「ら行」カテゴリーアーカイブ

リターン・トゥ・ベース試写してきました


チョン・ジフン
チョン・ジフン(RAIN)主演『リターン・トゥ・ベース』。
チョン・ジフン(RAIN)主演『リターン・トゥ・ベース』、マスコミ試写に行ってきました!

面白かったですよ。

マスコミ資料にもあったように、まさに「空猿」。
海外に輸出できるエンターテインメントとして成立しています。

中でも、とても綺麗な空中戦の空撮とCGは、圧巻です。
空撮はハリウッドのウルフウェアが担当。

お金かかってます。

最近撮影・広報・配給にお金が無い監督やプロデューサーの話を聞いていたのでうらやましい限りです。

ストーリーは

「海猿」テイストにトップガンを加えたようなお話ではありますが、韓国と北朝鮮との関係を考えると、とても真実味があります。

穏やかに暮らすソウルの街が突然、戦場に。

全面戦争を避けるために、ミサイル発射の許可がなかなかおりない。。。。

撃てない軍隊。


そして、アメリカ軍との関係。

日本でも起こらないとは限らないシチュエーション。
と思うとぞっとします。

最後は、映画の感想じゃ無いじゃん!

私の感想ですが、空中戦本当に綺麗なんです。

大迫力の都心での空中戦はCGもこっていますし。
ソウルにいったことのある方は、特にリアルかもしれません。

そして

主人公の破天荒なテフン(チョン・ジフン)と整備兵のユン(シン・セギョン)の可愛い恋。

いいな~。

そして

テフンの肉体美も。。。

迫力の空中戦、恋あり、笑いあり、涙あり。

韓国の映画って自由度が高いですね。


『リターン・トゥ・ベース』の公開は12月1日より 
新宿バルト9、 シネマート六本木ほか全国ロードショーです。


『リターン・トゥ・ベース』

与えられた時間は7分。
500万人の未来は、1人のパイロットに託された-

【Story】
空軍特殊飛行チーム“ブラック・イーグルス”のパイロット テフン(チョン・ジフン(RAIN))は航空ショーで禁止されているはずの飛行技術‘ゼロノット’を敢行し、ショーを台無しにしてしまう。罰としてテフンは、実戦部隊21戦闘飛行団に移籍させられることに。次第にチームに慣れていくテフンだったが、凄腕のパイロット ‘トップガン’といわれるチョルヒ(ユ・ジュンサン)とはいつも衝突する。南北間に平和な雰囲気が漂っていたある日、 帰順を装った敵の一機がソウルまで降下してきた。哨戒飛行中の 21 戦闘飛行団と予想外の交戦をすることになる。激しいバトルを繰り広げどうにか平和を守りぬくが、これは朝鮮半島全体を脅威する巨大な陰謀のはじまりにすぎなかった。21 戦闘飛行団は究極の機密作戦 ‘リターン・トゥ・ベース’を開始するのだったが・・・



監督:キム・ドンウォン
出演:チョン・ジフン(RAIN)『スピード・レーサー』、ユ・ジュンサン「棚ぼたのあなた」、
シン・セギョン『青い塩』、キム・ソンス「フルハウス」、イ・ハナ『フェアラブ』、
イ・ジョンソク「シークレット・ガーデン」
★公式HP: R2B-movie.jp

【2012年/韓国/114分/カラー/5.1chサラウンド/日本語字幕:根本理恵/原題:R2B】
(C)2012 CJ E&M CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED

■配給:CJ Entertainment Japan


009 RE:CYBORG初日舞台挨拶


朝8時 新宿のバルト9に行ってきました!

なぜなら、本日10/27(土)に全国公開を迎える
『009 RE:CYBORG』の舞台挨拶を撮影に。

バルト9は009 RE:CYBORG一色です。

中央に見える装置は003 女性サイボーグ フランソワーズが
世界中のネットワークにアクセスする時に使う装置です!
旧記事を参照:http://eigajoho.com/?p=630

新宿バルト9に神山健治監督・そして9人のサイボーグ戦士たちを演じた声優陣が’初’集結しました。

神山健治監督
宮野真守さん(009役)
小野大輔さん(002役)
斎藤千和さん(003役)
大川透さん(004役)
丹沢晃之さん(005役)
増岡太郎さん(006役)
吉野裕行さん(007役)
杉山紀彰さん(008役)
玉川砂記子さん(001役)
MC:石井朋彦プロデューサー


しかも、声優さん全員が、赤いTシャツに黄色の
マフラーに身を包んで登場~



乗り乗りの声優さんもいれば、かなり恥ずかしがられている方も。

この新宿バルト9を皮切りに、
二日間で8カ所
(新宿→お台場→横浜→名古屋→大阪→広島→北九州→博多)
での舞台挨拶に突入する神山健治監督。

大変です。


Go cyborg
写真が小さいのは250px&ピンは駄目、バストアップもNGで規制されているんで。。。すみません。

バルト9のスタッフさんは本当に乗りがいい!
乗り乗りコスプレのバルト9のスタッフさんは規制外なので大きいサイズでご紹介。
皆さん合いに行かれてみてはいかがでしょうか!?

過去記事:試写に行ってきた!は http://eigajoho.com/?p=1756
********************************************************************


『009 RE:CYBORG』
世界を救った9人が再び集結するとき、「正義」は終わる。

<STORY>
物語の舞台は、2013年の現在。
ロンドン、モスクワ、ベルリン、ニューヨーク、上海・・・・・・大都市の超高層ビルが次々と崩壊するという、同時多発爆破事件が発生。いつ、誰の意思で計画されたかもわからない無差別テロは、世界を不安とパニックに陥れていた。

かつて世界が危機に陥るたびに、人々を救った9人のサイボーグ戦士がいた。その役目を終え、各々の故国に帰っていたゼロゼロナンバーサイボーグ達は生みの親であるギルモア博士からの呼びかけによって、再び再結集しようとしていた。

一方、ゼロゼロナンバーサイボーグのリーダーである日本人、009こと島村ジョーは、過去の記憶を消し、東京・六本木でひとり暮らしていた。サイボーグ戦士最後の切り札であるジョーは、ギルモア博士によって30年間、3年に一度、記憶をリセットされ高校3年間を繰り返していたのだ。

全世界同時多発爆破事件の犯人とは?ヒーロー不在の時代、彼らは、誰がために戦うのか?

彼らが立向かう、新たな時代の「正義」とは? ジョーの記憶が呼び覚まされた時、ゼロゼロナンバーサイボーグの、新たな戦いが始まる!

■公式HP
http://www.ph9.jp

■キャスト
宮野真守(009:島村ジョー役)、小野大輔(002:ジェット・リンク役)、斎藤千和(003:フランソワーズ・アルヌール役)、大川透(004:アルベルト・ハインリヒ役)、丹沢晃之(005:ジェロニモ・ジュニア役)、増岡太郎(006:張々湖役)、吉野裕行(007:グレート・ブリテン役)、杉山紀彰(008:ピュンマ役)、玉川砂記子(001:イワン・ウイスキー役)、勝部演之(ギルモア博士役)

■原作:石ノ森章太郎
■脚本・監督:神山健治
■音楽:川井憲次
■キャラクターデザイン:麻生我等
■絵コンテ:青木康浩、林祐一郎
■アニメーションディレクター:鈴木大介 ■演出:柿本広大
■リードアニメーター:植高正典 ■美術設定:渡部隆、滝口比呂志
■美術監督:竹田悠介 ■色彩設計:片山由美子
■撮影監督:上薗隆浩 ■サウンドデザイナー:トム・マイヤーズ
■ラインディレクター:川端玲奈
■制作プロデューサー:松浦裕暁 ■製作プロデューサー:石川光久
■プロデューサー:石井朋彦 ■上映:2・c・3D併用
■共同制作:Production I.G/サンジゲン
■配給:Production I.G/ティ・ジョイ
©2012「009 RE:CYBORG」製作委員会

映画『009 RE:CYBORG』 10月27日(土) 2D/3D 全国公開


プレママ5人勢揃い『恋愛だけじゃダメかしら?』


『恋愛だけじゃダメかしら?』
12/15(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー

キャメロン・ディアスとジェニファー・ロペスほかハリウッドの豪華出演者がそろったことで話題の妊娠ハートフルコメディ映画

『恋愛だけじゃダメかしら?』

のポスターが完成いたしました。



妊娠、出産が幸せの絶頂だなんて、誰が決めた?

喜びばかりでないではない、ちょっぴりダークな現実を見せてくれる妊娠群像劇が、この冬日本に上陸します!

『恋愛だけじゃダメかしら?』

12/15(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショーです。


★作品情報★

ロマンティック・コメディの女王、キャメロン・ディアスと、実生活では双子の母である恋多き女のジェニファー・ロペスがプレママ役で夢の共演! 他にもプレママ役には『マイレージ、マイライフ』でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたアナ・ケンドリック、『バトルシップ』で完璧なボディを見せつけたブルックリン・デッカーらと、豪華な顔ぶれだ。
ディアスの恋人役には人気ドラマ「Glee/グリー」のシュー先生役で人気沸騰中のマシュー・モリソン。「ゴシップガール」のネイト役でティーンのハートを鷲掴みにしたチェイス・クロフォード、ディアス主演作『チャーリーズ・エンジェル』に出演したロドリゴ・サントロと男性陣もセクシーな顔ぶれが揃った。

人気ダイエット番組のトレーナーとして知られるジュールズ(キャメロン・ディアス)は、リアリティ番組で知り合ったダンサーのエヴァン(マシュー・モリソン)の子供を授かった。高年齢出産をものともしないポジティブな姿勢で仕事と出産に突き進んでいくジュールズだったが、パートナーとの関係、自分自身の身体、仕事とのつきあい方に、少しずつ変化が起きていく。
一方、不妊体質にコンプレックスを持つフリーカメラマンのホリー(ジェニファー・ロペス)は悲しみを振り切るように、エチオピアから養子を迎えることに決めた。妻の苦しみを理解しながらも、夫のアレックス(ロドリゴ・サントロ)は展開の早さに、父となる覚悟が固められずにいた。

子供を持つことへの不安や喜び、果ては妊婦同士のライバル心を赤裸々に描いた本作は、全世界で3500万部を記録した妊婦のバイブル「What to Expect When You’re Expecting(日本語題「すべてがわかる妊娠と出産の本」アスペクト刊)」の映画化である。著者のハイディ・マーコフ自身が妊娠時の体験を元に書いた妊娠エッセイで、妊娠で起きる女性の身体の変化、周囲の無理・Aキャリアへの影響など、誰にも相談できなかった悩みや不満、疑問がギッシリ。映画では女性の変化に振り回されるプレパパの苦労や、圧倒的存在感を持つ父親へのコンプレックスなど、男性の視点も取り入れられ、ホンネ全開のロマンティック・コメディに仕上がった。

監督は『ウェイクアップ!ネッド』(98)、『ナニー・マクフィーの魔法のステッキ』(05)、『みんな元気』(11/未)と、明るい人生コメディを得意とするカーク・ジョーンズ。同時期に子供ができた5組のカップルのアンサンブル・コメディに、涙と感動を微妙なさじ加減で味付けし、共感を誘う。

妊娠、出産が幸せの絶頂だなんて、誰が決めた? 喜びばかりでないではない、ちょっぴりダークな現実を見せてくれる妊娠群像劇が、この冬日本に上陸する!


★キャスト・スタッフ★
出演:
キャメロン・ディアス|ジェニファー・ロペス|エリザベス・バンクス
チェイス・クロフォード|ブルックリン・デッカー
アナ・ケンドリック|マシュー・モリソン|デニス・クエイド
クリス・ロック|ロドリゴ・サントロ

監督:カーク・ジョーンズ
脚本:ショーナ・クロス、ヘザー・ハッチ
原案:「What To Expect When You’re Expecting」(ハイディ・マーコフ著)
製作:マイク・メダヴォイ、アーノルド・W・メッサー
製作総指揮:マーク・バクシ、ハイディ・マーコフ、エリック・マーコフ、アラン・ネヴィンズ
2012年/アメリカ/110分/カラー/シネマスコープ/ドルビーSRD
原題:What To Expect When You’re Expecting
配給:カルチュア・パブリッシャーズ
HP:renai-dakeja.jp

————————————————————
『恋愛だけじゃダメかしら?』
12/15(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー


リターン・トゥ・ベース 特典第2弾


(C)2012 CJ E&M CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED
12月1日(土)より公開が決定した『リターン・トゥ・ベース』。好評完売した前売り第一弾特典に続きまして、

いよいよ特典第二弾がついた前売り鑑賞券が10月20日(土)より各劇場(一部劇場除く、数量限定)で発売されます。

特典の第二弾“秘密のクリアファイル”の画像が解禁となりました。

表面にはパイロットのユニフォームとサングラス。


そしてRAINの鍛えられた上半身と凛々しさに思わずドキっとする劇中写真を使用。

こっちは見せてくれないんですね。。。

もちろん非売品のためここでしか手に入らない貴重なアイテム。

第一弾のポストカードが劇場では売り切れ続出とあって、第二弾のクリアファイルも品切れが予想されます。

お早めにお近くの劇場でチケットをGETしてください!

***********************************************************


空軍特殊飛行チーム“ブラック・イーグルス”のパイロット テフン(チョン・ジフン(RAIN))は航空ショーで禁止されているはずの飛行技術‘ゼロノット’を敢行し、ショーを台無しにしてしまう。罰としてテフンは、実戦部隊21戦闘飛行団に移籍させられることに。次第にチームに慣れていくテフンだったが、凄腕のパイロット ‘トップガン’といわれるチョルヒ(ユ・ジュンサン)とはいつも衝突する。南北間に平和な雰囲気が漂っていたある日、 帰順を装った敵の一機がソウルまで降下してきた。哨戒飛行中の 21 戦闘飛行団と予想外の交戦をすることになる。激しいバトルを繰り広げどうにか平和を守りぬくが、これは朝鮮半島全体を脅威する巨大な陰謀のはじまりにすぎなかった。21 戦闘飛行団は究極の機密作戦 ‘リターン・トゥ・ベース’を開始するのだったが・・・

チョン・ジフン(RAIN)があなたの心をロック・オン!10月20日(土)より発売の前売り券には、ジフンの魅力満載の第二弾特典付!
10月20日より公開前日まで“秘密のクリアファイル”をプレゼント!
(数量限定、一部劇場のみ)

監督:キム・ドンウォン
出演:チョン・ジフン(RAIN)『スピード・レーサー』、ユ・ジュンサン「棚ぼたのあなた」、
シン・セギョン『青い塩』、キム・ソンス「フルハウス」、イ・ハナ『フェアラブ』、
イ・ジョンソク「シークレット・ガーデン」
★公式HP: R2B-movie.jp

【2012年/韓国/114分/カラー/5.1chサラウンド/日本語字幕:根本理恵/原題:R2B】
(C)2012 CJ E&M CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED

■配給:CJ Entertainment Japan


劇場版『レ・ミゼラブル』の公開初日が12/21に


映画版『レ・ミゼラブル』の公開初日が12/21(金)に変更になりました!

ですので、先行上映は実施しないそうです。
©Universal Pictures
1985年の初演以来27年間にわたり上演が続き、今なおロングラン記録を更新し続けている『レ・ミゼラブル』。

その舞台の興奮と感動を、超一級のキャストとの手によって丸ごとスクリーンに封じ込め完全映画化したもの。

舞台版をこよなく愛するファンには歓びを、まだ一度も舞台を見たことのない観客には驚きを、すべての人々に生涯忘れられない映画体験をもたらす至高の感動作だそうです。

ミュージカルナンバーには「夢やぶれて」をはじめ、「ワン・デイ・モア」、「民衆の歌」など心揺さぶる楽曲を完全網羅し、さらにオリジナル版作曲家による新曲も加わり、時代を超えて語り継がれた物語が、舞台からいよいよスクリーンに登場いたします。

いまから、楽しみ。




「英国王のスピーチ」トム・フーパー監督
「オペラ座の監督」キャメロン・マッキントッシュが
壮大なスケールで贈る、今年最高の感動!
■監督:トム・フーパー
■作:アラン・ブーブリル&クロード=ミッシェル・シェーンベルク
■原作:ヴィクトル・ユゴー
■脚本:ウィリアム・ニコルソン、アラン・ブーブリル&クロード=ミッシェル・シェーンベルク、ハーバート、クレッツマー
■作詞:ハーバート・クレッツマー
■製作:ティム・ビーヴァン、エリック・フェルナー、デブラ・ヘイワード、キャメロン・マッキントッシュ
■出演:ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド、エディ・レッドメイン、サシャ・バロン・コーエン、ヘレナ・ボナム=カーター

ワーキング・タイトル・フィルムズ製作
ユニバーサル映画提供
配給:東宝東和
公式サイト:lesmiserables-movie.jp 


***********************************************************