「新着VIEW」カテゴリーアーカイブ

早稲田大学で北朝鮮が見えるトークショー


奇妙で不可解な国は知られざる映画王国だった!

北朝鮮の映画界に初めて密着したドキュメンタリー

『シネマパラダイス★ピョンヤン』


が、3月8日(土)より、渋谷 シアター・イメージフォーラムほかにて全国順次公開となります。

それに伴い昨日1月25日(土)に公開に先駆けて早稲田大学・大隈記念講堂小講堂にて試写会を実施されました!

そして試写後には、北朝鮮をはじめとするアジアを長きにわたって取材してきたジャーナリストの野中章弘氏(アジアプレス・インターナショナル代表)。さらに、日本での在日同胞向け情報紙「朝鮮新報」を発行する朝鮮新報社・鄭茂憲 記者をゲストスピーカーに招き、“将軍様のハリウッドから覗いた北朝鮮!”をテーマに、現在の北朝鮮の知られざる実情に迫るトークショーを実施されました。

【シネパラ】トーク鄭氏(右)野中氏(左)
野中氏:「僕自身、一度も北朝鮮に行ったことがなく、マスメディアが流す情報は限られていて、そこで一般の人々の姿を目にすることはあまりない。しかも隣の国でありながら北朝鮮の一般の人と出会う機会がない中で、この映画を観ると、北朝鮮で生きる人々の素顔が垣間見れ、彼らも我々と同じようなことで、喜んだり、涙をながしたりするんだということがわかる。カメラを通して、呼吸や鼓動を感じることができて非常に興味深かったです。」

一方、北朝鮮に支局を持つ、朝鮮新報社の記者として、2012年以降、2年のうち半分はピョンヤンに滞在している鄭氏。

鄭氏:「まず、映画監督の父と女優の母というエリート一家で育った模範的な青年と、自由な女子大生の対比が面白く、特に、女子大生の家にクルーが入り、一般家庭の朝ゴハンのシーンを撮影できたのはかなり異例。食卓のおかずやお化粧のシーンなど、海外のメディアがよく撮影できたと思います。そういう意味で非常に素の部分がよくでていた」

と感心した面持ちで感想を語られました。

さらに、鄭氏によると、北朝鮮における映画とは、日本のように商業的なものではなく、あくまで社会啓蒙の手段として製作されているとのことで、中には恋愛映画のような娯楽作もあるという。しかも

鄭氏:「名作になってくると長編が何部作も続けて製作されるのが常で、本作の中にも出てくるキム・ジョンイルが作った撮影所は、日本でいうと京都にある映画村(太秦)のようなところ。そこには日本など各国のセットがあり、『名もなき英雄たち』という10部作もあるスパイ映画では、その主人公が各国で活動するシーンをそのセットで撮影した」
といった、北朝鮮の映画界にまつわる興味深い話も続きました。


また、そのあとの質疑応答では、予定時間を大幅に超えるほど観客から多くの質問が挙がり、日本を含む海外メディアの報道をどう思うか、という質問に対しては

シネパラ★ピョンヤン-ポスター鄭氏:「普段TVや新聞などの報道は、朝鮮をすべて政治化し画一化させたものとして報道されていると思う。実際2千万人の人が暮らす、その生活や文化の息吹は日本のメディアからは感じられない」

野中氏:「ジャーナリズムはイデオロギーではなく、事実から出発するのが大前提。そして住んでいる人に思いをはせ、歴史的な文脈からみていくことが必要。この映画をみることは良い機会だと思う」

という話など、多岐にわたり、この映画に対する観客の関心の高さが感じられるトークショーとなった。

『シネマパラダイス★ピョンヤン』は3月8日(土)シアター・イメージフォーラムほかにて全国順次公開です。
********************************************************************



『シネマパラダイス★ピョンヤン』
【2012年/シンガポール/朝鮮語・日英字幕/93分
 原題:The Great North Korean Picture Show】

監督:ジェイムス・ロン、リン・リー『アキ・ラーの少年たち』
配給:33 BLOCKS
コピーライト:(C)Lianain Films
公式サイト:http://www.cinepara-pyongyang.com/
公開表記:3月8日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開


ハイテンション中川翔子「ヌイグルマーZ」初日舞台挨拶


『ヌイグルマーZ』初日舞台挨拶
宇宙一の特撮LOVE映画
愛する者を守るため、ぬいぐるみになることを選んだヒーロー!
主演の中川翔子さんの想いがギュッと詰まった

『ヌイグルマーZ』

本日1月25日(土)が全国公開となりました!!

そして、本作の

「ヌイグルマーZ」初日舞台挨拶が行われました!


開催日:1月25日(土)
登壇者:
中川翔子、武田梨奈、市道真央、高木古都、北原帆夏、井口昇監督

中川祥子さんのご挨拶!

中川翔子さん:ついに運命の日がやってまいりました!
ピンクいっぱい夢いっぱい愛いっぱい、女の子いっぱいロリータいっぱい!宇宙の素敵が詰まったカオスな映画は他にございません。人生の夢の集大成「ヌイグルマーZ」本日公開初日舞台挨拶を迎えました!満員御礼ありがとうございます!

メッチャ!ハイテンションなスピーチから始まりました!

『ヌイグルマーZ』初日舞台挨拶_中川翔子
中川翔子さん:生きてきてよかった!
過去に黒歴史の瞬間と握手が出来た映画です。
ヒーローになりたかった、一生懸命ヌンチャクを練習していた全てが『ヌイグルマーZ』の栄養になりました!
オタクで良かった!

武田梨奈さん:緊張し過ぎてトイレにiPODtouchを落としたんですけど。。。舞台挨拶前に電源を入れたら付きました!奇跡です。ヌイグルマーのおかげです!女の子がヒロインじゃなくてヒーローになりたい願望があって、その夢を叶えられた作品なので皆さんの勇気につながると思います。勇気の一歩にして下さい。

『ヌイグルマーZ』初日舞台挨拶_武田梨奈
市道真央さん:初日迎えることが出来て大変うれしいです。女の子の出演者が多くて男性の方にも女性の方にも凄くキュンキュンしてもらえる作品です!

『ヌイグルマーZ』初日舞台挨拶_市道真央
高木古都さん:マイクを持ったら良手ふさがっちゃうんです。(片腕がマシンガンになっています)久しぶりにこの恰好が出来てうれしいです。

『ヌイグルマーZ』初日舞台挨拶_高木古都
北原帆夏さん:この作品は私にとって初めての作品で、すごく緊張とか不安とか沢山あったのですけど、監督さんの優しい人柄と共演者の皆さんの気遣いとか、楽しい現場で演じさせていただきました!

『ヌイグルマーZ』初日舞台挨拶_北原帆夏
井口昇監督:井口~!の男性のコールが沸き起こり。。
どうしましょう。。こう見えても監督です。皆さんご来場ありがとうございます。思えば2年前に原作者の大槻ケンヂ さんと喫茶店でこの作品を撮らせていただきたいと話してから2年間。ついにこの日が来ましたうれしいですね~。

『ヌイグルマーZ』初日舞台挨拶井口昇監督
中川さん:監督、大槻さん、私、学生時代(ひとり)ぼっちで過してきた3人が出会って出来上がった作品。ぼっちでよかったー!

井口監督:本当に良かった!

中川さん:黒歴史が白歴史に変わった瞬間です!そう思われる作品です。
日本で一番綺麗なキックの打てるアクション女優 武田梨奈さん。憧れの豪快イエロー市道真央ちゃんとの共演。ヌンチャクでゾンビを倒して。。何度昇天したことか!生きてきてよかった。皆さんの力で続編を目指させて下さい!女の子が楽しめる特撮。ファッションとかピンク、ロリータいろんな意味で斬新な映画です。

『ヌイグルマーZ』初日舞台挨拶3
井口監督:普段から余り男らしくはないんです。女子の世界に憧れていて。現場が女子会みたいで。。
中川さん:監督は両手でマカロンをもってリスみたいに食べてましたよね。
井口監督:この映画を撮るために映画監督になったようなものなんです。常に笑顔だったんです~。


高木さん:監督のインパクトが強過ぎて。私水着になっているんですけど、そのシーンの時に監督が大爆笑して。NGに。凄い監督だなって思いました。

北原さん:役もそうなんですけど、皆さんユーモアーのある方ばかりで、そして監督の笑顔が皆を和ませていたんだと思います。楽しかったです。

『ヌイグルマーZ』初日舞台挨拶2中川さん:ある意味帆夏ちゃんが大人で。武田梨奈ちゃんのキルビリーと言う男装の麗人もやってるのですが、腰にダメージを負っているシーンでは私と市道真央ちゃんは、ひゃーって!興奮して!監督も興奮して!

井口監督:僕は興奮するとおねー言葉になっちゃうんで。。GO~ODって!

市道さん:今まで守る方だったんで。。ビリーとしてかばってくれる所が、キューンとして。流し眼とかもカッコいいんです。キャ~キャ~言っていたら、隣で監督もキャ~って言っていたんです。

『ヌイグルマーZ』初日舞台挨拶 武田さん:今回は齋藤工さんはイケメンですが、今回はダサい役なので、彼を(イケメン度で)超えてやるって思ってました!

中川さん:女の子が兎に角強い!
個性様々で自分を持っていて、ステキな生き方。そして女子の仲って一端こじれると凄い難しいけど。お互いを認め合った瞬間に永遠のものになる。そういうまじめなテーマも根底に流れています。

Yahoo!急上昇ワードで「ヌイグルマーZ」が2位でした!都知事選より上!皆さんのお力で是非『ヌイグルマーZ2』の夢を観させて下さい。

MC:熊のぬいぐるみだけに熊手を用意しました!のでフォトセッションを。

『ヌイグルマーZ』初日舞台挨拶フォトセッション中二男子・女子の妄想の詰め合わせみたいな映画

映画『ヌイグルマーZ』

は、本日1月25日(土)から新宿バルト9ほか全国ロードショー公開中です!

公式HP: http://ngz-movie.com

********************************************************************


『ヌイグルマーZ』

ストーリー ・・・
愛する者を守るため、ヌイグルミになる事を選んだ少女の物語
地球でテディベアに寄生した綿状生命体。自分を”ブースケ”と呼び抱きしめてくれた響子ちゃんを守る事を胸に誓う。そんな彼らは、ロリータファッションに身を包み何をやってもダメな夢子と同居を始める。失敗ばかりで落ち込む彼女にブースケは、響子ちゃんを共に守り抜こうと声を掛ける。やがて世界の危機の中で、響子ちゃんが危機に陥った時、夢子とブースケが一つになり新ヒーロー”ヌイグルマー”が誕生するとは、この時の彼らには知る由もなかった。滅亡に瀕する世界!邦画最多数ゾンビが”阿波踊り”で高円寺を蹂躙!ゴスロリとマシンガン!ピンクの拳が悪を裁(た)つ!

出演:中川翔子 武田梨奈 市道真央 猫ひろし 高木古都 北原帆夏 ジジ・ぶぅ 斎藤工 平岩紙、山寺宏一(声)、阿部サダヲ(声)
監督:井口昇
原作:大槻ケンヂ
脚本:井口昇/継田淳
ヌイグルマーデザイン:鶴巻和哉/コヤマシゲト
劇中歌:特撮  音楽:福田裕彦  企画・制作/ガンジス
配給: キングレコード/ティ・ジョイ
©2013ヌイグルマーZ/フィルム・パートナーズ
2014年1月25日(土) 新宿バルト9ほか全国ロードショー


特典『痛.弁天丸』付き前売り券予約開始さ



この度、2月22日(土)にて公開される

『モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPEACE .亜空の深淵-』


第2弾特典付き前売り券として、弁天丸のプラモデルセットを発売することが決定しました。

アニメーションキャラクター原案のあきまん氏の作画による肉感的な主人公 加藤茉莉香とチアキ・クリハラが描かれた「痛」仕様のデカールとなります。キットは模型・プラモデルメーカーのハセガワならではの精密感溢れる造形となってます。
モーレツ★宇宙海賊
★アニメーションキャラクター原案 あきまん氏による描き下ろしの加藤茉莉香&チアキ・クリハラをあしらった『痛.弁天丸』! 弁天丸の船体に描かれているのは、船長姿の加藤茉莉香と水着姿のチアキ・クリハラ。

ファミマ・ドット・コム海明星支店でしか手に入らない特典付き前売り券の第2弾です!

モーレツ宇宙海賊弁天丸
モーレツ宇宙海賊弁天丸 加藤茉莉香

★弁天丸の制作には、“飛行機のハセガワ”と呼ばれるハセガワ クリエイターワークス!

今回、加藤茉莉香が船長を努める宇宙船「弁天丸」のプラモデル制作を担当するのは、

“飛行機のハセガワ”と呼ばれる、模型・プラモデルメーカーの老舗ハセガワのクリエイターワークスシリーズ。
ハセガワならではの精密感溢れる造形で、お届け!ブリッジは通常時/戦闘時のポジションを選択可能。

船首及びエンジンポッド側面のマーキングなどを再現するためのデカールと、展示用のスタンド付きでーす。

モーレツ宇宙海賊弁天丸
モーレツ宇宙海賊弁天丸 チアキ・クリハラ

「モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵-」

ファミマ・ドット・コム海明星支店にて
1月24日(金)正午12時より予約販売開始。

http://www.famima.com/mo-retsu/
価格:5,280円(税込)

商品名
1:1300スケールプラモデル モーレツ宇宙海賊 痛.弁天丸
劇場版モーレツ宇宙海賊 映画前売券セット

商品サイズ
プラモデル完成品 全長171mm BOXサイズ:約190×290×50mm

製造国 日本
さあ、海賊の時間だ!

『モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPEACE .亜空の深淵-』


2月22日(土) 新宿バルト9ほか、全国ロードショー!

公式HP: http://www.starchild.co.jp/special/mo-retsu/gekijo/

********************************************************************



「モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵-」

CAST/小松未可子/下田麻美/花澤香菜/戸松遥/金元寿子/小見川千明/伊藤静/松風雅也/藤原啓治/堀江由衣/三宅健太/水原薫/松岡禎丞/佐藤利奈/日笠陽子/三森すずこ/安野希世
乃/内田真礼/野村香菜子/巽悠衣子/佐藤聡美/赤﨑千夏/西明日香/高森奈津美/茅野愛衣/南條愛乃/伊瀬茉莉也/松本保典/安元洋貴/甲斐田裕子/能登麻美子/小山力也/飛田展男

STAFF/監督・脚本 佐藤竜雄/
原作 朝日ノベルズ刊「ミニスカ宇宙海賊」(著:笹本祐一・イラスト:松本規之)
企画協力 朝日新聞出版/副監督 中山勝一/企画 森山敦、佐藤道明/
アニメーションキャラクター原案 あきまん/
アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督 堀内修/
メカ・プロップデザイン 河森正治、鷲尾直広、寺岡賢司、鈴木雅久、宮崎真一/
小物デザイン 吉川美貴、秋篠 Denforword 日和/術監督 小倉宏昌/美術設定 ロマン・トマ、ブリュネ・スタニスラス、ニエム・ヴィンセント、ルガル・ヤン、佐藤正浩/色彩設計 谷本千絵/CGIプロデューサー 橋本トミサブロウ/モニターグラフィックス 石川寛貢
3DCGI 佐々木達朗/撮影監督 岩崎敦
編集 坪根健太郎/音響監督 明田川仁
音響効果 山谷尚人/
音楽 Elements Garden(上松範康・藤田淳平・藤間仁・Evan Call)
音楽制作 スターチャイルドレコード
アニメーション制作 サテライト/配給 キングレコード
ティ・ジョイ/製作 劇場版モーレツ宇宙海賊製作委員会


『神奈川芸術大学映像学科研究室』明日公開


”SKIPシティDシネマプロジェクト第4弾”として、株式会社DSSが配給する

『神奈川芸術大学映像学科研究室』


神奈川芸術大学映像科研究室が、明日25日(土)より新宿・武蔵館で2週間限定レイトショー公開されます。

新進気鋭の坂下雄一郎監督が、不条理な人間模様をシニカルな視点で描いた本作には、白石和彌、大森一樹、黒沢清、長谷川和彦監督をはじめ映画業界の各方面から高い評価の声が寄せられている作品です。

白石和彌監督、黒沢清監督はトークイベントにも登壇されるそうです!

公開期間は、

上映期間: 1月25日(土)より2月7日(金)までの2週間
上映時間: 各日共、21:00開映(本編70分)
劇 場  : 新宿武蔵野館 
       http://shinjuku.musashino-k.jp/
入場料金: 当日券¥1,800.-
『神奈川芸術大学映像科研究室』
初日舞台挨拶他、連日、坂下監督と豪華ゲストによる舞台挨拶(初日)とトークイベントを開催!するそうです。
(初日のみ上映前21:00より、以降は上映終了後開演。終演は22:45前後を予定)

登壇者(予定) 随時公式Webサイトに掲載
(坂下雄一郎監督は各日登壇)
———————————————————————-
1月25日(土) 【初日舞台挨拶】 出演:飯田芳さん、笠原千尋さん、前野朋哉さん他
1月26日(日) 松崎まことさん(放送作家)×松崎健夫さん(映画文筆家)
1月27日(月) 今泉力哉監督(『サッドティー』)
1月28日(火) 中野量太監督(『チチを撮りに』)
1月29日(水) 森岡龍さん(俳優・映画監督)×前野朋哉×嶺豪一
1月30日(木) 富山省吾さん(日本アカデミー賞協会事務局長)
1月31日(金) 白石和彌監督(『凶悪』)
2月 1日(土) 黒沢清監督(『Seventh Code』)
2月 2日(日) 赤ペン瀧川先生(俳優・演出家・なんでも添削家)
2月 3日(月) 三宅唱監督(『Playback』)
2月 4日(火) コトブキツカサさん(映画パーソナリティ)
2月 6日(木) 石塚慶生さん(映画プロデューサー『武士の献立』)
——————————————————————-
『神奈川芸術大学映像科研究室』-2
映画『神奈川芸術大学映像学科研究室』公式サイト
http://kanagei.com/
SKIPシティDシネマプロジェクト 公式サイト
http://s-dp.com/

********************************************************************

出演:
飯田 芳 笠原千尋 前野朋哉 宮川不二夫 高須和彦 中村有 嶺豪一 中本章太 細井学

監督・脚本:坂下雄一郎
製作:東京藝術大学大学院映像研究科
配給:デジタルSKIPステーション
協力:コミュニティシネマセンター 2013/日本/70分/ビスタc
東京藝術大学大学院映像研究科


待ってたぜ!ジェット・リー ドラゴン・コップス


待ってたぜ!ジェット・リー
中国で観客動員1000万人突破!
ついに”噂”のスーパーポリス・アクション日本上陸!

『ドラゴン・コップス-微笑捜査線-』


ジェット・リー最新作『ドラゴン・コップス-微笑(ほほえみ)捜査線-』(原題『不二神探』)が3月21日(金)(シネマート六本木、シネマート新宿ほか全国公開)に公開されます!
ジェット・リー-ドラゴン・コップス
ドラゴン・コップスポスターそして、このほどポスタービジュアルも完成!

ポスターは、香港の煌びやかな夜景をバックに、渋くベテラン刑事然としたジェット・リーをメインに据え、背中合わせのウェン・ジャンと共に、悪を打ち砕く意志を感じさせるビジュアルとなりました。

香港を震撼させたセレブ連続殺人事件を追う、百戦錬磨のベテラン刑事のジェット・リーと新米チャラ男刑事ウェン・ジャンの、香港映画史上“最強のあぶない刑事(デカ)”、人呼んで「ドラゴン・コップス」を8分に一度のクンフーアクション、5分に一度の大爆笑で描き、中国では既に観客動員1000万人を突破した大注目作です!

『ドラゴン・コップス-微笑捜査線-』は3月21日(金)公開です!

公式サイト:dragon-cops.com

********************************************************************


『ドラゴン・コップス-微笑捜査線-』
出演:
ジェット・リー“中国武術界の至宝”
ウェン・ジャン『西游 降魔篇』(原題/2014年公開)
ミシェル・チェン『あの頃、君を追いかけた』
リウ・シーシー「宮廷女官 若曦(ジャクギ)」
リウ・イエン『画皮 あやかしの恋』
監督:ウォン・ジーミン
武術指導:コリー・ユン師父(元・七小福)

[2013年/中国/北京語/カラー/スコープサイズ/DCP・5.1ch/上映時間:1時間38分/原題:不二神探]
©2013BEIJING ENLIGHT PICTURES CO., LTD.HONG KONG PICTURES INTERNATIONAL LIMITEDALL RIGHTS RESERVED.