「新着VIEW」カテゴリーアーカイブ

伊藤健太郎&玉城ティナがananコスメ特集号に胸キュン距離で登場『惡の華』


映画情報どっとこむ ralph この度、累計発行部数300万部を記録する押見修造の人気コミックを原作とした、映画『惡の華』の公開日が9月27日(金)より全国公開します。

この度、本作で初の変態役を演じた伊藤健太郎。
ひょんなことから好きな女の子の体操着を嗅ぎ、盗み、持ち帰り、一人の文学少年が徐々に己の変態性を開花させていく様を思い切り演じました。
「anan」映画『惡の華』伊藤健太郎&玉城ティナL その主人公に詰め寄るクラスの問題児、否、孤高のヒロインを演じた玉城ティナもまた、「黙れクソムシ!」「クズだるま」「全身皮かむり野郎」「逃げ野郎、クズネズミ」など過激なワードを連呼し、気持ち良いくらいに振り切れた演技を披露しています。そんな2人が、本編とは180度異なった魅力を余すことなく発揮しているのが本日発売の「anan」。登場するのは特集にもなっている「秋のモテコスメ大賞」。
「anan」映画『惡の華』伊藤健太郎&玉城ティナL 12ページに渡り、カラーグラビアと映画やメイクに関するインタビュー記事が掲載されています。劇中では主従関係を結び、ダークな青春時代を演じていた伊藤さんと玉城さんですが、誌面ではお家でリラックスしている様子や、ニットとストライプシャツを身に纏い大人っぽくキメているもの、まるで『惡の華』をイメージしたかのような全身黒の衣装に身を包んだシックな写真も。役者、モデルと自由自在に変化する2人の表情・雰囲気を是非映画『惡の華』と「anan」でお楽しみ下さい。



映画情報どっとこむ ralph 映画『惡の華』

9月27日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

公式サイト:
akunohana-movie.jp 

twitter:
@akunohana_movie

伊藤健太郎、玉城ティナ『惡の華』本ビジュアル
ストーリ―
あの夏、僕は仲村さんと出会い、リビドーに目覚めた。
山々に囲まれた閉塞感に満ちた地方都市。中学2年の春日高男は、ボードレールの詩集「惡の華」を心の拠り所に、息苦しい毎日をなんとかやり過ごしていた。ある放課後、春日は教室で憧れのクラスメイト・佐伯奈々子の体操着を見つける。衝動のままに春日は体操着を掴み、その場から逃げ出してしまう。その一部始終を目撃したクラスの問題児・仲村佐和は、そのことを秘密にする代わりに、春日にある“契約”を持ちかける。こうして仲村と春日の悪夢のような主従関係が始まった・・・。
仲村に支配された春日は、仲村からの変態的な要求に翻弄されるうちに、アイデンティティが崩壊し、絶望を知る。
そして、「惡の華」への憧れと同じような魅力を仲村にも感じ始めた頃、2人は夏祭りの夜に大事件を起こしてしまう・・・


鬱屈とした青春と、行き場のない衝動を描き、思春期の暗黒面をえぐり出した本作で主役・春日高男を務めるのは、今最も勢いに乗る若手俳優の伊藤健太郎。春日の中に自分と通ずる何かを見つけ、執拗につきまとう仲村役には、「ViVi」の専属モデルを卒業後、女優として大躍進を続ける玉城ティナ。春日が片思いをするクラスのマドンナ・佐伯奈々子役には、雑誌「ニコラ」で注目を浴びた16歳の次世代モデル、秋田汐梨が数百人以上のオーディションを経て大抜擢されました。そして、今回初の映像化となる高校時代、お互い文学が好きなことをきっかけに春日と交流を深める常磐文役に、モデル、女優と大活躍中の飯豊まりえが扮するなど、最旬キャストの共演も見逃せません。

原作「惡の華」は、別冊少年マガジンに2009年から5年間に渡って連載され、「このマンガがすごい!2011」にランクイン、「マンガ大賞2012」にもノミネートされ、コミック連載中にはテレビアニメ化・2016年に舞台化を果たしました。そして今回、原作者の逆指名によりメガホンをとったのは井口昇監督。瑞々しいタッチで青春を描き続ける岡田麿里脚本との化学反応が見事に生まれ、思春期に、今、苛まれているすべての少年少女と、かつて思春期に苛まれたすべてのかつての少年少女に捧げる映画が誕生しました。

***********************************

伊藤健太郎 玉城ティナ 秋田汐梨 / 飯豊まりえ 
北川美穂 佐久本宝 田中偉登 松本若菜 黒沢あすか 
高橋和也 佐々木すみ江 坂井真紀 鶴見辰吾

原作:押見修造「惡の華」(講談社『別冊少年マガジン』所載)  監督:井口昇  脚本:岡田麿里  
主題歌:リーガルリリー「ハナヒカリ」(Office Augusta / Bandwagon) 
製作:『惡の華』製作委員会(ハピネット ひかりTV ファントム・フィルム 角川大映スタジオ 日活)
配給・宣伝:ファントム・フィルム
©押見修造/講談社 ©2019映画『惡の華』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『映画 すみっコぐらし』井ノ原快彦と本上まなみが本作のナレーションに決定!コメント到着


映画情報どっとこむ ralph 劇場公開を11月8日(金)に控えた『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』。

本作のナレーションを、歌手・俳優業のみならず、様々な番組の司会を務めるなど、老若男女から幅広く支持を集める、アニメ映画のナレーション初挑戦となる井ノ原快彦さんと、ナレーターとして多彩な作品で活躍し、2児の母親でもある女優の本上まなみさんが担当することが決定しました。井ノ原さんと本上さんがお二人で、物語の語り部として、すみっコたちの冒険をやさしく見守ります。

『映画 すみっコぐらし』
映画情報どっとこむ ralph さらに、ナレーションをつとめた井ノ原快彦さん、本上まなみさんのコメントも到着!

井ノ原快彦さんコメント:
今回アニメ映画のナレーションは初めてだったんですが、楽しい収録でした。
まんきゅう監督とも息が合って、普段自分では使わないような声を引き出していただきました。
気になるキャラクターは、えびふらいのしっぽです。僕はいつも残さず食べるので、最後まで食べてほしいっていう願いを叶えてあげられるかなと思いました。
「こういうことってあるよなあ」とほんわかした気持ちになったり、時にはほろっとするような場面もあったり。家族揃って観て、感想を言い合えるような作品になっていると思います。
『映画 すみっコぐらし』井ノ原快彦
本上まなみさんコメント:
動いているすみっコちゃんの姿にわくわくしながら、楽しく収録しました。
実は私も、子どものころからの“すみっこ派”。壁とタンス、壁とソファの隙間なんかにきゅきゅっと挟まりじーっとしていたので、よく家族に探されていましたっけ…。
そのため彼らには、とても親しみを感じているのです。
今回は絵本の語りを担当しました。みなさんも読んだことのあるお話がきっとあるはず。
すみっコたちは映画のなかでもすみっこにいるのかな? ひみつのコって誰だろう? 
ご家族やお友だちと一緒に楽しんでいただけたら嬉しいです。
『映画 すみっコぐらし』本上まなみ
映画情報どっとこむ ralph また、本予告も解禁!
仕掛け絵本の中に吸い込まれたすみっコたちが物語の登場人物となり登場。
絵本の世界で迷子になっている新キャラクター「ひよこ?」と出会い、仲間を探す旅に出かけます。すみっコたちの活躍によって、誰もが知る絵本の物語が大混乱。
果たしてひよこ?は無事家に帰れるのか、すみっコたちの冒険に期待が高まる映像となっています。


映画情報どっとこむ ralph 映画『すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』
11月8日(金)全国ロードショー

公式サイト:sumikkogurashi-movie.com
公式Twitter:@sumikko_movie
9月20日(金)より特典付前売り券(ムビチケ)第2弾全国の劇場にて発売

『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』
***********************************


配給:アスミック・エース
(c)2019日本すみっコぐらし協会映画部





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

園子温 × 椎名桔平 Netflixオリジナル映画『愛なき森で叫べ』本予告、遂に解禁!


映画情報どっとこむ ralph 世界最大級のオンラインエンターテインメントサービスを提供するNetflixは、2019年10月11日(金)よりNetflixオリジナル映画『愛なき森で叫べ』を配信となりましたます。

『自殺サークル』、『愛のむきだし』、『ヒミズ』など、数々の衝撃作で世界中の映画ファンを魅了してきた、日本を代表する鬼才・園子温。『冷たい熱帯魚』、『恋の罪』と同様に実際の事件からインスパイアされた、狂気と愛憎が渦巻く戦慄のサスペンス・スリラー『愛なき森で叫べ』は、シッチェス・カタロニア国際映画祭2019 ニュー・ビジョンズ部門への正式出品が決定し、早くも世界中のファンから待望の声が寄せられている。


この度、遂に本作のキーアート、本予告が解禁!

不気味に微笑む“最狂の詐欺師・村田丈(椎名桔平)”を囲むのは、上京したばかりの青年・シン(満島真之介)、そして村田に惹かれる妙子(日南響子)と美津子(鎌滝えり)。騙す者と騙される者が交錯する、不穏なアートとなっている。
Netflixオリジナル映画『愛なき森で叫べ』キーアート
そして予告では村田のありえない騙しの手口と残酷さが爆発!

真っ白なスーツで劇的なプロポーズをしたり、これまでに騙してきた女性たちを集めてライブをしたりと大胆すぎる行動で人の心を掴みつつ、徹底的な暴力で身体を支配する村田。そんな村田を主人公に自主映画を撮ることにしたシン、ジェイ(YOUNG DAIS)、フカミ(長谷川大)の3人。村田に近づきすぎた彼らと、美津子の両親である茂(でんでん)、アズミ(真飛聖)をも巻き込み、惨劇の幕が上がるー。最後の銃声は、一体誰に向けられたものなのか。衝撃の
ラストに世界は震撼する!


世界中で蔓延している事件の被害者の姿、そして、彼らが加害者に転じてしまう人間社会の恐ろしさと闇を炙り出す、園監督ならではのユーモアとバイオレンスで突き進む

映画情報どっとこむ ralph 本作にはこれまでの園監督作品を彷彿とさせるシチュエーションや、『HAZARD』(06)、『自殺サークル』(02)、『Strange Circus 奇妙なサーカス』(05)、『冷たい熱帯魚』(11)、『恋の罪』(11)などに登場した村田、美津子、妙子、シンといった同じ名前の人物が次々と現れ、園監督ならではのユーモアとバイオレンスで
突き進む。

特に『冷たい熱帯魚』で狂気に満ちた存在感を見せつけたでんでんによる初代”村田”は、熱狂的なファンを生み出し話題になったが、『愛なき森で叫べ』で椎名桔平が演じる”村田丈”は軽妙な話術で人の心を操りながら、人を人と思わぬ冷酷さを持つ“最狂の詐欺師”。大げさなポーズや誇大妄想のような嘘に笑いながらも、徹底した自己中心的な言動に背筋が凍るキャラクターとなっている。


『愛なき森で叫べ』

は、2019年10月11日(金)、Netflixオリジナル映画として全世界190か国へ配信予定。

配信:2019年10月11日(金)、Netflixにて全世界配信予定

監督・脚本:園子温 × 主演:椎名桔平Netflixオリジナル映画『愛なき森で叫べ』
STORY
1995年。愛知県豊川市から上京したシン(満島真之介)は、ジェイ(YOUNG DAIS)とフカミ(長谷川大)に声をかけられ彼らの自主映画
制作に参加。知人の妙子(日南響子)と美津子(鎌滝えり)に出演を依頼する。

彼女たちは高校時代、憧れであったクラスメイトが交通事故で急逝するという衝撃的な事件から未だ逃れられずにいた。引きこもりとなっていた美津子に村田(椎名桔平)から電話がかかってきたのは、世間が銃による連続殺人事件に震撼していたころ。村田は「10年前に借りた50円を返したい」という理由で美津子を呼び出し、巧みな話術とオーバーな愛情表現で彼女の心を奪っていく。だが、村田は冷酷な天性の詐欺師だった。自身の姉も村田に騙されていた妙子によって彼の本性を知ったシンたちは、村田を主人公にした映画を撮り始める。やがて村田は、美津子の父・茂(でんでん)や母・アズミ(真飛聖)をも巻き込み、事態は思わぬ方向へ転がり始める…。

***********************************

Netflixオリジナル映画『愛なき森で叫べ』
監督・脚本:園子温
出演:椎名桔平、満島真之介、日南響子、鎌滝えり、YOUNG DAIS、長谷川大 / 真飛聖、でんでん
プロデューサー:武藤大司
撮影:谷川創平
美術:松塚隆史
照明:李家俊理
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

夏帆の半分ドキュメンタリー!?箱田優子監督が語った!『ブルーアワーにぶっ飛ばす』トークショーイベント


映画情報どっとこむ ralph 主演夏帆×箱田優子初監督作『ブルーアワーにぶっ飛ばす』が10月11日(金)より、 テアトル新宿、ユーロスペースほか全国公開します。

砂田を演じるのは、清純派ヒロインからシリアスな役まで幅広く演じ、多くの映画ファンを魅了してきた演技派女優・夏帆。
親友・清浦には、『サニー 永遠の仲間たち』『怪しい彼女』など韓国で圧倒的な人気を誇り、日本では現在大ヒット公開中の初主演作『新聞記者』(6/28公開)や舞台にも出演するなど今大注目のシム・ウンギョンが扮します。

9月17日に、箱田優子監督と、”『ブルーアワーにぶっ飛ばす』が今年10本の指に入る”と大絶賛の映画ライターSYOさんをお迎えして、トークイベントを行いました。
箱田優子監督&SYO『ブルーアワーにぶっ飛ばす』
『ブルーアワーにぶっ飛ばす』
日時:9月17日(月)
ゲスト:箱田優子監督、SYO(映画ライター)

映画情報どっとこむ ralph 箱田優子監督『ブルーアワーにぶっ飛ばす』 箱田監督:今回、日本では一般のお客さん向けの試写が初めてなので緊張しています。

と挨拶。“今年10本の指に入る”と豪語するSYOさんは、

SYOさん:映画を観た時に泣いてしまって、涙を観られるのが恥ずかしかったんです。少なからず皆さんもそうだと思うんですけど、理論武装をしている人はこの映画で鎧がはがれていく…ありのままでいいんだよと肯定してくれる作品って救われるんですよね。

と映画の感想を述べた。

箱田監督:この作品は、初監督で初脚本なので、やっぱり自分に近しく作ってしまった。TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016のコンペで初めて作った脚本なんですけど、その時は33歳で、主人公と近しい年齢。そして仕事もしていて、旦那もいて、友達もいて、仕事も頑張っている、明日食べるごはんに困っていないし、でも朝がくるととてつもなく寂しい。なにが寂しいかわからないんだけどね。人に言わせると“幸せ病かよ!”と言われそうですけど。

と茶目っ気たっぷりに脚本を書いた時の想いを語った。


主人公の砂田を演じた夏帆とは、現在でも飲みに行く関係の監督。

箱田監督:映画と関係ない、人に言えなかったことを言おうという意味のない飲み会をやっていて、友達にも言えないことを腹を割って話したりしています。あ、内容は言えないんですけど(笑)

と話し、作品に対しては、

箱田監督:気になる点は人それぞれだと思うんですけど、なんとも言えない気持ちをどこにも消化することができなくて、じゃあ映画にしてしまおうと。だから主人公も微妙な立ち位置の映画になってしまったです。ヒーローは出てこないし、サスペンスでもない、ただの日常。でもそんな生きている間にドラマチックなことってないし、そこをもう少し表現できないかなと。こういう映画を作ってしまうと、人にどう思われるか考えててしまうんですけど、思いっきりさらけだした作品です。まさに全裸監督!(笑)

と言及。



SYOさん:今生きている人に届く、魂のような映画だから、泣けたのかも。箱田監督がさらけだしてくれたからこそ、幸せな映画だと感じたのかも。

と話すと

箱田監督:幸せって斬新ですね、初めて言われました(笑)

と監督から突っ込みが。

映画情報どっとこむ ralph 砂田の“秘密の友だち”キヨ(清浦)に対しては、

箱田監督:皆さんキヨってなんなんだ?と思っていると思いますが、私はキヨの話をすると泣いてしまうんですよね。もちろん主人公は砂田なので、砂田を通してキヨを見て欲しいんですけど、自分にはない、自分から離れない、自分を好きでいてくれる人。ほんと“悲しすぎるだろう!”と思って。

と泣きそうな表情を見せた。

キヨを演じたシム・ウンギョンについては

箱田監督:ウンギョンちゃんは本の読み込みが凄くて、生き死に関してもちゃんと把握していた。天才という言葉は安易に使いたくないけれど、悲しみが漂っているキヨを上手なさじ加減で演じていました。

とべた褒め。

SYO『ブルーアワーにぶっ飛ばす』 SYOさん:僕はこの作品を観て、『ロッキー』を思い出したんです。ロッキーもハッピーな映画だと思いきや違う。現実に立ち向かっていくというところが似ているんだと思うんです。

と熱く語った。

更に監督は砂田という人物について、

箱田監督:砂田のいいところは、止まらない、前に進むというところ。そして、攻撃的なセリフを言って自分で傷つく人間らしいところ。

と評価。夏帆の起用については

箱田監督:皆さんの中に10代の頃の彼女のイメージがあると思いますが、いざ28歳になって、夏帆ちゃん自身がどう思っているのかというところを私が見てみたくて、ある意味、この映画は、半分夏帆ちゃんのドキュメンタリーだと思っているんです。その今の夏帆を撮ってみたいと思ったんですよね。


最後に・・・

SYOさん:何回も観るたびに設定を楽しめる映画。生の感情を楽しめる作品だと思います。何度も観て新しく発見してください。

とコメント。

箱田監督:夏帆ちゃんは“地元に帰ってのロードムービーに私はすごく惹かれたんです”と言ってくれて。生きていると勝手に時間が過ぎていく、この映画は昨年の夏の段階の集大成なんだけど、来年、再来年だと、こんな作品になっていないだろうし、今は絶えず過ぎ去っているからこそ、なにができるのか、考える作品になってくれれば嬉しいです。

と話すと、和やかな雰囲気の中イベントは終了した。

映画情報どっとこむ ralph 『ブルーアワーにぶっ飛ばす』

10月11日(金)より、 テアトル新宿、ユーロスペースほか全国公開!

www.blue-hour.jp

ストーリー
30歳の自称売れっ子CMディレクター・砂田(夏帆)は、東京で日々仕事に明け暮れながらも満ち足りた日々を送っている…ように見えるが、口をひらけば悪態をつき心は荒みきっている。ある日、病気の祖母を見舞うため、砂田の嫌いな故郷に帰ることに。ついて来たのは、砂田が困った時には必ず現れる、自由で天真爛漫な秘密の友だち・清浦(シム・ウンギョン)。しかし、再会した家族の前では、都内で身に着けた砂田の理論武装は通用しない…やがて全てを剥がされた時、見ようとしなかった本当の自分が顔を出す―。そして、一日と始まりと終わりの間に一瞬だけおとずれる“ブルーアワー”が終わる時、清浦との別れが迫っていた…。

TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016 審査員特別賞受賞
第43回香港国際映画祭 ヤング・シネマ・コンペティション部門 正式出品
第19回ドイツ日本映画祭「ニッポン・コネクション」ニッポン・ヴィジョンズ審査員スペシャル・メンション受賞
第22回上海国際映画祭アジア新人部門 最優秀監督賞&優秀作品賞受賞
第21回台北映画祭国際 ニュータレントコンペティション部門 正式出品
第13回 JAPAN CUTS~ジャパン・カッツ!正式出品

***********************************


出演:夏帆 シム・ウンギョン  
渡辺大知 / 黒田大輔 上杉美風 小野敦子 / 嶋田久作 伊藤沙莉 高山のえみ / ユースケ・サンタマリア でんでん 南果歩

監督・脚本:箱田優子 

製作:中西一雄 企画・プロデュース:遠山大輔 プロデューサー:星野秀樹 
撮影:近藤龍人 照明:藤井 勇
録音:小川 武 美術:井上心平
編集:今井大介 音楽:松崎ナオ

製作:「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会 製作幹事:カルチュア・エンタテインメント 制作プロダクション:ツインズジャパン 
配給:ビターズ・エンド 2019年/日本/カラー/アメリカンビスタ/DCP5.1ch/92分
(C)2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

西島秀俊 佐藤蛾次郎ら 柴又帝釈天で『任俠学園』ヒット祈願!


映画情報どっとこむ ralph 世の中のルールは絶対守る社会奉仕が大好きな弱小ヤクザ・“阿岐本組(あきもとぐみ)”が義理と人情を武器に、倒産寸前の私立高校や出版社、病院や映画館など、困ってる人たちをボランティア精神で助ける今野敏による人気小説「任俠」シリーズ(中公文庫)が、西島秀俊と西田敏行のW主演で、遂に映画化!シリーズの中でも、特に根強く愛され続ける『任俠学園』が9月27日(金)より公開!

この日は、阿岐本組が拠点を構えているのが葛飾ということで、由緒正しき柴又帝釈天にて西島秀俊さん、伊藤淳史さん、池田鉄洋さん、佐野和真さん、前田航基さんといった阿岐本組を演じる面々と木村ひさし監督、さらには柴又帝釈天といえばこの人、日本が誇る人情コメディシリーズ「男はつらいよ」でもお馴染みで、本作では阿岐本組と仲良しの街のガラス屋の西潟親方を演じる佐藤蛾次郎さんが、“令和”の人情コメディシリーズ化を目指し大ヒット祈願イベントを、実施しました。
西島秀俊、伊藤淳史、池田鉄洋、佐野和真、前田航基、佐藤蛾次郎、木村ひさし監督『任侠学園』柴又帝釈天大ヒット祈願
映画『任俠学園』柴又帝釈天でヒット祈願!
日時:9月17日(火) 
場所:柴又帝釈天
登壇:西島秀俊、伊藤淳史、池田鉄洋、佐野和真、前田航基、佐藤蛾次郎、木村ひさし監督

映画情報どっとこむ ralph 帝釈天の門前に車を乗り付け、佐藤蛾次郎さんを先頭に阿岐本組の面々、木村監督が姿を現すと、帝釈天内の参道に集った一般のお客さんから一斉に歓声が。

参道を通っていくメンバーは、お客さんと笑顔で握手やハイタッチを交わすなど、さすがの”全員善人“ファンサービスで地元密着っぷりをアピール、大きな拍手が沸き上がる。お客さんへの挨拶を終えると、一同は賽銭の上、参拝。その後場所をお堂に移し、ご祈祷を受けました。
西島秀俊、伊藤淳史、池田鉄洋『任侠学園』柴又帝釈天大ヒット祈願

映画情報どっとこむ ralph ご祈祷を終え、再び姿を現すと、なんと阿岐本組のメンバーはおそろいの可愛らしい黄色の法被を羽織って登場。
壇上に上がると、
西島秀俊、伊藤淳史、池田鉄洋、佐野和真、前田航基、佐藤蛾次郎、木村ひさし監督『任侠学園』柴又帝釈天大ヒット祈願
西島さん:こんなに熱い中、帝釈天で祈願ができて、本当にヒットするんじゃないかという気がしてきました!

伊藤さん:ヒット祈願に相応しいような天気ですね。

池田さん:昨日も明日も雨の予報、そして今日は晴れ、さすが晴れ男西島秀俊!

と、メンバー一同声を揃えていうように、この日はまさに快晴に恵まれた。すると

佐藤さん:実は僕も晴れ男(笑)寅さんを50年やってるけどこうして帝釈天でステージに上がるなんて初めて。この(紫の)はらまきも最初の寅さんの時からしているやつで、寅さんも年末にまた映画が〜

と気づけば寅さんの宣伝をはじめてしまい、これには壇上のキャスト、スタッフ、一般客も大爆笑。



帝釈天での参拝の感想を求められ

伊藤さん:手を合わせると鳥肌が立つような、みんなでこうしてお参りして本当にこの映画をヒットさせたいという気持ちが一層ぐっときました。

とコメント。

佐藤さん:寅さんと同じようにこの映画も人情があっていい映画です。

と言うように情味あふれる本作では、西島さんの発案でキャスト陣は、ひで坊(西島)、あっくん(伊藤)、てっちゃん(池田)、かず坊(佐野)、まる(前田)といったように

池田さん:先輩後輩関係なくあだ名で呼び合うことで仲を深めた。

と池田さんが西島さんの男気ある裏話を披露。
さらに仲を深めたエピソードとして

佐野さん:反省会という名の飲み会で、僕らみたいな若手も誘ってくれて、その時に西島さんが『お前が大きくなったら、お前の作品にださせてくれよ』と約束してくださったのが嬉しくて、それを思って頑張ってます。

と素敵な反省会秘話を披露。
また組長役の西田敏行さんとの共演シーンが多かった前田さんは

前田さん:言葉じゃ表せないくらいオーラがすごくて圧倒されました。(本番でなく)テストでやっている時に一瞬でも気を抜いてしまうと、いち視聴者の気分になって、それくらい憧れの人と一緒にやれて嬉しかったです!

と撮影を振り返る。

そんな阿岐本組の面々を

木村監督:最初にイメージしていたものより、撮影をしながらそれぞれの役が膨らんでいった感じで、こういったこともなかなかないので、貴重な体験をさせてもらったかなと思います。

と述懐。

最後に・・・

西島さん:笑って泣ける世直しエンターテイメントで悪いことは一切しないヤクザが、学校を再建しようと、学生達と徐々に個々をを通わせて、最後はそんな彼らの背中を押していくような、本当に笑って笑って、そしてじーんと泣けるそんな作品です。ぜひぜひ劇場に脚をお運びください!

と締め、大きな拍手に包まれて人情味あふれるあたたかな大ヒット祈願イベントを終了した。

映画情報どっとこむ ralph 映画『任俠学園』

9月27日(金)全国公開!

『任侠学園』© 今野 敏 / © 2019 映画「任俠学園」製作委員会
物語・・・
困っている人は見過ごせない、義理と人情に厚すぎるヤクザ”阿岐本組”。組長は社会貢献に目がなく、次から次へと厄介な案件を引き受けてしまう。今度はなんと、経営不振の高校の建て直し。いつも親分に振り回されてばかりの阿岐本組NO.2の日村は、学校には嫌な思い出しかなく気が進まなかったが、“親分の言うことは絶対”!子分たちを連れて、仕方なく学園へ。待ち受けていたのは、無気力・無関心のイマドキ高校生と、事なかれ主義の先生たちだったー。

***********************************


出演: 西島秀俊 西田敏行

伊藤淳史 葵わかな 葉山奨之 池田鉄洋

佐野和真 前田航基 ・ 戸田昌宏 猪野学 加治将樹 川島潤哉 福山翔大 ・ 高木ブー 佐藤蛾次郎 ・

桜井日奈子 白竜 光石研 中尾彬(特別出演) 生瀬勝久

原作: 今野 敏『任俠学園』(中公文庫)
脚本:酒井雅秋 / 監督:木村ひさし

幹事・配給:エイベックス・ピクチャーズ
企画・制作プロダクション:ROBOT
©今野 敏 / ©2019 映画「任俠学園」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ