「映画祭」カテゴリーアーカイブ

『AnimeJapan 2018』スピンオフ企画!土曜日夜のフェス「AJ Night 2018」の出演者発表!


映画情報どっとこむ ralph 世界最大級の総合アニメイベント『AnimeJapan 2018』は「アニメのすべてが、ここにある。」をテーマに、出展社241社の企業出展、2日間で46プログラムが実施されるAJオープンステージ、作品連動型のコラボフードやオフィシャルグッズ販売などを実施し、想定来場者数150,000人となる世界最大級の総合アニメイベントです。

◆スピンオフ企画「AJ Night 2018」の出演者を発表しました。
AnimeJapan 2018サタデーナイトフェス!3月24日(土)アニソンクラブ系イベント開催! DJプレイやアーティストによるライブなどファンの皆様にアニソンを楽しんで頂けるイベントを展開。
◆「AJオープンステージ」の最新情報を更新しました。これまで未定だったステージの情報を追加。(※着席観覧希望者はステージ応募権付きチケットより抽選応募が必要です。※2月18日(日)まで販売)
◆「みんなで選ぶ!アニメなんでもランキング」投票開催!投票結果をTwitterでシェアした⽅の中から各ランキング3名様(計12名様)にAnimeJapanオリジナルグッズをプレゼント。
◆街コンイベント「アニ☆コン東京 in AnimeJapan」の開催が決定しました。
アニメ好きが集まる街コンイベント「アニ☆コン」と「AnimeJapan 2018」とのスペシャルコラボイベントを今年も開催します。

映画情報どっとこむ ralph AJ Night開催概要

AnimeJapan 2018も開催!
スピンオフ企画!3月24日土曜日夜のフェス!「AJ Night 2018」の出演者が決定しました!

世界最大級のアニメイベント「AnimeJapan」のスピンオフ企画として2015年に誕生したAJ Night。
盛り上がること間違いなしのこの企画にはアーティスト&DJフェス「AJ Night」に出演者を発表しました。
東京・豊洲PITを舞台に、アーティストの音楽ライブとDJのアニソンプレイが交差する、新感覚のフェスをお楽しみに!
チケットは、2月9日(金)19:00〜2月18日(日)23:59に「AnimeJapan公式サイト先行予約」にて販売。
ぜひ以下のURLにて、イベントの詳細をご覧ください。
●「AJ Night 2018」公式サイト
AJ Night 2018

<概要>
【タイトル】AJ Night 2018
【出演者 -LIVE-】亜咲花、石原夏織、D-selections、どうぶつビスケッツ×PPP、22/7 (ナナブンノニジュウニ) etc.
【出演者 -DJ-】DJ WILDPARTY、TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND、motsu×DJ KAYA etc.
【公演日】2018年3月24日(土)
【会場】豊洲PIT
【時間】開場16:30/開演17:30
【前売料金】6,480円(税込)※ドリンク代別600円
【AnimeJapan公式サイト先行予約】2月9日(金)19:00~2月18日(日)23:59
【AnimeJapan公式サイト先行予約・窓口】チケットぴあ http://w.pia.jp/t/ajnight/(PC・携帯共通)
※チケットの先行予約は抽選受付となります。
※購入制限 1名につき4枚までとなります。

AJ オープンステージ最新情報

オープンステージの情報を更新!
これまで未定だったステージの内容、出演者が発表されました。

5周年記念として、全ステージが自由観覧可能!さらに、3つだったステージが2つに増加で合計5ステージに!
※「AJオープンステージ」はRED・WHITE・GREEN・YELLOW・BLUEの計5ステージで開催されます。
毎年好評の新作アニメの発表やトークイベント、ライブなどを行う全46プログラムを開催します。
最新のステージタイムテーブルは公式サイトより確認できます。

※画像はイメージです。
※自由観覧可能ですが、スペースに限りがございます。
※ステージイベントを着席で観覧をするためには、事前にステージ着席観覧への抽選応募が必要です。
※ステージ前方は座席指定になります。こちらは従来同様「事前応募・抽選制」となります。


事前販売入場券【ステージ応募権付き】
販売はこちら
チケット販売は2018年2月18日(日)まで!!

映画情報どっとこむ ralph 街コンイベント「アニ☆コン東京 in AnimeJapan」開催決定

アニメ好きが集まる街コンイベント「アニ☆コン」と「AnimeJapan 2018」の
スペシャルコラボイベントを今年も開催します。
アニメ専門チャンネル・アニマックスと街コンジャパンが2014年に開始した「アニ☆コン」は定期的に全国で開催しており、のべ14,000人以上のアニメファンが参加している人気の街コンイベントです。今年も4年連続で「AnimeJapan」とのコラボイベントが決定しました。過去3年とも土日2日連続開催で、計1,500人以上のアニメファンが集まり、アニメトークなどで盛り上がりました。
ライトな方からコアなアニメファンまで、幅広く参加されています。少しでもアニメが好きな方なら大歓迎です。

「AnimeJapan 2018」に参加した後は、「アニ☆コン」に参加して、気の合う仲間を見つけよう!

【アニ☆コンのポイント】
・参加者全員がアニメ好き!
・アニメ企画が満載!
・恋人探しから友達作りまで!

【イベント概要】
イベント名:アニ☆コン東京 in AnimeJapan
開催日時:2018年3月24日(土) 17:00~20:00
     2018年3月25日(日) 17:00~20:00
開催場所:東京ビッグサイト付近の飲食店
対象:満20歳~39歳までの独身の男女
   男性のみ2名1組
参加費:男性:¥6,500  女性:¥3,000
主催:株式会社アニマックスブロードキャスト・ジャパン、株式会社リンクバル
公式URL

映画情報どっとこむ ralph AnimeJapan 2018開催概要

催事名称     : AnimeJapan 2018
会場       : 東京ビッグサイト (〒135-0063 東京都江東区有明3-10-1)
           東展示棟 東1-8ホール [メインエリア]
           会議棟1Fレセプションホール [ビジネスエリア]
メインエリア会期 : 2018年3月24日(土)・25日(日)
会期時間 10:00~17:00 ※最終入場16:30

ビジネスエリア会期: 2018年3月22日(木)・23日(金)
会期時間 10:00~17:00 ※最終入場16:30

特別協賛     : Sony × Fate/Grand Order
協賛       : ゴジラ・ストア × TOHO animation STORE/LIVE DAM STADIUM/株式会社 SANKYO/
dアニメストア/フィールズ株式会社
後援       : 経済産業省/一般社団法人 日本動画協会/コミック出版社の会
主催       : 一般社団法人アニメジャパン
展開内容     : 出展ブース(展示・物販・イベントなど)/特設ステージ/
ビジネスエリア ※会議棟1Fレセプションホール/主催企画 など展開予定
入場券      : 2018年1月27日(土)より販売開始
事前販売 中学生以上:1,800円(税込)/小学生以下:無料
当日券  中学生以上:2,200円(税込)/小学生以下:無料
公式サイト    : http://www.anime-japan.jp
公式Twitter  : @animejapan_aj (ハッシュタグ:#animejapan)
事務局      : AnimeJapan運営事務局
           [株式会社 ソニー・ミュージックコミュニケーションズ]

※Sony × Fate/Grand Orderは、ソニー株式会社とFate/Grand Orderの共同協賛です。

***********************************



『ファミリーアニメフェスタ2018』人気アニメ作品全21作品とファミリーステージ参加作品発表!


映画情報どっとこむ ralph 一般社団法人アニメジャパンは、2018年3月24日(土)25日(日)に東京ビッグサイト東7ホールで開催するファミリー向けアニメイベント『ファミリーアニメフェスタ2018』の人気アニメ作品、全21作品とファミリーステージ参加作品を発表しました。
キッズに人気のアニメが大集合する『ファミリーアニメフェスタ2018』は前回に引き続き、ファミリー限定エリアとして、小学生以下のお子様だけでなく、その保護者の方も入場無料として開催し、プレイコーナーやキッズワークショップコーナー、ファミリーステージも「無料」で実施します。また、エリア面積も前回の約2倍に拡大し、出展ブースも10ブース35小間(前回の約4倍)となるなど、過去最大規模で展開します。

今回もりんかい線 国際展示場駅前から東京ビッグサイト 東7ホール付近をつなぐファミリー専用無料シャトルバスを運行します。

※シャトルバスのご利用は、小学生以下及びその保護者に限ります。大人だけでのご乗車はできません。発着場所は、後日公式サイトの会場アクセスにてご案内します。

ファミリアニメフェスタ2018公式サイト:
www.family-animefesta.jp

映画情報どっとこむ ralph <ファミリーアニメフェスタ2018全21作品>

アイドルタイムプリパラ / あらいぐまラスカル / うさぎのモフィ / おじゃる丸 / 映画かいけつゾロリ ZZのひみつ / かみさまみならい ヒミツのここたま / きかんしゃトーマスとなかまたち / 機動戦士ガンダム / クレヨンしんちゃん / 少年アシベ GO!GO!ゴマちゃん / 新幹線変形ロボ シンカリオン / それいけ!アンパンマン / タイムボカン 逆襲の三悪人 / ちびまる子ちゃん / トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察 / ドラえもん / 忍たま乱太郎 / HUGっと!プリキュア / はなかっぱ / ポケットモンスター サン&ムーン / 妖怪ウォッチ (五十音順)

■ファミリーステージ
キッズに大人気のアニメ作品によるキャラクターショーなど、みんなで楽しめる魅力的なステージを実施します。
3月24日(土)
かみさまみならい ヒミツのここたま / それいけ!アンパンマン / ドラえもん / ポケットモンスター サン&ムーン (五十音順)
3月25日(日)
新幹線変形ロボ シンカリオン・トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察 / それいけ!アンパンマン / HUGっと!プリキュア / 妖怪ウォッチ(五十音順)
※ステージスケジュールは後日発表します。
※内容は変更になる場合もございます。※写真は前回実績もしくはイメージです。

©T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京 / IPP製作委員会 ©NIPPON ANIMATION CO., LTD. ©SCP/RAI/AA/ZDFE ©犬丸りん・NHK・NEP ©2017原ゆたか/ポプラ社, 映画かいけつゾロリ製作委員会 ©BANDAI/TV TOKYO・ここたま製作委員会 ©2018 Gullane (Thomas) Limited. ©創通・サンライズ ©臼井儀人 / 双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK ©森下裕美・OOP/Team Goma ©プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS  ©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV ©タツノコプロ・読売テレビ ©さくらプロダクション / 日本アニメーション ©TOMY/ドライブヘッド・TBS ©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK ©尼子騒兵衛/NHK・NEP ©ABC-A・東映アニメーション ©2010 あきやまただし/はなかっぱプロジェクト©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon ©L5/YWP・TX

映画情報どっとこむ ralph ファミリーアニメフェスタ2018 開催概要

催事名称: ファミリーアニメフェスタ2018
会場  : 東京ビッグサイト (〒135-0063 東京都江東区有明3-10-1)
     東展示棟 東7ホール
会期  : 2018年3月24日(土)・25日(日) 会期時間 10:00~17:00 ※最終入場16:30
特別協賛: Sony × Fate/Grand Order
協賛  : ゴジラ・ストア × TOHO animation STORE/LIVE DAM STADIUM/株式会社 SANKYO/
dアニメストア/フィールズ株式会社
後援  : 経済産業省/一般社団法人 日本動画協会/コミック出版社の会
主催  : 一般社団法人アニメジャパン
展開内容: 出展ブース(展示・物販・イベントなど) /ファミリーステージ/ファミリーフードパーク/
プレイコーナー/キッズワークショップコーナー など展開予定
入場料: 無料 ※小学生以下及びその保護者のみ入場可能
公式サイト:
www.family-animefesta.jp
事務局: AnimeJapan運営事務局
    [株式会社 ソニー・ミュージックコミュニケーションズ]

※Sony × Fate/Grand Orderは、ソニー株式会社とFate/Grand Orderの共同協賛です。

***********************************

    


第40回PFF(ぴあフィルムフェスティバル)会期&会場発表!作品募集中!


映画情報どっとこむ ralph 今年40回を数えるPFF(ぴあフィルムフェスティバル)の会期会場が決定しました。

会期は9月8日(土)から22日(土)。月曜休館を挟んで13日間、「国立映画アーカイブ」で展開します。

「国立映画アーカイブ」は、これまでPFFを開催してきた「東京国立近代美術館フィルムセンター」が、日本で6番目の国立美術館として独立し、「映画を残す、映画を活かす。」というミッションのもと、映画文化振興のナショナルセンターとして、4月1日、新たな歴史をスタートする映画の殿堂です。この「国立映画アーカイブ」の若手クリエイターの支援の趣旨を受け、PFFも40回という記念の年を始めます。


◎映画祭「第40回PFF(ぴあフィルムフェスティバル)」開催概要

【会期】2018年9月8日(土)から22日(土)まで  ※月曜休館
【会場】国立映画アーカイブ
(※東京国立近代美術館フィルムセンターが2018年4月1日より「国立映画アーカイブ」に変わります。)
【内容】コンペティション部門「PFFアワード2018」、招待作品部門、ほか映画講座、関連企画等を予定
【公式サイト】https://pff.jp

映画情報どっとこむ ralph PFF(ぴあフィルムフェスティバル)のメインプログラムは、1977年の始まりから続く自主映画のコンペティション「PFFアワード」です。

この「PFFアワード」からは、例えば、本年度の映画賞レースを独走する『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』の石井裕也監督、現在公開中の『嘘を愛する女』の中江和仁監督、『不能犯』の白石晃士監督、公開を控える『娼年』の三浦大輔監督、『いぬやしき』の佐藤信介監督など、120名を超えるプロの映画監督が生まれてきました。

また、2月15日開幕の第68回ベルリン国際映画祭には、昨年の「PFFアワード2017」グランプリ『わたしたちの家』(清原 惟監督・現在ユーロスペースにて公開中)と、観客賞『あみこ』(山中瑶子監督)がフォーラム部門に正式出品が決定しています。

映画の新しい才能が集う場所として、国内外から注目される「PFFアワード」。

本年の 応募締切は3月22日(木)です。入選作品は「第40回PFF」にてお披露目され、9月20日(木)の表彰式で各賞が発表されます。

映画情報どっとこむ ralph “PFFに応募すれば、何かが変わる”

◎コンペティション部門「PFFアワード2018」作品募集概要
【公募受付期間】2018年2月1日(木)~3月22日(木)
※データアップロードの場合は、23時59分までにアップ完了。
※郵送の場合は、当日消印有効。

応募される作品の長さ(短編・中編・長編)、ジャンル(ドラマ、CG、アニメーション、
ドキュメンタリーetc)や、応募者の年齢、性別、国籍などの制限は一切ありません。
作品募集ページ

◎コンペティション部門「PFFアワード2018」作品募集概要
【公募受付期間】2018年2月1日(木)~3月22日(木)
※データアップロードの場合は、23時59分までにアップ完了。
※郵送の場合は、当日消印有効。

応募される作品の長さ(短編・中編・長編)、ジャンル(ドラマ、CG、アニメーション、
ドキュメンタリーetc)や、応募者の年齢、性別、国籍などの制限は一切ありません。

作品募集ページ

***********************************



映画『犬ヶ島』第68回ベルリン国際映画祭にRADWIMPS・野田洋次郎と夏木マリの参加決定!


映画情報どっとこむ ralph 全世界で大ヒットし、アカデミー賞最多9部門ノミネート、最多4部門受賞の『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)の製作陣が再結集する映画『犬ヶ島』が2018年5月より全国公開いたします。

全編にわたり日本を舞台とし、”犬インフルエンザ”の大流行によって犬ヶ島に隔離されてしまった愛犬を探す少年と犬たちの壮大な旅と冒険をストップモーション・アニメーション。
この度、第68回ベルリン国際映画祭に日本人ボイスキャストを代表して、RADWIMPS・野田洋次郎さんと夏木マリさんの参加が決定しました!!

カンヌ、ベネチアと並んで世界三大映画祭のひとつとして数えられるベルリン国際映画祭。

そんな盛大な祭典のオープニングで開催されるレッドカーペットに本作の日本人ボイスキャストを代表し、RADWIMPS・野田洋次郎さんと夏木マリさんが初参加!
野田さん:今回『犬ヶ島』のワールドプレミア上映に際し、はじめてベルリン国際映画祭に行かせて頂きます。ひょんな流れから出演のお話をもらい、まさか映画祭にまでお邪魔できるとは想像もしていませんでした。せっかくなのでまだ出会っていない共演者、監督たちと共に楽しんできたいと思っています。

と意気込みを明かし、

夏木さん:ある日、私がiPhoneで録音した声がベルリン国際映画祭のオープニングになるなんて、ビックリ仰天!!!!!
とオープニング作品に選ばれたことに対して喜びのコメントを寄せています。未だ本作ワールドプレミアの全登壇者が発表されていないことから世界中からますます期待が高まっている本年度のベルリン映画祭。日本を敬愛するウェス・アンダーソン監督から本作のキャスティングを受けた2人は世界の映画ファンにどのように迎えられるのか?前例のない顔ぶれがそろう過去最大のレッドカーペットでのふたりの活躍、そしてコンペティション部門での本作の受賞結果に是非ご期待ください!

映画情報どっとこむ ralph また、併せて提供開始させていただく場面写真では愛犬を探す主人公の少年と、首輪、服、犬種から個性的際立つ犬たちの姿が公開!これまでの作品でも風変りな性格を持つキャラクターたちを数々生み出してきた監督ですが、本作で登場する犬たちはそれぞれどんなキャラクター性を持ち合わせているのか・・?さらに、主人公が身につけている衣服には日本語の文字も垣間見え、ウェス・アンダーソン監督独特の世界観で日本の文化がどのように描かれるのかますます期待が膨らみます!

単に日本を舞台としているだけでなく、天才監督、ウェス・アンダーソン監督の視点を通じた日本のカルチャーを世界へ発信する一大プロジェクト『犬ヶ島』は、世界の観客の目にどのように写り込むのか?

本作は、声優陣としてビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、ティルダ・スィントン、F・マーレイ・エイブラハム、ボブ・バラバン、フランシス・マクドーマンド、野村訓市といった、アンダーソン監督作品常連の豪華俳優陣に加え、新たにスカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーブ・シュライバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノら多彩な才能を持ったキャストが集結。さらには、日本人ボイスキャストとしてRADWIMPS・野田洋次郎、村上虹郎、渡辺謙、夏木マリらといった日本を代表する多彩なキャスト陣も参加しています。


『犬ヶ島』
原題『Isle of Dogs』

2018年5月、全国公開です。
***********************************

監督:ウェス・アンダーソン
声優陣:
ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、ティルダ・スィントン、F・マーレイ・エイブラハム、ボブ・バラバン、フランシス・マクドーマンド、野村訓市、スカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーブ・シュライバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノ
日本人ボイスキャスト:
RADWIMPS・野田洋次郎、夏木マリ、村上虹郎、渡辺謙


ロバン・カンピヨ監督最新作『BPM ビート・パー・ミニット』リュミエール賞初の史上最多6部門受賞!


映画情報どっとこむ ralph ロバン・カンピヨ監督最新作『BPM ビート・パー・ミニット』が、3月24日(土)より公開となります。

舞台は1990年代のパリ。エイズの治療は発展途上で、誤った知識や偏見を持たれていた時代。エイズ患者やHIV感染者への差別や不当な扱いに抗議し、政府や製薬会社などへ変革に挑んだ実在の団体ACT UP Parisの活動と通して、若者たちの恋と人生を力強くエモーショナルに描く。

本作は第70回カンヌ国際映画祭においてグランプリを受賞。さらに第90回アカデミー賞 外国語映画部門のフランス代表にも選出され、ヨーロッパ映画賞作品賞をはじめ、サテライト賞およびインディペンデント・スピリット賞の外国語映画賞ノミネートなど世界中の映画祭で旋風を巻き起こしています!


映画情報どっとこむ ralph そして!!!

この度、13部門にノミネートされていた“フランスのゴールデングローブ賞”と称されるリュミエール賞にて、作品賞、監督賞(ロバン・カンピヨ)、男優賞(ナウエル・ペレーズ・ビスカヤート)、脚本賞(ロバン・カンピヨ、フィリップ・マンジョ)、新人男優賞(アルノー・ヴァロワ)、音楽賞(アルノー・レボティーニ)の史上最多6部門受賞の快挙を達成!これまで同賞では『アデル、ブルーは熱い色』の4部門が最多受賞でしたが、本作がその記録を塗り替えました。今後もどこまで世界の賞レースを席巻していくのか。

ロバン・カンピオ監督からのコメントが届いています。

今まで語られてこなかったこの物語を、あらゆる方法で表現し映画化する必要があると考えていました。映画が政治に直接、影響を与えるとは考えていないです。この作品は、今機能していない何かを改善しようと訴えているわけでも、懐古的作品でもありません。敬服している人や、愛する人、共に笑った人をなくすという暗黙の悲しみを描いているのです。そして、生き残った僕たちは、今もこの病気と闘い続けるべきだと思っています。

映画情報どっとこむ ralph BPM ビート・パー・ミニット

原題:120 battements par minute
英題:BPM (Beats Per Minute)

3/24(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、ユーロスペース他にて全国ロードショー

第61回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した『パリ20区、僕たちのクラス』の脚本・編集を担当し、監督作『イースタン・ボーイズ』では第70回ヴェネチア国際映画祭 オリゾンティ部門の最高賞を受賞したロバン・カンピヨ監督の長編第3作。舞台は1990年代初めのパリ。エイズの治療はまだ発展途上で、誤った知識や偏見をもたれていた。「ACT UP Paris」のメンバーたちは、新薬の研究成果を出し渋る製薬会社への襲撃や高校の教室に侵入し、コンドームの使用を訴えたり、ゲイ・プライド・パレードへ参加するなどの活動を通し、エイズ患者やHIV感染者への差別や不当な扱いに対して抗議活動を行っていた。行動派のメンバーであるショーンは、HIV陰性だが活動に参加し始めたナタンと恋に落ちる。しかし、徐々にショーンはエイズの症状が顕在化し、次第にACT UPのリーダー・チボーやメンバーたちに対して批判的な態度を取り始めていく。そんなショーンをナタンは献身的に介護するが…。生と死、理想と現実の狭間で揺れ動きながらも、強く生きる若者たちの生き生きとした表情や行動、濃厚で鮮烈な彼らの人生に、観る者の鼓動は高鳴り、激しく心を揺さぶられる。

***********************************

脚本・監督:ロバン・カンピヨ(『パリ20区、僕たちのクラス』脚本・編集)、『イースタン・ボーイズ』監督)

出演:ナウエル・ペレーズ・ビスカヤート、アルノー・ヴァロワ、アデル・エネル

2017年/フランス/フランス語/カラー/シネマスコープ/5.1ch/143分
映倫区分:R15+
(c) Céline Nieszawer