「予告・特報」カテゴリーアーカイブ

強制されるのはごめんよ!『ヴィヴィアン・ウエストウッド』の冒頭映像が解禁!


映画情報どっとこむ ralph 「自由に話してさっさと終わらせたいの。強制されるのはごめんよ。」
英国カルチャーのトップの座に君臨しながら、77歳にして生涯現役を誓う、生きる伝説ヴィヴィアン・ウエストウッドのパワーの秘密に迫るドキュメンタリー映画『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』が12/28(金)より角川シネマ有楽町、新宿バルト9他全国公開となります。

メリル・ストリープやヘレン・ミレンなど、生き方までがパワフルなオスカー女優たちが彼女のドレスでレッド・カーペットを飾り、『セックス・アンド・ザ・シティ』で主人公が纏ったヴィヴィアンのウエディングドレスは一瞬で完売した。

3年間の密着取材でカメラが捉えたのは、ショーの直前まで続く厳しいダメ出しや、ニューヨークとパリへの新規出店を指揮する貴重な映像。 そして音楽史を変えたパンクムーブメントを生み出すまでの秘話や、世界的人気ブランドとして成功するまでの道のりを余すところなく披露している。

この度解禁されたウエストウッドの映像では、白髪に黒いワンピースに身を包んだ、現在のヴィヴィアンの姿。

「“アメリカは初めてですか?”なんて質問はしないで。自由に話してさっさと終わらせたいの。“暴露話をしろ”って強制されるのはごめんよ。洗いざらい話す必要ないでしょ?詳しく話せばキリがないからそのつもりでね。」と惚れ惚れとするようなカッコ良さで言い放っています。これ冒頭です。



映画情報どっとこむ ralph ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス

12/28(金)角川シネマ有楽町、新宿バルト9他全国ロードショー

公式HP:
http://westwood-movie.jp


物語
2016年ロンドン・ファッション・ウィーク秋冬ショー前夜。ヴィヴィアン・ウエストウッドのアトリエでは、最終チェックに追われるデザイナーとスタッフたちがいた。デザイナーであるヴィヴィアンは、1枚1枚を細かくチェックし、指示と違う服には「こんなクズ、ショーに出せないわ」と容赦なく言い放つ。「もう辞めどきね」とパートナーにこぼしながらソファで眠りにつくが、翌日のショーは拍手喝采を受け、大成功を収める。60年代から現代に至るまで、数々の伝説を持つデザイナー本人にカメラが向けられる。「過去の話は退屈よ」と前置きしてから、自らの波乱万丈な半生について、ゆっくりと語り始めた。

***********************************

監督:ローナ・タッカー 
出演: ヴィヴィアン・ウエストウッド、アンドレアス・クロンターラー、ケイト・モス、ナオミ・キャンベル他

2018/イギリス/英語/カラー/5.1ch/ビスタ/84分/字幕翻訳:古田由紀子
後援:ブリティッシュ・カウンシル 
配給:KADOKAWA 
(C)Dogwoof
 


岩合光昭 映画初監督! 落語家・立川志主演 映画「ねことじいちゃん」本予告到着!


映画情報どっとこむ ralph 日本人の作品としては初めて『ナショナルジオグラフィック』誌の表紙を2度飾った世界的に有名な動物写真家であり、NHK-BSプレミアムで放送中の『岩合光昭の世界ネコ歩き』も大人気の岩合光昭が初めて映画監督に挑戦!
主演はこれまた映画初主演となる落語家の立川志の輔。
岩合監督からの「大吉さんは志の輔さんしか考えられない」という熱いオファーで67歳&64歳の初チャレンジの組み合わせが実現しました。

そしてヒロイン役として柴咲コウが3年ぶりに映画出演することでも話題の「ねことじいちゃん」が2019年2月22日(金)に公開となります。

映画情報どっとこむ ralph このたび、満開の桜の中で、監督を務める岩合光昭が撮影した本ビジュアルと、予告編が解禁となりました!

2年前に妻に先立たれ、飼い猫のタマと暮らす大吉、70歳。毎朝の日課は愛猫・タマとの散歩、趣味は亡き妻の残した料理レシピノートを完成させること。島にカフェを開いた若い女性・美智子に料理を教わったり、幼なじみの巌や気心知れた友人たちとのんびり毎日を過ごしたりと幸せな日々を暮らしていた。

しかし、寒さが厳しくなったある日、大吉は突然倒れてしまい、父を心配する息子から「東京で一緒に暮らそう。タマも。」と同居を提案され、大吉は島を離れるのか、残るのかを悩み始めるが、その矢先にタマが姿を消してしまう―

一人と一匹、生まれ育ったこの島で、共に豊かに生きるために下した人生&猫生(にゃんせい)の決断とは…?

写真家・岩合光昭が猫たちの繊細な動きや表情をとらえ、近所の三毛猫に恋をし、雨の中これからの生活に思い悩み、決意の表情で島の中を歩く姿など、揺れ動くタマの心情を細部にまでこだわり、かつてないほど表情豊かに描きだしている。

さらに、フードコーディネーターとして数々の作品を担当してきた飯島奈美による、豆ごはんやカルパッチョ、卵焼きなど「とにかく美味しそうに」見えることにこだわったご飯たちが、ゆったりとした島の四季をさらに鮮やかに彩っている。

本作の公開に合わせて、写真展「ねことじいちゃん」も2019年1月から巡回展示が決定!また、本作の写真集も12月に刊行予定となる。さらにタマの可愛い姿も手軽に楽しめるLINEスタンプが12月上旬よりリリース予定。

美しい風景に美味しい食事、助け合い、笑い合い暮らす人々と、可愛くもたくましく生きる猫たちを描く、豊かで愛おしい猫と人間の物語は、「本当の幸せってこういうことかも」と気づかせてくれる。

本作は、猫好きのみならず、すべての人たちが観たあとに「こんな島で猫たちと一緒に暮らしてみたい」と思ってしまうような作品に仕上がっている。



映画情報どっとこむ ralph
映画「ねことじいちゃん」

2019年2月22日(金)“猫の日” ROADSHOW
物語・・・
2年前に妻に先立たれ、飼い猫のタマと暮らす大吉、70歳。毎朝の日課はタマとの散歩、趣味は亡き妻の残した料理レシピノートを完成させること。島にカフェを開いた若い女性・美智子に料理を教わったり、幼なじみの巌や気心知れた友人たちとのんびり毎日を過ごしている。しかし友人の死や大吉自身もいままでにない体の不調を覚え、穏やかな日々に変化が訪れはじめた矢先、タマが姿を消して―。一人と一匹、生まれ育ったこの島で、共に豊かに生きるために下した人生の選択とは―?

***********************************


原作:「ねことじいちゃん」 ねこまき(ミューズワーク)著/KADOKAWA刊
Webサイト『コミックエッセイ劇場』にて連載中。2015年8月、KADOKAWAにて単行本化。2018年2月、待望の第4巻が刊行されたばかり。累計発行部数35万部を超える人気コミック
ねこまき氏は名古屋を拠点としながらイラストレーター【ミューズワーク】として活動中。
コミックエッセイをはじめ、犬猫のゆるキャラ漫画、広告イラスト、アニメなども手掛けている。
著書に『まめねこ』シリーズ(さくら舎)、『ちびネコ どんぐり』(ホーム社)、『しばおっちゃん』(実業之日本社)など。

出演:立川志の輔、柴咲コウ、小林薫、田中裕子、柄本佑、銀粉蝶、山中崇、葉山奨之 ほか
監督:岩合光昭 
原作:ねこまき(ミューズワーク)「ねことじいちゃん」(KADOKAWA刊) 
脚本:坪田文

2018/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/103分
製作:「ねことじいちゃん」製作委員会
制作プロダクション:RIKIプロジェクト
配給:クロックワークス
(C)2018「ねことじいちゃん」製作委員会


劇映画『ハード・コア』兄の友達はロボット!?佐藤健 絶句!!シュールな笑いを誘う本編映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 俳優の山田孝之さんと山下敦弘監督。
そんな盟友コンビによる劇映画『ハード・コア』が11月23日(金・祝)に全国公開いたします!!

この度、佐藤健さん演じる権藤左近が兄の右近のお友達・ロボオに出会うなんともシュールな本編映像が解禁となりました!!


映画情報どっとこむ ralph 解禁された映像では、自宅に戻った右近の家に左近が上がり込んでおり

「お袋が兄貴の様子を見てこいって言うもんだからよ」と煙草を吸いながら話すと「ふざけんな。俺は誰にも迷惑なんてかけてない」と言い放ち、兄弟の関係性がわかるやり取りが繰り広げられます。

また、牛山とロボオが部屋に入り、ロボオを見た左近が「ユニークな友達がたくさんいて羨ましいぜ兄貴」と話しかけると、右近は左近の仕事の心配をし出し、この一体のロボットがいる異様な空間での兄弟の会話に思わず笑ってしまいます。

そして痺れを切らした左近が「兄貴、それなんだ?」と聞くと、右近は「ロボオだ。」と一言言うだけで他の説明を一切しないシュール過ぎる映像となっております。

撮影中もキャストやスタッフが笑いを堪えるのが必死だったと語るシーンであり、山田さんはこのシーンでの佐藤さんの演技を絶賛しており、

山田さん:左近が右近の部屋で初めてロボオを目撃するシーン。面白かったですね。一応不自然でありえない状況を、一生懸命スルーしようとしているあの感じも(笑)。

と讃えています。

映画情報どっとこむ ralph 劇映画『ハード・コア』

hardcore-movie.jp


「腐っているのは世の中なのか、俺たちなのか―」
現代日本―。都会の片隅で細々と生きる権藤右近はあまりにも純粋で、曲がったことが大嫌いだ。間違いを正そうとする自らの信念をいつも暴力に転嫁させてしまうため、仕事も居場所もなくしてきた。そんな右近の仕事は、山奥で怪しい活動家の埋蔵金探しを手伝うこと。共に働く牛山だけが唯一心を許せる友人だ。二人を見守るのが、右近の弟・権藤左近。一流商社に勤務するエリートだが、腐った世の中にうんざりし、希望を失っていた。ある日、そんな彼らの前に、謎の古びたロボットが現れ、男たちの人生が一変するような一大事が巻き起こる。

***********************************


キャスト:
山田孝之 佐藤 健 荒川良々 石橋けい  首くくり栲象  康すおん / 松たか子

監督:山下敦弘

脚本:向井康介
原作:狩撫麻礼・いましろたかし「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」(ビームコミックス/KADOKAWA刊)
音楽:Ovall(Shingo Suzuki mabanua 関口シンゴ)
エンディングテーマ:Ovall feat. Gotch 「なだらかな夜」(origami PRODUCTIONS)
配給:KADOKAWA
制作プロダクション:マッチポイント
©2018「ハード・コア」製作委員会
 


鹿児島出身の方必見!<鹿児島公務員専修学校>TVCMのコラボ 映画『かぞくいろ』パロディCM


映画情報どっとこむ ralph 映画『RAILWAYS』シリーズ。その最新作となる『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』が有村架純と國村隼のW主演にて、11月30日(金)より全国ロードショーとなります。  

そして!!

この度、本作『かぞくいろーRAILWAYS わたしたちの出発ー』が<鹿児島公務員専修学校>TVCMのコラボパロディCMを制作!放送が決定しました! 

鹿児島では知らない人がいないという「こ~むい~ん」と誰もが耳に残るフレーズで有名な<鹿児島公務員専修学校>のTVCM。

この度、本作が鹿児島が舞台ということもあり、鹿児島・熊本先行公開を記念して、<鹿児島公務員専修学校>とのコラボパロディCM制作が決定!そして鹿児島にてTVスポット放映が決定いたしました!!

映像はまさに<鹿児島公務員専修学校>のCMにそっくり!
高校生の二人が「映画、何、観たい?」と談笑しているところから始まる本スポットCM。「こ~むい~ん」の言葉の代わりに「かぞくいろ~」と二人は元気よく語り、耳に残ること間違いなし!!そしてこの映像を観た鹿児島出身の方は本作を観に行きたくなるのでは!?



映画情報どっとこむ ralph 本作は全国公開に先駆けて、いよいよ今週末の11月23日(金・祝)より鹿児島県・熊本県にて先行公開いたします!また先行初日&二日目舞台挨拶も9劇場にて行われることが決定しています。

これまでのシリーズ以上にどの世代にも共感できる感動作・映画『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』。

11月30日(金)には全国ロードショー!


公式HP:http://www.railwaysmovie.jp/

わたしたちにしか描けない、 家族のカタチ。

晶(有村架純)は、夫・修平(青木崇高)とその連れ子・駿也(歸山竜成)と東京で幸せに暮らしていたが、修平の突然の死で生活は一変。残された駿也と共に夫の故郷・鹿児島へ向かい、まだ会ったことのない義父の節夫(國村隼)を訪ねる。節夫は、運転士の仕事一筋で家族を顧みずに生きてきたが、突然やってきた晶たちを戸惑いつつも受け入れ、母としてまっすぐに生きようとする晶の姿に次第に心を動かされていく。そして晶は、亡き修平の子供の頃の夢でもあり、電車好きな駿也のため、鉄道の運転士を目指すことに。温かい人々との出会いや絆が、晶・節夫・駿也の3人を“かぞくいろ”に染めていく―。
映画情報どっとこむ ralph 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」(2010年)
ロケ地:島根県   
鉄道:一畑電車株式会社  
出演:中井貴一、高島礼子 他

「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」(2011年)
ロケ地:富山県   
鉄道:富山地方鉄道株式会社  
出演:三浦友和、余貴美子 他

***********************************


有村架純  國村 隼
桜庭ななみ 歸山⻯成/木下ほうか 筒井真理子/板尾創路 ⻘木崇高

エグゼクティブ・プロデューサー:阿部秀司
監督・脚本:田康弘 音楽:富貴晴美
プロデューサー:石田和義/秋吉朝子/櫛山 慶/石田聡子
ライン・プロデューサー:渡辺栄二
撮影:柴崎幸三 照明:上田なりゆき 美術:古積弘二
装飾:小林宙央 録音:白取 貢 編集:村上雅樹 サウンドエフェクト:北田雅也
特機:奥田 悟
衣裳:岡田敦之/牧 亜矢美 ヘア・メイク:宮内三千代
スクリプター:赤澤 環 助監督:甲斐聖太郎 制作担当:間口 彰
特別協賛:出水酒造
協賛:鹿児島県阿久根市/映画「かぞくいろ」制作を応援する会
撮影協力:肥薩おれんじ鉄道/九州旅客鉄道
製作:「かぞくいろ」製作委員会
企画:阿部秀司事務所/ROBOT 制作プロダクション:ROBOT 配給:松竹

©2018「かぞくいろ」製作委員会


1980年代の丸っこい『バンブルビー』日本版予告および新着場面写真を一挙解禁


映画情報どっとこむ ralph 過去5作品の全世界での累計興行収入が43億7700万ドル(約5000億円)突破の世界的大ヒットシリーズ『トランスフォーマー』。そのシリーズ最新作『バンブルビー』が、2019年3月22日(金)に日本公開いたします!

待望のシリーズ最新作は、シリーズきっての人気キャラクターのバンブルビーが主人公。
作品の舞台は、シリーズ一作目となる『トランスフォーマー』(‘07)でバンブルビーがサムと出会う以前の1980年代にさかのぼり、これまで語られることの無かったエピソードが初めて明かされます。
このころのバンブルビーはVWビートルです!

チャーリーを演じるのは、映画デビュー作『トゥルー・グリット』(‘11)で第83回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされ、近年では『スウィート17モンスター』(‘16)など、等身大のティーンを演じ、同世代の圧倒的な支持を集めるヘイリー・スタインフェルド。監督は、第89回アカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネートされた『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』(‘16)で知られるトラヴィス・ナイトが実写映画監督デビューを果たし、これまでのシリーズとは異なった新しい展開を予感させる本作に期待が集まっています。

この度、ドジだけど心優しいバンブルビーの魅力満載な日本版予告および新着場面写真を一挙解禁いたします!

映画情報どっとこむ ralph このたび解禁となった予告は、思春期の少女チャーリー(ヘイリー・スタインフェルド)が廃品置き場で偶然見つけた黄色い車が“バンブルビー”に≪トランスフォーム(変形)≫するところから始まります。トランスフォームした本当の姿は二人以外には内緒。秘密を共有する二人には、次第に家族のような友情が芽生え始めます。シリーズ屈指の人気キャラであるバンブルビーの「ドジだけど優しい」、まるで子供のような可愛さ全開の魅力に加えて、シリーズの真骨頂“トランスフォームシーン”をはじめとした迫力のアクションシーンも満載!バンブルビーを追って地球に現れた悪のトランスフォーマー≪ディセプティコン≫の魔の手が迫る絶体絶命のピンチに、互いに守りあおうとするバンブルビーとチャーリーの姿に胸が熱くなります。そして明かされる、彼が地球にやってきた理由とは? 


映画情報どっとこむ ralph 合わせて到着した場面写真では、チャーリーとの絆の強さを感じさせるショットをはじめ、

初めて目にする犬に興味津々のビーや、

部屋でソファーに窮屈そうに座り込んだりと、

お茶目で可愛いバンブルビーの一面が垣間見え、シリーズNo.1の人気キャラに相応しいユーモラスな魅力にも注目です!

映画情報どっとこむ ralph ★チャーリーの秘密のガレージをのぞける、360° 特設サイトがオープン!

バンブルビーが身を潜める秘密のガレージを360°自由に見回せる、特別映像たっぷりの特設サイト!

サイトURL:
http://whoisbumblebee.jp/

映画情報どっとこむ ralph 最新作『バンブルビー
原題:Bumblebee

公式サイト:
bumblebeemovie.jp/ 

公式twitter:
https://twitter.com/Bumblebee_JP


<STORY>
自分の居場所を見つけられない思春期の少女チャーリーは、海沿いの小さな廃品置き場で、ボロボロの黄色い車を見つける。「バンブルビー」と名付け、修理したこの車が、やがて普通の車ではないと気づくのに、時間はかからなかったー。1987年、まだ地球は平和な生活を送っていた。その時までは。

***********************************


監督:トラヴィス・ナイト 『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』 
原案:クリスティーナ・ホドソン
脚本:クリスティーナ・ホドソン、ケリー・フレモン・クレイグ
製作:ドン・マーフィ、トム・デサント、ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ、マイケル・ベイ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、ブライアン・ゴールドナー、マーク・ヴァーラディアン、クリス・プリガム

キャスト:ヘイリー・スタインフェルド(『トゥルー・グリット』、『スウィート17モンスター』)、ジョン・シナ、ジョージ・レンデボーグJr.、ジョン・オーティス、
ジェイソン・ドラッカー、パメラ・アドロン、ステファン・シュナイダー
全米公開:2018年12月21日
配給:東和ピクチャーズ

(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.