「沖縄国際映画祭」カテゴリーアーカイブ

GACKT 中尾明慶 ソンジェら1099人国際通りレッドカーペット 第9回沖縄国際映画祭 


映画情報どっとこむ ralph 第9回沖縄国際映画祭4月23 日(日)、那覇市の国際通りにてレッドカーペットが行われました。去年より距離を伸ばしたレッドカーペットを歩いたのは 214 組、総勢約 1099 人。見事に晴れわたり、気持ちの良い気候での開催となりました。

日付:4月23 日(日)
場所:那覇市の国際通りにて

開始 1 時間前にもかかわらず、今か今かと待ちわびた観客たちの熱気で国際通りが埋め尽くされました。城間幹子那覇市長が開会宣言をした後、トップバッターで登場したのは沖縄出身で映画祭を全力で盛り上げているスリムクラブ。

それを皮切りによしもとの人気芸人だけでなく、映画『カーラヌカン』の GACKT さんや、
韓国映画『Guest House』初主演となった超新星のソンジェさん
『愛・革命』の夏菜さん、品川祐さん
など、そうそうたる面々が、華やかなレッドカーペットをゆっくりと歩いていきます。

特別上映ドラマ『兄に愛されすぎて困ってます』に出演している土屋太鳳さん、片寄涼太さんが登場した際には、会場にひときわ熱気を帯びた声援が飛び交いました。
レッドカーペットの感想を聞かれ

土屋さん:とても気持ちのいい天気で嬉しいです!

と話し、天候にも恵まれ、大歓声で迎えられたことへの喜びを感じている様子でした。

明石家さんま企画・プロデュース『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』に出演した中尾明慶さん、小出恵介さん、ジミー大西も登場し、国際通りに割れんばかりの歓声が沸き起こりました。

中尾さん:沖縄の人に温かく迎え入れてもらえて嬉しい。こんなに黄色い声援を浴びていいの?
と笑顔と戸惑いを見せていました。

関西を舞台にした映画ということもあり、関西弁で作品の PR をお願いされた

小出さん:めっちゃおもろいでぇ~!
と陽気にアピールしました。

ジミー大西:こんなに立派な俳優や監督が作ってくれたのでとても嬉しい.

と作品の感想を述べ、自身がモデルとなった映画に対する思いを語りました。


ラストに登場したのは実行委員長である大﨑洋社長と映画祭宣伝芸人の宮川たま子、城間幹子那覇市長です。大﨑社長は「はいさい」と沖縄方言で挨拶した後「世界で一番長いレッドカーペットにしてください」と城間市長に提案されてありがたかったと御礼の言葉を贈り、「今後も末永く映画祭が続いていくことを願いたい」と映画祭の展望を語りました。城間市長からは「みんなの笑顔が輝いてとても幸せなイベントになった」と感謝の弁を語り、盛大に行われたレッドカーペットを締めくくりました。
島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭
9th OKINAWA INTERNATIONAL MOVIE FESTIVAL
開催期間:2017年4月20日(木) ~ 23日(日)

***********************************


土屋太鳳を片寄涼太優しくフォロー「兄に愛されすぎて困ってます」沖縄国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 第9回沖縄国際映画祭にて4月22 日(土)、北谷町のミハマ7プレックスでドラマ『兄に愛されすぎて困ってます』 の特別編集版上映が行われ、上映後に主演の土屋太鳳さん、片寄涼太さん(GENERATIONS from EXILE)が舞台挨拶が行われました。


日付:4月 22 日(土)
場所:ミハマ7プレックス
登壇:土屋太鳳 片寄涼太(GENERATIONS from EXILE)

映画情報どっとこむ ralph 人気マンガを実写化した作品。6 月30日(金)に全国公開 される映画版に先駆けて、現在放送されているドラマの特別編集版としてプレミア上映されたもの。土屋太鳳さん、片寄涼太さんが登壇するとあって、2日前に発売されたチケ ットは即日完売の満員御礼!

せとか役を演じた土屋さんは、オファーを受けた時には
土屋さん:原作のせとかとは、外見と性格が真逆なので、原作に失礼にならないか心配しました。でも、コミカルな部分なら近づけるかもと演じました。

と、役を振り返り、一方の片寄さんは

片寄さん:兄妹がいないので、最初は距離感がわかりませんでした。撮影の合間に少しずつパーソナルな部分を出して、距離感を縮めていったことで兄妹愛のようなものが生まれた気がします。
と役作りを披露。今回、共演するにあたっては

土屋さん:(片寄さんの)ライブ映像を見させてもらいました。片寄さんが劇中で見せる”切ない目”に注目し、

土屋さん:歌で広く観客に気持ちを伝える 力がいかされているんだと勉強になりました。

と共演の印象を語り

片寄さん:芝居経験があまりないので、役に入る演技の姿勢を学ばせてもらいました。

と語りました。

映画情報どっとこむ ralph
舞台挨拶の間もずっと緊張の色を隠せない土屋さんに、作品同様、片寄さんが“お兄ぃ”らしく何度もやさしくフォローを入れます。

土屋さん:撮影中は、お兄ぃはもちろん、ずっとみなさんに助けられていました。

と話し、ステージ上でも終始、本当の兄妹 のようなやり取りが交わされました。
最後に、 6 月に公開される映画版について

土屋さん:映画版も魂込めて撮影に挑みました。 ぜひぜひぜひ!見に来てください!

と作品を強くアピール。

片寄さん:それぞれの男性が、それぞれのアプローチをするので、だれが好みか皆さん自身も楽しみにしてください!

と語ると女性ファンから声援が飛び、終始、観客の心をメロメロにした舞台挨拶となりま した

島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭
9th OKINAWA INTERNATIONAL MOVIE FESTIVAL
開催期間:2017年4月20日(木) ~ 23日(日)
映画は・・・
片寄さん以外にも、せとかに急接近する第2のイケメン・芹川高嶺役に千葉雄大さん、さらに超特急の草川拓弥さん、杉野遥亮さんなど、兄系イケメンが登場!非モテ女子に突如訪れた、兄系イケメンズ・フェスティバル!? 恋の甘さと切なさとほろ苦さたっぷり、女子の「守られたい」願望&妄想がドキドキと溢れ出す、全女子憧れの刺激的≪愛されすぎ≫ ラブストーリー映画「兄に愛されすぎて困ってます」は2017年6月30日全国公開です。

©2017「兄こま」製作委員会
©夜神里奈/小学館

***********************************



“真の贖罪”…美しい音楽が浄化『クロス』舞台挨拶 第9回沖縄国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 4 月 21 日(金)、桜坂劇場ホール A で、『クロス』の上映と舞台挨拶が行われ、奥山和由監督、主演の紺野千春さん、音楽を担当した木下航志さんが登壇しました。


第9回沖縄国際映画祭・映画『クロス』ワールドプレミア上映&舞台挨拶詳細
日 時:4/21(金)
会 場:桜坂劇場(ホールA)
登壇者:紺野千春(主演)、木下航志(音楽)、奥山和由(監督)

映画情報どっとこむ ralph 『クロス』は、ある殺人事件に関わった加害者の現在がクローズアップされたことをきっかけに、別の殺人事件が呼び起こされていくというストーリー。

人間の嫉妬や贖罪、執着、愛情等が複雑に絡み合っていくところが見どころです。

奥山監督からは最初に、
奥山監督:宍戸英紀さんの『クロス』の脚本が若手の登竜門と言われる城戸賞に入選し、さらに今回は沖縄国際映画祭の特別招待作品に選んでいただけたことをうれしく思います」と感謝が伝えられました。作品についても「ささやかな予算で、実験的に作った映画なので、見ていて疑問に思うことも多いかもしれない。けれど、ほぼノーギャラで手伝ってくれた斎藤工くんをはじめ、周囲の人の協力を合わせて勢いで作り上げた熱のある映画になっています。

と紹介しました。

続いて、主役を演じた紺野さんも
紺野さん:きれいごとではなく、情念や贖罪など重いテーマを扱った映画ですが、その重さを監督がわかりやすく表現しているので、重みを感じ取りながら見てほしいです。

と挨拶。

そして今回、「ボーカルに心酔した」という奥山監督からの要望に応え、はじめて映画音楽を担当したのが、“和製スティービー・ワンダー”の異名を持つ盲目のピアニスト、木下航志さん。

木下さん:映画音楽を担当するのも初めてですが、出来上がった映画をスクリーンで見るのも初めてです。今回は目以外の五感で、色々な思いを持って映画を見たいと思うので、皆さんは映画と一緒に僕の音楽も楽しんでほしいです。

と思いを伝えます。

奥山監督:映画がつまらなくてもコンサートを楽しみに座っていてほしい。

と冗談をとばし、挨拶を締めくくりました。

映画情報どっとこむ ralph 本編上映後、キーボードをステージ中央に置き、木下さんのミニコンサートが開かれました。1 曲目は「アメイジング・グレイス」、2 曲目は MONGOL800 からプレゼントされたという曲「pray (祈り)」。そして 3 曲目には、映画の主題歌「Just a Closer Walk with Thee~輝く明日へ僕は歩く」を披露。力強い演奏と伸びやかな歌声に観客は魅了され、大きな拍手に包まれてミニコンサートは幕を閉じました。


終演後、会場の外では

みなさんがこの作品に抱いた思いを聞く機会を設けたい。

と、奥山監督と紺野さんが、観客一人ずつに声をかけて見送るというサプライズなシーンも。

重いテーマとはうらはらに、美しい音楽と作り手の心の細やかさに、心が浄化されるような上映会となりました。

映画情報どっとこむ ralph 島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭
9th OKINAWA INTERNATIONAL MOVIE FESTIVAL
開催期間:2017年4月20日(木) ~ 23日(日)

エロティックサスペンス映画『クロス』

物語・・・
罪を背負い、過去に囚われ、欲望の中でもがく人間たちに、再生の光は射すのか。
あるジャーナリストによって白日の下に晒された、“集団リンチ殺人事件“加害者の現在。これをきっかけに、人間の欲望のマグマが燃え上がり、もうひとつの封印されていた忌まわしい殺人事件が呼び起こされる…。
封印していた過去が解き放たれた時、男は、女は、何を掴み取ったのか。

2017年7月1日よりユーロスペース他全国順次公開です。

公式サイト: www.cross2017.com

  
***********************************

紺野千春 山中 聡 S h a r o 
原案・脚本:宍戸英紀
監督:奥山和由・釘宮慎治
撮影:釘宮慎治 
音楽:木下航志 主題歌「Just a Closer Walk with Thee」~輝く明日へ僕は歩く~
製作:吉本興業 チームオクヤマ
制作プロダクション:ノアド
2017年/Japan/カラー/89min/DCP/R15
配給・宣伝:太秦
(C)2017「クロス」製作委員会
   


織田梨沙 登壇『STAR SAND ─星砂物語─』舞台挨拶 第9回沖縄国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph ベトナム戦争に反発してアメリカを去ったパルバース監督が“真の反戦映画とは何か”と考え、「1945年の戦時中、戦うことを拒否した“卑怯者”の脱走兵である日本兵(満島真之介)と米兵(ブランドン・マクレランド)、そして彼らを見つめる少女(織田梨沙)の物語」を執筆し、昨年夏、太平洋戦争の激戦地の一つ、沖縄県・伊江島等で撮影した日豪合作映画『STAR SAND ─星砂物語─』。

本日4月22日(土)桜坂劇場で、本作の撮影地である沖縄で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」の特別招待作品として上映され、本作にて映画初主演を飾った織田梨沙さんとロジャー・パルバース監督が舞台挨拶を行いました。

「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」
特別招待作品上映&舞台挨拶

日付:4月22日(土)
場所:桜坂劇場
登壇:織田梨沙 ロジャー・パルバース監督

映画情報どっとこむ ralph 織田さん:やっと一般の方々に、沖縄の方々に観て頂ける日がきて、また沖縄国際映画祭に来られて大変嬉しく思います。

監督: 雨の中ありがとうございます。監督のロジャー・パルバースです。

司会: 原作、脚本、監督を手掛けられているパルバース監督、この物語ができたきっかけ、映画化をされた動機を教えてください。

監督: 僕は1977年に沖縄の鳩間島という小さな島に1か月程滞在しまして、初めて星砂を見ました。その時はわからなかったんですけれど、鳩間島には水もない時代だったので、インターネットもなく、後で調べてわかりました。鳩間島には戦争は来たけれど、あまり影響はなかったと聞いて、それは面白いなと思って、いつか小説にしたいなと思いました。だいぶ時間はかかりましたけど、2008年に小説「星砂物語」を書きました。

司会:監督はヒロインを織田さんに決められたわけですが、その一番の理由はなんだったのでしょうか?

監督:皆さんは映画をご覧になったのでわかるかと思いますが、こんなに演技力の深く広い若い女優はいなと思うんです。まさに、日本の“若き日のエリザベス・テイラー”だと思います。だからぜひ洋海(ひろみ)役をやってもらいたいなと思いました。

司会:監督は織田さんの演技のどういうところに惹かれましたか?

監督:(16歳の)イノセンス(のシーン)もできるし、(後半の)20代の役もできるし、何でもできるし、なんといっても英語が上手いですから。ネイティブに近いので、そこに惹かれました。

映画情報どっとこむ ralph 司会:織田さん、純真な部分と強い部分を兼ね備えているという評価を聞いて、織田さんは本作の主演が決まった時、どう思われたのでしょうか?

織田さん:演技経験が浅く、英語のセリフもあり、戦争のお話だったり、初主演ということで、色んなプレッシャーを感じました。

司会:でもそんな中で嬉しい気持ちも?

織田さん:もちろん、もちろん!

司会: 監督、舞台が沖縄ということなんですが、沖縄を選ばれた理由はありますか?

監督:今言った、鳩間島ということもありますし、僕は40年前に初めて沖縄の土を踏んだ時に平和への願いを感じたんです。ものすごく痛感するので、どうしても沖縄じゃないと物語が成り立たないのではないかと今でも思います。

司会: 今を生きる少女から女性へと変貌を遂げていらっしゃる織田さんが、太平洋戦争が終わる頃の少女を演じるのは難しかったのではないですか?

織田さん:もちろん戦争の時代を生きてきたわけではないですし、歴史などに疎いので、色々大変でした。

司会: 当時のことを想像しながら演じたんですか?

織田さん:監督と話し合ったり、他の方々から戦争時代のことを聞いたりだとか、現場に行った時の洞窟の雰囲気だとか、戦争で崩れ落ちそうになっている建物を見て、少しだけれども自分なりに感じ取りました。

司会: 監督、こうやって、若い、戦争を知らない世代の方々がこの映画を観て、その時代に触れるというのはすごく大事なことですよね?

監督:おっしゃる通りです。今朝、対馬丸記念館に初めて行きました。疎開中に亡くなった何百人もの子供達の写真があって、もう涙が止まらないし、言葉が出なかったです。何のためにあの子供達が死ななくてはならなかったのかと考えると、それは国民のプライドのためなのか、軍人の名誉のためなのか。そんなことは二度と起こらないようにと、「アメリカが悪い」だとか「日本が悪い」だとかの政治抜きで、そのメッセージが映画・芸術という媒体を使って、皆さんの心の中に入れば、“超”満足です。

司会:“超”!ポップな一面を見せてくださいました。劇中、一人ひとりが、星砂の一粒のように、ひたむきに一生懸命生きようとしていたんだなというのが、映画を観ているとわかりました。撮影中はどのような雰囲気でしたか?エピソードはありますか?

織田さん:基本、撮影現場は皆明るくて、皆楽しく一致団結していました。

映画情報どっとこむ ralph 司会:坂本龍一さんが作曲した主題曲が流れる冒頭のシーンでは、織田さんが海を泳いで、海から出て来るシーンから始まりますけれど、人魚みたいでした。泳ぎは得意なんですか?

監督:上手でした。

織田さん:得意だか、、、好きです。

司会:監督は現場はいかがでしたか?

監督:楽しかったです。なるべくいい雰囲気でと思って。僕は『戦場のメリークリスマス』の助監督だったのですが、大島渚監督はカッとなることで有名です。大島監督からはたくさんのことを学びましたが、そこだけはちょっと教わっていないですね。僕はカッとしない人だから大丈夫かなと。皆さんが描いている“映画監督”のイメージは、怒っているところで、そういうのをメディアの方も見たいですよね。申し訳ないんですけれど、僕は怒りませんので、現場でも皆さんびっくりしていました。

織田さん:「よかったよ~」というような感じでした。(会場笑い)

司会:先ほど『戦場のメリークリスマス』の話が出ましたが、今回、坂本龍一さんが主題曲を担当されていますよね。初めて曲を聞いた時はいかがでしたか?

監督:最高だなと思いました。曲の素晴らしさを活かせるようにと考えました。

司会:美しい映像と坂本さんの曲の旋律が折り重なって、私達の心に刻みつけられました。

島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭
9th OKINAWA INTERNATIONAL MOVIE FESTIVAL
開催期間:2017年4月20日(木) ~ 23日(日)

映画情報どっとこむ ralph 日豪合作映画『STAR SAND ─星砂物語─』
あらすじ:1945年の沖縄。戦火から遠く離れた小島に渡り暮らし始めた16歳の少女・洋海(ひろみ)は、洞窟で日本軍とアメリカ軍からの脱走兵、隆康とボブに出会う。隆康とボブ、そして彼らの世話を焼く洋海の間には、不思議な関係が築かれてゆく。

ある日、戦いで脚を負傷し、除隊を余儀なくされた隆康の兄・一(はじめ)が、養生のために洞窟にやって来るが、それは悲劇の幕開けだった──

2016年、東京。大学生の志保は、卒業論文のために教授から一冊の日記を手渡される。それは、戦時中に沖縄の小島で暮らしていた少女のものだった。志保は日記を読み、そこに封印されていた過去の出来事にわれ知らず迫ってゆく……。

織田梨沙、満島真之介、ブランドン・マクレランド、三浦貴大、吉岡里帆、寺島しのぶ、渡辺真起子、石橋蓮司、緑魔子といった実力派の役者が脇を固めた本作は、先日日本外国特派員協会で上映され、国内外のジャーナリストから賞賛を浴びました。

8月4日㈮より東京・ユーロライブにて公開 ほか順次です。

***********************************


出演:織田梨沙 満島真之介 ブランドン・マクレランド

三浦貴大 / 吉岡里帆
寺島しのぶ / 渡辺真起子
石橋蓮司  緑魔子
ダンカン・ハミルトン 近谷浩二 沼田康弘

監督・脚本: ロジャー・パルバース     
原作:ロジャー・パルバース『星砂物語』講談社刊
主題曲:坂本龍一
エグゼクティブ・プロデューサー:前田紘孝、大川勝   
プロデューサー:小西順子、吉岡裕美
後援:オーストラリア大使館   
製作:Hara Office / Soul Age   
配給:The STAR SAND Team

2017年 / 日本=オーストラリア / 日本語・英語 / 110分 / カラー / アメリカンビスタ / 5.1ch 
© 2017 The STAR SAND Team


大野拓朗とネコの金時も駆けつけた『猫忍』舞台挨拶@第9回沖縄国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 4月21日(金)、北谷町のミハマ7 で『猫忍』の舞台挨拶が行われました。
特別招待作品の『猫忍』は、猫と時代劇という異色のコラボが注目されヒットを記録した『猫侍』のスタッフが贈る、笑いと癒しの新たな時代劇。

会場には、監督の渡辺武さんと主役の忍者を演じた大野拓朗さん、そして、“父上”を演じたネコの金時が駆けつけました。


日付:4月21日(金)
場所:沖縄・ミハマ7プレックス
登壇:大野拓朗 金時(ネコ) 渡辺武監督

映画情報どっとこむ ralph 舞台挨拶の冒頭で最初に質問が出たのは、この映画の見どころについて。

『猫忍』がTVドラマとして放映されていたことを受け、

渡辺監督:佐藤江梨子さん、柄本明さんなどの豪華なキャストが、ドラマ版 レギュラーメンバーと繰り広げるやりとりをぜひ楽しんでほしいです。

と話すと大野さんは

大野さん:ドラマ版とは違う圧倒的な空気感に僕自身もドキドキしました。

と加えます。

主役の忍者、久世陽炎太を支える忍者を演じるのは、日光江戸村で忍者として活躍する皆さんたち。

大野さんの演技を要所要所で支える本格的な技も楽しみのひとつです。

大野さん:忍者ものといえば CGを活用した格好よさが主流かもしれませんが、『猫忍』は昔懐かしいアナログがベースです。例えば、忍者ものでおなじみの水遁の術のシーンは、昔ながらの情緒があって、 “人力”で一所懸命演じたからこその感動をきっと味わってもらえるはずです。アクションも一層本格的なので、注目していただきたいです!

と大野さんが満面の笑顔で語ってくれました。

映画情報どっとこむ ralph そして、この『猫忍』で忘れてはいけないのが“もう一人”の主役、ネコの金時。
癒しの時代劇に欠かせない金時の活躍を絶妙に引き出したのが、前作『猫侍』と同じスタッフさんたち。

大野さん:金時にカメラ目線をもらう時の『金ちゃーん』という黄色い声が忘れられない。金時の存在で撮影現場がとても楽しかったですね。

と振り返っていました。

渡辺監督:(ネコを)深追いしないのがポイントです。

と語る渡辺監督自身も、プライベートではネコが大好きだそう。


映画情報どっとこむ ralph 最後に

大野さん:映画のキャ チコピーにもあるように笑いと癒しの時代劇です。僕以外はすべての役者さんが個性的でユニークですし、見終わった後に、ほっこりした気分になれるはずです。

渡辺監督:ネコと一緒に旅に出るというわかりやすい トーリーで、子どもから大人まで楽しめる作品に仕上がっています。

という自信のこもった言葉で舞台挨拶を締めくくりました。
島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭
9th OKINAWA INTERNATIONAL MOVIE FESTIVAL
開催期間:2017年4月20日(木) ~ 23日(日)



『猫忍』

は、5月20日より角川シネマ新宿ほか全国ロードショー。

***********************************

大野拓朗 金時(猫) 佐藤江梨子 藤本泉 渋川清彦 鈴木福 ふせえり 永澤俊矢 / 柄本明 麿赤兒 / 船越英一郎

語り:森本レオ
監督:渡辺武
脚本:永森裕二/黒木久勝/池谷雅夫
企画・配給:AMGエンタテインメント
制作プロダクション:ラインバック
製作:「猫忍」製作委員会
2017/日本/約95分/カラー
(C)2017「猫忍」製作委員会