「映画祭」カテゴリーアーカイブ

「上京ものがたり」舞台挨拶 沖縄国際映画祭


第5回沖縄国際映画祭3日目となる3月25日(月)、沖縄コンベンションセンターのシアター1にて、コンペティションのPeace部門にノミネートされている「上京ものがたり」の上映前に、満席の会場の中、森岡利行監督、北乃きいさん、谷花音ちゃんが登壇し舞台挨拶が行われました。

北乃きいさんはレモン色の大人っぽいロングドレス、谷花音さんはショッキングピンクのかわいらしいドレスとおそろいの色のリボンを身に着けて舞台に登場すると、観客からは一斉に「キャー」という歓声が。

上京ものがたり 森岡利行監督・北乃きい・谷花音
司会の方から映画に参加した感想を聞かれた北乃さんは、「本日はおこしいただきましてありがとうございます。沖縄国際映画祭は人生で初めてなので、楽しみたいと思います。よろしくお願いします」と答え、

上京ものがたり 谷花音それに続いて谷花音さんも
「こんにちは、谷花音です。よろしくお願いします。

沖縄国際映画祭は私も初めてで、周りに屋台がたくさんあったので、終わったら私も食べてみたいです。

みなさんも映画祭を楽しんでください」

とコメントするとキュートなふたりに、観客からは何度も「かわいい」という声があがりました。

「上京ものがたり」は、テレビアニメ化もされた「毎日かあさん」で有名な人気漫画家・西原理恵子さんの自称伝的作品の「上京ものがたり」を映画化した作品。美大に通うために田舎から東京へ出てきた菜都美が、さまざまな困難にぶつかっても乗り越えようとがんばり、夢に向かっていく姿を描いた、すべての女の子に元気を送る応援ムービーです。

上京ものがたり 北乃きい
映画の中で主役の菜都美を演じた北乃さんは、「西原理恵子さんの自称伝的作品の“上京ものがたり”で、西原さんを演じることができてとても嬉しかったです。私は菜都美を演じたことで、13歳のころに芸能活動のために、神奈川から東京に上京したことや、大変だったことを思い出したりしながら演じていました」と話し、“13歳で上京した時のエピソードを教えてください”との質問に、「私の実家には洗濯機が当時なくて、洗濯板を使っていたんです。それで、東京に上京したときに住んでいたマンションに、洗濯機が置いてあったんですが、洗濯機が怖くて始めは使えませんでした。あと、電車の線が多かったのにもびっくりしましたし、なんだろう・・・最初の1年は東京のいろいろなところにビックリしました」と、自身の“上京ものがたり”を教えてくれました。

映画のキャスティングについて聞かれた森岡監督は、「北乃さんはその年代の女優さんの中でもNo.1の女優さんだと思っているので、一緒に仕事ができて光栄です」と北乃さんを絶賛。

この作品が映画初出演だった谷さんは、現場でのエピソードを聞かれて、「きいちゃんとお絵かきをしたことが楽しかったです。ネコちゃんとか、カメラマンさんを書きました」と、撮影現場では楽しかった様子でしたが、演技について聞かれると、「この映画では、ストーリーの始めには、あまり笑わない少女の役で、菜都美と出逢ってから次第に笑うようになっていく役だったので、笑顔が無い表情の演技がむずかしかったです」と話し、9歳ながら女優としての一面も見せてくれました。

2009年製作の映画「女の子ものがたり」に続き、今回も西原理恵子さんの自叙伝的作品を撮った森岡監督は、「西原さんの作品には、苦しくても“笑い”で乗り越えていくという魅力がある。この映画は、夢を持って上京した女の子が、いろいろありながらも、幸せになるかどうかは分かりませんが、ちょっと笑顔になれる作品に仕上がっています。映画の見どころは、観客自らが見つけてほしいです」と作品に対する思いを語りました。

上京ものがたり
上京ものがたり
森岡利行監督、北乃きいさん、谷花音ちゃんが登壇

舞台挨拶の最後に、観客へのメッセージとして北乃さんは、「この映画は、どんな困難も乗り越えて、夢に突き進んでいく女の子の話しです。今すごく疲れている人や、泣くのを我慢している人の気持ちがフッと軽くなってほしいという気持ちが込められた映画です。1人でも多くの方に観てもらいたい。今日は、肩の力を抜いて、まったりと見てください」と、この映画をアピールしました。

3人は笑顔で手を振りながら舞台そでへ。舞台挨拶は終了となりました。


第5回沖縄国際映画祭は3月23日(土)~3月30日(土)まで開催されます!

第5回沖縄国際映画祭ホームページ:http://www.oimf.jp/
本日のスケジュールはこちら
現地に行けない!そんな人にニコ動生配信スケジュール
http://oimf.jp/jp/live/

©2013沖縄国際映画祭 よしもとラフ&ピース

********************************************************************


「JIMOT CM COMPETITON」グランプリ決定!


JIMOT_CM_COMPETITONファイナル 沖縄国際映画祭3日目の25日、夕闇に包まれたビーチステージで「JIMOT CM COMPETITON ファイナル」が行われました。

2日間にかけて上映が行われた「JIMOT CM COMPETITON」のノミネート作品の数々。その中からグランプリを決めるファイナルでは、前半に沖縄県内の41市町村全てのCM、後半は沖縄を除く46都道府県の中からネットなどの中間投票で選ばれた上位5県の作品が紹介されました。

司会はあべこうじが担当、ゲストにペナルティ、ブラックマヨネーズ、しずる、ガレッジセールが登場。

また、審査員として木村祐一、作家や脚本家などとして活躍中の大宮エリーさん、前神奈川県知事の松沢成文さん、“川満しぇんしぇー”こと川満聡さんが参加。大宮さんはこのイベントについて「プロの方が参加していないCMというのが特徴。まさに下克上。アイディア一発です」、またゴリは「CMの30秒という長さは、地元を紹介するのにぴったりだと思う」とそれぞれコメントしました。

JIMOT_CM_審査員
客席には翁長雄志那覇市長を始め、沖縄県内各自治体の首長など、大勢の人が詰めかけました。

沖縄県内41市町村のグランプリを決定すべく、選ばれた宜野湾、多良間、竹富町、那覇市、糸満市の優秀作品5つが紹介されました。この中から見事グランプリに輝いたのは糸満市! 発表の瞬間、会場からは大きな拍手が巻き起こりました。グランプリを獲得した糸満市のCMを立案した長田唯亜さんは、賞金41万円の使い道について聞かれ「全額恵まれない子供に寄付したい」と話し、会場中がさらに温かい拍手に包まれました。

JIMOT_CM_沖縄県内41市町村のグランプリ
後半は沖縄を除く46都道府県のCMが紹介され、中間投票の上位5つに選ばれた北海道、福岡県、群馬県、大分県、新潟県がノミネート。CMの前にはそれぞれのメーキング映像が流され、どの地域でも地元の人たちが一体となって作り上げた様子がひしひしと伝わってきました。

この5作品の中から見事、46都道府県の頂点となるからグランプリに輝き、賞金47万円を獲得したのは、大分県!

JIMOT_CM_46都道府県のグランプリ
発表の瞬間、CMを企画した持山弘太さんと、「大分県住みます芸人」の野良レンジャーの二人は「やったー!」とお互いに抱き合い、喜びを爆発させました。

感想を聞かれた持山さんは「最高です!」、野良レンジャーは喜びのあまり、なぜか二人とも放心状態に。その後、「(事前審査が行われたインターネット上にある)笑いボタンの数が一番少なかったんだけど・・・」と驚きを隠せない表情でコメント。

選考理由について
木村は「2位と1点差という僅差だった。(昭和というキーワードで)町おこしをしたというところを存分に発揮していた。時代を遡ってこれから未来まで楽しめるという喜びが感じられるというCMだった」と話しました。

中にはプロの作品を見ているようなCMもあり、出演者や観客が思わず唸ってしまうようなシーンも見られたうえ、何より郷土愛が感じられるイベントになりました。


第5回沖縄国際映画祭は3月23日(土)~3月30日(土)まで開催されます!

第5回沖縄国際映画祭ホームページ:http://www.oimf.jp/
本日のスケジュールはこちら
現地に行けない!そんな人にニコ動生配信スケジュール
http://oimf.jp/jp/live/

©2013沖縄国際映画祭 よしもとラフ&ピース

********************************************************************


『BLUE BIRD』舞台挨拶 沖縄国際映画祭


『BLUE BIRD』
3日目となる3月25日(月)、沖縄コンベンションセンターのシアター2にて、地域発信型映画『BLUE BIRD』が上映され、上映後舞台あいさつに石田明さん(NON STYLE)、池端レイナさん、葉山豪さん、黄泰安さん、堀江慶監督が登壇しました。

この映画は香港国際映画祭と沖縄国際映画祭のコラボレーション映画で、香港の中華料理店を舞台に何やら訳ありの多国籍男女4人が繰り広げるリアルタイムサスペンスムービーです。

石田明(NON STYLE)
石田さんは「今回、演技初挑戦でしたが、いい経験ができました。映画祭をこれから盛り上げたいです!」とあいさつ。全編にわたり流ちょうな広東語での演技を披露した石田さんは「この映画の撮影が始まる3日前まで新婚旅行でハワイに行っていたんですよ。新婚旅行中も広東語の勉強してて、嫁に怒られましたよ!」と広東語の難しさを語りました。

「映画のシーンで池端さん演じる女性に『行かないでくれ!』という意味合いで『カウレイ』と広東語で言うシーンがあるんですけど、せりふを言うとスタッフから爆笑が起こるんですよ。発音が微妙に違うみたいで、現地の方には『ナンパしてもいいですか?』って聞こえるらしくて…」と、石田さんの苦労話に客席からは笑いが巻き起こりました。

池端レイナ
石田さんと同じく広東語での演技に苦労したという池端さんは「現地のスタッフの方に何度も発音のことで注意されて大変でしたが、とてもいい経験ができたと思います。日本人、台湾人、香港人という、さまざまな人種、文化が混じり合ったこの作品はとても素敵だと思いますし、参加できてとても嬉しく思います」と語りました。

作品の中で銃を乱射する役を演じた黄泰安さんは「映画は面白かったですか? 面白くなかったって言ったら銃出しますよ!」と、強面の顔で冗談を言うと観客はドッと沸きました。

アジアで活躍している葉山さんは香港の魅力について「香港映画は町全体がロケ地になることがあります。映画を観てから香港に行くと、実際のロケ地が見学できて楽しいと思います」と、香港がロケ地の映画ならではの魅力を語りました。
葉山豪
堀江監督は「香港のスタッフは自由でした。サボったりもするけど、少年のようにはしゃいだりもする。とても楽しい撮影で、それが映画の中にも表れていると思います」と語りました。

最後に石田さんは「ラストの僕の顔がザブングルの『悔しいです!』の顔っぽいので、そこにも注目してください」と客席の笑いをさそい、会場を後にしました。


第5回沖縄国際映画祭は3月23日(土)~3月30日(土)まで開催されます!

第5回沖縄国際映画祭ホームページ:http://www.oimf.jp/
本日のスケジュールはこちら
現地に行けない!そんな人にニコ動生配信スケジュール
http://oimf.jp/jp/live/

********************************************************************




ちゅらイイ GIRLS UP!沖縄国際映画祭 



第5回沖縄国際映画祭の2日目3月24日(日)、小雨舞い降る宜野湾市のトロピカルビーチに特設されたビーチステージにて「ちゅらイイ GIRLS UP! ステージ」が開催されました。悪天候により開催が危ぶまれましたが、始まる直前に晴れ間が差し込み、無事とり行われました。

司会のピースとハリセンボンの近藤春菜がステージに登場し「始まったとたんに快晴になるのは日頃の皆さんの行いのおかげですね!」と会場に呼びかけました。

ちゅらイイ GIRLS UP! ステージ
沖縄国際映画祭 ちゅらイイ GIRLS UP! ステージ
道端アンジェリカBEAMSコレクションから華々しくショーが開幕。最初に登場したのはモデルの道端アンジェリカさん。そして続々とモデルのエリーローズさん、河北麻友子さん、マギーさんらがランウェイを歩きました。

プロのモデルたちの美しく堂々とした姿に会場が盛り上がりました。

マギー
芸人のパンサーの3人は、レギュラー出演中のコント番組「パワープリン」にちなんだ「PP」とプリントされたBEAMSとのコラボTシャツでランウェイを歩きました。

そして、ターコイズと黒のワンピースで登場したfimikaのライブステージに会場は大いに盛り上がりました。また、第5回アパマンショップキャンペーンガールコンテストで3000人の中から選ばれた渡邊 小百合さんが、アパマンショップのマスコット・べあ~君とともに登場。ゆるキャラのべあ~君の中からまちゃまちゃが登場し会場が驚く一幕も。

ケンドーコバヤシ
スペシャルステージに、ハットで顔を隠しながら登場したのはケンドーコバヤシ。一枚ずつ、身に着けているハット、スカーフ、ワイシャツ、ベルト、ついにはズボンまで会場に投げていくと、客席は大興奮。その身に着けていた服は、沖縄の国際通りなどで実際に沖縄の人々につけてもらったキスマークつき。「最後に足りないのは道端アンジェリカのキスだ!」といいつつ最後にはハリセンボンの春菜とのキスでステージは終了。「これが沖縄の思い出になるなんてー!」とのケンコバが叫び声が響き渡りました。

芹那
ファッションショーでは、芹那さんやNMB48の山本彩・山田菜々・渡辺美優紀らが登場し大きな声援に会場は包まれました。COWCOWは大人だけでなく子どもにも大人気のあたりまえ体操を披露。ビヨンセの曲にのって登場した渡辺直美はキレのあるダンスには会場中から声援があがりました。

ピース又吉 河北麻友子
しずるの村上純とエリーローズさん、しずるの池田一真と河北麻友子さんたちが、モデルと芸人でカップルになりランウェイに登場しました。「きれいなモデルさんと歩くことなんてないですからね」と村上は大興奮のようでした。ファッションショーでは春らしい服が多く披露され、季節感を感じる素敵なステージとなりました。

TRF EZ DO DANCERCIZE
「ベストオブダンサーボディーへの道」のコーナーでは、「TRF EZ DO DANCERCIZE」でかっこいいダンサーボディを目指してエクササイズに挑戦中の女芸人3人が登場。「ダイエットをがんばったごぼうびは男芸人です!」とハリセンボン春菜のMCにより、ボルサリーノの関好江は博多大吉と“ハグ”、出雲阿国はパンサーの菅良太郎に“お姫様だっこ”、ツジカオルコはしずるの村上と“熱烈なキス”をランウェイで披露。会場は大いに盛り上がりました。また、ファッションショーステージでジャルジャルとハリセンボン春菜の3人が登場する一幕もありました。

最後はYU-Aのライブステージ。客席ではYU-Aの応援うちわを持った若い女の子などが熱狂していました。途中小雨の降る場面もありましたが、最後は太陽が差し込み、会場の後ろまで立ち見のお客様で埋め尽くされ大盛況のうちにイベントは終了しまいした。モデルと芸人の競演を会場一体となって堪能したステージとなりました。


第5回沖縄国際映画祭は3月23日(土)~3月30日(土)まで開催されます!

第5回沖縄国際映画祭ホームページ:http://www.oimf.jp/
本日のスケジュールはこちら
現地に行けない!そんな人にニコ動生配信スケジュール
http://oimf.jp/jp/live/

©2013沖縄国際映画祭 よしもとラフ&ピース

********************************************************************


女優 前田敦子登壇 沖縄国際映画祭


中田監督こん身のギャグでホラー映画『クロユリ団地』の撮影現場は、和気あいあい!?

「第5回沖縄国際映画祭」2日目となる3月24日(日)、沖縄コンベンションセンターのシアター1にて、特別招待作『クロユリ団地』が上映され、舞台あいさつに中田秀夫監督、前田敦子さん、成宮寛貴さんが登壇しました。

『クロユリ団地』は、高度成長期による人口増加と共に全国に急増した「団地」が物語の舞台で、そんな団地で暮らしはじめたひとりの少女、二宮明日香(前田)が、しだいに恐怖と孤独に囚われゆく様が描かれる作品です。

シアター1の入り口では舞台あいさつを目当てに開場前から長蛇の列ができていました。開場を待ちわびていた一番乗りのお客様は、朝4時から並んでいたそうです。舞台あいさつ前に、スクリーンでは『クロユリ団地』の予告編が上映され、客席から大きな悲鳴が沸き起こりましたが、舞台に3人が登壇すると一変、悲鳴から大歓声に変わりました。

『クロユリ団地』前田敦子
『クロユリ団地』前田敦子

前田さんは「今日はお越しいただいてありがとうございます。予告編で会場から悲鳴が沸き起こったのを聞いてうれしかったです」と観客の反応に大満足。

『クロユリ団地』成宮寛貴
『クロユリ団地』成宮寛貴

成宮さんは「激しい雨の中、来ていただいてありがとうございます。やっとみなさんに見てもらえるので、思いっきり絶叫してスッキリして欲しい」と挨拶をしました。
中田監督 中田監督は、「沖縄国際映画祭は“Laugh&Peace”がコンセプトなのに暗い映画で真逆なのですが…」と恐縮した様子。

「ホラー映画をエンターテインメント性として楽しんで頂ければ」と観客にアピールしていました。

挨拶の後、写真撮影の準備で会場が暗くなった途端、後方に用意されていた映画のパネルの中からミノル役の田中奏生くんが飛び出てくるというサプライズが。
『クロユリ団地』
『クロユリ団地』
中田秀夫監督 田中奏生くん 前田敦子さん 成宮寛貴さん

監督以外、田中くんのサプライズ登場を知らされていなかった2人は、思わず絶叫し、前田さんは、少し飛び上がるほど驚いた様子でした。前田さんは「怖いのが苦手なのでびっくりしてしまいました」と、成宮さんは、「(聞かされていなかったので)ちょっとしびれました」とサプライズは大成功。

舞台挨拶後に記者会見が開かれました。撮影現場の雰囲気を聞かれた前田さんは「ホラー映画だけど現場自体は、和気あいあいでやりやすかった」と話し、成宮さんは「監督が結構、粘って撮る人ですが、(その度に)前田さんの集中力は凄かった」と前田さんの現場での姿勢に感心していました。

「中田監督が現場で笑いを提供していた?」という質問が飛ぶと、中田監督は前田さんからギャグの披露をせがまれ、「やるなと(周りから)言われているのに…」と言いながらも、昔のジュリアナ東京を連想させるリズムで「テン、テン、テン、テン、テンテ、一回転」と、振り付きでこん身のギャグを披露。会見場は大爆笑に包まれていました。

最後に前田さんは「今回はホラー映画なので怖いと思ってもらえる中にも、それぞれの心情とかが深く描かれているので、明日香ちゃんの感情を一緒に味わってもらって、感動してもらえたらうれしい」とコメント。成宮さんは「“孤独”というのが1つテーマになっていて、基本的には怖い映画ですが、団地が舞台の“ザ・ジャパニーズ・ホラームービー”なのでぜひ劇場に脚を運んで頂きたい」と呼びかけました。

中田監督は「ホラーを撮り始めて20年が立ち、周りからは“巨匠”とまで呼ばれているが、まだ新人のつもりで勉強中の身です。20年の集大成となるべくホラーの技法などをすべて(この映画に)つぎ込んでいるので楽しんでもらいたい」と映画の魅力を話してくれました。

『クロユリ団地』
成宮寛貴さん、中田秀夫監督、前田敦子さん

第5回沖縄国際映画祭は3月23日(土)~3月30日(土)まで開催されます!

第5回沖縄国際映画祭ホームページ:http://www.oimf.jp/
本日のスケジュールはこちら
現地に行けない!そんな人にニコ動生配信スケジュール
http://oimf.jp/jp/live/

©2013沖縄国際映画祭 よしもとラフ&ピース

********************************************************************