「映画祭」カテゴリーアーカイブ

生田斗真ら「第40回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」最終審査員決定!


映画情報どっとこむ ralph 9月8日(土)に開幕する「第40回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」。

映画祭のメインプログラムであるコンペティション部門「PFFアワード」は、若手映画監督の登竜門として、これまでに、石井岳龍、黒沢清、園子温、橋口亮輔、塚本晋也、矢口史靖、李相日、荻上直子、石井裕也、山戸結希など120名を超えるプロの映画監督を輩出してきました。
本年は529本の応募から入選を果たした18作品が、映画祭でグランプリを競います。グランプリは賞金100万円!!
本日、この18作品を審査する「最終審査員」が決定しました。

映画監督を含むクリエイターで構成され、毎年違う顔ぶれです。賞は数時間にわたる討議の末に決定、9月20日の表彰式にて、最終審査員が登壇し、グランプリ他各賞を発表します。

<PFFアワード2018 最終審査員 5名>
上記写真左より、
佐藤公美(映画プロデューサー)  
大九明子(映画監督) 主な監督作品:『勝手にふるえてろ』(17年)、『恋するマドリ』(07年)
佐藤信介(映画監督)
冨永昌敬(映画監督) 主な監督作品:『素敵なダイナマイトスキャンダル』(18年)、『南瓜とマヨネーズ』(17年)
生田斗真(俳優) 主な主演作品:『友罪』(18年)、『彼らが本気で編むときは、』(17年)

映画情報どっとこむ ralph コンペティション部門「PFFアワード2018」
◎約4か月にわたる厳正な審査の上決定した「PFFアワード2018」入選18作品は、映画祭「第40回ぴあフィルムフェスティバル」期間中、各2回ずつ上映されます。

9月20日(木)の表彰式で各賞が発表され、21日(金)&22日(土)には、受賞作品を上映します。
18作品に授与される各賞のうち「観客賞」を投票できるのは、あなたです!どなたでもご参加頂けます。

なお、今年は映画祭の初日から、動画配信サイト「青山シアター」にて、「PFFアワード2018」入選作品を同時配信します。

▶青山シアター
https://aoyama-theater.jp/feature/pff

▼「PFFアワード2018」入選作品一覧
※作品名五十音順。上映時間、年齢、職業(学校名)は応募時のもの。
『愛讃讃』8分 
監督:池添 俊(29歳/大阪府出身/フリーランス)
『ある日本の絵描き少年』20分 
監督:川尻将由(30歳/東京都出身/映像制作会社経営)
『一文字拳 序章 -最強カンフー少年対地獄の殺人空手使い-』66分 
監督:中元 雄(26歳/広島県出身/WEBデザイナー)
『オーファンズ・ブルース』89分 
監督:工藤梨穂(22歳/福岡県出身/京都造形芸術大学 芸術学部)
『からっぽ』52分 
監督:野村奈央(23歳/静岡県出身/武蔵野美術大学 造形学部)
『カルチェ』70分 
監督:植木咲楽(22歳/大阪府出身/京都造形芸術大学 芸術学部)
『川と自転車』44分 
監督:池田昌平(33歳/千葉県出身/アルバイト)
『貴美子のまち』37分 
監督:芦澤麻有子(22歳/神奈川県出身/武蔵野美術大学 造形学部)
『Good bye, Eric!』18分 
監督:高階 匠(28歳/東京都出身/会社員)
『最期の星』27分 
監督:小川紗良(21歳/東京都出身/早稲田大学 文化構想学部)
『山河の子』57分 
監督:胡 旭彤(22歳/中国出身/日本映画大学 映画学部)
『シアノス』40分 
監督:松本 剛(33歳/島根県出身/フリーランス)
『シャシャシャ』31分 
監督:亀井史興(36歳/新潟県出身/派遣社員)
『19歳』28分 
監督:道本咲希(20歳/大阪府出身/ビジュアルアーツ専門学校大阪)
『すばらしき世界』41分 
監督:石井達也(20歳/茨城県出身/東放学園映画専門学校)
『小さな声で囁いて』110分 
監督:山本 英(26歳/広島県出身/東京藝術大学大学院 映像研究科)
『モフモフィクション』7分 
監督:今津良樹(32歳/静岡県出身/東京藝術大学大学院 映像研究科)
『わたの原』51分 
監督:藤原芽生(22歳/東京都出身/会社員)

映画情報どっとこむ ralph 映画祭「第40回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」開催概要
【会期】2018年9月8日(土)から22日(土)まで  ※月曜休館
【会場】国立映画アーカイブ(旧・東京国立近代美術館フィルムセンター)
【内容】コンペティション部門:「PFFアワード2018」
招待作品部門:生誕100年のロバート・アルドリッチ特集「女も男もカッコいい!今こそアルドリッチ」、
人気映画人が伝授するPFFスペシャル講座「映画のコツ」、今年5月に急逝された伝説のカメラマンたむら
まさきさん追悼企画「たむらまさきを語り尽くす」

公式サイト
https://pff.jp/40th/

8月18日(土)チケット発売開始!
▶チケット情報
https://pff.jp/40th/tickets.html

***********************************



日越外交関係樹立 45 周年記念 『ベトナム映画祭 2018』上映ラインナップ!


映画情報どっとこむ ralph
日本とベトナムの外交関係樹立 45 周年の記念事業として、 9 月 1 日(土) より横浜シネマ・ジャック&ベティ他、新宿、大阪、名古屋にて開催さ れる「ベトナム映画祭 2018」の上映ラインナップが決定しました。また、各開催地の開催期間も発表されました。

毎年 9 月に開催されているベトナムフェスタ in 神奈川の共催企画として、全国 に先駆けて横浜でスタート。

今回発表された上映作品は、過去に本国で大ヒット を記録した名作や、ベトナム映画の新世代を期待される若手監督たちの新作など バラエティに富んだラインナップとなっています。

映画情報どっとこむ ralph 日本でも大根仁監督でリメイクされた韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」のベ トナム版を担当した人気監督グエン・クワン・ズン監督作品のニューヨークを舞台にベトナム移民家族を描いた作品である「ベトナムを懐う」、新世代ヒーロ ーアクション「超人 X」の2本が登場。

トラン・アン・ユン監督「夏至」でデビューしたベトナム映画界のミューズ、ドー・ハイ・イエンの主演作「漂うがごとく」「モン族の少女 パオの物語」の2本は、ヴェネチア映画祭など世界各国の映画祭で高く評価された作品だ。


既に2作目となるベトナム映画の製作が発表された日本人監督・落合賢が監督した「サイゴン・ボディガード」も上映。
ベトナムで「ローグ・ワン/スター・ ウォーズ・ストーリー」を押さえて初週の興行収入 No1 になった大ヒット作で、 ホーチミン市内を爆走するチェイスシーンをはじめとした華麗なアクションと、 抱腹絶倒のユーモアが炸裂。

更にベトナムで公開からわずか 3 日で興行収入 1 億 を突破したファンタジーSF「フェアリー・オブ・キングダム」は、ベトナムで 大人気の男性アイドルグループ「365daband」のメンバーが総出演し、ハリウッド規模の VFX 技術を駆使した豪華絢爛な世界観のスペクタクル巨編。

山形国際ドキュメンタリー映画祭 2017 のインターナショナルコンペティション部門にノミネートされた「ニンホアの家」は、べトナム戦争で離散した家族の日常を固定カメラで撮影したドキュメンタリー作品。越僑ドイツ人のグエン・フオン・ダン が、自身のルーツであるベトナムを撮影した意欲作。

さらに特別招待作品として、北海道の東川町を舞台にした日越共同製作の感動作「目を閉じれば夏が見える」 も劇場初公開。
昨年日本で公開され、幼年期の心の成長と痛みを瑞々しく描いた「草原に黄色い 花を見つける」、
ベトナム戦時下に野戦病院に務めていた女医・トゥーイの日記 を基に製作され、2009 年のアジアフォーカス福岡国際映画祭で、福岡観客賞を受 賞したダン・ニャット・ミン監督「焼いてはいけない」は、ベトナムフェス タ in 神奈川の会場での無料上映が決定しています。

映画情報どっとこむ ralph 【開催期間】
<神奈川> 横浜シネマ・ジャック&ベティ
9 月 1 日(土)~ 9 月 9 日(日)
<大阪> 大阪シネ・ヌーヴォ
10 月 6 日(土)~ 10 月 19 日(金)
<東京> 新宿ケイズシネマ
11 月 10 日(土)~ 11 月 23 日(金)
<愛知> 名古屋シネマスコーレ
11 月 24 日(土)~ 12 月 7 日(金)

【料金】
当日一般 1600 円(特別鑑賞券 1300 円/3 回券 3300 円)
※チケットぴあ にて 8/18(土)より発売
P コード 467-670
※チケット代金とは別に発券手数料・システム手数料をご負担いただきます。ご確認の上、お買い求め ください。
※お取り扱い店:店頭 セブンイレブン▪サークル K・サンクス(一部店舗を除く)

決定上映作品
※ 地域 によって 一部 変わる 可能性 があります。

「ベトナムを懐う(Da Co Hoai Lang)」2017
配給:アルゴ・ピクチャーズ/MAP

「漂うがごとく(Choi voi)」2009
配給:アルゴ・ピクチャーズ/MAP

「モン族の少女 パオの物語(Chuyen cua Pao)」2007
配給:イメージフォーラム

「フェアリー・オブ・キングダム(Tam Cam: Chuyen Chua Ke)」2016
配給:キュリオスコー プ

「超人 X(Sieu Nhan X)」2015
配給:キュリオスコープ

「ニンホアの家(A House in Ninh Hoa)」2016
山形ドキュメンタリー2017 コンペ作品

「サイゴン・ボディガード(Ve si sai gon )」2017
配給:ギャガ

「目を閉じれば夏が見える(Nham Mat Thay Mua He」2018

「焼いてはいけない(Dung dot)」2009

「草原に黄色い花を見つける(Tôi thay hoa vàng trên co xanh)2015
配給:アルゴ・ピク チャーズ

***********************************



知英&原監督Q&A『私の人生なのに』第14回堤川国際音楽映画祭での上映後に


映画情報どっとこむ ralph 8月9日(木)から韓国・堤川(チェチョン)にて国際音楽映画祭がスタート。

音楽と映画の融合をテーマにする韓国唯一の音楽映画祭として、今年は世界38ヶ国、116本の音楽映画が上映されております。

昨日、映画『私の人生なのに』主演の知英さんと原桂之介監督がレッドカーペットを歩くと、3000人を超える観客から大歓声を浴びました!


そして、本日13:00からは、韓国・Megabox Jecheon 3にて本作が初上映。
上映後、知英さんと原桂之介監督が登場し、舞台挨拶とQ&Aを行いました。

日付:8月10日
場所:韓国・Megabox Jecheon 3
登壇:知英、原桂之介監督

映画情報どっとこむ ralph 上映後、会場内には拍手とともに涙の音が響きました。
知英さん演じる金城瑞穂の生き方は、国を超えて、韓国でも人々の心に熱い想いを残しました。
知英さんは、地元のお客様からの「日本で俳優業でも活躍されており、JYとして歌手活動も行っていて凄いと思いますが、大変なことはないですか?」という質問に、

知英さん:確かに、言葉の問題などもあるので、大変なことがないとは言えないけれど、原監督や今回の作品と巡り合えたような素敵な出会いもたくさんあり、日本でスタッフさんや周りの方々にすごく応援して頂き、それが力になりました。その応援と支えがあったからこそ大変でしたが一生懸命頑張れました。
と笑顔で語り、自国での上映に胸を詰まらせておりました。

原作も読んだことがあるのですが、原作には音楽や歌の表現がないので、音楽で作品を表現するのは映画のオリジナルな部分だと感じました。音楽で物語を綴り、キャラクターに息吹を与えてみて、いかがでしたか?

という問いに

原監督:瑞穂(知英)の幼なじみ・柏原淳之介(稲葉友)が劇中歌の歌詞を、何本か手掛けさせていただきました。セリフで表現するだけでなく音楽でも状況や心情を表現しながら作品を作り上げていくことは、難しい部分もありましたが、非常に楽しかったです。

と答え、本作が音楽の映画祭ならではの上映作品であることをアピールでき、また、韓国でも映画が受け入れられたことに感銘を受けておりました。

【第14回 堤川国際音楽映画祭】は、“音楽”がテーマの国際映画祭。
メガボックス提川、提川市文化会館、清風(チョンプン)湖畔舞台、義林池(ウィリムジ)舞台など堤川市一帯で8月14日(火)まで開催を予定しております。
2005年の初年度は、矢口靖監督の「Swing Girls」がオープニング作品として上映され、その後も、山崎貴監督「ALWAYS 三丁目の夕日」、北野武監督「菊次郎の夏」や中田秀夫監督「リング」など錚々たる邦画界の代表作品が出品されております。
昨年創設された「堤川アジア映画音楽名誉賞」は、日本人の川井憲次さん(「デスノート」「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」などを担当した日本を代表する映画音楽家)が受賞しています。

映画情報どっとこむ ralph 映画『私の人生なのに

物語・・・
絶望の先に見えた、人生の新しいステージ
新体操のスター選手として将来を期待されていた金城瑞穂(知英)は、練習中に脊髄梗塞で倒れ下半身麻痺となってしまう。
競技人生を絶たれた彼女には、両親やアスレティックトレーナーの誉田哲二(落合モトキ)の思いやりを受け入れることができず、絶望と孤独に苛まれる。塞ぎ込む日々の中、ストリートミュージシャンの幼なじみ・柏原淳之介(稲葉友)と数年ぶりに再会し、「一緒に歌おう!」と誘われるが戸惑いを隠せない。瑞穂はギターを手にすることで少しずつ音楽に惹かれていき・・・人生がふたたび動きはじめた彼女が見た新たな夢とは?

***********************************

知英
稲葉友  /  落合モトキ
蜷川みほ 江田友莉亜 深沢敦 野中隆光 飯田孝男 根岸季衣 
?橋洋  赤間麻里子

監督・脚本|原桂之介
原作|清智英・東きゆう『私の人生なのに』(講談社刊)
製作|瀬井哲也 プロデューサー|行実良、柴原祐一 共同プロデューサー|長井龍
撮影|加藤十大 照明|志村昭裕 録音|小林武史 美術|田口貴久 編集|相良直一郎 
衣裳|岡本華菜子 ヘアメイク|及川奈緒美 キャスティング|あんだ敬一 助監督|岩坪梨絵 
制作担当|金子堅太郎 ラインプロデューサー|傳野貴之
音楽|山本加津彦  主題歌|JY「涙の理由」

制作プロダクション|ダブ  
協力|J-Workout、幸和義肢研究所、松永製作所、コ・イノベーション研究所、Chacott
配給|プレシディオ 宣伝|MUSA
?2018『私の人生なのに』フィルムパートナーズ
2018年/日本映画/日本語/カラー/103分


知英 凱旋!肩出しドレスでレッドカーペットに登場!第14回堤川国際音楽映画祭


映画情報どっとこむ ralph 猛暑の韓国・堤川(チェチョン)では第14回堤川(チェチョン)国際音楽映画祭が開催。

音楽と映画の融合をテーマにする韓国唯一の音楽映画祭として、世界38ヶ国、116本の音楽映画が上映されるこの映画祭で、現在日本で公開中の映画「私の人生なのに」の上映が決定し、主演の知英と原桂之介監督が参加しました。

全国にて公開中の青春映画『私の人生なのに』は、金城瑞穂(知英)が新体操スター選手でありながら、脊髄梗塞で倒れ半身不随となり、絶望の中、数年ぶりに瑞穂の前に現れた幼なじみ柏原淳之介(稲葉友)と再会することで音楽と触れ合い、それぞれが抱える葛藤や悩みを乗り越えながら、人生がふたたび動き出していく青春ストーリー。劇中ではギターの弾き語りも披露しています。

過去にも良質な作品が数多く選ばれているこの映画祭で、音楽によって救われる主人公を描いたこの作品が映画祭のテーマと合致し、この度上映作品に選出されました。

映画情報どっとこむ ralph 今年は映画「グリーン・デスティニー」や「HERO」などの映画音楽を作曲しアカデミー賞も受賞した譚盾、日本でもリメイクされた「八月のクリスマス」やペ・ヨンジュン主演の映画「四月の雪」の監督ホ・ジノ、映画「暗殺」「10人の泥棒たち」などのヒット作を手掛けた映画監督のチェ・ドンフンもレッドカーペットに登場しました。

レッドカーペットに知英さんが登場すると、3000人を超える観客から大歓声が湧き、世界各国から集まった報道陣からの注目!

映画祭の途中雨が降り出し雨合羽を着る知英さんのレアショット。


映画情報どっとこむ ralph 知英さんからコメントが届きました!

知英さん:先月招待されたプチョン国際映画祭から1か月もたたないうちに、また地元韓国の映画祭に参加することができてとても嬉しいです。
韓国人ですがチェチョンには初めて来ました。日本で映画の撮影の合間をぬって来ましたが、ここは有名な湖と山、自然に囲まれた綺麗な場所なのでとても癒されています。今日チェチョンはとても暑かったのですが、映画祭の最中に雨が降ってきてびっくりしました。


映画情報どっとこむ ralph 私の人生なのに

全国にて絶賛公開中!
http://watashinojinsei.com


物語・・・
絶望の先に見えた、人生の新しいステージ

新体操のスター選手として将来を期待されていた金城瑞穂(知英)は、練習中に脊髄梗塞で
倒れ下半身麻痺となってしまう。
競技人生を絶たれた彼女には、両親やアスレティックトレーナーの誉田哲二(落合モトキ)の
思いやりを受け入れることができず、絶望と孤独に苛まれる。
塞ぎ込む日々の中、ストリートミュージシャンの幼なじみ・柏原淳之介(稲葉友)と数年ぶりに
再会し、「一緒に歌おう!」と誘われるが戸惑いを隠せない。
瑞穂はギターを手にすることで少しずつ音楽に惹かれていき・・・人生がふたたび動きはじめた
彼女が見た新たな夢とは?

***********************************

知英

稲葉友  /  落合モトキ
蜷川みほ 江田友莉亜 深沢敦 野中隆光 飯田孝男 根岸季衣 
橋洋  赤間麻里子

監督・脚本|原桂之介
原作|清智英・東きゆう『私の人生なのに』(講談社刊)
製作|瀬井哲也 プロデューサー|行実良、柴原祐一 共同プロデューサー|長井龍
撮影|加藤十大 照明|志村昭裕 録音|小林武史 美術|田口貴久 編集|相良直一郎 
衣裳|岡本華菜子 ヘアメイク|及川奈緒美 キャスティング|あんだ敬一 助監督|岩坪梨絵 
制作担当|金子堅太郎 ラインプロデューサー|傳野貴之
音楽|山本加津彦  主題歌|JY「涙の理由」

制作プロダクション|ダブ  
協力|J-Workout、幸和義肢研究所、松永製作所、コ・イノベーション研究所、Chacott
配給|プレシディオ 宣伝|MUSA
©2018『私の人生なのに』フィルムパートナーズ
2018年/日本映画/日本語/カラー/103分
   


福士蒼汰『旅猫リポート』 第22回ファンタジア国際映画祭でBronze Audience Award for Best Asian Film 受賞!


映画情報どっとこむ ralph 2012年の発売以来、有川浩作品の中でも1,2を争うほど評価が高い「旅猫リポート」。 猫が主要なキャラクターとして登場し、全編にわたって高度な演技が求められることから、映像化困難とされてきた本作ですが、満を持して主人公の悟を福士蒼汰さん、ナナ(猫)の心の声を高畑充希さんが演じることで完全実写化。10月26日(金)より全国公開となります!

そして!この度『旅猫リポート』 第22回ファンタジア国際映画祭にて “Bronze Audience Award for Best Asian Film“ を受賞!


<受賞作品>
Gold Award:『1987、ある闘いの真実』
Silver Award:『カメラを止めるな!』
Bronze Award:『旅猫リポート』

映画祭で映画を観た観客は、500人を超え、「ナナ(猫)の可愛さに前半には笑 いが起こり、最後にはナナに心を奪われた」、「ストーリーの最後に衝撃を受け、会 場が感動に包まれた」、「こんなに泣いた映画は初めてだ」と感動のコメントが多く届いています!

また、現地の会場にいたスタッフからも「映画でこんなにも多くの人が涙を流しているのは初めて見た。」と驚いた様子も伝えられています。

原作も世界16か国で翻訳・発売されており、イギリス最大書店チェーン・ Waterstonesの「The Best Fiction of 2017」に選ばれるなど国内外を問わず、 多くの人に感銘を与えています。

その原作の実写映画化ということで、期待値は非常に高く、多くの関心が寄せられています。 現時点で、韓国、中国、香港、マカオ、台湾、タイ、シンガポールでの配給が決定して おり、この受賞をきっかけに他国での配給も期待されます!


映画情報どっとこむ ralph 旅猫リポート』の日本での公開は10月26日(金)です。


物語・・・
元野良猫のナナは、交通事故にあったところを心優しい猫好きの青年・悟に助けられ、5年間、飼い猫として幸せに暮らしてきた。とある事情でナナ を手放さなくてはならなくなった悟は、新しい飼い主を探す旅に出る。 「さあ行こう。これは僕らの最後の旅だ」 悟とナナは、悟の小学校時代の親友、高校時代の初恋の人など悟がこれまでの人生で出会った大切な人たちを、順に訪ねていく。それは図らずも 悟の人生をふりかえる旅となる。強い絆で結ばれた一人と一匹のおかしく、切なく、あたたかい物語。 旅の終わりに明かされる、悟の「秘密」とは――

***********************************

原作:有川浩 『旅猫リポート』(講談社文庫)
出演:福士蒼汰、高畑充希(声の出演)、ナナ 広瀬アリス、大野拓朗、山本涼介、前野朋哉/竹内結子 ■監督:三木康一郎 ■脚 本:有川浩 平松恵美子
音楽:コトリンゴ
企画・配給:松竹 ■公式HP:http://tabineko-movie.jp/ ■公式twitter:https://twitter.com/tabineko_movie ■ナナのInstagram:https://www.instagram.com/nana_tabineko/
©表記:©2018「旅猫リポート」製作委員会 ©有川浩/講談社