「映画情報」カテゴリーアーカイブ

トム・クランシー死去 そして ジャック・ライアン 新シリーズ公開日決定


10月1日(アメリカ、現地時間)に逝去した世界的ベストセラー作家
トム・クランシー

66歳。早すぎます。 お悔やみを申し上げます。

そんな彼の最大のヒット小説“ジャック・ライアン”シリーズの最新作。リブート作品として現代を舞台に、全く新たに描かれるジャック・ライアン捜査官の誕生から活躍を描く、

『エージェント:ライアン』(原題:JACK RYAN:SHADOW RECRUIT)

が2014年2月14日(金)に先行公開、15日(土)全国公開が発表になりました。

gggggg
ジャック・ライアン”シリーズの最新作『エージェント:ライアン』

 “ジャック・ライアン”シリーズは、トム・クランシーが1984年に生み出した全世界で累計約1億冊に及ぶ大ベストセラー作品で、映画化もこれまで『レッド・オクトーバーを追え!』(90)、『パトリオット・ゲーム』(92)、『今そこにある危機』(94)、『トータル・フィアーズ』(02)と4作品が製作され、世界中で大ヒットを記録している人気シリーズ。

歴代の“ジャック・ライアン”にはハリソン・フォード、ベン・アフレックらが演じており、今回4代目となる“ジャック・ライアン”には『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(2013年)で主演し、世界中で大ブレイクしたクリス・パインが決定しています。

そして“ジャック・ライアン”シリーズの生誕30周年となる来年に公開される最新作『エージェント:ライアン』は、経済アナリストからCIAエージェントにリクルートされたスパイ経験ゼロの主人公ジャック・ライアンが、天才的情報分析力で巨大な謎を<解析>し、ポスト9・11の全く新しい世界規模のテロに挑むリアルなサスペンス・アクション。

監督は『ヘンリー五世』などアカデミー賞®ノミネートほか数々の映画賞を受賞するケネス・ブラナー。主演にクリス・パイン。

さらに、ジャック・ライアンの謎めいたフィアンセにキーラ・ナイトレイ、ライアンをリクルートするCIAの上官役にケヴィン・コスナーが演じます。またブラナーが、世界を恐怖に落とし入れる敵役としてロシアの富豪を演じています。

『エージェント:ライアン』
2014年2月14日(金)先行公開・15日(土)全国公開です!

今からメッチャ楽しみです。
********************************************************************

『エージェント:ライアン』
原題:JACK RYAN : SHADOW RECRUIT
監督:ケネス・ブラナー
出演:クリス・パイン、キーラ・ナイトレイ、ケヴィン・コスナー、ケネス・ブラナー


『凶悪』興収1億円突破!新作が公開も!


現在、全国79館で絶賛公開中の『凶悪』が、10/1に公開から11日間で興行収入1億円を突破いたしました。大作邦画の公開が相次ぐ中、堅調な興行を維持。

公開から11日間で、興行収入1億円突破!
9月21日(土)から10月1日(火)までの11日間で

【興行収入合計】107, 012,700円

映画『凶悪』ポスターメイン館の新宿ピカデリーでは、20代から30代のカップルの比率が高く、今後も順調な推移が期待されます。

【 白石和彌監督コメント 】
これほど多くの方が見てくださったことに、驚きと嬉しい気持ちとで一杯です。映画を作る過程で、本当に見てくれる方がいるのかと不安になることもありましたが、お客さんを信じて良かった。今まで感じたことのない感情を発見してもらえたら嬉しいです。

釜山国際映画祭へ正式出品、決定!
10/3から開催される第18回釜山国際映画祭ミッドナイト・パッション部門に出品されます。公式上映は、現地時間10/6(日)13:00ー@LOTTE CINEMA9 白石監督も登壇予定です。

さらに、本作の白石和彌監督が、撮り下ろしたショートムービーが、本日10/4に日本テレビ「未来シアター」(23:30から)にて、オンエアされます。

監督が、完成させたのは、日本テレビ「未来シアター」(毎週金曜日23:30から放送)の企画として撮影されたショートムービー。本番組は”一曲一人生”をコンセプトに、様々な分野で活躍する「革新者」たちを追ったドキュメントを紹介する内容で、10月4日放送回で、映画監督・白石和彌が紹介されます。

さらに、今回、白石監督は番組からの依頼で、未来を支える若者たちへのメッセージを伝えるオリジナルムービーの製作を依頼され、提案された楽曲とコンセプトを元に、オリジナルのショートムービーを撮りおろしました。番組としても番組がはじまって以来の初の試みです。

そして、このショートムービーには、映画『凶悪』の製作スタッフも協力。さらに同作で酒をのまされて殺される第三の容疑者・牛場を演じ、陰の立役者として、共演したピエール瀧やリリー・フランキーに絶賛された <ジジ・ぶぅ>も出演しています。過去のおもしろすぎる経歴からも注目を浴びる<ジジ・ぶぅ>は、ホームレスを経て、猫ひろしの付き人や白川和子とのお笑いコンビでM-1出演(予選1回戦敗退)するなど、現在、WAHAHA本舗に所属する56才の芸人。この<ジジ・ぶぅ>が『凶悪』とは全く別の顔(オカマバーのママ!?)を見せていることにもご注目ください。
日本テレビ「未来シアター」は、10/4(金)23:30から放送
映画『凶悪』は、大ヒット公開中!!です。

観る映画に困ったら是非是非 映画館へ!

注)映像もかなりエグイですし、人間性もかき乱される作品です。心の弱い方はお気を付けて。

公式HP:http://www.kyouaku.com/
********************************************************************


■出演:山田孝之 ピエール瀧 池脇千鶴 リリー・フランキー
■原作:新潮45編集部編『凶悪 -ある死刑囚の告発-』(新潮文庫刊)
■監督:白石和彌 脚本:高橋泉、白石和彌
■企画協力:新潮社
■配給・宣伝:日活 
(C)2013「凶悪」製作委員会


CNBLUEドキュメンタリー映画公開決定!


cc
ドキュメンタリー映画『The Story of CNBLUE/NEVER STOP』公開決定!
デビューシングル10万枚売上を記録、2013年には韓国のバンドとして初のワールドツアーを敢行、ROCK IN JAPAN FES 2013やSUMMER SONIC 2013などの日本のロックフェスにも出演する韓国出身実力派4ピースバンド「CNBLUE」。

彼らにとって初のドキュメンタリー映画

『The Story of CNBLUE/NEVER STOP』

が、2014年1月17日(金)より全国公開することが決定し、10月2日(水)に開催されたニューアルバム「What’s turns you on?」リリース記念プレミアム・イベントにてメンバーからファンに向けて発表されました。

本作はデビュー以前、日本での音楽修行の話やワールドツアー、韓国・ソウルの寮生活の模様、自分たちの過去と現在、未来への熱き想いをぶつける姿を捉えたボーダレス・ドキュメンタリーです。

What’s turns you on?」リリース記念プレミアム・イベント
「What’s turns you on?」リリース記念プレミアム・イベント
左から、イ・ジョンシン、イ・ジョンヒョン、ジョン・ヨンファ、カン・ミンヒョク

●MC:今日はサプライズ発表があるんですよね?

ヨンファ:
ぼくたちのはじめてのドキュメンタリー映画が来年1月17日に公開します。

最初のワールドツアー、ゼップ、サマソニにも一緒に行って、撮影とインタビューと僕らのプライベート、僕たちの全部が入っています。


●MC:インタビューも応えているんですよね?

ジョンヒョン:
ロングインタビューもやりました。

はじめは長いなあと思ったんですけど、もう終わると思った時にはさみしかったです。

●MC:ひとつの集大成のような作品になっているんじゃないでしょうか。

ヨンファ:
僕たちのすべてが写っています。

僕たちの韓国の家にもカメラが入ってそうとうやばい映像です(笑)。

●MC:昨日もライブをやったんですよね。

ミンヒョク:
はい。
昨日、僕たちが日本で初めてライブをやったライブハウス・渋谷サイクロンでやった150人限定のシークレットライブの映像も入っています。

●MC:そのライブの模様も楽しみですし、ワールドツアーにもずっとついて行って、オフのメンバーも映っているんですよね。

ヨンファ:
ワールドツアーにも同行しているんですが、これは本当におもしろいです。
これが本当の自分たちなので。

●MC:映画のなかで、ジョンシンが何かを披露しているって?

ジョンシン:
僕たちの家に撮影が入った日がちょうど僕が料理当番だったので。

料理シーンがみられますよ。

メンバー:
そこ使わない!カット!カット!(笑)

ジョンシン:
でもほんと僕たちの本当のプライベートな部分が写っているのでこわいです。

●MC:ミンヒョクはどうでした?深刻な話をしているところも入ってるんだよね?

ミンヒョク:
ライブ前の緊張している姿やライブ後のほっとした様子など切り替えやいろんな顔ががみれると思います。

ひとつ気になっているのは、リハーサルのとき、僕がちょっと機嫌が悪い時にカメラが回っていたのでつい「撮らないで」って言っちゃったんだけどそこも使われてるのか心配です…。

メンバー:
100%使ってる!絶対使うよ!(笑)

『The Story of CNBLUE/NEVER STOP』     
2014年1月17日(金)より全国公開です!

公式HP:cnblue-movie.jp  
Twitter:@cnblue_movie  
Facebook:facebook.com/cnbluemovie

配給:東宝映像事業部
©2013「NEVER STOP」製作委員会

それから11月1日のさいたまスーパーアリーナ公演を皮切りに全国5会場8公演のアリーナツアーが決定!
→詳細は公式HP(http://cnblue-official.jp)NEWSをご参照下さい。


********************************************************************


Introduction
彼らはまだ走り出したにすぎない… 

2009年6月?青い空の向こうの国、韓国から東京に4人の若者が降り立った。目的は多様なバンド文化が進んでいる日本での音楽武者修行だった。毎日のように楽器とアンプを引っ張り路上に立っては、わずかな観客を前に熱唱し、小さなライブハウスを駆け回わった音楽漬けの日々。?果たして自分たちの音楽は受け入れられるのか? そんな不安を抱えつつも、彼らは必死で自らが信じる音楽を追求し続けた。「いい音を届けたい」??ただその信念を胸に、正真正銘のロックバンドへ覚醒し始めているCNBLUE。

2013年、韓国出身のバンドとして初のワールドツアーをスタート。シドニー、メルボルン、シンガポール、北京、上海、広州、香港、台北、マニラ、クアラルンプールなどで世界中の音楽ファンを虜にする。日本国内でもROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013、SUMMER SONIC 2013というアジア最大級の夏フェスに初参戦し、世界の名だたるアーティストの仲間入りを果たした。そして今なお、「ライブで勝負していきたい」という原点である言葉通り、「音」で聴く側を魅了し続けている。

本作はCNBLUEの全てを綴ったボーダーレス・ドキュメンタリー!世界各地の貴重なワールドツアーの映像や、カメラが初めて入ったソウルの合宿所、ヨンファの寝室など、プライベートにも完全密着。さらにCNBLUEの出発点である渋谷のライブハウスでのシークレットライブに同行。インディーズ時代の音楽仲間を前に、自分たちの過去と現在、未来への熱き想いをぶつける4人の姿を、カメラが捉える…!

監督は、韓国出身のドキュメンタリー映像作家、田容承(ジョン・ヨンスン)。日本で20年に渡り、NHKスペシャルや情熱大陸などの作品を手掛け、数々の賞を受賞。対象となる人物に真摯に向き合う独特の目線によって、CNBLUEの素顔がどのように描かれるのか…。


CNBLUE(シーエヌブルー)プロフィール
ジョン・ヨンファ(ギターヴォーカル)、イ・ジョンヒョン(ギターヴォーカル)、カン・ミンヒョク(ドラムス)、イ・ジョンシン(ベース)の韓国出身ツインギター&ボーカルバンド。CNBLUEの名前の由来は「CODE NAME BLUE」。

『The Story of CNBLUE/NEVER STOP』     
2014年1月17日(金)より全国公開!
配給:東宝映像事業部
©2013「NEVER STOP」製作委員会

出演:CNBLUE/ジョン・ヨンファ、イ・ジョンヒョン、カン・ミンヒョク、イ・ジョンシン
監督:田容承  

【RELEASE】
LIVE DVD & Blu-ray「Zepp Tour 2013 ~Lady~ @Zepp Tokyo」
10月2日(水) Release 通常盤 WPBL-90255 / ¥4,830 (tax in)


秋元才加 主演決定『奴隷区 僕と23人の奴隷』


奴隷区
今回、小説投稿プラットフォーム「E★エブリスタ」にて話題となり、その後、小説化、コミック化され、3巻の累計77万部を超える話題作の実写映画化が決定!

全員、奴隷。殺されるより恐い、絶対逃げられない。
『奴隷区 僕と23人の奴隷』

主演には、AKB48卒業後初主演映画となる秋元才加さんと数々の映画やドラマに出演する本郷奏多さんに決定いたしました。

奴隷への服従や凌辱なシーンあり狂気×残虐×エロスのソリッドシチュエーションスリラーです。

原作は小説・コミック投稿・販売プラットフォーム「E★エブリスタ」(http://estar.jp)にて 1660万アクセス、サイト内で超話題のミステリーとなった、小説クリエイター岡田伸一による「僕と 23人の奴隷」。

きゃりーぱみゅぱみゅが自身のツイッターで「今日は面白そうな漫画も買ったよ」とアップしたり、ファッションモデルのてんちむ、お笑い芸人の NONSTYLE井上裕介らも自身のブログ、ツイッターで漫画を紹介し話題に。その残酷な設定と狂気に満ちた登場人物達だけでなく、奴隷を増やすための壮絶な騙し合い、心理戦や頭脳戦、予測不能な展開も見所の1つとなってます。

ある日世の中は狂い始めた。

「奴隷にするか」「奴隷として服従するか」さもなくば死を選ぶか―。極限状況に追い込まれた中、<1人+23人の奴隷>による狂喜乱舞な世界が幕を明ける。

監督は『殺し屋1』の脚本や、『東京ゾンビ』監督の佐藤佐吉。

そして今回、秋元才加×本郷奏多がダブル主演ですが、その他、鳥居みゆき、斉藤洋介、大沢ひかる、山田裕貴、久保田悠来、かもめんたるらが個性豊かなキャラクターたちを演じます。

<コメント>
秋元才加

「奴隷」という言葉は、日常的にはあまり身近な言葉ではないと思いますが、この映画を観たら、きっと自分の中での何かが湧き上がってくるのではないかと思います。ぜひ楽しみにしてください。

本郷奏多
タイトルのインパクトが強いのですが、この映画のテーマは、エイアとユウガの関係性だったり、ころころと変わっていく主従関係が面白かったり、色々な個性豊かなキャラクターが出て来たりと、誰にでも楽しんでもらえる作品になっていますので、ぜひ楽しみにしててください。

佐藤佐吉監督
世間から道を外れた者同士が戦っている、しかし、その人達の強い想いが実は世間を動かしている、映画監督として、共感する部分が多くありました。この映画では、登場人物たちがどんどん暗闇の中に落ちていく、しかしその中でも、輝く光を持ち続けることができるのか。というところを描きたいと思いました。

『奴隷区 僕と23人の奴隷』
公開は2014年全国公開です!

公式サイト:doreiku-movie.com
©2013映画「奴隷区/僕と23人の奴隷」製作委員会


********************************************************************

「奴隷区 僕と23人の奴隷」
【監督】佐藤佐吉
【脚本】佐藤佐吉/伊藤秀裕
【原作】岡田伸一「僕と 23人の奴隷」(双葉社刊)
【出演】秋元才加、本郷奏多/大沢ひかる、山田裕貴、久保田悠来、かもめんたる/鳥居みゆき、斎藤洋介
【制作】エクセレントフィルムズ/ギアズ
【配給】ティ・ジョイ
【公式サイト】doreiku-movie.com
©2013映画「奴隷区/僕と23人の奴隷」製作委員会


東京国際映画祭 寺島しのぶ審査委員就任会見


寺島しのぶatTIFF
第26回東京国際映画祭(以下TIFF)の開催を16日後に控えた昨日。

コンペティション国際審査委員を務める寺島しのぶさんをゲストに招き、FCCJ(日本外国特派員協会)主催により記者会見が行われました。

会見には世界各国より95名の記者が詰め掛け、寺島さんによるTIFFとのつながりや国際審査委員への意気込みなど興味深いお話で会見はスタート。寺島さんはTIFFへの強い期待感を海外へアピールしました。

第26回東京国際映画祭ディレクター・ジェネラル
椎名保

「今期よりディレクター・ジェネラルをつとめさせていただきます。コンペティション部門国際審査委員の寺島しのぶさんとここに立てて嬉しく存じます。日本の『おもてなし』を持って歓迎します。」

寺島さんを始め、素晴らしいコンペティション国際審査委員が5名決まりました。映画上映以外も楽しめる映画祭として土日に様々なイベントを開催します。

第26回東京国際映画祭コンペティション国際審査委員女優
寺島しのぶ

「『ヴァイブレータ』がコンペティション部門に選ばれ、主演女優賞を受賞したのが、私にとってのはじめての賞でした。とてもゆかりのある映画祭で、まさか審査員を務められるとは思っていませんでした。

同じく審査委員を務めるムン・ソリさんにお会いできるのを楽しみにしています。
スタッフの一員として参加させていただくので、頑張らなければいけないと思っています。東京や日本をあげて、カンヌやベルリンやヴェネチアに負けない、この映画祭に来たかったと思われるような、わくわくするような映画祭になるよう願っています。」

海外メディアからは、「どのような基準で審査するのか」など、多くの質問が寄せられ、アジア最大級の映画祭としてTIFFに注目している熱さを感じさせる会見となりました!

Q)これからの目標はありますか
A)寺島:女優の仕事は待つ仕事なので、いい作品に出会えることを待っています。

Q)審査員としてどのような基準で審査しますか。
A)寺島:人が人をジャッジするので、好き嫌いや人それぞれの感覚がありますが、私は自分の目で見たピュアな感想で、5人の審査委員と議論を交わしたいです。

Q)海外の映画祭での思い出は。
A)寺島:銀熊賞を受賞したベルリン映画祭と言いたいところですが、フランスのドーヴィル映画祭で『男と女』のなかで出てきた海岸を歩いた時に大変感動しました。

Q)人生を変えた映画はありますか。
A)寺島:子供の頃に観た『E.T.』です。暗いところで何が始まるのか、これだけ引き込まれる空間はいったいなんだろうと思いました。40歳になった今でもその感覚を覚えているのでとても強い印象が残ったのだと思います。

Q)映画祭の目的として、芸術面と商業面のどちらを重視しているのか
A)椎名:映画は観てもらって初めて価値が出てきます。芸術性の強い作品は、映画祭で批判されたり、観客が入らないこともあるかもしれないが、それをバネにして成長してもらいたい。それに映画祭を利用してもらいたいです。

Q)例年よりも日本映画が多いがそのようになった経緯は。
A) 椎名:世界に日本映画を発信したいです。東京国際映画祭を通じて若い作り手たちが成長して映画祭に戻ってきてほしいと思っています。海外的には日本といえばアニメなので、アニメをきっかけに日本にきていただきたい。そして日本映画を観てもらって、日本文化を知ってもらいたい。そうした思いもあって、「日本映画スプラッシュ」と部門名をリニューアルしました。日本の新しい才能が海外に羽ばたいていくという意味が「スプラッシュ」という言葉には込められています。

TIFF2013会見後には寺島さんを囲んでのカクテルパーティーや、第16回東京国際映画祭にて寺島さんが優秀主演女優賞を受賞された作品『ヴァイブレータ』(03・廣木隆一監督)の上映も行われました。

第26回東京国際映画祭(TIFF)は10/17(木)~10/25(金)に開催されます。

■第26回東京国際映画祭
■開催期間:10月17日(木)~10月25日(金)9日間
■会場:六本木ヒルズ(港区)ほか…………
■チケット発売:10/5(土)からticket boardにて発売!
http://tickebo.jp/1310-tiff/
■公式HP:http://tiff.yahoo.co.jp/2013/
■併設マーケット:TIFFCOM2013 10月22日(火)~24日(木)http://www.tiffcom.jp


********************************************************************