「ら行」カテゴリーアーカイブ

ごメンディー!!!!関口メンディーの記録は…【127km】!!芸能界最速称号の奪還ならず


映画情報どっとこむ ralph 大ヒット映画『HiGH&LOW』シリーズの製作陣が再び集結し、世に送り出すのは「王子」。圧倒的なルックスを誇る個性豊かな王子たちが、「伝説の王子」を目指しかつてないバトルを繰り広げるこの物語は、映画の枠組みに留まらず、【TVドラマ】【LIVE】【ゲーム】と、あらゆるメディアと連動する究極のプロジェクト「プリンスバトルプロジェクト」として大きな注目を集めています。そのプロジェクトの柱であるTVドラマ「PRINCE OF LEGEND」は、2018年10月期に日本テレビ系で放送。そして、そのクライマックスが描かれる映画『PRINCE OF LEGEND』は、3月21日(木・祝)より公開となります。

そして3月18日(月)、映画『PRINCE OF LEGEND』に出演する関口メンディーが「読売ジャイアンツ×マリナーズ戦」の始球式に挑みました!さらに関口以外の13人の王子も応援に駆け付け、芸能人最速記録に挑戦する関口の投球をマウンド上で応援しました!


投球:関口メンディー(28)【ガブリエル笹塚】

その他参加者:片寄涼太(24)【朱雀奏】・飯島寛騎(22)【鏑木元】・塩野瑛久(24)【久遠誠一郎】鈴木伸之(26)【京極尊人】・川村壱馬(22)【京極竜】佐野玲於(23)【綾小路葵】吉野北人(22)【天堂光輝】・藤原樹(21)【日浦海司】・長谷川慎(20)【小田島陸】町田啓太(28)【結城理一】清原翔(26)【嵯峨沢ハル】・遠藤史也(23)【翔】・こだまたいち(28)【TAICHI】<計14名>

映画情報どっとこむ ralph 関口さんが登場するやいなや球場は大歓声に包まれ、関口に続いて王子たちが入場すると会場のボルテージは最高潮に!

関口さんが始球式に登板するのは、2018年6月5日の巨人対楽天戦に続き2度目(その際の記録は【133km】)。シアトル・マリナーズの猛者たち、そして原監督が指揮する新制巨人軍が見守る中の投球!

今回の記録は…【127km】!!!

自己記録更新とはならなかったものの、関口さんの勇姿に王子たちは大感激!

映画情報どっとこむ ralph
始球式後の取材で関口は、「あまり悔しくはない。」と吐露。ブルペンでは読売巨人軍の菅野智之投手にアドバイスをもらったそうで、

関口さん:メジャーのチームがいるということで、会場の雰囲気がいつもとは全然違う空気感のなか、そのマウンドに立てたことが、本当にありがたかったです。ただマウンドに上がる前に、原監督から「135kmいけるか?」と声をかけていただいて、嬉しくて「140いきます!」と答えたのですが、それでさらに緊張してしまって…。
関口さん:さらにアップ時に菅野投手にアドバイスをいただいたら、それを意識して狙いすぎてしまったりもして…。

と、反省ポイントも明かしました。

とにかく今回は、前回の始球式とは空気感がちがったといい、またマウンドで見守った

片寄さん:前回、僕は外から見ているだけだったのですが、今回はマウンドに立って間近でメンディーさんの勇姿を見ることができて、うれしかったです!

とコメント。

鈴木さん:メンディーさんの背中がいつもの15倍以上大きく見えました!!

と激励し、

佐野さん:マウンドに向かう前に原監督とメンディーくんが会話をしていて、その会話が選手のようだった。

と頼もしい姿をみせた関口を労いました。さらに大学で同級生だった

町田さん:同級生の時はまさか、メンディーが始球式に登板して、その横で自分が応援するという絵は、思い浮かびもしませんでした。本当に誇らしいです。

とコメント。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・

関口さん:140kmに挑戦したい!

と次回への決意を述べたうえで、今回の結果に対し、

関口さん:ごメンディー!!!!

と叫び、始球式を締めくくりました。


『PRINCE OF LEGEND』
公開日:2019年3月21日(木・祝)全国ロードショー  

映画ストーリー
セレブ中のセレブが集う名門・聖ブリリアント学園にて、3年に一度開催される「伝説の王子選手権」。
この選手権で優勝した者ただ一人だけが、「伝説の王子」として認められる。
そして今、「三代目伝説の王子」の座を巡り、14人の王子たちがここに集結!

「伝説の王子になった人と、お付き合いしようかな―。」
王子たちの憧れの存在である果音のこの一言がきっかけとなり、
かつてない王子たちの聖戦(プリンスバトル)の火ぶたが切って落とされる!!
果たして、「伝説の王子」の座を射止める者は誰か―?

***********************************


キャスト
【チーム奏】片寄涼太・飯島寛騎・塩野瑛久 【チーム京極兄弟】鈴木伸之・川村壱馬
【チーム生徒会】佐野玲於・関口メンディー 【チームネクスト】吉野北人 藤原樹 長谷川慎
【チーム先生】町田啓太 【チーム3B】清原翔 遠藤史也 こだまたいち
【チーム理事長】加藤諒 大和孔太   白石聖
監督:守屋健太郎
脚本:松田裕子
音楽:中野雄太
主題歌:Piece of me/m-flo
公式サイト:prince-of-legend.jp
©2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会


「伊原六花を守ったクッキー」とは?『明治東亰恋伽』ドラマ完成披露イベント


映画情報どっとこむ ralph 明治時代にタイムスリップしたヒロインが歴史上の偉人たちと出会う人気恋愛ゲームを完全実写化。
伊原六花さんの初主演作品であるドラマ&映画『明治東亰恋伽』のドラマシリーズが遂に完成しました!

これを記念して、4月から放送配信に先駆けてドラマ第1話先行上映&完成披露イベントが行われ、主演:伊原六花さん、共演の小林豊さんほか明治好男子の岩永徹也さん、松島庄汰さん、とまんさん、山崎大輝さん、髙橋真佳把さん、久保田悠来さん、さらにドラマ映画の副島宏司監督が登壇しました。 イベントでは小林 豊さんの誕生日を祝うサプライズや映画の公開日が発表になりました。

『明治東亰恋伽』ドラマ完成披露イベント
日程:3月18日(月)
場所:ユナイテッド・シネマ豊洲
登壇:伊原六花、小林 豊、岩永徹也、松島庄汰、とまん、山崎大輝、髙橋真佳把、久保田悠来、副島宏司監督
ビデオゲスト:宮崎秋人

映画情報どっとこむ ralph 大歓声の中、登場した紅一点の伊原さんと彼女を囲む男性キャスト陣が登場。

伊原さん:いよいよこの日が来たのかと実感しています。この1か月、初めてのことが多くて、不安もいっぱいあったけど、キャストのみなさんや監督、スタッフのみなさんに支えられて、みなさんと一緒に駆け抜けた毎日でした。

映画情報どっとこむ ralph 見どころを聞かれ

伊原六花(綾月芽衣役)さん:
見どころは全部です!原作の魅力がギュッと詰まっているところです!

小林 豊(チャーリー役):
アイ ラブ! (観客:ユー ラブ!) ゆーちゃむでーす!
と、お約束。
小林さん:画(え)がキラキラしていて、画の力だけでも楽しんでもらえると思います!

久保田悠来(藤田五郎役):
僕の帽子のオンオフ。

岩永徹也(小泉八雲役):
妖怪。。。物の怪が沢山出てくるんですが、それが凄くかわいいところですね。

松島庄汰(岩崎桃介役):
明治村が凄く綺麗でした!
とのコメントに「修学旅行か!」とツッコミ

とまん(泉 鏡花役):
見どころ・・・物の怪のCGがいい感じで仕上がってるらしいです!

と語ると、周囲から「見てねーのかよ!」と総ツッコミ。さらに小林さんから、この日のキャビンアテンダント風(?)の服装について

小林さん:フライトがあったから見れなかったんだよね?海外行ってたんだよね!

とフォロー&イジリが入り、会場は再び笑いに包まれた。

山崎大輝(川上音二郎役):
(早口で)ちらっと観たんですけど、わかりにくい用語も説明が入りますので凄く見やすいです!うん。

髙橋真佳把(菱田春草役)
ドキッとするシーンがあるので、そこを見てほしいです!
とアピールすると、すかさず小林さんや周囲から「いま、ドキッとしたわ!」「カワイイ!」との声が飛んでいた。

副島宏司監督:時代劇ですが、肩ひじ張った感じが一切なく、楽しく見てもらえると思います。

とのコメント。

映画情報どっとこむ ralph 伊原さんは、愛知県犬山市の「明治村」での撮影について

伊原さん:とにかく食べ物がおいしかったです。コロッケ、カレーパン、クッキー。。。
と振り返り、撮影中、元パティシエの小林さんと意外な?久保田さんがクッキーを作って伊原さんに届けてくれたことがあったそうで、

伊原さん:どちらも、味はおいしかったです!でも、久保田さんのは、すぐに割れたけど(笑)・・・。
というと、

小林さん:伊原さんの身代わりで、割れたんだよ!これニュース記事は「伊原六花を守ったクッキー」で

と、フォロー。

久保田さん:お守り的な。ミサンガクッキーです。
と、自分でフォロー。

映画情報どっとこむ ralph 撮影の思い出について、劇中、小林さんが伊原さんをお姫様抱っこするシーンに触れ

小林さん:全然、持ち上がらず…結局、スタッフさん3人くらいに支えられて持ち上げたんですが、(伊原さんから)『私が重いみたいじゃないですか!』って言われまして…。その節は、申し訳ございません!
と伊原さんに対してひたすら謝罪!

伊原さん:結構、傷つきました(笑)

と漏らすと、

小林さん:僕が非力なだけです!

と釈明していました。 続いて、

岩永さん:伊原さんがオールアップした時にお手紙をくれて、感動しました。(MC:どんなことが書かれていたの?)それは自分だけの思い出にしたいので。
と男前な発言で会場をわかせると、

伊原さん:うれしいー!

との、声に周りの男子たちは、やられた感満載!

松島さん:尊敬している久保田さんは、僕がセリフを忘れちゃったときに『緊張してるのか?』と久保田さんが笑いを取って下さったんですけど、その次のシーンで久保田さんがセリフを噛んでしまって…(笑)
と暴露。

とまんさん:撮影期間は山崎くんと同じシーンが多かったので毎日一緒にいたんですけど、初日から早送りでいい意味でうるさかった。盛り上げてくれていたのが良かったです。
と言われた山崎さんの首にもスカーフが。仲良しのご様子。

撮影期間中に誕生日を迎えた山崎さんは

山崎さん:撮影が終わるのが遅かったんですが、悠来さんがドライブに誘ってくれて、犬山城を三カ所から見るツアーをしてくれました。
と先輩の優しい一面を明かした。

髙橋さん:初めての撮影で緊張しましたが、楽しい方たちがいっぱいいてリラックスしました。

副島監督:変顔するシーンがあるんですが、六花ちゃんの顔の変わりようは、同一人物に見えないです!お楽しみに!
と語った。

映画情報どっとこむ ralph また、この日は、残念ながら会場に来ることができなかった、森鴎外役の宮崎秋人さんからは、動画メッセージが届き、大スクリーンに投影!

宮崎さん:現場の空気感を作ってもらったり、お芝居でもぐいぐい引っ張ってもらいました!

と絶賛。
ですが、肝心の動画がなぜか宮崎さんの自撮り!これには伊原さんも感謝を口にしつつ

伊原さん:自撮りで(しかも宮崎さんの服装が)パジャマみたいな恰好で・・・そこに全部持って行かれた感じがします(笑)。

との感想。
映画情報どっとこむ ralph さらに、この日の翌日に30歳の誕生日を迎える小林さんのために完全サプライズでケーキが登場!仲間からのハッピーバースデーの唄を歌ってもらうと。

小林さん:普段は年を取るって、そんなたいそうなことと思ってないですけど、今年は30歳になるので本当に大人の階段の第一歩かなと思う年で。20代の最後の仕事を、笑顔あふれるキャスト、ファン、スタッフのみなさんと迎えられたことが嬉しいです。

と満面の笑みで喜びを口にしていた。


ドラマ放送後の映画の公開日が6月21日(金)に決定したことも発表され、アニメジャパンでの特典付きのアニメとのコラボ前売り券の情報も明らかに。さらに4月6日の明治村コラボイベントのチケットも販売スタートも伝えられた。

最後に・・・・

伊原さん:原作の世界観を大事にしました。魅力の詰まった作品になっていると思います!
とイベントを締めました。



ドラマ「明治東亰恋伽」はtvkほか全国8局にて4月より放送&U-NEXTにて独占配信。

映画『明治東亰恋伽』は、6月21日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開です。


公式サイト:
movie-meikoi .com
公式ツイッター:
@MovieMeikoi

ドラマストーリー

偉人たちが女子高生に恋をする!?

ごく普通の女子高生である主人公・綾月芽衣(伊原六花)は、赤い満月の夜に出会った自称・奇術師、チャーリー(小林 豊)の手によって明治時代へとタイムスリップ。そこは物の怪の存在が認められている、少し不思議な明治時代の”東亰”。

チャーリーの導きにより、たどり着いたのは鹿鳴館。パーティーに忍び込んだ芽衣を待ちうけていたのは、森鴎外(宮崎秋人)をはじめ、菱田春草(髙橋真佳把)、川上音二郎(山崎大輝)、泉鏡花(とまん)、藤田五郎(久保田悠来)、小泉八雲(岩永徹也)といった歴史上の人物達。彼らとの出会いでタイムスリップした事実を認めざるをえない芽衣。パーティーの途中にチャーリーとはぐれてしまい、時代に合わない姿を藤田五郎に問い詰められているところを森鴎外に助けられる。行くあてのない芽衣は彼の自宅へ向かうことに。その夜、芽衣のもとにチャーリーが訪れ、現代に戻れるのは一ヶ月後の満月の夜であると告げられる。

少し不思議な明治時代の”東亰”で戸惑いながら、鹿鳴館で出会った明治の好男子たちとの再会により、自分が明治時代で珍重される「魂依(たまより)」という、物の怪の姿を視ることができる能力があることに気付く。現代とは違い、ありのままの自分で生きられる明治という時代に惹かれてゆく。果たして芽衣は元の時代に戻れるのか、それとも…。時空を越えた恋物語が今、幕が上がる!


***********************************


伊原六花 小林 豊

宮崎秋人 岩永徹也 松島庄汰 とまん 山崎大輝 髙橋真佳把

久保田悠来

原作:「明治東亰恋伽」MAGES./LOVE&ART
脚本:おかざきさとこ
監督:副島 宏司

主題歌:「一夜ノ永遠二君想フ」 KENN

特別協力:博物館 明治村
宣伝:ツインピークス キャンター
制作プロダクション:キャンター
製作:ドラマ/映画「明治東亰恋伽」製作委員会

© MAGES./LOVE&ART ©ドラマ/映画「明治東亰恋伽」製作委員会


『貞子』:『リング』『リング2』佐藤仁美が同役で20年ぶりにシリーズ登場!


映画情報どっとこむ ralph 見ると1週間後に呪い殺されるという「呪いのビデオ」の恐怖を描いた鈴木光司のホラー小説を原作に、中田秀夫監督が映画化した『リング』(98)。ビデオテープを介して呪いが拡散されていくという衝撃的な設定は全観客を震撼させ、のちに続くJホラーブームの火付け役となった。さらに、長い黒髪に白いワンピースをまとい井戸やテレビから這い出る“貞子”の姿は「日本で最も有名な怨霊」として全世代に圧倒的な知名度を誇る存在となりました。

それから20年―、時代の変化と共に恐怖の形状を変えながら、常に日本のホラー映画界を牽引してきた『リング』シリーズ最新作『貞子』が、若手実力派女優として躍進著しい池田エライザをヒロインに迎え、中田秀夫監督率いる伝説のオリジナルチームの手で新たに映画化!5月24日に全国公開となります。

映画情報どっとこむ ralph この度、新規キャストの出演情報が解禁!

初代『リング』(98)で貞子と遭遇しながらも奇跡的に生き残る女子高校生・倉橋雅美役を演じた佐藤仁美が、『リング』(98)『リング2』(99)以来20年ぶりに同役でシリーズに再登場することが発表となった。

『リング』(98)で“呪いのビデオ”の最初の犠牲者となった大石智子(竹内結子)の死に際を目撃し、貞子の呪いを目の当たりにしてしまった女子高校生・倉橋雅美。

『リング2』(99)ではそのトラウマから精神病院に入院している姿が描かれ、雅美の体内には貞子の怨念を宿っているということが発覚する。
今回、『リング』(98)『リング2』(99)の中田秀夫監督がメガホンを握ったシリーズ最新作『貞子』では、主人公の秋川茉優(池田エライザ)が勤める精神病院の患者で、茉優に異常な執心を燃やす女性として登場。

中田秀夫監督が“天性の演技力”と絶賛するとおり、佐藤仁美が貞子の呪いの生き証人を圧倒的な迫力で演じきっている。その実力について中田監督は「日常的な自然な演技とホラーならではテンションマックスのお芝居の双方を見事に演じきっていただきました」とコメント。

一方、佐藤も「(中田監督は)全然ブレてなくて、あの時のままでした(笑)ずっと喋ってる(笑)」と証言。相思相愛の信頼関係に期待が高まる。


呪い底から這い上がった生存者が、再び貞子の呪いと出会った時、一体何が起きるのか―!?女優・佐藤仁美の圧巻の演技とともに、ぜひスクリーンで目撃して欲しい。

さらに、戦慄の場面写真も一挙解禁。
茉優の弟で、心霊動画を撮影しその動画を配信する和真(清水尋也)、
茉優と薄暗い洞窟の入り口で怪訝な表情を浮かべる祐介(塚本高史)、
不気味な人形を抱える謎の少女(姫嶋ひめか)、
茉優の職場の精神科医である藤井(桐山漣)、
今にも火を灯そうとマッチを手に無機質な表情で佇む祖父江初子(ともさかりえ)、
佐藤仁美演じる雅美の登場も解禁され、
『リング』で日本中を恐怖のどん底に落とした貞子の呪いが、今再び迫りくる恐怖を予感させる。

映画情報どっとこむ ralph 『貞子』

映画公式サイト:
sadako-movie.jp

貞子公式Twitter:
@sadako3d


あらすじ
病院で心理カウンセラーとして働く茉優(池田エライザ)は、警察によって保護されたひとりの少女を担当する。一切の記憶をなくし、自分の名前すら言えない少女と向き合う茉優だったが、次第に彼女のまわりで奇妙な出来事が起こり始めるー。一方、WEBマーケティング会社に勤める祐介(塚本高史)の薦めでYouTuberとなった、茉優の弟・和真(清水尋也)は再生回数の獲得に焦るあまり、心霊動画を撮ろうと、死者5人を出したある団地の火事跡に忍び込むが…

***********************************


池田エライザ 塚本高史 清水尋也 姫嶋ひめか 桐山漣 ともさかりえ 佐藤仁美
原作:鈴木光司「タイド」(角川ホラー文庫刊)
監督:中田秀夫
脚本:杉原憲明
配給:KADOKAWA
©2019「貞子」製作委員会   


桜田通ら登壇 映画『ラ』完成披露上映会舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 4月5日公開映画『ラ』の完成披露上映会舞台挨拶が、ホワイトデーの本日3月14日、新宿武蔵野館にて実施されました。


主演の桜田通をはじめ、福田麻由子、笠松将、ダンカンといった豪華キャストが集結し、メガホンをとった高橋朋広監督も華を添えました。

完成披露上映会 舞台挨拶
日程:3月14日(木)
場所:新宿武蔵野館
登壇:桜田通、福田麻由子、笠松将、ダンカン、高橋朋広監督

映画情報どっとこむ ralph 解散したバンドの再結成を軸に、波乱の衝撃的展開が待ち受ける映画『ラ』(4月5日公開)の完成披露試写会が14日都内で行われ、主演の桜田通さん、共演の福田麻由子さん、笠松将さん、ダンカンさん、そして高橋朋広監督が参加した。

劇中バンド「LACTIC ACID」の元ボーカル・慎平役の桜田さんは

桜田さん:自分自身挑戦しなければいけない役で、軽い気持ちでは受けられないと思った。高橋監督とプロデューサーの作品に賭ける熱い気持ちを聞いて、こんな熱い人たちと試練の多そうな役を演じることができるんだと楽しみだった。

とオファー回想。

“あるもの”と引き換えに慎平にお金をバックアップする恋人・ゆかり役の福田さんは

福田さん:パンチの強い役で自分に務まるのか不安があったけれど、挑戦し甲斐のある役。自分の価値観を根本から変えなければとリサーチして臨みました。

と熱演を報告。

元バンドメンバー・黒やん役の笠松さんは

笠松さん:役名からしてちょい役なのかと思ったら、物語のキーになる役で喜んだ。

と打ち明けた。

タクシー運転手役のダンカンは、

ダンカンさん:フレディ・マーキュリーの音楽映画だと思ったけれど、タクシー運転手役でした。でも高橋監督が味わい深いシーンを作ってくれて、真剣に取り組みました。

と真面目演技を予告した。


商業映画監督デビューの高橋監督は

高橋さん:タイトルの『ラ』には始まりというニュアンスが入っている。赤ちゃんの産声がラの音と知って、言葉にできない何かがその“ラ”に含まれており、生まれた後の人生に何らかの意味があるのではないかと考えたのがきっかけ。

と企画の出発点を明かした。

本格的共演の笠松との友人役という設定に

桜田さん:“初めまして”で仲のいい役を演じるのはよくあることだけれど、リハーサル期間で友人として楽しい日や喧嘩した日を疑似体験して、作品の世界に飛び込むことができた。それがあったからこそ、“はじめまして”では出来なかった芝居が生まれた。

と手応え十分。これに

高橋監督:事前のリハをみっちりやり、台本にない部分などを丁寧に積み重ねていった。

と熱の入った準備期間が吉と出たようだった。


またホワイトデーにちなんで「頭が真っ白になったことを」を聞かれたキャスト一同。それぞれが首をかしげる中で

福田さん:携帯電話を家のトイレに流してしまったことがある。クルクルと流れていくときに手を入れようか迷ったけれど…『明日仕事がないからいいか!』ととりませんでした。

と照れ笑い。それに笠松さんは驚きつつ

笠松さん:今も地下のどこかにあるのかな?

と素朴な疑問を口にしていた。

映画情報どっとこむ ralph 一方、新しく始めたことを聞かれた

桜田さん:2週間くらい前に立ち上げたオフィシャルサイト。そこには実は秘密のページがあります。でもまだ誰も気づいていないみたいなので、この場を借りて告知します。

とサプライズ発表となった。

ダンカンさん:自分にとって初めての音はカチンコ。いまだに新鮮な音として聞こえる。

と撮影現場が愛おしそうで、

ダンカンさん:この映画の撮影現場は、みんなで色々な意見を言い合ってセッションしているような感じだった。桜田さんや福田さんのシーンをはたから見ていて羨ましかった。

と撮影を思い返していた。

劇中でオリジナルソング「鼓動」をバンドのボーカルギターとして演奏している

桜田さん:ライブシーンは、僕らがバンドとしてライブをやっている時間をカメラがとらえていて、それが結果的に映画になったような印象。僕らは必死に練習しました。

と見どころとして挙げて、ベース担当の笠松さんには

笠松さん:初めてとは思えないくらいベースが凄い。この熱と勢いが作品に乗っていたら嬉しい。

と絶賛。全国公開に向けては

笠松さん:演技に心から向き合ってみんなで作り上げた作品。ただ面白かったエンタメ作品として過ぎ去るのではなく、一人でも多くの人に届けたい。一人一人がこだわって作ったので『この映画ヤバイ!』と思ってもらえたら嬉しい。

と熱弁した。

映画情報どっとこむ ralph
映画『ラ』

は4月5日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開です。

「ねえ、もっかいバンドやろうよ」

1年前、ある出来事を機に解散してしまった音楽バンド「LACTIC ACID」。
ボーカルだった主人公・慎平(桜田通)はバンド再結成を夢見て、恋人・ゆかり(福田麻由子)から“あるもの”と引き換えに、お金をバックアップしてもらっている。

音信不通だった元バンドメンバーで元親友の黒やん(笠松将)を誘い再結成の夢が動き出し、失われた友情も取り戻していく。だがすっかり変わってしまった黒やんに、慎平は振り回され始める。同じ頃、ゆかりとの関係にも変化が訪れ・・・。

若き3人の男女がぶつかり合い苦悩し、人生の転調を繰り返しながら辿り着く現実とは?


***********************************

桜田 通
福田麻由子 笠松 将
清水尚弥 キンタカオ 連下浩隆 ヒカルヤマモト 十枝梨菜 一色絢巳 古沢一郎 小野和子
佐津川愛美 ダンカン / 西田尚美

監督・脚本・編集|高橋朋広
音楽|クボナオキ
エンディング|SILENT SIREN「REBORN」(EMI Records/ UNIVERSAL MUSIC)
配給|アークエンタテインメント 宣伝|MUSA
2018年/日本語/カラー/120分
©2018 映画『ラ』製作委員会


2019年夏の『劇場版ジオウ×リュウソウジャー』ティザービジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph 毎年好評を博している夏の恒例 2 本立て映画、『劇場版 仮面ライダー/スーパー戦隊』シリーズ。

平成仮面ライダーシリーズ第 20 作目にして平成最後の仮面ライダー作品。歴代の平成仮面ライダーの力を 駆使する仮面ライダージオウが大活躍し、過去・現在・未来と時間移動を繰り返す先の読めないストーリー展 開で話題沸騰中の『仮面ライダージオウ』(テレビ朝日系 毎週日曜午前 9:00~)と、スーパー戦隊第 43 作目にして強さの象徴である「恐竜」と、正しさの象徴である「騎士」をコンセプトにした新時代を切り開く 『騎士竜戦隊リュウソウジャー』(テレビ朝日系 毎週日曜午前 9:30~ 3/17 より放映開始)の劇場版 最新作が、新元号をむかえての最初の「仮面ライダー/スーパー戦隊」映画として7月26日(金)に2作同時に全国で公開となります!

この度、「仮面ライダージオウ」と「騎士竜戦隊リュウソウジャー」、両映画のティザービジュアルが解禁となりました!また3月15 日(金)よりティザービジュアル入りぬりえチラシの配布も開始します。

映画情報どっとこむ ralph ティザービジュアルでは、「時の王×竜の騎士」と銘打たれ、「時の王」である仮面ライダージオウがそ の武器であるジカンギレードを携え、また「竜の騎士」であるリュウソウレッドが自身の武器であるリュウソウケ ンを構える迫力のビジュアルに仕上がりました!

また、「王」と「騎士」という言葉から表現された「この夏、遥かなるヒーロー王国 キングダム へ。」と記された言葉は、新元号最初の夏に、この 2 大ヒーローが想像をはるかに 超える物語、そして活躍を見せつけてくれることが予想されます。

またらせん状に渦巻いた背景から、仮面ライダージオウと騎士竜戦隊リュウソウジャーがそれぞれ時を超える冒険を繰り広げることを想起させ、壮大な 物語が映画の中で展開されることが想像されます。
映画情報どっとこむ ralph ぬりえチラシでも仮面ライダージオウとリュウソウレッド、2 大ヒーローがそれぞれ勇ましくポーズを決めて登 場!ジオウとリュウソウレッド自身はもちろんのこと、ジカンギレードやリュウソウケン、そしてジオウが変身の際 に使用するジクウドライバーやライドウォッチ、リュウソウジャーが変身する際に使用する、リュウソウルなどのアイテムも細部まで丁寧につくられたぬりえは書き応え満点!

「きれいにぬってヒーロー王国 キングダム 完成!!」

という言 葉が示す通り、ぬりえで映画公開より一足先に、夏映画の壮大な舞台で活躍する2大ヒーローの雄姿を感じる ことができます! この夏は「仮面ライダージオウ」、「騎士竜戦隊リュウソウジャー」、時の王と、竜の騎士。2 人のヒーローが織り なす「ヒーロー王国 キングダム 」に駆けつけろ!!
ぬりえチラシ 3月15日(金)より全国の劇場などで順次配布予定。

映画情報どっとこむ ralph 『劇場版 仮面ライダージオウ』(仮)
『劇場版 騎士竜戦隊リュウソウジャー』(仮)

7月26日(金) ROADSHOW

映画公式HP:
zi-o-ryusoul.com

***********************************

劇場版「ジオウ・リュウソウジャー」製作委員会
©石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 ©2019 テレビ朝日・東映 AG・東映