「東京国際映画祭」カテゴリーアーカイブ

第32回東京国際映画祭コンペティション部門 作品エントリー開始!


映画情報どっとこむ ralph 第32回東京国際映画祭コンペティション部門 作品エントリー開始!

10月28日(月)~11月5日(火)に開催する、第32回東京国際映画祭の作品募集を本日より開始いたしました。

東京国際映画祭では現在世界の第一線で活躍する多くの監督たちが新人時代に参加する一方、数々の実績のある実力派監督の新作などもプレミア上映してまいりました。本年も国内外問わずさらに幅広い多くの作品を募集いたします。

応募対象となるのは、東京国際映画祭のメイン部門で最高賞の「東京グランプリ」を目指し世界中の作品と競う 「コンペティション」部門、長編映画3本目までのアジア新鋭監督の作品をいち早く上映するヤングコンペティション「アジアの未来」部門、海外への飛躍を強く意識した日本映画を紹介する「日本映画スプラッシュ」部門など。

第31回受賞者 ©2018 TIFF

映画情報どっとこむ ralph ●日本映画をエントリーの方(コンペティション、アジアの未来、日本映画スプラッシュ):
日本映画のご応募についてをお読みの上、エントリーボタンからフォームにご入力・ご応募下さい。

応募詳細は、東京国際映画祭公式サイト作品応募ページにてご確認ください。

コンペティション2019規約

序文
本規約は、国際映画製作者連盟(FIAPF)が定める国際映画祭規約に準ずるものとする。

第1条<出品資格>

「コンペティション」部門への出品作品は、以下の条件を満たすこと。

(1)2019年1月1日以降に完成した作品であること。
(2)FIAPFの認可を受けた「長編コンペティション映画祭(*1)」における、メイン・コンペティション部門に
出品されていないことを原則とする。
(3)アジア・プレミアであること。尚、ワールド・プレミア、インターナショナル・プレミア作品は優先される。
日本映画はワールド・プレミアであること。
*インターネット(IPTV含む)、機内、DVD、VOD等、既に商業的にリリースされているものも対象外とする。
(4)上映時間が、60分以上の長編(アニメーション含む)であること。
(5)ドキュメンタリーは対象外とする。
(6)原則として、公式上映時にデジタル上映素材(英語字幕入り)を提供可能な作品であること。

条件の適用については、東京国際映画祭(TIFF)が最終的に決定を行なう。

(*1) 該当する映画祭名は、FIAPFの公式ウェブサイトを参照のこと:
   http://www.fiapf.org/intfilmfestivals_sites.asp

第2条<賞>

TIFFはコンペティション国際審査委員の決定に基づき、以下の賞を授与する。国際審査委員は各賞を必ず決定しなければいけない。

-東京グランプリ 
-審査員特別賞 
-最優秀監督賞 
-最優秀女優賞 
-最優秀男優賞 
-最優秀芸術貢献賞 

賞金の詳細は6月に当ページで掲載予定です。


第3条<応募方法>

(1)エントリー
東京国際映画祭公式サイトより申し込みのこと(http://www.tiff-jp.net)。
第1条の出品資格を満たす者は、WEB上のエントリーフォームを記入の上、DVD及びオンラインスクリーナーを提出すること。
*DVDとオンラインスクリーナー、いずれか一方の提出でも審査に影響はありません。

(2)エントリー料、エントリー期限

早期エントリー: 4月19日(金)から 5月31日(金)まで 無料
一般エントリー: 6月1日(土)から 7月12日(金)まで 3,000円
※お支払はクレジットカードのみで承ります。
※お支払い頂いた応募料は、理由の如何に関わらず返金できませんのでご了承ください。

(3)提出方法
・オンラインスクリーナーはエントリーフォームの該当箇所にリンクを記載すること。
・DVDは、下記宛に送付すること。
〒104-0045
東京都中央区築地4-1-1東劇ビル15F
東京国際映画祭事務局
コンペティション部門

応募素材は全て、運搬料、保険料を出品者負担で、2019年7月12日(金)までに上記宛に必着のこと。
なお、応募素材の返却は行わない。

(4)結果通知
応募の結果は、2019年9月中旬までに応募者全員にEmailにて通知する。

(5)了解事項
出品者は、全ての規約およびエントリーフォームを完全に理解し了承したとみなされる。当規約およびエントリーフォームに規定されていない事項および疑問については、国際映画製作者連盟の規約に基づいてTIFF組織委員会が裁定する。


第4条<公式出品作品>

(1)素材
選出された場合、以下の素材を提出すること。

(a)エントリーシート
(b)原語台本、英語字幕台本*日本語のみの作品の場合は不要
(c)作品のメインカット他、スチール数点、監督写真
(d)英語字幕入り本編DVD2枚
(e)予告編・抜きのDVD、動画データ
(f)日本語及び英語による作品資料
(g)ポスター5枚(B1)、及びポスターデータ(高解像度)

(2)上映用素材、及び字幕
選出された出品者は、英語字幕付原語版のDCP(KDMフリー)を『東京国際映画祭上映用素材』と明記の上、事務局指定の住所に、10月初旬までに送付すること。全てのコンペティション参加作品は、オリジナル原語版で且つ英語字幕および日本語字幕付の素材で公式上映される。但し、原語が英語の場合は日本語字幕のみ、日本語の場合は英語字幕のみの字幕上映となる。

第5条<上映決定時合意事項>
出品者は、以下を了承したとみなされる。
(1)上映通知の発行後、上映の取り消しは認められない。
(2)出品合意後に新たに登場した第三者(例:日本の配給会社)が、映画祭への出品の合意を
覆すことのないように配慮する。


問い合わせ先:東京国際映画祭事務局コンペティション部門
E-mail:competition2019@tiff-jp.net
URL:http://www.tiff-jp.net

***********************************



登坂広臣 x 中条あやみ『雪の華』悠輔と美雪の東京初デートシーン、手繋ぎシーン解禁


映画情報どっとこむ ralph 世代や国を超えて愛され続ける冬ラブソングの名曲、中島美嘉の「雪の華」が、5年ぶりの恋愛映画となる登坂広臣、そして今最も注目される女優・中条あやみを迎え、大人のラブストーリーとして映画化!

2月1日(金)より全国ロードショーとなります。

今回初解禁となったのは、美雪の人生で初めてのデートシーン。悠輔の到着を待つ美雪は、ドキドキが止まらない。しかし戸惑いを隠せない悠輔は、どこか面倒くさそうに現れる。そんな悠輔に「よ!待たせてごめん、みたいなのがいいです、笑顔でちょっと照れたように」と、理想の恋人の演技指導をする美雪。美雪のリクエストに応える悠輔のぎこちない姿が微笑ましいシーンとなっている。

2回、3回とデートを重ねるうちに美雪は、「どんどん好きになっているし、すぐ終わっちゃうのに」とタイムリミットが近づいていることを知りながら、悠輔に恋い焦がれる思いは止められず、何も知らない悠輔もまた、天真爛漫な美雪に徐々に心が惹かれていく。

しかし美雪に残された命の時間はあと少し。一生に一度の最後の恋の思い出作りにと、見ると奇跡が起きると言われる赤いオーロラを見るために憧れの地フィンランドへ、旅行に出かける。そんなフィンランドのシーンから、幸せいっぱいのデートシーンも一挙解禁。ドレスアップをし、幸せそうに並んで歩く2人。照れる姿が初々しい、初めて手を繋ぐシーンやトラムに乗り街を巡るシーンなど、美しい2人と景色に心を奪われる名シーンばかりとなっている。
フィンランドは2人の心の距離がぐっと近づいた場所である一方で、これから2人に待ち受ける悲しい結末を予感せずにはいられない場所にもなっている。東京とフィンランドを舞台に、余命1年という限られた時間の中で、ひたむきに互いを思い続けた、最後の恋の心の変遷がわかる感涙シーンばかりとなっている。

映画情報どっとこむ ralph 「舟を編む」「まほろ駅前多田便利軒」などで知られる作家の三浦しをん他、著名人から絶賛コメントが到着‼

<コメント一覧>※敬称略、五十音順

早くもう1回観たい。人間ドラマとしても楽しめて、美雪と悠輔という2人を応援したくなる、ラブストーリーの“王道”と言えると思います。歌と映画が世界観を深め合い、この映画を通して、「この歌はこんな解釈もできるんだな」と、曲がまた新しく聞こえてきた気がします。主役のお二人の魅力が充満しているので、もちろん胸キュンもできますし、見どころ満載でした。
三浦しをん(作家)


控えめな性格の持ち主に思えた美雪が、短期間で劇的といってよいほど大胆に変化してゆく様子を、僕は最初、戸惑いにも似た気持ちで眺めていたのだが、これは変化ではなく開放なのだ、と悟ってからは、彼女の「全開」をただ一心に願った。夢や希望を持てないときは、自分で自分をあきらめているときだ。
蒼井ブルー(作家/写真家)


あり得ない提案から始まった純愛。誰もが目標を持つことの大切さを感じ、いい恋をしていい人生を送るためのヒントをいただける映画だと思います。
桐谷広人(棋士七段・投資家)

限られた時間の中で、美雪と悠輔が織りなす世界が、ピュアなほどに、美しいほどに、涙をこらえずにはいられなかった。また、フィンランドを舞台にした壮大な銀世界と、葉加瀬太郎氏によるアコースティックで心に寄り添う音楽、その重なりが非常に印象的で、最初のワンシーンからエンディングまで、強く引き込まれた。
儀間太久実(口笛奏者)


キラキラしているのにどこか切ない2人の物語に、何度も胸が苦しくなりました。『声』この作品の中で重要な言葉です。声を出すこと。気持ちを伝えること。その少しの小さな勇気が大きな一歩に繋がるのだと思いました。この作品を観終えた後に『雪の華』を聴いたら、今までとはまた違った素敵な曲の世界観に包まれました。
竹内朱莉(アンジュルム/ハロー!プロジェクト)


雪が溶けるほどの王道ラブストーリー。とにかくど真ん中の直球に思わず捻くれた自分も清められました。思いを伝える事、大切ですね。
ハリー杉山(タレント)


「雪の華」の映画化は、楽曲の作者として大変嬉しく思います。1人でも多くの方に観に来て頂き、「雪の華」の世界観を描いた美しい映像と素晴らしいキャストの皆様が紡ぐ感動的なストーリーを音楽と共に堪能して頂ければ幸いです。
松本良喜(「雪の華」作曲家)


フィンランドが大好きで一度行ってみたい国でもあるのでこの映画を見て尚更行きたくなりました。二人の偽りかもしれないけど、だんだん本心で向き合ってる姿が切なくて、でも微笑ましくて。最後まで終始ドキドキキュンキュンでした。いつの間にか美雪のファンになっていました。すごく良いシーンで中島美嘉さんの『雪の華』が流れて涙が溢れそうになりました。
ゆうたろう(モデル/俳優)

映画情報どっとこむ ralph 雪の華

公式サイト:
yukinohana-movie.jp 

公式Twitter:
https://twitter.com/yukinohanamovie 
#雪の華


STORY
「100万円で、私の恋人になってください。」
東京-フィンランド。余命1年、最後の恋に涙する。
幼い頃から病気がちで、ついに余命1年を宣告された美雪(中条あやみ)。彼女の夢は2つ――1つは両親が出会った〈約束の地〉フィンランドでオーロラをみること。そしてもう1つは、最初で最後の恋をすること。ある日、ひったくりにあった美雪はガラス工芸家をめざす悠輔(登坂広臣)に助けられる。悠輔が男手ひとつで妹弟を育てていること、そして働く店が危機になっていると知った美雪は、「私が出します、100万円。その代わり1ヶ月、私の恋人になってください」と持ちかける。何も知らないまま“期間限定”の恋に応じる悠輔だったが・・・。かけがえのない出会いが、美雪に一生分の勇気をあたえて、悠輔の人生を鮮やかに彩っていく。

舞台は東京―フィンランド。切ない想いに涙が溢れる、初雪の日に出会った2人の、1年のラブストーリー。
***********************************


CAST & STAFF
登坂広臣 中条あやみ
高岡早紀 浜野謙太 箭内夢菜 / 田辺誠一
主題歌:中島美嘉「雪の華」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
監督:橋本光二郎
脚本:岡田惠和
音楽:葉加瀬太郎
製作:映画「雪の華」製作委員会
企画・制作プロダクション:エー・フィルムズ
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2019映画「雪の華」製作委員会
  


「アマンダ(原題)」第31回東京国際映画祭コンペ最高賞となる東京グランプリと最優秀脚本賞W受賞!


映画情報どっとこむ ralph この度、第31回東京国際映画祭のコンペティション部門出品作品「アマンダ(原題)」が、最高賞となる東京グランプリと最優秀脚本賞のW受賞という快挙を成し遂げました!!


審査委員長 ブリランテ・メンドーサ監督 コメント
本作は、一見シンプルに見えるものの決して単純な作品ではなく、私たちの心をとても強く惹きつけ、複雑な人間の感情を映画として体験させてくれる素晴らしい作品だ。

ミカエル・アース監督 動画コメント
受賞に慣れていないのに二つも受賞し、しかもひとつはグランプリと、大変幸せで誇りに思います。一緒に映画祭に参加したプロデューサーのピエール・ギュイヤールとこの賞を受賞した喜びを分かち合います。そしてヴァンサン・ラコスト、イゾール・ミュルトゥリエ、ステイシー・マーティン、オフェリア・コルブ、マリアンヌ・バスレーらの俳優たちとも。観客のみなさんとは、作品上映後に素晴らしい議論が交わせました。地球の反対側くらい離れていても映画が人々を感動させる、これ以上大きなご褒美はありません。みなさんの情熱と寛大さに感謝します。改めてメンドーサ監督、そして素晴らしい審査員のみなさんのご厚意に感謝します。同席できないことが残念ですが、また日本でみなさんと再会して交流し、議論できる日が待ちきれません。

映画情報どっとこむ ralph 美しいパリを舞台に、悲しみから乗り越えようとする青年と少女の心の機微を優しく丁寧に紡いだストーリー、そして全ての人びとの心に寄り添う普遍的なテーマが評価され、見事W受賞へと輝いた。

「アマンダ(原題)」原題:AMANDA

は、来年2019年初夏、シネスイッチ銀座ほか全国公開する。

便利屋業をしているダヴィッドは、パリに出てきたてのレナに出会い、恋に落ちる。しかしその直後、姉の突然の死によって彼の人生は無残に壊れていく。

ダヴィッドはショックと辛さを乗り越え、まだ若い姪っ子アマンダの世話をしながら自分を取り戻していくストーリー。

今年フランスで主演作が3本公開される大注目の若手俳優 ヴァンサン・ラコストを主演に迎え、恋人役には『グッバイ・ゴダール』のステイシー・マーティン、さらにアマンダ役には今作が初の演技経験であるイゾール・ミュルトゥリエが好演している。

映画情報どっとこむ ralph
<第31回東京国際映画祭 開催概要>

イベントタイトル: 第31回東京国際映画祭
主催:公益財団法人ユニジャパン
共催: 経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
公式サイト:www.tiff-jp.net

©TIFF

***********************************

監督・脚本:ミカエル・アース
共同脚本:モード・アメリーヌ
撮影監督:セバスチアン・ブーフマン
音楽:アントン・サンコー

出演:ヴァンサン・ラコスト、イゾール・ミュルトゥリエ、ステイシー・マーティン、オフェリア・コルブ、マリアンヌ・バスレー、

ジョナタン・コーエン、グレタ・スカッキ 

2018 年/フランス/107 分
配給:ビターズ・エンド


『THE WHITE CROW(原題)』第31回東京国際映画祭コンペティション最優秀芸術貢献賞受賞!


映画情報どっとこむ ralph ニジンスキーの再来といわれた伝説的なバレエダンサー ルドルフ・ヌレエフの半生を名優レイフ・ファインズ監督・出演で映画化 !!『THE WHITE CROW(原題)

第31回東京国際映画祭コンペティション部門にて出品され、オープニングにはレイフ・ファインズ監督もレッドカーペットを歩きました。そして、本日、本作が同映画祭にて最優秀芸術貢献賞を受賞しました。
映画情報どっとこむ ralph 本作は、ハリー・ポッターシリーズをはじめ『シンドラーのリスト』『グランド・ブタペスト・ホテル』など数々の名作の出演でしられるレイフ・ファインズの、3作目となる監督作。
ジュリー・カバナによる原作をアカデミー賞(R)ノミネート、デヴィッド・ヘアーの脚本をえて、現役のトップダンサーのオレグ・イヴェンコ、セルゲイ・ポルーニンをはじめ、ラファエル・ペルソナ、アデル・エグザルホプロスなど期待のヨーロッパ俳優たちが集結しました。
公開は、2019年全国ロードショーとなります。

物語。。。
キーロフ・バレエのソリストとして世界を魅了していたにも関わらず、その激しい性格と反抗的 な態度から政府に警戒されていたルドルフ・ヌレエフ。
舞台上・日常を問わず情熱的で大胆だった彼の 素顔と、海外公演の途中にパリでドラマチックな亡命を果たすまでの半生を描く。

***********************************

監督:レイフ・ファインズ   
脚本:デヴィッド・ヘアー『めぐりあう時間たち』『愛を読むひと』
製作:ガブリエル・ターナ『あなたを抱きしめる日まで』フランソワ・イベルネル『スラムドッグ$ミリオネア』 『マーガレット・サッチャー鉄の女の涙』『クィーン』アンドリュー・レヴィタス衣装:マデリーン・フォンテーヌ『ジャッキー/ファーストレディ最後の使命』『イヴ・サンローラン』

出演:
オレグ・イヴェンコ/セルゲイ・ポルーニン『ダンサー、 セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』
アデル・エグザルホプロス『アデル、ブルーは熱い色』/ルイス・ホフマン 『ヒトラーの忘れもの』
チュルパン・ハマートヴァ『グッバイ、レーニン! 』/ラファエル・ペルソナ 『黒いスーツを着た男』
レイフ・ファインズ 『シンドラーのリスト』 『イングリッシュ・ペイシェント』

配給:キノフィルムズ
(C)2019 BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND MAGNOLIA MAE FILMS


第31回東京国際映画祭の東京グランプリ他各賞の授賞式が行われました!


映画情報どっとこむ ralph EXシアター六本木にて開催されました第31回東京国際映画祭のアワード・セレモニーにて本年の東京グランプリをはじめ各賞が発表となりました!


日付:11月2日
会場:EXシアター六本木

映画情報どっとこむ ralph 第31回東京国際映画祭 受賞作品・受賞者
The 31st Tokyo International Film Festival Award Winners

受賞作品/受賞者 (WINNER) 対象作品 (FILM) 備考 (NOTES)

東京グランプリ/東京都知事賞 Tokyo Grand Prix / The Governor of Tokyo Award 『アマンダ(原題)』 “Amanda” - 賞金 $50,000

審査委員特別賞 Special Jury Prize 『氷の季節』 “Before the Frost” - 賞金 $20,000

最優秀監督賞 Award for Best Director エドアルド・デ・アンジェリス Edoardo De Angelis 『堕ちた希望』 “The Vice of Hope” 賞金 $5,000

最優秀女優賞 Award for Best Actress ピーナ・トゥルコ Pina Turco 『堕ちた希望』 “The Vice of Hope” 賞金 $5,000

最優秀男優賞 Award for Best Actor イェスパー・クリステンセン Jesper Christensen 『氷の季節』 “Before the Frost” 賞金 $5,000

最優秀芸術貢献賞 Award for Best Artistic Contribution 『ホワイト・クロウ(原題)』 “The White Crow” 賞金 $5,000

最優秀脚本賞 Presented by WOWOW Best Screenplay Award by WOWOW 『アマンダ(原題)』 “Amanda” - 賞金 $5,000

観客賞 Audience Award 『半世界』 “Another World” - 賞金 $10,000

アジアの未来 作品賞 Asian Future Best Film Award 『はじめての別れ』 “A First Farewell” - 賞金 $10,000

国際交流基金アジアセンター特別賞 The Spirit of Asia Award by the Japan Foundation Asia Center ホアン・ホアン Huang Huang 『武術の孤児』 “Wushu Orphan” –

日本映画スプラッシュ 作品賞 Japanese Cinema Splash Best Film Award
『鈴木家の嘘』 “Lying to Mom” - 賞金¥1,000,000

日本映画スプラッシュ 監督賞Japanese Cinema SplashBest Director Award
武正晴 Masaharu Take 『銃』 “The Gun”

田中征爾 Seiji Tanaka 『メランコリック』 “Melancholic”

東京ジェムストーン賞 Tokyo Gemstone Award –

Mai Kiryu,木竜麻生、
Lien Binh Phat, リエン・ビン・ファット、
Karelle Tremblay,カレル・トレンブレイ、
Nijiro Murakami, 村上虹郎

映画情報どっとこむ ralph <第31回東京国際映画祭 開催概要>

イベントタイトル: 第31回東京国際映画祭

主催:公益財団法人ユニジャパン
共催: 経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
公式サイト:www.tiff-jp.net

***********************************