「予告・特報」カテゴリーアーカイブ

『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』撮影の裏側に迫る特別映像解禁


トーマス・ブロディ・サングスター登場で韓国プレミアで盛り上がったことが記憶に新しい
『メイズ・ランナー』待望の続編、『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』(原題:Maze Runner:The Scorch Trials)は日本での公開が10月23日(金)。

その撮影の裏側に迫る、特別映像が解禁となりました!
メイズ・ランナー2_1
迷路〈メイズ〉の謎はまだ終わっていなかった。

全世界55カ国でNo.1ヒットを記録、日本でも大ヒットを記録した『メイズ・ランナー』。

巨大迷路の出口を見つけた主人公のトーマスたちだが、そこは、次なる迷宮の入り口だった。通路を抜けたトーマスたちは、前作のラストで姿を現した組織によって“選ばれし者”の過酷な運命をさらされる。

別のメイズの生存者とともに、新たな逃亡劇がスタートする―

今回の映像でご覧頂けるのは、巨大迷路から砂漠にステージを変え、過酷さを増した撮影のメイキング映像と、新旧キャストが語る本作の裏側。

「やっと迷路(メイズ)を脱出できてもう走らないかと思いきや、砂嵐の中を走ったり砂丘を登ったりしたよ」と振り返るのは、前作に引き続きトーマスを演じるディラン・オブライエン。さらに新キャラクターのハリエット役を務めるナタリー・エマニュエルは「アクションは初めての経験だったからすごく楽しかった!」と語り、その過酷さを裏付けるように、若いスターたちが実際に灼熱の砂漠を歩く姿や、爆風に吹っ飛ばされるアクションシーンの撮影に挑んでいる様子が映し出されます。

メイズ・ランナー2生き残りをかけて迷宮へと歩みを進めるランナー達。

脱出成功率0%のステージに挑む彼らが、決して特別な存在ではなく、観客と同じ普通の若者である事が重要だと、オブライエンは言います。「トーマスたちは決してヒーローではない。それが物語の重要な核だ。帰る家を探してるんだ。」

ランナー達は新たなステージを攻略できるのか!?

迷路を攻略 その先には…

メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮
(原題:Maze Runner:The Scorch Trials)
10月23日(金)TOHOシネマズ 新宿ほか全国公開
公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/mazerunner/


********************************************************************

監督:ウェス・ポール
出演:ディラン・オブライエン、カヤ・スコデラリオ、トーマス・ブロディ=サングスター、キー・ホン・リー他

2014年/アメリカ映画
配給:20世紀フォックス映画
(c)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
  


『天空の蜂』高度800mの手汗握るシーン映像到着!


映画『天空の蜂』がいよいよ今週末9月12日(土)より全国公開となります。
天空の蜂 “天空の蜂”にハイジャックされた超巨大ヘリ・ビッグBに取り残された、子供を救出しようと、前代未聞の救出作戦が繰り広げられるシーンの映像が到着しました。



犯人からの声明により、難易度の高い条件付で子供を助けることのみ許され、命懸けで救出しようと救助用ヘリでビッグBに近づく自衛隊員たち。本映像は、その緊迫場面の一部がおさめられた、まさに“手に汗握る”シーンとなっています。

父親である湯原たちが見守る中、ホバリング中の超巨大ヘリ・ビッグBへ近づき、自衛隊員・上条(永瀬匡)が作戦を実行しようとロープを構えます。しかし、ローターの気流によって上手くいかず、2機とも墜落してしまう最悪の事態の怖れに「こんな作戦ムリです!」と叫ぶ上条。しかし、機内に取り残された子供のため、ラスト1本となったロープを構え、命を懸けた最後のチャンスへ挑みます。果たして、不可能とも言える本作戦は成功するのか…?

永瀬さん
心拍数が上がること間違いなし。高度800mの手汗握る救出シーンを、ぜひその目でお確かめください!

天空の蜂

9月12日(土) 全国ロードショー。

公式サイト:www.tenkunohachi.jp  
@tenku_bee #天空の蜂


********************************************************************

出演:江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵、綾野剛、柄本明、國村隼、石橋蓮司、佐藤二朗、向井理、光石研、竹中直人、やべきょうすけ、手塚とおる、永瀬匡、松島花、落合モトキ、石橋けい 他

監督:堤幸彦
原作:東野圭吾「天空の蜂」(講談社文庫)  
脚本:楠野一郎  音楽:リチャード・プリン
主題歌:秦基博「Q&A」(オーガスタレコード/アリオラジャパン)
制作:オフィスクレッシェンド  
企画/配給:松竹
(C)2015「天空の蜂」製作委員会
  


マララ・ユスフザイの素顔を描いたドキュメント『わたしはマララ』予告編到着!


一人の子供、一人の教師、一冊の本、一本のペンが世界を変えるのです
―マララ・ユスフザイ

He_named_Me_Malala2014年ノーベル平和賞の最年少受賞者となった 17歳の少女マララ・ユスフザイの素顔を描いたFOXサーチライト初のドキュメンタリー映画『わたしはマララ』原題:He named me Malalaが 12月 11日(金)TOHOシネマズみゆき座ほか全国ロードショーとなります。

その予告編&ポスタービジュアルが解禁となりました!

わたしはマララポスター本作は、史上最年少でノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんが、当時15歳だったマララと友人がスクールバスで下校途中に銃撃された衝撃的な事件とともに、マララの出生、父ジアウディンがその名に込めた想い、そして今の彼女を追っていきます。

なぜ教育のために運動し、タリバンに撃たれたのか?

ブラッド・ピットやロジャー・フェデラーが好きな“ふつう”の女の子が世界を変えようとしている―。

本予告編では、パキスタンのスワート渓谷で女の子が生まれ、アフガニスタンの伝説の少女マラライの名に因みマララと名付けられたこと、そして多大な影響を受けた教育者でもある父や彼を支える家族と過ごす今の生活を追います。

メガフォンは『不都合な真実』のデイヴィス・グッゲンハイム監督です。
彼の目が知られざるマララとその家族の絆に迫っています。



同時代を生きる私たちがいま知っておくべきストーリーかもしれません。
是非劇場へ。

『わたしはマララ』原題:He named me Malala

12月 11日(金)TOHOシネマズみゆき座ほか全国ロードショーです。
公式サイト: malala.jp

********************************************************************

監督:デイヴィス・グッゲンハイム『不都合な真実』
出演:マララ・ユスフザイとその家族
2015年/アメリカ /カラー /ヴィスタサイズ /88分
日本語字幕:栗原とみ子
原題: He named me Malala
©2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
配給:20世紀フォックス映画


秋元才加 劇場版『媚空-ビクウ-』公開日決定&TVスポット解禁!!


闇斬師(やみぎりし)。それは闇に堕ちた騎士や法師を斬るもの。
その素性は誰にも知られず、恐れられていた。
孤高の闇斬(やみぎり)、女魔戒法師・媚(び)空(くう)。
彼女が抱える、悲しき性とはー。

ロングヒットシリーズ牙狼<GARO>。
雨宮慶太の紡ぎ出した唯一無二の世界観に、が演じる闇斬師・媚空が躍動する。牙狼<GARO>10周年記念作品となる、劇場版『媚空-ビクウ-』の初日が11月14日(土)に決定し、この度、TVスポットが到着しました。
媚空キービジュアル
今回お披露目となったTVスポットでは、牙狼シリーズならではの映像表現は勿論のこと、秋元才加の凛々しいアクションに魅了されます。須賀健太演じる媚空に憧れる素朴な魔戒法師に、なぜ媚空は冷たく接するのか?



そして、佐野史郎演じる絶心(ぜっしん)の姿や、肉体美を露わにした新たなる媚空の姿も初お披露目です。現在絶賛放映中のTVシリーズ『牙狼-GOLD STORM翔』も佳境を迎え、10月からはTVアニメ最新作『牙狼-紅蓮ノ月』の放送がスタートするなど、牙狼の勢いは留まる事をしりません。

STORY
『媚空』ポスター 闇斬師として闇に堕ちた魔戒騎士や魔戒法師を討伐する媚空のもとに、元老院付の法師・代知から、“魔戒法師のウサミが闇に堕ちているかどうか確かめよ”という指令を受け取る。媚空は入心の術を用いてウサミの心の中=精神世界へと突入する。しかしそこには、媚空の想像とは違った状況が発生していた。ウサミの精神世界に異状を感じた媚空は、その真相を確かめるべく、師匠である白海法師を訪ねる。だがこれが、深く暗い闇への入口であることを媚空はまだ知らなかった…。

劇場版『媚空-ビクウ-

11月14日(土)新宿バルト9他全国ロードショー

公式サイト:http://garo-project.jp/BIKUU/

********************************************************************

原作・総監督:雨宮慶太
監督・アクション監督:大橋明
脚本:江良至
エグゼクティブ・プロデューサー:二宮清隆

出演:秋元才加 須賀健太 朝倉えりか 伊藤かずえ / ミッキー・カーチス 佐野史郎

配給:東北新社 特別協力:サンセイアールアンドディ 制作:東北新社/オムニバス・ジャパン 製作:東北新社

2014/日本/カラー/78分/16:9/5.1ch 
©2015「媚空」雨宮慶太/東北新社


桜木紫乃作品の映画化『起終点駅 ターミナル』新予告編が解禁!


桜木紫乃作品の映画化『起終点駅 ターミナル

佐藤浩市、本田翼の共演で、東映配給にて11月7日(土)より公開されます。

そして、この度My Little Loverが担当する主題歌「ターミナル」が流れる新予告編を解禁です。

起終点駅
予告編の前半では、25年前の出来事から時間を止め、息を潜めるように生きている弁護士・鷲田完治(佐藤浩市)と、被告人・椎名敦子(本田翼)の運命的な出会いが描かれ、後半では「ターミナル」の切ない音色、凛とした歌声と共に、終わりとはじまり=“起終点駅”へと歩みだす完治と敦子、そしてその周りを取り巻く人々の人生が交錯する様が描かれており、映像中で語られる「ひとつやふたつ、あの世に持っていかなきゃいけない事もあるんだよ。人はそれを背負って生きていくんだ。」、「生きてさえいればいい、生きていてくれさえすれば。」といった言葉の数々が胸を打ちます。



そして!

9月5日(土)より、全国劇場にて前売鑑賞券発売開始!

購入特典として、映画に出てくるメニューを作ることができる、「特製レシピ付きメモブック」をプレゼント。
(発売劇場は、公式サイトをご覧ください)

『起終点駅 ターミナル』

11月7日(土)全国ロードショーです。

公式サイト:http://www.terminal-movie.com/

********************************************************************


監督:篠原哲雄

キャスト:
佐藤浩市 本田翼
中村獅童 和田正人 音尾琢真 泉谷しげる 尾野真千子

原作/桜木紫乃「起終点駅 ターミナル」(小学館刊) 
脚本/長谷川康夫 音楽/小林武史 
主題歌/「ターミナル」My Little Lover(TOYSFACTORY)
「起終点駅 ターミナル」製作委員会  配給/東映
(C)2015 桜木紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会