「映画祭」カテゴリーアーカイブ

主演・望月歩 今が一番緊張!『五億円のじんせい』第22回上海国際映画祭パノラマ部門にて大盛況


映画情報どっとこむ ralph GYAOとアミューズがオーディションによりオリジナル映画を作るプロジェクト「NEW CINEMA PROJECT」にて約400本の中から見事グランプリを受賞した脚本の蛭田直美と文晟豪(ムン・ソンホ)監督のコンビによる『五億円のじんせい』(7月20日公開)。
日本での公開に先駆け、6月15日より開催中の第22回上海国際映画祭パノラマ部門にて、6月16日(日)15時45分〜【日本時間同日16時45分〜】に公式上映が行われ、インターナショナルプレミアとなった本上映の舞台挨拶に、主演の望月歩と遠藤日登思プロデューサーが出席しました。

約260名の会場は満席、上映後にも登壇した二人は、観客とのQ&Aを行いました。
『五億円のじんせい』上海国際映画祭 第22回上海国際映画祭パノラマ部門舞台挨拶
日付:6月16日(日)
場所:
登壇:望月歩、遠藤日登思プロデューサー

映画情報どっとこむ ralph 本編上映後、温かな拍手に包まれながら観客との舞台挨拶・Q&Aに登壇した望月歩と遠藤日登思プロデューサー。

260席の会場は入れない観客も出るほど大盛況となり、多くの観客から大きな拍手を浴びた。

望月さん:観客席からみなさんと一緒に観ていたので、そんな一緒に観ていたみなさんの前に急に出てお話しするのがとても恥ずかしい」と顔を赤らめると、一緒に観ていたことを知った観客席から大きな歓声を沸いた。遠藤Pは「まだ日本でも劇場公開をしていない作品。どんな反応があるのかとても緊張しています。
『五億円のじんせい』上海国際映画祭 とコメントし、観客に

望月さん:面白かったですか?

と問いかけると温かい拍手に包まれた。また、今回が、初の海外映画祭参加であると共に、初の海外体験で

望月さん:『五億円のじんせい』に関わることで今が一番緊張しています。

とコメントし、会場の笑いを誘った。

観客から、実際に五億円が手に入ったら何をしたいか聞かれ

望月さん:まず家を買います。今回の上海が初めての海外体験で素敵な街だなと思った。望来が旅をしたように世界中を旅をしてみたい。

と語った。また、今作が映画初主演について感想を聞かれ

望月さん:主演というのは全部を料理する立場だと考えていましたが、その感覚が初めてで、自分がやっている!という感覚が楽しかったですね!

と嬉しそうに語った。

映画情報どっとこむ ralph そして、質疑応答ではこんなに似合った主演は他にいないのではという絶賛の声と共に、どうして望月さんが主演に選ばれたのかという質問が飛んだ。

遠藤P:良い子でいようとする生きにくい少年が主人公。“ぱっと見で良い子”と思えるかが重要だった。オーディションの部屋に望月君が入ってきたとき、『あ、みらいくん、いた!』と思いました。

と語り、観客席からは納得の拍手。逆にどうして選ばれたのか聞かれた望月さんは少し首をかしげながら、

望月さん:台本を読んだとき、やりたい!楽しそう!とすごく思えた。必死に頑張ろうと思ってオーディションに臨んだ結果だと思っております。

と遠藤Pの顔を伺いながら答える姿に観客席から笑いが起こった。

ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」で望月さんを知っていたファンが多く駆け付け、若い女性が目立った客席。望月さん目当ての観客は愛くるしい望来(みらい)のキャラクターに終始笑いが起こると共に、一つ一つの展開に驚きの声が上がる上映となった。
『五億円のじんせい』上海国際映画祭 『五億円のじんせい』上海国際映画祭 『五億円のじんせい』上海国際映画祭
『五億円のじんせい』

7月20日(土)よりユーロスペース他にて全国順次公開
***********************************

監督:文晟豪(ムン・ソンホ)
脚本:蛭田直美出演:望月歩(「ソロモンの偽証」「3年A組-今から皆さんは、人質です-」)山田杏奈 森岡龍 松尾諭 芦那すみれ 吉岡睦雄 兵頭功海 小林ひかり 水澤紳吾 諏訪太朗 江本純子 坂口涼太郎/平田満

西田尚美主題歌:「みらい」
ZAO製作:畠中達郎 田中祐介
プロデューサー:遠藤日登思 押田興将 松田広子 中澤元

協力プロデューサー:盛夏子、諸田創、宮瀬佐知子
助監督:久保朝洋
撮影:田島茂照明:山田和弥
録音:齋藤泰陽
美術:小坂健太郎
装飾:遠藤善人
スタイリスト:水野遼平
ヘア・メイク:有路涼子
スクリプター:松本月
編集:脇本一美
制作担当:芳野峻大
音楽:谷口尚久
制作プロダクション:オフィス・シロウズ
宣伝:ミラクルヴォイス
配給協力:コピアポア・フィルム
配給:NEW CINEMA PROJECT
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会
2019年/日本/112分/カラー/シネスコ/5.1chデジタル
©2019 『五億円のじんせい』NEW CINEMA PROJECT


井上真央&石井裕也監督 上海国際映画祭レッドカーペットに登場!映画版『乱反射』


映画情報どっとこむ ralph 昨年放送されたドラマ『乱反射』が、異例の映画版として上海国際映画祭にてインターナショナル・プレミア上映を行い、オープニングセレモニーのレッドカーペットに石井監督と井上真央が登壇しました。

『乱反射』は、第63回日本推理作家協会賞」を受賞した貫井徳郎氏の原作を、国内外より常に熱い視線が注がれる実力派、石井裕也監督が映像化した意欲作。主演の妻夫木聡と井上真央を中心に濃密な俳優たちが魅せる本作は、2018年9月22日(土)にテレビ朝日系列全国ネットで放映され好評を博しました。

今回、その『乱反射』が海外映画祭に招待されることとなり、華やかに映画スクリーンデビューとなりました。6/15(土)の公式上映会では、約1000人収容の会場が満員。

最新作『町田くんの世界』が絶賛公開中の石井裕也監督と井上真央がともに登壇すると、映画祭のギャラリーから喝采を浴びました。
乱反射_上海国際映画祭2019 アジアで絶大な人気を誇る井上真央さんを一目見ようと、会場の熱気は最高潮、大きな声援が飛び交いました。

井上さん:大家好(ダージャーハオ)。この作品は、たった1日、日本のテレビで放映されただけでしたが、こうして素晴らしい式典で多くの方に観て頂けて嬉しいです。

と述べました。
乱反射_上海国際映画祭2019 また、上映後の観客との質疑応答では「井上さんが上海に来てくれることを心待ちにしていました。ようやく夢がかなって今日は中国各地から井上さんのファンが集結しています。」とすると、会場からは大きな拍手が上がりました。本作では、妻夫木聡さんと初共演だったことについて司会者に聞かれ

井上さん:撮影が始まる前に、妻夫木さんと子供と一緒に、ピクニックなどして3人だけの時間を過ごしました。

と秘話を明かしました。その後の開幕式前のレッドカーペットでは、石井裕也監督と井上真央さんの他に、役所広司さんやYOSHIKIさんなど、アジア各国から華やかなゲストが登壇し、豪華な映画祭幕開けとなりました。

なお、香港でも今秋の現地公開が決定、その他にも海外からのオファーが続いており、この反響を受けて日本国内の興行も積極的に動き出す予定です。

映画情報どっとこむ ralph 映画『乱反射』

公式HP:
ranhansya/

誰も、殺したことに気づいていなかった・・・。
幸せな家庭を育む加山聡(妻夫木聡)とその妻・光恵(井上真央)。

ある日、公園の木が倒れたことによる事故で最愛の息子・翔太を亡くす。被害者であり、新聞記者でもある彼は、息子の死の真相を突き止めようとする。

社会の歯車に乗って、誰も謝罪をせず、誰もが人のせいにし、自分の責任を認めない人たちの中で、幼い息子を失った悲しみと怒りの矛先を、自分自身に向けていくことを余儀なくされていくのだった・・・。

***********************************

監督:石井裕也
脚本:成瀬活雄・石井裕也
原作:貫井徳郎「乱反射」(朝日新聞出版 / 朝日文庫)
出演:妻夫木聡 井上真央 萩原聖人 北村有起哉 光石研  三浦貴大 芹澤興人 相楽樹 筒井真理子 梅沢昌代 田山涼成 鶴見辰吾

制作協力:MMJ 制作著作:メ~テレ
宣伝:フリーストーン
スペック:2018/日本/カラー/1.78:1/5.1ch/93分
©メ~テレ2018


役所広司、チャン・ジンチューら上海国際映画祭登壇!『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』


映画情報どっとこむ ralph 日本映画界を代表する名優・役所広司と、巨匠ジョン・ウーのハリウッドデビューを後押しし、『フェイス/オフ』『M:I‐2』『レッドクリフ』シリーズなど世界的大ヒット作を多く手掛ける名プロデューサーのテレンス・チャンが初タッグを組んだ、日中合作の圧倒的スケールと映像美で贈るスペクタクル・エンタテインメント『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』(原題『Wings Over Everest』(中国題:氷峰暴)が、今年11月より全国公開となります。

この度、6月15日(土)より開催中の第22回上海国際映画祭に、主演の役所広司をはじめ、テレンス・チャン(プロデューサー)、チャン・ジンチュー(共演)、リン・ボーホン(共演)、ユー・フェイ(監督)ら本作の豪華キャスト・スタッフ陣がレッドカーペットに登壇!

翌16日(日)には記者会見が行われ、標高8848M/氷点下50℃という過酷な条件下の世界最高峰・エベレストを舞台に、極限のアクションシーンに挑戦した役所広司の口から、壮絶な撮影現場秘話が語られました。


『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』上海国際映画祭 レッドカーペット・記者会見
日時:6月15日(土):レッドカーペット / 6月16日(日):記者会見    
場所:レッドカーペット:上海オペラハウス(上海大劇院)
記者会見:ハイアット・ザ・バンド
参加:役所広司(主演)、テレンス・チャン(製作)、チャン・ジンチュー(共演)、リン・ボーホン(共演)、ユー・フェイ(監督)

映画情報どっとこむ ralph 役所さんら一同がレッドカーペットに登壇すると、会場はひと際眩いフラッシュに包まれた。初の本映画祭への参加となった役所は、感慨深い表情を浮かべながらカーペット上をゆっくりとした足取りで闊歩。多くの海外メディアが集う中、日本メディアに対して笑顔で手を振る場面も見られ、テレンスさんらと共に本映画祭ならではの雰囲気を楽しんでいた。
登壇を終え、

役所さん:上海国際映画祭は、“待つ映画祭”だと聞いていましたが、今年はスムーズだったようです(笑)

と振り返り

役所さん:僕たちの映画タイトルを始めて知っていただく機会ですから、皆で励まし合いながら頑張りました。

と、主演としての責務を全うした充実感を見せ、会場を後にした。

映画情報どっとこむ ralph 翌日の記者会見では、こちらも200人を超える多くの海外メディアが集まり、会場は熱気に包まれた。“ヒマラヤの鬼”と呼ばれ、ヒマラヤ救助隊「Wings」を率いる隊長・姜(ジャン)を演じた役所さんが、開口一番、

役所さん:役所広司です。今回、姜を演じました。

と流暢な中国語で挨拶すると、場内は盛大な拍手に包まれた。本作のオファーを受けた時の心境について、

役所さん:(出演の)お話しをいただいた際、脚本にテレンス・チャンというビッグネームがあったことに驚きました。

と明かし、脚本を読んだ当時の想いを振り返り、

役所さん:これほどスケールの大きい作品は日本では体験できないと感じました。ぜひ、チャレンジしたいという気持で臨みました。

と力強く語り、会場を沸かせた。

 
続いて、標高8848M/氷点下50℃という過酷な条件下の世界最高峰・エベレストを舞台に繰り広げられる、濃密なドラマに触れ

役所さん:劇中、私が率いるヒマラヤ救助隊“Wings”は、72時間という厳しい制限時間の中で、あるミッションを達成しなければいけない。標高8848Mのエベレストは、登るだけでもたった72時間では厳しいのですが、劇中、我々のチームは、大自然の厳しさに耐えながら実際に登っていくんです。

と、本作の見どころを力説。一方で、

役所さん;私は隊長役ですが、わがままな隊員たちばかりで大変苦労しました。72時間苦労しっぱなしの映画です(笑)

と役としての苦労を吐露すると、会場は大きな笑いに包まれた。

そんな役所に対し、中国で大ヒットを記録し第83回アカデミー賞外国語映画部門中国代表作品に選ばれた『唐山大地震』のヒロインで注目され、最近では『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』などハリウッド超大作への出演も続くチャン・ジンチューは、

ジンチューさん:役所さんと組むのは、夢のコラボでした。

Hey! Say! JUMPの山田涼介主演ドラマ「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件」や映画『オーロラの愛』に出演のリン・ボーホンも、

ボーホンさん:私の役はヘリコプターパイロットだったので、危ない場所での撮影などはありませんでした。なので、危険な場所で撮影をした役所さん、チャン・ジンチューさんは本当に尊敬します!

と役所らに賛辞を送った。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

名匠テレンス・チャンとの初タッグに加え、国際色豊かなキャスト・スタッフらとの現場は多くの刺激もあったと語る

役所さん:アジアの中で、映画を通して力を合わせて作品づくりをするというのはそう沢山機会はないと思うので、本当にいい機会をいただいたかなと思います。

と充実した撮影期間を振り返り、日中合作ならではの本作の見どころを力強くアピール。盛大な拍手に包まれながら会見は終了した。

『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』
日本が誇る名優・役所広司が、極限地帯での濃密なドラマを彩る演技と共に、これまでのイメージを覆すような激しいアクションシーンにも挑戦した本作。世界中から大きな注目を集める中、本映画祭を通して完成作に強い自信を見せた役所の熱演に期待が高まるばかりだ。『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』は11月より全国公開です!

『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』

公式HP:
http://over-everest.asmik-ace.co.jp/

***********************************


役所広司 チャン・ジンチュー リン・ボーホン
ビクター・ウェブスター ノア・ダンビー グラハム・シールズ ババック・ハーキー プブツニン
監督・脚本:ユー・フェイ プロデューサー:テレンス・チャン
撮影監督:リ・ヨウキ
美術監督:パク・イルヒョン チー・セバク
音楽:川井憲次
編集:デビッド・リチャードソン ジョーダン・ディーセルバーグ ゾア・ジュイン
視覚効果スーパーバイザー:ユー・ジャン ジ・レイレイ
視覚効果コーディネーター:ジョウ・イェンチュン
提供:バップ
配給:アスミック・エース
©Mirage Ltd.


三吉彩花、国際映画祭のレッドカーペットデビュー『ダンスウィズミー』第22回上海国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 現地時間:6/15 18時30分ごろ、中国・上海にて行われている【第22回上海国際映画祭】のレッドカーペットに、『ダンスウィズミー』のヒロイン・静香を演じる三吉彩花と、矢口史靖監督が登場しました。

三吉彩花は国際映画祭のレッドカーペットデビューとなり、圧倒的なスタイルと美貌で魅了しました。

『ダンスウィズミー』上海国際映画祭_レカぺ
『ダンスウィズミー』上海国際映画祭・レッドカーペット
日程:6月15日(土)
場所:グランドシアター
登壇:三吉彩花、矢口史靖監督

映画情報どっとこむ ralph 上海国際映画祭のガラ上映部門(特別招待枠)に選ばれている『ダンスウィズミー』の主演・三吉彩花と矢口史靖監督が現地時間6月15日(土)夜に、上海国際映画祭のレッドカーペット上に登場。映画祭のオープニング作品として上映された本作の人気ぶりはすさまじく、煌びやかな真っ白なドレスに身を包んだ三吉彩花さんと矢口史靖監督が登場しました。
『ダンスウィズミー』上海国際映画祭_レカぺ
三吉さんは、台湾初のラグジュアリーブランドshiatzy chen(シャッツィ・チェン)の白いエアリーなドレスでレッドカーペットに登場。

長い手足が映えるシルエットで、端正な顔立ちにより彩りを与えていた。

さらに白くすらりと伸びた美脚も余すところなく披露し、モデルで鍛えたウォーキングでカーペットを闊歩すると、再び世界各国の報道陣からフラッシュを浴びせられ、注目の的に。
『ダンスウィズミー』上海国際映画祭_レカぺ その様子を見ていたファンからは、あまりの美しさにため息交じりの感嘆の声が聞こえ、眩いほどのアジアンビューティーを見せつけた三吉は、レッドカーペット上の全ての人の注目を集め、熱視線を浴びせられていた。

レッドカーペットデビューについて

三吉さん:世界的な映画祭のレッドカーペットを歩くことができ大変うれしく思うと同時に、キラキラした空気感に負けないようオーラ全開で歩きました。全力で挑んだ『ダンスウィズミー』で矢口監督と一緒に歩けた、ということに感激です。夢のようなひとときでした。

と嬉しさを語りました。
『ダンスウィズミー』上海国際映画祭_レカぺ 『ダンスウィズミー』上海国際映画祭_レカぺ
この日は、世界中のスターを一目でも見ようと現地のファンを埋め尽くし中心が会場に押しかけ、大変な盛り上がりを見せた。

映画情報どっとこむ ralph 『ダンスウィズミー』

8月16日(金) 全国ロードショー

公式サイト:
dancewithme.jp

公式ツイッター:
@dancewithmefilm
#ダンスウィズミー 

ダンスウィズミー ストーリー
静香は子供の頃からミュージカルが大の苦手。しかし、とあるきっかけで音楽が聞こえるとミュージカルスターのように歌い踊り出すカラダになってしまう!スマホの音や日常に溢れる音楽に反応し所かまわず歌い踊りだすせいで、順風満帆な人生がハチャメチャに。恋も仕事も失った静香は、原因を探すため日本中を奔走する!しかしその先には、裏がありそうなクセ者たちとの出会いと、さらなるトラブルが!果たして静香は無事に元のカラダに戻れるのか!?旅の終わりに彼女が見つけた大切なものとは…?

***********************************

原作・脚本・監督:矢口史靖(『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』)
出演:三吉彩花 やしろ優 chay 三浦貴大・ムロツヨシ 宝田明
企画・制作プロダクション:アルタミラピクチャーズ
配給:ワーナー・ブラザース映画 
©2019「ダンスウィズミー」製作委員会


三吉彩花、上海で踊る!矢口史靖監督の無茶振りに答えて『ダンスウィズミー』上海国際映画祭オープニング上映


映画情報どっとこむ ralph 第22回上海国際映画祭『ダンスウィズミー』超満員800人が拍手喝采!!

『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』の矢口史靖監督最新作『ダンスウィズミー』(8 月 16 日(金)全国公開)は、構想16年、「突然歌って踊り出しておかしくない?」をテーマにしたこれまでにない全く新しいミュージカル! 

上海で開催中の【第22回上海国際映画祭】にてオープニング上映と舞台挨拶&質疑応答が行われ、主演の三吉彩花と矢口史靖監督が参加しました。
『ダンスウィズミー』上海国際映画祭_舞台挨拶
『ダンスウィズミー』上海国際映画祭2019
日程:6/15(土) 
場所:Tianshan Theatre
登壇:三吉彩花、矢口史靖監督

映画情報どっとこむ ralph 6/15(土)から開幕した第22回上海国際映画祭のガラ上映部門のオープニングに選ばれた『ダンスウィズミー』。800人にも及ぶ観客が試写会場に詰めかけ満席の中、上映後の舞台挨拶と質疑応答に登場したのは、三吉彩花と矢口史靖監督。割れんばかりの拍手の中、上映後ステージに登場した三吉と矢口監督は、感無量な表情でしばらく場内を見渡し、観客の温かいリアクションに対し、手を振ったり頭を下げたりなど何度も感謝の思いを伝えていた。三吉は少し緊張した様子で
『ダンスウィズミー』上海国際映画祭_舞台挨拶 三吉さん:ニーハオ、三吉彩花です。上海国際映画祭に来られて、非常に嬉しいです!たくさんの方にこの作品が受け入れられて、こんなに素敵な場所に自分が立っていることが信じられません。

と中国語の自己紹介を交えつつ感謝を語り、
『ダンスウィズミー』上海国際映画祭_舞台挨拶 矢口監督:監督の矢口史靖です。さっきまで普通に喋っていたのに、ミュージカルのように突然歌いだしたり踊りだしたりする人がいたら、びっくりしますよね。この映画は、実際にそんなカラダになってしまった人が主人公です。原因解明のために、奔走する姿をハッピーなミュージカルで描きました。

と中国語で語り、続けて

矢口監督:ずっと自分の中で気になっていた、突然歌ったり踊ったりする、ミュージカルの違和感について、ミュージカルのルールというものを壊して、真っ向勝負を挑んだ作品です。これまでに見たことのない全く新しいミュージカルのスタイルを提案できたと思っています。上海国際映画祭という世界的な映画祭で上映できることは嬉しい限りです。

と恐縮しつつも、ミュージカル映画への新たな風を吹き込む本作への自信を見せた。

映画情報どっとこむ ralph その後の質疑応答では、国際映画祭ならではの突っ込んだ質問に悪戦苦闘する三吉と、イキイキとした表情で映画に込め思いを語る矢口監督。

三吉さん:歌もダンスも好きでしたけど、まさか自分がヒロインに選ばれるとは思ってもいませんでした。日本発のミュージカル映画ということで、プレッシャーにも押しつぶされそうになり、撮影中もずっと逃げたかった。でもこうやって今日、皆さんから温かい拍手を頂けて、頑張ってきてよかったと思います。

と作品にかけた熱い想いを語り、

矢口監督:歌とダンスがとても大事な映画だったので、オーディションの現場はカラオケでした。おそらく三吉さんは緊張していたため、ずっと仏頂面でした。その顔を見て怒っているのかな?と不安になりました。でもオーディションの時に、歌とダンスが始まると別人のように、華やかな印象になり、その姿を見て、ミュージカルはニガテだけど、歌とダンスが始まると花が咲いたように煌びやかになる求めていたヒロインのキャラクターにぴったりだと思い選びました。三吉さんにして本当に良かった。彼女でなければ、この映画は成立しなかったし、静香もこんなに魅力的なキャラクターにならなかったと思います。

とヒロインを三吉に選んだ理由を語った。

また今月18日(火)で、23歳になる三吉彩花に、会場からサプライズでバースデーソングのプレゼントが!!全く予期せぬ出来事に驚きつつも、

三吉さん:ありがとうございます!

と三吉はこの日一番の笑顔を見せた。

その様子を見た

矢口監督:音楽がかかったら映画の中だったら、踊り出さないと!

と無邪気に振られると、三吉さんは、すかさず、すらりと伸びた手足を広げ、ステージ上でくるりとまわって見せるなど、さすが!の対応力を見せ、観客を大いに沸かせた。
『ダンスウィズミー』上海国際映画祭_舞台挨拶
映画情報どっとこむ ralph 『ダンスウィズミー』

8月16日(金) 全国ロードショー

公式サイト:
dancewithme.jp 

公式ツイッター:
@dancewithmefilm
#ダンスウィズミー 



ストーリー

静香が何よりニガテなのはミュージカル。しかしある日突然、催眠術をかけられ、音楽を聞くと所かまわず歌い踊り出すカラダになってしまう!
仕事もお金も恋も 二の次にして、催眠術を解くために日本中を駆けめぐるが…。インチキ催眠術師のマーチン上田、ダンス好きで夢見がちなフリーターの千絵、こズルい興信所の調査員の渡辺、ワケありストリートミュージシャンの洋子、女子憧れのエリート会社員の村上ら、ひとクセもふたクセもある人々との出会いが巻き起こす、予想もしない展開が待っていた!
ダンスウィズミー
***********************************


原作・脚本・監督:矢口史靖(『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』)
出演:三吉彩花 やしろ優 chay 三浦貴大・ムロツヨシ 宝田明
企画・制作プロダクション:アルタミラピクチャーズ
配給:ワーナー・ブラザース映画

(C)2019映画「ダンスウィズミー」製作委員会