「予告・特報」カテゴリーアーカイブ

テレンス・マリック監督『ボヤージュ・オブ・タイム』芸術・文化著名人から続々絶賛の声!


映画情報どっとこむ ralph 偉才テレンス・マリック監督が世に送り出す究極の一作『ボヤージュ・オブ・タイム』を、2017年3月10日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他 全国ロードショーとなります。
ハリウッドからはマーティン・スコセッシ監督、スティーブン・スピルバーグ監督、フランシス・フォード・コッポラ監督など錚々たる監督たちからも声が寄せられる中、日本の著名人からも多くの応援コメントが寄せられました!



俳優であり画家でもある片岡鶴太郎さん、数々の映像製作を手掛け映画監督としても才能を発揮している紀里谷和明さん、ミュージカルやオペラ、歌舞伎など国内外で多くの作品演出を手掛ける宮本亜門さんなど、芸術・ファッション・文学など各界の著名人が伝えています。

映画情報どっとこむ ralph
『ボヤージュ・オブ・タイム』 応援コメント ※50音順/敬称略

石川直樹(写真家)
時間や空間を超越したもう一つの世界にいきなり投げ込まれてしまったかのような映像体験でした。

岩谷圭介(ふうせん宇宙撮影)
自我に囚われている魂を解き放ち、時間と空間を超えた新しい視野を与えてくれる作品

落合陽一(メディアアーティスト)
臨死体験のような映画。人類の集合的無意識に訴えかける構造的美。宇宙の始まりから人の営みに至る共感覚的映像体験の宇宙。生命の意味と宇宙の意味を90分かけて考えさせられ、向き合わされる時間芸術。

片岡鶴太郎(俳優・画家)
よくぞこの作品を制作した。宇宙の創造主のメッセージをそのまま映像に映し込んだ、その映像の美しい事。全てが絵画的、芸術的、アーティステック。宇宙の原理は美しく知的だ。

鎌田實(医師・作家)
宇宙、命、はじまり、おわり、そして再生。ぼくたちの体に仕掛けられている137億年の歴史をたどる旅だ。

北村道子(スタイリスト)
テレンス・マリックは人間の永遠の問いを最先端テクノロジーの視覚映像によって認識させてくれた。

紀里谷和明(映画監督)
ボヤージュ・オブ・タイムは人間の意識が、その誕生の瞬間から抱えている究極の「問い」をこれ以上ない真摯さで表現した作品であり、最大に敬愛するテレンス・マレック作品の頂点ではないでしょうか。

ケン・ハラクマ(ヨガ指導者)
宇宙そして地球の神秘と謎、更に生命の奇跡を実感する感動の作品!

立川直樹(プロデューサー/ディレクター)
凄い!これはただならぬ映画だ。時空を超えた旅に誘われながら、僕達はスクリーンの前で幸福な迷い子になれる。

手塚眞(ヴィジュアリスト)
アイズワイドオープン!息をのむ壮麗な美しさ。恐るべき完成度。マリック監督の宇宙に酔う。

中島一夫(文芸評論家)
まるで四十億年分の遺言のような映画だ。自然の毀損は私の毀損。その苦しみの果てにのみ見える光がある。

松江啓明(ドキュメンタリー監督)
遂に映画を超えようとする映画が生まれてしまった。本作はぜひ最前列での鑑賞を薦めたい。なぜなら全身で浴びなければ、真意は伝わらないから。

宮本亜門(演出家)
これは映画なのだろうか? ミクロとマクロを自在に飛び交い、脳内を刺激する、崇高な瞑想映像だ。巨大な生命体の母なる地球に存在する、生物たちの妖麗な美しさに驚かされる。

ロバート キャンベル(日本文学研究者)
「ウエットな惑星がコロコロしている!」ストーリーを追うのをやめた瞬間、うねるようなリズムと現代アートに通じる美しく力強い映像の波が心地よく体を覆ってきた。そして、世間の雑音は消えた。


映画情報どっとこむ ralph 製作にはブラッド・ピットが名乗りを挙げ、アカデミー賞女優ケイト・ブランシェットがナレーションを務めています。あなたの想像を超え続ける90分を。

ボヤージュ・オブ・タイム

原題:Voyage of Time :Life’s Journey

2017年3月 TOHOシネマズ シャンテ他 全国ロードショー

公式HP:
gaga.ne.jp/voyage

***********************************

監督:テレンス・マリック『ツリー・オブ・ライフ』『シン・レッド・ライン』
語り:ケイト・ブランシェット『キャロル』
製作:ブラッド・ピット(*ブラッド・ピットは40分のIMAX版ナレーションも担当)、ジャック・ペラン

2016年/フランス・ドイツ・アメリカ映画/90分/カラー/ビスタ/5.1chデジタル
字幕翻訳:松浦美奈
配給:ギャガ  
2016 © Voyage of Time UG (haftungsbeschränkt). All Rights Reserved.


『スウィート17モンスター』日本版予告編とポスター解禁


映画情報どっとこむ ralph 歌手としても女優としても実力派の若手女優、ヘイリー・スタインフェルドが、Fワード全開のマシンガントークで自己中心的でありながらどこか憎めない、等身大の愛すべき17歳像を演じ、第74回ゴールデングローブ賞主演女優賞にノミネートされた、「あの頃のリアルなイタさ」を描いた青春映画『スウィート17モンスター』の日本版予告編とポスターが完成しました!

映画情報どっとこむ ralph 美人じゃない、秀才じゃない、特技もないし夢中になれるものもない、ハッキリ言ってイケてない青春を送る主人公ネイディーン、17歳。

そんなとき、唯一の理解者である親友クリスタが、ネイディーンの超イケてる兄と付き合い始めた! 
人気者の兄の華やかな交友関係になじみ、社交的で綺麗になっていくクリスタ。取り残され、心の拠り所を失った気がしたネイディーンにとって、それは世界の終わりが来たような衝撃。自分だけが不幸だと思い込み、惚れっぽく寂しがりやの母親や、生徒に関心のない教師を巻き込みとんでもない行動に出る… という、自己中心的な考えで行動する手のつけられない思春期モンスターのネイディーンと、彼女をとりまく人々の温かい物語が、こちらの予告に込められています。

映画情報どっとこむ ralph 誰もが「自意識カジョーで自己チューなあの頃」を思い出す・・・愛すべき作品

スウィート17モンスター

4/22(土)より、HTC渋谷、新宿シネマカリテほか公開です。

sweet17monster.com

***********************************

主演:ヘイリー・スタインフェルド、ウディ・ハレルソン、キーラ・セジウィック 他

監督・脚本:ケリー・フレモン・クレイグ 
製作:ジェームズ・L・ブルックス、リチャード・サカイ、ジュリー・アンセル
2016/アメリカ/カラー/1h44min/PG12
©MMXVI STX Productions, LLC. All Rights Reserved.  
     


ナタリー・ポートマン『ジャッキー』メイキング特別映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 本年度アカデミー賞3部門<主演女優賞/衣装デザイン賞/作曲賞>にてノミネート
3月31日(金)、TOHO シネマズ シャンテ他にて全国公開の

ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命

伝説の大統領ジョン・F・ケネディの妻、“ジャッキー”ことジャクリーン・ケネディがホワイトハウスを案内する番組、「A Tour of the White House with Mrs. John F. Kennedy」が放映されてから55年。


その番組をどうしても劇中に取り入れたいと考えたパブロ・ラライン監督が、一からホワイトハウスを建て番組を完全再現!

当時のホワイトハウスとジャッキー台詞&動作を完全再現! 監督の強いこだわりが垣間見える特別映像が到着しました!

映画情報どっとこむ ralph “史上最も有名なファーストレディ”として熱狂的な人気を獲得していた、アメリカのジョン・F・ ケネディ大統領夫人、ジャッキーことジャクリーン・ケネディ。


彼女がファーストレディになり、まず行ったのは“ホワイトハウスの修復”。

ジャッキー:ホワイトハウスは単に大統領の自宅兼仕事場では なく、アメリカの歴史、芸術、文化、国家のプライドを象徴する場所でなければならない。

と考えたジャッキーが、自身で調達した資金でホワイトハウスを修復した後、TV 番組「A Tour of the White House with Mrs. John F. Kennedy」が全米で放映された。史上初めてホワイトハウス奥深くにテレビカメラが入り、エミー賞を獲得した番組が1962年2月 14 日に番組が放映されてから 55 年、本作で完全に再現された番組の製作風景が公開!

映画情報どっとこむ ralph

公開された映像では、驚くべき撮影方法が次々と明かされました。

同番組を再現するために、 撮影クルーはまずパリのスタジオでホワイトハウスの一部を建設しており、一から作られたそのセットで、当時とまったく同じ立ち位置でナタリーがハウスの内部について説明する様子が伺えます!

パブロ・ラライン監督:シーンの一つ一つ、当時を再現している。セリフも一言も変えてないんだ。

と説明し、各シーンでのジャッキーの動作が全て完全再現され、モニター上で は、ナタリーとジャッキーの動作が完全にシンクロしている様子が! また当時のザラついた映像を表現するため、特殊なカメラを用い当時と同じ撮影技術で撮影するというこだわりも覗かせている。 ジャッキーが手塩にかけて修復したホワイトハウスが 55 年ぶりに蘇った全貌はぜひ本編で!

映画情報どっとこむ ralph 【ジャッキーってこんな人!伝説の数々】

●流行を生み出すファッションアイコン!彼女が着用したピルボックスハットや A ラインコートなど、生み出した流行は数 知れず。街には“ジャッキー・マネキン”が溢れていた。

●ホワイトハウスを“博物館化”! 「ホワイトハウスを、この国で一番素晴らしい家であり、人々が誇りに思うものに」と、 それまでガラクタのように扱われることもあった歴代大統領遺愛の品の中から良質なものだけを厳選し、優れた芸術品 を骨董商から仕入れ、ホワイトハウスの修復に力を入れた。

●血濡れのスーツを着替えない! JFK 暗殺事件当日、ジャッキーのピンクのスーツは夫の血で真っ赤に染まったが、 「犯人に彼らがどんなことをしたのか見せつける」と、着替えることはなかった。

●編集者としても超一流! 再婚相手のオナシス氏との離婚後、ニューヨークで編集の仕事に就く。世界的ベストセラ ーとなったマイケル・ジャクソンの自伝「ムーン・ウォーク」を手がけた。

映画情報どっとこむ ralph ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命

物語・・・
1963 年 11 月 22 日、ジョン・F・ケネディ大統領は、テキサス州ダラスでのパレードの最中に銃撃される。目の前で愛する夫を暗殺されたファーストレディのジャッキーは、怒り と衝撃に震えていたが、悲しんでいる時間はなかった。すぐに副大統領が新たな大統領に就任して激務を引き継ぎ、刻一刻と夫が過去の人になっていくのを目の当たりにした ジャッキーは、彼の名前と功績が後世に残るかどうかは自分の行動にかかっていると気が付いた。自らの手で築き上げてきた<ケネディ伝説>を永遠にするために、ジャッキーは 命の危険さえも顧みず、最後の使命に身を投じる。

3月31日(金)、TOHO シネマズ シャンテ他にて全国公開です。

公式サイト:
jackie-movie.jp

***********************************

出演:ナタリー・ポートマン、ピーター・サースガード、グレタ・ガーウィグ、ビリー・クラダップ、ジョン・ハート

監督:パブロ・ラライン
脚本:ノア・オッペンハイム
製作:ダーレン・アロノフスキ―ほか
原題:JACKIE/2016 年/アメリカ・チリ・フランス/99 分/ヨーロピアンビスタ(1.66:1)/5.1ch/英語
配給:キノフィルムズ
© 2016 Jackie Productions Limited
     


MISIA 声優初挑戦のハリウッド映画『SING/シング』で、美声 初披露!


映画情報どっとこむ ralph 映画の舞台は、動物だけが暮らすどこか人間世界と似た世界。

取り壊し寸前の劇場支配人バスター・ムーンは、名劇場と呼ばれた頃の栄光を取り戻すため世界最高の歌を求めて一世一代のオーディションを開催することに。誰もが歌いだしたくなり、元気になれるミュージック・エンターテインメント

映画『SING/シング』の日本公開を前に、第三弾吹替キャストが発表となりました!

日本語吹替版の発表されているキャストは、内村光良(コアラのバスター・ムーン役)ほか、長澤まさみ(ヤマアラシのアッシュ役)、スキマスイッチ大橋卓弥(ゴリラのジョニー役)、トレンディエンジェル斎藤司(ブタのグンター役)、大地真央(ヒツジのナナ・ヌードルマン役)ら総勢11名と、これ以上ないと思われる豪華吹替キャストが並びましたが。。。。。

さらに強力な歌姫が加入が判明!

日本最高峰の歌唱力を持つMISIAが、内気で極度のあがり症だが、歌い出すと誰もが聞き惚れる抜群の歌唱力を持つミーナ(ゾウ)役で映画の吹替キャストに初挑戦!


MISIAは本物の実力を持つ歌手でないと歌うことができない、天使の歌声と呼ばれたジェフ・バックリィの名曲♪「ハレルヤ」やスティーヴィー・ワンダーの♪「Don’t You Worry ‘Bout A Thing」を全身全霊で見事に歌い上げており、劇中で最高の歌声を披露しています。



映画情報どっとこむ ralph 『SING/シング』へのコメント
吹き替えは初めての経験でしたが、自分と同じように歌が大好きで、しかもミーナちゃんが歌っている歌が、大好きなソウルミュージックばかりだったので、とても楽しみながら、吹き替えをさせていただきました。フリーテンポで歌っていたり、アカペラで歌っていたり、アドリブが炸裂したり。とにかくミーナちゃんは様々なスタイルで歌うシーンがあります。大変ではありましたが、とても『楽しい大変さ』でした。「ミーシャがミーナになった」ので、今回吹き替えにチャレンジしたことでミーナちゃん達と同じく『人生が変わるステージ』に私も立ったつもりで歌わせていただきました。新しいことにチャレンジすることは、人生が変わるステージに立つことでもあるなと思います。ストーリーはもちろんですが、登場する全ての動物たちが個性的で魅力的。全編を通してソウルミュージックが思い切り楽しめる、そして大人と子供が一緒に観れる素敵な映画です。是非、劇場で体感してください!

映画情報どっとこむ ralph 日本語吹き替え版の演出には、数々のアニメ作品などに携わる三間雅文、音楽プロデューサーにゆず、木村カエラなど多くのアーティストの楽曲などを手掛ける蔦谷好位置、日本語歌詞監修には、数々のヒットナンバーを手掛けてきたいしわたり淳治が加わるなど、最高の布陣が実現。超豪華な吹替キャスト、そしてトップクリエイターたちが歌のチカラを最大限に引き出して誕生する吹替版への期待がますます高まるばかりです。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

動物だけが暮らすどこか人間世界と似た世界――
取り壊し寸前の劇場支配人バスター(コアラ)は、かつての栄光を取り戻すため世界最高の歌のオーディションを開催することに。

主要候補は5名。
極度のアガリ症のシャイなティーンエイジャーのミーナ(ゾウ)、
ギャングファミリーを抜け出し歌手を夢見るジョニー(ゴリラ)、
我が道を貫くパンクロックなティーンエイジャーのアッシュ(ヤマアラシ)、
25匹の子ブタ達の育児に追われる主婦のロジータ(ブタ)、
貪欲で高慢な自己チューのマイク(ハツカネズミ)、
常にパーティー気分の陽気なグンター(ブタ)。


人生を変えるチャンスを掴むため、彼らはオーディションに参加する!

劇中にはレディ・ガガの「バッド・ロマンス」やビートルズの「ゴールデン・スランバー」など
誰もが聴いたことがあるヒットソングや名曲が60曲以上も登場!

3月17日(金) 全国ロードショー!

公式サイト:http://sing-movie.jp/
公式Twitter: @SingMovieJP

***********************************

監督/脚本:ガース・ジェニングス
製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
キャスト:
マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン、ジョン・C・ライリー、タロン・エガートン、トリー・ケリー、ニック・クロール、ジェニファー・サンダース、ピーター・セラフィノーウィッチュ、レスリー・ジョーンズ、ジェイ・ファロア、ニック・オファーマン、ベック・ベネット

吹替え版/演出:三間雅文
日本語歌詞監修:いしわたり淳治
出演(吹替版):
内村光良、長澤まさみ、大橋卓弥(スキマスイッチ)、斎藤司(トレンディエンジェル)、山寺宏一、坂本真綾、田中真弓、宮野真守、谷山紀章、水樹奈々、大地真央、MISIA
配給:東宝東和
(C)Universal Studios.


ジェイク・ギレンホール解放と狂気渾身のダンスシーン映像 雨の日は・・・


映画情報どっとこむ ralph ジェイク・ギレンホール主演(『ナイト・クローラー』)、ジャン=マルク・ヴァレ監督(『ダラス・バイヤーズ・クラブ』『わたしに会うまでの1600キロ』)の最新作『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』が2017年2月18日(土)より公開となります。


『ナイトクローラー』で狂気的な演技で人々を魅了させたジェイク・ギレンホールが、妻を亡くしたのに涙の一滴すら流せず、自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを、繊細な演技で見事に表現し、新境地を開拓。

今回、到着の映像は、主人公・デイヴィス(ジェイク・ギレンホール)と、彼があるきっかけで出会った少年・クリスとの自宅ガレージでの交流のシーンから始まります。クリスはデイヴィスのiPodに70年代ブリティッシュ・ロックを代表するバンドFreeの「Mr. Big」をダウンロードし、彼に手渡します。すぐさまデイヴィスはヘッドホンをつけ、車の上で激しく踊り出し、そしてこの曲がすっかり気に入ったのか、彼は翌朝の出勤ラッシュも音漏れお構いなしで爆音鑑賞!

通勤中だんだんと曲が盛り上がるにつれ、テンションも最高潮に達したデイヴィスは、混み合う駅のホームでも、車が行きかう道路でも、人目を気にせず踊って踊って踊りまくる!そして駅を出ても、街中の群集のなかをひとり自由に飛び跳ねる!



映画情報どっとこむ ralph この一連のダンスシーンについて、ジェイクは次のように語りました。

ジェイク:監督から、“はい、iPodだよ。これがイヤホンね。ただ踊ればいいから。僕らはついて行くからさ。

通りで踊りまくってくれればいい”と突然言われたんだ。監督はカメラを肩に、僕は通りを歩き、通勤通学の人たちがやってくる中、僕は踊り始めた。ところ構わず踊っているのを、彼は撮った。

工事が行われていたけど、三角コーンを全部どかし、工事現場を走り抜けてとにかくがむしゃらに踊ったよ。

ニューヨークではすごくクレイジーなことをしても、たいていの人は無視してくれるんだ(笑)。あれはいろんな意味で、この映画のメタファーになっていると思う。

閉じ込めていた感情も自分を開放して自由に感じるということのね。クールを装って通りを歩きながら、人が自分に対して抱いている考えに対抗して、それを手放して“くそくらえ、僕は街中で踊るんだ!”ってね。

と、語っています。


映画情報どっとこむ ralph この一見異常にも見える彼の行動は、まるで長年勤勉に勤めあげてきた“エリート銀行員“としての自分の姿を破壊し、“本当の自分“を解放しているかのよう。その“解放と狂気”を表現した演技は、カメレオン俳優・ジェイク・ギレンホールの真骨頂といえる。全編に見られるジェイク渾身のダンスシーンが必見です!

『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』

原題:Demoliton
2月18日(土)より、新宿シネマカリテ他全国ロードショー!

デイヴィス(ジェイク・ギレンホール)は、出世コースに乗り、富も地位も手に入れたウォールストリートのエリート銀行員。高層タワーの上層階で、空虚な数字と向き合う、味気ない日々。そんな会社へ向かういつもの朝、突然の交通事故で美しい妻を失った―。しかし一滴の涙も出ず、哀しみにさえ無感覚になっている自分に気づいたデイヴィス。
彼女のことを本当に愛していたのか? 僕の心はどこにいってしまったんだ?

「心の修理も車の修理も同じことだ。まず隅々まで点検して、組み立て直すんだ。」義父からの言葉が引き金となり、デイヴィスは、身の回りのあらゆるものを破壊しはじめる。会社のトイレ、パソコン、妻のドレッサー、そして自らの結婚生活の象徴である「家」さえも―。あらゆるものを破壊していく中で、デイヴィスは妻が遺していた幾つもの“メモ”を見付けるのだが・・・



***********************************

監督:ジャン=マルク・ヴァレ(『ダラス・バイヤーズクラブ』『わたしに会うまでの1600キロ』)  
出演:ジェイク・ギレンホール ナオミ・ワッツ クリス・クーパー他
上映時間:101分

提供:ファントム・フィルム/カルチュア・パブリッシャーズ