「ら行」カテゴリーアーカイブ

奇妙でポップなジャポネスク『リザとキツネと恋する死者たち』予告解禁!


今年の大阪アジアン映画祭、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭で『牝狐リザ』というタイトルで正式上映され好評だった。

この度、ハンガリーで大ヒットなジャポネスク・ファンタジー『Liza, The Fox-Fairy』が、邦題を『リザとキツネと恋する死者たち』とし、12月19日(土)より新宿シネマカリテ他にて全国順次公開することが決定、この度、映画の世界観あふれる予告編とポスタービジュアルが解禁となりました!

容疑者リザ30歳。独身。歌うユーレイと同居中―。

『リザとキツネと恋する死者たち』ポスター監督は、ハンガリーで最も売れっ子のCMディレクターであり、本作が長編デビューであるウッイ・メーサーロシュ・カーロイ。日本来日の時に知ったという、那須に伝わる九尾の狐伝説をモチーフに、恋した相手が次々と殺されるという不思議な事件に巻き込まれた、ちょっと奥手なリザの恋物語を独特な世界観で描き、ハンガリーで大ヒットを記録した。

注目すべきなのが、劇中のトミー谷が軽快に歌い踊る、ヘンテコな昭和歌謡!これは昭和の歌謡曲からルパン三世のリミックス、知る人ぞ知る“東京ビートルズ”まで日本の音楽ファンを公言するメーサーロシュ監督が、現地の作曲家と作り上げた全編オリジナル曲であるから驚きです。

今回、解禁となった予告編でも、主人公リザが巻き込まれる奇妙な殺人事件と恋の行方が、ヘンテコだけど妙に耳に残る日本語歌詞とメロディにのせて展開する。そして日本人の父とデンマーク人の母を持つ俳優デヴィッド・サクライ扮する魅惑のユーレイ歌手トミー谷による軽快なステップにハマること間違いなし!



トミー谷ブロマイドカードセットジャポネスクとヨーロピアンが不思議にマッチした世界観、そして甘くてブラックな大人のおとぎ話がついに日本上陸!

現在、劇場前売券も絶賛発売中!

劇場窓口でご購入の方には先着・数量限定で「魅惑のユーレイ歌手:トミー谷のブロマイドカード」セットをプレゼント!

リザとキツネと恋する死者たち

詳細は公式サイトまで:http://www.liza-koi.com/

********************************************************************

1970年代のブダペスト。日本大使未亡人の看護人として住み込みで働くリザの心のよりどころは、日本の恋愛小説と、リザにしか見えないユーレイの日本人歌手、トミー谷。

彼の軽妙な歌声が孤独な毎日を忘れさせてくれていたが、30歳の誕生日、恋愛小説にあるような甘い恋に出会うべく、リザは意を決し、未亡人に2時間だけ外出許可をもらう。

だが、その間に未亡人が何者かに殺害されてしまう。悲しみにくれるリザの周辺で、次々と起こる奇怪な殺人事件。彼女が恋した人は“死者”となり、そこにはキツネの影が…。そんななか下宿人を装って刑事ゾルタンがリザと同居を始め、捜査するが、リザに殺人の気配はみじんもない。いったい誰が真犯人なのか…?

監督:ウッイ・メーサーロシュ・カーロイ
音楽:アンブルシュ・デヴィシュハージ
出演:モーニカ・ヴァルシャイ、デヴィッド・サクライ
2014年/ハンガリー/98分/日本語字幕 川喜多綾子
英題 Liza, The Fox-Fairy
   


芸能界にリライフのヒロミが選んだ漢字1文字は?「Re:LIFE~リライフ~」


芸能界に”リライフ”したヒロミさん、人生初となる映画イベントに登場!
今年を漢字一文字で例えるなら!?
ReLIFEヒロミ2
ラブコメの帝王ヒュー・グラント出演の最新作、映画「Re:LIFE~リライフ~」(原題:THE REWRITE)は11月20日公開となります。それを記念し、都内でトークイベントが行われましたた。

かつての栄光から一転し落ちこぼれとなった映画脚本家が、大学のシナリオコースの講師として再出発し人生をやり直す姿が描かれた本作に因み、今年芸能界で再ブレイクを果たした、ヒュー・グラントと同世代のタレントのヒロミさんをゲストに招き、本作の魅力について語ってもらいました!
映画『Re:LIFE~リライフ~ 』公開記念トーク
開催日:11月11日 
登壇者:ヒロミ

今回が、映画のPRイベント初参加となるヒロミさんが登場!

ヒロミさん:こういうのってさ。若手芸能人とか女性が呼ばれるイメージ。だけど昨日ママと映画を観てみたら、どうして俺が呼ばれたのかすごいわかったわ。10年前レギュラー番組が終わっていったとき、もう仕事が無くなることは覚悟できていた。10年くらいテレビから離れて、もう復帰する気もなかった。けれど街中で『ヒロミちゃん毎日観てるよ~』とか言われたり。出てねぇよって思いながらも、俺のこと覚えている人もいるんだな。

とテレビに出ていなかった10年間について語りました。

ReLIFEヒロミ1
また、ハリウッド映画業界の裏側を垣間見られるストーリーに因み、芸能界の裏側について聞かれると

ヒロミさん:裏側とかは別にないけど、出たいからって出られる業界じゃないよね。秘訣?秘訣なんかねぇよ!俺が再ブレイクできたのは時代だよ時代。

と、自身の再ブレイクを分析。

円満な家族で知られるヒロミさん。夫婦円満のコツを聞かれると

ヒロミさん:うちは、ママが面白いからね。

と仲の良さをアピールし、イケメンと評判になっている2人の息子に対しては

ヒロミさん:会うたびずっと怒っている。部屋をちゃんと片付けろ、とか。息子に怒っているけど遠まわしにママにも怒ってるんだけどね。

と会場の笑いを誘い・・・

イベント終盤に今年1年を振り返って漢字一文字で表すよう求められ・・・・悩みながらも
ReLIFEヒロミ3
『戻』と書きました。理由を聞かれると、

ヒロミさん:よく戻れたなって…周りからもよく言われるし、自分でもそう思う。こんなことあるんだってビックリした。

と1年間の感想を語りました。報道陣から『B-21の復活』について質問されると、

ヒロミさん:スケジュールがなかなか合わない。今年は無理だね。だけど来年が30周年だから何かしたいよね。

とやる気満々な様子。

最後に、

ヒロミさん:ほっこりする良い映画。俺ら世代が観たら絶対に感動する。人生のリライフにチャレンジしようって勇気を貰える。10年間仕事が無かったから、より感動した!

としっかりと本作をアピールし、イベントは終了となりました。

ReLIFEヒロミ4
物語・・・
アカデミー賞脚本賞に輝き、一夜で名声を手に入れたキース・マイケルズ(ヒュー・グラント)。しかし、それから15年もの間、全くヒット作に恵まれない。
ReLIFE 仕方なく大学のシナリオコースの講師を引き受けるも、受講者は好みのタイプで選んだり、懇親会で酔っ払い暴言を吐いたりと失敗ばかり。だが生徒たちと関わる中でキースの心の中でも何かが変わり始める。人とのつながりで学んだ、最も大切な人生のシナリオとは…

映画『Re:LIFE~リライフ~』

11月20日(金)より全国公開です。

********************************************************************

監督&脚本:マーク・ローレンス 
出演:ヒュー・グラント、マリサ・トメイ、J・K・シモンズ、ベラ・ヒースコート、アリソン・ジャネイ、クリス・エリオット 

原題:THE REWRITE
2014年/アメリカ/107分/5.1ch/シネスコ
字幕翻訳:佐藤恵子 
配給:キノフィルムズ
©2014 PROFESSOR PRODUCTIONS,LLC.ALL RIGHTS RESERVED.
  


“治安維持”と言う名の対テロ戦争『レストレポ』上映&トーク開催決定!


地上で最も危険な戦線に派兵された米軍小隊を追った!

アカデミー賞やサンダンス映画祭をはじめ25もの賞に選ばれた映画『レストレポ前哨基地(PART.1&PART.2)』が、渋谷アップリンクにて2015年11月28日(土)より緊急公開となります。

『レストレポ前哨基地』Part1
本作は、地上で最も危険といわれたアフガニスタンの戦線へ2007年に派兵された米軍小隊に密着し、“治安維持”という名の「対テロ戦争」の現実を捉えたドキュメンタリー映画です。

公開に先駆け、11月25日(水)に渋谷ユーロライブにて、小林よしのり氏らをゲストに迎え、上映&トークイベントを開催いたします。今年9月に可決・成立した安全保障関連法。集団的自衛権の行使が初めて可能となり、外交・防衛政策が大きく転換することになった今、日本は世界情勢とどう対峙するべきなのか。

『レストレポ前哨基地』PART.1&2ポスター_s社会問題に斬り込み、数々の論争を巻き起こしている漫画家の小林よしのり氏と、元防衛研究所所員で多くの紛争地に自ら赴いている「自衛隊を活かす会」呼びかけ人の加藤朗氏、映画監督でありながら現役自衛隊員としてイラク復興人道支援活動の経験のある佐野伸寿氏。それぞれの立場から、今作で描かれる戦場の現実と、日本の安全保障について語ります。

日時:
2015年11月25日(水)
開場18:15/上映18:45/トーク20:20 (22:15終了予定)

上映作品:
『レストレポ前哨基地 PART.1』※PART.2の上映はありません。

会場:
ユーロライブ(渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F)

ゲスト:
◇小林よしのり 〈漫画家(『ゴーマニズム宣言SPECIAL「戦争論」「新戦争論」』)〉
◇加藤 朗 〈自衛隊を活かす会・桜美林大学教授(『13歳かのテロ問題』)〉
◇佐野伸寿 〈現役自衛官・映画監督(『ウイグルから来た少年』)〉

料金:
一般1,500円/学生1,200円
当日一般1,800円/当日学生1,500円

Peatixにてチケット発売中
http://peatix.com/event/127743

『レストレポ前哨基地 PART.1』
監督:ティム・ヘザリントン、セバスチャン・ユンガー(2010年/アメリカ/93分)
原題:RESTREPO : one platoon, one valley, one year 

アメリカ陸軍第173空挺旅団戦闘団が、アフガニスタン北東部の山岳地帯に分散配置された。

兵士たちと行動を共にするカメラは、銃撃戦や現地の人々との交流、仲間との日常を克明に映し出し、観客は93分間、アフガン最前線に放り込まれたような錯覚に陥る。

『レストレポ前哨基地 PART.2』
監督:セバスチャン・ユンガー(2014年/アメリカ/84分)
原題:KORENGAL : this is what war feels like

2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件を契機に始まったアフガニスタンでの「テロとの闘い」は、米国史上最長の戦争となり、2014年末までに約2200人の米兵が戦死している。

パート1で共同監督を務めた英国人報道カメラマンのティム・ヘザリントンが、2011年にリビア内戦を取材中に落命した3年後、米国人戦場ジャーナリストのセバスチャン・ユンガーはパート1の未使用シーンからパート2を一人で完成させた。

2015年11月28日(土)より、渋谷アップリンクほか全国順次公開

★公式サイト www.uplink.co.jp/restrepo
★公式Twitter  twitter.com/restrepo_jp
★公式Facebook www.facebook.com/restrepomovie.jp

©GOLDCREST FILMS, OUTPOST FILMS.

********************************************************************



ライチ 百武朋が造形x杉田智和が声!『ライチ☆光クラブ』


古屋兎丸先生のコミックを映画化した『ライチ☆光クラブ』の少女に恋する機械ライチの声優が発表され、<ビジュアル>も解禁となりました!!

ライチ×カノン
その声は人気の声優・杉田智和さん。ライチに命を吹き込む!
そして、ライチのデザイン・造形を担当したのは日本を代表する特殊造形の名手・百武朋先生であることが発表となりました!

今回、ライチに命を吹き込んだのは、『銀魂』坂田銀時役などで人気の声優・杉田智和。巨大で恐ろしい見た目と裏腹に、カノンへ優しい愛情を抱くようになり、カノンの教えによって芽生えた人間らしくありたいという意志と、プログラミングされた宿命の狭間でもがくライチの切ない葛藤を、杉田智和が深みのある声で表現しています。終盤に従ってライチの声が変化していくことも見所のひとつとなっています。

さらに、今回ライチのデザイン、造形を担当したのは、日本を代表する特殊メイク、造形担当の百武朋。何種類ものデザイン案を上げ、内藤監督たちの意向を組み込みデザインを決定した。これまでの舞台では、俳優がライチを演じていたが、今回のライチは、オリジナルで制作された造形物を動かしている。カットごとに撮影する映画にしかできない試みで、人間にはなれない機械ライチの悲しさがより一層伝わってきます。

コメントも到着!!

ライチ(声の出演): 杉田智和
役に命を吹き込む事が本当に人へと近付いていく感覚がしました。
作品に関われて嬉しいです。

ライチデザイン/特殊メイク/造形: 百武 朋
恐らく歴史に残るであろう作品に参加出来て光栄です!それもライチを作れるなんて!

カノン役:中条あやみ
(完成した映画をみて) 演じているときには、ライチは語りかけてくれませんでしたが、私が演じたカノンとライチが会話をしていて、うれしかったです。 杉田さんが声をふきこまれたライチとカノンの物語は、 優しくて切なかったです。

原作者: 古屋兎丸
天才造形家、百武朋さんは映画化が決まる前からライチを作りたいと立候補してくださっていて、今回の企画がスタートしてからは情熱を込めて製作に打ち込んでくれました。こんなにも機械の冷たさと人間味を併せ持つライチは彼じゃなければ作れなかったと思います。声優の杉田さんは機械であるライチの微妙な心の変化を見事に演じておられます。この変化が物語の鍵になるのでお楽しみに!

監督:内藤瑛亮
少年たちの声が悲痛さを増していくのに対し、ライチの機械的な冷たい声は人間的な温かみを帯びていきます。「もう少し人間的に」「もう少し機械的に」と微妙なニュアンスをお願いしましたが、杉田さんは完璧に応えてくれました。ライチに宿った感情を繊細に演じてくれた杉田さんが、物語の寓話性を豊かにしてくれたと感じています。穏やかな物腰の方でしたが、アニメ畑と実写畑の人間が交流して作品をつくっていく価値を強く語っていたのが印象的でした。声優さんとの仕事は初めてで、凄く刺激を受けました。

百武さんとは自主映画を撮っていたころにお会いして、こうして商業映画でもご一緒できるようになって嬉しいです。特撮映画が好きという単純な理由もありましたが、今回、造形物をスーツアクターさんが演じるという撮影が最良の選択だと考えました。ライチは少年たちの願望を具現化した存在であり、可愛いらしい一面をもちながら、恐怖の対象であり、愛憎の対象です。そういった様々な要素を百武さんは絶妙なバランスで表現してくれました。映画独自の仕掛けも用意してあるので、原作ファンも楽しみしていて欲しいです。



映画『ライチ☆光クラブ

2016年<正月第二弾>新宿バルト9ほか全国ロードショーっす!

公式HP www. litchi-movie.com

********************************************************************

ライチ☆光クラブ大人になる前の脆く、残酷で多感な少年の思春期を描き、その独創的な世界観と圧倒的なカリスマ性で支持される鬼才漫画家・古屋兎丸のロングセラーコミックが待望の映画化。物語の舞台は、黒い煙と油に塗れた蛍光町と廃工場の秘密基地”光クラブ”。14歳を目前に大人のいない世界をつくろうとした9人の美しい少年たちによる裏切りと愛憎の物語と、彼らが作り上げた思考する能力を持つ機械(ロボット)“ライチ”と、少女カノンの恋を、圧倒的に美しくダークな世界観で描く。

主演:野村周平、古川雄輝、中条あやみ、間宮祥太朗
  池田純矢、松田凌、戸塚純貴、柾木玲弥、藤原季節、岡山天音
監督:内藤瑛亮  
脚本:冨永圭祐、内藤瑛亮 
原作:古屋兎丸「ライチ☆光クラブ」(太田出版)
配給・宣伝:日活 
制作:マーブルフィルム  
©2016『ライチ☆光クラブ』製作委員会  



映画祭で評判の『リザとキツネと恋する死者たち』公開決定!


ハンガリーで大ヒットし、今年のSKIPシティ国際Dシネマ映画祭、大阪アジアン映画祭で『牝狐リザ』というタイトルで正式上映され、観客から「クセになる!」と大好評だった、『Liza, The Fox-Fairy』(原題)が、

邦題を『リザとキツネと恋する死者たち』とし、12月19日(土)より新宿シネマカリテ他にて全国順次公開となりました。

容疑者リザ30歳。独身。歌うユーレイと同居中―

リザとキツネと恋する死者たち
1970年代のブダペスト。

日本大使未亡人の看護人として住み込みで働くリザの心のよりどころは、日本の恋愛小説と、リザにしか見えないユーレイの日本人歌手、トミー谷。

彼の軽妙な歌声が孤独な毎日を忘れさせてくれていたが、30歳の誕生日、恋愛小説にあるような甘い恋に出会うべく、リザは意を決し、未亡人に2時間だけ外出許可をもらう。だが、その間に未亡人が何者かに殺害されてしまう。悲しみにくれるリザの周辺で、次々と起こる奇怪な殺人事件。彼女が恋した人は“死者”となり、そこにはキツネの影が…。

そんななか下宿人を装って刑事ゾルタンがリザと同居を始め、捜査するが、リザに殺人の気配はみじんもない。いったい誰が真犯人なのか…?

監督は、ハンガリーで最も売れっ子のCMディレクターであり、本作が長編デビューであるウッイ・メーサーロシュ・カーロイ。日本来日時に知ったという、那須に伝わる九尾の狐伝説をモチーフに、恋した相手が次々と殺されるという不思議な事件に巻き込まれた、ちょっと奥手なリザの恋物語を独特な世界観で描き、ハンガリーで大ヒットを記録。

また『リザとキツネと恋する死者たち』を彩るのが、劇中のトミー谷が軽快に歌い踊る、ヘンテコな昭和歌謡。これは元々日本の音楽が大好きで、歌謡曲からルパン三世のリミックスまで常にスマフォで持ち歩くほどの監督が、現地の作曲家と作り上げた全編オリジナル曲だそうです。
Liza_s1
今年の大阪アジアン映画祭やSKIPシティ国際Dシネマ映画祭でも『牝狐リザ』というタイトルで正式上映され、観客から大絶賛された本作。一度聞けばクセになる昭和歌謡のリズムに乗せて描かれる、奇妙な殺人事件とリザの恋の行方にハラハラする大人のおとぎ話がついに劇場公開となる。

リザとキツネと恋する死者たち

12月19日(土)より新宿シネマカリテ他にて全国順次公開です!

公式サイト:www.liza-koi.com

Lizakoi
********************************************************************

監督:ウッイ・メーサーロシュ・カーロイ
音楽:アンブルシュ・デヴィシュハージ
出演:モーニカ・ヴァルシャイ、デヴィッド・サクライ
2014年/ハンガリー/98分
日本語字幕 川喜多綾子
英題 Liza, The Fox-Fairy
配給:33 BLOCK