「映画情報」カテゴリーアーカイブ

『猫侍 南の島へ行く』台湾プレミアイベント報告!


『猫侍』シリーズの映画化第2弾となる

猫侍 南の島へ行く

の台湾プレミアイベントが、台北の人気シネコン・アンバサダーシアターで7月25日(現地時間)に行われ、主演の北村一輝さんが登壇。現地ファンから熱烈な歓迎を受けた。
猫侍_台湾プレミア_レッドカーペット
本イベントは、7月23日に行われた韓国に続き、2度目のアジアでのプレミア。

舞台あいさつが行われる映画館400席のチケットは発売開始からわずか40秒で即完。北村さんが登場すると「(日本語で)北村さ~ん!」のかけ声で場内は興奮と熱狂に包まれました。

猫侍_台湾プレミア舞台挨拶
北村さんは過去に訪台した経験はあるものの、公のイベントに出るのは今回が初。趣味で1年半ほど学んだという中国語で自己紹介をしたほか、

北村さん:ハウカンマ(面白かった?)

と中国語を交えながら挨拶すると、ファンから「おもしろかった!」と日本語で合いの手が入り、

北村さん:チャンダマ?(ほんと?)

と聞き返すと会場から大きな拍手と歓声があがりました。


『猫侍 南の島へ行く』については

猫侍_台湾プレミア_レッドカーペット2北村さん:世の中の映画はCGなどを使ったりどんどん先に進もうとしていますが、なにかを忘れているような気がします。猫のダンスでごまかしたところもありますが(笑)、本来の娯楽映画らしい、分かりやすい、家族揃って観てもらえる映画を作ったつもりなので、少しでも笑って、楽しんでいただければ嬉しいです。先日もニューヨークの映画祭に招待されましたが、怖い顔をした侍と可愛い猫がいて、侍はほとんど喋らないのに、アメリカでも観てくださる方がイスから転げ落ちるくらいウケているんですよね。こういう気楽に楽しめる映画が増えたら面白いなと思うんです。

と。


現地の白猫シャドウちゃん
また、北村さんは台湾でも作品を撮影したいと語り、台湾映画について話が及ぶと

北村さん:ホウ・シャオシェン(侯孝賢)監督が好き」とラブコールを送った。 ホウ監督の作品のような芸術性が高い台湾映画が好きだと語る北村。監督の最新作『黒衣の刺客』(刺客聶隠娘)に出演した友人の妻夫木聡から、監督と仕事をすると連絡をもらっていたエピソードを明かし、「羨ましい」と本音をもらす場面も。台湾には優秀な監督が多く、「熱がある」と話し、現地のスタッフと仕事をしてみたいと希望しました。

最後に、

北村さん:こんなに盛り上がって、逆に気分をよくして頂いてありがとうございました。台湾でこの映画が人気になればまた、台湾に来れるかなと思っております。他の台湾の映画にも出演できるかもしれません(笑)。仲のよい友達や、おじいちゃんおばあちゃんと一緒に映画を観に行く時間を作って頂きたいと思います。なによりこんなに温かく皆さんに迎えて頂いたことを日本のみんなに伝えたいと思います。次回の「猫侍」は台湾と日本の合作で作れるかも知れませんね!

と笑顔を見せ、感謝の気持ちをあらわしました。

猫侍_台湾プレミア2
台湾では昨年公開した前作「猫侍」が7週連続1位を獲得!台湾での『猫侍』人気・北村一輝人気は高く、『猫侍 南の島へ行く』は台湾で7月31日より世界最速公開が決定し、大規模公開も予定。さらに韓国と香港での配給も決定していてます。

物語・・・
斑目久太郎(北村一輝)は、無双一刀流免許皆伝の腕前で、“まだら鬼”の異名を持つ剣豪だったが、江戸での仕官が叶わず、今は故郷・加賀藩で姑・タエ(木野花)の恨み節を背中に浴びながら浪人生活を送る日々。そこへタエが、四国・土佐藩の剣術指南役の話を持ち帰ってくる。

猫侍-南の島へ行く単身赴任に気乗りしないながらも、愛猫・玉之丞を連れて土佐藩へと旅立つ久太郎。だが、船着き場を目前にして謎の忍者(木下ほうか)に荷物を盗まれ、分身の術に惑わされている間に四国行の船が行ってしまう。実はその忍者、久太郎と娘・お静(横山めぐみ)の離縁を目論むタエが、裏で手を引いていたのだった!?

それでも小舟を「れんたる」して土佐を目指す久太郎は、空腹やゲリラ豪雨に耐えて島を発見。「四国だ、土佐だ」と喜んだのも束の間、それは島ではなく巨大なクジラだった!果たして久太郎と玉之丞は、土佐にたどり着けるか?

猫侍 南の島へ行く

2015年9月5日[土]より全国ロードショー!!

公式サイト:http://nekozamurai.info/


********************************************************************

キャスト:
北村一輝   LiLiCo  髙山善廣 木下ほうか 酒井敏也 緋田康人 / 木野花 / 横山めぐみ

監督:渡辺武
原案・脚本:北村一輝
脚本:永森裕二、黒木久勝、池谷雅夫
製作総指揮:吉田尚剛
2015年/日本/約85分/カラー/5.1chステレオ/シネマスコープサイズ
製作:「続・猫侍」製作委員会
(C)2015「続・猫侍」製作委員会
  
 
  


ウルトラヒーローズEXPO 開催決定(o|o)/


新ウルトラヒーロー「ウルトラマンエックス」をはじめ、ウルトラヒーローたちが活躍する大迫力のライブショー。

ウルトラヒーローズEXPO 2016 ニューイヤーフェスティバル IN 東京ドームシティ

ウルトラヒーローズEXPOが、東京ドームシティ プリズムホールで、2015年12月31日(木)~2016年1月11日(月・祝)の期間、開催されます。

イベント概要
名称:ウルトラヒーローズEXPO 2016 ニューイヤーフェスティバル IN 東京ドームシティ
期間:2015年12月31日(木)~2016年1月11日(月・祝)[全12日間]

開催時間:9:30~17:00(最終入場16:30)〔予定〕
場所:東京ドームシティ プリズムホール

イベント内容の詳細につきましては、9月下旬に改めてご案内(o|o)/

<料金>
おとな(中学生以上):当日券1,900円(前売券1,700円)/バトルステージ指定席付当日券2,400円(前売券2,200円)

こども(3歳~小学生):当日券1,300円(前売券1,100円)/バトルステージ指定席付当日券1,800円(前売券1,600円)

親子ペア券(前売のみ):前売券3,000円(プレゼント付)/バトルステージ指定席付前売券4,000円(プレゼント付)

※2歳以下無料
※前売・当日入場券でバトルステージを自由席でご観覧いただけます

主催:東京ドーム・円谷プロダクション・バンダイ

チケット発売日:2015年10月1日(木)
URL:http://m-78.jp/prism/2016/
※会期・内容に関しましては、変更になる場合があるそうです

(V)o¥o(V)

ウルトラヒーローズEXPO 2016 ニューイヤーフェスティバルの次は

劇場版『ウルトラマンX』2016年春に公開です!


『ウルトラマンX』公式インフォメーション:http://m-78.jp/x/

ウルトラマンX制作発表会 (C)円谷プロ
********************************************************************





第28回東京国際映画祭記者会見報告


10月22日(木)より開催の第28回東京国際映画祭(TIFF)の開催に先駆け、本日記者会見が行われ、オープニング・クロージング作品や、特集上映作品、審査員長などが発表されました!
第28回東京国際映画祭記者会見
そして、行定勲監督をはじめとするアジアの気鋭監督らをゲストに迎え、ひとつのテーマのもとにオムニバス映画を共同製作するプロジェクト「アジア三面鏡」への意気込みなどを語りました!

オープニング作品、クロージング作品 が決定!

オープニング作品 『ザ・ウォーク』
TheWalkロバート・ゼメキス監督作品。1974年、当時世界一の高さを誇ったニューヨークのワールド・トレード・センターのツインタワーを1本のロープで結び、命綱なしの空中散歩に挑んだフィリップ・プティの驚愕の実話を完全映像化した話題作です。

(C) 2015 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation All Rights Reserved

クロージング作品 『起終点駅 ターミナル』

クロージング作品は、篠原哲雄監督の『起終点駅 ターミナル』。
起終点駅北海道・釧路を舞台に、人生の終わりへと向かっていたはずの男女が出会い、再び新たな人生へと踏み出す感動の物語。2013年「ホテルローヤル」で第149回直木賞を受賞した桜木紫乃の最高傑作を原作に、日本を代表する名優・佐藤浩市、女優としての新境地に挑む本田翼や、尾野真千子、中村獅童、泉谷しげるなど実力派キャストが集結。篠原哲雄監督によって描かれる未来への一歩は、今を生きる全ての人々の始発駅となる作品です。

(C)2015 桜木紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会

審査委員長の発表
今年のコンペティション審査委員長は、脚本家、映画監督、プロデューサーのブライアン・シンガー氏に決定しました。 『ユージュアル・サスペクツ』、『X-MEN: フューチャー&パスト』を手掛けた方です。

ブライアン・シンガー氏コメント:
ブライアンまず何よりも東京を再び訪問できることに興奮しています。今回で8度目ですが、ずいぶん久しぶりの来日です。映画を愛する者として、フレッシュで新しい作品を観られるということが一番の栄誉だと感じています。審査委員のひとり、さらには審査委員長の立場から、映画監督たちの成長を手助けできることは、なお一層の栄誉です。私は商業映画も手がけてきましたが、キャリアの出発点は映画祭です。映画祭の重要性を心から理解していますし、映画祭にまた参加できることをとても楽しみにしています。審査委員として、そしてほかでもないひとりの観客として。


国際交流基金の取り組み 「アジア・オムニバス映画製作シリーズ『アジア三面鏡』」

●アジア三面鏡とは・・
ひとつのテーマのもとにオムニバス映画を共同製作するプロジェクトです。本企画は、アジアに生きる人々を3名のアジアの気鋭監督がそれぞれの視点から描くことで、その向こうに浮かび上がるそれぞれの国の社会や文化を三面鏡のように映し出し、アジアに生きる隣人としてお互いがお互いを知り、理解し、共感し、アジア人としてのアイデンティティや生き方を模索する契機となることを目指します。撮影国はアジア限定。完成作を第29回東京国際映画祭にてワールドプレミア上映されます。その後、世界の主要国際映画祭での上映、国内外での公開を予定しております。
アジア三面鏡
行定勲監督コメント
「まず、この二人と一つの作品に取り組めるのは、すごく刺激的なことです。そもそも僕自身がアジア映画に非常に影響を受けてきました。しかし、違うそれぞれの国が一つの映画を作るのは自分達の映画を作るのに必死で、容易なことではないと思います。早速、昨日の(アジア三面鏡の)会議でもすごくパワーがあり、情熱を感じました。
yukisada_0728昨日の会議でも感じましたが、これまでにはない企画なので、是非皆さんに期待してほしいです。オムニバス映画への参加は釜山映画祭ではありますが、それぞれの作品性が重要視されるプロジェクトはなかなかないので、何かそこで繋がりが見つけられる様な、お互いの国が一つに繋がれればいいと思っています。
今までの経験でも、海外で撮るというのはトラブルはつきもので、お互いの思い通りにならないこともありますが、何か自分の奥底にあるものを引き出してくれる。そういったものも期待しながらも体当たりして取り込みたいと思っています。
また、それぞれの国の情緒を持ったまま新しい角度で取り組みたいと思っています。そうすると、その国の事件や真実が見えてくるんじゃないかと思っています。

プリランテ・メンドーサ監督コメント (フィリピンから)
mendoza_2_0728「アジア三面鏡」企画に参加することができ、とても興奮してます。

特に日本で撮影許可がもらえるかもしれないということにとても期待が高まっています。私が語ろうとしているストーリーには、もっともっとリサーチが必要ですが、3人の作りあげたストーリーをリンクさせて皆様に観ていただいたときに1本の映画として見て頂けたら光栄です。

アジア人の監督達が作るということは、昔からの文化的な交流もあるので、様々なストーリーの可能性があり、本当に光栄なことだと思っています。

ソト・クォーリーカー監督コメント (カンボジアから)
sotho_0728このプロジェクトに参加させていただけることを光栄に思っています。とても感謝しています。
おそらくカンボジア映画がこのようなオムニバス映画に参加するのは恐らく初めではないでしょうか。2013年に日本に初めて来たとき、日本の芸術や映画に対する愛に憧れを感じ、恋をしてしまいました。日本が我が家のように感じられました。そして、気づいたことが日本とカンボジアは文化的なルーツが共通している点が多いなと感じました。なので、両国の文化的なルーツを触れる様な作品を作りたいと思っていましたので、このプロジェクトに参加できるのはチャンスだと思っております。


今年は開催会場を拡大

六本木エリアと「歌舞伎座」に加え、本年新たに新宿バルト9、新宿ピカデリー、TOHOシネマズ新宿他、新宿の映画館にて開催。アニメーションやクラシックなどの特集上映の拠点として上映を行う他、10月24日には「第36回大新宿区まつり」のひとつである「新宿芸術天国」とも連携し街ぐるみで映画祭の「お祭り」の部分での楽しみ方を多彩に行っていく予定。


プログラミング・ディレクターの紹介

コンペティション部門 矢田部吉彦(やたべよしひこ)、アジアの未来部門 石坂健治(いしざかけんじ)、そして今年新設いたしました「Japan Now」部門のプログラミング・アドバイザーとして安藤鉱平(あんどうこうへい)を迎え、新たな布陣でセレクションを行っています。ラインアップについては9月29日(火)に開催いたしますラインアップ記者会見にて発表させて頂く予定です。


特集上映作品について以下2つのイベント上映が決まっています。

① 追悼特集「高倉健と生きた時代」
② 『乱』4K デジタル復元版 ジャパンプレミア

イベントタイトル:第28回東京国際映画祭
開催期間:10月22日(木)~10月31日(土)
会場:六本木ヒルズ(港区)、新宿バルト9、新宿ピカデリー、TOHOシネマズ 新宿 他
オフィシャルHP:http://www.tiff-jp.net

併設マーケット:TIFFCOM2015(Japan Content Showcase 2015) 10月20日(火)~10月22日(木)
チケット発売 :10月10日(土)よりticket boardにて発売開始!

********************************************************************


常盤貴子x田中美里x藤田朋子「向日葵の丘 1983年・夏」小さな映画館が舞台の物語


映画「向日葵の丘 1983年・夏

が、8月22日(土)から公開となります。

常盤貴子さんが主演。田中美里、藤田朋子の3人をメインに、
向日葵の丘それぞれの若き日の三人を400名を超えるオーディションで決定した芳根京子さん、藤井武美さん、百川晴香さんが好演。

さらに、津川雅彦さん、別所哲也さん、烏丸せつこさん、並樹史朗さんらベテランが脇を固めて、1983年の田舎町、小さな映画館を舞台とした涙なしには見れぬ感動の物語。

監督は大林宣彦さんの愛弟子である太田隆文さん。

USC(南カルフォルニア大学)映画科に学び、日本の美しい地方を舞台に古里映画を撮り続けていて、「親と子に伝える大切なこと」をテーマに、今回も涙と感動の物語を届けます。カンヌ映画祭のフィルムマーケット、アメリカのジャンパン・フィルム・フェスティバルLA等、毎回、映画祭や海外の国々で上映され、国境を超えた高い評価を受けている監督です。

東京で売れないシナリオライターをしている多香子(常盤貴子)の元に故郷で暮らす高校時代のクラスメートみどり(田中美里)から30年ぶりに連絡が届く。

「病気であと数か月の命」との内容に驚いた多香子はもう1人のクラスメート、アメリカ人と結婚したエリカ(藤田朋子)に相談するが、相手にされず。悩んだ末に30年ぶりの帰郷を決意する。高校時代に起きた悲しい出来事を今もひきずっており、一度も帰郷していなかった故郷に向かう多香子の胸を通り過ぎるのは、あの頃の思い出。

地元の名画座に3人で行き、ミュージカル映画を毎週観ていた。学校の帰りはいつも鯛焼き屋でおしゃべり。

片思いの先輩もいて懐かしさが蘇る。だが、30年ぶりに帰った故郷で待っていたのは「悲しい現実」と「別離」だった……。

向日葵の丘main
涙なしでは観られない感動の青春ストーリー。

映画「向日葵の丘 1983年・夏

8月22日(土)から公開です。

公式HP:http://himawarinooka.net/
公開劇場:http://himawarinooka.net/theater.html

********************************************************************

キャスト:
常盤貴子、田中美里、藤田朋子、芳根京子、藤井武美、百川晴香、並樹史朗、烏丸せつこ、別所哲也、津川雅彦

監督:太田隆文
製作総指揮:井上浩一
プロデュサー、編集:太田隆文
アソシエイトプロデューサー:小林良二
アシスタントプロデューサー:登山里紗 
プロダクションマネージャー:磯野好司

製作・IPSエンタテインメント 
配給協力:渋谷プロダクション
制作プロダクション:青空映画舎
©2015向日葵の丘


『起終点駅 ターミナル』東京国際映画祭のクロージング作品に決定


直木賞作家・桜木紫乃原作、佐藤浩市・本田翼初共演の映画

起終点駅 ターミナル

が10月22日(木)より開催される、第28回東京国際映画祭のクロージング作品に決定致しました!!

『起終点駅-ターミナル』ポスタービジュアル主人公は司法では罰せられない罪、誰にも裁いてもらうことのできない罪を抱えて生きる弁護士の鷲田完治。演じるのは佐藤浩市さん。

鷲田と出会い、救われ、新たな人生に希望を見出していくヒロイン・椎名敦子には、本田翼さん。

監督は『はつ恋』『深呼吸の必要』などみずみずしい感性で人間を描き続ける篠原哲雄さんです。

佐藤浩市さんからのコメント

佐藤浩市です。僕は10年前の2005年、東京国際映画祭で根岸吉太郎監督『雪に願うこと』という映画で主演男優賞を頂きました。ちょっと自分で言うのも口幅ったいですけれども(笑)。不思議なことに今回も『起終点駅 ターミナル』という映画の初日に現場に
入ったときに、本当に偶然なんですけれども、『雪に願うこと』の初日に現場で感じた、監督・スタッフ共に、この映画が何に向かっていくのか、というみんなの意識の高さを感じました。それと同じ匂い、空気感を今回の『起終点駅 ターミナル』で感じたんです。それが今回こういう形で東京国際映画祭のクロージング作品になったということが、僕にとっては本当に嬉しい驚きでいっぱいです。ありがとうございます。


本田翼さんからのコメント

『起終点駅 ターミナル』に出演した本田翼です。『起終点駅 ターミナル』を、第28回東京国際映画祭のラストを飾るクロージング作品に選んでいただき、本当に光栄です。この作品は、見終わった後に、少し幸せになれるようなあたたかい作品です。この秋お会いできることを楽しみにしています。


原作・桜木紫乃さんからのコメント

映画『起終点駅 ターミナル』が、東京国際映画祭クロージング作品との報告を受け、大変嬉しく、光栄に思っております。ひとつの物語が映画という新しい表現を得て、より広くみなさまに愛される作品となりましたこと、関わってくださったすべての方々に、心からお礼申し上げます。本作が、映画を愛するみなさまの、ちいさくともひとつの起点駅となりますように。そしてすべての映画が、時代を求め、時代に求められ、愛される世の中でありますように。東京国際映画祭の成功を祈っております。みなさま、ありがとうございます。

終着駅は始発駅―――それは人生も同じこと。
果ての街、釧路を舞台に、ふたつの人生が交叉する。運命を変えた出会いと別れ、21日間の切なくもあたたかな物語。
エンドロールが流れ始めたとき、あなたはきっと少しだけ幸せになる―――。

起終点駅 ターミナル

11月7日(土) 全国ロードショー



第28回東京国際映画祭 概要
開催期間:10月22日(木)~10月31日(土)
会場:六本木ヒルズ、新宿バルト9、新宿ピカデリー、TOHOシネマズ新宿 他        

オフィシャルHP:http://www.tiff-jp.net
チケット発売 :10月10日(土)よりticket boardにて発売開始!

********************************************************************


原作:桜木紫乃「起終点駅 ターミナル」(小学館刊)
脚本: 長谷川康夫
監督:篠原哲雄  
出演:佐藤浩市 本田翼 
中村獅童 和田正人 音尾琢真 泉谷しげる 尾野真千子
配給:東映
(C)2015桜木紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会