「アクション」カテゴリーアーカイブ

「4分でわかる仮面ライダーアマゾンズ」特別映像公開!


映画情報どっとこむ ralph 2016年よりAmazonプライム・ビデオ配信限定でスタートした「仮面ライダーアマゾンズ」シリーズは、タンパク質を好み食人本能を有する人工生命体“アマゾン”が潜伏する世界を舞台に、2人の仮面ライダーの壮絶な戦いを描いた人間ドラマ。

過激な描写やハードなアクションから「異色の仮面ライダー」と大きな話題を呼びました。

その完結作が満を持して、5月19日(土)に『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』として、仮面ライダー史上初の“4D上映”中心として劇場公開されます。


映画情報どっとこむ ralph そんな本作の公開直前にアマゾンズの歴史を一気に総ざらい!と銘打った、『4分でわかる仮面ライダーアマゾンズ』が公開されました。

「仮面ライダーアマゾンズ」を見たことがない初心者も4分でアマゾンズの全てがわかる特別映像となっています。期間限定で5月5日(土)より劇場公開された『劇場版 仮面ライダーアマゾンズ Season1 覚醒』、5
月12日(土)より公開された『劇場版 仮面ライダーアマゾンズ Season2 輪廻』から選りすぐりの映像で構成、さらに5月19日(土)に公開される『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』から初出しシーン
を含むスペシャル映像も収録したファン必見の特別映像に上がりました。



また、ナレーションはSeason1から最新作まで全てのシリーズに出演している、駆除班リーダー志藤誠役の俊藤光利が担当。

「仮面ライダーアマゾンズ」の全てを見てきた男が、魂を込めて熱弁を奮いました!今回がナレーション初挑戦だった

俊藤さん:3年間やった思い入れのある作品なので、自然に感情を込めてできました。


と撮影当時を思い出しながら収録を楽しんでいたそうです。

映画情報どっとこむ ralph そして!

入場者プレゼント決定!
入プレだけの完全オリジナルビジュアル!

全国合計10万枚限定!

<「最後ノ審判」限定“最後ノ”A4ミニポスター>劇場へ急げ!
※劇場により数に限りがあり、なくなり次第終了となります。
※ビジュアルは実物と異なる場合がございます

『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』

5月19日(土) ROADSHOW

***********************************


【画像コピーライト】
劇場版「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会
Ⓒ石森プロ・東映
【映像コピーライト】
©2018劇場版「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会

監督:石田秀範
脚本:高橋悠也
監修:小林靖子
出演:藤田富 谷口賢志 武田玲奈 東亜優 三浦孝太 俊藤光利 籾木芳仁 田邊和也 宮原華音 勝也 / 姜暢雄 国府田聖那
/神尾佑 加藤貴子 藤木孝
   


「ジュラシック・パーク 25周年セレブレーション」inハリウッド!


映画情報どっとこむ ralph 全世界のトータル興行収入は16億7000万ドルを突破、日本でも2015年度公開映画の“年間興行収入No.1”となるメガ・ヒットを記録した『ジュラシック・ワールド』!そして2018年、シリーズ最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が、7月13日(金)にいよいよ日本上陸を果たします!

スティーヴン・スピルバーグが最初に“恐竜”に 命をふきこみ、映画史に偉大な足跡を残した『ジュラシック・パーク』。

1993年6月11日に全米公開されてから今年で25周年となることと、最新作の公開を祝い、アメリカのユニバーサル・スタジオ・ハリウッドでは「ジュラシック・パーク 25周年セレブレーション」が行われました!!
6月11日の25周年記念日に先駆けて、5月11日(金)~13日(日)の3日間にわたり実施された本イベントには、ジュラシック・パークの創立者であるジョン・ハモンドや、グラント博士、また最新作に出演することが話題になっているマルコム博士のほかに1作目で大失態を引き起こしたジュラシック・パークのプログラマーのデニスなど… “ジュラシック”シリーズに登場する好きなキャラクターのコスプレに身を包んだ超ディ~プなファン達が大集結しました!

映画情報どっとこむ ralph Jurassic Park 25th Anniversary Celebration

実施(現地時間):5月11日(金)~5月13日(日)
場所:ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド
ステージイベント出席者:
ホスト/コリン・トレボロウ

[1日目]
デニス・ミューレン(『ジュラシック・パーク』VFXスーパーバイザー)
ディーン・カンディ(『ジュラシック・パーク』撮影監督)
ジョン・T・クレッチマー(『ジュラシック・パーク』アシスタント・ディレクター)

[2日目]
ローラ・ダーン
フランク・マーシャル(プロデューサー)
ジャック・ホーナー(『ジュラシック・パーク』テクニカル・アドバイザー)

[3日目]
ジェフ・ゴールドブラム
ジョン・T・クレッチマー(『ジュラシック・パーク』アシスタント・ディレクター)
ジョン・ローゼングラント(『ジュラシック・パーク』アニマトロニクス/レガシー・エフェクト)

映画情報どっとこむ ralph イベントでは、ハリウッドの映画監督が使用する試写室と同様の画質、音質、快適性を提供する“ユニバーサルシネマ”で、25年前のシリーズ1作目である『ジュラシック・パーク』のIMAX上映を堪能するだけでなく、最新作である『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の最新映像を鑑賞!

さらにはシリーズに登場する歴代のジープや恐竜の化石の展示、
25周年限定の特別グッズの販売など、シリーズファン垂涎モノのコンテンツの数々が満載!
夜にはDJによる「石器時代」をテーマとしたミュージックチューンにのせて、参加者らが踊り明かし、恐竜が登場するミニショーも繰り広げられるなど大盛り上がりのイベントとなりました!

ステージにて行われたトークイベントでは3日間のホスト役として、『ジュラシック・ワールド』では監督、そして最新作である『ジュラシック・ワールド/炎の王国』で製作総指揮と脚本を担当しているコリン・トレボロウが登場!
フランク・マーシャルやテクニカル・アドバイザーのジャック・ホーナーらといったこれまでのシリーズに携わってきた名手たちが現れ、レアトークを披露すると、ファン一同大歓喜!

さらには2日目にはサプライズゲストとして一作目でグラント博士とともにジュラシック・パークへ招待された古物学者のエリー・サトラー博士を演じたローラ・ダーンが!

3日目では同じく一作目でサトラー博士らとともに行動する数学者イアン・マルコム博士を演じたジェフ・ゴールドブラムが登場し、客席へ握手や笑顔を振りまき、最大のファンサービス!シリーズのレジェンド俳優の登場に客席は熱狂の嵐となりました!
3日目に登場したジェフ・ゴールドブラムは、今も名シーンとして語り継がれているマルコム博士のシャツがはだけるワンシーンについて「シャツをはだける指示は脚本になかった。あれは確か…」と回想。すると、1作目のアシンタント・ディレクターを務めたジョン・T・クレッチマーがすかさず「君だよ。覚えているくせに」と突っ込み、ジェフは「本当に忘れたんだ!”脱いでいい?”って僕が監督に言ったのかな?」と、困り顔。懐かしいメンバーが揃い、ゲストたちのトークもますます弾む一方、観客たちも突如飛び出す名場面の裏話の数々を多いに楽しみました!
参加したファンたちはイベントを振り返り「ファン同士って友人みたいなものだ。皆、この映画を見て育ったんだ。父に連れられて劇場に行った時を思い出すよ。大画面に恐竜が現れてすごく興奮したね」、「僕は、映画に登場する警備車両に似せて、自分の車を改造した。1作目からの大ファンさ。シリーズを愛する人たちにここで会えて最高だ!」と胸いっぱいの様子でコメントを寄せています。

映画情報どっとこむ ralph 映画史における革命的作品である“ジュラシック”シリーズの25周年記念と、新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の公開が、ジェフ・ゴールドブラムやローラ・ダーンといったレジェンドキャストと熱狂的なファンたちによって熱く華々しく盛大に祝福された本イベント!ジュラシック・イヤーが本格的に始動し、この夏シリーズ史上最高に大きな盛り上がりをみせること間違いなしの本作に是非ご注目ください!!!
ジュラシック・ワールド/炎の王国
7月 13日(金)全国超拡大ロードショー

公式サイト:
http://www.jurassicworld.jp/
***********************************

製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、ベレン・アティエンサ 
キャラクター原案:マイケル・クライトン
脚本:デレク・コノリー、コリン・トレボロウ  
監督:J・A・バヨナ
キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、テッド・レヴィン、ジャスティス・スミス、ジェラルディン・チャップリン、ダニエラ・ピネダ、トビー・ジョーンズ、レイフ・スポール、ジェフ・ゴールドブラム
© Universal Pictures


爆笑問題が公式サポーターに就任!「ウルトラマンフェスティバル2018」


映画情報どっとこむ ralph 今年で28回目の東京開催、累計来場者数470万人突破の夏休みイベント『ウルトラマンフェスティバル2018』(開催期間:7月20日(金)~8月27日(月) ※8月7日(火)は休業/会場:池袋・サンシャインシティ 文化会館)。前売券発売日の5月12日(土)にサンシャインシティ 噴水広場で開催した発表イベントでは、爆笑問題(太田光、田中裕二)が公式サポーターに就任。ウルトラ6兄弟や怪獣も登場し、「ウルトラマンフェスティバル2018」の見どころを紹介しました。


日付:5月12日(土)
場所:サンシャインシティ アルパB1の噴水広場
登壇:爆笑問題(太田光、田中裕二)

爆笑問題のお2人は公式サポーターに就任し、科学特捜隊 特別隊員として隊員服姿で登場。

噴水広場のステージで、ウルトラ6兄弟(ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンジャック、ウルトラマンエース、ウルトラマンタロウ、ゾフィー)や怪獣たちと夢の共演を果たしました。

写真左より、ゾフィー、ウルトラマンエース、ウルトラセブン、爆笑問題(田中裕二、太田光)、ウルトラマン、ウルトラマンタロウ、ウルトラマンジャック

昭和40年生まれでウルトラマンシリーズを見て育ったという生粋のウルトラファンのお二人。

田中さんはご家庭でお子様とソフビ人形を使ったジオラマを作ったり、ウルトラマンごっこをしたりして楽しまれているそうで、レッドキングやゼットンといった強い怪獣が好きな太田さんが怪獣役を務め、「ウルトラマンごっこ」のお手本を披露していただきました。

■爆笑問題さんコメント

科学特捜隊の制服を着て、ウルトラ6兄弟の横にいるというだけで心臓がバクバクします。50年くらい前の自分に教えたいです。「ウルトラマンフェスティバル」は大人も子供も楽しめるというところに期待したいです。夏休み中ずっとやってますので、1度2度と言わず3回4回5回と来てくださーい!


映画情報どっとこむ ralph 「ウルトラマンフェスティバル2018」開催概要

会期:2018年7月20日(金)~8月27日(月) ※8月7日(火)は休業日、全38日間
時間:10:00~17:30 (最終入場17:00まで)
会場:サンシャインシティ 文化会館 4F 展示ホールB(東京都豊島区東池袋3-1)
(JR他各線「池袋駅」8分/東京メトロ有楽町線「東池袋駅」直結3分)

公式サイト:
http://ulfes.com/2018/

公式Twitter:
@ulfes

公式ハッシュタグ:
#ウルフェス


【主な内容】
今年のテーマは「ウルトラ兄弟の絆!」
キミもウルトラヒーローと一緒に、池袋・サンシャインシティで、怪獣・星人軍団 1,587体と戦おう!

①ウルフェス初!ウルトラ兄弟VS怪獣・星人軍団 「大決戦! 超巨大フォトスポット」登場!
最高にカッコイイウルトラ兄弟たちと、怪獣・星人軍団1,587体とのバトルシーンが会場に出現!みんなで一緒に写真を撮ろう!

②ウルトラフラッシュで客席全体が盛り上がるウルトラライブステージ
ウルトラヒーローが怪獣達とバトルを繰り広げるウルトラライブステージは、無線制御ライト「ウルトラフラッシュ」を今年も全座席に設置!客席全体がヒーローと一緒に盛り上がる!
(写真は昨年開催時)

会期中の前後半で演目が変更となります。
1部:7月20日(金)~8月6日(月) 「Brother ~勇者たちの絆~」
2部:8月8日(水)~8月27日(月) 「時代を染めろ! 伝説のウルトラ兄弟」
※8月7日(火)は休業日です
※入場券(前売券、当日券)1枚につき1名様が、指定席でライブステージを鑑賞できます
(ライブステージの鑑賞はお一人様1回に限ります。各回定員になり次第締め切り)


★大好評のライブステージ前方事前予約席「ウルトラシート」を約220席(前年約120席)に拡大して販売!

<ウルトラシートとは>
・各回ライブステージ最前列から約220席を入場券とご一緒にプレイガイドにて先行販売。(入場料+1席500円)
・『ウルトラシート付入場券』はプレイガイド4社(セブンチケット・ローソンチケット・イープラス・チケットぴあ)のみでの販売
・通常入場券でご来場の場合、会場入口横の窓口にて入場券1枚につきステージ指定席券1枚を無料でお渡し致しますが、先着順となります
(ウルトラシートの他、各回約300席の指定席をご用意しております)
・『ウルトラシート付入場券』をお持ちでない方でも、当日のウルトラシート残席がある場合には、窓口にて500円でご購入いただく事ができます

③展示コーナー等

大人気の巨大バトルジオラマも、今年はさらにパワーアップ。 フォトスポットも盛りだくさん。ウルトラマンの世界に入り込んで、写真を撮りまくろう.!

④ヒーローとの記念撮影、ここでしか買えないグッズ!

オープン中、いつでもヒーローと写真が撮れる「ウルトラショット」。世界に1枚だけのオリジナルムービーが作れる「なりきりムービー」。会場だけの限定ソフビほか、宇宙最大級のウルトラグッズが集まる「ウルトラマンデパート」。大好きなヒーローをイメージしたオリジナルメニューが楽しくて美味しい「ウルトラマンアイス」。ウルフェスで夏休みの思い出をゲットしよう!


映画情報どっとこむ ralph ●入場特典

入場者全員プレゼント!
ウルフェス限定!「データカードダス ウルトラマン フュージョンファイト!」で遊べるスペシャルカードをプレゼント!イベント会場に設置された筐体でも遊ぶことができます。

※入場特典は無くなり次第終了となります。予めご了承ください

【チケット情報】

■入場料金(いずれも税込/2歳以下無料 ※ライブステージ指定席が必要な場合は有料)

※1枚につきライブステージの指定席券1枚を会場入口横の窓口にて先着順でお渡し致します

前売券 大人(中学生以上) 1,900円
前売券 子供(3歳~小学生) 1,200円
ウルトラシート付 前売券 大人 2,400円
ウルトラシート付 前売券 子供 1,700円

当日券 大人(中学生以上) 2,100円
当日券 子供(3歳~小学生) 1,400円
ウルトラシート付 当日券 大人 2,600円
ウルトラシート付 当日券 子供 1,900円

※前売券発売:5月12日(土) 10:00~(各種プレイガイド他)
※ウルトラシート付き入場券はセブンチケット・ローソンチケット・イープラス・チケットぴあのみでの販売
※ウルトラシートは、当日分の残席がある場合のみ、会場入口横の窓口にて500円でご購入頂けます

<ぷらぷら缶バッジ付き前売券>

ウルトラマンジードがぷらぷら動く!“ぷら缶”をバッグにつけて持ち歩こう♪
前売券でしか手に入らない限定デザイン!
おとな(中学生以上)2,400円
こども(3歳~小学生)1,700円
※プレイガイド(セブンチケットのみ)でご購入頂いた場合、ぷらぷら缶バッジはウルトラマンフェスティバル会場でのお渡しになります
※一部イベント会場で販売する場合もございます
※数に限りがあります。無くなり次第終了となりますので予めご了承ください

<ブルマァク特製フィギュア付きチケット>

限定100個×2種(ウルトラセブン、キングジョー)
前売券 大人(中学生以上) 各10,000円
当日券 大人(中学生以上) 各10,200円
※フィギュア付きチケットは、大人のみ、ローソンチケットのみの販売です
※フィギュアは当日会場でのお渡しになります
※売切れ次第終了です
※画像はイメージです。デザインは変更になる場合があります。

【プレイガイド情報】

<通常入場券、ウルトラシート付入場券取り扱い>
●セブンチケット
http://7ticket.jp/g/000633
セブンコード:[ウルトラシート付入場券] 064-902/[入場券] 064-900
※「ぷらぷら缶バッジ付き前売券」はセブンチケット限定です

●ローソンチケット(ローソン・ミニストップ)
http://l-tike.com/event/ulfes2018/
Lコード:36555
オペレーター予約・問合せ:0570-000-777(10:00~20:00)
※ブルマァクフィギュア付き入場券(大人のみ)や選べるモノクロ画像付き入場券発売中
●イープラス
http://eplus.jp/ulfes2018/
●チケットぴあ
http://w.pia.jp/t/ulfes2018/
電話予約:0570-02-9999
Pコード:入場券 991-694/ウルトラシート付 561-547

<通常入場券のみの取り扱い>
●TBSオンラインチケット
http://www.tbs.co.jp/event/ulfes2018/
●チケットポート
http://www.ticketport.co.jp/shop/
電話予約:03-5561-7714(平日10:00~18:00、オペレーター対応)
●TBSストア 赤坂店 03-3505-7836
●JTBレジャーチケット
https://opt.jtb.co.jp/kokunai_opt/p/pJTB024876813/
●楽天チケット
http://r-t.jp/ulfes
●EVENTIFY(イベンティファイ)
https://www.funity.jp/ultraman/

【ご注意】
※前売価格での販売は7月19日(木)まで。7月20日(金)以降は当日料金となります
※ライブステージ内での撮影、動画撮影、録音等はお断りします
※ベビーカーでのご入場はご遠慮下さい。(会場外に置き場有り)
※内容は予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください

***********************************


主催:TBSテレビ
後援:TBSラジオ
協賛:(株)文教スタヂオ/(株)保険見直し本舗/(株)ワンセンチュリーカンパニー/ベネリック(株)/大塚食品(株)
ライブステージ制作協力:富士通電池
協力:小学館/講談社/サンシャインシティ

(C)円谷プロ


岡田准一主演 x 木村大作監督 美しい時代劇『散り椿』特報映像・ポスタービジュアル初解禁


映画情報どっとこむ ralph 木村大作さんが、三度目の監督作として挑んだ本作『散り椿』。

黒澤明監督作品『隠し砦の三悪人』の撮影助手からキャメラマンのキャリアをスタートさせ、『悪い奴ほどよく眠る』『用心棒』『椿三十郎』『どですかでん』と黒澤明監督に従事してきた 木村大作さんが映画人生60周年を迎える作品として、盟友の小泉堯史さん脚本で初タッグ。

木村大作さんと言えば、過去日本アカデミー賞最優秀撮影賞を5回受賞、キャメラマンとしてだけでなく映画監督としても『劔岳点の記』(2009)で第33回日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞している日本映画界の巨匠。監督として初の時代劇に臨みました。

そして、この度本編映像とポスタービジュアルが初解禁となりました!


映画情報どっとこむ ralph そんな彼が本作に選んだ主演は幅広い世代から絶大な支持を受ける国民的俳優・岡田准一さん。

本作では、かつては藩を追放されるも妻の最期の願いを胸に藩の不正や権力に立ち向かっていく男・瓜生新兵衛を儚くも強く演じます。また、道場の四天王の一人という役柄から約3ヶ月に亘る殺陣の稽古に励み、激しく鋭い剣豪アクションに臨みます。


また、共演には『MOZU』『クリーピー 偽りの隣人』『CRICIS公安機動捜査隊特捜班』などTVドラマに映画にと話題作に立て続けに出演する演技派俳優・西島秀俊さん。

岡田准一さん演じる新兵衛と共に道場の四天王の 一人で、持ち前の頭脳明晰さで藩主の側用人として頭角を現す榊原采女を演じます。かつての親友であり、一人の同じ女性を想いあう恋敵でもあり、藩を追われた新兵衛とは対照的な藩で頭角を現すというキャラクターを初共演となる岡田准一と静かに熱く対峙するのも話題となること必至です。


撮影は、富山、彦根、長野にて時代劇としては前代未聞の全編オールロケを敢行し、“美しい自然”と木村キャメラマンによる“美しい画”、木村監督の演出と岡田准一さん、 西島秀俊さんら豪華俳優陣による“美しい佇まいと生き様”が全編通して描かれた様を切り取ったポスタービジュアルが完成しました。


更に、黒木華さん、池松壮亮さん、 緒形直人さん、新井浩文さん、柳楽優弥さん、 麻生久美子さん、石橋蓮司さん、富司純子さん、奥田瑛二さん ら錚々たる日本を代表 する豪華俳優陣が集結しました!


映画情報どっとこむ ralph 日本映画界に新たな歴史を刻む“美しい時代劇”

『散り椿』

は 9月28日(金)全国東宝系にて公開となります。

ものがたり・・・

最愛の妻と交わした最期の約束を叶えるため、
一人、故郷に戻った男が哀しき剣を振る――――

享保15年――藩の不正を訴え出たために、時の権力に負け藩を離れた男、瓜生新兵衛(岡田准一)。
追放後、連れ添い続けた妻の篠(麻生久美子)が病に倒れ、死を迎えようとした折、最期の願いを新兵衛に託す。『藩に戻りて、榊原采女様(西島秀俊)を助けてほしい』と。新兵衛にとって采女は、かつては良き友であり良き   ライバルであり、また篠を巡る恋敵でもあった。そして新兵衛の藩追放に関わる、大きな因縁を持つ二人であった。

妻の最期の願いを叶えるため、新兵衛は過去の藩の不正事件の真相と、その裏に隠された妻・篠の本当の気持ちを突き止めようと奔走する。

篠の妹、坂下里美(黒木華)とその弟・坂下藤吾(池松壮亮)は、戻ってきた新兵衛に戸惑いながらも、亡くなった篠を一筋に想いやる姿や、侍としての不正を正そうとする凛とした生き方にいつしか惹かれていく。

そして、ある確証を得た新兵衛は、かつての親友の采女と対峙する。そこで過去の事件の真相や妻が遺した願いの苦しく切なくも愛に溢れた本当の想いを知ることになっていく・・・。

しかし、その裏では大きな力を持ったものが新兵衛を襲おうとしていた・・・。

***********************************

原作:葉室麟(「散り椿」角川文庫刊)
監督・撮影:木村大作「劒岳 点の記」「春を背負って」に続く三作目の監督作品
脚本:小泉堯史 木村大作
出演:岡田准一、西島秀俊、黒木華、池松壮亮、麻生久美子、緒方直人、新井浩文、柳楽優弥、 芳根京子、駿河太郎、石橋蓮司、富司純子、奥田瑛二ほか
撮影スケジュール:2017年5月15日(月)~7月5日(水) 
撮影場所:富山、長野、滋賀 ※全編オールロケ


『犬ヶ島』ウェス・アンダーソン監督、コーユー・ランキン、ジェフ・ゴールドブラム来日決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、全世界で大ヒットし、アカデミー賞最多9部門ノミネート、最多4部門受賞の『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)を手掛けたウェス・アンダーソン監督が贈る映画『犬ヶ島』が5月25日(金)に日本公開いたします。

全編にわたり日本を舞台とし、”ドッグ病”の大流行によって犬ヶ島に隔離されてしまった愛犬を探す少年と犬たちの壮大な旅と冒険をストップモーション・アニメーションで描く本作。声優陣としてビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、ティルダ・スウィントン、F・マーリー・エイブラハム、ボブ・バラバン、フランシス・マクドーマンド、野村訓市といった、アンダーソン監督作品常連の豪華俳優陣に加え、新たにスカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーブ・シュレイバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノら多彩な才能を持ったキャストが集結。さらには日本人ボイスキャストとしてRADWIMPS・野田洋次郎、村上虹郎、渡辺謙、夏木マリらといった日本を代表する多彩なキャストの他、続々と人気ゲストの参加も発表されております。先日開催された第68回ベルリン国際映画祭では、銀熊賞【監督賞】を堂々受賞!日本の映画ファンのみならず、全世界中からますますの注目を集めております!
この度、本作の公開に先駆け、ウェス・アンダーソン監督と主人公アタリの声を担当したコーユー・ランキン、ヒーロー犬の一匹・デュークの声を担当したジェフ・ゴールドブラムの来日が決定いたしました!!!

映画情報どっとこむ ralph 大好きな日本を舞台とする本作を制作するにあたって、以前より日本に訪れることを熱望していたというウェス・アンダーソン。そんなウェスの念願が叶う今回の来日は、なんと2005年に公開された『ライフ・アクアティック』のプロモーション以来、13年ぶりとのこと!さらに、今回主役に大抜擢された期待の新星子役のコーユー・ランキンは映画のプロモーションでの来日は今回が初めて!そして、劇中で噂好きのゴシップ犬・デュークの声を担当したウェス組常連のジェフ・ゴールドブラムは、2016年に公開された『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』以来、2年ぶりの来日となります!公開を今月に控え、ますます盛り上がりを見せている日本への渡航に向け、はやくも興奮が冷めやらないウェス監督は

ウェス監督:僕はこの過去3年の間、イギリスの映画用防音スタジオにあるミニチュアの日本で暮らしてきたようなものだった。それに日本映画に影響された想像上の日本の中でと考えると過去6年間にもなる。だから本当の、実物大サイズの日本を訪れ、犬ヶ島を作り上げるためにこれまでかけてきた時間の結果を見せられることにとても興奮しているんだ。

とメッセージを寄せております。来日ゲストは5月22日(火)に開催される本作の来日舞台挨拶イベントにて登壇する予定です!

超豪華キャスト陣が一堂に会する今回の来日プロモーション!日本へのたっぷりの愛とリスペクトを込めて本作を制作したウェスや、その熱い思いを受け継ぎ、役へと注ぎ込んだコーユーとジェフは、熱烈な日本のファンの目の前でどのようなことを語ってくれるのか!?

映画『犬ヶ島

5月25日(金)全国公開!!

***********************************


スタッフ:監督:ウェス・アンダーソン

キャスト:ブライアン・クランストン、コーユー・ランキン、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、野村訓市、グレタ・ガーウィグ、フランシス・マクドーマンド、スカーレット・ヨハンソン、ヨーコ・オノ、ティルダ・スウィントン、野田洋次郎(RADWIMPS)、村上虹郎、渡辺謙、夏木マリ

©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation