「映画祭」カテゴリーアーカイブ

この季節がキター!『未体験ゾーンの映画たち 2018』全61本解禁!


映画情報どっとこむ ralph 今年も2018年1月6日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催する『未体験ゾーンの映画たち2018』の全ラインナップ、61本が決定しました!

『未体験ゾーンの映画たち』は様々な理由から日本公開が見送られてしまう傑作・怪作映画を、映画ファンの皆様にスクリーンで体験していただくべく、2012年よりヒューマントラストシネマ渋谷にて開催している劇場発信型映画祭です。

年々規模を拡大し、着実に“未体験ファン”ともいえるリピーターを獲得。2018年も新年の幕開けとともに、各国のあらゆるジャンルから厳選した全61本にもおよぶ劇場未公開作品を一挙上映です!

2018年1月6日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催!

※シネ・リーブル梅田では2018年1月20日(土)より開催予定
[鑑賞料金]1,300円均一(毎週水曜、毎月1日は1,100円均一)、リピーター割引あり、TCG会員割引あり

「未体験ゾーンの映画たち 2018」公式サイト

映画情報どっとこむ ralph 注目作は、『アンダードッグ 二人の男』。

大人気K-POPグループであるSHINeeのメンバーとして日本のみならずアジア各国に熱狂的なファンを持つミンホと、話題作『新感染 ファイナル・エクスプレス』で圧倒的な存在感を示し、今や韓国映画界に欠かせない俳優となった、マ・ドンソクの豪華共演が実現!社会の底辺に生きる不良少年たちと裏社会の男との息詰まるストリート・クライム・アクションです。映画初主演となるミンホは、愛する恋人を必死に守る主人公を熱演し、俳優としての新境地を開拓。一方、マ・ドンソクは、本作でも荒っぽい男臭さと悪役ながらも、人間味あふれるキャラクターで観客を魅了します。
©2016, MCMC Ltd., ALL RIGHTS RESERVED

さらに、日本とハリウッドがコラボした異色ホラー『ホーンテッドテンプル~顔のない男の記録』も見逃せない一作!

日本旅行にやって来たアメリカ人大学生たちに襲いかかる寺の恐怖とは!? 『テッド』シリーズなど数々のメジャースタジオで撮影監督を務めてきたマイケル・バレットの初監督作品。脚本は『サプライズ』『ザ・ゲスト』などで世界中から賞賛を浴びたサイモン・バレット。そしてプロデューサーには、デヴィッド・リンチ監督作品で知られるニール・エデルスタインや、『リング』『着信アリ』などのハリウッドリメイクを実現させた江川信也など、世界で活躍するスタッフが大集結。メインキャストには、ローガン・ハフマン、ブランドン・タイラー・スクリナー、ナタリア・ワーナー。そして日本からは、竹中直人、内田朝陽、黒川芽以らも参戦!日本を舞台にした、新たなハリウッドホラーが誕生しました!


そのほか、ブルース・リーの知られざる伝説の対決を描いた『バース・オブ・ザ・ドラゴン』や、


数々の映画祭で話題の中心となった、水恐怖症の美女を殺人鬼が水の中から襲う『溺殺魔 セバスチャン・ドナー』など、

© RED ROOM 2 PRODUCTIONS INC. 2014
今回も見逃すことができない、未公開作品が勢揃いしました!

毎年ご好評いただいている<予告編大会>は、今回は“前夜祭”と称し、2018年1月5日(金)に、Loft9 Shibuyaにて開催決定!ゲストに「映画秘宝」常連ライター高橋ヨシキ氏、てらさわホーク氏、多田遠志氏を迎え、自由奔放なフリートークで本映画祭を語り尽くします!

映画情報どっとこむ ralph また、2016年より実施いたしております、ムービープラス、青山シアターとのタイアップ企画が、好評につき2018年も実施決定!

ムービープラスでは、12/26(火)、27(水)の2日間、『未体験ゾーンの映画たち』特集の放送が決定!

青山シアターでは、ヒューマントラストシネマ渋谷の上映終了翌日より、一部の上映作品を2週間限定配信!

7年目を向かえ、益々盛り上がりを見せる『未体験ゾーンの映画たち』。

是非ものです!

***********************************



上海・深セン・昆明で熱烈歓迎「2017 中国・日本新作映画上映」上映会開催


映画情報どっとこむ ralph 国際交流基金、ユニジャパン(東京国際映画祭)、上海国際影視節有限公司(上海国際映画祭)が共同で、12月1 日(金)~3日(日)の3日間 中国の上海・深セン・昆明で開催した「2017 中国・日本新作映画上映」(中国語:2017 中国・日本新片展)が、中国の映画ファンを連日魅了し、大反響の中で閉幕しました。日本から駆け付けたゲストの現地映画ファンとの交流が行われました。


オープニングセレモニー
2017年12月1日18:00~/上海/上海大光明電影院
写真左より(敬称略)片山ゆかり(在上海日本国総領事夫人)柄博子(国際交流基金 理事)金輝(上海電影発行放映行業協会 秘書長)于志慶(上海市広播電影節目制作行業協会 秘書長)片山和之(在上海日本国総領事)呉孝明(上海市文化広播影視管理局 芸術総監)熊澤尚人(監督)白石晃士(監督)吉田大八(監督)傅文霞(上海国際影視節中心 総経理)王曄(上海国際影視節中心 副総経理)都島信成(ユニジャパン 事務局長)

映画情報どっとこむ ralph オープニング作品『美しい星』
ゲスト:吉田大八監督、橋本愛
【2017年12月1日/上海/上海大光明電影院】
今回の上映会でオープニングを飾ったのは吉田大八監督の『美しい星』。12月1日上海でのオープニング上映は、「東洋一豪華な劇場」と称され由緒ある大劇場「上海大光明電影院」で行われ、吉田大八監督と女優の橋本愛さんが歓声の中1300人の観客の前に登場しました。熱心な映画ファンとのQ&Aでは作品に深く切り込む質問も起こり、『美しい星』に対するゲストとファンの熱い想いが会場を一層盛り上げました。

【吉田大八監督コメント】
上映後に登壇した際、劇場を埋めた1300人のお客さんの熱気を肌で感じることができました。質問のテンションも高く、みんな両手で挙手するからまさに主人公・大杉重一郎の執念そのものが海を越えたような気がして感無量でした(火星人のポーズ、本編参照)。この勢いとノリに応えられるような映画をもっともっと作っていきたいです。ありがとうございました!

【橋本愛さんコメント】
1300人もの観客の方々が、心から映画と自分たちを歓迎してくれていて感動しました。ただただ高揚したり、この作品の芯を捉え深く考察したりと、きっとそれぞれの味わい方でこの映画を楽しんでいただけたのではないかと思います。中国の皆さんの熱気に包まれ、大変なパワーを貰いました。感謝です。


クロージング作品『海辺のリア』
ゲスト:小林政広監督、宮川朋之プロデューサー
【2017年12月3日/深セン/深センブロードウェイ電影センター】
小林政広監督『海辺のリア』クロージング上映は最終日である12月3日(日)深センで行われました。会場には小林政広監督、宮川朋之プロデューサーが深センに駆け付け、クロージングセレモニーと作品上映後のQ&Aに出席しました。会場である「深センブロードウェイ電影センター」は今年11月にオープンした最新設備を備え、世界の優秀な作品を上映する映画ファンのためのシネコンで、熱心な日本映画ファンが会場に集合し、小林監督に質問を投げかけました。

【小林政広監督コメント】
深センは初めてでした。想像していた町とは全く違っていて、高層ビルが林立する都市でした。たった一泊の滞在でしたので、上映会場のシネコンとホテルの往復のみの移動でした。しかし上映はとても素晴らしいものでした。巨大スクリーンに圧倒されました。上映後のQA にもお客さんが熱心に参加してくれて、様々な質問が飛び交いました。『海辺のリア』の中国での上映は初めてでしたので、お客さんの反応の良さには驚きました。ありがとうございました!

映画情報どっとこむ ralph ワールドプレミア『不能犯』
ゲスト:白石晃士監督
【2017年12月3日/昆明/昆明ブロードウェイ影城】
今回の上映会で上映される作品は全てチャイナ・プレミアですが、中でもこの『不能犯』は、全世界初のお披露目となるワールドプレミアとなりました。上海でのワールドプレミアを迎えた白石晃士監督は、さらに上映会最終日に雲南省・昆明の劇場で舞台挨拶とQ&Aに登壇しました。

【白石晃士監督コメント】
『不能犯』が中国でワールドプレミアになるとはまったく予想していなかったので非常に嬉しかったです。同じ中国でも、都市やお客さんの年齢でリアクションが違うのが面白かったです。びっくりするほどリアクションが大きく心から作品を楽しんでくれているのを感じました。Q&Aでは作品について核心をついた質問をしてくれる人もいて、映画を見る目が養われているのを感じました。今回の訪中を通して、中国でも自分の映画が通じるんだなという感触が得られたのが一番の収穫でした。今後話があればぜひ中国で映画を製作してみたいと思います。


『心が叫びたがってるんだ。』『ユリゴコロ』
ゲスト:熊澤尚人監督
【『ユリゴコロ』2017年12月2日/上海/上海大光明電影院】
【『心が叫びたがってるんだ。』2017年12月3日/深セン/深センブロードウェイ電影センター】
今回2本の作品が上映された熊澤尚人監督は北京・福州での上映を終えた足で上海に駆けつけ、上海では『ユリゴコロ』、深センでは『心が叫びたがってるんだ。』のQ&Aに登壇しました。

【熊澤尚人監督のコメント】
青春映画とミステリー愛憎劇、真逆の2つの私の作品が上映されました。両作とも、上海でも深センでも観客が大変な熱意を持って集まり、驚きました。また日本で観客の反応が薄いシーンでも、泣いたり笑ったりと、その反応の違いにも驚かされました。上映後のQ&Aでは質問が止まらず、列を作ってサインや記念撮影を求められ、私の以前の監督作品も既に見ているという、その日本映画への熱量の強さを体感し、日中合作映画への意欲がますます増しました。

映画情報どっとこむ ralph 「2017 中国・日本新片展」

(日本語:「2017 中国・日本新作上映会」)
会期:2017年12月1日(金)~3日(日)
会場:(上海)上海大光明電影院、新天地UME国際影城 /(昆明)昆明百老滙影城(深セン)深圳百老滙電影中心、深圳百老滙影城cocopark店

作品:『美しい星』(吉田大八監督 ※オープニング作品)『海辺のリア』(小林政広監督 ※クロージング作品)『南瓜とマヨネーズ』(冨永昌敬監督)『心が叫びたがってるんだ。』『ユリゴコロ』(熊澤尚人監督)『光』(河瀨直美監督)、『覆面系ノイズ』(三木康一郎監督)『不能犯』(白石晃士監督)『武曲』(熊切和嘉監督)『彼らが本気で編むときは、』(萩上直子監督)
合計10作品、1都市での上映作品は各9作品

主催:上海国際影視節中心、独立行政法人国際交流基金、公益財団法人

ユニジャパン動員数:(上海/2会場)13,816名(深セン/2会場)2,612名(昆明/1会場) 758名 総合計:17,186名
左より、白石監督、熊澤監督、吉田監督 監督の雰囲気がグラデーション!が面白い写真

***********************************



「さぬき映画祭2018」概要が発表&クラウドファンディング スタート!


映画情報どっとこむ ralph 来年2⽉に開催予定の「さぬき映画祭2018」概要が発表に。
今回で12年目となる今回も、充実したラインナップをご用意します。

開催日程:平成30年2⽉9日(⾦)〜 2⽉12日(月・祝) 4日間
開催会場:レクザムホール、イオンシネマ(⾼松東・綾川・宇多津)、サンポートホール 高松、情報通信交流館e-とぴあ・かがわ、かがわ国際会議場 ほか
主催:さぬき映画祭実⾏委員会、香川県、高松市、宇多津町、綾川町
ディレクター:本広克⾏(映画監督)

❶さぬきストーリー・プロジェクト
一昨年から始まった「さぬきストーリー・プロジェクト」ショートムービーコンペティ ションを今年も実施。香川県での面白いエピソードや感動する話、歴史や伝説などの「ス トーリー」を基に制作されたショートムービーを上映し、来場者の投票でグランプリを決 定します。現在、作品を募集中で、グランプリ作品には賞⾦100 万円を、グランプリ作品 ストーリー提供者には賞金3万円を贈呈します。

❷映画上映
話題の新作映画から名作まで、本広ディレクター選りすぐりの作品を、監督や出演俳優 らによるトークイベントを交えながら上映します。 ・新進気鋭の若⼿映画監督作品を上映し、次世代を担う監督たちを応援します。 ・コンペティション部門として平成27年度まで実施していた「映像作品企画募集」におい て、優秀企画に選ばれた過去の作品を上映します。

❸演劇公演
「映画、だけじゃない映画祭」をコンセプトに、今回も演劇公演を実施します。
「水曜どうでしょう」の藤村忠寿ディレクターが、サムライ時代劇集団「笑撃武踊団」 を従えて旗揚げした藤村源五郎一座による演劇公演を予定しています。

❹映画祭地方サミット
地方映画祭を開催している方々に集まっていただき、本広監督やさぬき映画祭開催期間 中に来県した関係者とともに、地方映画祭の未来について話し合うシンポジウムを開催 します。

❺シナリオコンクール
第2回目となる「シナリオコンクール」は、映画監督やシナリオライターなど、映画・ 映像に携わる人材の育成・発掘を目的とし、香川県在住者又は出身者を対象とした企画 です。開会式において表彰式を行い、大賞受賞者には10万円を贈呈します。

❻トークイベント
さぬき映画祭常連、北海道の人気TV番組「水曜どうでしょう」と福岡の「ゴリパラ見聞録」の上映と、トークイベントを開催します。
映画監督によるトークをお食事と共に楽しめるイベントを実施します。

映画情報どっとこむ ralph そして!クラウドファンディングを始めたそうです!

さぬき映画祭2018開催に向けて、CAMPFIREさんにてクラウドファンディングプロジェクトをスタート!
サイトはこちら

パンフレットや映画鑑賞引換券をお手元にお届けするプランから、ゲストも参加される オープニングパーティーや交流会の特別招待チケットなど、ここでしか得られない特典 もありますので、ぜひご覧ください。なお、今回の特典を受けられるのは、2018年1⽉25日までにお申込みいただいた方です。

クラウドファンディングページにはドキュメンタリー映画『映画祭のつくり方ーさぬき 映画祭の場合ー』の特別編集版を掲載。さらに【行定勲×本広克行対談】映画監督兼映 画祭ディレクターでもあるお二人の対談映像も必見です。 日本映画の灯火となる、新しい映画祭を一緒につくりませんか?

***********************************



ウェス・アンダーソン監督最新作『犬ヶ島』第68回ベルリン国際映画祭OP上映


映画情報どっとこむ ralph 全世界で大ヒットし、アカデミー賞最多9部門ノミネート、最多4部門受賞の『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)の製作陣が再結集する映画『犬ヶ島』が2018年春より、日本を含む全世界で公開。
この度、本作が、2018年2月15日[現地時間]より開催される第68回ベルリン国際映画祭のオープニング作品として上映&コンペティション部門への正式出品が決定しました!

独特な世界観で数多くの映画ファンを魅了し、ベルリン国際映画祭の参加も常連ともいえるウェス・アンダーソン監督作品としては、審査員グランプリの銀熊賞を受賞した『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)以来、オープニング作品としては約4年ぶり、2度目の選出、またコンペティション部門へは4度目の出品となります!!!


本作は、全編にわたり日本を舞台とし、失踪した愛犬を探す少年と犬たちの壮大な旅と冒険をストップモーション・アニメーションで描きます。

声優陣として、ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、ティルダ・スィントン、F・マーレイ・エイブラハム、ボブ・バラバン、フランシス・マクドーマンド、野村訓市といった、アンダーソン監督作品常連の豪華俳優陣に加え、新たにスカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーブ・シュライバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノら多彩な才能が集結。

さらには、日本人ボイスキャストとしてRADWIMPS・野田洋次郎、夏木マリ、村上虹郎、渡辺謙らといった日本を代表する異色なキャスト陣の参加が決定していることから、映画ファンを中心に日本のみならず世界中が公開を待ちわびています!

現在、映画祭での上映日に合わせキャスト、スタッフの渡航は調整中。


***********************************

映画『Isle of Dogs』
邦題『犬ヶ島』

監督:ウェス・アンダーソン
ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、ティルダ・スィントン、F・マーレイ・エイブラハム、ボブ・バラバン、フランシス・マクドーマンド、野村訓市、スカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーブ・シュライバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノ


『ダンケルク』第30回 日刊スポーツ映画大賞 外国作品賞受賞!


映画情報どっとこむ ralph ダンケルク』が「第30回日刊スポーツ映画大賞」にて外国作品賞を受賞!
授賞式は12月28日(木)に行われる予定です。

『ダンケルク』監督 クリストファー・ノーランから受賞への喜びのコメントが到着しました。

ノーラン監督:この度は、日刊スポーツ映画大賞の外国作品賞に「ダンケルク」を選出いただき、ありがとうございます。全ての関係者を代表して感謝の意を表したいと思います。この受賞は苦労したキャストとスタッフにとって素晴らしい事です。私たちは、この映画が日本で高く評価された名誉に深く感謝致します。    

映画情報どっとこむ ralph
2017年12月20日(水)より『ダンケルク』のブルーレイ&DVDを発売・レンタル開始いたします。
また、12月13日(水)にはデジタル先行配信を開始いたします。

ダンケルク
2017年12月13日(水)デジタルセル先行配信開始
2017年12月20日(水)
ブルーレイ&DVD 発売・レンタル開始/デジタルレンタル配信開始
■ブルーレイ&DVDセット(3枚組)¥3,990+税
■【初回限定生産】プレミアム・エディション ブルーレイ&DVDセット(3枚組/ブックレット付)¥4,990+税
■【初回限定生産】アルティメット・エディション<4K ULTRA HD&ブルーレイセット>(3枚組/ブックレット付)¥6,990+税

***********************************