「映画祭」カテゴリーアーカイブ

ロシアンシーズンズ2017クロージング上映『ボリショイ』舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 一年を通じてロシア文化を紹介する世界規模のフェスティバル「ロシアンシーズンズ2017」のグランドフィナーレの一環で、TOHOシネマズ六本木にてワレーリー・トドロフスキー監督の新作映画『ボリショイ』の上映、そして上映前舞台挨拶に本作のプロデューサー ドミートリー・ダヴィデンコさん、出演女優でバレリーナのアンナ・イサーエワさんが登壇しました。
『ボリショイ』はその名の通り、ロシアを代表するボリショイ劇場のバレエ学校を舞台にした青春映画です。

「ロシアンシーズンズ2017」新作映画『ボリショイ』舞台挨拶
日付:12月12日(火)
場所:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
登壇:ドミートリー・ダヴィデンコ、アンナ・イサーエワ

映画情報どっとこむ ralph ロシアンシーズンズ2017 クロージング上映会『ボリショイ』 の舞台挨拶が行われ、プロデューサーのドミートリー・ダヴィデンコさん、出演女優でバレリーナのアンナ・イサーエワさんらが登壇しました。

ドミートリーさん:今晩ロシアンシーズンズ2017としてこの作品を日本の皆さんにご紹介できてとても嬉しいです。

と挨拶。ボリショイ劇場を舞台にした映画を製作した経緯について、

ドミートリーさん:1時間に集 約されたバレエのステージに、20年も30年もかけている人たちがたくさんいます。人生をかけてバレエに取り組 んでいる人たちを映画にしたいという希望からこの作品を製作しました。

とコメント。

ロシアで本作が公開された当時について、

ドミートリーさん:この作品の初上映は今年の春、ボリショイ劇場で上映しました。ボリショイ劇場で映画を上映するこ とはかなり珍しく、国内でもとても話題になりました。

と紹介しました。

映画情報どっとこむ ralph
アンナさんは本作で映画初出演に至った経緯について、

アンナさん:初めにスタッフの皆さんとお会いした時、この映画の構想を聞いて心が燃えました。トドロフスキーさんは素晴らしい監督で、彼の作品に出演できるチャンスを逃すわけ にはいきませんでした。

とコメント。

バレリーナ役を演じるにあたり、

アンナさん:私はボリショイ学校出身のバレリーナです。こ の映画のストーリーはとても身近なものだったので、演技をすること自体に困難はありませんでしたが、このような 大きなプロジェクトに出演することへの責任感は強く感じました。

とコメント。

本作はとてもリアルにバレエ学校の現 実を描いていると紹介されました。ドミトリーさんにプロデューサーとして昨今のロシア映画について伺うと、

ドミトリーさん:ロシアに映画はあります!製作される 作品の中には様々な国際映画祭で評価されたものも多くあります。私はロシアの人々に、アメリカ映画ではなく自 国の映画を見てほしいという想いがあります。『ボリショイ』はロシアで若い人から年配の方までたくさんの方が映 画館にきてくれました。今後もいいロシア映画を作っていきたいと思っています。

と熱く語られました。

アンナさんは今後の自身の活躍について、

アンナさん:自分の夢は神にのみ伝えるべき、と思っていますが、今回初めて映 画に出演して映画に惚れ込みました。今度もまた映画に出演してみたいです!

とドミトリーさんにもアピールし会 場を盛り上げました。

最後に・・・

ドミトリーさん:本日集まっていただいた皆様が日本で初めてこの映画を見るお客様です。ボリショイ劇 場のバレリーナたちの姿をぜひ楽しんでください。

と挨拶があり、舞台挨拶は盛況に終了しました。

映画情報どっとこむ ralph ボリショイ
原題:Большой
監督 : ワレーリー・トドロフスキー
脚本 : アナスタシア・パルシコワ
出演 : マルガリータ・シーモノヴァ、アンナ・イサーエワ、アリーサ・フレインドリフ、ニコラ・ル・リッシュほか
「ボリショイ」|2017年|ロシア|132分|カラー

***********************************

    


世界三大映画祭を制したファティ・アキン監督『女は二度決断する』 ゴールデングローブ賞ノミネート!


映画情報どっとこむ ralph 本年度の第70回カンヌ国際映画祭でダイアン・クルーガーが主演女優賞を受賞した、ドイツの名匠ファティ・アキン監督最新作『女は二度決断する』(2018年4月より全国公開)が、アカデミー賞の前哨戦ともいわれる、第75回ゴールデングローブ賞外国語映画賞にノミネートされました!
ゴールデングローブ賞の他、数々の映画賞で外国語映画賞に受賞・ノミネートを重ねており、来月発表される第90回アカデミー賞® 外国語映画賞/主演女優賞受賞への可能性をさらに濃厚としました。

映画情報どっとこむ ralph 世界三大国際映画祭すべてで主要賞受賞経験を持つ、ドイツの名匠ファティ・アキン監督の最新作。主人公カティヤを演じたダイア ン・クルーガーは、

ハリウッドやヨーロッパで活躍する国際派女優。母国語であるドイツ語を使った映画に本作で初挑戦し、見事、カンヌ国際映画祭主演女優賞を受賞した。

突然の悲劇により最愛の家族を奪われた女。絶望の中、彼女はある決断をする――。

ドイツ、ハンブルク。カティヤはトルコからの移民であるヌーリと結婚し、幸せな家庭を築いていた。ある日、白昼に爆弾が爆発し、ヌーリと愛息ロッコが犠牲になる。

トルコ人同士の抗争を警察は疑うが、人種差別主義者のドイツ人によるテロであることが判明する。突然愛する家族を奪われたカティヤ。憎悪と絶望の中、カティヤの魂はどこへ向かうのか。

2018年4月、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー!

映画情報どっとこむ ralph 『女は二度決断する』
第 75 回ゴールデングローブ賞 外国語映画賞ノミネート
※授賞式は 1 月 7 日(日本時間 1 月 8 日)
<その他の受賞・ノミネート状況 2017.12.12.現在>
第 70 回カンヌ国際映画祭 主演女優賞受賞
第 90 回アカデミー賞®外国語映画賞ドイツ代表
第 17 回ニューヨーク映画批評家オンライン賞 外国語映画賞
第 27 回フィルムズ・フロム・ザ・サウス映画祭 観客賞
第 69 回バンビ・メディア賞 審査員特別賞
第1回インディワイヤー栄誉賞 主演女優賞(ダイアン・クルーガー)
第 23 回クリティクス・チョイス・アワード 外国語映画賞ノミネート
第 16 回ワシントン DC 映画批評家協会賞 外国語映画賞ノミネート
第1回 LA オンライン映画批評家協会賞 外国語映画賞ノミネート
第 22 回サテライト・アワード 主演女優賞・外国語映画賞ノミネート
第 16 回サンフランシスコ映画批評家協会賞 外国語映画賞ノミネート
第 13 回ノース・テキサス映画批評家協会賞 外国語映画賞ノミネート
第 42 回トロント国際映画祭スペシャル・プレゼンテーション部門出品

***********************************

監督:ファティ・アキン
出演:ダイアン・クルーガー、デニス・モシット、ヨハネス・クリシュ、ヌーマン・アチャル、ウルリッヒ・トゥクール 2017/ドイツ/106 分
提供:ビターズ・エンド、WOWOW
配給:ビターズ・エンド
©2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathé Production,corazón international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH
    


『ダンケルク』 第75回ゴールデングローブ賞3部門 作品賞、監督賞、作曲賞にノミネート!


映画情報どっとこむ ralph 2017年12月20日(水)にブルーレイ&DVDリリース、12月13日(水)にデジタル先行配信される『ダンケルク』が、第75回ゴールデングローブ賞において、作品賞(ドラマ部門)、監督賞、作曲賞の3部門にノミネートされました。
アカデミー賞(R)の前哨戦ともいわれるゴールデングローブ賞でのノミネートを受け、来年初めにノミネートが発表されるアカデミー賞(R)でも多部門でのノミネート、オスカー獲得の期待が高まっています。

映画情報どっとこむ ralph 『ダンケルク』でも各映画賞の作曲賞にノミネート!今さら聞けない映画音楽家ハンス・ジマーとは?

近年、大作や大ヒット作の音楽でよく見かける名前がハンス・ジマー。その名前なら聞いたことがあるという方は多いだろう。 だが多くの方がよく知っている音楽も実はハンス・ジマーだったりする。90 年代にテレビで放送された「料理の鉄人」のオープニ ングに流れる勇壮なテーマ曲。これはハンス・ジマーが担当した『バックドラフト』(91)からの流用だったのだ。 ハンス・ジマーの曲の特徴はダイナミックなシンフォニーとエレクトロニクス・ミュージックの融合で、アクションやスペクタクルな映画 によく合う。その結果『クリムゾン・タイド』(95)と『ダークナイト』(08)でグラミー賞、『グラディエイター』(00)でゴールデングロー ブ賞、そして『ライオンキング』(94)ではアカデミー賞®を受賞し、今年だけでも『ワンダーウーマン』(テーマ担当)、『パイレーツ・ オブ・カリビアン 最後の海賊』(テーマ担当)、『ドリーム』、『ブレードランナー2049』(ベンジャミン・ウォルフィッシュと共作)、 『ダンケルク』の5本もの作品に参加している。 そんなハンス・ジマーの近年のベスト・パートナーがクリストファー・ノーラン。2005 年の『バットマン・ビギンズ』以来、『プレステ ージ』(06)を除く全監督作で組んでいる。『インセプション』(07)では本編中で夢から覚める合図として使われるエディット・ピ アフの「水に流して」のイントロを低速にしたものを象徴的に使うなどトリッキーな音楽を書き、『インターステラー』(14)では単 純化した短いメロディを反復し重ねることで父親の娘への想いを表現して深い感動を呼んだ。そんなハンス・ジマーとクリストフ ァー・ノーランの到達点が『ダンケルク』だ。 『ダンケルク』においてハンス・ジマーの音楽は大きなウェイトを占めているが、だが 映画を見終わった後にどんな音楽が流れていたか覚えていないかもしれない。最も よく出来た映画音楽は映像に溶け込み、流れていたことさえ気付かせない…とい う。いつどこから撃たれるのかわからない極限状態の兵士たちの心拍音をあらわす かのような激しいリズム、空襲を知らせるサイレンのような音が鳴り続け、反復する メロディが緊張を否が応にも高めていく。これが、映画が始まってから救助が来るま での 90 分間続く。こうやって観客はダンケルクのど真ん中に連れてこられるのだ。 つまり『ダンケルク』の半分は、ハンス・ジマーの音楽で出来ている。(ライター:竹之内円)

映画情報どっとこむ ralph 『ダンケルク』

2017年12月13日(水)デジタルセル先行配信開始

2017年12月20日(水)
ブルーレイ&DVD 発売・レンタル開始/デジタルレンタル配信開始

ブルーレイ&DVDセット(3枚組)¥3,990+税

【初回限定生産】プレミアム・エディション ブルーレイ&DVDセット(3枚組/ブックレット付)¥4,990+税

【初回限定生産】アルティメット・エディション<4K ULTRA HD&ブルーレイセット>(3枚組/ブックレット付)¥6,990+税

発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

公式 HP:
http://wwws.warnerbros.co.jp/dunkirk/




***********************************


リドリー・スコット監督が描く、極上サスペンス!『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』


映画情報どっとこむ ralph フォーチュン誌によって、世界で初めての億万長者に認定された石油王ジャン・ポール・ゲティ。

本作は、1973年に発生し、1700万ドルの身代金を要求された彼の孫の誘拐事件を、『オデッセイ』、『アメリカン・ギャングスター』、『ブラックホーク・ダウン』、『グラディエーター』、『エイリアン』の巨匠リドリー・スコット監督がついに映画化。


そして!ゴールデン・グローブ賞3部門堂々ノミネート!!

デヴィッド・スカルパによる脚本は、2015年度のハリウッドのザ・ブラックリスト(※映画スタジオ重役が選ぶ、映画化前の優秀脚本リスト。リストに載った作品はアカデミー賞、ゴールデングローブ賞を受賞することが多いことで有名)にも選ばれており、すでに内容はお墨付きあり!

【ゴールデン・グローブ賞 ノミネートコメント】

ドリー・スコット監督 <監督賞ノミネート>
ハリウッド外国人記者クラブ(HFPA)が「オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)」を評価してくれた事に感激し、心から感謝しています。
またミシェル・ウィリアムズとクリストファー・プラマーの素晴らしい演技が称賛されたことも、誇りに思います。
撮影後に予期せぬ挑戦が待ち受けていましたが、公開を楽しみにしている世界中の観客の皆様を思いながら、挑戦する決意を固めました。
このプロジェクトに関わった何百人ものスタッフ・キャストが全てのシーンに魂を込めて、この挑戦へと立ち向かいました。
素晴らしいニュースに、格別の喜びを感じています。ありがとうございます。

ミシェル・ウィリアムズ <主演女優賞ノミネート>
名誉あるノミネートに心から感謝しています。この感動を私の親愛なる友人リドリー・スコット監督と新しい友人であるクリストファー・プラマーと一緒に分かち合える事にも、大きな喜びを感じています。この作品に関われた事を誇りに思います。私にとって素晴らしい道のりでした。またヒュー・ジャックマンと『グレイテスト・ショーマン』のスタッフ達にも大きな祝福を贈りたいです。

クリストファー・プラマー <助演男優賞ノミネート>
「オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)」を完成させたリドリー・スコット監督の素晴らしいチームに深い感銘を受けました。
チームは驚異的な偉業を成し遂げ、私もこのかつてない機会に関われた事を嬉しく思います。ハリウッド外国人記者クラブの評価に深く感謝いたします。

映画情報どっとこむ ralph “世界中のすべての金を手にした”と言われた大富豪ジャン・ポール・ゲティ。

愛する17歳の孫ポールが誘拐され1700万ドル(約47億円※)という破格の身代金を要求されたゲティは、こともあろうかその支払いを拒否。

彼は大富豪であると同時に、稀代の守銭奴だったのだ。離婚によりゲティ家から離れ中流家庭の人間となっていたポールの母ゲイルは、息子のために誘拐犯のみならず世界一の大富豪とも戦うことに。

一方、一向に身代金が払われる様子がないことに犯人は痺れを切らし、ポールの身に危険が迫る。しかし、事件は思いもよらぬ展開へと発展していく。

出演は、実力派のミシェル・ウィリアムズ、マーク・ウォールバーグに加え、アカデミー賞受賞のケビン・スペイシーがゲティ役で出演・・・するはずだった。

しかし、ハリウッドの大プロデューサー、ハーベイ・ワインスタインのセクハラ告発に端を発した一連の騒動から派生し、12月22日の全米公開を目前に、あろうことかケビン・スペイシーの降板劇が発生。お蔵入りすらささやかれた本作だが、急きょ代役を立て、こちらもオスカー俳優のクリストファー・プラマーを新たにゲティ役に抜擢。

ミシェル、マーク、そしてスタッフが一致団結して参加の元、この短期間での再撮影を敢行、予定通り全米公開することが発表され、先日無事に再撮影は終了。全キャスト、スタッフの本作にかける情熱とこれまでに例を見ない展開が、世界中の注目を集める本作、ひそかにオスカー候補有力作品の噂も聞こえ始めた。

昨日まで普通の母親だった人間が、世界中の金(All the Money in the World)を手にした男と手段を選ばない犯人グループにどう立ち向かうのか?息子の命を救えるのは母の愛か、金の力か?

重厚なドラマと最後まで目が離せないスリリングな展開。日本公開は2018年初夏に決定!『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』に注目!

(※事件が発生した1973年11月当時の為替レート1ドル=278.263円で宣伝さんの方で算出したそうです。)

***********************************

監督:リドリー・スコット
出演:ミシェル・ウィリアムズ クリストファー・プラマー ロマン・デュリス チャーリー・プラマー and マーク・ウォールバーグ
脚本:デビッド・スカルパ 原作:ジョン・パーソン ”Painfully Rich: The outrageous Fortunes and Misfortunes of the Heirs of J.Paul Getty”
配給:KADOKAWA
©2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


『スリー・ビルボード』第75回ゴールデングローブ賞6部門ノミネート!


映画情報どっとこむ ralph この度『スリー・ビルボード』が、日本時間12月11日(月)発表されたゴールデングローブ賞<作品賞(ドラマ部門)、監督賞(マーティン・マクドナー)、主演女優賞(フランシス・マクドーマンド)(ドラマ部門)、助演男優賞(サム・ロックウェル)、脚本賞、作曲賞、の6部門にノミネートされました!
本作はハリウッドが誇る演技派女優フランシス・マクドーマンドが主演するクライム・ドラマ。アメリカ、ミズーリ州の片田舎の町で娘を殺されたミルドレッドは、依然解決しない事件への抗議のために、町はずれに巨大な広告看板を設置した。それを快く思わない警察官や住民とミルドレッドの間の諍いは、日増しにエスカレートしながらも、事態は思わぬ展開を見せていくのだった……。

<名優たちの演技に絶賛の声!!>

娘のために全てをかなぐり捨てて孤高の闘いを決意するミルドレットに『ファーゴ』のフランシス・マクドーマンド、彼女と対立する警察官には『猿の惑星:聖戦記』のウディ・ハレルソン、『コンフェッション』のサム・ロックウェルが扮し、圧巻の演技力を見せています。

演劇界の鬼才マーティン・マクドナー監督のもとに才能が集結!すでにアカデミー賞(R)ノミネート確実!の呼び声も高い本作に引き続きご注目下さい!

物語・・・
最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。
2月1日(木) 全国ロードショー

***********************************


監督・脚本・製作:マーティン・マクドナー『セブン・サイコパス』
出演:フランシス・マクドーマンド『ファーゴ』、ウディ・ハレルソン『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』、サム・ロックウェル『コンフェッション』、アビー・コーニッシュ、ジョン・ホークス、ピーター・ディンクレイジ、ルーカス・ヘッジズ
原題:Three Billboards Outside Ebbing, Missouri
配給:20世紀フォックス映画   
(C)2017 Twentieth Century Fox