「映画情報」カテゴリーアーカイブ

ルミネ:クリスマス限定ドラマ『MATCH girls(マッチガールズ)』映画館上映イベント(無料)実施決定


映画情報どっとこむ ralph 『HAPPY HAPPY HAPPY END LUMINE CHRISTMAS 2018』キャンペーンのスペシャルコンテンツとして、天才漫画家・此元和津也が初めて実写脚本を手掛けたクリスマス限定ドラマ『MATCH girls(マッチガールズ)』を、本日12月10日(月)より特設サイト及びYouTubeにて公開します。

◎特設サイト:
http://www.lumine.ne.jp/matchgirls
◎本編:


長く付き合っている彼氏と最近上手くいっていない遠距離恋愛OL・相川杏奈役を中村ゆりか、
絶賛片思い中の嘘がつけないフリーター・別所美幸役を岸井ゆきのが演じています。
また、監督には現在放送中のドラマ「忘却のサチコ(テレビ東京)」を手掛ける山岸聖太、主題歌には注目のバンドLUCKY TAPESの「ワンダーランド(ビクターエンタテインメント)」を起用されています。

あらすじは・・・

12月24日。

フリーターの別所(岸井ゆきの)に誘われ、喫茶「アンデルセン」でお茶をすることになったOLの相川杏奈(中村ゆりか)。マッチに火が灯され、二人の関係は変化していく。一人ぼっちと一人ぼっちが二人で過ごすクリスマスイブは、ハッピーエンドになるのだろうか-

映画情報どっとこむ ralph そして!シネ・リーブル池袋での映画館上映イベントも!

12月23日(日)の1日限定で、シネ・リーブル池袋にて映画館上映イベントを開催。「MATCH girls」を映画館のスクリーンで無料でお楽しみいただけます。なお、上映時間やチケット入手方法、来場特典等に関しては、詳細決定次第、MATCH girls特設サイト及び、ルミネHPを通じて発表します。

映画情報どっとこむ ralph 本日から、LUCKY TAPESが歌う主題歌『ワンダーランド』のドラマ連動ミュージックビデオも公開。



また、秋田書店が運営する電子書籍サービス・ソク読み(https://sokuyomi.jp/)では、「セトウツミ」の無料試し読みキャンペーンもスタート。

益々盛り上がりをみせる、ルミネが贈るあたらしいマッチ売りの少女。

この機会にぜひお楽しみください。
***********************************

出演:
中村ゆりか、岸井ゆきの、でんでん
嶺 豪一、笠松 将、川上 友里、水石 亜飛夢、山根 愛
脚本:此元 和津也 
監督:山岸 聖太
LUCKY TAPES『ワンダーランド』


佐藤二朗 の出演が発表!岡田准一主演で実写映画化『ザ・ファブル』


映画情報どっとこむ ralph 週刊ヤングマガジン連載中で、単行本累計部数280万部突破、2017年度講談社漫画賞<一般部門>を受賞した『ザ・ファブル』が岡田准一さん主演で実写映画化!


“どんな相手も6秒以内に殺す――“。

通称【ファブル】と呼ばれる謎の男は、裏社会では伝説の殺し屋として誰もが恐れる存在だった。しかし、仕事をし過ぎた彼にボスが与えた新たな任務は、【佐藤アキラ】という偽名を使い一般社会に溶け込み、誰も殺さず、1年間、《普通》の生活を送ることだった。

映画情報どっとこむ ralph そんな、主人公ファブルが一般社会で佐藤アキラとなり、人生で初めてアルバイトをすることになるデザイン会社・有限会社オクトパスの社⾧・田高田(たこうだ)役に 佐藤二朗さんの出演が発表となりました!

近年は映画「銀魂」シリーズ等、ヒット作への出演が相次ぎ、コメディからシリアスドラマまで、TVドラマ、映画、舞台と多方面に引っ張りだこの佐藤。先日のドラマ「聖☆おにいさん」への出演決定も記憶に新しい。

田高田は、面倒見の良い性格で、お酒や飲み会が大好きというキャラクター。面倒見が良いゆえに、社員であるミサキ(山本美月)の紹介で佐藤アキラ(岡田准一)を受け入れる。今年出演した作品などで共演者からたびたび暴露される、佐藤の人柄にもそっくり…?!キャラクターとのシンクロ率にも注目。まさか目の前の男が伝説の殺し屋と知らずに雇ってしまうデザイン会社の社長・田高田。原作でも他キャラクターとのコミカルなやりとりが人気の役柄だけに、岡田さんほかキャスト陣との関わりにも期待感が高まる。

佐藤二朗さんからのコメント
あまりの面白さに「ちょっと凄い漫画を見つけた」と周りの人に言い回ってる矢先に、今回のお話を頂いたので、
何やら運命めいたものを勝手に感じております。
僕が演じる田高田は、一見いい加減だけど、デザインを見る眼は確かで、社員に対する愛が深い人だと思います。そして「酒好きのオヤジ」というところはリンクどころか全く僕と同じです(笑)。
岡田くん演じる佐藤アキラ(ファブル)の束の間の休息になればと思いながら演じました。
他にない独特の世界観を持つ作品になると思います。ご期待を。
映画情報どっとこむ ralph ザ・ファブル

2019年 全国公開です。

公式HP:
http://the-fable-movie.jp/

主人公のファブル役には、日本映画界を代表する演技派俳優・岡田准一。「SP」「図書館戦争」などで高い身体能力を見せた岡田が、今回初めての殺し屋役に挑戦!「絶対に殺してはいけない」という指令の元、アクション全開ながらも、時にコミカルに演じます。アキラの相棒・ヨウコ役には、木村文乃。ファブルを幼い頃から指導し、プロの殺し屋に育てあげるボス役には佐藤浩市。アキラが初めて出会う一般人の女性、ミサキ役に山本美月。アキラを狙う殺し屋・フード役には福士蒼汰。その他アキラと深く関わる裏社会の人間に柳楽優弥、向井理、安田顕をむかえるほか、これ以上ないほど今の日本映画界屈指の豪華なオールスターキャスティングが実現!かつてない興奮を呼び起こす超一級エンターテイメントがついに始動!

物語・・・
どんな相手も6秒以内に殺す。
“ファブル(寓話)”と呼ばれるその謎の殺し屋(岡田准一)は、裏社会で誰もが「伝説」と恐れる
存在だった。しかし、ちょっと仕事をし過ぎた彼に、ボス(佐藤浩市)はある指令を与える。
「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」
ファブルは、佐藤アキラという偽名を使い、相棒のヨウコ(木村文乃)と共に生まれて初めて一般人として街に溶け込む生活を始める。インコを飼ったり、バイトしたり…。
殺しを封じ、《普通》を満喫し始めた矢先、ファブルの命を狙う裏社会の組織や、ファブルに助けを求める者たちが次々に現れ、事態は思わぬ方向へ急発進する!
【絶対に殺してはいけない】指令のもと、絶体絶命のピンチを切り抜け平和に暮らせるのか―?!

***********************************

出演:岡田准一 木村文乃 山本美月 福士蒼汰 柳楽優弥 向井理 佐藤二朗 安田顕 佐藤浩市
原作:南勝久『ザ・ファブル』(講談社「ヤングマガジン」連載)
監督:江口カン
脚本:渡辺雄介
配給:松竹
松竹・日本テレビ共同幹事作品
©2019「ザ・ファブル」製作委員会
    


中島健人&中条あやみ映画『ニセコイ』×「週刊少年ジャンプ」強力タッグ 実写キャストグラビア他多数!


映画情報どっとこむ ralph 少年漫画界の雄・「週刊少年ジャンプ」(集英社)で2011~2016年まで連載され、同誌での最長連載ラブコメとして新たな記録を樹立し、コミックスのシリーズ累計1200万部を突破した大人気漫画「ニセコイ」(原作:古味直志/集英社「ジャンプコミックス」刊/全25巻)。

その超異色のヤバイラブコメ『ニセコイ』が中島健人x中条あやみで映画化12月21日公開!

そしてこの度、映画『ニセコイ』と原作元「週刊少年ジャンプ」の強力タッグで実現した、数々のコラボ企画が解禁となりました!

コラボ内容

12月10日売 新年2号:
・実写キャストによる“ニセ表紙ビジュアル”
・完成披露イベントレポート

12月17日売 新年3号:
・千棘(中条あやみさん)×小咲(池間夏海さん)×万里花(島崎遥香さん)映画コラボグラビア
・古味直志先生描きおろし映画コラボポスター
・2年ぶりの新作登場!古味直志先生描き下ろし「ニセコイ」番外編23P
・中島健人&中条あやみ対談インタビュー


映画情報どっとこむ ralph 12月10日発売の「週刊少年ジャンプ」新年2号の誌面には、「もし実写キャストがジャンプの表紙を飾ったら!?」をテーマに制作された“ニセ表紙ビジュアル”が掲載。おなじみジャンプロゴや見出しコピーワークなど“ホンモノ”さながらの“ニセ表紙ビジュアル”は、千棘(中条)・小咲(池間)・万里花(島崎)の美女3人に囲まれ強烈な変顔を披露する主人公・楽(中島)や、集(岸)・クロード(DAIGO)も登場。連載時は何度も表紙を飾った人気漫画「ニセコイ」が、映画『ニセコイ』の実写キャストで“ニセ表紙”を再現します!

映画情報どっとこむ ralph さらなる目玉企画として、12月17日発売の新年3号では、「週刊少年ジャンプ」誌面では超レアとなる、実写キャストによるグラビアが、異例のカラー6ページに及ぶ特大規模で実現しました!劇中に登場する制服に身を包んだ中条あやみ・池間夏海・島崎遥香のヒロインたちが、千棘・小咲・万里花としてグラビア撮影を慣行。本編では描かれないクリスマスを目前にしたヒロインたちの様子が、完全オリジナルで撮り下ろしされました。“ニセ”ではなく、“マジ”で可愛い超貴重な『ニセコイ』実写グラビアにご期待ください!
映画情報どっとこむ ralph そしてなんと、撮影現場にも足を運び、映画公開を楽しみに応援している原作者・古味直志先生が23ページにも及ぶ「ニセコイ」の、完結後2年ぶりとなる新作番外編を描き下ろし!

映画公開記念の読切として「週刊少年ジャンプ」にニセコイが帰ってきます!
さらには映画ポスターを古味先生が漫画イラスト化した貴重なポスターセンターカラーや、中島健人&中条あやみの対談インタビューなど、超盛りだくさんのコラボ企画が目白押し。そしてなんと、古味直志先生と「週刊少年ジャンプ」ニセコイ担当編集者から、愛に溢れたコメントが届きました!原作ファン、映画ファン、キャストファン誰もが楽しめるアツイ企画が掲載される「週刊少年ジャンプ」は、映画「ニセコイ」の公開に向けて盛り上がりを見せていくそうです!

映画情報どっとこむ ralph
極道一家に生まれながら、勉強一筋の真面目で普通な高校生・一条楽(中島健人)と、ギャング組織の一人娘で容姿端麗なハーフ女子ながら、ケンカっ早い暴力的な強烈ガール・桐崎千棘(中条あやみ)が、性格真逆で相性最悪にも関わらず、お互いの組織の抗争を鎮めるために“偽物の恋人=ニセコイ”を強制的に演じさせられることから始まるブッ飛んだハイテンションな恋愛抗争コメディが今冬、河合勇人監督のもとついに実写映画化。W主演の中島&中条の他に、池間夏海、島崎遥香、岸優太(King & Prince)そして、DAIGOと旬なキャストが集結し、コミカルに振り切った演技に挑戦したことでも話題。強烈キャラ達がお届けする。

「ニセコイ」
平成最後の冬を笑い飛ばせ!12月21日(金)より公開!

映画公式サイト
http://nisekoi-movie.jp/
「どうしてこうなったんだーー!」
勉強一筋の真面目な高校生にして実は極道「集英組」の一人息子・一条楽はある日突然金髪&ハーフのキョーレツ女子・桐崎千棘と宿命の出逢いをとげる。実は千棘はアメリカのギャング組織「ビーハイブ」の一人娘。性格真逆で相性最悪の2人は抗争寸前な親の組織の仲をとりもつため強制的に恋人のフリをさせられることに!幼い頃に結婚の約束をしたハズの運命の相手を探している楽にとって好きでもない奴と恋人のフリなんて地獄!でもバレても抗争勃発で即・地獄!
ゼッタイ無理!な恋愛抗争コメディ、開戦!!!

***********************************

監督:河合勇人
原作:古味直志「ニセコイ」(集英社ジャンプ コミックス刊)
出演:中島健人 中条あやみ
池間夏海 島崎遥香 岸優太(King & Prince)/ DAIGO
配給:東宝
映画のマルシー : ©2018映画『ニセコイ』製作委員会
漫画のマルシー :©古味直志/集英社
©2018映画『ニセコイ』製作委員会 ©古味直志/集英社


ジオウ&ビルドキャスト+平成仮面ライダー20体『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』プレミアイベント


映画情報どっとこむ ralph 2016年から毎年冬に人気を博してきた「仮面ライダー平成ジェネレーションズ」シリーズ。

そして平成最後の冬である今年、本シリーズの最新作『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』が遂に12月22日(土)に公開します。

「時代が終わる。すべてが始まる。」平成という時代を駆け抜けてきたヒーローたちに突き付けられる「仮面ライダーは虚構の存在だった」という衝撃の事実、そして平成仮面ライダーの歴史そのものを消し去ろうとする存在に、仮面ライダージオウ・仮面ライダービルドを中心とした歴代平成ライダーが挑む!
まさに「平成仮面ライダー」の集大成にふさわしい本作の公開を控え、12月9日(日)にプレミアイベントが行われました。

日時:12月9日(日)
場所:ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場 
登壇:
仮面ライダージオウ 計4名
奥野壮、押田岳、大幡しえり、渡邊圭祐
仮面ライダービルド 計5名
犬飼貴丈、赤楚衛二、高田夏帆、武田航平、水上剣星

平成仮面ライダー20体
仮面ライダークウガ、アギト、龍騎、ファイズ、ブレイド、響鬼、カブト、電王、キバ、ディケイド、W、オーズ、フォーゼ、ウィザード、
鎧武、ドライブ、ゴースト、エグゼイド、ビルド、ジオウ

映画情報どっとこむ ralph 仮面ライダークウガ、アギト、龍騎、ファイズ、ブレイド、響鬼、カブト、電王、キバ、ディケイド、W、オーズ、フォーゼ、ウィザード、鎧武、ドライブ、ゴースト、エグゼイド、ビルド、ジオウら20人の平成仮面ライダーが遂に総集結!2000年に開業し、平成仮面ライダーと同じ歴史を歩んできたアクアシティお台場に集結し、それぞれの変身ポーズと共に登場!イベントで揃うのは史上初の、平成仮面ライダー20人の姿を見た会場からは歓声が上がりました。

奥野壮、押田岳、大幡しえり、渡邊圭祐ら「仮面ライダージオウ」のレギュラーキャスト、そして犬飼貴丈、赤楚衛二、高田夏帆、武田航平、水上剣星ら「仮面ライダービルド」のキャストも集結し、平成という時代の最後にふさわしい本作に懸けた熱い思いや、「仮面ライダー」というヒーローに対する思いを語りました!
そしてこの度、主題歌が浅倉大介編曲の歴代平成仮面ライダー主題歌リミックス「仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER メドレー D.A. RE-BUILD MIX」であることも発表となりました!

映画情報どっとこむ ralph 【奥野壮:常磐ソウゴ/仮面ライダージオウ】
僕にとっての初めての映画作品なので早く見たい、そしてこの映画をみんなに届けたい気持ちでいっぱいです。主題歌を聞いて平成仮面ライダーを飾る最後にふさわしい楽曲だと思いました。平成最後ということで海の綺麗な海外に行けたらいいなと思います。仮面ライダーは昭和から平成へと時代が変わっても皆さんの憧れであり続けるヒーローだと思っていて、それこそ仮面ライダージオウは平成から次の新しい時代に時を駆け抜けるヒーローで、仮面ライダーとは時代をまたにかけるヒーローじゃないかなと思います。

【犬飼貴丈:桐生戦兎/仮面ライダービルド】
平成仮面ライダーでは仮面ライダーカブトに憧れてました。お会いできて光栄です。
平成最後といいますが、思い起こすことがないくらいみんなと一緒にお仕事してプライベートでも楽しいことできました。新しい元号になってむしろ新しく始めるとすればせっかく自動二輪の免許を仮面ライダーの撮影に向けてとったのですが自分で運転する機会がなかったのでバイクを運転したいなと思います。仮面ライダーの存在が、いつまでもラブアンドピースを届けられるような存在になっていればいいなと思います。

【主題歌:編曲 浅倉大介コメント】
「仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER」で、20曲の主題歌をリミックスする、というお話をいただいた時は、平成ライダーをライトにですが観ていた者として、音楽に携わる者として「え?そんな事出来るのかな?」という驚きと喜びでいっぱいでした!
ボクの音楽人生の中で小室哲哉さんとPANDORAとして2017〜2018ビルドの主題歌「Be the One」で関わらせていただいた事は
とても大きな事だったので、「さあ!実験を始めようか⁈」という気持ちで、チャレンジする楽しさと、平成ライダーたちへのリスペクトを込めてリミックスしました。いかがでしょうか?仮面ライダーという、日本の子供たちにとって大切な、大好きなヒーローを愛する全ての方々に「なんかイケる気がする」と思っていただけたら、1仮面ライダーファンとしてもこんなに嬉しい事はありません。

映画情報どっとこむ ralph 公開に向け、益々盛り上がっていく平成仮面ライダーの集大成映画『平成仮面ライダー20作記念仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』にご期待ください!




物語・・・
仮面ライダーを愛してくれたあなたへ
常磐ソウゴと桐生戦兎の世界に、異変が生じていた。まるで別人と入れ替わるように、仲間たちが次々と記憶を失っていくのだ。さらに、二人の前に現れたスーパータイムジャッカー・ティード。彼はアナザー電王とアナザーWという強力な手先を差し向け、一人の少年・シンゴを追っていた。シンゴを守る戦いの中で、ソウゴは仮面ライダー好きの青年アタルに出会う。一方ティードに単身戦いを挑んだ戦兎は、洗脳され操られてしまい…。
強大な敵を前にシンゴを救おうともがくソウゴたちだったが、そんな中アタルがある告白をする。「仮面ライダーは、現実の存在じゃない。」
彼は謎のイマジン・フータロスと密かに契約を結んでいた。その言葉の真意とは一体…?なぜ、いつから、仮面ライダーは虚構(フィクション)の存在となってしまったのか?
謎が深まって行く中、ソウゴと戦兎が追うティードの姿は、初代平成仮面ライダー誕生の地・九郎ヶ岳遺跡にあった――
あなたの記憶に、彼らは生きているか。

***********************************

出演者
奥野 壮 犬飼貴丈
押田 岳 大幡しえり 渡邊圭祐 / 赤楚衛二 高田夏帆 武田航平 水上剣星
福崎那由他 斎藤汰鷹 / 大東駿介

【声の出演】滝藤賢一 関 俊彦 遊佐浩二 てらそままさき 鈴村健一
石丸謙二郎 / 生瀬勝久

「ジオウ&ビルド」製作委員会
©石森プロ・テレビ朝日・ADK・東


上白石萌音 × 山崎紘菜 W主演 『スタートアップ・ガールズ』主題歌はアジカンの「スリープ」!


映画情報どっとこむ ralph 初共演となる上白石萌音×山崎紘菜のW主演映画『スタートアップ・ガールズ』が、2019年、全国公開となります。

今作で、大学生にしてIT×医療で起業を目指す閃きの自由人・小松光役に挑戦するのは、上白石萌音。
光役の上白石はピンクの髪の毛が印象的で、独創的なキャラクターを想起させます。

【上白石萌音(かみしらいし・もね)コメント】
並外れた頭の良さとクセの強い性格を持ち合わせた大学生の起業家、光を演じました。真っ直ぐで拘りが強すぎる性格であるがゆえに、なかなか人と上手く付き合えず理解されない不器用な子です。
光を演じるために髪の毛をピンクに染めました。監督と相談を重ねた奇抜な髪型とファッションで、驚くほど衝撃的な、新たな自分に出会うことができました。
そして、撮影前に実際にお話を伺った若手起業家の方々から、光の役作りにとどまらない、人生のヒントを沢山頂きました。この映画も、何かを始めたい方の背中をぐっと押せる作品になっていたらいいなと思います。
光と希という正反対のバディが、ぶつかり合い影響し合いながら突き進んでいく姿を見守ってください。

映画情報どっとこむ ralph また、大企業に勤め起業家への投資をするキャリア志向の女性・南堀希役を演じるのは、山崎紘菜。
希役の山崎はキャリア志向が強そうなお硬い雰囲気を醸し出しています。

【山崎紘菜(やまざき・ひろな)コメント】
初めてこの映画のお話を伺った時「スタートアップ」という言葉がビジネス用語である事も全く知らなかった私ですが、この映画に関わらせて頂く中で、同世代くらいの若い起業家さんが日本にも沢山いること、それを支える方も大勢いることを知りました。私の演じた役柄は、会社と、はちゃめちゃな取引相手(光ちゃん)の間で揉まれて揉まれて、時には振り回されて、仕事に奔走する女の子なのですが、きっと、働いている方や何かに全力で頑張っている方に、絶対に共感して頂ける悩みや葛藤が沢山あると思います。ですが、最後にはそれを全て吹き飛ばして「明日からまた頑張ろう」と笑顔になれるような映画になっていると思いますので、ぜひ楽しみに待っていて下さい。この映画が、これから何かを「スタートアップ」しようとしている全ての人に届きますように。

性格も服装も仕事に対する考え方も真逆な2人が、ぶつかり合いながらもビジネスパートナーとして、それぞれの未来を探していきます。

映画情報どっとこむ ralph 主題歌は、ASIAN KUNG-FU GENERATION「スリープ」!

以前よりASIAN KUNG-FU GENERATIONのファンであった池田監督が、若い世代が斬新なアイディアを持って、新しい価値・市場を生み出していこうとする“スタートアップ”のテーマと、「スリープ」で印象的に歌われる歌詞“新時代の胎動”に共鳴、今回主題歌として決定いたしました。ASIAN KUNG-FU GENERATION後藤正文もかねてから若い世代へ積極的にエールに送っているアーティストとして知られており、今回ベストなマッチングとなりました。なお、この楽曲は、世界的な人気を持ち、日本人メンバーがいることでここ日本でも人気の高いイギリスのロックバンド“FEEDER”のグラント・ニコラスと“ASIAN KUNG-FU GENERATION”後藤正文との共作となります。

映画情報どっとこむ ralph 本作のメガホンをとるのは、2008年に西島秀俊、加瀬亮主演『東南角部屋二階の女』で監督デビューし、近年は、志尊淳、芳根京子主演『先輩と彼女』(2015)、映画『クリーピー』(2016/黒沢清と共同脚本)、趣里主演『東京の日』(2015)を手がけている池田千尋。

脚本は、2003年に初監督・脚本の『ある朝スウプは』が国内外で高く評価され、近年は、映画『ソラニン』(2010/三木孝浩)、『100回泣くこと』(2013/廣木隆一)、『凶悪』(2013/白石和彌)、『坂道のアポロン』(2018/三木孝浩)などの脚本家として活躍する髙橋泉。

***********************************

上白石萌音 山崎紘菜

主題歌:ASIAN KUNG-FU GENERATION「スリープ」(Ki/oon Music(キューンミュージック))

脚本:髙橋泉
監督:池田千尋
配給:プレシディオ
宣伝:MUSA
©2018 KM-WWORKS Ltd., All rights reserved.