「わ行」カテゴリーアーカイブ

僕は二人から、人生のすべてを学んだ『ワイルドライフ』日本版予告編、ポスター解禁


映画情報どっとこむ ralph 個性派俳優ポール・ダノ初監督作品『ワイルドライフ』が、2019年7月5日(金)より、YEBISU GARDEN CINEMA、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開いたします。
キャリー・マリガンとジェイク・ギレンホールが夫婦役で共演。心が離れていく夫婦、壊れゆく家族の姿を14歳の息子の心情を通して描いた、切なくも優しい物語です。

この度、日本版予告編、ポスタービジュアル、場面写真が解禁に。

映画情報どっとこむ ralph 日本版予告編は『14歳だったあの頃、僕はまだ、父さんの苦しみも、母さんの悲しみも何も分からずにいた。』という14歳の息子ジョーのナレーションで始まる。慎ましくも幸せだった家族がジェイク・ギレンホール演じるジェリーの失業を機にゆっくりと崩れ始める。ギレンホールの男のプライドと信念を貫こうとする無骨な父親像が端々に垣間見られる。キャリー・マリガンは夫を愛していながらも心の穴を埋めるように浮気に走ってしまう母・ジャネットを熱演、後戻りができない状況を迎え『他の道があるなら教えて、やってみるから』と息子の前で涙を流しながらの演技は迫真だ。

そして、父と母の間で戸惑い、揺れ動きながら、少しずつ成長していくジョーを演じるエド・オクセンボールドの真っ直ぐなまなざしは純粋で儚げで印象的だ。ポール・ダノの初監督作品となる本作、映画界を牽引する演技派俳優であるダノのもとに集結したマリガンとギレンホールの2人。彼らの抑えたもの言わぬ演技や、1960年代のアメリカの田舎町の原風景の美しさを切り取ったカットや心情をあぶりだす長回しショットをとっても、彼の映画監督としての手腕が光る。予告編終盤の真正面を静かに見つめる夫婦2人、この家族の行く末はどうなるのか、結末が気になる予告編となった。


映画情報どっとこむ ralph 予告編と同時にポスタービジュアルが解禁。

ポスターではマリガンとギレンホールの間に空席を挟む微妙な距離感が夫婦の関係性を映し出すビジュアル。そして、息子ジョーの心情を思わせる『僕は二人から、人生のすべてを学んだ』というキャッチコピーが配置されています。

映画情報どっとこむ ralph
『ワイルドライフ』
原題:WILDLIFE
             
父の失業。母の浮気。別離、そして新たな道―。
壊れゆく家族の姿を14歳の息子の心情を通して描く、切なくも優しい物語。
1960年代、カナダとの国境にほど近いモンタナ州の田舎町。14歳のジョーは、ゴルフ場で働く父ジェリーと、家庭を守る母ジャネットの1人息子だ。新天地での生活がようやく軌道に乗り、睦まじい夫婦の姿を息子が安堵の面持ちで眺めていたのもつかの間、ジェリーが職場から解雇されてしまう。さらに、ジェリーは命の危険も顧みず、山火事を食い止める出稼ぎ仕事に旅立ってゆく。残されたジャネットとジョーは働くことを余儀なくされ、母はスイミングプール、息子は写真館での職を見つけるが、生活が安定するはずもない。やがてジョーは、優しかった母が不安と孤独にさいなまれ、生きるためにもがく姿を目の当たりにすることになる。

***********************************

監督:ポール・ダノ
脚本:ポール・ダノ/ゾーイ・カザン
音楽:デヴィッド・ラング
撮影:ディエゴ・ガルシア

出演:キャリー・マリガン ジェイク・ギレンホール エド・オクセンボールド ビル・キャンプ

2018年/アメリカ/105分/カラー/アメリカンビスタ/PG-12/字幕翻訳:牧野琴子
配給:キノフィルムズ
©2018 WILDLIFE 2016,LLC.


松本穂香主演 中川龍太郎監督最新作『わたしは光をにぎっている』モスクワ国際映画祭正式出品決定


映画情報どっとこむ ralph この度、中川龍太郎監督最新作『わたしは光をにぎっている』の公開が決定となり、第41回モスクワ国際映画祭の特別招待作品として正式出品されることも決定しました。
(※映画祭の公式の発表時間:4/2(火)日本時間21時~)

主演を務めるのは、松本穂香。

★松本穂香(宮川澪役)コメント
私たちの暮らす世界はとても儚くて、だからこそ美しいのだと、映画を通して改めて感じました。中川監督が紡ぐセリフは優しくて、映画の中に溢れる光はとても美しいです。色んな視点から楽しんでもらえる映画になっていると思います。

映画情報どっとこむ ralph 本作のメガホンをとった中川龍太郎監督は、29歳の新進気鋭監督。
東京国際映画祭の公式部門のひとつである日本のインディペンデント映画を積極的に紹介する「日本映画スプラッシュ」で、『愛の小さな歴史』(14)、『走れ、絶望に追いつかれない速さで』(15)と2年連続の出品を最年少にて果たし、注目を浴びました。今回は、第39回モスクワ国際映画祭で国際映画批評家連盟賞を受賞した前作『四月の永い夢』(17)に続いて、2作品連続で同映画祭への出品。

★中川龍太郎監督コメント
祖母の代からずっと通っていた近所のお豆腐屋さんが潰れた。学生時代にいつも通っていた銭湯も潰れた。伝統的なものが高級な文化としてしか残らないのだとしたら、日本に暮らしている多くの高級なものとは無縁の僕たちは、この国で生まれ、生きていることの思い入れをどうやって守ったらいいのでしょうか。そんな想いをきっかけに、「子供のまんまでいたい」女の子が、自分の力でどうやって新しい居場所をつかみとるのかを描きました。この小さな物語が現代日本を舞台にした、ささやかな『魔女の宅急便』になっていますように。

映画情報どっとこむ ralph わたしは光をにぎっている

物語・・・
宮川澪は、20歳。
両親を早くに亡くした彼女は、長野・野尻湖のほとりのこじんまりした民宿を祖母と2人で切り盛りし、淡々とした日常を送っていた。しかし祖母の入院を機に民宿を閉めざるを得なくなり、父の親友であった京介を頼って上京し、彼がひとりで経営する都内の銭湯の元で居候をすることになる。職を探すが、都会の空気にうまくなじめない澪は、徐々に銭湯の仕事を手伝うように。
映画監督の夢を持つ銀次や会社員の美琴など、銭湯にたむろする常連客達と次第に親密になる澪。銀次の映画を観たり、美琴に飲み会に誘われたりと、東京での日々が少しずつ楽しくなっていく。しかし、区画整理のため銭湯が近いうちに閉店する運命にあることを知った澪は、ある決断をするのだが・・・。

***********************************

監督:中川龍太郎
脚本:末木はるみ 中川龍太郎 佐近圭太郎 
脚本協力: 石井将 角屋拓海
出演:松本穂香 
配給:ファントム・フィルム
©2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema


ワイスピ最新作が邦題『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』で公開へ!


映画情報どっとこむ ralph 全世界累計興収5000億円を突破という規格外の人気を誇り、常識にとらわれないスケール、アクションの代名詞といえるシリーズへと成長したワイスピ最新作が邦題『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』として、8月2日(金)日米同時公開されることが決定しました!

併せて、ティザービジュアルも解禁!!!
ワイルドなスタイルで超重量級のクルマを操る追跡のプロ元FBI特別捜査官 ルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)と、クールなスタイルで超高級なクルマを駆る規格外の男元MI6エージェント デッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)というワイスピファンにはおなじみの2人を主役に迎えた新たな戦いの幕開けです!

映画情報どっとこむ ralph 2021年のFINALに向けて加速するファミリーの物語が再びスクリーンを駆け抜ける!

二人の前に立ちはだかる史上最強の敵、ブリクストン役には米ピープル誌が選ぶ「最もセクシーな男」2018年版の称号に輝いた『マイティ・ソー』シリーズのヘイムダル役や『パシフィック・リム』(13)のペントコスト役などで知られるイドリス・エルバ。

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(18)でトム・クルーズ演じるイーサンを翻弄する謎めいた美女ホワイト・ウィドウを演じたヴァネッサ・カービーが物語の鍵を握るデッカード・ショウの妹役で参戦!

更に、本作の監督に『ジョン・ウィック』(14)、『アトミック・ブロンド』(17)、『デッドプール2』(18)など数々の大ヒットアクションを手掛けるデヴィッド・リーチを迎え、脚本はこれまでのシリーズも手がけているクリス・モーガンが引き続き担当。

怒濤のアクション×かつてないスケール×ハリウッド大注目の監督×豪華キャスト×超人気シリーズという最強スーパーコンボで、ワイスピの熱いドライブは止まらない!!

映画情報どっとこむ ralph 今回到着した海外版予告編映像では、ホブスとショウが大暴れする姿が!

「誰が組むかこんなクソヤローと!」と互いに暴言を吐き捨てつつも、正反対のキャラクターの2人は衝突しながらも息の合った(!?)コンビネーションで正体不明の敵に立ち向かう。

本作で最強の敵として立ちはだかるイドリス・エルバ演じるブリクストンは、「人類の進化型。銃は効かない」と豪語し、何度も世界を救ってきたホブス、そして規格外の男・ショウに容赦なく襲い掛かる。

ヴァネッサ・カービー演じるショウの妹が「今度の敵は別格よ」と並々ならぬ真剣な表情で忠告する口調からも、敵の強さが伝わってくるだろう。果たして、ホブスとショウは世界を救うことができるのか!?



想像を超えたカーアクションだけでなく、ぶっ飛んだアクションの連鎖が止まらない映像となっております!

全世界歴代興収TOP10入りを果たすなど、史上最高のアクションシリーズの地位を確立しますます盛り上がりを見せるワイスピシリーズ。シリーズ最新作である本作を2019年夏休み注目度No.1映画としてご注目ください!


***********************************


キャスト:ドウェイン・ジョンソン/ジェイソン・ステイサム/イドリス・エルバ/ヴァネッサ・カービー

監督:デヴィッド・リーチ(「ジョン・ウィック」「アトミック・ブロンド」「デッドプール2」)
脚本:クリス・モーガン(「ワイルド・スピード」シリーズ)
提供:ユニバーサル・ピクチャーズ
配給:東宝東和
邦題:ワイルド・スピード/スーパーコンボ
原題:Fast & Furious Presents: Hobbs & Shaw
公開日: 8月2日(金)日米同時公開
(C)Universal Pictures


斎藤工​の叫びと、前野朋哉​と​芹澤興人​の謎の動きに注目!『魔法少年☆ワイルドバージン』メイキング特報解禁


映画情報どっとこむ ralph 映画『黒い暴動♥︎』や『サラバ静寂』の宇賀那健一監督の最新作「童貞のまま30歳を迎えると魔法使いになる」という都市伝説から繰り広げられる、ラブコメファンタジー『魔法少年☆ワイルドバージン』(出演:前野朋哉、佐野ひなこ、芹澤興人、田中真琴、濱津隆之、斎藤工)の、メイキング特報が解禁となりました。

特報は、斎藤演じる伝説の童貞魔法使い高橋による衝撃の叫びからはじまります。各キャストのコメントと共に、前野と芹澤の正体が見え隠れする、現場のユーモア溢れる雰囲気が伝わる内容となっております。

前野と芹澤は、保険会社に勤めるうだつのあがらないサラリーマン役、ヒロインの佐野は二人の働く会社にやってくるOL役、濱津は前野や佐野や芹澤の上司役、田中は前野と芹澤に助けられる女性役、斎藤は伝説の童貞魔法使役を演じております。



映画『魔法少年☆ワイルドバージン』

は2019年公開予定!!

公式Twitter:
@wv_movie

1984年4月20日生まれ。青山学院経営学部出身。ブレス・チャベス所属の映画監督/脚本家/俳優。俳優としてTV CM『メントスレインボー』シリーズ、映画『着信アリfinal』、ドラマ『龍馬伝』などに出演。初監督した映画『発狂』がアメリカを中心に数々の国際映画祭に入選。続けて監督した三作品がカンヌ国際映画祭ショートフィルムコーナーに入選。ゆうばり国際映画祭2011では『宇賀那健一監督特集上映』が行われた。ガングロギャル映画『黒い暴動❤』が2016年に公開、娯楽が失われた世界を描いた映画『サラバ静寂』が2018年に公開。
***********************************


キャスト:前野朋哉、佐野ひなこ、芹澤興人、田中真琴、濱津隆之/斎藤工 ほか

監督:宇賀那健一 
プロデューサー:小野川浩幸 共同プロデューサー:小美野昌史
制作:株式会社Vandalism 脚本:宇賀那健一、今田健太郎、今村竜士 
撮影:八重樫肇春 
照明:加藤大輝
録音:Keefar
助監督:平波亘 
美術:岡田匡未
スタイリスト:松田稜平 ヘアメイク:中村まみ 特殊造形:土肥良成 VFX:若松みゆき
スチール:内堀義之
ラインプロデューサー:鈴木徳至 
編集:小美野昌史 整音・効果:紫藤佑弥 キャスティング協力:當間咲耶香(スカリー株式会社)
企画・脚本・監督:宇賀那健一
© 2019 映画『魔法少年☆ワイルドバージン』




ディカプリオxブラピ タランティーノ最新作『 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』特報到着


映画情報どっとこむ ralph クエンティン・タランティーノの 9 作目の長編監督作となる最新作“Once Upon a Time in Hollywood”の邦題が『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』となり、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント配給により今秋日本公開されることが決定!

この度2種類の海外版ティザーポスターと特報が解禁となりました。

2015年の『ヘイトフル・エイト』から4 年ぶりとなるファン待望のタランティーノ新作は、『ジャンゴ 繋がれざる者』 (2012)でタランティーノ監督作初出演となったレオナルド・ディカプリオと、『イングロリアス・バスターズ』(2009)で同監督作初主演を果たしたブラッド・ピットの 2大スターの豪華顔合わせが注目を集めている話題作。

映画情報どっとこむ ralph 舞台は1969年のロサンジェルス。詳しいストーリーはまだ明かされていないが、ハリウッド黄金時代の最後の瞬間を、タランティーノ製作、脚本、監督で描いた本作は、タランティーノが、実際に自分が育った当時のハリウッド、そしていまや失われてしまったハリウッドを、郷愁とリスペクトを込め、5年の歳月を費やして脚本執筆したという。

1枚目のポスターは、ともにタランティーノ作品でその演技力を大いに飛躍させたレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの2ショット。タランティーノ作品2作目となる本作での二人がどんな新しい顔を魅せてくれるのか!?

2枚目は、当時絶頂の人気を誇っていた女優シャロン・テート役のマーゴット・ロビー。
『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたマーゴットが、今回はタランティーノ映画のミューズに選ばれ、輝くようなブロンドと、60年代ファッションに身を包んだ衣装。

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁となった特報には、ハリウッドで俳優として再び栄光を取り戻そうとしているちょっと落ち目のTV俳優リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)と、長年彼のスタントマンを務めているクリフ・ブース(ブラッド・ピット)が登場。クリフがブルース・リーらしき東洋人とカンフーアクションを撮影するシーンや、共演した子役の少女に「私が生きてきた中であなたは 最高の役者よ」とささやかれリックが涙ぐむ姿などが描かれている。

また今回映像には登場していないが、先日急逝した「ビバリーヒルズ高校白書」のルーク・ペリーも本作に出演しており、映画作品としては遺作となっている。そのほかの共演陣も実に豪華な顔ぶれが揃っている。


50 年以上のキャリアを誇るアカデミー賞俳優アル・パチーノ、『ヘイトフル・エイト』のブルース・ダーンらハリウッドの重鎮を筆頭に、『アイ・アム・サム』(2001)で天才子役の名をほしいままにした ダコタ・ファニング、『X-MEN』シリーズのジェームズ・マースデン、『レザボア・ドックス』(1991)、『ヘイトフル・エイト』のティム・ロス、マイケル・マドセン、『デス・プルーフ in グラインドハウス』(2007)、『ヘイトフル・エイト』のカート・ラッセルなどタランティーノ作品ではおなじみの面々も顔を揃えている。ほかには『イン・トゥ・ザ・ワイルド』のエミール・ハーシュ、『ダイ・ハード 4.0』(2007)のティモシー・オリファント、『オーシャンズ8』(2018)のダミアン・ルイスなどの新旧実力派が脇を固めている。

映画情報どっとこむ ralph 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

全米公開は 2019年7月26日、日本公開は 2019年秋全国ロードショー予定。

***********************************

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント