「ちょいエロ」カテゴリーアーカイブ

ナイスですね~!!映画『M/村西とおる狂熱の日々』東京プレミア&トーク開催決定!!


映画情報どっとこむ ralph この度、AVの帝王と呼ばれた村西とおるの撮影現場を映し出した禁断のドキュメンタリー映画『M/村西とおる狂熱の日々』が22年の歳月を経て完成しました!

本編では当時の映像に加えて、俳優/画家・片岡鶴太郎氏、漫画家・西原理恵子氏、高須クリニック院長・高須克弥氏、浅草キッド・玉袋筋太郎氏、東京大学教授/社会経済学者・松原隆一郎氏、首都大学東京教授/社会学者・宮台真司が「村西とおる」とは何者なのか、を語っています。

本作の完成を記念して10月12日に東京プレミア&トーク開催決定!!
これにあわせて 特報とティザービジュアルが解禁です!

ナイスですね~!!


【イベント情報】
なかのZERO 西館/小ホール(〒164-0001中野区中野2丁目9番7号なかのZERO)
2018年10月12日(金)開場|18:30 開映|19:00
【チケット情報】前売り券3,000円|当日券3,500円 ※いずれも税込、全席自由
前売券ご購入方法 ローソンチケット(Lコード:31608)または公式HPにて
※ローソンチケット 9月13日(木)午前10時より発売開始!
【お問合せ】太秦 TEL. 03(5367)6073
登壇ゲスト/村西とおる(AV監督)、西村賢太(芥川賞作家)、片嶋一貴(本作監督) 

映画情報どっとこむ ralph 映画『M/村西とおる狂熱の日々』

公式サイト:
www.m-kyonetsu.com

本作は、前科7犯。借金50億。米国司法当局から懲役370年を求刑された、「AV(アダルトビデオ)の帝王」村西とおるのドキュメンタリーだ。過去(1996年)と現在(2017年)の映像が交錯する、まるでタイムカプセルのような映像は、「村西とおるとは、何者なのか?」を探りながら、その不屈の精神に迫って行く。「人間とは、生きるとは、死とは」の根源的テーマを、エロティシズムを追いかけることでつきつめようとする村西とおる監督の真摯な姿はあなたを確実に串刺しにする!



AV監督 村西とおるからみなさまへ

お待たせいたしました、お待たせしすぎたかもしれません。
本作品は今から22年前の1996年7月20日から8月3日までの2週間、北海道で行った撮影の日々を収録したドキュメンタリーです。 収録映像は約60時間にも及ぶ膨大な量でした。撮影当時の私は、まさしく「火の車」状態にありました。4年前に50億円の負債を抱えて倒産し、ニッチもサッチもいかない状況に追い込まれていました。しかし、「このまま終わってたまるか」との思いもありました。倒産して味わった屈辱の日々が、「今に見ていろ」の闘志を掻き立てたのです。 北海道の短い夏が大好きです。散る花の儚さにも似て、7月20日から月末までのたった10日間の短い季節の命のいぶきに魅せられます。 本作にはそんな美しい北海道の夏の知床五湖を訪ね、収録したシーンがあります。この世で見たものの中で我を忘れるほどに最も美しい景色でした。一行が函館空港に降り立った時はアトランタオリンピックが開催された翌日のことでした。ようやく撮影の全日程を終えて、釧路空港から機上の人となって新聞を開くと、奇しくもその日はオリンピックの最終日でした。短い夏とともにオリンピックも終わりを迎えた、今となっては「夢、幻のごとき」22年前の出来事です。1996年「北の国から 愛の旅路」撮影当時の問題多発!劇的瞬間を凝縮した映像が映し出される。この作品を観たものは皆、村西とおるが好きになる。そして、必ずもらえる。生きる勇気を!

***********************************


村西とおる
本橋信宏、玉袋筋太郎、西原理恵子、高須克弥、松原隆一郎、宮台真司、片岡鶴太郎
黒木 香「SMぽいの好き 」より

メイキング「北の国から 愛の旅路」(1996) スタッフキャストの皆さま

監督:片嶋一貴
企画・製作:G-MEN プロデューサー:丸山小月、小林三四郎
製作:太秦、リスキット 製作プロダクション:太秦、ドッグシュガー 配給・宣伝:太秦 
【2018/日本/DCP/スタンダード・ビスタ/カラー・モノクロ/109分】
(c)2018 M PROJECT 


前代未聞! 江戸の浮世で巻き起こる愛と笑いの 痛快人間喜劇 阿部寛『のみとり侍』Blu-ray&DVDで見参!


映画情報どっとこむ ralph 監督:鶴橋康夫(『後妻業の女』)×主演:阿部 寛(『テルマエ・ロマエ』)!
前代未聞! 江戸の浮世で巻き起こる、愛と笑いの痛快人間喜劇『のみとり侍』のBlu-ray&DVDが東宝より11月7日(水)に発売、レンタル同時開始となります。

監督は映像の魔術師の異名を持ち、『愛の流刑地』や『後妻業の女』など大ヒット作のメガホンを握り、芸術選奨文部科学大臣賞、紫綬褒章、旭日小綬章など数々の名だたる賞を受賞した名匠・鶴橋康夫。
『のみとり侍』は40年間映画化を熱望し、遂に実現した力作です!

生真面目なエリート侍だったが、たった一つの失言で、ある日突然左遷されてしまい、のみとり稼業に身をやつす小林寛之進を演じるのは、『テルマエ・ロマエ』シリーズ、『新参者』シリーズなど、様々な年齢層から幅広い演技で支持されている阿部 寛。

さらに、豊川悦司、斎藤工、風間杜夫、大竹しのぶ、前田敦子、松重豊、桂文枝といった豪華俳優陣が鶴橋監督のために“一肌脱いで”集結しました!
豪華版には、鶴橋組の撮影の裏側を余すところなく収録したメイキング映像や、爆笑必死のイベント映像集、作品を徹底解説した公開記念特番、TVスポットなど、ここでしか見られない貴重な特典映像を多数収録!

本編Blu-ray&DVD+特典DVDの3枚組で、更に三方背アウターケース付きの豪華仕様となってます!

映画情報どっとこむ ralph 『のみとり侍』11月7日(水) Blu-ray&DVD発売、レンタル同時開始

のみとり侍Blu-ray豪華版
TBR28332D ¥5,800 +税

本編ディスク①(Blu-ray) カラー/本編110分+特典/2層(BD50G)/16:9スコープサイズ
音声: ①日本語 5.1ch DTS-HD Master Audio ②日本語 2.0ch DTS-HD Master Audio ③バリアフリー日本語 音声ガイド 2.0ch DTS-HD Master Audio
字幕: ①バリアフリー日本語字幕

本編ディスク②(DVD) カラー/本編110分+特典/片面2層/16:9スコープサイズ
音声: ①日本語 5.1ch ドルビーデジタル ②日本語 2.0ch ドルビーデジタル ③バリアフリー日本語 音声ガイド 2.0ch ドルビーデジタル
字幕: ①バリアフリー日本語字幕

【特典内容】 ※Blu-ray、DVD共通 ❐予告編集(特報/予告)
特典ディスク(DVD) カラー/分数未定/片面1層/16:9LB/音声:日本語 2.0ch ドルビーデジタル 【特典内容】 ❐メイキング映像 ❐イベント映像集(大江戸プレミア舞台挨拶/浪速プレミア/初日舞台挨拶) ❐『のみとり侍』公開記念スペシャル特番 ❐TVスポット集

のみとり侍 DVD 通常版
TDV28333D ¥3,800 +税

本編ディスク(DVD) ※Blu-ray 豪華版(TBR28332D)に収録の本編DVDと同仕様

発売・販売元:東宝株式会社
(c) 2018「のみとり侍」製作委員会


映画情報どっとこむ ralph “鶴橋流” 愛と笑いの痛快人間喜劇、ここに誕生!


物語・・・
老中・田沼意次(桂 文枝)の規制緩和により金になれば、何でもOKな江戸の世。 越後長岡藩士として出世コースを邁進する小林寛之進(阿部 寛)は、ある失言から、藩主・忠精 (松重 豊)の逆鱗に触れ、左遷されてしまう。その左遷先は、猫の“のみとり”を生業とする貧乏長屋。 そこには、旦那の甚兵衛(風間杜夫)と女房のお鈴(大竹しのぶ)、貧しい子供たちに読み書きを教える 友之介(斎藤 工)が暮らしていた。 「猫の“のみとり”って何ら?」戸惑う寛之進の初めての猫の“のみとり”客は、亡き妻・千鶴に瓜二つの 女・おみね(寺島しのぶ)!この運命的な出会いに胸高鳴る寛之進であったが、彼女から浴びせられた のが、この一言。「この、下手クソが!!!!」 猫の“のみとり”とは、女性に“愛”をご奉仕する裏稼業であったのだ!侍として、必死に積み上げてきた 剣術や学問、プライドもここでは無意味であった。 意気消沈する寛之進の前に、妻・おちえ(前田敦子)に浮気を封じられた伊達男の清兵衛(豊川 悦司)が現れた――。 果たして、寛之進は、おみねとの恋を成就させることはできるのか?そして、彼を待ち受ける運命 とは!?

***********************************

キャスト:
阿部 寛 寺島しのぶ 豊川悦司 斎藤 工 風間杜夫 大竹しのぶ 前田敦子 松重 豊 桂 文枝

スタッフ
監督・脚本:鶴橋康夫
原作:小松重男「蚤とり侍」(光文社文庫刊)
音楽:羽岡 佳

発売・販売元:東宝株式会社
(c) 2018「のみとり侍」製作委員会


全世界待望の「フィフティ・シェイズ」、いよいよ最終章!特報解禁!


映画情報どっとこむ ralph 全世界での原作累計発行部数1億冊以上、巨大企業の若き起業家にしてCEO、女性ならば誰もが憧れずにはいられない超絶イケメンのグレイ(ジェイミー・ドーナン)と、彼に会うまで恋さえも知らなかった純粋なアナ(ダコタ・ジョンソン)の、特異な恋愛模様を過激な描写で描き、世界中の女性を虜にしたELジェイムズのデビュー小説であり、世界中で空前の社会現象を巻き起こした「フィフティ・シェイズ」シリーズ。

その最終章『フィフティ・シェイズ・フリード』

は10月5日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショーとなります。

映画情報どっとこむ ralph 北米を含む世界54地域で初登場1位を記録し、全世界シリーズ累計興収は13億1900万ドル(約1500億円=1ドル113円換算)という大記録を引っ提げ、満を持して日本に上陸!

最終章である本作は、様々な困難をくぐり抜けたクリスチャンとアナが、遂に夫婦として結ばれ、贅沢な新婚生活を満喫するおとぎ話のような日々から始まります。

今回は、そんな2人の幸せを危険にさらす新たな脅威が。
この度、全世界の女性が悶絶する最終章、待望の特報が完成いたしました!



純白のベールから心底幸せそうな笑顔を見せるアナと「終生君を愛する」と宣言するグレイ、幾多の愛憎劇を乗り越えて掴んだ二人の夢のような新婚生活で幕を開け、「フィフティ・シェイズ」シリーズになくてはならない官能世界の過激さは勿論、その幸せにまたもや危険な影が入り込み、最終章に相応しい衝撃の展開が繰り広げられることが窺える特報映像。

前作に引き続きメガホンを取ったジェームズ・フォーリー監督がシリーズ2作目と3作目を同時に撮影していくという珍しい手法を採り入れたこと、さらにコピーに踊る”何者にも侵されないクライマックス”を迎えようとする二人の刺激的なポスタービジュアルからも、一貫して確立されたゴージャズ&ファビュラスな世界観をそのままに、より強く美しくなったアナと、より優しく魅力的に成長したグレイの濃密な関係をいっそう深く描き出されていることが垣間見られます。

映画情報どっとこむ ralph 原作者E L ジェイムズは

「この映画を作ったのはファンのためよ。ファンのおかげで小説を出版できたし、期待を裏切られた時のファンの気持ちもよく分かる。だから、私にとってはファンをハッピーにすることが全てだったの」

とコメントを寄せていて、「フィフティ・シェイズ」に魅了され続ける世界中のファンが悦ぶ最終章、まさに史上最高の官能的で甘美なラブストーリーの完結編をお見逃しなく!


フィフティ・シェイズ・フリード

10月5日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー

公式サイト:
http://fiftyshadesmovie.jp

公式twitter:
@FiftyShadesJP
#FiftyShadesJP
***********************************

キャスト:ダコタ・ジョンソン/ジェイミー・ドーナン/リタ・オラ/マーシャ・ゲイ・ハーデン 
監督:ジェームズ・フォーリ- 
脚本:ナイアル・レオナルド 
原作:E L ジェイムズ(早川書房刊) 
(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS  
配給:東宝東和
R15作品


フジファブリック主題歌&音楽完全監修!映画『ここは退屈迎えに来て』本予告映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 「R‐18文学賞」読者賞受賞し2012年に小説が発売されるや紀伊國屋書店スタッフによる「キノベス!2013」にランクインし、詩的なタイトルが印象的な山内マリコの処女小説「ここは退屈迎えに来て」がついに映画化!10月19日(金)より全国公開となります。


この度本作の本予告映像、ポスタービジュアルが解禁となり、合わせて主題歌および劇伴をフジファブリックが担当することが決定!フジファブリックにとって劇伴を担当するのは、今回が初。
今回制作に当たり、一足先に作品を鑑賞したボーカル・山内さんは

山内さん:国道、ファミレス、ゲーセン。舞台は僕が生まれ過ごした場所ではないのに、スクリーンには知っているような故郷の風景が広がっていました。一人一人の心の揺れや移り変わりと音楽をマッチングさせたいと思いましたし、フジファブリックとして様々な場面でこの作品に加われたことを誇りに思います。

とコメント。音楽制作のため、実際の撮影現場にも立ち会い、監督とも打ち合わせをして臨んでいます。

主題歌の歌詞にある<輝きを待っていたんだよ ただそれに見とれたかった 何ならフェイクでも手にした 何かを置き去りにした>という言葉も、まさにもどかしい想いを感じながらも、それでも羽ばたくことを夢見てやまない青春をリアルに描いた本作にピッタリです。

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁された予告編では、夢をあきらめて地元に帰った橋本愛演じる<私>や、元カレをあきらめられない門脇演じる<あたし>の、大人になった誰もが感じるであろう、かつてキラキラしていた青春の終わりへの捨てきれない憧れや切なさが描かれ、見る人の記憶を蘇らせて心を震わす仕上がりになっている。
またこの予告にさらに余韻を与えているのが、フジファブリックの書き下ろし主題歌「Water Lily Flower」。

その切ないメロディとともに、胸に響く歌詞が、淡い色合いの映像にマッチし、青春という誰にとってもかけがいのない時間を、よりしみじみと思い出させてくれます。



映画情報どっとこむ ralph 映画『ここは退屈迎えに来て』

10月19日(金) 全国公開

本作は、2004年の高校時代から2013年の現在まで、みんなの憧れの的だった<椎名くん>を柱にキャラクターを交差させながら描く、痛く切ない群像劇。

何者かになりたくて東京で就職したものの、10年経って何となく戻ってきた主人公<私>を演じるのは、『告白』(10)で脚光を浴び、『桐島、部活やめるってよ』(12)など、その透明感のある演技で日本映画界において高く評価される女優・橋本愛。
元彼<椎名くん>を忘れられない<あたし>には、『愛の渦』(14)やで体当たりの演技で注目を浴びた若手実力派女優・門脇麦。
そして青春時代にみんなが恋焦がれた、自らの退屈を埋めてくれるであろう「椎名くん」を、独特の色気と存在感を放つ人気急上昇俳優・成田凌が演じているほか、渡辺大知、岸井ゆきの、内田理央、柳ゆり菜、村上淳ら、出演作が後を絶たない実力派俳優陣が脇を固めている。

監督はこれまで本格派ヒューマンドラマから恋愛モノまで、数々の作品で登場人物の繊細な心の機微を紡ぎ出してきた名匠・廣木隆一監督が、メガホンをとった。

***********************************

出演:橋本愛 門脇麦 成田凌 / 渡辺大知 岸井ゆきの 内田理央 柳ゆり菜 亀田侑樹 瀧内公美 片山友希 木崎絹子 / マキタスポーツ 村上淳

原作:山内マリコ「ここは退屈迎えに来て」幻冬舎文庫
監督:廣木隆一
脚本:櫻井 智也
制作プロダクション:ダブ
© 2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会 
配給:KADOKAWA


食と性をテーマに自分を味わいつくす「食べる女」特報映像・ティザービジュアルが解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、2018年9月公開予定、映画「食べる女」にて、特報映像・ティザービジュアルが解禁、そして公開が9月21日に決定。
小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香と今を代表する豪華女優 陣の共演が大きな話題となっている映画『食べる女』。 <食>と<性>をテーマに“自分を味わいつくす“ことの大切さを、年齢・職業・価値観も様々な8人の女たちの日常を通して描いてい る、筒井ともみ著『食べる女 決定版』(新潮文庫・8月末刊行予定)の短編集を、筒井自身が脚本化した本作。

今回解禁になった特報では・・・

恋に、仕事に悩みながらも奔走する女性陣に向けて、小泉今日子演じる敦子(トン子)が

「人ってね、おい しいゴハン食べてる時と、愛しいセックスしてる時が一番、暴力とか差別とか争い事から遠くなる。セックスは相手がいないとできない けど、ゴハンはいつでもできる。だから、手抜きをするな、女たちよ!」

と投げかけ、それに合わせて豪華女優陣が“卵かけごはん”を 食べる!食べる!食べる! そして合わせて解禁になるティザービジュアルでは、

「例えばセックスも味覚だと思う。」

というセンセーショナルなコピーと共に、またもや今にも割れ落ちそうな生卵が…。

「おいしいゴハンを食べて、いい恋をして、“おいしい女”になって“私”を味わい尽くそう!」

という メッセージが込められた、食欲旺盛な女性たちの心と体を満たす、“おいしい”映画ができあがりました!


こちらの特報とティザービジュアルは6月30日(土)より順次劇場にて公開・掲出されていきます。

映画情報どっとこむ ralph 映画『食べる女

9月21日(金)おいしいROADSHOW

公式HP:
http://www.taberuonna.jp/

***********************************

キャスト:小泉今日子 沢尻エリカ 前田敦子 広瀬アリス 山田 優 壇 蜜 シャーロット・ケイト・フォックス 鈴木京香/ ユースケ・サンタマリア 池内博之 勝地涼 小池徹平 笠原秀幸 間宮祥太朗 遠藤史也 RYO(ORANGE RANGE) PANTA(頭脳警察) 眞木蔵人

監督:生野慈朗
原作・脚本:筒井ともみ『食べる女 決定版』(新潮文庫・8月末刊行予定)
音楽:富貴晴美
© 2018「食べる女」倶楽部
区分:PG12