「新着VIEW」カテゴリーアーカイブ

吉岡里帆の心情に完全シンクロ!17歳シンガー・みゆなが紡ぐ『見えない目撃者』本編特別映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 2019年9月20日(金)より全国公開となる映画『見えない目撃者』。

吉岡里帆演じる目の見えない元警察官と、高杉真宙演じる高校生の春馬が、女子高生連続殺人事件の解決に奔走していく姿をR15+の本格スリラーで描く本作!

この度、そんな本作の世界観とみゆなが歌う主題歌「ユラレル」が絶妙にシンクロした本編特別映像<みゆな主題歌ver.>を大公開!!
『見えない目撃者』
本作の主題歌の「ユラレル」は、完成前の本編を観たみゆなが同作のために特別に書き下ろした楽曲。
主人公なつめの事件に対する怒りや、自身の不甲斐なさを呪う叫び、そして様々な困難が降りかかる中でも猟奇殺人鬼に挑む強い覚悟、さらには事件の犠牲となっていく女子高生たちと同年代のみゆなの等身大の想いをも乗せた、渾身の一曲に仕上がっている。

R-15指定ですので、これ以降は15歳以上の方のみ閲覧でお願いします。
続きを読む 吉岡里帆の心情に完全シンクロ!17歳シンガー・みゆなが紡ぐ『見えない目撃者』本編特別映像解禁!




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ジェイコブ・バタロン初来日!宇垣美里 と鏡開き!『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ブルーレイ&DVD大ヒット祈願イベント


映画情報どっとこむ ralph ムービー『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のブルーレイ&DVDが、12月4日(水)にリリースとなります!

本作は、『アベンジャーズ/エンドゲーム』での戦いの後、変わってしまった世界を舞台に、スパイダーマンことピーター・パーカーの新たな戦いと新たな一歩が描かれます。新たなスパイダーマン・ストーリーを描くのは最高のキャストとスタッフ陣!

ソニー・ピクチャーズ史上、全世界興収歴代1位を記録し、『アベンジャーズ/エンドゲーム』のその後の世界を描く、大ヒットヒーローアクションムービー『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のブルーレイ&DVDのリリース決定を記念し、スパイダーマンこと主人公ピーター・パーカーの同級生であり親友のネッド ・リーズ役を演じているジェイコブ・バタロンが初来日!スペシャルゲストにフリーアナウンサーの宇垣美里さんが、MCとして映画コメンテーターの有村昆さんが登壇し、ブルーレイ&DVD大ヒット祈願イベントが行われた。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ブルーレイ&DVD大ヒット祈願イベント
開催日:2019年9月16日(月・祝)
開催場所:秋葉原UDXシアター
ゲスト:ジェイコブ・バタロン(ネッド 役)、宇垣美里 MC:有村昆

映画情報どっとこむ ralph MCの有村さんがジェイコブを呼び込むと、先にスパイダーマンのスーツアクターが登場。
スパイダーマンの手招きによって、ジェイコブが登壇し、一緒にスパイダーマンのポーズも披露した。今回が初来日というジェイコブは日本のファンに向けて、

ジェイコブさん:今日はこのように歓迎していただき、ありがとうございます。皆さんの応援がないと、僕はここにいません。
スパイダーマン_ジェイコブ・バタロンx宇垣美里 と挨拶。ジェイコブさんの登場に興奮気味の有村が、本作でジェイコブさん演じるネッドのラブストーリーが描かれていることについて質問すると、

ジェイコブさん:初めてロマンスを演じましたが、相手役のベティを演じたアンガーリー・ライスがとっても素敵な方で、演じやすかったです。

と撮影を振り返った。


続けて、プレゼンターとして、スパイダーマンのカラーを意識したという赤いドレスを身にまとったフリーアナウンサーの宇垣美里さんが特製のだるまを持って登場。

日本式の贈り物にジェイコブは大喜び。マーベルのヒーローが大好きという宇垣さんはジェイコブさんに会えた感想を

宇垣さん:今回お呼びいただいて、光栄です。ピーターにネッドがいて本当に良かったなと思うんです。今日はお会いすることができて嬉しいです!
スパイダーマン_宇垣美里-(4) と笑顔。ジェイコブさんは宇垣さんの歓迎に、日本語で「ありがとう」と感謝の言葉を述べた。宇垣さんはジェイコブさんがネッド役に決まった時の心境について質問をすると、

ジェイコブさん:まさか若くしてこんな大役をいただけるとは思っていなかったので、光栄です!

と当時を振り返った。

映画情報どっとこむ ralph また公式Twitterで募集された質問に答えるコーナー”教えてジェイコブ君”で、「実はアドリブだよ!っていうシーンがあったら教えてください!」という質問には、

ジェイコブさん:ほとんどのシーンが実はアドリブなんです!

と驚きの撮影秘話を披露。今回が初来日というジェイコブさんは、

ジェイコブさん:秋葉原や渋谷に行って、洋服や玩具をたくさん買いました。特に“ガンダム”や“ドラゴンボール”はお気に入りです。オタクとしては夢のような体験でした!

と、日本のアニメ好きであることを明かすと、これには

宇垣さん:似たような空気を感じていました(笑)。やっぱり秋葉原は、DVD BOXやフィギュアもたくさんあったりするのでワクワクしますよね!

と反応し、オタクトークに華を咲かせていた。


そしてイベントの終盤では、再度スパイダーマンも登場し、日本式の鏡開きでブルーレイ&DVDの大ヒットを祈願することに。初めての鏡開きに興味津々のジェイコブは酒樽の中に入っている日本酒を舐めてみるなど、日本式のイベントを楽しんでいる様子だった。
スパイダーマン_ジェイコブ・バタロンx宇垣美里 (3)
最後に、

ジェイコブさん:本当に皆さん、この作品のファンでいて下さってありがとうございます。ブルーレイ、DVDの特典にはインタビューやメイキング、NGシーンなどが入っているので、面白いと思います。

とブルーレイ&DVDの魅力をアピールし、イベントを締めくくった。
スパイダーマン_ジェイコブ・バタロンx宇垣美里 イベント終了後には、宇垣美里の囲み取材が行われ、記者からジェイコブと初対面した感想を聞かれ

宇垣さん:思っているより大柄な方だなと思いました。本当にお優しい方で、ネッドそのままのちょっと飄々とした、でもどこか一緒にいるだけで癒やしてくれるような方だなと思いました!

と印象を語ってくれました。

映画情報どっとこむ ralph
『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
12月4日(水)ブルーレイ&DVDリリース!
※11月6日(水)よりデジタル先行配信!
『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』日本限定プレミアム・スチールブック・エディション【完全数量限定】展開図 ■ブルーレイ&DVDセット【初回生産限定】
4,743円+税
■4K ULTRA HD & ブルーレイセット【初回生産限定】
6,800円+税
■日本限定プレミアム・スチールブック・エディション【完全数量限定】
9,800円+税
発売元・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

主人公ピーター役のトム・ホランド、ヒロインであるMJ役のゼンデイヤ、愛すべき親友ネッド役のジェイコブ・バタロンら続投のキャスト陣に加えて、ニック・フューリー役のサミュエル・L・ジャクソン、ハッピー・ホーガン役のジョン・ファヴローらマーベル作品常連キャストが集結。そして、今作のキーマンであるクエンティン・ベック/ミステリオには、『ナイトクローラー』『ブロークバック・マウンテン』などに出演した実力派俳優ジェイク・ギレンホールをキャスティング。監督は前作『スパイダーマン:ホームカミング』でも監督を務めたジョン・ワッツ、そして『アベンジャーズ』シリーズを大成功に導いたケヴィン・ファイギによるプロデュースと、鉄壁の布陣でスパイダーマンの新たな物語が描かれます。

***********************************

© 2019 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: © & ™ 2019 MARVEL.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

アントニア・ブリコ の半生『レディ・マエストロ』三ツ橋敬子、宮本笑里ら著名人12名コメントが到着


映画情報どっとこむ ralph 女性指揮者のパイオニア、アントニア・ブリコの半生を描いた『レディ・マエストロ』(9月20日(金)より、Bunkamuraル・シネマほか全国公開)へ寄せられた著名人コメントが到着しました。
レディ・マエストロ 女性が指揮者になるという〈夢〉を見ることさえ許されなかった時代に、自らの手でその〈夢〉をつかみ、女性指揮者のパイオニアとなったアントニア・ブリコ。一歩前へ進むたびに出現する高く険しい壁を、ひとつひとつ乗り越えていったアントニア・ブリコのはるか遠い道のりをたどる、勇気と感動と驚きに満ちた実話の映画化が実現した。マーラー「交響曲第4番」、ストラヴィンスキー「火の鳥」から、ガーシュウィン「ラプソディ・イン・ブルー」まで、数々の名曲と共に奏でる、夢を諦めないすべての人への応援歌。
レディ・マエストロ この度、本作の公開を前に、“美しすぎる指揮者”として注目を集め、2009年のNewsweek Japan誌「世界が尊敬する日本人100人」にも選出された指揮者の三ツ橋敬子や、ヴァイオリニストの宮本笑里、ピアニストの清塚信也など音楽関係者をはじめ、漫画家のさそうあきらや宇宙飛行士の山崎直子など各方面の著名人より絶賛コメントが到着しました。

映画情報どっとこむ ralph はじめて指揮棒を手にした、あの日の胸の高鳴り。
いつしか自分自身の過去と未来を重ね合わせ、ラストは涙がこぼれた。
アントニアが切り開いた道に感謝。私も次世代にバトンを渡さなければ。
――三ツ橋敬子(指揮者)

人生では、必ず障害が現れるときがあります。
大きな壁が立ちはだかる時も信念を曲げず、自らの直感を信じて行動する強さ。貪欲な音楽への情熱や勢い。
それが彼女の大きな武器と魅力。
女性が突き進む姿は美しく、時に苦しく、とても胸が高鳴りました。
――宮本笑里 (ヴァイオリニスト)

男女、貧富、人種・・・
人間を分かつもの全てを無意味に出来るのは音楽なのだと、改めて確信する事が出来ました。
僕も、全ての人の心に平等に響き渡る音楽をやっていきたいと、強く思わされる映画でした。
――清塚信也(ピアニスト)

女性指揮者として数々の反対や、嫉妬に悩まされながら強く生きる道を選ぶ姿に感動…
全編に流れるクラシック名曲の数々が心に寄り添い、時に涙を誘う。
ぜひ観て欲しい一編!
――宮本文昭(音楽家)

マエストロに女性名詞は要らないの。
——ケリー=リン・ウィルソン(新国立劇場オペラ公演初の女性指揮者)

理不尽な困難を与えた野郎どもも、数少ない応援してくれた人たちも、全てが彼女の夢の関係者か。
けど女性をこれだけ思い知らされても、次も女でうまれたいなぁ。これって?!
――綾戸智恵(ジャズシンガー)

『どんな才能の持ち主でも、女に生まれれば、存在しないも同じ』
200年以上前に、有名な作家が言い放った。アントニアは、そう言った偏見と戦って生きた。しかし、才能ある女たちを取り巻く状況は基本的に、現在でもまださほどは変化しているとは思えない。
――池田理代子(劇画家・声楽家)

猥雑なナイトクラブで夢を目指してピアノを鳴らしていたアントニア・ブリコ。
1920年代、音楽に革命を起こそうとしていたのはストラヴィンスキーだけじゃなかったんだ!
――さそうあきら(漫画家「マエストロ」「神童」)

アントニア・ブリコという一人の女性の情熱が、音楽、時代、愛、友情、さまざまな絆をつないでいく。その生き様こそが芸術のよう。実話ならではの勇気を頂きました。
――山崎直子(宇宙飛行士)

夢を諦めかけた女性必見!女性指揮者は見果てぬ夢?数奇な運命に挑む主人公のひたむきさが胸に迫る。
名曲満載、音楽好きも大満足!貴女は夢に向かって走り続けていますか?
――紫吹淳(女優)

今でもまだ男女の格差は存在するし、仕事と私生活との両立には多くの悩みもある。
それでも情熱だけで道を切り開いてくれた多くの“先輩たち”がいたからこそ、今の私たちはある。
――浜田敬子(アエラ元編集長)

自己表現の楽しさを知ったらもはや後戻りは出来ない。音楽の神様に愛された女性の闘いは痛快ですらある。
――下重暁子(作家)

男がなりたい三大職業、指揮者、映画監督、野球監督。それらはすべて女性には禁じられていた。
指揮者の壁を打ち破った女性の苦闘に、女性映画監督が熱い共感を寄せた。
――上野千鶴子(社会学者・東京大学名誉教授)

映画情報どっとこむ ralph 『レディ・マエストロ』

英題:The Conductor
9月20日(金)より、Bunkamuraル・シネマほか全国公開

レディ・マエストロ
【STORY】
1926年、ニューヨーク。オランダからの移民アントニアは、指揮者になるためならどんな困難にも挑むと決めていた。「女性は指揮者になれない」と言われながらも、音楽への情熱だけは誰にも負けなかったアントニアは、ナイトクラブでピアノを弾いて稼いだ学費で、音楽学校に通い始める。だが、ある“事件”から退学を余儀なくされ、引き留める恋人を置いて、アムステルダムからベルリンへ。遂に女性に指揮を教えてくれる師と巡り合う。憑かれたようにレッスンに没頭するアントニアだったが、出生の秘密、恋人の裏切り、女性指揮者への激しいバッシングなど、次々とアクシデントが襲い掛かるー。

***********************************

監督・脚本:マリア・ベーテルス
出演:クリスタン・デ・ブラーン、ベンジャミン・ウェインライト、スコット・ターナー・スコフィールド
2018年/オランダ映画/英語・オランダ語/カラー/シネスコ/5.1ch/139分/DCP/G
日本語字幕:古田由紀子
提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム
©Shooting Star Filmcompany – 2018




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ケン・ローチ監督が描く、美しく力強い家族の絆『家族を想うとき』予告&新場面写真解禁!


映画情報どっとこむ ralph この度、第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品され、世界中から絶賛されたケン・ローチ監督最新作『家族を想うとき』を12/13(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開となります。
『家族を想うとき』 日本でも大ヒットを記録した『わたしは、ダニエル・ブレイク』を最後に映画界からの引退を表明していた、イギリスを代表するケン・ローチ監督。

名匠が引退宣言を撤回してまで描きたかったのは、グローバル経済が加速する中で変わっていく人々の働き方と、時代の波に翻弄される「現代の家族の姿」。

父リッキーは、マイホーム購入の夢をかなえるために、フランチャイズの宅配ドライバーとして独立。母アビーはパートタイムの介護士として、時間外まで1日中働いている。家族を幸せにするはずの仕事が、家族との時間を奪っていき、高校生の長男セブと小学生の娘のライザ・ジェーンは寂しい想いを募らせてゆく。

日本でも日々取り上げられている労働問題と重なり、観る者は現代社会が失いつつある家族の美しくも力強い絆に、激しく胸を揺さぶられるだろう。

この度、本作の予告篇30秒と新場面写真4点が解禁!
前半では、フランチャイズのドライバーという仕事の厳しい現実を感じさせる台詞から始まり、想像以上に過酷な働き方に疲弊していくリッキーと、マイホーム購入を夢見て介護福祉士として共に必死に働くアビーの姿が。さらに忙しい両親とのすれ違い生活に寂しい想いを募らせた息子セブの姿などが描かれている。後半では、セブのために急遽仕事を休んだリッキーに対し追い討ちをかけてくる上司や、家族を守ろうと必死に声を荒げるアビーの姿が。娘ライザと父との幸せな時間に感謝するシーンで締めくくられ、美しく力強い家族の絆を感じさせる、観る者の心に迫る予告編となっている。


映画情報どっとこむ ralph あわせて解禁された新場面写真4点では、リッキーとアビーの仕事の場面や、家族の絆を想起されるシーンが。
photo: Joss Barratt, Sixteen Films 2019

さらに9/17(火)のNHK「クローズアップ現代+」では、ケン・ローチ監督と是枝裕和監督の対談の様子を収めた【是枝裕和×ケン・ローチ “家族”と”社会”を語る】を放送予定。
Hirokazu Koreda in conversation with Ken ケン・ローチ監督・是枝監督 なお番組の再放送は未定、両監督の最新作映像が使用されているためオンデマンド配信も行われない。奇跡の対談はここでしか視聴できませんので、どうぞお見逃しなく!


『家族を想うとき』
原題:Sorry We Missed You

longride.jp/kazoku/
『家族を想うとき』
<STORY>
イギリス、ニューカッスルに住むある家族。父のリッキーはマイホーム購入の夢をかなえるために、フランチャイズの宅配ドライバーとして独立。母のアビーはパートタイムの介護福祉士として、時間外まで1日中働いている。家族を幸せにするはずの仕事が、家族との時間を奪っていき、高校生のセブと小学生の娘のライザ・ジェーンは寂しい想いを募らせてゆく。そんななか、リッキーがある事件に巻き込まれてしまうーー。

***********************************

監督:ケン・ローチ
脚本:ポール・ラヴァティ
出演:クリス・ヒッチェンズ、デビー・ハニーウッド、リス・ストーン、ケイティ・プロクター
2019年/イギリス・フランス・ベルギー/英語/100分/アメリカンビスタ/カラー/5.1ch/日本語字幕:石田泰子
提供:バップ、ロングライド  
配給:ロングライド  
© Sixteen SWMY Limited, Why Not Productions, Les Films du Fleuve, British Broadcasting Corporation, France 2 Cinéma and The British Film Institute 20




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

タイカ・ワイティティ監督最新作『ジョジョ・ラビット』第44回トロント国際映画祭観客賞受賞!


映画情報どっとこむ ralph タイカ・ワイティティ監督最新作『ジョジョ・ラビット』第44回トロント国際映画祭観客賞受賞! アカデミー賞戦線に一直線! タイカ・ワイティティ監督の新たな傑作誕生に世界大熱狂!!

FOXサーチライト・ピクチャーズが贈る『マイティ・ソー バトルロイヤル』(17)のタイカ・ワイティティ監督最新作『ジョジョ・ラビット』(2020年1月より全国ロードショー)が、第44回トロント国際映画祭の最高賞となります【観客賞】を受賞しました!!

スカーレット・ヨハンソンやサム・ロックウェルという実力派人気俳優たちとの共演はもちろんのこと、アドルフ・ヒトラーをワイティティ監督自身が演じた本作で、主役のジョジョを演じたローマン・グリフィン・デイビスは、本作が初主演作! その愛くるしいルックスはもとより、オーディションでこの役を掴んだという、確かな演技力で、一躍注目の新星の座に躍り出ました!

ワイティティ監督が、第二次世界大戦下のドイツを舞台とした、戦争に対しての笑いによる風刺と、ハートフルなコメディの形をとりながら戦時下における人々の生きる喜びを正面から描いた傑作ヒューマン・エンターテイメントを作りあげたことで、トロント映画祭の開幕前から、マスコミ陣も映画ファンも本作に大注目。熱狂的に迎えられたワールドプレミアが行なわれました。
Roman Griffin Davis and Taika Waititi in the film JOJO RABBIT. Photo by Kimberley French. © 2019 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved 『ジョジョ・ラビット』は、もっともアカデミー賞に近い賞と言われるトロントの観客賞を獲得し、アカデミー賞を含む今季の賞レース戦線スタートです!

映画情報どっとこむ ralph 『ジョジョ・ラビット』
原題:JOJO RABBIT

公式HP:
@jojorabbit/

公式Twitter:
@foxsearchlightj

Taika Waititi and Roman Griffin Davis in the film JOJO RABBIT. Photo by Kimberley French. © 2019 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved ストーリー
第二次世界大戦下のドイツ。心優しい10歳の少年ジョジョ(ローマン・グリフィン・デイビス)は、空想上の友だちであるアドルフ・ヒトラー(タイカ・ワイティティ)の助けを借りながら、青少年集団ヒトラーユーゲントで、立派な兵士になろうと奮闘していた。しかし、ジョジョは訓練でウサギを殺すことができず、教官から”ジョジョ・ラビット”という不名誉なあだ名をつけられ、仲間たちからもからかわれてしまう。そんなある日、母親(スカーレット・ヨハンソン)とふたりで暮らしていたジョジョは、家の片隅に隠された小さな部屋で、ユダヤ人の少女(トーマシン・マッケンジー)がこっそりと匿われていることに気づく。ジョジョの頼りとなるのは、ちょっぴり皮肉屋で口うるさいアドルフだけ…。臆病なジョジョの生活は一体どうなってしまうのか!?

***********************************

監督・脚本:タイカ・ワイティティ(『マイティ・ソー バトルロイヤル』)
出演:ローマン・グリフィン・デイビス、タイカ・ワイティティ、スカーレット・ヨハンソン、トーマシン・マッケンジー、サム・ロックウェル、レベル・ウィルソン他 
全米公開:10月18日 [予定]
配給:20世紀フォックス映画 
(C)2019 Twentieth Century Fox&TSG Entertainment






良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ