「映画情報」カテゴリーアーカイブ

BD BOX発売記念 ホドロフスキー×YOSHIROTTEN 限定T販売決定!


『ホドロフスキーのDUNE』『リアリティのダンス』のDVD&Blu-ray、二作品を同梱したBlu-ray BOXが2015年6月3日発売。これを記念して、デザイナーYOSHIROTTEN氏によるホドロフスキーTシャツを限定発売します。

ホドロフスキー×YOSHIROTTEN Tシャツ
価格:5,000円(税込)
ボディ:ホワイト
プリント:フロント
シルクスクリーン印刷(ブラック/ワインレッド)
YOSHIROTTEN_T ※Tシャツのデザインは限定特装版 Blu-ray BOX<ウォーリアーズ・エディション>TシャツSETに入っているものとは異なります。

YOSHIROTTEN コメント
「大地にむかって太陽からの光のような、ホドロフスキーの強烈なビジュアルが降り注ぐイメージです」

YOSHIROTTEN プロフィール
国内外様々なファッションブランドとのコラボレーションや、レコードジャケット、パッケージ、広告に至るまで幅広くデザイン活動中。 http://www.yoshirotten.com

【御取扱い店】

◆渋谷アップリンク・マーケット(2015年6月3日発売)
東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル2階
03-6825-5503
店頭&オンラインにて販売
http://www.uplink.co.jp/market/

◆Sister (2015年6月6日発売)
東京都渋谷区宇田川町18-4 FAKE 2F
03-5456-9892
店頭にて販売
http://sister-tokyo.com/

◆FAKE TOKYO.com (2015年6月6日発売)
オンラインにて販売
http://www.faketokyo.com


念のためBOXのご紹介も!
世界を熱狂させた巨匠、アレハンドロ・ホドロフスキー監督。
その23年ぶりとなる新作『リアリティのダンス』と未完の超大作を追ったドキュメンタリー『ホドロフスキーのDUNE』を セットにし、特典ディスクとともに豪華化粧箱に封入したファン必携のBlu-ray BOX! 。

アレハンドロ・ホドロフスキー監督来日の全記録映像や特製オリジナル・ブックレッ トなどプレミアムな特典が満載。


★収録内容★

Disc1:「ホドロフスキーのDUNE」Blu-ray本編90分+特典映像63分
【特典映像】未使用映像&削 除シーン計60分/日本版予告編/本国版予告編

・「DUNE」未公開シーン 詳細
01.フランク・ハーバートの小説 02.クリス・フォスの色彩 03.ホドロフスキーとセドゥーの再会
04.フォス VS ヴィニョー 05.ハリウッドについて 06.シャーロット・ランブリングについて
07.セドゥーが語るディノ・デ・ラウレンティス 08.戦士たちの後年の成功
09.ブロンティスの訓練 10.魂を込めた映画作りとは 11.ナイス・キリング
12.『DUNE』のコスチューム 13.『DUNE』の分数について
14.ホドロフスキーの映画哲学 15.アリアの受胎

Disc2:「リアリティのダンス(無修正版)」Blu-ray 本編130分+特典映像12分
【特典映像】第66回カンヌ国際映画祭監督週間(ワールドプレミア上映)での舞台挨拶/日本版予告編/本国版予告編

Disc3:特典DVD「Jodorowsky’s Talk in Japan, April 2014──ホドロフスキー2014来日全記録」約165分

★封入特典★
オリジナル・ブックレット

<キャスト>
「ホドロフスキーのDUNE」
アレハンドロ・ホドロフスキー ミシェル・セドゥー H.R.ギーガー クリス・フォス ニコラス・ウィンディング・レフン ほか

「リアリティのダンス」
ブロンティス・ホドロフスキー(『エル・トポ』) パメラ・フローレス イェレミアス・ハースコヴィッツ クリストバル・ホドロフスキー(『サンタ・サングレ』)アダン・ホドロフスキー アレハンドロ・ホドロフスキー

<スタッフ>
「ホドロフスキーのDUNE」:監督:フランク・パヴィッチ
「リアリティのダンス」:監督・脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー
配給:アップリンク/パルコ

(C)photos Pascale Montandon-Jodorowsky
(C)“LE SOLEIL FILMS” CHILE ・ “CAMERA ONE” FRANCE 2013
(C)2013 CITY FILM LLC, ALL RIGHTS RESERVED
発売元:アップリンク
提供:パルコ アップリンク
販売元:TCエンタテインメント

********************************************************************



ゲキ×シネ『蒼の乱』台湾上映&主演・天海祐希舞台挨拶決定!


天海祐希x松山ケンイチで話題のゲキ×シネ最新作『蒼の乱』が、初の台湾上映決定!

ゲキ×シネは、日本を代表する人気劇団の一つ、[作]中島かずき[演出]いのうえひでのり劇団☆新感線の話題の舞台を映画館のスクリーンで体感する今注目の映像エンターテイメント。

ゲキ×シネ『蒼の乱』2
ストーリー
男は名を捨てた── 国を守るために。

女は剣を取った── 男の魂を救うために。
国を追われ孤独に生きながらも、
優しく強い海のような女─蒼真(天海祐希)。
不器用ながらも、真っ直ぐに生きる
風のような男─将門小次郎(松山ケンイチ)。

二人は出会い、やがて結ばれる。
だが、迫り来る戦火が二人の運命を大きく揺り動かす!


台湾上映・天海祐希による舞台挨拶&プレミア上映が決定!

ゲキ×シネ『蒼の乱』台湾上映に先立ち、6月5日(金)、VieShow Cinema Taipei Qsquareにて、主演:天海祐希さんによる舞台挨拶とプレミア上映が決定致しました!
天海さんにとって初の台湾訪問となるため、ご自身も今回の訪問を非常に楽しみにされているとのこと。天海さんは、映画・ドラマ・舞台など女優としての幅広い活躍から、日本のみならずアジアでも多くのファンを獲得しており、今回のプレミア上映のチケットも即日完売するなど、その注目の高さが伺えます。
台湾にいる多くのファンが期待している天海祐希さんの台湾訪問、そしてゲキ×シネ『蒼の乱』の公開を是非お楽しみに!

ゲキ×シネ『蒼の乱』
ゲキ×シネ 『蒼の乱』(あおのらん)
出演者他 [作] 中島かずき[演出] いのうえひでのり

[出演] 天海祐希/松山ケンイチ/早乙女太一梶原善森奈みはる粟根まこと高田聖子橋本じゅん/平幹二朗

公開日 2015年5月9日(土)絶賛上映中!
舞台記録 2014年3月-4月◎東急シアターオーブ(東京)5月◎梅田芸術劇場メインホール(大阪)
日本/カラー/168分/シネスコ/5.1chサラウンド
(C)2015ゲキ×シネ『蒼の乱』/ヴィレッヂ劇団☆新感線

公式サイト:http://www.aonoran.com/

ゲキ×シネ『蒼の乱』台湾上映

公開日: 2015年6月25日(木)より「2015 autoaiD映画祭(autoaiDIntegrated Design主催)」での
オープニング作品として上映
会場:VieShow Cinema Taipei Xinyi(台湾/台北市)
情報:[字幕]中国語[配給] autoaiD Integrated Design

ゲキ×シネ『蒼の乱』台湾上映・天海祐希舞台挨拶

※台湾上映に先立ち、主演・天海祐希さんによる舞台挨拶付きのプレミア上映が決定!
日時:6月5日(金)18:40より
会場:VieShow Cinema Taipei QSquare(台湾/台北市)
詳細:プレミア上映の詳細は、下記サイトをご確認下さい。
autoaiD Integrated Design Fan Page :https://www.facebook.com/autoaidesign?fref=ts

■ゲキ×シネとは
生の感動が売りの演劇を映像化して、より多くの人に見てほしい、長く残したい。そんな思いが生んだ新しいエンターテインメントスタイルが「ゲキ×シネ」。従来の劇場中継では舞台の面白さになかなか追いつけなかったところを、10数台のHD カメラを用いることで、舞台上のあらゆる瞬間をおさめることに成功した。舞台俳優の細やかな目線や仕草、汗や涙のクローズアップは舞台では味わえないゲキ×シネならではの魅力のひとつ。2014年にプロジェクト10周年を迎えた。

■劇団☆新感線とは
1980年11月、大阪芸術大学舞台芸術学科の四回生を中心にしたメンバーで旗揚げ。劇団名は当時のメンバーが実家に帰省する際、新幹線を使っていたというだけのいい加減な理由だった。つかこうへい作品のコピー劇団として人気爆発、関西学生演劇ブームの中心的存在となる。オリジナル路線に変更後は、お笑い、ロック、活劇がふんだんに詰まったエンターテインメントを極めていく。現在では「いのうえ歌舞伎」「新感線R」「ネタもの」シリーズに細分化されており、その独特の個性は“新感線イズム”として確立、劇団☆新感線はエンターテインメントの中のジャンルのひとつとして語られるようになった。俳優が出演したい劇団として定評があることから、毎作における豪華な客演の俳優陣も見どころである。これまでの劇団最多動員数は、2012年越冬公演『ZIPANG PUNK.五右衛門ロックⅢ』にて、約13万人を突破した。今年、劇団☆新感線は35周年を迎える。

********************************************************************



SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2015ラインナップ記者発表会


埼玉県川口市にて2004年よりスタートした映画祭は、デジタルシネマにフォーカスし、世界中から集まった、新しい映像表現の可能性とエンターテインメント性を備えた作品を上映する国際コンペティション映画祭です。

また若手映像クリエイターの登竜門として、次代を担う新たな才能の“発掘”に取り組来んでいて、“支援”が手厚い映画祭として注目されています。7月18日(土) – 26日(日)に第12回目の開催を迎えます。

Dシネマ映画祭2015記者発表
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2015ラインナップ記者発表会
日付:2015年6月3日(水)
場所:都道府県会館

登壇
上田 清司   実行委員会会長(埼玉県知事)
奥ノ木 信夫  実行委員会副会長(川口市長)
八木 信忠   総合プロデューサー
堀越 謙三   長編部門審査委員長/有限会社ユーロスペース代表
桝井 省志   短編部門審査委員長/映画プロデューサー
和田 敏克   アニメーション部門審査委員長/東京造形大学特任教授
瀧沢 裕二   映画祭ディレクター


上田 清司 (実行委員会会長・埼玉県知事)
本年で12回目。最初の頃はDシネマって何だ?という感じはありましたがこの12年で映画館の97%がデジタル化されたことを考えると、先進性があったのだと誇りに思っています。今回は74の国と地域、6984応募があり、その中の長編12、短編12、アニメ14作品がノミネートされ、上映されます。バラエティーに富んだ世界の今を。映画を通じてみることが出来ます。

今年はこれまでの枠を超えて新たな企画を二つ用意しています。

ひとつめはオープニング作品を映画祭出身の若手クリエイターの作品としたこと。実行委員会がその製作を積極的に支援し上映します。

ふたつ目はコンペティション作品のサテライト上映。県内二ヶ所で上映しできるだけ多くの皆さまに映画祭をご覧頂くチャンスを作ります。この映画祭をステップとして若手クリエイターの方々が日本そして世界に飛躍することを期待しています。

奥ノ木 信夫 (実行委員会副会長・川口市長)
本年度のオープニング作品『鉄の子』は川口市を舞台として、川口市立新郷東小学校も撮影に使用され、児童69名がエキストラとして参加しています。市をあげて応援したいと思っています。また川口子ども映画クラブ」の子どもたちが制作した映画の上映いたします。

八木 信忠 (総合プロデューサー)
この映画祭は「若手クリエイターの登竜門」となることを目指して開催している。SKIPシティでは最高水準の設備を用意しています。ぜひ川口に来ていただいて、デジタルシネマを鑑賞していただきたい。

堀越 謙三 (長編部門 国際審査委員長/ユーロスペース代表・映画プロデューサー)
デジタルシネマによる影響は、若い人が映画を作れるようになったことが何より大きな特徴。今、若い監督が目指す映画祭として、国内では この映画祭が一番だと思います。さらなる映画祭の発展も期待しながら、審査委員長として今年お力になれればと。

桝井 省志 (短編部門 審査委員長/アルタミラピクチャーズ代表取締役・映画プロデューサー)
短編作品は「今、何を撮らなくてはいけないか」ということをとらえた映像が多く、毎年自分も刺激を受けます。オープニング作品『鉄の子』は川口 で撮影したが、職人の街である川口市の気質が、若手映像クリエイターや映画を育てようという姿勢に繋がっていると感じています。

和田 敏克 (アニメーション部門 審査委員長/東京造形大学特任教授)
短編アニメーションは若い人たちがコツコツと制作し、何よりも絵を動かす喜びに溢れ、こんな映像見たことないというような作品が多いですね。お楽しみください。

日本未公開の作品を中心に選りすぐりのラインナップ

本映画祭のメインであるコンペティション部門には、世界74の国と地域から、長編・短編・アニメーションの3部門で合計684本の作品がエントリー、その中から厳選した全38作品をノミネート。会期中の最終審査を経て、最終日26日(日)に各賞を発表します。今年の長編部門には、メキシコの荒涼とした大地とともに生きる人々を描いた『絶え間ない悲しみ』や、昨年のアカデミー賞外国語映画賞キューバ代表に選ばれた『ビヘイビア』、第1回W杯でのユーゴスラビアチームの奮闘実話を元にしたセルビア映画『モンテビデオの奇跡』、今年のベルリン国際映画祭に正式招待されたアイルランド映画『君だってかわいくないよ』など日本未公開の注目作が集結!日本からはALS(筋萎縮性側索硬化症)をテーマにしたドキュメンタリー『あした生きるという旅』など3作品がノミネートし、計12作品が上映されます。また短編部門では長塚京三、遠山景織子出演のサスペンス『オンディーヌの呪い』、升毅、朝加真由美出演の『不旋律のソナタ』など若手クリエイターの力作計12作品、アニメーション部門では水江未来、水尻自子など海外からも注目を集めるクリエイターの新作をはじめ計14本を上映します。

*長編部門(国際コンペティション)
 12作品 (海外9作品、国内3作品)
*短編部門(国内コンペティション)
12作品 (3本で1プログラム×4プログラム上映)
*アニメーション部門(国内コンペティション)
 14作品 そのほかの主なプログラム

○シネマ歌舞伎 『二人藤娘/日本振袖始』
○『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』
○『STAND BY ME ドラえもん 2D版』
○バリアフリー上映『GODZILLA ゴジラ』
※日本語字幕・音声ガイド付き上映
4/猫
○Go-all 『4/猫 .ねこぶんのよん-』上映
SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザの支援プログラム「Go-all」で制作された短編オムニバス映画を上映

 公式サイト:http://nekobunno4.com

○アニメDAYスペシャル企画
~新しいご当地アニメのご紹介~ 「浦和の調(うさぎ)ちゃん」上映&トークイベント
アニメに関連したプログラムが揃った7月24日(金)は“アニメDAY”と題し、さいたま市浦和地区を舞台としたご当地アニメ「浦和の調ちゃん」の第1話~10話を一挙上映!作品関係者によるトークショーも開催。ご当地アニメの聖地・埼玉ならではのスペシャル企画!


オープニング作品は本映画祭ノミネート監督が地元川口を舞台に

家族のあり方を描く『鉄の子』を上映!!
鉄の子今年のオープニング作品は、本映画祭短編部門に過去2度ノミネートされた新鋭・福山功起監督が、映画祭会場のSKIPシティも位置する埼玉県川口市を舞台にした『鉄の子』を上映。両親の再婚で血のつながらないキョウダイになった子どもたちがたくましく生きていく姿を通し“家族のあり方”を繊細に描きます。母親役にはその確かな演技力が高い評価を得ている田畑智子。父親役には映画、舞台と幅広く活躍する裵(ペ) ジョンミョン。7月18日(土)の本映画祭オープニング上映がワールド・プレミアとなります。

物語・・・
小学生の陸太郎は母親の再婚により、同学年の真理子とキョウダイとなる。それをクラスメイトにからかわれることにうんざりした二人は、「リコンドウメイ」を作り、あの手この手で両親を離婚させようとする。ところが、両親の仲は悪くなるどころか、どんどん良くなっていくのであった。

こうのすシネマ、彩の国さいたま芸術劇場でサテライト上映を開催!!

今年のSKIPシティ国際Dシネマ映画祭では、より多くの方に映画の素晴らしさ、映画祭の楽しさを体験していただくため、川口市を飛び出し、映画祭会期中7月19日(土)、20日(日)の2日間、埼玉県内2か所でサテライト上映を開催!こうのすシネマ、彩の国さいたま芸術劇場で短編コンペティション部門のノミネート作品を上映します。メイン会場であるSKIPシティ以外でのコンペティション部門の上映は、初めての試みとなります。

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2015 (第12回)
会 期:2015年7月18日(土)~7月26日(日) *9日間
会 場:SKIPシティ 映像ホール、多目的ホール(埼玉県川口市)
こうのすシネマ(埼玉県鴻巣市)
彩の国さいたま芸術劇場(埼玉県さいたま市)
主 催:埼玉県、川口市、SKIPシティ国際シネマ映画祭実行委員会、特定非営利活動法人さいたま映像ボランティアの会
前売券:6月4日(木)~7月17日(金) チケットぴあ、セブンチケット 他で販売

公式サイト:www.skipcity-dcf.jp
Twitter:@skipcityidcf

********************************************************************



映画「青鬼 ver.2.0」“間違い探し”上映決定!


ニコニコ動画で火が付き、関連動画の視聴回数が6,000万超を誇る大人気フリーゲーム『青鬼』。
青鬼-ver.2
待望の映画第2弾では、「青鬼」に加え、ゲームファンの間で“ハンペン”と親しまれ絶大な人気を誇る青鬼の亜種、「フワッティー」も登場します!

そして、この度7月4日映画公開を記念して、ニコニコ生放送(ニコ生)で同日0:00より『青鬼 ver.2.0』世界最速上映が決定しました!

世界で一番早く映画を観るにはニコ生でネットチケットを購入し視聴する感じです。

『青鬼ver.2.0』上映チャンネル
http://live.nicovideo.jp/watch/lv215442619

【前売券】全会員・・・1300ポイント(税込 1300円)
販売期間: ~ 2015年7月3日(金)23時59分

【当日券】全会員・・・1800ポイント(税込 1800円)
販売期間:2015年7月4日(土)0時 ~ 2015年8月1日(土)21時

そうなんだよね。

さらに、映画史上初となる“間違い探し”上映も決定しています。

なんですかそれは!?



これは、映画館とニコ生で上映される『青鬼 ver.2.0』の映像内に

違いが5箇所あって・・・
【景品】“フワッティー”超プレミアフィギュア
その違いを見つけた方に世界で1体しか存在しない「フワッティー」のフィギュアがプレゼントされるという、史上初となる映画館とニコ生のコラボイベントなんだって。

さらに、抽選で100名に正解者の名前が入った「特製“正解認定”カード」が贈られます。

上映開始日7月4日より公式ホームページ設置される解答フォームより応募ができるそうです。

新しい映画のカタチの誕生ですね!

青鬼 ver.2.0

7月4日(土)全国ロードショー

公式サイト: http://aooni-movie.com/

青鬼ver2
********************************************************************

出演:中川大志 平祐奈 松島庄汰 久松郁実 勧修寺玲旺  タモト清嵐

監督:前川英章
脚本:いながわ亜美
制作:デジタル・フロンティア
企画・配給:AMGエンタテインメント
製作:「青鬼 ver.2.0」製作委員会

(C) 2015 noprops・黒田研二/『青鬼 ver.2.0』製作委員会
   


『蜃気楼の舟』カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭に公式出品決定!


 

現在NHK朝のドラマ「まれ」に出演し人気を博している舞踊家の田中泯さん出演映画

『蜃気楼の舟』

が、東欧最大の国際映画祭カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭コンペティション(Forum of Independents – Competition)部門に出品されることが決定いたしました。

蜃気楼の舟
『蜃気楼の舟』は、ホームレスの老人たちに住居を与え生活保護費をピンハネする「囲い屋」の青年が主人公の物語で、ひきこもりの青年を描いた初監督作品『今、僕は』(’07)が高い評価を得、異例の大ヒットを巻き起こした竹馬靖具監督の第二作目となる作品です。

50th Karlovy Vary International Film Festival
◆映画祭開催時期 July 3 – 11, 2015
◆公式サイトwww.kviff.com
◆出品部門 Forum of Independents – Competition
◆上映日 7/9 (木)



作品紹介
脚本に心を動かされ、世界的なダンサーの田中泯や、テーマ曲の坂本龍一、新国立劇場バレエ団プリンシパル・小野絢子など、映画業界に限らず日本のアート界を牽引する面々が集結。

主人公の男は、母親を亡くし、父親に捨てられた過去を持つ。
友人に誘われたことがきっかけで囲い屋で働き始め、能面のように無感情になった男は、ただ毎日を浪費していた。
ある日、ホームレスのひとりに、自らの父を発見する。それまでホームレスたちをモノのように扱ってきたが、父との再会により、初めて揺れ始める男。
男の揺れは、彼の日常ともう一つの別の世界とが交わるきっかけとなる。導かれるように父を連れて囲い屋を出た男は、自身の欠落を問うために車を走らせる。現実ともう一つの世界の間を揺れ動くドライブの中で父と訪れた廃墟には、母親の幻影がさまよっていた。そして、並行して描かれる、現実と幻想の狭間を航海する一艘の舟の意味するものとは...



ひきこもりの青年を描いた初監督作品『今、僕は』(’07)が高い評価を得、異例の大ヒットを巻き起こした竹馬靖具監督の第二作目となる作品。

『蜃気楼の舟』

2015年12月、渋谷アップリンク他、全国順次公開

公式Facebook:https://www.facebook.com/shinkiro.fil

※カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭とは…
チェコ共和国の西部に位置する温泉療養地としても有名なカルロヴィ・ヴァリ市で毎年開催される映画の祭典、1946年にチェコ西部の都市カルロヴィ・ヴァリで設立された世界的にも歴史のある映画祭の一つで、東欧最大の国際映画祭。
『蜃気楼の舟』が上映されるForum of Independents – Competitionは世界から集まる選りすぐりのインディペンデント映画を上映する部門です。


********************************************************************

監督・脚本:竹馬 靖具 
撮影:佐々木 靖之 
照明:關根 靖享 
助監督:池田 健太 
編集:山崎 梓、竹馬 靖具 
録音:上條 慎太郎 整音:鈴木 昭彦 
効果:堀 修生
スタイリスト:碓井 章訓/ヘアメイク:寺島 和弥
プロデューサー:竹馬 靖具 汐田 海平  
テーマ曲:坂本龍一”hwit” /音楽:中西俊博 
製作:chiyuw
出演:小水 たいが、田中 泯、足立 智充、小野 絢子、竹厚 綾、川瀬 陽太、大久保 鷹、中西 俊博、北見 敏之、三谷 昇
(2015/99分/1:1.85/カラー & モノクロ/5.1ch/DCP)