「わ行」カテゴリーアーカイブ

劇場版『若おかみは小学生!』アヌシー国際アニメーション映画祭コンペティション長編部門へ正式出品決定


映画情報どっとこむ ralph 講談社青い鳥文庫人気シリーズ「若おかみは小学生!」(原作:令丈ヒロ子・絵:亜沙美)の劇場版『若おかみは小学生!』公開は、2018年9月にTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開となります。

そして、この度、高坂希太郎監督最新アニメーション作、劇場版『若おかみは小学生!』が、世界中から集まった選りすぐりの作品群から見事選出され、アヌシー国際アニメーション映画祭2018【6月11日(月)~6月16日(土)開催】コンペティション長編部門へ正式出品することが決定しました!

監督は『茄子 アンダルシアの夏』(03)から約15年ぶりの劇場公開作品となる高坂希太郎が務めます。その他脚本には『聲の形』の吉田玲子、音楽は『アウトレイジ 最終章』で第41回日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞した鈴木慶一など日本を代表する錚々たるアニメーションスタッフが集結しました。

高坂希太郎監督 コメント 
私たちが手掛けた「若おかみは小学生」がアヌシー映画祭に選出され、驚いています。私的には初の長編映画です。しかも女児向けで「カワイイ」が大きなファクターであるこの手の題材は、今まで接した事が無く、大きなチャレンジでした。日本より先ずフランスで、どの様な評価を頂くのか、スタッフ共々興味が止みません!

映画情報どっとこむ ralph 本作は交通事故で両親を亡くし、祖母の温泉旅館「春の屋」で暮らすことになった小学6年生の女の子・おっこ(関織子)が、ユーレイのウリ坊(立売誠)やライバルの秋野真月に助けられながら、次々とやってくる変わったお客様をもてなすために、若おかみとして毎日奮闘する様子が描かれる笑いあり涙ありの物語。

声優にはテレビシリーズに引き続き、主人公・おっこ(関織子)役に小林星蘭、ユーレイのウリ坊(立売誠)役に松田颯水、おっこのライバルである秋野真月役を水樹奈々が担当します。

映画情報どっとこむ ralph

映画:劇場版『若おかみは小学生!

9月TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー

公式サイト:
http://www.waka-okami.jp/

公式Twitter:
@anime_wakaokami

***********************************


キャスト
関織子(おっこ):小林星蘭、
ウリ坊(立売誠):松田颯水、
秋野真月:水樹奈々
関峰子:一龍斎春水、
田島エツ子:一龍斎貞友、
蓑田康之介(康さん):てらそままさき、
鈴鬼:小桜エツコ

スタッフ
原作:令丈ヒロ子・亜沙美(絵)(講談社青い鳥文庫『若おかみは小学生!』シリーズ)
監督:高坂希太郎
脚本:吉田玲子、美術設定:矢内京子、作画監督:廣田俊輔、美術監督:渡邊洋一、
色彩設計:中内照美、CG監督:設楽友久、撮影監督・VFXスーパーバイザー:加藤道哉、
編集:瀬山武司、楽:鈴木慶一、音響監督:三間雅文、音響効果:倉橋静男 西佐知子、
アニメーション制作:DLE、マッドハウス

©令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会


カンヌ・カメラドール受賞!映画『Jeune Femme(原題)』が、このたび邦題『若い女』で公開決定!


映画情報どっとこむ ralph カンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)受賞作!2018 年夏ついに日本公開 ポーラ、31 歳。
恋人は去り、額の傷と白い猫だけが残った。これがパリジェンヌのリアル。

2017 年カンヌ国際映画祭でカメラドール(新人監督賞)の受賞とともに、フラ ンスで最も権威のあるセザール賞にもノミネートされた映画『Jeune Femme(原題)』が、このたび邦題『若い女』 として、2018 年夏、渋谷ユーロスペースほか全国にて順次公開されることが決定しました。

映画情報どっとこむ ralph 卒業制作の脚本をもとにした監督作がカンヌ国際映画祭新人賞(カメラドール)の快挙!

フランスの若手女性監督、鮮烈なデビューを飾る 監督のレオノール・セライユは 2013 年にフランス国立映画学校の卒業制作として書いた脚本をもとに本作を完 成させ、見事 2017 年カンヌ国際映画祭でカメラドール(新人監督賞)を受賞した。カンヌを皮切りに、数々の 映画祭で様々な賞を獲得し、フランスで最も権威のある映画賞セザール賞にもノミネートされた。

主演のレティシア・ドッシュは本作での体当たり演技によりリュミエール賞最有望女優賞を獲得し、今後が期待 される才能溢れる若手女優である。

パリ中をエネルギッシュに動き回るポーラを体現したドッシュは、時代にふ さわしい、何者にも媚びない新しいヒロイン像を作り出した。

映画情報どっとこむ ralph そして!本日
本作はアンスティチュ・フランセ東京で開催中の「カイエ・デュ・シネマ週間」のクロージング作品として、4月15日(日)に上映されることが決まっている。また、上映後には『勝手にふるえてろ』が大ヒット中の大九 明子監督のトークショーが実施されます。

≪プレミア上映概要≫
日時:4 月 15 日(日)開場 16:45、開映 17:00
場所:アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
詳細はこちら

映画情報どっとこむ ralph ポーラ、31 歳。恋人は去り、額の傷と白い猫だけが残った。 フランス、パリ。31歳のポーラは、10年付き合った年の離 れた恋人に突然捨てられる。お金も、家も、仕事もないポーラ は途方に暮れ、苦しまぎれに恋人の飼い猫ムチャチャを盗む。 猫を連れてきたことで、居候先の友人宅からも、安宿からも追 い出され、実家に戻ろうとするも、疎遠だった母親からは拒絶 されてしまう。パリにはポーラの居場所などなかったのだ。な んとか住み込みのベビーシッターのバイトを見つけ、ショッピ ングモールの下着屋でも働き始める。ようやく自分の居場所を 見つけたかに思えたが……。

若い女
原題:Jeune Femme
英題:Montparnasse Bienvenüe

2018 年夏、渋谷ユーロスペースほか全国にて順次公開

***********************************

監督・脚本:レオノール・セライユ
出演:レティシア・ドッシュ、グレゴワール・モンサンジョン、スレマン・サイエ・ンディアエ
2017 年/フランス/フランス語/97 分/カラー
日本語字幕:手束紀子
配給・宣伝:サンリス
©2017 Blue Monday Productions


『ワンダー 君は太陽』公開日決定&素顔のオギーの場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph 本国アメリカ・NYタイムズ・ベストセラーリスト第1位を獲得し、全世界800万部を突破した小説「ワンダー」が映画化!

本国・アメリカにて公開と同時にスマッシュヒットを記録し、既に全世界での興行収入が300億円を突破した、映画『ワンダー 君は太陽』が6月15日(金)よりTOHOシネマズ日比谷他にて全国公開となります!

『ウォールフラワー』(12)で思春期の青年の揺れ動く心情を繊細なタッチで描いたスティーブン・チョボスキーが監督・脚本を務めました! さらに昨年メガヒットを記録した実写版『美女と野獣』のスタッフが集結。笑いあり涙あり、観終わった後、誰もがきっと幸せになれる最高にワンダーな物語が誕生しました!!

映画情報どっとこむ ralph ★家族と和やかに団らん、時にはいじめっ子に立ち向かう!オギーの素顔、場面写真が一挙に解禁!!★

この度、生まれつき人と違う特別な顔を持つ主人公オギー(ジェイコブ・トレンブレイ)の家族や友達とのやり取り、学校生活が垣間見える素顔の場面写真が一挙に解禁となりました!!

家では大好きな家族に囲まれて幸せそうな笑顔を見せるオギー。

初めての学校に不安げな表情を浮かべるが、そんなオギーの手を優しく握る母・イザベルの姿や、
父・ネートや姉のヴィアがそれぞれにオギーにそっと寄り添っている心温まる写真となっています。
また、食堂でひとりぼっちのオギーに同級生が友達になろうと手を差し伸べる一枚や、
自分より体の大きい上級生を相手に果敢に立ち向かおうとするオギーを捉えた一枚など、
大好きな家族との絆や、生まれて初めて通う学校で波乱に見舞われながらも育む同級生との友情など、感動必須のドラマが垣間見えてくる場面写真となっています!!

映画情報どっとこむ ralph 主人公の生まれつき人と違う顔をもつ少年オーガストこと“オギー”を演じるのは、『ルーム』(15)で一躍世界中から注目を集めた天才子役ジェイコブ・トレンブレイ。本作では中身は普通の男の子でありながら、外見に生まれつきの障がいを抱えるという難しい役どころを演じました!母親のイザベル役には『プリティ・ウーマン』(90)『エリン・ブロコビッチ』(00)のジュリア・ロバーツ、父親・ネート役には『ミッドナイト・イン・パリ』(12)『マイ・ファニー・レディ』(14)のオーウェン・ウィルソンといった実力派俳優が脇を固めます!

生まれつき人と違う特別な顔をもつ少年オギー (ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。主人公・オギー自身の視点や彼を取り囲む人々の視点など、さまざまな角度から見えてくるドラマが描かれております。それぞれ違った個性を尊重し、思いやり、受け入れることの大切さを描いた感動作がついに日本に上陸します!!

映画『ワンダー 君は太陽
原題:『Wonder』

あらすじ・・・
オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギー(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同級生たちが徐々に変わっていく…。

***********************************

原作:R・J・パラシオ「ワンダー」ほるぷ出版刊
監督・脚本:スティーヴン・チョボスキー 『ウォールフラワー』
製作:トッド・リーバーマン デヴィッド・ホバーマン
出演:ジュリア・ロバーツ『プリティ・ウーマン』『エリン・ブロコビッチ』オーウェン・ウィルソン『ミッドナイト・イン・パリ』『マイ・ファニー・レディ』ジェイコブ・トレンブレイ『ルーム』ほか
配給:キノフィルムズ/木下グループ Motion Picture Artwork
© 2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.


映画『私の奴隷になりなさい』シリーズ第2&3弾の“ご主人様”に毎熊克哉!


映画情報どっとこむ ralph 単館上映ながら 1 館で 2000 万円を超える興行収入を記録、主演を務めた壇蜜がブレイクするきっかけとなっ た、2012 年公開のシリーズ第 1 弾『私の奴隷になりなさい』。

その続編として、第 2 弾『ご主人様と呼ばせてく ださい~私の奴隷になりなさい・第2章~』と第 3 弾『おまえ次第~私の奴隷になりなさい・第3章~』が続けて 映画化、今夏公開されます。

2作連続で、女性たちを調教する“ご主人様”として、ヒロインとW主演を務めるのは、 期待の演技派俳優・毎熊克哉!
サタミシュウの原作は、「私の奴隷になりなさい」「ご主人様と 呼ばせてください」「おまえ次第」からなる三部作で、ご主人様と奴隷の“支配と隷属”が人を成長させるというテーマが繰り返し描かれています。

毎熊克哉(主人公・目黒役) さんコメント

素敵な女性達と共に性愛にのめり込んだ日々は、肉体的にも精神的にもエネルギーを奪われましたが、その代わりに役者として 男として成長できる糧をたくさん頂きました。城定監督に身を委ねて、映してはいけないような表情や姿が生々しく映っているの ではないかと思います。 泥沼にはまっていく男の姿を、艶かしくなっていく女の姿を、是非大きいスクリーンで観て下さい!

映画情報どっとこむ ralph
ストーリー
『ご主人様と呼ばせてください~私の奴隷になりなさい・第2章~』
大手広告デザイン会社で仕事をする目黒は、婚約者のいる身でありながら、ある日清楚で保守的だがどこか妖艶な雰囲気を持つ人妻・明 乃に出会い、強引に口説いて関係を持つようになる。明乃は目黒の見立て通りどんどん積極的なっていき、目黒は明乃との逢瀬にのめり込 んでいくが、そんな折目黒の会社に得意先広告代理店の部長で瀬尾と名乗る男が突然訪ねてくる。男は明乃の夫であった。瀬尾は目黒 に、不倫の報復としてその場で社会的全てを奪うと宣言し、そうされたくなければ妻・明乃との関係を続け明乃を調教するように命令する。 目黒は理解に苦しむが従うほかない。その日から、瀬尾の指示のもと、明乃の更なる調教が始まった。それは、目黒にとって泥沼の恋愛にも 似た破滅への道となっていった。一方明乃は、本人でも抑制できないほど奴隷としての素養を開花させていくが…。

***********************************

原作:サタミシュウ「ご主人様と呼ばせてください」(角川文庫)
監督:城定秀夫
配給:KADOKAWA
©KADOKAWA 2018


カラーとモノクロの2つの時代のニューヨーク『ワンダーストラック』本編映像が到着!


映画情報どっとこむ ralph アカデミー賞主要6部門ノミネートに輝いた『キャロル』のトッド・ヘインズ監督最新作『ワンダーストラック』が現在全国公開中。

『エデンより彼方に』『キャロル』のトッド・ヘインズ監督が、マーティン・スコセッシ監督『ヒューゴの不思議な発明』の 原作者ブライアン・セルズニックの同名ベストセラー小説を映画化。

2 つの時代のニューヨークの対比で時代の移り変わりを実感!
この度、カラーとモノクロで描き分けた2つの時代のニューヨークを見比べることができる本編映像 が到着!

1927 年、憧れの女優リリアン・メイヒューに会うべくニュージャージーからやってきた先天 性聴覚障害を持つ少女ローズ。1977 年、まだ見ぬ父親を捜すためミネソタからやってきたのは、 落雷事故により聴力を失ったベン。田舎町から出てきた2人が、それぞれの時代で初めて見る大 都会ニューヨークの姿に圧倒される様子を映し出されている。 1927年は富裕層と貧困層が分離されていたため艶やかで美しく、反対にすべてが無秩序だった 1977年は埃臭いがまばゆい時代として見事に再現されている。1977 年はアンティーク調の看 板をたくさん作り、至る所にゴミを映し出し殺伐とした街並みを表現。1927年はロケ地にこだわった。

現在のニューヨークの喧騒のイメージとは違い緑が多いクラウン・ハイツ周辺に残っていた75年 前の建物を背景に撮影し、クラシックな街並みの再現に成功した。 監督のトッド・ヘインズは「どちらの時代の再現も難しかったけど、どちらかを挙げるとすれば 1977年だね。70年代末のニューヨークは財政難で苦境に立たされていた時代で、その混乱 の雰囲気を表現するのは至難の業だったよ。でも、失われていく時代の変化を、この映画で保 存できたことは良かったと思っているよ」とコメントしている。

スタッフが細部にまでとことんこだわった街並みの作りこみにより、一つの時代はモノクロでサイレント、もう一方はカラーで音ありというユニーク な映像表現が存分に活かされている。

映画情報どっとこむ ralph ワンダーストラック

公式サイト:
http://wonderstruck-movie.jp

1977年、ミネソタ。母親を交通事故で失った少年ベン。父親とは一度も会ったことがなく、なぜか母は父のことを語ろうとはしなかった。ある嵐の夜、母の遺品の 中から父の手掛かりを見つけたベンは、落雷にあって耳が聞こえなくなりながらも、父を探すためひとりニューヨークへと向かう。1927 年、ニュージャージー。生まれた時から耳が聞 こえない少女ローズは、母親のいない家庭で厳格な父親に育てられる。憧れの女優リリアンの記事を集めることで寂しさを癒していたローズは、リリアンに会うためひとりニューヨー クへと旅立つ。新たな一歩を踏み出したふたりは、謎の絆に引き寄せられていく。そして、大停電の夜、何かが起ころうとしていた。

***********************************

監督:トッド・ヘインズ
脚本・原作:ブライアン・セルズニック
出演:オークス・フェグリー、ジュリアン・ムーア、ミシェル・ウィリアムズ、ミリセント・シモンズ
2017/アメリカ/英語/カラー・モノクロ/5.1ch/スコープ/117 分/字幕翻訳:松浦美奈
配給:KADOKAWA

PHOTO : Mary Cybulski © 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC