「ちょいエロ」カテゴリーアーカイブ

フジファブリック主題歌&音楽完全監修!映画『ここは退屈迎えに来て』本予告映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 「R‐18文学賞」読者賞受賞し2012年に小説が発売されるや紀伊國屋書店スタッフによる「キノベス!2013」にランクインし、詩的なタイトルが印象的な山内マリコの処女小説「ここは退屈迎えに来て」がついに映画化!10月19日(金)より全国公開となります。


この度本作の本予告映像、ポスタービジュアルが解禁となり、合わせて主題歌および劇伴をフジファブリックが担当することが決定!フジファブリックにとって劇伴を担当するのは、今回が初。
今回制作に当たり、一足先に作品を鑑賞したボーカル・山内さんは

山内さん:国道、ファミレス、ゲーセン。舞台は僕が生まれ過ごした場所ではないのに、スクリーンには知っているような故郷の風景が広がっていました。一人一人の心の揺れや移り変わりと音楽をマッチングさせたいと思いましたし、フジファブリックとして様々な場面でこの作品に加われたことを誇りに思います。

とコメント。音楽制作のため、実際の撮影現場にも立ち会い、監督とも打ち合わせをして臨んでいます。

主題歌の歌詞にある<輝きを待っていたんだよ ただそれに見とれたかった 何ならフェイクでも手にした 何かを置き去りにした>という言葉も、まさにもどかしい想いを感じながらも、それでも羽ばたくことを夢見てやまない青春をリアルに描いた本作にピッタリです。

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁された予告編では、夢をあきらめて地元に帰った橋本愛演じる<私>や、元カレをあきらめられない門脇演じる<あたし>の、大人になった誰もが感じるであろう、かつてキラキラしていた青春の終わりへの捨てきれない憧れや切なさが描かれ、見る人の記憶を蘇らせて心を震わす仕上がりになっている。
またこの予告にさらに余韻を与えているのが、フジファブリックの書き下ろし主題歌「Water Lily Flower」。

その切ないメロディとともに、胸に響く歌詞が、淡い色合いの映像にマッチし、青春という誰にとってもかけがいのない時間を、よりしみじみと思い出させてくれます。



映画情報どっとこむ ralph 映画『ここは退屈迎えに来て』

10月19日(金) 全国公開

本作は、2004年の高校時代から2013年の現在まで、みんなの憧れの的だった<椎名くん>を柱にキャラクターを交差させながら描く、痛く切ない群像劇。

何者かになりたくて東京で就職したものの、10年経って何となく戻ってきた主人公<私>を演じるのは、『告白』(10)で脚光を浴び、『桐島、部活やめるってよ』(12)など、その透明感のある演技で日本映画界において高く評価される女優・橋本愛。
元彼<椎名くん>を忘れられない<あたし>には、『愛の渦』(14)やで体当たりの演技で注目を浴びた若手実力派女優・門脇麦。
そして青春時代にみんなが恋焦がれた、自らの退屈を埋めてくれるであろう「椎名くん」を、独特の色気と存在感を放つ人気急上昇俳優・成田凌が演じているほか、渡辺大知、岸井ゆきの、内田理央、柳ゆり菜、村上淳ら、出演作が後を絶たない実力派俳優陣が脇を固めている。

監督はこれまで本格派ヒューマンドラマから恋愛モノまで、数々の作品で登場人物の繊細な心の機微を紡ぎ出してきた名匠・廣木隆一監督が、メガホンをとった。

***********************************

出演:橋本愛 門脇麦 成田凌 / 渡辺大知 岸井ゆきの 内田理央 柳ゆり菜 亀田侑樹 瀧内公美 片山友希 木崎絹子 / マキタスポーツ 村上淳

原作:山内マリコ「ここは退屈迎えに来て」幻冬舎文庫
監督:廣木隆一
脚本:櫻井 智也
制作プロダクション:ダブ
© 2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会 
配給:KADOKAWA


食と性をテーマに自分を味わいつくす「食べる女」特報映像・ティザービジュアルが解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、2018年9月公開予定、映画「食べる女」にて、特報映像・ティザービジュアルが解禁、そして公開が9月21日に決定。
小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香と今を代表する豪華女優 陣の共演が大きな話題となっている映画『食べる女』。 <食>と<性>をテーマに“自分を味わいつくす“ことの大切さを、年齢・職業・価値観も様々な8人の女たちの日常を通して描いてい る、筒井ともみ著『食べる女 決定版』(新潮文庫・8月末刊行予定)の短編集を、筒井自身が脚本化した本作。

今回解禁になった特報では・・・

恋に、仕事に悩みながらも奔走する女性陣に向けて、小泉今日子演じる敦子(トン子)が

「人ってね、おい しいゴハン食べてる時と、愛しいセックスしてる時が一番、暴力とか差別とか争い事から遠くなる。セックスは相手がいないとできない けど、ゴハンはいつでもできる。だから、手抜きをするな、女たちよ!」

と投げかけ、それに合わせて豪華女優陣が“卵かけごはん”を 食べる!食べる!食べる! そして合わせて解禁になるティザービジュアルでは、

「例えばセックスも味覚だと思う。」

というセンセーショナルなコピーと共に、またもや今にも割れ落ちそうな生卵が…。

「おいしいゴハンを食べて、いい恋をして、“おいしい女”になって“私”を味わい尽くそう!」

という メッセージが込められた、食欲旺盛な女性たちの心と体を満たす、“おいしい”映画ができあがりました!


こちらの特報とティザービジュアルは6月30日(土)より順次劇場にて公開・掲出されていきます。

映画情報どっとこむ ralph 映画『食べる女

9月21日(金)おいしいROADSHOW

公式HP:
http://www.taberuonna.jp/

***********************************

キャスト:小泉今日子 沢尻エリカ 前田敦子 広瀬アリス 山田 優 壇 蜜 シャーロット・ケイト・フォックス 鈴木京香/ ユースケ・サンタマリア 池内博之 勝地涼 小池徹平 笠原秀幸 間宮祥太朗 遠藤史也 RYO(ORANGE RANGE) PANTA(頭脳警察) 眞木蔵人

監督:生野慈朗
原作・脚本:筒井ともみ『食べる女 決定版』(新潮文庫・8月末刊行予定)
音楽:富貴晴美
© 2018「食べる女」倶楽部
区分:PG12


『ここは退屈迎えに来て』第二弾キャスト 渡辺大知 岸井ゆきの 内田理央 柳ゆり菜 村上淳 コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 「R‐18文学賞」を受賞し2012年に小説が発売されるや紀伊國屋書店スタッフによる「キノベス!2013」にランクインし同世代の絶大なる共感を呼んだ山内マリコ・著「ここは退屈迎えに来て」を鮮烈に廣木隆一監督で映画化!

この度、本作の第二弾キャストが発表。


「私」が訪れた思い出の場所で出会う同級生・新保くん役を黒猫チェルシーの渡辺大知。

渡辺さん:脚本を読んだ時、自分の地元を思い出して胸が苦しくなりました。懐かしい日々がキラキラと輝いて見え、戻ってみたいと思った自分に切なくなりました。でも、今が不幸せな訳ではない、と思いたい。
撮影に打ち込み、この気持ちを昇華出来た気がします。この映画は心にモヤモヤを抱えたまま大人になった、何者にもなれない人々の救いになると思います。

親友に密かな憧れの気持ちを持ち、ファミレスで恋愛話にふける山下南役を岸井ゆきの。

岸井さん:ふとやってくる退屈の中で思い出した青春が、ひとつのきっかけで再び交錯していきます。過去を探すひと、乗り越えようとするひと、忘れたひと、そういうひとたちの想いが重なった映画だと思います。



南の親友で、芸能界での夢が叶わず、地元に帰ってきた雑誌の元専属モデルの森繁あかね役を内田理央。

内田さん:田舎独特の閉鎖感、女の子のもつ空気感、ファミレスでの何気ない会話、誰もが経験した事あるようなそんな平坦な日常をリアルに感じて頂きたいです。幸せとはなんのか、私自身も考えさせられました。


主人公「私」の学生時代からの友達で、東京への憧れを持つサツキ役を柳ゆり菜。

柳さん:女の子という生き物は、10代の青春真っ只中でも、20代の拗らせ真っ只中でも変わらず何かを探していて、きっとどこかに行けると信じている事を実感しました。富山の澄んだ空気の中、閉塞感や心のヒリヒリとした痛みを感じながらサツキを演じました。刺激的なキャスト、スタッフ、廣木監督とこの作品に感謝しています。


地元のタウン誌をメインに、主人公「私」と仕事をしているフリーカメラマン須賀さん役を村上淳が演じている。

村上さん:廣木組という僕の中での”頂”。どういう導線を描くのか。そしてそれらすべてを、そして身体を投げうる覚悟はあるのか。あの独特の緊張感の中、ただ相手を反射するようにキャメラの前へ立てるのか。そして譲りたくないと強く思うハートに火がついているか。そんなことです。

映画情報どっとこむ ralph 本格派ヒューマンドラマから恋愛モノまで、登場人物の繊細な心の機微を紡ぎ出し、血が通った物語に昇華してきた名匠・廣木隆一が、数々の作品を手がけてきた熟練の手腕により、新世代スター達をまだ見ぬ更なる飛躍へと導く!

ここは退屈迎えに来て

10月19日(金) 全国公開です。


あらすじ・・・
マスコミ業界を志望して上京したものの、10年後地元に戻ってきた27歳の「私」(橋本愛)。実家に住みながらフリーライターとしてタウン誌で記事を書いている冴えない日々。高校時代に仲の良かった友達サツキと久々に会った勢いで、男女を問わず皆の中心にいた憧れの椎名くん(成田凌)に連絡し、会いに行くことに。

道中、「私」の中に椎名くんとの高校時代の忘れられない思い出が蘇るー。元カレ「椎名」を忘れられないまま地元でフリーターとして暮らす「あたし」(門脇麦)。

元カレの友達・遠藤と、腐れ縁のような関係を続けているけれど、心は彼といたときの青春の輝かしい記憶に今もとらわれている。

***********************************

出演:橋本愛 門脇麦 成田凌 / 渡辺大知 岸井ゆきの 内田理央 柳ゆり菜 亀田侑樹 瀧内公美 片山友希 木崎絹子 / マキタスポーツ 村上淳

原作:山内マリコ「ここは退屈迎えに来て」幻冬舎文庫
監督:廣木隆一
脚本:櫻井 智也
制作プロダクション:ダブ
配給:KADOKAWA
© 2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会



藤田恵名 国内・外で話題沸騰のMVが映画化!女性殺し屋と日本食 映画「WELCOME TO JAPAN」製作決定! 


映画情報どっとこむ ralph 先日、MV検閲済ver.と未検閲ver.を解禁し、キングレコード公式サイト1週間で、15万視聴回数を超えまだまだ、その 再生回数は伸び続け、全世界から注目を浴びている『藤田恵名』 「言えない事は歌の中」。
このMVが、トロント映画祭、シッチェス・ファンタスティック映画祭、サウス・バイ・サウスウエストなど海外映画祭から問い合わせ殺到中。

その勢いさながらに、MVの世界観をふくらませて映画化することが決定!

タイトルは、「WELCOME TO JAPAN」。

女性殺し屋と日本の食文化を描いた作品となっている。異色とも思えるこの組み合わせに、藤田恵名が体当たりで挑んだ。藤田恵名が演じる女性殺し屋は、弁当箱で不良外国人たちを殺しまくる。
殺し屋という役柄の為、MVでも披露 している激しいアクションシーンで、多くの痣を作ったが、痣の数だけ凄味のある彼女の新たな一面を見れることになる。更に、殺しと食がテーマとなっているこの作品を観終わった後、日本のお弁当が食べたいと感じることにもなりそうだ。

監督には、世界的クリエイティブの祭典SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)で2017年日本映画で唯一上映された「蠱毒ミートボールマシン」の西村喜廣が担当。

映画情報どっとこむ ralph
藤田恵名の座右の銘は、「群れるな、勝ち取れ!」。

その言葉通り、彼女の“核”、または“芯”の部分が剥き出しとなり、ステージとスクリーンで世界を魅了する日がきた。 今いちばん”脱げる”シンガーソングライターとして、2018年ロックとエロスをまき散らす藤田恵名。目が離せません!

***********************************



フランソワ・オゾン監督来日!R-18心理サスペンス『2重螺旋の恋人』Q&A at フランス映画祭2018


映画情報どっとこむ ralph フランスを代表する映画作家フランソワ・オゾンのR-18心理サスペンス『2重らせん螺旋の恋人』が8月4日(土)公開となりますが・・・。

一足先にフランス映画祭2018(開催期間6/21~24)に出品!

これを記念して、フランソワ・オゾン監督が来日、ティーチインイベントを行いました!
今回は5年ぶりの来日となったオゾン監督。日常と妄想を行き来する本作に関して、もともと〝双子〟というテーマにずっと興味を持っていたが、ジョイス・キャロル・オーツの原作に出会ったことで今回の作品が生まれたこと、映画の登場人物のキャラクターの作り方の過程や、本作で混乱を引き起こす要因となるセクシュアリティに関しての考え方など、満席の観客からの好奇心旺盛で多様な質問に次々と回答。「次は団長で!」とお願いされたオゾン監督が、笑顔で「もっと歳を取ったらね!」とユーモアたっぷりにかわす場面も見られました。

「2重螺旋の恋人」上映後ティーチイン
日付:6月22日(金)
会場:イオンシネマ みなとみらい
登壇:フランソワ・オゾン監督
モデレーター:矢田部吉彦(東京国際映画祭 プログラミング・ディレクター)

映画情報どっとこむ ralph Q:発想の源は?

オゾン監督:出発点は私が双子に興味があったことですね。そこで原作(ジョイス・キャロル・オーツ)に出会いました。

Q: 2人とも精神分析医にするというのは、監督の発想ですか?

オゾン監督:それはもともと原作にありました。変えたのは、精神分析のシーンですね。原作はアメリカ風の精神分析でしたが、フランス式に変えました。アメリカとフランスの違い?フランスの方が精神分析医と患者が寝る可能性が高いのかどうか、それは私にはわかりません笑。でもやらないようがいいと思うよ!あと、ラストを変えました。原作は文学としては成立しますが、映画には向かなかったので変えました。

Q: ジェンダーを超越したような映画ですね?
オゾン監督:奇妙な意見だ。でも、私はこの映画でのセクシュアリティというのは「不満足」がテーマになってると思ってる。この映画の主人公も恋人に対して愛情はあるんだけど、何かが足りない。でも、性と心の乖離はよくある話だよね。どんな恋人でも満たされないものはあるし、その解決法は日本人の方が長けているのではないかな?

Q: マリーヌ・ヴァクトをキャスティングした決め手は?
オゾン監督:脚本を執筆した後に決めたよ。『17 歳』の時もヌードだったから、受けてくれるか不安だったけど、みごとに勤めてくれた。


Q:なぜ猫が出てくるの?
オゾン監督:原作に出てくるからね。あとは、犬と違って、映画映えするんだよ、猫は。あと、猫は英語でプッシーというし、女性器の意味でもあるよね。でも、僕は猫が苦手、昔襲われたからさ(笑)

映画情報どっとこむ ralph 『2重らせん螺旋の恋人』
原題:L’amant Double
原因不明の腹痛に悩まされるクロエは、精神分析医ポールの元を訪れる。穏やかなカウンセリングにより痛みから解放されたクロエは、ポールと恋に落ち、同居を始める。そんなある日、クロエは街でポールそっくりの男と出会う。ルイと名乗る男はポールと双子で、しかも同じ精神分析医だという。なぜポールはルイの存在を隠しているのか?真実を突き止めるためルイの診察室に通い始めたクロエは、優しいポールと違って傲慢で挑発的なルイに惹きつけられていく…。

***********************************

監督・脚本:フランソワ・オゾン
原作:ジョイス・キャロル・オーツ「Lives of the Twins」
音楽:フィリップ・ロンビ
出演:マリーヌ・ヴァクト、ジェレミー・レニエ、ジャクリーン・ビセット、ミリアム・ボワイエ、ドミニク・レイモン
2017年/フランス/1時間47分/カラー/スコープ/5.1ch/ 日本語字幕:松浦美奈
R-18
配給:キノフィルムズ
©2017 – MANDARIN PRODUCTION – FOZ – MARS FILMS – FILMS DISTRIBUTION – FRANCE 2 CINÉMA – SCOPE PICTURES / JEAN-CLAUDE MOIREAU  www.nijurasen-koibito.com