「予告・特報」カテゴリーアーカイブ

残穢-住んではいけない部屋- シーン画像が解禁!


第26回山本周五郎賞を受賞した小野不由美の小説『残穢』(ざんえ)を、ミステリーの名手・中村義洋(『白ゆき姫殺人事件』『予告犯』)が映画化

残穢ポスター残穢【ざんえ】
-住んではいけない部屋-


が、2016年1月30日(土)に全国公開となります

主人公「私」に人気実力派女優の竹内結子。

「私」とともに調査を重ねる久保さん役には神秘的な魅力を放つ女優、橋本愛。初共演の2人に加え、佐々木蔵之介、坂口健太郎、滝藤賢一ら個性的な出演陣が集結。

小説家の「私」に読者の久保さんから届いた一通の手紙。

残穢サブ1
彼女は誰もいない部屋で奇妙な「音」がするという…と「私」のナレーションから始まり、その「音」が聞こえる場面に切り替わると久保さんとともにハッとさせられます。

その後、「音」の調査をする「私」と久保さん、さらに心霊マニアを演じる坂口健太郎の思わせぶりな笑顔、遠藤賢一演じる「私」の夫が床に耳をあてているカット、そして「音」の正体に関わってくると思われる過去の場面が挿入され、どのような謎が隠されているのか、興味を引き付けられます。

またラストには、興味本位で調査に同行するホラー小説家を演じる佐々木蔵之介が絶妙な表情で「いわゆるヤバイ話」とささやき、調査の果てにどのような「ヤバイ」戦慄の真実が待ち受けているのか、期待を膨らませる映像に仕上がっています。

残穢サブ2
物語は・・・

小説家である「私」のもとに、女子大生の久保さんという読者から、1通の手紙が届く。
「今住んでいる部屋で、奇妙な“音”がするんです」
好奇心を抑えられず、調査を開始する「私」と久保さん。

すると、そのマンションの過去の住人たちが、引っ越し先で、自殺や心中、殺人など、数々の事件を引き起こしていた事実が浮かび上がる。

彼らは、なぜ、“音”のするその「部屋」ではなく、別々の「場所」で、不幸な末路をたどったのか――。

「私」たちは、数十年の時を経た壮大なる戦慄の真相に辿り着き、やがて、さらなる事件に巻き込まれていく。



予定調和を許さない驚愕のラストまで、かた時も目が離せない戦慄のリアルミステリー

残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―

2016年1月30日(土)に全国公開

公式サイト:http://zang-e.jp

残穢_ロゴ
********************************************************************


原作:小野不由美『残穢』(新潮社刊)第26回山本周五郎賞受賞、7月29日文庫化予定
監督:中村義洋(『予告犯』『白ゆき姫殺人事件』『ゴールデンスランバー』)
脚本:鈴木謙一(『ゴールデンスランバー』「悪霊病棟」)
出演;竹内結子、橋本愛、佐々木蔵之介、坂口健太郎、滝藤賢一ほか

(C)2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会



林修先生による「コードネームU.N.C.L.E.」が60秒で早わかり!


全世界で大ヒットを記録したあの『シャーロック・ホームズ』シリーズのガイ・リッチー監督が、新たなバディムービーを生み出した!それは1960年代の超人気TVシリーズ「0011ナポレオン・ソロ」を、新たな視点で描くスパイ・サスペンス・エンターテイメント『コードネーム U.N.C.L.E.』が11月14日(土)より全国にて公開となります。

そして、この度、東進ハイスクールの現代文講師であり、現在では情報番組からバラエティ番組まで引っ張りだこ、「今でしょ!!」でお馴染みの林修先生と本作とのコラボが実現!たった60秒で本作について早わかりしてしまう特別映像が到着しました!

林先生


映像内では、本作について、林先生がホワイトボードを使い、東進ハイスクールの授業さながらのわかりやすさで解説!最後は、「今でしょ!!」を文字って「この映画いつ見るの?11月14日でしょ!」と映画のアピールも欠かさない映像に仕上がっています。

本映像は、全国の本作上映劇場にて。10月10日(土)より、全国の本作上映劇場にて上映される予定です。

  
林先生は今回のオファーを受けて、

林先生:撮影中は、僕のせいで一人でもこの映画を観るのをやめようという人が現れる可能性もあるわけだから、責任が重いし、大丈夫かな!?と本当に不安でした。この映像をみて、一人でも多くの人がこの映画を観たい!と思ってくれるように頑張ったつもりです。

と自身の想いを吐露。本作については

林先生:張り詰めた緊迫感だけでなく、人間関係も面白く、ラストは、あーやられた!といった感じで、非常に観やすく楽しめる!僕は、なんでここで車が吹っ飛ぶの?といったような無意味な破壊のある映画が好きなんです。この映画にはそういった要素もはいっていて、とってもよかったです!

と独特の好みを明かしつつも、絶讃のコメントを寄せています。

物語・・・
『コードネーム-U.N.C.L.E.』舞台は東西冷戦の真っただ中の1960年代前半。米中央情報局(CIA)エージェントのソロと、ソ連国家保安委員会(KGB)エージェントのクリヤキンは、長年の敵対感情をひとまず忘れ、謎の国際犯罪組織撲滅の合同任務に乗り出す。その組織は、核兵器と技術の拡散によって、世界の勢力バランスを揺るがし、破壊へと導こうと企んでいた。ふたりにとっての手がかりは、その犯罪組織に潜入するための鍵となる失踪したドイツ人科学者の娘だけ。彼女を守りながら、彼らは時間切れになる前に科学者本人を捜しださなければならない。

考え方もやり方も何もかも正反対の2人。果たして彼らは核爆弾大量生産の危機から世界を救えるのか!?

コードネームU.N.C.L.E.

2015年11月14日(土) 全国ロードショー

公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/codename-uncle/

********************************************************************

監督:ガイ・リッチー 

脚本:ガイ・リッチー&ライオネル・ウィグラム
製作:ジョン・デイビス、スティーブ・クラーク=ホール、ライオネル・ウィグラム、ガイ・リッチー 
製作総指揮:デイビッド・ドブキン

キャスト:ヘンリー・カビル、アーミー・ハマー
アリシア・ヴィキャンデル、エリザベス・デビッキ 、ジャレッド・ハリス、ヒュー・グラント

配給:ワーナー・ブラザース映画

(C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED
   


シャマランからの挑戦状に観客が驚愕!映画『映画『ヴィジット』』


M・ナイト・シャマラン監督・脚本最新作にしてシャマラン史上最高のスリラー、『ヴィジット』が10月23日(金)より公開となります。

この度、本作を鑑賞している観客の驚愕っぷりが伺える、WEB用特別スポットを解禁となりました。

今回解禁される映像は本作を鑑賞中の観客の様子を映し出したもの。

スクリーンでどんな展開を迎えているのか定かではありませんが、驚きすぎて手が震えていたり、空いた口も目もふさがらない女性の様子が映し出され、最後に映し出される少年の慄きっぷりはシャマランからの挑戦状を受け取った観客の衝撃度を表しています。

VISIT_WEBスポット画像2
映画の公開に先駆けて実施された試写会アンケートでは「怖かった」と回答した方が96%を超え、本作を誰かに薦めたいという回答は80%以上という結果に。驚き、恐怖を感じながらもオススメの映画という意見が大多数を占め、
VISIT_WEBスポット画像1 「お化け屋敷に行った気分!」(20代女性)、
「もうおばあちゃん家行けない」(10代女性)、
「恐怖のお泊りでした」(20代男性)、
「今年一番のスリラー!」(20代女性)、
「予想を遥かに超えて“スリラー”でした。怖い!!」(20代女性)、
「結末が読めなかった!」(10代女性)
という感想が多く見られました。

「怖かった/ハラハラドキドキした」にYESと回答…96.7%
「驚いた/結末が気になった」にYESと回答…87.0%
「誰かに薦めたい」にYESと回答…80.6%



あなたの目で・・・お確かめください。

ヴィジット』(原題『The Visit』)

10月23日(金)TOHOシネマズ みゆき座ほか全国公開です。

公式サイト:http://THEVISIT.jp

映画あらすじ

祖母の家には奇妙な「3つの約束」があった。

ヴィジット_ポスタービジュアル第一の約束 楽しい時間を過ごすこと
人里離れた祖母の家へ
休暇を利用して祖父母の待つペンシルバニア州メイソンビルへと出発した姉弟。
都会の喧騒から離れて、田舎での楽しい1週間を過ごす予定だった―その時までは。

第二の約束 好きなものは遠慮なく食べること
奇妙な「3つの約束」とは?
優しい祖父と、料理上手な祖母に温かく迎え入れられ、母親の実家へと到着した2人。
しかし出会えた喜びも束の間、就寝時、完璧な時間を過ごすためと、
奇妙な「3つの約束」が伝えられる。

第三の約束 夜9時半以降は部屋から絶対に出ないこと
この家は、何かがおかしい
夜9時半を過ぎ、異様な気配で目が覚める2人。部屋の外から聞こえるただ事ではない
物音に恐怖を覚えた彼らは、絶対に開けてはいけないと言われた部屋のドアを開けてしまう。
そこで2人が目にしたものとは――?

挙動がおかしい祖母/呼びかけに無反応な祖父/カギがかけられた納屋/尾行してくる男/消えた隣人/「ここには“暗闇さん”がいるの」/夜中に響く騒音/床下で襲ってくる女、――なぜ?


********************************************************************

監督・脚本:M・ナイト・シャマラン
製作:M・ナイト・シャマラン、ジェイソン・ブラム、マーク・ビエンストック
出演:キャスリン・ハーン、ディアナ・デュナガン、ピーター・マクロビー、エド・オクセンボールド、オリビア・デヨング

上映時間:94分
配給:東宝東和
(C) Universal Pictures.


『シーズンズ 2万年の地球旅行』特報とポスター到着


ジャック・ペラン×ジャック・クルーゾ監督コンビが、新たなるネイチャードキュメンタリーの扉を開く

映画『シーズンズ 2万年の地球旅行

シーズンズポスター
が、2016年1月15日(金)より全国公開となります。その特報とポスタービジュアルが到着しました。

地球の主人公、野生生物の目線でとらえた2万年の物語。

ドキュメンタリーに、総製作費40億、構想4年。

400人のスタッフが最新の撮影機材を駆使し、歴史学、動物行動学、人類学、哲学、民俗学、植物学ら多くのスペシャリストと共に時空を超えた感動的なストーリーを紡ぎだします。

2万年という悠久の時間、そこで懸命に生きる生命をドラマティックに描いた壮大な旅。ここには、この地球のすべての生命の希望に満ちた未来がある。氷河期が終わり、あらゆる生命が春を謳歌し始めた2万年前から現在、そして未来へと至る地球の歩みを、動物の目でとらえる全く新しいネイチャー・ドキュメンタリーが誕生。



特報映像内では、ロバ、シマウマを除くと、現存する唯一の野生馬、モウコノウマの格闘や濫獲により個体数が激減しているヨーロッパオオカミの狩り、鳥の編隊飛行、ヒグマ同士の大乱闘、悠然で神秘的トナカイの大移動などが映し出され、本作で初めて行われた撮影方法によってとらえることができた生き物たちの表情などは、まだまだ知らなかった神秘的な世界への期待が膨らむ映像に仕上がっています!

シーズンズwolf
なお、本作は、10月22日(木)より開催される、第28回東京国際映画祭にて特別招待作品としての上映もあり、あわせてジャック・クルーゾ監督の来日も決定しています!

監督の来日は『オーシャンズ』以来、6年ぶりとなります。


ピックアップ
シーズンズ2『シーズンズ 2万年の地球旅行』では、世界初の無音小型バギーの開発により、馬やオオカミと同じ目線で狩りの臨場感溢れる疾走に肉薄した映像がおさえられている。

さらに、『WATARIDORI』(01)で開発した軽量飛行機のさらなる改良により、雁の群れを並走飛行で撮影することに成功し、大空を遊泳する気持ち良さを体感できるものとなっている。


シーズンズ3また、動物行動学に基づいた効率的かつ緻密な撮影技法で、すべての野生動物の行動をありのままに、強い子孫をのこすための馬や熊の雄同志の命懸けの死闘や、臆病な雌鹿の感動の出産、母鳥の愛情溢れる子育て、絶滅危惧種の貴重な生態を接写し、動物たちの感情の細かな機微までをも雄弁にカメラに収めることに成功!これまでになかった新たなるネイチャードキュメンタリー。

********************************************************************

監督:ジャック・ペラン『オーシャンズ』、ジャック・クルーゾ『オーシャンズ』

出演:トナカイ、ヨーロッパオオカミ、オオヤマネコ、ヒグマ、シロフクロウ、モウコノウマ、他

(C)2015 Galatée Films – Pathé Production – France 2 Cinéma – Pandora Film – Invest Image 3 – Rhône-Alpes Cinéma – Winds – Pierre et Vacances



MACOが映画『エール!』主題歌「青春の翼」を担当決定


フランス映画祭2015のオープニング作品に選出され、見事観客賞を受賞した映画『エール!』。

2014年12月17日にフランスで公開されるやいなや、4週連続 1位を獲得、12週連続でTOP10入りを果たし驚異的な大ヒットを記録、750万人が笑って涙した話題作が、10月31日(土)全国公開となります。

この度、シンガーソングライターのMACOが本作の主題歌である「青春の翼」の主題歌日本語版を担当することが決定しました!!

『エール!』MACOがっちゃんこ画像
昨年7月年にメジャーデビューしたMACO。メジャーデビュー・ミニアルバム『23』が、オリコン・アルバムウィークリーランキングTOP10、iTunes総合1位を記録、レコチョク年間ランキングの新人部門1位に輝き、第29回日本ゴールドディスク大賞「ベスト5・ニューアーティスト賞」を受賞しました。

今回、自身初となる映画コラボレーションが実現したMACOさん。

MACOさん:私自身の想い、両親への想いそして映画の中でポーラが『青春の翼』を歌うシーンを思い出しながら、歌詞を書きました。映画のシーンはもちろんのこと、私自身とリンクする部分がたくさんありました。私もポーラの愛する両親に対する想いのように、(私自身の想いを)歌詞に投影しました。私が日本語版を担当させていただきました『青春の翼』を是非皆さん、お聴きください。

とメッセージを寄せています。

劇中では、主人公ポーラによって歌われる「青春の翼」。ポーラを演じるのは、映画初出演ながら主演に抜擢されたルアンヌ・エメラ。彼女は、人気歌オーディション番組で注目を集め本作の主演に抜擢され、セザール賞、リュミエール賞で最優秀新人女優賞をW受賞し、歌手としてもデビュー・アルバムが異例の60万枚セールを突破し今フランスで一大センセーションを巻き起こしているシンデレラガール。
今回日本、フランスの歌姫との夢の豪華コラボレーションとなりました!

 

「パリで歌手になりたい」ポーラの夢が“聴こえない”家族は大反対!
少女の夢と家族への愛を乗せた歌声が起こした、最高の奇跡とは―?

フランスの田舎町。酪農を営むベリエ家は、高校生のポーラ以外、父も母も弟も全員耳が聴こえない。

美しく陽気な母、熱血漢な父とおませな弟。一家の合い言葉は、“家族はひとつ”。

オープンで明るく、仲のいい家族だ。
ある日、ポーラの歌声を聴いた音楽教師はその才能を見出し、パリの音楽学校のオーディションを受けることを勧める。
夢に胸をふくらませるポーラだったが、彼女の歌声を聴くことができない家族は、彼女の才能を信じることもできず、もちろん大反対。夢に向って羽ばたいてみたい、だけど私がいなくなったら…と、ポーラは悩んだ末に、夢を諦める決意をするのだが・・・

公式サイト:http://air-cinema.net/  
公式Facebook:https://www.facebook.com/air1031  
公式Twitter:https://twitter.com/air_cinema

********************************************************************

監督:エリック・ラルティゴ『プレイヤー』
出演:ルアンヌ・エメラ(新人)、カリン・ヴィアール『しあわせの雨傘』、フランソワ・ダミアン『タンゴ・リブレ君を想う』、エリック・エルモスニーノ『ゲンズブールと女たち』ほか

配給・提供:クロックワークス、アルバトロス・フィルム
原題:「La famille Bélier」
2014年/フランス映画/アメリカン・ビスタ/DCP5.1ch/105分/
(C)2014-Jerico-Mars Films-France 2 Cinéma-Quarante 12 Films-VendÔme Production-Nexus Factory-Umedia