「予告・特報」カテゴリーアーカイブ

『愛を歌う花』撮影舞台裏をおさめたメイキング映像解禁


映画情報どっとこむ mari 『ビューティー・インサイド』のハン・ヒョジュ主演で贈る、1943年の激動の時代に翻弄されながらも歌と愛に生涯をささげた妓生(キーセン)の物語を描いた2017年1月7日(土)にシネマート新宿ほか全国順次公開となる映画『愛を歌う花』の撮影舞台裏をおさめたメイキング映像が解禁となりました。



この度、解禁となったメイキング映像はハン・ヒョジュ、ユ・ヨンソク、チョン・ウヒの撮影風景をおさめたもの。ハン・ヒョジュとチョン・ウヒは映画『ビューティー・インサイド』で共演しているが、共演シーンは数シーンしかなかったため、今回がほぼ初共演。

ハン・ヒョジュは「この映画でウヒさんと出会えたことがうれしかったです。同世代の仲間ですし、ずっとファンだったんです」と明かすと、チョン・ウヒも「今回はほぼ初めての共演ですが、息はぴったりです」と笑顔。撮影中は2人で写真を撮りあったり、本番の歌唱シーン終了後もずっと手をつないでふざけ合うなどし、「撮影中も楽しくて、いい思い出ができました」とハン・ヒョジュは撮影を振り返っている。また本映像には作曲家ユヌを演じるため、2か月ほど特訓したというユ・ヨンソクのピアノの練習風景もおさめられています!


映画情報どっとこむ mari ハン・ヒョジュ×ユ・ヨンソク×チョン・ウヒという映画『ビューティー・インサイド』で共演した3人が再び集結したことも話題の本作は、ずば抜けた美貌と優れた歌唱力で最高の歌姫と称されるソユル(ハン・ヒョジュ)、心に響く天性の歌声を持つ幼なじみのヨニ(チョン・ウヒ)、そして最高峰の実力を誇る作曲家ユヌの歌と運命をめぐる3人の物語。人の言葉を理解する花と書き、美しさと強さ全てを持つ女性という意味を持つ原題『解語花』。映画は悲劇の時代を生きた3人の男女の運命と才能をドラマチックに美しい音楽とともに描く。1943年、大衆歌謡の黄金期にありつつ、悲運の時代。歌手を夢見た最後の妓生に隠された物語を描いた本作は、当時の大衆歌謡界と券番妓生の姿をスクリーンに蘇らせたという点でも大きな話題を呼んだ作品です。

映画『愛を歌う花』
原題:해어화/英題:Love,Lies

は2017年1月7日(土)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかロードショー。
公式HP:aiuta-movie.com 

あらすじ
時は1943年、京城唯一の妓生養成学校。ずば抜けた美貌と優れた歌唱力で最高の歌姫と称されるソユル(ハン・ヒョジュ)と、心に響く天性の歌声を持つ幼なじみのヨニ(チョン・ウヒ)は、作曲家ユヌ(ユ・ヨンソク)から一目置かれ、同期の羨望を受けるかけがえのない親友同士だった。作曲家として最高峰の実力を誇るユヌは民衆の心を癒やす「朝鮮の心」という歌を作曲する矢先、ヨニの歌声にいつしか魅了されていく。ユヌの曲を自分のものにし、歌手になることを夢見るソユルは次第に嫉妬心が芽生え始め、3人それぞれの運命が狂い始めていく――。

***********************************

監督:パク・フンシク『メモリーズ 追憶の剣』  

出演:ハン・ヒョジュ『ビューティー・インサイド』「トンイ」、ユ・ヨンソク『尚衣院-サンイウォン-』『ビューティー・インサイド』、チョン・ウヒ『サニー 永遠の仲間たち』
『ビューティー・インサイド』、パク・ソンウン『新しき世界』『鬼はさまよう』
2016年/韓国/120分/カラー/ビスタ/5.1ch
配給:クロックワークス  
© 2016 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
   


描かれるのは、宇宙創生――そして、生『ボヤージュ・オブ・タイム』


映画情報どっとこむ TJ 寡作にして発表する作品は常に高い評価を受け、カンヌ国際映画祭では『天国の日々』(78)で監督賞を、『ツリー・オブ・ライフ』(11)でパルムドールを、さらにベルリン国際映画祭では『シン・レッド・ライン』(98)で金熊賞を受賞し、度々アカデミー賞にもノミネートされ世間を賑わしてきた偉才テレンス・マリック監督。
vot_40_90_europa その40年のライフワークを集大成して世に送り出す渾身作が『Voyage of Time: Life’s Journey』です。

その邦題を『ボヤージュ・オブ・タイム』として、2017年3月よりTOHOシネマズ シャンテ他 全国ロードショーすることが決定。合わせてポスタービジュアルと本予告が到着しました。



今回解禁となる本予告では

%e3%83%9c%e3%83%a4%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%bb%e3%82%aa%e3%83%96%e3%83%bb%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a0poster「白昼夢のような、未体験の感覚。 ―THE NEWYORKER」

「圧倒的な自然美に眼福。愛を綴ったポエムのような作品。 ―Variety」

「スクリーンに“奇跡”がおこる。緻密で壮大な作品に、ひれ伏し魅了される。 ―SCREEN」

という海外評にもあるように、圧倒的な映像美が繰り広げられます。

製作にはブラッド・ピットが名乗りを挙げ、アカデミー賞女優ケイト・ブランシェットがナレーションを務めています。あなたの想像を超え続ける90分を。

ボヤージュ・オブ・タイム
原題Voyage of Time :Life’s Journey

2017年3月 TOHOシネマズ シャンテ他 全国ロードショー

公式HP:
gaga.ne.jp/voyage

***********************************

監督:テレンス・マリック『ツリー・オブ・ライフ』『シン・レッド・ライン』
語り:ケイト・ブランシェット『キャロル』
製作:ブラッド・ピット(*ブラッド・ピットは40分のIMAX版ナレーションも担当)、ジャック・ペラン

2016年/フランス・ドイツ・アメリカ映画/90分/カラー/ビスタ/5.1chデジタル
字幕翻訳:松浦美奈
配給:ギャガ  

2016 © Voyage of Time UG (haftungsbeschränkt). All Rights Reserved.


チョン・ウソン、ファン・ジョンミン、チュ・ジフン『アシュラ』過激な予告編解禁!!


映画情報どっとこむ mari 韓国を代表する俳優チョン・ウソン、ファン・ジョンミン、チュ・ジフンが豪華共演!
%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%a9%ef%bc%9a%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc
韓国で公開初週成績歴代№1を記録した(※)ノワールエンタテインメント映画『アシュラ』が2017年3月4日(土)より日本公開する事が決定しました!(※青少年観覧不可作品において)

本作は架空の都市“アンナム市”を舞台に悪徳市長とその悪徳市長に利用される刑事、そして彼らの悪事を暴こうとする検事たちの駆け引きを描くノワールエンタテインメントです!

日本よ、これが本当の修羅場!!
悪人たちの暴走が止まらない2017年、最も過激な予告編解禁!!

予告編はチョン・ウソンが椅子に縛り付けられボコボコに殴られるという痛々しいシーンから幕を開ける。他にも頭から血を流しながら車を運転したり、グラスを噛み砕いたりと、今まで見たことのない、本能むき出しの凄まじい表情を見せていて、日本でも一世を風靡した『私の頭の中の消しゴム』で献身的な夫を演じたイメージが!!!

さらに「飼い犬が主人を噛むとはな」と言いながらファン・ジョンミン演じる悪徳市長がチョン・ウソンのこめかみにタバコを押し付ける容赦なき制裁も!ここまで痛めつけるのか!と思うと同時に、誰もが従うことしかできない悪徳市長の支配力が垣間見える。そして予告編の見どころは何と言っても葬儀場での乱闘シーン!韓国映画史上最も多い血糊の量、さらには野獣男<ヤジュメン>たちのオンパレードと過激な暴れっぷりにあなたの期待は必ずや高まること間違いなし!修羅場を体験したことのある方は、自身の修羅場体験が甘いものだと・・・。

一度本作を観て本当の地獄と呼ぶに相応しい修羅場を目に焼き付けてみて!

映画情報どっとこむ mari %e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%a9%ef%bc%9a%ef%bd%933
アシュラ

3月4日(土)新宿武蔵野館 ほか 全国順次ロードショー

物語・・・
地獄のような世の中、生き残るために闘う悪人たちの戦争…これが本当の修羅場―。
刑事のハン・ドギョン(チョン・ウソン)は、利権と成功のために各所で犯罪に手を染める悪党市長のパク・ソンべ(ファン・ジョンミン)の悪事の後始末を対価に金を受け取っている。末期癌の妻の治療費を言い訳に、金になることはなんでもするようになり、次々に悪事に手を染めるようになるドギョン。
%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%a9%ef%bc%9a%ef%bd%932 ドギョンの弱点を握る検事キム・チャイン(クァク・ドウォン)と検察捜査官ド・チャンハク(チョン・マンシク)はドギョンを脅迫、利用し、パク・ソンべ市長の不正と犯罪容疑を明らかにしようとする。
%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%a9%ef%bc%9a%ef%bd%934 それぞれの利あ益と目的のためにハン・ドギョンを追い詰める検察とパク・ソンべ。台風の目のようになってしまったドギョンは自分を実の兄のように慕っている後輩の刑事ムン・ソンモ(チュ・ジフン)までも巻き込みパク・ソンべ市長の手下にしてしまう。生き残るために血眼になった悪人たちの地獄の闘いが繰り広げられる・・・

***********************************

脚本/監督: キム・ソンス『MUSA-武士-』
出演: ファン・ジョンミン『ベテラン』、チョン・ウソン『グッド・バッド・ウィアード』、
チュ・ジフン『アンティーク~西洋骨董洋菓子店~』、クァク・ドウォン『弁護人』、
チョン・マンシク『インサイダーズ/内部者たち』ほか 
配給:CJ Entertainment Japan  
©2016 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved
R15/上映時間:133分
   


ターザン=アレックス 今度は悪徳警官!『バッドガイズ!!』予告編!


映画情報どっとこむ ralph 『ターザン:REBORN』主演のアレクサンダー・スカルスガルドと『アントマン』のマイケル・ペーニャが、喧嘩っ早さと口の悪さがトレードマークの凸凹悪徳警官バディを演じるク ライム・アクション『バッドガイズ!!』が、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて、2017年2月21日(火)より、2月25日(土)よりシネ・リーブル梅田にて公開となります。
%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%89%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%82%ba%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc 解禁となった予告編は、冒頭からアレクサンダー・スカルスガルドが拳で人を殴りまくり、マイケル・ ペーニャが早口で過激なトークをまくし立て、悪人も真っ青の警官バディそれぞれの個性が炸裂している。
%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%89%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%82%bas1 上司 に叱られても特に反省の色が見えない 2 人の、凸凹だけど息はピッタリなコンビネーションの良さが際立たつ一 方、ストーリーの鍵となる、二人が阻止を目論む 100 万ドルの強盗計画についても、アクションあり、殺人あり、笑いあり(!?)の一筋縄ではいかない巨大なヤマの予感をかんじさせる、痛快な予告編となってます!



バッドガイズ!!
原題:War on Everyone

物語・・・・
ニューメキシコ州アルバカーキ。
酒とカントリー音楽をこよなく愛する警官のテリーは、おしゃべりな相棒のボブと、日々、街の“ゴミ掃除”(パトロール)に励んでいた。悪人を見つけては脅迫し、殴り、くすねたドラッグ を嗜む……バッジを盾に独自の流儀で仕事を行う彼らは、犯罪者顔負けのワルなのだ。

ある時二人は、街の悪人 共が企む 100 万ドルの強盗計画を嗅ぎつけ、捜査を開始。しかし、計画のバックに裏社会のドンが潜んでいた ことで事態は思わぬ方向へ――!

ヒューマントラストシネマ渋谷他にて2017年2月21日(火)より、
シネ・リーブル梅田にて2月25日(土)より順次公開!
※「未体験ゾーンの映画たち2017」での上映となります。

***********************************

監督・脚本:
ジョン・マイケル・マクドナー(『ザ・ガード〜西部の相棒〜』『ある神父の希望と絶望の7日間』)

出演:
アレクサンダー・スカルスガルド、マイケル・ペーニャ
テッサ・トンプソン、テオ・ジェームズ、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
2015年/イギリス/英語/98分/カラー/シネスコ/5.1ch/DCP/
日本語字幕:岩辺いずみ
配給:トランスフォーマー
© Reprisal Films / The British Film Institute 2015


ナタリー・ポートマン 『聖杯たちの騎士』インタビュー映像到着!


映画情報どっとこむ ralph クリスチャン・ベイル ✖ ケイト・ブランシェット✖ ナタリー・ポートマン 巨匠テレンス・マリックが描く、眩い愛の記憶

%e8%81%96%e6%9d%af%e3%81%9f%e3%81%a1%e3%81%ae%e9%a8%8e%e5%a3%ab聖杯たちの騎士

主演の迷えるイケメン脚本家リックを演じるは 『バッドマンビギンズ』のクリスチャン・ベイル。

彼の前に現れ、人⽣生の 節目を与える6人の美女には、ケイト・ブランシェット、ナタリー・ポート マンらが名を連ねます。

監督はベルリン国際映画祭金熊賞、カンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞した巨匠テレンス・マリック。撮影監督は、『ゼロ・グラビティ』など 3度度のアカ デミー賞受賞のエマニュエル・ルベツキという豪華な布陣。

映画情報どっとこむ ralph この度、ナタリー・ポートマンのインタビュー映像が解禁。
%e8%81%96%e6%9d%af%e3%81%9f%e3%81%a1%e3%81%ae%e9%a8%8e%e5%a3%ab_%e3%83%8a%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%b3 今回、主演のクリスチャン・ベイル演じる気鋭脚本家リックと恋に落ちる人妻エリザベスを演じたナタリー・ポートマン。共演したクリスチャン・ベ イルについては、

ナタリー:とても自然体で、面白くて、いたずら好き。彼はとても喜んで人を受け入れてく れる方だったので、彼の前では安心していられました。

と、クリスチャン・ベイルの包容力を絶賛。たった数日で、いきなり激しい繋がりを演じなければいかない状況でしたが、すぐに居心地のよい関係性になれたとそうです。

また、テレンス・マリック監督については

ナタリー:映像とサウンドの組み合わせ方や、感情や雰囲気を創り出す手法 に独特の感性があり、詩情あふれる人だと思います。

と語る。ナタリー自⾝最初にテレンス・マリック監督の 作品に触れたのは大学生の頃。カンヌ国際映画祭監督賞を受賞した『天国の日々』を観て圧倒され

「彼の作品は 全て、何度も何度も繰り返し観ました。それでも、やはり、『天国の日々』が一番心に残っています。

とマ リック監督の魅力を語ってます。


映画情報どっとこむ ralph STORY:
気鋭の脚本家リック(クリスチャン・ベイル)は、ハリウッド映画の脚本依頼を請けたことをきっかけにセレブリティ な生活へ溺れていくが、心の奥底にある怯えや虚無感を拭い切れず、進むべき道を探して彷徨う日々を送っていた。そんな彼の前に現れる6人の美しい⼥たち。リックは彼女たちとの愛の記憶の中で、自分の過去と向き合いはじめるー。

公式HP:
seihai-kishi.jp

***********************************

脚本・監督:テレンス・マリック
撮影監督:エマニュエル・ルベツキ
出演:クリスチャン・ベイル、ケイト・ブランシェット、ナタリー・ポートマン、イモージェン・プーツ(『Vフォー・ヴェンデッタ』)、』フ リーダ・ピント(『スラムドッグ・ミリオネア』)』、テリーサ・パーマー(『ウォーム・ボディーズ』)、イザベル・ルーカス(『トランス フォーマー/リベンジ』)
提供:日活、東京テアトル
©2014 Dogwood Pictures, LLC 2014年年/アメリカ/カラー/118分
配給:東京テアトル