「イベント」カテゴリーアーカイブ

ウルトラマンシリーズの悪役が主役『DARKNESS HEELS~THE LIVE~』相楽伊織・古谷大和ら舞台衣装を着用して集結


映画情報どっとこむ ralph 歴代のウルトラマンシリーズに登場する“悪役”の中でも人気のあるダークヒーローたちを主役とした舞台『DARKNESS HEELS~THE LIVE~(ダークネスヒールズ ザ・ライブ)』を本年9月に公演します。

この度、池袋・サンシャインシティにて開催中の「ウルトラマンフェスティバル2019」閉場後のスペシャルナイトイベントとして、本舞台のメインキャストが会場に集結し、舞台衣装を着用した姿を初お披露目しました。

DARKNESS HEELS 左より、相楽伊織(カミーラ役)、友常勇気(イーヴィルティガ役)、校條拳太朗(ウルトラマンベリアル役)、谷 佳樹(ジャグラス ジャグラー役)、古谷大和(ダークザギ役)

本公演では、2.5次元ミュージカルや舞台等で活躍する俳優たちが名を連ね、”本人の顔と身体”でダークヒーローたちを演じます。
従来のヒーローショーとは異なる形で、歴史ある『ウルトラマン』の世界を絶妙に舞台上に表現するストレートプレイにて、新感覚の“ダークヒーロー演劇”をお届けします。

更に、東京公演の平日限定で、ウルトラマンシリーズでヒーローやダークヒーローを演じた俳優等、特別ゲストを交えてのアフタートークショーも実施致します。”ダークヒーロー×そこに生きる者たち”によって繰り広げられる、今までに見たことの無い“闇の物語”に、どうぞご期待ください。

映画情報どっとこむ ralph 【登壇者コメント】

・久保田 唱(脚本・演出)
「ウルトラマン」の冠がついた舞台ですが、今までのヒーローショーとは一線を画すかたちの、ウルトラマンが登場しなくて人間の姿で闇サイドの人たちを描く物語です。意味のない戦いは無く、アクションの一つ一つに物語としての注目度があります。舞台の一番の売りとして、お客様の想像力を引き立てる、皆さんの演技や照明などの舞台効果を使って世界観を広げていくのが特徴だと思います。ここでしか観られない舞台に是非ご期待ください。


・相楽伊織(カミーラ役)
黒と赤が多い衣装の中、カミーラはシルバーとゴールドがかなりゴージャスで、キラキラなのが可愛いですね。生身の人間で舞台に立つというのが初めてなので、ファンの皆さんに受け入れて貰える様にしっかりやっていきたいです。どれだけウルトラマンティガを愛していたんだろうという感じをカミーラから学んで、自分のかたちで表現できる様にしていこうと思います。これからもっともっとクオリティの高い舞台にしていこうと思いますので、是非観に来て下さい。
DARKNESS HEELS相楽伊織(カミーラ役)
・古谷大和(ダークザギ役)
衣装の色味やバランスが好きで、それに合わせた髪形とか髪色が決まっているのがとてもおしゃれで、細かいところまで観て欲しいです。ダークザギには凄く共感できるところがあって、舞台の上でちゃんと気持ちをのせて演じたいです。舞台だから出来る、僕達がやるからこその意味をもって、表情を大切にしたり、指先までちゃんと見せたいです。長い歴史があるウルトラマンに、また新しい世界を創り出せる舞台になり、お客さんに満足してもらって第2 弾とか新しい世界、新しい舞台へと進んでいける作品になったらいいなと思います。
DARKNESS HEELS古谷大和(ダークザギ役)
・友常勇気(イーヴィルティガ役)
衣装にはイーヴィルティガと一緒のカラータイマーが付いているのが良いですね。悪には悪になる理由があるのではないかと思いますので、自分ができる最大限の邪悪さ、人間模様が描ければと思います。僕ら5 人以外にも沢山いるキャラクターそれぞれの葛藤にも注目して下さい。皆様の期待以上のものができる様に力を合わせながら切磋琢磨して参ります。
DARKNESS HEELS友常勇気(イーヴィルティガ役)
・谷 佳樹(ジャグラス ジャグラー役)
衣装は見栄えも良いですが、機能性も立ち回りの邪魔にならない様に作られています。自分らしさとジャグラス ジャグラーの生きざまを融合させ、原作のウルトラマンファンの方たちに認めて頂いて、そして好きになって頂くのが目標だと思います。誰しもが正義の面と悪の面を持ち合わせていると思うので、共感できる様な人間らしさを代弁できる様に一生懸命やろうと思います。
DARKNESS HEELS谷 佳樹(ジャグラス ジャグラー役)
・校條拳太朗(ウルトラマンベリアル役)
ベリアルの衣装についているマントを使った殺陣とか、それぞれのキャラクター性が見える様な戦い方を相談しながら作っています。僕の大好きなウルトラマンの世界と、僕らがやる舞台、両方の魅力をしっかり届けられたらと思います。ウルトラマンはこうあって欲しいという道をしっかり通りつつ、舞台上で期待以上のものをお見せしたいと思います。「DARKNESS HEELS~THE LIVE」だからこそ描かれる、深い深い闇の世界をお届けしますので、楽しみにしていてください。
DARKNESS HEELS校條拳太朗(ウルトラマンベリアル役)

映画情報どっとこむ ralph 【イベントの様子を円谷プロダクション公式YouTubeチャンネルで配信】
8月15日に開催された舞台『DARKNESS HEELS~THE LIVE~』スペシャルナイトで披露されたアクションシーンをダイジェスト版で配信しています。
・舞台『DARKNESS HEELS~THE LIVE~』スペシャルナイトでキャスト5名が初登壇!アクションシーンを特別に披露!


映画情報どっとこむ ralph DARKNESS HEELS
【舞台『DARKNESS HEELS~THE LIVE~』公演概要】
■タイトル :舞台『DARKNESS HEELS~THE LIVE~』
■脚本・演出:久保田 唱
■キャスト :校條拳太朗(ウルトラマンベリアル役)、谷佳樹(ジャグラス ジャグラー役)、友常勇気(イーヴィルティガ役)、古谷大和(ダークザギ役)、相楽伊織(カミーラ役)
天音みほ/香音有希/影山達也/後藤健流/近藤雄介/齋藤真矢/早乙女じょうじ/佐川大樹/佐藤祐吾/白柏寿大/
杉江優篤/春原優子/田中しげ美/夏目愛海/堀越せな/松村泰一郎/丸山貢治/宮崎理奈/諸塚香奈実/力丸佳大 (五十音順)
■公式サイト:
https://m-78.jp/darkness/thelive/
■公式Twitter:
@darkness_heels


【プレビュー公演】
・日時:2019年9月13日(金) 18:00開演
・会場:新座市民会館(埼玉県新座市野火止1丁目1-2)
・料金:6,800円(税込) ※プレビュー公演価格

【東京本公演】
・期間:2019年9月18日(水)~23日(月・祝)(全10公演)
・料金:SS席10,800円、S席8,800円、A席6,800円(税込/SS席は特典付き)
・会場:シアター1010(東京都足立区千住3-92 千住ミルディスⅠ番館 10F)
※18日は出演者による初日挨拶あり
※平日(18~20日)公演限定で特別ゲストを交えてのアフタートークショーあり
■チケット:好評発売中
<プレイガイド>
・キョードー東京:0570-550-799
https://www.kyodotokyo.com/
チケットぴあ:0570-02-9999

・ローソンチケット:0570-084-003

・e+(イープラス)
https://eplus.jp/sf/detail/3015360001
・CNプレイガイド:0570-08-9999
http://www.cnplayguide.com/evt/evtdtl.aspx?ecd=CNI13263
・新座市民会館(埼玉プレビュー公演のみ)

チケット購入





【ポップアップショップ「ウルトラマン&ツブラヤSHOP」展開決定】
舞台「DARKNESS HEELS ~THE LIVE~」開催を記念して、
北千住マルイで9月18日(水)~10月1日(火)の期間中、POPUPSHOPの展開が決定致しました。
「DARKNESS HEELS」新商品はもちろん、ウルトラマンシリーズ、円谷プロ関連商品が盛り沢山です。
■開催概要
期間:2019年9月18日(水)~10月1日(火)
会場:北千住マルイ 2Fイベントスペース

***********************************

©円谷プロ ©DHL 製作委員会


古舘佑太郎 & 桜井ユキ映画『アイムクレイジー』公開初日&2日目登壇ゲスト決定!


映画情報どっとこむ ralph 行定勲監督や白石和彌監督のもとでキャリアを積んだ工藤将亮監督の長編デビュー作『アイムクレイジー』が8/24(土)よりシアター・イメージフォーラム他全国順次公開となります。バンド“2”のボーカル/ギターとして活躍し、映画やテレビでも大注目中の古舘佑太郎が、音楽を諦めることを決意した主人公の微妙な心の変化を見事に演じ、話題になっています。

古舘佑太郎アイムクレイジー 桜井ユキ_アイムクレイジー
この度、本作の初日舞台挨拶登壇ゲストが決定、シアター・イメージフォーラムでの特別割引情報も発表になりました。

劇場での特別割引(公開中): チケット購入時、以下ご提示の方に適用!
ギターピック、マラカス、気球免許、バンド”2”ライブ半券チケット
※当日一般1,800円から一律200円引き。※他の割引との併用不可。
※前売券購入の方は、オンライン予約をご利用いただけません。
直接劇場窓口にお越しの上、座席指定をお願い致します。予めご了承ください。
【8/24(土)分】オンライン:8/21(水)午前0:00~ 窓口:同日午前10:30~
【8/25(日)分】オンライン:8/22(木)午前0:00~ 窓口:同日午前10:30~


登壇ゲスト(予定)
8月24日(土)13:00の回上映後/ 15:20の回上映前 工藤将亮監督、古舘佑太郎、桜井ユキ
8月25日(日)13:00の回上映後 工藤将亮監督、行定勲監督
*2日目以降のゲスト情報は随時劇場サイトにて告知

映画情報どっとこむ ralph 豪華実力派スタッフたちの技術と、若き情熱と才能が融合した、最高に自由でエネルギッシュな作品となっています。

『アイムクレイジー』

公式HP:
http://www.synca.jp/iamcrazy/

古舘佑太郎『アイムクレイジー』
ミュージシャンの佑樹(古舘佑太郎)は音楽の道を諦めようとラストライブの日を迎えていた。
バイトに向かう途中、交通事故に遭い車を運転していた作曲家の美智子(桜井ユキ)と広汎性発達障害を持った息子・健吾と出会う。バイト先の店長(曽我部恵一)に半ば強引に健吾の子守をさせられたことをきっかけに佑樹は親子と深く関わっていく。
かつての仲間の活躍、元カノの妊娠、”ヤバイ”なんて言葉でまとめられる音楽、周囲の全てに苛立つ佑樹。厳しい現実の中でも強い信念を持ち、明るく振る舞う美智子の姿を見て佑樹の中で何かが変わっていく。

***********************************

監督:工藤将亮
脚本:加藤結子、工藤将亮
出演:古舘佑太郎、桜井ユキ、佐々木聖輝、 中田絢千、田本清嵐、 岩谷健司、曽我部恵一他
製作統括:古賀俊輔
プロデューサー:大日方教史
企画協力:小川真司
撮影監督:福本淳 
サウンドデザイン:伊藤裕規
衣装プロデュース:澤田石和寛
音楽:加藤綾太(2)
製作:ザフール&スタッフ
配給:シンカ
スペック:2019/日本/カラー/アメリカン・ビスタ/5.1ch/86分
©2019ザフール&スタッフ


没後50年特別企画「市川雷蔵祭」開催!全国順次上映決定


映画情報どっとこむ ralph この度、KADOKAWAが保有する大映や角川映画の豊富なライブラリー作品を次世代に継承すべく立ち上げたブランド「角川シネマコレクション」。

2月より開催しております「京マチ子映画祭」に続く劇場上映企画となる今回は、角川シネマ有楽町にて8/23(金)より<没後50年特別企画>「市川雷蔵祭」を開催致します。

市川雷蔵は、大映入社後1954年に映画デビューし、1969年に亡くなるまでのわずか15年の映画俳優人生の中で、約160本の作品に出演、37歳という若さでこの世を去った伝説の大スターです。

溝口健二、増村保造、市川崑、池広一夫、三隅研次…数々の巨匠、名匠と組み、名作を世に送り出した不世出の大スターである市川雷蔵-2014年に実施した「雷蔵祭 初恋」では、一大ブームを巻き起こしましたが、5年ぶりにいよいよ稀代の大スター市川雷蔵が再びスクリーンに鮮やかに蘇ります。
市川雷蔵祭_Flyer 本企画上映で上映される『薄桜記』などの4Kデジタル復元版で初上映される作品や、本企画タイミングでデジタル化された作品もさることながら、本企画上映タイミングに合わせたかのように発掘された、市川雷蔵出演作として160本目の作品――勝新太郎と共にノンクレジットでカメオ出演している『旅はお色気』を上映いたします。
市川雷蔵祭「旅はお色気」オフショット写真(C)KADOKAWA1961 (市川雷蔵祭「旅はお色気」オフショット写真(C)KADOKAWA1961)

本作上映と共に、お楽しみ企画として、市川雷蔵さんのご自宅の物置から50年以上前に撮影されたプライベート・フィルムなどが発見され、デジタル化が済んだ一部のフィルムをご遺族のご厚意によりご提供頂き、特別編集版として本映画祭の<特別企画>として上映することが決定しました。映画の中の役者としての市川雷蔵とは異なる、ご家族(お子さん)と遊んでいる姿や、音声は後援会(現在のファンクラブ)の人たちと話しているものなど、私たちが中々見ることができない大スターの貴重な映像をお楽しみいただける機会となっています。この機会を多くの方々にお楽しみただきたく、つきましては、本情報をニュースとしてご紹介頂きたく、「旅はお色気」の蔵出しのオフショットを併せて提供させていただきます。解禁されるオフショット写真は、市川雷蔵と共に主演の小林勝彦さん、黒田義之監督の3人が、撮影の合間に笑顔で話している貴重な蔵出し写真となります。

映画情報どっとこむ ralph <没後50年特別企画>「市川雷蔵祭」
●場所:角川シネマ有楽町ほか、大阪シネ・ヌーヴォ、広島八丁座、大分シネマ5ほか全国順次上映予定!
●日程:8/23(金)~(角川シネマ有楽町は9/26(木)まで)
●上映作品:40作品
※『薄桜記』4Kデジタル復元版は初お披露目。
ほか、『炎上』(4Kデジタル復元版)、『ある殺し屋』、『眠狂四郎勝負』、『旅はお色気』など

公式HP:
www.kadokawa-cinema.jp/yurakucho/

***********************************

配給:KADOKAWA
(C)KADOKAWA 


ゴジラ・フェス2019 ゴジラ生誕65周年特別企画 東宝スタジオツアー11/4開催決定!


映画情報どっとこむ ralph 第1 作目となる映画『ゴジラ』が 1954 年に公開され、今年で 65 周年を迎える<ゴジラ>。 5 月 31 日 金 にはハリウッド版の映画
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が公開 され、全世界で大ヒットを記録しております。また、 3 月 に 柔道日本代表選手団とゴジラが協働プロモーションを進めることとなり、柔道日本代表選手団の呼称を「ゴジラジャパン」とすることが発表されました。
誕生から65 周年を迎える<ゴジラ>は 、これから増々進化し続けます。

2019年11月3日(日・祝)に 東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場、日比谷ゴジラスクエア 他にて開催されるゴジラ生誕 65 周年記念<ゴジラ・フェス2019 >の特別企画として、東宝スタジオツアーが 11 月 4 日(月・振休)に開催されることが決定しました。
ゴジラ・フェス2弾ビジュアル
【ゴジラ・フェス 2019 概要】
開催日時 2019年11月3日
日・祝 10:00 19:00
開催 場所 東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場、 日比谷ゴジラスクエア 他
主催 ゴジラ・フ ェス 2019 実行委員会
公益財団法人ユニジャパン(第32 回東京国際映画祭実行委員会)

<特設サイト>
http://godzilla.store/gfes/2019/

映画情報どっとこむ ralph 【東宝スタジオ】ゴジラの壁画総面積
2 万 4 千坪の日本最大級の映画スタジオである「 東宝スタジオ」は、戦前よりさまざまな名作映画を生み出してきました。
1954 年に公開された初代『ゴジラ』も、そして、それ以降制作された 28 本の日本版実写ゴジラシリーズもすべてこの東宝スタジオから世に送り出されてきました。数々の俳優陣やスタッフたちの熱い思いが歴史となり蓄積されている東宝スタジオは、<ゴジラ>にとっても聖地と なっています 。
スタジオ_ゴジラ壁画 このたびゴジラ生誕65 周年を記念して、普段一般の方の立ち入りが禁止されている東宝スタジオを見学することができるツアーを2019 年 11 月 4 日(月・振休)に開催いたします。当日 は東宝社員の案内で、ゴジラ映画はじめ様々な映画やドラマが撮影されてきたスタジオ、映画美術や小道具倉庫、世界最高水準のポストプロダクションセンターの見学などが予定されており、映画が生み出される現場を体感できる貴重なツアーです。

ゴジラ生誕65 周年特別企画の東宝スタジオツアーは限定招待で実施される予定で、申し込み方法など詳細は特設サイトにて後日発表されます。
Godzill a Channel ゴジラ 東宝特撮
チャンネル


映画情報どっとこむ ralph 世界初のオフィシャルEC サイト
【ゴジラ・ストア】
http://godzilla.store
【ゴジラ・ストア Twitter 】
@godzilla_st
世界初のゴジラ公式ショップ
【ゴジラ・ストア Tokyo 】
https://godzilla.store/tokyo/
【ゴジラ・ストア Tokyo Twitter 】
@GodzillaS_Tokyo

***********************************

TM & © TOHO CO., LTD.


第2弾!映画『菊とギロチン』新宿凱旋上映&連日トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 『64 -ロクヨン- 前編/後編』の鬼才・瀬々敬久監督が、2010年発表の傑作『ヘヴンズ ストーリー』に続き、8年ぶりに放った自身の企画によるオリジナル映画『菊とギロチン』が、この度新宿、K’s cinemaでの凱旋上映【8/17(土)-23(金)】が先日決定しました。
菊とギロチン
瀬々敬久監督のコメント
「今だからこそ、作らなければいけないと思って作った映画です。その状況は今も変わってないと
思っています。大好きな映画館、新宿K’s cinema。そこで是非、『菊とギロチン』を観てやってください。」

映画情報どっとこむ ralph 今回の凱旋上映期間中は、連日、上映後に出演キャストや、スタッフなどトークイベントも開催を予定していてり、今回その詳細が決定しました。

<『菊とギロチン』K’s cinema 2 019.8.17-23 トークイベント登壇ゲスト情報>

*「  」は日別テーマ 
*連日18:50上映開始/終映後トークイベント開始(22:05開始予定~約30分想定)
 
■8/17(土)
「キャスト舞台挨拶」 
木竜麻生(花菊)、渋川清彦(岩木玉三郎)、山中崇(和田久太郎)、嘉門洋子(玉椿)、前原麻希(梅の里)、
仁科あい(若錦)、田代友紀(羽黒桜)、持田加奈子(小天龍)、原田夏帆(2代目小桜)、嶺 豪一(三治)、
荒巻全紀(倉地啓司)、池田 良(河合康左右)、飯田 芳(小川義雄)、小林竜樹(田中勇之進)、
小水たいが(小西次郎)、髙野春樹(キチジ)

■8/18(日)
「相澤虎之助と出演監督などの日」
鈴木卓爾(魚売の音弥)、渡辺謙作(警察署長)、宇野祥平(実業同志会理事)
相澤虎之助(共同脚本)

■8/19(月)
「栗原康と女力士 vol.1」
木竜麻生(花菊)、前原麻希(梅の里)、仁科あい(若錦)、田代友紀(羽黒桜)
栗原 康(政治学者―アナキズム研究)

■8/20(火)
「栗原康と女力士 vol.2」
木竜麻生(花菊)、大西礼芳(勝虎)、持田加奈子(小天龍)、播田美保(与那国)
栗原 康(政治学者―アナキズム研究)

■8/21(水)
「太田昌国とアナキスト」
荒巻全紀(倉地啓司)、池田良(河合康左右)、小水たいが(小西次郎)、小木戸利光(大杉栄)、
太田昌国(評論家)

■8/22(木)
「相澤虎之助といろいろな日」
大西信満(在郷軍人分会長)、嶺 豪一(三治)、篠原 篤(花菊の夫)、和田光沙(日照山)、原田夏帆(2代目小桜)、飯田 芳(小川義雄)、 相澤虎之助(共同脚本)

■8/23(金)
「スタッフの日」
安川午朗(音楽)、鍋島淳裕(撮影)、早野 亮(編集)、立石 勝(VFXスーパーバイザー)、
島田万貴子(ヘアメイク)、海野 敦(助監督)、赤松陽構造(題字)

※出演者変更(連日特別ゲスト参加)の可能性あり。 ※敬称略

またイベント詳細発表に併せて、K’s cinema限定上映だった瀬々監督のコメント付特別予告も解禁されました。本動画の応援コメントには、本作に出演されている木村知貴さん、辻 凪子さんがサプライズ参加されています。

映画情報どっとこむ ralph 『菊とギロチン』

K’s cinemaにて8月17日(土)より新宿凱旋上映決

K’s cinema :
http://www.ks-cinema.com/

映画公式サイト:
http://kiku-guillo.com/

■『菊とギロチン』Blu-ray&DVD発売&レンタル中
(販売元:ポニーキャニオン)
詳細:
https://pcsc-movie-product.ponycanyon.co.jp/item014.html

菊とギロチン
<STORY>
大正末期、関東大震災直後の日本には、不穏な空気が漂っていた。軍部が権力を強めるなか、これまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。
ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちの他にも、元遊女の十勝川(韓英恵)や、家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まった、この一座には、新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もあった。彼女は貧しい農家の嫁であったが、夫の暴力に耐えかねて家出し、女相撲に加わっていたのだ。
「強くなりたい。自分の力で生きてみたい」と願う花菊は、周囲の人々から奇異の目で見られながらも、厳しい練習を重ねていく。いよいよ興行の日。会場には、妙な若者たちの顔ぶれがあった。彼らは「格差のない平等な社会」を標榜するアナキスト・グループ「ギロチン社」の面々で、師と仰ぐ思想家の大杉栄が殺されたことに憤慨し、復讐を画策すべく、この土地に流れ着いていた。「ギロチン社」中心メンバーの中濱鐵(東出昌大)と古田大次郎(寛 一 郎)は、女力士たちの戦いぶりに魅せられて、彼女たちと行動を共にするようになる。
「差別のない世界で自由に生きたい」――その純粋な願いは、性別や年齢を越えて、彼らを強く結びつけていく。次第に中濱と十勝川、古田と花菊は惹かれあっていくが、厳しい現実が容赦なく彼らの前に立ちはだかる。

***********************************


監督:瀬々敬久
脚本:相澤虎之助・瀬々敬久
出演:木竜麻生、東出昌大、寛 一 郎、韓英恵、渋川清彦、山中崇、井浦新、大西信満、嘉門洋子、大西礼芳、山田真歩、嶋田久作、菅田俊、宇野祥平、嶺豪一、篠原篤、川瀬陽太 

ナレーション:永瀬正敏

上映時間:189分
配給:トランスフォーマー
©2018 「菊とギロチン」合同製作舎