「映画情報」カテゴリーアーカイブ

シルヴィア・チャンの監督・主演最新作『妻の愛、娘の時』公開日決定&予告編も到着


映画情報どっとこむ ralph 『過ぎゆく時の中で』(88)、『恋人たちの食卓』(94)など数多くの香港・台湾映画に出演してきた大女優、シルヴィア・チャンの監督・主演最新作『妻の愛、娘の時』の公開初日が9月1日(土)決定&予告編も到着しました!

母の死を看取ったばかりのシルヴィア・チャン演じる主人公が、田舎にある父の墓を移そうとして巻き起こる、3世代の女性たちのそれぞれの想いを切実に、時にユーモアを交えて描きます。誰にでも訪れる家族の問題、他人事とは思えない展開に、笑い、泣き、感動する、この秋一番心に染みる珠玉のラブストーリー。

シルヴィア・チャン演じるヒロインの夫役は、中国映画界の巨匠・田壮壮(ティエン・チュアンチュアン)監督。チャンが『呉清源 極みの棋譜』(田壮壮監督/07)に出演して以来の仲で、俳優として本作の出演に至った田壮壮が、優しく包容力あふれる味わい深い演技を披露しています。



映画情報どっとこむ ralph また、シルヴィア・チャンの来日が決定!7月3日(火)には、シルヴィア・チャンの舞台挨拶付きプレミア上映会を実施します!7/21で65歳を迎えるシルヴィア・チャンの誕生日&新作日本公開を祝して、日本で一番親交の深い、衣装デザイナーのワダ・エミさんがお祝いに駆けつける予定です!
黒澤明監督『乱』でアカデミー衣装デザイン賞受賞、日本を代表する衣装デザイナーのワダ・エミさんは、2007年の『呉清源 極みの棋譜』(松坂慶子、柄本明など日本人キャストも出演)で衣装デザインを担当。呉清源の母親役を演じたシルヴィアと撮影を共に過ごし親交を深めました。また『呉清源 極みの棋譜』の監督・田壮壮(ティエン・チュアンチュアン)は本作でシルヴィア演じる主人公の夫役を好演し、高い評価を受けています。縁の深い二人が日本で再会し、舞台挨拶に登壇する貴重な機会です!

『妻の愛、娘の時』シルヴィア・チャン舞台挨拶付きプレミア上映
■日時:7/3(火)『妻の愛、娘の時』18:30開場/19:00開演(舞台挨拶は上映前を予定)
■登壇者(予定):シルヴィア・チャン、ワダ・エミ
■場所:YEBISU GARDEN CINEMA
(渋谷区恵比寿4-20-2 恵比寿ガーデンプレイス内)
■料金:2000円均一
■チケット発売について
オンラインチケット/6月30日(土)AM0:00より販売開始
劇場窓口/6月30日(土)劇場オープン時間(9:30AM)より販売開始 

詳細は映画公式サイト:
http://www.magichour.co.jp/souai/

劇場「YEBISU GARDEN CINEMA」サイト:
http://www.unitedcinemas.jp/yebisu/index.html

映画情報どっとこむ ralph 誰にでも訪れる家族の問題、他人事とは思えない展開に、笑い、泣き、感動する、この秋一番心に染みる珠玉のラブストーリー。

9月1日(土)より、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国順次ロードショー

妻の愛、娘の時

公式サイト:
http://www.magichour.co.jp/souai  

物語・・・
母の死を看取った娘・フイイン(シルヴア・チャン)は、母を父と同じ墓に入れるため、田舎にある父の墓を移そうとする。妻を優しく見守る夫や娘と共に、父の故郷を久しぶりに訪れるが、父の最初の妻や、彼女に同情した村人たちに激しく抵抗され、大きな波紋を巻き起こしてゆく。

東京フィルメックス オープニング/釜山国際映画祭クロージング/台湾版アカデミー賞「金馬奨」主要7部門ノミネート/香港電影評論学会大奨 監督賞受賞/香港版アカデミー賞「香港電影金像奬」主要9部門ノミネート 脚本賞受賞 アジア版アカデミー賞(アジア・フィルム・アワード)主演女優賞&生涯貢献賞 W受賞!

***********************************

監督:シルヴィア・チャン
撮影:リー・ピンビン
出演:シルヴィア・チャン、ティエン・チュアンチュアン、ラン・ユエティン、ウー・イエンシュー、ソン・ニンフォン、レネ・リウ 

配給:マジックアワー
2017|中国・台湾|中国語|カラー|121分|DCP
(C)2017 Beijing Hairun Pictures Co.,Ltd. 


池袋シネマ・ロサが原点回帰企画「the face」初回は俳優・品田誠 特集!


映画情報どっとこむ ralph 入江悠監督や冨永昌敬監督ら、これまで数々の映画監督を輩出してきた池袋シネマ・ロサが原点回帰し、この春から、注目の若手監督を後押しする上映企画。

この度、また新たな角度で“若手俳優”に着目した企画を立ち上げることになりました。

若手俳優にスポットをあてる「the face」です。


潜在的魅力を秘めた若手俳優を毎回1人厳選して、映画のフィールドでどんな足跡を残してきたのか、スクリーンで振り返り、今後の活躍に思いを馳せます。

記念すべく第1回は、26歳の俳優・品田誠さん。

7.28(土)~8.3(金)、1週間限定レイトショーとなります。

映画情報どっとこむ ralph 記念すべき第1回目に選ばれたのは、俳優「品田誠」。 主演した短編映画「Lemon&Letter」(梅木佳子監督)では、ミラノ国際フィルムメーカー映画祭、ベルリン国際フィルムメーカー映画祭で最優秀主演男優賞(外国語映画部門)を受賞した、新進気鋭の若手映画俳優です。東京国際映画祭で注目を集めた「飢えたライオン」(緒方貴臣監督)など話題作の公開も控えています。

自身で監督としても短編を発表し、出身地の北海道で「品田誠映画祭」が開かれるなど、自主映画界ではひときわ注目を集めています。
今回は、彼の主演作品を中心に、自らが監督を務めた作品も合わせて、全12作品を、連日日替わりで上映します。


■ 「役者割」実施します
劇団、TV、CM…1度でも役者の経験がある方は劇場窓口で、自己申告すれば、一般料金から400円引きの1,100円でご鑑賞いただけます。
[鑑賞料金]一般1,500円(リピーター割1,200円)/役者割1,100円/学割1,000円

■ 品田誠さんからのコメントです。
「どうすれば何も持たず、経験もない20歳の男が俳優になれるだろう?」
そんな問いを抱え、僕は5年半前に北海道から身一つで上京してきました。
スカウトされたわけでもない、踏みならされた道はありませんでしたが、演技の深淵を覗きたくて、ひたすらもがきつづけたこれまでの作品達です。役者、演技の力を考える1週間にもできればと思います。
1本でも1人でも多くの方に届くことを願います。劇場でお会いしましょう。

■公式twitter
@thefacecinema

■主な上映作品

【7/28(土)】※初日
『Lemon & Letter』(梅木佳子監督)
出演:品田誠/氏原恭子/伊藤敬行/木内晶子

『ただ・いま』(辻秋之監督)
出演:アベラヒデノブ/品田誠/橋本到里/新田佑梨

【7/29(日)】※品田誠監督作品デー
『不感症になっていくこれからの僕らについて』
出演:池田大/紗都希/福永マリカ/細川岳

『ノンフィクション』
出演:品田誠/市場紗蓮/芦原健介/田中一平

『Dear』
出演:洪潤梨(現・秋乃ゆに)/Makoto

【8/1(水)】※短編作品デー
『太宰橋』(今尾偲監督)
出演:黒柳友里/品田誠/紀那きりこ/小野孝弘

『おもひでレストラン』(細井尊人監督)
出演:草野とおる/品田誠/嘉悦恵都/沖正人

『桃の缶詰』(川上信也監督)
出演:/辻千恵/品田誠

【8/3(金)】※最終日
『ふたりのおとこ』(森田涼介監督)★ワールドプレミア
出演:品田誠/しじみ/高橋良浩/鈴木つく詩

***********************************



『覚悟はいいかそこの女子。』いよいよドラマ放送開始!映画内容初解禁へ!


映画情報どっとこむ ralph 2018年10月12日(金)公開予定、映画『覚悟はいいかそこの女子。』。

そして映画公開に先駆け、MBSにて6月24日(日)より毎週日曜 24:50~ / TBSにて6月26日より毎週火曜 25:28~ドラマ 「覚悟はいいかそこの女子。」が放送開始! (※初回は放送時間が異なります。 MBSにて6月24 日26:10~放送 / TBSにて6月26日25:35~放送) ドラマでは、映画の“エピソード・ゼロ”ともいえるストーリーを描いており、原作にも書かれていないスペシャル版。

全5話の各話ごとにゲストが登場し、ヘタレ男子達が学園中で巻き起こる様々な恋に巻き込まれていきます。

さらに記念すべき1話のドラマ放送内で、早くも映画の特別映像が初解禁されることが決定!映画公開に先駆け、いち早く映画の内容が解禁されます!

今回解禁となった場面写真はそんな “逆壁ドン”シーン!この“逆壁ドン”をきっかけに、斗和の猛アタックが 始まる、物語のきっかけとなる重要なシーンとなっています!

映画情報どっとこむ ralph 『覚悟はいいかそこの女子。』

主演の中川大志演じる主人公・古谷斗和(ふるや とわ)は“超絶イケメン”だけど、鑑賞用男子と野次られ、彼女もできたことがない“究極ヘタレ男子”。そんな斗和が勢いで学年一の美少女、三輪美苑(みわ みその)に 意気揚々と壁ドンしながら告白を挑むも、まさかの“逆壁ドン”をされ、きっぱり断られてしまう!!学年一の美少女で人気も高く、幾人もの男子からの告白をことごとく断ってきた難攻不落のクールビューティーで、斗和の 安易な告白に対しても、「カッコ悪い男(ヘタレな男子)」と一刀両断する美苑を演じるのは、人気急上昇中の 若手女優・唐田えりか。
【STORY】
幼い頃から女子に囲まれてきた超絶イケメンの“愛され男子”古谷斗和(ふるや とわ)。女性からチヤホヤされ、自分はモテる と思い込んでいる斗和だが、実は付き合った経験ゼロ、自覚ナシの非リア充男子だった! ある日、同級生から「お前は観賞用男子だ!」と指摘された斗和は、その汚名を払拭すべく学年一の美少女・三輪美苑 (みわ みその)に告白するも、「安っぽい告白」と一瞬でフラれる始末。その後、躍起になって何度もアプローチをするが、撃沈 の連続で…。「俺はヘタレだ!」と自覚し、人生で初めて本気で恋した相手に認めてもらうべく、見た目はイケメン、中身はヘタ レな男子が、本気で大奮闘! 見事ヘタレを克服し、初彼女をゲットできるのか!?

***********************************

出演:中川大志 唐田えりか 健太郎 甲斐翔真 若林時英 / 小池徹平 他

原作:椎葉ナナ「覚悟はいいかそこの女子。」(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:井口 昇(『ブルーハーツが聴こえる』、『ライヴ』、『ロボゲイシャ』他多数)
脚本:李 正姫 (「ホテルコンシェルジュ」、「真夜中のパン屋さん」他多数)
企画・プロデュース:木村元子(『きょうのキラ君』、『L♥DKひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』)
©椎葉ナナ/集英社
©2018映画「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会
     


アルベール・デュポンテル監督が来日フランス映画祭2018 『SEE YOU UP THERE(英題)』上映で


映画情報どっとこむ ralph 『SEE YOU UP THERE(英題)』(2019年公開予定)が「フランス映画祭2018」にて上映され、アルベール・デュポンテル監督が来日登壇しました。

本作はセザール賞5部門受賞、フランスで動員200万人超を記録した大ヒット作品です。

フランス最高の文学賞・ゴンクール賞を受賞したピエール・ルメートルの『天国でまた会おう』(ハヤカワ・ミステリ文庫)を原作に、主演には『BPM ビート・パー・ミニット』で世界中を熱狂させたナウエル・ペレーズ・ビスカヤートを迎え、その相棒役としてデュポンテル自身も出演。

第一次世界大戦後のパリを舞台に、帰還兵が巻き起こす前代未聞の詐欺事件を題材にしながら戦争を風刺し、身分も性格も全く異なる二人の男の友情と感動のドラマへと見事に昇華させたデュポンテル監督。本日のイベントでは満員御礼となった会場にて、本作に賭けた想いや、撮影秘話の他、観客からの質問に応え、大いに盛り上がりました。

『SEE YOU UP THERE(英題)』
「フランス映画祭2018」上映後ティーチイン 実施概要

日時:6月24日(日)夜
会場:イオンシネマみなとみらい
登壇:アルベール・デュポンテル監督

映画情報どっとこむ ralph 母国フランスで大ヒットを記録した本作、その監督兼共同脚本兼出演を務めたアルベール・デュポンテル監督が初来日するとあって、会場は400人の観客で満員に!通常なら上映後にのみ登壇するところ、

デュポンテル監督:これだけは先にお客様にお伝えしたい。

という監督本人の意向で、急きょ上映前にも一言だけ挨拶をすることに。そこで、MCの呼びかけでデュポンテル監督が登壇すると、会場は大きな拍手で迎えられた。監督は深々とお辞儀をし、メモを片手に日本語で

デュポンテル監督:映画を観る前に拍手をするのは危険です。何が起きても、どうせ映画ですから安心してください。上映後にまた登場して、皆さんの批判と苦情をお受けします!

とユーモアたっぷりに話すと、会場は爆笑と拍手に包まれた。そして監督は再び一礼をして降壇。

映画情報どっとこむ ralph 上映後、エンドロールが終わると、会場には温かい拍手が響き渡り、映画に対する評価の高さが窺えた。その余韻も冷めやらぬうちに、MCの呼び掛けによりデュポンテル監督が再び登壇。観客ひとりひとりの表情を見つめながら、万感の思いを語った。

原作がゴンクール賞を受賞したとあって超話題作で迎え入れられた本作について、映画化を決めた理由を聞かれると、

デュポンテル監督:本作の主人公たち(帰還兵たち)のような弱い人間が犠牲になっていること。その意味でこの原作は今の時代を反映した、コンテンポラリーなテーマがあると思いました。

と答えた。また、映画化にあたって苦心したことは?という質問には

デュポンテル監督:原作には豊かなビジュアルイメージがあったので苦労はしませんでした。脚本の第一稿は3週間で書き上げることができた。それは私にとってはかなり短いです。それだけイマジネーションに満ち溢れていたんです。

と原作、そして共同脚本を担当したピエール・ルメートルを讃えた。


また、原作と映画のラストの違いについて、映画のラストがとても良かったという感想が出ると、

デュポンテル監督:『日本の人たちは映画のラストの方がいいと言っていたよ』とピエール(・ルメートル氏)に伝えておくよ。彼はきっとむっとするだろう(笑)

と笑わせながら


デュポンテル監督:小説と映画は表現媒体が違うからラストシーンの表現が異なることはある。ただし、ピエールにはすべて筋書きを話して、承認を得ています。

と話した。また、華麗な美術や衣装、ダンスシーンのアイデアについて聞かれると

デュポンテル監督:本作は二時間の偉大な嘘だと思ってください。いくつかのシーンは原作にはないが、エドゥアールは私にとってのヒーローで、当時の戦争の責任者を糾弾するシーンを入れたかった。また、ほとんどの衣装は実際にあるものを参考に作られていて、ジャン・コクトー、ヴィクトール・ユーゴなどの衣装を基に作ったし、(悪役を演じた)プラデルの衣装は登場する度にチェンジしたんだ。

と答え、セザール賞の監督賞のみならず、脚色、撮影、美術、衣装を受賞した本作の魅力に胸を張った。最後にフォトセッションを終え、日本での再会を約束したデュポンテル監督は、割れんばかりの拍手に包まれながら降壇。大盛況の中イベントは幕を閉じた。
映画情報どっとこむ ralph SEE YOU UP THERE(英題)』
原題:Au revoir là-haut

あらすじ

2人の帰還兵が企てた前代未聞の詐欺とは!?

第一次世界大戦停戦目前にプラデル中尉から不条理な最後の攻撃命令が下る。御曹司で才能あるアーティストのエドゥアールは、小心者の簿記係のアルベールの命を助けるが、顔に重傷を負ってしまう。家族に会いたくないという彼の戦死偽装を、アルベールは手伝うことに。戦後、パリに戻った2人は貧しい共同生活を始める。一方、彼らの上官であったプラデルが財を築いていたことを知った2人は、ある壮大な詐欺を企てる。

***********************************

監督・脚本:アルベール・デュポンテル(『ベルニー』)

原作・共同脚本:ピエール・ルメートル 「天国でまた会おう」(ハヤカワ・ミステリ文庫刊)※2013年度ゴンクール賞受賞

出演: ナウエル・ペレーズ・ビスカヤート(『BPM ビート・パー・ミニット』)、アルベール・デュポンテル(『PARIS パリ』)、ローラン・ラフィット(『エル ELLE』)、メラニー・ティエリー(『メモワール・オブ・ペイン(英題)』)他

2017年/フランス/フランス語/カラー/117分/スコープサイズ/DCP/

配給:キノフィルムズ/木下グループ
© 2017 Stadenn Prod. – Manchester Films – Gaumont – France 2 Cinéma


TAKAHIRO、夏帆、塚本晋也登壇!『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 6⽉22⽇(⾦)公開の映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』 。

6⽉24⽇(⽇)TOHOシネマズ ⽇⽐⾕にて『カナリア』に出演のTAKAHIROさん、夏帆さん、塚本晋也さん、松永⼤司監督が登壇して公開記念舞台挨拶が行われました。


日付:6⽉24⽇(⽇)
場所:TOHOシネマズ ⽇⽐⾕
登壇:TAKAHIRO、夏帆、塚本晋也、松永大司監督

映画情報どっとこむ ralph MCから、今作の主⼈公である亮を演じた感想を聞かれ

TAKAHIROさん:今回、⻑回しのシーンがあったんですが、ここ まで台詞が少ない役というのは初めてで、そういった場面での表現⽅法など考えながら挑戦させていただきました。とて もプレッシャーも感じましたが、監督やキャストのみなさんに助けられて演じさせていただきました。

とコメント。また、夏帆さん、塚本さんという豪華な共演者との撮影について、

TAKAHIROさん:塚本さんには殴られるシーンで、事前に『本気で お願いします!』とリクエストしていたのですが、思っていた以上に重いものが来ました(笑)

と予想以上に強い拳だっ たと暴露すると、

塚本さん:監督が後ろから本当に殴れ殴れ!って⾔うから(笑)

と撮影中のこちらも秘話を明かし、会場からは笑いが起こりました。 亮の恋⼈である楓(かえで)役を演じた夏帆さんは

夏帆さん:今回、全く台詞がなくて、ショートフィルムという短い作品の中でどういう立ち位置でいればいいのか非常に悩んだのですが、撮影に入る前にエチュードを行ったことで、作品の中で TAKAHIROさんとの関係性を知る時間をいただけたので、こういう風に役を作っていくことができるんだと知ることができ、⾮常にいい経験ができました。

と話、夏帆演じる楓(かえで)の⽗・巌(いわお)役を演じた塚本さんは

塚本さん:普段、エチュードをやることはまれなのですが、 今回行ったことで、みんなと関係性を築くことができ、そのまま撮影に臨むことができ、いい時間を共有できました。撮 影前に監督の想いもしっかりと聞けて、いい作品にしなくてはと感じました。

と、熱い思いを語った。

映画情報どっとこむ ralph そして作詞家・小竹正人の詩からインスピレーションを受けてショートフィルムを作り上げるという他にないプロジェクトである本作について、
松永監督:まず、小竹さんから歌詞をいただいて、そこからどいうものにしていこうかと考えました。 『カナリア』は、福島の帰還困難地域が舞台となっていて、2011年に震災があり、そこから数年経った今でも映画の中と同じ光景があります。ご覧になった⽅は、なんで今なんだ?と思うかもしれませんが、まだここなんです、ということを1⼈で も多くの⽅に知ってほしいという思いで作りました。

と作品に対する熱い思いを語り

松永監督:今回、撮影に協⼒してくださった地元の⽅々から、『この街を題材にしてくれてありがとう』と言っていただき、色んな感情がこみ上げてきました。

と、改めて本作に賭ける熱い気持ちを語った。

「CINEMA FIGHTERS project」というこれまでにない楽曲と映像の新たなコラボレーションプロジェクトについて、

TAKAHIROさん:普段はレコーディングしてリリースする、というのが基本ですが、今回、楽曲からインスパイアされた映画が 生まれ、しかもその楽曲は劇場でしか聴けない。これまでにない新たなエンターテインメントが生まれたと感じています。

と手ごたえを語った。

松永監督:こういう作品の作り⽅をしたのは初めてだったので、⾮常に難しかったです。でも思ったよ りもTAKAHIROさんがしっかりと歌ってくれていて…。

と述べると、 TAKAHIROさんはすかさず

TAKAHIROさん:⼀応歌手なので!(笑)

切り返す場面に会場は笑いの渦に。

監督業もこなす共演者の塚本さんとの共演ということで、今後ご自作品を撮ってみたいという気持ちはありますか?と、聞かれると

塚本さん:いえ、まだまだ!役者としてもっともっと学びたいことがたくさんあります。ただ、表現者としてはいつかそう いった形でアウトプットできるといいなと思ってます。

と、今後の展望を語りました!

映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』

6月22日(金)より大ヒット全国ロードショー中!

映画情報どっとこむ ralph 『カナリア』監督・脚本:松永大司
キャスト:TAKAHIRO 夏帆 髙野春樹 塚本晋也 主題歌「Canaria」byEXILE
TAKAHIRO

『ファンキー』監督・脚本:石井裕也
キャスト:岩田剛典 池松壮亮 前田航基 芹澤興人 岡根拓哉 美山加恋 / 伊佐山ひろ子
麻生久美子 主題歌「東京」by三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE

『アエイオウ』監督・脚本:安藤桃子
キャスト:白濱亜嵐 木下あかり 林寿美 奥田瑛二 主題歌「何もかもがせつない」byGENERATIONS from EXILE TRIBE

『Kuu』監督・脚本:平林勇
キャスト:石井杏奈 山口乃々華 坂東希 筒井真理子 平山祐介 野島直人 麿赤兒 主題歌「あの子のトランク」byDANCE EARTH PARTY

『Our Birthday』監督・脚本:Yuki Saito
キャスト:青柳翔 佐津川愛美 ランディ・ジャクソン/芦名星 余 貴美子 主題歌「How
about your love?」byJAY’ED & 鷲尾伶菜

『幻光の果て』監督・脚本:岸本司
キャスト:山下健二郎 中村映里子 大城優紀 加藤雅也 主題歌「Baby Shine」byDEEP

***********************************

エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO
企画・プロデュース:別所哲也
コンセプトプロデューサー:小竹正人
配給:配給:LDH PICTURES
©2018 CINEMA FIGHTERS