「クラウドファンディング」カテゴリーアーカイブ

本田孝義監督 初劇映画『ずぶぬれて犬ころ』2019年劇場公開決定!Motion Galleryにてクラウドファンディング中!


映画情報どっとこむ ralph 「船、山にのぼる」「モバイルハウスのつくりかた」などのドキュメンタリー映画を製作してきた映画監督・本田孝義が、夭折の俳人・住宅顕信を描く監督初の劇映画『ずぶぬれて犬ころ』が、岡山と東京で2019年劇場公開されることになり、その劇場公開支援プロジェクトがクラウドファンディングMotion Galleryにて行われています。(締切:2019年4月30日23:59)

Motion Galleryサイトはこちら

映画情報どっとこむ ralph 住宅顕信役には、2015年の『おんなのこきらい』(加藤綾佳監督)出演で注目を集め、2019年には『21世紀の女の子』内『セフレとセックスレス』(ふくだももこ監督)、『疑惑とダンス』(二宮健監督)など出演作が次々と公開される木口健太。
現在のいじめられている少年・小堀明彦役には、これからの活躍が期待される森安奏太。
他に、仁科貴、八木景子、原田夏帆、脇田敏博、坂城君、柳田幸則、田中美里(特別出演)らが脇を固めます。
脚本は歌人でもある山口文子。
撮影は『人のセックスを笑うな』『ニシノユキヒコの恋と冒険』の鈴木昭彦。
音楽は“あらかじめ決められた恋人たちへ”のリーダーであり、『武曲 MUKOKU』『ピンカートンに会いにいく』やドラマ『宮本から君へ』では音楽を担当した池永正二。 

2018年7月に映画は完成し、11月の岡山映画祭で初披露されています。



映画情報どっとこむ ralph 映画『ずぶぬれて犬ころ』について

2002年、精神科医・香山リカさんが住宅顕信のことを書いた本が出版され、全国的なブームが起きました。

1987年に25歳の若さで自由律の俳人・住宅顕信(すみたくけんしん)が亡くなりました。急性骨髄性白血病でした。

気の抜けたサイダーがぼくの人生
若さとはこんな淋しい春なのか
春風の重い扉だ

など、鮮烈な句を残しています。タイトルの『ずぶぬれて犬ころ』も住宅顕信の句です。闘病中も俳句への情熱を燃やし続けた住宅顕信の姿を繊細に描き出しています。



住宅顕信と同じ岡山県出身の私も、この時に初めて住宅顕信のことを知り、彼の俳句を初めて読みました。

住宅顕信(本名・春美)は1961年岡山県岡山市に生まれました。中学卒業後は下田学園調理師専門学校に通いながら、レストラン等で働いたのち、19歳で岡山市の清掃業に採用。この頃から、自由律俳句(5・7・5の字数にとらわれない俳句)と宗教に興味を持ちます。1983年、22歳の時に京都西本願寺で得度、浄土真宗本願寺派の僧侶となり、法名を顕信とします。この年、自宅に無量寿庵という仏間を作っています。また、同年、1歳年下の女性と結婚。しかし、1984年23歳の時に、急性骨髄性白血病を発症し、岡山市民病院に入院。入院中に長男・春樹が誕生しますが離婚し、以後、病室で育児を行います。

入院中、俳句作りに没頭。全国に句友もでき、俳句誌にも投稿をしています。病状が回復し、一時退院出来たこともありましたが、回復するには至らず、1987年2月7日没。生前残した俳句は281句。

私は2014年に、諸般の事情で精神的に落ち込んでいました。その時、なぜか、「ずぶぬれて犬ころ」という住宅顕信の句が自分の中で蘇ってきたのです。住宅顕信の句は、闘病中に書かれたこともあって、暗い句が多いです。ですが、だからこそ精神的に厳しい状態に置かれた人たちにとっては、胸を打つ句でもあるのです。

2002年のブームから時代は一回りし、住宅顕信が生きた岡山県でも顕信のことを知らない人が増えてきました。私は住宅顕信の生き様・死に様を見ていただくことで、もう一度、顕信のこと、顕信の句を知ってほしいと強く願っています。そして、病を抱えながらも文字通り言葉に命を削った生き方は、世代を越えて、人間が生きる意味を考えさせてくれると思っています。

本田孝義監督談

映画情報どっとこむ ralph
監督・本田孝義略歴

1968年岡山市生まれ。1984年山陽町立高陽中学校卒業。1987年岡山県立岡山朝日高校卒業。1992年法政大学文学部日本文学科卒業。大学在学中から、自主映画の製作・上映を始める。その後、テレビの製作会社に2年間在籍した後、独立。ドキュメンタリー映画の製作と並行して現代美術展でも映像作品を発表。

主な作品・展覧会

1995年「デフ・ディレクター~あるろうあ者の記録~」※
1996年「コマンド・オクトパス」(大阪/モダンde平野)
1997年「平野幻想」(大阪/モダンde平野)
1998年「東京-大阪ミクスチャー」(大阪/モダンde平野)
1999年「科学者として」※(2000年に劇場公開)
2001年「ビデオリレー となりのお店」(岡山/奉還町アート商店街)
2002年「リターン」(岡山/アートウェーブ岡山)
2003年「ニュータウン物語」※(2004年に劇場公開)(岡山県山陽団地のドキュメンタリー、2002年に山陽団地で開催したニュータウン・アートタウン展のプロデューサー)
2004年「樋門」
(岡山/西川アーツフェスティバル)
2004年「沖縄ソウル 石川真生×本田孝義」
(沖縄/佐喜眞美術館)
2007年「船、山にのぼる」
※(2008年に劇場公開)
(広島県灰塚ダムでのPHスタジオによるアートプロジェクトのドキュメンタリー)
2011年「クロスポイント」
(岡山/朝鮮学校ダイアローグ)
2011年「モバイルハウスのつくりかた」
※(2012年に劇場公開)(建築家・作家の坂口恭平のドキュメンタリー) 
2013年「ヒカリエイガ」
(渋谷ヒカリエ開業1周年記念オムニバス映画、兼プロデューサー)    
2013年「山陽西小学校ロック教室」
※(岡山/「廻遊-海から山から-」アーティスト・イン・レジデンス)

***********************************

     


関口知宏 映画初主演「波乗りオフィスへようこそ」公開日決定!&クラウドファンディング締切迫る!


映画情報どっとこむ ralph 関口知宏主演「波乗りオフィスへようこそ」のビジュアルと公開日が決定いたしました。

2019年4月5日(金)イオンシネマ徳島、4月19日(金)有楽町スバル座ほかで全国順次公開となります。

更に。公開日およびポスタービジュアルが解禁。
東京から徳島の田舎町に本社を移し、仕事をすることとなった徳永(関口知宏)は、町の色々な人との、色々な付き合いが始まり、“よそ者”から徐々にうちとけていきます。そんな、徳永を支えてくれた地元の人々の顔が見えるデザインとなりました。そして、全体の色味は、目の前に拡がる、美しい海をイメージしています。

都会で近所の人のために奔走したり、自分のことを思って本気で怒ってくれる人は、なかなかいないのではないでしょうか?また、旅行へ行った時、きれいな空気や景色、美味しい食材などを楽しみ、時間の流れが違うと思ったことがある人は多いと思います。本作は、そんな場所で暮らすことが夢ではないということに気づき、思い切って住んでしまった人の、本当の経験を元につくられました。まずは、映画で、豊かな暮らしを体験していただけると思います。

映画情報どっとこむ ralph 現在、4月の公開へ向けての準備をしていますが、モーションギャラリーのクラウドファンディングで公開への資金協力をお願いしております。締め切りは、12月31日です。

モーションギャラリー 
さいとはこちら

映画情報どっとこむ ralph 波乗りオフィスへようこそ

2019年4月5日 イオンシネマ徳島、4月19日 有楽町スバル座ほか全国順次公開

東京でITの会社を経営する徳永(関口知宏)は、大企業に押され、エンジニアの採用ができず窮地に立たされ、故郷である徳島県美波町に人材を求める。副社長の沢田(田中幸太朗)と悪戦苦闘の末、地元の同級生の久米(柏原収史)や地元の起業家の岩佐(宇崎竜童)に助けられ、豊かな自然を武器にした秘策を打ち出し、何とか採用にこぎつける。住民の助けで、数々の困難を乗り越え、事業は好転していく。そこで、社員の生田(伊藤祐輝)が町最大の秋祭りの責任者に抜擢される。果たして生田は、地元の人の期待に応えられるのか?そして、徳永の家族は移住を受け入れてくれるのか?都会を離れた地に魅了された一人の男と仲間の心あたたまる生き方の物語。
IT企業社長の徳永役には、映画初主演となる関口知宏。徳永をサポートする地元の住民の兄貴分、通称とうさんこと岩佐役に宇崎竜童。一人でお茶農家を続けるお母さん役にベテランの岩崎加根子。インターンの学生を引率していく大学教授の橘役に宮川一朗太ら演技派俳優陣が脇を固めています。監督は、「キリコの風景」そして、最近では「終わった人」のプロデュースをした明石知幸。

本作の原案本であり主人公のモデルとなった吉田基晴著「本社は田舎に限る」は、9月から発売され、売れ行き好調。

公式サイト naminori-office.com (準備中)

***********************************

関口知宏 宇崎竜童 柏原収史 田中幸太朗 伊藤祐輝 宮川一朗太 岩崎加根子
眞嶋 優 大内田悠平 上田 結
製作:ポンコツ商会/企画協力:株式会社あわえ/特別協賛:Arithmer /特別協力:徳島県 美波町
脚本・監督:明石知幸
プロデューサー:天野真弓/制作プロダクション:エリセカンパニー
配給協力 ジャパン・スローシネマ・ネットワーク/配給・宣伝:マジックアワー
2019年/日本映画/108分(予定)/5.1ch/DCP/原案本:講談社「本社は田舎に限る」吉田基晴 著
© 2019ポンコツ商会


映画館「アップリンク吉祥寺」開業に向けクラウドファンディング9/5スタート!


映画情報どっとこむ ralph アップリンクは2018年12月に開業する映画館「アップリンク吉祥寺パルコ(通称:アップリンク吉祥寺)」のクラウドファンディングを9/5より実施します。

実施に合わせて、コンセプト動画を解禁いたします。


「アップリンク吉祥寺」は、小さな5つのスクリーンのミニシアターコンプレックスです。音響にこだわりぬき、居心地の良さをシートと空間デザインで提供します。

クラウドファンディングのリターン(特典)には、ぬQ、小島こたお (あヴぁんだんど) +友沢ミミヨ親子、河村康輔、根本敬によるオリジナルコラボグッズのほか、現在入手困難なお宝商品を厳選した「セレクトグッズ」、今しか開講できない、映画館作りをリアルタイムで学ぶ4日間限定ワークショップへの参加権も用意しました。

そして、支援者全員に「アップリンク吉祥寺」オープンと同時に開始する新会員システム「アップリンク会員」としての特典をご提供します(1年間有効)。

映画情報どっとこむ ralph ■■■実施概要■■■

・プラットフォーム:クラウドファンディングサービス「PLAN GO」
http://plango.uplink.co.jp/project/s/project_id/74
※9月5日(水)正午にオープン致します。

・期間:2018/9/5(水)~2018/10/31(水)
・支援コース数 全25コース
(法人向けを除く全コースに「アップリンク会員」(1年有効)付き)
・目標金額  25,000,000円

映画情報どっとこむ ralph ■■■支援コースのご紹介■■■

●アーティスト・コラボ
アップリンクゆかりのアーティスト5名が「アップリンク吉祥寺」のために新たにデザインした4つのアイテム!
・ぬQの「ふたこ&一郎」手ぬぐい
・小鳥こたお+友沢ミミヨの「MAMEOYAKO」トートバック
・河村康輔の「シュレッダー&ミックス」ペンケース
・根本敬の一点もの手描き「誕生」マグカップ

●アップリンク・クラウド視聴クーポン
オンライン映画館「アップリンク・クラウド」にて、アップリンク配給作品50本を1年間視聴できるクーポンをプレゼント。
オンライン初公開となる、寺山修司のインタビューと旗揚げ公演を含む『天井桟敷ビデオ・アンソロジー』、坂井真紀さんのデビュー作『90日間トテナム・パブ』を含むコースも!

●4日間集中ワークショップ ~「アップリンク吉祥寺」ができるまでをリアルに体験~
将来映画館を作りたい人、映画館が出来上がるプロセスをリアルタイムに体験したい人、「アップリンク吉祥寺」を応援したい!と思ってくださる方を対象に行う4日間集中コース。ナビゲーターは浅井隆(アップリンク代表)です。

●オンラインチケット先行販売!ほか特典満載の新「アップリンク会員」
・通常上映の料金がお得に!
・オンライン券を1日はやく先行販売!
・映画館コーヒー、ソフトドリンク、ビールが100円引き! ほか


その他、全コースはクラウドファンディングサイト「PLAN GO」をご覧ください
http://plango.uplink.co.jp/project/s/project_id/74
※9月5日(水)正午にオープン致します。

***********************************



矢野聖人x武田梨奈『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』クラウドファンディングがスタート


映画情報どっとこむ ralph 実在する日本唯一のクジラ博物館。
地方の小さな街で起きた、でっかいクジラと人間の奮闘記。


和歌山県オールロケをした映画『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』は、10月12日(金)より和歌山県先行公開し、11月3日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国公開することが決定しました!これにあわせ第一弾ポスタービジュアル解禁となりました!


本作は、和歌山県にあるクジラだけを飼育している「太地町立くじらの博物館」を舞台に、クジラを愛する青年・鯨井太一をリーダーとしながら博物館を盛り上げていく様子を描いたクジラと人間の奮闘記。

矢野聖人が映画初主演を果たし、実在するクジラ博物館を支えるため、悩み挫けながらもクジラをひたむきに愛する太一の心の葛藤を見事に演じています。ヒロインには、頭突きで瓦割りをするCMで話題となり、ドラマ「ワカコ酒」や映画『三十路女はロマンチックな夢を見るか?』など数々の主演を飾り、日米合作映画『殺る女』出演が待機するなどアクション女優としても国際的に活躍している武田梨奈。和歌山県出身の岡本玲や近藤芳正、鶴見辰吾など実力派俳優が脇を固め、物語に味わいを加えております。

主題歌は、女性アイドルグループ「虹のコンキスタドール」メンバーで、和歌山県出身の清水理子が担当。

監督は、SHORT SHORTS FILM FESTIVAL & ASIA2013にて入選し、第12回山形国際ムービーフェスティバル2016にて、『U・F・O~うしまどの、ふしぎなできごと~』がグランプリを受賞するなど国内外で評価の高い藤原知之。

映画情報どっとこむ ralph 現在、映画応援プロジェクトとして本作のクラウドファンディングがスタートしていますので
本作を一緒に盛り上げませんか?

クラウドファンディングページ:
https://greenfunding.jp/lab/projects/2279

映画情報どっとこむ ralph 黒潮をバックに、一歩一歩目標に向かい進んでいく様が、観る人すべてに勇気と希望を与えてくれる

映画『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。

10月12日(金)和歌山県先行公開
11月3日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国順次公開

公式HP: 
bokujira.com

物語・・・
舞台は、クジラしか飼育されていない、和歌山県南部にある「太地町立くじらの博物館」。
来客も増えず、次々に飼育員が辞めていく中、館長は、経験豊富なベテランスタッフから強い反対を受けても、飼育員リーダーに、純粋にクジラを愛する青年・鯨井太一(矢野聖人)を任命する。
東京の水族館からピンチヒッターとして呼ばれた白石唯(武田梨奈)や、学芸員の間柴望美(岡本玲)ら、同僚たちの中にも懸命に太一をサポートする人も現れるが、皆を悩ませていたのは来客がすくないことだった。そんな中、博物館を盛り上げるために太一は、スタッフの手作りによる「くじら夢まつり」を行うことを思いつく。しかし、開催を目前に控えたある日、「くじら夢まつり」中止の危機が訪れる・・・。

***********************************


矢野聖人
武田梨奈
岡本玲
近藤芳正(特別出演)  鶴見辰吾

監督:藤原知之『U・F・O~うしまどの、ふしぎなできごと~』
脚本:菊池誠 音楽:稲岡宏哉 主題歌:清水理子「Colorful~あなたといた時間」
後援:和歌山県、和歌山県観光連盟、太地町、太地町観光協会、那智勝浦町、那智勝浦町観光協会
新宮町、新宮町観光協会、串本町、串本町観光協会、熊野灘捕鯨文化継承協議会
制作:アクシーズ
配給:キュリオスコープ
2018年/日本語/カラー/117分

©2018映画「ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。」製作委員会


牙狼シリーズ脚本家・梅田寿美子 初監督「迷子の海辺」プレミア上映決定‼


映画情報どっとこむ ralph 牙狼シリーズ脚本家・梅田寿美子が初監督・脚本を務めた映画「迷子の海辺」が、2018年7月15日(日)に中野ZEROで上映されることが決定しました!!!

今作は、お題が出てから48時間以内に映画を制作する世界的コンペティション「The 48 Hour Film Project(48HFP)」のために制作された作品。48HFPのコンペを勝ち抜けば、来年のカンヌ国際映画祭での上映も決まるという事もあり、注目を浴び始めています。

48HFPプレミア上映会
日程:7月15日(日)
会場:中野ZERO 小ホール(時間:16:00開場 16:30開演)
上映グループ:Group D
※「迷子の海辺」は同じ上映グループ10作品の内、7番目の上映となります。
※東京大会でグランプリを獲得した作品は、世界各都市の大会を勝ち抜いた優秀作品と競り合い、上位に選ばれれば2019年度カンヌ国際映画祭で上映されます。

映画情報どっとこむ ralph また、上映に先駆けて映画「迷子の海辺」のクラウドファンディングもスタートしていて、今後、コンペに出品した48HFP版(7分)だけでなく、完全版(想定:15分)を制作し、国内外の映画祭へ出品していく予定です。

≪クラウドファンディングの実施について≫

現在、7月15日の上映会に先駆けて、クラウドファンディングを実施中です。
実施の目的としては、完全版(想定:15分)制作のための資金を集めること。また、それ以上に「クラウドファンディングを機に一人でも多くの方に作品を知っていただきたい」というのが主な思いです。すべてのプランに48HFPプレミア上映会へのご招待が付く他、プランごとに下記のリターンをご用意しております。

・作品を何度でも楽しめる7分版ONLINEプレビューの送付
・オリジナルポストカード+監督・主演のサイン
・仲街よみLIVEご招待
・授賞発表セレモニー&パーティへの参加権
・完全版のエンドロールにお名前クレジット
・完全版 完成試写会へのご招待
・完全版および予告編の冒頭に特別協賛クレジット(企業・団体様向け)
・完全版および予告編のトップにスポンサーロゴクレジット(企業・団体様向け)

ご支援いただいた資金の用途は、完全版の制作費用(映像と音を再編集するためのポスプロ費、海外出品時に必要な英語字幕制作費)と考えております。

もしも目標金額(今回は10万円)を上回った際には、国内外の映画祭へのエントリー費、入選した場合の渡航費、プロモーション費、劇場上映の際のDCP(デジタルシネマプリント)制作などに充当していきます。

【「迷子の海辺」クラウドファンディング ページ】

https://motion-gallery.net/projects/maigo-umibe

映画情報どっとこむ ralph 映画「迷子の海辺」とは?

「迷子の海辺」は、「The 48 Hour Film Project(48HFP)」のために制作された、人生に迷う“迷子の大人たち”を描いたファンタジードラマです。


あらすじ・・・
海辺にある“大人の迷子あずかり処”に迷い込んだ夜海は、心の迷子になってしまった人々と交流する中で、自分が迷子になった理由に想いを巡らせてゆく。

果たして、夜海はなぜ迷子になってしまったのか……?

***********************************


監督・脚本:梅田寿美子
主演・音楽:仲街よみ
出演:入江崇史 広澤草 森山翔悟 辻文丈 新海ひろ子 小俣一生 児玉充希

撮影:鈴木淳一 三宅伸行 スチール:北島元朗
録音・MA:加藤恵介
メイク:西藤恭子 制作:五十嵐圭
題字:岩田俊彦
応援:木岡隼太郎 堀舜哉 小島礼聖 神田雅史
協力:田中亮 A-Team 海の家Sea Side Surfrider
​Photo by: 北島元朗