「アクション」カテゴリーアーカイブ

アイアンマン


アイアンマン



その強さ、装着! 史上最もセレブなメカ・アクション・ヒーロー登場!!

【ストーリー】
自社兵器のデモ実験に参加したトニー・スタークは、テロ組織に拉致され兵器の開発を強要されてしまう。
だが天才発明家でもある彼は、敵の目を盗み、戦闘用パワードスーツを作り出し脱出に成功。
その後、自社兵器がテロ組織に悪用されていたことを知り愕然としたトニーは、最先端の技術を駆使し、圧倒的な破壊力を持つ新たなパワードスーツを開発。
テロを撲滅するため“アイアンマン”となり、命をかけて戦うことを決意する!



Iron Man, the Movie  2008 MVL Film Finance LLC. Iron Man, the Character: TM &
(C) 2008 Marvel Entertainment. All Rights Reserved.


アイアンマン2



【ストーリー】
自らアイアンマンであることを告白した大企業スターク・インダストリーのCEO、トニー・スターク。
そんな彼に新たな危機が迫っていた。まず、米国政府がパワードースーツの没収を命令。そして、彼に恨みを抱く謎の男“ウィップラッシュ”が一撃で車を真っ二つにする電流ムチを携えて現れ、ライバルの武器商人ハマーも独自のパワードスーツを開発する。そんな中、胸に埋め込んだエネルギー源“リアクター”の影響でトニーの体は蝕まれていき……。



【キャスト(声の出演)】
トニー・スターク………ロバート・ダウニー・Jr.(藤原啓治)
ペッパー・ポッツ………グウィネス・パルトロウ(岡寛恵)
ローディ ………………ドン・チードル(目黒光祐)
ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドー…スカーレット・ヨハンソン(佐古真弓)
イワン・ヴァンコ/ウィップラッシュ…ミッキー・ローク(菅生隆之)
ジャスティン・ハマー…サム・ロックウェル(森川智之)
ニック・フューリー ……サミュエル・L・ジャクソン(手塚秀彰)

監督: ジョン・ファヴロー
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン


「009 RE:CYBORG」試写会に行ってきた


単行本発行1000部を超えるSF・サイボーグ漫画の原点「サイボーグ009」。

天才、石ノ森章太郎が終わらせることができなかった未完の傑作を『攻殻機動隊S.A.C.』『東のエデン』の神山健治が完全オリジナルストーリーにて『009 RE:CYBORG』を制作。

9月下旬、米国カルフォルにア州にあるジョージ・ルーカスのスタジオ「スカイウォーカーサウンド」にて最終の音響効果を終えたばかりの作品を試写してきましたのでレポートを。

「009 RE:CYBORG」は10月27日(土) 全国公開されます。
映画『009 RE:CYBORG』 試写会に行ってきた
10月27日(土) 2D/3D 全国公開 
「009 RE:CYBORG」世界を救った9人が再び集結するとき、「正義」は終わる
<STORY>
物語の舞台は、2013年の現在。
ロンドン、モスクワ、ベルリン、ニューヨーク、上海・・・・・・大都市の超高層ビルが次々と崩壊するという、同時多発爆破事件が発生。いつ、誰の意思で計画されたかもわからない無差別テロは、世界を不安とパニックに陥れていた。
  
かつて世界が危機に陥るたびに、人々を救った9人のサイボーグ戦士がいた。その役目を終え、各々の故国に帰っていたゼロゼロナンバーサイボーグ達は生みの親であるギルモア博士からの呼びかけによって、再び結集しようとしていた。一方、ゼロゼロナンバーサイボーグのリーダーである日本人、009こと島村ジョーは、過去の記憶を消し、東京・六本木でひとり暮らしていた。サイボーグ戦士最後の切り札であるジョーは、ギルモア博士によって30年間、3年に一度、記憶をリセットされ高校3年間を繰り返していたのだ。
   
全世界同時多発爆破事件の犯人とは?ヒーロー不在の時代、彼らは、誰がために戦うのか?
彼らが立向かう、新たな時代の「正義」とは? ジョーの記憶が呼び覚まされた時、ゼロゼロナンバーサイボーグの、新たな戦いが始まる!



■キャスト
宮野真守(009:島村ジョー役)、小野大輔(002:ジェット・リンク役)、
斎藤千和(003:フランソワーズ・アルヌール役)、
大川透(004:アルベルト・ハインリヒ役)、丹沢晃之(005:ジェロニモ・ジュニア役)、増岡太郎(006:張々湖役)、吉野裕行(007:グレート・ブリテン役)、杉山紀彰(008:ピュンマ役)、
玉川砂記子(001:イワン・ウイスキー役)、勝部演之(ギルモア博士役)
■原作:石ノ森章太郎 ■脚本・監督:神山健治 ■音楽:川井憲次 
■キャラクターデザイン:麻生我等

■絵コンテ:青木康浩、林祐一郎 ■アニメーションディレクター:鈴木大介 ■演出:柿本広大 
■リードアニメーター:植高正典 ■美術設定:渡部隆、滝口比呂志 ■美術監督:竹田悠介 
■色彩設計:片山由美子
■撮影監督:上薗隆浩 ■サウンドデザイナー:トム・マイヤーズ 
■ラインディレクター:川端玲奈 
■制作プロデューサー:松浦裕暁 ■製作プロデューサー:石川光久 
■プロデューサー:石井朋彦  ■上映:2D・3D併用 
■共同制作:Production I.G/サンジゲン ■配給:Production I.G/ティ・ジョイ 
©2012「009 RE:CYBORG」製作委員会 


映画『009 RE:CYBORG』  10月27日(土) 2D/3D 全国公開
*********************************************************

マクロスシリーズ


鉄ちゃんでサイボーグ009好きの方々へ


鉄ちゃんで009好きの方々へ

『009 RE:CYBORG』オリジナル1日乗車券発売です!

サイボーグ009の新作公開を記念して、
『009 RE:CYBORG』公開 記念 横浜市営地下鉄クイズラリーを実施が決定致しました。

世界平和を守るサイボーグ戦士と、地下鉄の平和な運行を遂行する横浜市営地下鉄の、コラボレーションが実現です。!

イベント内容は次の3つ!
①『009 RE:CYBORG』市営地下鉄クイズラリー
~回らなければ、始まらない!
②『009 RE:CYBORG』が市営地下鉄をジャック! 
③『009 RE:CYBORG』オリジナル1日乗車券発売!
  
詳細は下に載せておきます!

『009 RE:CYBORG』は10月27日(土)全国公開
~かつて世界を数々の危機から救った9人のサイボーグ戦士がいた~
終わらせなければ、始まらない。


************* EVENT **************


地下鉄の平和な運行を遂行する横浜市交通局と9人のサイボーグ戦士のコラボレーション イベント!

<1> 『009 RE:CYBORG』市営地下鉄クイズラリー ~回らなければ、始まらない!
■実施期間 :10月12日(金)~11月18日(日)
■ 実施内容:キーワードを集めて豪華賞品をGET!
市営地下鉄5駅(横浜駅、桜木町駅、関内駅、上大岡駅、戸塚駅)に設置するキャラクターポスター記載のキーワードを集めよう。キーワードをすべて集めるとクイズが完成!横浜ブルク 13 で映画『009 RE:CYBORG』を見て、クイズに答えると『009 RE:CYBORG』オリジナル グッズを抽選でプレゼント!!

◆ラリーシートに、クイズの答えと映画チケットの半券を貼って、横浜ブルク 13 に設置する抽選箱に投函し、応募してください。(ラリーシートは、キャラクターポスターが設置する地下鉄5駅のほか横浜ブルク 13 で配付します。)
◆市営地下鉄5駅に設置するキャラクターは、横浜市交通局ホームページ等で順次発表します。

【豪華賞品】
A: 神山健治監督サイン入りキャラクターポスター9枚セット
B:『009RE:CYBORG』オリジナルTシャツ ほか映画オリジナルグッズ
   
★さらに!横浜市営地下鉄限定オリジナル画像をGET!!
★ 市営地下鉄5駅(横浜駅、桜木町駅、関内駅・A上大岡駅、戸塚駅)に設置するキャラクターポスターについている QR コードを読み取ると、市営地下鉄でしか手に入らない 『009 RE:CYBORG』オリジナル画像が手に入ります。
◆オリジナル画像は、キャラクターポスターごとに異なります。
   
<2>『009 RE:CYBORG』が市営地下鉄をジャック!  
◆市営地下鉄「横浜駅」が『009 RE:CYBORG』キーステーションに!!
市営地下鉄「横浜駅」のホームドアを『009 RE:CYBORG』がジャックするほか、ゼロゼロナンバーサイボーグが描かれたポスターが横浜駅の柱や壁面に掲出され、横浜駅が『009 RE:CYBORG』一色に染まります。

■掲出期間:10 月4日(木)~10 月 31 日(火)※壁面ポスターは、10 月 11 日(木)~11 月 18 日(日)まで掲出予定

◆『009 RE:CYBORG』列車運行
 市営地下鉄ブルーラインの「はまりん号」を『009 RE:CYBORG』がジャックします。地下鉄に乗って映画『009 RE:CYBORG』の世界を体感してください!!

■運行期間:10 月 16 日(火)~11 月5日(月)

<3> 『009 RE:CYBORG』オリジナル1日乗車券発売!
映画の公開を記念しクイズラリー実施期間中、『009 RE:CYBORG』オリジナル市営地下鉄1日 乗車券を限定発売します。

■オリジナル1日乗車券購入者には、もれなく映画オリジナルポストカードをプレゼント
オリジナル1日乗車券を使って、クイズラリーを回ろう!!

■ 販売場所: 市営地下鉄「横浜駅」「関内駅」「上大岡駅」「戸塚駅」 の4駅限定
■販売枚数 :1,000 枚限定
■販売価格 :大人券 740 円 ※大人券のみの販売となります。

***********************************


『009 RE:CYBORG』10月27日(土)全国公開


■キャスト
宮野真守(009:島村ジョー役)、小野大輔(002:ジェット・リンク役)、斎藤千和(003:フランソワーズ・アルヌール役)、大川透(004:アルベルト・ハインリヒ役)、丹沢晃之(005:ジェロニモ・ジュニア役)、増岡太郎(006:張々湖役)、吉野裕行(007:グレート・ブリテン役)、杉山紀彰(008:ピュンマ役)、玉川砂記子(001:イワン・ウイスキー役)、勝部演之(ギルモア博士役)

■原作:石ノ森章太郎 ■脚本・監督:神山健治 ■音楽:川井憲次 
■キャラクターデザイン:麻生我等 ■絵コンテ:青木康浩、林祐一郎 ■アニメーションディレクター:鈴木大介 
■演出:柿本広大 ■リードアニメーター:植高正典 ■美術設定:渡部隆、滝口比呂志 ■美術監督:竹田悠介 
■色彩設計:片山由美子■撮影監督:上薗隆浩 ■サウンドデザイナー:トム・マイヤーズ 
■ラインディレクター:川端玲奈 ■制作プロデューサー:松浦裕暁 
■製作プロデューサー:石川光久 ■プロデューサー:石井朋彦  
■上映:2D・3D併用 
■共同制作:Production I.G/サンジゲン 
■配給:Production I.G/ティ・ジョイ 
©2012「009 RE:CYBORG」製作委員会 


神山健治な「009 RE:CYBORG」予告編が解禁!


~かつて世界を数々の危機から救った9人のサイボーグ戦士がいた~
終わらせなければ、始まらない。

『009 RE:CYBORG』本予告編が初解禁になりました~!!

最新映像と川井憲次による音楽、宮野真守&小野大輔&斎藤千和を始めとする主要キャラクターの声も続々解禁です!



「サイボーグ009」は単行本発行部数1,000万部を超えるSF・サイボーグ漫画の原点。

天才・石ノ森章太郎が終わらせることが出来なかった未完の傑作を『攻殻機動隊S.A.C.』『東のエデン』の神山健治が、日本最高峰のスタッフと共に、完全オリジナルストーリーのアニメーション映画に挑みます。

サイボーグ009こと島村ジョー(宮野真守)VS サイボーグ002ジェット・リンク(小野大輔)が、空中でのバトルで、お互いの正義を主張しぶつかり合うシーンや、サイボーグ003フランソワーズ(斎藤千和)が、ジョーを信じようと語りかける台詞が初解禁されています。

そして、ゼロゼロナンバーサイボーグの生みの親・ギルモア博士のビジュアルとキャストも解禁されてます。ギルモア博士を演じるのは、数々のテレビ・映画で重要な役を演じ続けてきた、俳優の勝部演之さん。ギルモア博士が口にした「君は本当に、あの島村ジョーなのか?」という台詞の意味とは……?

人類を終わらせようとする「彼の声」とは?ゼロゼロナンバーサイボーグが立ち向かう、新たな時代の「正義」とは?

わくわくな全国公開は10月27日(土)です!


<謎が深まる数々の予告編映像!!>
・爆破テロを受け、崩壊する上海!
・ジョーを殴るジェロニモの姿!
・「君は、本当にあの島村ジョーなのか?」と疑念の目でジョーに銃を向ける、ギルモア博士!
・爆撃を受ける六本木ヒルズと、うつろな目で「”彼の声”に従って正義をなさなければならない」と語るジョーの姿。
・正義について主張をぶつけ合いながら、空中で戦いを繰り広げるジョーとジェットの姿!

<次々に明らかになる最新アニメーションによって描かれる、各サイボーグの能力>
“001の超能力”、”002の超音速飛行”、”003の索敵”、”004の全身兵器”、”005の剛力”
“006の火炎放射”、”007の変身”、”008の深海活動”そして、”009の加速装置”。

今回の予告編では、
人類を滅ぼそうとする”彼の声”に従い、世界中で多発する無差別テロ。六本木ヒルズが爆破される中で主役であるはずの島村ジョーまでが、その声に従って”正義”をなそうとする姿。そんな彼に疑惑の目を向け、彼に銃を向ける生みの親のギルモア博士。殴り掛かるジェロニモ。空中で”正義”についてぶつかり合うジョーとジェットの姿が描かれている。

人類を終わらせようとする「彼の声」とは?
ゼロゼロナンバーサイボーグが立ち向かう、新たな時代の「正義」とは?

■『009 RE:CYBORG』米国・スカイウォーカーサウンド音響制作中!

現在神山監督は、米国・サンフランシスコにある、スカイウォーカー・サウンドで音響制作の最終段階に入っている。 今回、スカイウォーカー・サウンドで作業が行われる事になったのは、昨年行われた製作発表時に公開された映像を観て、スカイウォーカー・サウンドのトム・マイヤーズ氏が「ぜひ参加したいとラブコールを送ってきた事がきっかけだった。 現在、神山監督は日々、音響の作業を行いながら、日本と3D映像の調整を同時進行で進めている。公開まで一ヶ月を切った「009 RE:CYBORG」。製作現場も”加速装置オン”で進行中だ。

<神山建治監督コメント>
今僕は、米国・スカイウォーカーサウンドで、音響の最終作業を続けています。
2D映像はすでに完成し、3D立体視映像制作がまさに佳境を迎え、東京のスタッフと回線をつなぎながら、最後の仕上げを行っています。

企画から2年、スタッフと共に映像を作り始めてから1年、ようやく『009 RE:CYBORG』が、目の前にその姿を現そうとしています。2Dのセルアニメーションのルックでありながら、全て3DCGで作られたキャラクターが、スクリーンの向こうに広がる空間で生き生きと動く様に、これまで誰も観た事のない映像ができつつあるという確信が高まりつつあります。
スタッフが作り上げた映像、そして世界最高峰の音響を、ぜひ10月27日(土)、全国の劇場でご覧頂ければ幸いです。

世界を救った9人が再び集結するとき、「正義」は終わる。


<STORY>
物語の舞台は、2013年の現在。
ロンドン、モスクワ、ベルリン、ニューヨーク、上海・・・・・・大都市の超高層ビルが次々と崩壊するという、同時多発爆破事件が発生。いつ、誰の意思で計画されたかもわからない無差別テロは、世界を不安とパニックに陥れていた。

かつて世界が危機に陥るたびに、人々を救った9人のサイボーグ戦士がいた。その役目を終え、各々の故国に帰っていたゼロゼロナンバーサイボーグ達は生みの親であるギルモア博士からの呼びかけによって、再び再結集しようとしていた。

一方、ゼロゼロナンバーサイボーグのリーダーである日本人、009こと島村ジョーは、過去の記憶を消し、東京・六本木でひとり暮らしていた。サイボーグ戦士最後の切り札であるジョーは、ギルモア博士によって30年間、3年に一度、記憶をリセットされ高校3年間を繰り返していたのだ。

全世界同時多発爆破事件の犯人とは?ヒーロー不在の時代、彼らは、誰がために戦うのか?

彼らが立向かう、新たな時代の「正義」とは? ジョーの記憶が呼び覚まされた時、ゼロゼロナンバーサイボーグの、新たな戦いが始まる!

■公式HP
http://www.ph9.jp

■キャスト
宮野真守(009:島村ジョー役)、小野大輔(002:ジェット・リンク役)、斎藤千和(003:フランソワーズ・アルヌール役)、大川透(004:アルベルト・ハインリヒ役)、丹沢晃之(005:ジェロニモ・ジュニア役)、増岡太郎(006:張々湖役)、吉野裕行(007:グレート・ブリテン役)、杉山紀彰(008:ピュンマ役)、玉川砂記子(001:イワン・ウイスキー役)、勝部演之(ギルモア博士役)

■原作:石ノ森章太郎
■脚本・監督:神山健治
■音楽:川井憲次
■キャラクターデザイン:麻生我等
■絵コンテ:青木康浩、林祐一郎
■アニメーションディレクター:鈴木大介 ■演出:柿本広大
■リードアニメーター:植高正典 ■美術設定:渡部隆、滝口比呂志
■美術監督:竹田悠介 ■色彩設計:片山由美子
■撮影監督:上薗隆浩 ■サウンドデザイナー:トム・マイヤーズ
■ラインディレクター:川端玲奈
■制作プロデューサー:松浦裕暁 ■製作プロデューサー:石川光久
■プロデューサー:石井朋彦 ■上映:2・c・3D併用
■共同制作:Production I.G/サンジゲン
■配給:Production I.G/ティ・ジョイ
©2012「009 RE:CYBORG」製作委員会

映画『009 RE:CYBORG』 10月27日(土) 2D/3D 全国公開


『ボーン・レガシー』 “最高機密漏洩”イベント開催!


ボーン・レガシー
9月28日(金)TOHOシネマズ 日劇ほか全国ロードショー
『ボーン・レガシー』 “最高機密漏洩”イベント開催!されました。

9/28公開の最新作は、シリーズのジェイソン・ボーンの死闘の裏側で[同時進行]していた、更に巨大な陰謀の存在を明らかにしていきます。

最高機密である“暗殺者養成プログラム”がボーンによって暴露されたことで、計画に関わる全ての人間の抹殺指令が下されるところから本作はスタートします。

そんな絶対に誰にも知られてはいけない最高機密を持っていそうな豪華ゲスト
にお集まりいただき、本日【9月27日(木)】に公開記念イベントを行なわれました!


豪華ゲストには、オネエ界からミッツ・マングローブさん、
政界からは杉村太蔵さん、さらについ先日、「キングオブコント2012」
で優勝したばかりのバイきんぐのお二人にも緊急参加いただきました。

さらにCIAエージェントに扮したハイキングウォーキングがMCを務め、
とっておきの最高機密を根ほり葉ほり聞き出しました。

□============================================□


『ボーン・レガシー』 公開記念特別イベント
◆日程:9月27日(木)
◆会場:ペニンシュラ東京 3F ザ・ギンザボールルーム(住所:千代田区有楽町1-8-1)

◆出演者:ミッツ・マングローブさん、杉村太蔵さん、バイきんぐ(小峠英二、西村瑞樹)
◆MC:ハイキングウォーキング(鈴木Q太郎、松田洋昌)

◆進行:襟川クロ

公開を翌日に控えた『ボーン・レガシー』の公開記念イベントとして、各界の機密情報を保持して
いそうな“旬”の方々をゲストにお迎えしてとっておきの機密情報を聞き出しました。

CIA内部調査局銀座支部の局員に扮したハイキングウォーキングのお二人が場内のモニターに登場し、杉村太蔵さんからは政界の機密情報、ミッツ・マングローブさんからは芸能界の機密情報、そして先日行われた「キングオブコント2012」で見事優勝したバイきんぐのお二人から、とっておきの機密情報(メディア初披露コント)を聞き出すことに成功、しかしそれぞれの内容があまりに危険すぎるので映画同様機密を全消去しました。

松田洋昌さん(エージェントM:以降M):CIA内部調査局銀座支部へようこそ。
我々のミッションは各界の最高機密を暴きそして全消去することである。

鈴木Q太郎さん(エージェントQ:以降Q):最初の者入りなさい。

M:スーツの方名前は?

杉村太蔵さん:杉村太蔵です。

M:どこの組織に属する?

杉村さん:かつては国権の最高機関に属していましたが、
今は杉村事務所です。

M:社長か。政界の裏事情に詳しいらしいな。永田町の最高機密はあるか??

杉村さん:ええ、かつて所属していましたから。
解散総選挙について任期満了までない、衆参同時になるでしょう。
“私の知り合いのノダさん”から聞きました。

M:そのノダさんとは??

杉村さん:それは最高機密です。

M:安部新総裁についての機密は??

杉村さん:安部さんは……オナカが痛くなってしまうのでカレーライスが食べられませんでした。
そのかわり、ハヤシライス大好きです。今はいい薬ができてカレーライスも食べられるようですが。

Q:他にはあるか?全部出し切るのだ!!

杉村さん:私の知り合いのコイズミさんに若い彼女ができました。
あくまでも“私の知り合いのコイズミさん”です!
これ以上の最高機密を暴露すると、本当に消されてしまいます。

M:このくらいにしといてやろう。
次、白い巨塔。名前は?

ミッツ・マングローブさん:ミッツ・マングローブです。

M:本名は??

ミッツさん:最高機密です。

Q:みんなそれで逃げるな。

M:芸能界の裏事情に詳しいらしいな。有名人の最高機密を話せ

ミッツさん:うちのおじさん(徳光和夫)と福留さんは本当に仲が悪いみたいよ。
みのさんとはそこそこ。時々年賀状が途切れるみたいだけど……。

M:他もっと芸能界を震撼させる最高機密はないか?

ミッツさん:おとといマツコ・デラックスさんと電話したんだけど……貯金額が意外と少なかったわ。
ほとんどピザの生地の方に費やしてるんじゃない??

M:よし、これくらいにしてやろう。
お前たちの最高機密を全消去する。

Q:次の者入りなさい。

M:名前は?

バイきんぐ:私たちはバイきんぐです。

M:知らん、何者だ??

バイきんぐ:「キングオブコント2012」のチャンピオンです。

M:スチールカメラマンの方フラッシュ撮影はここまでだ。

バイキング(小峠):いや、もっとフラッシュ浴びたいです!

M:小峠、まぶしいからヤメロ!下を向くな!
では自分たちの最高機密を話せ!

バイきんぐ(小峠):焼き肉の食べ放題にいって頼みすぎて残してしまい、
(給料も少なかったので)罰金を払うのが嫌で肉をジーパンのポケットに入れて持って
出てしまったことがあります。

バイきんぐ(西村):マネージャーさんたちと4人で飲みに行って、マネージャーさんが先に帰るとき
このカードで払っておいてといわれ、調子に乗ってその後おっぱいパブもカードで
払ってしまったことがあります。もちろんその後全額搾り取られました。

M:もっと一般人を震撼させる最高機密はないか?

バイきんぐ:ええと、今日メディアで初披露するコントがあります。

M:よしわかった。やってみろ!

※ここでバイきんぐ新ネタ披露

M:よし、これくらいにしてやろう。
お前たちの最高機密を全消去する。

MC(襟川クロ):はい、ハイキングウォーキングのお二人もありがとうございました。
どうぞこちらの方へ出てきてください。見事なCIAっぷりでしたね。

ハイキングウォーキング:なり切りました!

MC(襟川クロ):お二人の最高機密はありますか??

M:あります!!Q太郎は結婚しているんですけど、おととい家に帰らずホテルに泊まっていました。

Q:ちょっと!ちょっと!!
それは、違いますよ!

M:あとQ太郎は大阪で仕事があるときに名古屋に前のり……。

Q:名古屋!そう私は名古屋が好きなんです!!ひつまぶしね、ひつまぶし!大好きなんです。

MC(襟川クロ):なんだかまだまだありそうですね?松田さんの最高機密は?

Q:う?んこいつは隠すからなんにもないですね!!

M:僕は妻を愛していますからね。

MC(襟川クロ):とっておきの最高機密はありますか??

ハイキングウォーキング:そうそう、とっておきの機密があります!
映画『ボーン・レガシー』は明日9月28日(金)から公開です。

?以下囲み取材?

ミッツさん:『ボーン・レガシー』は雪山とかビルの間とかを飛び降りるシーンが
良かった。大きなスクリーンで観る迫力が違うわよ。
バイきんぐは急に収入が増えて、パッと使っちゃうと次期の住民税とか大変よ!

杉村さん:『ボーン・レガシー』シリーズ最高傑作ですよね!今作はマニラも舞台になっていたりして
チェイスシーンの迫力が凄かったです。バイきんぐ賞金一千万円獲得されたんですよね。
凄いですよね!でも油断していると税金で3割持って行かれるし大変ですよ。
安部さんが新総裁になること予想していました。僕も票読みくらいするんですよ。
最近もっぱらの情報源は読売新聞です。政界の機密、一つありました。
最近野田さんが訪米した際にも使用していた政府専用機は……喫煙なんです。(周囲が少し感心)

ハイキングウォーキングさん:『ボーン・レガシー』はアクション満載でとにかく“逃げる映画”です!
すごい迫力でした。
バイきんぐさんのコント面白かったです。さすがチャンピオン、あと10分は見ていたかった。
僕(Q太郎)の持っている機密情報なんて皆さん名前も知らない若手芸人のものとかなので、使い道ないですよ(笑)。

バイきんぐさん:いやいや、この状況であと10分はキツいですよ。
ウケたんで良かったですけど、みんなかっちりしている衣装なのに僕(小峠)だけ、ジャージのハーフパンツですよ!
(小峠)賞金の使い道は生活費にうすく溶かしていこうと思うのですが、
後輩7人を海外旅行に連れて行く約束をしているんです(笑)。
僕(小峠)はスギちゃんのこと先輩なので杉山さんと呼んでいて、先日入院されていた時お見舞いに行ったのですが、
あまりに暇だったんでしょうか姫路城と安土城の2つのプラモがありました。
帰りに送ってくれるとき歩行器で来てくれたんですが、ハーレーにしかみえませんでした(笑)。
もし相方の機密を握ったら 僕(小峠)はブログに書きます。僕(西村)は墓場まで持っていきます。
苦節16年と思われるかもしれませんが、コントの趣向を変えボケとツッコミを入れ替えた
3年くらい前から調子が良くなってきたと思います。なんか最後に真面目な感じですみません(笑)

———————————————————


『ボーン・レガシー』

■原題:THE BOURNE LEGACY
■監督・脚本:トニー・ギルロイ 『ボーン・アイデンティティー』、『ボーン・スプレマシー』、『ボーン・アルティメイタム』
■製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、ジェフリー・M・ワイナー、ベン・スミス
■出演:ジェレミー・レナー 『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』、『ハート・ロッカー』
エドワード・ノートン 『ファイト・クラブ』、『レッド・ドラゴン』
レイチェル・ワイズ 『ナイロビの蜂』 ※アカデミー助演女優賞受賞
ジョアン・アレン 『ボーン・スプレマシー』、『ボーン・アルティメイタム』
アルバート・フィニー 『ボーン・アルティメイタム』
デヴィッド・ストラザーン 『ボーン・アルティメイタム』
スコット・グレン 『ボーン・アルティメイタム』
■配給:東宝東和

<ボーン>3部作が切り拓いたアクション映画の新境地は”通過点”に過ぎなかった─。

今回の物語の主役であり、ボーンを凌ぐ「最強の暗殺者」アーロン・クロスを演じるのは大ヒットアクション超大作『ミッション・インポッシブル:ゴースト・プロトコル』で凄まじいアクション能力を全世界に見せつけたジェレミー・レナー。さらに、ジョアン・アレンやデヴィッド・ストラザーンといったシリーズの重要人物が再登場し、極秘プログラムを影でコントロールするリック・バイヤー役としてエドワード・ノートンが、そして政府の極秘計画に携わる医師・マルタ役でレイチェル・ワイズが新たに登場。<ボーン>シリーズが更なる進化を遂げる。


CIA最高機密が漏洩した時、国家はすべてを”遺産<レガシー>”にする。

記憶を失い、愛する者を奪われた最強の元暗殺者”ジェイソン・ボーン”とCIAとの死闘を描いたこのシリーズは、『ボーン・アルティメイタム』によって完結。暗殺者養成のCIA極秘プログラム<トレッドストーン計画>は白日の下に晒され、国家の陰謀は崩壊したはずだった。─しかし、最高機密の漏洩をきっかけに、裏では巨大で恐ろしい陰謀が進行していた・・・。
リック・バイヤー(エドワード・ノートン)は、このジェイソン・ボーンの機密漏洩によって生じた危機的状態が、CIA長官の身に及ぶ事態を回避するため、プログラムの存在そのものを「抹消」する事を決定。生み出された最高の暗殺者たちと、関わった全ての人物を恐るべき手段で次々と抹殺していく・・・。
高度な遺伝子操作と人格改造で、ジェイソン・ボーンを遥かに凌ぐ能力を身に着けた暗殺者アーロン・クロス(ジェレミー・レナー)は、執拗に命を狙う追撃者と対峙しながら、同じ境遇となった医師・マルタ(レイチェル・ワイズ)の情報を頼りに打開策を模索していく。しかしその戦いは、自らの身体に仕組まれた秘密と、驚愕の過去の真実を明らかにするものでもあった─。果たして、ジェイソン・ボーンの死闘の裏側で一体何が繰り広げられていたのか─?CIA最高機密となっていた巨大な陰謀のすべてが遂に明かされる。