「キャンペーン」カテゴリーアーカイブ

櫻井翔×広瀬すず×福士蒼汰『ラプラスの魔女』ラッピング列車、今日4/24から運行!


映画情報どっとこむ ralph 2015年に執筆30周年を迎えた東野圭吾が発表した『ラプラスの魔女』。
「これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった」という自身の発言のとおり、その異色かつ野心的な内容は、多くの読者を驚愕させました。そして、この規格外のベストセラーを映画化した『ラプラスの魔女』がついに完成!

謎多き事件の調査に当たる生真面目な大学教授・青江修介を演じるのは、4年ぶりの映画単独主演となる、櫻井翔。自然現象を予言するヒロイン・羽原円華には、広瀬すず。円華が探している失踪中の青年・甘粕謙人に、福士蒼汰。人気絶頂の3人の俳優が本作で初共演を果たします。さらに、豊川悦司、玉木宏、リリー・フランキー、高嶋政伸、檀れい、志田未来、佐藤江梨子、TAOといった実力派人気キャスト達が集結。監督は、日本が誇る鬼才・三池崇史。
そしてこのたび映画公開を記念して、4月24日(火)から5月11日(金)まで、JR山手線にて、『ラプラスの魔女』ラッピング列車が運行します。事件の謎に迫る大学教授・青江修介(櫻井翔)、“ラプラスの魔女”こと羽原円華(広瀬すず)、そして“ラプラスの悪魔”甘粕謙人(福士蒼汰)といった“チームラプラス”3人のビジュアルをあしらった列車が、都内を駆け抜けます。
※運行情報に関する、駅及び駅員への問合せはご遠慮ください。

映画情報どっとこむ ralph いよいよ映画公開が間近に迫った超話題作『ラプラスの魔女』に、どうぞご期待ください。

『ラプラスの魔女』

2018年5月4日(金・祝) 全国東宝系にて超大型ロードショー!

公式サイト:
http://laplace-movie.jp/
公式Twitter:
@laplace_movie 

#ラプラスの魔女
謎多き事件の調査に当たる生真面目な大学教授・青江修介を演じるのは、4年ぶりの映画単独主演となる、櫻井 翔。

自然現象を予言するヒロイン・羽原円華には、広瀬すず。円華が探している失踪中の青年・甘粕謙人に、福士蒼汰。人気絶頂の3人の俳優が本作で初共演を果たす。さらに、豊川悦司、玉木 宏、リリー・フランキー、高嶋政伸、檀 れい、志田未来、佐藤江梨子、TAOといった実力派人気キャスト達が集結。監督は、鬼才・三池崇史


自然現象を操って人を殺せるのか―事件の鍵は“未来予知”!?
ラプラスの悪魔―それは“計算によって、未来を予知できる者”。
19世紀、フランスの天才数学者ピエール=シモン・ラプラスはある仮定を立てた。「もし世界に存在するすべての原子の現在位置と運動量を把握する知性が存在するならば、その存在は物理学によってこれらの原子の時間的変化を計算できるだろう。つまり、未来の状態がどうなるかを完全に予知できるはずである」。―未来に起きる出来事をすべて予知できる者。神にも等しいその存在を、のちの学者は[ラプラスの悪魔]と呼んだ。

立証不可能な事件を調査する地球化学教授。その前に現れたのは、“未来を予見する女”。
いま運命が大きく動き始める。

***********************************

出演:櫻井翔 広瀬すず 福士蒼汰 志田未来 佐藤江梨子 TAO/玉木宏
高嶋政伸 檀れい リリー・フランキー 豊川悦司 
監督:三池崇史
脚本:八津弘幸
原作:東野圭吾「ラプラスの魔女」(KADOKAWA 刊)
配給:東宝(株)
制作協力:楽映舎
製作プロダクション:東宝映画 OLM
撮影期間:2017年3月中旬~4月末(東宝スタジオほか)
Ⓒ2018 「ラプラスの魔女」製作委員会


猫の良男も大満足『猫は抱くもの』の前売り特典 “猫抱く特製バンダニャ” キャンペーン


映画情報どっとこむ ralph 6年ぶりとなる沢尻エリカの主演、若手演技派俳優の吉沢亮出演、犬童一心監督がメガホンをとる『猫は抱くもの』が、6月23日(土)に新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町他にて全国公開となります。

そして!

この度、本作の前売り特典が猫の良男柄のバンダナ改め“バンダニャ“であることが決定! 劇中に登場する吉沢の衣装に合わせてグレーのボーダー柄のバンダニャとなっており、愛猫はもちろん愛するペットに巻いたり、ランチBOXに巻いたりと多種多様な使い方が出来る大判サイズ!

バンダニャの四つ角には「吹き出し」がついており、よだれかけのように巻くと、ペットが喋っているかのような写真が撮れる。 更にこの前売り特典SNS投稿プレゼントキャンペーンを実施することも決定!!

良男柄バンダニャをご自身のペットに巻いて写真を撮りSNSに投稿すると豪華賞品が当たるという、ペットを飼っている方には見逃せない内容!
是非、本キャンペーンに参加して、公開まで一緒に盛り上がろう!

映画情報どっとこむ ralph 《『猫は抱くもの』前売り特典SNS投稿プレゼントキャンペーン(ニャンペーン)概要》
◆名称:猫だくバンダニャ★キャンペーン
◆期間:4月21日~6月24日まで
◆商品:キャストサイン入りポスター(4名様)
前売り特典の良男柄バンダニャを、ご自身のペットに巻いて写真を撮り、#猫だく を入れてツイッター、インスタグラムに投稿いただいた方から抽選で4名様にキャストのサイン入り猫抱くポスターをプレゼント!

※その他、応募条件は映画公式サイトをご確認ください。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、思った通りの自分になれず、投げやりな毎日に慣れてしまった“元アイドル”の沙織(沢尻エリカ)と“自分を沙織の人間の恋人だと思い込んでいる猫”が、自分らしい生き方を見つけていく物語。

猫の良男の擬人化した姿を演じるのは、今最も注目されている若手演技派俳優の吉沢亮。吉沢扮する美形猫が、毎日帰りを待っていてくれる・・という、“きみはペット”を思わせる設定にも期待感が高まる。さらに、「水曜日のカンパネラ」のボーカル・コムアイが猫のキイロを擬人化した姿を演じ、銀幕デビューを果たしている。また、ロックバンド「銀杏BOYZ」(表記:「銀杏」と「BOYZ」間は空けずに詰めて下さい)でボーカル&ギターを務める峯田和伸も、物語のキーマンとなる画家・ゴッホとして登場。本作は、こじらせた1人と1匹の、妄想とリアルが入り混じる演出が見どころ。メガホンをとったのは『ジョゼと虎と魚たち』(2003)、『メゾン・ド・ヒミコ』(2005)など幅広いジャンルの作品を手掛け、大島弓子の名作『グーグーだって猫である』を映画版(2008)とドラマ版(2014、16)を撮り、「猫を撮らせたら日本映画界随一」と言っても過言ではない犬童一心監督。本作は“猫映画”の決定版にして、犬童ワールドの集大成となった。

猫は抱くもの

6月23日(土) 新宿ピカデリー他、全国ロードショー!

公式HP:
nekodaku.jp

物語・・・
こじらせた1人と1匹の妄想が、自分らしい幸せに気付かせてくれる―
思った通りの自分になれなくて、いつしか投げやりな生き方に慣れてしまった沙織(沢尻エリカ)。元アイドルのアラサーで、今はスーパーで働く彼女が心を開くのは、こっそり飼っている、ロシアンブルーの猫・良男(吉沢亮)だけ。今日いちにちの出来事を、妄想を交えつつ良男に話して聞かせる沙織。沙織の心に寄り添ううち、良男は自分が沙織の人間の恋人で、彼女を守れるのは自分だけだと思い込んでしまう。そんなある日、沙織の前に“ゴッホ”と呼ばれる売れない画家・後藤保(峯田和伸)が現れ、良男は沙織の変化を目の当たりにする。ある晩、良男は月に誘われるように外の世界に飛び出し、迷子になってしまい…。ゴッホや、ゴッホを慕う猫・キイロ(コムアイ)、個性豊かな猫たちとの出逢いを通じて、1人と1匹は、自分らしく生きるすべを見つけていく。
うまくいかないことの輝き。置いてけぼりをくらっている時間の豊かさ・・・。灰色の日常がカラフルに輝きはじめる、心温まる物語。

***********************************

監督:犬童一心 
原作:大山淳子『猫は抱くもの』(キノブックス刊)
脚本:高田亮 音楽:水曜日のカンパネラ

沢尻エリカ
吉沢亮 峯田和伸 コムアイ(水曜日のカンパネラ) / 岩松了
藤村忠寿 内田健司 久場雄太 今井久美子 小林涼子 林田岬優 木下愛華 蒔田彩珠
伊藤ゆみ 佐藤乃莉 末永百合恵 / 柿澤勇人
企画製作・配給:キノフィルムズ 制作プロダクション:ADKアーツ
2018年/日本/カラー/ビスタ/DCP5.1ch/109分
©2018「猫は抱くもの」製作委員会 


映画『HURRY GO ROUND』の世界観を堪能できる宿泊者専用コンセプトラウンジ登場! 宿泊予約スタート


映画情報どっとこむ ralph 1998年5月2日、人気絶頂の中、突然永眠したX JAPANのギタリストhide。あれから20年、“hide 20th Memorial Project“の一環として製作されるドキュメンタリー映画『HURRY GO ROUND』の5月26日(土)全国公開を記念して、hotel koe tokyo初のミュージシャン・コラボとなる企画が決定しました。

hideとhotel koe tokyoのコラボレーション企画として、映画『 HURRY GO ROUND』の世界観を堪能できる宿泊者専用コンセプトラウンジが登場します。

本企画で登場するコンセプトラウンジは、hotel koe tokyo 3Fの宿泊者専用フロアに設置され、hideにまつわるパネルや貴重なアイテムの展示、映画をイメージしたウェルカムドリンクの提供などゆったりとした大人の時間を演出します。さらに客室には映画とコラボしたオリジナルアメニティを用意。ハンドタオルやフェイスタオルなどのアメニティは、そのまま宿泊者にプレゼントされます。

また、1Fに登場するPOP UP SHOPでは、映画のアートワークをフィーチャーしてデザインされたグッズを販売します。

本コラボでは、音楽やアートなどのカルチャーとファッションを結びつけた新しい体験を提案しているhotel koe
tokyoの取り組みにhideの存在が非常にマッチしていることに注目。4/27(金)から5/2(水)までの6日間は映画とのコラボ風船の配布(毎日先着100名)やネイル・サービス(有料/予約制)の提供なども行います。

映画情報どっとこむ ralph <hotel koe tokyo × hide コンセプトラウンジ>

*ラウンジのご利用はホテルへの宿泊者が対象となります

期間 :2018年4月27日(金)~5月10日(木)
企画内容 :hideにまつわるパネルや貴重なアイテムの展示 オリジナルアメニティのプレゼントなど

{宿泊概要]
期間:2018年4月27日(金)~5月10日(木)
予約受付期間 :2018年4月17日(火)10:00am~4月26日(木)23:59
宿泊料金 :S(1名):¥46,000/S(2名):¥62,000/M:¥105,000/L:¥130,000/XL:¥270,000
※オリジナルアメニティ付き
※サービス料、消費税、宿泊税は含まれておりません
予約・お問合せ :hotel koe tokyo
予約サイト:
http://hotelkoe.com/culture/collaboration-info

特別企画につき、以下ご留意ください
1.公式HPのみからの予約受付(電話、対面予約不可)となります。
2.事前決済のみ対応です。
3.予約確定後のキャンセル、日程変更ならびに一切の予約内容に関する変更は不可となります。
4.連絡のないキャンセル、当日不泊における返金はいたしませんのでご了承ください。

映画情報どっとこむ ralph <展示・販売概要>

期間 :2018年4月27日(金)~5月10日(木)
場所:hotel koe tokyo1Fイベントスペース「koe space」
販売内容 :映画『HURRY GO ROUND』のアートワークをフィーチャーしてデザインされたコラボレーショングッズ
(キャップ、Tシャツ、スマホケース、スマホリング など)

映画情報どっとこむ ralph 映画情報

HURRY GO ROUND

2018年5月26日(土)角川シネマ新宿 他全国ロードショー。

あの衝撃の日から20年。 hide初心者の俳優・矢本悠馬がナビゲーターとして、 亡くなる直前3ヶ月間の軌跡に迫るドキュメンタリー。

最期の楽曲「HURRY GO ROUND」に秘められたメッセージとは・・・


***********************************

監督:石川 智徹
ナビゲーター:矢本 悠馬
主題歌:「HURRY GO ROUND」

配給:KADOKAWA
企画・製作:UNIVERSAL CONNECT
制作プロダクション:サーティー・フレーム
Ⓒ2018 「HURRY GO ROUND」製作委員会


「野村周平の時効恋愛feat.ラブ×ドック」をAbemaTVにて5月3日(木)放送!!


映画情報どっとこむ ralph 鈴木おさむ初監督デビュー作にして完全オリジナル作品『ラブ×ドック』が5月11日(金)より全国公開となります。
女優・吉田羊が映画では初の単独主演を果たした本作は、遺伝子レベルで恋愛を操作するクリニック【ラブドック】を舞台に、«仕事は完璧、だけど恋愛は失敗続き≫な愛すべき女性・剛田飛鳥が恋に仕事に友情に奮闘する姿を描いた、“大人が楽しめる”かつてない新感覚ラブコメディ。

この度発表となったのは・・・

「AbemaTV」にて映画「ラブ×ドック」公開記念スペシャル番組としてAbemaTV初出演となる野村周平さんがMCを務める「野村周平の時効恋愛 feat.ラブ×ドック」を5月3日(木)夜11時よりゴールデンウィーク期間中4夜連続で放送します。

映画の、『思い切り笑って、ドキドキして、チクっとくる。待望の”大人が観たいラブムービー”』というテーマにちなんで、キャストの吉田羊さん、野村周平さん、玉木宏さん、大久保佳代子さん、広末涼子さんの5人による「今だから笑って話せる恋愛」エピソードをショートドラマ化。

ショートドラマ内では、映画「ラブ×ドック」に出演する廣瀬智紀さん、北村諒さん、小宮有紗さん、唐田えりかさんなど今注目の俳優陣や、実生活でも真剣交際中の平本蓮さんと中野恵那さんらが、恋愛エピソードを告白してくれた出演者たちの本人及び相手役を演じます。そして野村周平さんがMCを務めるスタジオでは、他にも大久保佳代子さん、加藤ミリヤさん、廣瀬智紀さん、北村諒さん、小宮有紗さんが登場し、ショートドラマを見ながら恋愛エピソードに関するトークを繰り広げ、同じような恋の悩みを抱える10〜20代の若者を救う”処方箋”を授ける番組内容となっています。一体どんな恋愛エピソードが出演者たちから飛び出すのでしょうか、ぜひご覧くださいませ。

映画情報どっとこむ ralph 番組概要
・タイトル「野村周平の時効恋愛 feat.ラブ×ドック」
・放送日程:2018年5月3日(木)夜11時より4夜連続
・放送チャンネル: AbemaGOLDチャンネル
・放送URL:こちら
・スタジオ出演者:野村周平(MC)
加藤ミリヤ、大久保佳代子、廣瀬智紀、北村諒、小宮有紗、山名裕子(臨床心理士)、鈴木おさむ監督

・ショートドラマ出演者:北村諒、小宮有紗、唐田えりか、戸塚純貴、中野恵那、平本蓮、廣瀬智紀
守屋光治、柳美稀(50音順)

映画情報どっとこむ ralph
ラブ×ドック

公式サイト:
lovedoc.asmik-ace.co.jp
公式TW:
Twitter:
@lovedocmovie

とあるところに存在する恋愛クリニック「ラブドック」。そこは恋愛体質の人にこそ、意味のある場所。ある日訪れたのは人気パティシエの剛田飛鳥(吉田羊)。人生で成功を収めながらも、節目節目で恋愛に走り、何度も失敗を重ねてきた。そんな飛鳥に、魅惑の女医、冬木玲子(広末涼子)が処方したのは、遺伝子から抽出したという、特別な薬。これを打てば危険な恋愛をストップできる優れもの?妻がいる大人のカレ・淡井(吉田鋼太郎)、15歳も年の離れた年下のカレ・星矢(野村周平)、親友の千種(大久保佳代子)が想いを寄せる同世代のカレ・野村(玉木宏)。年齢も性格も全く異なる3人の男性と出会い、心が揺れるアラフォー崖っぷちの飛鳥の恋愛模様は、薬で軌道修正できるのか―?

***********************************

脚本・監督:鈴木おさむ
出演:吉田 羊 野村周平 大久保佳代子 篠原 篤 唐田えりか 成田 凌/広末涼子 吉田鋼太郎(特別出演)/玉木 宏
アートディレクション:飯田かずな ミュージックディレクション&主題歌:加藤ミリヤ
製作:『ラブ×ドック』製作委員会 企画・制作・配給:アスミック・エース (C)2018 『ラブ×ドック』製作委員会



桜井日奈子名古屋、仙台に登場!映画『ママレード・ボーイ』​​全国各地でトキメキ拡散中


映画情報どっとこむ ralph ラブストーリーの名手・廣木隆一監督が手がけ、少女マンガの枠を超えた恋愛映画の金字塔が誕生した。光希を演じるのは “岡山の奇跡”として一躍注目を集め、ドラマ・CM・舞台と活躍の場を広げる桜井日奈子。遊を演じるのは、『銀魂』ほか話題作への出演が続く、吉沢亮。いま最も勢いのある若手俳優の二人が、満を持してラブストーリーに初主演!

4月27日(金)の公開に先立ちまして、名古屋・仙台にて舞台挨拶付き試写会を実施しました!

日付:4月12日(木)
場所:109シネマズ名古屋

日付:4月13日(金)
場所:MOVIX仙台

映画情報どっとこむ ralph 4月12日(木)に行われた109シネマズ名古屋での特別試写会に登場したのは主人公・小石川光希を演じた桜井日奈子さん。
桜井さん:皆さん、ご来場頂きまして、有難うございます!こんなに沢山の方にいらして頂いて…どえらい嬉しいがね!

と少し照れながら名古屋弁でご挨拶すると、会場からは「かわいい~!」との声!がかかり温かな雰囲気の中、舞台挨拶はスタート。

今回両親の突然のパートナーチェンジしての再婚から吉沢亮さん演じる頭脳明晰・スポーツ万能の超イケメン・松浦遊と同居生活することとなる光希。

桜井さん:出演が決まってから、原作漫画とアニメと両方を観ました。20年も前の漫画ですが、設定が逆に新しく感じて古さを感じました。

と世代を超えて愛される「ママレード・ボーイ」についてコメント。


“甘いルックスとは裏腹に、クールな一面をもつ“甘くて、苦い(クール)なママレードみたい”な遊みたいな同級生の男の子が実際に居たら?との質問には

桜井さん:好きになっちゃいますね!ずるいですよね!完璧なルックスでクールなのに、困ってる時に一歩、ふと背中を押してくれたりして。ずるい!(笑)好きにならない女性はいないんじゃないかな・・。

とコメント。すると場内の女性客たちからは共感の声が。

映画情報どっとこむ ralph 完成した映画を観て
桜井さん;私は光希と遊がシチューを食べるシーンが一番トキメキました!まだお互い仲良くなっていないけど、意識しあっているっていうのが雰囲気で伝わってキュンとしました。

と説明。そして“最近キュンとしたことは?”との質問には

桜井さん:電車に乗っている時に、前に立っていた男性が、締まりそうなドアを抑えて走ってきた女性を入れてあげようとしてたんです。結局女性は乗れなかったのですが、その後窓の外を眺めている男性にキュンとしました。

と実生活でのエピソードを披露。


トキメキが詰まった作品でありながら、光希を始め登場人物たちの成長物語でもある本作。その光希の成長過程をたどる“演じ分け”については

桜井さん:髪を切るシーンがあって。台本には書かれてないんですけれど、光希の切ない心情が感じられて。遊を想う切ない日々があったんだろうなって想像して、そのシーンの撮影の時には決意を固めて、くよくよせずに、前に進まなきゃっていうシーンはポイントになりました。役柄に合わせて髪型を変えるのは初めての経験でしたし憧れでした。ずっと憧れで、夢がかなって嬉しかったです!

と笑顔を見せました!そして・・・

桜井さん:吉沢さんが積極的に仲良くなろうという空気を作ってくださって。主演としての立ち振舞を教えて頂きました。

と撮影時を振り返っていました。

映画情報どっとこむ ralph 4月13日(金)に行われたMOVIX仙台にも桜井さんが廣木監督と共に登場!

二人共「おばんですー!」と宮城の方言で挨拶。

廣木監督:今日はすごく沢山の人に来て頂いて。(この作品で)試写会に立ち会うのは初めてなので、とても緊張しています。

とコメントすると

桜井さん:監督が緊張しているので、私もドキドキしています。

と、つられて緊張気味。

本作は全編オールロケ。全国各地で撮影を行い、ここ宮城県でも撮影を実施。光希と遊が通う高校でのシーンは仙台で撮影が行われたそうで、

廣木監督:テニスのシーンとか全部仙台で撮影して。エキストラの方々が熱心に参加してくれて、本当に助かりました。

桜井さん:皆さん寒い中、一緒に頑張ってくださいました。感謝しかありません。テニスシーンは、遊も銀太も本当にかっこよくて、キラキラしています。見どころのシーンです!

とスマイル!

本作が映画初主演となった桜井さんに対して廣木監督は

廣木監督:このままの方で、本当に変わらない。等身大じゃないの?って思ったくらい自然な演技でした。

と大絶賛。その言葉に

桜井さん:すごく嬉しいです。監督は撮影の時は、そんなにお話されない方なので・・・・すごく愛情深い方だなって思っています。一生懸命やっていたのですが、自分自身の力不足をすごく感じていて。“しょうもないな”って思っちゃう相談にも、いつも真剣に応えて頂いて、沢山の愛情で包んで頂きました。

と続けて話すと、照れくさそうな監督。

映画情報どっとこむ ralph 作品は長回しで、撮影が行われた点についてのエピソードを

桜井さん:光希が怒って部屋に戻るシーンがあるのですが、何十回も階段を行き来して撮り直しをしました(笑)実はカメラに映らないところで猛烈ダッシュして移動していたりします(笑)。

監督自身も緊張したと大きくうなずき、

廣木監督:いつもはカメラは一台で撮影するのですが、家族6人が集まるシーンは三台使って撮影を行ったので大変でした。

と撮影裏話を明かしました。また、苦労した撮影について

桜井さん:遊に別れを告げられる涙のシーンは大変でした。涙が乾いちゃったりして…(笑)私はかなり苦戦したのですが、監督に“一番最初の演技が良かった”って言われて…悔しかったです(笑)

と悔しいのと笑顔が入り混じった表情を浮かべ。

吉沢さんについては

桜井さん:精神的な面でもお芝居の面でも沢山リードして頂きました。佐藤(大樹)くんや優希(美青)さん、共演者たちをご飯に誘ってくれたり。テニスのシーンの撮影のときも一緒に練習をしてくれて、とても優しい方です。

と話します。

舞台挨拶が終盤に差し掛かり、

廣木監督:自分の中では、色々なメッセージを込めて作った作品です。なので、楽しんで頂けたらと思っています。ちなみに、エキストラに参加した人ってこの中に居たりするんですかね?

と尋ねると、エキストラに参加した人たちが手を挙げ、二人共、喜びを露わに!「どこの撮影ですか?」と声をかけ、撮影を振り返るとともに彼らに直接「有難うございました!」と感謝の言葉を贈る一幕も。


最後に・・・

これから皆さん沢山沢山ときめいて下さい。光希と遊だけじゃなく、銀太も茗子も名村先生も…2人の周りの人達の物語もトキメキます!そして、光希の成長の物語でもあるので、そこも見どころです。皆さんと一緒に作品を盛り上げて行きたいです!宜しくお願いします!

との意気込みを込めたメッセージを贈り、来場者たちとポスタービジュアルにちなんで、“ママレポーズ”でフォトセッションを行い、舞台挨拶は終了。ロケ地ならではの愛情が漂う温かな舞台挨拶となりました。

そして舞台挨拶を終えた後は、ユアテックスタジアム仙台に向かい、J1リーグ<ベガルタ仙台VS川崎フロンターレ>の試合のハーフタイムにも登場!2人はミニトークショーを行い、桜井が『DAZNチャレンジ』に挑戦!映画にもゆかりの深い仙台の地で地元の人々とコミュニケーションをとる貴重な機会もあった地方キャンペーンとなった。

今後、桜井の出身地・岡山での凱旋舞台挨拶の実施、広島での舞台挨拶も予定しているそうです。

映画情報どっとこむ ralph シリーズ累計1000万部突破の大ヒットコミック「ママレード・ボーイ」が遂に実写映画化!
突然の同級生との同居、保健室のキス、すれ違いの初恋、三角関係・・・
すべての女性のトキメキがここに!

映画『ママレード・ボーイ

は4月27日(金)より全国ロードショーとなります!

公式HPアドレス:
http://marmaladeboy.jp 

Twitter:
https://twitter.com/marmalade_movie

ハッシュタグ:
#ママレードボーイ

本気の恋は 甘いだけじゃない
ある日突然、両親から離婚することを告げられた高校生・光希。旅先で出会った松浦夫妻と気が合い、母親がその夫と、父親がその妻と恋に落ちたためお互いパートナーを交換して再婚すると言いだして!?
更には松浦夫妻の1人息子で光希と同い年の遊も含めてみんなで一緒に暮らすことに…。
一度自分をフったはずの初恋相手の銀太からの告白、親友の茗子のある事件など思いがけない出来事が起こる日々のなかで、光希は次第に遊に惹かれていく。
甘いけれどクールな遊に翻弄されながら、ひとつ屋根の下に住む毎日はトキメキの連続。

でも、ある日、遊は光希と自分の間にある秘密を知ってしまう。二人の恋の行方は・・・?

***********************************

​​出演:桜井日奈子 吉沢 亮
佐藤大樹 優希美青 藤原季節 遠藤新菜 竹財輝之助 / 寺脇康文
筒井道隆 谷原章介 檀 れい 中山美穂

原作:「ママレード・ボーイ」吉住 渉(集英社文庫〈コミック版〉)
監督:廣木隆一  脚本:浅野妙子  廣木隆一   音楽:世武裕子
製作:映画「ママレード・ボーイ」製作委員会  制作プロダクション:プラスディー  
配給:ワーナー・ブラザース映画 
ⓒ吉住渉/集英社 ⓒ2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会