「映画情報」カテゴリーアーカイブ

擬人化デザイン投稿キャンペーン『her/世界でひとつの彼女』


スパイク・ジョーンズ監督4年ぶりの長編最新作として、6月28日(土)より新宿ピカデリーほかにて全国ロードショーとなります

『her/世界でひとつの彼女』

そして!!!
“声だけのヒロイン”であるサマンサの擬人化デザイン投稿キャンペーン実施が決定!

her_イラコン用画像
主人公セオドアが出会ったサマンサは、人とコミュニケーションしながら成長していく世界初の最新型のAI(人工知能)型OS。AIだけどユーモラスで、純真で、セクシーで、ちょっと感情的で、誰より人間らしいサマンサとセオドアはすぐに仲良くなり、夜寝る前に会話をしたり、デートをしたり、旅行をしたり・・・一緒に過ごす時間はお互いにとっていままでにないくらい新鮮でキラキラした日々に変わっていきます。


そんなキュートなサマンサにもしも形があったら、一体それはどんな姿なのでしょうか?

自分が思うたった“ひとつ”のサマンサをイラストにしてご投稿いただいた方の中から1名様に賞金をプレゼントあり!

さらに映画公開前~公開中の間、そのイラストを公式Twitter・Facebookのアイコンに使用するそうです。

『her/世界でひとつの彼女』人工知能型OS“サマンサ”の擬人化デザインキャンペーン 概要


募集期間:6月2日(月)~6月15日(日)
キャンペーンページ URL:https://crowdworks.jp/public/jobs/76215


■ 人工知能型OS“サマンサ”の擬人化イラスト作成■
→採用されたイラストは、公開直前~映画公開中のSNSアイコンとして活用!
→採用作品、優秀作品は公式サイトで紹介、その他ニュースなどで使用などする予定だそうです。


▽サマンサの声や口調が分かる映像



▽イラストデザインに求められるスキル
→特になし。手書き、デジタルなどなんでも可
※アイコンとして使用するため、縦長、横長サイズのイラストは
正方形にトリミングさせていただく場合がございます事を予めご了承ください。


▽注意点・禁止事項
※他で登録されているデザインや商標の転用など、他社の知的財産権、著作権を侵すこと。
※他のクライアントへ既に提案した内容の転用など。
※映画プロモーションでの活用をご承諾いただける方のみご投稿ください。

『her/世界でひとつの彼女』

6月28日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショーです。

公式サイト: http://her.asmik-ace.co.jp/
公式Facebook: https://www.facebook.com/her.spikejonze
公式Twitter: https://twitter.com/her_spikejonze

her/世界でひとつの彼女Photo-courtesy-of-Warner-Bros-Pictures-
her/世界でひとつの彼女Photo-courtesy-of-Warner-Bros-Pictures-
********************************************************************


『her/世界でひとつの彼女』

ストーリー
そう遠くない未来のロサンゼルス。ある日セオドアが最新型のAI(人工知能)型OSを起動させると、画面の奥から明るい女性の声が聞こえる。彼女の名前はサマンサ。

AIだけどユーモラスで、純真で、セクシーで、誰より人間らしい。セオドアとサマンサはすぐに仲良くなり、夜寝る前に会話をしたり、デートをしたり、旅行をしたり・・・一緒に過ごす時間はお互いにとっていままでにないくらい新鮮で刺激的。ありえないはずの恋だったが、親友エイミーの後押しもあり、セオドアは恋人としてサマンサと真剣に向き合うことを決意。しかし感情的で繊細な彼女は彼を次第に翻弄するようになり、そして彼女のある計画により恋は予想外な展開へ―!

”一人(セオドア)とひとつ(サマンサ)”の恋のゆくえは果たして―?

今の時代だからこそ誕生した、ラブストーリーの新たな金字塔。

監督&脚本:スパイク・ジョーンズ
出演:ホアキン・フェニックス エイミー・アダムス ルーニー・マーラ
オリヴィア・ワイルド スカーレット・ヨハンソン

Photo courtesy of Warner Bros. Pictures


チョン・ドヨン最新作『マルティニークからの祈り』8月下旬公開



言葉も分からない異国の地で突然、身に覚えのない麻薬密輸容疑で捕まった平凡な主婦。

絶望の中、家族のもとへ帰るための激闘の765日間を描いた『家に帰る道(原題)』の邦題が、

『マルティニークからの祈り』

と決定し、8月下旬よりTOHOシネマズシャンテほか公開が決定です。

マルティニークからの祈りmain
本作は、2006年、韓国で放送されたドキュメンタリー番組「追跡60分」で紹介された1人の女性と、夫と娘の絶望と闘いの日々を描いた衝撃の実話の映画化。

マルティニークからの祈り1『シークレット・サンシャイン』で第60回カンヌ国際映画祭主演女優賞を受賞し、先日行われた同映画祭では審査員という大役を担ったチョン・ドヨン。

彼女を主演に迎え、『高地戦』で演技派として、美形俳優から大変身を遂げたコ・スが共演。そして女優としてキャリアをスタートしながらも、近年では映画『オーロラ姫』、『容疑者X 天才数学者のアリバイ』と監督としても活躍しているパン・ウンジンにより映画化された話題作。

マルティニークからの祈り2邦題にもあるマルティニーク島は、カリブ海に浮かぶリゾート地として有名なフランス領の島。いつか行ってみたいとひとりの女性の夢であったその場所は、一瞬にして絶望の地と変わってしまう。

はるか遠く、離ればなれになってしまった小さな家族が、また会えることを信じ、祈り続けるその姿に胸を打たれずにはいられないお話です。

ストーリーですが、
マルティニークからの祈り32004年10月30日。フランス・オルリー空港で、1人の韓国人主婦が麻薬密輸容疑で逮捕されるというショッキングな事件は起こった。

彼女は平凡な主婦だった。かわいい娘とちょっと頼りないが人のいい夫を愛し、家族の幸せを願う。どこにでもいる良き母であり、良き妻。

ただ少しだけ世間知らずで、少しだけ家族を愛する気持ちが強すぎただけ。そんな彼女が突如味わうことになった、765日間の衝撃の真実とは??。


『マルティニークからの祈り』

8月下旬 TOHOシネマズ シャンテほか 全国順次ロードショー

********************************************************************


監督:パン・ウンジン『オーロラ姫』『容疑者X 天才数学者のアリバイ』
出演:チョン・ドヨン『シークレット・サンシャイン』、コ・ス『高地戦』
配給:CJ Entertainment Japan
【2013年/韓国映画/カラー/131分】
©2013 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved


赤白ボーダー姿の愛之助!『マザー』ポスター


 「おろち」「洗礼」「まことちゃん」など、独特の世界観を持つ数々の作品で社会現象を巻き起こした恐怖漫画の巨匠・楳図かずおが、77歳にして長編映画監督デビューを果たす

映画『マザー』

のポスタービジュアルが完成!

1995年以降、腱鞘炎のため休筆を続けている楳図が、自ら脚本も手掛け挑む映画の内容は、今まで数々の作品で読者を魅了してきた「楳図ワールド」の秘密を解き明かすような自叙伝的なストーリー。幻想と現実の狭間で繰り広げられる恐ろしくもせつない最恐ホラーです!

マザーポスターポスターでは、主人公の「楳図かずお」役を演じる歌舞伎俳優・片岡愛之助が、楳図のトレードマークともなっている赤白ボーダーシャツ姿で登場。鬼気迫る表情で創作する中で、彼の想像が具現化し別世界の中に入り込んでいく姿を表現しています。

ポスタービジュアルについて、楳図監督は、

「愛之助さんがボーダーシャツを着て、僕になること自体がホラー。そんな愛之助さん演じる楳図かずおがこれから一体何をするのか、意味深で、期待感のあるポスターになりました。愛之助さんの背後の壁には、この映画を読み解く大切なメッセージが散らばっています。完成した映画は、ホラーの既成概念にとらわれている方がご覧になったら、こんなホラーもあるのかと感じるような、超恐いけど、グッとくる、恐ろしくも悲しく切ないお話に仕上がったと思います」

と語り、初監督作品に手ごたえを感じています!!

ストーリーは。。。

漫画家・楳図かずお(片岡愛之助)のもとに、ある出版社から彼の生い立ちを本にしたいという話が舞い込む。

担当編集者・若草さくら(舞羽美海)は取材をするうちに、楳図独特の創作の原点には、亡くなった母・イチエ(真行寺君枝)の影響が大きいことを知る。やがて、楳図の生い立ちを調査するさくらの周りで次々に起こる怪奇現象。

別荘の窓についた謎の手の跡、タクシーの隣席に見えるいないはずの人影、楳図のまわりに漂う紫煙、イチエの葬式の参列者の写真に写る彼女自身の姿…

死んだはずの母の怨念が、楳図とさくらのまわりで底知れぬ恐怖を巻き起こしはじめる!!


『マザー』

9月27日(土) 新宿ピカデリー他 ロードショー

公式HP: mother-movie.jp


********************************************************************


監督:楳図かずお
脚本:楳図かずお、継田淳                     
                                       
主演:
片岡愛之助 <楳図かずお役/ 漫画家>      
共演:
舞羽美海 <若草さくら役/かずおの担当編集者>
真行寺君枝 <楳図イチエ役/かずおの母>

主題歌:中川翔子「chocolat chaud」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
※4th Album「9Lives」収録
(ソニー・ミュージックレーベルズより発売中)

配給:松竹メディア事業部
(C)「マザー」製作委員会


グザヴィエ・ドラン監督、出演作品『トム・アット・ザ・ファーム』今秋公開!



昨年、『わたしはロランス』の日本公開で一気に映画ファンの注目を集め、第67回カンヌ国際映画祭では最新作の『Mommy』がJ.L.ゴダールの作品と共にコンペティション部門の審査員特別賞に選ばれたグザヴィエ・ドラン監督。25歳とは思えない、という絶賛の声と、俳優もこなすイケメンぶりも話題となっています。

そのグザヴィエ・ドラン監督が自ら主演も務めた作品

『トム・アット・ザ・ファーム』

が今秋、日本公開となります。

10年に渡るメロドラマ『わたしはロランス』とは打って変わった本作は、ケベック在住の劇作家ミシェル=マルク・ブシャールの同名戯曲の映画化で、グザ ヴィエ・ドラン本人が主演し、カナダ東部のケベック州の雄大な田園地帯の閉ざされた家族の空間と地域を舞台に描くサイコ・サスペンス。危うい「愛」を、一瞬たりとも目を離 す事のできないテンションで描き切る作品です。

トム・アット・ザ・ファームmain
ストーリーは

息の詰まるような愛のサイコサスペンス。
僕たちは、愛し方を学ぶ前に、嘘のつき方を覚えた。

トム・アット・ザ・ファーム01
恋人のギョームを亡くし悲しみの中にいるトムは、葬儀に出席するために、彼の故郷へ向かう。ところがギョームの母親はトムの存在を知らないどころか、亡き息子には“サラ”という女性の恋人がいたと思っていた。唯一トムの存在を知っていたギョームの兄フランシスからは、“恋人”であることを隠し、嘘をつき続けることを強要される。はじめは力でねじ伏せられ抵抗していたトムだったが、恋人の家族の評判や、悲しむ母親を傷つけないために“友人”に徹し、兄フランシスに従わざるを得なくなる。そして周囲から隔絶した恋人の故郷で暮らすうち、いつしかトムはフランシスの中に亡き恋人の姿を見るようになっていった…。

閉塞的な社会、隠された過去、罪悪感と暴力、危ういバランスで保たれる関係。狂っているのは一体誰なのか。

カナダ・ケベック州の雄大な田園地帯を舞台に、一瞬たりとも目を離すことのできないテンションで描き切る、息の詰まるような愛のサイコサスペンス。

『トム・アット・ザ・ファーム』

2014年10月、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷アップリンクほか、全国順次公開

『トム・アット・ザ・ファーム』公式FACEBOOK
https://www.facebook.com/tomatthefarm.jp

********************************************************************


監督、脚本、編集、衣装:グザヴィエ・ドラン
脚本:ミシェル・マルク・ブシャール
出演:グザヴィエ・ドラン、ピエール=イヴ・カルディナル、リズ・ロワ、エヴリーヌ・ブロシュ

配給、宣伝:アップリンク

2013年/カナダ・フランス/100分/フランス語/カラー/1:1.85/DCP
(c)© 2013 – 8290849 Canada INC. (une filiale de MIFILIFIMS Inc.) MK2 FILMS / ARTE France Cinéma ©Clara Palardy


大人のラブストーリーはいかが?「逢いびき」


至高のラブストーリーシネマシリーズとして上映される

「ラブストーリーズ」が6月14日よりK’scinemaにて公開されます。

「ラブストーリーズとは?」
どんなに時代が変わっても、互いに相手を恋い慕う気持ちは、人間のもっともシンプルで美しい感情です。その「愛」の可能性を探るロマンティックでちょっぴり刺激的な恋愛映画の祭典がやって来ました。さまざまなやり方で愛の姿にアプローチしてきた6人の監督が集まり、それぞれの経験とセンスを生かして新しい「LOVE」の形に挑戦。2014年、究極にして至高のラブストーリーシネマが始動します!

6月14日より第一弾「マリアの乳房」


6月21日より第二弾「逢いびき」

がスタートします。
公式web http://www.lovestories.jp

で、今回は第二弾の塙幸成監督の「逢いびき」をご紹介!
映画逢いびき
あの日あの場所で、あなたに出逢わなければ……。

人生を変えた、たったひとつの恋。
逢いたい、逢いたくない… 逢えば離れられない、でも忘れられない恋。
お互いに家庭を持った男女が本当の恋に出逢ってしまったら。

映画逢いびき横浜
いくつもの恋物語を生み出してきた港町・横浜を舞台に、運命の出逢いを描いたロマンチックな大人の純愛物語。

逢いびき丸純子主人公・裕子に、成熟した妖艶な肢体と柔らかな存在感で見る者の目を癒す丸純子さん。主演作『老人の恋 紙の力士』『セカンドバージンの女-通り雨』で中高年の心を鷲掴みにしたその艶めかしい姿は本作でも健在。

逢いびき赤木伸輔裕子と恋に落ちる忠志役に、『水の中の八月』で小嶺麗奈さんの相手役として瑞々しい演技とともにデビューを飾った赤木伸輔さん(当時は青木伸輔)。監督は、『死にゆく妻との旅路』(出演:三浦友和、石田ゆり子)で2011年度、新藤兼人賞金賞を受賞した塙幸成さんです。

ストーリーは...
運命の出逢いが、ふたりの人生を変えていく――。
フリーカメラマンの忠志、そして横浜のデザイン会社で週2日だけバイトをしている裕子。

互いに家庭を持ち、日常に少しだけ退屈しながら日々を送っていた。しかし、横浜の一角で出逢った二人はその後も偶然の出逢いを繰り返し、次第に距離を縮めていく。それぞれの事情で一度は逢うのをやめた二人だったが、運命の恋という非日常に足を踏み入れた瞬間、家庭か恋かの選択を迫られる……。

みなとみらい、ランドマークタワー、赤レンガ倉庫、汽車道、大桟橋・・・ “港ヨコハマ”を舞台に展開する大人のラブストーリー。



********************************************************************



「逢いびき」

【キャスト】
丸 純子 赤木伸輔
茜ゆりか 冨手麻妙 古藤真彦 竹田朋華 広瀬彰勇 茅島成美 鈴木智絵 冨家規政 

【スタッフ】
監督:塙 幸成 脚本:午乃歩音 企画:利倉 亮 プロデューサー:江尻健司、酒井識人
キャスティング:松永 琴、関根浩一 音楽:理保 撮影:早坂 伸(J.S.C.)録音:山口 勉
助監督:土岐洋介 編集:桐畑 寛 制作担当:江島 進 監督助手:北川帯寛 撮影助手:小島悠介 メイク:中尾あい スチール:小宮山裕介 加藤 彰 衣裳:宮本茉莉 効果:藤本 淳 MA:若林大記 メイキング:榎本敏郎
製作:レジェンド・ピクチャーズ 配給・宣伝:アルゴ・ピクチャーズ
【2014/日本/カラー/83分/HD/R15+】
(C)レジェンド・ピクチャーズ

ラブストーリーズ