「釜山国際映画祭」カテゴリーアーカイブ

『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』釜山国際映画祭出品決定!


映画情報どっとこむ ralph 日本の美しい風景を走る鉄道とともに、迷いながらも成長していく人々の姿を清々しく描き、多くの世代から愛される人気シリーズとなった映画『RAILWAYS』。この度、シリーズ最新作となる『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』が有村架純と國村隼のW主演にて、11月30日(金)より全国ロードショーとなります。

本作は、鹿児島県~熊本県を結ぶ<肥薩おれんじ鉄道>を舞台に、愛する人を失った、血の繋がらない3世代3人の、“ふぞろい”な家族の再出発を描いています。W主演となるのは、亡き夫の連れ子・駿也とともに、夫の故郷・鹿児島で鉄道運転士を目指す奥薗晶役の有村架純と、晶の義父で、最初は頑なだったが、晶の明るさと孫の駿也とふれあうことで徐々に心を通わせていく節夫役で國村隼が出演。

この度、本作が第23回釜山国際映画祭「アジア映画の窓」部門に出品されることが決定しました!
(※釜山国際映画祭 開催期間:10月4日~10月13日)

今回の正式出品について、國村隼、田監督の喜びのコメントも到着。

國村隼さんからのコメント
「哭声/コクソン」という作品は私にとって初めての韓国映画でした。ナ・ホンジン監督のイメージをどのくらい形に出来 たのか未だにわかりませんが、多くの韓国の⽅々に⽀持して頂いた驚きと嬉しさは今も忘れることは出来ません。 そしてそのご縁もあってでしょうか、今年の釜⼭国際映画祭に審査員としてお招き頂きました。 たいへんな重責に躊躇する気持ちも⼤きかったのですが、これもご縁とお引き受けする事になりました。 また、もうひとつ嬉しい事に、私の最新作「かぞくいろ」も招待作品として決定し、 各国の皆さんにお披露⽬出来る事をとても光栄に思っています。 釜⼭映画祭に集う⼈たちとお⽬にかかるのを、今から楽しみにしています。

田康弘監督からのコメント
憧れの釜山国際映画祭に参加できてとても嬉しいです。作品の中で提⽰した『かぞくのかたち』は、韓国の皆様にも共感 してもらえるのではないかと密かに期待しております。アジアの映画ファンの皆様と⼀緒に作品を観ることが今から とても楽しみです。

映画情報どっとこむ ralph さらに國村さんは、アジアの精鋭新人監督のコンペ部門である「New Currents」部門の審査員にも決定。

今回、國村さんが選出された理由として、韓国では2016年に公開され700万人を超える動員を記録し、カンヌ映画祭でも上映され反響を得た「哭声/コクソン」の演技により、韓国の最も権威ある映画賞・青龍映画賞で男優助演賞と一般投票で選ばれる人気スター賞の2部門に輝いたことが大きく、映画祭たっての希望により実現したそうです。

映画情報どっとこむ ralph ハートウォーミングな物語『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』は11月30日に、全国ロードショー!

本作で國村さんが演じる節夫は、最初はぶっきらぼうな印象であるが、晶(有村架純)や駿也(歸山竜成)とふれあううちに表情や仕草を含め、静かであるが大きく変化していく役どころ。ひとつひとつ丁寧に紡がれる節夫の演技に注目です。

公式HP:
http://www.railwaysmovie.jp/


わたしたちにしか描けない、 家族のカタチ。

晶(有村架純)は、夫・修平(青木崇高)とその連れ子・駿也(歸山竜成)と東京で幸せに暮らしていたが、修平の突然の死で生活は一変。残された駿也と共に夫の故郷・鹿児島へ向かい、まだ会ったことのない義父の節夫(國村隼)を訪ねる。節夫は、運転士の仕事一筋で家族を顧みずに生きてきたが、突然やってきた晶たちを戸惑いつつも受け入れ、母としてまっすぐに生きようとする晶の姿に次第に心を動かされていく。そして晶は、亡き修平の子供の頃の夢でもあり、電車好きな駿也のため、鉄道の運転士を目指すことに。温かい人々との出会いや絆が、晶・節夫・駿也の3人を“かぞくいろ”に染めていく―。
***********************************

有村架純  國村 隼
桜庭ななみ 歸山⻯成/木下ほうか 筒井真理子/板尾創路 ⻘木崇高

エグゼクティブ・プロデューサー:阿部秀司
監督・脚本:田康弘
音楽:富貴晴美 プロデューサー:石田和義/秋吉朝子/櫛山 慶/石田聡子
ライン・プロデューサー:渡辺栄二
撮影:柴崎幸三 照明:上田なりゆき
美術:古積弘二 装飾:小林宙央 録音:白取 貢
編集:村上雅樹 サウンドエフェクト:北田雅也 特機:奥田 悟
衣裳:岡田敦之/牧 亜矢美 ヘア・メイク:宮内三千代

スクリプター:赤澤 環 助監督:甲斐聖太郎
制作担当:間口 彰 特別協賛:出水酒造
協賛:鹿児島県阿久根市/映画「かぞくいろ」制作を応援する会
撮影協力:肥薩おれんじ鉄道/九州旅客鉄道
製作:「かぞくいろ」製作委員会
企画:阿部秀司事務所/ROBOT
制作プロダクション:ROBOT
配給:松竹
©2018「かぞくいろ」製作委員会


大竹しのぶ x 奥山大史監督作品「Tokyo 2001/10/21 22:32~22:41」 釜山国際映画祭正式出品決定!!


映画情報どっとこむ ralph このたび、女優・大竹しのぶさんの初短編映画「Tokyo 2001/10/21 22:32~22:41」が第23回釜山国際映画祭(10月4日~13日開催)の短編コンペティション部門に正式出品作品として招待されることが決定。

奥山監督は先日、第66回サン・セバスチャン国際映画祭(9月21日~29日)に初長編監督作品「僕はイエス様が嫌い」で日本人として史上最年少での正式出品が決まったことでも話題になったばかりな新鋭です。

今回、 「Tokyo 2001/10/21 22:32~22:41」がアジア最大級の映画祭に参加することが決定したこの機会に主演の大竹しのぶさんと奥山監督から、コメントが届きました。

大竹しのぶさんからのコメント
このような作品に仕上がるとは、夢にも思いませんでした。
妙な身体と顔のバランス、目の動き、顔の角度、細やかな計算によって見えてくるリアリティーに驚かされました。 撮影は、まるで映画のようにワンカット長回しのようなこともあれば、細かく何度もやり直したり。それが終わったかと思うと、 今度はインスタントカメラで何百枚もの撮影…。目の動きや口を「あえいおう」と開けたり、角度を変えて何度も何度も撮りま した。一体これから何が生まれるのだろうと、全く想像がつきませんでした。 映画では、ワンカット、ワンカットに想いを込めるといいますが、この作品の場合、1コマ、1コマに想いがこもっているので、 凄い力を持っていると思います。人間というのは、複雑です。悲しく、淋しく、恐いものであるけれど、そこには必ず愛がある のだろうと思うのです。出演させていただいて、こちらが勉強になりました。 奥山監督のその才能が海外の映画祭で認められたこと、大変嬉しく思います。監督独自の世界観で、また撮れる日が来る ことを楽しみにしております。その時はまた、呼んで頂けたら嬉しいです。

監督コメントからのコメント
釜山国際映画祭に監督作を出品させていただけること、とても嬉しいです。 この映画では、新しい技術を使いながらも、懐かしさをも出したかったので「写ルンです」で約3000枚撮影し、それを素材にアニメーション にしました。釜山の方々には、新しさと懐かしさを同時に楽しんでいただけたら嬉しいです。


映画情報どっとこむ ralph Tokyo 2001/10/21 22:32~22:41

あらすじ:
東京の回転寿司店。母(大竹しのぶ)と息子(篠田諒)の会話と沈黙。 そこに流れる微妙な想いのやりとり。


***********************************

出演:大竹しのぶ 篠田諒 小貫加恵
監督・撮影・脚本:奥山大史

プロデューサー:吉野匡志
アニメーション:加賀遼也、
録音:橋本裕充 制作:閉会宣言

(C)閉会宣言


柳楽優弥 主演広瀬奈々子監督デビュー作『夜明け』第23回釜山国際映画祭出品決定!


映画情報どっとこむ ralph 是枝裕和・西川美和監督が立ち上げた制作者集団「分福」が満を持して送り出す新人監督、広瀬奈々子のデビュー作『夜明け』が、第23回釜山国際映画祭(韓国)のコンペティション(ニューカレンツ部門)に出品が決定、本日映画祭公式サイトにて発表。
カンヌ国際映画祭パルムドール受賞『万引き家族』是枝監督のもとで監督助手を務めてきた愛弟子のデビュー作に、『誰も知らない』でカンヌ国際映画祭・史上最年少で主演男優賞を受賞した柳楽優弥が14年の時を経て主演する、まさに“運命の映画”といえます。

過去には『そして父になる』『三度目の殺人』『永い言い訳』等が師匠の作品が招待されてきたアジア最大級といわれる本映画祭に、デビュー作にして出品を果たす快挙を成し遂げた大物新人・広瀬奈々子監督。日本の若い才能に、世界からの熱い視線が注がれています。

映画情報どっとこむ ralph 10月5日の公式上映に参加も予定されている柳楽優弥さん、広瀬奈々子監督からの喜びのコメントが届いています。

主演・柳楽優弥コメント
映画祭に参加出来る事がとても嬉しいです。以前参加した際に、釜山国際映画祭はとても活気に溢れた映画祭という印象を受けたので、今回も参加出来る事をとても楽しみにしております。広瀬監督の作品が多くの方に届いたらいいなと思います。

広瀬奈々子監督コメント
昨年、釜山国際映画祭のAPMという場で映画の企画をプレゼンする機会があり、街全体に帯びる映画への情熱と、他国の映画人への懐の深さを感じ、またここに戻ってくることを一年間目標にしてきました。素晴らしい映画祭でデビュー作を上映できることを心から嬉しく思っています。言葉にできないものを言葉にしないまま描くことに挑戦した本作を、韓国、アジアの方々にどのように受け取ってもらえるかとても楽しみです。今ここでしか味わうことのできない様々な景色や言葉に触れ、たくさん吸収してきたいと思います。

映画情報どっとこむ ralph 『夜明け』

日本での公開は1月18日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショーとなる。

公式HP:
yoake-movie.com

是枝裕和、西川美和監督の愛弟子・広瀬奈々子 鮮烈のデビュー!

その他人が、昨日を消してくれるはずだった。

地方の町で木工所を営む哲郎(小林薫)は、ある日川辺で倒れていた見知らぬ青年(柳楽優弥)を助ける。

「シンイチ」と名乗り、素性を語らない青年になぜか惹かれた哲郎は、彼を迎え入れ、職を与えて一緒に暮らし始める。
この男は誰なのか?なぜこの町へ来たのか?何が目的なのか?周囲が疑いの目を向ける中、哲郎はシンイチをかばい、シンイチもまた哲郎を慕っていく。何かを埋め合うように、父と息子のような関係を築いていくふたり。

だがある夜の出来事をきっかけに、ふたりの人生は思わぬ方向へと走り出す――。

***********************************

出演:柳楽優弥 
YOUNG DAIS 鈴木常吉 堀内敬子 芹川藍 高木美嘉 
清水葉月 竹井亮介 飯田芳 岩崎う大(かもめんたる)
小林薫
監督・脚本:広瀬奈々子 製作:バンダイナムコアーツ、AOI Pro.、朝日新聞社 配給:マジックアワー 
(C)2019「夜明け」製作委員会 


塚本晋也監督作品 池松壮亮x蒼井優『斬、』釜山国際映画祭に出品決定!


映画情報どっとこむ ralph この度11月24日(土)よりユーロスペースほか全国にて公開する塚本晋也監督の最新作『斬、』が、10月4日より開催される第23回釜山国際映画祭ガラ・プレゼンテーション部門に正式出品が決定した。

現在開催中のヴェネチア国際映画祭コンペティション部門、北米最大の国際映画祭トロント国際映画祭に続き、約20万人が訪れるアジア最大の映画の祭典へ出品となった。塚本作品は『東京フィスト』(95)、『バレット・バレエ』(98)、 『双生児』(99)、『悪夢探偵』(06)、『悪夢探偵2』(08)、『鉄男 THE BULLET MAN』(09)、『KOTOKO』(11)、『野火』(14)と数多く出品しているが、最も話題のフィルムメーカーの最新作を紹介し、芸術性と功績を称えるガラ・プレゼンテーション部門での出品は初めてとなる。

塚本晋也監督コメント

塚本監督:釜山映画祭は、映画祭が始まった年から呼んでいただき、お客さんのあまりの熱狂ぶりに感動しました。毎回心にあたたかいお土産を持ち帰らせていただきます。このたびも釜山のお客さんとお会いできるのが今からとても楽しみです。そしてこの映画が皆さんの心にどう映るのかが楽しみです。ヴェネチア、トロント、釜山と、『斬、』にとって大切な三本柱を立てることができました。とてもよいスタートがきれたと思っています。

映画情報どっとこむ ralph 『斬、』

公式サイト:zan-movie.com

監督、出演、脚本、撮影、編集、製作を塚本晋也監督務めた完全オリジナル作品。

物語の舞台は、250年にわたり平和が続いてきた国内が、開国するか否かで大きく揺れ動いていた江戸時代末期。江戸近郊の農村を舞台に、時代の波に翻弄されるひとりの浪人と彼に関わる人々を通して、生と死の問題に迫る衝撃作。

塚本の熱い想いに応えるべく、文武両道で才気あふれる浪人を、渾身の力で演じたのは池松壮亮。昨年に主演した『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』は高い評価を受け、今年も『万引き家族』、『君が君で君だ』、『散り椿』など話題作への出演が続いている。浪人の隣人である農家の娘を演じるのは『彼女がその名を知らない鳥たち』や山田洋次作品で活躍し、日本アカデミー賞に4度輝いた演技派女優の蒼井優。不穏な時代に精一杯生きる農家の娘を凛とした美しさで体現している。共に本作で初めて塚本作品への参加を果たした池松と蒼井のぶつかり合うような演技合戦も圧巻。

***********************************

監督、脚本、撮影、編集、製作:塚本晋也
出演:池松壮亮、蒼井優、中村達也、前田隆成、塚本晋也

2018年/日本/80分/アメリカンビスタ/5.1ch/カラー
製作:海獣シアター
配給:新日本映画社

(C)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER


安田顕&吉田恵輔監督喜びのコメント!『愛しのアイリーン』釜山国際映画祭正式出品へ!


映画情報どっとこむ ralph 主演:安田顕/監督:吉田恵輔/原作:新井英樹 映画『愛しのアイリーン』が9/14(金)に、全国公開となります。

そして、この度釜山国際映画祭<アジア映画の窓>部門への正式出品が決定し、遂に海を渡ることとなりました。

フィリピンでの撮影も敢行し、初の海外ロケに挑んだ吉田監督の最新作が、この度、韓国南部の釜山で10月4~13日に開催される第23回釜山国際映画祭<アジア映画の窓>部門への正式出品が決定した!今回の釜山国際映画祭への正式出品決定を受けて、

安田顕さん:この映画が多くの方の目に届く機会ができて、嬉しいです。この作品に込められたテーマ、熱量が、アジア含め、海外の方々がどのように感じるか、とても楽しみです。

と喜びをコメント。

吉田恵輔監督:20年前、塚本晋也監督のスタッフとして訪れた、生まれて初めての映画祭。まさか自分が監督となり再び訪れることになるとは。こんなに嬉しい事はないです。皆様に感謝!!

と期待を込めたコメントを寄せています。
映画情報どっとこむ ralph 国際映画祭で、吉田監督の新境地がどう受け止められるか?映画『愛しのアイリーン』は9月14日(金)より日本公開。


映画は、嫁不足の農村に暮らす非モテの四十代男性と貧しく若いフィリピン女性の国際結婚を軸に、夫婦、親子、家族における壮絶な愛の形をダイナミックに描ききった異色のラブストーリー。稀代のカメレオン俳優・安田顕が主人公の42歳ダメ男:岩男を演じ、物語のもう一人の主人公といえる少女アイリーン役に大抜擢されたフィリピンの新星ナッツ・シトイは農村に嫁ぐことになったフィリピ―ナを演じる。

吉田監督が”どんな映画よりも最も影響を受けた作品”と公言する新井英樹による伝説の漫画「愛しのアイリーン」を映画化した本作は、吉田監督の原点であり集大成とも言える作品に仕上がりに。



物語・・・
寒村の地。久方ぶりに岩男(いわお)が帰省したその日は、死んだことすら知らなかった父親の葬儀中だった。しかも岩男はフィリピンで買って来た嫁、アイリーンを連れていた!42歳まで恋愛を知らずに生きてきた岩男に無邪気にまとわりつくアイリーン。騒つく参列者たちの背後から現れたのは、ライフルを構えた喪服姿の母親ツル。今、戦慄の来訪記が幕を開ける−。ラストの瞬間まで怒涛のように押し寄せる行間なしのエモーション。

日本映画の枠を超える、感動のラブ&バイオレンスがここに誕生!

よかったら過去記事もどうぞ!

安田顕、ナッツ・シトイ ウェディングスタイルで登場!
『愛しのアイリーン』完成披露試写会イベント
http://eigajoho.com/119393


***********************************

安田顕/ナッツ・シトイ 河井青葉 ディオンヌ・モンサント/福士誠治 品川徹 田中要次/伊勢谷友介/木野花
監督・脚本:吉田恵輔(※吉は土よし) 原作:新井英樹「愛しのアイリーン」(太田出版刊) 音楽:ウォン・ウィンツァン
主題歌:奇妙礼太郎「水面のロンド輪舞曲」 (WARNER MUSIC JAPAN/HIP LAND MUSIC CORPORATION)
企画・製作:河村光庸 製作:瀬井哲也 宮崎伸夫 エグゼクティヴ・プロデューサー:河村光庸 岡本東郎 プロデューサー:佐藤順子 行実良 飯田雅裕
製作幹事:VAP 企画・制作・配給:スターサンズ 制作協力プロダクション:SS工房
2018「愛しのアイリーン」フィルムパートナーズ(VAP/スターサンズ/朝日新聞社)レイティング:R15+