「予告・特報」カテゴリーアーカイブ

古畑星夏主演『人狼ゲーム ラヴァーズ』予告編とポスター解禁


映画情報どっとこむ ralph 原作小説&コミカライズがシリーズ累計70万部突破!
アプリゲームもスマッシュヒットの「人狼ゲーム」の実写化第五弾!

今回は、参加者全員人狼ゲーム経験者!クセモノたちの知力を尽くした騙しあい、果たして生き残るのは誰だ!?原作 小説&コミカライズがシリーズ累計 70 万部突破!

アプリゲームもスマッシュヒットの「人狼ゲーム」の実写化第五弾!『人狼 ゲーム ラヴァーズ』が 2017 年 1 月 28 日(土)に公開となります。
その本編映像初公開となる予告編とポスタービジュアルが解禁となりました。

映画情報どっとこむ ralph

物語・・・・
皆さんにはこれから人狼ゲームをプレイして頂きます―。拉致・監禁された高校生たちに殺し合いをさせ、生き残ったものには1億円が与えられる“殺戮ゲーム”人呼んで<人狼ゲーム>。目覚めると私はそれに参加していた。今回の参加者は、全員が人狼ゲームを勝ち上がった経験者らしい。私、高野蘭子も同じ。家族を借金から救うために、もう一度このゲームに勝たないといけない。新しく追加された「キューピッド」と「恋人」のルールで混迷する状況のなか、「人狼」に加えて「恋人」の役職を得た私は、見え隠れするゲーム運営側の気配を感じつつ完全勝利を目指す……!

映画情報どっとこむ ralph メガホンを取るのは『人狼ゲーム』シリーズ第3弾、第4弾に続き、園子温監督の秘蔵っ子とも呼ぶ べき綾部真弥監督。

古畑星夏が映画初主演。
共演には池田純矢、佐生雪、平田雄也、 溝口恵、前田航基、森高愛など、それぞれの分野で 抜群の存在感を示す若手俳優たちが集合。

今、極限のデスゲーム・ムービーが開幕!

人狼ゲーム ラヴァーズ

は、 2017 年 1 月 28 日(土)に公開です!

***********************************

出演:古畑星夏
佐生雪 平田雄也 溝口恵 前田航基 森高愛
春川芽生 安藤瑠一 鈴木知尋 中村萌
池田純矢

監督:綾部真弥 
脚本:川上亮、綾部真弥 
原作:川上亮「人狼ゲーム LOVERS」竹書房刊
企画・配給:AMGエンタテインメント 

(C)2017「人狼ゲーム ラヴァーズ」製作委員会


『ラビング 愛という名前のふたり』公開日決定&予告編解禁!


映画情報どっとこむ ralph 1958年。今からたった約60年前のお話。
異人種間の結婚は違法だった時代に結ばれたラビング夫妻。実話から生まれたアメリカ史上最も純粋なラブストーリー

『ラビング 愛という名前のふたり』(原題:LOVING)が、3月3日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国順次公開することが決定!その予告編も到着しました!



口下手で不器用だが、その優しさと誠実さで妻を愛し守り続けるリチャードを演じるのは、『華麗なるギャツビー』のジョエル・エドガートン。普段は控えめで物静かだが、子供たちのためなら思わぬ行動力を示すミルドレッドには、『プルートで朝食を』のルース・ネッガ。

国と国、人と人の間で、互いへの思いやりが失われつつある今この時代に、ラビング夫妻を演じることに重大な使命と責任を感じたエドガートンとネッガは、夫妻の資料を丹念にリサーチし、彼らの思い出の場所を訪ね、外見はもちろん内面にも深くコミット。そうして生まれたのが、言葉に頼らず、いつも見つめ合い、触れ合い、大事な時にはしっかりと手を握り合って想いを確かめ合うふたりだった。


その慎ましくも美しい姿を、丁寧に慈しむようにスクリーンに焼きつけたのは、期待の気鋭監督ジェフ・ニコルズ。

新鋭監督と実力派俳優の入魂のコラボレーションにカンヌ、トロント国際映画祭が感涙、一気にオスカー候補に!

映画情報どっとこむ ralph <「英国王のスピーチ」コリン・ファースが映画化を熱望した感動の実話>

1958年、アメリカのいくつもの州で異人種間の結婚が禁じられていた。
子供の頃に出会って育んだ友情が、愛情へと変わっていった二人は、法律で許されるワシントンDCで結婚し地元に新居を構えて暮らし始める。
だが、夜中に突然現れた保安官に逮捕されてしまう。

離れ離れになってもただひたすらに愛を貫いた二人。ある日、妻のミルドレッドが、ケネディ大統領の弟であるロバート・ケネディ司法長官に書いた1通の手紙を書く。 愛する夫のリチャードと生まれ故郷で夫婦として暮らしたいと願ったのだ。

歴史までもを変えた、史上最も純粋な愛を描いた感動作に、涙すること必至です。

ラビング 愛という名前のふたり

3月3日(金)TOHOシネマズ シャンテ他 全国順次公開 

gaga.ne.jp/loving 

***********************************

監督・脚本:ジェフ・ニコルズ(『テイク・シェルター』、『MUD マッド』)

出演:ジョエル・エドガートン(『ブラック・スキャンダル』)、ルース・ネッガ(『プルートで朝食を』)

配給:ギャガ 
(C)2016 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.


文春くん、鷹の爪団吉田くんと今年1年を振り返る!名言寺2016


映画情報どっとこむ TJ 2016新語・流行語大賞トップテン入りを果たした「ゲス不倫」、そして同時ノミネートされた「文春砲」、今年、数々の話題をお茶の間に振りまき続けてきた週刊文春。

鷹の爪団も、今年4月より週刊文春とコラボーションし、現役・週刊文春記者「文春(ふみはる)くん」というキャラクターを開発。「秘密結社 鷹の爪」LINE LIVEやアニメへの出演をはじめ、流行語大賞授賞式への登壇、そして連日連夜様々なメディアに登場しました。

そんな週刊文春と鷹の爪団がまたまたコラボレーション!
なんと、今年話題になったあの方々の名言を、吉田くんと文春(ふみはる)くんがナビゲート役となり、マンガとアニメで振り返る企画、題して「名言寺2016 文春くん的流行語ベスト10」です。

マンガは12月28日(水)発売の「週刊文春1月5日・12日特別合併号」本誌で、アニメは同日11時より「週刊文春WEB『週刊文春公式サイト』」やYoutube他、でそれぞれ公開いたします。

文春くん、鷹の爪団と一緒に、今年1年を振り返りましょう。

映画情報どっとこむ TJ 【「名言寺2016 文春くん的流行語ベスト10」とは】
その年に話題になった人がつくと、その時の名言を奏でて浄化してくれるという「名言寺」の除夜の鐘。
今年も、話題を振りまいた様々な方々が除夜の鐘をつきにやってきます。

そんな「名言寺」を舞台に、今年の話題の顔と名言を、ナビゲーター役の文春(ふみはる)くん、吉田くんと一緒に振り返ります。
不倫疑惑に揺れたあの人や、不適切な支出で問題になったあの人など、2016年「文春砲」の対象者たちがその名言 と共に登場!
今年1年を締めくくるにふさわしい内容です。
©DLE

1コママンガ:週刊文春2016年12月28日発売「1月5日・12日特別合併号」本誌にて掲載

コラボアニメ: 週刊文春WEB「週刊文春」公式サイト
http://shukan.bunshun.jp/
YouTube DLEチャンネル


【12月29日21:00公開】鷹の爪LINE LIVE公式
鷹の爪LINE LIVE公式
【12月30日19:00公開】YouTube DLEチャンネル 鷹の爪GT内
YouTube DLEチャンネル 鷹の爪GT内
【12月30日19:00公開】Gyao 鷹の爪GT内
Gyao 鷹の爪GT内

文春(ふみはる)くんはTwitterでも活躍中。フォローお願いします。
文春砲(文春くん公式)Twitter:@bunshunho2386

映画情報どっとこむ TJ
映画『鷹の爪 8 ~吉田くんの×ファイル~』概要

あらすじ
20 世紀、島根県・吉田村。秘密基地で遊んでいた地元の小学生・吉田くんと仲間たちのもとに、未来からタイムトラベルで世界連邦捜査局・X(エックス)捜査課のモレルダー&ナスカリー捜査官がやってきた。彼らはともに、未来で怪事件を発生させているという「呪いのビデオ」の捜索を始める。しかし、その行く手には UMA(未確認生物)、オーパーツ、超常現象など、思わず立ち止まらずにはいられない摩訶不思議な出来事が次々に出現! 果たして吉田くんたちは寄り道せずに謎を解き明かすことができるのか!?

まだまだ劇場も!侵略中!
今回の北海道・沖縄追加上映により日本全エリアでの上映を達成します!!
監督・脚本・声の出演:FROGMAN
原案・まんが:FROGMAN・おおわき正義(『鷹の爪吉田くんのX(バッテン)ファイル』小学館「月刊コロコロイチバン!」にて連載中)

声の出演:森川葵(里美役) 内田彩(つっちー役) 犬山イヌコ(キュウ助役) 杉田智和(モレルダー役) 松本梨香(ナスカリー役)

ハリセンボン箕輪はるか(メリーさん) 真壁刀義・本間朋晃(本人役) 若本規夫(グレイ役) FROGMAN(吉田くん役ほか)

主題歌:モン吉「一期一会」(ドリーミュージック・)
© 「鷹の爪8」製作委員会
配給:DLE/プレシディオ

オフィシャルサイト:
鷹の爪.jp/xfile
Twitter:
@_takanotsume_


***********************************


天国から地獄!映画『くも漫。』まさかの実話特報映像第2弾


映画情報どっとこむ ralph 2017年2月4日(土)に劇場公開される映画『くも漫。』の特報映像第2弾が遂に解禁です。


既に解禁された特報第一弾では・・・

風俗店「オフィスっ娘♥倶楽部」で柳英里紗さんが・・・で、くも膜下出血を発症する瞬間が描かれ、倒れた直後のリアリティあふれる姿に思わず笑いがこみあげるという内容でした。(過去記事確認

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁される特報第2弾では、地獄の闘病記が垣間見える映像が登場!


そして、地獄の日々の後に待っていたのは・・・?!

どうか皆さん、絶対に笑わないでください!

命をとりとめた後に訪れた、大きな<恥>!


これは、他人事ではないかもしれません。
恐怖と感動の実録漫画が実写映画化!

「くも漫。」

まさかの実話には、感動もキュッとつまっています。
2017年2月4日(土)新宿バルト9ほか全国順次公開です。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
中川学、29歳。長年の二―ト生活を経て、父のコネで教育現場の職を得る。初めて人生の歯車が合い始めた高揚感と抑えきれない性欲から、風俗店「オフィスっ娘♥倶楽部」へ繰り出した。

そこで出会ったのは?1の風俗嬢ゆのあ。中川は最高のサービスを受け、絶頂を迎えるはずが…。

まさにその瞬間、くも膜下出血を発症―。完治率わずか30%の病から生還し、風俗店で倒れたことを家族にひた隠しに隠し通す中川。――笑わずにはいられない!しかし、決して他人事ではない…。

死の淵から生還した男の<人生で最も恥ずかしい実録物語>
出演:脳みそ夫、柳英里紗、沖ちづる、板橋駿谷、坂田聡、立石涼子/平田満
***********************************

原作:中川学「くも漫。」(リイド社・トーチコミックス)
監督:小林稔昌
脚本:安部裕之
エグゼクティブプロデューサー:中川幸美
プロデューサー:峰添忠
企画・製作:クリエイティブネクサス
配給:トリプルアップ
(c)クリエイティブネクサス
    


ホプキンス × パチーノ 初共演シーンついに解禁『ブラック・ファイル 野心の代償』


映画情報どっとこむ TJ 映画『ブラック・ファイル  野心の代償』が、2017年1月7日(土)より新宿ピカデリーほかにて全国公開。

野心家の弁護士、腐敗したCEO、黒ずくめの謎の男、ブロンド美女…。野心と欲望にまみれた登場人物たちが人生を狂わせる巨大な陰謀を仕掛ける!
%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%bb%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab ジョシュ・デュアメル、アンソニー・ホプキンス、アル・パチーノ、イ・ビョンホンだけでなく、主人公の妻を『スター・トレック イントゥ・ダークネス』のアリス・イヴが、謎の愛人を『ウォッチメン』のマリン・アッカーマンが妖艶に演じています。

そして、この度、本作にて奇跡の初共演を果たしたアンソニー・ホプキンスとアル・パチーノの共演シーン動画が解禁です!


ハリウッドを代表する名優2人は本作で巨大製薬会社のCEOと有名弁護士事務所の代表という敵対する役柄で初共演!解禁となるシーンは唯一の共演シーンで、“証言録取”と呼ばれる裁判所での審理の前に証言を記録し書面化する重要なシーン。

映画情報どっとこむ TJ 本作の監督シンタロウ・シモサワは

監督:初共演だからといって共演シーンを乱発するのではなく、重要なシーンに限定したかった。

と語り、2人が顔を合わせたのはこのシーンのみとなりました。現場での様子を聞くと、ホプキンスはスタッフとの距離が近く、休憩中には技術スタッフのスマホにレクター博士の物まねをしたボイスメッセージを吹き込むなどして現場を楽しんでいたと監督は明かします。

一方、パチーノは現場でアドリブを連発。本作のクライマックスでシェイクスピアの詩を使って主人公に忠告するシーンはパチーノ自ら現場で提案したシーンだったと監督は語ります。

映画情報どっとこむ TJ %e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc物語・・・
全米を牛耳る巨大製薬会社。世間ではその薬害問題が報じられていたが、チャールズ・エイブラムス率いる弁護団は決定的な証拠を掴めずにいた。そんな中、野心家の若手弁護士ベン・ケイヒルは金髪の美女エミリーと出会い、機密の臨床ファイルを受け取る。

その出会いをきっかけに、人間達のありとあらゆる欲望<出世欲・金欲・独占欲・愛欲…>が複雑に絡み合い、ケイヒルの人生は予想もつかない意外な展開に巻き込まれていく―。

映画『ブラック・ファイル 野心の代償
原題:MISCONDUCT 

2017年1月7日(土)より新宿ピカデリーほかにて全国公開。

***********************************

監督:シンタロウ・シモサワ 
脚本:アダム・メイソン、サイモン・ボーイス 
製作:エレン・ヴァンダー 
音楽:フェデリコ・フシド
出演:ジョシュ・デュアメル、アンソニー・ホプキンス、アル・パチーノ、イ・ビョンホン、アリス・イヴ、マリン・アッカーマンほか
2015/アメリカ/106分/シネスコ
提供:カルチュア・パブリッシャーズ 
配給:松竹メディア事業部