「予告・特報」カテゴリーアーカイブ

脇田貴之への密着撮影サーフィンドキュメンタリー 『WAKITA PEAK』


映画情報どっとこむ ralph これまで多くの有名TVドキュメンタリー番組でも実現出来なかった、脇田貴之への密着撮影。

「WAKITA PEAK」(ワキタピーク)6月8日(金)よりユナイテッド・シネマアクアシティお台場ほか全国順次公開決定しました!

その生き様に魅せられた清野正孝監督(初長編監督作品)は、ようやく実現した本作品で、彼とその家族、世界的なサーファーやサーフィンの聖地ハワイ・ノースショアのレジェンド達の、普段あまり目にする事が出来ない姿を多く捉えているドキュメンタリー作品です。


あらすじ・・・

これまでのサーフィン映画とは違うリアルな物語

この映画は世界で最もコアなサーフィンの世界を舞台にしているが、いわゆるサーフィンのジャンル映画ではない。描かれるのは、たった一つのことに人生を捧げる男の生き方だ。家族を抱え、思春期の子どもたちに全力でぶつかり、将来への不安も抱えながら、それでもなお自分の道を突き進み、時には敗北し、後戻りすることさえ出来ない現実を描く。それは、将来への不安から諦めてしまった誰かの夢の先にあったかもしれない現実でもある。
そして、物質的豊かさには恵まれながらも、日々に追われながら漠然と生きる現代社会の中で、ただ、「今」という瞬間を精一杯生きる脇田を通して、愚直なまでに純粋に生きることの“狂気と美しさ”を描く。サーフィンは娯楽やスポーツでもあるが、内省的な一面を持ち、ある者たちにとっては宗教であり哲学だ。だからこそ時に人を破滅にも導くが、命を豊かにもする。この映画はサーフィンのそういった一面にも深く切り込んでいる。

同時に、五輪の追加競技として注目を浴びるサーフィンにあって、脇田貴之のこれまでの貢献度は計り知れず、彼の背中を見て育った2人の子供は、今プロサーファーとしての才能を花開かせようとしている。この映画では脇田ファミリーのハワイでの普段の生活も垣間見られる。

作品HP:
https://wakitapeak.com/

映画情報どっとこむ ralph <前売券5月1日より発売開始!>

一般:1200 円(税込)

2018年6月8日(金)より ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場ほか全国順次公開

この映画では、前売券1 枚ご購入につき100円が、そして入場料の 5%が、サーフライダーファウンデーションジャパン の海を守る活動へ寄付されます。


***********************************

出演:脇田貴之 脇田泰地 脇田紗良 脇田小百合 リアム・マクナマラ クライド・アイカウ チャック・アンドリュース ケリー・スレーター 木本直哉 大野修聖

監督・撮影・編集:清野正孝
水中撮影:神尾光輝
テーマ曲:SIDE-SLIDE「雨」 音楽:さがゆき 喜多直毅 翠川敬基
プロデューサー:井上士郎
エグゼクティブ・プロデューサー:中原想吉
製作:インタナシヨナル映画株式会社
共同配給:アヴィエイター・ジャパン株式会社 株式会社シネメディア
宣伝:アヴィエイター・ジャパン株式会社
後援:サーフライダーファウンデーションジャパン
2018 年/日本/カラー/95 分
© 2018 Masataka Kiyono & IMPC., Inc. All rights reserved.


伝説のフラメンコダンサー、ラ・チャナの波乱の人生を描くドキュメンタリー『ラ・チャナ』予告到着!


映画情報どっとこむ ralph 世界中の人々を虜にした伝説のフラメンコダンサー、ラ・チャナの波乱の人生を描くドキュメンタリー『ラ・チャナ』を、2018 年 7 月 21 日(土)より公開致します。予告編が解禁となりました。

ちらしビジュアルは、ラ・チャナのチャーミングなキャラクターと、ストイックなフラメンコダンサーとしての顔が見える、キュートでパワフルなビジュアルが完成。予告編では、家族に囲まれた、現在の幸せな日々を映し出しつつも、彼女の平坦ではなかったこれまでの人生に迫ります。

映画『ラ・チャナ

笑い、吠え、踊り、生きる!

結婚、出産、キャリアの頂点での引退、どん底からの復帰と、迫りくる老い――
現在 71 歳 、伝説のフラメンコダンサー、ラ・チャナの波乱の人生と情熱の源に迫る。
若くしてその才能を開花させたラ・チャナ(本名アントニア・サンティアゴ・アマドール)は、18 歳で結婚・出産。夫がマネージャーとなりフラメンコダンサーの活動をつづけた。ダリを魅了し、映画『無責任恋愛作戦』で共演したピーター・セラーズにハリウッドに招かれるも、封建的なヒターノ(ジプシー)社会で女性が自らの意見を言うことは許されず、彼女がハリウッドに進出することはなかった。その後も彼女の人気は衰えることを知らず、テレビ出演や世界ツアーなど、全てのアーテストが目指す頂点にいたラ・チャナだったが、ある日突然、表舞台から姿を消した。

本作では、彼女をとりまく状況を丁寧に解き明かしていく。結婚、出産、キャリアの頂点での引退、男性社会で女性が活躍することの難しさ、家庭内暴力、そしてどん底からの復帰と、人生を共に歩む運命の相手との出会い、迫りくる老い――ラ・チャナの人生は困難に満ちたものだったかもしれない。しかし、絶望すら受け入れ前に進む強さを彼女は教えてくれる。画面からあふれださんばかりのパワフルな踊りとチャーミングな人柄、そして生み出す言葉の一つ一つが私たちを魅了する。

***********************************

監督:ルツィア・ストイェヴィッチ
出演:ラ・チャナ、アントニオ・カナーレス、カリメ・アマヤ、ほか
(2016 年/スペイン、アイスランド、アメリカ/83 分/カラー、モノクロ/16:9)
提供・配給・宣伝:アップリンク
提供・宣伝:ピカフィルム
©2016 Noon Films S.L. Radiotelevisión Española Bless Bless Productions


足立梨花 x 田村侑久(BOYS AND MEN)『キスできる餃子』本予告映像解禁&ハラハラドキドキのポスター到着!


映画情報どっとこむ ralph 宇都宮を舞台にバツイチ子持ちの出戻りシングルマザーが、実家の餃子屋の再建に奮闘しながらも、イケメンゴルファーに恋をするラブコメディ『キスできる餃子』。

主演は、ドラマやバラエティーに幅広く活躍し、2017 年は主演映画が 2 本公開された足立梨花。相手役を務めるのは、東海地方を中心とした活動から、一昨年の日本レコード大賞<新人賞>受賞、昨年には日本武道館でのワンマンライブを大成功させ、大ブレイク中のエンターテイメント集団「BOYS AND MEN」の田村侑久。監督は、小説家・劇作家・演出家・作詞家としてもマルチに活躍し、2016 年公開『クハナ!』につづき、本作が2作目の監督作品となる秦建日子。『アンフェア』の原作、『HERO』『救命病棟 24 時』『ドラゴン桜』『そして、誰もいなくなった』など数々の大ヒットドラマの脚本を手がけてきた秦自身が、完全オリジナルとなる本作の脚本も手掛けます。


餃子×LOVE!?映画業界初の新ジャンルムービーで話題の『キスできる餃子』の本予告映像がこの度解禁となりました!

本予告では壮大な音楽に乗せ、最高の色艶、焼き目、肉汁が溢れ出た、美しき餃子が登場!

そして、この餃子から、全ての物語が始まり、足立梨花扮する陽子が、恋焦がれ、餃子は焦がさずの起死回生をかけ、宇都宮で奮闘する姿を描いた、熱々の本予告が完成致しました!!



さらに、そんな、陽子の恋するプロゴルファー岩原亮役の人気エンターテイメント集団「BOYS AND MEN」田村と足立梨花がキスする奇跡の瞬間を抑えた!?ハラハラドキドキのポスターも解禁となりました!!!

キスできる餃子

6月22日(金)全国ロードショー
6/15(金)栃木県先行ロードショー

公式HP:kiss-gyo.jp

物語・・・
バツイチ子持ちのシングルマザーが地元の宇都宮に帰ってきた。実家の餃子屋の再建と子育てに奮闘するさなか、イケメンの新聞配達青年に出会ってしまう。しかし、彼の正体は今をときめくプロゴルファーだった…。果たして彼女の新たな恋は実るのか?そして餃子屋は再建できるのか…!?

***********************************

脚本・監督:秦建日子(『クハナ!』監督/「アンフェア」シリーズ原作)
出演:足立梨花 田村侑久(BOYS AND MEN)
佐野ひなこ 中島広稀 古川凛 大石吾朗 佐藤美希 勇翔(BOYS AND MEN)
浅野和之 麻生祐未
配給:ブロードメディア・スタジオ
制作:ホリプロ 
©2018「キスできる餃子」製作委員会


トム・ハーディ主演!舌が長~い最も残虐な新しいヒーロー、ヴェノム誕生!予告編到着!


映画情報どっとこむ ralph 最も残虐なヒーロー、“ヴェノム”。
破壊的で唯一無二のヒーローを演じるのは『マッドマックス 怒りのデス・ロード 』『ダークナイト ライジング』、そしてアカデミー賞®助演男優賞にノミネートされた『レヴェナント:蘇えりし者』等の作品で知られ、ダークな一面を持ち合わせながら圧倒的な演技力を誇る、トム・ハーディ。


この度解禁された最新予告編では、ついにそのニュー・ヒーローの姿が明らかに!

“声”が聞こえる――。“お前”は何だ?

予告編は、<ライフ財団>が世界を揺るがす“何か”を発見したことを称える場面からスタートする。正義感溢れるジャーナリスト、エディ・ブロック(トム・ハーディ)は、そのライフ財団が人体実験で死者を出しているという噂を突き止めるために取材を試みるも、人体実験の被験者との接触により、“シンビオート”(地球外生命体)に寄生されてしまう。この意思を持った生命体が語りかける声が聞こえ始めたエディの体には、とてつもない変化が起きていた。彼の中で解き放たれた<悪>が、体を蝕み、増殖していく――。

強烈なインパクトを持つヴェノムのビジュアルがついに明らかとなり、エディと一体となったヴェノムは、「俺たちは――ヴェノム」と名乗りをあげ、ヴェノム誕生の時がついに訪れた!

『ヴェノム』
原題:VENOM 全米公開:10月5日

12月 全国ロードショー

公式サイト:
http://www.venom-movie.jp/

公式twitter:
@VenomMovieJP/


***********************************


監督:ルーベン・フライシャー (『L.A. ギャング ストーリー』『ゾンビランド』)

脚本:スコット・ローゼンバーグ&ジェフ・ピンクナー(『アメイジング・スパイダーマン2』)、ケリー・マーセル(『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』)、ウィル・ビール(『L.A. ギャング ストーリー』)

キャスト:トム・ハーディ(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』)、ミシェル・ウィリアムズ(『グレイテスト・ショーマン』)、リズ・アーメッド(『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』)、スコット・ヘイズ、リード・スコット

©&TM 2018 MARVEL




篠原涼子 広瀬すず『サニーSUNNY 強い気持ち・強い愛』特報解禁 音楽は小室哲哉!


映画情報どっとこむ ralph 斬新でポップな映像表現で常に話題をさらう鬼才・大根仁が映画化を熱望し続けた最新作『サニーSUNNY 強い気持ち・強い愛』。

原作となった映画は、日本でもリピーターが続出し異例のロングランヒットとなった『サニー 永遠の仲間たち』。

心掴まれたファンのひとりでもある大根監督が、舞台を日本に移し、90年代の珠玉のJ-POPや流行のファッションをきらびやかに散りばめて再構築し、監督・脚本を一手に担います。

かつて青春を謳歌した女子高生の仲良しグループ“SUNNY(サニー)”のメンバーは、20年以上の時を経てそれぞれ問題を抱える大人になっていた…。強い気持ちと強い愛で、再び友情の絆と人生の輝きを取り戻すために奮闘する女性たちの物語を描く本作。夢と刺激で溢れていた高校時代と、かつての輝きを失った現在の二つの時代が交差して紡がれる、笑いと涙がつまった最高の青春音楽ムービーです!
そしてこの度、待望の音楽担当&劇中使用曲が解禁となりました。なんと音楽は小室哲哉が担当!

主人公・奈美たちが青春時代を過ごした90年代。まさに当時、ミュージックシーンの先頭を走り続けていた小室哲哉が、本作のために劇伴24曲を完全オリジナルで制作。2017年3月に映画サイドからの熱烈オファーを快諾し楽曲制作を開始。2017年11月下旬には本編撮影の現場にも一度訪れ、大根監督・篠原涼子・リリー・フランキーと談笑をかわしながら、2時間以上撮影の様子を見学しました。丸1年の制作期間を経て本編と共に全ての楽曲が完成しました。主演の篠原涼子とは、1994年に【篠原涼子 with t.komuro】としてリリースしたシングル「恋しさと せつなさと 心強さと」が大ヒットしており、まさにあの時代を駆け抜けた2人が約20年の時を経て、主演女優&音楽担当として再タッグを果たしました!

映画情報どっとこむ ralph そして大根監督が起用した超豪華な劇中使用曲も解禁!
「SWEET 19 BLUES」(安室奈美恵)をはじめとする5曲の小室哲哉プロデュース楽曲や、サブタイトルにもなっている「強い気持ち・強い愛」(小沢健二)など、90年代を彩る珠玉のJ-POP合計11曲が揃いました。なんと劇中使用曲のCD売上累計枚数は、脅威の1000万枚超え!!今もカラオケなどで歌い継がれている名曲の数々に彩られた本作は、世代を超えて心躍ること間違いなしです。どのようにこの豪華な楽曲たちが劇中で流れるのか、渾身の“大根マジック”を期待していてください!

また、同時に本編映像と、ティザービジュアルが初解禁となりました!

本編映像が初めて使われた特報(30秒)では早速「SWEET 19 BLUES」「強い気持ち・強い愛」が使用され、超豪華な90年代J-POPに彩られた『SUNNY 強い気持ち・強い愛』の世界観をいち早く感じることができます。さらにラストでは、篠原涼子がコギャルコスプレ(?)で「Don’t wanna cry」を熱唱! 90年代を知る世代なら興奮せずにはいられない仕上がりとなりました。この特報は、90年代と現在をつなぐイメージのティザービジュアルがあしらわれたチラシと併せて、4月27日(金)より全国の映画館で目にすることができます。

「SUNNY 強い気持ち・強い愛」特報映像


映画情報どっとこむ ralph 青春を経験した誰もが共感して泣ける、青春音楽映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』は、8月31日(金)公開となります!

映画公式サイト
http://sunny-movie.jp/

“サニー”再集結のために奮闘する平凡な専業主婦の主人公・奈美を篠原涼子、奈美の高校時代を広瀬すずが演じ、現在のサニーメンバーを板谷由夏、小池栄子、ともさかりえ、渡辺直美が、90年代に青春を謳歌した高校時代のサニーメンバーを池田エライザ、山本舞香、野田美桜、田辺桃子、富田望生が演じ、フレッシュな顔ぶれから実力派まで超豪華女優陣の競演も話題の本作!!
 
90年代に青春を謳歌した女子高生グループ<サニー>の6人。
20年以上の時を経て、彼女たちはそれぞれ問題を抱える大人になっていた。
メンバーのひとりだった専業主婦の奈美は、ある日、久しぶりにかつての親友・芹香と再会するが、彼女は末期ガンに冒されていた…。
「死ぬ前にもう一度だけ、みんなに会いたい」
芹香の願いを叶えるため、止まっていた時が動き出す――

***********************************

監督・脚本 大根仁
音楽 小室哲哉
企画・プロデュース 川村元気
出演 篠原涼子 広瀬すず
小池栄子 ともさかりえ 渡辺直美
池田エライザ 山本舞香 野田美桜 田辺桃子 富田望生
三浦春馬 ・ リリー・フランキー / 板谷由夏
製作プロダクション 東宝映画 オフィスクレッシェンド
配給 東宝
©2018「SUNNY」製作委員会