「インタビュー」カテゴリーアーカイブ

小島梨里杏、初乗馬シーンにドキドキ!『ある町の高い煙突』インタビュー到着


映画情報どっとこむ ralph 原作は昭和の文豪・新田次郎、日立鉱山の煙害とたたかった地元村民が起こした奇跡を著した「ある町の高い煙突」(文春文庫・刊)を、『天心』『サクラ花─桜花最期の特攻─』の松村克弥監督が映像化! 

映画「ある町の高い煙突」が、6月22日(土)より有楽町スバル座ほか全国ロードショー(ユナイテッド・シネマ水戸、シネプレックスつくばのみ6月14日(金)より先行公開)となります。
ある町の高い煙突 本作は、煙害を防ぐために、世界一の大煙突建設の悲願を達成する為に奔走した若者たちと、それに向き合った鉱山会社の努力と精神を描いています。地球規模での環境問題が深刻化し、CSR(企業の社会的責任)が重要視されるようになった21世紀の今こそ、その原点として一人でも多くの方に届けたい、という気持ちのもと製作されました。

映画情報どっとこむ ralph <300人の中からオーディションで選ばれたヒロイン小島梨里杏>

小島梨里杏(ヒロイン加屋千穂役/加屋淳平の妹)インタビュー

◆初めて馬に乗った感想

体重が後ろにかかったら命の危険もあると思って怖かったんですけど、もう慣れて、横乗りとはいえ前を向いてとか、足をもうちょっと上げるといいんだとか、乗っているうちにコツを掴み、そしてジェニーちゃん(馬)がめちゃくちゃいい子だから、ジェニーちゃんに身を委ねておりました。

◆印象に残ったシーン

夏祭りのシーンで、夏祭りに向かっているシーンというか、(主人公の)三郎と千穂のふたりのシーンですね。
あそこはクランクインで、まだ関係としては初々しいはずの私たちだったけど、台本の流れでは最高潮に幸せなシーンだったので、すごく楽しかったです。

◆監督の印象は?

ほわってしてる(笑)印象があります。
オーディションの時からそうで、オーディションの時も私がお芝居をしている時にカメラが寄ってきていていたんですけど、それに合わせて監督も動いて見ていたので、それがすごくかわいらしくて。なおかつすごく嬉しくて。
カメラ横でカメラにどう映るかを目で確認されているんだなと、それがすごく嬉しかった。
そのままの印象で引き続き現場に入って、肝心な時にお声を下さるというか、そういう印象ですね。

映画情報どっとこむ ralph ある町の高い煙突

6月22日(土)有楽町スバル座ほか全国ロードショー
ユナイテッド・シネマ水戸、シネプレックスつくば 6月14日(金)先行公開


【STORY】

「この美しい村は大きく変わるかもしれません…」

1910年、茨城県久慈郡入四間の裕福な地主の家に生まれ育った関根三郎はある日、隣村の日立鉱山による煙害が発生しているという話を耳にする。村の権力者である三郎の祖父・兵馬は事態を重く見て、分家の恒吉を連れて鉱山会社へ掛け合いに行くが、「補償はするが煙害は我慢してくれ」と一方的。受験を控えた三郎を心配した兵馬はある夜、30年前に村長として採掘権を許可したのは自分だと告げ、その5日後に亡くなってしまう。三郎は祖父の遺志を継ぎ、進学も外交官になる夢も捨てて、煙害と闘うことを決意する…JXTGグループ、日立製作所、日産自動車など春光グループの源流である日立鉱山(現・JX金属)におけるCSRの原点となった物語。

***********************************


出演:井手麻渡 渡辺大 小島梨里杏 吉川晃司 仲代達矢 大和田伸也 小林綾子 渡辺裕之 六平直政 伊嵜充則 石井正則 螢雪次朗 斎藤洋介 遠山景織子 篠原篤 城之内正明 大和田健介 たくみ稜

原作:新田次郎『ある町の高い煙突』(文春文庫・刊) 
企画協力:文藝春秋  ナレーション:阿川佐和子

エグゼクティブプロデューサー:鈴木一良 宮本澄江  
脚本:渡辺善則  
監督・脚本:松村克弥  
プロデューサー:亀 和夫 城之内景子

製作:Kムーブ  制作協力:マウンテンゲートプロダクション Yプロダクション 
配給:エレファントハウス/Kムーブ
2019年/日本映画/カラー/130分/シネマスコープサイズ/5.1ch

(C)2019 Kムーブ  



入場無料で最新のスペイン映画を鑑賞!スペイン映画祭2019 開催決定


映画情報どっとこむ ralph この度、話題の最新のスペイン映画を上映する「スペイン映画祭2019」を、2019年6月25日(火)より、 インスティトゥト・セルバンテス東京(東京・市ヶ谷)にて開催する運びとなりました。

スペイン映画は新鮮で豊か、そして多様性に富み、なによりポジティブパワーを与えてくれます。「スペイン映画祭 2019」は、21 世紀 の最新スペイン映画のトレンドをみなさまにご紹介します。スペイン映画業界は今、従事する女性の急増、地方分散化、業界の再編成、 ドキュメンタリー方式のヒットなど様々な動きを見てとることができます。

スペインのアカデミー賞と呼ばれるゴヤ賞で作品賞を含む 3 部門でトリプル受賞し、米アカデミー賞外国語映画賞のスペイン代表作品にも選出された話題作『チャンピオンズ(仮題)』を特別上映するほか、サン・セバスチャン国際映画祭で最優秀作品賞を受賞した『二筋の川』や、『二筋の川』の監督で今スペインで注目されている イサキ・ラクエスタ監督と河瀨直美監督の間で取り交わされた書簡を映像化したドキュメンタリー『イン・ビトゥイーン・デイズ』、ス ペインの巨匠カルロス・サウラ監督を映したドキュメンタリー映画『サウラ家の人々』、本年 3 月に開催された TAAF2019 のコンペティ ション部門・長編アニメーションでグランプリを受賞したアニメーション映画『アナザー デイ オブ ライフ』など全 9 作品の上映と、 イサキ・ラクエスタ監督などスペインから来日する監督や特別ゲストのトークショーを予定しています。

本映画祭は入場無料で最新のスペイン映画をご鑑賞頂ける貴重な映画祭となります。

映画情報どっとこむ ralph 【開催場所】 インスティトゥト・セルバンテス東京 住所:東京都千代田区六番町 2-9 セルバンテスビル 東京メトロ有楽町線「麹町駅」5,6番出口より徒歩3分 JR/東京メトロ有楽町線・南北線/都営新宿線「市ヶ谷駅」より徒歩6分 JR/東京メトロ丸ノ内線・南北線「四ツ谷駅」麹町出口より徒歩 7 分 駐車場はございませんのでご来館の際はご注意ください。 Tel (03) 5210-1800

【開催日程】
2019 年 6 月 25 日(火)〜7 月 2 日(火) *6 月 29 日(土)30 日(日)休映

【鑑賞方法】
無料でご鑑賞頂けます。下記サイトよりご予約を受付しております。
https://cervantestokyo.peatix.com/view

【来日/登壇予定ゲスト】*変更の可能性もございます。
イサキ・ラクエスタ(Isaki Lacuesta)監督
アナ・シュルツ(Ana Schulz)監督
小林治監督(アニメーション監督)
※ゲストとして登壇

主催:スペイン大使館、インスティトゥト・セルバンテス東京
オフィシャルサイト:https://tokio.cervantes.es/jp/default.shtm

***********************************




【ザ・シネマ】『ミッション:インポッシブル』一挙放送記念 森川智之オフィシャルインタビュー


映画情報どっとこむ ralph ■森川智之さんコメント!「トム・クルーズの吹き替えをやっていて良かったなと思います」

「ミッション:インポッシブル」放送にあわせ、トム・クルーズの吹き替えを担当の森川智之さんへインタビューを敢行!

 ザ・シネマは、トム・クルーズ主演の「ミッション:インポッシブル」シリーズ5作品を字幕版は7月20日(土)に、吹き替え版は7月21(日)に一挙放送する。
『ミッション :インポッシブル/ローグ・ネイション』© 2019 Paramount Pictures.

映画情報どっとこむ ralph こだわりの吹き替え版の放送に力を入れているザ・シネマでは、本作の吹き替え版は、トム・クルーズ本人から公認を受けた声優・森川智之さん版を映画版とテレビ朝日版で揃え、すべて森川さんの声でお届けする。

さらに、番組宣伝も森川さんのナレーションで制作することが決定。その放送を前に、森川さんがインタビューに応じ、本シリーズの魅力を語ってくれました。
往年の人気テレビシリーズ「スパイ大作戦」をトム・クルーズ製作・主演で映画化した『ミッション:インポッシブル』シリーズ。その圧倒的なスケールと、トムの体当たりアクションなどが人気を集め、現在まで6作が製作されている。今回のシリーズ吹き替え版一挙放送の決定に、「吹き替えに特化してくれるのは、すごくうれしいですね。なおかつ一挙放送と銘打って、大々的にやっていただけるということで、吹き替え声優冥利に尽きます。トム・クルーズの吹き替えをやっていて良かったなと思います」と語る森川さん。

今回の一挙放送を受けて、森川さんがナレーションを務める『ミッション:インポッシブル』の番宣が7月1日(月)より放送予定となる。今回は『ミッション:インポッシブル』シリーズを紹介するスタンダードな番宣のほかに、トムの魅力に焦点を当てたもうひとつの番宣の放送も予定されている。そちらではトムの魅力を紹介する単行本『トム・クルーズ キャリア、人生、学ぶ力』(フィルムアート社)から抜粋した名言を朗読することになるという。収録はこれからだというが、森川さんも「俳優としてはもちろんのこと、彼の成功哲学といった今までスクリーン上では見せなかった一面を見せる感じになると思います」と期待を寄せている。


森川さんが、トム公認の吹き替え声優となったのは2003年の『ラストサムライ』以降のこと。それ以前に森川さんがトムの吹き替えを担当していたのは、テレビ版が中心だったため、今回の特集で放送される第一作(1996年)、第二作(2000年)の吹き替え音声は、テレビ朝日系列で放送されたバージョンになる。「そういう意味では、時系列でいうと僕も若いし、イーサンも若い。今、新たに初期の『ミッション:インポッシブル』を録り直すとどうしてもあざとくなってしまうところもあると思うので、オンエアが楽しみですよね」。また、本作の見どころについて「若い頃は暴走気味で、危なっかしいところがあったイーサンが、シリーズを重ねるうちに、結婚したり、現場から離れて教官になったり。トム自身の年齢が上がっていく中で、イーサンと一緒に成長していく感じがあります。これからイーサンが、この時代とともにどのようなエージェントとして活躍していくのか楽しみでもありますね」と付け加えた。

 『ミッション:インポッシブル』でプロデューサー業に進出したトム・クルーズは、世界的なハリウッドスターという顔のほかに、内容面において徹底的なクオリティコントロールに目を光らせる敏腕プロデューサーとしての顔も持つ。森川さんも、そんなトムの徹底的なこだわりに驚いたことがあったという。「『M:i:III』の時は吹き替え版も同時公開だったので、日本で収録した音声にもトムのチェックがあって。しかもそれがかなり細かいチェックだったりもしたので、ハリウッドスターがそこまで関わっているのかと驚きましたね。僕は声だけの参加ではありますが、それでも真剣にやらないと見透かされるという思いがあって。トムはプロデューサーとしてすべての責任を負っているんだなと思いました」。

 森川さんがトムの吹き替えをすることになったのは、2001年に収録が行われた鬼才スタンリー・キューブリックの遺作となった『アイズ ワイド シャット』(1999年)からのこと。この作品が声優としてのキャリアのターニングポイントになったと語る森川さんは、「単に声を吹き替えるというだけではなく、いち俳優として共通点を見出したというか。トムの芝居を声でお手伝いするというか、やっているお芝居は変わらないという形で関わることができた。そこからトムのお芝居の呼吸などがガッツリと僕の中に入ってくることが出来たので、いいタイミングで 『ミッション:インポッシブル』にスライド出来たかなと思います」と誇らしげに付け加えた。



映画情報どっとこむ ralph ・シネマで森川智之さん三昧!「ミッション:インポッシブル」シリーズ5作品の吹き替え版はすべて、トム・クルーズ公認の声優・森川智之さん版(未ソフト化版を含む)でお届け!

吹き替え版は7月21日(日)14時~深夜2時に一挙放送!※7月22日(月)~7月25日(木)に再放送!
※字幕版は7月20日(土)14時~ほか放送!

■番組情報:
https://www.thecinema.jp/tag/84
『 (吹)ミッション:インポッシブル[テレビ朝日版] 』※未ソフト化!
放送日:7月21日(日)14:00/7月22日(月)21:00
『 (吹)M:I-2[テレビ朝日版] 』※未ソフト化!放送日:7月21日(日)16:00/7月23日(火)21:00
『 (吹)M:i:III 』放送日:7月21日(日)18:30/7月24日(水)21:00
『 (吹)ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』放送日:7月21日(日)21:00/7月25日(木)21:00
『 (吹)ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』放送日:7月21日(日)23:30/7月25日(木)23:30
■番組を視聴するにはザ・シネマWEBサイトをご覧ください。
https://www.thecinema.jp/howto/

映画情報どっとこむ ralph 番組宣伝は森川智之さんナレーションで2種類!ザ・シネマで7月1日(月)~限定放送!
★レギュラー番宣は森川さんナレーション!映画「ミッション:インポッシブル」シリーズのご紹介!!
★トム・クルーズの魅力に焦点をあてた番宣!こちらも森川さんナレーション!
トム・クルーズを知ることで「ミッション:インポッシブル」をよりお楽しみいただけます!トムの魅力をたっぷり解明した単行本『トム・クルーズ キャリア、人生、学ぶ力』(フィルムアート社)から抜粋し森川さんに朗読いただきます!

映画情報どっとこむ ralph 森川智之さん版「ミッション:インポッシブル」シリーズ吹き替え版の5作品放送記念プレゼントキャンペーン!

★直筆サイン入りの森川智之さん著書・『声の職人』(岩波新書)と番宣で抜粋した単行本『トム・クルーズ キャリア、人生、学ぶ力』をセットにして3名様にプレゼント!
ザ・シネマのWEBサイトプレゼントページより応募ください。
※ザ・シネマの会員「ザ・シネマメンバーズ」へ会員登録(無料)が必要です。
応募期間:2019年6月11日(月)~7月31日(水)

プレゼント応募先ページ
    
***********************************



『サマーフィーリング』ミカエル・アース監督 オフィシャルインタビュー到着!


『サマーフィーリング』ミカエル・アース監督 オフィシャルインタビュー到着!


映画情報どっとこむ ralph 第31回東京国際映画祭東京グランプリと最優秀脚本賞をW受賞した『アマンダと僕』のミカエル・アース監督作品『サマーフィーリング』が7月6日(土)よりシアターイメージフォーラムほか全国順次ロードショー致します。


哀しみの扉を開けて、ゆっくり生まれ変わる。喪失を抱えながら過ごす三度の夏――

夏真っ盛りのある日。30歳のサシャは突然この世を去る。彼女の死は、二人の見知らぬ者同士を出逢わせる。サシャの恋人ロレンスとサシャの妹ゾエ。突然の別れとなったベルリン。深い悲しみが残るパリ。少しずつ自分の生活を取り戻すニューヨーク。三度の夏、三つの都市。愛した人の思い出と幾つもの美しい景色の中で、遺された者達は少しずつ人生の光を取り戻していく。

東京国際映画祭東京グランプリと最優秀脚本賞をW受賞した『アマンダと僕』のミカエル・アース監督長編第2作品

「明るい光が射す夏こそ、空虚さが際立ち、激しい喪失感を感じる季節だ」と語るアース監督は、それぞれの街を舞台に優しい眼差しで、哀しみを受け止める人々の繊細な心情描写を描く。撮影は、『わたしたちの宣戦布告』、『アマンダと僕』のセバスティアン・ブシュマン。夏の木漏れ日、青々とした木々の葉、行き交う人々の表情、瑞々しい夏の世界を16mmフィルムの荒い粒子越しに切り撮る。何より、湖で泳ぐ人、芝生に寝転がる観光客、フランスの避暑地アヌシー湖のシーンは、涙が出る程美しい。

映画情報どっとこむ ralph この度、ミカエル・アース監督のオフィシャルインタビューが到着しました。

Q:本作の構成を思いついたきっかけを教えてください

アース監督:ベルリン、パリ、そしてニューヨーク。これらの都市は、僕の心の中にいつもある景色で、強く影響を受ける場所です。だから、これらの都市を撮りたかった。 その「撮る」という行為を通して、僕はこの大好きな場所を再訪し、いつでも 心の中にその場所を描いておきたかった。僕は、映画というのは過ぎ行く時 間に逆らう一つの方法だと思っています。それは非現実的であると同時に、 「永遠」を創り出すことだとも思うのです。


Q:この題名をつけた理由を教えてください

アース監督:ジョナサン・リッチマンの曲から発想を得ました。「That Summer Feeling」という英語の題名は中々うまくフランス語に翻訳することができませんが、作家 である僕の友人が小説のタイトルを「Ce sentiment de l’été」としたことがあ るんです。その文言の選び方がとてつもなく美しいと思いました。友人は最終 的には小説のタイトルを変更したけど、僕はこのタイトルを拝借することにしました。雰囲気のあるタイトルで、この作品にピッタリですし、僕では思いつかなかったと思います。


Q:キャスティングの経緯を教えてください

アース監督:僕は、以前一緒に仕事をしたことがある人を再び集めて仕事をすることで、 一人一人が年齢を重ねている様子を、スクリーン上で見るのが好きなんです。 映画を作り始めて10年が経ち、ステファニー・デールやティボー・バンソンと いった俳優たちと仕事をしました。10年というのはそれほど長くはありません。 彼らは変わらず美しいままでありながらも、確実に変化をしいます。そして、 僕はそれを映画に生かすことができないかと考えました。もしそれが成功していたら、とても幸せなことだと思います


Q:3年間という期間であるのはなぜですか?

アース監督:長い期間を描くというのは、初期の段階から考えていたことです。喪に服すというのは短期間のことではないと思うからです。時間の流れ、物事が進行していく様、それらが登場人物たちにどのように作用するか、時になかなか気づかないけれど、連続して起こっていること、何かにひるんだり、躊躇したりする瞬間・・・そして時には、突発的な行動をしたり、心が揺れたりする瞬間を撮りたいと思うんです。

監督・脚本:ミカエル・アース
1975年2月6日、フランス、パリ生まれ。名門映画学校フェミスの製作部門で学び、2004年にディプロマ(免状)を得て卒 業。2006年、パトリック・モディアノの小説を自由に脚色した初の中編「Charel」を監督。カンヌ映画祭の批評家週間に 選出された。2007年、「Primrose Hill 」を監督。再び批評家週間に選出、クレルモンフェランでも受賞。2009年、3本目 の中編「Montparnasse」を監督。同年、ジャン・ヴィゴ賞とカンヌの監督週間賞を獲得。映画監督リュック・ムレに認めら れ、「明日の最も偉大なフランス人映画監督」と称される。2010年、初の長編「Memory Lane」を監督。ロカルノ国際映 画祭に初出品。フランスでは2010年11月に公開された。2015年、長編第2作『サマーフィーリング』、2018年『アマンダ と僕』で東京国際映画祭グランプリと脚本賞を受賞する。


映画情報どっとこむ ralph 『アマンダと僕』
原題;Ce sentiment de l’été

7月6日(土)よりシアターイメージフォーラム、今夏シネリーブル梅田ほか全国順次ロードショー


STORY
夏真っ盛りのある日。30歳のサシャは突然この世を去る。彼女の死は、ある二人の見知らぬ者同士を出逢わせる。サシャの恋人ロレンスとサシャの妹ゾエ。突然の別れとなったベルリン。深い悲しみが残るパリ。少しずつ自分の生活を取り戻すニューヨーク。三度の夏、三つの都市。愛した人の思い出と幾つもの美しい景色の中で、遺された者たちは少しずつ人生の光を取り戻していくーー。

***********************************

監督:ミカエル・アース(『アマンダと僕』)
脚本:ミカエル・アース、マリエット・デゼール
撮影:セバスティアン・ブシュマン
編集:マリオン・モニエ 音楽:タヒチ・ボーイ

出演:アンデルシュ・ダニエルセン・リー(『パーソナル・ショッパー』『7月22日』)、ジュディット・シュムラ(『女の一生』『カミーユ、恋はふたたび』)、マリー・リヴィエール(『緑の光線』『恋の秋』)、フェオドール・アトキーヌ(『海辺のポーリーヌ』)、マック・デマルコ、ドゥニア・シショフ、ステファニー・デール

2015年/フランス・ドイツ/フランス語・ドイツ語・英語/カラー/1:1.85/DCP/106分

配給:ブロードウェイ
©Nord-Ouest Films – Arte France Cinéma – Katuh Studio – Rhône-Alpes Cinéma


『パピヨン』チャーリー・ハナム動画インタビュー到着!


映画情報どっとこむ ralph この度、『パシフィック・リム』『キング・アーサー』の人気スター、チャーリー・ハナムと、大ヒット映画『ボヘミアン・ラプソディ』のラミ・マレックの最旬スターがタッグ!!45年ぶりに映画化される脱獄映画の金字塔『パピヨン』が、6月21日(金)TOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開されます。
パピヨン 作家アンリ・シャリエールの壮絶な実体験を基にした終身刑囚“パピヨン”の13年に及ぶ命をかけた脱獄劇。この世界的なベストセラー自伝小説は1973年『猿の惑星』などの名匠フランクリン・J・シャフナー監督と、ハリウッドの異端児と呼ばれた脚本家ダルトン・トランボのタッグにより映画化され、パピヨン役スティーヴ・マックイーンの鬼気迫る熱演と、ダスティン・ホフマン演じる偽札作りの天才ドガとの熱い友情は多くの人々の共感と感動を呼び大ヒットを記録した。


そして2019年、再びパピヨンが還ってくる――。
パピヨン パピヨン パピヨン
映画情報どっとこむ ralph そして!!!
主演のチャーリー・ハナムの動画インタビュー映像を公開!

主人公パピヨンのニックネームの由来に始まり、パピヨンの意外なバックボーン、
そしてスケジュールや予算の関係でラミ・マレックの出演が危ぶまれた時「あきらめるな!この映画を実現させよう!!」と映画のパピヨン彷彿とさせる「不屈」さをみせ、ラミとの共演が叶ったことを熱く語っており、撮影が始まる前から『パピヨン』魂を持っていたことを伺わせる。また、「人は試練に耐えたいと思っている」と一瞬Mっ気を覗かせたのかと思いきや、「他の人と深く結びついて、味方と一緒に困難に立ち向かいたい!」とアニキな発言。刺激的なアクションだけでなく、友情と兄弟愛にあふれ、前向きに気持ちになる、とハナムも太鼓判を押している『パピヨン』の公開が待ち遠しい。



映画情報どっとこむ ralph 『パピヨン』
原題:Papillon

6月21日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー

HP:
http://www.transformer.co.jp/m/Papillon 

TWITTER:
@PapillonRebirth


<STORY>
1931年、パリ。「狂乱の時代」の終焉。胸に蝶の刺青を入れていることから “パピヨン”と呼ばれた男は、無実の罪で終身刑を言い渡され、フランス領・南米ギアナの悪魔島に送られる。周囲を海に囲まれたこの島は脱出不可能な場所として知られ、囚人達は人権をはく奪され過酷な強制労働を科せられていた。絶望と死が支配する場所で自由と希望を求めて足掻くパピヨンは、志を同じくする紙幣偽造の天才ドガと出会い、やがて二人は奇妙な絆で結ばれてゆく…。

***********************************

監督:マイケル・ノアー
脚本:アーロン・グジコウスキ『プリズナーズ』
出演:チャーリー・ハナム『パシフィック・リム』『キング・アーサー』 / ラミ・マレック『ボヘミアン・ラプソディ』トミー・フラナガン『エイリアンVSプレデター』 / イヴ・ヒューソン『ブリッジ・オブ・スパイ』
2017年 / アメリカ / 英語・スペイン / 133分 / シネスコ / DCP / カラー / 5.1ch
/ G / 日本語字幕:松浦美奈 
提供:トランスフォーマー+シネマライズ
配給:トランスフォーマー
原作『パピヨン』出文庫より発売
© 2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED.