「映画祭」カテゴリーアーカイブ

映画『銃』 第14回ロサンゼルス日本映画祭にて武監督 最優秀監督賞を受賞


映画情報どっとこむ ralph 先頃、アメリカのロサンゼルスにて開催されました「JAPAN FILM FESTIVAL LOS ANGELS2019 第 14回ロサンゼルス日本映画祭」 8/17、 8/18開催) にて、映画『銃』( KATSU-do、太秦配給)が 最優秀監督賞 を受賞しました。
GUN_銃 村上虹郎
この映画祭は、歴史的にも日本人と縁の深いロサンゼルスの地にて“茶の間”など 日本文化 の 理解を 深めるためのイベントとしてスタートしましたが、時代の変化に伴い 2008年より新たに 今の名称に 変え て 幅広いジャンルの日本映画を上映、 アメリカの観客に現代日本の文化 について 理解を深め てもらい 、日米間のコミュニケーションと意見交換を促進できる場として開催されています。
武正晴‗ロサンゼルス日本映画祭授賞式 上映後の監督 Q&Aでは、 「 全編モノクロで、どこか非現実的感を演出しているけれども、最後にカラーになって一気に現実感を放ち、どこか悲しげな余韻と衝撃を残していて 、 銃社会のアメリカに住む人にとって、問題定義させられる作品だった 。 」 等、アメリカの観客の方々より大きな支持を得ました。

映画情報どっとこむ ralph 武正晴監督より、受賞 コメント、が届きました。

武正晴監督:最優秀監督賞をいただきまして有難うございました。『銃 -The Gun-』という作品は、問題定義としてアメリカという国で上映する事を目的の1つにしていたので、アメリカで上映して頂いて感謝します。今回、日本の大学生(男性)が銃を拾うという物語だったのですが、日本に帰国したら、女性が銃を拾うという、銃の続編を撮ります。帰国したら、スタッフ皆も喜ぶと思います。監督賞というのは、スタッフの代表の賞だと思っているので、スタッフ、キャストの全ての皆様、映画をご覧になって頂いた皆様に心から御礼申し上げます。有難うございました。
武正晴‗ロサンゼルス日本映画祭授賞式
映画情報どっとこむ ralph 原作は、作家・ 中村文則 のデビュー作「 銃 」( 02 年新潮新人賞受賞。英訳『 The Gun 』は 16 年「ウォール・ストリート・ジャーナル」年間ベストミステリー 10 冊選出 )。また、 奥山和由プロデューサー による企画・製作、そして安定感があり的確な演出力をもつ武正晴監督 がメガホンをとり映画化。フィルムノワールの映像表現により、人間を追及していく純文学性をもった質の高い作品として描かれました。
また主演は、村上虹郎 。銃を手にし、その魅力に捉われ、且つ支配され、徐々に狂気が満ちていく難役の主人公・西川トオルを熱演。ヒロイン・ヨシカワユウコには 広瀬アリス 、トオルを追いつめる刑事には、 リリー・フランキー 、他、 日南響子 、 新垣里沙 、岡山天音 など、個性派俳 優の面々が脇を固めてい ます。

映画『銃』

公式サイト:
thegunmovie.official-movie.com

銃 村上虹郎xリリーフランキー
***********************************

村上虹郎 広瀬アリス
日南響子|新垣里沙|岡山天音|後藤淳平(ジャルジャル)|中村有志|日向丈|片山萌美|寺十吾|サヘル・ローズ|山中秀樹
リリー・フランキー
企画・製作|奥山和由
監督|武正晴
原作|中村文則「銃」(河出書房新社)
脚本|武正晴・宍戸英紀
制作プロダクション|エクセリング 企画制作|チームオクヤマ 配給|KATSU-do 太秦 製作|KATSU-do
2018年/日本/カラー&モノクロ/DCP/5.1ch/97分/ R15+
Ⓒ吉本興業


映画『赤い雪 RedSnow』LAJFFで最優秀作品賞&菜 葉 菜が最優秀俳優賞を受賞


映画情報どっとこむ ralph この度、永瀬正敏と菜 葉 菜W主演作、映画『赤い雪 RedSnow』が、第14回Los Angeles Japan Film Festival にて最優秀作品賞、主演の菜 葉 菜が最優秀俳優賞を受賞いたしました。

赤い雪 過去に起きた弟の失踪事件を境に、曖昧な記憶の中、苦悩する日々を送る主人公・白川一希(永瀬正敏)。真実が闇に葬り去られてから30年。事件の真相を追う記者・木立省吾によって、当時容疑者として疑われた女の一人娘・江頭小百合(菜 葉 菜)を見つけ出したことにより、「被害者の兄」と「容疑者の娘」の運命の歯車が大きく動き始める。予想もつかない真実は、それぞれの運命を大きく動かしていく、サスペンスフルな本作。人の記憶の曖昧さが作品の軸となり、
不気味なまでに登場人物を闇の渕に追いやっていく様は、サスペンス作品の真骨頂ともいうべき、仕上がりを見せている。そして、豪華ベテランキャスト陣の中でひと際、演技の才を見せつけたのが、女優・菜 葉 菜。今回の作品賞、最優秀俳優賞のダブル受賞という快挙は、本作への海外からの評価もさることながら、日本映画陣の快挙ともいえるだろう。

映画情報どっとこむ ralph このダブル受賞を受け、9月7日(土)より、ユーロスペースにて再上映も決定しました。

映画『赤い雪 RedSnow』

赤い雪
物語
ある雪の日、一人の少年が忽然と姿を消した。少年を見失った兄・白川一希(永瀬正敏)は、自分のせいで弟を見失ったと思いこみ、心に深い傷を負う。少年誘拐の容疑者と疑われた女の周りでは次々と怪しい殺人事件が起こるが、真実は闇へと落ちていった。30年後。
事件の真相を追う記者・木立省吾(井浦新)が容疑者と疑われた女の一人娘・江頭小百合(菜 葉 菜)を見つけ出したことにより、
「被害者の兄」と「容疑者の娘」の運命の歯車が大きく動き始める。
一つの事件で深い傷を負った人間の、曖昧な記憶を辿る葛藤の中に垣間見えた真実は、それぞれの運命を予想もしない結末へと導いていく。
それぞれの記憶が氷解した先に見えたものは何か。全てを信じてはいけない。


***********************************


永瀬正敏 菜 葉 菜 井浦新 夏川結衣 佐藤浩市
吉澤健 坂本長利 眞島秀和 紺野千春 イモトアヤコ 好井まさお
脚本監督: 甲斐さやか
制作:T-ARTIST 制作協力:ROBOT 制作プロダクション:トライアムズ
配給:アークエンタテインメント株式会社
(c)2019「赤い雪」製作委員会 

 


『ボヘミアン・ラプソディ』野外上映!「江戸まち たいとう芸楽祭」のオープニングイベント


映画情報どっとこむ ralph 江戸まちたいとう芸楽祭実行委員会(台東区東上野4-5-6台東区役所 文化振興課内)は、「江戸まち たいとう芸楽祭」のオープニングイベントを、8月18日(日)上野恩賜公園噴水前広場にて開催。来場者 人数は 、 第1部、 第2部合わせ 、 約7,840人が集まりました。

オープニングイベント概要
開催日:8月18日(日)
会 場:上野恩賜公園噴水前広場(台東区上野公園5-20)
主 催:江戸まちたいとう芸楽祭実行委員会
後 援:東京都/台東区/(公社)日本劇団協議会/(公社)日本芸能実演家団体協議会

<第1部>16:00~17:40
【漫才】マッハスピード豪速球
【漫才】モンローズ
【尺八演奏】き乃はち
【ダンス】国際芸術文化交流 舞

<第2部>
【トークショー】18:00~18:30
(登壇者)ROLLY、村治佳織

【野外上映】19:00~21:20
(上映作品)『ボヘミアン・ラプソディ』

映画情報どっとこむ ralph 第1部イベントとしてマッハスピード豪速球、モンローズによる漫才、き乃はちによる尺八演奏、国際芸術文化交流 舞によるダンスパフォーマンスも行われました。

マッハスピード豪速球漫才の様子
「江戸まち たいとう芸楽祭」マッハスピード豪速球漫才
モンローズ漫才の様子
「江戸まち たいとう芸楽祭」モンローズ漫才
き乃はち 尺八演奏の様子
「江戸まち たいとう芸楽祭」き乃はち 尺八演奏
国際芸術文化交流 舞によるダンスパフォーマンスの様子
「江戸まち たいとう芸楽祭」国際芸術文化交流 舞によるダンスパフォーマンス
映画情報どっとこむ ralph オープニングイベント第2部として、都内最大級スクリーン初の『ボヘミアン・ラプソディ』野外上映会が行われました。
トークイベントに先立ち、主催の「江戸まち たいとう芸楽祭」実行委員長(渡邉 寧久 わたなべ ねいきゅう)、台東区長(服部 征夫 はっとり ゆくお)、台東区議会 議長(石塚 猛 いしづか たけし)によるご挨拶と、特別ゲストROLLY様、村治佳織様5人によるフォトセッションも行われました。
フォトセッション(ROLLY,村治佳織 他)「江戸まち たいとう芸楽祭」
上映の前には「QUEEN」をこよなく愛するROLLY様と、たいとう観光大使を務めるクラシックギタリスト村治佳織様によるトークショー、並びにROLLY様のエレキギターと村治佳織様のクラシックギターのによる「We Will Rock You」を含むQUEEN名曲メドレーの特別セッションが披露され、会場は手拍子や足踏みで盛り上がりました。
「江戸まち-たいとう芸楽祭」ROLLY様、村治佳織様による特別セッション 「江戸まち-たいとう芸楽祭」ROLLY様、村治佳織様による特別セッション
ROLLY様コメント
台東区と言えば、20年程前に国立科学博物館に行き、浅草花やしきでジェットコースターに乗り、初めてもんじゃ焼きを食べて、もんじゃおせんべいの作り方を教えてもらったという思い出があります。映画『ボヘミアン・ラプソディ』はボーカリストのフレディ・マーキュリーのを中心に描かれていますが、実はギタリストのブライアン・メイだけでも映画5本分くらいになるような人生を歩んでいるんですよ。QUEENボーカルのフレディ・マーキュリーは45歳という若さで亡くなりましたが、僕はフレディよりも10年も長く生きてしまいました。今年で55歳になりまして、来年デビュー30周年になります。

村治佳織様コメント
台東区出身なので、この会場は小学生のころから通っています。台東区は、大人になって気づきますが、下町でありながらもオペラが上演できるような劇場があったりと、文化のある町、改めて素敵な町だなと思っております。クラシックギターをやっていてよかったなと思うことは、様々なジャンルの曲が取り入れやすいことです。私は映画『ボヘミアン・ラプソディ』をきっかけに、QUEENの曲を聴くようになりました。映画公開後に、ライブの際にQUEENの楽曲のオファーをいただくことが増えています。

ボヘミアン・ラプソディ』野外上映会で約7,840人が熱唱!
「江戸まち-たいとう芸楽祭」s ボヘミアン・ラプソディ(C)2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved. ボヘミアン・ラプソディ(C)2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved. ボヘミアン・ラプソディ(C)2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
ラミ・マレック
ルーシーボイントン
グウィリム・リー
ベン・ハーディ
ジョゼフ・マゼロ
監督:ブライアン・シンガー
脚本:アンソニー・マクカーテン
原題:Bohemian Rhapsody 製作年:2018年
製作国:アメリカ
日本公開日:2018年11月9日
発売元・販売元:20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン㈱
公式サイト bohemianrhapsody/
(C)2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

映画情報どっとこむ ralph <江戸まち たいとう芸楽祭とは>
粋、豊かな人情、進取の気性など、心を感じる「江戸まち たいとう」で、先人たちが守り、育み、現代へ継承させてきた多彩な芸能・芸能文化を肩の力を抜いて楽しめるお祭りです。

ビートたけし実行委員会名誉顧問コメント

台東区浅草。
オイラを芸人にしてくれたたまち。
台東区上野。
ガキの頃、兄貴と一緒に映画を観たまち。
第2回江戸まち たいとう芸楽祭。
オイラの原点のこのまちでの芸楽祭。
老いも若きも観て、聴いて、笑って、感じてほしい。

ビートたけし
今後の「江戸まち たいとう芸楽祭」イベントの予定(抜粋)
※入場料金やチケット購入方法など、
詳しくは「江戸まち たいとう芸楽祭」公式サイトをご確認ください。

***********************************



<前田敦子>感無量!ロカルノ8000人の観客からの喝采に 『旅のおわり 世界のはじまり』


映画情報どっとこむ ralph 前田敦子主演、黒沢清監督の映画『旅のおわり世界のはじまり』が、ロカルノ現地8月17日(土)に<第72回ロカルノ国際映画祭のクロージング作品>として上映されました。映画祭の歴史の中で、日本作品がクロージング作品として招待されるのは初。

スイス南部のロカルノで開催中の『第72回ロカルノ国際映画祭』で現地時間8/17(土)夜(日本時間8/18(日)早朝)、 前田敦子主演、黒沢清監督の『旅のおわり 世界のはじまり』が、映画祭の代名詞であるメイン会場ピアッツァ・グランデで上映された。
前田敦子・黒沢清監督・『旅のおわり世界のはじまり』ロカルノ国際映画祭 前田敦子・黒沢清監督・『旅のおわり世界のはじまり』ロカルノ国際映画祭 欧州最大といわれる巨大スクリーン(幅約26メートル、縦約14メートル)には、ウズベキスタンの美しい景色と、「愛の讃歌」を歌う前田敦子が映し出される。8000人の観客が集まった会場で、前田敦子と、黒沢清監督は、観客と一緒に作品を鑑賞。
上映が終わると、会場のお客は前田敦子と黒沢清監督を万感の拍手で讃えた。

世界有数の国際映画祭に初めて参加した前田と、世界中に根強いファンが多くいる黒沢清監督の前には多くの観客が駆け寄り、二人は現地深夜にも関わらず最後までファンとの交流を楽しんだ。
前田さん:黒沢監督の横で自分の映画を観るのは初めてだったので感無量。改めて観ながら、撮影の思い出を一つずつ振り返りました。黒沢監督とご一緒していなければ、こんな素晴らしい体験はできない。本当に感謝しています。

と述べ、
前田敦子・黒沢清監督・『旅のおわり世界のはじまり』ロカルノ国際映画祭 (5) 黒沢監督:日本での映画製作に行き詰まりを感じていた時に、この映画のお話をいただき、まるで合宿のように楽しく撮影した時のことを思い出した。映画作りは世界共通なのだと実感し、毎日ウズベキスタンの製作スタッフと和気藹々と撮影に励んだが、こうやって国際映画祭のクロージング作品に選ばれると分かっていれば、もう少し真剣に製作したのに!

と悔しそうに回顧すると、会場からは大きな笑い声が湧いた。

また上映後の日本メディアの取材時、黒沢監督としては前田さんとの2度目の共同作業について一部メディアから聞かれると、

黒沢監督:これに懲りずに、また新しい映画で、皆さんが知らない前田敦子を引き出したいと思っています、今から楽しみにしていてください!

と、コメント。それを聞いた

前田さん:こんな素晴らしい映画祭で最後にこんな嬉しい言葉を聞けて光栄です。

と恐縮しきりだった。
本作のスイス配給会社・トリゴン・フィルムの代表は「本作は、まさに国際映画祭を象徴した映画であり、世界各地で直面する文化の壁を、比喩的に表現した素晴らしい作品。平和を祈る作品として、より多くの人が観るべきだ」と述べ、現地の反応に大きな手応えを感じていた。天国に近い映画祭と言われるイベントだけに、多幸感に満ちた上映となった。

映画情報どっとこむ ralph 『旅のおわり世界のはじまり』

は全国絶賛公開中!

公式HP:
tabisekamovie.com

また 8月23日(金)より、テアトル新宿にて凱旋上映が決定!
さらに8月23日(金)16:00の回上映終了後には、前田敦子と黒沢清監督のトークイベントも実施します。

旅のおわり世界のはじまり
映画情報どっとこむ ralph 第72回ロカルノ国際映画祭 2019年8月7日~8月17日 (スイス・ロカルノ現地日程)

1946年に設立され、今年で第72回目を迎えるロカルノ国際映画祭は、スイス

南部のティチーノ州ロカルノで毎年8月に開かれる国際映画製作者連盟公認の映画祭。 ロカルノはイタリアのミラノから車で約2時間の距離にあり、アルプス山脈の麓にあり、森や湖などの大自然に囲まれたスイスを代表するリゾート地。国際映画製作者連盟が公認するコンペティション形式の国際映画祭として、12部門で25の賞と賞金の授与が行われている。
毎年8月上旬の会期中には、11日間で来場者16万人、メディア1千人、業界関係者3千人が世界中から集う。また、ロカルノ映画祭の代名詞でもある野外上映会ピアッツア・グランデは、収容人数8千人の世界最大スクリーンをもつ。

***********************************


監督・脚本:黒沢 清
出演:前田敦子、加瀬 亮、染谷将太、柄本時生、アジズ・ラジャボフ

配給・宣伝:東京テアトル
(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO


没後50年特別企画「市川雷蔵祭」開催!全国順次上映決定


映画情報どっとこむ ralph この度、KADOKAWAが保有する大映や角川映画の豊富なライブラリー作品を次世代に継承すべく立ち上げたブランド「角川シネマコレクション」。

2月より開催しております「京マチ子映画祭」に続く劇場上映企画となる今回は、角川シネマ有楽町にて8/23(金)より<没後50年特別企画>「市川雷蔵祭」を開催致します。

市川雷蔵は、大映入社後1954年に映画デビューし、1969年に亡くなるまでのわずか15年の映画俳優人生の中で、約160本の作品に出演、37歳という若さでこの世を去った伝説の大スターです。

溝口健二、増村保造、市川崑、池広一夫、三隅研次…数々の巨匠、名匠と組み、名作を世に送り出した不世出の大スターである市川雷蔵-2014年に実施した「雷蔵祭 初恋」では、一大ブームを巻き起こしましたが、5年ぶりにいよいよ稀代の大スター市川雷蔵が再びスクリーンに鮮やかに蘇ります。
市川雷蔵祭_Flyer 本企画上映で上映される『薄桜記』などの4Kデジタル復元版で初上映される作品や、本企画タイミングでデジタル化された作品もさることながら、本企画上映タイミングに合わせたかのように発掘された、市川雷蔵出演作として160本目の作品――勝新太郎と共にノンクレジットでカメオ出演している『旅はお色気』を上映いたします。
市川雷蔵祭「旅はお色気」オフショット写真(C)KADOKAWA1961 (市川雷蔵祭「旅はお色気」オフショット写真(C)KADOKAWA1961)

本作上映と共に、お楽しみ企画として、市川雷蔵さんのご自宅の物置から50年以上前に撮影されたプライベート・フィルムなどが発見され、デジタル化が済んだ一部のフィルムをご遺族のご厚意によりご提供頂き、特別編集版として本映画祭の<特別企画>として上映することが決定しました。映画の中の役者としての市川雷蔵とは異なる、ご家族(お子さん)と遊んでいる姿や、音声は後援会(現在のファンクラブ)の人たちと話しているものなど、私たちが中々見ることができない大スターの貴重な映像をお楽しみいただける機会となっています。この機会を多くの方々にお楽しみただきたく、つきましては、本情報をニュースとしてご紹介頂きたく、「旅はお色気」の蔵出しのオフショットを併せて提供させていただきます。解禁されるオフショット写真は、市川雷蔵と共に主演の小林勝彦さん、黒田義之監督の3人が、撮影の合間に笑顔で話している貴重な蔵出し写真となります。

映画情報どっとこむ ralph <没後50年特別企画>「市川雷蔵祭」
●場所:角川シネマ有楽町ほか、大阪シネ・ヌーヴォ、広島八丁座、大分シネマ5ほか全国順次上映予定!
●日程:8/23(金)~(角川シネマ有楽町は9/26(木)まで)
●上映作品:40作品
※『薄桜記』4Kデジタル復元版は初お披露目。
ほか、『炎上』(4Kデジタル復元版)、『ある殺し屋』、『眠狂四郎勝負』、『旅はお色気』など

公式HP:
www.kadokawa-cinema.jp/yurakucho/

***********************************

配給:KADOKAWA
(C)KADOKAWA