「予告・特報」カテゴリーアーカイブ

ジェイク・ギレンホール 『ノクターナル・アニマルズ』動画インタビュー到着!


映画情報どっとこむ ralph この度、世界的ファッションデザイナーのトム・フォードが『シングルマン』(09)以来、7年ぶりに監督を務めた最新作『ノクターナル・アニマルズ』が11月3日(金・祝)より、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開。

主演にエイミー・アダムス(『メッセージ』)、ジェイク・ギレンホール(『ナイトクローラー』)の実力派の2人を迎えた本作。

ジェイク・ギレンホール オフィシャルインタビュー

この度、到着したインタビュー動画では、ジェイク・ギレンホールが本作への出演を決めたきっかけや、役作りの仕方、さらには、監督トム・フォードの「完璧主義」のこだわりや今回の共演をきっかけに大ファンになってしまったというエイミー・アダムスの魅力までたっぷりと語っています。



映画情報どっとこむ ralph 弱冠36歳にして出演作品数39本!35賞を獲得!
1980年12月19日に、父親は映画監督のスティーヴン・ギレンホール、母親はプロデューサー兼脚本家のナオミ・フォナー、姉は女優のマギー・ギレンホールという生粋の芸能一家に生まれたジェイク。名門コロンビア大学に進学するも、俳優業に専念するため中退。12歳のときに『シティ・スリッカーズ』で映画デビューを果たしてからこれまでの出演作品は待機作を含め39本。『ブロークバック・マウンテン』でのアカデミー賞®助演男優賞ノミネートを筆頭に、賞レースの常連俳優になった。そして現時点で、91賞にノミネート、35賞を獲得するという快挙を成し遂げている。


ジェイク・ギレンホールが新たに挑む二役は、交わらないふたりの男

ジェイク・ギレンホールの主演最新作『ノクターナル・アニマルズ』は、なぜ小説家の元夫が20年前に別れた元妻のもとに、暴力的で衝撃的な内容の小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」を送ってきたのか。そして、離婚した夫婦が20年のときを経て、「捨てた愛」「失った愛」をどう見つめ、いかなる変化を遂げるのか、を問うミステリー。

<映画内小説>と<過去>と<現在>が複雑に絡み合うストーリーで、ジェイクは“繊細な心を持つ小説家志望の元夫エドワード”と、映画内小説で“暴漢に妻と娘を奪われてしまう気弱な男”の二役を演じ分けた。『複製された男』以来の二役だが、『ノクターナル・アニマルズ』のふたりは交わらない。時代も舞台もシチュエーションももちろんキャラクターの違うふたりの男。これはふたつの映画を撮影するようなものだった。繊細な心情の変化を演じ分けなければならない難しい役どころながら、その鬼気迫る“怪演”ぶりにジェイク・ギレンホールの新たな代表作との呼び声が高い。この二役で20代と40代前半を演じ分けており、20代の若々しいジェイク・ギレンホールの姿に目を見張り、髭を蓄え、苦悩に満ちた表情を浮かべるテキサスの「父親ジェイク」は「来た!これが俺らの好きなジェイク!」と盛り上がること間違いなし!

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

経済的には恵まれながらも、夫との関係が上手くいかず満たされない日々を過ごすスーザンのもとに20年前に別れた元夫から送られてきた衝撃的な内容の小説が送られてくる。精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスーザン。彼はなぜ小説を送ってきたのか。それはまだ残る愛なのか、それとも復讐なのか。

***********************************

脚本・監督:トム・フォード 
出演:エイミー・アダムス、ジェイク・ギレンホール、マイケル・シャノン、アーロン・テイラー=ジョンソン アイラ・フィッシャー、アーミー・ハマー、ローラ・リニー、アンドレア・ライズブロー、マイケル・シーン

原作:「ノクターナル・アニマルズ」
(オースティン・ライト著/ハヤカワ文庫) 

2016/アメリカ/116分/PG-12 /ユニバーサル作品
配給:ビターズ・エンド/パルコ
(C)Universal Pictures 


『アイリーン・グレイ 孤高のデザイナー』ヴェールに包まれた肖像に迫る、予告解禁!


映画情報どっとこむ ralph 現在上映中、近代建築の巨匠ル・コルビュジエと、彼が生涯で唯一その才能を羨んだと言われる女性建築家・アイリーン・グレイの間に隠された波乱万丈のストーリーを美しき映像で描く、極上のドラマ『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』に続き、10月28日(土)からはBunkamuraル・シネマにて、謎多きクリエイター、アイリーン・グレイの人生を深く掘り下げた、ドキュメンタリー映画『アイリーン・グレイ 孤高のデザイナー』が公開。

その予告編が解禁となりました。


妥協のないビジョンと冒険心を持ち、装飾、デザイン、建築の分野できらめく才能を発揮した彼女の作品は、ル・コルビュジエのみならず、イヴ・サンローラン、ジャック・ドゥセなど、多くのクリエイターを魅了してきました。また、女性の地位が低かった時代にパリに自身の店を持ち、バイセクシャルを公言し、男装の麗人でもあったアイリーン。枠に囚われることなく、志高く、自由に生きた彼女は、死の直前に自身にまつわる、多くの資料を処分してしまいました。そのため死後、彼女の名前は表舞台から徐々に消えていきます。

映画情報どっとこむ ralph しかし2009年、世界で最も長い歴史を誇る美術品オークションハウス、クリスティーズにて開催された『イヴ・サンローラン&ピエール・ベルジェ・コレクション 世紀のオークション』にて、彼女が手掛けた<竜の椅子(ルビ:ドラゴン・チェア)>が当時史上最高額の約28億円で落札され、大きな話題になると、彼女の名前は再び、世間の注目を集めることになります。

本ドキュメンタリーでは、百年の時を経てもなお、時代の最先端を走り、各界に影響を与え続けるアイリーンの生い立ちから、亡くなるまでを残された当時の作品や関係者、研究家のインタビューを交え、そのヴェールに包まれた肖像を明らかにしています。

鑑賞料金は1500円均一で、『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』の半券提示で300円割引となります。ぜひお見逃しなく!

また公開にあわせ、長らく絶版だった評伝「アイリーン・グレイ 建築家・デザイナー」(ピーター・アダム・著/小池一子・訳)が、11/1(水)みすず書房より待望の復刊!

10月28日(土)、Bunkamuraル・シネマにて公開です

映画情報どっとこむ ralph また、

10/28に『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』で豪華トークショーを開催します!

『アイリーン・グレイ 孤高のデザイナー』の公開初日である10/28(土)に、先だって公開中の映画『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』で日本を代表する建築家の伊東豊雄さんを招いてのトークショー付き上映を開催します。

日時:10/28(土)18:10~(16:10の回上映終了後)
※上映回のお座席指定券をご購入の方が対象です。
ゲスト:伊東豊雄(建築家)
会場:Bunkamuraル・シネマ(渋谷区道玄坂2-24-1)



■アイリーン・グレイ(1878-1976)

アイルランドの貴族の家に生まれ、単身パリに渡る。1906年、日本人工芸家・菅原清造と出会い、漆を取り入れた斬新な家具を生み出し、当時のシーンで話題を呼ぶ。アールデコだった作風は徐々にモダニズムへと変化し、1922年には自身の店<ジャン・デゼール>をパリにオープン。1929年に手掛けた建築処女作<E.1027>は、かのル・コルビュジエを驚嘆させ、彼をこの地に惹きつけた。生涯に渡り自らのスタイルを貫き続けた、気高く勇敢なクリエイター。

***********************************

監督:マルコ・オルシーニ 
出演:メアリー・マクガキアン、ジェニファー・ゴフ

2015年 / アイルランド / フランス語・英語 / 75分 / カラー / シネスコ / ステレオ / 原題:Gray Matters 日本語字幕:ブレインウッズ / 字幕監修:五十嵐太郎 
配給:トランスフォーマー 
提供:トランスフォーマー+シネマライズ 
協力: hhstyle 
評伝「アイリーン・グレイ」(11月1日(水)・みすず書房より刊)
© 2015 MOJO ENTERTAINMENT LLC Authorised by The World Licence Holder Aram Designs Ltd., London.
        


谷崎潤⼀郎文学を 渋川清彦&戸次重幸W主演で『神と人との間』予告到着


映画情報どっとこむ ralph 谷崎潤⼀郎は⽇本だけでなく、世界でも⾼い人気を誇る、言わずとしれた近代⽇本文学の文豪。
そのエッセンス を濃縮した膨大な数の短編作品の中から、年齢もキャリアも異なる3⼈の映画監督が、自分たちの描きたい作品を選び、
『グレイトフルデッド』や『下衆の愛』 内⽥英治監督は『神と人との間』 。
『リュウグウノツカイ』『桜ノ雨』ウエダアツシ監督は『富美子の足』。
そして、藤井道⼈監督は『悪魔』。

をそれぞれ制作しました。

映画情報どっとこむ ralph その中の『神と人との間』は、映画業界の監督やプロデューサーが「最も使いたい」と声を揃える渋川清彦と、 演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバーとしてもお馴染みである戸次重幸の豪華ダブル主演!二人の男に愛される 朝子役は、演劇、映画、テレビドラマと幅広く活躍する内田慈が演じています。
また、今月 25日に開幕する第 30 回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門への出品が正式決定し、2018年の劇場公開に先駆け、ワールドプレミアの場となります。

この『神と人との間』の予告編が完成しました!



『神と人との間』は、谷崎潤一郎が実生活で、親友である佐藤春夫に、自分の妻・千代を譲る「細君譲渡事件」 の大スキャンダルをモデルにしたといわれる作品。その原作を、内田英治監督がさらに現代劇に昇華。町医者の穂 積(渋川清彦)と、親友で漫画家の添田(戸次重幸)、そしてふたりに思いを寄せられる朝子(内田慈)の三人の歪んだ三角関係が描かれます。

予告編では、お互いの気持ちを知った上で、穂積が親友の添田に朝子を譲るところか らスタート。添田と朝子は結婚するものの、添田は愛人を作り、朝子を虐待し、そのうえ穂積と朝子が「一回、⼆ 回なら間違いを起こしてもいいよ」と不倫をするようにけしかけます。

かつての親友に馬鹿にされ、挑発されなが らも、「あなたが待てと言うなら何年でも待ちます。それが一生だろうと変わりはない」と一⼼に朝子を思い続ける 穂積。しかし、ある事件をきっかけにその純愛は憎悪へと変貌していくのですが、それを予感させるシーンが所々 にインサートされ、三人の関係がどうなっていくのか、結末への期待が大いに高まる予告編に仕上がっています。


映画情報どっとこむ ralph 第30回 東京国際映画祭 上映概要
日時:【1回目】10月26日 10:50 開映 ※ワールドプレミア /【2回目】10月31日 19:30 開映
会場:【両日とも】TOHOシネマズ 六本木ヒルズ SCREEN1
登壇: 【1回目】10月26日 10:50の回 上映前 → 渋川清彦、戸次重幸、内田英治監督 【2回目】10月31日 19:30の回 上映前 → ⼭田キヌヲ、根矢涼香、内田英治監督
◆本編上映時間 89分(+上映前に舞台挨拶15分)
なお、開幕日10月25日のレッドカーペットには、渋川清彦、内田英治監督他が登場いたします

映画情報どっとこむ ralph 谷崎潤一郎原案 / TANIZAKI TRIBUTE『神と人との間』『富美子の足』『悪魔』

公式ウェブサイト:
http://tanizakitribute.com
公式Twitter:
@TanizakiTribute


『神と人との間』
町医者の穂積と、親友で漫画家の添田はともに熱帯魚屋で働く朝子に惚れている。ある日穂積は添田に朝子を譲り、ふたりは結婚す る。その瞬間、添田は愛人を作り朝子を虐待し、そのうえ穂積と朝子が不倫をするようにけしかけたりとサディスト化するのだった。 かつての親友に馬鹿にされ挑発されながらも一⼼に朝子を想い続ける穂積。しかしある事件をきっかけにその純愛は憎悪へと変貌す る…。
◆監督 内田英治
◆出演 渋川清彦 戸次重幸 内田 慈 ⼭田キヌヲ 萬歳光恵 根矢涼香 ほか


『富美子の足』
富豪の老人・塚越はデリヘルで見つけた富美子を愛人にし、彼女の美しい足を偏愛し、悦びを感じる日々を送っている。塚越はある 時、フィギュア作家の甥の野田に、富美子の足の等身大のフィギュアを作るように依頼する。野田の作ったフィギュアに満足しない 塚越は、「富美子の足を理解するために舐めてみろ!」と命令する。
◆監督 ウエダアツシ
◆出演 ⽚⼭萌美 淵上泰史 / でんでん ほか


『悪魔』
大学入学のため上京した佐伯は、閑静な住宅街にある林邸に下宿する。林家には大家の千枝、高校生ながら不思議な⾊気と魅⼒を持 つ千枝の娘・照子、そして、照子を偏愛する林家の親戚にあたる鈴木が住んでいた。佐伯は、アルコールにおぼれ、幻覚に苦しみ、 大学にもなじめない。そして、下宿先では、照子が佐伯の部屋へ頻繁に訪れ、小悪魔のように佐伯の⼼を惑わしていくのだった。ふ たりの様子を見た鈴木は、佐伯に対し、照子に近づかないよう警告をする。反発する佐伯だったが…。
◆監督 藤井道人
◆出演 吉村界人 大野いと 前田公輝 ほか

また、『神と人との間』の劇場公開日が2018年1月27日(土)に決定!なお、『富美子の足』と『悪魔』 の 劇場公開日は現在調整中ですが、2018年に順次公開していきます。かつて宇野重吉、京マチ子、森雅之、田中絹代、 若尾⽂子、岸田今日子、大楠道代・・・錚々たる大俳優たちが演じてきた谷崎⽂学の世界を。

***********************************

原案:谷崎潤一郎
制作プロダクション:TBSサービス
配給:TBSサービス
Ⓒ2018 Tanizaki Tribute製作委員会


シャーリーズ・セロンが猿役CV!『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』


映画情報どっとこむ ralph ストップモーションアニメ『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』が11月18 日(土)全国 ロードショーとなります。

数々の傑作を送り出してきたストップモーション技術最高峰・スタジオライカが今回選んだのは日本。
監督には、黒澤明や宮崎駿を敬愛する大の日本マニアで、次回作に『トランスフォーマー』シリーズ最新作『バンブルビー(原題)/Bumblebee』も控えた、映画界最注目のトラヴィス・ナイト。

また、先日、日本版の吹き替えキャストが発表されたばかりの本作ですが、実は本国版のボイスキャストも超豪華!シャーリーズ・セロン、 マシュー・マコノヒー、レイフ・ファインズ、ルーニー・マーラら、実力派俳優陣が参加しています。

映画情報どっとこむ ralph そして!
この度、本作でシャーリーズ・セロン演じる”サル”によるアクション映像が解禁となりました!シャーリーズ・セロンといえば、『マッド・マックス 怒りのデス・ロー ド』のフュリオサ役や公開されたばかりの『アトミック・ブロンド』で最強の女スパ イ、ロレーン役を演じるなど、かっこいい女性の代名詞と言っても過言ではない憧 れの女優。そんなシャーリーズ・セロンがサル役!?
というのも驚きですが、主人公のクボとともに旅をし、戦い、彼を見守る優しさを持った”サル”。

セロン:サルは辛口で、どう猛で、面白くて、 皮肉っぽいわ。そしてとても正直。残忍なほどに正直よ。賢くて、悪びれたところ がないの。でも心の奥底は、とても硬い殻に覆われた、柔らかい部分があるの。

と 自身が演じたキャラクターの魅力について語りつつ、

セロン:彼女は最高の人よ。卓越し た武道家で、サバイバルにかけては抜群に腕が立つわ。彼女は…言ってみれば 戦士ね!

ともコメント。

因みに、日本語吹き替え版は、攻殻機動隊シリーズ草薙素子役や洋画吹替えの世界でも大人気の田中敦子さんが演じてます!

映画情報どっとこむ ralph

“戦士”というシャーリーズの言葉通り、今回、彼女は声だけ の演技で驚きのアクションシーンを演じています!

美しい肉体だけでなく、声でも魅せてくれるシャーリーズ・セロンのかつてないアクションシーンは必見です!

KUBO/クボ 二本の弦の秘密
原題:Kubo and the two strings

公式 HP:
http://gaga.ne.jp/kubo

物語・・・
三味線の音色で折り紙に命を与え、意のままに操るという不思議な力を持つ少年・クボ。幼い頃、闇の魔力を持つ祖父に狙われ、助けようとした父親は命を落 とした。その時片目を奪われたクボは、最果ての地まで逃れ母と暮らしていたが、更なる闇の刺客によって母さえも失くしてしまう。 追手である闇の魔力から逃れながら、父母の仇を討つ準備を進めるクボは、道中出会った面倒見の良いサルと、ノリは軽いが弓の名手のクワガタという仲間を得る。やが て、自身が執拗に狙われる理由が、最愛の母がかつて犯した悲しい罪にあることを知る。

***********************************

監督:トラヴィス・ナイト 声の出演:アート・パーキンソン(クボ)、シャーリーズ・セロン(サル)、マシュー・マコノヒー(クワガタ)、ルーニー・マーラ(闇の姉妹)、レイフ・ファインズ (月の帝)

2016/アメリカ/カラー/シネスコ/5.1ch デジタル
字幕翻訳:石田泰子
©2016 TWO STRINGS, LLC. All Rights Reserved.


カトリーヌ・ドヌーヴのこれまでのキャリアを振り返る特別映像が公開!『ルージュの手紙』


映画情報どっとこむ ralph フランスを代表する2大女優『シェルブールの雨傘』『8人の女たち』のカトリーヌ・ドヌーヴと、『大統領の料理人』のカトリーヌ・フロが初共演にして、息の合った“母・娘の掛け合い”で観る者を楽しませてくれる映画『ルージュの手紙』が2017年12月、シネスイッチ銀座ほか全国公開となります。

そして、女優人生60年!
カトリーヌ・ドヌーヴのこれまでのキャリアを振り返る特別映像が公開!

本日、10月22日に74歳になるカトリーヌ・ドヌーヴの女優人生60年を振り返る特別映像が公開。前半では、過去にドヌーヴと一緒に仕事をしたアルノー・デプレシャンやロマン・ポランスキー、マーティン・スコセッシなど有名監督たちからのメッセージが、これまで相手役を務めてきた往年のイケメン俳優たちの映像と共に紹介され・・・・。
後半では、ドヌーヴの代表作でのヒロイン姿が抜き出され、一躍、世界的スターとなったきっかけの作品『シェルブールの雨傘』(63)での可憐な姿から、年齢を重ね、艶やかに美しく変化していく姿を一気に見ることができます。

映画情報どっとこむ ralph ドヌーヴ最新作『ルージュの手紙

では、今なお衰える事のない美しさに加え、歳を重ねたからこその、チャーミングな魅力が・・・・74歳にして新たな役に挑戦しています。
監督・脚本は『ヴァイオレット-ある作家の肖像-』『セラフィーヌの庭』など女性を描くことに定評のあるマルタン・プロヴォ。また、『少年と自転車』のオリヴィエ・グルメが出演しています。

2017年12月、シネスイッチ銀座他全国ロードショーです。

物語・・・
セーヌ川流れるパリ郊外に暮らすクレール(カトリーヌ・フロ)の元に、何の痕跡もなく30年間姿を消していた血のつながらない母、ベアトリス(カトリーヌ・ドヌーヴ)から電話があり、「会いたい!」と言われる。クレールは今でも、大事な父を捨てた彼女のことは許せなかった。父はその後、自殺をしてしまったのだ。真面目すぎるクレールと自由で人生を謳歌しているベアトリス。性格が全く違う二人だが、互いを受け入れ、ベアトリスの古い秘密が明らかになることによって失われた年月が埋まっていく。いつしかクレールは、ベアトリスの生き方に影響され人生の扉を少しずつ開きはじめるー。

***********************************

監督・脚本:マルタン・プロヴォ『ヴァイオレット-ある作家の肖像-』『セラフィーヌの庭』
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ『8人の女たち』『しあわせの雨傘』、カトリーヌ・フロ『大統領の料理人』、オリヴィエ・グルメ『少年と自転車』
2017/フランス/フランス語/カラー/ビスタ/117分
日本語字幕:古田由紀子 <G>
配給:キノフィルムズ
© CURIOSA FILMS – VERSUS PRODUCTION – France 3 CINEMA © photo Michael Crotto