「アクション」カテゴリーアーカイブ

徳島マチ☆アソビと練馬のトークショー『楽園追放-Expelled from Paradise-』レポート


古谷徹「本来であれば、お断りする役だった」『楽園追放-Expelled from Paradise-』トークショーレポート


11月15日(土)全国にて劇場上映される監督水島精二× 脚本 虚淵玄による完全オリジナル作品

『楽園追放-Expelled from Paradise-』

公開が迫るなか、10月に行われたアニメの祭典でトークショーを開催。


徳島県で行われたマチ☆アソビには、水島監督、虚淵玄さん、主題歌を歌うELISAさんが登壇。

そして、都内で行われた練馬アニメカーニバルでは、古谷徹さんと水島精二監督のトークショーが行われました。

練馬アニメーションカーニバル写真
<マチ★アソビ 『楽園追放-Expelled from Paradise-』トークイベント

10/12(日)17:00〜17:30
会場:徳島市立文化センター
登壇者:水島精二監督、虚淵玄(ニトロプラス)、ELISA


徳島マチ★アソビにて水島精二監督、虚淵玄、ELISA登壇!

虚淵玄「家族でもカップルでも安心して観られる作品です!」
10月11日(土)〜10月13日(日)徳島にて開催されたマチ★アソビにて『楽園追放-Expelled from Paradise-』にてトークショーを開催。水島精二監督、脚本の虚淵玄、主題歌を担当したELISAが1ヶ月後に上映を控えた「楽園追放」について語りました。企画立案から5年の歳月が経ったことについて虚淵は「このように5年かかった分、3Dの技術がとても良くなった。とくに表情がとても良いし、めずらしくプロデューサーからの要望などもあまりなく、とても自由にやらせてもらった作品です」と5年の年月に想いを馳せました。

今回、監督をつとめた水島は「とてもストレートで分かりやすい作品ですが、きちんと虚淵節が全開です。キャラクターでは、アンジェラはめちゃめちゃかわいいし、ディンゴはとってもカッコイイです。いま、3DCGアニメで観て価値のある作品です。自信あります!」と作品の出来に対して満足のコメント。また、主題歌についても「歌がカギになる映画だと虚淵さんから聞いていたので、作品の世界観の歌詞や音楽にこだわった」と水島からこだわりのポイントが語られています。

主題歌を担当したELISAは「今回、ELISA connect EFPとしてELISAと作品がどのように寄り添っていけるか、みなさんも楽しみにしてほしい」と。
虚淵玄と水島精二監督というタッグに関して、これまでのイメージや不吉なラストが待っているのではと話題になっていることに対して、虚淵は「今回は安心して観てもらえる作品です。お子さんを連れてきてもらっても気まずくなったりしないです!(笑)『楽園追放』は大丈夫です。今回は本当です」と断言。

水島も「僕も優しくない監督ですが、大丈夫です。(笑)今回は虚淵さんらしいメッセージ性の強い作品になっています。劇場で楽しんでください」と強調しました。

徳島のufotableCINEMAでの上映決定も発表され、劇場上映に期待が高まるトークイベントとなりました。

<練馬アニメカーニバル「楽園追放」トークイベント>

10/18(土)14:30〜16:00 
会場:練馬文化センター
登壇者:古谷徹、水島精二監督

練馬アニメカーニバルにて古谷徹×水島精二監督トークショー開催
古谷「いつもだったら受けない役でした(笑)」

10月18日(土)練馬文化センターにて行われた練馬アニメカーニバルにて「楽園追放」のトークイベントを開催した。ゲストには、「楽園追放」に友情出演している古谷徹氏と水島精二監督が登壇。

アロンゾ・パーシーという役柄が「本来であれば、お断りする役だった」とTwitterでツイートしていた件に関して古谷は「永遠のヒーローでいたいので、カッコイイ役、ヒーロー、美少年にこだわっているのですが、水島精二監督、音響監督の三間さんお二人の指名なら、無条件で引き受けます!」と言ったものの、「プレイボーイに憧れるお金持ちのボンボン」というキャラクターに「最初、受けたときは失敗したかな、と思ったけど、最先端の技術と昔のセルアニメの迫力、テイストを残しているのが素晴らしい作品。そしてメカが斬新!まんまるで意表をつかれるけど、アクションシーンではかっこいい!本当に参加できてよかったです」と冒頭4分のみの出演ではあるが、作品への熱意を語りました。

水島監督は古谷徹のキャスティングに関して「まさか引き受けてもらえるとは思わなかった!」と驚いたとコメントしつつ、「映画の一番初めに声を聞かせる役で、この作品の世界観、設定を表す大事な役なので、きちっとした人にお願いしたかった。観た人がこんなにも古谷徹の声なのに、意外性のあるキャラクターだから古谷さんだと気付かないのがまた良い」とコメント。他の林原めぐみ、高山みなみ、三石琴乃の豪華声優陣が集まった経緯にも「最初はびっくりだった」と裏話を披露しました。

作品の出来に関して水島監督は「日本で最先端のセルルックアニメーションが出来ました!3DCGの技術も向上し、アニメーション作品のひとつのエポックができたのではと思っております。ぜひ、大音響で劇場で、ブルーレイ、DVDであれば、ヘッドホンを推奨します!」と映像だけでなく、音楽、音響部分でのこだわりも語り、古谷は「めずらしく手間、暇かかった作品です。観ないと損です!」と作品の出来上がりに自信をみせ、会場は大いに盛り上がったのでした。

********************************************************************


原作 : ニトロプラス/東映アニメーション
脚本 : 虚淵玄(ニトロプラス)
監督 : 水島精二 演出 : 京田知己
キャラクターデザイン : 齋藤将嗣
プロダクションデザイン : 上津康義
メカニックデザイン : 石垣純哉
スカルプチャーデザイン : 浅井真紀
グラフィックデザイン : 草野剛 設定考証・コンセプトデザイン : 小倉信也
CG監督 : 阿尾直樹 モーション監督:柏倉晴樹
造形ディレクター : 横川和政 美術監督 : 野村正信(美峰)
撮影監督 : 林コージロー
音響監督 : 三間雅文 (テクノサウンド)
音響効果 : 倉橋静男(サウンドボックス) 音楽 NARASAKI
アンジェラ バルザック : 釘宮理恵  ディンゴ(ザリク カジワラ) : 三木眞一郎  フロンティアセッター : 神谷浩史

アニメーションプロデューサー : 森口博史 
チーフアニメーションプロデューサー : 吉岡宏起 
プロデューサー : 野口光一
アニメーション制作 : グラフィニカ 企画・製作 : 東映アニメーション
© 東映アニメーション・ニトロプラス/楽園追放ソサイエティ






映画『ヘラクレス』 ダチョウ倶楽部vsライオン ガチンコ対決レポ


映画『ヘラクレス』 ダチョウ倶楽部vs本物のライオン ガチンコ対決イベント
「ヘラクレス」ライオン
芸能界の生きる伝説ことダチョウ倶楽部と、劇中にも登場し、ヘラクレスによって神話に名高い“12の難業”で倒され、しし座のモチーフにもなっている人食いライオンこと”ネメアの獅子“(本物のライオン)とのガチンコ対決とあって、大勢のマスコミが集結。

街ゆく人たちは都心のど真ん中に突如現れたライオンの姿に驚きを隠せない様子。恐怖と興奮が入り混じる中、多くの通行人がスマホを片手に足を止め、辺りは一時、騒然とした空気に包まれました。

【10.21開催】「ヘラクレス」イベント1
日程:10月21日(火) 12:30~
場所:新宿ステーションスクエア
ゲスト:ダチョウ倶楽部、“ネメアの獅子”(オスライオン) ※敬称略

『ヘラクレス』ポスターギリシャ神話風の衣装に身を包み、これまでヘラクレスに引けを取らないくらい様々な“難業”を経験してきたダチョウ倶楽部の3人が登場。寺門は「普通のバラエティの感じじゃないよ、獣の臭いがするよ」と慌てふためいた様子。ライオンは夜行性のためイベント時には休息中であったものの、体長2メートル、体重250キロもある百獣の王はかなりの迫力。さすがに “誰がライオンの闘志を目覚めさせることができるのか”というガチンコ対決に、肥後は「聞いてないよ~!!ライオンとの対決なら武井壮呼べよ!」と本気でライオンの迫力にビビッている様子。

素手での対決はさすがに危険なため、2メートルの棒の先に各々が選んだ武器を使うことに。1番手の肥後は「やっぱりオスですから、メスには弱いはずですよ!」とメスライオンの写真を持って檻の中に。「ヤバイ、マジなやつだ!やっぱり鉄格子があるのとないのでは全然違う」とおそるおそるメスライオンの写真を近づけると、ライオンは目線で追うものの無関心。

続く上島は「ライオンといってもネコ科ですから。猫じゃらしですよ!」と言い、「「凶暴な臭いがプンプンする」と言いながら対戦。すると先ほどとは打って変わって猫じゃらしを引きちぎり、じゃれはじめたライオンの予測着かない行動に上島は声も出ず、「俺パンツ破けてる!」とかなりビビった様子。最後に“ネイチャージモン”の異名を持つ、寺門が挑戦。「今のを超えるのはもう事故しかないよ!」と言いつつも、自然や動物に詳しい寺門が武器に選んだのは風船。「(風船に)ヘラクレスって書いてある時点ですごいパワーありそう!」という寺門の言葉の通り、ライオンは風船を見るなり飛びつきあっという間に鋭い爪のワンパンチで割ってしまいます!

【10.21開催】「ヘラクレス」イベント2
これには会場中から「おぉ~!!」と驚きの声が上がり、「あの風船がもし俺だったら今頃大変だったよ」とコメントしつつも見事獰猛なライオンの闘志を目覚めさせた寺門が<最強の英雄の座>を獲得!100人を超える通行人から拍手が沸き起こった。寺門には勝者の証として、ヘラクレスと同じネメアの獅子の毛皮と鎧が贈られ、さらには神戸ビーフのヒレサーロインとフランス・シャロレー牛の赤身のプレゼントも!これには“ネイチャージモン”のスイッチが入ったのか、「この肉はね、世界を代表する肉だよ!」と饒舌に解説。

実は今回、ライオン用にもご褒美として牛肉を1キロを用意されていた。

するとMCから、「ではお互いの健闘をたたえて、皆さんの方からお肉をライオンに直接手渡ししていただきましょう!」との提案が!これには上島も「じゃあお前がやれ!!」とMCにかみつく事態に!誰がやるか押し付け合っていると肥後が、「じゃあ俺がやるよ!」とリーダーらしく立候補。

しかし、「リーダーにはやらせられないよ。俺がやる!」と寺門が手を挙げると上島が「ちょっと待てよ!俺がやるよ!」と割り込むと、すかさず二人は「どうぞ、どうぞ!」とお決まりの展開に。

ライオン「なんで俺がやるんだよ!優勝したのは寺門だろ!」と上島が強気に詰め寄り、寺門がお肉を渡すことに。檻の中へ入っていき、ライオンにお肉をほおると、ライオンは意外にもおとなしく肉を平らげた。すると肥後は「あれ?うちのネコと同じ感じだ」と言い、予想とは違うライオンの反応に「一回、寺門がライオンにかまれるシーンを撮りたいんでいいですか?」と飼育員に頼み、会場の笑いを誘った。

囲み取材ではライオンとの共演は20数年振りと明かした3人は「あの時は若かったからおいしかったけど、50過ぎて同じフレームに入るのは怖い」とコメントしつつ、「本当に何が起きるかわかんない、動物は。お約束が通じないもん。」とガチンコ対決を振り返りました。

いつもならライオンに肉を上げる役割は上島さんではとのマスコミからの問いに、「実は昨日の夜、寺門から“なんで俺がヘラクレスじゃないんだ!肉、筋肉、野生動物と言ったら俺だろ!”と電話があった」と上島が暴露!寺門は本作を見てヘラクレス気分になったよう。「観ただけで強くなれる!!」と熱く映画の見どころを語り、イベントは大盛況となりました。

ギリシャ神話最大の英雄伝説を描いた

『ヘラクレス』

は10月24日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほか3D/2Dにて全国ロードショー!

公式サイト: http://www.hercules-movie.jp/

********************************************************************


監督:ブレット・ラトナー(『XーMEN:ファイナル・ディシジョン』 『ラッシュアワー』シリーズ)
出演: ドウェイン・ジョンソン、ジョン・ハート、ジョセフ・ファインズ、イアン・マクシェーン

配給:パラマウント ピクチャーズ
© 2014 Paramount Pictures. All Rights Reserved.


ウルトラセブン東京国際映画祭スペシャルイベント!森次晃嗣も


東京国際映画祭スペシャルイベント!

10月26日(日)に『ウルトラセブン』HDリマスター2.0 Blu-ray BOX発売記念で、TOHOシネマズ日本橋にてジャパンプレミア上映&トークショーを開催されます。

当日は『ウルトラセブン』から「ウルトラ警備隊西へ」の前後編の2話を上映し、スペシャルゲストとして、『ウルトラセブン』モロボシ・ダン隊員役の森次晃嗣さん、アンヌ隊員役のひし美ゆり子さん、アマギ隊員役の古谷敏さん、満田かずほ監督、そして実写版『進撃の巨人』等を手掛けた樋口真嗣監督によるトークショーが行われます。

ウルトラセブン
ジャパンプレミア上映&トークショー開催概要

開催日:2014年10月26日(日)
会場:TOHOシネマズ日本橋 スクリーン6(東京都中央区日本橋室町2-3-1 コレド室町2 内)
20:20 登壇、トークショー
21:00 上映開始(~22:00終了予定)

<ゲスト>
森次晃嗣(『ウルトラセブン』モロボシ・ダン隊員役)
ひし美ゆり子(『ウルトラセブン』アンヌ隊員役)
古谷敏(『ウルトラセブン』アマギ隊員役)
満田かずほ(『ウルトラセブン』監督)
樋口真嗣(実写版『進撃の巨人』監督)
ウルトラセブン

因みに、オープニングレッドカーペットに、今年はウルトラヒーローたちが大集結し、国内外の豪華ゲストと共に映画祭のオープニングを飾る事も発表されてます!

こちらも楽しみです!

ウルトラ兄弟
********************************************************************


『ウルトラセブン』Blu-ray BOX(全2巻)

発売元:円谷プロダクション/販売元:バンダイビジュアル
BOX I:2014年11月21日(金)/BOX II:2015年1月28日(水)
価格:各巻29,500円(税別)
Web:http://m-78.jp/ultraseven-bd/

<キャスト>
キリヤマ隊長:中山昭二/モロボシ・ダン隊員:森次浩司/友里アンヌ隊員:菱見百合子/フルハシ・シゲル隊員:石井伊吉(現・毒蝮三太夫)/ソガ隊員:阿知波信介/アマギ隊員:古谷 敏/ヤマオカ長官:藤田 進/ウルトラセブン:上西弘次/ナレーター:浦野 光
※キャストは当時の名前で表記しています

<スタッフ>
監督:円谷 一/野長瀬三摩地/満田かずほ(※)/鈴木俊継/実相寺昭雄/飯島敏宏/安藤達己
※“かずほ”は「禾」へんに「斉」

脚本:金城哲夫/山田正弘/菅野昭彦/若槻文三/上原正三/佐々木守/市川森一/藤川桂介/南川 龍/赤井鬼介/山浦弘靖/川崎 高

(C)円谷プロ
 
 


『楽園追放 -Expelled from Paradise-』最終版予告編が解禁!


11/15より劇場上映の監督 水島精二× 脚本 虚淵玄(ニトロプラス)による完全オリジナル作品

『楽園追放 -Expelled from Paradise-』

上映まで一か月を切り、最終版予告編が解禁となりました!



物語は人類の安住の地・電脳世界ディーヴァが、謎のハッキングに侵される。ハッキングの主は、フロンティアセッターと名乗るハッキングの主。ハッキングの狙いは何かを調べるため、捜査官アンジェラは機動外骨格スーツ・アーハンを伴い、荒廃した地上へと舞い降り、地上での案内人となる調査員ディンゴとともに謎に迫ります。

最終版予告編ではアンジェラ、ディンゴの2人に焦点をあて
楽園追放
「人類の可能性とは」

「生きている自由とは」

「本当の楽園とは」

という3つのメッセージが登場。

水島精二×虚淵玄(ニトロプラス)が、この映画で伝える人の尊厳の物語を中心とした構成となっています。

その予告編を彩るのは
ELISA connect EFP
が歌う主題歌
EONIAN -イオニアン-」。

水島監督が「作品と密接な関係をもたせようと思って作った曲」と、本編と密接に関わる楽曲ということもあり、ELISA connect EFPというコラボレーションが完成した。

楽園追放_場面写メイン
全編フル3DCGで描かれるアクションシーンに釘付け!

『楽園追放 -Expelled from Paradise-』 

11.15 新宿バルト9ほか 劇場上映開始です!

公式サイト: http://rakuen-tsuiho.com/

********************************************************************


物語・・・
ナノハザードにより廃墟と化した地球。人類の多くは地上を捨て、データとなって電脳世界ディーヴァで暮らすようになっていた。西暦2400年、そのディーヴァが異変に晒されていた。地上世界からの謎のハッキング。ハッキングの主は、フロンティアセッターと名乗った。ハッキングの狙いは何か。ディーヴァの捜査官アンジェラは、生身の体・マテリアルボディを身にまとい、地上世界へと降り立つ。地上調査員ディンゴと接触しようとするアンジェラを待ち受けていたのは、地上を跋扈するモンスター・サンドウォームの群れ。
アンジェラはそれを迎え撃つため。機動外骨格スーツ・アーハンを起動する。荒廃した地上のどこかに、フロンティアセッターが潜んでいるはず。アンジェラとディンゴの、世界の謎に迫る旅が今、始まった。

アンジェラ バルザック : 釘宮理恵  
ディンゴ(ザリク カジワラ) : 三木眞一郎  
フロンティアセッター : 神谷浩史

原作 : ニトロプラス/東映アニメーション
脚本 : 虚淵玄(ニトロプラス)
監督 : 水島精二 演出 : 京田知己
キャラクターデザイン : 齋藤将嗣
プロダクションデザイン : 上津康義
メカニックデザイン : 石垣純哉
スカルプチャーデザイン : 浅井真紀
グラフィックデザイン : 草野剛
設定考証・コンセプトデザイン : 小倉信也
CG監督 : 阿尾直樹 モーション監督:柏倉晴樹
造形ディレクター : 横川和政 美術監督 : 野村正信(美峰)
撮影監督 : 林コージロー
音響監督 : 三間雅文 (テクノサウンド)
音響効果 : 倉橋静男(サウンドボックス) 音楽 NARASAKI

アニメーション制作 : グラフィニカ
企画・製作 : 東映アニメーション
© 東映アニメーション・ニトロプラス/楽園追放ソサイエティ
 
 


『ミュータント・タートルズ』日本語吹替え版声優にベッキー、泉ピン子、カンニング竹山が決定!


『ミュータント・タートルズ』日本語吹替え版声優にベッキー、泉ピン子、カンニング竹山が決定!

2015年正月第2弾 全国ロードショー!

映画『ミュータント・タートルズ』日本語吹替え版声優 決定!

ベッキー、カメと共に戦うヒロインに大抜擢!
泉ピン子、ハリウッド映画デビュー!
カンニング竹山、ネズミ役でハリウッド実写吹替初挑戦です!

ミュータント・タートルズ_日本語吹替え版声優発表
タートルズの活躍を追いかける美人TVレポーター、エイプリル役にタートルズの大ファンであるベッキーさん!

ミュータント・タートルズ エイプリルは、犯罪で危機的状況にあったニューヨークを救うために突如現れた闇のヒーローが、なんと4人のカメだったことを最初に突き止め、タートルズと行動を共にしていく役どころ。タートルズと共に戦うことになる展開にも大注目です!

ベッキーさん演じるエイプリルのTV局の上司トンプソンを演じるのは、長い女優歴でなんと今回がハリウッド映画初挑戦となる泉ピン子さん!トンプソンは、街を救うヒーローの正体がカメだとエイプリルが主張しても、一向に取り合わない厳しい上司役。

そして

タートルズの師匠でありネズミのスプリンター役にカンニング竹山さん!スプリンターは、忍術の達人であり、タートルズ4兄弟の育ての親の役どころです。

コメント全文が届いています!

ベッキー/エイプリル役<TVレポーター/ミーガン・フォックス>
「ミュータント・タートルズは小さい時から大好きでアニメやゲームにもはまっていたので、声優のお話を頂いて嬉しかったです!ストーリーも聞かずに「やります!」と引き受けました。ミーガン・フォックスは世界一セクシーな女性にも選ばれた女優さんなのでプレッシャーもありますが・・・、大人っぽく演じられるように頑張ります!」

泉ピン子/トンプソン役<TV局の上司/ウーピー・ゴールドバーグ>
「ハリウッド映画デビューです!ウーピー・ゴールドバーグは私がもっとも好きな役者さんなので、(声優オファーを受けて)「ウソでしょ?」と驚きました。主人からウーピーのような役ができるといいねと結婚当時に言われたこともあるくらい。憧れの人の声を演じるので緊張しています。」

カンニング竹山/スプリンター役<タートルズの師匠>
「ネズミの役と言われて・・・、どういう声にしようか、どんな風に存在感を出せばいいのか・・・、すごくちょっと考えています。タートルズにとってお父さん代わりの役なので、貫禄が出せるように頑張りたいと思います。」

********************************************************************


『ミュータント・タートルズ』
原題:Teenage Mutant Ninja Turtles
公式HP: www.TURTLES-movie.jp
ミュータント・タートルズ_ポスター 物語・・・
ニューヨークは、犯罪と暴力で壊滅的な危機にあった。平和と正義を取り戻すため、市民は本当のヒーローの出現を待ち望んでいた――。そんなとき、悪の手から人々を守る何者かが現れた。夜の闇に巧みに隠れて、その正体はわからないヒーローたち。チャンネル6のTVレポーター、エイプリル(ミーガン・フォックス)はある夜、闇のヒーローの大スクープ写真をカメラに収めることに成功。ヒーローの正体はなんと4人のカメ(=タートルズ)だった!リーダーのレオナルド、暴れん坊のラファエロ、ITメカオタクのドナテロ、お調子者のミケランジェロの4兄弟が繰り広げるド派手×ド迫力×ド肝を抜くアクション・アドベンチャー!

製作:マイケル・ベイ(『トランスフォーマー』シリーズ)
監督:ジョナサン・リーベスマン(『タイタンの逆襲』、『世界侵略:ロサンゼルス決戦』)
脚本:ジョシュ・アッペルバウム&アンドレ・ネメック(『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』)
原作:ケヴィン・イーストマン&ピーター・レアード
出演:ミーガン・フォックス、ウィル・アーネット、ウィリアム・フィクトナー、ウーピー・ゴールドバーグ