「予告・特報」カテゴリーアーカイブ

『バイオハザード』15年分のアリスとアンブレラ社との戦いを“60秒”で


映画情報どっとこむ TJ 12月23日(金・祝)に日本で世界最速公開となる究極のアクション超大作シリーズ第6弾にして最終作『バイオハザード:ザ・ファイナル』。

%e3%82%a2%e3%83%aa%e3%82%b9
日本発の大人気ゲームから生まれ、ミラ・ジョヴォヴィッチ演じる美しきヒロイン・アリスと、世界をアンデッド化した元凶である宿敵アンブレラ社との最後の戦いをシリーズ最高のスケールで描く!

このたび、本作の公開を記念して、『バイオハザード:ザ・ファイナル』を含むシリーズ全6作、15年分のアリスとアンブレラ社との戦いを“60秒”で振り返る特別映像が解禁となりました!

映画情報どっとこむ TJ

●2002年『バイオハザード』――

舞台は架空の都市ラクーンシティ。世界有数の製薬会社アンブレラ社の研究施設ハイブで、極秘裏に開発されていた“T-ウイルス”が漏れ、研究所内にパニックが広がる。アリスのすべての戦いはここから始まった。

●2004年『バイオハザードⅡ アポカリプス』――

T-ウイルスが引き起こした感染は、ラクーンシティ全域に。施設から解放されたアリスは、生存者たちを引き連れてラクーンシティからの脱出を図るが、アンブレラ社が放った強力な生物兵器“ ネメシス” が立ちはだかる……。

●2007年『バイオハザードⅢ』――

世界中に拡大したT-ウイルスの汚染で文明は死に絶えようとしていた。砂漠化した荒野で生存者たちを率いるクレアが初登場したほかアリスのクローンやラスボス・アイザックス博士の登場など本作ともリンクするポイントが多く、アクションもよりワイルドに!

●2010年『バイオハザードⅣ アフターライフ』――
%e3%80%8e%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%8f%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%89%e2%85%a3-%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%80%8f 東京にある宿敵アンブレラ社の拠点へ乗り込んだアリス。アンブレラ社のボス、ウェスカーの巧妙な策に翻弄され、特殊な力を奪われてしまう。再会したクレアとの巨体のクリーチャー“ 処刑マジニ” を相手にした共闘シーンや人気シンガー中島美嘉の出演が話題に!

●2012年『バイオハザードⅤ:リトリビューション』――
%e3%80%8e%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%8f%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%89v%e3%80%80%e3%83%aa%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%80%8f アンブレラ社に捕えられ、バーチャルリアリティの実験施設に放り込まれたアリス。彼女の前に現われたウェスカーは、衝撃の事実を告げる。アンブレラ社が開発し、人智を超える存在に成長してしまった人工知能レッドクイーンこそがすべての黒幕だった!

映画情報どっとこむ TJ そして最終作となる今回の『バイオハザード:ザ・ファイナル』では、アンブレラ社によって地球上を覆いつくすアンデッドとアリスとの最終決戦で人類絶滅のカウントダウンが始まる。
%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%8f%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%89%ef%bc%9a%e3%82%b6%e3%83%bb%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%ab_%e3%82%a8%e3%83%b4%e3%82%a1 残り時間は僅か48時間と迫る中、アリスは全ての物語が始まった地:ラクーンシティへ戻り、そこで、生き残った仲間クレア(アリ・ラーター)、コバルト(ローラ)らと共に、首謀者・アイザックス(イアン・グレン)が待ち受けるアンブレラ社の心臓部=「ハイブ」を壊滅させる為、最期の戦いに挑む。
バイオハザード:ザ・ファイナルs1 %e3%80%8e%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%8f%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%89-final%e3%80%8fs2 12月13日にはシリーズの生みの親にして公私にわたるパートナー、ポール・W・S・アンダーソン監督とともに、アリスとしてシリーズ最後の来日を果たし、日本のファンのためにワールドプレミアに参加するミラ。シリーズを振り返り、

ミラ:過去15年間も『バイオハザード』シリーズを作り続けてきて本当に楽しかった。だからこそファイナルを迎えることは色々な意味でとても悲しいわ。だけど同時に、素晴らしいシリーズにとっての最高のフィナーレ作品を作ることができたと自負しているので、きっと楽しんでもらえると思うわ。

とコメントしている。

映画情報どっとこむ TJ %e3%80%8e%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%8f%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%89-final%e3%80%8f
バイオハザード:ザ・ファイナル
原題:Resident Evil: The Final Chapter

12月23日(金・祝)世界最速公開!

公式サイト:
www.biohazard6.jp

公式Twitter:
@biomovieJP

私が何者であろうと――この命を燃やす。

人類滅亡まで48時間――すべては彼女(アリス)に託された

バイオハザード:ザ・ファイナル「48時間で人類は滅びる」とレッドクイーンに告げられるアリス。その言葉を体現するかのように、宿敵アンブレラ社が放った絶望的な数のアンデッドが地上を埋め尽くしていく。人類滅亡のカウントダウンが始まったのだ。アリスはすべての物語がはじまった地=ラクーンシティへ戻る。生き残った仲間クレアやコバルトらと共に、アンブレラ社の心臓部である「ハイブ」を壊滅させるため、いま、最後の戦いが幕を開ける――。

主人公アリスは、『バイオハザード』シリーズとともに進化を遂げてきた最強のアクション・ヒロイン、ミラ・ジョヴォヴィッチ。監督はシリーズすべてに携わってきたポール・W・S・アンダーソン。アリスと共に戦う女戦士コバルト役で日本からはローラがハリウッドデビューし参戦!クレア・レッドフィールド役で人気を博したアリ・ラーターも最終作にカムバック。そして、これまで謎に包まれていた「アンブレラ社の陰謀」「T-ウィルスの開発」そして「アリスの誕生」の秘密がついに明かされる――。

***********************************


監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター、ショーン・ロバーツ、ルビー・ローズ、オーエン・マッケン、ローラ、イ・ジュンギ、ウィリアム・レヴィ、イアン・グレン


一青妙(原作)・窈(歌) 姉妹タッグ!木南晴夏・藤本泉「ママ、ごはんまだ?」予告


映画情報どっとこむ ralph 一青妙(原作)・窈(歌) 姉妹タッグ! 木南晴夏・藤本泉が姉妹役映画「ママ、ごはんまだ?」日本・台湾合作映画です。2017年2月11日(土)より角川シネマ新宿他全国公開となります。

それに伴い、台湾料理と一青妙・窈姉妹と母の絆が溢れる劇場予告編が到着しました。
%e3%83%9e%e3%83%9e%e3%80%81%e3%81%94%e3%81%af%e3%82%93%e3%81%be%e3%81%a0%ef%bc%9f_%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc
辛い時にも幸せな時にも、心を込めて料理を作り、料理を囲む。それは家族が、繋がること。そんな原点に立ち返らせてくれ、心を優しく包み込む映画『ママ、ごはんまだ?』。

本作が描き出すのは、料理を通じて見えてくる、母から娘たちへの愛、そして家族の絆。一青妙によるエッセイ「私の箱子」「ママ、ごはんまだ?」(講談社刊)を基に、心温まるヒューマンドラマを描きました。

時を超え愛を届けてくれたのは、母が遺した料理のレシピ。

台湾人の父と日本人の母、可愛い妹と共に、家族4人で暮らした懐かしい記憶が、金沢。

台湾、東京を結ぶぬくもりの味と共に甦る。

映画情報どっとこむ ralph 予告では、一青窈が、この映画のために書き下ろした主題歌「空音(そらね)」が、効果的に使われ、原作者である姉との絆を見せています。


主人公・妙を演じるのは、多くの映画やドラマで活躍する実力派の木南晴夏。その妹・窈に、期待の若手女優の藤本泉。母・かづ枝には、演技派、河合美智子。監督は『能登の花ヨメ』、『劇場版神戸在住』の白羽弥仁。東京、金沢、一青家のルーツである石川県中能登町、最近注目の古都、台南市(台湾)のロケを敢行し、数々の台湾家庭料理を作るシーンも映画の魅力です。

今回、クックパッド公式キッチン内で辻調理師専門学校協力監修の映画に登場する数々の台湾料理のレシピ紹介など、この作品の特設ページも展開中。

第64回サン・セバスチャン国際映画祭キュリナリー部門正式出品作品(2016年) 2017年陽春の邦画話題作。

日本・台湾合作映画「ママ、ごはんまだ?

を2017年2月11日(土)より角川シネマ新宿他全国公開です。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

家族で暮らした懐かしい東京の家を取り壊す時に見つかった、赤い木箱。古い手紙の束と一緒に入っていたのは、20年前に亡くなった母の台湾料理のレシピ帳。一青妙の脳裏に、いつも料理をしていた母の姿が浮かぶ…。

%e3%83%9e%e3%83%9e%e3%80%81%e3%81%94%e3%81%af%e3%82%93%e3%81%be%e3%81%a0%ef%bc%9f
台湾人の父と日本人の母・かづ枝とともに、幼少期を台湾で過ごした妙。慣れない環境で苦労もあったはずなのに、記憶の中のかづ枝は、言葉も台湾料理もお手の物の、明るく逞しい母だ。やがて妹・窈が生まれ、一家は東京へ移り住む。だが時を経ずして、優しい父を亡くす。どんなに辛い時でも、かづ枝は日々、料理をし、娘たちは、その料理を愛した。大学生になった妙が隠し事をした時も、その心を戻したのは、母が黙って差し出すお粥だった。かづ枝の料理は、家族の絆を強め、そして周囲の人々をも幸せな気持ちにした。だが間もなく、かづ枝は病に倒れ、亡くなってしまう。妙と窈を悲しみから救ってくれたのもまた、冷凍庫に残されていた母の味…。あれから20年が過ぎた今、姉妹は、一青家ゆかりの地、中能登町にあるかづ枝の墓前で、母の小さな秘密を知る。妙は、ある思いに駆り立てられ、台湾へ向かう。果たして、母がレシピに込めた想いとは?

www.mama-gohanmada.com

***********************************

出演:木南晴夏 呉朋奉 藤本泉 甲本雅裕 仁科貴 今拓哉 広澤草 一青妙 春風亭昇太 河合美智子

企画協力:一青妙
監督・脚本:白羽弥仁
原作:一青妙「私の箱子」「ママ、ごはんまだ?」(講談社刊)
主題歌:一青窈「空音(そらね)」
制作・配給:アイエス・フィールド
2016年/日本・台湾/カラー/117分/5.1ch/ビスタサイズ/G

©一青妙/講談社 ©2016「ママ、ごはんまだ?」製作委員会


『スパイダーマン:ホームカミング』アイアンマンと共に!予告到着


映画情報どっとこむ ralph ニューヨーク。15歳の高校生ピーター・パーカーはスパイダーマン。

部活のノリで街を救う、ヒーロー気取りの高校生。

%e3%82%b9%e3%83%91%e3%82%a4%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%b3_sog_jpn_3d_logo
そんなピーターの能力を見出し、真のヒーローとしての“道”へと導こうとするのがアイアンマン=トニー・スターク。

スタークに新しいスーツまで作ってもらい興奮するピーターは、自分の力を認めてもらおうと街に飛び出す日々。


そんなある日、巨大な翼で飛行する怪物が街に突如現れる。ピーターはここぞとばかり、ニューヨークの平和のために怪物退治に乗り出そうとするが、スタークに「アベンジャーズに任せておけ」と止められてしまう。

「ガキ扱いは、ゴメンだ!」

とピーターはその忠告を聞かずに戦いに挑むが――。

映画情報どっとこむ ralph 主人公ピーター・パーカー/スパイダーマン役を演じるのは20歳の新進気鋭の英国俳優トム・ホランド。先日、東京コミコンで来日したスパイダーマンの生みの親スタン・リーに「トム・ホランドはスパイダーマンの役をやるために生まれてきた」と言わしめるほどの逸材。すでに世界中から人気と期待を集めている!

トニー・スターク/アイアンマン役には同役での出演がこれで8作目となるロバート・ダウニー・Jr。スパイダーマンが対峙する敵・ヴァルチャーを『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のマイケル・キートンが演じることが初映像でわかった。そして、ピーターの叔母であるメイおばさん役には『レスラー』のマリサ・トメイ。MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に加わったスパイダーマンをベテラン勢が支える。

予告映像は!



親子ほど年の離れたスタークのシニカルなユーモアに翻弄されるパーカーの姿は初々しい!

まだやんちゃな新人ヒーローが本作の中でどれほど成長するのかを期待させます!

ヴィランであるヴァルチャーの超高速飛行と不気味に緑に光る眼は、どんなパワーを秘めているのかまだまだ謎に包まれている。そしてムササビのような羽をつけて飛ぶスパイダーマン、真っ二つに割れそうな船にスパイダーウェブをめぐらせて全身で止めようとするスパイダーマン。

そして最後にはアイアンマンとともにニューヨークの空にスパイダーマン登場!

映画情報どっとこむ ralph 一体どんなアクションを見せてくれるのか、どんなストーリーになっているのか、大いに期待が高まる予告映像になっている。2017年夏が待ちきれない!

『スパイダーマン:ホームカミング』

2017年8月11日(金・祝)全国ロードショー。
2017年7月7日全米公開。


***********************************

監督:ジョン・ワッツ(『コップ・カー』)

キャスト:
トム・ホランド(『白鯨との闘い』)、
ロバート・ダウニー・Jr(『アイアンマン』『アベンジャーズ』)
マリサ・トメイ(『レスラー』)
ゼンデイヤ
トニー・レヴォロリ(『グランド・ブダペスト・ホテル』)
ローラ・ハリアー
ジェイコブ・バタラン
©Marvel Studios 2016. ©2016 CTMG. All Rights Reserved.


『ポッピンQ』ヒロインたちの思い!!な特別映像解禁!


映画情報どっとこむ mari 東映アニメーションが創立60年の節目に贈るオリジナル劇場アニメ『ポッピンQ』が、12月23日(金・祝)より全国拡大ロードショーとなります。

%e3%83%9d%e3%83%83%e3%83%94%e3%83%b3qこれは中学から高校へ、思春期の真っ只中で、それぞれに悩みを抱えた5人の女の子が出会い、ぶつかり合い、絆を育みながら成長していく、特別な時間の物語。

12月3日に開催された一日限りのスペシャルイベント「スーパー・プレミアム・ミーティング」で初上映され、待ちわびていたファンの熱が急上昇中の『ポッピンQ』。

同イベントで初披露されその美しいメロディで会場中を酔わせたキャラクターソングでエンディングで流れる卒業ソング「さよなら。ありがとう。」

この珠玉の青春ミディアムバラードを歌うのは、時の谷で出会い悩み惑いながらも世界の危機を救う為、ダンスを踊る5人のヒロインを演じた今最も旬な声優キャスト、瀬戸麻沙美 井澤詩織 種﨑敦美 小澤亜李 黒沢ともよ。
%e3%83%9d%e3%83%83%e3%83%94%e3%83%b3q%e3%83%92%e3%83%ad%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%82%b9%e3%83%88%e5%ae%a3%e6%9d%905s
そんな特別映像が解禁!!
ヒロインたちの思いがひしひしと感じられること間違いなし。



映画情報どっとこむ mari 下記劇中楽曲の配信も決定!

「ポッピンQ」オープニングテーマ『ティーンエイジ・ブルース movie size』

「ポッピンQ」卒業ソング『さよなら。ありがとう。』

「ポッピンQ」オリジナルサウンドトラックセレクション

が12月21日(水)より、 iTunes / mu-mo(ミュウモ) / レコチョク / Amazon / Google Play Music / LINE MUSICほかにて配信が開始される。

少女たちの青春の日々を目に耳に焼き付け、12月23日(金・祝)の公開日には映画館で一緒に口ずさもう!

ポッピンQ』。
2016年12月23日(金・祝) 全国ロードショー
公式HP:
http://www.popin-q.com  
公式Twitter:@POPIN_Q_staff

***********************************

監督:宮原 直樹
%e3%83%9d%e3%83%83%e3%83%94%e3%83%b3q%ef%bc%9a%e6%96%b0%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%83%ab企画・プロデュース:松井俊之/プロデューサー:金丸裕/原作:東堂 いづみ
キャラクター原案:黒星 紅白/脚本:荒井 修子/キャラクターデザイン・総作画監督:浦上 貴之
CGディレクター:中沢大樹/色彩設計:永井留美子/美術設定:坂本 信人/美術監督:大西 穣
音楽:水谷 広実( Team-MAX )、片山 修志( Team-MAX )
主題歌:「FANTASY」 (Questy)
配給:東映
アニメーション制作:東映アニメーション
製作: 「ポッピンQ」Partners
©東映アニメーション/「ポッピンQ」Partners 2016

【キャスト】
瀬戸麻沙美、井澤詩織、種﨑敦美、小澤亜李、黒沢ともよ
田上真里奈、石原夏織、本渡 楓、M・A・O、新井里美
石塚運昇、山崎エリイ、田所あずさ、戸田めぐみ
内山昴輝、羽佐間道夫、小野大輔、島崎和歌子


チェンクロ 山下大輝、佐倉綾音よりメッセージ動画が到着!


映画情報どっとこむ TJ 『チェインクロニクル ~ヘクセイタスのひかり閃~』

スマホRPG「チェインクロニクル」は、2013/7/26にサービスがスタート。総ダウンロード数500万回を超える大人気RPGとして、3年経った今もなお、愛され続けています。

「チェンクロ」をゲームと劇場で楽しんじゃおう!というコンセプトから、3周年を記念し、全3章で上映版を制作し、3ヶ月連続の上映。 

第1章は12/3から、第2章は2017/1/14から、第3章は2017/2/11から、それぞれ2週間限定で順次イベント上映が決定、現在、第一章が絶賛上映中です!
%e7%b7%9a%e9%bb%92%e5%b1%b1%e4%b8%8b%e5%a4%a7%e8%bc%9d_%e4%bd%90%e5%80%89%e7%b6%be%e9%9f%b3 そんな、チェンクロファンのために、アラム役の山下大輝さんと、フィーナ役の佐倉綾音さんより、オフィシャル動画メッセージが到着しました!


映画情報どっとこむ TJ 第1章 物語
世界の全てを記述した本、“チェインクロニクル”を巡る物語。

%e3%83%81%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%8b%e3%82%af%e3%83%ab最果ての大陸“ユグド”。 住人達は自分たちの住むその大陸が、世界の広さのすべてだと思っていた。
大陸はいくつかの領地に分かれ、それぞれの地に王が存在していた。
各勢力によって、小規模戦闘が起きる事はあっても 諸王たちの円卓会議により選ばれた“盟王”によって、バランスが保たれていた。
暗黒の魔物“黒の軍勢”が現れるまでは?

「全ては闇に覆われる…」黒の軍勢に挑んだユーリ率いる義勇軍だったが、力及ばず敗退。
さらにはチェインクロニクルの半分を黒の王に奪われてしまう。
黒の王によって占領されてしまった王都。その王都から撤退する最中、ユーリたちはたった一人で黒の軍勢と戦う少年と遭遇する。

この世の全てが記述された本“チェインクロニクル”をめぐる、黒の軍勢と義勇軍たちの世界の命運を懸けた闘い、そして“キズナ”の物語が、始まる―。


映画情報どっとこむ TJ 第2章 物語
希望の光が、キズナを壊す―。

%e3%83%81%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%8b%e3%82%af%e3%83%ab%e7%ac%ac2%e7%ab%a0圧倒的な勢力で侵攻する“黒の軍勢”によって王都は陥落した。この脅威に対抗すべく、ユーリやフィーナたち義勇軍を中心に、聖王女ユリアナなど各地の勢力が立ち上がるものの、黒の王の圧倒的な力の前に敗退する。撤退の道中、ユーリはマナを自在に操る少年・アラムと出会う。その姿に新たな希望を見出したユーリは彼を義勇軍に迎え、今一度黒の王と戦う決意を固め討伐軍を組織するが、戦いで受けた傷が黒化し、徐々に彼を蝕んでいった……。
義勇軍の敗退を受け暴動が頻発する聖都では、市民の動揺を抑えるべくユリアナがある決意をする。一方、かつて共に戦った九領筆頭シュザは、己が覇道を突き進まんと討伐軍に刃を向ける。それぞれの思惑と運命が交錯する中、ユーリの意識の奥底でもう一人の自分が囁き始める…。
“勇者”であるが故に縛られる己の運命。世界中の人間が自分に助けを求め“勇者”であることを求めるが“勇者”である彼を救う者は居ない――。世界にとって“戦う器に過ぎない自分”という存在だと突き付けられた時、ユーリの運命の歯車が大きく動き始める。

***********************************

第一章 クレジット
石田 彰 山下 大輝 佐倉 綾音 内田 真礼
豊永 利行 内田 彩 今井 麻美 小岩井 ことり
緑川 光 柳田 淳一 川原 慶久 佐藤美由希
日野 聡 伊藤 美来 村川 梨衣 大坪 由佳
沼倉 愛美 大塚 明夫

原作:セガ
監督・キャラクターデザイン:工藤 昌史
副監督:花井 宏和
シリーズ構成:待田 堂子
美術監督:陳場 大輔
色彩設計:大塚 眞純
撮影監督:荻原 猛夫
CG監督:篠原 章郎
編集:齋藤 朱里
音響監督:はた しょう二
音楽:甲田 雅人
音響制作:サウンドチーム・ドンファン
音楽制作:フライングドッグ
アニメーション制作:テレコム・アニメーションフィルム×グラフィニカ
配給:ショウゲート
宣伝:パジー・エンタテインメント/スロウカーブ
パブリシティ:ブラウニー
エンディングテーマ:ナノ「PARAISO」
(C)SEGA/チェンクロ・フィルムパートナーズ