「映画情報」カテゴリーアーカイブ

ホーキング博士の愛を映画化。邦題が『博士と彼女のセオリー』に決定!


ジェーン・ホーキング著『Travelling to Infinity: My Life with Stephen』の映画化である本作。

余命宣告からも希望を持ち難病と闘い続けた天才と
彼を支え続けた女性の感動ヒューマン・ラブストーリー


原題:The Theory of Everythingが

『博士と彼女のセオリー』


と邦題決定!!2015年3月全国ロードショーです。
           
博士と彼女のセオリー
理論物理学者の立場から宇宙の起源の解明に挑み、現代宇宙論に多大な影響を与えたスティーヴン・ホーキング博士。

ニュートンやアインシュタインと並ぶ天才と称される彼は、ALS(筋萎縮性側索硬化症)のハンデを負いながら最先端の研究を精力的に行い、講演活動や執筆活動へ意欲的に取り組む「車椅子の科学者」として知られています。

しかし、そんなホーキング博士の偉業が、ひとりの勇気ある女性によって支えられていたことはあまり知られていません。本作は、その知られざる実話にスポットを当てたヒューマン・ラブストーリーなんです。

ホーキング博士を演じるのは、『レ・ミゼラブル』に出演のエディ・レッドメイン。徐々に身体中の筋肉が衰える難病ALS(筋委縮性側索硬化症)に侵されていく難役を熱演し、新境地を開いています。

体の自由が奪われていく過程を、段階的にリアルに見せる渾身の役作りは絶賛の嵐!

またホーキング博士を献身的に支える妻ジェーン役には、『アメイジング・スパイダーマン2』出演のフェリシティ・ジョーンズ。
余命2年と宣告を受けたホーキング博士との結婚を選び、希望を持ち続け共に困難を乗り越えようとする強い女性を好演しています。

監督は、ビルの谷間を綱渡りする大道芸人にスポットを当てた『マン・オン・ワイヤー』でアカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞を受賞したジェームズ・マーシュ。

ホーキング夫妻の人生の節々に、ブラックホールや時間といったホーキング博士の研究テーマをシンクロさせた演出が、
作品をより味わい深いものにしています。

先日、アカデミー賞の前哨戦とされるサテライト賞において、作品賞・主演男優賞(エディ・レッドメイン)・主演女優賞(フェリシティ・ジョーンズ)・脚色賞・撮影賞の5部門にノミネートされている本作。特に、エディ・レッドメインはアカデミー主演男優賞最有力候補との呼び声も高く、期待は高まります。


希望を失わず、困難を乗り越えようとした夫妻の葛藤や苦悩のエピソードに誰しもが共感し、涙せずにはいられない
映画『博士と彼女のセオリー』

は、2015年3月全国ロードショーです。

公式HP:http://hakase.link (近日オープン)

********************************************************************


余命2年の宣告からも希望を持ち難病と闘い続けた天才と彼を支え続けた女性の感動ヒューマン・ラブストーリー

学生の頃から天才物理学者として将来を嘱望されていたスティーヴン・ホーキング。
彼がケンブリッジ大学の大学院に在籍している時、詩を学ぶジェーンと出会い、たちまち2人は恋におちる。
しかし、直後にスティーヴンは難病ALS(筋委縮性側索硬化症)を発症し、余命2年の宣告を受ける。それでも彼と共に生きると決めたジェーンは、力を合わせて病気と闘う道を選択する。

出会いから、恋愛、結婚、出産・・・。

自分たちに与えられた時間がどれほど貴重なものかを知る2人は、歳月を重ねるごとに増す試練に強固な愛の力で立ち向かっていくが、時には壁に突き当たり、限界を感じ、自身の無力さに打ちひしがれる。
刻々と悪化するALSとの闘病生活の中、持ち前のユーモアで乗り越えていく姿を、ホーキング博士の輝かしい功績とともに彼らの苦悩と純愛を感動的に描く。

監督:ジェームズ・マーシュ『マン・オン・ワイヤー』
主演:エディ・レッドメイン『レ・ミゼラブル』、
フェリシティ・ジョーンズ『アメイジング・スパイダーマン2』、
チャーリー・コックス、エミリー・ワトソン、サイモン・マクバーニー
原作:ジェーン・ホーキング著『Travelling to Infinity: My Life with Stephen』
配給:東宝東和 124分 (c)UNIVERSAL PICTURES 



「摂氏100℃の微熱」ポスタービジュアル解禁!


2015年1月24日(土)より公開される

摂氏100℃の微熱

のポスタービジュアルが解禁です!

この作品は、「E★エブリスタ電子書籍大賞2013」の受賞作・野咲あや氏の小説を映画化。瀬戸内海に浮かぶ自然に満ちた美しい島・淡路島と神戸を舞台に繰り広げる純愛物語です。

摂氏100℃の微熱
阪神淡路大震災を実際に経験した兵庫県出身の平愛梨さんが、震災のトラウマを抱える結婚適齢期の女性を熱演、 また劇団EXILEの青柳翔さんが由緒正しい名家の御曹司を好演しています。

摂氏100℃の微熱2
共演は遠藤要さん、ちすんさん、上野なつひさん、松田洋昌さん、川畑泰史さん、宮田圭子さん、里見まさとさん、他。

第6回沖縄国際映画祭ワールドプレミア上映時の舞台挨拶をちょっぴりご紹介。

青柳さん:平さんはあるシーンを撮り終わって、しばらくして同じ場所で撮影すると、既に終わっている台詞をいきなり言ったりするので、びっくりしました(笑)

平さん「同じ撮影場所だとわからなくなっちゃうんですよ!(笑)

岡本監督:原作の小説を読んで、ぜひ映像化したいと思ったんです。同時に、この切ないストーリーは、テレビよりも映画の方が合うと感じました

平さん:(この映画を通して)愛を感じてほしいです。人はひとりではなく、人と生きていくことで、人は変わっていくということを知っていただきたいです。

青柳さん:見終わった後に、見ている人の体温が上がればいいと思います。

岡本監督:青春時代を思い出すような純粋なラブ・ストーリーでありながら、大きな過去を背負って生きているなど、単なるラブ・ストーリーで終わらないところを、楽しんでご覧になっていただけたら幸いです。また、映画の中にワンシーンだけ、タイトルにちなんだ場面を撮っていますので、そのシーンをぜひ探してみてください。

人生のどん底に落ちてしまった30女が、名家の御曹司と格差を乗り越えて純愛に落ちる・・・

摂氏100℃の微熱

は、2015年1月24日(土)より公開です。
オフィシャルHP:http://sesshi-100.com/

********************************************************************

平 愛梨、青柳 翔、
遠藤要、ちすん、上野なつひ、松田洋昌、川畑泰史、宮田圭子、里見まさと

監督:岡本浩一 脚本:根津理香  撮影:平田修久
原作:「摂氏100℃の微熱」野咲あや(E★エブリスタ電子書籍大賞受賞作/三交社刊)
製作代表:小石川伸哉、山西敏之、岡本昭彦  ゼネラルプロデューサー:藤門浩之、奥山和由
企画: 松本拓也 池上真之 中村直史 プロデューサー:綿谷登、 尼子大介、 植田隆志、大谷亮介
制作プロダクション:クリエイターズユニオン 企画・製作:読売テレビ放送/吉本興業/エブリスタ 
Ⓒ2014「摂氏100℃の微熱」 製作委員会


『愛のタリオ』その愛欲渦巻く刺激的な予告編とポスター解禁


韓国ではあまりの過激な描写に19禁となり物議を醸し出した

『マダムペンドク』(原題마담 뺑덕)が

邦題を『愛のタリオ

とし、2015年2月7日(土)よりシネマート新宿ほかで公開することが決定! 

タリオtalioとは
「目に目を、歯には歯を」で知られる、被害者が受けた害を加害者に加える制裁のこと。同害復讐の法律。

その愛欲渦巻く刺激的な予告編映像と日本オリジナルポスタービジュアルが解禁となりました!



愛のタリオポスター田舎町に突然現れた、都会的で洗練された大学教授ハッキュ(チョン・ウソン)と彼に憧れる純朴な少女ドク(イ・ソム)。初恋は、教師と生徒の禁断の愛に始まり、不倫、裏切り、欲望、嘘そして死が絡み合い、想像を裏切る展開へと発展していく―。

本作は、盲目の父親の目を治すため海に飛び込み犠牲となる娘を描き、孝行と美徳と称される韓国民話「沈清伝(シムチョンジョン)」を、『南極日誌』などで常に人間の根底に潜む欲望を描き続けるイム・ピルソン監督が、赤裸々な人間の愛と欲望の童話として生まれ変わらせた愛欲サスペンス。

主演は、『私の頭の中の消しゴム』で日本でも多くのファンを持つチョン・ウソン。自らの欲望のため破滅していく男ハッキュという、今までにないキャラクターを見事に体現した。純粋な少女と復讐の鬼と化す悪女ドクには、モデル出身のイ・ソム。物語を更なる波乱に導くハッキュの娘チョンを『レッド・ファミリー』のパク・ソヨンが演じています。

愛のタリオ
今回、解禁となった予告編では、チョン・ウソン演じる教師と純粋な女生徒が陥る危険な関係が刺激的な映像で展開。

そして、ニーチェいわく

「復讐と恋愛において女は男より野蛮である」

という言葉どおり、美しき純愛に裏切りが訪れたとき、その先に待ち受ける壮絶な復讐と破滅のはじまりを感じさせ、目が離せない内容となっています。

愛のタリオ1
さらに12月6日(土)から“愛讐”の3枚組ポストカード付特別鑑賞券の発売も決定!(※数量限定、一部劇場のみ)チョン・ウソンファンには嬉しい、映画の世界感たっぷりのポストカードは数量限定にてお早目に。
【愛のタリオ】前売特典画像
愛のタリオ

詳細は公式サイトまで http://ainotalio.com/ 

********************************************************************

物語・・・
ソウルの大学で不祥事に巻き込まれ、片田舎の講師として赴任してきた教授ハッキュ(チョン・ウソン)は、退屈な毎日に辟易していた少女ドク(イ・ソム)と、激しい愛に溺れる。しかし、ハッキュは復職することになり、ドクに手切れ金を渡して別れよとする。時を同じくし、ハッキュのうつ病の妻は、娘の前で自殺してしまう―

8年後、ハッキュは作家として名声を浴び放蕩な日々を送っていたが、高校生になった娘のチョン(パク・ソヨン)は母親の自殺が父親のせいだと思い憎しみを抱いていた。ハッキュは病気で徐々に視力を失って行く。全てを失いかけたハッキュの前に現れた女セジョン。目がほとんど見えないハッキュはセジョンがドクだとは気づかず依存していく。

ドクなしでは何もできなくなってしまったハッキュ、そして二人の関係に気づき嫉妬をするチョン。三人の危険な関係の中、ついに全てを手中に収めたドクは、ハッキュを破滅に導くが…

監督:イム・ピルソン『南極日誌』『ヘンゼルとグレーテル』
主演:チョン・ウソン『私の頭の中の消しゴム』『監視者たち』
  イ・ソム『サイコメトリー』
 パク・ソヨン『レッド・ファミリー』    
【2014年/韓国/112分/5.1chサラウンド
日本語字幕:朴澤蓉子/原題:마담 뺑덕】
(c)2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.
配給:CJ Entertainment Japan
 


ももいろクローバーZの映画『幕が上がる』特報到着!


本広克行監督×平田オリザ原作×ももいろクローバーZ

映画『幕が上がる』


初の映像素材となる特報到着!
挿入歌「Link Link」も初披露!!

2015年2月28日(土)より行くぜっ、全国!!



原作のストーリーと概要は・・・

富士山の見える静岡の高校に通うさおりは、演劇部最後の一年を迎えようとしていた。

姫キャラのユッコ、黙っていれば可愛いがるるらと共に、年にたった一度の大会に挑む。目指すは地区大会突破。
そんな時、学校に新しい先生がやって来た。

東京の大学で演劇をやっていたというスッゴイ美人。

「何だ、小っちゃいな、目標。行こうよ、全国」。え?

すべてはその一言から始まった。高校演劇は負けたら終わり。

男子よりも、勉強よりも大切な日々が幕を開ける。地方の高校演劇部を舞台に、一途な思いがぶつかり、交差し、きらめく。

劇作家・平田オリザ先生が満を持して放つ初めての小説です。

幕が上がる ももクロ
今回の配役はすべて原作にある役で設定も同じです。

百田夏菜子:高橋さおり(さおり)
県立富士ケ丘高等学校演劇部部長。3年生/作・演出を務める

玉井詩織:橋爪裕子(ユッコ)
県立富士ケ丘高等学校演劇部3年生/演劇部の看板女優。

高城れに:西条美紀(がるる)
県立富士ケ丘高等学校演劇部3年生/部内のムードメーカー

有安杏果:中西悦子(中西さん)
県内演劇強豪校からの転校生/県立富士ケ丘高等学校演劇部3年生

佐々木彩夏:加藤明美(明美ちゃん)
県立富士ケ丘高等学校演劇部2年生 /さおりを慕う後輩部員

黒木華:吉岡美佐子(吉岡先生) 
県立富士ケ丘高等学校 新任の先生 元・学生演劇の女王

ムロツヨシ:溝口先生 県立富士ケ丘高等学校演劇部 顧問

清水ミチコ:さおりの母

志賀廣太郎:滝田先生 県立富士ケ丘高等学校 国語教師

幕が上がる ももクロ
そして!舞台版は映画版と同様、本広克行監督の演出、ももいろクローバーZの5人の主演により2015年5月の公演予定です。等身大の高校生から大人まで、あらゆる世代から称賛を得る『幕が上がる』の映画化と舞台化に是非ご期待下さい。

ももクロ_幕が上がる
映画『幕が上がる』
2015年2月28日(土)より行くぜっ、全国!!
公式サイト:http://www.makuga-agaru.jp/

********************************************************************


原作:平田オリザ著『幕が上がる』(講談社刊)
監督:本広克行(『踊る大捜査線』シリーズ)
脚本:喜安浩平(『桐島、部活やめるってよ』)
出演:百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、有安杏果、佐々木彩夏/ムロツヨシ、清水ミチコ、志賀廣太郎、黒木華

製作:「幕が上がる」製作委員会/制作プロダクション:ROBOT
配給:ティ・ジョイ/配給協力:東映
(C)2015「幕が上がる」製作委員会


『アゲイン 28年目の甲子園』中井貴一、波瑠ら登場のメイキング特別映像が解禁



大森寿美男監督が全国の元高校球児が世代を超えて出身校別にチームを作り、再び甲子園を目指して戦う実在する大会「マスターズ甲子園」を舞台に、かつて忘れようとした夢に再び挑戦する不器用な大人たちの姿を描いた

アゲイン 28年目の甲子園』。

今年11年目となるマスターズ甲子園のプログラム”甲子園キャッチボール”に、主演の中井貴一、波瑠、工藤阿須加、柳葉敏郎が特別参加し大会を盛り上げた際のメイキング特別映像が解禁となりました。

アゲイン 28年目の甲子園
今回解禁された映像は、2014年11月16日に阪神甲子園球場で行われた、マスターズ甲子園本大会での映像。

この日行われた記者会見に出席した、マスターズ甲子園の応援団長であり原作者・重松清が
「僕も泣きました・・・アゲインが、もう一度があっていいんじゃないか」

と話すところから始まります。

また、12月5日(金)には、2006年から大会の応援団長を務める重松清によるマスターズ甲子園のルポルタージュであり、この映画の原点になった「夢・続投!マスターズ甲子園」(2007年刊)の文庫版が発売となりました。

映画『アゲイン 28年目の甲子園』

は2015年1月17日(土)より全国ロードショー!

公式HP: http://www.again-movie.jp

********************************************************************

物語・・・
かつて熱血高校球児だった坂町だが、今や仕事にも張りはなく、野球とも無縁の生活を送っていた。そんな坂町のもとに、ある日突然、元チームメイトの娘・美枝(波瑠)が訪ねてくる。<マスターズ甲子園>のスタッフとして働く美枝から大会への参加を持ちかけられるが、「今さら」と断る坂町。28年前の高校3年生の夏に起こった事件により甲子園への夢を断たれた坂町は、自らの思いにフタをしたつもりでいた。だが、父親の思い出を追い求める美枝と接するうちに、坂町は離婚した妻が亡くなって以来、絶縁状態の娘・沙奈美とちゃんと向き合うことをせず、ずっと逃げてきたことに気づく。「あの夏」に決着をつけなければ前へは進めない。坂町はマスターズ甲子園への参加を決意し、事件のことを知りながらずっと姿を消していた元マネージャー・立原裕子に、一通の手紙を送る。現れた裕子の口から語られたのは、彼が全く知らない真実だった…。

原作:重松清「アゲイン」(集英社「小説すばる」連載)より   
監督・脚本:大森寿美男  
主題歌:浜田省吾「夢のつづき」(SMEレコーズ)
出演:中井貴一、波瑠、和久井映見、柳葉敏郎、門脇麦、太賀、工藤阿須加、西岡德馬 ほか  
製作/「アゲイン」製作委員会
配給:東映 
©重松清/集英社 ©2015「アゲイン」製作委員会