「ら行」カテゴリーアーカイブ

『レディ・プレイヤー1』 驚きの「オアシス」制作舞台裏を初公開!


映画情報どっとこむ ralph 2018 年 8 月 22 日(水)より、スティーブン・スピルバーグ監督最新作『レディ・プレイヤー1』のブルーレイ&DVD を発売となります。

また、デジタル先行配信中です。

本作は、VRワールド「オアシス」を舞台に、創始者が遺した 56 兆円の全財産を めぐって繰り広げられるSFアドベンチャー超大作。

80年代のポップカルチャーを中心とした、数々の世界的有名キャラクターやアイコンが登場する事でも話題となりました。 この度、『レディ・プレイヤー1』のブルーレイ Disc に収録される 117 分にも及ぶ映像特典より、 スティーブン・スピルバーグ監督による、VR ワールド「オアシス」の驚きの制作舞台裏を初公開いたします。

スティーブン・スピルバーグ監督最新作『レディ・プレイヤー1』では 27 年後の近未来 を舞台に、人々のあらゆる願望を形にできる VR の世界「オアシス」が描かれる。この 度、映像特典「視覚効果による2つの世界:現実と仮想現実」より「オアシス」の 制作舞台裏に迫るメイキング映像が初公開された。



冒頭ではこれまで『ジュラシック・パーク』などスピルバーグ監督の作品を多数手掛けて いるVFX制作会社ILMの美術チームが手掛けた膨大なアートワークが公開されて おり、 それらを基に VR ワールド「オアシス」が構築された事がわかる。また、キャラク ターや小道具、乗り物、風景など、全セットが実際に監督用に VR 化され、スピルバ ーグ監督はアバターとなって VR の世界を歩き回りながら、細かく「オアシス」の造形を 指示していたという。さらに驚くべきことに、VR 内でスピルバーグ監督のアバターは手にカメラを持っており、リモコンのボタンを操作する事で、VR の世界で映像も撮っていた事が明かされている。
ゴーグルをつけて VR の世界に入っているスピルバーグ監督の 姿と、彼が VR の世界で見ている映像も収められている。
映画で本当の VR を体験する事はできないが、スピルバーグ監督が実際に VR の世界 に入って形作った世界だからこそ、「オアシス」がリアルな表現になっていた事がわかる。

<全商品共通ブルーレイ映像特典(117 分)収録内容>
DVD にも収録
●80 年代:魅惑の「ポップカルチャー」
●ゲームチェンジャー:コードを解く
●視覚効果による2つの世界:現実と仮想現実
●レベルアップ:隠された音楽
●高得点:ゲームクリア
●アーネスト・クラインとタイ・シェリダンが語る映画の舞台裏

映画情報どっとこむ ralph 『レディ・プレイヤー1』 2018年8月22日(水)ブルーレイ&DVD 発売・レンタル開始/デジタルレンタル開始
■ブルーレイ&DVDセット(2枚組)¥3,990+税
■【初回仕様】ブルーレイ&DVDセット(2枚組/ブックレット付)¥4,990+税
■【初回仕様】3D&2Dブルーレイセット(2枚組/ブックレット付)¥6,990+税
■【数量限定生産】プレミアム・エディション<4K ULTRA HD&3D&2D&特典ブルーレイセット>
(7,000セット限定/4枚組/ブックレット付)¥9,990+税
デジタルセル先行配信中
発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
© 2018 Warner Bros. Entertainment Inc., Village Roadshow Films (BVI) Limited and RatPac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.



***********************************



Revo 3days舞台挨拶決定!「劇場版 Linked Horizon Live Tour『進撃の軌跡』総員集結 凱旋公演」


映画情報どっとこむ ralph この度、1月13日、14日に横浜アリーナで行われたライブ「Linked Horizon Live Tour『進撃の軌跡』総員集結 凱旋公演」のBlu-ray発売(2018年10月26日)を記念して、全国各地の劇場で「劇場版 Linked Horizon Live Tour『進撃の軌跡』総員集結 凱旋公演」の上映が決定しました!

本作は、現在Season 3が絶賛放送中のTVアニメ「進撃の巨人」より歴代主題歌5曲を収録した『進撃の軌跡』(LH2ndアルバム)を余す事なく披露したライブ本編【第一壁】の内容を中心に構成!楽曲とシンクロしたアニメ映像と共に、その世界観をお楽しみいただけます。また通常の上映に加え、今回はRevo史上初の試みとなる360°空間に迫力のサウンドを生み出す【ドルビーアトモス】での上映も決定!ライブ会場の臨場感、さらには映像化の為に加えた特殊音響効果が劇場でしか味わえない、特別なものになっております。ドルビーアトモスでの上映(全国16箇所)は9月28日から1週間のみの限定となり、通常上映は10月5日より全国各地で順次公開となります。どちらも是非劇場でご覧ください!これに際し、劇場版のロゴが初解禁となります!!


映画情報どっとこむ ralph そして劇場公開を記念し、9月28日(金)大阪、29日(土)名古屋、30日(日)東京にてRevoによる舞台挨拶が決定しました!こちらの舞台挨拶の参加には専用のチケットが必要となります。実施日時・場所、販売期間がそれぞれ異なりますので、下記概要をご確認の上、「チケットぴあ」にてお買い求め下さい。販売時期等、以下詳細をご覧ください。

【実施概要】
「劇場版Linked Horizon Live Tour『進撃の軌跡』総員集結 凱旋公演」
◆公開日
【ドルビーアトモス上映】2018年9月28日(金)~10月4日(木)(全国16箇所)
【通常上映】2018年10月5日(金)~全国で順次公開 (全国合計48箇所)
(※上映劇場詳細は公式HPをご覧ください)
◆チケット情報
当日鑑賞料金:【ドルビーアトモス上映】3,500円(税込) 【通常上映】2,500円(税込)
※上映時間、チケット購入方法は劇場により異なります。※前売チケットの販売はございませんのでご了承ください。
※【通常上映】上映期間は各劇場1週間の予定ですが、劇場によっては延長する場合がございます。上映終了日は各劇場までお問い合わせください。

※9月28日~30日はRevoによる舞台挨拶も予定しております。【舞台挨拶詳細】をご覧ください。

【舞台挨拶詳細】
【実施日程】9月28日(金)大阪 TOHOシネマズ 梅田  19:00
【登壇者(予定)】Revo/MC:下埜正太
【チケット料金】一般席4,000円(税込)プレミアボックスシート(※1)5,000円(税込)
(※1)一席ずつ区切られた、長時間の鑑賞でも疲れやストレスを感じさせないレザーシートになります。

【実施日程】2018年9月29日(土)名古屋(1部)イオンシネマ名古屋茶屋  17:30
【登壇者(予定)】Revo/MC:YO!YO!YOSUKE
【チケット料金】一般席4,000円(税込)プレミアシート(※2)5,000円(税込)
(※2)一般席よりゆったりとした席になります。

【実施日程2018年9月29日(土)名古屋(2部)イオンシネマ名古屋茶屋  19:30
【登壇者(予定)】Revo/MC:YO!YO!YOSUKE
【チケット料金】一般席4,000円(税込)プレミアシート(※2)5,000円(税込)
(※2)一般席よりゆったりとした席になります。

【実施日程2018年9月30日(日)東京(1部)TOHOシネマズ 六本木ヒルズ  15:00
【登壇者(予定)】Revo/MC:サッシャ
【チケット料金】一般席4,000円(税込)プレミアボックスシート(※3)5,000円(税込)プレミアラグジュアリーシート(※4)7,000円(税込)(※3)一席ずつ区切られた、長時間の鑑賞でも疲れやストレスを感じさせないレザーシートになります。
   (※4)フットレストの付いた革製の電動リクライニングシートで、よりラグジュアリーに、ゆったりとした空間で映画をご鑑賞いただけます。

【実施日程2018年9月30日(日)東京(2部)TOHOシネマズ 六本木ヒルズ  17:20
【登壇者(予定)】Revo/MC:サッシャ
【チケット料金】一般席4,000円(税込)プレミアボックスシート(※3)5,000円(税込)プレミアラグジュアリーシート(※4)7,000円(税込)(※3)一席ずつ区切られた、長時間の鑑賞でも疲れやストレスを感じさせないレザーシートになります。
   (※4)フットレストの付いた革製の電動リクライニングシートで、よりラグジュアリーに、ゆったりとした空間で映画をご鑑賞いただけます。
◆チケット販売
「チケットぴあ」にて販売 ※チケットは、すべて「チケットぴあ」にて、お一人様2枚までとさせていただきます。
【舞台挨拶のチケット購入方法】
全席指定制(定員入替制)
この座席指定券は、<チケットぴあ>のみの販売となります。※お席はお選びいただけません。
◆販売スケジュール 先行抽選販売「プレリザーブ
■申込受付期間:2018年8月3日(金)18:00 ~ 8月8日(水)23:59
■抽選結果発表:2018年8月10日(金)18:00
≪先行抽選販売に関する注意事項≫
※チケット当選後の変更・払戻は出来ません。予めご了承ください。
※プレリザーブとは、事前のお申し込みの後、チケットを購入できるサービスです。
※必ずしも優先的に良いお席をご用意するものではありません。
※お申込多数の場合は抽選にて当選者を決定します。(先着順ではありません)
※受付期間中であればいつでもお申込いただけます。(メンテナンス時間を除く)
詳しくは下記より詳細をご確認ください。
URL:http://w.pia.jp/t/linked-horizon/

***********************************

企画・制作:ポニーキャニオン/ラップ・プロダクツ
主催:ポニーキャニオン/ラップ・プロダクツ
配給:アジョンス・ドゥ・原生林
宣伝協力:スキップ
上映時間:75分(予定)


岩井俊二監督が松たか子、広瀬すず、神木隆之介、福山雅治で紡ぐ珠玉のラブストーリー『Last Letter』公開決定!!


映画情報どっとこむ ralph このたび、数々の名作を世に送り出してきた映画監督・岩井俊二によるオリジナルのラブストーリー『Last Letter』の映画化が決定しました。

夏の宮城を舞台に、手紙の行き違いをきっかけに始まったふたつの世代の男女の恋愛と、それぞれの心の再生と成長を描くオリジナルストーリーです。名作『Love Letter』(1995年)を感じさせる世界観でありながら、全く新しいエンタテインメントとして作り上げます。

監督・原作・脚本・編集を務めるのは、岩井俊二監督。
20年以上ものキャリアの中で、巧みにその時代を切り取りながら様々な愛の形を表現し、いずれも熱狂的なファンを生み出してきた岩井が、自身の原体験を詰め込んだ集大成として、初めて出身地である宮城でのロケーションで本作に挑みます。

【コメント】
かつて「Love Letter」という映画を作りましたが、当時は手紙のやりとりのあった時代でした。あれから通信手段は激変し、SNSでやり取りできてしまうこの時代にあって、手紙を使った物語は現代においては不可能だと思っていましたが、ある日それを可能にするアイディアを思いついてしまったところからこの物語の構想がスタートしました。ある夏休みの間に起きた世代を超えた手紙物語です。今回初めてロケーションを故郷宮城に設定しました。劇映画としては初の試みです。今回は川村元気プロデューサーとのお仕事ということでこのユニットのコラボを楽しもうと思っています。ご一緒するのが初めての俳優さんもいるし以前お仕事をしたことのある俳優さんもいます。プロの俳優さんもいればそうでない方もいます。そこからどういう化学反応が起きるか今から楽しみです。

映画情報どっとこむ ralph 主人公である岸辺野裕里を演じるのは、松たか子。裕里の姉・未咲の高校生時代と、未咲の娘(裕里の姪)である遠野鮎美という“母娘”を一人二役で演じるのは広瀬すず。同級生であった未咲に恋をし、再会を願って同窓会に参加。ひょんなことから裕里と文通を始めることになる乙坂鏡史郎役には福山雅治。岩井俊二が、「この役は福山雅治しかいない」と出演を熱望したことから、待望の岩井組初参加が実現しました。そして、高校生時代の鏡史郎役を務めるのは神木隆之介。神木も、岩井組には初参加となり、憧れの存在でもある福山との二人一役を演じます。さらに、数々の美少女を発掘してきた岩井俊二が出会った新人・森七菜。松演じる裕里の娘・颯香と高校生時代の裕里の二役を演じ、新人ならではの瑞々しさで作品を彩ります。また、数々のアニメーションや実写映画で監督を務める庵野秀明、歌手として活躍する水越けいこ、小室等といった様々な分野で活躍するユニークなキャスティングが実現!

●きしべ岸辺の野ゆうり裕里(43)
松たか子
遠野未咲の妹で、夫:宗二郎と、娘:颯香、息子:瑛斗の四人暮らしをしている主婦。

【コメント】 
岩井監督と仕事をするのは、本当に久々で、『四月物語』から時間を経て、再びお話しをいただけてとてもうれしかったです。このお仕事をしていて、新しい方と出会うことも面白いことではありますが、一度ご一緒した方に声をかけてもらえると「あっ、嫌われてはいなかったのかな」とも思ったりします(笑)。でも時間は経っているので、”今”の仕事になるよう、一生懸命頑張りたいと思っています。だいぶ大人になって岩井さんとまたお仕事できる楽しみが今回の役にはあるのかなと思っています。この作品には切ない気持ちみたいなものが溢れていますが、決して岩井さんがそれだけを思っているのではないのかも、とも思います。回想シーンがまるで“今”のように描かれていますので、うまくそれがつながっていくといいなと思います。緊張したまま終わるのかなって思いますが、それでもいいかなって思っています(笑)。


●とおの遠野あゆ鮎み美(16) とおの遠野みさき未咲(18・回想)
広瀬すず
遠野鮎美:母親である未咲が亡くなり、祖父母の過ごす未咲と裕里の実家に身を寄せている。
遠野未咲:裕里の姉。学校のヒロイン的存在。

【コメント】
 岩井さんの作品に参加させて頂けることが、とにかく嬉しいです。 岩井さんの作られる映画の空気が大好きなので、カメラの前で感じられた空気、温度を大切に、
嘘なく、演じられるよう頑張ります。 キャストの皆様もご一緒させて頂いたことがある方が多いので、楽しみです!


●おとさか乙坂きょう鏡しろう史郎(18・回想)
神木隆之介
裕里・未咲の高校に転入してきた転校生。

【コメント】
岩井監督の作品に初めて参加させて頂くことになりました。過去作品も拝見しており、人間味溢れる暖かい作品が多い印象なので、今回演じる乙坂鏡史郎として、岩井監督が撮られる世界観の中で精一杯生きたいと思います。そして、僕にとって憧れでもある福山雅治さん。今回は福山さんの学生時代を演じさせて頂くので、嬉しさとプレッシャーでいっぱいですが、先輩の胸をお借りするつもりで丁寧に演じたいと思います。広瀬すずさんは、以前ドラマでご一緒させて頂きましたが、また共演することが出来て嬉しいです。素敵な共演者の皆さんに囲まれて芝居が出来る喜びを噛みしめながら、日々撮影に励みたいと思います。



●おとさか乙坂きょう鏡しろう史郎(44)
福山雅治
小説家として活動するも、デビュー作以降、全く書けていない。

【コメント】
唯一無二の美しさで描かれる岩井監督作品への初参加、そして、松さんとはおよそ20年ぶりにご一緒させていただけること、それぞれの出会いにとても興奮しています。監督からオファーをいただいた「乙坂鏡史郎」という役柄は、監督自身のドキュメントを色濃く反映しているキャラクターだと感じています。その役を、監督の故郷である夏の仙台で撮る。岩井監督が平成最後の夏に『Last Letter』という作品を撮られることの意味、そしてその現場に立ち会えることの幸運を全身で感じながら撮影に臨ませていただきます。


●きしべのそよ岸辺野颯か香(14)/とおの遠野ゆうり裕里(回想)
森七菜
岸辺野颯香:裕里と宗二郎の娘。

●きしべ岸辺のそう野宗じろう二郎(48)
庵野秀明
裕里の夫で漫画家。

●きしべ岸辺の野あきこ昭子(72)
水越けいこ
裕里の義母

●はとばしょうぞう波戸場正三(79)
小室等
岸辺野昭子の学生時代の教師

映画情報どっとこむ ralph 『Last Letter』

2019年全国東宝系にて公開!

物語・・・
岸辺野裕里(松)は夫と子供二人の四人暮らし。裕里は姉・遠野未咲の葬儀で、未咲の娘・遠野鮎美(広瀬)と久しぶりに再会する。母親である未咲の死を受け入れられず、気持ちの整理がつかない鮎美は、母親から残された“一通の手紙”を開ける事が出来なかった。

裕里は未咲宛に来ていた同窓会の知らせを見つけ、後日、未咲の死を伝えるために同窓会に参加することに。未咲の同級生へ真実を伝えられずにいると、学校のヒロインだった未咲と間違われ壇上でスピーチをする羽目に。真実を伝えられずにその場を乗り切ってしまう裕里だが、そのことがきっかけで、自身の初恋の相手であり、小説家として暮らす乙坂鏡史郎(福山)と再会する。鏡史郎は裕里を未咲と誤解したままで、連絡先を交換。“君にまだずっと恋してるって言ったら信じますか?”鏡史郎から未咲宛のメッセージを受け取る裕里の胸中は複雑。だが、未咲と間違われながらも初恋の人との交流に胸を躍らせ、鏡史郎へ手紙を送る。しかし、夫にやりとりが知られぬよう、手紙には自分の住所、返信先を載せないでいた。
一方、返信先の無い手紙を受け取った鏡史郎は、昔の卒業アルバムを引っ張り出し、未咲の実家に返信を送る。だが今そこに住んでいるのは未咲の娘の鮎美。亡き母宛に立て続けに送られてくる手紙には、学生時代の鏡史郎(神木)と未咲(広瀬)の淡い思い出話が綴られていた。葬儀以降気持ちの沈んでいた鮎美は、自分の知らない母に触れられる鏡史郎からの手紙に返信を書き、文通を心待ちにするようになっていく―。


名匠・岩井俊二のもとに、超豪華キャスト、クリエイターが一堂に集結。
いまだ読めずにいる“最後の手紙”に込められた、初恋の記憶———
日本映画史に残る珠玉のラブストーリーは2019年公開!

音楽を務めるのは小林武史。
『スワロウテイル』『リリイ・シュシュのすべて』など多くの作品で岩井俊二とタッグを組んできた小林が、今回も岩井監督ならではのストーリー、映像美を汲み取った楽曲によって、唯一無二の世界観を作り上げます。企画・プロデュースは、『告白』『モテキ』『君の名は。』など数々のヒット作を世に放ち続ける川村元気。川村自身、念願の岩井監督とのタッグとなります。


***********************************

配給:東宝(株)
撮影期間:2018年7月~8月(仙台市内を中心とした宮城県内各所、東京都内)
ⓒ2019「Last Letter」製作委員会


シンガーソングライター柴田聡子が語る!『ラ・チャナ』の魅力


映画情報どっとこむ ralph 現在、絶賛公開中の、世界中の人びとを虜にした伝説のフラメンコダンサー、ラ・チャナの波乱に満ちた人生とその情熱の源に迫るドキュメンタリー映画『ラ・チャナ』。

31日(金)アップリンク渋谷にて、シンガーソングライターの柴田聡子さんと、聞き手に『Sister Magazine』『Scarlet & June』といったwebサイト創設者のつかささんを迎え、 上映後にトークイベントを開催しました。

柴田さんには、ラ・チャナと同じ「表現者」という立場から、本作の魅力についてたっぷりと語

日時:2018年7月31日
会場: アップリンク渋谷
ゲスト:柴田聡子(シンガーソングライター)
聞き手:つかさ(『Sister Magazine』『Scarlet & June』創設者)

映画情報どっとこむ ralph
本作の観た感想と印象に残ったシーン

柴田さん:ラ・チャナがフラメンコにおける技術と魂、リズムと創作の関係について語っているところが、とても印象に残っています。 フラメンコは、技術などが先立つ芸術だと思いますが、技術に根差して創作しているというところに信頼がおけるし、腑に落ちます。ラ・チャナが「自分の中に揺らぎないものがあれば、何をやってもうまくいく」という事を言えることは、超クールだと思います。そんな風に言える人はなかなかいないですよね。


ラ・チャナが、旦那からのDVなど男性社会から抑圧を受けながらも大きく活躍していたことについて

柴田さん:ラ・チャナが受けた家庭内暴力や男性社会からの抑圧があったという点は、当然見過ごすことができませんでしたが、映画は彼女にひたすら耳を傾け、焦点を合わせ、エネルギーの尊さや力強さを鈍ることなく描いており、更に深く感動しました。大変な時ほど、踊っている時の快感や煌めきがすごい。幅があるほど煌めくので、 どん底から復活したラ・チャナの踊りはすごい煌めきでした。だけど、ラ・チャナはそういった状況下になくとも、同じだけ煌めくことが出来ると思うし、そこは忘れたくないですね。


ラ・チャナの娘が、踊るラ・チャナを観てあまりの創造的なパワーに「お母さん死んじゃうんじゃないか」と恐怖を覚えたことを語るシーンについて

柴田さん:わたしも、ステージ上で毎回死んだほうがいいと思っていますね (笑)。死ねないぐらいなら、やらないほうがいいって。もちろん死んだらダメですが、簡単に死なないということもわかりつつ、死んでしまったほうがいいと思いながらやったほうがいいのかも。それを、ラ・チャナは思うまでもなくやっている。器はもう限界。軽自動車にポルシェのエンジンのっけて走るみたいな状態。人間という体は、中の情熱に対しては、かなり脆いし時間も短い。死んじゃいそうなのは、それだけ魂、表現の欲求が凄い。人間の体である限り、魂に肉体が追い付かないのはしょうがない。だからこそ、ラ・チャナの踊りに感動できたのかと。


同じ表現者としてどう感じましたか

柴田さん:私は自分で作詞作曲をしていますが、同じ表現者として、 フラメンコに とてつもない情熱を傾ける姿、語る言葉、力強い舞台、ユーモアあふれる生活の映像に感動しました。技術と魂、リズムと創作の関係の話は 、 強く心に焼き付いています。音楽や芸術などの表現だけではなくあらゆる人生の場面において、大切なヒントとして受け取ることが出来ると思います。これからもずっと、この世界にラ・チャナが居るということを胸に残して、私も音楽に向かいたいと思いました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ラ・チャナ

は、ヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク渋谷ほか絶賛公開中。

公式HP:
http://www.uplink.co.jp/lachana

Twitter:
https://twitter.com/lachana_jpn

笑い、吠え、踊り、生きる!
結婚、出産、キャリアの頂点での引退、どん底からの復帰と、迫りくる老い——現在71歳 、伝説のフラメンコダンサー、ラ・チャナの波乱の人生と情熱の源に迫る。

若くしてその才能を開花させたラ・チャナ(本名アントニア・サンティアゴ・アマドール)は、18歳で結婚・出産。夫がマネージャーとなりフラメンコダンサーの活動をつづけた。ダリを魅了し、映画『無責任恋愛作戦』で共演したピーター・セラーズにハリウッドに招かれるも、封建的なヒターノ(ジプシー)社会で女性が自らの意見を言うことは許されず、彼女がハリウッドに進出することはなかった。その後も彼女の人気は衰えることを知らず、テレビ出演や世界ツアーなど、全てのアーテストが目指す頂点にいたラ・チャナだったが、ある日突然、表舞台から姿を消した。

本作では、彼女をとりまく状況を丁寧に解き明かしていく。結婚、出産、キャリアの頂点での引退、男性社会で女性が活躍することの難しさ、家庭内暴力、そしてどん底からの復帰と、人生を共に歩む運命の相手との出会い、迫りくる老い――ラ・チャナの人生は困難に満ちたものだったかもしれない。しかし、絶望すら受け入れ前に進む強さを彼女は教えてくれる。画面からあふれださんばかりのパワフルな踊りとチャーミングな人柄、そして生み出す言葉の一つ一つが私たちを魅了する。



世界中の映画祭で観客賞を受賞!!
アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭 観客賞受賞
ブダペスト国際ドキュメンタリー映画祭 観客賞受賞
ガウディ賞 最優秀ドキュメンタリー賞受賞
フェロス賞 最優秀ドキュメンタリー賞受賞
ドック・オブ・ザ・ベイ映画祭 観客賞&SADE賞受賞
レ・ボーチ・デル・インチエスタ 観客賞受賞
ヨーロッパ映画賞 ドキュメンタリー部門ノミネート
カナディアン・ドキュメンタリー国際映画祭 観客賞ノミネート

***********************************

監督:ルツィア・ストイェヴィッチ
出演:ラ・チャナ、アントニオ・カナーレス、カリメ・アマヤ、ほか
(2016年/スペイン、アイスランド、アメリカ/86分/カラー、モノクロ/16:9)

提供・配給・宣伝:アップリンク
提供・宣伝:ピカフィルム


クズ新人:吉本実憂vsゲス上司:波岡一喜の仁義なき戦い!『レディ in ホワイト』ポスター解禁


映画情報どっとこむ ralph クズな社長令嬢 この人↓
が、就活でホワイト企業に入社したと思いき やパワハラなゲス上司のアシスタントに任命され会社を揺るがす一大バトルを繰り広げる、驚異の猛毒フレッシャーズ映画『レディ in ホワイト』の公開日が2018 年11月23日(金・祝)になることが決定 し、追加キャスト、ポスタービジュアル、場面写真が一挙解禁となりました。


主演はドラマ「クズの本懐」、「ウチの夫は仕事ができない」、「さくらの 親子丼」、映画『HiGH & LOW THE RED RAIN』や『罪の余白』などで 近年女優として注目を浴びる吉本実憂。

『罪の余白』以来、本作の大塚祐吉監督とは 3 年ぶりの再タッグ。前作の命を弄ぶ邪悪な女子高生とは打っ て変わり、今作では常識外れで破天荒、それでいてどこか憎めないクズな 新人・如月役を圧倒的なコメディエンヌの才能を開花し演じいぇいます。

そんな新人と対立する企画部のパワハラ将軍・松山役を、ドラマ「火花」や「わろてんか」、映画『blank13』、『彼女の人生は間違いじゃない』などに出演する実力派俳優の波岡一喜が毒気と迫力たっぷりに演じた。

映画情報どっとこむ ralph さらに今回追加で発表されたキャストは、如月の教育係に任命され嫌々サポートすることになる頼りない 従属性毒社員・猪瀬役にドラマ「半分、青い。」や映画『今日から俺は!!』などの矢本悠馬、
如月を毛嫌いする高圧的毒社員・相川役に本作が映画初出演作となる元・モーニング娘。の久住小春、
如月の採用を独断で決めて周りを困惑させる放置性毒社員・酒田部長を映画『土竜の唄~香港狂想曲~』やドラマ「アンナチュラル」の吹越満が演じ脇を固める。
ほかキャストに笛木優子、宮川浩明、國本鍾建、中島広稀、小山田サユ リ、いとうまい子、利重剛、佐藤ミケーラ、川添野愛、本多章一、黒澤はるか、矢野浩二らも出演する。
誰もが体験する世代間のギャップや、カルチャーショックを笑いに変えながら、有毒社員たちの社内のドタバ タと新入社員の成長物語を描き、最高にムカついて最高に笑える、猛毒フレッシャーズ映画が誕生した。

映画情報どっとこむ ralph 映画『レディ in ホワイト

www.liw2018.com

親の資産で何不自由ない生活を送ってきた如月彩花、新卒。ホワイト企業と思って入った会社には、なんとパワハ ラ全開のゲスなエリート上司が!部下はもれなく全員奴隷化がデフォルトの、脅威の体育会系!今まで味わったこ とのない屈辱の連続に怒り心頭の如月だったが、そのゲス上司に負けない驚きのクズっぷりを発揮するのだった― ―。敬語は使えず、指示には従わず、キメキメの白スーツと社内でも完全に厄介者と噂され…。そんな中、時を同 じくして父の会社が倒産、さらにゲス上司からの嫌がらせに加え、会社の命運を担うプロジェクトまで任され…。 猛毒フレッシャーズ女子・如月はこの苦難を脱することができるのか!?

***********************************

出演:吉本実憂 波岡一喜 矢本悠馬 笛木優子 宮川浩明 國本鍾建 中島広稀 久住小春 小山田サユリ いとうまい子 利重剛 吹越満

監督:大塚祐吉
製作:田上英樹 橋本知鑑
プロデューサー:二村慈哉
アソシエイトプロデューサー:中林広樹
脚本:能登秀美 撮影:ふじもと光明
録音:西岡正己 美術:菊地章雄 衣装:椎名倉平
音楽スーパーバイザー:花崎雅芳
音楽:CONISCH & CAPRICCIO PROJECT
技術協力:グラスバレー 編集機 材:EDIUS
特別協賛:浅間製作所
企画制作:テレビ大阪サービス
制作:フライング・ボイス
配給宣伝:太秦
【2018 年/シネマスコープ/98 分/5.1ch SURROUND SOUND】
ⓒテレビ大阪サービス