「新着VIEW」カテゴリーアーカイブ

沖縄国際映画祭 桜坂映画大学 千葉真一が学長


名誉学長・千葉真一さんの開校宣言と共に「桜坂映画大学」が幕開け!

第5回沖縄国際映画祭2日目となる3月24日(日)、毎年恒例、桜坂映画大学の特別上映『仁義なき戦い 広島死闘篇』が桜坂劇場ホールAにて行われました。

本作は、日本ヤクザ組織の代理戦争でもある“広島ヤクザ戦争”の実態をテーマにした『仁義なき戦い』シリーズ第2作で、シリーズ中、最も人気があると言われている作品。組織に利用され、裏切られる男・山中正治(北大路欣也)と、対立する大友勝利(千葉真一)を中心に、闇の世界の男たちの悲哀を描き出した傑作です。

舞台にはまず、桜坂映画大学学長・藤井隆が登壇、そして『新・仁義なき戦いのテーマ』と共に、今回、名誉学長に就任した“JJ・サニー・チバ”こと、世界で活躍する千葉真一さんが登場! 会場が大きな拍手で包まれました。

「これはもう奇跡です!」と床にひれ伏しての藤井のお出迎えに、少々照れ気味の千葉さん。

千葉真一
沖縄国際映画祭 桜坂映画大学 千葉真一名誉学長

すでに50~60回も来ているという沖縄について聞かれた千葉さんは、「沖縄は歴史的に琉球の時代から興味があって、沖縄を舞台に撮りたい映画が4~5本あります」と驚きの発言。「それはぜひ実現してほしいです!」と藤井も興奮気味に返します。

藤井が、芸能生活がすでに53年になるという千葉さんへ、長くモチベーションを保ち続ける秘訣を聞くと、「僕の座右の銘であり、大事にしている言葉が、“肉体は俳優の言葉”ということ。顔だけで表現するものではなくて、肉体・五体で表現できる、どんな演出家からの要望にも笑って応えられるような肉体を持っていることです」と、貴重な格言を教えてくれました。

真田広之さん、堤真一さんら、現在第一線で活躍する俳優を輩出してきたジャパンアクションクラブ(JAC)の創設者でもある千葉さんから、「未来のために、今後たくさんの人たちを育てていきたいと思っています。この学校(桜坂映画大学)からもぜひ!」と嬉しいお言葉が発せられ、だんだんと会場の熱が上がってきたところで、千葉真一名誉学長の開校宣言と共に桜坂映画大学が幕を開けました。

千葉さん降壇後は、『仁義なき戦い』大好き芸人のなだぎ武、バッファロー吾郎、椿鬼奴、ジャルジャルが登壇。
『仁義なき戦い』シリーズの大ファンで、作品は全部観ているというなだぎが、見どころを「今のヤクザ映画にはない泥臭さ。下品だけれどもリアルで生々しい、痛いものは痛い!という表現をぜひ観てほしい」と話し、今回はオーディオコメンタリーとして、登壇者が観客と共に映画を観ながらコメントするというスタイルで映画の上映がすすめられました。

登壇した芸人たちは「この作品を大きなスクリーンで観られるなんて! 臨場感がすごい~!」と終始大興奮。
大画面での上映が終わり、観客と登壇者の熱気がうずまく会場に、千葉さんが再び登場すると、今日一番の拍手と歓声が巻き起こりました。

芸人陣から「いや~! 大友(千葉さんの演じた役名)って男はサイテーでしたね~!」「こわいっ!」「寒気しましたわ!」と、口々に言われまくる千葉さん。


そして、この作品のオファーが来たときの話として、「台本が来たとき、とてもできない、自分は無理だと断りました」と衝撃発言も飛び出しました。

「はじめは(北大路欣也さんの演じた)山中の役でオファーされていたんだよ。せりふも全部覚えたのに、クランクイン10 日前になって、プロデューサーたちが全員やってきて“役を替えてくれ”って。もちろん無理だ!って答えました」と裏話を明かしてくれました。

「少し考えて、ふと思ったんだ。これは深作欣二監督の陰謀じゃないか?って。最初にオファーを受けた山中は僕が以前にやったことがあるような役だから、今度は狂気に満ちた大友の役でと思ってるんじゃないかと。凄まじい監督だからね、深作監督は。よ~し、だったら面白い!! 監督がそう思って大友役を持ってきたんだったらやってやる!!と受けたんだよ」と深作監督との深いつながりが分かるエピソードを披露してくれました。

クランクインまでにイチからせりふを覚えなおしたという千葉さん。
それまでになかった役柄で、難しかったという大友の役作りとして、「今まで何百本も作品を撮ってきたけど、“千葉真一を辞める”ことにしたんです」との言葉に、芸人陣からため息が。「オレの恥部、恥ずかしい部分、それを全部やってみたんだ。これまでの千葉真一ではないことを。声のトーンも上げてせりふを言って、録音して聞いてみたりしたよ」
全体を通してだらしのない表情や動きをする大友について、「動けない役者は動けない役はできません。動ける役者だからこそ、だらしのない、動けない役ができるんです」と役者魂を披露。さらにその後は深作監督の演出方法についても語ってくれました。

「監督は(自分が持っている)イメージは表に出さない。まず役者にやらせるんです。役者自身がぶつかってくるのが大好きな監督でした。監督は『役者の方が面白いもの持ってくるから、俺はそれをもらっているだけ』と言っていました」。

役になりきった千葉さんがとっさのアドリブで演技をした際も、深作監督は「おもしろい!」と親指を立ててグッドポーズをくれたとのこと。

そんな巨匠・深作監督が、千葉さんにとっては“安心してあずけられる、一番やりやすい監督”だったそうです。

そして千葉さんは、この大友役を演じてからいろいろなキャラクターに興味を持つようになり、おもしろそうな役は引き受ける“やりたがり”になった、大きな転機となる役だったということです。

芸人陣も観客も、完全に“千葉真一ワールド”にはまったまま、会場が一体となった時間でした。


第5回沖縄国際映画祭は3月23日(土)~3月30日(土)まで開催されます!

第5回沖縄国際映画祭ホームページ:http://www.oimf.jp/
本日のスケジュールはこちら
現地に行けない!そんな人にニコ動生配信スケジュール
http://oimf.jp/jp/live/

©2013沖縄国際映画祭 よしもとラフ&ピース

********************************************************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

沖縄国際映画祭 SoftBank PRステージ


SoftBankの魅力がつまったリズム芸人たちによるネタのオンパレード!

第5回沖縄国際映画祭2日目の3月24日(日)、沖縄コンベンションセンター・ラフピータウンでは、SoftBankの魅力を紹介する『SoftBank PRステージ』が行われました。

司会の大山姉妹の紹介で最初に登場したのは、SoftBankのCMの「お兄ちゃん」でおなじみのダンテカーヴァーさん。「沖縄国際映画祭には始めて参加しました。毎回参加したいです。来年もよろしくお願いします!」と流ちょうな日本語で挨拶。事前告知なしのサプライズ登場に、会場からは驚きと喜びの声があがりました。

続いてCOWCOWの二人が登壇。多田健二は「僕は寒がりなので暖かい沖縄が大好きです。沖縄料理も美味しいし、沖縄愛してます!」と挨拶しました。山田與志は「住民票を沖縄に移しました。今日から沖縄に住みます!」と、本気とも嘘ともとれないジョークに客席からは笑いが巻き起こっていました。

COWCOWの代表的なネタ“あたりまえ体操”が大好きだというダンテさんが、COWCOWの二人と“あたりまえ体操”を披露しました。ネタのキメポーズまで完璧にこなすダンテさんに、COWCOWは大喜びでした。

沖縄国際映画祭 SoftBank PRステージ
沖縄国際映画祭 SoftBank PRステージ
ダンテカーヴァー & COWCOW

会場ではCOWCOWが参加したSoftBankのCMが上映されました。“あたりまえ体操”のSoftBankバージョンで、「電話をしながら、地図を見られる、迷わない」「電話をしながら、データを送れる、褒められる」「遅刻しなくて、仕事が速くて、昇進」など、おなじみのリズムにのせてネタを披露。SoftBankの携帯電話やスマートフォンを使用したビジネスマンの心情をコミカルにまとめたネタに、会場は大爆笑でした。

さらに、COWCOWよりリズム芸の面白さには自信があるという永井佑一郎、佐久間一行、野性爆弾・川島邦裕が登場し、SoftBankのCM出演をかけてネタ対決を行いました。永井は「靴の底がない」「ズボンを脱いでもまたズボン」など小道具を用意し、手の込んだネタを軽快なリズムに乗せて披露しました。佐久間はビーチで遊びながらも浜辺に置いた荷物が気になるというコント「海のいろんな場面ダイジェスト」で会場を盛り上げました。野性爆弾・川島はスケッチブックを使った絵描き歌のネタで会場を沸かせました。

三者三様のネタに会場は笑いに包まれましたが、SoftBankに関係がないネタばかりで勝敗を審査するダンテさんは渋い顔を見せ、「やっぱりCOWCOWのネタが面白い!」と、勝者をCOWCOWに選びました。

SoftBankの魅力がたっぷりつまったCM上映と、爆笑ネタのオンパレードを観賞した観客たちは笑顔で会場を後にしていました。


第5回沖縄国際映画祭は3月23日(土)~3月30日(土)まで開催!

第5回沖縄国際映画祭ホームページ:http://www.oimf.jp/
本日のスケジュールはこちら
現地に行けない!そんな人にニコ動生配信スケジュール
http://oimf.jp/jp/live/

©2013沖縄国際映画祭 よしもとラフ&ピース

********************************************************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

沖縄国際映画祭シュガーズの週末は甘えナイト


沖縄グルメとダンスで女芸人がダンサーボディを目指す!

3月24日(日)、第5回沖縄国際映画祭2日目、宜野湾コンベンションセンターでこの日から公開された「ラフピータウン」の最初のステージとなる、「エクサボディpresents シュガーズの週末は甘えナイト!公開収録イベント in 沖縄国際映画祭」が行われました。

TBSラジオにて毎週土曜に放送されている「シュガーズの週末は甘えナイト!」の公開録音を兼ねたイベントには、シュガーズのハリセンボン、まちゃまちゃ、椿鬼奴が登壇しました。過去にも沖縄国際映画祭に参加したことのある椿は、前日のオープニングセレモニーについて「例年天気が悪かったのですが、今年はやっと暖かくなって、沖縄の底力を見ました」と振り返っていました。

シュガーズ
沖縄グルメとダンスで女芸人がダンサーボディを目指す!

続いてステージ上には、ラジオ番組の企画で、1カ月間でキレイに痩せるダイエットに挑戦しているボルサリーノの関好江、出雲阿国、ツジカオルコの3人が登場しました。3人は「TRF EZ DO DANCERCIZE」でかっこいいダンサーボディを目指してエクササイズに挑戦中。関はダンスの覚えが悪いようで、「(ダンスの)先生が振付けを間違えると“フーッ!”と言うのですが、私の覚えが悪すぎて先生ののどがかれました」とダイエットの舞台裏を話していました。ツジが「胸はそのままで痩せています。Eカップです」とセクシーさをアピールすると、すかさずまちゃまちゃが「私はFカップです!」とドヤ顔で張り合っていました。

ステージ上のスクリーンには沖縄の人たちから聞いた“美の秘訣”のメッセージが表示され、ラジオさながらステージ上で女芸人たちの美容トークが披露されました。健康的な沖縄グルメを薦めるメッセージに、ハリセンボンの近藤春菜が「スタミナがつくという山羊の睾丸を薦められたんですけど、初めて食べるので“半玉”だけいただいたら、ずっとジャンプしちゃうほどハイテンションになっちゃいましたよ」と話すと、ステージ上のみんなから一斉に「沖縄の夜にスタミナつけてどうしようとしてんだよ」と、つっこまれ会場の笑いをさそいました。

沖縄の特産のドラゴンフルーツが美容に良いというメッセージには、便秘解消に効くという会場からの声に出雲阿国が「ドラゴンフルーツをたくさん食べて沖縄で、たくさん出して帰ります」と宣言。ステージ上では失礼だとつっこまれていましたが、会場からはあたたかい笑い声が起きました。また、ハイビスカス茶を薦めるメッセージに、すでに愛用しているというまちゃまちゃは「フルーティで香りもよくてとってもおいしいですよ。お土産にもぜひ」と絶賛していました。ほかにも独特の風味をもつ山羊汁など、沖縄を代表するグルメと健康の話題で盛り上がりました。

最後にダイエット企画挑戦中の関、出雲阿国、ツジの3人がステージ上で「TRF EZ DO DANCERCIZE」の映像に合わせて踊り、エクササイズを実演。映像に出てくる歌詞に合わせて椿はカラオケの要領で歌いだし、まちゃまちゃはDJ KOOさんのモノマネで乱入してエクササイズをさらに盛り上げていました。

シュガーズ
ボルサリーノの関好江、出雲阿国、ツジカオルコの3人が

1カ月間のエクササイズに挑戦し、一番“ダンサーボディ”に近づいた1人には、4月20日(土)のTRFの20周年記念ライブに出演できるため、ラフピータウンのステージでもしっかりエクササイズに取り組んでいました。

沖縄の美容とちょっぴり下ネタが加わり、ガールズトークに花が咲いたステージとなっていました。

第5回沖縄国際映画祭は3月23日(土)~3月30日(土)まで開催されます!

第5回沖縄国際映画祭ホームページ:http://www.oimf.jp/
本日のスケジュールはこちら
現地に行けない!そんな人にニコ動生配信スケジュール
http://oimf.jp/jp/live/

©2013沖縄国際映画祭 よしもとラフ&ピース

********************************************************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『ヘラクレス』(仮)製作決定!!


2014年 パラマウントが贈るアクション・アドベンチャー超大作、製作決定!!

題名は、『ヘラクレス』(仮) (原題”HERCULES”)!

製作には『ラッシュアワー』シリーズ、『X-MEN:ファイナル・ディシジョン』のブレッド・ラトナー監督。最新作の『G.I.ジョー バック2リバンジ』のドウェイン・ジョンソンが主演をすることが発表されました。

ジョンソンは、『ワイルド・スピード』『センター・オブ・ジ・アース』シリーズを始めとするアクション・エンターテインメント映画の主演で実力を発揮し、ハリウッドのニューアクションスターとして世界でも認められています。

本作は、アメリカで知られるコミック会社の一つである、ラジカル・スタジオのグラフィックノベル“Hercules: The Thracian Wars”をベースに、全能の神であるゼウスの息子として生まれた“ヘラクレス”が数々の恐ろしい魔物との戦いを乗り越え、やがてギリシア神話の最大の英雄になるまでの伝説を映画化したアクション・アドベンチャー物語。

製作陣も豪華な顔ぶれで、製作総指揮は『ハンコック』のピーター・バーグを始め、『キングダム/見えざる敵』のサラ・オーブリー、『オブリビオン』のジェシー・バーガーが担当。製作には『センター・オブ・ジ・アース』シリーズのボー・フリンとブレット・ラトナーが担当しています。

全米公開は、2014年7月25日に決定、日本公開は2014年を予定。
今から楽しみですね。

『ヘラクレス』(仮題)(原題『HERCULES』)
監督:ブレット・ラトナー
製作総指揮:ピーター・バーグ、サラ・オーブリー、ジェシー・バーガー
製作:ボー・フリン、ブレット・ラトナー
主演:ドウェイン・ジョンソン

********************************************************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

沖縄国際映画祭『ジャックと天空の巨人』特別上映


第5回沖縄国際映画祭。
華やかなオープニングセレモニーが終わり、その熱気がまだ残るビーチステージ・オープンエアスクリーンで『ジャックと天空の巨人』の特別上映が行なわれました。

沖縄国際映画祭『ジャックと天空の巨人』特別上映
第5回沖縄国際映画祭『ジャックと天空の巨人』特別上映
日が落ちてよい雰囲気の屋外上映

誰もが知るイギリスの童話『ジャックと豆の木』をモチーフにアレンジした作品で、ジャックが床下に落した豆から巨大な木が飛びだしたことにより巻き起こるアドベンチャーファンタジー。天空から追いやられた巨人たちが、地上の人間界へ攻めてくる!というストーリー。

舞台挨拶には、主人公ジャックの日本語吹き替えの声優を務めたウエンツ瑛士さん、プリンセス・イザベル役の平愛梨さん、さらに、四人の巨人の声を務めた、ガレッジセール・ゴリ、スリムクラブ・真栄田賢、博多華丸、南海キャンディーズ・山里亮太も登壇しました。

ウエンツさんは豆の木をイメージしたのか、グリーンの水玉スーツといういでたち、平さんは黒のセクシーなドレスで華を添えます。

沖縄国際映画祭『ジャックと天空の巨人』特別上映
ウエンツ瑛士さん、平愛梨さん、ガレッジセール・ゴリさん、スリムクラブ・真栄田賢さん、博多華丸さん、南海キャンディーズ・山里亮太さん

巨人役の4人は、それぞれが巨人の衣装をまとっており、華丸は「日が落ちて、この衣装、さむむ!むむっ!」と、川平慈英さんのモノマネを披露。

「オープニング上映ということで、気合を入れて全員私服で…」とウエンツさんが言うと、「そんなわけない!」と全員からツッコミが。「これ毎回言うけどあまりウケない…」としょんぼりするウエンツさん。
ゴリが「あぎじゃびよい!この映画、チムドンドン!見てからよ、これぬーやが!しにあせった~!」と沖縄方言でコメントすると、キャストと客席の半数がポカーン。
「思わず方言でコメントして失礼しました!でも、今回はこれ2Dですけど、僕ら初めて見た時、椅子から足が浮いたよ!すごいから!」と興奮気味に映画をアピールしていました。

南海キャンディーズの山ちゃんは、「この話をもらって、すごく嬉しかったです。でもよくよく聞いたら、巨人に似てる不細工な芸人がキャスティングされたと聞いてちょっと…」(とここで、運悪く上を飛行機が飛び、声が聞こえづらくなる)「ほら、僕の時だけこんな感じなんです!」と会場の笑いを誘いました。
声優として難しかった点として、ウエンツさんは「含みをもたせて言うせりふが多く、台本では主人公の心象が分かりづらかったので、何パターンも撮りました。」と言い、華丸は「巨人はセリフが少ないので、一球入魂でした。あと、一部分を“児玉清”っぽく言っているところがあります!8mの児玉清がゆっくり低い声で、アタックチャァーンス、っていうようなところが!」とおいしいネタバレもしてくれました。

真栄田は「僕は声が特殊なので、役作りは特にしてません。監督から、あなたは巨人として呼んだんだからそのままで!と言われたので」というと、山里が「僕も監督から、普段の山ちゃんでいいよ!この巨人はホント嫌なヤツでみんなに嫌われてるから!って、どういう意味だよ!」と自虐話を披露し会場は大爆笑でした。
司会者が、「撮影中の皆さんはどのような感じでしたか?」と平さんに聞くと、「えっと、みんなバラバラで撮ったんで…」と正直に告白。

キャストから一斉に「言わないで!!バラしちゃダメ!確かに今みんな、初めましてな感じが大きいけど!」と、大慌て。意外なところでチームワークの良さを発揮していました。

最後にウエンツさんから、「みなさん、こんなに集まってくださってありがとうございました。色々、しゃべりましたが、この映画は先入観なしで見ていただけると思います。大きなスクリーンで見て、沖縄の夜を楽しんでください!!」との挨拶に、会場からは大きな拍手が送られていました。

第5回沖縄国際映画祭は3月23日(土)~3月30日(土)まで開催されます!
http://www.oimf.jp/
本日のスケジュールはこちら
現地に行けない!そんな人にニコ動生配信スケジュール
http://oimf.jp/jp/live/

『ジャックと天空の巨人』


©2013沖縄国際映画祭 よしもとラフ&ピース

********************************************************************





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ