「予告・特報」カテゴリーアーカイブ

『カーライル ニューヨークが恋したホテル』公開決定・ポスター・場面写真解禁!


映画情報どっとこむ ralph この度、NYの伝説の5つ星ホテル「ザ・カーライル ローズウッド ホテル」について描いたドキュメンタリー『カーライル ニューヨークが恋したホテル』が8月9日(金)よりBunkamuraル・シネマ他全国順次公開致します。

また、公開に合わせましてポスタービジュアル、場面写真も解禁となりました。

ダイアナ妃とマイケル・ジャクソンとスティーブ・ジョブズが同じエレベーターに乗った。

3人は沈黙していた、ダイアナ妃が“ビート・イット”を歌うまで-

映画情報どっとこむ ralph 世界中のセレブたちが愛し、名だたるスター達が幾多の逸話を残していることから、ニューヨーク・タイムズが「秘密の宮殿」と呼んだ伝説のクラシックホテル「ザ・カーライル ア ローズウッド ホテル」について描いた世界初の5つ星ホテルドキュメンタリーがついに日本公開!本作では、ジョージ・クルーニーやソフィア・コッポラ、ウェス・アンダーソンをはじめとする総勢38名のスターたちが、カーライルに眠る歴史的な秘話やその魅力を教えてくれる。

してセレブたちにこよなく愛されるホテルスタッフたちから紐解く、今こそ知りたい究極のおもてなしが明らかになる。1930年創業のニューヨーク・マンハッタンに佇む「ザ・カーライル ア ローズウッド ホテル」は、1泊200万円もするスイートルームがある超高級ホテル。その顧客には、英国王室や歴米大統領、映画スター、アスリートにミュージシャンと極上のセレブたちが名を連ねる。『ハンナとその姉妹』(87)や『セックス・アンド・ザ・シティ』(08)のロケ地としても知られ、2年間カーライルに滞在していたこともあるウディ・アレンは、ホテル内のカフェ・カーライルで今でも週に1度クラリネットを演奏している。上等なホテルは数あれど、セレブが皆カーライルを選ぶその理由は・・・。

――お客様の秘密は必ず守りますーー

そう答えるのは個性的でユーモラスなホテルのスタッフたち。先達からの伝統を受け継ぐスタッフたちは、溢れんばかりの笑顔でゲストを出迎える。まるで我が家のよう、とセレブたちは口をそろえるのだ。名物コンシェルジュのドワイトは、吃音症を抱えながらも36年間カーライルを支えてきた。彼の上品で温かい接客は宿泊客からもスタッフからも愛されている。彼らのおもてなしの心意気は、時代の中で失われつつある本当の人間の豊かさを教えてくれるだろう。
content/uploads/2019/03/カーライル-ニューヨークが恋したホテル-4.jpg” alt=”” width=”500″ height=”300″ class=”aligncenter size-full wp-image-146388″ />
映画情報どっとこむ ralph 監督は、『ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート』(13)、『ティファニー ニューヨーク五番街の秘密』(16)といったニューヨークの老舗高級ショップのドキュメンタリーを続けて制作しているマシュー・ミーレ―。過去作でもみせた超一流セレブ達の素顔を引き出す手腕は健在で、今回は4年間自らカーライルに通い詰め、その情熱が数々のビッグネームを本作出演へと導いた。


今回解禁されたポスターは、アメリカで活躍するファッションイラストレーターのケラ・ティルが本作のために描き下ろした、繊細で愛らしいタッチのカーライルのイラストとなっている。あわせて解禁された場面写真では、ジョージ・クルーニーやナオミ・キャンベルらがカーライルについて語る姿や、美しく悠然と佇むカーライルの外観がうかがえる。
映画情報どっとこむ ralph 究極のおもてなしとは何かが隠された世界初の5つ星ホテルドキュメンタリー

『カーライル ニューヨークが恋したホテル』

は8月9日(金)よりBunkamuraル・シネマ他全国順次公開です。

公式サイト:
thecarlyle-movie.com


***********************************

監督・脚本:マシュー・ミーレー『ニューヨーク バーグドルフ 魔法のデパート』
撮影:ジャスティン・ベア
音楽:アール・ローズ
出演:ジョージ・クルーニー、ウェス・アンダーソン、ソフィア・コッポラ、アンジェリカ・ヒューストン、トミー・リー・ジョーンズ、ハリソン・フォード、ジェフ・ゴールドブラ ム、ウディ・アレン、ヴェラ・ウォン、アンソニー・ボーデイン、ロジャー・フェデラー、ジョン・ハム、レニー・クラヴィッツ、ナオミ・キャンベル、エレイン・ストリッチ

2018 年/Always at the Carlyle/92 分/アメリカ/カラー/16:9/STEREO

配給:アンプラグド
日本語字幕:小河恵理
© 2018 DOCFILM4THECARLYLE LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


坂口健太郎&吉田鋼太郎で映画化『劇場版 ファイナルファンタジーXIV光のお父さん』公開決定!!


映画情報どっとこむ ralph 3月24日(日)に行われたファイナルファンタジーXIVのファンイベント「FINAL FANTASY XIV FAN FESTIVAL 2019 in TOKYO」のコーナー「プロデューサーレターLIVE」内で、W主演の坂口健太郎、吉田鋼太郎、FFXIVプロデューサー兼ディレクターの吉田直樹ご登壇による『劇場版 ファイナルファンタジーXIV光のお父さん』制作発表会を実施し『劇場版 ファイナルファンタジーXIV光のお父さん』が、ギャガ配給にて6月21日(金)より全国公開する事が発表となりました。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、息子である事を隠して父とオンラインゲームをプレイする日々を綴り、累計アクセス数が1,000万を超えるブログが原作。

この連載はたちまち人気を集め、連載最終回がYahoo!ニュースで取り上げられるほど話題に。その後、SNSで絶賛の声が爆発的に広がり、ネットの世界を飛び出して書籍化が実現。さらに地上波でドラマ化もされた感動作が、スクウェア・エニックスの全面協力を得てついに映画化!


ずっとすれ違ってきた父子が、オンラインゲームの世界を共に旅する。しかし父は、それが息子であることを知らないー。実際に、息子が父親の本音を知るために計画をした一風変わった親子の感動作に、息子・岩本アキオ役に坂口健太郎さん、父・岩本暁役に吉田鋼太郎さんのW主演、そしてアキオの会社の同僚・里美役に佐久間由衣さん、アキオの妹・美樹役に山本舞香さん、アキオの会社の先輩・吉井役に佐藤隆太さん、アキオの母親役に財前直見さんと豪華キャストが集結しました!

映画情報どっとこむ ralph そんな本作より特報映像とポスタービジュアルも解禁されました。

ポスタービジュアルにはパソコンの画面を微笑みながら見つめる坂口健太郎さん演じるアキオと、そんなアキオとは対照的に、「少しぎこちない≪光の戦士≫がいた」とあるように険しい表情、慣れない様子でコントローラーを手に画面を見つめている吉田鋼太郎さん演じる暁の姿が披露されています。その2人を結ぶかのように、中央にはアキオがファイナルファンタジーXIV内で使用するキャラクター・マイディーに向かって、暁が使用するキャラクター・インディが膝をつくポーズを取る様子が切り取られており、実世界とゲームの世界で全く違う2人の関係性を感じさせるポスターとなっています。

映画情報どっとこむ ralph 「いつからだろう?父との間に会話がなくなったのは・・」

という坂口さん演じるアキオの切ない言葉から始まる特報映像では、吉田さん演じる暁の“堅物な父親像”が前半では印象的で互いがすれ違っている事が伝わります。その後、ファイナルファンタジーXIVの映像と共に、アキオの「“父を知るための秘密の”光のお父さん計画」が明かされ、2人の冒険の舞台となるファイナルファンタジーXIVの壮大な世界観を期待させます。最後は暗い部屋で必死でテレビに向かって慣れない手つきでゲームをプレイする姿をアキオに見つかってしまう暁の気まずそうな表情で終わります。


映画情報どっとこむ ralph ゲームの世界で築かれたマイディーとインディの絆の一方、実世界でのアキオと暁の関係性は果たしてどうなるのかー?今後の展開を期待させる映像となっています。

『劇場版 ファイナルファンタジーXIV光のお父さん』

STORY 
この人が死んだとき、泣いたりするんだろうか──自分が子供の頃から、何を考えているのか全く分からなかった父の背中を見て、心の中でそうつぶやくアキオ(坂口健太郎)。

仕事一筋で単身赴任中だった父(吉田鋼太郎)が、突然会社を辞めて家に帰って来たのだ。

母と妹も一日中ボーっとテレビを見ている父を、遠巻きに眺めている。父の本音を知りたい、そんな願いに突き動かされたアキオに、ある計画が閃く。アキオの得意なオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」の世界に父を誘導し、自分は正体を隠して、共に冒険に出るのだ。その名も〈光のお父さん計画〉!アキオは顔も本名も知らないゲーム仲間たちに協力を呼び掛け、励まされる。

だが、この時のアキオは思いもしなかった。父に家族も知らない意外な顔があるとは──。

***********************************

監督:野口照夫(実写パート) 山本清史(ゲームパート)
脚本:吹原幸太
出演:アキオ:坂口健太郎 アキオの父暁:吉田鋼太郎 アキオの会社の同僚:佐久間由衣 アキオの妹:山本舞香 アキオの会社の先輩:佐藤隆太 アキオの母親:財前直見 声の出演:マイディー役(アキオのゲームキャラ):南條愛乃 あるちゃん役(ゲーム内フレンド):寿美菜子 きりんちゃん役(ゲーム内フレンド):悠木碧

原作:「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」 マイディー
配給:ギャガ
©2019「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」製作委員会
©マイディー/スクウェア・エニックス


『映画プリキュアミラクルユニバース』エンディングダンスWEB限定フルバージョン映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 2018年15周年のアニバーサリーイヤーを迎え、大きな話題となった「プリキュア」シリーズ。これまでファンと共に築いてきた15年分の歴史を引き継ぎ、2019年「スター☆トゥインクルプリキュア」と共に新たなステージへと踏み出します!

大ヒット公開中の劇場版最新作『映画プリキュアミラクルユニバース』はプリキュア史上初の宇宙を舞台にした作品。

映画オリジナル応援アイテム“ミラクルライト”の秘密を探しにキラキラした星の世界へとワープし、大冒険を繰り広げるストーリー。今まで以上にプリキュアと観客をつなぐ仕掛けが盛りだくさんの本作。通常は中学生以下の入場者にしか配布していない“ミラクルライト”を、特別に大人にも配布する応援上映会の実施が話題となり、3月27日(水)には全国5都市6会場で追加開催されることも決定し、大きな盛り上がりを見せています。

映画情報どっとこむ ralph この度、そんな本作より3DCGエンディングダンスのフルバージョン映像を、WEB限定で初解禁。

3月10日(日)、17日(日)、 24日(日)の3週連続でTVシリーズ「スター☆トゥインクルプリキュア」(ABCテレビ・テレビ朝日系列)のエンディングにて放送されたカットダウン版も大きな反響を呼んでいましたが、WEB限定にてフル尺バージョンがいよいよ解禁となります!
今回解禁されるエンディングダンスでは「スター☆トゥインクルプリキュア」、「HUGっと!プリキュア」、「キラキラ☆プリキュアアラモード」のプリキュアが登場し、ポップな宇宙空間で総勢15名のプリキュアが超美麗な3DCGで華麗にダンスいたします!!

冒頭から、キュアスターが「さあみんな!一緒に踊っちゃおう♪」と呼びかけるところからスタートする今回のエンディングダンス。

本作のキーとなる応援アイテム“ミラクルライト”を手に取り踊るシーンも、今回ならではのポイントとなっております。

中盤の“応援ダンス”パートでは、なんとキュアスターがダンスの振付けをレクチャーしてくれるシーンも。

その場で覚えて、歴代プリキュアと一緒に「スター☆トゥインクルプリキュア」のみんなを応援することが出来ます。

さらに、キュアホイップとキュアエールからもメッセージが!!



映画館の大スクリーンで観れば、まるでライブに参加しているような臨場感を味わうことができる映像となっており、今まで以上に観客が参加して、一緒に踊って楽しむことができるエンディングダンスに仕上がりました。

映画情報どっとこむ ralph “歌って”“踊れて”“楽しい”本作是非ご注目!

映画プリキュアミラクルユニバース

大ヒット公開中です!

公式サイト:
www.precure-miracleuniverse.com/


ストーリー
ふしぎいっぱい☆キラキラ星の世界へ大冒険!!わたし、星奈ひかる!ある日星をみていたら、宇宙にワープしちゃった!?キラやば~☆この宇宙のどこかにミラクルライトを作る惑星があるって本当?あれ?えぇ~!?いきなり光が消えて、星たちが闇に包まれていく!?このままじゃ世界が真っ暗になっちゃう…大ピーンチ!!でも、宇宙の光を取り戻す為に絶対にあきらめない!だからみんな、応援して!

***********************************

原作:東堂いづみ
監督:貝澤幸男
脚本:村山 功
声の出演:
成瀬瑛美 小原好美 安野希世乃 小松未可子 木野日菜 吉野裕行
引坂理絵 本泉莉奈 小倉 唯 田村奈央 田村ゆかり 多田このみ 野田順子 福島 潤
美山加恋 福原 遥 村中 知 藤田 咲 森なな子 水瀬いのり かないみか 水島 裕

ゲスト声優:田中裕二(爆笑問題) 梶 裕貴 小桜エツコ ゴー☆ジャス 脳みそ夫
主題歌:「WINくる!プリキュアミラクルユニバース☆」 (歌:北川理恵)

©2019 映画プリキュアミラクルユニバース製作委員会


新宿を歩く一人の“虎”に刻まれた歴史とは・・映画『新宿タイガー』第21回活弁シネマ倶楽部


映画情報どっとこむ ralph 本日3月23日(土)、“映画を語る”番組「活弁シネマ倶楽部」第21回が配信されました。

今回は、「新宿にこの人あり」とまで言われる新宿タイガーさんを被写体にした映画『新宿タイガー』を取り上げている。

新宿で40年以上、虎のお面を被ってド派手な格好で新聞配達をしている男、新宿タイガー氏が胸に秘める想いや彼を突き動かす原動力に迫ったドキュメンタリーについて語り尽くした。ゲストには、監督・佐藤慶紀さん、企画・小林良二さん、そして、新宿タイガーさんが出演。
MCに石井隼人さん。


映画情報どっとこむ ralph 新宿が社会運動の中心都市であった1972年、当時24歳だった一人の青年が死ぬまで虎のお面を被って新宿で生きていくことを決心した。『新宿タイガー』は、彼にそんな決意をさせたのは何故か、お面の裏に隠された彼の意図とは、丁寧な取材を重ねて1つのことを貫き通す素晴らしさ、新宿の街が担ってきた役割について解き明かしている。

番組では、制作段階の話の中で、監督の佐藤が元々新宿タイガーさんについてあまり知らなかったことについて、企画の小林さんは
小林さん:結果的に佐藤さんがタイガーさんの映画を撮るのはすごく良かったと思う。(新宿タイガーを)知らない人がもっと知ろうとする撮り方と、知ってることを前提に撮るやり方とだと、大きく違ってしまう。またドキュメンタリーの監督といえど、被写体の方に、ああやってこうやってくださいと言う監督はいるんですよ。タイガーさんっていう強烈な個性の方を、知らない間にのせているのが佐藤監督のすごい所だと思う。

と言葉の限り称賛した。これに対して

新宿タイガーさん:最高の喜びですよ。映画になるなんて考えもよらなかった。

と感無量だと語った。
また、新宿タイガー氏の印象の話へとトークが展開されると、

小林さん:元々“この人誰なんだろう?”で止まっていた印象が、この映画を通して、今までずっとやり続けてきたことの功績に対するリスペクトに変わりました。

と話し、

新宿タイガーさんはドキュメンタリーの撮影開始前に合計9時間もの打ち合わせを行ったことから

新宿タイガーさん:この2人は絶対ブレなかった。自分の信念をそのまま受け取ってくれる。

と信頼を示した。


撮影の裏側についても語り、被写体に負担をかけないような撮影で、新宿タイガーさんからは天才と言われた佐藤監督は
佐藤監督:こうやってタイガーさんは(褒めてくれる)、本当女性の方もよく言うんですけど、(タイガーさんに)そう言われると嬉しくなりますよね。

と監督として改めて新宿タイガーさんの魅力を語り、

MC石井:タイガーさんの周りの人がみんな笑ってるんですよね。

と共感を寄せ、新宿タイガー氏が大切にしていると語る“シネマ”と“美女”と“夢”と“ロマン”が詰まっている映画だと補足した。

番組では、公開中の『新宿タイガー』について、作品の内容とその裏側まで深く語り尽くし、新宿タイガー氏の人生を通して新宿の歴史を解き明かした本作の真意に迫っている。



映画情報どっとこむ ralph 「活弁シネマ倶楽部」は、
映画の制作陣がゲストに登場する貴重な番組であり、ネタバレの縛りもなく想いを吐き出せる場として制作側の支持が熱いそうだ。独自の目線で作品を 選定し紹介しているため、まだまだ視聴者に知られていない作品やその内容について十分に語られていない作品にも出会えるチャンスかもしれない。

「活弁シネマ倶楽部」公式ツイッター:
@katsuben_cinema

映画情報どっとこむ ralph 『新宿タイガー』

2019年3月22日(金)からテアトル新宿、他にて上映です。

http://shinjuku-tiger.com/


あらすじ
東京のエンターテイメントをリードする街・新宿。1960年代から1970年代にかけ、新宿は社会運動の中心だった。
2018年、この街には“新宿タイガー”と呼ばれる年配の男性がいる。彼はいつも虎のお面を被り、ド派手な格好をし、毎日新宿中を歩いている。彼は、彼が24歳だった1972年に、死ぬまでこの格好でタイガーとして生きることを決意した。1972年当時、何が彼をそう決意させたのか?新聞販売店や、1998年のオープン時と2012年のリニューアル時のポスターにタイガーを起用したTOWER RECORDS新宿店の関係者、ゴールデン街の店主たちなど、様々な人へのインタビューを通じ、虎のお面の裏に隠された彼の意図と、一つのことを貫き通すことの素晴らしさ、そして新宿の街が担ってきた重要な役割に迫る。

***********************************

監督・撮影・編集:佐藤慶紀
企画:小林良二 プロデューサー:塩月隆史
撮影:喜多村朋充 
写真:須藤明子 音楽:LANTAN
制作:Aerial Films 
配給:渋谷プロダクション
製作:「新宿タイガー」の映画を作る会


染谷俊之x芋生悠『恋するふたり』“恋するふたり“の行く末が楽しみな予告編解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、映画に舞台に大活躍中のイケメン俳優・染谷俊之が自由で無職の“超”自己チュー男・片桐を演じ、その片桐に振り回される優柔不断なヒロイン・幸子を芋生悠が演じる不器用で痛々しい恋する2人のロードムービー『恋するふたり』の予告編が公開となりました。


予告編は、恋人の浮気の真相を確かめるべく、カタギリがサチコに選択を迫るシーンから始まる。

車に乗り、迷いながらも進んだ先々で、ふたりは徐々に変化していく。最終的には恋人のお父さんからカタギリが謝られてしまうというショッキングなシーンへと、主題歌であるParanel「マイオールドバック」に乗せてリズムよく展開していく。不器用で痛々しさを煽るBGMとともに、サチコがカタギリに聞きたかったこととは…。“恋するふたり“の行く末が楽しみな予告編となっている。


映画情報どっとこむ ralph なお、本作は3月8日(金) から開催される第14回大阪アジアン映画祭(OAFF2019)特別招待作品に選出されました。

映画『恋するふたり』

5月3日金)よりシネ・リーブル池袋にて公開

公式HP:
http://love2.united-ent.com/ja/ 

公式:
@lovein_para


【STORY】
特に夢も希望もない23歳のサチコ(芋生悠)はバンドマンのマヒロ(井澤勇貴)と付き合っていることだけが、唯一のアイデンティティー。そんな彼女の前に突然、ナルシストで自己中心的なフリーター(?)カタギリ(染谷俊之)が現れる。
「サチコの男が俺の婚約者と浮気しているんだよね。」
互いの恋人を取り戻すべくサチコとカタギリは、マヒロのいる湖畔のスタジオへとレンタカーを走らせる。
まさか、この旅が”ふたり”の人生を変えるキッカケへとなるとは思うはずもなく・・・空気を読めない男と、読みすぎる女の不器用で痛々しい恋の物語が走り出した、果たして2人は“恋するふたり“になることが出来るのか?

***********************************

【キャスト】
染谷俊之 芋生悠
井澤勇貴 笠原崇志 西川俊介 石井智也 岡野陽一 星野真里 高木 渉 山下容莉枝
監督:稲葉雄介脚本:大浦光太 音楽:Paranel
製作:菅谷英一 佐藤宙史 橋本大輝 兼田哲二 周 斌
企画:村田 亮 プロデューサー:江良 圭 長田安正
撮影:葛西幸祐 照明:谷本幸治 録音:光地拓郎 編集:早野 亮 助監督:浜潟 尚
衣装:森内陽子 ヘアメイク:コウゴトモヨ アシスタントプロデューサー:打田まりか
制作プロダクション:GFA  宣伝・配給:ユナイテッド エンタテインメント
「恋するふたり」製作委員会
GFA リバプール 代々木アニメーション学院 ユナイテッドエンタテインメント プレフィス
©2018「恋するふたり」製作委員会