自分の中にある葛藤と結びつけて、
それをどれだけスパイダーマンの世界と繋げられるか、ということと、言葉遊びなどで疾走感を出したり、
その中にメッセージを込めるというところをすごく意識しました。

Q皆様へのメッセージ

今回スパイダーマンということで、僕もニューヨークへ行ってレコーディングをしてきましたので、
その空気感をあわせて感じてもらえたら嬉しいなと思います。

オフィシャルサイト
http://tkofficial.jp/

<楽曲情報>

「P.S. RED I」TK from 凛として時雨 (作詞・作曲:TK)



映画情報どっとこむ ralph 『スパイダーマン:スパイダーバース』

本作品は、時空が歪められたことにより、異なる次元で活躍するスパイダーマンたちが集められた世界を舞台に描かれる。
予告の冒頭で語るのは、長年スパイダーマンとして活躍するピーター・パーカー(吹替版声優:宮野真守)。
だが、今回は彼の物語ではない。マイルス・モラレス(声:小野賢章)の物語だ。

ニューヨーク、ブルックリンの名門私立校に通う中学生の彼はスパイダーマンだが、まだその力をうまくコントロールできずにいる。そんな中、時空が何者かによって歪められる危機に直面。
マイルスはピーターの指導のもと、一人前のスパイダーマンになるための訓練を開始する。
そして時空の歪みにより、女性スパイダーマンのスパイダーグウェン(声:悠木碧)も次元を越えてマイルスの世界にやってくる。

公式サイト:
spider-verse.jp

公式twitter:
@SpiderVerseJP/
#スパイダーバース

***********************************

原題:Spider-Man: Into The Spider-Verse  全米公開:12月14日
製作:アヴィ・アラド、エイミー・パスカル、フィル・ロード&クリストファー・ミラー(『LEGO(R)ムービー』『くもりときどきミートボール』)、クリスティーナ・スタインバーグ
監督:ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン
脚本:フィル・ロード、ロドニー・ロスマン