「DVD・BD・サントラリリース」カテゴリーアーカイブ

円谷プロ『ウルトラQ』Episode 16「ガラモンの逆襲」Blu-ray&DVDセット予約受付開始


映画情報どっとこむ ralph この度、円谷プロダクションは、『ULTRAMAN ARCHIVES』プロジェクトの第2弾作品として、“ULTRAMAN ARCHIVES『ウルトラQ』Episode 16「ガラモンの逆襲」”のBlu-ray&DVDセットを、2019年5月22日(水)に発売します。

なお、2019年2月15日(金)より全国のDVD取扱店にて予約受付が開始されました。


歴代作品の新たな魅力を伝えていく『LTRAMAN ARCHIVES』プロジェクトの第2弾!

国産初の本格的な特撮テレビドラマとして、怪獣ブームを巻き起こした「ウルトラマンシリーズ」の原点である『ウルトラQ』より、厳選したエピソード「ガラモンの逆襲」をHDリマスターモノクロ版と、2011年にカラーライズされた『総天然色ウルトラQ』を収録しています。

また、関係者自身が語る『ウルトラQ』の誕生秘話、日本初の本格特撮テレビドラマの黎明期エピソード・第2回をお届けです。

映画情報どっとこむ ralph 【ULTRAMAN ARCHIVES『ウルトラ Q』 Episode 16「ガラモンの逆襲」Blu-ray&DVD 商品概要】

Blu-ray:BD25G
【本編】25 分/COLOR・MONO/4:3<1080p High Definition>/リニア PCM(ステレオ・モノラル)
【Premium Talk】 (予)40 分/COLOR/16:9<1080i High Definition>/リニア PCM(ステレオ) DVD:片面 1 層
【本編】25 分/COLOR・MONO/MPEG-2/ドルビーデジタル(ステレオ・モノラル)
【Premium Talk】 (予)40 分/COLOR/MPEG-2/ドルビーデジタル(ステレオ)



【「Premium Talk」出演者】 栫井 巍(プロデューサー) 宍倉徳子(スクリプター) 佐川和夫(特撮班撮影助手) 西條康彦(俳優) 倉方茂雄(機電)
三池敏夫(特撮美術・特技監督) 石井岳龍(映画監督) 椹木野衣(美術評論家)ほか

■発売日:2019 年 5 月 22 日(水)
■予約受付開始日:2019 年 2 月 15 日(金)
※一部店舗では予約受付開始日が異なる場合がございます。
■価格:4,800 円(税別)
■品番:PCXE-50886
■発売元:円谷プロダクション
■販売元:ポニーキャニオン
■収録内容:本編(カラー・モノクロ)およびプレミアムトーク
■仕様:Blu-ray&DVD セット商品 ※Blu-ray と DVD には同一内容を収録致します。
※商品の仕様に関しましては、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。


【『ウルトラ Q』Episode 16「ガラモンの逆襲」】 ■あらすじ “ガラモン事件”の隕石が保管されている研究所に、不気味な男が近づく…。謎の機械を操り隕石を盗み出した男は、ト ラックに乗り込み移動を始める。時同じくして、無数のガラダマが東京めがけて落下。中から隕石怪獣ガラモンが出現し た!

■スタッフ 脚本:金城哲夫 監督:飯島敏宏 特技監督:的場 徹

■キャスト 佐原健二、西條康彦、桜井浩子 ほか

■ULTRAMAN ARCHIVES 特設サイト:
https://m-78.jp/ultraman-archives/

【各店舗オリジナル特典情報】 ■2/16(土)イオンシネマ板橋『ULTRAMAN ARCHIVES』Premium Theater 上映会会場予約限定: 尾上克郎(特撮監督)&三池敏夫(特撮美術・特技監督)サイン入り A4 ビジュアルシート ※数に限りがございますので予めご了承ください。 ■WonderGOO/新星堂:オリジナル B2 ポスター ■Amazon.co.jp:L 判ビジュアルシート 4 枚セット ■ポニーキャニオンショッピングクラブ:オリジナルステッカー
※各画像はイメージです。実際の特典と異なる場合がございます。
©円谷プロ

***********************************



木竜麻生x東出昌大x寛 一 郎でおくる瀬々敬久監督『菊とギロチン』ブルーレイ・DVDで発売決定!


映画情報どっとこむ ralph 巨匠・瀬々敬久監督が構想期間30年を経てついに完成させた入魂の傑作青春群像劇『菊とギロチン』、ブルーレイ・DVDで発売決定!

『ヘヴンズ ストーリー』から8年、巨匠・瀬々敬久が「女相撲」「ギロチン社」をテーマに構想に30年を費やし、自身のオリジナル企画第2弾としてついに完成させた青春群像映画の新たなる傑作『菊とギロチン』が、ブルーレイ・DVDで2019年4月26日(金)に発売になることが決定しました。

本作の舞台は大正末期、関東大震災直後。
混沌とした社会情勢の中、急速に不寛容な社会へとむかう時代に、かつて実際に日本全国で興行されていた「女相撲」の一座と、実在したアナキスト・グループ「ギロチン社」の青年たちが出会う。

立場の違う彼らの願いは「自由な世界に生きること」だった。次第に心を通わせていく彼らは、同じ夢を見て、それぞれの闘いに挑んで行く…というストーリーになっている。出演陣には、フレッシュな面々と実力派のキャストが一挙集結。

ヒロインの新人力士・花菊役には、約300名の応募者の中から選ばれ、本作が映画初主演となった木竜麻生。

昨年末に公開された野尻克己監督作『鈴木家の嘘』のヒロインにも抜擢されるなど、今後も大いに活躍が期待される新人だ。そして「ギロチン社」のリーダーで、実在した詩人の中濱鐵(中浜哲)を演じるのは、数々の映画・ドラマで大活躍中の東出昌大。
もう一人の「ギロチン社」の中心メンバーである古田大次郎役は、俳優・佐藤浩市を父に持つ寛 一 郎が演じている。

本作が演技初挑戦ながらも迫真の演技で魅せている。中濱と心を通じ合わせる女力士の十勝川役には、『誰も知らない』『ピストルオペラ』など国内外で高い評価を受ける演技派の韓英恵。さらに渋川清彦、山中崇、井浦新らといった、今の日本映画界になくてはならない個性派俳優陣が集結した、大変豪華な布陣となっている。

スタッフにも日本映画界を支える実力派たちが集結。瀬々敬久監督と共に脚本を手がけたのは、『バンコクナイツ』などで知られる映像制作集団「空族」の相澤虎之助。そして黒澤明の『羅生門』や溝口健二作品を手掛けてきた、映画界の至宝であり御年91歳の馬場正男が、本作の美術監修を務めている。

映画情報どっとこむ ralph 劇場公開時には映画レビューサイトFilmarksで初日満足度1位を獲得するなど大きな話題となり、また本日2月5日に発表された「第92回キネマ旬報ベスト・テン」では、日本映画第2位を始め木竜麻生と寛 一 郎がそれぞれ新人女優賞、新人男優賞を受賞、さらに日本映画監督賞(瀬々敬久)、日本映画脚本賞(相澤虎之助、瀬々敬久)をそれぞれ受賞するなど、さらなる大反響を呼んでいる。

発売になるブルーレイとDVDには、メイキングを始めとする充実の特典映像が収録されたボーナスDISCが付属する予定になっている。さらに瀬々敬久監督による新規書き下ろし短編小説を掲載したブックレットや、特製アウターケース、ステッカー等も付属する予定になっており、ファンにとってはまさに永久保存版となる一本だ。

映画情報どっとこむ ralph 『菊とギロチン』

【ストーリー】
大正末期、関東大震災直後の日本には、不穏な空気が漂っていた。軍部が権力を強めるなか、これまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。
ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちの他にも、元遊女の十勝川(韓英恵)や、家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まったこの一座には、新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もあった。彼女は貧しい農家の嫁であったが、夫の暴力に耐えかねて家出し、女相撲に加わっていたのだ。
「強くなりたい。自分の力で生きてみたい」と願う花菊は、周囲の人々から奇異の目で見られながらも、厳しい稽古を重ねていく。いよいよ興行の日。観戦席には、妙な若者たちの顔ぶれがあった。彼らは「格差のない平等な社会」を標榜するアナキスト・グループ「ギロチン社」の面々で、思想家の大杉栄が殺されたことに憤慨し、復讐を画策すべく、この土地に流れ着いていた。「ギロチン社」中心メンバーの中濱鐵(東出昌大)と古田大次郎(寛 一 郎)は、女力士たちの戦いぶりに魅せられて、彼女たちと行動を共にするようになる。
「差別のない世界で自由に生きたい」――その純粋な願いは、性別や年齢を越えて、彼らを強く結びつけていく。次第に中濱と十勝川、古田と花菊は惹かれあっていくが、厳しい現実が容赦なく彼らの前に立ちはだかる。


【キャスト&スタッフ】
〈出演〉
木竜麻生 東出昌大 寛 一 郎 韓英恵
渋川清彦 山中崇 井浦新 大西信満 嘉門洋子 大西礼芳 山田真歩
嶋田久作 菅田俊 宇野祥平 嶺豪一 篠原篤 川瀬陽太

〈ナレーション〉永瀬正敏
〈監督〉瀬々敬久
〈脚本〉相澤虎之助・瀬々敬久

【商品情報】
菊とギロチン 2019年4月26日(金)発売

<Blu-ray>
品番:PCXE-50881 価格:¥6,200+税 収録時間:本編189分+特典映像
仕様・封入特典(※予定になります):
■特典DVD付き2枚組 ■特製アウターケース ■特製ステッカー ■解説ブックレット<瀬々敬久監督 新規書き下ろし短編小説『菊とギロチン』アナザーストーリー他 収録予定>
特典映像(※予定になります):
■メイキング ■ヒット祈願(回向院) ■初日舞台挨拶 ■予告編・特報
<DVD>
品番:PCBE-56067 価格:¥5,200+税 収録時間:本189分+特典映像
仕様・封入特典、特典映像は:Blu-rayと同じ

発売元:トランスフォーマー
販売元:ポニーキャニオン
(C)2018 「菊とギロチン」合同製作舎
***********************************



北川景子、田中圭、中田秀夫監督からコメント到着!『スマホを落としただけなのに』ブルーレイ・DVDで発売決定!


映画情報どっとこむ ralph 全スマホユーザー必見! 劇場大ヒットを記録した北川景子主演のSNSミステリー映画『スマホを落としただけなのに』ブルーレイ・DVDで発売決定!


今や日本の総人口を超える台数のスマートフォン=スマホが存在する現在。2018年11月に公開された、彼氏がスマホを落としたことに端を発する驚愕の物語を描いた映画『スマホを落としただけなのに』は、そんなスマホ世代に強烈なインパクトをもって迎えられ、4週連続邦画興行収入第1位、7週連続トップ10入り、最終興収は19.4億円を突破( 2月1日現在 興行通信社調べ )するなどまさに大ヒットを記録した。

全スマホユーザー必見の映画『スマホを落としただけなのに』が、このたびブルーレイ・DVDとなって、2019年4月17日(水)に発売されることが決定した。
無名の新人作家・志賀晃のデビュー作となった同名小説を、主演に北川景子を迎え『リング』の中田秀夫監督の手により映画化した本作。北川演じる主人公を囲む男性陣には千葉雄大、原田泰造、成田凌、そして田中圭といった豪華キャストが登場している。発売されるセル商品はブルーレイ、DVDそれぞれの通常版に加えて、ブルーレイ豪華版を用意。こちらは本編ブルーレイと特典DVDがセットになった2枚組仕様で、本編ブルーレイには音声特典「北川景子×中田秀夫監督によるオーディオコメンタリー」と、映像特典「中田監督解説付き「カットしただけなのに」本編未公開映像」が収録され(ブルーレイ通常版にも収録)、さらに特典DVDにはメイキングや王様のブランチ潜入取材(北川景子&田中圭インタビュー)などたっぷりの映像特典とともに、ポルカドットスティングレイが手掛けた本作主題歌「ヒミツ」MVの特別ヴァージョン「「ヒミツ」MV(スマホとポルカがコラボしただけなのにVer.)」も収録されている。全36ページに及ぶスマホ型ブックレットも封入されており、本作に恐怖しつつもハマってしまった方はぜひブルーレイ豪華版をチェックしていただきたい。

映画情報どっとこむ ralph ブルーレイ・DVD発売を記念して北川景子、田中圭、中田秀夫監督からコメントが到着!
【北川景子さん】
私はある大きな秘密を抱えたキャラクターを演じました。
一度何も知らずにご覧いただき、秘密を知った上で二度目をご覧いただくと、さらに楽しめると思います。
今作で中田監督、田中圭さんと初めてご一緒させていただきました。
監督はとてもロジカルに演出される方で、計算された細かな表情の演出なども、とても新鮮でした。
言葉で説明してわかりやすく演出していただいたことで、過去に秘密を抱えた複雑な役でしたが、混乱せず撮影できたと思います。
田中さんとは初共演で恋人役でしたが、現場を引っ張ってくださりとても頼もしい先輩でした。
プロモーションでもたくさんご一緒して、楽しかったです。
みんなで一生懸命プロモーションをして、たくさんの方にこの作品が届いてとても嬉しいです。
こんなに見ていただけることは撮影前は想像できませんでした。
映画をご覧下さった皆様、本当にありがとうございました。
コメンタリーも収録されていますので、制作の裏側の撮影秘話もぜひお聞きください!

【田中圭さん】
「スマホを落としただけなのに」DVD /ブルーレイが発売になります。
現実にあったらおっかないお話ですが、実際無いとも言いきれない恐怖だと思います。
登場人物それぞれのヒミツがあるので、それを知った上でもう一度ご覧いただければ更に楽しめると思いますし、
一見頼りなさそうな富田ですが、実は頼もしいというところも分かっていただけるかと。
個人的にはこの作品はハッピーエンドのラブストーリーだと思っているので、あさみんと富田の本編後の幸せを今
でも願っていますし、作品もいい形で大ヒットしてくれたので思い入れの深い作品になりました!
皆さんに何度でも楽しんでいただきたい作品です。何度も繰り返して見てください!!
ありがとうございました!!


【中田秀夫監督】
本作は多くの方にご覧いただき, 私も何度か劇場に観に行き、犯人が分かった瞬間に悲鳴が上がったり、
とても緊張している場面なのに、スマホの中のバカリズムさんのアイコンで大きな笑いが起きたりと、
作り手冥利に尽きました。
また、「怖面白い」という評価が多く、とても嬉しかったです。監督として目指したテイストがまさにそこだったからです。
DVD,ブルーレィでは、各場面に込めた我々の「絵作り」「音の仕掛け」「俳優さんの生っぽい演技、表情」を
臨場感たっぷりにお楽しみいただけると思います。
映画情報どっとこむ ralph 【商品情報】
スマホを落としただけなのに 2019年4月17日(水)発売 ブルーレイ・DVDレンタル同日開始

Blu-ray豪華版 PCXE.50883 / ¥6,800+税 / 本編BD+特典DVD
Blu-ray通常版 PCXE.50884 /¥4,800+税 / 本編BD
DVD通常版 PCBE.56086 / ¥3,500+税 / 本編DVD

【ブルーレイ豪華版 外装・封入特典】
アウターケース付デジパック仕様
スマホ型ブックレット(36P)封入

★本編DISC(※本編ディスクはブルーレイ通常版と共通です)

【音声特典】北川景子×中田監督によるオーディオコメンタリー
【特典映像】中田監督解説付き「カットしただけなのに」本編未公開映像

★特典DISC

【特典映像】
・メイキング
・イベント映像集(完成披露試写会/初日舞台挨拶/大ヒット御礼舞台挨拶)
・王様のブランチ潜入取材(北川景子&田中圭インタビュー)
・予告編集(特報・予告)
・TVスポット集(落としたら大変編・全員容疑者編)
・映画主題歌「ヒミツ」MV (スマホとポルカがコラボしただけなのにVer.)
※内容・仕様等は予告なく変更になる場合がございます。
※本編Blu-rayは通常版と共通になります。

発売元:TBSテレビ 販売元:ポニーキャニオン
(C)2018映画『スマホを落としただけなのに』製作委員会

映画情報どっとこむ ralph スマホを落としただけなのに

公式サイト:
http://www.sumaho-otoshita.jp/


【STORY】
私の全てが壊されていく―――。
ただ、スマホを落としただけなのに・・・。
彼氏の富田(田中圭)に電話をかけた麻美(北川景子)は、スマホから聞こえてくる聞き覚えのない男の声に言葉を失った。たまたま落ちていたスマホを拾ったという男から、富田のスマホが無事に戻ってきて安堵した麻美だったが、その日を境に不可解な出来事が起こるようになる。身に覚えのないクレジットカードの請求や、SNSで繋がっているだけの男からのネットストーキング。落としたスマホから個人情報が流出したのか?ネットセキュリティ会社に勤める浦野(成田凌)に、スマホの安全対策を設定してもらい安心していた麻美だったが、その晩、何者かにアカウントを乗っ取られ、誰にも見られたくなかった写真がSNSにアップされてしまう。時を同じくして、人里離れた山の中で次々と若い女性の遺体が見つかり、事件を担当する刑事・加賀谷(千葉雄大)は、犯人が長い黒髪の女性ばかりを狙っていたことに気が付く。スマホを拾ったのは誰だったのか。連続殺人事件の真犯人はいったい誰なのか。そして明らかになる“奪われた麻美の秘密”とは?

***********************************

【キャスト / スタッフ】
北川景子
千葉雄大 / バカリズム 要潤 高橋メアリージュン 酒井健太(アルコ&ピース) 筧 美和子 原田泰造
成田凌 / 田中圭


主題歌:ポルカドットスティングレイ「ヒミツ」(UNIVERSAL SIGMA)
企画プロデュース:平野隆『64-ロクヨンー』 監督:中田秀夫『リング』 脚本:大石哲也『デスノート』
原作:志賀晃「スマホを落としただけなのに」(宝島社文庫) 音楽:大間々昴 兼松衆


プロデューサー:刀根鉄太 下田淳行 辻本珠子 共同プロデューサー:星野秀樹 水木雄太 ラインプロデューサー:及川義幸
撮影:月永雄太 照明:藤井勇 美術:磯見俊裕 塚本周作 録音:室薗剛 編集:青野直子 装飾:平井浩一
衣装:宮本茉莉 ヘアメイク:外丸愛 VFXスーパーバイザー:立石勝 スクリプター:吉田久美子 助監督:佐伯竜一 制作担当:高瀬大樹 松下博昭
製作:映画『スマホを落としただけなのに』製作委員会 制作プロダクション:ツインズジャパン
配給:東宝
(C)2018映画『スマホを落としただけなのに』製作委員会


主演・岡田准一 “美しい時代劇” 映画『散り椿』Blu-ray&DVDリリース決定


映画情報どっとこむ ralph 監督・撮影 木村大作×主演・岡田准一が贈る“美しい時代劇” 映画『散り椿』待望のBlu-ray&DVDリリース決定しました!

監督・撮影の木村大作(『剱岳 点の記』)が、映画人生 60 年目の節目の年に挑んだのは、初の時代劇。

主演に岡田准一を迎え、共演には西島秀俊、黒木華、池松壮亮、麻生久美子ら 日本を代表する豪華俳優陣が集結。

日本映画に新たな歴史を刻む“美しい時代劇”が誕生!!

第42回 日本アカデミー賞 7 部門で受賞!
特典ディスクには、蔵出しメイキング映像に加え、貴重な主要キャストインタビュー・イベント映像などを 180 分以上収録!

■第 42 回 日本アカデミー賞 7 部門で受賞! (優秀主演男優賞/優秀助演男優賞/優秀音楽賞/優秀撮影賞/優秀照明賞 /優秀美術賞/新人俳優賞) 木村監督による映像美×主演・岡田准一らによる 斬新な殺陣×心に沁みる繊細な物語で贈る、“美しい時代劇”! 平成が終わる時代の節目に、“美しい時代劇”を創り上げるべく、日本映画界を代表す るスタッフ・キャストが集結!巨匠・黒澤明監督の現場を知る、監督・撮影の木村大作 ×脚本の小泉堯史のタッグと、主演・岡田准一をはじめとする豪華俳優陣による、新し い時代劇が鮮烈な感動を呼ぶ!

■映像特典は、180 分を超える大ボリューム! 特製の三方背ケースに、ディスク 2 枚を収めた豪華仕様! 蔵出しメイキング映像、主要キャストオフィシャルインタビューに加え、公開前特番や イベント映像も網羅!

■満足度 91.5%! ファン待望の Blu-ray&DVD が遂に発売決定!! 9 月 28 日(金)に全国 343 スクリーンで公開初日を迎えた映画『散り椿』。興行収入 8 億 円のスマッシュヒットを記録!公開後のアンケート(WEB アンケート)によると、映画の満足 度は91.5%!男女比がほぼ半々と、バランスの良い動員に。年代別では 40代以上が 8 割以上と、映画好きのミドル・シニア層にしっかりアピール!!

■アクションに定評のある、岡田准一×西島秀俊が時代劇で共演! 『SP』でド迫力のアクションシーンを演じてみせた岡田准一と、『CRISIS 公安機動捜査 隊特捜班』で圧巻のアクションを披露した西島秀俊による、殺陣シーンは必見!岡田 は、自ら動きを考案するなど、そのアクションセンスを如何なく発揮!

■先着ご予約・ご購入で、特製クリアファイル(A4)をプレゼント!!
先着で対象商品をご予約・ご購入いただくと、商品 1 個につき特製クリアファイル(A4)1 枚がついてきます。
※対象商品:『散り椿』 Blu-ray(2 枚組)・DVD(2 枚組) ※数量に限りがございます。
※一部取扱いの無い店舗もございます。

散り椿 Blu-ray
(特典 Blu-ray 付 2枚組)
TBR29064D
¥5,700 +税

散り椿 DVD
(特典 DVD 付 2枚組)
TDV29065D
¥4,700 +税


映画情報どっとこむ ralph 【ストーリー】
享保 15 年。かつて藩の不正を訴えたが認められず、故郷・扇野藩を出た瓜生新兵衛(岡田准一)は、 連れ添い続けた妻・篠(麻生久美子)が病に倒れた折、彼女から最後の願いを託される。

「采女様を助けていただきたいのです……」と。

采女(西島秀俊)とは、平山道場・四天王の一人で新兵衛にとって良き友であったが、 二人には新兵衛の離郷に関わる大きな因縁があったのだ。 篠の願いと藩の不正事件の真相を突き止めようと、故郷・扇野藩に戻った新兵衛。 篠の妹・坂下里美(黒木華)と弟・藤吾(池松壮亮)は、戻ってきた新兵衛の真意に戸惑いながらも、 凛とした彼の生き様にいつしか惹かれていくのだった。
散り椿が咲き誇る春―― ある確証を得た新兵衛は、采女と対峙することになる。 そこで過去の不正事件の真相と、切なくも愛に溢れた妻の本当の想いを知ることになるのだった……。 しかし、その裏では大きな力が新兵衛に迫っていた――。

***********************************

キャスト
岡田准一 西島秀俊 黒木 華 池松壮亮 麻生久美子 緒方直人 新井浩文 柳楽優弥 芳根京子 駿河太郎 渡辺 大 石橋蓮司 富司純子 奥田瑛二

スタッフ
原作:葉室 麟『散り椿』(角川文庫刊)
監督・撮影:木村大作
脚本:小泉堯史
音楽:加古 隆
© 2018 「散り椿」製作委員会 発売・販売元:東宝


川谷絵音、押切蓮介、佐倉綾音らも推薦する映画『少女邂逅』のBlu-ray&DVDが本日発売!!


映画情報どっとこむ ralph 2018年6月の公開以降、新宿武蔵野館で異例の9週間のロングランの他、香港、上海、バルセロナの海外映画祭にも正式出品された映画『少女邂逅』のBlu-ray&DVDが本日1月16日(水)に発売となりました!


発売を記念し、藍にいな(イラストレーター)、押切蓮介(漫画家)、川谷絵音(アーティスト)、日下部克喜(山形国際ドキュメンタリー映画祭 事務局長)、ケニック(ケニックカレー)、佐倉綾音(声優)、嶌村吉祥丸(写真家)、長谷川圭佑(写真家)の8名による推薦コメントが寄せられました。

◆藍にいな/イラストレーター
この映画で描かれる少女達はあまりに脆くて、その脆さをどう守ったら良いのか分からないまま棘をまとってみたり、殻にこもってみたりして、狭い不自由な世界の中でどうにか息をしている。そんな姿は世の中じゃあ「思春期」とか一言でまとめられて、時には嘲笑までされるが、私にはそんな少女達の姿こそ輝いて見えた。脆いからこそ優しくて、脆いからこそ人を傷つけて、不器用な彼女達は上手く立ち回る方法なんて知らぬままとにかく生きていく。きっと、少女達は誰一人悪くない。ならば、誰が悪いのだろう?人は誰だって子供であったはずで、誰だって「大人に傷つけられたくない」という感情を持ったことがあるはずだ。その子供は、いつから子供を傷つける大人に変わるのだろう?この映画を見て、私自身がその「大人側」に変わりつつあったことに気付かされた。私達はいつの間に、あの鮮やかな感情を忘れてしまうんだろう。また忘れてしまいそうになった時、もう一度この映画を見たい。

◆押切蓮介/漫画家
糞めんどくせえ女子高生の描写に動悸が激しくなりました。
その不器用さ、繊細さ、理不尽さにすっかりやられてしまい、なかなかへこたれております。
自分が男子で良かったと思うくらい追い詰められました。
それととにかく痛い。この映画にぶっさされた思いです。
人を幸せには出来ない映画だと思いますが、こうも心を刺されるということは何か凄い映画だったんだなと感じます。

◆川谷絵音/アーティスト
僕が10代だったらこの映画を観てどんな影響を受けたのだろう。わからない。青春ってどこか危うげで、でも僕はそれをあたかも平穏なように過ごしたから、少女2人が羨ましくなりました。30歳の僕はもう逃げられないから、この映画をもう一度見てあたかも逃げた気になろうと思います。

◆日下部克喜/山形国際ドキュメンタリー映画祭 事務局長
ミユリとツムギが交わし合う視線や息づかい、2人の存在そのものに、強烈な生々しさがあった。
それは枝優花監督の情念が呼び込んでしまったドキュメンタリー性のようなものかもしれない。
この哀しくも妖しい物語は、観る者を異世界へ誘う危険性さえ宿している。
だがそれ故に2人の少女が醸し出すこの濃密な空間、そのほんの些細な一瞬一瞬の中に「永遠」を見、その神々しさに平伏してしまうのだ。

◆ケニック/ケニックカレー
今回このような機会をいただきありがとうございます。本作を知ったきっかけはアルバイトの女優の子に枝監督を紹介いただいたことですが、その後別の友人繋がりでモトーラさんにも御来店いただいたり、DVDも友人が勤める会社から発売されるということで、縁について考えさせられましたし、本作を身近にも感じておりました。
物語の分岐点となる場面について、個人的には”とある選択”について納得出来なかった部分もありますが、観る人の年齢や、性別や、その時の感情や、何度観たかによっても、捉え方は違うんじゃないか、自分の思う正解が必ずしもそうではないのではないかと次第に思うようになりました。

「素晴らしい服・デザインとは、作り手が解釈を受け手に100%押し付けるものよりも、個々に自由に解釈できる余地を残しているものだ。」と、かつて私が好きなファッションデザイナーが語った言葉があるのですが、正にこの作品にも通じる話で、個々に自由に解釈する余地がある、それはつまり素晴らしい作品である証拠だと思うのです。
むしろ、見終わった後に、一緒に見た人たちとあれこれ話すことこそ、醍醐味なのかなと思いました。

◆佐倉綾音/声優
生々しく、耽美で、目の離せない邂逅だった。
目を離した隙に、女の子たちのまっすぐな狂気が、次の瞬間なにをするのかわからなくて。
自分がかつてこういう生き物だったかと考えると反吐がでそうになるし、こういう生き方を通らなかったかと考えると惜しくもある。
「知らないことはいくらだって悪く見える」という言葉が作品内で出てきたが、『少女邂逅』の世界を知った私たちは、この先どう生きていけばいい。

◆嶌村吉祥丸/写真家
他者のほとんどが家族と学校の友達だった頃、毎日をただ不器用に生きていた時間はとても貴重で、脆くて、美しかったのかもしれません。狂気的でもあり生々しい人間関係と、蚕というメタファーを通して改めて人間としての生き方について考えさせられました。映画という枠組みにとらわれずに、映像や写真を摘み取る枝優花監督の普段見ている景色を見てみたくなりました。

◆長谷川圭佑/写真家
どこにでもある教室という世界の明と暗、どちらにピントを合わせるかで写るモノは大きく変わりますが、
暗部に当てられたピントが徐々に甘くなっていく様が少女という存在の曖昧さを表しているようでした。
教室という狭い箱の中で生きる少女、「世界はもっと広いよ」という言葉。枝監督から少女達へのメッセージのように聞こえました。

映画情報どっとこむ ralph 先日開催された第28回TAMA映画祭でも特集上映が組まれるなど、注目を集める枝優花が監督を務めた本作は、いじめをきっかけに声が出なくなった少女と、そこから救い出してくれたある少女との出会いを描いた物語。国内外の映画祭でインディーズ映画ながら異例の好評価を受け、映画×音楽の祭典<MOOSIC LAB 2017>で観客賞受賞、インディーズ映画としては異例の香港国際映画祭、上海国際映画祭正式出品など多くの話題を集めた。

本日発売されるBlu-rayは【監督・枝優花 完全監修パッケージ仕様】と題し、特製アウターケースや撮影中写真をたっぷり使用したフォトブックが付属、また映像特典として撮影中のメイキング映像も収録予定と、ファン必携の仕様となっている。


『少女邂逅』
2019年1月16日(水)
Blu-ray&DVDリリース



<Blu-ray【監督・枝優花 完全監修パッケージ仕様】>
価格:\5,800+税 /枚数:Blu-ray1枚組 /品番:PCXP.50618
<DVD>
価格:\3,800+税 /DVD1枚組 /品番:PCBP.53868

<収録時間>
本編約101分+映像特典
※映像特典はBlu-rayのみ

<Blu-ray限定特典>
・仕様:アウターケース
・封入特典:特製52Pフォトブック
・映像特典:メイキング
※DVD商品には上記特典は付属・収録されず本編ディスクのみとなります。

映画『少女邂逅』公式サイト
http://kaikogirl.com/

【ストーリー】
いじめをきっかけに声が出なくなった小原ミユリ(保紫萌香)。
自己主張もできず、周囲にSOSを発信するためのリストカットをする勇気もない。
そんなミユリの唯一の友達は、山の中で拾った蚕。ミユリは蚕に「紬(ツムギ)」と名付け、こっそり大切に飼っていた。
「君は、私が困っていたら助けてくれるよね、ツムギ」この窮屈で息が詰まるような現実から、いつか誰かがやってきて救い出してくれる――とミユリはいつも願っていた。
ある日、いじめっ子の清水に蚕の存在がバレ、捨てられてしまう。唯一の友達を失ったミユリは絶望する。
その次の日、ミユリの通う学校に「富田紬」という少女(モトーラ世理奈)が転校してくるーーー。

【スタッフ】 
監督・脚本:枝優花
主題歌・劇中歌:転校生(EASEL LLC)

【キャスト】
保紫萌香(現・穂志もえか)
モトーラ世理奈
松浦祐也
松澤匠 ほか

発売・販売元:ポニーキャニオン
(C)2017「少女邂逅」フィルムパートナーズ

映画情報どっとこむ ralph 過去記事:

枝優花 監督感涙!保紫萌香、モトーラ世理奈登壇『少女邂逅』初日舞台挨拶
http://eigajoho.com/115699



***********************************