「ら行」カテゴリーアーカイブ

小沢健二 初の映画主題歌!『リバーズ・エッジ』予告映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 生きることにもがく若者達の姿を鮮烈に描いた衝撃の青春映画『リバーズ・エッジ』。

世界三大映画祭のひとつでもあるベルリン国際映画祭のパノラマ部門のオープニング作品にも選出され、話題になっている本作の主題歌「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」が流れる予告映像がついに解禁となりました。



主題歌「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」は、かねてより岡崎京子と親交があり、その固い絆で知られる小沢健二へ、映画製作サイドから主題歌提供を依頼したところ快諾、夢のタッグが実現したことによって生まれた。小沢健二にとって初の映画主題歌となり、さらに今回の楽曲には映画のメインキャストである二階堂ふみと吉沢亮が”Voice”として参加していることで注目を集めていた。

主題歌版予告では、全裸で縛られてロッカーに閉じ込められるという壮絶ないじめを受ける吉沢亮扮する山田を、二階堂ふみ演じるハルナが助け出すなど、新たなシーンが追加されていいます。

映画情報どっとこむ ralph 2/9(金)にiTunesとApple Musicで待望の先行配信されると、SNSでは「小沢健二楽曲の中でベスト!!」「中毒性が高い!」と絶賛されている本作。完成した主題歌の印象について

二階堂さん:まるで、問いかけるように、思い出を語らうように、寄り添うように、明日に向かう曲を聴きました。

とコメント。一方、

吉沢さん:初めてデモを聴いた時から今日まで、毎日気が付くと頭の中で流れています。

と楽曲に魅了されている事を明かしている。映画の終わりに何かひとつ時代性の総括が欲しいと思っていたという行定監督は、

行定監督:予想を軽々と裏切ってくる楽曲をすばらしく思いました。

と映画により深みが与えられたことに満足のコメントを寄せていた。

 「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」は、小沢健二が自ら手掛けたジャケットで2/14(水)に完全限定盤にてCDリリースされる。そして、『リバーズ・エッジ』公開日の2/16(金)、「ミュージックステーション」(テレ朝系)に生出演し、初披露される予定。
映画情報どっとこむ ralph 二階堂ふみ × 吉沢亮、行定勲監督 × 岡崎京子原作
リバーズ・エッジ
2月16日(金)より、TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー!
http://movie-riversedge.jp

***********************************

出演:二階堂ふみ 吉沢亮 上杉柊平 SUMIRE 土居志央梨 森川葵

監督:行定勲
脚本:瀬戸山 美咲
原作:岡崎京子「リバーズ・エッジ」(宝島社)

© 2018「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社


吉田羊、映画単独初主演作『ラブ×ドック』5月11日公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 『ハンサム★スーツ』『新宿スワン』などの脚本も手掛ける鈴木おさむによる、初監督デビュー作にして完全オリジナル作品『ラブ×ドック』。

映画・ドラマ・CM・舞台で引っ張りだこの女優・吉田羊が、映画では初の単独主演を果たした本作は、遺伝子レベルで恋愛を操作するクリニック【ラブ×ドック】を舞台に、«仕事は完璧、だけど恋愛は失敗続き≫な愛すべき女性・剛田飛鳥が恋に仕事に友情に奮闘する姿を描いた、“大人が楽しめる”かつてない新感覚ラブ・コメディ。

この度、本作の公開日が、2018年5月11日より、TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショーに決定いたしました!

待望のラブストーリー挑戦に意気込む吉田羊に加え、野村周平、篠原篤、吉田鋼太郎、玉木宏と、吉田扮する飛鳥を取り巻く、<運命の相手候補>も超豪華!

さらに、広末涼子、大久保佳代子、成田凌、唐田えりか、川畑要(CHEMISTRY)、音尾琢真ら鈴木おさむ監督の元に集った、各界で活躍する異色キャスト陣の夢の共演。

個性的なキャラクターに彩られた飛鳥の≪運命の恋≫の行方は・・・

『ラブ×ドック』

5月11日(金)より、TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー

***********************************

脚本・監督:鈴木おさむ
出演:吉田 羊 野村周平 大久保佳代子 篠原 篤 唐田えりか 成田 凌/広末涼子 吉田鋼太郎(特別出演)/玉木 宏
企画・プロデューサー:山田雅子(『ラブ★コン』『ハンサム★スーツ』)
ビジュアルディレクター:飯田かずな(『ラブ★コン』『ハンサム★スーツ』)
製作:『ラブ×ドック』製作委員会 制作プロダクション:アスミック・エース
配給:アスミック・エース
(C)2017 『ラブ×ドック』製作委員会


吉沢亮 マジでキスする1秒前!!キスシーン本編映像到着!知英 初主演映画「レオン」


映画情報どっとこむ ralph 2月24日(土)に公開となる知英の劇場長編初主演映画「レオン」。

本作で女好きのワンマン社長・朝比奈玲男を演じる竹中直人さんと社長を心の底から尊敬するいいやつ過ぎる天然社員・一条徹を演じた吉沢亮さんが共演する場面、禁断のキスシーン映像を初解禁。


この度解禁となった映像は、吉沢亮演じる一条徹が、好意を寄せる主人公・小鳥遊玲音(知英)に愛の告白をするシーン。




とある事が理由で涙を流す玲音を、急にグッと抱き寄せ、「嫌だったら言って」とキュン死確実の甘~い台詞を放つ一条。

玲音を抱き寄せたまま思いをぶつける一条、カメラはふたりの間をグルーっと周り、まさに愛の告白をしようとすると、なんと!玲音の姿がオッサンに!!!!

実は、一条が恋する小鳥遊玲音は、交通事故が原因で、二人が勤める会社の女好きワンマン社長・朝比奈玲男(竹中直人)と”心”と”身体”が入れ替わっている状態で、一条は入れ替わりに全く気づかないまま玲音(外見は知英、中身は竹中直人。。)に恋をしているのである。。中身がオッサンとも知らず一途に恋をする一条の姿は純朴そのものだが、「※本来はこんな感じ。」という何ともバカバカしいテロップが状況を説明する中、「(キスして)いい?」と玲音(※中身はオッサン。。。)にささやく一条の姿は爆笑必至!

そのまま真剣な顔で「好きだ」と(オッサンに)告白する一条(もう笑いを堪えることができない。。)。。入れ替わる前は、女が大好きで男には見向きもしなかった玲男だが、純朴な一条に徐々に惹かれ「私も」と返答する玲男。いったいお前らは何をやっているんだと、ツッコミたくなるシーンだが、どんどん近づく2人の距離はキス寸前!!まさにマジでキスする1秒前!!
吉沢亮さんは、本シーンの撮影について、「 “女装した”竹中さんに愛の言葉をささやくシュールなシーンがあったんですが(笑)、本当に竹中さんが乙女な顔をしていらして、すごいキュンキュンしました!。」と語り、本当に竹中直人さんにキュンっとしていたそうです!果たして、一条(吉沢亮)は本当に玲音(※中身は玲男=オッサン)とキスをしてしまうのか?吉沢亮の唇は守られるのか?本編の展開が非常に気になる1シーンです!!

映画情報どっとこむ ralph レオン

公式HP:
reon-movie.com 
公式Twitter:
@reon_movie

ナイスバディだけが取り柄の地味なOLと年商500億の女好きワンマン社長性別も地位も性格も何もかも正反対の二人が入れ替わったからさぁ大変!?年商500億を越える老舗の食品会社朝比奈フーズに務める、地味な派遣OL・小鳥遊 玲音(28)(たかなし・れおん)とその朝比奈フーズを引っ張る、やり手のワンマン社長・朝比奈玲男(55)(あさひな・れお)。

小鳥遊は、磨けば美人でナイスボディの持ち主なのだが、根っからのネガティブ思考でイケてない存在。
一方、代表取締役社長・朝比奈は、誰の意見にも耳を貸さない超ワンマンだが、仕事は一流。
しかし、女子社員へのセクハラまがいは日常茶飯事の根っからの女好き。。。。

ある日、偶然ふたりは同じ車の事故に巻き込まれる。目が覚めると、朝比奈玲男の体にはある異変が・・・・!

なんと、心は朝比奈のままだが、体が小鳥遊玲音になっていたのだ―。
性別も地位も性格も、何もかも反対の二人が入れ替わったからさぁ大変!?
 「俺の人生、どうなるの?」 「わたしの人生どうなるのかしら?」

***********************************

出演:知英 大政絢 吉沢亮 斉藤慎二(ジャングルポケット)ミッツ・マングローブ / 原幹恵 河井青葉  山崎育三郎 竹中直人

監督:塚本連平(『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』『かずら』)脚本:吉田恵里香(『ヒロイン失格』『リベンジgirl』)
原作:清智英・大倉かおり「レオン」(講談社KCデラックス)製作:映画『レオン』製作委員会 配給:ファントム・フィルム

©清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会


諏訪敦彦監督『ライオンは今夜死ぬ』観る人全員が違う感想をもってほしい!トークイベント


映画情報どっとこむ ralph ヌーヴェルヴァーグを代表する名優ジャン=ピエール・レオーを主演に迎え、『M/OTHER』『不完全なふたり』の諏訪敦彦監督が『ユキとニナ』から8年ぶりに撮り上げた、仏日合作作品『ライオンは今夜死ぬ』が絶賛公開中です。

鑑賞直後のお客さんの質問に諏訪敦彦監督自らが回答したQ&Aイベントが行われました。

トークイベント開催
日時:2月7日(水)
場所:YEBISU GARDEN CINEMA
登壇:諏訪敦彦監督

映画情報どっとこむ ralph 本作は、南仏を舞台に、死を演じられない年老いた俳優ジャンが、訪れた屋敷でかつて愛した女性の幻影と再会し、地元の子どもたちと共に映画制作をすることになる。やがて残された時間、ジャンは「死」と向き合い「生」の歓びを知っていく心温まるストーリー。

◉ジャン=ピエール・レオーから日本の皆様へメッセージ!
先週パリで本作の主演、ジャン=ピエール・レオーと久々の再会を果たしたという監督は、レオーから預かってきた日本の観客へ向けたメッセージを、彼を真似て伝えますと話し出しました。

諏訪監督:敬愛する諏訪監督の作品で主演が出来て、とても嬉しいです。俳優として多くの人たちが直面する試練ともいえる“困難な課題”を、この作品に出演することで前向きに考えることができました。それはつまり、“いかに一人の俳優が神話から伝説になるか“ということです。ありがとうございました。

と、ゆっくりと言葉を紡いだ諏訪監督。

その姿はどこか劇中のレオーを彷彿させ、会場からは思わず拍手がおきました。

映画情報どっとこむ ralph ◉Q&A では監督の本音がポロリ!

そんな中、Q&Aへ。

Q:本作はいろんなことを感じる映画でした。未来へのメッセージか?はたまた老いることへの前向きなメッセージなのか?諏訪監督自身はどういったことを伝えたかったのでしょうか?

諏訪監督:映画というものは“何かを伝えたい”為にある道具なわけじゃない。絵画だってどう思われるかを考えていないですよね?映画は人間が心理的に画面から何か感じることで初めてリンクするものだと考えています。

と我々からすると、目からウロコな発言を!

諏訪監督:この映画は見た人がいろんな見方をする映画です。『はっきりしてよ!』と思う人もいることでしょう。それもわかります。でも現実と映画は区切られていない。だから『こう思ってほしい』という具体的な思いはありません。みなさんがそれぞれ自由に、何かを感じて欲しい。だからそんな感想を聞けて嬉しいです。

と、監督が感謝を述べる場面も。

そしてフランスで行われた子供向けに行われた試写会で、彼らが好き勝手に感想を述べる姿が、自由で素晴らしいと思ったと語る監督。

諏訪監督:ジュリエットを見て、『あれは幽霊じゃない!だって手が透けないじゃないか』って言うのです。その自由さがいいですよね。

続いて、

Q:諏訪監督の中で、前作から本作を撮るまでの8年間。何があったんでしょうか。

諏訪監督:映画監督にとって8年というのはあっという間。時間が経ったという感覚はないけれど、自分の中に変化はあったかもしれません。『こんな明るい映画を撮ったのですか』と三浦友和さんにも驚かれましたけど、子どもたちとレオーのおかげで『何でもありだな!』と思えたことは、僕をいろんなものから解放してくれました。

と、監督の中の変化を経て本作が生まれた経緯を明かしました。

映画情報どっとこむ ralph ◉ジャン=ピエール・レオーが本作への思いを綴った文章を監督が披露!

フランスのカイエ・デュ・シネマでジャン=ピエール・レオーがメールインタビューに応じ、その貴重な内容を披露した監督。監督自身が言葉の美しさに感動をしたという一節を読み上げました。
諏訪監督:子供たちとの共演、あなたにとって他者と演じるということは?という問いにレオーは『諏訪監督が今作で提案した子供たちとの共演というアイディアはとても素晴らしかった。子供たちの驚くべき自然さはある種の脅威とも言えます。ですが、子供の時から演技を初めた私は、今回子供たちと演技をすることよって、当時感じていた演じる喜びを再び感じることができました。私は子供たちとともに諏訪がもつ幻想的な世界へ入って行きました』。

とジャン=ピエール・レオー自身が、自由溢れる子供たちとの共演に影響され、喜びに満ちた撮影だったと明かしました。

終了時間が過ぎても観客からの質問を丁寧に答えた監督。監督の口から伝説的俳優、ジャン=ピエール・レオーの多くの言葉を聞いた観客は大満足な様子でした。

物語・・・

生きることは素晴らしく、死はふたたび出会う場所。

南仏コート・ダジュール。死を演じられないと悩む、年老いた俳優ジャン。過去に囚われ、かつて愛した女性ジュリエットの住んでいた古い屋敷を訪ねると、幽霊の姿となってジュリエットが彼の前に現れる。さらに、地元の子ど もたちが屋敷に忍び込んできて…

子どもたちからの誘いで突然はじまった映画撮影。撮り進めるうちに過去の記憶と向き合い、残された時間、ジャンの心に生きる歓びの明かりがふたたび灯されていく。

YEBISU GARDEN CINEMAほか絶賛公開中!


***********************************

監督・脚本:諏訪敦彦
出演:ジャン=ピエール・レオー、ポーリーヌ・エチエンヌ、イザベル・ヴェンガルテン

2017 年/フランス=日本/103 分

配給:ビターズ・エンド
© 2017-FILM-IN-EVOLUTION-LES PRODUCTIONS BAL THAZAR-BITTERS END



『レディ・バード』ポスタービジュアルが完成


映画情報どっとこむ ralph 『ブルックリン』のシアーシャ・ローナンが主演を務め、『20センチュリー・ウーマン』のグレタ・ガーウィグが単独監督デビューを飾り、自伝的要素を織り込んだオリジナル脚本も手掛けた『レディ・バード』が6月全国公開となります。 本年度アカデミー賞®最有力の本命に躍り出た本作が遂に日本公開!

青春の輝きと痛みを知る全ての人に贈る、誰もが共感して心震わせる新たな傑作の誕生!

この度、本作のポスタービジュアルが完成!
規律の厳しいカトリック系高校の十字架をバックに、クリスティンがまっすぐに前を見つめる姿が印象的。彼女の視線の先にはどんな未来が待ち受けているのかということを想像 させるようなビジュアル。

また、公開前から既に話題となっている個性的な “レディ・バード”スタイルにも注目。美しいブロンド・ヘアがトレードマークのシアーシャだが、見た目はパンクな女子高生の役作りの為、派手なピンク色に髪を染めている。さらに、 乙女心をくすぐる彼女のファッションも魅力的なものが多く、見所の一つとなってます。

映画情報どっとこむ ralph レディ・バード
HP:http://ladybird-movie.jp
TW:@ladybirdmoviejp

2002 年、カリフォルニア州サクラメント。
閉塞感溢れる片田舎のカトリック系高校から、 大都会ニューヨークへの大学進学を夢見るクリスティン(自称“レディ・バード”)。
高校 生活最後の 1 年、友達や彼氏や家族について、そして自分の将来について、悩める 17 歳の少女の揺れ動く心情を瑞々しくユーモアたっぷりに描いた超話題作! 全米 4 館で限定公開され、1 館当たり約 9 万ドルを超えるスマッシュ・ヒット!また、口 コミで徐々に話題を呼び、全米 1,557館で拡大公開され、累計約4,300 万ドルを超 えて 5 週連続トップ 10 入り!そして、米映画レビューサイト“ロッテン・トマト”で映画批 評家 164 人から 100%大絶賛され、『トイ・ストーリー2』を抜いて 18 年ぶりに新記録 更新!さらに、ゴールデン・グローブ賞で作品賞&主演女優賞2部門受賞し、各映画 賞席巻の累計82部門受賞&177部門ノミネート!日に日に注目度を増し、青春の輝きと痛みを 知る全ての人に贈る、誰もが共感して心震わせる新たな傑作がここに誕生しました!

***********************************

監督・脚本:グレタ・ガーウィグ
出演:シアーシャ・ローナン、ローリー・メトカーフ、トレイシー・レッツ、ルーカス・ヘッジズ、ティモシー・シャラメ、 ビーニー・フェルドスタイン、スティーヴン・マッキンリー・ヘンダーソン、ロイス・スミス
配給:東宝東和
作品&映像
© 2017 InterActiveCorp Films, LLC.
画像:Merie Wallace, courtesy of A24