「舞台挨拶・記者会見」カテゴリーアーカイブ

別れを恐れるな!杉本彩『最後の晩餐』



「すべての出会いに別れがある。だから別れを恐れることはない」

芸能界一<愛を知る>杉本彩さんが格言指南!
『最後の晩餐』


公開直前イベント実施ご報告です!

昨日2月27日(木)、新宿LEFKADA (レフカダ)にて、ゲストに芸能界一<本当の愛を知る>杉本彩さんと、4年に1度の2月29日を“2人に福(29)あれ円満離婚の日”とし夫婦関係を見直す日として日本記念日協会に認定された離婚式プランナーの寺井広樹氏を迎えて「未来のための別れ」をテーマにしたトークショーが実施されました。

【最後の晩餐】27日イベント1
MC:まずは、すでにご覧になった本作はいかがでしたか?

杉本さん:人を愛するということは、強い意志が必要なんだと、改めて感じましたね。最初は若い二人のライトな恋愛の話かと思ったのですが、世代や時代を越えて、すべての人がいいなと思える愛を描いていて、本当に泣かされました。

寺井さん:前向きな別れをテーマにした映画でしたね。僕も100回くらい泣いてしまいました。

MC:寺井さんは、円満離婚の日を制定され、離婚式プランナーとして活躍中ですが、

寺井さん:離婚する夫婦の中で、円満離婚できるのは1%しかいない。離婚式を行えるようなカップルは本当に稀で、ある意味、奇跡のカップルです。だからこそ、4年に1度しかない「うるう年の2 月29 日を円満離婚日」に制定させて頂きました。離婚式では、再出発を祝い、結婚指輪をハンマーで壊すセレモニーを行います。

杉本さん:私も離婚経験がありますが、結婚するときと違い、離婚するときは周囲の方に挨拶できないもんなんですよね。だからこういうセレモニーを行って、挨拶できるといいですね。またセレモニーを行うことで、心の整理を行えるのかもしれませんね。人生にはタイムリミットがあると思います。人も物も、なんでも必ず別れがくるけど、だからこそ一緒にいれる瞬間を大切にしたいです。

MC:映画では、別れを決めたカップルが、数年後に独身なら結婚するという別離契約書を交わしますが、どうですか?

【最後の晩餐】27日イベント2杉本さん:こういう契約書、いいですね。映画では5年後の結婚を約束しますが、そういう約束を交わした別離って、人生に緊張感を与えてくれますよね。別れる今より、5年後、もっと素敵な自分になっていないといけないわけですから。

寺井さん:杉本さんのおっしゃること全て素晴らしい、ぜひ一度離婚式プランナーとして活動していただきたいです!



MC:では、ここでお二人から、“別れの格言”をご披露いただきましょう

杉本さん:「すべての出会いに別れがある。だから別れを恐れることがない。」
別れることを恐れすぎるあまり、幸せになることも怖くなってしまうことがある。幸せを逃さないためにも、別れを恐れないで欲しいです。

寺井さん:「生まれ変わっても、うちのやつとまた離婚したい」
これは、実際離婚式を行った男性の言葉だったのですが、めぐりめぐっての愛情が感じられます。

杉本さん:愛していくには強い決意が必要ですよね。この映画は、深く愛せる人がいる人生ほど幸せなことはないということを気づかせ
てくれます。愛に迷うすべての人に是非見てほしいです!

またこの日は、イベント参加していた悩める女性からの質問も受け付け、「私も離婚しているのですが、次の出会いにむけて、杉本さんの美の秘訣を教えてください」という質問には

杉本さん:「自分の心に正直に生きること。人にどう思われるかではなく、本当の自分のまま生きることが自信につながり、女性としての輝きにもつながるのでは?それが運命的な出会いを引きつけるものよ」と、更なる格言も飛び出すなど参加者大満足のトークイベントになりました。


映画『最後の晩餐』(オ・ギファン監督)

は、いよいよ3月1日(土)よりシネスイッチ銀座ほかにて公開です。中韓合作映画史上最高のヒットした作品です。初恋の人と結婚目前、三つ星シェフと陶器デザイナーというお互いの夢のため、5年間の別離契約を選んだ二人の5年後を描いたラブストーリー。

みなさんも是非映画館で。

★公式サイト http://bansan-movie.com/
********************************************************************


映画『最後の晩餐』

監督:オ・ギファン 『ラスト・プレゼント』 
出演:バイ・バイホー、エディ・ポン、ペース・ウー、ジアン・ジンフー
配給:CJ Entertainment Japan


『白ゆき姫殺人事件』プレミア試写模様


白ゆき姫殺人事件舞台挨拶フォトセッション2
湊かなえの原作をもとに中村義洋監督が映画化を手掛けるネット炎上エンターテインメント

『白ゆき姫殺人事件』


一般のお客様が見る最初の試写会と舞台挨拶が豪華ゲストで行われました。

『誰も見たことがない一夜限りのスペシャルプレミア』


2014年2月26日(水)
恵比寿 ザ・ガーデンホール
井上真央、綾野剛、 蓮佛美沙子、菜々緒
金子ノブアキ、貫地谷しほり、中村義洋監督

白ゆき姫殺人事件舞台挨拶
風船が割れてその後ろからゲストが現れる演出!

白ゆき姫殺人事件舞台挨拶1
MC:主演で、地味なOL役の井上真央さんからご挨拶を。

井上さん:ありがとうございます。本当に地味なOLを演じました。今日はキラキラさせてきましたが、本編では地味です。完成して初めて皆さんに観ていただけるということでとても嬉しいです。

綾野さん: 薄っぺらい男、綾野剛です。本当に薄っぺらくて、どうしようもない男なんですけど。。この後見られるということで。宜しく尾根t害します。

蓮佛さん:私の役はこれといって、(キャラ)ないんですけど。実はコンプレックスがある役で、髪型を変えてみたりとか。。。外見を変えて複雑な役でしたが、何とか全うすることができました。何度も観ても面白い作品だと思うので何度も観ていただけると嬉しいです。

菜々緒さん:初映画にて、殺されてしまったななおです。今日は楽しんでいってください。

貫地谷さん:中村監督の作品に出ているとゲームをしている感じですが。今回も楽しんで出来ました。皆さんも楽しんでください。

金子さん:篠山係長。あいつは本当ーにサイテーの男だ。たのしい撮影、最高の作品になったと思います。

中村監督:本当に男映画ばっかり撮ってきて、こんなに女優さんが多いのは始めてで、打合せで皆助けてくださいと言ったのですが、我が儘な方もいず、ある種男っぷりの良い女優さん達で楽しい現場でした。

MC:井上さんは、最初は菜々緒さんが演じた三木典子役だと思ったんですって?

城野美姫_井上真央1井上さん:恥ずかしい。。中村監督が撮ると言うので、何も聞かずに原作を読んだんです。読みながら余りにもみんなが綺麗、綺麗って書いてあるので、え~どうしよう。こんなに綺麗。。プレッシャーだなーと思ったんですけど。その後地味な女性が出てきて、これだなと思ったのでこれなら出来るかなと思いました。

人の主観によって変わるので、余り普段にはない、この人だったら、こういう美姫を想像するだろうなと考えながらお芝居をしました。微妙に美姫という人物像を変えていくのが楽しかったです。監督とたくらみながらやれたのが良かったです。

MC:綾野さんは薄っぺらい男ということでどうでしたか?
赤星雄治_綾野剛綾野さん: 本質的に薄っぺらく無いとそう写らないと思ったので、どうやって薄っぺらくするかずっと考えていましたが、演出で監督がブラックジョークをはさむので。それを真に受けてやっていたら、いつの間にか薄っぺらくなっていたとおもいます。髭とか、映るものがあったら、髪いじって俺カッケーゼみたいな。。。。くそみたいなところから作っていったんです。ワイドショーのディレクターですからね。

井上さん:それ批判ですか?
綾野さん:いやいや。。。違いますよ。
中村監督:いっぱい、頑張って一番キャラクター作りしたよね。

狩野里紗子_蓮佛美沙子MC:蓮佛さんの役が赤星に言ってしまうことから物語が始まりますが。

蓮佛さん:事の発端。私が赤星にリークしたことで美姫が容疑者としてワイドショーであつかわれるわけですが。わたしの役も赤星のようなずるいひどい女性だなと。最初にリークするので本当にしゃべってるんですよ。台詞を覚えるのが大変で。
でも、綾野さんが出番がないのに、わざわざ来てくれて電話の相手になってくれて。

三木典子_菜々緒 MC:本当の綾野さんは薄っぺらく無かったんですね。
蓮佛さん:そうですね。

MC:菜々緒さんは映画初出演ということで緊張されましたか?
菜々緒さん:緊張しましたし、豪華な皆様との共演はプレッシャーでした。本当に緊張しっぱなしでした。

MC:貫地谷さんは、部屋の中だけのお芝居でしたよね。
谷村夕子_貫地谷しほり貫地谷さん:台本読んで、一人称が俺って書いてあって。どうなるんだろうなと思って衣装合わせに行ったら監督が「大丈夫だよね!」って。

大丈夫なのかなと思いました。なんか格好いい役なんですけど。気持ち悪くしたいなと思って。

MC:金子さんは、今回、井上さんと菜々緒さんを相手に最低な男を演じましたが。
篠山聡史_金子ノブアキ金子さん:台本読んで、第一印象が。とんだ屑だなと。撮影中も係長なので、ずっと係長!係長って。うるせーって思ったあのささくれた気持ちがいいキャラになったんじゃないかなと。
綾野さん:彼を係長にしたのがサイコーだよね。
金子さん:会社は勤まらないなと思いました。

MC:監督、総括を!
中村義洋監督金子さん:係長は意図的に言ってるんですよ。金子君括弧いいから。綾乃君の赤星もね。ツイッターのハンドル名が“レッドスター”。ねっ格好悪いでしょ。綾乃君がかっこよくなってきたら、よっレッドスターって言って呼んだりして。

綾野さん:レッドスターって言われて、俺ちょーカッケーぜって言う浅はかさです。

MC:この作品はネット炎上ゴシップエンターテインメントですが。現場で見たゴシップは?

井上さん:深夜の撮影のときに菜々緒ちゃんが、から揚げとか焼きソバとかガッツリ食べてたんです。夜それ食べるって感じの物。その体で何処に出してるんだろうって。何処に言ってるんだろう。
監督:俺も見た。餃子の王将にマネージャーさんが8人分ぐらい。
井上さん:飲み物も温かいお茶とかかなと思ったら、常に炭酸。ジャンキーなんです。殺人の撮影でどろどろなのに、焼きソバを膝にのせて五平餅を食べてて。
菜々緒:いろいろなものを食べたくなっちゃうんですよね。

綾野さん:何かあったかな。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
監督:剛君、時間は限られているからね。

MC:では、他に。
菜々緒さん:昨日井上さんとバラエティーにこの映画の番宣で出たのですけど。4時間半の特番。夜遅くなってVTRみる場面で寝てた疑惑が。
井上さん:寝てはいない。。。です。ただ2時間ぐらいでスタミナが切れて。バラエティーは慣れて無くって。

監督:僕と剛君と真央ちゃんで飲みに行ったときに、真央ちゃんが僕の横に座ってくれたことが嬉しかったです。ゴシップでもなんでもないですけど。

MC:最後に皆さんにメッセージを。
井上さん:真実が何処なのか、みなさんを翻弄できればと思います。観終わったときにつぶやくのに躊躇する方もいるかもしれませんが。皆さんなりの真実をつぶやいていただいて、3.29日の公開に向けて、口コミで広げてください。いいつぶやき待ってます!

白ゆき姫殺人事件舞台挨拶フォトセッション
美人OLが殺された。容疑者は、事件直後に姿を消した同期入社の“城野美姫”(井上真央)。ワイドショーのディレクター“赤星雄治”(綾野剛)は、美姫の同僚・幼なじみ・家族へ取材を重ねる。その証言には驚くべき内容が…。

過熱報道、ネット炎上、クチコミの衝撃。
果たして彼女は残忍な魔女なのか、それとも…。

白ゆき姫殺人事件
井上真央 綾野剛 『白ゆき姫殺人事件』

300万部を超える衝撃のベストセラー「告白」でデビュー以来、次々と話題作を手掛ける作家湊かなえ。第149回直木賞候補(「望郷」 7/17受賞作発表)にも名を連ね、「贖罪」「夜行観覧車」と映像化が続くなか、昨年夏に刊行された傑作サスペンス長編「白ゆき姫殺人事件」が映画化です。

『白ゆき姫殺人事件』

重層的なサスペンスの誕生!!
公開は2014年3月29日(土) 全国ロードショーです。

公式サイト:shirayuki-movie.jp


それにしても何で途中の写真四角いのTJ?
見やすいけど。
見やすいでしょ!

って、本当は2列目でおじさんとおじさんの間の隙間から撮ったんでね。苦肉の策です。

********************************************************************


『白ゆき姫殺人事件』

ストーリーは。。。。
日の出化粧品の美人社員/三木典子が何者かに惨殺された。
この不可解な殺人事件を巡り、一人の女に疑惑の目が集まる。彼女の名前は城野美姫。
典子と同期入社の、地味な女性。テレビのワイドショー取材により、美姫の同僚・同級生・故郷の人々そして家族、と関係者たちが美姫に関して語っていく。だがそれぞれの証言には驚くべき内容が…過熱報道、ネット炎上、クチコミの衝撃。果たして彼女は残忍な魔女なのか、それとも―。

原作:湊かなえ
監督:中村義洋
脚本:林民夫 音楽:安川午朗
出演:井上真央 綾野剛 ほか
©2014「白ゆき姫殺人事件」製作委員会
©湊かなえ/集英社


『ヌイグルマーZ』中川翔子生歌披露!レポ


中二的な妄想全開!

全国絶賛公開中の映画『ヌイグルマーZ』

大好評に感謝!でクライマックスイベントが実施されました!

当キャストの中川翔子、武田梨奈、市道真央、高木古都に加え、先日の骨折の手術から退院したばかりの井口昇監督が登壇し舞台挨拶を行っただけでなく、原作の大槻ケンヂ氏がサプライズで登壇。

中川翔子と共に主題歌「ヌイグルマーZ」の生披露もおこなわれました!

0225ヌイグルマーZ-クライマックスイベント
『ヌイグルマーZ』クライマックスイベント
日程:2月25日(火)
場所:新宿バルト9 スクリーン9(新宿区新宿)
登壇者:
中川翔子、武田梨奈、市道真央、高木古都、井口昇監督、大槻ケンヂ

雪で転倒!骨折してしまった井口昇監督が手術を経て退院後、初の公の場に登場となった

ほか中川翔子、武田梨奈、市道真央、高木古都ら初日に集まったメンバーが再集結。さらに本作の原作者である大槻ケンヂがサプライズ登壇で、中川翔子と共に主題歌「ヌイグルマーZ」を熱唱し観客が総立ちになるなど会場と一体となった熱いイベントとなりました。

それでは、場内トークをご紹介!

中川翔子:皆さんこんばんは!中川翔子です。
初日にみんなで集まるのはこれで最後かと思って寂しいと感じていましたが一ヶ月後にこうやって皆で集まれてとてもうれしいです。何度も言っていますけれど、夢は願えば叶う!ありがとう!!今日という日を一生忘れません!

武田梨奈:皆さんありがとうございます、武田梨奈です。たくさんの方に来ていただいてうれしいです。今日集まるのが最後で、この衣装を着るのも最後かなと思うんですけど、ちょっと撮影の時よりも太ってしまってキツいです(笑)。

市道真央:市道真央です。一ヶ月前と同じ衣装で集まれて、皆さんの前でごあいさつできてすごく嬉しいです。楽しんでいってください。

高木古都:みなさんこんばんは、高木古都です。撮影からはちょうど一年くらいでしょうか。この衣装がなじんできたのも、たくさんの方に作品をご覧いただけているからだと思います。よろしくお願いします。

井口昇監督:ありがとうございます。
はじまって一ヶ月たったのにこんなにたくさんのお客さんが集まってくれてとても嬉しいです。雪で転んで腕を折ってしまったけれど、こうやって壇上に立ててうれしいです。手術をしたとき、井口さんて本当に肉厚で難しかったといわれました。

中川さん:井口監督包帯が、ちょっとヌイグルマーっぽいですね!今日は大槻ケンヂさんも来てくれて嬉しいです!!

大槻ケンヂさん:そうなんですよ。こう集まれる機会もなかなかないんでお邪魔しようと思って、普段着で来ちゃいました(笑)。

井口監督:おとといくらいに病院のベッドで大槻さんから「行きます」って電話があったんですよ。

大槻ケンヂさん:実は今日じゃなくて別の日に男性キャストが集まる日があってそこに行こうと思ったんですけど、せっかくなら美女がたくさんいる今日の方が良いなって。

MC:ありがとうございます。公開一ヶ月を迎えて周りからはどのような反響がありましたか?

中川さん:たくさんの人から感想などをいただきます。
ちびっこから涙したっていう女の子、様々な思いでこの作品を感じてくれて、皆の中に『ヌイグルマーZ』がいるんだなって思います。夢がかなって良かった!生きてて良かった!!これは夢の集大成だけど、続編もやりたい!巨大化もしたいし、ゾンビにもなりたい!
2014年の今しか大きいスクリーンで観られないので、是非劇場に来てください。時が止まればいいのに!!

井口監督:公開してからイベントを10回以上やりました。
強制的にハイタッチとか、イケメンを集めたイベントとか。色々な偶然を呼んだ映画でもありました。僕が骨折してイベントに出られなくなって、どうしようと高木古都さんに代役を頼む連絡をしたら、その5メートル先に高木さんがいたりとか、あと中川さんも占いでなんかあったんだよね??

中川さん:そんなんです。
占いで縫物をやったら良いと言われた後にこの『ヌイグルマーZ』のお話をいただいたんです。

大槻さん:井口監督とはちょうど2年くらい前に喫茶店で初めてお会いして、何か映画化したいですよねとお話していたら、Twitterで大槻ケンヂがももクロのライブではしゃいでるって誤情報がまわっちゃって!「ここで打ち合わせしてるよ!」って思いましたよ。

井口監督:え、それつぶやいた人僕のことをももクロと間違えたの??

大槻さん:そんなわけはないでしょ(笑)!
そういえば武田さんのCM凄いですよね!

武田さん:CMを見て知っていただいて、
その後に『ヌイグルマーZ』を観てくれる方もいらっしゃって、ありがたいです。日本のアクション映画をどんどん広めていきたいんです!

MC:お話は尽きないところですが、今日は大槻さんもいらっしゃっているということでなんと主題歌「ヌイグルマーZ」を披露していただきます!

大槻さん:中川さんと大阪で一緒に歌って以来ですね!

※観客総立ちで場内が熱気に包まれる中
中川さんと大槻さんによる「ヌイグルマーZ」披露

MC:すごい迫力でした!ありがとうございました。
皆さんいかがでしたか?

市道さん:感動しちゃいました。初めてライブで観たので、皆さんの一体感もすごくて夢みたいでした。

武田さん:すごい夢をかなえてもらった気がします。

MC:それではそろそろお時間となりますので、一言ずつコメントをいただけますでしょうか。

大槻さん:スタッフ・キャストの皆さんが熱くて、作品を盛り上げようとしてくれているのがすごく伝わってきました。感無量です!!

高木さん:個人的なことになってしまいますが、今までおとなしめの役が多かったので、激しい役をやらせてもらって勉強になりました。
皆さんに温かく受け入れていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

市道さん:色々と考えながら、自分の演じる役が魅力的にみえるかを試行錯誤しながらやっていきました。本当に素敵な作品なので、劇場での上映が終わったらDVDとかも出ると思うので、ずっと胸にとどめていただければと思います。

武田さん:感謝の気持ちでいっぱいです。大槻ケンヂさん、井口監督、そしてキャストの皆さん、中川翔子さん!(中川さんと抱き合う)
たくさんの方に観ていただけて嬉しいです!!ありがとうございました。

中川さん:今も一秒ずつ時間が進んでしまって止まらないのが寂しいです。
こうして皆の前で歌えたことでまたこの映画で一つ夢がかなって、本当にいくつ夢がかなったことか。辛い時を救ってくれたオーケンさん、
とろけんばかりの笑顔で現場をひっぱてくれた井口監督。
愛、生きること、人生のとても大事な勉強になりました!
人類が続く限り皆さんの心の思い出になりますように!
ずっと残るなんて、なんて素敵!すべての皆さんにありがとう!!

井口監督:本当に皆さんありがとうございました。
2年前にオーケンさんと何かやりましょうとお話してから、とても楽しい現場になりました。本当に監督をやって良かったなと今思っています!せっかくなんで今日映画を観る際に、音楽が出てきたらどんどん口ずさんで盛り上がりながら楽しんでもらえればと思います。
ありがとうございました。

『ヌイグルマーZ』

は、絶賛全国公開中です!

http://ngz-movie.com/

********************************************************************


『ヌイグルマーZ』

出演:中川翔子 武田梨奈 市道真央 猫ひろし 高木古都 北原帆夏
ジジ・ぶぅ 斎藤工 平岩紙
監督:井口昇 
原作:大槻ケンヂ「縫製人間ヌイグルマー」
脚本:井口昇/継田淳
ヌイグルマーデザイン:鶴巻和哉/コヤマシゲト
劇中歌:特撮 音楽:福田裕彦 企画・制作/ガンジス
配給:キングレコード/ティ・ジョイ


内田裕也にギャルがヤバイ質問!リディック


ヴィン・ディーゼル主演最新作『リディック:ギャラクシー・バトル』が3月8日(土)より全国公開となります。この作品の主役は、銀河最凶のワル“リディック”。腕利きの賞金稼ぎ、出目に特殊能力を持っているんです。

で、公開を記念して、“銀河一のワル”リディックに対抗し、“日本代表のワル”であるロックンローラ―の内田裕也さんがゲストのトークショー試写会イベントが実施されましたのでご報告!

渋谷系ギャルがヤバイ質問連発です。

リディック:ギャラクシー・バトル
『リディック:ギャラクシー・バトル』公開記念試写会イベントレポート
日程:2月24日(月)
場所:シャワーラウンジプラス(渋谷区道玄坂2-29-5 渋谷プライム5F)
ゲスト:内田裕也さん、渋谷ギャル

MC:本日は、映画『リディック:ギャラクシー・バトル』公開記念試写会イベントにお越しいただきまして誠にありがとうございます。

さて、本日は素敵なゲストの方にお越しいただいております。
銀河一のワル・リディックに対抗して、日本代表のワルとも言える永遠のロックンローラ―、内田裕也さんです!内田さん、まずは一言ご挨拶をお願いいたします。

内田裕也b
内田さん:みなさん、こんにちは。浅田真央です。あんまりウケなかったな(笑)。映画のプロモーションは2回しかやったことないんだけど、この映画がユニークでストレインジで美しい素晴らしい映画だったから今日はこのステージになっています。よろしく。

MC:はい、ありがとうございます。是非楽しんでいって下さい。内田さんはこの映画をひと足早くご覧になったそうですが、感想などお伺いできますか?

内田さん:
一言で言うとSFなんだけど、僕が昔『ブラック・レイン』で仕事をさせてもらったリドリー・スコットの『ブレードランナー』とか『2001年宇宙の旅』とか色々ジャンルがあるでしょ。この映画はその中でも未来・過去・2次元をMIXしてる面白い映画。全米No.1になっただけあるね。見た事のない映像美で、もうすぐ発表になるアカデミー賞でも美術賞ならノミネートされてもおかしくなかったね。内田裕也おすすめの一本だよ。異色のアメリカ映画であると断言できます。

内田裕也カラコンここで内田さんがサングラスを外して「リディック・アイズ」姿を披露

MC:リディックは銀河中のいくつもの惑星から指名手配を受けている極悪人です。内田さんも日本代表、いや地球代表のワルとして負けていないと思うんですが、ご自身で思われる「これぞワル!」といったエピソードなどお聞かせ頂けますでしょうか?

内田さん:本当は清く正しい人間です。たまに世間を騒がせるけど、悪事は働いていないと断言できます。
芸能界には良い子ぶって悪い奴がいっぱいいるけど、僕は見た目はワルでも本当は心の優しいヤツっていうのをつらぬいてます。

MC:ちなみに内田さんが思われる、ご自分よりワルい人っていらっしゃったりしますか?

カラコン内田さん:ワルいやつというか、ここ2、3年でまわりのロックンローラーが次々に亡くなっていて僕も非常にショックを受けてます。安岡力也にはじまって、ジョー山中、ジョニー吉長、関西を代表する桑名正博、歌舞伎界では唯一の親友だった中村勘三郎、あまりにも次々に亡くなっていくので茫然自失感があります。

彼らと杯を交わしたとかそういう事じゃないんだけど、俺が酔っ払ってメチャクチャやらかした時はみんな俺を守ってくれた。そういう欠点を認め合いながら一緒にやってきた連中だね。彼らも本当のワルってわけじゃなくて、心は優しいけど、なめたらあかんぜよ!っていう感じをつらぬいてた。そういう美学を守っていきたいと思ってます。


MC:今、酔っ払ってメチャクチャとおっしゃっていましたが、何かその時のエピソードはありますか?

内田さん:そういうのは市川海老蔵にまかせてるよ。こっちが悪い時は謝るのが男の美学だけど、メチャクチャやってるのは泥酔してる時だから勘弁してくれ。

MC:ありがとうございます。今日はギャル達と同じ「リディック・アイズ」と着けてるんですよね?

内田さん:今まで一度も付けた事がないよ。今日が初お披露目です、よろしく!

MC:おお!すごいですね!本当に初めてなんですよね?

内田さん:はい、マジに。目は良い方なんでね。さっき鏡で見て中々イケると思ったら、これを付けてBARとかに行って、ステージでも着けて見たいと思ったよ。

MC:ありがとうございます!
ではちょっと嗜好を変えまして、せっかくですから本日お越しいただいている渋谷ギャルの皆さんから、内田さんへの質問タイムとさせて頂きます。

内田さん:今日は美人が来てるとプロデューサーから聞いてるよ。最近のティーンエイジャーはやばいから近づくなとも言われてます。

MC:それでは、どなたか聞きたいことはありますか?

渋谷ギャル:こんちは。すごいっすね!ヤバイヤバイ!!髪の毛のセットはどれくらい時間をかけてるんですか?

内田さん:俺はシャンプーするだけだよ。鏡ばっか見てるやつは自信がないヤツだと思ってるから。男はロックンロールな感じでいいんだよ。

渋谷ギャル:乾かす時間はどれくらいかけてますか?

内田さん:そんなに時間をかけずに、荒く大胆にやってるよ。今日はこのイベントのために理容室に行ってきました。

渋谷ギャル:すげーかっこいいっすよ!サングラスはどこのメーカーですか?

内田さん:海外のブランドを使ってる事が多いね。アディダスとかナイキとか、今日のはリーボだよ。

渋谷ギャル:いくらぐらいなんですか?

内田さん:渋谷ギャルは金の事を気にするな!

MC:ちょっとギャルのみなさん!サングラスとか髪の事だけじゃなくて、他にはないですか?

渋谷ギャル:好きな女性のタイプとかありますかー?

内田さん:女性は常に尊敬してます。俺の母親が40歳で俺を生んでくれたから、女性はすごいなと思ってる。俺のまわりは強い女性ばかりだけど、尊敬と恐怖を持って接してます。

渋谷ギャル:ここまでならOKっていう年齢は?

内田さん:10代は絶対ダメだとマネージャーから固く言われてる。日本の女の子はみんなオシャレで世界でTOP5に入ると思うよ。パリジェンヌに負けてないね。渋谷や原宿は本当に有名だし、素晴らしいライフスタイルだと思います。

MC:ありがとうございました。すごい破天荒なトークでしたね。では内田さん、最後に、これから映画をご覧になる一般の方に一言お願いできますか。

内田さん:全米No.1になっただけじゃなくて、ロックミュージシャンとして興味を惹かれる映画です。この場を借りて言っちゃうと、このあいだ浅田真央ちゃんがオリンピックで転倒した後、「開き直って頑張れ!」ってツイートしたら、翌日は素晴らしい成績を残した。

真央ちゃんはよく頑張った、リディックも頑張れ!ロックンロール!!

リディック:ギャラクシー・バトル
『リディック:ギャラクシー・バトル』 (原題『RIDDICK』)

3月8日(土)より、丸の内ルーブル他全国ロードショーです。

公式HP:www.riddick-movie.jp
公式Twitter:@riddick_jp
公式:Facebook:facebook.com/riddick.movie.jp

********************************************************************


『リディック:ギャラクシー・バトル』 (原題『RIDDICK』)

【ストーリー】
『リディック:ギャラクシー・バトル』ポスター遥かな未来。銀河史上最凶のお尋ね者でありながら、ネクロモンガー軍団の王となったリディック。
しかし彼は重臣たちの裏切りによって辺境の惑星に瀕死の状態のまま置き去りにされる。
太陽に焼け焦げた惑星にはリディックを追って腕利きの賞金稼ぎ一味、さらに謎の船団が到着。
リディックと彼らの三つ巴の闘いの火蓋が切って落とされたのと時を同じくして一帯は漆黒の
暗闇に包まれ、獰猛な未知の生命体の大群が彼らに襲いかかるのだった…。
果たしてリディックはこの不毛の惑星を脱出することができるのか―!?

監督・脚本:デヴィッド・トゥーヒー 『ピッチブラック』、『リディック』、『パーフェクト・ゲッタウェイ』
出演:ヴィン・ディーゼル 『ワイルド・スピード』シリーズ
カール・アーバン(『スター・トレック イントゥ・ダークネス』)
ケイティー・サッコフ 「GALACTICA/ギャラクティカ」シリーズ、
マット・ネイブル(『キラー・エリート』)、
ジョルディ・モリャ(『ブロウ』)、
バティスタ(『アイアン・フィスト』※元WWEプロレスラー)
配給:プレシディオ 協力:松竹
3月8日(土)より、丸の内ルーブル他全国ロードショー
(c)2013 RIDDICK PRODUCTIONS, INC. All Rights Reserved.
※R15+指定作品


モーレツ宇宙海賊 初日舞台挨拶レポ


本日2月22日(土)から公開となりました

『モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPEACE -亜空の深淵-』


の初日舞台挨拶が行われました。

佐藤竜雄監督、主演の小松未可子さんをはじめ、金元寿子さん、松風雅也さん、原作者である笹本祐一先生、主題歌を担当する中川翔子さんが登壇しました!

『モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPEACE -亜空の深淵-』初日舞台挨拶
『モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPEACE -亜空の深淵-』初日舞台挨拶
松風雅也、中川翔子、 金元寿子、小松未可子、佐藤竜雄監督、笹本祐一先生



日程:2月22日(土)
場所:新宿バルト9
登壇者:
佐藤竜雄監督、小松未可子、金元寿子、松風雅也、中川翔子、笹本祐一(原作者)

新宿バルト9さんは、モーパイ一色!
モーレツ☆宇宙海賊バルト9-弁天丸
MCはケイン・マクドゥガル役の松風雅也さんの進行です!

松風さん(MC):お越しいただき誠にありがとうございます。

中川さん:本日22日は、何と言っても猫の日。PS4の発売日。そして、何と言っても最大のビッグバンは劇場版『モーレツ宇宙海賊』の公開記念日だ!~。子供のころから宇宙が好き、女の子の絵をかくのが好きでした。大好きな物しか詰まっていないモーレツパイレーツTV版を観ていた私が、劇場版の主題歌を歌わせていただける日が来るなんて。ほんとにほんとに夢のようです。やっぱり茉莉香さまは大スクリーンのフルサイズが似合う!

金本さん:朝早くからありがとうございます。おはようございます。TV版に引き続きグリュヒルデ・セレ二ティ役をやらせていただきました金元寿子です。宜しくお願いいたします。

小松さん:おはようございます。加藤茉莉香役つとめさせていただきました小松未可子です。皆さんお集まりいただきましてありがとうございます。今日一日宜しくお願い致します。

佐藤監督:今日一日?

小松さん:数十分の間ね。

佐藤監督:一日の人もいるかもね(場内ウォーと)朝からありがとうございます。佐藤竜雄です。宜しくお願いします。

笹本先生:原作者笹本です。宜しくお願い致します。

松風さん:皆さんには、まるっと観ていただいた後なんですが、ゲストの皆さんはもうご覧になられましたか?

小松さん:も、もちろんです!
松風さん:監督作り終わってますか?
佐藤監督:大丈夫です。

松風さん:ご覧になった感想をお聞きしたいと思います。しょこたんに聞くと2時間ぐらい喋りそうなので2分でお願いします。
中川さん:今回劇場版と言うことで茉莉香さまの貫禄が増して、海賊服もレッドになって。そして今回何と言っても一番興奮したのが。彼方くんのお尻です。それだけではございません。とてもこの先の人生の道しるべになってくれるなと思いました。“決断は自分が選んだベスト”という言葉が凄く胸に沁み入りました。過去の黒歴史も白く塗りなおしてくれる“お言葉”です。未可子様達にも敢えて興奮なのですが、メガレンジャーブルーの松風さまに。。。あえて。自分のやってきたこと決断は間違ってなかったなと。『キラキラ-go-round』というエンディングテーマを歌わせていただいたのですが、劇中の未可子さまの歌う『Sail away』という曲のメロディーがキラキラとリンクするんです。そこで鳥肌○○で御座います。
小松さん:そーなんです。

松風さん:凄い情報量ですね。でも、皆さんこのままで行くとメディアの方の全部しょこたんになりますので。宜しくお願いします。

金本さん:私はスローテンポなんですけど。オープニングから凄いワクワク。彼方君が逃げているところから、画面がバンバン切り替わって。これから何が始まるんだろって。ワクワクして観させていただきました。今回ヨット部員も、卒業した方々も集まって賑やかな収録でした。グリュヒルデ的にも、たくさんしゃべらせていただいて、結構見どころもあるんじゃないかなと。一度と限らず、たくさん見て欲しいなと思います。

小松さん:アフレコ自体が夏。コミケ3日目。絵が一切なくて監督の絵コンテの実の状態でふきこんだんです。我々も台詞的に内容は把握しているんですけど、どのような戦闘とか動きをしているのか全く分からなかったんです。それから粘って作り上げられたこの作品。私が観たのは実は昨日なんです。スタッフの熱意。TV版からの我々の熱意が凝縮して出来上がった涙と血と汗と監督のお酒の結晶で出来た作品だなと。目に熱いものがこみ上げてきました。客観視して楽しんでみることが出来ました。そして、しょこたんさまと同じで彼方君のお尻は結構ぐっと来ています。

中川さん:何杯でもいけますよね。。

松風さん:監督が出来たって!って言った時点で完成だと思いますが。こうやって見ていただいた観客のみなさまを目の前にしてのご感想はいかがだったでしょうか?

佐藤監督:いやー冷や冷やですよね。日本の映画興行の限界を行くのかと言われました。作り込みをギリギリまで頑張ったって話でございます。実は、僕の絵コンテでアフレコしていたというのが一番心残りで。もうちょとやり用あったのかなともうんですけど。皆その日しか空いてないんだって言うんだもん。その分画作りに集中出来たので。皆さんの知らない絵が出来たので。

小松さん:自分たちの芝居以上のキャラクターの動きは、役者としては衝撃ですね。

松風さん:原作の笹本先生に。TVシリーズになりスクリーンにかかり、ご覧になった感想はいかがでしたか?

笹本先生:例によって、原作者チェックしなかったんですよね。そこで何がいいかと言うと、佐藤監督の新作を自分の原作で見れると言う。俺だけの贅沢だよね。実に楽しかったですね。

松風さん:笹本先生的に何処の部分をこれはとお思いになりましたか?
笹本先生:マニアックな事になりますけど、詰めた構成。95分ですよ。こんなに詰めた映画観たことない。カリオストロ、ビューティフルドリーマー以来だと思います。短時間の中に情報量が多いのに構成が出来ていて、キャラクターが立っていて話が盛り上がってて。これ以上何を期待するのかと。
松風さん:凄いおほめの言葉を。いただいて、監督少し気まずそうなので、話題をかえて、中川さん今回angelaさんとのコラボでいかがでしたか?

中川さん:借り歌をいただいた時点で、出来あがっちゃってるんですね。借り歌を歌っているのがアンジェラのあつこさんだったので。これで出せばいいじゃんて。あのモーパイ。TV版ラストに監督が劇場で会いましょうのコメントから皆がそれを目指して生きてきたわけですよ。そんな大役をさせていただきました。とても生きててよかったと感じさせていただきました。死ぬまでうたいつ
小松さん:私もアンジェラさんにプロデュースしていただいて。借り歌アンジェラさんだったのでこのまま流せばいいじゃンてわたしも思いました。自分が歌う時に引っ張られないように結構難しかったですね。劇中でも凄くシンクロしていましたね。さすがアンジェラさんだなと。

松風さん:音楽の方はスーパー順調だったのはわかりましたが、制作の方は。。
佐藤監督:兎に角ね。亜空間大変だったんだよね。レンダリングの限界超えたね見たいな。どんな人も言うのが俺亜空間観たことないからって。絵を描く方も亜空観たことないですからって言われて、そこは心の中の亜空を描いてよって。
松風さん:その辺りの表現をしっかり見てもらいたいと。

松風さん:それでは最後に一言。

笹本先生:カリオストロを公開2日目に観たのが自慢なんですが。これも初日を観たのが10年20年後に自慢になると思います。おめでとうございました。

佐藤監督:何度も観て下さい。これにつきます。宜しくお願いします。

小松さん:みなさん言われていますが、何度も何度も足を運んで自分の何かを見つけていただければなと思います。TV版から愛していただいている方は、ますますキャラクターたちを愛でていただいて、自分自身も亜空間にダイブしているような、そしてみなさんの亜空間を胸に抱いて明日へ歩んで下さい。

金本さん:TVシリーズから考えると2~3年。長い事作品にかかわらせていただいてこうして同じ役を出来ると言うのは本当にありがたいなと思います。色々なキャラクターが活躍していますので、隅の隅までしっかり見ていただければと思います。今日はありがとうございました。

中川さん:一視聴者だった私が劇場版のエンディングテーマを歌わせていただけるなんて夢のようですが、こうして無事生きて公開を迎えられて本当に良かったと思います。日本が作りだしたアニメソングは宇宙規模でみんなが笑顔になれる、世界平和の魔法だと思います。

そして最後は観客と全員で小松さんの「さ~!」の合図で「海賊の 時間だ!」と、海賊の営業をおえました!

『モーレツ宇宙海賊  -亜空の深淵-』初日舞台挨拶 松風雅也、中川翔子、 金元寿子、小松未可子、佐藤竜雄監督、笹本祐一先生
『モーレツ宇宙海賊 -亜空の深淵-』初日舞台挨拶 決めポーズでもう一枚
松風雅也、中川翔子、 金元寿子、小松未可子、佐藤竜雄監督、笹本祐一先生

『モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPEACE .亜空の深淵-』
は、2月22日(土) 新宿バルト9ほか、全国ロードショー中です!

公式HP: http://www.starchild.co.jp/special/mo-retsu/gekijo/
********************************************************************


『モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPEACE -亜空の深淵-』

<あらすじ>
モーレツ宇宙海賊-ABYSS-OF-HYPERSPEACE-.-亜空の深淵--白凰女学院高等部に通う加藤茉莉香は、「私掠船免状」を持った合法の宇宙海賊。学業、宇宙ヨット部部長、喫茶店でのアルバイト、さらに、宇宙海賊船・弁天丸の船長と、毎日大忙しだ。3年生への進級を控えた春休みのある日、客船での海賊営業の仕事を請けた茉莉香は、乗客リストの中に銀河パス所有者の少年・無限彼方を見つけて……。
少年と海賊の亜空を駆ける冒険が始まる!

CAST/小松未可子/下田麻美/花澤香菜/戸松遥/金元寿子/小見川千明/伊藤静/松風雅也/藤原啓治/堀江由衣/三宅健太/水原薫/松岡禎丞/佐藤利奈/日笠陽子/三森すずこ/

安野希世乃/内田真礼/野村香菜子/巽悠衣子/佐藤聡美/赤﨑千夏/西明日香/高森奈津美/茅野愛衣/南條愛乃/伊瀬茉莉也/松本保典/安元洋貴/甲斐田裕子/能登麻美子/

小山力也/飛田展男
STAFF/監督・脚本:佐藤竜雄、
原作:朝日ノベルズ刊「ミニスカ宇宙海賊」
(著:笹本祐一・イラスト:松本規之)
企画協力:朝日新聞出版、
副監督:中山勝一、アニメーションキャ
ラクター原案:あきまん、
アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督:堀内修
メカ・プロップデザイン:河森正治 鷲尾直広 寺岡賢司 鈴木雅久 宮崎真一、
小物デザイン:吉川美貴 秋篠 Denforword 日和、
美術監督:小倉宏昌
美術設定:ロマン・トマ ブリュネ・スタニスラス ニエム・ヴィンセント ルガル・ヤン 佐藤正浩
色彩設計:谷本千絵、
CGIプロデューサー:橋本トミサブロウ
モニターグラフィックス:石川寛貢
3DCGI:佐々木達朗、撮影監督:岩崎敦、
編集:坪根健太郎、音響監督:明田川仁
音響効果:山谷尚人、
オープニングテーマ:ももいろクローバーZ『猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」』
テーマソング:angela Presents/中川翔子『キラキラ-go-round』
イメージソング:小松未可子『Sail away』
音楽:Elements Garden(上松範康・藤田淳平・藤間仁・Evan Call)
音楽制作:スターチャイルドレコード
アニメーション制作:サテライト
配給:キングレコード ティ・ジョイ
製作:劇場版モーレツ宇宙海賊製作委員会
©2013笹本祐一/朝日新聞出版・劇場版モーレツ宇宙海賊製作委員会