「イベント」カテゴリーアーカイブ

ドウェイン・ジョンソン“ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム”記念セレモニー開催!!


映画情報どっとこむ ralph この度、『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』の全米公開を前に本作主演を務めるロック様こと、ドウェイン・ジョンソンがハリウッド殿堂入りを果たしました!

映画の街・ハリウッドの大通りに、俳優・著名人の名前が星型のプレートに刻まれる “ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム”。本当のスターだけが認められる“ハリウッド殿堂入り”と言うべき名誉に、映画『ワイルド・スピード』シリーズ等で、不動の人気を獲得した“ロック様”こと俳優・ドウェイン・ジョンソンの名前が刻まれる事に!

現地時間12月13日(水)に記念セレモニーが開催され、黒いスーツでビシッと決めたロック様と、長年のガールフレンドであり妊娠中であることを発表したローレンさん、2人の子供である娘・ジャスミンちゃんと共に参加しました!

日付:現地時間12月13日(水)
場所:ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム
登壇:ドウェイン・ジョンソン ローレン 娘・ジャスミン ジャック・ブラック、ジェイク・カスダン監督ほか

映画情報どっとこむ ralph 今回の殿堂入りは、WWEの大人気プロレスラーから俳優へと華麗なる転身を果たし、出演作品の全世界興行収入20億ドル以上を叩き出す人気と地位を確立した実績と共に、精力的に慈善活動を行うなど多岐に渡る活躍を評したもの。

“ウォーク・オブ・フェイム”のプロデューサー、アナ・マルティネスは「みんなドウェイン・ジョンソンが大好き!彼の“星”はこの有名なウォークの中でもとても人気のものになるでしょう。ドウェインは素晴らしい人格と才能の持ち主であるだけでなく、慈善活動を精力的に行っており、それがこの“ウォーク・オブ・フェイム”の星を得る判断基準のひとつでもあります。彼の星の写真がここできっとたくさん撮られることになるでしょう」と賛辞を贈ります。

大勢の観客で埋め尽くされたセレモニー会場には、12月20日より全米公開を控える『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』にて共演を果たすジャック・ブラックとジェイク・カスダン監督が駆けつけており、祝福する準備万端!嵐のような歓声が巻き起こる中、ロック様はスピーチで

ドウェイン:大事なことは、自らの手で一生懸命に仕事をすること、毎日感謝をしながら生きること、そしてもうひとつ言いたいことがあって、本当に心の底からファンの皆さんに感謝しています。みんなを愛しています!!」と感謝の意を表すと、割れんばかりの拍手が巻き起こりました!

映画情報どっとこむ ralph さらに

ドウェイン:昨日の夜、セレモニーで何を話すのかと、ローレンに聞かれました。思いついたままに話そうと思っていると伝えたところ“あなたにとって、このすべての事はどんな意味を持つの?”と聞かれたんです。そんな風に考えたことがなかった。しかし、今日ここに来るときに分かってきたのです。どんな意味を持つのか…。今からそれを見せるよ。

と語ると、突如壇上を下り愛娘・ジャスミンちゃんを片手で軽々と抱き抱えて
Hollywood, CA – December 13, 2017 – Jasmine Johnson and Dwayne Johnson at ceremony honoring him with a star on the Hollywood Walk of Fame.

愛娘と共に、マイクの前に立って

ドウェイン:これがすべてなんです! 自らの手で一生懸命仕事をすることも、毎日を感謝しながら生きることも、すべては家族というものに繋がっている。家族を愛して、自分ができるすべてで守ること。自分が愛すれば、人生はより良いものになる。皆さん、本当にありがとうございます!

と語り、ジャスミンちゃんの顔を見ながら満面の笑顔を見せてくれました!

そんなパパの雄姿を見たジャスミンちゃんは「アイラブユー」と可愛さ満点で発言すると大歓声が起こり、ロック様は手を挙げて歓声に応えました。

誰もが祝福したくなる記念セレモニーの幕が閉じました。
映画情報どっとこむ ralph なお最新作『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』を、すでに本作を鑑賞した海外メディアからは「すごい楽しめる!爆笑!超オススメ!」といった称賛レビューが続々と発信されていて、「これまで作られたTVゲーム映画の中でもベストの1本!」(スラッシュ・フィルム)、「今シーズン最大のサプライズ、TVゲーム好きは絶対ハマる」(ファンダンゴ)、「オリジナル作品にリスペクトをしながら新たな世代にミステリアスなゲームを提示する楽しくてエンターテイニングな作品だ」(アワードサーキット・ドット・コム)、「ファミリー映画として完璧だ。ポップコーンを食べて、笑って、みんなそれぞれのジャングルに帰るような」(ナーディスト)、「すごく面白い。ユーモアだけでも一見の価値あり。新旧のキャストが素晴らしい演技を見せている」(ムービーウェブ)といった絶賛の声が続出中!

『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』

日本公開は2018年4月6日(金)となり公開です!!

物語・・・
本作では、学校の地下室で居残りをさせられていた高校生4人が、「ジュマンジ」という名前のソフトが入った古いテレビゲーム機を偶然にも発見!プレイするキャラクターを選択した途端、4人はなぜかゲームの中に吸い込まれ、それぞれのキャラクターの体=アバターとなってゲームの中の世界に入り込んでしまったぁぁぁ!しかも、そこはジャングル!さらに、現実世界の自分とは体格も性別までも違うキャラに入れ替わりぃぃぃ!気弱なゲームオタクの男子は、ムキムキつるつるマッチョで勇敢な冒険家(ドウェイン・ジョンソン)に入れ替り男らしさ倍増!セルフィー大好きな金髪インスタ美人は、まさかのヒゲもじゃぽっちゃりオヤジ(ジャック・ブラック)という衝撃的な姿になってしまった!現実世界に帰りたければ、各自のスキルでゲームのステージをクリアして生き残るしか道はない!!

***********************************

監督:ジェイク・カスダン(『バッド・ティーチャー』) 
出演:ドウェイン・ジョンソン(『ワイルド・スピード』シリーズ)、ジャック・ブラック(『ガリバー旅行記』)、ケヴィン・ハート(『リベンジ・マッチ』)、カレン・ギラン(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ)、ニック・ジョナス
    


映画好きには有り難い!『見逃した映画特集 2017』アップリンク渋谷にて


映画情報どっとこむ ralph アップリンク渋谷にて『見逃した映画特集 2017』の開催が決定しました。

2017 年公開の話題作を一挙上映する映画ファン必見の特集上映『見逃した映画特 集 2017』が 12 月 23 日(土)より 2018 年 1 月 26 日(金)までの約 1 か月アップリンク渋谷で開催される。

ミニシアター系アート作品からメジャー系エンタメ作品までジャンル問わず全 47 作品 を一挙上映。
ラインナップは第 89 回アカデミー賞で作品賞、助演男優賞、脚色賞に 輝いた『ムーンライト』や主演女優賞、そして撮影賞、美術賞、作曲賞、歌曲賞という 最多 6 部門受賞の『ラ・ラ・ランド』のアカデミー賞を賑わせた作品から、アヌシー国際 アニメーション映画祭 2017 で最高賞にあたるクリスタル賞に輝いた『夜明け告げる ルーのうた』などのアニメーション、236 分の大作『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事 件』や『ドリーム』、『わたしは、ダニエル・ブレイク』の外国映画、『幼な子われらに生まれ』『美しい星』『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』の日本映画など話題作品 がズラリ並ぶ。

映画情報どっとこむ ralph ◆開催概要◆ 『見逃した映画特集 2017』

日程:2017/12/23(土)~2018/1/26(金)
会場:アップリンク渋谷
※12 月 31 日(土)1 月 1 日(日)は休館日
料金:
<通常作品>一般¥1,300 /学生・シニア¥1,100 / UPLINK 会員¥1,000
<牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件>一般・学生・シニア¥1,800 / UPLINK 会員¥1,500
※パスポート会員使用不可 ※サービスデー適応外


渋谷アップリンク:
公式サイト:http://www.uplink.co.jp/
公式 facebook:@uplink.co.jp
公式 twitter:@uplink_jp

映画情報どっとこむ ralph 一応、スケジュールを記述しますが見難いのでWEBサイトで確認のほど。


【上映作品】※五十音順

鉱 ARAGANE(68 分) 監督:小田香 1/6(土)~8(月祝)、10(水)
ありがとう、トニ・エルドマン(162 分) 監督:マーレン・アデ 1/20(土)~26(金)
いのちのはじまり:子育てが未来をつくる(96 分) 監督:エステラ・ヘネル 1/16(火)
美しい星(127 分) 監督:吉田大八 1/13(土)~19(金)
海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~(114 分) 監督:ジャンフランコ・ロージ 1/13(土)~19(金)
映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(108 分) 監督:石井裕也 1/20(土)~26(金)
幼な子われらに生まれ(127 分) 監督:三島有紀子 1/13(土)~19(金)
お嬢さん(145 分) 監督:パク・チャヌク 1/6(土)~12(金)
オラファー・エリアソン 視覚と知覚(77 分) 監督:ヘンリク・ルンデ、ヤコブ・イェルゲンセン 1/24(水) オン・ザ・ミルキーロード(125 分) 監督:エミール・クストリッツァ 12/24(日)、25(月)、27(水)~29(金)
彼女の人生は間違いじゃない(119 分) 監督:廣木隆一 1/6(土)~12(金)
キングス・オブ・サマー(95 分) 監督:ジョーダン・ヴォート=ロバーツ 1/22(月)、25(木)
グッド・タイム(100 分) 監督:ジョシュ&ベニー・サフディ 12/24(日)、25(月)、27(水)~29(金)
牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件(236 分) 監督:エドワード・ヤン 1/6(土)~12(金)
サクロモンテの丘~ロマの洞窟フラメンコ(94 分) 監督:チュス・グティエレス 1/20(土)
作家、本当の J.T.リロイ(111 分) 監督:ジェフ・フォイヤージーク 1/17(水)
ジョン・ウィック:チャプター2(122 分) 監督:チャド・スタエルスキ 12/30(土)~1/5(金)
すべての政府は嘘をつく(92 分) 監督:フレッド・ピーボディ 1/18(木)
劇場版 其ノ灯、暮ラシ(105 分) 監督:エリザベス宮地 1/13(土)、15(月)、19(金)
台北ストーリー(119 分) 監督:エドワード・ヤン 1/6(土)~12(金)
たかが世界の終わり(99 分) 監督:グザヴィエ・ドラン 12/23(土)~29(金)
タレンタイム 優しい歌(115 分) 監督:ヤスミン・アフマド 1/20(土)~26(金)
ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(85 分) 監督:スティーヴン・カンター 12/24(日)、28(木)~1/2(火)
誕生!ヘルツォーク ヴェルナー・ヘルツォーク特集 2017 監督:ヴェルナー・ヘルツォーク 1/20(土)~26(金)
ドリーム(127 分) 監督:セオドア・メルフィ 1/20(土)~26(金)
ネオン・デーモン(118 分) 監督:ニコラス・ウィンディング・レフン 12/30(土)~1/5(金)
ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(120 分) 監督:ショーン・エリス 12/25(月)、1/7(日)、8(月祝)、10(水)
ハクソー・リッジ(139 分) 監督:メル・ギブソン 12/30(土)~1/5(金)
ハロー・グッバイ(80 分) 監督:菊地健雄 1/13(土)~15(月)、17(水)、19(金)
ブラインド・マッサージ(115 分) 監督:ロウ・イエ 1/21(日)
米軍が最も恐れた男~その名は、カメジロー~(107 分) 監督:佐古忠彦 12/30(土)~1/5(金)
ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(103 分) 監督:ロジャー・スポティスウッド 1/13(土)~19(金)
ポルト(76 分) 監督:ゲイブ・クリンガー 1/20(土)~26(金)
マンチェスター・バイ・ザ・シー(137 分) 監督:ケネス・ロナーガン 1/6(土)~12(金)
皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(119 分) 監督:ガブリエーレ・マイネッティ 1/13(土)、15(月)~19(金)
ムーンライト(111 分) 監督:バリー・ジェンキンス 1/20(土)~26(金)
夜明け告げるルーのうた(107 分) 監督:湯浅政明 12/30(土)~1/5(金)、17(水)、19(金)
夜は短し歩けよ乙女(93 分) 監督:湯浅政明 1/20(土)~26(金)
ラ・ラ・ランド(128 分) 監督:デイミアン・チャゼル 12/23(土)~29(金)
ラビング 愛という名前のふたり(122 分) 監督:ジェフ・ニコルズ 1/13(土)~19(金)
リベリアの白い血(88 分) 監督:福永壮志 1/24(水)
ローサは密告された(110 分) 監督:ブリランテ・メンドーサ 1/16(火)~22(月)
ロスト・イン・パリ(83 分) 監督:ドミニク・アベル、フィオナ・ゴードン 1/3(水)~5(金)、20(土)
わたしは、ダニエル・ブレイク(100 分) 監督:ケン・ローチ 1/6(土)~12(金)

***********************************



いよいよ今週末より公開『私が殺したリー・モーガン』プレミアイベント開催決定!


映画情報どっとこむ ralph いよいよ今週末公開となるドキュメンタリー『私が殺したリー・モーガン』の、プレミアイベントの開催決定。

12月16日(土)アップリンク渋谷での初回上映後に、多方面の音楽に精通するブロードキャスターのピーター・バラカン氏とEMI~ユニバーサルミュージックで、リー・モーガンを含む国内のブルーノート・レコード諸作のリリースを担当してきたジャズ・プロデューサー行方均氏による、公開記念トークショーが開催されます。

初日上映およびイベント
開催:アップリンク渋谷 
日時:12月16日(土)
登壇:ピーター・バラカン、行方均

本ドキュメンタリーの舞台となる1960年代~72年は、リー・モーガンの参加したアート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズや、リー自身の『ザ・サイドワインダー』のヒットをはじめジャズが大変流行した時代でしたが、振り返ってみればそれ以上に、ザ・ビートルズをはじめ音楽史そのものの激動の時代でした。
そんな時代の最中に、イギリス、アメリカ、そして日本の音楽文化に公私ともに触れてきた1951年生まれの二人が、この時代の音楽、その人種や歴史的バック・グラウンド、そしてその中におけるリー・モーガンについて、聴き、語ります。
映画情報どっとこむ ralph また、公開に合わせて第2弾ビジュアルが新たに作成されました。不世出のスター・プレイヤーでありながら、人間的な脆さを併せ持ち、遂には命を落とした男のはかない素顔が垣間見えるデザインとなっております。

映画情報どっとこむ ralph 私が殺したリー・モーガン
I Called Him MORGAN  
劇場情報
2017年12月16日(土)~ アップリンク渋谷
2017年12月23日(土)~ 名古屋シネマテーク
2017年4月14日(土)~ 神戸アートビレッジセンター 【新規決定!】 
ほか全国ロードショー

公式ホームページ:
icalledhimmorgan.jp 
公式Twitter:
@ICHMorgan_JP  


イベント出演者のプロファイルはこんな感じ!

ピーター・バラカン
1951年ロンドン生まれ。74年来日、シンコー・ミュージックへ入社。80年に退社後は執筆やラジオ番組への出演などを中心に活動する傍ら、80~86年にはイエロー・マジック・オーケストラ、および個々のメンバーの海外コーディネーションを担当。86年に独立し、放送番組の制作、出演を中心に活動中。

行方均(なめかたひとし)
1951年宮城県生まれ。元・EMIミュージックジャパン会長、ユニバーサルミュージック副社長。88年ブルース・ランドヴァル(当時ブルーノート社長)、マイケル・カスクーナ(同プロデューサー)らの協力を得て、日本国内においてブルーノートをはじめとする多くのジャズ作品やフェスティヴァルを手掛け、本邦ジャズ市場の育成に貢献。

***********************************

監督 : カスパー・コリン (2006『My Name Is Albert Ayler』ほか)
出演 : リー・モーガン/ヘレン・モーガン
ビリー・ハーパー(サックス奏者)/ジミー・メリット(ベーシスト)/ベニー・モウピン(サックス、フルート奏者)/ウェイン・ショーター(サックス奏者)/ポール・ウエスト(ベーシスト)/チャーリー・パーシップ(ドラマー)/アル・ハリソン(ヘレンの息子)/リナ・シャーロッド(リーのガールフレンド)/ジェリー・シュルツ(スラッグスのオーナー)/ジュディス・ジョンソン(リーのガールフレンド) ほか

劇中曲: テーマ曲「サーチ・フォー・ザ・ニュー・ランド」 from 『Search for the New Land』 (BLUE NOTE)
モーニン/チュニジアの夜/ダット・デア/ヘレンの儀式/トム・キャット/ギャザ・ストリップ/アブソリューションズ/アンジェラ ほか

製作 : スウェーデン・アメリカ/2016年/モノクロ&カラー/91分/原題:I Called Him MORGAN
日本語字幕: 行方均
配給 : 株式会社ディスクユニオン/ 提供: 株式会社タムト
協力 : ユニバーサルミュージック合同会社
© 2016 Kasper Collin Produktion AB


ゆく年くる年に。チベット僧侶とお話ししよう『ラサへの歩き方〜祈りの2400km』イベント開催へ!


映画情報どっとこむ ralph 中国で驚きの動員300万人超え!

中国の《芸術映画》の興収記録をつくったチベット語映画『ラサへの歩き方〜祈りの2400km』が12/23(土)よりアンコール公開!!

実際の“村人”出演の巡礼ロードムービーが、『ラ・ラ・ランド』級の大ヒットになったのはなぜ?チベットの小さな村から、聖地ラサ、そしてカイラス山へ。“五体投地”という両手・両膝・額(五体)を地面に投げ伏して祈る仏教でもっとも丁寧な礼拝を繰り返しながら、はるか2400kmを1年もかけて歩く11人の村人の巡礼旅を描いた映画『ラサへの歩き方〜祈りの2400km』。

映画情報どっとこむ ralph 2016年7月、日本で世界最速となる劇場公開が行われると、「映画を見るだけで心が癒される」という声が高まり、2万人に近い観客を動員し、ミニシアター系映画としてはスマッシュヒットに。そして、この日本公開の約1年後、2017年6月26日に中国で公開されると、なんと空前の大ヒットに! 2017年10月現在で、動員300万人超え、興収1億元(約17億円)超えを記録。これはチベット語映画としてはもちろん、中国における「芸術映画」の最高興収記録(出典:北京周報2017.9.21)となった。この300万人超えという数字は、今年の日本映画市場で比べると、アカデミー賞で大きな話題を呼んだ『ラ・ラ・ランド』級のヒット。

これまで中国映画市場で大ヒットする映画と言えば、スター競演やアクション満載のエンタテイメント巨編が中心だったので、なぜ村人自身が出演し、スターもいなければアクションもない、チベット語の巡礼ロードムービーが大ヒットに?

『胡同のひまわり』などで日本にもファンの多い華人チャン・ヤンが監督した『ラサへの歩き方〜祈りの2400km』、映画完成時には「中国で大規模な公開は無理だと思うが、ひとりでも多くの人が見てくれたら」と謙虚に語っていたが、この大ヒットに一番驚いているのは監督自身かもしれない。

本作の日本語字幕を監修したチベット研究者の星泉教授(東京外国語大学教授)は「チャン・ヤン監督のチベット愛あふれる映画『ラサへの歩き方』が中国で大ヒットしたことは嬉しいニュースでした。チベット文化の核心ともいえる利他の心とともに、ごく普通の人びとの物語を映し出したこの映画は、異文化の壁を越え、人の心の奥まで届く力を持つのでは?」とコメント。同じく字幕監修協力を行った在日チベット人のロディ・ギャツォ氏は「『ラサへの歩き方』の大ヒットはチベット人の社会でも大きな話題でした。政治がない映画だから、誰でも見られることが素晴らしい。たくさんの普通の中国人がチベットの文化を知ってくれたら将来的にもっといい関係になれると思います」と語った。

映画情報どっとこむ ralph そしてこのたび、この記録的な中国大ヒットを受け、12月23日(土)より渋谷のシアター・イメージフォーラムでアンコール公開が決定。初日には、年末にふさわしく、チベットの高僧ニチャン・リンポチェ師を迎えてのイベントも開催する。

※詳細は下記のとおり。

■『ラサへの歩き方 祈りの2400km』アンコール公開
12月23日(土)よりシアター・イメージフォーラムにて連日10:50〜上映


■『ラサへの歩き方 祈りの2400km』アンコール公開記念イベント
【ゆく年くる年に。チベット僧侶とお話ししよう】

開催日時:12月23日(土) 13:30~15:00(イベント終了後、茶話会もあり)
会場:イメージフォーラム3階
料金:無料(『ラサへの歩き方~祈りの2400km』映画チケットおよび半券ご提示に限り)/それ以外の方は入場料1,000円
事前予約:
・電話:03-5366-1545(月~金)
・メール:info@moviola.jp 
件名「12/23チベット仏教予約」としていただき、本文にお名前、お電話番号、人数を明記ください。予約完了メールをもってご予約となります。
*当日は13:15までにお越しください。遅れた際、ご予約でも立見になる場合があるそうです。
イベント詳細はこちら

***********************************

監督・脚本:チャン・ヤン 
撮影:グオ・ダーミン 
出演:チベット巡礼の旅をする11人の村人たち
118分/中国/2015/COLOR/チベット語/DCP/16:9/DOLBY 5.1
配給:ムヴィオラ
www.moviola.jp/lhasa


参加者体験型の企画展『名探偵コナン 科学捜査展~真実への推理(アブダクション)~』開催が決定!


映画情報どっとこむ ralph 2018年4月13日(金)より全国東宝系にて公開される劇場版22作目は『名探偵コナン ゼロの執行人』に決定!東京サミットの会場を狙った大規模爆破事件を発端に、探偵であるコナンと公安警察が真っ向衝突するストーリーが話題となっていますが・・・。

この度、企画展『名探偵コナン 科学捜査展~真実への推理(アブダクション)~』の開催が決定!映画と同時期の開催になります。
本展は、来場者がとある事件を捜査し真相を解明していくという、参加者体験型の企画展。“科学捜査”に焦点を当てた本展は、『名探偵コナン』とは切っても切り離せない要素“推理”と合わさって、『名探偵コナン』の世界観が120%堪能できる仕様です。来場者は、証拠を採取する“現場検証エリア”、キャラクターたちから新たな情報を収集する“聞き込みエリア”、鑑定技術を体験する“ラボエリア”の3つのエリアを巡って、証拠を集めて事件の真相に迫ります。

また原作でも描かれていない、本展だけのオリジナルストーリーに注目です!

映画情報どっとこむ ralph 企画展『名探偵コナン 科学捜査展~真実への推理(アブダクション)~』実施概要

場所:日本科学未来館(東京都江東区青海2丁目3−6)1階企画展示ゾーン
期間:2018年4月18日(水)~2018年7月8日(日)
※火曜日休館(5/1は開館)
内容:『名探偵コナン』の世界観で繰り広げられる、本展だけのオリジナルストーリー。
探偵手帳を手に、コナンのキャラクターたちと一緒に証拠を揃え、事件の真実に迫る!

真相解明のために巡る3つのエリア・・・

①「現場を観察せよ!」:事件現場に残された手掛かりを採取する現場検証エリア

②「自分の足で証拠に迫れ!」:コナンのキャラクターたちから新たな情報を収集する聞き込みエリア

③「科学捜査で証拠をつかめ!」:鑑定技術を体験しながら更なる証拠を集めるラボエリア

主催:日本科学未来館、「名探偵コナン 科学捜査展」製作委員会
公式サイト:
http://conan-kagaku.jp

映画情報どっとこむ ralph そして!劇場版22作目『名探偵コナン ゼロの執行人』

は2018年4月13日(金)より全国東宝系にて公開です。
公式サイト:http://www.conan-movie.jp

物語・・・
東京サミット開催の地となる東京湾の新施設「エッジ・オブ・オーシャン」。サミットが開催される5月1日には、2万2千人もの警察官が出動するという超巨大施設で、ある日突如大規模爆破事件が発生!

そこには、全国の公安警察を操る警察庁の秘密組織・通称「ゼロ」に所属する安室透の影があった。サミット当日ではなく事前に起きた爆破事件と、秘密裏に動く安室の不可解な行動に違和感を禁じ得ないコナン。その時、現場の証拠物に残された指紋が、かつて警視庁に在籍していた毛利小五郎の指紋と一致してしまう!これは何かの陰謀なのか。小五郎の逮捕を巡って敵対し始めるコナンと安室。果たして謎の存在・安室透は、敵なのか、味方なのか?
「極秘任務」のカウントダウンは、既に“その時”へと動き始めていた。

***********************************

原作:青山剛昌「名探偵コナン」(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監督:立川譲 脚本:櫻井武晴 音楽:大野克夫
声の出演:高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、古谷徹 ほか
製作:小学館/読売テレビ/日本テレビ/ShoPro/東宝/トムス・エンタテインメント
配給:東宝
(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会