「クラウドファンディング」カテゴリーアーカイブ

齊藤工 企画・提案アニメ 一週間で目標金額100%達成! クラウドファンディング中!


映画情報どっとこむ ralph 斎藤工・板谷由夏が、声の出演:クレイアニメ『映画の妖精 フィルとムー』製作のためのクラウドファンディング、一週間で目標金額100%達成!

カンボジアはじめ途上国の子ども達を対象に移動映画館を行うNPO法人World Theater Projectが、俳優であり映画監督、そして日本中の映画館がない地域で移動映画館を行うcinéma birdを発案・実施する齊藤工さんの企画・提案により、クレイアニメ『映画の妖精 フィルとムー(仮題)』を制作することになりました。

製作費を募るクラウドファンディングを7月24日より実施したところ、一週間で目標金額の455万円に達しました。本作を、子ども達に映画体験を届けたい方なら、いつでもだれでもどこの国でも上映できる作品にいたします。本プロジェクトが、映画を観られる環境にいない子ども達に、より多くの映画が届くきっかけとなることを願っています。

途上国で移動映画館を行うNPO法人World Theater Project(ワールドシアタープロジェクト:以下WTP、代表理事:教来石小織)では、7月24日より「【声の出演:斎藤工・板谷由夏】世界の子ども達へ届けるクレイアニメ『映画の妖精 フィルとムー』製作の仲間になりませんか?」のクラウドファンディングを開始。

開始7日目で目標金額の455万円を達成しました。
※目標金額達成後も期日までは継続。目標金額達成後の資金は、世界中の子どもたちに映画を届けるための資金に使われます。

WOWOW『映画工房』の放送300回記念で本プロジェクトを応援。

この映画が完成すれば、世界中の子どもたちに、映画を届けることが可能になります。

■キャラクターについて

映画の妖精 フィルとムーは、WTPのマスコットキャラクターです。世界的に著名な『ウサビッチ』のキャラクターデザインをされた有限会社カナバングラフィックスの宮崎あぐりさんが、私たちのビジョンに共感し制作してくださいました。

「世界中の子ども達に映画をとどけたい」。そんな私たちの世界観を表したキャラクターです。フィルムの帽子をかぶった黄色い子がフィル。夢の種をイメージした赤い子がムー。

映画情報どっとこむ ralph ■World Theater Projectとは
NPO法人 World Theater Project (ワールドシアタープロジェクト)は、東南アジアのカンボジアを皮切りに移動映画館事業をスタートしました。今年で5年目、延べ40,000人以上の子どもたちに映画を届けてきました。
■プロジェクトの背景
俳優・監督として活躍される斎藤工さんは、日本中の映画館がない地域で移動映画館を行うcin?ma birdを実施していらっしゃいます。子どもたちへ映画体験を届ける同じ活動、同じ志を持っていらっしゃることから、WTP代表 教来石の著書『ゆめの はいたつにん』を雑誌などで紹介、ラジオ番組での対談など、私たちの活動についても、以前から応援してくださっており、今回のプロジェクトのご提案をいただきました。

■世界中の子どもたちに届けられる映画を
私たちがこの活動を広げる上で課題となっていたのが権利の壁です。本を届けるNGOの活動は世界中に広がっていますが、映画を届ける世界的なNGOがないのは、権利の課題があるからだと思われます。私たちも何度も権利の壁につまずいてきました。

そんな時に斎藤工さんからいただいたご提案は、子どもたちに映画体験を届けたい方ならだれもが上映できるクレイアニメを作ろうというお話でした。

WTPのマスコットキャラクターである“フィル”と“ムー”。名付け親は斎藤工さん。フィルとムーを使い、言葉はどこの国のものでもなく、子どもも大人も楽しめるハイクオリティなクレイアニメを――

制作は、斎藤工さん推薦の秦俊子監督です。

映画情報どっとこむ ralph
クラウドファンディング詳細
【日 時】 2017年 7月24日(月)開始~2017年10月31日23時59分
【サイト】 Motion Gallery
【主 催】 NPO法人 World Theater Project
【内 容】 世界の子ども達へとどけるクレイアニメ
『映画の妖精 フィルとムー』製作費用
目標金額 4,550,000円

プロジェクト応援額:3,000円~300,000円

※18歳以下を対象に、500円の応援も可能。

リターン内容:完成作品視聴権、WTPオリジナルグッズ、

斎藤工さん・板谷由夏さん直筆サイン入り台本、他、応援額に応じて変更。

motion-galleryサイト

※目標金額達成後も期日までは継続致します。目標金額達成後の資金は、世界中の子どもたちに映画を届けるための資金に使われます。

企画:齊藤工(cinema bird)、教来石小織(WTP)
キャラクターデザイン:宮崎あぐり(有限会社カナバングラフィックス)
キャラクター命名者:齊藤工
ストーリー原案:齊藤工
脚本:齊藤工、秦俊子、教来石小織
声の出演:斎藤工、板谷由夏(WOWOW『映画工房』)

監督:秦俊子

作品時間 5分(予定)

***********************************



入江悠監督『ビジランテ』ティザービジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph 鬼才・入江悠 監督がオリジナル脚本・メガホンをとり、大森南朋×鈴木浩介×桐谷健太 がトリプル主演を務める渾身の最新作、映画『ビジランテ』。2017年12月9日(土)テアトル新宿他全国公開となる本作のティザービジュアルが解禁となりました。

本作は、自主制作による映画『SR サイタマノラッパー』劇場版三部作(09年~12年)でブレイクを果たし、映画『ジョーカー・ゲーム』(2015)、『22年目の告白-私が殺人犯です-』(2017)などで知られる若きヒットメーカー・入江悠監督が、大森南朋(45)、鈴木浩介(42)、桐谷健太(37)をトリプル主演に迎え、地元・埼玉を舞台に地方都市の闇に生きる男たちのヒリヒリとする葛藤と衝突をオリジナル脚本で描いた衝撃のノワール。

この度解禁されたティザービジュアルは、悲しい過去を背負いそれぞれの立場で生きてきた3兄弟のむき出しの魂がぶつかり合う重要なシーンの一端が切り取られた緊迫感あふれる仕上がりになっています。

朝から朝まで、そのままつながって翌日の撮影があるような過酷なロケだったという本作。さらに、スタッフ、キャストが口をそろえて過酷だったと語る、底冷えする極寒の冬季に撮影された本シーンは、俳優陣から“演じる”という虚構をはぎとり、むき出しの極限状態を捉えている。荒々しく破滅へと突き進む哀しき男たちの暴力的な生き様を、無慈悲なまでの眼差しで描き出した本作の本気度がうかがえます。

映画情報どっとこむ ralph 本作は現在、モーションギャラリーにてクラウドファンディングを開催しており、入江監督、新境地へ挑戦のオリジナル企画として応援団が続々と集まっています。

クラウドファンディングサイト


映画『ビジランテ

幼い頃に失踪した長男・一郎(大森)。市議会議員の次男・二郎(鈴木)。デリヘル業雇われ店長の三男・三郎(桐谷)。別々の道、世界を生きてきた三兄弟。父親の死をきっかけに、失踪していた一郎が、30年振りに突然帰ってくる。再会した3兄弟の運命は再び交錯し、欲望、野心、プライドがぶつかり合い、事態は凄惨な方向へ向かっていく。

公式HP:
vigilante-movie.com

「ビジランテ」とは「自警団」という意味を持つ。警察や法律がない世界、警察や法律が機能してない世界で、自分たちの力・判断で自分たちを守ろうとする集団を指す。

***********************************

出演:大森南朋 鈴木浩介 桐谷健太 
篠田麻里子 嶋田久作 間宮夕貴 吉村界人 /菅田俊
脚本・監督:入江悠 
音楽:海田庄吾 
配給:東京テアトル
【2017年/日本/カラー/125分】 
R15+ 
©2017「ビジランテ」製作委員会 


Dangerous Docs上映と爆音サイレントイベントMotionGalleryから応援しみては?


映画情報どっとこむ ralph 世界各地の映画祭を沸かせた短編ドキュメンタリー3本を厳選して一挙公開する企画「Dangerous Docs(デンジャラス・ドックス)」の上映と、前夜祭イベントを応援するクラウドファンディングがMotionGalleryにて開始されました。

目標金額 150万円

内訳:
製作費(翻訳、字幕作成、メディア作成 等) 80万円
プロモーション費(イベント会場費・機材費、宣材費、HP製作費 等) 70万円

だそうです!

応援と詳細はMotionGalleryへ

映画情報どっとこむ ralph デンジャラス・ドックス Dangerous Docs 概要
本物の危険は、喉の奥からやってくる

25ヶ国、52の映画祭が熱狂した「デンジャラス」な短編ドキュメンタリー映画3本を厳選し、映画館上映とイベントを通してその面白さを伝えたい!

上映作品
・『男が帰ってきた』(A MAN RETURNED) 33分/2016年 レバノン
・『渦‐UZU‐』 27分/2016年 日本
・『シット・アンド・ウォッチ』(SIT AND WATCH) 37分/2016年 イギリス
この3作品を1つのプログラムにまとめて一挙公開(およそ100分)


公開劇場
・渋谷ユーロスペース 2017年9月23日(土)~10月13日(金) レイトショー
・新宿K’sシネマ 2017年9月30日(土)~10月13日(金) レイトショー

映画情報どっとこむ ralph 前夜祭イベントは、新宿の通りをジャックして行う、日本初の<爆音サイレント上映>。

上映作品は、危険を顧みず究極の場”祭”に挑む男たちを鮮烈に捉えた『渦‐UZU‐』。新宿の街が騒然となる渦の真ん中で本作を体感できる、スペシャルなイベントです。

前夜祭イベント「爆音サイレント上映」!

デンジャラス・ドックス劇場公開と同時に企画した一大イベント『デンジャラス・ドックス』前夜祭!新宿のド真ん中で日本初の「爆音サイレント上映」イベント開催!

前夜祭イベント 『渦‐UZU‐』爆音サイレント上映 !
日時:2017年9月21日(木)
※雨天順延
1回目 18:30~ 
2回目 19:20~ 
※(状況により)3回目 20:10~
場所: 新宿モア4番街
上映作品:『渦 ‐UZU‐』

当日はスクリーンの前に座席をご用意いたします。その座席に座ってご覧になる権利をお持ちの方(前夜祭イベントプランに応援いただいた方)のみにワイヤレスヘッドホンをお渡しし、迫力ある映像と音声を新宿の野外で楽しんでいただきます。


〜 爆音沈黙上映とは? 〜
ワイヤレスヘッドフォンを着用した聴衆が、一つの会場で同時に音楽を楽しむという、いわゆる「沈黙(サイレント)フェス」が最近注目されています。

本イベントは、屋外の映画上映で観客に専用のヘッドフォンを着用してもらい、ワイヤレスで飛ばされた爆音で映画を鑑賞してもらうという日本初の映画イベントです。新宿の雑踏の中で異次元の映画鑑賞を体験してください!


東京新宿の新宿モア4番街 新宿駅東口から歌舞伎町方面へ抜けるメインストリートです!

新宿駅東口から地上に出てすぐのところにあるこの通りを、2017年9月21日にジャックして、『デンジャラス・ドックス』の3作品のうちの1本『渦 ‐UZU‐』を、通りに設置した特設スクリーンにて上映し、着座してご鑑賞する方(<『渦』爆音サイレント上映ご招待プラン>でご支援いただきました方)にのみワイヤレスヘッドホンをお渡しします。

大都会の、人々や車が忙しく行き交う通りのド真ん中で、映画『渦 ‐UZU‐』をプレミア爆音上映します!

***********************************



『嘘とホームラン(仮)』宇野愛海、堀春菜、細川岳らが出演決定!


映画情報どっとこむ ralph ぴあフィルムフェスティバル(PFF)出身の佐藤快磨(たくま)監督の“回復期リハビリ病院”を舞台にした短編映画『嘘とホームラン(仮)』短編映画のキャスト発表 第1弾が発表となりました!
主人公の新人理学療法士・遥役でには女優活動に専念するためにエビ中こと私立恵比寿中学を“転校”し、 映画『罪の余白』出演を経て、『デスフォレスト 恐怖の森3』で映画初主演を果たした宇野愛海さんが主演。

遥の同期・幸子役で『空(カラ)の味』主演で第10回田辺・弁慶映画祭 女優賞を受賞した堀春菜さん、遥の彼氏・翔役でPFFアワード2016の観客賞受賞作『ヴァニタス』主演の細川岳さんが出演することが決まっています。また、ベテラン女優の佐々木すみ江の出演も予定されています。

ニューシネマワークショップ出身の佐藤監督の新作の本作では、「急性期を過ぎてから、1日2~3時間の集中的なリハビリを実施して、低下した能力を引き上げる」”回復期リハビリ”。

疾患ごとに国から60日〜180日間とそれぞれリハビリ期間が決められてしまっていることで、 退院までの決まった時間内でベテラン療法士と同じ成果を出せず、責任・プレッシャーを感じる、回復期リハビリ担当の新人理学療法士と、彼女を取り巻く人々を描きます。

映画情報どっとこむ ralph
本作は、一般から資金調達を募るクラウドファンディングのプラットフォーム「MotionGallery」で、映画の製作、映画祭出品、及び東京・大阪での上映(『ガンバレとかうるせぇ』との同時上映の機会も模索)のための支援を募り、キャスティングを進め、回復期リハビリ病院の全面協力の元、撮影を行う。

クラウドファンディング 
プロジェクトページ

映画情報どっとこむ ralph キャストの宇野愛海さん、堀春菜さん、細川岳さんからコメントが届いています!

宇野愛海さんからのコメント

この度、宮下遥役で出演させて頂きます。
この作品のお話を頂いた時に、初めて理学療法士という職業を知りました。

実際に施設に行き見学と取材をさせていただきました。

その際に涙を流しながら苦悩やエピソードをお話しして下さり、自分のできる限りのことは全てやってこの作品に挑みたいと思いました。

監督や共演者の方を信じて、特殊な職業ならではの葛藤や患者さんとの向き合い方など伝えられるように覚悟を持って遥を生きようと思います。


堀春菜さんからのコメント


今回、佐藤監督作品に戻ってくることが出来て本当に嬉しいです。

佐藤監督とご一緒した『ガンバレとかうるせぇ』は私にとって初めての映画出演でした。佐藤監督に激励されながらも「この作品に懸けているから」と何度も伝えられ、プレッシャーを感じていた日々が懐かしいです。

約4年ぶりに佐藤監督作品に関わることになり、少し緊張していますが、作品作りの一員としての自覚を持ちつつ、一人の人間を丁寧に生きられるよう頑張っていきたいです。


細川岳さんからのコメント

『映画撮るから出てよ』映画館のバックヤードの隅でそう言われたのが、前作『ガンバレとかうるせぇ』の始まりでした。

僕は佐藤監督の映画を見てなかったし、監督も僕の芝居を見た事がない。そういったところからのスタートだったので不安もありましたが監督とは撮影が始まるまでの数ヶ月、何度も打ち合わせを重ね、紡いでは解いてを繰り返しながら一緒に役を深めていきました。

そこまで時間をかけてくれる監督は始めてで、とても新鮮に感じたのを覚えています。本読み、リハーサル、撮影と時間が経つにつれ物語の推進力となる軸をよりシンプルにする為、色々な物を削ぎ落としていく監督の感覚に感心させられました。

今思い返してみても、自分の出発点となる刺激的な撮影だったと思います。佐藤監督とこんなに早くまた一緒に出来るとは思ってなかったので、更なる可能性を共に見れるのではないかと期待しています。

映画情報どっとこむ ralph 佐藤快磨監督からのコメント

回復期リハビリテーション病院を舞台に映画を撮る。このお話をいただいたとき、正直不安しかなかった。家族もみな至って健康、リハビリの経験すらない自分が、この映画を撮る意味。人生が一瞬で変わってしまった人たちに対して、部外者が踏み込んでいく傲慢さ。そして感動とかそういう言葉に流され、都合のいいことばかりを並べた、どこかで見たことのある映画を撮ってしまうこと。それがなによりも怖かった。

それから現場に何度か伺い、セラピストの方、患者の方から話を聞き、なんて答えのない世界なんだろうと思った。セラピストも患者も考えて悩んで戦う日々。それは自分が想像していたよりもずっとドライで、ウェットさを想像していた自分がおこがましくて、恥ずかしかった。

セラピストと患者がいて、ふたりが協力しあう。お互いの気持ちを推し量って、最高の結果を目指す。ただ気持ちを推し量るということは気を遣いあうということでもあり。
それはセラピストと患者に限らず、家族でさえも、友人でさえも。他人の気持ちを正確に理解することなんて一生できやしない。

気を遣ってしまったことで言えなかった言葉がある。
人生が懸かっているのに吐けなかった言葉がある。
言葉は感情だ。
人はそうして捨てた感情を忘れていくんだろう。

映画でならそうして捨てられたものたちを掬えるはずだ。
先にあげた不安はずっと消えることはない。きっと。
でもキャストスタッフ全員で話し合い、それらを真摯に誠実に拾い集めること。

それが自分にしか撮れない映画に繋がると信じている。


と、熱いコメントを頂きました!

映画情報どっとこむ ralph
物語・・・
宮下遥(宇野愛海)は、回復期リハビリテーション病院1年目のセラピスト。まだ慣れない仕事に戸惑いつつも、同期セラピストの幸子(堀春菜)に、彼氏・翔(細川岳)の愚痴などを聞いてもらっては、共に励まし合い頑張っている。担当していたタエが退院し、新しい患者が入院してくる。仕事中に脳卒中を発症した柘植。遥は初めて入院から退院までを担当することになる。柘植の妻・恵が号泣している中、柘植は淡々と言う。「元の生活には戻れないんですよね?」何も答えられない遥。日野課長と田口リーダーの指導の元、現実と向き合う日々が始まる。

ツイッター
@uno_narumi_proj

facebook
@unonarumiproject


***********************************

宇野愛海
堀春菜 細川岳
佐々木すみ江
監督・脚本・編集:佐藤快磨(『ガンバレとかうるせぇ』、『壊れ始めてる、ヘイヘイヘイ』)
プロデューサー:登山里紗(『無伴奏』)
音楽:田中拓人(『そこのみにて光輝く』、『無伴奏』、『オーバー・フェンス』)
協力:MotionGallery、ニューシネマワークショップ
   


「恐竜の詩」TAMBA映画町おこしプロジェクト支援募集!


映画情報どっとこむ ralph 丹波が舞台の映画を成功させる!「恐竜の詩」TAMBA映画町おこしプロジェクト!

~ 映画館の無い山里の街、丹波市から全国劇場公開映画を届けたい!~
「兵庫県の原風景を100年後の日本の子供達の為に残したい」
という想いで始まった映画「恐竜の詩(YAMASATO NO UTA)」を現在製作中! 映画館すら無い山里で、果たして映画が作れるのか?小さな街が、メディアの常識に挑戦します!

左から 武田丹音 とみず みほ

映画情報どっとこむ ralph 気になる映画「恐竜の詩」のストーリーは!

山間の小さな街で起こった世界的な恐竜の化石発見という奇跡。それを契機にはじまった、小さな街の街おこしプロジェクト。そこに生きる人々の真摯でひたむきな生き方と、後世に残すべき丹波の美しい自然をじっくりと描きます。

映画情報どっとこむ ralph クラウドファンディングの内容は・・・

丹波市を舞台とした映画製作が開始。本格的に丹波を舞台にした映画が製作されるのは初めてのこと。丹波には映画サポートする団体もなく、市民団体、丹波ムービー・サポートが支援をしています。

市外のスポンサーと都市部のスタッフの力だけで作られた映画は、本当に丹波を描いたものにはなりません。このまちを愛する人たちが一人でも多く参加して、映画づくりに関わって欲しい。そして日本に、世界に発信したい。 小さな山里の挑戦と可能性を伝えたい。 ぜひクラウドファンディングにご協力をお願いします!

クラウドファンディング参加方法
プラットフォームcamp-fire
よりお申込みください。

起案団体
企業名:丹波ムービー・サポート
担当者名:天満 光

映画情報どっとこむ ralph 映画「恐竜の詩(YAMASATO NO UTA)」

映画公開予定
2018年春より全国劇場巡回公開

撮影予定
2017年4月~12月頃、丹波市内を中心に撮影予定

後援
サンテレビ
ラジオ大阪
丹波市

配給:株式会社 ミューズ・プランニング

キャスト
とみずみほ
澤田敏行
古和咲紀
武田丹音

監督 
近兼拓史
***********************************