「映画情報」カテゴリーアーカイブ

上田慎一郎監督と愉快な俳優仲間たち!な舞台挨拶『カメラを止めるな!』初日


映画情報どっとこむ ralph 試写を観た映画系の記者仲間から、緻密な脚本と展開に絶賛の声が上がっている『カメラを止めるな!』。
本年度1,2を争う作品で、何度も観たくなると言う方もいるほど。

上田監督×無名の俳優達が放つスーパー娯楽作!が6月23日(土)公開となりました!!
そして、初日舞台挨拶には、監督含め12名が登壇。

更に、本作を観に来ていた笠井アナを見つけた、MCを担当が急遽泣きつき、無理やりMC交代!

場所:新宿K’s cinema
登壇:上田慎一郎監督、濱津隆之、真魚、しゅはまはるみ、長屋和彰、細井学、市原洋、山﨑俊太郎、大沢真一郎、竹原芳子、浅森咲希奈、吉田美紀
MC:フジテレビ笠井アナ

映画情報どっとこむ ralph MCの宣伝さんは、控え通路で始まる前から緊張すると話していましたが、会場でフジテレビの笠井アナが客席にいるのを見つけ、急きょMCをお願い。断るも、観客の拍手に押され・・・
笠井MC:初日おめでとうございます!まずいんですよ。飛び入りで強制で司会に!って書いてくださいよ!ゆうばりでお会いして。その後、軽部さんと一緒にやっている男おばさんにも出ていただいたので。お礼です。

と、言うことで急きょ笠井アナがMCに。

脚本は、数か月に渡るリハーサルを経て、俳優たちに当て書きで執筆。他に類を見ない構造と緻密な脚本、37分に渡るワンカット・ゾンビサバイバルをはじめ、挑戦に満ちた野心作となっている。しかも、役者の皆さんは長編映画ほとんど出たことがないのだそう。
濱津さん:雨の中お越しいただきありがとうございます。。沢山の方の応援でこの日を迎えることが出来ました。最初の吹っ切れた監督が大変でした。青子に自分を持っていくのは良い経験となりました!

と言う濱津さんは、普段は小劇場の俳優さんだそう。

真魚さん:監督の娘役。今日を迎えられてうれしいです。

と、監督曰く猫をかぶっているそう。


しゅはまさん:ポンやりました!こんなに多くの方たちに来ていただけて感激です!今日はずっと満席だそうで。もう1回見たい方はリピーター割もありますんで!

と、営業をかける強者の一面も。
さらにポンを実演。

長屋さん:いけ好かない俳優役です!僕は疑問があります・・・・ゾンビって斧使えます?疑問です。

この返しに、監督が本当にめんどくさい奴なんです!と紹介。

映画情報どっとこむ ralph 細井さん:酔っ払いカメラマンです!最初のはフグ雑炊です!

市原さん:37分ワンカット本当にコンタクトレンズが入らなくてテンパりながら演じました。顔出しパネルがロビーにあります。僕の部分が穴が開いてますので、是非顔を入れて写真をSNSにアップしてください!

山﨑さん:・・・・・・人をいじって笑わせる。監督です。傷つきました。でも愛があるんです。

大沢さん:愉快な仲間たちと、こうして舞台に立ててるのが嬉しいです。何度でも足を運んでください。

竹原さん:始まる前はどうなることかと思っていましたが。無事公開できました!前回の上映の時に世界に行けたらいいなと言ってたんですけど。本当に現実になったそうです!ありがとうございました!!!

本作はイタリアとドイツの映画祭に出品されたそうで、上田監督は現地に行かれていたと話しました。

浅森さん:今日上映後初の舞台挨拶凄いなと思っています。もともとワークショップから始まった作品が。知り合いでない方達にも広がっているのが嬉しいです!

吉田さん:ちょうど一年前に廃墟で撮影。体当たりで演じまして、実は取れたシーンは本当で。脳震盪になってました!

とのハプニングも、そのまま映像に収めているという監督さん。

映画情報どっとこむ ralph 上田監督:記念すべき初日の初回。去年の6月21日クランクインしました。半分ぐらい経験のない人たちとワークショップから初めて。選んだ基準はポンコツ。人間として不出来な、不器用な人をキャスティングしました!そういう映画が作りたくて。宣伝活動もみんなでやってきました!

37分一発撮りはテイク6まで。しかしながら、役者原因で止まったことはなく、技術的なものばかりだそうで。それだけ役者人は力を注いでいたと思われます。

最後に・・・
上田監督:今日から新たな一歩です。今日感染したかたは、他にも感染させてください!ゾンビになって(笑) 


最後の最後に・・・

上田監督:カメラを

客席:止めるな!!!
で、イベントを締めました。

映画情報どっとこむ ralph カメラを止めるな!

http://kametome.net/index.html
物語・・・
とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる!大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。
”37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイブムービー!”……を撮ったヤツらの話。

***********************************

監督・脚本・編集:上田慎一郎
出演:濱津隆之 真魚 しゅはまはるみ 長屋和彰 細井学 市原洋 山﨑俊太郎 大沢真一郎 竹原芳子 浅森咲希奈 吉田美紀 合田純奈 秋山ゆずき
撮影:曽根剛|録音:古茂田耕吉|助監督:中泉裕矢|特殊造形・メイク:下畑和秀|ヘアメイク:平林純子|制作:吉田幸之助|主題歌・メインテーマ:鈴木伸宏&伊藤翔磨|音楽:永井カイル|アソシエイトプロデューサー:児玉健太郎 牟田浩二|プロデューサー:市橋浩治
96分/16:9/2017年


椎名ひかり 井口昇監督との初演技トレーニングは!『少女ピカレスク』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 本日より公開となった『少女ピカレスク』の初日舞台挨拶が行われ、初主演を務めるヒカリ役・椎名ひかりさん、共演の日菜子役・長澤茉里奈さん、亜衣役・神門実里(ノーメイクス)さん、前田役・松永天馬さん、ユキエ役・上埜すみれ(ノーメイクス)さん、彩乃役・武田玲奈さん、そして井口昇監督が登壇しました。過激な発言(自主規制してます)はありつつも、とても和やかな舞台挨拶となりました。

本作は、「自撮り配信」を題材に、心の闇に飲み込まれるアイドルたちの物語を描く。

自撮り生配信でファンとの濃密なコミュニケーションを取りながら、トップアイドルになることを夢見る新人アイドル・ヒカリが狂気の世界に突き落とされる。

日付:6月23日
場所:シネマート新宿
登壇:椎名ひかり、長澤茉里奈、神門実里(ノーメイクス)、松永天馬、上埜すみれ(ノーメイクス)、武田玲奈、井口昇監督
SPゲスト:ちーちゃん

映画情報どっとこむ ralph 観終えたばかりの観客の前にキャストの皆さんと監督が登場!に歓声と拍手!

初主演を務めるヒカリ役・椎名ひかりさん、

共演の日菜子役・長澤茉里奈さん、

亜衣役・神門実里(ノーメイクス)さん、

前田役・松永天馬さん、

ユキエ役・上埜すみれ(ノーメイクス)さん、

彩乃役・武田玲奈さん、

そして井口昇監督

映画情報どっとこむ ralph 本作で初主演を務める椎名ひかりさんは
椎名さん:超絶バッドエンドでもあってハッピーエンドでもある物語。観る人の体調やその日の気分や情緒で感想が変わる作品。心が病んでる時に観たらとても好い映画に感じるかもしれない。幸せの時に観たらなんて酷い作品なんだと感じると思います。
と作品についての自分の見方をコメント。


共演の長澤さんは
長澤さん:パッと見はホラー作品のように見えますが、登場するアイドルたちのそれぞれのドラマが面白い。生き方や成長過程がSNS配信を通して描かれるところに注目して欲しい。

神門さん:合間で笑ってしまうくらいの暴力シーンがありますが、最後まで観るとうるっと来る作品、愛の深さが詰まっていて、とくに女性に観てほしいです。

とそれぞれ見どころを解説!

またアーヴァンギャルドのボーカルを務める松永さんは
松永さん:井口監督作品は大ファンで全部観ています。井口監督のどの作品も“乙女”なんですよ。監督自身が女の子になりきって撮影していると思います。“自撮り”をする今の女の子について寄り添っている作品です!

と絶賛。

上埜さん:女の子が美しい作品だと思います。スクリーンに映っている女の子が全員美しい。苦しんでいるのに綺麗だなって・・・・思いました。眼球を舐めるところとか。
と、独特の“拷問”シーンの中にある美しさを称えました。

武田さん:残酷でもあって切ないお話。私自身は自分のシーンに感情移入出来たと思います。

と語り、劇中で武田さんが涙を流すシーンについて

井口監督:あの涙は台本にはなく、本当に涙を流してくれたシーンなんです!

映画情報どっとこむ ralph 今回大きなスクリーンで観るのは初めてだった井口監督は、

井口監督:ラストシーン辺りは涙が出ましたね。いい映画だなと。椎名ひかりさんが初主演・初演技で、色々二人で演技トレーニングしましたね。
と演技指導について語り、

椎名さん:発作や気絶の演技トレーニングもしましたね(笑)

と初めての演技を真剣にトレーニングをして挑んだと明かしました!

舞台挨拶の途中、劇中に登場する新人アイドル・ヒカリのもう一人の人格“ちーちゃん”が突如舞台に登場、自撮りをしながらステージ上に暴れまわる姿に、場内が騒然とする一幕も。

映画情報どっとこむ ralph また撮影中のエピソードについて

井口監督:撮影中落ちないはずの照明が突然落ちたり、劇中ヒカリが配信しているときに後ろの壁にかけているものが堕ちるのも実はハプニングで、撮影は止めずにそのまま撮りました。

とから撮影中に起きた“怪奇”現象について語った。


最後に・・・・

井口監督:何度も見てもらえると見るたび変わると思います。2回3回と言わず10回観てもらえたら、きっと何か感じてもらえると思います。デートムービーとして向いているから何回も見てほしいです!

椎名さん:主題歌の『確認事項:しあわせとかについて』や本作もそうですが、辛いとか苦しいとか悲しいとか生きたくないとか、負の感情をめいっぱい集めて、無理やり開き直って、幸せすぎてもうしょうがない、という気持ちを唄っています。そんな気持ちをこの作品を通して感じてもらえたらと思います。

と最後に締めくくった。


『少女ピカレスク』

シネマート新宿ほか全国順次特別先行上映中!


物語・・・
トップアイドルになることを夢見る新人アイドル・ヒカリ。一人でも多くのファンに“自分”を届けるため、自撮り生配信で濃密なコミュニケーションをとる毎日を過ごしていた。
そんなある日、新曲のPV撮影をすることに。ダンサーとして参加していた新人アイドル日菜子と亜依の2人と親しくなり、撮影も順調に進んでいた。しかし、“ちーちゃん”と呼ばれる少女が収録現場に現れ、撮影中止せざるを得ない混乱を引き起こしてしまう。
「いつも、ちーちゃんは大事な時に邪魔してくるんだ」
生配信中に心情を吐露するヒカリ。そして、日菜子や亜依の近くでも不可解な出来事が起こり始める。
嫉妬、憎悪、憧れ。生配信を通して映し出される、少女たちの想いとは……。
***********************************

監督・脚本:井口昇
主演:椎名ひかり
長澤茉里奈 松永天馬 神門実里 上埜すみれ 武田玲奈(友情出演)
配給:東北新社
提供:ファミリー劇場

主題歌:椎名ぴかりん「確認事項:しあわせとかに」


上海国際映画祭 チケットは20秒で完売『万引き家族』 松岡茉優、城桧吏、是枝裕和監督登壇!


映画情報どっとこむ ralph 第71回カンヌ国際映画祭【コンペティション部門】にて最高賞<パルムドール>を受賞!興収20億円を突破!
是枝裕和監督『万引き家族』が、6月8日(金)より329館334スクリーンにて全国公開いたしました。

この度、6月16日(土)より開催されている第21回上海国際映画祭(開催:6/16(土)~6/25(月))にて、6月23日(土)に本作の公式上映が行われ、舞台挨拶に、松岡茉優さんと城桧吏くん、そして是枝裕和監督が登壇!

中華圏にも数多くファンがいる是枝監督の最新作だけに注目度もトップクラスのようで、なんと、上映チケットはわずか20秒で完売!

一般客だけでなく、中国の俳優や監督なども詰めかけ、1000席の会場は満席となりました!

『万引き家族』第21回上海国際映画祭舞台挨拶
日時:6月23日(土) 
場所:SFC Shanghai Film Art Center HALL1
登壇:松岡茉優、城桧吏(じょう・かいり/子役)、是枝裕和監督

映画情報どっとこむ ralph 開口一番に、

是枝監督:ニイハオ(笑)こんにちは。こんなに沢山のお客さんに集まっていただいて、自分の新作をここで観ていただけることを嬉しく思っています。
と挨拶。次に、

城くん:本日は、来てくださってありがとうございました!映画、面白かったですか?
との問いかけに!会場から「はいー!」と日本語でレスポンスが返ってくる一幕も!

続いて、中国でも多くのファンを持つ松岡さんの番になり

松岡さん:ニイハオ!

と中国で挨拶をすると、更に大きな歓声と拍手が!

松岡さん:本当にこんなに沢山の方にこの映画が届いて、本当に嬉しいです!今日は監督に聞きたいことを何でも聞いてください!

と挨拶をしました。

映画情報どっとこむ ralph その後、MCより<パルムドール>受賞したことで中国も含め、世界中で非常に注目を集めていることについて問われると

是枝監督:とても大きな賞で、日本国内でもニュースで取り上げていただけるような、新聞の一面に載るような事件になってしまったので、僕だけじゃなくて、桧吏くんも街を歩いていると、あ、あの映画の子だ、と気づかれるような状況になっています。でも、こういう形で映画館の外にどんどん広がっていくというのはとても良いことだと思っているので、すごく前向きに捉えていますし、僕自身は今回の受賞をきっかけにして、勿論この中国でもより多くの方たちにこの映画を届けられればいいなと思っていますし、次回作をつくることが少しスムーズにできるようになればと思っています。

とコメント。また、松岡さんは、中国の取材を受けた際に、自分が韓国で諧星(シェシン)=コメディスターと勘違いされていることを知ったそうで、観客に

松岡さん:私は女優です!ね、監督?!
と妙な誤解を晴らす場面もみられ、観客から笑いを誘いました。また、城くんが中国で火鍋を食べたことを明かすと歓声が起こるなど大盛り上がり!

次に、日中の映画における交流について問われると、

是枝監督:僕が映画を撮る前、大学生の頃に、チャン・イーモウ監督やチェン・カイコー監督の作品が日本で公開されて、すごいブームになって、アジアからすごく新しい作品が生まれるようになりました。その後に、僕自身、台湾のホウ・シャオシェン監督と先ほどの二人の監督を通して、自分が映画を撮りたいと強く思うようになって、更に撮り始めてからは、世代的には僕よりも少し下ですけれど、ジャ・ジャンクーという中国を代表する監督と出会いました。同じ時期に映画をつくり、映画祭をまわり、彼が日本に来たときには、一緒にご飯を食べてというそういう関係の中で、お互いに今、どんなものをつくるべきなのか、映画とどんな風に向き合うべきなのか、自分が生まれ育った土地と人々と社会とどんな風に向き合って、そこから映画のモチーフを見つけていくのか、などとても多くのことをジャ・ジャンクーから学んでいます。そういう同世代に優れた監督を持つということは同じ作り手として、財産ですし、そういう関係を日本と中国の監督たち、役者たちが深く深く、長く持てる関係がつくれたらいいなと思っています。

とコメント。

映画情報どっとこむ ralph そして、

是枝監督:ちょっと話がそれますが・・・・松岡茉優という女優はですね、お笑い芸人ではありませんけども(笑)、非常にコメディエンヌとしての才能が本当にずば抜けているので、僕は今回かなりシリアスな状況で彼女を撮らせてもらいましたけど、非常に幅広く役をできる女優さんだと思っていますので、是非中国でも彼女が観たいと思っています。

とアピールすると大きな拍手が起こりました。

また、作風について問われると、

是枝監督:あまり自分の作風というのを考えているわけではないんです。撮りたいなと思う作品に適した、一番相応しいカメラワーク、カメラアングルというのを探ろうという感じでしょうか。ずっと基本はそこなんだけどやはり、デビューしたときに比べると、今の方が、僕が選んだ役者をどう撮るか、その感情をどう撮るか、一枚の画をつくっていくというよりは、より人間に近いところに僕自身の気持ちとかカメラというのが、存在しているんじゃないかと思っています。そういう変化はあります。

とコメント。


映画情報どっとこむ ralph その後は、観客からのQ&Aを実施。

Q.今後一番やりたい役はなんですか?

松岡さん:是枝監督に~。また使ってもらえることです♡
と回答し、またもや笑いと拍手を誘い、次に、撮影での役作りについて問われると

松岡さん:撮影を通して、キャストの皆さんとぎゅうぎゅうな時間を過ごしていたら、本当の“家族“のようになっていったし、大女優の樹木希林さんの隣に座れるようにもなったし、本当にあの時間は”家族“そのものでした。でも、最近、桧吏が男の子になってきて、ちょっと触ると嫌がる…。

と寂しげな表情もみせました。


Q.どの役柄に一番時間をかけましたか?という質問に対し、

是枝監督:あんまり順番はつけられないんだよな…でも、ここにいるからいうわけではないけど、松岡さんの役は最初書いていたのとは全然違う役だったんですよ。松岡さんと会って、どうしてもこの子が撮りたいなと思って松岡さんを選んだわけですけど、希林さんに映画の中では詳細に描かれない役柄の背景の部分について多くご指摘を受け、希林さんはそういうところに対して、すごい鋭いので、そこが脚本として甘いんだなと思って、書き直していきました。そういった作業が、役者さんとの意見交換の中でできていくということが、監督にとってとても素晴らしい充実した作業なんですけど、今回はそれがとてもよかったと思います。

と明かしました。


時間があっとい間に過ぎ、惜しまれながらも終了した今回の舞台挨拶。観客からは「是枝監督の大ファンです。全てが素晴らしかったです。とても感動的で悲しかった。安藤サクラが素晴らしかった。」といった感想も上がるなど、上海でも確実に人々の心に届いたようで、大きな拍手が送られました!


万引き家族

絶賛公開中!!

公式サイト:gaga.ne.jp/manbiki-kazoku

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。

冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく──。

***********************************

出演:リリー・フランキー 安藤サクラ / 松岡茉優 池松壮亮 城桧吏 佐々木みゆ /緒形直人 森口瑤子 山田裕貴 片山萌美 ・ 柄本明
/ 高良健吾 池脇千鶴 ・ 樹木希林

原案・監督・脚本・編集:是枝裕和
音楽:細野晴臣(ビクターエンタテインメント)

配給:ギャガ
(C)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.  


香川京子 監督荒らしって言われてました!『小津4K 巨匠が見つめた7つの家族』舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 世界に誇る日本のの巨匠で、今もなお国内外で⾼い評価と⽀持を得ている小津安⼆郎。生誕115年にあたる今年、 4Kデジタル修復版特集上映「小津4K 巨匠が見つめた7つの家族」が、6⽉23⽇(土)より⾓川シネマ新宿にて始まりました。

これを記念しまして、5⽉のカンヌ国際映画祭にて4Kデジタル修復版でワールドプレミア上映された『東京物語』ご出演の芸能生活70周年となる今もなお、凛とした美しさと品格がある香川京子さんのトークショーが行われました
日時:2018 年6月23日
場所:角川シネマ新宿
登壇:香川京子(女優)、立花珠樹(共同通信社編集委員)

映画情報どっとこむ ralph 上映後の余韻冷めやらぬ中、香川京子さんが登場すると、満席の客席から割れんばかりの拍⼿!


4Kデジタル修復版を見て

香川さん:今はもうなくなってしまった尾道の⽡屋根がピカピカと輝いていて感激しました。

と言う香川さん。

香川さん:『東京物語』の尾道のシーンは実は2カットしか出ていないんです、あとは大船のセットで撮影しました。現場に⼊るとカメラが低い位置にどんと据えられていて、小津監督は自分の決めたフレームの中に⼈物や物をはめ込んでいくようでした。

と振り返る香川さん。

ただ、方言については厳しくて「ありがとう」のイントネーションも大変苦労したと語っていました。

映画情報どっとこむ ralph 香川さんの義理の叔父は映画プロデューサーの永島⼀朗さん。

香川さん:叔父さんに連れられて行った銀座の東興園でたまたま小津監督に挨拶することがありました。その後、撮影所の近くの料理屋で改めて小津監督と話しました。あれが面接だったんでしょうね。

と笑う香川さん。そこから『東京物語』への出演が決まって撮影中でも、監督さんとお話しする機会はなかなかなかったそうですが、ある日小津監督と話すチャンスが・・・

香川さん:照明の準備を待っている間だったでしょうか、小津監督が「僕は世間のことにはあまり関心がないんだよと」話していました。私自身が社会⼈の1⼈として世間のことをもっと知っていこうと自覚したところだったから、監督さんの言葉の意味がよく理解できないままになん十年か経って、小津監督の「人間を描けば社会のことは自然に出てくる」という言葉を知り、未だにとても印象に残っているんです。

と監督のことをしみじみと思い出していた。

オシャレと評される小津監督のファッションについて聞かれると、

香川さん:小津監督はいつも綺麗な真っ白なシャツを着こなしていた、明るい「白」のイメージが強いです。

と香川さん。原節子さんについては、

香川さん:『東京物語』に出演したのは小津映画で⾒るような女性とはまた違って「お酒も、特にビールがお好きだったようです。とっても明るい⽅で豪快に笑う元気で楽しい⽅だった。飾らない⼈でとても優しかった。

と振り返りました。また、原節子さんとは『東京物語』撮影時に旅館での部屋が隣だったようで、

香川さん:嬉しくて遊びに⾏かせてもらったりした。実は小津監督さんのことはそんなに知らなくて、原さんと共演できることが本当に嬉しかったんです。

と笑った。笠智衆さんについて聞かれると、

香川さん:特に芝居をしなかったとしてもそこにいてくれるだけで安定感と安⼼感を与える、すごい存在感のある人物でした。

と語る香川さん。そんな笠智衆さんは

香川さん:笠智衆さんは実は『東京物語』撮影当時、実は40代で70代の父親役を演じていた。すごいですね。背中に布団を⼊れて、腰が曲がった感じを出して、自分と5,6歳しか違わない杉村春子さん、山村聰さんと親子役を演じていたんです。妻役の東山千栄子さんは笠智衆さんより14歳年上、それで夫婦として演じていたんです。

と付け加え会場の驚きを誘った。

映画情報どっとこむ ralph 小津作品だけでなく、様々な監督(溝口監督、成瀬監督、黒澤監督等)作品に出演されてきた香川京子さん、そのことに触れると、

香川さん:私、監督荒らしって言われるんです!自分に自信もないし、「この役やらせてください!」ということも自ら言ったこともなくて、不安と緊張の連続で荒らした覚えなんかないのに、そう言われたことがあるんですよ(笑)

と会場を笑いに包んだ香川さん。自分が女優になるなんて思ってもなかったそうで

香川さん:これが自分の仕事です、と言えるものを探していたんです。未だに女優になりきれなくて、こんなでいいのかしらと思うんですよ・・・。

と茶目っ気たっぷりに話した。

香川さん:それでもこういう機会があればまた色々な場所でお話したいと思っています。映画はやっぱり大きなスクリーンで観て欲しいですね。

と締めくくった。


『小津4K 巨匠が見つめた7つの家族』

6月23日(土)より角川シネマ新宿ほか全国順次公開

***********************************



高杉真宙 宣伝さん泣かせな天然炸裂!『世界でいちばん長い写真』初日 舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph ベストセラー作家・誉田哲也による愛知県の学校で実際にあった出来事を基に描かれているハートフル青春小説を実写化した映画『世界でいちばん長い写真』が、本日6月23日(土)から全国公開となりました。

これを記念して、イオンシネマ シアタス調布にて初日舞台挨拶が行われ、高杉真宙さん、武田梨奈さん、水野勝さん、草野翔吾監督が登壇しました。


『世界でいちばん長い写真』初日舞台挨拶
日程:6月23日(土)
場所:イオンシネマ シアタス調布
登壇:高杉真宙、武田梨奈、水野勝、草野翔吾監督 
MC:八雲ふみね

映画情報どっとこむ ralph 全国31箇所にて初日となった「世界でいちばん長い写真」。

主演・高杉真宙、武田梨奈、水野勝、草野翔吾監督がイオンシネマ シアタス調布に登壇すると暖かな拍手が。

タイトルにちなみ忘れられない写真の思い出をきかれ

高杉さん:小学4年の頃、節分の日、実家で飼っている犬と一緒にとった写真です。犬に小さな鬼の御面をかぶせて写真を撮りましたが、可愛くて。

とニッコリ。

武田さん:今回の現場で写真をさくさん撮っていて、ツイッターにあげていました。この瞬間でしか撮れない写真ばかりで、リアルな青春の一枚となりました。

と語った。

水野さん:いつもはBOYS AND MENというグループで活動をしています。そのメンバーと武道館でリハーサルをした時に撮影した写真です。初めの頃は公園で練習していたので、武道館で公演ができて、みんなで夢を叶えてきたので、夢が叶った瞬間だったので、お気に入りの1枚です。グループ活動も青春を感じているので、この映画とリンクを感じます。

とグループのメンバーとの絆を話し、ほんわか舞台挨拶に。

映画情報どっとこむ ralph 主演の高杉さんとヒロインの武田さんの印象を聞かれ

監督:負けず嫌いだけど天然な二人が引っ張った現場でした。

と感謝を述べた。イベントの中盤、6月15日に誕生日を迎えた武田梨奈さんにむけて誕生日ケーキのサプライズプレゼントを企画していたものの、武田さんの様子に驚きがなく

武田さん:本当なら嬉しくてここで泣いているはずだったのですが、舞台挨拶が始まる前の打ち合わせで、見てはいけない台本をみてしまって・・・

と発すると、

水野さん:赤字で、“バースデーケーキがここで登場”と書かれている台本を、誰かさんがお配りしたんだよね。

とツッコミを入れ、すかさず

高杉さん:すみませんでした!

と平謝り。これには会場も笑いに包まれました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

お客様にむけての挨拶で、

監督:クライマックスの和太鼓シーンは、家でDVDで観ても伝わるものではなく、やっぱり劇場ならではのものだと思います。この映画の良さをわかってもらうには、映画館で観ていただくのが一番だと思います。お客様に観ていただいて映画は出来上がるものだと思うので、皆さんの感想が楽しみです宜しくお願いします!

と頭を下げ・・・

水野さん:僕たちは作り手として作品に取り込みますが、初日を迎え、これからはお客様とこの作品を共有できるようになりました。今日からがまたスタートだと思いますので、みんなで力を合わせて一人でも多くの方に観ていただきたいと思います。

と話し、

武田さん:ものすごいわかりやすい恋愛が描かれているわけでもなく、ものすごく主人公の男の子がいきいきとした楽しい姿を描いている作品ではないのですが、日常の中の小さなことが光ってみえる素敵な作品だと思っています。こんなに繊細で素晴らしい作品は、今の時代、日本映画でも少ないと思うので、今日、初日、1番目に観ていただいているお客様なので、告知ご協力お願いします。

とアピールした。

高杉さん:この映画は、去年の8月に撮影させていただいて、自分の2週間が一瞬だったなあという記憶です。そこで高校生活を過ごしたような濃い撮影期間でした。派手な青春ではないのですが、宏伸の青春の中では派手で、その一瞬をたくさん詰め込むことができて、素敵なきらめきをしていると思うので、たくさんの人に観ていただきたと思います!

とイベントを締めました。


世界でいちばん長い写真

6月23日(土)~シネ・リーブル池袋・イオンシネマ全国順次ロードショー

公式サイト:
sekachou.com
ツイッター:
https://twitter.com/nagai_shashin
#世界でいちばん長い

***********************************

高杉真宙
武田梨奈
松本穂香  水野 勝
前原 滉  田村杏太郎  黒崎レイナ  森田望智  前原瑞樹
吉沢 悠   小松政夫

原作:誉田哲也「世界でいちばん長い写真」(光文社文庫刊)
監督・脚本・編集:草野翔吾
主題歌:「真夏のグライダー」Lily’s Blow(Being,Inc / Honey Bee Records)
音楽:加藤久貴 撮影:相馬大輔 照明:佐藤浩太 録音:齋藤泰陽 美術:吉田 敬 装飾:髙桑道明
衣装:塩野谷由美 ヘアメイク:永野あゆみ 助監督:杉岡知哉 制作主任:谷川詩織

キャスティング:安生泰子 ラインプロデューサー:和田紳助
プロデューサー:古川為茂 木俣 誠 福嶋更一郎 柴原祐一
アソシエイトプロデューサー:太田雅人 平井信一 渋谷昌彦
協賛:知多メディアスネットワーク株式会社 株式会社ビーイング 株式会社ハルブランド
撮影協力:日本福祉大学付属高等学校 ほか
配給・宣伝:スターキャット/キャンター  製作プロダクション:ダブ
製作:スターキャット キングレコード メ~テレ 光文社 イオンエンターテイメント ダブ キャンター
©2018 映画「世界でいちばん長い写真」製作委員会