「舞台挨拶・記者会見」カテゴリーアーカイブ

空ヲ知ル『長月祭』に『ぶどうのなみだ』の大泉洋がサプライズ


9月27日(土)に「空ヲ知ル『長月祭』」が北海道・三笠市にある「山﨑ワイナリー」で開催されました。

これは、芸術の秋・味覚の秋である9月=長月に、北海道の素晴らしさを思いっきり味わい尽してもらうイベントです。

で、なぜここでこのイベントを紹介するかと言うと!

映画『ぶどうのなみだ』(10月4日北海道先行公開、10月11日全国ロードショー)に出演の安藤裕子さんのステージに主役の大泉洋さんがサプライズで現れたから!

大泉洋
空ヲ知ル『長月祭』
– art & music & food in sorachi -Produced by きゅうすプロジェクト


日時:2014年9月27日(土) 
開場:9:00 開演11:00 終演18:00
会場:山﨑ワイナリー 野外特設ステージ
    (北海道三笠市達布791-22)
出演:安藤裕子 ・くもゆき(おおはた雄一と福岡晃子fromチャットモンチー)・ハナレグミ・chima ・山木将平・レキシ・成山内 (from sleepy.ab)

空ヲ知ル「長月祭」イベントレポート

当日は天候にも恵まれ、「空ヲ知ル(=空知)」というイベントタイトルそのままに青く高い空と緑に囲まれた会場には、北海道内外から1,000名のお客様が来場。
長月祭@山﨑ワイナリー2
ワイナリー敷地内には、地元である北海道・空知産の食材を用いた料理をはじめ、「山﨑ワイナリー」のワインが楽しめるコーナーがあり、初秋の自然の美しさを生かした心地よい空間で、ぶどう畑の中でワインを傾けながら野外ライブを楽しみました!

野外ライブ「長月祭」には、安藤裕子 ・くもゆき(おおはた雄一と福岡晃子fromチャットモンチー)・ハナレグミ・chima ・山木将平・レキシ・成山内 (from sleepy.ab) の全7組のアーティストが出演。

レキシ面白いんですよね! いなさく定住! いなHO!
くもゆき・ハナレグミ・安藤裕子・レキシ
くもゆき・ハナレグミ・安藤裕子・レキシ


地元・北海道のイベントに、大泉洋がサプライズで登場!

北海道・空知を舞台にした映画『ぶどうのなみだ』(10月4日北海道先行公開、10月11日全国ロードショー)に出演する安藤裕子のステージに、同映画で共演する大泉洋がサプライズで登場。「夏の終りのハーモニー」をデュエットで披露し、会場を沸かせました。

レキシのステージでは、アンコールでハナレグミ・安藤裕子・くもゆきがステージに登場し、「林檎殺人事件」を全員で披露。総スタンディングで会場内が一体となったエンディングとなりました。
ステージラスト
********************************************************************


『ぶどうのなみだ』
10月4日北海道先行公開、10月11日全国ロードショー

物語
北海道・空知。
父親が残した葡萄の樹と小麦畑のそばで、兄のアオはワインをつくり、ひとまわり年の離れた弟のロクは小麦を育てている。アオは“黒いダイヤ”と呼ばれる葡萄ピノ・ノワールの醸造に励んでいるが、なかなか理想のワインはできない。

そんなある日、キャンピングカーに乗ったひとりの旅人が、突然ふたりの目の前に現れた。エリカと名乗る不思議な輝きを放つ彼女は、アオとロクの静かな生活に、新しい風を吹き込んでいく・・・。

出演:大泉洋 安藤裕子 染谷将太 
田口トモロヲ 前野朋 りりィ きたろう
大杉漣・江波杏子
監督・脚本:三島有紀子『しあわせのパン』 
音楽:安川午朗  
(C)2014『ぶどうのなみだ』製作委員会


美少女の涙。中条あやみ号泣『劇場版 零~ゼロ~』舞台挨拶


『劇場版 零~ゼロ~』の公開を記念して、都内劇場にて舞台挨拶が行われ、主演の中条あやみ、森川葵をはじめ、その他キャスト、中越典子、美保純等豪華キャスト登壇の舞台挨拶が行われました。

安里監督から中条さんへ卒業証書授与のサプライズが行われ、中条さんの眼からは思わず涙がこぼれるなど、涙あり、笑いありの舞台挨拶となりました。

『劇場版-零~ゼロ~』舞台挨拶
『劇場版 零~ゼロ~』舞台挨拶 概要

日時:9月27日(土)
場所:TOHOシネマズ 渋谷
登壇者:中条あやみ、森川葵、小島藤子、美山加恋、山谷花純、浅香航大、中越典子、美保純、安里麻里監督、JAMOSA(主題歌アーティスト)

豪華キャストが登壇すると、鑑賞したばかりのお客さまから盛大な拍手が!

MC:初日の感想から

中条あやみさん:映画どうでしたか?(大拍手)ありがとうございます。たくさんの方に観ていただけて本当に光栄と思います。
中条あやみ『零』公開記念舞台挨拶
森川葵さん:今年の冬に撮っていたんですけど、夏を超えて時間が過ぎるのは速いなと思います。こうして公開を迎えることができて本当に嬉しいです。ありがとうございます。
森川葵『零』公開記念舞台挨拶
小島藤子さん:今日は劇場にお越しいただきありがとうございます。みんなで頑張って作った作品です。楽しんで観ていただけたなら良かったなと思います。
小島藤子『零』公開記念舞台挨拶
美山加恋さん:自分初のホラー作品が、このような素敵な作品にかかわることができてうれしいです。皆さんたくさん宣伝お願いします!
美山加恋『零』公開記念舞台挨拶
山谷花純さん:実は昨日、この劇場のL-16番の席でお客さんとして鑑賞しました。今日ステージ。皆さんの前で立っているのが不思議です。
山谷花純『零』公開記念舞台挨拶
浅香航大さん:男は一人ですが、会場は男性が多いようで嬉しくなりました。
浅香航大『零』公開記念舞台挨拶
中越典子さん:本日はありがとうございます。
中越典子『零』公開記念舞台挨拶
美保純さん:(学園長)初位の高い役をやらせていただきました。ありがとうございます。
美保純『零』公開記念舞台挨拶
安里麻里監督さん:本日はお越しいただきありがとうございます。この作品は寒い時期に撮影で、川に流されてみたり、溺れてみたり。撮影的には苦しいことも多かったのですが素敵なスタッフ、キャストに支えられてこうして無事完成してお届けできたこと嬉しく思っています。感動してます。
安里麻里監督『零』公開記念舞台挨拶
JAMOSAさん:金髪で・・どこに出てたかと・・最後に流れていた主題歌を担当させていただきました。
JAMOSA『零』公開記念舞台挨拶
MC:撮影を振り返って思い出など
中条あやみ『零』公開記念舞台挨拶2
中条さん:INしたのが雪が積もっていて、夜、薄いパジャマで雨降る山の中を葵ちゃんと2人で歩いて、すごく寒かったんですよ。大丈夫かなこの映画っていう出だしで始まったんです。

MC:寒くてセリフ噛みそうでは?

中条さん:私は呪いを解いて 位しか言うことなかったので・・

森川さん: 私は喋るシーンが多かったので、ろれつが回らなくて大変でした。寒かったね。。。他に想い出のシーンは、あやと2人が多くて、衣装のパジャマのままインドカレー食べに行きました。思い出のシーンではないですけどね。

小島さん:私は水回りの撮影が少なくて、寒かったちゃ~寒かったんですけど。みんなは水につけられたり、ひきづられたり。なので、あまり寒いとか弱音は吐けなかったです。それから生徒の中では一番お姉さんだったのでみんなを引っ張らなきゃと思ったんですけど・・引っ張ってもらいました。結局。

中条さん:初めて会ったときは私より年下だと思いました。でも現場に入ったら頼もしいお姉さんでした。

劇場版-零~ゼロ~3美山さん:私、一番水回り多い役で。池にはまったり、すっごいゆっくり川に流れたり、山の中で本当にキンキンでびっくりしました。痛かったです。(リアル)

山谷さん:私も緑生い茂る川の中でのシーンがあって。依然、安里監督とご一緒した「リアル鬼ごっこ3」でも死ぬんじゃないかと思うほど寒くて。でも今回は水に顔をつけられ、寒すぎてあっさりその上を行きました。心臓止まりそうでした。

監督:すみません。毎度毎度寒い思いさせてしまって。でも次もうんと寒い役をね。

MC:中越さんと美保さんは独特の役どころでコスプレでしたが。

中越さん:私は甘ロリで、私の趣味とは違うんですが。恥ずかしくて。でもすべてつけたら。スイッチはいちゃって。美少女たちと一緒が幸せでした。

監督:完全にキャラに入って女優になってました。

美保さん:だんだん年も取ってきて丹波哲郎さんみたいな、ちょっと出てくる。みたいなポジションになってきたんだなと。コスプレ?尼さん(シスター)もいいなと。私何でも似合いますから。

美保さん:これだけ美少女が、レベルがたいので日本の映画良いなと思いました。だから寒い寒いいいながらもやって欲しいなと思います。私、若い時映画でパンツ一丁で道路走らされたことありますから・・それはやらなくてもいいですけど。

MC:両手に花状態ですが

浅香さん:現場では緊張しすぎて、話せなかったんですよね。振り返ってみれば凄くいい現場だったのにと。。今日はこれを機に仲良くなりたいなと。

森川さん:一人で役に入っていたのかと思って声かけられなかった。
中条さん:私もそう思った!

浅香さん:そう役づくり・・・

MC:怖いだけではなく、映像美と昼間のホラーと何かでおっしゃっていましたが。

安里監督:女子高校生ホラーですけど、独特な世界観のものをやりたくて。夜にぼんやり幽霊が出てくるではなく。大人になる前の女の子、昼間に白昼夢を見ているような、綺麗なのに怖いを目指しました。フィルムで撮るとかこだわりました。

MC:女子高生時代の1番の思い出は?

中条さん:そうですね。。体育祭とか文化祭とか、みんなと仲良くなれるのものですね。

森川さん:毎日すごい量食べてました。なので、太ってました。やっぱ食べると太るんだなあと。今は気を付けてます。

中越さん:女子高時代。絵ばかり描いていたのと、恋に夢中でしたね。すぐ憧れちゃうんです。最近ないな。。

美保さん:髪を染めすぎて全校生徒の前で吊し上げられた思い出が。

MC:生徒のみなさんを代表して中条さんに監督から卒業証書が渡されます。

中条さんと監督が前に。

監督:劇場版 零 卒業証書。
あや役、中条あやみ殿。
中条あやみ涙の卒業式『零』公開記念舞台挨拶0 撮影前の合唱練習の時には、大勢の中でソロを歌うことに戸惑って声も出なかったあやみちゃん。とても恥ずかしがり屋でおとなしめのあやみちゃんが、主演のプレッシャーに押しつぶされてしまうのではと最初心配でした。

撮影が始まると顔つきが変わって本当に強くなったと思います。水中での過酷なシーンでも『大丈夫です!水は得意なんです』と冗談で返した根性に驚かせれました。

そんな負けん気の強いあやみちゃんがクランプアップの時、ぽろぽろ涙したのを見て、本当は普通の17歳の女の子だったんだなと。けなげに頑張っていたんだなと胸打たれました。

中条あやみ涙の卒業式『零』公開記念舞台挨拶
この先も素敵な女優さんになってほしいです。ちょっと寂しいけれども劇場版零あや役を卒業とさせていただきます。本当にお疲れ様でした。

と監督からの温かい言葉が贈られると、中条さんの眼からは思わず涙が。

そのあと、学園長の美保さんから花束の贈呈があり。
『劇場版-零~ゼロ~』舞台挨拶_花束b 泣き顔も美しすぎる中条あやみ『劇場版-零~ゼロ~』舞台挨拶 中条あやみ涙『零』公開記念舞台挨拶中条さん
今日は皆もいるし。
クランクアップの日にいっぱい泣いたから。

笑顔で終わらせようと思ったのに・・・案の定泣かされました。

監督に良く頑張ったねって声をかけていただいて泣いてしまいましたし、こんな新人の私を・・・・

素敵なキャストとスタッフに支えていただいて凄くいい思い出ができました。

ありがとうございました。

『劇場版-零~ゼロ~』舞台挨拶射影機贈呈続いて劇中にも登場した射影機が1名にプレゼントする企画。

涙の中条さんが抽選!
当ったおにいさんに、贈呈されました。

最後に

安里麻里監督『零』公開記念舞台挨拶2安里監督:ワンカットワンカットこだわって、みんなで頑張った作品です。

ちょっと変わったホラーかもしれませんが、ホラーファンもそうでない方もいろいろな人に観てほしいと思っています。

今日、観終わったらご家族や友人の方にどしどし宣伝お願します。

本日はありがとうございます。

とメッセージが送られました。

********************************************************************


『劇場版 零~ゼロ~』
公式HP:www.zero-movie.jp
公式twitter:https://twitter.com/zero_movieJP
公式facebook:https://www.facebook.com/zero.movieJP

絶賛公開中!

あらすじ
劇場版 零~ゼロ~閉塞感漂う山間の町にある学園寮。そこで暮らすアヤ(中条あやみ)が部屋にこもってしばらくが経ったある日、学園内で事件が起こった。生徒たちが、ひとり、またひとり、忽然と姿を消したのだ。後日、生徒たちは水死体となって発見された。失踪した少女たちは皆、一枚の写真を見て以来、アヤの幻に悩まされるようになっていた。幻は耳元で囁く―「お願い、私の呪いを解いて…」。写真にはアヤにそっくりな少女が写っていた…。クラスメイトのミチ(森川葵)はアヤが事件に関係しているのではないかと疑い、部屋を訪ねる。しかし扉は堅く閉ざされたままだった。
学園内で囁かれる噂―この学園に伝わる女の子だけがかかる呪い、午前零時の呪い、アヤが皆に呪いをかけている―。そしてミチもまた幻に悩まされるようになっていたある日、ついに本物のアヤが
ミチの前に姿を現した…!!深夜零時の呪い、女の子だけにかかる呪いとは何なのか?写真に写るアヤにそっくりな少女は一体?学園に起こる “神隠し”の謎に二人は迫ろうとしていた…。

キャスト:中条あやみ 森川葵
小島藤子 美山加恋 山谷花純 萩原みのり/中村ゆり/浅香航大/中越典子/美保純

原案:「零 ~zero~」(コーエーテクモゲームス)
原作:大塚英志「零 ~ゼロ~ 女の子だけがかかる呪い」(角川ホラー文庫刊)
監督・脚本:安里麻里
配給:KADOKAWA
(C)2014『劇場版 零~ゼロ~』製作委員会
 
 


グアシハンドでお祝いするのら~『マザー』初日舞台挨拶


現実と幻想の狭間で繰り広げられる、怖くてせつない最恐ホラー映画

「マザー」MOTHER

が9月27日(土)についに公開となり、初日を記念して、監督、キャストによる舞台挨拶を行いました!

今作で長編映画監督デビューを果たした恐怖漫画の巨匠・楳図かずおをはじめ、主人公の【楳図かずお役】を演じた片岡愛之助、楳図と共に謎の怪奇現象に立ち向かう【ヒロイン・さくら役】の舞羽美海、物語のキーを握る楳図の母【イチエ役】の真行寺君枝と錚々たる面々が集結。

楳図かずお先生の代名詞とも言うべき【グアシハンド】を舞台挨拶の回ご来場者にプレゼント、総勢200個のグアシハンドで初日を盛り上げました。 

MOTHER初日舞台挨拶
イベント詳細『マザー』初日舞台挨拶

グアシハンドで初日をお祝いするのら~

日時:9月27日(土)
場所:新宿ピカデリー 
登壇者:楳図かずお監督、片岡愛之助、舞羽美海、真行寺君枝

MC:既にご覧になったお客様へご挨拶を。まず満を持して初監督の楳図かずお監督からお願いします

楳図かずお監督:グワシ!楽しんでいただけたでしょうか!
(拍手)
MOTHER初日舞台挨拶グワシ!
どこで脅かそうかとか苦労はしたんですけど。キャストのみなさんにその内容をお芝居に表現していただいて僕は満足しています!

片岡愛之助:お忙しい中ありがとうございます。初めてホラーだったんですけど。撮影中も監督こんな感じだったので、ずーっと笑いながら撮ってたんで・・本当にホラー映画を撮ってる感がなくて心配でしたが。ホラー映画になっていましたか?(拍手)こういう経験させていただき、ありがとうございます。
片岡愛之助 マザー初日舞台挨拶1
舞羽美海:皆様に見ていただいて本当に嬉しいです。ホラー映画は今まで見ることがなかったのですけど、この作品に携わることができて楽しくって、いいキャストのみなさんとご一緒できてうれしいですし。貴重な体験をさせていただきありがとうございました。
舞羽美海 マザー初日舞台挨拶1
真行寺君枝:今日はお越しいただき本当にありがとうございます。監督もいろいろご苦労なさって。
真行寺君枝 マザー初日舞台挨拶1
楳図監督:真行寺さんの妖しい美しさがスクリーンからはみ出て。。(笑)

真行寺さん:愛之助さん中心になって場を盛り上げてくださって。美海さんは他で見たことがないぐらい素晴らしい性格で。私一人でごねていましたでしょうか・・

楳図監督:いえいえ、真行寺さんは映画の中でも特別な役でしたので。お母さんの怖いところを出していただいたかなと。存在そのものでした。そしてお綺麗。

真行寺さん:子供のころから楳図先生のファンでした。蛇少女怖くてトラウマでした。ですのでこの映画は先生へのリベンジです。

楳図かずお監督 マザー初日舞台挨拶2MC:監督デビュー作ですが。

楳図監督:漫画とか映画を乗り越えた、19年ぶりの新作です。進歩してないじゃないかと思われるところをこの映画で一つ息がつけたと思います。ありがとうございます。

片岡さん:まことちゃん世代だったので。その楳図かずおと言う漫画家の役を務めさせていただくということうれしく思っています。でも、最初自伝と伺ったので、お断りしたんですけど。全然似てないじゃないですか。
片岡愛之助 マザー初日舞台挨拶2 そうしたら「楳図かずおという漫画家の役を演じてください」とおっしゃったので、それなら喜んでと。

最近変わった役が多かったので、おけいこ中だったんですけ三谷幸喜さんに「普通の映画はとらないんですか?」と。どこで聞かれたのか「普通の映画 祝おめでとう」ってメールが来ました。

今回ホラーですが歌舞伎と共通してました。まず女性が美しい人ばかり美を意識していること。そして、決めのポーズはみえですし。監督やり残したことがあったそうですのでマザー2でやって欲しいなと。
舞羽美海 マザー初日舞台挨拶2
MC:宝塚の娘女役トップスターからホラー映画のヒロインいかがでしたか。

舞羽さん:ホラー映画まさかやると思っていませんでした。
ホラーどうなんだろうと持ったら、結構アクションシーンが多くて。すごい力技で。

走り回ったり転んだり。

映像初心者だったのですけど。監督が絵コンテを事細かに描いていただいたので表現しやすかったです。


真行寺君枝 マザー初日舞台挨拶2MC:先生の世界から出てきたような美しさと怖さ。

真行寺さん:楳図かずおという存在。日本を代表する作家、絵描き。私たちの財産ですよね。私は化粧品のモデルから出発して、崩さない美しさを今までの概念。それを全く覆してしまう役でしたので、満足していただけたか・・。新たな方向性も勉強させていただきました。

楳図監督:メイクをすごく工夫しました。怖い時のお顔のメイクにきれいな時のお顔を2重にしていただきました。

MOTHER初日舞台挨拶2
『マザー』

9月27日(土) 新宿ピカデリーロードショー他

公式サイト: http://mother-movie.jp/

********************************************************************


ストーリー

漫画家・楳図かずお(片岡愛之助)のもとに、ある出版社から彼の生い立ちを本にしたいという話が舞い込む

担当編集者・若草さくら(舞羽美海)は取材をするうちに、楳図独特の創作の原点には、亡くなった母・イチエ(真行寺君枝)の影響が大きいことを知る。

やがて、楳図の生い立ちを調査するさくらの周りで次々に起こる怪奇現象。
別荘の窓についた謎の手の跡、タクシーの隣席に見えるいないはずの人影、楳図のまわりに漂う紫煙、イチエの葬式の参列者の写真に写る彼女自身の姿…

死んだはずの母の怨念が、楳図とさくらのまわりで底知れぬ恐怖を巻き起こしはじめる!!

監督:楳図かずお
脚本:楳図かずお、継田淳                     
                                       
主演:
片岡愛之助 <楳図かずお役/ 漫画家>      
共演:
舞羽美海 <若草さくら役/かずおの担当編集者>
真行寺君枝 <楳図イチエ役/かずおの母>

主題歌:中川翔子「chocolat chaud」
(ソニー・ミュージックレーベルズ)
※4th Album「9Lives」収録
(ソニー・ミュージックレーベルズより発売中)
配給:松竹メディア事業部
(C)「マザー」製作委員会


小澤亮太、城戸康裕登壇!『アキラNo.2』の初日舞台挨拶レポ



この度、映画『アキラNo.2』の初日舞台挨拶が9月27日(土)シネマート六本木にて行われました。

男だらけの現場で団結力は抜群!!
小澤亮太 主演最新映画『アキラNo.2』初日舞台挨拶レポートです!!

アキラNo.2初日舞台挨拶
『アキラNo.2』初日舞台挨拶
日時:9月27日(土)
場所:シネマート六本木
登壇者:小澤亮太,城戸康裕,五十嵐麻朝,福山翔大,橋本マナミ,吉村典久監督,お宮の松(MC)

小澤さん:本当に多くの人が来てくださって、とても嬉しいです。こんなにお客さんが沢山いらっしゃっているので、戸惑ってしまって…

と、少々緊張気味に挨拶。そんな小澤さんに対し城戸さんは

城戸さん:ようやく公開となって嬉しいです。まあ、僕は亮太君のバーターなんですけどね!

と、会場は爆笑の渦に。やや緊張気味だった小澤も、にこやかな表情に。


MC:撮影から約半年を経ての公開となった今の気持ちは?

小澤さん:タイトなスケジュールで撮影した作品ですが、男だらけの現場だったので、すぐにみんなで団結して映画を作ることができましたし、撮影後にプライベートで遊びに行ったりもしたので、もう半年経ったのか、という気持ちです。

と答えると続けて

城戸さん:本当に撮影タイトでしたよね。撮影の最後の日は寝る時間がないので、現場近くのホテルに行って(小澤と)別の部屋を取ったんですよ。だけど楽しくて、結局朝まで2人で話しをしたりしていて、2時間位しか寝なかったんです。

と、仲の良さを強調!!!すかさず

五十嵐さん:間違いは起こったんですか?

とツッコミを入れると

城戸さん:うーん、間違いは起こったり、起こらなかったり。。。

とボケて笑いを誘いました。

MC:本作は、不良高校を舞台に登場人物が学園のNo.1を目指す成り上がりヤンキー映画だが、小澤演じる主人公のアキラは、喧嘩ではなく気配りでNo.2の座についているという従来のヤンキー映画とは一線を画す設定ですが。そんな本作の印象に残っているシーンは?

小澤さん:No.1のツトム役の城戸君との微妙な距離感での掛け合いが印象に残っています。最初に現場で会った時の城戸さんは本当に怖かった。

MC:今回は今までにない役柄でしたね。いきなりゴーカイジャーからアキラになるっていうのは大変でしたか?

小澤さん:いやいや、ゴーカイジャーの後に沢山いろんな役をやって経験を積みましたよ!最近は比較的大人しくて情けない役が多かったので、確かにアキラは新鮮でした。

と語りました。

MC:劇中で上半身裸のシーンが多かったですが。

城戸さん:監督が脱がすんですよ(笑)

と述べ、現役のキックボクサーとして、人前で脱ぐことには慣れっ子の城戸が、この日も観客の前で上半身裸になり、肉体美を見せる一幕も!!更に、自身の役柄について聞かれた

五十嵐さん:僕は長髪の役だったのですが、ラーメンを食べるシーンで、髪の毛が気になって仕方がなかった。(髪が落ちてくるのを)支えながら食べるのも、キャラクターとは違うなと思ったので、ラーメンの中に髪が入っているのを我慢しながら食べました。長髪の女性の気持ちが痛いほど分かりました。

と語ると、女性客からは笑いと拍手が!

MC:最後に、これこそはNo.1と自慢できることは何んですか?

小澤さん:口の大きさですね。

と自らのチャームポイントをアピール。更に

福山さん:若さ、ですね。この中では1番若い19歳です。

橋本さん:私はココですね。

と胸元を強調し、男性陣を悩殺。紅一点、華やかさを魅せつけました。


映画『アキラNo.2』はシネマート六本木、シネプラザサントムーンにて公開中。

10月2日(木)には、劇場公開版に未公開の映像を追加した完全版のDVDがセル&レンタル同時リリース。また、10月4日(土)には、大阪 シネマート心斎橋にて1日限りの限定上映&小澤亮太登壇の舞台挨拶が予定されています。

更に、10月10日(金)にはシネマート六本木にて、クロージング舞台挨拶付き上映が行われる予定。各種チケットはチケットぴあにて販売中。

********************************************************************


『アキラNo.2』
公式サイト:http://www.cinemart.co.jp/akira-no2/ 
公式Twitter:@akirano2_movie

ストーリー
不良の巣窟である陸山高校の”ナンバーズ”と呼ばれる最強軍団の“No.2”であるアキラはNo2の座にいて常にNo1を狙っているが、現実は甘くない。No1からは押さえつけられ、下の連中からはNo2の座を狙われる息のつけない立場である。絶対的な存在であり、生きる伝説といわれる史上最強の不良で学校のNo.1であるツトムの機嫌を取ることで、自らの居場所を確保している。気配り、気づかい、忍耐、努力をもってして、何とか頂点に立つべく奮闘する、異色の不良ドラマ!
【出演】
小澤亮太/五十嵐麻朝・福山翔大・橋本マナミ
小西成弥・吉田大輝・高橋郁哉/城戸康裕
【スタッフ】
原作:奥嶋ひろまさ「アキラ№2」(「ヤングキング」少年画報社)
脚本:井上桜子・篠田和美・吉村典久 監督:吉村典久 
制作:ゴセント 製作:エスピーオー
2014年/日本/カラー/ステレオ/HD/122分 
(C)2014奥嶋ひろまさ/少年画報社/エスピーオー
 
 


新宿2丁目オネエ限定試写会&舞台挨拶!『小川町セレナーデ』


10月4日(土)より全国順次ロードショーの

『小川町セレナーデ』

母はスナックのママ、父はオカマ?そして娘は「偽オカマバー始めました。」っていう、ちょっと不思議な家族と“スナック小夜子”に集まる人たちの物語。

いい映画なんですよこれが。

今回、公開前に須藤理彩さん、安田顕さん、藤本泉さん、原桂之介監督が登壇しての完成披露試写会が行われました!

観客はなんと!
お仕事終わりの新宿2丁目のオネエのみなさん限定です!

小川町セレナーデ舞台挨拶photo
『小川町セレナーデ』完成披露試写会&舞台挨拶
日程:9月26日(金)
場所:角川シネマ新宿シネマ2(東京都新宿区新宿3-13-3新宿文化ビル5F)
出演:須藤理彩、安田顕、藤本泉、原桂之介監督

MC:まずはご挨拶から
須藤理彩さん:朝早くからお集まりいただきありがとうございます。
小川町セレナーデ舞台挨拶須藤理彩1
藤本泉さん:今日は、沢山のきれいなお姉さまたちに集まっていただき、皆さんにどんな感想をいただけるのかドキドキワクワクしています。
小川町セレナーデ舞台挨拶藤本泉1
安田顕さん:こんな早い時間帯に来ていただきましてありがとうございます。
小川町セレナーデ舞台挨拶安田顕2
原桂之介監督:朝早くからありがとうございます。
原監督
小川町セレナーデ舞台挨拶須藤理彩2MC:須藤さん役作りはどうされましたか?

須藤さん:最初に台本を見てすごい強いものを持ってる女性だなと。なので、何かぶれない意思をもっている。起きている物事を受け入れる広いものを持っている女性にしたいということで、ワンシーンごと監督と話して作っていきました。

MC:藤本さん きつかったところは

藤本さん:真冬の寒い時期の撮影の中、薄いドレスで夜道を疾走したのが大変でした。

MC:安田さん演じるエンジェルはおかま役ですがいかがでしたか?
小川町セレナーデ舞台挨拶安田顕1
安田さん:エンジェルは女性と言うか心は女性。大変だなと持ったのは、ムダ毛処理ですね。身だしなみなんですよね。大変だなと。撮影終わっても処理して。習慣づいたところで撮影が終わってしまいました。(場内うなづくオネエサマ多数。)

見出しは安田顕、ムダ毛処理撮影終わったころ習慣ずくでお願いします!!

MC:長年温めてきた企画。原監督の映画完成の思いは?

原監督:1月の撮影。スタッフ一同、皆さんにご覧いただくために頑張ってきたのでうれしいなと思っています。

小川町セレナーデ舞台挨拶藤本泉は天然MC:共演に関していかがでしたか?

須藤さん:泉ちゃんは、クールビューティでかしこそうなんです。

けど。痛い子なんです。天然ちゃんです。
小川町セレナーデ舞台挨拶3控室でも豪雨探査機アプリをゴウアメタンキチって!そういうことがちょいちょいあって。愛おしくなりました。

安田さん:映画を観たんですよ。泉さんの演技に嫉妬しました。

MC:天然と言うことですが・・・
小川町セレナーデ舞台挨拶4 藤本さん:楽しい現場だったんですけど、突っ込まれることが多くって大変でした。

安田さん:現場は楽しかったし、大変だったし。観てもらう方が少ないと思うので、面白かったら口コミを。熱い記事もお願いします!

監督:作品のこと楽しくおしゃべりするときと真剣な時と。メリハリの効いた現場でした。

MC:最後に一言お願いします。

小川町セレナーデ舞台挨拶須藤理彩3 須藤さん:出てくる人たちは普段光が当たっていない。なんて平凡な人生を生きてる人達ですが、今回映画で描いていただいて、見た方が自分の人生を楽しい人生かもって前向きに思える仕上がりになっています。是非、皆さんで成長させていただけたらなともいます。

藤本さん:家族の切っても切れない絆だとか、温かさだとかが詰まった作品だと思います。

安田さん:よかったら口コミお願いします。2丁目にも通わせていただいて。一番怖かったのは皆さんお評価でした。心ができていますね。って言われて泣きそうになってしまいました。

監督:老若男女出てくる映画です。それぞれ何かを感じていただけたらと思います。

この後、花束の贈呈で終わりました。
小川町セレナーデ舞台挨拶花束
小川町セレナーデ舞台挨拶photo2
********************************************************************



監督・脚本:原桂之介 
出演: 須藤理彩 藤本 泉 安田 顕

小林きな子 髙橋洋 阿部進之介 

濱田ここね 大浦龍宇一 金山一彦 大杉 漣(特別出演)  

主題歌:『幸せの貼り紙はいつも背中に』(私立恵比寿中学)
協力:かわさき街おこしシネマプロジェクト  2014年/日本/カラー/5.1ch(一部除く)/DCP(一部除く)/ DCP16:9/119分/G
公式サイト http://ogawacho..com    
配給:アイエス・フィールド 配給協力:KADOKAWA 宣伝協力:アルゴ・ピクチャーズ
 © 2014「小川町セレナーデ」製作委員会    
公開:10月4日(土)より角川シネマ新宿、川崎チネチッタほか全国順次ロードショー!