「予告・特報」カテゴリーアーカイブ

敬老の日を記念しR70の豪華な顔ぶれの特別映像 草刈正雄主演作『体操しようよ』


映画情報どっとこむ ralph 2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」の豪快でお茶目な戦国武将、真田昌幸役でお茶の間を沸かせ、“昌幸ロス”なる現象が起きたほど話題を集めた草刈正雄。

「体操しようよ」は7年ぶり待望の最新主演作です。

妻に先立たれて18年、定年退職し「はじめての家事」「ラジオ体操で地域デビュー」に果敢に挑むことになったシングルファーザー・佐野道太郎。愛する娘のため、憧れのマドンナのため、定年お父さんが大奮闘します。不器用ながらも家事に挑戦する姿に、笑って、泣いて、勇気と元気をもらえる幸せ感動作。

人生100年時代、定年退職してからの第二の人生もまた長い。道太郎の第二の人生を応援する人生の先輩たちに、日本映画を代表する名バイプレーヤーが結集、味わい深い名演技で、主演の草刈正雄を盛り立てます。

敬老の日を記念し、R70の豪華な顔ぶれの特別映像が完成しました!


特別映像には、
①アルバイト先の便利屋の仕事で、謎の言葉を連発し道太郎を翻弄する老人との散歩シーン。老人役は小松政夫(76歳)

②道太郎をラジオ体操に誘う元上司役の平泉成(74歳)による、まさかのキレッキレのラジオ体操シーン

③便利屋兼体操会会長役のきたろう(70歳)が、可愛すぎるボーイスカウト姿のシーン

などなど衝撃映像の連続、見逃せません!

◎キャストプロフィール(年齢順)
小松政夫(76歳)ご近所さん
平泉成(74歳)会社の先輩役
きたろう(70歳)
諏訪太朗(64歳)会社の後輩


映画情報どっとこむ ralph 体操しようよ

公式サイト:
taiso-movie.com   


【ストーリー】
38年間無遅刻無欠勤、真面目だけが取り柄の会社員・佐野道太郎(草刈正雄)。18年前に妻を亡くし、しっかり者の娘・弓子(木村文乃)と2人暮らし。定年退職後「これからは自由に生きるぞ!」と意気込むものの、実際には何をしていいのか途方にくれ、しかも一人娘の弓子から「佐野家の新しい主夫は、お父さんです!」と宣言され家事担当に。ある日地元のラジオ体操会に参加したことで人生の風向きがかわっていく。体操会のマドンナのぞみ(和久井映見)に胸ときめかせ、彼女からの紹介でラジオ体操会会長の神田(きたろう)が営む便利屋の仕事を得て、年下の同僚の馬場薫(渡辺大知)と、地域の人々の様々な依頼に不本意ながらも取り組むことに。何事にも一生懸命だけど不器用な道太郎が、周囲から叱咤激励されながら人生を謳歌していく。
***********************************

出演:草刈正雄 木村文乃 きたろう 渡辺大知(黒猫チェルシー)徳井優 諏訪太朗 川瀬陽太 山田真歩 /片桐はいり 大島蓉子 稲川実代子 木村八重子 加藤満 菅野久夫 平澤宏々路  余貴美子 小松政夫 平泉成 /和久井映見 

監督:菊地健雄 
脚本:和田清人、春藤忠温 

音楽:野村卓史 主題歌:「体操しようよ」RCサクセッション(ユニバーサル ミュージック)

配給:東急レクリエーション 企画:パレード 製作幹事・制作プロダクション:ポリゴンマジック 特別協賛:かんぽ生命 協賛:タニタ 長谷工シニアホールディングス 助成:文化庁文化芸術振興費補助金 撮影支援:千葉県 広報連携:東京都 

特別協力:全国ラジオ体操連盟
製作:「体操しようよ」製作委員会(ポリゴンマジック パレード 東急レクリエーション 朝日新聞社 ハピネット 博報堂DYミュージック&ピクチャーズ アサツー ディ・ケイ イオンエンターテイメント) 

(c)2018「体操しようよ」製作委員会 
ラジオ体操制定90周年


スターロス・リンチ&オリヴィア・ホルト共演『ステータス・アップデート』予告&劇中カット到着


映画情報どっとこむ ralph 世界的に大ヒットを記録した『ヘアスプレー』『glee/グリー』『ウォーク・トゥ・リメンバー』の名匠アダム・シャンクマン最新作。

幸せを探す全ての人に贈る、愛と人生についての物語『ステータス・アップデート』の公開が11月3日より、渋谷シネクイント、新宿武蔵野館他に決定。この度、予告編と場面写真が公開となります。


公開された予告編では、魔法のアプリを駆使して、望むものを何でも手に入れる青年カイルが写し出される。カイルは“なんでも思い通りになる世界”で本当に大切なものを失っていく。また、ロス・リンチとオリヴィア・ホルトがブルーノ・マーズの大ヒット曲「ロックト・アウト・オブ・ヘブン」を熱唱するシーンも収められている。

場面写真でも2人のダンスシーンを捉えたカットなどが公開され、『ヘアスプレー』監督×ディズニースターのコラボに期待が高まる。

映画情報どっとこむ ralph 願いが何でも叶う魔法のアプリを手に入れた青年カイル。
彼女、名声、友人、富、すべてを手にいれたカイルが辿り着いた究極の結末とは!?

本作は、愛や人生、幸せの意味といった、誰もが抱く疑問を、驚きの想像力と、エンタテインメント性溢れるアイデアで問いかける。主人公のカイルを演じるのは、ディズニー・チャンネルの人気青春ドラマ『オースティン&アリー』の主演を務めブレイク、バンド「R5」のボーカルとしても活躍し第2のザック・エフロンと全米で呼び声高いロス・リンチ。

カイルが想いを寄せるダニー役には、ディズニー・チャンネル『やってないってば!』でヒロインを務め若手女優として話題沸騰中のオリヴィア・ホルト。ディズニー・チャンネル出身のトップスター2人が夢の共演を果たし、パワフルな歌声を披露している。

また、映画のカギを握る同級生シャーロット役に、『マッドマックス 怒りのデスロード』のコートニー・イートンが挑み、小悪魔的魅力たっぷりに演じている。

その他、『X-MEN』シリーズのジーン・グレイ役で知られるファムケ・ヤンセン、『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』のフランクリン役で有名なロブ・リグルなどが脇を固め、物語にリアリティと笑いを与えて感動へと誘う。また、劇中で流れるブルーノ・マーズ、レイチェル・プラッテン、トミー・ジェイムス、レナード・コーエンなど、音楽にも要注目!観終わると誰もが幸せな気持ちに包まれる傑作が誕生した。
映画情報どっとこむ ralph ステータス・アップデート

11月3日(土)より渋谷シネクイント、新宿武蔵野館他全国公開

公式HP:
http://status-update.jp/ 


物語・・・
その選択が、人生を変える―。魔法のアプリですべてを手にいれた青年が、たどりつく究極の結末とは!?
カリフォルニア出身の青年カイルは両親の別居により、母と妹と3人で祖父のいるコネチカット州へ移り住む。自分に自信のないカイルは学校に馴染めず恋人がいないのが悩み。そんな彼が、ある日不思議な男によって“なんでも思い通りになる世界”に導かれる。男は〈ユニバース〉というソーシャルアプリがダウンロードされたスマホをカイルに手渡し、〈ユニバース〉に投稿したことは全て現実になるという。魔法のアプリを駆使して、望むものを何でも手に入れたカイルだったが、やがて重大なことに気がついていく。そして、人生最大の選択が目の前に迫っていた―。

***********************************


出演:ロス・リンチ  オリヴィア・ホルト  ハーベイ・ギーエン  コートニー・イートン  ロブ・リグル  ファムケ・ヤンセン
監督:スコット・スピアー『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』『ステップ・アップ4:レボリューション』
製作総指揮:アダム・シャンクマン『ヘアスプレー』『glee/グリー』(シーズン2~4)『ウォーク・トゥ・リメンバー』
脚本:ジェイソン・フィラルディ『セブンティーン・アゲイン』
2018年/アメリカ/カラー/106分
配給:AMGエンタテインメント
提供:日活
(C)2017 Status Update, LLC All Rights Reserved


3面から死霊が襲ってくる!『 死霊館のシスター 』9/21[金]よりScreenX上映開始


映画情報どっとこむ ralph この度、全米で公開されるやいなや、過去の「死霊館」シリーズの中でもダントツのオープニング成績を収め、2018年ホラー映画ナンバー1の超特大ヒットスタートを切った話題沸騰中の映画『死霊館のシスター』が、9月21日(金)より3面ワイドスクリーンによるScreenX版で上映開始!

1952年のルーマニアの修道院を舞台に、バーク神父と見習いシスターのアイリーンが自殺したシスターの事件を追うにつれ、かつてない恐怖“悪魔のシスター・ヴァラク”と対峙していく本作は、3面のスクリーンにより、映画の緊張感を視覚的にも倍加する様々な演出が駆使されており、通常上映とは全く違った3倍もの新感覚恐怖を披露。シリーズ初のScreenX上映ということで注目を集めている。
そして、何よりも96分の上映時間の内、3面に広がるScreenXのシーンがなんと!30分を超えます!

本編尺の1/3が広がり広がった演出で、まるで実際に死霊館に入ったような臨場感を与え、恐怖を最大化させる。古い墓地の下にある狭い管の中に閉じ込められたり、薄暗い古い修道院の廊下など、密閉された空間がScreenXを介してシアターにそのまま表れたかのような錯覚体験も!

また「死霊館のシスター」にはScreenX版でしか観ることができない「何か」が…!?それは、主人公のアイリーンが墓地に迷い込み悪霊の罠にかかるシーン。正面と左右の壁の3面スクリーンで数十個の鐘の鳴り響くシーンで、ScreenX版だけの「何か」が登場するという…!その「何か」という、ScreenX版だけにオリジナルで仕込まれた演出を、ぜひScreenXシアターでご確認下さい!!

映画情報どっとこむ ralph そして、この度、死霊と恐怖が3面ワイドスクリーンで襲ってくる、絶叫待ったなし! 心配停止レベル!『死霊館のシスター』ScreenXハイライト映像が到着! 『死霊館のシスター』の本編映像に併せて3面ワイドスクリーンに広がる、迫力MAX!臨場感MAX!恐怖感MAX緊張感あふれる映像です!!これを観れば絶対『死霊館のシスター』をScreenXシアターで観たくなること間違いなしな、《”恐怖”のScreenXハイライト映像》に仕上がっております!



映画情報どっとこむ ralph 因みに・・・
「ScreenX」とは、昨年夏、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にオープンした新次元の3面マルチ上映システム。近年、ハリウッドの配給会社との協業を積極的に行いながら多数のブロックバスター映画を次から次へと公開し、アメリカでは10〜20代を中心に最新トレンドとして広がっている。現在、アメリカ、中国、タイ、インドネシア、ベトナム、トルコのほか、全世界14カ国158スクリーンを運営中。また、2018年末までに、全世界約40%以上の「ScreenX」上映館が増える見込み。

日本で唯一となる、ユナイテッド・シネマお台場「ScreenX」で、『死霊館のシスター』を!是非、お楽しみください。

ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場
http://www.unitedcinemas.jp/screenx/

映画情報どっとこむ ralph 映画『死霊館のシスター
原題:The Nun

公式ホームページ:
http://wwws.warnerbros.co.jp/shiryoukan-sister/
物語・・・
1952 年、ルーマニアの修道院でひとりのシスターが自ら命を絶つ。不可解な点が多いこ の事件の真相を探るため、教会はバーク神父とシスターの見習いアイリーンを修道院へ派遣する。二 人は事件を調査していくにつれ、この修道院に隠された想像を絶する秘密へとたどりつく。バーク神 父とアイリーンは、決して関わってはいけない恐るべき存在“悪魔のシスター”と対峙することになる――。
***********************************


監督:コリン・ハーディ
脚本:ゲイリー・ドーベルマン
制作:ジェームズ・ワン
出演:タイッサ・ファーミガ、デミアン・ビチル、シャーロット・ホープ、リリー・ボーダン、ボニー・アーロンズ ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画

©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.


『チア男子!! 』に浅香航大、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原 健、小平大智 出演決定!


映画情報どっとこむ ralph 先日、横浜流星、中尾暢樹のW主演作『チア男子!! 』に、 浅香航大、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原 健、小平大智が出演することが 決定しました。さらに、7人の3ヶ月を超える練習を追った、 メイキング超特報が解禁となります。 本作は「桐島、部活やめるってよ」「何者」の朝井リョウの人気小説 「チア男子!!」の実写映画化。原作となる「チア男子!!」は直木賞作家 の朝井リョウが大学在学中に、これまで女子がやるものとされてきた チアリーディングを男子が挑む、男子チアチーム“SHOCKERS”を モデルに執筆した作品で、2019年初夏に公開となります。

今回出演が決定した浅香航大は、2012年公開の朝井リョウ原作の映画『桐島、部活やめるってよ』で注目を集め「マッサ ン」(NHK総合)で一躍名を広めた。爽やかな青年役からクセのある役まで幅広い役を演じ若手きっての実力派として数々の 作品に出演している。本作では、一匹狼で理屈っぽいが青春の熱を感じさせる秀才・溝口 渉を演じる。

■浅香航大コメント
僕は今まで部活やサークルを経験してこなかったので、時間に限りがある中で何かに向かって一生懸命打ち 込むことに、怖いというイメージがありました。青春って、失う怖さや切なさ、虚無感が伴うんじゃないか と。だけど今回、数か月練習をしてきて、僕たちにチアを教えてくださっているSHOCKERSのOBの方たち の、チアについて語っている顔がみなさん輝いていて、素敵な笑顔をされているのが印象的で。僕もこの作 品を通して、自分自身がそんなふうに笑えるようになりたい、作品がみなさんに届くまで本気で青春したい なと思います。映画館に観に来てくださった方々が、映画を観た後に、素敵な笑顔になってくれたら嬉しい です。そして個人的には2度目の朝井リョウさん原作作品。今回はどんな青春を送らせてもらえるのか、期 待に胸が膨らみます。初心に帰って挑みます。

映画情報どっとこむ ralph チア経験者で爽やかな イケメンだが過去に傷を持つ徳川 翔を演じるのは瀬戸利樹。
瀬⼾は、2016年公開の映画『ストレイヤーズクロニクル』にて一 躍注目を集め、その後、映画『PとJK』や特撮ヒーロー番組「仮⾯ライダーエグゼイド」のブレイブ役で幅広い層に人気が拡大。 クールさと甘さの両⾯をもつ稀有な俳優として、存在感を増している若手注目俳優。

■瀬⼾利樹コメント 最初は何も出来ない状態で不安もありましたが、翔はメンバーの中でも唯一の経験者というところもあるの で、他のメンバーよりも美しくパフォーマンスをする事を意識して練習しています。僕達BREAKERSの姿が、 これから新しい何かに挑戦しようとしている方への後押しになるよう、そして皆さんを笑顔にできるよう頑 張ります。翔を見て、前に進む一歩を感じて頂ければなと思います!



高校まで野球やサッカーをやっていて運動 神経の良い長谷川弦を演じるのは、岩谷翔吾。
THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのパフォーマーとして活躍する一方、2016 年公開の映画『HiGH&LOW THE MOVIE』、続く『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』で山王連合ケン役で出演。近 年は舞台出演も相次ぎ、演技力に磨きをかける。

■岩谷翔吾コメント スクリーンでのお芝居もチアも何もかも初挑戦なので、自分はただがむしゃらに頑張ることしかできないと 思い、練習から気合を入れて参加しています。練習が進むにつれて7人の絆が深まり、役を越えて本当の仲 間になれている、きっといい作品になると強く感じています。みんな何もできないところから始めて、全力 で練習して、まだまだ形はきれいじゃないけれど、7人でがむしゃらにやっている姿が、感動に繋がると思 います。観た人の背中を押すような、自分も何かできるんじゃないかと思ってもらえるような映画にしたい です。全力で挑みます。楽しみにしていてください


岩谷演じる弦と幼馴染の鈴木総一郎(通称:イチロー)を演じるのは菅原 健。
菅原は2014年、映画『神様の言うとおり』で俳優デビュー。その後、2015年『暗殺教室』、2016年『ちはやふる』、2017年 『帝一の國』など数々の映画に出演し、2018年は『honey』『孤狼の血』などに出演。11月公開の入江悠監督作『ギャングー ス』への出演が決定しているなど今後の活躍に注目が集まる。

■菅原 健コメント みんなより少し遅れて現場に入ったのですが、温かく迎えてもらって、練習にもどうにか追いついて、少し ずつチアらしくなってきました。本番でイチローとしてちゃんと表現するためにも、撮影までもっと頑張ろ うと思っています。この映画は、観終わった後、自分も何か新しいことを始めようと思うきっかけになると 思うので、ぜひ楽しみにしていてください!


体重100キロ超のスポーツ未経験者、遠野浩司(通称:トン)を 演じるのは、小平大智。
映画 『トリガール!』『心が叫びたがってるんだ。』『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』など に出演し、親しみのあるトン役でのブレイクが期待される。

■小平大智コメント 原作や脚本を読んで、トンちゃんのことをすごく素敵だなと感じました。そして、僕と似ているところもあ るけれど、僕よりもずっと強い人だ。トンちゃんのようになりたい。そんなふうに練習を始めてから思うよ うになりました。トンちゃんや僕みたいに、もっと頑張りたいのにできなかったり、不安や怖いという気持 ちを持ってしまう人はたくさんいると思うんです。そんな人に「この太った人が頑張っているなら私も頑張 ろうかな」と思ってもらえるように、精一杯頑張りたいです。映画を通して、僕が練習中にいただいたもの をちゃんと返したい、ちゃんと伝えたいと思っています。


監督は、2013年大学在学中に制作した『Halcyon days』が山形ムービーフェスティバルで注目を浴び、同年監督した『それ からの子供』もぴあフィルムフェスティバルで話題をさらった新星・風間太樹。HKT48アルバム特典映像として製作された短 編映画のうち宇井真白出演の「屋上のおばけ」を監督し、業界内でも話題をさらった。原作の朝井リョウ、主要キャスト、監督 の全員が20代で挑む映画『チア男子!!』。2019年初夏公開に向けて、青春と感動を詰め込んだ作品となること間違いなし。

映画情報どっとこむ ralph 物語は、道場の長男として幼い頃から柔道を続けてきた大学1年の晴希(横浜流星)が怪我をきっかけに柔道をやめ、親友の 一馬(中尾暢樹)とともに男子チアチームの結成を目指す青春物語。大学チアリーディング界初の男子チアチーム ”BREAKERS”を結成し、大舞台に挑戦する!新たに発表となったキャストを加え、”BREAKERS”いよいよ始動!

■メイキング超特報が解禁! フレッシュな顔ぶれで挑む映画『チア男子!!』、この度、クランクインまでの3ヶ月を超えるチアの徹底練習を追ったメイキ ング映像「チア男子!! メイキング超特報」が解禁となった。男子チアチーム“SHOCKERS”のOBらによるコーチングとともに、 本作に向き合う7人の体を張ったアクション、歯を食いしばった表情など、ひたむきな7人の姿が収められています。




映画情報どっとこむ ralph 2019年《初夏》全国公開

公式サイト:
http://letsgobreakers7.com
公式Twitter:
https://twitter.com/letsgobreakers7


***********************************

出演:横浜流星・中尾暢樹 瀬⼾利樹 岩谷翔吾 菅原 健 小平大智 / 浅香航大

原作:朝井リョウ「チア男子!!」(集英社文庫刊)

脚本:登米裕一
監督:風間太樹
制作プロダクション:AOI Pro.
配給:バンダイナムコアーツ/ポニーキャニオン
©朝井リョウ/集英社・LET’S GO BREAKERS PROJECT
©朝井リョウ/集英社
   


キアヌ・リーブス × ウィノナ・ライダー映画『おとなの恋は、まわり道』日本公開決定&予告到着


映画情報どっとこむ ralph 『マトリックス』シリーズで世界を制したキアヌ・リーブスと、『シザーハンズ』で世界の恋人になったウィノナ・ライダー。そんなふたりの4度目の共演が実現、個性が強すぎて恋愛も人生もうまくいかない男女という、インパクト絶大のキャラクターに挑んだラブストーリー、映画『おとなの恋は、まわり道』(原題:「Destination Wedding」)の日本公開が決定し、予告篇も解禁となりました。


過去共演は『ドラキュラ』(92)、『スキャナー・ダークリー』(06)、『50歳の恋愛白書』(10)最近、ウィノナ・ライダーが、ルーマニアで撮影した『ドラキュラ』(92)では、本物の司祭を呼んで、正式な儀式にのっとって結婚シーンを撮影したため、二人の結婚は成立していたとかいないとか。

本作での共演は、脚本を気に入ったウィノナ・ライダーが、キアヌ・リーブスに脚本を送った事で実現。

物語の軸になる二人について、監督のヴィクター・レヴィンは「二人の友情は、今回の撮影においては大きな財産だった」と語る。共演を重ねてきた二人だから実現できた掛け合いの数々にご期待下さい。


映画情報どっとこむ ralph キアヌ史上最強の<ヘンクツ男:フランク>&ウィノナは強烈な<毒舌ヘリクツ女:リンジー>を演じる本作でキアヌ・リーブスが演じるのは、ヘンクツで憂鬱な男・フランク。

キアヌ:(フランクは)ものすごく不安定で人間嫌いだけど、僕は彼のウィットが好きだし、苦しみも理解できる。愛は多くの人にとっては良いものかもしれないが、彼には大きな不幸をもたらして終わるだけのもの。だったら最初から痛みを感じずに済むように関わらなければいいと思っている。だけど彼はリンジーと出会って、彼女に惹かれていく自分に気づき、自分の過去を乗り越えようとするのです。

婚約者に結婚式を目前にして棄てられた過去を持ち、運命の恋を信じられなくなった“ドクゼツ女”リンジーを演じるのは、ウィノナ・ライダー。彼女の演技について、ヴィクター・レヴィン監督は、

監督:彼女のようには誰も演じられない。この自然なウィノナらしさは誰にも真似できないんだ。彼女はキャラクターを本能で理解している。だから簡単に自分を開放して、自然に演じられるんだ!

と語っています。


最悪の結婚式で出会った、相性最悪だけど似た者同士の二人の物語

【絶縁した家族の結婚式】に出席するフランクと、【元婚約者の結婚式】に出席するリンジー。
リゾート地での結婚式に向かうための空港で偶然出会い、口論を繰り返していた二人は、やがてお互いが同じ結婚式に向かっていることに気づきウンザリする。現地でホテル、食事のテーブルなどで隣にされていた二人はゲンナリながらも口論や会話を重ねるうちに、徐々にお互いの共通点に気づき始めていく。そんな時、二人の眼の前にあるものが現れる。今更、自分は変えられないけど素敵な恋はしたい!そんな全ての人に贈る、大人のラブストーリー!独身生活が長くて、お互いにもういい歳をした大人。仕事もしていて収入もある。今のままでも幸せだから、無理して自分を変えたいとは思わない。だけど素敵な恋はしたい!

映画情報どっとこむ ralph そんな全ての人に贈る“まわり道”ラブストーリーはいかが!?

映画『おとなの恋は、まわり道
原題・英題
Destination Wedding


公式サイト:
koi-michi.com

12月 TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

***********************************


監督・脚本/ヴィクター・レヴィン
出演/ウィノナ・ライダー、キアヌ・リーブス
アメリカ/87分/英語/カラー/スコープ/Destination Wedding/R-15
配給:ショウゲート
日本語字幕:稲田嵯裕里