「映画祭」カテゴリーアーカイブ

『未体験ゾーンの映画たち2019』ラインナップが決定!!


映画情報どっとこむ ralph 『未体験ゾーンの映画たち』は様々な理由から日本公開が見送られてしまう傑作・怪作映画を、映画ファンの皆様にスクリーンで体験していただくべく、2012年よりヒューマントラストシネマ渋谷をメイン会場として開催しています。年々規模を拡大し、着実に未体験ファンともいえるリピーターを獲得。2019年も新年の幕開けとともに、各国のあらゆるジャンルから厳選した全58本にもおよぶ劇場未公開作品を一挙上映いたします!

注目作は、『シークレット・ヴォイス』。前作『マジカル・ガール』で、劇場デビュー作ながら、サン・セバスチャン国際映画祭でグランプリと監督賞のダブル受賞という快挙を成し遂げ、巨匠ペドロ・アルモドバルをして「宝石のような映画」と言わしめた新鋭カルロス・ベルムト。世界中から注目が集まる中発表された本作は、記憶をなくした国民的歌手と彼女に心酔する貧しいシングルマザーという二人の女性を主人公に据え、出会うはずのなかった二人の人生の交錯を、美しく、時に残酷に描く魅惑のミステリー。トロント国際映画祭正式出品、サン・セバスチャン国際映画祭で今度はFeroz Zinemaldia Awardを受賞と、またも観客・批評家双方から圧倒的支持を獲得作品です!
上段中 『シークレット・ヴォイス』
上段右 『シークレット・チルドレン 禁じられた力』
下段左 『アンデッド/ブラインド 不死身の少女と盲目の少年』
下段中 『マフィオサ』
下段右 『ザ・スリープ・カース』

映画情報どっとこむ ralph さらに、毎年ご好評いただき、満席となる<予告編上映大会&スペシャルトークショー>を、今年も12/29(土)にLoft9 Shibuya にて開催決定!上映作品58本すべての予告編を上映しつつ、ゲストに「映画秘宝」常連ライターである高橋ヨシキ氏や、てらさわホーク氏、多田遠志氏をお迎えし、自由奔放なフリートークで全作品を解説。作品が持つ魅力や見所を語り尽くします!

2016年より実施している、ムービープラス、青山シアターとのタイアップ企画が、好評につき2019年も実施決定!

★ムービープラスでは、12/18(火)、12/19(水)、12/25(火)、12/26(水)の4日間、『未体験ゾーンの映画たち』を大特集!

★青山シアターでは、ヒューマントラストシネマ渋谷での上映終了翌日より、一部の上映作品を2週間限定配信!

映画情報どっとこむ ralph 8年目を迎え、益々盛り上がりを見せる

未体験ゾーンの映画たち

2019年1月4日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催!

※シネ・リーブル梅田では2019年1月下旬より開催予定


[鑑賞料金]
1,300円均一(毎週水曜、毎月1日は1,100円均一)、リピーター割引あり、TCG会員割引あり
「未体験ゾーンの映画たち2019」
公式ウェブサイト:
https://aoyama-theater.jp/feature/mitaiken2019

***********************************



今年もWOWOW 第91回アカデミー賞授賞式 ジョン・カビラと高島彩を案内役


映画情報どっとこむ ralph 今回もジョン・カビラと高島彩を案内役に迎え、作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優 賞などの全世界が注目する発表の瞬間をナビゲート。さらに、スタジオゲストとして、映画プロデューサーの川村元気と映画 評論家の町山智浩も迎えて、感動のエンターテインメントを伝えます!
Jimmy Kimmel hosts the live ABC Telecast of The 90th Oscars® at the Dolby® Theatre in Hollywood, CA on Sunday, March 4, 2018.

生中継!第91回アカデミー賞授賞式
放送日 : 2019年2月25日(月)午前8:30 [二] [同時通訳]/夜9:00[字幕版]
案内役 : ジョン・カビラ、高島 彩 スタジオゲスト:川村元気、町山智浩
番組HP: https://www.wowow.co.jp/academy/

■ジョン・カビラ 91回目を数える世界最高峰の映画の祭典。エンターティンメント追求のヒット作から社会の闇をえぐる問題作までがノミネー トされること必至。映画を愛してやまないプロフェッショナルたちが互いを讃えあう舞台でどんなドラマが展開するのか。 各賞の行方はもちろん、授賞式そのものの演出にも笑いと感動を熱烈に期待しています。 午前中の生放送の臨場感に圧倒されつつ、夜に再度染み込ませることができるのは日本/WOWOWでの放送のみ! ぜひ心揺さぶるひと時をご一緒に。

■高島彩 今年も胸踊るこの季節がやってきましたね。 昨年は90回という節目のアカデミー賞でしたが、主演女優賞を獲得したフランシス・マクドーマンドの力強いスピーチにも あったように、女性の権利や平等に関して強いメッセージが発せられました。 あれからアカデミー賞はどう変わったのでしょうか。それとも変わっていないのでしょうか。今のアメリカ社会を色濃く映し出 すアカデミー賞の舞台。今年もみなさんとともに生放送で見届けたいと思います。 個人的には、『リメンバー・ミー』を超えるアニメーションへの期待を高めつつ、昨年から引き続きティモシー・シャラメの美し さを追いかけながら、アカデミー賞のノミニーとしてレディー・ガガが登場することを期待して、今年もその瞬間を待っていま す。 どうぞ、最高のエンターテインメントを生放送でご覧ください。

■川村元気 いち映画製作者の視点で、僕自信が楽しみながら映画界最大の祭りをお伝えできればと思います。 [プロフィール] 1979年生まれ。『告白』『おおかみこどもの雨と雪』『君の名は。』などの映画を製作。12年、初小説『世界から猫が消えたな ら』を発表。140万部突破のベストセラーとなり、米国、フランス、ドイツ、中国、韓国などで出版される。同年、小説2作目『億 男』を発表。76万部を超えるベストセラーとなり、佐藤健、高橋一生出演で映画化された。16年、小説3作目『四月になれば 彼女は』を発表する。18年、カンヌ国際映画祭短編コンペティション部門に初監督映画『DUALITY』が選出される。

映画情報どっとこむ ralph <プレゼント企画>
WOWOW映画情報サイト「CinePick」開設1周年記念 映画の祭典「第91回アカデミー賞授賞式」のレッドカーペット観覧席へ1組2名様を招待することが決定。 応募方法など詳細は
www.wowow.co.jp/movie/cp/

<アカデニー賞特集2019>
WOWOWとシネフィルWOWOWが合同で過去のアカデミー賞受賞作品を合わせて100本放送する大特集をお届け。
放送日:WOWOW 1月11日(金)~2月24日(日)歴代受賞作全67本 シネフィルWOWOW 2月12日(火)~2月24日(日)歴代受賞作全33本 この大特集の放送を記念して、 WOWOW×シネフィルWOWOW『100本のアカデミー賞』放送記念
100名様に当たるプレゼントキャンペーン実施
詳しくは ⇒ こちら


***********************************




ティモシー・シャラメ幻の主演作『シークレット・チルドレン 禁じられた力』公開決定


映画情報どっとこむ ralph 『君の名前で僕を呼んで』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた、日本でも女性を中心に圧倒的な人気を誇る”いま最も旬な“俳優ティモシー・シャラメの主演作「ONE & TWO」(原題)が、このたび『シークレット・チルドレン 禁じられた力』の邦題で、1月18日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷で行われる「未体験ゾーンの映画たち2019」にて緊急公開決定しました!
ティモシー演じるザックと妹のエヴァは、瞬間移動の超能力を持つ姉妹。その力を畏れる父ダニエルの意向で、超能力の使用を固く禁じられた2人は、外界から遮断された森の奥に秘匿されていたが、ある日、父の目を盗み超能力を使って家を抜け出し…。誰にも言えない秘密を抱え、過酷な運命に翻弄されるエスパー兄妹の“禁断の日々”を覗き見る、珠玉のSFスリラーです。


監督は、アダム・ウィンガード監督の『ユーアー・ネクスト』などを手がけ、A24によるスマッシュヒット作『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』で大絶賛を浴びた撮影監督のアンドリュー・ドロス・パレルモ。これが初監督作品となるが、カメラマン出身の監督ならではの美的センスで、ティモシー・シャラメの、匂い立つようなフレッシュで瑞々しい魅力を、余すところなくカメラに収めています。また妹役には「マッドメン」に出演した後、NETFLIXのシリーズ「サブリナ:ダーク・アドベンチャー」での主演により全米で大ブレイクを果たしたキーナン・シプカ。兄と共に秘密を抱え葛藤する美しい少女を、可憐に、そして逞しく好演しています。

『Beautiful Boy(原題)』『Hot Summer Nights(原題)』と話題作の公開が控えますます注目を集めるティモシー・シャラメの魅力が凝縮された、ファン必見の注目作。

『シークレット・チルドレン 禁じられた力』
原題「ONE & TWO」

2019年1月18日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷にて

物語・・・
それは兄妹だけの、危険な秘密――
エヴァとザックの兄妹は、両親と森の奥でひっそりと暮らしている。実は兄妹には瞬間移動の超能力があり、その力を畏れる父ダニエルの意向で、外界から遮断された世界に秘匿されていたのだ。母のエリザベスは病弱で、ダニエルはそれが子供達の反自然的な能力に対しての神からの罰だと信じ込み、能力を使うことを固く禁じていた。しかしある日、兄妹は父の目を盗み超能力を使って家を抜け出す。2人だけの秘密の時間は、天国のように清らかで、甘く魅惑的だった。しかし、その代償はあまりにも大きく、家族の運命を狂わせてゆく…。

***********************************


監督:アンドリュー・ドロス・パレルモ『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー(撮影)』『サプライズ(撮影)』
脚本:アンドリュー・ドロス・パレルモ/ニーマ・シャフダディ
出演:ティモシー・シャラメ『君の名前で僕を呼んで』『レディ・バード』/キーナン・シプカ『サブリナ:ダーク・アドベンチャー』『マッドメン』/エリザベス・リーサー『トワイライト』シリーズ/グラント・バウラー『ディファイアンス』

2015年 / アメリカ / 英語 / 91分 / DCP / カラー / 5.1ch / 原題:ONE & TWO / 日本語字幕:ブレインウッズ
© 2014 One & two LLC


日本初!『未来のミライ』ゴールデン・グローブ賞アニメーション映画賞にノミネート 細田守監督コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 日本初!『未来のミライ』がゴールデン・グローブ賞アニメーション映画賞にノミネート!

★日本初!『未来のミライ』がゴールデン・グローブ賞アニメーション映画賞にノミネート!
この度、第76回ゴールデン・グローブ賞の各部門のノミネートが発表され、2018年に公開されたアニメーション映画を対象にするアニメーション映画賞の候補に、『未来のミライ』が選出されました。このアニメーション映画賞で日本の作品がノミネートされるのは初めてとなります。ノミネートに伴い、細田守監督、米国で配給の「GKIDS」CEOエリック・ベックマンよりコメントも到着しております。

細田守監督さんからのコメント
この度、第76回ゴールデン・グローブ賞へのノミネートと聞き、ただただ驚いています。これをきっかけに、この小さな可愛らしい作品がより広く、深く、たくさんの方々に楽しんでもらえたら嬉しく思います

米国配給「GKIDS」CEOエリック・ベックマンさんからのコメント
細田守はアニメーターの域を超え、アニメーションという手法を使う映画作家となった。彼はここに本当に美しく繊細な作品を作り上げた。それはまさに家族、愛、命について描かれたパーソナルな物語であり、その時空を超える旅は私たちに笑顔を感動を等しく与えてくれる。このノミネーションに対し、HFPAに感謝すると共に、細田監督の実力が正しく評価されたことを非常に嬉しく思う

映画情報どっとこむ ralph 作画監督・青山浩行氏による新規描き下ろし三方背BOXのイラストが到着!

細田守監督作品『時をかける少女』『サマーウォーズ』でも作画監督を務めた青山浩行氏が、『未来のミライ』スペシャル・エディション(Blu-ray)三方背BOXのイラストとして、新規で描き下ろしたイラストが到着しました。甘えん坊の男の子くんちゃんはイヤイヤながらもおかあさんに歯磨きをしてもらい、妹のミライちゃんはおとうさんのお菓子作りをお手伝い!家族での微笑ましいやり取りが描かれております。

作品の優しい世界観をそのままに、新たなくんちゃんやミライちゃんが描かれたスペシャル仕様の三方背BOXに是非ご期待下さい!

『未来のミライ』2019年1月23日(水)Blu-ray&DVD発売!<レンタル同時リリース>
2018年夏!観客動員数225万人!!(2018年10月末時点)
スタジオ地図が贈る、細田守監督最新作


『未来の未来』2019年1月23日(水)Blu-ray&DVD発売!<レンタル同時リリース>
『未来のミライ』スペシャル・エディション(Blu-ray/本編ディスク+特典映像ディスク)¥7,800+税
『未来のミライ』スタンダード・エディション(Blu-ray /本編ディスク)¥4,800+税
『未来のミライ』スタンダード・エディション(DVD /本編ディスク)¥3,800+税

公式サイト:
http://mirai-no-mirai.jp/


【ストーリー】
誰もがみんな“くんちゃん”だった— 小さな男の子の成長と、過去と未来をつなぐ家族の物語! とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。ある日、甘えん坊のくんちゃんに、生まれたばかりの妹がやってきます。妹 に両親の愛情を奪われ、寂しさいっぱいのくんちゃん――。そんな時、くんちゃんは家の庭で自分のことを「お兄ちゃん」と呼ぶ、不思議 な少女と出会います。彼女は未来からやってきた妹・ミライちゃんでした。ミライちゃんに導かれ、時をこえた家族の物語へと旅立つくん ちゃん。待ち受ける見たこともない世界。むかし王子だったと名乗る謎の男や幼い頃の母との不思議な体験、そして父の面影を宿す青年と の出会い。 そこで初めて知る様々な「家族の愛」の形。果たして、くんちゃんが最後にたどり着いた場所とは?ミライちゃんがやってきた 本当の理由とは——
***********************************


【キャスト】
上白石萌歌 黒木華 星野源 麻生久美子 吉原光夫 宮崎美子 役所広司 / 福山雅治

【スタッフ】
監督・脚本・原作:細田守
作画監督:青山浩行秦綾子
美術監督:大森崇 髙松洋平 音楽:高木正勝
オープニングテーマ「ミライのテーマ」 エンディングテーマ「うたのきしゃ」:山下達郎
企画・制作:スタジオ地図
(C)2018 スタジオ地図


海外映画祭19冠目!『アルビノの木』スペイン・グラナダの映画祭で最優秀賞獲得!DVD発売


映画情報どっとこむ ralph 2016 年テアトル新宿を皮切りに全国劇場で公開され、世界各国の映画祭で受賞を重ねてきた『アルビノの木』が、スペイン・グラナダで11/8~12/5開催された第5回Festival CINEMISTICAで最優秀賞(一般映画部門)を受賞し、本作における海外映画祭 で計19冠を達成しました。
http://blog.cinemistica.com/?p=2834

Festival CINEMISTICA は2014年からスペイン・グラナダのアートシアターArte7 シネマテークを本拠地として毎年開催されてい る国際映画祭で、本年はグラナダの他にフランス・マルセイユ、モロッコ・ラバト、ペルー・イキトスでも同時開催。

アンドレイ・タルコフスキー監督『ノスタルジア』など招待作品やコンペティション作品、長短編あわせ約 120 本が上映され、12/5 のクロージングセレモニーでドイツの映画監督バーバラ・シュローダー氏を審査員長とした国際審査員らにより三部門の最優秀賞が発表されました。

フェスティバルディレクターのマヌエル・ペレス氏は

「我々の映画祭の作品選定基準である哲学的・心理 的・人類学的・霊的・詩的な内容を持つ映画という要素を完全に有する素晴らしい作品『アルビノの木』が最高賞に選ばれ大変嬉しい」

とコメントしてます。

映画情報どっとこむ ralph 本作は 2019 年1月 5 日(土)ブルーレイ&DVD ソフトとして発売(販売元:インターフィルム)、レンタル DVD も同日に解禁、そし てセル限定であるブルーレイには金子雅和監督の短編 4 作品(計 107 分)が特典収録された仕様となります。
◆『アルビノの木』
ブルーレイ 本編 86 分+特典映像(短編 4 作)107 分 +オリジナル予告編 1 分 ※初回封入特典有 全 194 分収録 4,500 円(税別)
◆『アルビノの木』
DVD 本編 86 分+オリジナル予告編 1 分 全 87 分収録 2,800 円(税別)

映画情報どっとこむ ralph また、金子監督の初長編作『すみれ人形』(2008 年/出演:山田キヌヲ,綾野剛ほか)と、乙一原作『失はれる物語』などを含む短 編集を同時収録した『すみれ人形/辺境幻想~金子雅和短編映画集』DVD も同じく 1 月 5 日(土)に amazon.com セル限定で発 売決定(販売元:ラフター)。

金子雅和監督のほぼ全作品が、ソフトとしてご購入いただけるようになります。
◆『すみれ人形/辺境幻想~金子雅和短編映画集』
本編 63 分+91 分+特典映像 15 分 全 169 分収録 3,800 円(税別)

映画情報どっとこむ ralph 更には 12/12(水)から動画配信サイト青山シアターで「金子雅和監督特集」が配信開始予定。『失はれる物語』など短編5作が ソフト発売に先駆けオンライン視聴出来るようになります。

アルビノの木 ストーリー
害獣駆除会社で働くユクの元に、多額の報酬を得られる仕事の依頼が舞い込む。内容は、鉱山として栄えた山間の村で「白鹿様」と呼ばれ大事にされている 珍しい鹿を秘密裏に撃つこと。普通の鹿と異なる存在が悪い噂になると危惧した町の役人が、過疎の村ともども切り捨てようと取った苦肉の策だった。ユクは病 床の母の治療費を稼ぐため山に入り、村の女性ナギや、彼女の婚約者で木食器職人の羊市たちと出会う。次第に害のない獣を殺すことに葛藤を抱き始めるユ クだったが、それでも白鹿を探して圧倒的な自然の中に踏み込んでいく。人々が大切に思っている命を奪うという事は…。


公式サイト:http://www.albinonoki.com/

映画情報どっとこむ ralph 【アルビノの木 海外 19 受賞歴一覧】
◆フィゲイラフィルムアート 2017(ポルトガル・フィゲイラ・ダ・フォズ)・最優秀長編劇映画賞(※グランプリ) / 最優秀監督賞 / 最優秀撮影賞
◆マルベーリャ映 画祭 2018(スペイン・マルベーリャ)・最優秀映画賞(※グランプリ) / 批評家賞
◆福爾摩沙國際電影獎 2017(台湾・台中)・最優秀アジア映画賞 / 審査員特 別長編劇映画賞 / 審査員特別監督賞
◆ヴェステロース映画祭 2017(スウェーデン・ヴェステロース)・最優秀撮影賞
◆Festival CINEMISTICA 2018(スペイ ン・グラナダ)・最優秀賞(※一般映画部門)
◆クラフト映画祭 2018(スペイン・バルセロナ)・観客賞(※観客が選ぶ最優秀賞)
◆FIC AUTOR 2018(メキシコ・グア ダラハラ)・最優秀賞(※製作費 5 万ドル以下の長編映画部門)
◆インカ・インペリアル国際映画祭 2018(ペルー・リマ)・最優秀長編映画賞 / 最優秀撮影賞
◆メキシコシティ国際映画 2018(メキシコ・メキシコシティ)・最優秀長編劇映画賞
◆シャウエン国際環境映画 2018(モロッコ・シャウエン)・スペシャル・メンション
◆サンライト国際映画祭 2017(ドイツ・ベルリン)・特別賞
◆コルカタ国際文化映画祭 2016(インド・コルカタ)・12 月期最優秀長編劇映画賞
◆シネルファマ・リ スボン国際映画賞 2017(ポルトガル・リスボン)・10-11 月期最優秀音楽賞

***********************************

<CAST>
松岡龍平、東加奈子、福地祐介、増田修一朗、尾崎愛、松蔭浩之、細井学、松永麻里、山口智恵、山田キヌヲ、長谷川初範

<STAFF>
監督・脚本・撮影・編集:金子雅和 照明:白石宏明 録音:間野翼 美術:金子美由紀 助監督:滝野弘仁 音楽:石橋英子

販売元:インターフィルム
(c)kinone BD&DVD