「イベント」カテゴリーアーカイブ

「女の機嫌の直し方」劇場版 沖縄国際映画祭でワールドプレミア決定!で予告解禁


映画情報どっとこむ ralph 黒川伊保子先生のベストセラー『女の機嫌の直し方』を原案とし映像化した同名作品。

劇場版は6月15日(土)よりユナイテッド・シネマアクアシティお台場他、全国順次公開となります。
また全国公開に先駆け、今週(4月18日~4月21日)沖縄で開催される、「島ぜんぶおーきな祭第11回沖縄国際映画祭」の TV DIRECTOR’S MOVIE部門に正式出品いたします。同映画祭には、早見あかりさん、平岡祐太さん、松井玲奈さん、佐伯大地さん、有田駿介監督の5名の参加が決定しています!

4月20日(土)は13:40~桜坂劇場にて舞台挨拶、4月21日(日)12:00~レッドカーペット に登場する予定。

映画祭で本作のワールドプレミア上映を行うことを記念し、 劇場版のポスター&予告編が解禁となりました!

映画情報どっとこむ ralph 結婚式は、男女トラブルの宝庫! 男が女を怒らせるトラブルが次々と勃発します!
結婚式場で巻き起こる男女のトラブルを、主人公の理系女子・ 真島愛(早見あかり)が、先輩ウェディングプランナー・。青柳誠司( 平岡祐太)とともに、男女脳の違いを分析した最新のAI研究をもと に次々と解決していく本作。
【トラブル①:新婦・茉莉(松井玲奈)と新郎・悠(佐伯大地)】
式の準備を進めるにつれ夫への不満が爆発寸前の新婦。そして入場直前、新 婦の口から飛び出したのは「結婚やめます!」の言葉で…!

【トラブル②:新郎同僚女子・梓(水沢エレナ)と林(前田公輝)】
実は上司と不倫をしている梓は、準備してきた余興の直前に「やりたくない!」と 泣き出す。密かに梓に恋心を抱く同僚・林は、なんとか梓の機嫌を直そうと…。

【トラブル③:新婦の伯母(原日出子) と伯父(金田明夫) 】
夫の不遜な態度に熟年離婚を考え始めている新婦の伯母・里子。そんな妻の不満に気づかない亭主関白な伯父・大悟の態度に、ついに堪忍袋の緒が切れて…!

【トラブル④:新婦・茉莉と姑・晴美(朝加真由美)と新郎・悠】
なんとか軌道に乗った結婚式、だが最後に最大の難関が!新婦・茉莉と姑・晴美のバトルが勃発!妻と母の板挟みになった新郎が取るべき態度とは…!
映画情報どっとこむ ralph 度重なる男女トラブルを、ウエディングケーキのケーキスタンドに配置したキュートなポスタービジュアルが完成しました!

また予告編は、アップテンポの音楽にのせて連発するトラブ ルを紹介しつつ、最後には、涙、涙の感動のフィナーレを迎える 本作らしい、ハートウォーミングな仕上がりです。


***********************************


キャスト
早見あかり 平岡祐太 松井玲奈 佐伯大地 水沢エレナ 前田公輝 朝加真由美 原日出子 金田明夫 横澤夏子 八幡みゆき 大窪人衛 西村直人 竹中友紀子 中山求一郎 楽駆 大久保祥太郎 大鶴佐 助 西原純 畑山亜梨紗 渡辺憲吉 濱家隆一(かまいたち)

原案:『女の機嫌の直し方』黒川伊保子(集英社インターナショナル刊)
監督:有田駿介
脚本:蛭田直美
脚本協力:横澤夏子
音楽:吉川慶
製作:藤原寛 加藤幸二郎
エグゼクティブプロデューサー:坂本直彦 池田健司
スーパーバイザー:黒井和男 古賀俊輔
プロデューサー:松原浩 高島里奈 戸倉亮爾 松永洋一
制作プロダクション:日テレ アックスオン
制作:日本テレビ放送網株式会社 / よしもとクリエイティブ・エージェンシー
配給:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
製作:『女の機嫌の直し方』製作委員会
2019年 / カラー / 日本 / 107分 / ビスタサイズ / ステレオ
(C)2019「女の機嫌の直し方」製作委員会


『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』キャスト陣より意気込みコメント到着!初日舞台挨拶開催決定!


映画情報どっとこむ ralph 2016年4月から6月までフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送され、圧倒的な映像美と迫力のバトルアクションで話題を呼んだオリジナルアニメーション『甲鉄城のカバネリ』。

総集編映画、ソーシャルゲームと展開し、完全新作となる劇場中編アニメーション『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』が、5月10日(金)から2週間限定劇場上映となります。

この度、甲鉄城チームのキャスト陣より、上映を目前に控えての意気込みコメントが到着しました!


さらに、5月10日(金)初日には、豪華キャスト登壇の舞台挨拶の実施も決定!チケット発売詳細などは以下をご確認ください。

映画情報どっとこむ ralph ■甲鉄城チームのキャストより、意気込みコメント到着!

(上段)左より吉備土(きびと):佐藤健輔/侑那(ゆきな):伊瀬茉莉也/鰍(かじか):沖 佳苗/巣刈(すかり):逢坂良太
(下段)左より菖蒲(あやめ):内田真礼/生駒(いこま):畠中 祐/無名(むめい):千本木彩花/来栖(くるす):増田俊樹

●生駒(いこま):畠中 祐  
心底嬉しいです。この作品に携われて、この人達に出会えて、そして、生駒に出会えて、本当に幸せだったなと、
心から思えたそんな映画になりました。だから、そこに全部ぶつけてやるんだって気持ちで演じました。
そんな大切な大切な映画です。いろんな人と共有したい。だから皆様、本当に観てください。よろしくお願いします。

●無名(むめい):千本木彩花
遂にカバネリの完全新作が劇場で上映されます!久しぶりに『カバネリ』に触れて、「あぁ戻ってきたなぁ」と心底感じました。
3年前なにも分からなかった私に無名は沢山のことを教えてくれました。今回は無名の隣を歩けたのではないかと思います。
テレビシリーズを見てくれていた方も初めての方も、楽しめる作品になっていると思います!よろしくお願いします!

●菖蒲(あやめ):内田真礼
甲鉄城のカバネリ、ついに動き出しました!
彼らの物語は続いています。テレビアニメの中で語られた記憶は熱を絶やすことなく、今も繋がっています。
わたしが演じた菖蒲も、可憐にそして凛々しく!描かれています。ぜひ、劇場でこの熱さを感じてください!

●来栖(くるす):増田俊樹
来栖役、増田俊樹です。
本作はアニメシリーズ「甲鉄城のカバネリ」の続編で、彼らのその後が描かれており、新たな困難、試練を前に成長を遂げながらも
葛藤し戦う彼らの姿に胸打たれます。戦闘だけではなく、それぞれが心通わすストーリーも必見です。是非会場に足を運んでください。

●鰍(かじか)沖 佳苗
「海門決戦」は新作でありながらいい意味で”おかえり感”がないところが見どころではないでしょうか。
テレビで描かれた以降の物語はやはりカバネとの死闘が待ち受けていて…生死をかけることが日常になっているのは変わらないのです。
そんな中で小さな幸せが未来へ進む希望になる繊細な心情を感じていただけたらと思います。

●侑那(ゆきな)伊瀬茉莉也
侑那役の伊瀬茉莉也です!いよいよ公開が迫ってきました!
「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」劇場のスクリーンで観れることに私も興奮しています!!
変わらぬ熱量、大満足の仕上がりになってるに違いありません!!どうぞ楽しみにしていて下さい!!

●巣刈(すかり)逢坂良太
続編のお話をいただいた時は本当に嬉しかったですし、収録がいつあるんだろうとワクワクしながら待っていました。
久々に皆さんが集まった現場は、懐かしくもありながらもすぐにまたワイワイとした雰囲気になったのを覚えています。
それでも本番になると緊張感が走り、すごくいいものができたと思うので、是非いろんな方に見ていただきたいなと思います。

●吉備土(きびと)佐藤健輔
いよいよ観られるのですね!誰よりも、私たちキャスト含めた作り手が、早く観たいと待ち望んだ作品です。
またあの世界に帰れる!いや怖いんで現実には勘弁して!! でも映画館なら!!!
六根清浄ーー!!!!! 

映画情報どっとこむ ralph <解禁事項>劇場中編アニメーション『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』初日舞台挨拶
日程:5月10日(金)
場所:新宿ピカデリー
時間:①18:00開始 上映後舞台挨拶 / ②20:30開始 上映前舞台挨拶
登壇者:畠中 祐、千本木彩花、増田俊樹、三木眞一郎、荒木哲郎(監督・脚本)予定
※登壇者は予告なく変更になる場合がございますので予めご了承ください。
料金(税込):2,000円 ※ 別途手数料あり
発売情報
【プレリクエスト先行(抽選)】※事前にローソンチケット無料会員登録が必要となります。
・エントリー期間:4/16[火]18:00~4/23[火]23:59
・当落発表:4/26日[金]15:00
・受付方法:WEB/モバイルにて ≪URL:https://l-tike.com/kabaneri-movie ≫(PC/モバイル/スマホ)
・決済方法:クレジット決済のみ
・引取方法:店頭引取(全国のローソン・ミニストップ)
・申込枚数制限:お1人様 2枚まで
・手数料:594円/1枚(内訳:システム利用料216円、店頭発券手数料108円、先行予約サービス料270円)

【一般発売(先着)】※プレリクエスト先行販売にて完売となりました場合は、実施いたしません。
・受付期間:4/26[金]18:00~ ※但し、限定数の販売ですので、無くなり次第終了となります。
・受付方法:WEB予約
≪URL:https://l-tike.com/kabaneri-movie

(PC/モバイル/スマホ)
Loppi直接購入(ローソン・ミニストップ店内設置/Lコード入力にて購入)
・決済方法:WEB予約   →クレジット決済のみ
Loppi直接購入 →店頭決済のみ(レジにてクレジットカードも使用可能です。)
・ Lコード: 33083
・枚数制限:2枚まで
・手数料:WEB/モバイル→324円/1枚(内訳:システム利用料216円、店頭発券手数料108円)
Loppi直接購入→店頭発券手数料108円/1枚

【劇場一般販売(先着)】先行抽選販売、ローチケ一般販売で完売となった場合は実施いたしません。後日詳細を発表いたします。

≪チケット販売に関するお問合せ≫ローソンチケットインフォメーション(10:00~20:00) 0570-000-777

映画情報どっとこむ ralph 劇場中編アニメーション『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』

[INTRODUCTION]
 その旅路の先に、新たな運命(さだめ)
世界中に産業革命の波が押し寄せ、近世から近代に移り変わろうとした頃、突如として不死の怪物が現れた。
後にカバネと呼ばれる事になるそれらは、鋼鉄の皮膜に覆われた心臓を持ち、噛んだ者までもカバネにしてしまう。
カバネは爆発的に増殖し、全世界を覆い尽くしていった。極東の島国である日ノ本(ひのもと)で、分厚い装甲に覆われた蒸気機関車、通称・駿城(はやじろ)の一つ、甲鉄城(こうてつじょう)に乗り込んだ生駒たちは、熾烈な戦いを潜り抜け、カバネと人の新たな攻防戦の地、日本海に面する廃坑駅「海門」(うなと)に辿りついた。

生駒たちは、同じくカバネから「海門」を奪取せんとする、玄路、虎落、海門の民と「連合軍」を結成し、カバネ撃退の策を立てるのだが、「海門」の地にはある“秘密”が隠されていたのだった-。

***********************************


【メインスタッフ】
監督・脚本 荒木哲郎/構成 大河内一楼/キャラクター原案 美樹本晴彦
アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督 江原康之/サブキャラクターデザイン 尾崎智美 山内 遼
コンセプトアート よー清水 森山 洋/デザインワークス 形部一平 胡 拓磨 村田護郎
プロップデザイン 常木志伸 吉川真一 西原恵利香
美術デザイン 平澤晃弘 谷内優穂 杉本智美/メイクアップアニメーター 中 愛夏 三田遼子/美術監督 吉原俊一郎
色彩設計 橋本 賢/3D監督 廣住茂徳 今垣佳奈/撮影監督 山田和弘/編集 肥田 文/音響監督 三間雅文
音響効果 倉橋静男 山谷尚人/音楽 澤野弘之/アニメーション制作:WIT STUDIO
制作:カバネリ製作委員会/配給:松竹メディア事業部
主題歌:EGOIST「咲かせや咲かせ」(SACRA MUSIC)

【キャスト】
生駒(いこま)畠中 祐/無名(むめい)千本木彩花/菖蒲(あやめ)内田真礼/来栖(くるす)増田俊樹
鰍(かじか)沖 佳苗/侑那(ゆきな)伊瀬茉莉也/巣刈(すかり)逢坂良太/吉備土(きびと)佐藤健輔
鈴木(すずき)マックスウェル・パワーズ/景之(かげゆき)三木眞一郎


下野紘と井桁弘恵ら舞台挨拶まであと1週間と1日!「クロノス・ジョウンターの伝説」


映画情報どっとこむ ralph 4月19日(金)~シネ·リーブル池袋ほか全国順次ロードショーとなる「クロノス・ジョウンターの伝説」 。

大ヒット映画「黄泉がえり」や「この胸いっぱいの愛を」で知られる SF 小説界の 巨匠・梶尾真治の叙情SFの傑作「クロノス・ジョウンターの伝説」を「アリス・ イン・ドリームランド」や「サンタクロースがやってきた」など海外との合作映 画を手掛けてきた蜂須賀健太郎監督が完全映画化。

主演には、実写映画に初主演する「進撃の巨人」「うたの☆プリンスさまっ♪」な どの人気声優・下野紘。 ヒロインには、広瀬すず、吉岡里帆などを輩出した「ゼクシィ」11 代目 CM ガール の井桁弘恵を迎えて描いた、タイムトラベルロマンス映画が誕生しました。


映画情報どっとこむ ralph そして!

その公開を記念して、4 月 19 日(金)には蜂須賀健太郎監督と数々の映画誌などで ライターを務める切通理作さんをお迎えし、公開記念トークショーを行います。

さらに、4 月 20 日(土)にはシネ·リーブル池袋にて下野紘さんと井桁弘恵さんが登壇する公開記念舞台挨拶を実施します。

実写映画初主演となる下野紘さんと映画初ヒロインの井桁弘恵さんをお迎えし、撮影時の裏話など 30 分間 の舞台挨拶を予定しています。先月発売された公開記念舞台挨拶チケットは既に完売となっており、映画へ の注目の高さが伺えます。

公開記念舞台挨拶:4 月20 日(土)
16:20 の回、上映後舞台挨拶
出席(予定):下野紘、井桁弘恵、蜂須賀健太郎監督
場所:シネ·リーブル池袋 東京都豊島区西池袋 1-11-1 ルミネ池袋 8F
***********************************

スタッフ・キャスト

原作:梶尾真治『クロノス・ジョウンターの伝説』(徳間文庫)

出演:
下野紘、井桁弘恵、尾崎右宗、岩戸秀年、五十嵐健人、寺浦麻貴、野間清史、さわまさし、林由莉恵、石井一輝、原口真紀、田中克憲、松本飛鳥、今井由希、松永毅、五頭岳夫/赤山健太

監督:蜂須賀健太郎
製作:松井智 鈴木ワタル
企画・プロデュース:大橋孝史 

プロデューサー:高口聖世巨横山一博 岩村修 アシスタントプロデューサー:馬場基晴 

脚本:太田龍馬 蜂須賀健太郎 
撮影監修:髙間賢治 
撮影:古屋幸一 照明:石川欣男 
録音:新井希望 編集・VFX:細沼孝之 
音楽:YU NAMIKOSHI 美術:安本依里花 
助監督:山之内優 
制作:中村光耶

ヘアメイク:小倉友花 特殊造形:土肥良成 メイキング:寺島明智 

製作:ハピネット パル企画 
制作プロダクション:モバコン 
配給:パル企画
2019/87分/カラー/シネマスコープ
(C)2019梶尾真治/徳間書店・映画「クロノス・ジョウンターの伝説」製作委員会
 


バカッターな大学生の実話「アメリカン・アニマルズ」バート・レイトン監督来日決定!


映画情報どっとこむ ralph 『アメリカン・アニマルズ』が5月17日より全国公開。

この公開を記念しまして、バート・レイトン監督の来日が決定しました。


今、日本でも話題となっている“アレ”を企画にしてしまった監督!

今世界各国において、SNSに自分や仲間の愚行を公開してウケを狙う「バカッター」(Twitterによる犯罪や不適切行為自慢)という行為が、連日ニュースで取り上げられています。『アメリカン・アニマルズ』で描かれる出来事もまた、普通の大学生4人組が、何かが彼らを突き動かし、犯罪に手を染めてしまう姿が描かれます。本作は、現代社会の問題点をそのまま映画にした【唯一無二の構造】とも言えるのです。

⇒時価12億円のヴィンテージ本を狙った前代未聞の強盗事件。犯人は、4人の大学生。まさかの実話。


アメリカ・ケンタッキー州で退屈な大学生活を送るウォーレンとスペンサーは、自分が周りの人間と何一つ変わらない普通の大人になりかけていることを感じていた。そんなある日、2人は大学図書館に時価1200万ドル(およそ12億円相当)の超える画集「アメリカの鳥類」が保管されていることを知る。「その本が手に入れば、莫大な金で俺たちの人生は最高になる」そう確信したウォーレンとスペンサーは、大学の友人エリックとチャズに声をかける。『スナッチ』『レザボア・ドッグス』『オーシャンズ7』などの犯罪映画を参考に作戦を練ることにした4人は、特殊メイクで老人に扮し図書館に乗り込む計画を立てる。来たる決行日、老人の姿に変装した4人は図書館へと足を踏み入れる――。そこで彼らを待ち受ける運命とは?この前代未聞の強盗の結末は?

映画情報どっとこむ ralph 「アメリカン・アニマルズ」の演出が評価され、 「007」次回作「JAMES BOND25」の監督候補に!

アメリカ公開時には、有名レビューサイトRotten Tomatoesで98%という高いスコアを打ち出し、映画ファンだけではなく、映画関係者からも注目されたレイトン監督を映画界が放っておくはずもなかった。本作公開後すぐに「007」シリーズの次回作監督にオファーが入ったことがメディアで取り上げられたが、それに対し監督は

「自分にはまだその準備ができていない、007のような大作を現時点で受けることよりも今は原点に戻り制作したいものがある。もちろん、いつかは受けたいオファーです。」

と丁重に断ったそう。

映画情報どっとこむ ralph クリエイターも必見!!監督の手腕が光る!観ておくべき演出方法

日本のメディアからも絶賛の声!

高橋諭治(映画ライター)
「世にも奇怪な失踪ミステリー・ドキュメント『The Imposter』が圧巻だったバート・レイトン監督。衝撃実話を再構成する手法をトリッキーに進化させ、もはやクライム・ジャンルの鬼才であることを証明した。その非凡な手並みを目撃せよ!」

長谷川町蔵(文筆家)
「犯人になりきった俳優と、俳優のような犯人が、ドキュメンタリーとフィクションの境界線を打ち破る。これはまさにネクスト・レベルのクライム・ムービー。」

山崎まどか(映画ライター)
「出てくる人々の誰が俳優で誰が事件の当事者か分からない! 虚構&現実のシャッフル具合と一瞬の真実にクラクラする、これは実録映画のネクスト・レベル。」

岩田和明 (映画秘宝編集長)
「最高に笑った!ポンコツたちの一攫千金ドタバタ強盗計画! 今年の『カメラを止めるな!』枠はコレだ!」


映画情報どっとこむ ralph 事件の犯人たちが劇中に登場‼
映画史上類を見ない手法で描かれたクライム・エンタテインメントが誕生

「アメリカン・アニマルズ」
原題:American Animals


衝撃の実話の映画化を手掛けたのは、ドキュメンタリー映画『The Imposter』で英国アカデミー賞最優秀デビュー賞を受賞し、長編ドラマとしては本作が初監督作品となるバート・レイトン。

事件を起こした本人たちを劇中に登場させ、ドキュメンタリーとドラマのハイブリッドにスタイリッシュな映像と音楽を盛りこみ、センセーショナルな作品を誕生させた。「ドキュメンタリーで培われた直感から、関係者と接触することを考えた。たとえ犯した罪で長期の刑に服していたとしてもね」と語るように、レイトン監督は服役中の若者たちと文通を始めた。4人の受刑者たち(すなわちウォ-レン・リプカ、スペンサー・ラインハード、エリック・ボーサク、そしてチャールズ・“チャス”・アレン2世)にあてた手紙は最終的に本作の脚本の基礎となった。

***********************************


監督・脚本:バート・レイトン『The Imposter』(英国アカデミー賞受賞)

出演:エヴァン・ピーターズ、バリー・コーガン、ブレイク・ジェナー、ジャレッド・アブラハムソン

提供:ファントム・フィルム、カルチュア・パブリッシャーズ
配給:ファントム・フィルム
2018年/アメリカ・イギリス/116分/スコープサイズ/5.1ch
americananimals.jp
© AI Film LLC/Channel Four Television Corporation/American Animal Pictures Limited 2018


松平健、細田善彦ら12名登壇 映画「武蔵-むさし-」完成披露試写会決定!


映画情報どっとこむ ralph 5月25日(土)ロードショーの映画「武蔵-むさし-」の完成披露試写会の全容が発表となりチケット販売の開始の報が届きました。

5月8日(水)の18時より有楽町朝日ホールで上映開始(17時開場)、20時の終映後に佐々木小次郎役の松平健をはじめとして、武蔵役の細田善彦、目黒祐樹、水野真紀、若林豪、中原丈雄、清水綋治、原田龍二、遠藤久美子、武智健二、半田健人、木之元亮の主要キャスト12名が全員登壇予定です。
まるで、昭和の大河ドラマや時代劇大作映画の制作発表を彷彿させるような豪華俳優陣が同じ舞台に立ちます。

司会は三上康雄監督自身が行います。

「当日、会ったばかりの司会の方より、撮影現場で共に過ごしたぼくのほうが話しやすいと思います。もちろん、お叱り覚悟で、ご本人の前で撮影時のエピソードもばらすつもりです(笑)。気さくで楽しい雰囲気にして、お客さんに楽しんでいただきたい」

とのこと。

また、この完成披露試写会でしか手に入らない「武蔵-むさし-」グッズも、当日、会場で販売するそうです。

映画情報どっとこむ ralph 完成披露試写会のチケットは、4/13の10時より、チケットぴあで発売。

URL :
http://w.pia.jp/t/musashi/
(Pコード : 559-799)

映画情報どっとこむ ralph なお、東映より“MUSASHI”として海外配給される「武蔵-むさし-」。

ポスタービジュアルは国内版では「なぜ、戦う?」がメインコピーですが、

海外版では下部の画像を剣を構える武蔵と小次郎の画像にし、

ANSWER TO BE FOUND IN SWORDS
(答えは剣の中に見つかる)


をメインコピーにしています。

映画情報どっとこむ ralph 『武蔵-むさし-』

公式サイト
https://www.musashi-movie.jp

ものがたり
幼き頃、父に徹底的に鍛えられた武蔵。二十一歳、剣術の名門、吉岡家に挑むため、京に来た。 当主、吉岡清十郎との試合のつもりが、弟の伝七郎、そして、一門数十名と
の一乗寺下がり松での決闘と熾烈な戦いを繰りひろげることになる。 その頃、細川家の重臣、沢村大学は、京の愛宕山で佐々木小次郎と出会う。
武蔵は鎖鎌の宍戸、槍の道栄とも戦う。
そして、ついには、細川家の剣術指南となった小次郎と雌雄を決することとなる。

***********************************


キャスト
新免武蔵 ………… 細田 善彦
佐々木小次郎 ……… 松平 健
沢村大学 ………… 目黒 祐樹
ユキ ……………… 水野 真紀
太木慧道 …………… 若林 豪
板倉勝重 ………… 中原 丈雄
吉岡七左衛門 …… 清水 綋治
吉岡清十郎 ……… 原田 龍二
吟 ……………… 遠藤 久美子
吉岡伝七郎 ……… 武智 健二

長岡興長 ………… 半田 健人
大島直治 ………… 木之元 亮
(以上12名が主演。以下は準キャストです)

新免無二斎 …… 須藤正裕
サエ ………… 瀬戸さおり
後藤又三 ……… 黒木真二
平野義平 ……… 鈴木有史
倫 ……………… 秋月成美
松尾十郎 ………… 真木仁
武田忠次 ………… 勝亦正
藤木浩助 ………… 太田聡
今屋三郎 ……… 横山恒平
宍戸 …………… 児玉純一
吉岡亦七郎 …… 小林郁大
ナレーター ……… 増田晋


スタッフ
プロデューサー・脚本・監督・編集……三上 康雄
武術・殺陣創案……中村佳夫
監督助手・所作……中川邦史朗
撮影……江部公美
照明……山口晴弘
録音……尾崎聡
音響効果……伊藤進一
音楽創案・構成……三上康雄
津軽三味線指揮……小田島徳旺
現場制作統括……堂庭章

スペック
2019年/日本/カラー/ビスタサイズ/5.1ch/120分
国内配給 : アークエンタテイメント
海外配給 : 東映 “MUSASHI”
Ⓒ 2019 三上康雄事務所