「新着VIEW」カテゴリーアーカイブ

浅川梨奈 ゆるめるモ!あの 日高七海 佐野いずみ『血まみれスケバンチェーンソーRED』場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、2月22日(金)公開、映画『血まみれスケバンチェーンソーRED』より、血まみれ場面写真が解禁です。

本作は、三家本礼による痛快アクション漫画を映画化したもの。「うぐいす学園」に通うセーラー服に下駄という奇抜な服装の解体屋の娘である主人公、鋸村ギーコ(浅川梨奈)が、クラスメイトを改造人間にしていくというマッドサイエンティストのネロ(ゆるめるモ!:あの)や、迫りくる有象無象の敵に改造チェーンソーを武器に挑んでいくという作品になっています。


今回解禁となりました血まみれ場面写真では、浅川梨奈演じる鋸村ギーコがバスの中で血まみれになりながら改造したチェーンソーを振りかざし、改造死体をなぎ倒す躍動感あふれるシーンがメインとして解禁となりました。
血まみれ場面写真では、樹海の中、鋸村ギーコが十字架に張り付けにされ、協力者である日高七海演じる仙崎、替地桃子演じるドリエが、囚人服を着て捕えられ何かに怯えているシーン。
佐野いずみ演じるナグルシファーと鋸村ギーコが血まみれになりながら敵と対峙するシーン。
そして鋸村ギーコの最大の敵、あの演じるマッドサイエンティストのネロが禍々しい雰囲気のチェーンソーを構えるシーンが解禁となりました。

映画情報どっとこむ ralph 様々な強敵が立ちはだかり、ギーコはどうなってしまうのか!?どのようなストーリー展開になるのか!?

『血まみれスケバンチェーンソーRED』

2019年2月22日ユナイテッドシネマ・アクアシティお台場にてロードショー


公式HP:
http://www.vap.co.jp/chimamire/

公式Twitter:
@chimamire2016

***********************************


配給:プレシディオ
©2019三家本礼・KADOKAWA刊/うぐいす学園3年A組
監督:山口ヒロキ
脚本:福本充則
出演:浅川梨奈 ゆるめるモ!:あの 佐野いずみ 日高七海ほか

(KADOKAWA刊/月刊コミックビーム掲載)
著:三家本札「ゾンビ屋れい子」「巨乳ドラゴン」ほか 2009年より「月刊コミックビーム」にて連載開始。(月刊コミックビームは毎月12日発売) コミックス全13巻好評発売中。(発行:KADOKAWA)


高橋一生&川口春奈が大はしゃぎ!! メイキング映像到着!『九月の恋と出会うまで』


映画情報どっとこむ ralph 松尾由美による“書店員が選んだもう一度読みたい文庫”恋愛部門第1位に選ばれた小説「九月の恋と出会うまで」。

タイムリープとラブストーリーを織り交ぜた独特の世界観が高く評価され、感涙必至のロングセラーとして愛され続ける同名小説が映画『九月の恋と出会うまで』として3月1日(金)に全国公開となります。

時を超えて届く一途な想いと切ないウソに涙する大人のラブストーリーの主人公を演じるのは、本作が初共演となる高橋一生さんと川口春奈さん。

高橋さんは本作で〈恋愛映画初主演〉を果たし、少し風変わりでありつつも、心の奥では深く一途に志織を想う小説家志望の平野という複雑な役どころを熱演しています。

川口さんは、“未来からの声”に翻弄されつつ自分らしく想いを貫こうとする志織をみずみずしく演じています。実力派俳優のW主演による、一途な想いと切ないウソに涙する、365日の<奇跡>の恋の物語が誕生しました!

映画情報どっとこむ ralph この度、劇中で平野と志織の距離が縮まる重要なシーンとして登場する、美しく舞うシャボン玉に囲まれる本編映像とシャボン玉で無邪気に遊ぶ二人のメイキング映像が初解禁となり、二人が本作への想いを語るインタビューも収められた特別映像が解禁となりました!

解禁された本編シーンでは、お互いのことを気になり出している平野と志織が“未来からの声”の正体を探し出すため志織の通っていた大学に向かい、そこで美しいシャボン玉に囲まれる映像。オーケストラに乗せて青空に飛び立つシャボン玉を見て自然と笑顔になる二人の様子は、見ているこちらも自然と笑顔になってしまうほど優しい時間が流れており、今後の二人の関係性がより気になる重要なシーンとなっています。

また、メイキング映像ではシャボン玉で無邪気に大はしゃぎする姿や、劇中同様にカメラのシャッターを切る川口さんの姿が映し出されており、二人の仲の良さや現場の楽しい雰囲気が伝わってくる映像となっています。

映画情報どっとこむ ralph また、高橋さんと川口さんによる本作への想いを語るインタビューでは、

高橋さん:人が人を想うことはファンタジックなことだと思う。そこの部分を上手くお芝居出来ればと思います。

と恋愛映画初主演とのこともあり並々ならぬ想いを語る高橋さんの姿に、

川口さん:一生さんとずっと一緒にお仕事をしたいと思っていた」

と明かす川口さんの姿も。川口さんの発言について

高橋さん:今初めて聞きました。

と照れながら笑いを誘う姿などが収められております。

映画情報どっとこむ ralph 高橋さんと川口さんが体現する、切なくも愛おしい時空を超えたラブストーリーの行方は・・・・

映画『九月の恋と出会うまで』

2019年3月1日(金)全国ロードショー

公式HP:
http://kugatsunokoimovie.jp/ 

公式Twitter:
https://twitter.com/9koi_movie 
ハッシュタグ:#九月の恋
【STORY】
ちょっと不思議なマンションに引っ越してきた志織(川口春奈)は、小説家志望の隣人平野(高橋一生)と運命的に出会う。そして、新しい部屋で突然聞こえてきた不思議な声――。「こちらは一年後の未来です。あなたに危険が迫っています!」それは強盗殺人にあうところだった志織を助けようと時空を越えて届いた、未来からの誰かの声だった。相談を受けた平野は、助かった志織に<タイムパラドックス>が生じることに気付く。それは一年後、志織の存在が消えることを意味していた。必死に自分を助けようとする平野に惹かれていく志織だったが、平野との別れは近づいていた――。

***********************************

主演: 高橋一生 川口春奈 ※W主演
出演: 浜野謙太 中村優子 川栄李奈 古舘佑太郎 ミッキー・カーチス
原作: 松尾由美「九月の恋と出会うまで」(双葉社刊)
監督: 山本透(『探検隊の栄光』『猫なんかよんでもこない。』『わたしに××しなさい!』)
主題歌:androp「Koi」(image world / ZEN MUSIC)
(C)松尾由美/双葉社 (C)2019 映画「九月の恋と出会うまで」製作委員 


「賭ケグルイ season2」ドラマキービジュアル、放送日時決定


映画情報どっとこむ ralph 大ヒット漫画「賭ケグルイ」。
2018年1月に実写ドラマ化され、個性的なキャラクターと若手俳優たちの振り切った演技が話題となり、5月には『映画 賭ケグルイ』の公開も決定している本作。

この春より「賭ケグルイ season2」としてMBS/TBS ドラマイズム枠にて放送開始!
今回、そのドラマキービジュアル、放送日時が決定!さらに、主題歌には「season1」に引き続き、5人組ロックバンドBIGMAMAが担当することが決定しました!

<MBS> 3/31(日)スタート 
毎週日曜 深夜0時50分~ 
<TBS> 4/2 (火)スタート 
毎週火曜 深夜1時28分~

本作の舞台は、政財界の有力者の子女が多数通う私立百花王学園。ここで生徒たちの階級を決定するものは、ギャンブルの強さ。勝ったものは支配する側に立ち、敗れたものは家畜となる。ある日、この学園に転校してきた謎多き少女、蛇喰夢子(じゃばみ・ゆめこ)。一見すると清楚な美少女だが、彼女は、リスクを負うことに快感を覚える「賭ケグルイ」だった―。学園を支配する生徒会は、夢子を危険な存在と判断し、百戦練磨の刺客たちを送りこむ。

映画情報どっとこむ ralph 今回、解禁となったドラマキービジュアルは主人公、蛇喰夢子(浜辺美波)を筆頭に、鈴井涼太(高杉真宙)、早乙女芽亜里(森川葵)とお馴染みの面々に加え、冷酷な表情をみせる生徒会会計 豆生田楓(中川大志)、そして「season2」よりその姿が明らかとなった池田エライザ演じる、圧倒的存在感を放つ百花王学園生徒会会長の桃喰綺羅莉と、さらにトップアイドルグループ乃木坂46の松村沙友理が演じることで話題の、生徒会広報にして人気アイドル、夢見弖ユメミのチェック柄のアイドル衣装が目を引くキャラクタービジュアルも初公開となっている。

Season2新たな刺客が明らかとなり、更に滾る展開を予感させるキービジュアルとなっている。

映画情報どっとこむ ralph さらに、「season2」の主題歌には、ヴァイオリンを取り入れる5人編成のロックバンドBIGMAMA(ビッグママ)の新曲「mummy mummy(マミーマミー)」に決定!メジャーデビューを飾った「season1」の主題歌「Strawberry Feels」に続いて再びタッグを組む。甘美なヴァイオリンのメロディーと鋭利なバンドサウンドがドラマの壮絶な駆け引きと騙し合いが繰り広げられるストーリーを加速させていくに違いない!

BIGMAMA 金井政人(Vo,G)コメント
ひとつ、逆張りの精神というものがあります。
普通、安心安全、人気の銘柄を避け、まだ誰の足跡もついていない、バイオリニストのいるロックバンドとして、僕らはずっとギャンブルに酔狂しているのとほとんど変わらないのかも知れません。
この作品に寄り添えることを、とても光栄に、そして肌に合うなと感じています。

【主題歌】
BIGMAMA「mummy mummy」
■プロフィール:BIGMAMA
金井政人(Vo,G)、柿沼広也(G,Vo)、リアド偉武(Dr)を含むメンバーにて結成。
2007年より、安井英人(B)、東出真緒(Violin/Key)を入れたメンバー5人で活動する。
各地の大型フェスに出演する等、精力的に活動し、2017年には初の日本武道館公演を成功させる。2018年、MBS/TBSドラマイズム『賭ケグルイ』の主題歌となった「Strawberry Feels」で、ユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー。10月には、メジャー移籍後、初のアルバム「-11℃」をリリース。昨年12月25日より全国ライブツアー中。

映画情報どっとこむ ralph 「賭ケグルイ season2」

公式サイト:
kakegurui.jp
公式twitter:
@kakegurui_jp
公式Instagram:
kakegurui_jp

<ストーリー>
創立122年を迎える私立百花王学園。この伝統ある名門校で生徒の階級を決めるのは“ギャンブルの強さ”。勝者には地位と名誉が与えられ、敗者は財産も尊厳も奪われる。この学園に、一人の少女が転校してくる。彼女の名は蛇喰夢子。一見するとお淑やかなこの美少女は、いかなるリスクもいとわない常軌を逸したギャンブル狂だった。学園を支配する桃喰綺羅莉率いる生徒会は、夢子を危険な存在と判断し、百戦練磨の刺客たちを送りこむ。壮絶な駆け引きと騙し合いを制したものだけが勝てる、究極の己を賭けた心理バトルが、さらに加速する―!

映画情報どっとこむ ralph そして!

『映画 賭ケグルイ』 5月全国ロードショー

創立122年を迎える私立百花王学園。この伝統ある名門校で生徒の階級を決めるのは“ギャンブルの強さ”。勝者には地位と名誉が与えられ、敗者は財産も尊厳も奪われる。この学園に、一人の少女が転校してくる。彼女の名は蛇喰夢子。一見するとお淑やかなこの美少女は、いかなるリスクもいとわない常軌を逸したギャンブル狂だった。学園を支配する生徒会は、夢子を危険な存在と判断し、百戦練磨の刺客を送り込むも次々と撃破。学園は夢子を中心に大きく動き出そうとしていた。生徒会はついに、全校生徒を巻き込んだ百花王学園史上最大のギャンブルバトルの開催を宣言する―

配給:ギャガ
©2019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・ 「映画 賭ケグルイ」製作委員会

過去記事:
浜辺美波 重大発表!賭ケグルイ season2と映画化発表!

http://eigajoho.com/120319

***********************************

原作:河本ほむら・尚村透(掲載 月刊「ガンガンJOKER」スクウェア・エニックス刊)
総合演出 英勉
監督:茂木克人 長野晋也
脚本:高野水登 英勉
出演:浜辺美波 高杉真宙 松村沙友理(乃木坂46) 池田エライザ 中川大志 森川葵
主題歌:BIGMAMA「mummy mummy」(ユニバーサルJ)
オープニングテーマ:PasssCode「一か八か」(ユニバーサル ミュージック/USMジャパン)
©2019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・ ドラマ「賭ケグルイ2」製作委員会 ・MBS


「賭ケグルイ」 
原作:河本ほむら 作画:尚村透 
コミックス①~⑩巻絶賛発売中 掲載:月刊「ガンガンJOKER」(毎月22日発売)
公式ファンブック「賭ケグルイ愛」も絶賛発売中! 
スピンオフコミックス:「賭ケグルイ双」「賭ケグルイ妄」「賭ケグルイ(仮)」も絶賛連載中!





大泉洋からのメッセージ!『そらのレストラン』ロケ地 せたな町先行上映会


映画情報どっとこむ ralph 2012年1月公開『しあわせのパン』、2014年10月公開『ぶどうのなみだ』に続く、大泉洋主演の北海道映画シリーズ第三弾の映画『そらのレストラン』が1月25日(金)より全国公開となる。

この度、公開を直前に控えた1月19日(土)、この映画の舞台となった北海道・せたな町で、町民対象の先行試写会が実施された。会場となったせたな町ふれあいセンターには開場前から待ちわびた町民が詰めかけ、作品への期待で熱気が溢れる状況に。撮影に協力し、尽力した町民約300名が公開に先駆け一足早く『そらのレストラン』を鑑賞した。

『そらのレストラン』せたな町先行上映会
日時:1月19日(土)
場所:せたな町ふれあいセンター
登壇:高橋貞光(せたな町長)伊藤亜由美(クリエイティブオフィスキュー)  

映画情報どっとこむ ralph 上映に先立ち、せたな町長・高橋貞光氏、本作品を企画・製作した伊藤亜由美さんが登壇。

高橋町長:この作品はせたな町の素晴らしい自然の魅力で溢れている。映画を観た全国の方々が、せたな町に来て頂けるのではないかと期待しております。この素晴らしい映画を作られた伊藤さん、そして協力をいただいた大勢の町民の皆さんに心から感謝を申し上げます。

と話した。

続く伊藤氏の登壇に際しては、主人公設楽亘理のモデルとなったせたな町在住、村上健吾さん(村上牧場)のご子息・朔太郎くんが花束を持って登場。

可愛らしい姿にほっこりとした空気が流れる中、花束の贈呈が行われた。笑顔で花束を受け取って

伊藤さん:この映画の構想を始めたのは2014年頃。映画製作は時間がかかるものですが、それだけ沢山の方にご支援いただいている。映画は人と人をつなぐ絆のコンテンツだと考えます。全国上映に先立ち映画をご覧いただく皆さんが、その感想を沢山の方に伝えていただければ嬉しい。また、自分のまちの価値を感じ取って、誇りに思っていただきたい。映画は”きっかけ”。観光や移住でこのまちを訪れる方々をおもてなしし、仲間を作っていくことが新しいせたなに繋がると思います。

と思いを語った。

映画情報どっとこむ ralph また、主演の大泉洋さんから町民に向けたメッセージVTRをサプライズ上映。

大泉さんはVTRの中で
大泉さん:せたなの皆さんの温かさや優しさが映画に色濃く現れている。皆さんと協力して撮影ができたおかげで、我々キャストもリラックスができました。数々の差し入れ、ケータリングなど振り返れば美味しかった思い出ばかり。せたな町は日本のバスク、サンセバスチャンです!この場所の素晴らしさを映画を通して全国に、そして世界に発信できればと思っています。

とコメント。

鑑賞した町民は「酪農家だった父親のことを思い出した。この映画がきっかけに、交流人口の拡大になればと期待しています。(60代男性)」「道外からせたなに移住してきた。景色の良さ、食べ物の美味しさ、人の温かさ、そういったせたなのいいところがぎゅっと凝縮されている映画だと思いました。(20代女性)」「あんなに海や緑が綺麗だなんて、普段見慣れていてあまり気づかなかった。この町がこんなにいいところだったんだ、と思えるような映画でした(30代女性)」「地元の人達が沢山エキストラとして出演しているのはとてもワクワクしました(30代女性)」と話し、映画の完成を心から喜んでいた。


また同会場では、この先行試写会にあわせて展示コーナーが開設。
映画の場面写真パネルや実際に使用された小道具が展示され一般開放されている。さらに、ロケ地や観光スポットも掲載された「『そらのレストラン』ロケ地MAP&せたな町観光ガイド」も制作され、今後町内や上映劇場などにて配布予定。

また前日となる18日にはシリーズ第一弾『しあわせのパン』上映会と、伊藤亜由美氏による講演会が開催された。

映画情報どっとこむ ralph 映画『そらのレストラン

公式サイト:
http://sorares-movie.jp/


STORY
北海道せたなで暮らす亘理(わたる)と妻のこと絵と一人娘の潮莉(しおり)。彼は父親から引き継いだ海が見える牧場で牛を育てながらチーズ工房を営んでいる。しかしチーズ作りはまだまだで、厳しい師匠に怒られてばかり。そんな亘理には気の会う仲間たちがいて日々助け合いながらも楽しく過ごしていた。そこに東京からやって来た牧羊を営む若者・神戸も加わり、それぞれの生産する食材を持ち寄り「おいしい」を共にしていた。そんなある日、彼らの食材を目当てに札幌からやって来た、有名レストランのシェフによって自分たちの食材がさらにおいしくなることに感動し、この感動をもっと多くの人たちに届けたいと、仲間たちみんなで一日限りのレストランを開くことを目指す。

1月25日(金)全国ロードショー

***********************************

監督・脚本:深川栄洋
脚本:土城温美
音楽:平井真美子
出演:大泉洋、本上まなみ、岡田将生、マキタスポーツ、高橋努、石崎ひゅーい、眞島秀和、安藤玉恵、庄野凛、鈴井貴之(友情出演)、風吹ジュン、小日向文世

配給:東京テアトル 
©2018『そらのレストラン』製作委員会 


山田耕筰ご令嬢からのメッセージにAKIRA感激!『この道』』大ヒット御礼舞台挨拶


童謡の誕⽣から100年、稀代の天才詩人・北原白秋の波乱に満ちた半⽣と、秀才音楽家・山田耕筰との友情を描いた映画『この道』が、1月11日(金)より全国公開。

本日1月20日(日)に映画の大ヒットを記念し、秀才作曲家・山田耕筰を演じたAKIRAさん、北原白秋の最初の妻を演じた松本若菜さんが登壇し、大ヒット御礼舞台挨拶を行いました。

映画『この道』大ヒット御礼舞台挨拶イベント
日付:1月20日(日)実施
場所:TOHOシネマズ日⽐⾕
登壇:AKIRA、松本若菜

上映後、お客様の感動も冷めやらぬ中、盛大な拍手で迎えられた山田耕筰役のAKIRAさんと松下俊子役の松本若菜さん。

AKIRAさん:こんにちは。山田耕筰を演じましたAKIRAです。今日はよろしくお願いいたします。

松本若菜さん:みなさんこんにちは。です。今日は皆さんといろんなお話できたらと思います。よろしくお願いいたします。

との挨拶からスタート。

11日(金)より全国公開している本作について

AKIRAさん:ブログやSNSで周りの人からもコメントいただいています。幅広い年齢層の方に届いていて、感動してくれて、童謡を知っていろんな日本の良さを発見をしてくださっているようで、色んな反響があって嬉しいです。舞台挨拶の現場でも気づくと周りのスタッフさんが『この道』を口ずさんでくれたりしているのも嬉しいですね。

松本さん:私も観てくださった方からSNS等でメッセージいただくんですが、家族で観に行ったという方がたくさんいらっしゃって嬉しかったです。幅広い年齢に愛される作品なんだなと思いました。若い方にも日本の良さを感じて頂けて良かったです。

とまわりでの映画の反響を明かしました。

北原白秋を演じた大森さんとの共演について聞かれると、

AKIRAさん:やっぱり大森さんは独特な空気感のある素敵な方で、僕も現場ですんなり山田耕筰を演じることができました。バディものだったので、撮影後もプラベートでも親交を深めていただいて良い出会いだったなと思いました。気さくな方で楽屋でも大森さんがいらっしゃるとホッとしました。

さらに

松本さん:そうですよね、親しげに話してくれました。私は以前「コウノドリ」というドラマで大森さんと共演していたんですが、その時は挨拶程度しかできてなく、撮影入る前は大丈夫かなと思っていたところもあったんですけど、本当に自然に「どこで飲んだりするの?」とか仕事の話じゃなくて普段の話をフランクにしてくださって、白秋さんのようにぴっちぴち♩とか言いそうじゃないとはとても思わせない茶目っ気のある方でした。

と、大森さんの意外な⼀面を明かしました。劇中では北原白秋は奔放な男性、山田耕筰は堅実な男性として描かれています。

北原白秋の妻である俊子を演じて

松本さん:白秋さんは本当に可愛らしくて⺟性をくすぐる愛らしい男性。秀才タイプな山田耕筰さん・・う〜ん、⼀周して柳沢さんの三重吉さんかな(笑)。

と笑顔で語りました。

さらに、苦労されたシーンの思い出を聞かれ

AKIRAさん:色んな年代の山田耕筰さんを2週間くらいで撮影しました。50、60代の耕筰さんの所作や、特殊メイクで表情を作るのが難しかったです。

と撮影を振り返るAKIRAさん。

松本さん:私は赤ちゃんを抱くシーンですかね。実際のお⺟さんではないので、泣いて泣いて・・実際の奥様もいらっしゃったんのでなんとか撮りきった時は安堵しましたが、苦労しました。

と当時のエピソードを語りました。
今回老年の山田耕筰を演じたAKIRAさんはハリウッド級の特殊メイクに挑戦しました。その特殊メイクの裏側をメイキング映像・写真とともにたっぷり公開!石膏で顔面の型を取っている様子を写した写真は、身体全体がビニールに覆われ、さらに上から石膏を重ねているので⼀見AKIRAさんとは全くわからず、

AKIRAさん:この型取りだけでも2時間かかりました。普段時間を潰すのにスマートフォンとか使えますけど、この時はひたすら瞑想して過ごしていましたね。

と語るAKIRAさん。
特殊メイクシーンを施しての撮影については

AKIRAさん:4〜5時間かけてメイクをしていただきまして、顔を全てメイクで覆っているので顔の動きを表現するのに苦労しました。

と当時を振り返りました。
そして、メイク完成までの裏側を目の当たりにした

松本さん:『⽝神家の⼀族』のスケキヨを思い出しちゃいます。私はAKIRAさんの指揮が大好きで、腕が長くて手のひらも大きいから、力強くて、この曲を⼼底愛しているんだなと感じて素晴らしいです。

と特殊メイクにコメントしつつAKIRAさんの指揮を絶賛。

そしてなんと、山田耕筰さんのご令嬢である山田浩子さんからAKIRAさんへメッセージが到着。

山田浩子さん:よく演じておられること、お顔や佇まいが資料から受ける山田の雰囲気と似ていることをとても感⼼しておりました。AKIRAさんが演じておられる山田耕筰は、実の山田より体格がご立派です。しかし、山田耕筰はオーラのせいでとても大きく見えましたので、私は全く違和感を感じませんでした。実像に近い山田耕筰になったことは、ひとえにAKIRAさんを起用されたことと、AKIRAさんのご努力だと思っています。映画公開のご成功をお祈りしています。

とAKIRAさんへ激励が送られ

AKIRAさん:歴史を築き上げた山田耕筰さんを演じるにあたり、親族の方やファンの方にどう思われるのかとてもプレッシャーに感じていました。なので今日、親族の方にあたたかいお言葉を頂けて良かったです。

と感激しているAKIRAさん。

最後に・・・

松本さん:本当にお越しいただきありがとうございました。今後も必ず歌い継がれていく童謡を忘れてはいけないと思います。ぜひ周りの人と童謡を紹介しているこんな映画があるんだよと伝えて繋がって頂けたら嬉しいです。

と松本さん、さらにAKIRAさんからも

AKIRAさん:ありがとうございました。先ほど見た僕の老年の山田耕筰さんのメイク完成までん様子は今回初めて公開しました。まだ各地で舞台挨拶続いていくので、いろんな企画をお届けできたら嬉しいです。ニ度三度観ていただき、100年歌い継がれる歌に入っている日本の魂を感じて、童謡から日本を感じて頂けたら、周りの人も届けてください。映画『この道』をよろしくお願いいたします。

と観客へメッセージがおくられイベントは大盛況のうちに幕を閉じました。


『この道』

2019年1月11日(金)全国公開

公式HP:
konomichi-movie.jp 

ストーリー
九州柳川から文学を志し上京した北原白秋。隣家の美人妻・俊子に気もそぞろ。逢瀬を俊子の夫に見つかり姦通罪で入獄。白秋の才能を眠らすまいと与謝野夫妻が奔走し釈放されるが、恩も顧みずのうのうと俊子と結婚。その刹那、俊子は家出、白秋は入水自殺を図るが蟹に足を噛まれ断念。そんなおバカな白秋と洋行帰りの音楽家・山田耕作に鈴木三重吉は童謡創作の白羽の矢を立てる。才能がぶつかり反目するニ人だが、関東大震災の惨状を前に打ちひしがれた子供たちを元気づけるため、手を取り合い数々の童謡を世に出す。しかし、戦争の暗雲が垂れ込める中、子供たちを戦場に送り出す軍歌を創るよう命ぜられたニ人は苦悩の淵に・・・。



***********************************

キャスト:大森南朋、AKIRA、貫地谷しほり、松本若菜、小島藤子、羽田美智子、柳沢慎吾、松重豊

監督:佐々部清

©2019映画「この道」製作委員会