「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」カテゴリーアーカイブ

ノルウェー作品『愛せない息子』が最優秀作品賞受賞『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭』


映画情報どっとこむ ralph SKIPシティ国際Dシネマ映画祭は、7月15日(土)より14回目の開催を迎え、最終日となる本日23日(日)のクロージング・セレモニー(表彰式)にて、長編部門・短編部門・アニメーション部門の、コンペティション3部門の各賞が発表!
長編部門では、ノルウェー作品『愛せない息子』(アーリル・アンドレーセン監督)がグランプリに輝き、ノルウェー作品としては本映画祭では他の賞も含め初の受賞となりました!

また監督賞は、ドキュメンタリー映画『中国のゴッホ』(ハイボー・ユウ監督、キキ・ティエンチー・ユウ監督)が受賞。

海外のドキュメンタリー作品の受賞も、本映画祭では他賞を含め初!

さらに審査員特別賞にはハンガリー映画『市民』(ローランド・ヴラニク監督)が輝き、こちらもハンガリー映画の受賞は本映画祭では初となります。

短編部門 最優秀作品賞は『冬が燃えたら』 浅沼 直也 監督

アニメーション部門 最優秀作品賞受賞は『I think you’re a little confused』小川 育 監督

と、なりました。

映画情報どっとこむ ralph 最優秀賞の監督たちからのコメントが届いています。

◎長編部門 最優秀作品賞受賞
『愛せない息子』 アーリル・アンドレーセン監督
*アーリル・アンドレーセン監督は表彰式に欠席のため、ヒルデ・スサン・ヤークトネスさん(脚本)が代理受賞
動物の赤ちゃんには、生まれたその日から立ち上がって走りださなければならない種もいる。しかし人間の子供は、何年もの間、自分では何もできず親に頼らなくては生きていけない。本作の企画の始まりは、もし親が子供を愛せないというタブーが起きた場合どうなるか、ということだった。この映画をご覧になった方の中に、もし親として子育てに悩んでいる方がいたら、その問題に目を背けるのではなく、オープンに話し合うことが大事だと気づいて欲しい。
©Norsk Filmdistribusjon / Motlys

◎短編部門 最優秀作品賞受賞
『冬が燃えたら』 浅沼 直也 監督
この作品はキャスト2人とスタッフ3人だけで、本当に手作りで作った。制作中は、行き届かないところがあったと思うが、最後までしっかり、僕の言っていることを汲み取って、本当に助けていただいた。主演の澤田和宏とは、十年来の友達で、苦労を共にした仲間なので、ありがとうと伝えたい。グランプリを頂いたことを自分の励みにして、これからも映画制作を頑張っていきたい。
©Altan Cinemas

◎アニメーション部門 最優秀作品賞受賞
『I think you’re a little confused』小川 育 監督
トロフィーがすごく重くて(笑)、賞の重みを感じる。この作品は大学院の修了制作として制作したもので、学生として最後の作品だったので、このような賞をいただいて、大変うれしく思う。今は仕事をしているので、なかなか自分の作品を制作するのが難しいが、今回の受賞を糧に自分の作品をもっと作りたいなという思いが強まった。
©Iku Ogawa

映画情報どっとこむ ralph <SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017 開催概要>

会期:2017年7月15日(土)~7月23日(日)
会場:SKIPシティ 映像ホール、多目的ホールほか(川口市上青木3-12-63)
主催:埼玉県、川口市、SKIPシティ国際映画祭実行委員会、特定非営利活動法人さいたま映像ボランティアの会
公式サイト: www.skipcity-dcf.jp

***********************************

    


SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017 開幕!


映画情報どっとこむ ralph 世界に先駆けてデジタルシネマにフォーカスし、次代を担う若手映像クリエイターの 登竜門として2004年にスタートした「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」(主催:埼玉 県、川口市ほか)が、本日7月15日(土)、14回目となる開催初日を迎え、国内 外からコンペティション部門のノミネート監督や審査員ほかゲストが多数来場して のオープニング・セレモニーを実施。9日間にわたる映画祭が華やかに幕を開けました!

セレモニー後のオープニング上映では、映画祭が主体となり、若手監督を抜擢して プロデュースした『ANIMAを撃て!』をワールド・プレミア上映。上映前には出演の 服部彩加さん、小柳友さん、堀江貴大監督が登壇しての舞台挨拶を開催しました。
本作は、昨年の本映画祭長編部門にノミネートし、その後劇場公開された『いたくて も いたくても』(16)で注目された堀江貴大監督がオリジナル脚本で手掛け、バレエ団 に所属しつつも自分だけの踊りを模索する主人公・果穂と、かつてドラムをやっていた が今は夢を諦めてしまった青年・伊藤がひょんなことからコンビを組み、コンテンポラリ ーダンスとドラムのセッションに挑む、“ガール・ミーツ・ボーイ”の爽やかな青春映画です。出演は、本作で映画初出演にして主演を務めた新星・服部彩加さんと、映画 から舞台まで幅広く活躍する小柳友さんがW主演。バレエや競技ダンスの経験を持つ 服部彩加と、ドラム経験のある小柳友がそれぞれ見応えのあるダンスとドラムの腕前を披露。黒澤はるかさん、中村映里子さん、大鶴義丹さんらが脇を固めています。

映画情報どっとこむ ralph SKIP シティ国際Dシネマ映画祭 2017 は、本日7月15日(土)から23日(日)までの9日間、埼玉県川口市のSKIPシティほかで 開催いたします。会期中は長編部門12作品、短編部門12作品、アニメーション部門10作品の、3部門34作品がコンペティショ ン上映され、黒沢 清 長編部門国際審査委員長を中心とした審査員による最終審査を経て、最終日23日に各賞が発表されま す。そのほかにも、SKIPシティから羽ばたいた新鋭監督たちの特集「飛翔する監督たち」や話題の VRにスポットをあて、国内外の VR 映像を無料で体験できる特別企画「D シネマ―新たなる潮流」など盛りだくさんの内容となっています。

©2017 埼玉県/SKIP シティ 彩の国ビジュアルプラザ
***********************************



今村彩子監督『Start Line』上映決定「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」


映画情報どっとこむ ralph 世界に先駆けてデジタルシネマにフォーカスし、次代を担う若手映像クリエイターの登竜門として2004年にスタートした、「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」は、来る7月15日(土)~23日(日)の9日間、14回目の開催を迎えます。

今年の新企画のひとつである、特別企画「ヨーロッパから見た日本映画」では、先日5月28日(日)に終了したばかりの、世界最大の日本映画祭「ニッポン・コネクション」と連携し、同映画祭の最新受賞作を上映!

さらに上映後には、ニッポン・コネクションでプログラム・ディレクターを務めるマーティン・ブレゲンツァー氏を迎え、海外、特にヨーロッパの映画界から見た日本映画の潮流について語るトークイベントを開催いたします。

この度、特別企画「ヨーロッパから見た日本映画」での上映作品が決定いたしました。第17回「ニッポン・コネクション」でニッポン・ヴィジョンズ観客賞を受賞したドキュメンタリー映画『Start Line』(今村彩子監督)を上映となります。

***********************************


「SKIP シティ国際Dシネマ映画祭2017」記者発表!


映画情報どっとこむ ralph 世界に先駆けてデジタルシネマにフォーカスし、次代を担う若手映像 クリエイターの登竜門として 2004 年にスタートした「SKIP シティ国際Dシネマ映画祭」そして来る7月15日(土)~23日(日)の9日間、本映画祭 は14回目の開催を迎えます。

本日記者発表を行い、オープニング作品、長編・短編・アニメーション部門のコンペティション3部門ノミネート作品、特集上映企画をはじめとする全上映ライン ナップを発表しました。

メインとなるコンペティション3部門には85の国・地域から810本がエントリー! 長編部門(国際コンペティション)では、初ノミネート3か国を含む厳選12本を上映!

映画祭がプロデュースするオープニング作品は、堀江貴大監督『ANIMAを撃て!』をワールド・プレミア!

映画情報どっとこむ ralph そしてこの映画祭からは、これまで、カンヌ国際映画祭で3冠に輝いたトルコの巨匠ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督を日本でいち早く紹介し、日本 人監督においても、白石和彌監督(『日本で一番悪い奴ら』)、中野量太監 督(『湯を沸かすほどの熱い愛』)をはじめ多数の若手監督が本映画祭をきっかけに羽ばたいていきました。

7/22(土)の『ロストパラダイス・イン・トーキョー』上映後には白石和彌監督、中野量太監督、坂下雄一郎監督の3名によるトークイベントも開催します!

映画情報どっとこむ ralph またVR(バーチャルリアリティ)元年と呼ばれた2016年。今年に入り、日本でもVRコンテンツが新たな映像技術とし て注目が高まっていることを受け、日本国内の映画祭としては初の規模となる、国内外から集めた VR 作品 6 本 を実際に体験できる特別企画を開催します!映画祭会期中の3日間(7/16~7/18)にわたり、日本初公開の作 品を含む全6作品を無料で鑑賞いただけます!

映画情報どっとこむ ralph <SKIP シティ国際 D シネマ映画祭 2017 (第 14 回)開催概要>
■会期:2017 年 7 月 15 日(土)~23 日(日)
■会場:SKIP シティ 映像ホール、多目的ホールほか(川口市上青木 3-12-63) 彩の国さいたま芸術劇場(さいたま市上峰 3-15-1) [7/16、7/17 のみ] こうのすシネマ(鴻巣市本町 1-2-1 エルミこうのすアネックス 3F) [7/16、7/17 のみ]
■主催:埼玉県、川口市、SKIP シティ国際映画祭実行委員会、特定非営利活動法人さいたま映像ボランティアの会
公式サイト:www.skipcity-dcf.jp
***********************************

   


SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 コンペ3部門作品募集開始!!


映画情報どっとこむ ralph 埼玉県川口市で行われるSKIPシティ国際Dシネマ映画祭は、2017年7月15日(土)~7月23日(日)に14回目となる開催が決定しました!
そして!本日2017年1月5日(木)から3月1日(水)までの期間、本映画祭のメイン部門であるコンペティション3部門の作品を募集が開始となりました!!

コンペティション3部門作品募集開始!!
募集期間:2017年1月5日(木)~2017年3月1日(水) 必着
募集部門:長編部門、短編部門、アニメーション部門
※応募規約、エントリーフォームなど詳細は映画祭公式サイトで。

映画情報どっとこむ ralph 過去本映画祭からは、ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督(『うつろいの季節(とき)』)、白石和彌監督(『ロストパラダイス・イン・トーキョー』)、アンドレアス・エーマン監督(『シンプル・シモン』)をはじめ多くの若手監督が羽ばたいていきました。

そして!宮沢りえ・杉咲花の熱演が話題の『湯を沸かすほどの熱い愛』で商業映画デビューを果たした中野量太監督も2012年に『チチを撮りに』で日本人初の長編部門・監督賞を本映画祭で受賞しています!

また、2017年には、熊谷まどか監督の『話す犬を、放す』が3月11日、坂下雄一郎監督の『東京ウィンドオーケストラ』が1月21日からと立て続けに劇場公開と、映画祭出身監督が目覚ましい活躍を見せています。


映画情報どっとこむ ralph 次はあなたの番かもです!是非!

<コンペティション3部門(長編・短編・アニメーション部門)作品募集概要>

■長編部門 (国際コンペティション)
デジタルで撮影・制作され、かつデジタルでの上映が可能な、長編映画制作本数が4本以下の監督による70分以上の作品を広く世界中から公募します。主催者賞のほか、国内作品を対象に今後の活躍が期待される監督に対し、SKIPシティでの次回企画制作を支援する「SKIPシティアワード」が贈られます。

■短編部門 (国内コンペティション)
日本の若手映像クリエイターを発掘し、世界に活躍の場を広げるための支援を目指して、国内作品に限定した部門です。
デジタルで撮影・制作され、かつデジタルでの上映が可能な、15分以上30分以下の作品を公募します。
主催者賞のほか、最優秀作品賞には副賞として次回の企画制作を支援する「SKIPシティアワード」が贈られます。

■アニメーション部門 (国内コンペティション)
日本のアニメーション作家の発掘と支援を目的に、国内作品に限定した部門です。
デジタルで撮影・制作され、かつデジタルでの上映が可能な、30分以下のアニメーション作品を公募します。
主催者賞のほか、最優秀作品賞には副賞として次回の企画制作を支援する「SKIPシティアワード」が贈られます。

※ノミネート結果、賞構成、審査員は後日記者発表および公式サイトにて発表だそうです!

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017g
開催会期:2017年7月15日(土)~7月23日(日)

***********************************