「予告・特報」カテゴリーアーカイブ

横浜流星、清原果耶、飯島寛騎『愛唄 -約束のナクヒト-』メイキング&コメント映像


映画情報どっとこむ ralph GReeeeNが初の脚本で本作に込めたのは、名曲「愛唄」への想いと同じ「人を好きになることを恐れないで」という、まっすぐなメッセージ。
『愛唄 -約束のナクヒト-』が、1月25日(金)に全国公開となります。

恋する勇気を持てないまま大人になった青年が、“友”と“詩”との出会いによって、恋に全力で駆け抜けていくさまを、主演の横浜流星をはじめ、ヒロインの清原果耶、飯島寛騎ら注目の若手俳優が描き出します。実話エピソードから着想を得たオリジナル脚本で、青く澄みきった新たな物語が誕生しました。

このたび、メイキング&コメント映像を公開。

映画情報どっとこむ ralph メイキング映像は、主人公のトオルを演じる横浜流星とヒロインの凪役の清原果耶が揃ってカメラに向かって見せる笑顔から始まり、演出で川村泰祐監督に頭を抱えられた横浜がおどけた表情をしたり、清原がカチンコを鳴らすなど笑顔があふれる明るい現場が映し出されていく。

続いて、トオルが通院する病院、制服を着たトオルと凪がモニターをチェックする姿、海辺で手をつなぐシーン、トオルの実家がある商店街、龍也が働く楽器店など、様々な舞台をめぐる。

横浜さん:GReeeeNさん、初の脚本。GReeeeNさんにしか書けないメッセージ性が込められたオリジナル作品。

と紹介、

川村監督:今伝えたいこと、伝えなくてはいけないことが詰まっている。本当に大事なものってなに?今やらないとあとで後悔する。

と映画『愛唄』の普遍性を語っている。

本作は、トオル、凪、龍也の人生が重なり、「愛唄」が生まれる物語だ。恋する勇気を持てないまま大人になったが人生のタイムリミットを知り大事なものを見つけていくトオル。

凪は毎日に幸せを感じて前向きに過ごしているが、実は詩が書けなくなっており、トオルと出会うことで書く勇気をもらう。また、演じた飯島さんみずから「すごいいいヤツだと思いました」という龍也は、伊藤凪の詩の想いに自分は勝てないと打ちのめされバンドを解散したが、トオルと凪に出会い、再び音楽をやろうと決意する。3人が出会ったばかりのシーンでは、お互いに、「もう詩を書かないの?」「また音楽を始めればいい」「(龍也の音楽を)聴いてみたい」「伊藤凪が詩を書いてくれるなら曲を作ってやってもいいけど」と冗談のように話すが、やがてこの出会いが奇跡を起こすことにー。

この作品への想いを、

飯島さん:かけがえのない存在。素晴らしい作品に出合えた。

清原さん:私の人生の中に、凪というキャラクターが組み込まれて生きていけるということは、すごく幸せなことだなと思います。

そして、

横浜さん:トオル、凪、龍也の姿がみなさんを勇気づけられたら。

と語った。



映画情報どっとこむ ralph 『愛唄 -約束のナクヒト-』

公式HP:
aiuta-movie.jp  

公式Twitter:
@aiutamovie 


<STORY> 
「私の手、握ってくれてありがとう」 その言葉が僕らのすべて――。

平凡な毎日、他人を夢中になるほど好きになったこともなく、ただ過ぎていく日々の中、大人になってしまったトオル。そんなある日、自分の人生のタイムリミットを突然告げられる。失意の中、元バンドマンの旧友・龍也との再会と、偶然見つけた“詩”との出逢いによって彼は、生きる勇気をもらい、恋というものに生涯をかけて全力で駆けてみたくなった―。トオルを変えた詩。そしてその先にようやくめぐり逢えた運命の少女・凪。しかし、詩を綴ることをやめたその少女には誰も知らないある秘密があった…。
終わらない命など存在しない中で、今を夢中で生きるとは。刹那に輝くその運命が、名曲誕生の奇跡を起こす。

その唄は、僕らの運命から溢れ出たーー

***********************************


出演:横浜流星、清原果耶、飯島寛騎、成海璃子、財前直見、富田靖子、中山美穂(特別出演)、中村ゆり、野間口徹、西銘駿、奥野瑛太

監督:川村泰祐 『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』『L♡DK』『海月姫』『きょうのキラ君』ほか
脚本:GReeeeNと清水匡
音楽:GReeeeN 
主題歌:GReeeeN「約束 × No title」(ユニバーサル ミュージック)
プロデューサー:小池賢太郎 『キセキ ーあの日のソビトー』『奇跡』
音楽プロデューサー:JIN 『キセキ ーあの日のソビトー』にて日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞 
配給:東映  


サイコパス「Case.1 罪と罰」&「Case.2 First Guardian」エンディングテーマ解禁!最新スポットも公開!!


映画情報どっとこむ ralph 人間の心理状態を数値化し管理する近未来社会を舞台に、正義を問われる警察機構を描くオリジナルSFアニメーション「PSYCHO-PASS サイコパス」。2012年のTVアニメ放送開始より、アニメファンのみならず幅広い層で大きな話題を呼びました。2018年3月実施フジテレビアニメラインナップ発表会にて「PSYCHO-PASS サイコパス」Next Project始動が発表され、5人の主要キャラクター、霜月×宜野座、須郷×征陸、狡噛にフォーカスした劇場アニメ3作品が、2019年1月25日(金)より連続公開となります。

この度、1月25日(金)公開「Case.1 罪と罰」と2月15日(金)公開「Case.2 First Guardian」のエンディングテーマが解禁されました。エンディングテーマを使用した最新スポットも公開いたします。

「Case.1 罪と罰」&「Case.2 First Guardian」 エンディングテーマ解禁!!
エンディングテーマを使用した最新スポットも公開!!

TVアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』第1期、第2期のエンディングテーマが、日本屈指のクリエイター中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)によるリミックスで『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』のエンディングテーマとしてスクリーンに蘇る!!

Case.1エンディング・テーマ :
Fallen/EGOIST ― Remixed by 中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)
作詞・作曲 : ryo(supercell)
編曲: 中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)

Case.2 エンディング・テーマ :
All Alone With You/EGOIST ― Remixed by 中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)
作詞・作曲 : ryo(supercell)
編曲: 中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)

映画情報どっとこむ ralph 「Case.1 罪と罰」スポット


「Case.2 First Guardian」スポット



正義は、歪んだ世界を照らす。

人間の心理状態を数値化し管理する近未来。犯罪に関する数値〈犯罪係数〉を測定する銃〈ドミネーター〉を持つ刑事たちは、犯罪を犯す前の〈潜在犯〉を追う。
2012年にスタートしたオリジナルTVアニメーション作品『PSYCHO-PASS サイコパス』は、2014年にTVアニメ第二期を放送、2015年に劇場版アニメを公開し、その世界観を広げてきた。

そして2019年――劇場版アニメ三部作としてその物語が動き始める。

これまでのシリーズと劇場版に参加したスタッフが再結集。塩谷直義が監督を務め、アニメーション制作はProduction I.Gが担当する。Case.1の脚本は、『PSYCHO-PASS サイコパス』ノベライズ「PSYCHO-PASS ASYLUM/GENESIS」を執筆した吉上亮が担当。Case.2とCase.3の脚本を、TVアニメ第一期、劇場版の脚本を手掛けた深見真が担うことになった。
3つの物語の舞台は約100年後の日本とアジア――その現在、過去、未来に起きる事件が語られる。

事件に立ち向かうのは、規定値を超えた〈犯罪係数〉を計測された〈執行官〉たちと〈シビュラシステム〉が適性を見出したエリート刑事〈監視官〉たち。犯罪を未然に防ぐために必要なものは、猟犬の本能か、狩人の知性か。事件は思わぬ事実を明らかにし、世界のあり方を映し出す。これまで語られていなかった『PSYCHO-PASS サイコパス』のミッシングリンクがついに紐解かれる。

映画情報どっとこむ ralph ■PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰
2019年1月25日(金)より公開
【CAST】宜野座伸元/野島健児 霜月美佳/佐倉綾音
【STAFF】SSストーリー原案・監督:塩谷直義 脚本:吉上亮 総作画監督:中村悟 シリーズ原案:虚淵玄
キャラクター原案:天野明 アニメーション制作:Production I.G

■PSYCHO-PASS サイコパスSinners of the System Case.2 First Guardian
2019年2月15日(金)より公開
【CAST】須郷徹平/東地宏樹 征陸智己/有本欽隆
【STAFF】SSストーリー原案・監督:塩谷直義 脚本:深見真 総作画監督:阿部恒 シリーズ原案:虚淵玄
キャラクター原案:天野明 アニメーション制作:Production I.G

■PSYCHO-PASS サイコパスSinners of the System Case.3 恩讐の彼方に__
2019年3月8日(金)より公開
【CAST】狡噛慎也/関智一
【STAFF】SSストーリー原案・監督:塩谷直義 脚本:深見真 総作画監督:恩田尚之、阿部恒、中村悟
シリーズ原案:虚淵玄 キャラクター原案:天野明 アニメーション制作:Production I.G

配給:東宝映像事業部
公式HP:psycho-pass.com/
©サイコパス製作委員会

***********************************



横浜流星&中尾暢樹W主演『チア男子!!』オリジナルフォト スタンド付ムビチケ数量限定で発売決定!!


映画情報どっとこむ ralph 本作は、『桐島部活やめるってよ』『何者』の朝井リョウによる傑作青春小説 「チア男子!!」の実写映画化。

原作となる「チア男子!!」は、母校・早稲田大学の 男子チアリーディングチーム“SHOCKERS”をモデルに、直木賞作家の朝井リョウ が大学在学中に執筆した作品で、これまで女子がやるものとされてきたチアリー ディングに男子だけで挑戦する物語。

横浜流星と中尾暢樹をW主演に迎え、2019年5月に公開となります。

道場の息子として幼い頃から柔道を続けてきた大学1年の晴希(横浜流星)が怪 我をきっかけに柔道をやめ、親友の一馬(中尾暢樹)とともに、大学チアリー ディング界初の男子チアチーム”BREAKERS”を結成し、大舞台に挑戦する青春物語です。

映画情報どっとこむ ralph 本作のムビチケが1月25日(金)より全国の上映劇場にて発売となります。

ムビチケを購入すると、1枚につき1個、映画『チア 男子‼』の”BREAKERS”メンバーの記念写真つきオリジナルフォトスタンドが数量限定でプレゼントされます。映画撮影の3ヶ月前からチアの練習で共に汗を流し絆を育んできた、横浜流星、中尾暢樹、浅香航大、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原 健、小平大智が、劇中のチアリーディングチーム”BREAKERS”のユニフォームを着て笑顔を見せる記念写真!

この度、そのオリジナルフォト スタンドのビジュアルも披露されました。『チア男子‼』の青春と友情を感じられる爽やかなフォトスタンドは、映画の公開を 待つファン必携のアイテムとなっております。

【ムビチケ販売情報】
発売日:1月25日(金)
価格:1,400円(税込)

映画情報どっとこむ ralph 横浜流星と中尾暢樹W主演 
映画『チア男子‼』

2019年5月に公開

公式サイト:
http://letsgobreakers7.com
公式Twitter:
https://twitter.com/letsgobreakers7

***********************************

出演:横浜流星・中尾暢樹
瀬戸利樹 岩谷翔吾 菅原 健 小平大智 / 浅香航大 清水くるみ 唐田えりか 山本千尋 伊藤 歩

原作:朝井リョウ「チア男子!!」(集英社文庫刊)
脚本:登米裕一
監督:風間太樹
制作プロダクション:AOI Pro.
配給:バンダイナムコアーツ/ポニーキャニオン
©朝井リョウ/集英社・LET’S GO BREAKERS PROJECT


『宇宙兄弟』ムッタとヒビトが『ファースト・マン』の魅力を熱血大解説!映像解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督と主演ライアン・ゴズリングが再びタッグを組んだ待望の最新作『ファースト・マン』(原題:FIRST MAN)を“月面着陸から50周年のアニバーサリーイヤーとなる2019年”の2月8日(金)に公開。

すでに発表されている今期の賞レースにおいては、アカデミー賞の前哨戦として最も注目されるゴールデン・グローブ賞ではクレア・フォイが助演女優賞にノミネートされ、『ラ・ラ・ランド』に続き本作でも作曲を担当したジャスティン・ハーウィッツが作曲賞を受賞したほか、北米最大の映画批評家賞、放送映画批評家賞が実施するクリティクスチョイスでは作曲賞と編集賞の2部門、サテライト賞でも作曲賞を受賞!さらに先日発表された英国アカデミー賞では助演女優賞ほか、脚色賞など7部門でノミネート!第22回ハリウッド映画賞では監督賞、編集賞、作曲賞ほかワシントンDC映画批評家協会賞を始め全米各地の映画批評家賞で様々受賞するなど今後アカデミー賞に絡んでくる作品としてますます注目を浴びている。

映画情報どっとこむ ralph この度、大人気漫画『宇宙兄弟』と映画『ファースト・マン』の“宇宙コラボ”第2弾となる、特別コラボレーション映像を解禁させていただく運びとなりました!


『宇宙兄弟』での宇宙という壮大な夢を目指しながら、夢を実現するために力強く歩む登場人物たちと、映画『ファースト・マン』で描かれるニール・アームストロングら宇宙飛行士たちの月面着陸を始め宇宙計画に不屈の精神で挑戦する姿勢に親和性があることから実現した本コラボレーション。

第1弾では本作の解説委員に就任した南波六太(ムッタ)と南波日々人(ヒビト)が約50年前に実現された「人類初の月面着陸」についてわかりやすく説明し、映画制作陣にインタビューをした様子が描かれたチラシが劇場に設置された。
そして、いよいよ解禁となった第2弾特別コラボレーション映像には、ムッタとヒビトが劇中で描かれる過酷な訓練や、壮絶な宇宙体験、そして命懸けで月面着陸計画に挑むニール・アームストロングらの姿について熱血大解説!ムッタの「本気の失敗には価値がある」や、ヒビトの「もし諦めきれるんならそんなもん夢じゃねえ」といった名台詞も飛び出し、本映像を観れば、『宇宙兄弟』ファンはもちろん、誰もが人類の夢をかけた壮大な宇宙ドラマに胸が高まること間違いなしの仕上がりとなっている。

さらに映像にはアニメ『宇宙兄弟』でムッタの声を演じた平田広明さんと、ヒビトの声を演じたKENNさんが本映像のため録音した特別ナレーションも収録されている。

映画情報どっとこむ ralph 『宇宙兄弟』の原作者である小山宙哉先生は、今回の特別コラボレーションについて

小山先生:ハリウッド映画と日本の漫画がコラボすることにおいて『宇宙兄弟』が選ばれたことに驚き、嬉しく感じています。月面に立つという壮大な偉業の中でも、1人の宇宙飛行士にとっては、家族のことを想ったり、自分に関わる小さなことを実は大事にしている と感じさせる場面が描かれます。そういった描写に『ファースト・マン』と『宇宙兄弟』の通じる部分を感じ共感しました。

とコメント。実際完成された映像については

小山先生:『ファースト・マン』の予告映像にアニメ版『宇宙兄弟』の映像が差し込まれるということに恐縮しつつも、声優さんの盛り上げる力に感動し、喜んでおります。劇中の打ち上げシーンはリアリティがあり、とても恐ろしく、本作を観たら“宇宙飛行士になりたいという人がいなくなってしまうのではないか?”と思ってしまうほど、宇宙へ行くことは死と隣り合わせで、覚悟と度胸が必要だと感じました。『ファースト・マン』は歴史ものであり、宇宙史として史実に基づいています。これから宇宙開発に関わる人たちのためにも、残しておく価値がある作品です。

と明かした。

ムッタとヒビトも月への熱い想いを共鳴させる映画『ファースト・マン』にぜひご期待ください!



★映像・画像クレジット:
(c)2018 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
(c)小山宙哉・講談社/読売テレビ・A-1 Pictures

★書影のクレジット:
©小山宙哉/講談社 もしくは ©Chuya Koyama/Kodansha

映画情報どっとこむ ralph
映画『ファースト・マン』
原題:『FIRST MAN』 

公式Twitter:
@firstmanmoviejp 

公式サイト:
http://www.firstman.jp/


***********************************


全米公開:10月12日(金)
監督/製作:デイミアン・チャゼル(『ラ・ラ・ランド』(17)、『セッション』(15)
出演:ライアン・ゴズリング(『ラ・ラ・ランド』(17)、『ブレードランナー 2049』(17)、クレア・フォイ(『蜘蛛の巣を払う女』(19)、カイル・チャンドラー(『キャロル』(16)、ほか

製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、アダム・メリムズ、ショジュ・シンガー 
脚本:ジョシュ・シンガー(『スポット・ライト 世紀のスクープ』(16) 
音楽:ジャスティン・ハーウィッツ(『セッション』(15)、『ラ・ラ・ランド』(17)
※作品公開年は全て日本公開年
原作:「ファーストマン:ニール・アームストロングの人生」著/ジェイムズ・R・ハンセン
配給宣伝:東宝東和 

写真用クレジット:©Universal Pictures
映像用クレジット:©2018 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.


『ゴーストバスターズ』監督をジェイソン・ライトマンが父アイヴァンから継承!映像も解禁!


映画情報どっとこむ ralph 2020年に公開される『ゴーストバスターズ』の新作の監督に抜擢されたことが、この度発表されました。


耳に残るテーマソングとともに世界的大ヒットとなった『ゴーストバスターズ』シリーズ。オリジナルの『ゴーストバスターズ』(84) 、『ゴーストバスターズ2』(89)の監督であるアイヴァン・ライトマンの息子ジェイソン・ライトマンは、まさに直系の継承者ともいえる。アカデミー賞監督賞にノミネートされた『JUNO/ジュノ』(07)、『マイレージ、マイライフ』(09)などの作品でも知られ、人間の心の動きを繊細に描くことで定評のあるジェイソンが、世界中から愛されているエンタテインメントシリーズの監督に抜擢されたというニュースは多くの映画ファンの興味を掻き立てている。

2020年に公開される新作は、2016年版の女性版『ゴーストバスターズ』の続編ではなく、1984年のオリジナルの『ゴーストバスターズ』(84)の世界観に繋がる設定の作品になる予定。 ビル・マーレイ、ダン・エイクロイドなどのオリジナルキャストが出るのかどうかも不明で、様々な憶測を呼んでいる。


今回始動したこの新しい『ゴーストバスターズ』のために、一緒に50秒の映像も公開となった。暗い森の奥、ひっそりと建つ小屋の中に置かれた物体。風が吹いて覆っていた布がはためくとそこには――。


アメリカ公開2020年夏。

映画情報どっとこむ ralph 因に・・・

監督のジェイソン・ライトマンの最新作は、2月1日(金)より公開されるヒュー・ジャックマン主演『フロントランナー』。

当選確実と言われていた大統領最有力候補が、たった一つのスキャンダル報道で政界から葬られた1988年の事件の真相に迫るサスペンス・ドラマとして話題を呼んでいる。

監督・脚本:ジェイソン・ライトマン(『フロントランナー』『JUNO/ジュノ』『マイレージ、マイライフ』)

共同脚本:ギル・キーナン(『モンスター・ハウス』)

配給:ソニー・ピクチャーズ

***********************************