「わ行」カテゴリーアーカイブ

私のオオカミ少年 初日とリピートがお得


昨年韓国で公開され、ラブロマンス映画では不可能と言われた700万人以上を動員し、同ジャンル史上第一位の興行成績を記録した、『私のオオカミ少年』が、いよいよ5月25日(土)より新宿シネマカリテ、109シネマズ川崎ほかにて全国公開致します!


本作は、この世に存在してはならない“オオカミ少年”が、初めて手を差し伸べた少女に淡い恋心を抱く、ピュアで切ない運命の物語。韓国では、公開されるやいなや、その主人公二人のピュアな心の交流に涙する女性が続出!同時期に公開されていた『トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part2』よりも人気で、劇場に何度も足を運ぶリピーター鑑賞が話題となった作品です。

特に、言葉を持たない“オオカミ少年”をその表情と動作だけで演じ切ったソン・ジュンギは、先ごろ発表された韓国で権威のある第49回百想芸術大賞にてイ・ビョンホン、ハ・ジョンウなどの名優に並び最優秀男性演技賞にノミネート!本作のチョ・ソンヒ監督からも「ソン・ジュンギの演技に対する野心と情熱はとても素晴らしかった!」と絶賛を受け、いまや映画監督や同業女優から、出演や共演のラブコールが絶えない彼の演技は一見の価値ありです。

私も試写行ったんですけど、本当に良い作品でした。

そして、この度、日本でも人気急上昇中のソン・ジュンギの直筆サイン入りレアグッズがあたるリピーターキャンペーンを実施することが決定しました!

鑑賞券半券を集めて応募すると、特製ブックレットや特典映像満載の韓国版プレミアムDVDボックスや、撮り下ろしのソン・ジュンギポラロイド写真などに、ソン・ジュンギ自らサインをしたグッズが当たる、ファンにはたまらないプレゼントキャンペーンです。半券の枚数によって賞品が変わるので、劇場でリピート鑑賞すればするほどお得なキャンペーン詳細は、公式サイト(ookami-shounen.jp)でチェック!

また、5月25日の公開初日にご来場の方には、韓国発の大人気コスメSKINFOODのサンプルセットプレゼントも決定!
(先着・数量限定。一部劇場を除く) 

ぜひお早目に劇場に!

5月25日(土)新宿シネマカリテ、109シネマズ川崎ほか全国ロードショー




********************************************************************


『私のオオカミ少年』

監督・脚本:チョ・ソンヒ
出演:ソン・ジュンギ、パク・ボヨンほか  
提供:CJ Entertainment
配給:CJ Entertainment Japan    
2012年/韓国/カラー/ビスタ/ 125分
©2012 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved   
公式HP: http://ookami-shounen.jp


『私のオオカミ少年』×人気マンガ「2DK」コラボ


ソン・ジュンギ主演『私のオオカミ少年』がいよいよ5月25日(土)より公開となります!

そしてこの度、講談社モーニング公式webにて連載中の追っかけ女子必読の大人気マンガ「2DK」とのスペシャルコラボレーションが決定しました!

「2DK」は、若手俳優をこよなく愛するこむぎときなりのルームシェア物語で、モーニング公式サイトで毎週水曜日に最新話を配信中の大人気マンガ。(http://morningmanga.com/blog/2dk

今回、一足先に本作の試写を観て、ソン・ジュンギのかわいさに号泣&萌えた!という「2DK」作者の漫画家・竹内佐千子先生が本作のために特別バージョンを描き下ろし、劇場配布の本作フライヤーや劇場パンフレットに掲載されます。

(c)竹内佐千子/講談社、(C)2012 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

本作は、この世に存在してはならない“オオカミ少年”が、初めて手を差し伸べた少女に淡い恋心を抱く、ピュアで切ない運命の物語。主演のソン・ジュンギは、韓国で2012年最も活躍したタレント第1位にも選ばれ、また日本でも“グンちゃん(チャン・グンソク)の次にくる注目俳優”としてピックアップされるなど注目度は上昇中で、本作への期待も高まっています。

また、上映劇場である新宿シネマカリテでは、公開記念して、現在『私のオオカミ少年』スペシャルデコレーションの水槽をいち早く展示中!水槽の住人は、本作にちなみ、なんと“オオカミウオのチョルスくん”。水族館以外ではなかなか見ることがレアなオオカミウオ・チョルスくんの観察日記が
公式Facebook:https://www.facebook.com/ookami.shounen.jp
で連載中です!


“胸キュン”ファンタジーラブロマンス『私のオオカミ少年』が、いよいよ5月25日(土)より新宿シネマカリテ、109シネマズ川崎ほかにて全国公開致です!
********************************************************************


私のオオカミ少年 可愛いらしいファンタジー


『私のオオカミ少年』のマスコミ試写に行って来ました!

この世に存在してはならない“オオカミ少年”が、初めて手を差し伸べた少女に淡い恋心を抱くピュアで切ないファンタジーラブロマンス。韓国では、主人公二人の純愛に涙する女性が続出し、700万人以上を動員する大ヒットを記録した作品です!


【ストーリー】
家族ととも引越した静かな村で、スニ(パク・ボヨン)は、闇の中に身をひそめる謎の少年(ソン・ジュンギ)を見つける。まるでオオカミのような人間離れした行動を見せるが、チョルスと名付けられた少年を、どこか気になるスニは、世の中で生きて行く方法を一つずつ教えていく。生まれて初めて自分に手を差し伸べてくれたスニに、切ない感情が芽生え始めるチョルスだったが─。

って、言うお話。

なんといっても、全編、かわいらしい映画だったね。
狼男を上手くファンタジーにしています。

で、周りは女性の記者さん達が多かったのだけど、後半はすすり泣きがあちこちから。
そういう僕も、目にあついものが。。。

イヤー良かったです。

なんかね。韓国映画に多い敵役は徹底的に嫌な奴で、これでもか!って感じだし、つじつまが合わない部分,
SFXの弱さはあるけど、そんなの関係ない!!

ピュアな雰囲気を通す脚本良いです。

泣いてたんですか!
それで、終わった後すぐにトイレに行ったんですね。

でも、本当に良かったですよね。

主演は、2012年下半期の大ヒットドラマ「優しい男」主演により国民的な人気を得て、2012年最も活躍した俳優1位にも選ばれた、ソン・ジュンギさん。凄い演技ですよね。めっちゃ犬っぽい。うちの犬とかぶっちゃいました!

喋れないから目と仕草だけの演技だけなんだけど、上手いね。これからも注目していきます!
それからヒロインのパク・ボヨンさんもピュアな演技かわいすぎです。


ネタバレするから描けないけど、最後も良かった。
男のピュアさ。
あれオオカミ少年じゃ無くてももってるよ。

いままで、余り見てなかったけど韓国映画結構いいかも。

『私のオオカミ少年』は2013年5月25日(土)より新宿シネマカリテ、109シネマズ川崎ほか全国ロードショーです!
絶対お勧め!の作品です。

ってことで、久しぶりに、ピュアな恋がしてみたくなったので、六本木にでも繰り出してきます!

こらオオカミ!
待て! 

たまってるデザインの仕事から逃げるな!
********************************************************************

私のオオカミ少年


監督・脚本:チョ・ソンヒ
出演:ソン・ジュンギ、パク・ボヨンほか  
提供:CJ Entertainment
配給:CJ Entertainment Japan    
2012年/韓国/カラー/ビスタ/ 125分 ©2012 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved
ookami-shounen.jp


韓国映画 初恋セレクション!公開


2012年、韓国純愛映画で大ヒット作となった『建築学概論』(5/18~)と『私のオオカミ少年』(5/25~)が、同時期公開します!

この公開を記念して、5/4より新宿シネマカリテで、珠玉のラインナップによる“韓国映画 初恋セレクション3weeks”のレイト特集上映が決定しました。

■5/4~5/10『サニー 永遠の仲間たち』
■5/11~5/17『ラブストーリー』
■5/18~5/24『オオカミの誘惑』
料金は1000円。(3作品共通20:45~/全作品フィルム上映)

更に、『建築学概論』か『私のオオカミ少年』の前売り券を窓口で提示いただけたら、料金は500円に!
メッチャお得です!

ぜひこの機会に珠玉のラブストーリー作品を観て、胸キュンしてください!!


またイベント開催時、新宿シネマカリテで『私のオオカミ少年』にちなんだ水槽が、新宿武蔵野館では『建築学概論』に登場する建築の模型が展示されます!!

『建築学概論』5/18より新宿武蔵野館ほか全国順次公開!

大学の初恋の相手だった女性が15年後に突然現れ、建築士の自分に家を建ててほしいと頼むことから始まる物語。過去と現在を行き来しながら、現在の家を建てる過程と初恋の思い出を回想する構成となっており、現在の主人公ソヨンとスンミンをハン・ガインとオム・テウンが、20歳のころのふたりをK-POPグループ“Miss A”のスジと俳優イ・ジェフンが演じる。恋愛映画にも関わらず特に男性たちが“泣ける”と熱狂。爆発的クチコミと驚異的なリピート率で、韓国に“初恋ブーム”が巻き起こり、410万人を動員。純愛映画の興行成績を6年ぶりに塗り替えた。

建築学概論 ©2012 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved
公式HP:www.kenchikumovie.com
公式twitter: @kenchikumovie 公式FACEBOOK:kenchikumovie

『私のオオカミ少年』5/25より新宿シネマカリテほか全国順次公開

この世に存在してはならない“オオカミ少年”が人の温かさに触れ、手を差し伸べた少女に淡い恋心を抱くピュアで切ないファンタジーラブロマンス。“オオカミ少年”という難役に挑んだのは、今もっとも旬な実力派俳優ソン・ジュンギ。言葉を話さず、憂いのある瞳としぐさだけで喜怒哀楽すべての感情を表現し、パク・ボヨン演じる少女との心の交流と純愛に涙する女性が続出!このジャンルでは不可能といわれた700万人以上を動員し、韓国ラブロマンス映画のNo.1記録を塗り替える大ヒットとなった。

私のオオカミ少年 ©2012 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved
公式HP:ookami-shounen.jp
公式twitter: @ookami_chulsoo

********************************************************************





「わらいのかみさま」舞台挨拶 沖縄国際映画祭


映画初主演のユウキロックさん、今帰仁村での撮影期間は3日間にも関わらず、おばぁとの漫才は息ぴったり!

第5回沖縄国際映画祭の5日目となる3月27日(水)、沖縄コンベンションセンター・シアター2にて、地域発信型映画「わらいのかみさま」が上映されました。上映後には舞台あいさつが行われ、主演のハリガネロック・ユウキロックさん、茉那美さん、又吉安則監督、今帰仁村観光協会会長の上間宏明さん、同協会事務局長の又吉演さんが登壇。

『わらいのかみさま』は、長寿の村として知られる今帰仁村を舞台に、“「笑い」で「病気」を治す”という一風変わった福祉事業がスタート。そこに送りこまれてきた落ちこぼれの芸人・斉藤肇(ユウキロック)と、事業の責任者兼、肇の世話係を任されたお笑いに無頓着な女性・太田しおりさん(茉那美さん)が奔走するさまを描いたコメディ作品です。

warainokamisama
映画祭に参加しての感想を聞かれると、今帰仁村観光協会事務局長の又吉演さんが「素晴らしい作品ができたと思います!」と真っ先にあいさつ。すかさずユウキロックが「まず自己紹介してもらえます?みんな、誰やあのハッピのおじさん?と思ってますよ」と呆れ顔でツッコみ、会場の笑いを誘っていました。

映画初主演のユウキロックは「今回、映画祭に正式に参加させてもらえてとても嬉しく思います」と真面目に話したかと思うと一転「後輩の山田與志さん(COWCOW)に、ホテルの近くのパチンコ屋に、映画祭のTシャツを着ていくと絶対負けないと言われて行ったんですよ。そしたら昨日ほんとに6万円勝ちました。沖縄に来て本当によかったです!」と映画祭とまったく関係ないエピソードを披露し、会場からビミョーな笑い声が起こります。また、撮影について「又吉組では、カチンコを2回鳴らすんですよ。ヨシおばぁ(瀬名波孝子さん)と2人そろってとまどってました」と、又吉監督の独特の撮影方法を紹介していました。

現場の雰囲気を聞かれた茉那美さんは「順序良くシーンを撮るわけではないので、初対面で親しそうにしなければならなかったり、自転車をこぐシーンをオーバーに見せないといけなかったり、息を切らすシーンで呼吸を止めたりとか、とにかく難しかったです」と興奮気味に話していると、それを見たユウキロックさんに「ようしゃべる子やね!」とツッコまれ、はにかむ場面も。

又吉監督は「脚本の時点でユウキロックさんと決めていたので、何も心配はありませんでした。おばぁとの漫才シーンも、初対面ですぐ撮影できました」と、ユウキロックに絶大な信頼をおいていた様子。ユウキロックさんも「撮影期間は3日だったんですけど、おばぁちゃんめっちゃ練習したんでしょうね。完璧でした」と瀬名波孝子さんを絶賛。

今回の原案を考えたという又吉演さんは「僕はもともと監督志望でネタのストックはたくさんあります。実はこの映画は全24話のシーズン3まであって、今回はシーズン1なんです」とおどけてみせ、会場から大きな笑い声が上がっていました。また上間さんは「今帰仁村の手つかずの自然や、人の温かさがよく現れていたと思います。まさに映画祭のテーマにぴったりの作品です」と太鼓判を押していました。

又吉監督は「どこを撮っても絵になる今帰仁村でまた映画を撮りたい」と、次回作への意欲を語りました。
最後にメッセージを求められたユウキロックは「本当に今帰仁村は風土も人もよくて、いいとこだと思いました。まだまだ続く映画祭を楽しんでください!」と締めくくり、会場から大きな拍手を送られていました。

第5回沖縄国際映画祭は3月23日(土)~3月30日(土)まで開催されます!

第5回沖縄国際映画祭ホームページ:http://www.oimf.jp/
本日のスケジュールはこちら
現地に行けない!そんな人にニコ動生配信スケジュール
http://oimf.jp/jp/live/

©2013沖縄国際映画祭 よしもとラフ&ピース

********************************************************************