「新着VIEW」カテゴリーアーカイブ

藤江れいなスピンオフ短編予告と主題歌解禁



瑞々しい田園風景。神奈川県・下村。18年間父と母の愛情を一身に受け育った大塚あやめは、高校卒業を控え進学のためここを出て行く。翌日に卒業式を控えた朝、目を覚ました彼女は…。


2014年秋公開予定の劇場長編映画「いつかの、玄関たちと、」のスピンオフ作品として製作された、勝又悠監督×藤江れいなの最新作。

「ワールド オブ ザ 体育館」

藤江演じるあやめの、卒業式前日にスポットを当てたファンタジックな短編。

「いつかの、玄関たちと、」劇場公開に先駆け、2014年6月下旬よりWEB映画館「Funtheater(ファンシアター)」http://funtheater.jpにてweb限定配信されることとなったそうです。

まずは予告編を公式HPにて初公開: http://taiikukan.itsugen.jp/

主題歌は名古屋を拠点に活動するMASHの新曲「パレード」。また本編の「いつかの、玄関たちと、」も同じくMASHの楽曲が主題歌を飾ることも決定しているそうです。

主題歌:MASH(マッシュ)
公式サイトはhttp://mashhour.jp

ワールド-オブ-ザ-体育館
ストーリーは、

美しい木々に囲まれた町。神奈川県下村。
この町には小学校や中学校はあっても、高校がない。
高校へ通うためには、バスに乗らなければならない。
渇いたチャイムが鳴る。山奥にそびえたつ、北足柄高校。
次の日に卒業式を控えた、大塚あやめ(18)は目を覚ます。
しかし、あやめの目にしたものは、変わり果てた体育館の風景だった。

無造作に設置されたピアノ、規律正しく並んだベッド、スポットライトが当たったステージ、殺風景ないつもの体育館と別物の体育館。

現実なのか夢なのか、見当もつかない、日常とは切り離されたその空間が、あやめを少しだけ大人にする。

いつもいつもひんやりと冷たかった体育館。

これは高校生活という世界の終焉。輝かしい過去に向けた惜別の言葉たちが、舞う。ショパンの「ノクターン」よりも相応しい、煌びやかな光たちに囲まれて、一人きりの卒業式が、今、始まる。

********************************************************************


<キャスト>藤江れいな
<スタッフ>監督・脚本:勝又悠
プロデューサー:中村勇介
制作プロダクション:STROBO RUSH


『ダイバージェント』2つのポスタービジュアル解禁


たった一度の“性格診断”で未来は決まる!

最終戦争後の未来社会に現れる異端者(ダイバージェント)とは!?

映画『ダイバージェント』

7月11日(金)の公開日決定を受けて、超異例の2つのビジュアルが完成!解禁となりました。

解禁となったのは、日本オリジナルバージョンとインターナショナル・バージョンの、全く印象の異なる2パターン。いずれも主人公のトリス(シャイリーン・ウッドリー)と、彼女が診断を偽って加入することになる共同体【勇敢】の教官となるフォー(テオ・ジェームズ)のふたりを大フィーチャーしたもの。

ダイバージェント
ダイバージェントメインポスター日本オリジナルバージョンは、

<たった一度の性格診断で未来は決まる>

の強烈なキャッチコピーと共に、まっすぐ前を見つめる力強い表情を大きく捉える。

5つのファクション(共同体)アイコンの先に浮かびあがるのは、最終戦争から100年後のシカゴの都市景観。

閉塞した新たな社会体制の中に差し込む光は、5つのファクションに分けられた未来で、自我に目覚め覚醒する“異端者”(ダイバージェント)であるトリスをという存在を表現しています。

ダイバージェント サブポスターハリウッド発のインターナショナル・バージョンは、

<異端者よ、今こそ覚醒せよ>

のキャッチコピーで、“異端者”(ダイバージェント)として覚醒するトリスと、彼女と共にあるフォーの新たな旅立ちを予感させるビジュアル。

不穏な風がなびく中、自分たちが生きるシカゴを見下ろせる高台から「何か」を見据えるふたり。

彼らの未来に待ち受けているものは一体何なのか。これからの疾走を予感させるスタイリッシュなデザインとなっています。

映画『ダイバージェント』

7月11日(金)TOHOシネマズ有楽座他、全国ロードショーです!

公式HP:divergent.jp



********************************************************************


映画『ダイバージェント』
出演:シャイリーン・ウッドリー、テオ・ジェームズ、アシュレイ・ジャッド、ジェイ・コートニー、レイ・スティーブンソン、ゾーイ・クラヴィッツ、マイルズ・テラー、トニー・ゴールドウィン、アンセル・エルゴート、マギー・Q、ケイト・ウィンスレット

監督:ニール・バーガー
原作:ベロニカ・ロス「ダイバージェント 異端者」(KADOKAWA刊)
配給:KADOKAWA
TM & ©2014 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.


スパイク・ジョーンズ トークイベント決定


スパイク・ジョーンズ監督4年ぶりの長編最新作として、6月28日(土)より全国ロードショーとなります

『her/世界でひとつの彼女』

ホアキン・フェニックス、エイミー・アダムス、ルーニー・マーラ、そして主人公を魅了し、ときに翻弄する人工知能型OSシステム“サマンサ”の声だけの出演にスカーレット・ヨハンソンと、豪華キャストが紡ぐ、誰も感じたことのない愛おしさ、切なさがぎゅっと詰まったラブストーリーです。

her/世界でひとつの彼女 Photo courtesy of Warner Bros. Pictures
her/世界でひとつの彼女
Photo courtesy of Warner Bros. Pictures


そして今回。
本年度アカデミー賞で自身初のオスカー獲得となる脚本賞を受賞し、約4年半ぶりの来日が決定したスパイク・ジョーンズ監督が、この度Apple Store, Ginzaで開催される「Meet the Filmmaker」に登壇することが決定いたしました!
スパイク・ジョーンズ Photo by Sam Zhu
スパイク・ジョーンズ
Photo by Sam Zhu

「Meet the Filmmaker」は第一線で活躍する映画作家の生の声が聞ける人気イベント。

これまでにも山田洋次、是枝裕和、石井裕也など、新進気鋭から巨匠まで名だたる監督が登場しています。当日は、スパイク自らが本作の魅力や見どころ、制作秘話など、ここでしか聞けないエピソードを語る予定です。

イベント概要
日時:5月28日(水)
場所:Apple Store, Ginza / 3F シアター
東京都中央区銀座3-5-12. サヱグサビル本館.
登壇者(予定):スパイク・ジョーンズ
18:00 開場 18:30 トークショー開始

本年度アカデミー賞(R)オリジナル脚本賞受賞のストーリーは

そう遠くない未来のロサンゼルス。ある日セオドアが最新型のAI(人工知能)型OSを起動させると、画面の奥から明るい女性の声が聞こえる。彼女の名前はサマンサ。
AIだけどユーモラスで、純真で、セクシーで、誰より人間らしい。セオドアとサマンサはすぐに仲良くなり、夜寝る前に会話をしたり、デートをしたり、旅行をしたり・・・

一緒に過ごす時間はお互いにとっていままでにないくらい新鮮で刺激的。ありえないはずの恋だったが、親友エイミーの後押しもあり、セオドアは恋人としてサマンサと真剣に向き合うことを決意。しかし感情的で繊細な彼女は彼を次第に翻弄するようになり、そして彼女のある計画により恋は予想外な展開へ―!

”一人(セオドア)とひとつ(サマンサ)”の恋のゆくえは果たして―?

今の時代だからこそ誕生した、ラブストーリーの新たな金字塔。

『her/世界でひとつの彼女』
6月28日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー

公式サイト:http://her.asmik-ace.co.jp/
公式Facebook:https://www.facebook.com/her.spikejonze
公式Twitter:https://twitter.com/her_spikejonze



********************************************************************


『her/世界でひとつの彼女』

監督&脚本:スパイク・ジョーンズ
出演:ホアキン・フェニックス エイミー・アダムス ルーニー・マーラ
オリヴィア・ワイルド スカーレット・ヨハンソン


『2つ目の窓』カンヌ国際映画祭からコメント


カンヌ国際映画祭・公式上映作品。世界が絶賛した河瀨直美の最新作にして最高傑作が、日本公開へ。

『2つ目の窓』

7月26日(土)全国ロードショー
公式サイト :futatsume-no-mado.com

「この世界は、美しい」と語る河瀨直美が贈る、繋がっていく命の奇跡。
この夏、「映画の力」をもう一度、信じたくなる―。

2つ目の窓メイン
現在行われている第67回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品中の本作。

河瀨監督と共に出演者村上虹郎、吉永淳、松田美由紀、渡辺真起子、村上淳が公式会見に登場。会見で語られたコメントも到着しました!

登壇者:河瀨直美監督、村上虹郎、吉永淳、松田美由紀、渡辺真起子、村上淳

【フォトコール】
現地時間 5月20日(火)12:00~
日本時間 5月20日(火)19:00~
【公式会見】
現地時間 5月20日(火)12:30~
日本時間 5月20日(火)19:30~

フォトコール後に行われた公式会見に河瀨監督と主演村上虹郎、吉永淳が登壇。

2つ目の窓_カンヌ国際映画祭02
河瀨監督コメント
(MC:賞にかける思い?)
こ組賞にかける思い世界一だと思っています。こ作品に関わった人たち技術や想いとても素晴らしく、こ映画で自分たち欲望を満たすでなく、大切なもを伝えたい。記録と言うよりも、自分自身歩みが嘘でなかったという証になればいいと思っています。
(MC:自然美について)
自然本当に美しい。それと同時に怖さもあります。日本3年前に大災害を経験しました。現在も故郷に戻れない人がたくさんいます。そういった自然驚異にさらされながらも故郷にこだわるなぜなか、ということを知りたかった。こ映画自然驚異に耐える人間底力を表現しました。奄美に神と人間間を生きるユタ神様がいます。(松田さんが演じたこ役)とても難しい役だけど、素晴らしい生き様を映画に刻み付けてくれました。

村上虹郎さんコメント
映画もカンヌも初めてで、監督に出会えて本当に良かったです。現場つらかったけれど、みんなに出会えてよかった。時間があまりなくて旅行みたいでカンヌに来ちゃったって感じです。ホテルもすごいところに泊まれて良かったです。

吉永淳さんコメント
初めてカンヌあこがれ舞台で、今ここに立っていても実感がわきません。河瀨監督作品に出演させていただき、スタッフやキャストみなさんに杏子という人物を生かしていただきました。そおかげでここにいることに大変感謝しています。

会見終りに、会見場に顔を見せていた松田美由紀、渡辺真起子、村上淳を監督が呼び込み、記者みなさんに紹介する場面も。初大舞台に緊張を隠せない吉永淳緊張あまり涙を見せる初々しさをみせていたようです。

2つ目の窓_カンヌ国際映画祭_オフィシャルスチール01
授賞結果、5月24日(土)に行われる授賞式で発表となります。

2つ目の窓
7月26日(土)全国ロードショー
公式サイト :futatsume-no-mado.com

カンヌ国際映画祭_写真(c) Kazuko Wakayama
********************************************************************


作品紹介 :神の島・奄美大島を舞台に、二人の少年少女の初恋と成長を通して描かれるのは、限りある時間の中で人が持つべき「生きる覚悟」と、人生に真摯に向き合う者たちの愛と無常。

魂が浄化されるような壮大な自然の中で、生きとし生けるものすべてに宿る「希望」が胸を打つ。

出演:村上虹郎、吉永淳、杉本哲太、松田美由紀、渡辺真起子、村上淳、榊英雄、常田富士男

監督・脚本:河瀨直美  
企画・制作プロダクション:組画   
配給:アスミック・エース
(C)2014“FUTATSUME NO MADO” JFP, CDC, ARTE FC, LM.


「薔薇色のブー子」前夜祭舞台挨拶決定


指原莉乃、ユースケ・サンタマリア、ムロツヨシ、福田雄一監督登壇爆笑必至!! 前夜祭舞台挨拶決定!本日5月21日(水)朝11:00~プレリザーブで受付開始!


今、最も勢いのある日本を代表する喜劇作家と、NO.1アイドルの最強タッグが実現した、話題の映画、

『薔薇色のブー子』
2014年5月30日(金)全国ロードショー

公式サイト:http://bu-ko.jp/

この度、公開を記念してキャスト、監督による前夜祭舞台挨拶が決定!舞台挨拶の様子は「指原24時間テレビ」の中でも中継されます。

舞台挨拶は、TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、指原莉乃、ユースケ・サンタマリア、ムロツヨシ、福田雄一が登壇予定。

さっしーは29日昼12:00から、テレビ朝日のスタジオにて24時間のPR番組『映画『薔薇色のブー子』公開記念特番 指原24時間テレビ ブー子は地球を救う』に出演中に、スタジオからそのまま舞台挨拶に駆けつけます!


チケットは本日、5月21日(水)朝11:00~チケットぴあ プレリザーブで受付開始!(プレリザーブ受付は23日(金)朝11:00まで 5月23(金)夕方抽選・当選発表)一般発売は、5/24(土)からチケットぴあにて行われます。

「薔薇色のブー子」メイン
『薔薇色のブー子』 前夜祭舞台挨拶 詳細
開催日時:5月29日(木) 18:30 舞台挨拶スタート 
  19:00~上映開始予定(本編上映時間 93分)
場所: TOHOシネマズ六本木ヒルズ
登壇者:指原莉乃、福田雄一監督、ユースケ・サンタマリア、ムロツヨシ ほか(予定) 
※ゲストは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

過去記事:
『薔薇色のブー子』完成披露試写イベント
指原、ユースケ、ムロ大爆笑舞台挨拶『薔薇色のブー子』



********************************************************************


<STORY>

いつかは少女漫画みたいな出会いがあると信じてきた、大学生の幸子。けれども夢見ていた華やかなキャンパスライフには縁がなく、部屋にこもって少女漫画を読む日々を送っている。思えば子どもの頃から何かに文句ばかり言っていて、ついたあだ名はブー子。

「薔薇色のブー子」ポスターある日、漫画の趣味がぴったりでジョニー・デップに似ているという男の子、スパロウさんとツイッター上で知り合った幸子は、心に誓う。「この人と会って、私は変わるんだ!」。22時に会う約束をしたものの、むくみをとるためにジョギングに出かければ何十匹もの黒猫や不吉なカップルと遭遇し、素人どっきりの撮影隊によって落とし穴にはまり、服を買いに行ったデパートでもハプニングに見舞われる始末。新しい自分を見つけようと立ち上がった幸子の、前途多難な計画の行方は!? そして運命の人、スパロウさんには会えるのか……!?
パロウさんの正体とは……!?

■監督/脚本:福田雄一((『勇者ヨシヒコ』シリーズ、『HK/変態仮面』他)  
撮影期間:2013/10/23-11/24

■出演:指原莉乃、ユースケ・サンタマリア、ムロツヨシ、鈴木福、田口トモロヲ 他

■配給:東宝映像事業部

(c)2014「薔薇色のブー子」製作委員会