「ら行」カテゴリーアーカイブ

“民主の女神”周庭さんより、コメント到着!ドキュメンタリー映画『乱世備忘 僕らの雨傘運動』再上映決定!


映画情報どっとこむ ralph 香港が逃亡犯条例改正で揺れるいま、2014年香港で起きた雨傘運動を記録したドキュメンタリー映画『乱世備忘 僕らの雨傘運動』(2018年7月14日公開)の再上映が全国で続々決定しています!


6月9日(日)には香港で103万人が逃亡犯条例反対デモに参加し、10日(月)には日本記者クラブにて雨傘運動の際「学民思潮」スポークスマンとして活躍し、現在香港民主派の政治団体「香港衆志」メンバーの周庭さんが国際社会に向け会見したのも話題になりました。

香港だけでなく、13日(木)には渋谷ハチ公前広場にて抗議集会が開かれ、2000人が参加。

そして!

“民主の女神”周庭さん(香港衆志メンバー)より、コメントが届きました!

映画情報どっとこむ ralph ■周庭(アグネス・チョウ)/香港衆志メンバー
“民主の女神”こと周庭(アグネス・チョウ) 映画『乱世備忘 僕らの雨傘運動』が再上映すると聞き嬉しいです。以前、私もこの映画の上映後にSkype中継や、オーディオコメンタリー上映にも参加しました。

先週に続き昨日(6月16日)、香港では反逃亡犯条例改定で大きなデモがありました。約200万の香港人がデモに参加し、政府へ反対の意を示しました。これは正に参加者過去最多のデモであり、香港人が新しい歴史を作った瞬間でした。

日本でも多くのメディアで取り上げられて、多くの日本人が香港を応援してくれました。本当にありがとうございます。

残念ですが一人の犠牲者が出てしまい、彼のご冥福お祈りします。

最後に記者クラブで書いたメッセージで終わりにします、「香港も、日本も、本当の民主主義がありますように。」


映画情報どっとこむ ralph そして!

本作の監督・陳梓桓さんより、コメントが届きました!

■陳梓桓(チャン・ジーウン)監督/映画『乱世備忘 僕らの雨傘運動』監督
陳梓桓監督 香港情勢が不安定になっている中、映画『乱世備忘 僕らの雨傘運動』が再上映することを聞きとても嬉しいです。今回は香港の法治を破壊する、逃亡犯条例改定に反対するデモは雨傘運動後最大規模な抗議活動です。今回のデモと雨傘は大きく異なっていて、参加者は抗議のやり方で険悪になることなく、お互いの共通点を探り合うようになったと思います。今、黃之峰(ジョシュア・ウォン)など雨傘運動のリーダー格は刑務所に入れられて活動に参加できない、それでもこれ程のデモになれたことは、正に自発的な活動であると言えるでしょう。映画内に出てくるような美しい占拠区は見られないかもしれません。今の参加者は一時的な成功に酔わず、どうすれば政府に影響を当たられる決定打を知っているようです。この成長は5年間社会で黙々と働いている人たちと、最前線で警察を抵抗している若者達から賜ったものです。前回に比べて警察はより多い武力行使で当てってきています。警察社会となってしまった香港に対し、私たちは怒り、それ以上に抵抗することとなるでしょう。執筆した6月15日の午後、政府は採決を延期しました。ある意味小さな勝利を勝ち取ったが、ここ数日引き続きデモ集会があり、民意を無視する政府には決して油断はできません。ここ数週間、アメリカ・ヨーロッパ・日本などの国際社会から注目があり、政府への抑止力ともなりました。香港に関心を持っていただき感謝しています。

最後に自分の命を引き換えに条例と若者に暴動罪適用の反対をした若き義士に、ご冥福をお祈りします。

映画情報どっとこむ ralph 2019年緊急上映決定映画館

■6/17(月)、19(水)18:30回/ポレポレ坐(東京)※19日以降は調整中

※6月17日、19日ポレポレ坐上映後に陳梓桓監督が香港の現場からSkype中継にて登壇。聞き手:伯川星矢さん/「香港バリケード」執筆者。ご取材をご希望の方はご連絡ください。

※「香港雨傘運動写真展2014-2019」も開催中。

■6/19(水)~21(金)連日21:25回/出町座(京都)
■6/20(木)12:30回/ユーロスペース(東京)※1回のみの上映になります。
■6/30(日)高田映画館(新潟)※1回のみの上映になります。時間は劇場にお問合せください。
■7/6(土)~12(金)17:40回/ユジク阿佐ヶ谷(東京)
■7/13(土)~19(金)10:00回/シネ・ヌーヴォX(大阪)
■7/14(日)元町映画館(神戸)※1回のみの上映になります。時間は劇場にお問合せください。
■7/14(日)より、シネマリン(横浜)※時間は劇場にお問合せください。
■7月上旬シアターセブン(大阪)※詳細は劇場にお問合せください。

映画情報どっとこむ ralph 香港の新世代による 香港そしてアジアの未来を見つめる社会派青春群像劇ドキュメンタリー

■STORY

 僕が生まれる前、1984年に香港が1997年に中国に返還される事が決まった。2014年、香港にはいまだに民主主義はない。自分たちで香港の代表を選ぶ「真の普通選挙」を求めて若者が街を占拠した、雨傘運動。同じ「香港人」であるはずの警官たちからの浴びせられる催涙弾に皆が雨傘を手に抵抗し、僕はカメラを手にデモに向かった。そこで映画の主人公となる仲間たち、大学生のレイチェル、ラッキー、仕事が終わってからデモに駆けつけてくる建築業のユウ、授業のあと1人でデモに来た中学生のレイチェルたちに出会った。香港の街が占拠され、路上にはテント村ができ、自習室ではラッキーの英語無料教室が開かれた。テントをたて、水を運び、そして夜は一緒にマットを敷いて路上に寝る日々。討議がまとまらず言い争いになると「これが民主主義」だと、皆で笑いあう。こんな香港を見るのははじめてだった。香港に暮らす「普通」の僕たちが、「香港人」として「香港の未来」を探した79日間の記録――。 当時27歳だった陳梓桓(チャン・ジーウン)監督が仲間たちと過ごした、未来のための備忘録。

「僕たちは何かを変えたか——」

2014年は香港・雨傘運動のほか、台湾・ひまわり運動では学生たちが立法院を占拠し、日本ではSEALDsの前身となる学生団体SASPLが結成された。明確な結果が見えず運動が終わった時、彼らは自分たちがどう闘い続けていくかという問題に直面する。若者たちの軌跡を紐解く事で、私たちアジアの未来が見えてくる。

***********************************



井上真央&石井裕也監督 上海国際映画祭レッドカーペットに登場!映画版『乱反射』


映画情報どっとこむ ralph 昨年放送されたドラマ『乱反射』が、異例の映画版として上海国際映画祭にてインターナショナル・プレミア上映を行い、オープニングセレモニーのレッドカーペットに石井監督と井上真央が登壇しました。

『乱反射』は、第63回日本推理作家協会賞」を受賞した貫井徳郎氏の原作を、国内外より常に熱い視線が注がれる実力派、石井裕也監督が映像化した意欲作。主演の妻夫木聡と井上真央を中心に濃密な俳優たちが魅せる本作は、2018年9月22日(土)にテレビ朝日系列全国ネットで放映され好評を博しました。

今回、その『乱反射』が海外映画祭に招待されることとなり、華やかに映画スクリーンデビューとなりました。6/15(土)の公式上映会では、約1000人収容の会場が満員。

最新作『町田くんの世界』が絶賛公開中の石井裕也監督と井上真央がともに登壇すると、映画祭のギャラリーから喝采を浴びました。
乱反射_上海国際映画祭2019 アジアで絶大な人気を誇る井上真央さんを一目見ようと、会場の熱気は最高潮、大きな声援が飛び交いました。

井上さん:大家好(ダージャーハオ)。この作品は、たった1日、日本のテレビで放映されただけでしたが、こうして素晴らしい式典で多くの方に観て頂けて嬉しいです。

と述べました。
乱反射_上海国際映画祭2019 また、上映後の観客との質疑応答では「井上さんが上海に来てくれることを心待ちにしていました。ようやく夢がかなって今日は中国各地から井上さんのファンが集結しています。」とすると、会場からは大きな拍手が上がりました。本作では、妻夫木聡さんと初共演だったことについて司会者に聞かれ

井上さん:撮影が始まる前に、妻夫木さんと子供と一緒に、ピクニックなどして3人だけの時間を過ごしました。

と秘話を明かしました。その後の開幕式前のレッドカーペットでは、石井裕也監督と井上真央さんの他に、役所広司さんやYOSHIKIさんなど、アジア各国から華やかなゲストが登壇し、豪華な映画祭幕開けとなりました。

なお、香港でも今秋の現地公開が決定、その他にも海外からのオファーが続いており、この反響を受けて日本国内の興行も積極的に動き出す予定です。

映画情報どっとこむ ralph 映画『乱反射』

公式HP:
ranhansya/

誰も、殺したことに気づいていなかった・・・。
幸せな家庭を育む加山聡(妻夫木聡)とその妻・光恵(井上真央)。

ある日、公園の木が倒れたことによる事故で最愛の息子・翔太を亡くす。被害者であり、新聞記者でもある彼は、息子の死の真相を突き止めようとする。

社会の歯車に乗って、誰も謝罪をせず、誰もが人のせいにし、自分の責任を認めない人たちの中で、幼い息子を失った悲しみと怒りの矛先を、自分自身に向けていくことを余儀なくされていくのだった・・・。

***********************************

監督:石井裕也
脚本:成瀬活雄・石井裕也
原作:貫井徳郎「乱反射」(朝日新聞出版 / 朝日文庫)
出演:妻夫木聡 井上真央 萩原聖人 北村有起哉 光石研  三浦貴大 芹澤興人 相楽樹 筒井真理子 梅沢昌代 田山涼成 鶴見辰吾

制作協力:MMJ 制作著作:メ~テレ
宣伝:フリーストーン
スペック:2018/日本/カラー/1.78:1/5.1ch/93分
©メ~テレ2018


劇場版 仮面ライダージオウ × 騎士竜戦隊リュウソウジャー 本予告&入場者プレゼント解禁


映画情報どっとこむ ralph 平成仮面ライダーシリーズ第 20 作目にして平成最後の仮面ライダー作品。歴代の平成仮 面ライダーの力を駆使する仮面ライダージオウが大活躍する「仮面ライダージオウ」(テレビ朝日系 毎週日曜午前 9:00~)と、スー パー戦隊第 43 作目にして、強さの象徴である「恐竜」と、正しさの象徴である「騎士」をコンセプトにした新時代を切り開く「騎士 竜戦隊リュウソウジャー」(テレビ朝日系 毎週日曜午前 9:30~)の劇場版最新作『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』 『騎士竜戦隊 リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』が 7月26日(金)に全国で公開します。

この度、本作品の本予告映像を解禁!!

『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer(オーヴァー・クォーツァー)』では、消滅の危機にある仮面ライダードライブを救うた め、常磐ソウゴ/仮面ライダージオウ(奥野壮)たちが、1575年の戦国時代へ旅立ちます。そこで出会うのは、後世で「魔王」と言 われる、かの有名な織田信長(前野朋哉)。ドライブの消滅と信長には一体どんな関係があるのか…? さらに、ソウゴの前に立ちはだかるのは、DA PUMP、斉藤秀翼、パパイヤ鈴木らが演じる、歴史の管理者<クォーツァー>。

冷酷な目で見下す彼らの傍で、不敵な笑みを浮かべるウォズ(渡邊圭祐)の真意とは…! 何故、仮面ライダージオウは存在し、平成仮面ライダーの力を集めたのか?遂に訪れる“真の大魔王”誕生の瞬間。究極の力を 持つ、仮面ライダージオウ オーマフォームが見据える先にある未来とは…!時空を超えた冒険の果てに辿り着く≪仮面ライダー ジオウ 真の最終回≫、そして“平成仮面ライダー”と呼ばれ、「仮面ライダークウガ」から 20 作品続いてきたシリーズの総決算として描かれる≪平成仮面ライダー 最終章≫にご期待下さい。



『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』では、コウ/リュウソウレッド(一ノ瀬颯)たちが 6500 万年前の恐竜時代にタイムスリップ!リュウソウ族の祖先・ヴァルマ(佐野史郎)、その娘・ユノ(北原里英)に出会い、太古の 恐竜時代に隠されたリュウソウジャー誕生の秘密が明らかになります。 コウと対峙するのは、テレビシリーズにも登場したガイソーグ。彼は一体何者で、何故 6500 万年前にいるのか…?巨大マイナソ ーの出現、爆炎の中で剣を振るう映画オリジナルロボ・キシリュウジン、そして地球に迫り来る超巨大隕石!衝突を防がなければ、 恐竜も人々も、地球の未来も、全てが滅んでしまう…。絶体絶命のピンチを乗り越える為、リュウソウジャーの壮絶な戦いが始まりま す。テレビシリーズを遥かに凌駕するスケールで描かれるバトルにご期待下さい!

映画情報どっとこむ ralph さらに、入場者プレゼントも解禁となります!その名も、『 W ダブルヒーローチェンジングカードセット』!カードの絵柄は全部で 6 種類! その中から 2 枚をセットでプレゼント致します!(全国合計 70 万セット限定)
ジオウ×リュウソウジャー
※劇場により数に限りがございます。
※種類は選べません。
※カードの組み合わせはすべて同じです。
※デザインはイメージです。

映画情報どっとこむ ralph 『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』
『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』

7月26日(金) 夏休みROADSHOW!

映画公式HP :
zi-o-ryusoul.com

***********************************

劇場版「ジオウ・リュウソウジャー」製作委員会
©石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 ©2019 テレビ朝日・東映 AG・東映


吉沢悠、亡き大杉漣を語る『ライフ・オン・ザ・ロングボード2nd Wave』博多舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 2020年に開催される東京オリンピックで、初めて公式競技に採用されることが決まった「サーフィン」。

オリンピックに先駆け、美しい海が広がる種子島を舞台に、夢に挑戦することから逃げ出した一人の男が、再びサーフィンを通して自身と向き合い、人生の輝きを取り戻していく物語が誕生しました!
主人公に吉沢悠、ヒロインに「non-no」専属モデルの馬場ふみかを迎え、リタイアした元漁師役の泉谷しげるが、吉沢悠演じる光太郎にサーフィンを教わるシーンが印象的な映画です。

6月8日に、主演の吉沢悠と喜多一郎監督による舞台挨拶がT・ジョイ博多にて行なわれました!

映画『ライフ・オン・ザ・ロングボード2nd Wave』トーク&フォトセッション
日程:2019年6月8日(土)
場所T・ジョイ博多 
登壇:吉沢悠、喜多一郎監督

映画情報どっとこむ ralph 喜多監督:昨年6月11日にクランクアップだったんですよ!撮影から1年、公開から1週間経ちましたけれど、どうですか?

と聞かれ

吉沢さん:皆様から『よかったよ』と暖かい声をいただくので、ホッとしている1週間です。

と挨拶。


吉沢さんはサーフィンシーンについて聞かれ、
吉沢さん:種子島の海は、サーフィンをしている人の憧れの一つだと思うので、そういった場所で仕事を絡めてサーフィンができるという、素敵な時間を過ごさせていただきました。島の人が受け入れてくれて、間違ったポイントで波を待っていたら、『もっと奥行けよ』と教えてくださったりした。

と、島の方達の人柄にも感激した模様。

喜多監督:前作の主演の大杉漣さんは、サーフィンはできなくていい役でした。若干サーフィンシーンがあったけれど、大杉さんはキャスティングされるまでボードを触ったことがなかったそうです。代役を用意したんですが、どうしても全部自分でやりたいとのことで、途中から練習風景まで撮りだして、大杉さんも『これはドキュメンタリーだ』とおっしゃっていたんです。本作も結構そういう雰囲気はあったよね。
と吉沢さんに振ると、

吉沢さん:サーフィンシーンは、どのタイミングで波が来るかはコントロールできないので。

と同意。

喜多監督:特にドローンや水中カメラのシーンは、スタッフが近くに寄るとスタッフも映っちゃうので、本人に任せるしかなかった。

と吉沢さんの功績を讃えました。

映画情報どっとこむ ralph 吉沢さんは前作主演の大杉漣さんについて、

吉沢さん:(生前)すごくお世話になりました。大杉さんは人間模様を演じられたら、群を抜いて素晴らしい方でした。本作は、(前作の主人公から)世代を代え、若い子が、つまずいた人生を見直していくという内容だったので、芝居の部分でも緊張感はありました。

と話しました。

また、

吉沢さん:女性陣には、監督が『サーフィンがうまくなればなるほど、使うカットを増やすからな』とおっしゃっていたので、女性陣も特訓していた。

と裏話も披露。


最後に・・・

吉沢さん:これからももっともっと沢山の方に見ていただきたいので、広めていただけたら嬉しく思います。

とメッセージを伝え、舞台挨拶は終了しました。

『ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave』

全国順次公開中

公式サイト:
http://lifeonthelongboard2.com


***********************************

キャスト&スタッフ クレジット

吉沢 悠 馬場ふみか
香里奈 立石ケン 森高愛 大方斐紗子 泉谷しげる
松原奈佑 南美沙 TEE 角田信朗
勝野洋/榎木孝明(特別出演)/竹中直人

監督:喜多一郎
脚本:喜多一郎 金杉弘子
プロデューサー:半田健

制作プロダクション:オフィスアッシュ
配給:NexTone
配給協力:ティ・ジョイ

2019年/日本/カラー/112分/ビスタ/5.1ch/DCP 映倫番号 : 121930

配給:NexTone
配給協力:ティ・ジョイ

©2019『Life on the Longboard 2ndWave』製作委員会


映画『海獣の子供』石橋陽彩&渡辺歩監督登壇スペシャルトークショー


映画情報どっとこむ ralph 映画『海獣の子供』が 6 月 7 日(金)に全国公開となります。

この度、6 月 2 日(日)に本作のスペシャルトークショーを実施。
本作でジュゴンに育てられた少年“海”を演じた石橋陽彩と、渡辺歩監督が登壇!

会場のららぽーと富士見では、現在『海獣の子供』タイアップ キャンペーンを開催中。GW 期間中には「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」内の「お絵かき水族館」をジャックし、現在も『海獣の子供』展やエントランスや館内がラッピングされるなど、映画『海獣の子供』一色に染まった空間で、映画の見どころやアフレコ時のエピソードなど、濃密なトークを展開しました!


ららぽーと富士見×『海獣の子供』トークショー
日付:6月2日(日)
場所:ららぽーと富士見
登壇:石橋陽彩(海役)、渡辺歩監督

映画情報どっとこむ ralph
■キャスティングについて

渡辺監督:14 歳という年齢感を、しっかりと表現できる人がいいと思っていました。“海”の声は、自然体で、全 体を包み込むような優しさが欲しいと考えていて、『リメンバー・ミー』の石橋さんの声を聞いた時に、この人し かいない!と思いました。違うキャラクターなのに“海”として聞こえてくるんです(笑)良い意味で、不安定さ や儚さがあって、声に惚れ込みました。

■役作りについて

石橋:“海”のやわらかい感じが自分に合っているのかなと思いましたが、“海”は喜怒哀楽が豊かで、表情がコ ロコロ変わるので難しかったです。明るいところは声のトーンをあげたり、かっこいいシーンはクールに決めてみ たり、声のトーンにこだわって演じました。

■アフレコについて

石橋:ピリピリと、良い緊張感がありました。音もなくて、ほかの出演者の方の声も入っていなかったので、怖い 部分もありました。監督がブースの中にいてくださって、自分の思う“海”と監督の思う“海”がだんだん重なり 合って、一緒にキャラクターを作っていくことができました。

渡辺監督:映画全体の一発目のアフレコだったので、模索しながらの作業でした。初にブースに出たり入ったり していたのですが、邪魔になってもいけないし、横に並んで、ダイレクトに声を聞けたのも嬉しかったので、ずっ と中にいましたね。ブースに入るスタイルも石橋さんの時に確立しました。石橋さんの声が基準になってくれたの で、キャスト全体のアフレコがうまく進みました。

■日本のアニメーションと海外のアニメーションの違いは

石橋:海外のアニメーションに参加した時に感じたのは、吹き替えだったので英語のセリフの長さに日本語を合わ せていくことが難しかったです。

渡辺監督:根本的なところは一緒で、世界共通の表現方法だと思います。日本のアニメーションは非常に可能性を 秘めているので、若くして才能に恵まれた石橋さんと共にもっと海外へ進出していくべきですね(笑)

映画情報どっとこむ ralph 光を放ちながら、地球の隅々から集う海の生物たち。
巨大なザトウクジラは“ソング”を奏でながら海底へと消えていく。
<本番>に向けて、海のすべてが移動を始めた―――。

映画『海獣の子供』

6月7日(金)全国ロードショー

映画公式サイト
www.kaijunokodomo.com

映画公式twitter
@kaiju_no_kodomo


【海獣の子供】劇場ポスタービジュアル 【海獣の子供】劇場ポスタービジュアル 自分の気持ちを言葉にするのが苦手な中学生の琉花は、夏休み初日に部活でチームメイトと問題を起こしてしまう。母親と距離を置いていた彼女は、長い夏の間、学校でも家でも自らの居場所を失うことに。そんな琉花が、父が働いている水族館へと足を運び、両親との思い出の詰まった大水槽に佇んでいた時、目の前で魚たちと一緒に泳ぐ不思議な少年“海”とその兄“空”と出会う。

琉花の父は言った――「彼等は、ジュゴンに育てられたんだ。」

明るく純真無垢な“海”と何もかも見透かしたような怖さを秘めた“空”。琉花は彼らに導かれるように、それまで見たことのなかった不思議な世界に触れていく。三人の出会いをきっかけに、地球上では様々な現象が起こり始める。夜空から光り輝く流星が海へと堕ちた後、海のすべての生き物たちが日本へ移動を始めた。そして、巨大なザトウクジラまでもが現れ、“ソング”とともに海の生き物たちに「祭りの<本番>が近い」ことを伝え始める。
“海と空”が超常現象と関係していると知り、彼等を利用しようとする者。そんな二人を守る海洋学者のジムやアングラード。それぞれの思惑が交錯する人間たちは、生命の謎を解き明かすことができるのか。
“海と空”はどこから来たのか、<本番>とは何か。

これは、琉花が触れたの物語。

***********************************


原作:五十嵐大介「海獣の子供」(小学館 IKKICOMIX刊)

キャスト:
芦田愛菜 石橋陽彩 窪塚愛流 
稲垣吾郎 蒼井 優 渡辺 徹 富司純子

スタッフ:監督/渡辺 歩 音楽/久石 譲 キャラクターデザイン・総作画監督・演出/小西賢一 美術監督/木村真二  CGI監督/秋本賢一郎 色彩設計/伊東美由樹 音響監督/笠松広司 プロデューサー/田中栄子
アニメーション制作:STUDIO4℃ 
製作:「海獣の子供」製作委員会 
配給:東宝映像事業部
©2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会