「新着VIEW」カテゴリーアーカイブ

ミシェル・ペトルチアーニ日本の証言者たち 菊地成孔


イメージフォーラムにて連日満席で好調なスタートを切った『情熱のピアニズム』(キノフィルムズ配給)は、2週目に入っても動員前週比99.4%の絶好調で推移する中、劇場トークイベント「ミシェル・ペトルチアーニ日本の証言者たち」を、音楽家であり文筆家の菊地成孔さんをゲストに迎えて行われました。


ミシェル・ペトルチアーニさんの記事はこのWEBサイトでも、とても人気です。

TOKYO JAZZを牽引する鬼才ジャズメンの一人語りは

 ‘如何にして天才ミュージシャンが生まれたのか?’

 ‘80年代に50年代のジャズメンの生き方が出来た理由’

 ‘20世紀に積み残した音楽の問題点’

などなど多岐に渡り、超早口弾丸トークの20分間、満席の観客は興味深げに耳を傾けていました。

なお、このヒットを受け都内では、11/17(土)吉祥寺バウスシアターでの公開も決まりました!

この週末10月27日(土)からは大阪/梅田テアトル、名古屋/名演小劇場でも公開がスタートいたします。

もちろんシアター・イメージフォーラムにて絶賛上映中です!

菊地成孔さん一人語り、超早口20分間のまとめを以下にまとめておきます。

********************************************************************

菊地成孔さん一人語り

ペトルチーアーニが映画になると聞いた時、50年代~70年代のミュージシャンたちとは違って、ハンディカムが発達した時代ですから、プライベート映像が相当量あるだろうなと予想はしていましたが、映画はまさにその通りで、ご覧になったみなさんには啓示的な感動というか様々思うところがあったのではないでしょうか。

ペトルチアーニは音盤や来日などで充分その演奏の素晴らしさは日本には伝わっていましたが、どうやらこいつは悪そうだ、という感じが薄々あったのが今回余すところなく描かれています。つまりスケベで女ったらしでいつも腹が減っていて呑んべえな男だったということ。一番特筆すべきは、20世紀に特に際立った価値観ですが、ハンディキャッパーに対していたずらに神聖視をしていません。こっちが思っているほどハンディキャッパーは清らかでも天使的でもないぞというメッセージを多分に持っていると思います。

毎晩飲んで騒いで女の人に甘えまくって、好きになられてしまうと今度は支配された気がして、助けてくれとホテルから電話をして脱出する。これは50年代のミュージシャンの典型的なライフスタイルで、80年代のミュージシャンがもう破天荒に生きることが図式的に不可能になった時代に、唯一それを行ったエピキュリアンぶりです。
モダンジャズの開祖チャーリー・パーカーと言わず、モーツァルトと言わず、天才というのはいつの時代も生きづらい人間な訳で、素晴らしい作品を残して早く死んでしまうんだという、我々の天才理解という定石があって・・チャーリー・パーカーの時代は黒人差別まであって社会情勢的にも生きづらい訳ですから、酒浸りや麻薬に行ってしまう。

映画の最後にギタリストのジョン・アバークロンビーが出てきて言う「70年以降のジャズミュージシャンは何も作っていない、ペトルチアーニだけが作ったんだ」というのは業界的にも言っちゃいけないような一言でしたが、アバークロンビーが伝えたかった感覚というのは、天才には常に恒常的に耐え難い痛みがあって、その痛みというものが、チャーリー・パーカーを原型とするような天才の所業に走らせるんだなということだと思います。

世の中が進んでいって、当たり前ですけど「痛み」というものは消えていって、恒常的な痛みを持ち続けることが構造的に不可能な時代に、彗星のように現れたペトルチアーニ。彼は骨形成不全ですからピアノを弾くのには常に痛みが伴っていて、演奏中はアドレナリンが出てますから私なんかも経験ありますが首ぐらいはねられても演奏できる訳ですが、終わってからの痛みといのは大変なものがあったと思います。

ペトルチアーニ以降、どうやったら痛みというものをキープしたまま音を出せるのか、ジャズ、ブルースというのはひょっとしたら21世紀に死んでしまって、一個人が殉教者のようにして特別な痛みを抱えて音を出すというのは可能なのだろうかというところにまで思いを馳せられる作品でした。
音楽的に特筆すべきところは、日本人はまだピアノを打楽器だと思う習慣がないので、ピアニストのリズム感にはあまり注意を払いませんがビル・エバンスからバド・パウエルにつながるモダンジャズピアニストの本当の凄みはリズム感にあります。とんでもないポリリズムで、とてつもなく正確なリズムを弾くんですが、踊れないペトルチアーニが脳と手だけであれだけ正確なリズムを刻むのは、神秘的としか言い様のない一番驚くべきものすごさですね。

音楽が長寿に繋がるという発想と、命を削りとっていくという発想と、いま二つ問われていて、その音楽の根本的な部分に関して20世紀で総括できなかった問題を21世紀に我々は先送りにしているわけですが、そういう部分に関しても啓示的なメッセージを持った映画だと思います。
『情熱のピアニズム』を始め、『グレン・グールド 天才ピアニストの愛と孤独』や『タケオ ダウン症ドラマーの物語』など、20世紀が結局答えを出せずに棚上げしてしまっている問題について複数の映画によって問われているということは間違いありません。

『情熱のピアニズム』
シアター・イメージフォーラムにて絶賛上映中!
http://www.pianism-movie.com/




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

「トキメ筋肉祭り」ジャン=クロード・ヴァン・ダム


この秋、男たちのアクション映画5作品が、どど~ん!と連続公開!最強無敵!怒涛の連続公開に、男たちは勿論、強い男が好きな女性たちも、見逃せないシーズンが到来です!!

======================
第1弾 : 10/20(土) 『エクスペンダブルズ2』
出演:シルベスター・スタローン、ブルース・ウィリス、アーノルド・シュワルツェネッガー
第2弾 : 10/27(土) 『ザ・レイド』 
出演:マイク・シノダ、ジョセフ・トラパネス
第3弾 : 11/3(土) 『ユニバーサル・ソルジャー:殺戮の黙示録』
第4弾 : 11/10(土) 『ゲット・バック』
出演:ニコラス・ケイジ、サミ・ゲイル、ジョシュ・ルーカス
第5弾 : 11/17(土) 『ハード・ソルジャー:炎の奪還』
======================

そのなかでも最も注目すべきはジャン=クロード・ヴァン・ダム。

話題作『エクスペンダブルズ2』にて最大最凶の敵ヴィラン役としての活躍を皮切りに、ライフワークともなっているユニバーサル・ソルジャーシリーズ最新作『ユニバーサル・ソルジャー 殺戮の黙示録』でユニソルを先導するカリスマティックなリーダーを演じたかと思うと、一方『ハード・ソルジャー 炎の奪還』ではトラウマを抱えながらも正義に立ち上がる元傭兵ゴールを人間臭く渋みを利かせて演じています。

先ず1つ目は『ユニバーサル・ソルジャー:殺戮の黙示録』


11月3日(土)~銀座シネパトス他全国順次公開
ヴァンダム×ラングレン壮絶!人気シリーズ最大の過激な挑戦作!
初期型ユニソルから次世代へ—地獄のバトルの果て、何が見えるのか?
最強のSFバトル・アクションにテンションMAX!!
■キャスト:ジャン=クロード・ヴァン・ダム ドルフ・ラングレン スコット・アドキンスほか
■監督:ジョン・ハイアムズ『ユニバーサル・ソルジャー:リジェネレーション』
35mm BD/114分/カラー/R18+ 
原題:Universal Soldier:Day of Reckoning

(c) 2012 Unisol 4 Distribution, LLC All rights reserved.

2つ目は『ハード・ソルジャー:炎の奪還』


11月17日(土)~銀座シネパトスほか全国順次公開
主演・製作ヴァン・ダムが生み出したニューヒーローの激闘!
東欧モルドバで肉屋を営む男。実は伝説の元傭兵だった・・・・・・。
正義とは–?闘うことを辞めた男が少女を救うため再び立ち上がる!
■キャスト:ジャン=クロード・ヴァン・ダム ジョー・フラニガンほか 
■監督:アーニー・バーバラッシュ『CUBE ZERO』 
BD/120分/カラー/PG12
原題:Six Bullets 
(c) 2012 Six Bullets Investments LLC. All rights reserved.

文化の秋、食欲の秋、、

そして今年の秋はアクションの秋です。

********************************************************************

「トキメ筋肉祭り」ジャン=クロード・ヴァン・ダム




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ボーン・アルティメイタム


ボーン・アルティメイタム

世界的大ヒット・スパイ・アクション シリーズ最強・最終章!
すべての謎は、いま、明かされようとしている・・・。

世界40カ国で初登場NO,1の快挙!
第1章『ボーン・アイデンティティー』、第2章『ボーン・スプレマシー』に続くノンストップ・傑作スパイ・アクション「ジェイソン・ボーン」シリーズ3部作、衝撃の最後通告(アルティメイタム)!!

シリーズ最強・最終章!シリーズ前作を凌ぐ興行実績
日本でも大ヒット作となっている「ジェイソン・ボーン」シリーズの最終章。

【スタッフ】
監督:ポール・グリーングラス(『ボーン・スプレマシー』『ユナイテッド93』)
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー
(『ボーン~』シリーズ 『シービスケット』『サイン』、 『ボーン~』シリーズ 『チャーリーズ・エンジェル・フルスロットル』)
製作総指揮:ダグ・リーマン(『ボーン~』シリーズ 『Mr.&Mrs.スミス』)
脚本:トニー・ギルロイ、スコット・Z・バーンズ、ジョージ・ノルフィ
(『ボーン~』シリーズ 『マイケル・クレイトン(原)』、『不都合な真実」、『オーシャンズ12』)
撮影:オリヴァー・ウッド(『ボーン~』シリーズ 『ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]』)
音楽:ジョン・パウエル(『ボーン~』シリーズ 『X-MEN:ファイナル ディシジョン』『ハッピーフィート』『Mr.&Mrs.スミス』)
(C) 2007 Universal Studios and Motion Pictures BETA Produktionsgesellschaft mbH & Co. KG. All Rights Reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

007 製作50周年記念版 ブルーレイ BOX


007 製作50周年記念版 ブルーレイ BOX
1962年、第1作『ドクター・ノオ』公開から50年。

007シリーズ製作50周年を記念して
初ブルーレイ化9作品を含む全22作品を完全収録した
究極のジェームズ・ボンドコレクション決定版!
<収録作品>
1. 『ドクター・ノオ』
2. 『ロシアより愛をこめて』
3. 『ゴールドフィンガー』
4. 『サンダーボール作戦』
5. 『007は二度死ぬ』 ※初ブルーレイ化
6. 『女王陛下の007』 ※初ブルーレイ化
7. 『ダイヤモンドは永遠に』 ※初ブルーレイ化
8. 『死ぬのは奴らだ』
9. 『黄金銃を持つ男』
10. 『私を愛したスパイ』 ※初ブルーレイ化
11. 『ムーンレイカー』
12. 『ユア・アイズ・オンリー』
13. 『オクトパシー』 ※初ブルーレイ化
14. 『美しき獲物たち』 ※初ブルーレイ化
15. 『リビング・デイライツ』 ※初ブルーレイ化
16. 『消されたライセンス』
17. 『ゴールデンアイ』 ※初ブルーレイ化
18. 『トゥモロー・ネバー・ダイ』 ※初ブルーレイ化
19. 『ワールド・イズ・ノット・イナフ』
20. 『ダイ・アナザー・デイ』
21. 『007 カジノ・ロワイヤル』
22. 『007/慰めの報酬』




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

バーレスク


バーレスク

クリスティーナ・アギレラ、シェールの歌声が全編を彩る。
ブルーレイにはメイキングドキュメンタリーを収録

【ストーリー】

バーレスク・ラウンジ、それはセクシーなダンサーたちがゴージャスなショーを繰り広げる大人のためのエンタテインメントクラブ。
片田舎を離れ、アリは歌手になる夢を追いかけて、ロサンゼルスを目指す。
テスが経営するクラブで、自分が思い描いていた憧れの世界に出会ったアリは、アルバイトを始める。
やがてアリの抜群の歌唱力と突出したダンスの才能が話題となり、クラブは大盛況を極めていくのだが・・・。
(C)2010 Screen Gems, Inc. All Rights Reserved.

出演: クリスティーナ・アギレラ, シェール, エリック・デイン, スタンリー・トゥッチ
監督: スティーヴン・アンティン




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

amazarashi「0.7」一夜限りの映画館上映


いま最も注目のアーティスト”amazarashi”が、1stライブDVDを発売するのにあわせ、11月27日(火)1夜限定で、DVD収録映像に未公開の特別映像を加えたオリジナル版での映画館上映が決定しました。

まったくメディアに姿を現さないながらも、twitterやSNSのトレンドにその名前が上がることが度重なり、現代の最も神秘的なアーティストしてひときわ異彩を放つ”amazarashi”(読み:あまざらし)の、今年のライブツアーを収録した映像作品を、11月27日(火)に、全国7カ所の映画館にて1夜限りで劇場上映することが決まりました。

“amazarashi”は、2010年にメジャーデビューした、青森県むつ市在住の秋田ひろむを中心としたバンド。ずば抜けたメッセージ性が音楽ファンの心に深く突き刺さり、またたく間に6枚ものアルバムをリリース。アニメやタイポグラフィーなどのオリジナル映像を駆使し、楽曲に込めたメッセージでファンの心を揺さぶり続けるも、積極的なメディア露出は行わないという、いま流行の”会える”アイドルとは真逆ともいえるスタイルで活動し、2010年発表の『夏を待っていました』のミュージッククリップでは文化庁メディア芸術祭の優秀賞を受賞するなど、各界から高い評価を受けています。

毎回チケット即完売となるライブでも観客の前には一切姿をみせず、楽曲の世界観を盛り込んだ映像を投影した半透明の紗幕の裏側で演奏するという、前代未聞の演出が「コンサートなのに、映画を見たような衝撃」と話題を呼んでいます。

今回劇場上映される”amazarashi 「0.7」 ONE NIGHT CINEMA LIVE”は、今年の夏に”amazarashi”が全国4都市で行ったライブツア・[“amazarashi LIVE TOUR 2012「ごめんなさい ちゃんといえるかな」”の模様が中心となっており、翌28日(水)に、ソニー・ミュージックから発売される同名のDVDに含まれる映像に、未収録の特典映像を加えた映画館限定の特別版での上映となります。また、11月30日(金)には、渋谷公会堂(東京)にて同名のワンマンライブ”amazarashi LIVE「0.7」”が開催されます。

タイトル: amazarashi「0.7」ONE NIGHT CINEMA LIVE
上映日時: 2012年11月27日(火) ※上映開始時刻は未定
上映会場: 全国7カ所の映画館
【札幌】札幌シネマフロンティア 
【青森】青森コロナシネマワールド
【東京】新宿バルト9
【東京】TOHOシネマズ 渋谷
【名古屋】109シネマズ名古屋
【大阪】TOHOシネマズ梅田
【福岡】T・ジョイ博多
料金: 2,000円(税込) ※本日(10/24)より、イープラスにて、先行受付開始!
配給: ソニー”Livespire”(ソニーPCL株式会社)
Livespire作品情報 http://www.livespire.jp/movie/amazarashi.html
amazarashi official web site http://www.amazarashi.com/




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

コクリコ坂から


コクリコ坂から

内容紹介

【作品解説】
太平洋戦争が終わって18年、日本は焼け跡から奇跡の復活を遂げた。
そして、高度経済成長が始まろうとしていた時代に、復活の象徴として、日本は東京オリンピックの開幕を目前に控えていた。
人々は古いものはすべて壊し、新しいものだけが素晴らしいと信じていた。
煙突から吐き出される煤煙。道路をひしめく車の土埃。
人々でごった返す街。工事や建物の解体作業の騒音。
しかし、それでも海は青く、緑は輝き、空は広く、世界は希望に満ちてキラキラと輝いていた。
そんな時代に、横浜にあったある高校で、明治に建てられた由緒ある建物をめぐって小さな紛争が起きていた。古いけれど、歴史と思い出のつまった建物。
それを取り壊すべきか、保存すべきか。
ある高校生の男女が、そんな事件の中で出会い、心を通わせ、助け合って行く。
ふたりが見出した日本の“明るい未来”とは、何だったのか。
16歳の海と17歳の俊の愛と友情を横糸に、建物をめぐる紛争を縦糸に、この物語は、まっすぐに生きる高校生たちの群像をさわやかに描いてゆく―。

【キャスト】
長澤まさみ (松崎海)
岡田准一 (風間俊)
竹下景子 (松崎花)
石田ゆり子 (北見北斗)
風吹ジュン (松崎良子)
内藤剛志 (小野寺善雄)
風間俊介 (水沼史郎)
大森南朋 (風間)
香川照之 (徳丸社長)
柊瑠美 (広小路幸子)

【スタッフ】
監督 宮崎吾朗
脚本 宮崎駿 、丹羽圭子
原作 高橋千鶴 、佐山哲郎

公式HP: http://kokurikozaka.jp/index.html

********************************************************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

麒麟の翼~劇場版・新参者~


麒麟の翼~劇場版・新参者~

麒麟の翼~劇場版・新参者~
(C)2012映画『麒麟の翼』製作委員会

【ストーリー】
東京・日本橋で男性が殺害される事件が発生。被害者はカネセキ金属の製造本部長、青柳武明(中井貴一)。彼は、腹部を刺されたまま8分間も歩き続けた後に、日本橋の翼のある麒麟像の下で力尽きていた。なぜ、誰の助けも求めず、彼は一体どこへ向かおうとしていたのか。一方、事件の容疑者、八島冬樹(三浦貴大)は現場から逃亡しようとしたところを車に轢かれて意識不明の重体だった。報せを聞いた八島の恋人、中原香織(新垣結衣)は、彼の無実を訴えるが……。

阿部寛、溝端淳平らレギュラー陣に加え、新垣結衣、中井貴一、松坂桃李らが新たに参加している。

監督は『涙そうそう』『ハナミズキ』の土井裕泰。

【スタッフ&キャスト】
監督/土井裕泰 原作/東野圭吾(講談社刊) 脚本/櫻井武晴
主題歌/JUJU「sign」(ソニー・ミュージック アソシエイテッドレコーズ)
阿部 寛 新垣結衣
溝端淳平
松坂桃李 菅田将暉 山崎賢人 柄本時生 竹富聖花 聖也
黒木メイサ(友情出演) / 山 努(特別出演)
三浦貴大 劇団ひとり 秋山奈津子 鶴見辰吾 松重 豊 / 田中麗奈 / 中井貴一

公式HP:http://www.shinzanmono-movie.jp/index.html

**********************************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム


シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム

内容紹介
ロバート・ダウニーJr. × ジュード・ロウ
新感覚アクション・エンターテイメント超大作・第2弾!
2012年、ついに最大のライバル出現! !
史上最強の名コンビの前に現れた“もう一人の天才”とは! ?

ヨーロッパに危機勃発!
各地で連続爆破事件が発生! 謎を追う名探偵シャーロック・ホームズも、あわや爆発に巻き込まれそうになる。だが、天才ホームズには分かっていた。インド、中国、アメリカ、ヨーロッパと、このところ世界中で発生している未解決の重大事件は、すべて繋がっているのだ。その黒幕こそが、ジェームズ・モリアーティ教授、知能・腕力ともにホームズと全く互角の“もう一人の天才”なのだ!

高名な数学者にして温和な人格者であるこの男、その正体は良心のかけらもない“犯罪界のナポレオン”。誰も思いつけない手口で歴史を操作し、自らの手を汚さずに民衆の命を奪い、絶大な富と権力を手に入れようとしていた。そんな悪の天才を止められるのは、ホームズしかいない!
反撃に出たモリアーティは、ホームズとワトソンを抹殺すべく、ヨーロッパ中に巧妙な罠を張り巡らせる。ロンドン、フランス、ドイツ─史上最強の名コンビは、次々と襲いかかる危機を乗り越え、ついに決戦の地スイスへ!

大滝で繰り広げられる宿命のライバルとの軍配は、どちらの“天才”に上がるのか─?
ホームズには、第1作でゴールデン・グローブ賞に受賞したロバート・ダウニーJr.。結婚してホームズとのコンビを解消するはずが、逆に絆を深めることになるワトソンに、ジュード・ロウ。復活したコンビの、ユーモアに満ちた絶妙なかけ合いが炸裂する。悪でありながら魅力的で、原作ファンの圧倒的な人気を誇るモリアーティには、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』のジャレッド・ハリス。また、レイチェル・マクアダムズが、ホームズを翻弄するアイリーン・アドラーを再び演じる。

自身が監督した前作を遥かに超えるスケールを実現したのは、ガイ・リッチー監督。クライマックスのスイス・アルプスのライヘンバッハの滝での一騎打ちは、映画史に残る圧巻のシーンとなった。

グレードアップしたアクション、サスペンス、謎解き、そして胸に迫る友情─エンターテイメントとは、こういうことだ!

監督:ガイ・リッチー
出演:ロバート・ダウニーJr./ジュード・ロウ/ノオミ・ラパス/ジャレッド・ハリス/レイチェル・マクアダムス
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/sherlockholmes2/

********************************************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

桜蘭高校ホスト部


映画 桜蘭高校ホスト部

桜蘭高校ホスト部 (C)2012 BH・H/OHHC

累計発行部数1300万部突破の人気少女コミック待望の映画化!
超セレブ高校のとんでもなく華麗な部活動-。それが、ホスト部!!

あなたの夢をかなえますよ。お姫様。
累計1300万部突破の大人気コミック「桜蘭高校ホスト部」。’06年のTVアニメ、’11年の実写版TVドラマを経てついに’­12年春、スクリーンに登場!

スタッフ、キャストはドラマシリーズを引き継ぎ、原作の葉鳥ビスコが脚本に協力。さらに映画ならではのスペシャルゲストを迎え、­微笑み度、ゴージャス度ともスケールUP­­。

2012年の春休み、クセになっちゃう仲間たちが、ご指名をお待ちしております!

いよいよハルヒと環の恋が動き出す―   
わがままお嬢様留学生の出現により、ホスト部内に亀裂が。どうなるホスト部!?

監督:韓 哲

出演:川口春奈 山本裕典  竜星涼 中村昌也 
千葉雄大 高木心平 高木万平 篠田麻里子 
ニックン(2PM) 市川知宏 菊田大輔 鈴木勝大 
戸次重幸 鈴木亜美 清水昭博 杉咲花 
板東晴/財前直美(特別出演)/升毅 江波杏子 大東駿介

原作:「桜蘭高校ホスト部」葉鳥ビスコ(白泉社「LaLa掲載」)
(C)2012 BH・H/OHHC




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ