「予告・特報」カテゴリーアーカイブ

マララ・ユスフザイの素顔を描いたドキュメント『わたしはマララ』予告編到着!


一人の子供、一人の教師、一冊の本、一本のペンが世界を変えるのです
―マララ・ユスフザイ

He_named_Me_Malala2014年ノーベル平和賞の最年少受賞者となった 17歳の少女マララ・ユスフザイの素顔を描いたFOXサーチライト初のドキュメンタリー映画『わたしはマララ』原題:He named me Malalaが 12月 11日(金)TOHOシネマズみゆき座ほか全国ロードショーとなります。

その予告編&ポスタービジュアルが解禁となりました!

わたしはマララポスター本作は、史上最年少でノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんが、当時15歳だったマララと友人がスクールバスで下校途中に銃撃された衝撃的な事件とともに、マララの出生、父ジアウディンがその名に込めた想い、そして今の彼女を追っていきます。

なぜ教育のために運動し、タリバンに撃たれたのか?

ブラッド・ピットやロジャー・フェデラーが好きな“ふつう”の女の子が世界を変えようとしている―。

本予告編では、パキスタンのスワート渓谷で女の子が生まれ、アフガニスタンの伝説の少女マラライの名に因みマララと名付けられたこと、そして多大な影響を受けた教育者でもある父や彼を支える家族と過ごす今の生活を追います。

メガフォンは『不都合な真実』のデイヴィス・グッゲンハイム監督です。
彼の目が知られざるマララとその家族の絆に迫っています。



同時代を生きる私たちがいま知っておくべきストーリーかもしれません。
是非劇場へ。

『わたしはマララ』原題:He named me Malala

12月 11日(金)TOHOシネマズみゆき座ほか全国ロードショーです。
公式サイト: malala.jp

********************************************************************

監督:デイヴィス・グッゲンハイム『不都合な真実』
出演:マララ・ユスフザイとその家族
2015年/アメリカ /カラー /ヴィスタサイズ /88分
日本語字幕:栗原とみ子
原題: He named me Malala
©2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
配給:20世紀フォックス映画


秋元才加 劇場版『媚空-ビクウ-』公開日決定&TVスポット解禁!!


闇斬師(やみぎりし)。それは闇に堕ちた騎士や法師を斬るもの。
その素性は誰にも知られず、恐れられていた。
孤高の闇斬(やみぎり)、女魔戒法師・媚(び)空(くう)。
彼女が抱える、悲しき性とはー。

ロングヒットシリーズ牙狼<GARO>。
雨宮慶太の紡ぎ出した唯一無二の世界観に、が演じる闇斬師・媚空が躍動する。牙狼<GARO>10周年記念作品となる、劇場版『媚空-ビクウ-』の初日が11月14日(土)に決定し、この度、TVスポットが到着しました。
媚空キービジュアル
今回お披露目となったTVスポットでは、牙狼シリーズならではの映像表現は勿論のこと、秋元才加の凛々しいアクションに魅了されます。須賀健太演じる媚空に憧れる素朴な魔戒法師に、なぜ媚空は冷たく接するのか?



そして、佐野史郎演じる絶心(ぜっしん)の姿や、肉体美を露わにした新たなる媚空の姿も初お披露目です。現在絶賛放映中のTVシリーズ『牙狼-GOLD STORM翔』も佳境を迎え、10月からはTVアニメ最新作『牙狼-紅蓮ノ月』の放送がスタートするなど、牙狼の勢いは留まる事をしりません。

STORY
『媚空』ポスター 闇斬師として闇に堕ちた魔戒騎士や魔戒法師を討伐する媚空のもとに、元老院付の法師・代知から、“魔戒法師のウサミが闇に堕ちているかどうか確かめよ”という指令を受け取る。媚空は入心の術を用いてウサミの心の中=精神世界へと突入する。しかしそこには、媚空の想像とは違った状況が発生していた。ウサミの精神世界に異状を感じた媚空は、その真相を確かめるべく、師匠である白海法師を訪ねる。だがこれが、深く暗い闇への入口であることを媚空はまだ知らなかった…。

劇場版『媚空-ビクウ-

11月14日(土)新宿バルト9他全国ロードショー

公式サイト:http://garo-project.jp/BIKUU/

********************************************************************

原作・総監督:雨宮慶太
監督・アクション監督:大橋明
脚本:江良至
エグゼクティブ・プロデューサー:二宮清隆

出演:秋元才加 須賀健太 朝倉えりか 伊藤かずえ / ミッキー・カーチス 佐野史郎

配給:東北新社 特別協力:サンセイアールアンドディ 制作:東北新社/オムニバス・ジャパン 製作:東北新社

2014/日本/カラー/78分/16:9/5.1ch 
©2015「媚空」雨宮慶太/東北新社


桜木紫乃作品の映画化『起終点駅 ターミナル』新予告編が解禁!


桜木紫乃作品の映画化『起終点駅 ターミナル

佐藤浩市、本田翼の共演で、東映配給にて11月7日(土)より公開されます。

そして、この度My Little Loverが担当する主題歌「ターミナル」が流れる新予告編を解禁です。

起終点駅
予告編の前半では、25年前の出来事から時間を止め、息を潜めるように生きている弁護士・鷲田完治(佐藤浩市)と、被告人・椎名敦子(本田翼)の運命的な出会いが描かれ、後半では「ターミナル」の切ない音色、凛とした歌声と共に、終わりとはじまり=“起終点駅”へと歩みだす完治と敦子、そしてその周りを取り巻く人々の人生が交錯する様が描かれており、映像中で語られる「ひとつやふたつ、あの世に持っていかなきゃいけない事もあるんだよ。人はそれを背負って生きていくんだ。」、「生きてさえいればいい、生きていてくれさえすれば。」といった言葉の数々が胸を打ちます。



そして!

9月5日(土)より、全国劇場にて前売鑑賞券発売開始!

購入特典として、映画に出てくるメニューを作ることができる、「特製レシピ付きメモブック」をプレゼント。
(発売劇場は、公式サイトをご覧ください)

『起終点駅 ターミナル』

11月7日(土)全国ロードショーです。

公式サイト:http://www.terminal-movie.com/

********************************************************************


監督:篠原哲雄

キャスト:
佐藤浩市 本田翼
中村獅童 和田正人 音尾琢真 泉谷しげる 尾野真千子

原作/桜木紫乃「起終点駅 ターミナル」(小学館刊) 
脚本/長谷川康夫 音楽/小林武史 
主題歌/「ターミナル」My Little Lover(TOYSFACTORY)
「起終点駅 ターミナル」製作委員会  配給/東映
(C)2015 桜木紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会


『放浪の画家ピロスマニ』が今、蘇る。予告到着。


パブロ・ピカソに「私の絵はグルジアには必要ない。なぜならピロスマニがいるからだ」といわしめた画家。

グルジアを代表する画家・ピロスマニの半生を描いたグルジア映画を代表する名作『放浪の画家ピロスマニ』の予告編が完成。

本作は11月21日より岩波ホールほか全国で順次公開されます。

貧しい絵描きと女優の哀しい恋を歌った『百万本のバラ』のモデルそれが天才画家です。



気になる物語・・・

放浪の画家 ピロスマ二19世紀後半のグルジアのチフリス(現・トビリシ)。幼くして両親を亡くしたピロスマニは長年世話になった一家を離れ、流浪の生活をはじめる。友人と乳製品の店をひらき繁盛するが、間もなく仲違いをして破綻、故郷の姉がもってきた縁談もこわしてしまう。

やがてピロスマニは店の看板や壁に飾る絵を描きながら、放浪の日々を送るようになる。庶民はそんな彼に一目置いていた。しかし酒場で見初めた踊り子マルガリータへの報われない愛は、ピロスマニを孤独な生活へと追い込んでいく。

第一次世界大戦、そしてロシア革命前夜のチフリスを、彼は一杯の酒を得るために、画材をかかえ居酒屋を渡り歩くのだった。ある日、彼の絵がこの地を訪れた芸術家の眼にとまり、一躍、中央の画壇に注目されるようになる…。

本作は、グルジア(現・ジョージア)の独学の天才画家ニコ・ピロスマニ(1862-1918)の半生を描いて、

予告編では、劇中に登場するマルガリータの歌にのせて、ピロスマニの絵からはじまり、流浪生活を送りながらも、強い信念を持って清冽に生きたピロスマニという人間を感じることができる。

予告の最後では、日本公開に際してギオルギ・シェンゲラヤ監督が「今回日本で再び上映されるのは、グルジアの古い伝統を解し、愛する人々が日本に変わらずたくさんいるからなのでしょう。再上映の成功を心から祈っています。」と、喜びのコメントを寄せています。

********************************************************************

監督:ギオルギ・シェンゲラヤ
脚本:ギオルギ・シェンゲラヤ、エルロム・アフヴレディアニ
製作:スサナ・クヴァラツヘリア
撮影:コンスタンティン・アピリャティン、ドゥダル・マルギエフ、アレクサンドレ・レフヴィアシュヴィリ
美術:アヴタンディル・ヴァラジ、ヴァシル・アラビゼ/音楽ノダル・ガブニア、ヴァフタング・クヒアニゼ

出演アヴタンディル・ヴァラジ、ダヴィト・アバシ、ギヴィ・アレクサンドリア

1969年/グルジア(ジョージア)映画/グルジア語版/カラー・スタンダード/87分/字幕監修:レジャバ・ティムラズ配給:パイオニア映画シネマデスク



『天空の蜂』超巨大ヘリ・ビッグB特別映像が到着!!


クライシス・サスペンス超大作、映画『天空の蜂』が9月12日(土)より全国公開となります。
原作者の東野圭吾も“映像に圧倒された”と語るほど、そのとてつもないスケール、大迫力のアクションシーン、そしてノンストップで押しよせる興奮と衝撃が話題となっている本作。

天空の蜂_ビッグB①
そして、その超巨大ヘリ・ビッグBの緊迫感あふれる特別映像が到着しました!!!

 

静かに暗闇から浮かび上がるのは、全長34m、総重量25tもの大きさを誇る、超巨大ヘリ・ビッグB。“OPEN”になった瞬間、目を覚ましたかのようにゆっくりとその全貌を現します。自動操縦で自由に動く様は、まるで怪物のように、生きているかのような不気味さ、そして言葉では表しがたい迫力で迫ってきます!

主演・江口洋介さんをはじめ、本木雅弘さん、仲間由紀恵さん、綾野剛さん、柄本明さん、國村隼さんほか、豪華キャストがこの壮大なプロジェクトの下に結集!

上最悪の原発テロ。

ビッグBとの命を懸けた戦いが、カウントダウンと共に幕を開ける。

天空の蜂

公式サイト:www.tenkunohachi.jp  
@tenku_bee  #天空の蜂

天空の蜂_ビッグB②
爆薬を積んだ超巨大ヘリが原発に墜落するまで、タイムリミットは8時間。

大切なものを守り抜くために――命を懸けたカウントダウンが、始まる。

『天空の蜂』ポスター1995年8月8日。最新鋭の超巨大ヘリ《ビッグB》が、突然動き出し、子供を一人乗せたまま、福井県にある原子力発電所「新陽」の真上に静止した!遠隔操縦によるハイジャックという驚愕の手口を使った犯人は〈天空の蜂〉と名乗り、“全国すべての原発の破棄”を要求。従わなければ、大量の爆発物を搭載したヘリを原子炉に墜落させると宣言する。 

機内の子供の父親であり《ビッグB》を開発したヘリ設計士・湯原(江口洋介)と、原子力発電所の設計士・三島(本木雅弘)は、上空に取り残された子供の救出と、日本消滅の危機を止めるべく奔走するが、政府は原発破棄を回避しようとする。燃料が尽きてヘリが墜落するまで、残された時間はたった8時間――姿の見えない敵との緊迫の攻防戦が始まった。その頃愛知県では、《ビッグB》と原発を開発した錦重工業に、家宅捜索が入っていた。総務課に勤める三島の恋人・赤嶺(仲間由紀恵)は、周囲に捜査員たちが押し寄せる中、密かに恋人の無事を祈る。一方、事件現場付近で捜査にあたる刑事たちは、《ビッグB》を奪った謎の男(綾野剛)の行方を追跡。聞き込みを続けるうちに、ある意外な真相へと辿り着いていく――。

********************************************************************

出演:江口洋介 本木雅弘 仲間由紀恵 綾野剛 國村隼 柄本明

光石研 佐藤二朗 やべきょうすけ 手塚とおる 落合モトキ 松島花 向井理 竹中直人 石橋蓮司  他

監督:堤幸彦
原作:東野圭吾「天空の蜂」(講談社文庫)  
主題歌:秦基博「Q&A」(オーガスタレコード/アリオラジャパン)  
脚本:楠野一郎  
音楽:リチャード・プリン
制作:オフィスクレッシェンド  
企画/配給:松竹
(C)2015「天空の蜂」製作委員会