「ら行」カテゴリーアーカイブ

ジャック・ブラック、ケイト・ブランシェットら登場!『ルイスと不思議の時計』LAプレミア


映画情報どっとこむ ralph スティーブン・スピルバーグのアンブリン・エンターテインメントが提供を務め、“ハリー・ポッターの原点”ともいわれる、ジョン・ベレアーズ著書<ルイスと魔法使い協会>シリーズ『The House with a Clock in Its Walls』が、この度、『ルイスと不思議の時計』として、10月12日(金)に全国公開!9月21日の全米公開を目前に控える中、現地時間9月16日(日)に『ルイスと不思議の時計』のLAプレミアが遂に開催されました!

開催時間:9月16日(日)午前10:00頃 (現地時間) 
会場:米ロサンゼルス、TCL チャイニーズシアター
出席者:ジャック・ブラック、ケイト・ブランシェット、オーウェン・ヴァカーロ、カイル・マクラクラン、イーライ・ロス監督 他

映画情報どっとこむ ralph 会場は、ハリウッドのランドマーク的存在TCL チャイニーズシアター。
世界中から駆け付けたメディアや熱狂的な映画ファンたちで賑わいを見せ。本作のテーマにもある「魔法の世界」になぞらえ、映画のイメージカラーであるパープルのカーペットが引かれており、上映会場前には本編に登場する魔法の館を再現したゲートが作られ、その周りをたくさんのジャック・オー・ランタンが囲んでいる。まるで映画の中に入り込んだような雰囲気の中いよいよLAプレミアが開幕!

まず初めに姿を見せたのは、交通事故で両親を亡くしジョナサンおじさんと魔法の家に住むことになった少年:ルイスを演じた天才子役オーウェン・ヴァカーロ。

今回ジャック・ブラック、ケイト・ブランシェットら大御所俳優たちと共演したことについて
ヴァカーロさん:ジャックやケイトと共演できてとてもすばらしかったよ!!とっても楽しかった!!

と未来のスターは、名俳優たちに囲まれ感激の様子であった。また“もしも魔法が使えたら…”との問いに

ヴァカーロさん:テレキネシス(念力)を使いたい!

と無邪気な夢を語ってくれた。そのルイスたちを脅かす黒魔術を使う危険な魔法使いのアイザック役を演じたカイル・マクラクランも登場。

マクラクランさん:この映画では、今まで演じた中で一番老いぼれた姿の僕が観られるよ。すごい特殊メイクをしているからきっと僕に気づかないとおもうけどね(笑)

と、自身もそのビジュアルに自信満々の様子で、蘇る死者:アイザックを怪演した感想を述べた。


映画情報どっとこむ ralph そして、アカデミー賞®で主演/助演女優賞ともに受賞経験があり、先日の「#MeToo」運動でも話題となった第71回カンヌ国際映画祭の審査委員長を務めたことも記憶に新しい、マルチな活躍を見せる大物女優ケイト・ブランシェットの登場で会場の雰囲気はさらに華やかに!
四方から呼びかけられる声援に笑顔で答えるケイトさんは、ギンガムチェックのセットアップに身を包みその威厳たるや本編で演じた一流魔法使いツィマーマンにも引けを取らない貫禄っぷりでパープルカーペットを進んでいく!

続いて登場したのは、ゴールデングローブ最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル)を2度受賞しているベテランコメディ俳優、本作の主役:ポンコツ魔法使いジョナサンを演じたジャック・ブラックさん!

本編の姿とは一変、髭もじゃのワイルドないでたちで、カメラの前に登場するなり

ブラックさん:ハーイ!日本のファンの皆様!ドウモアリガトウ。ゴザイマス!1、2、3、4、5、6、7、8、9、10!これが僕の(知っている日本語の)すべて!

と、日本へ向け、お茶目なリップサービスを披露!


今回演じたキャラクターは、ポンコツの三流魔法使いの役。そのことについて問いかけるも

ブラックさん:What’s up TOKYO!!!! 最初に言わせて。日本食大好き!世界一だよ、僕が思うにね!

と日本愛があふれ出てしまう様子のジャック。

ブラックさん:映画を観に来てね!魔法もたくさんで、怖いところもあるし、とっても面白いよ!

と本題に戻り、映画の見どころもしっかり語ってくれた。またインタビュー最後には

「日本語、もっと喋りたい。もっと勉強すればよかった…。

と、終始テンションの高い日本愛を見せてくれた。

映画情報どっとこむ ralph 次に、本作のプロデューサーであるエリック・クリプキが登場。

クリプキP:『ハリー・ポッター』シリーズは独自のイギリス的な物語になっていて、寄宿舎の様子や階級制、全てがイギリス的。一方、本作は、当時のアメリカの様子が垣間見れるんだ。誰もが魔術師になれたり、まっすぐで勤勉な人たちが多く、すごくアメリカ的。

と、原作の視点から本作を解説してくれた。また、この映画にイーライ・ロス監督を起用した理由について

クリプキP:この映画は“子供向けの怖さ”を出して、ファンタジーよりもアドベンチャーよりも、怖い映画に子供を連れて行けるようにしたんだ。ユーモアや感情的な部分も出したいけど、きちんと子供達を怖がらせること。その点で、イーライ監督は適任だったよ。

と監督の起用は間違いなかったと、本作への自信も垣間見えるコメントを残した。


そんな絶大な信頼を得る鬼才:イーライ・ロス監督は本作を撮影するにあたり

イーライ・ロス監督本作は、日本の三池崇史監督の『オーディション』や『妖怪大戦争』などの映画にとてもインスパイアされています。特に『妖怪大戦争』みたいに変なものがたくさん出てくる感じが大好きだから、影響を受けているよ!

とジャック・ブラック同様(?)、日本カルチャーから受けた刺激が本作に生かされていると話してくれた。『ルイスと不思議の時計』LAプレミアは、豪華俳優人たちの登場に大盛況の中幕を閉じた。


『ルイスと不思議の時計』!!
10月12日(金)全国ロードショー

公式HP:lewis-movie.jp
公式Twitter:#ルイスと不思議の時計

【STORY】
ポンコツ魔法使い×エリート魔女×ひとりぼっちの少年
魔法の時計が鳴る前に、時計の謎を解いて、世界を救え!
両親を亡くした少年ルイスは、叔父であるジョナサン(ジャック・ブラック)の古い屋敷に住むことになるが、なんと、おじさんは、二流のポンコツだが、不思議な力を使える魔法使いだった。そして、隣に住むきれいで優しいツィマーマン(ケイト・ブランシェット)も魔女。ただし、こちらは一流。ルイスはそんな二人と時計がいっぱいの屋敷で不思議な暮らしを始める−。ある日、屋敷に世界を破滅へと導く“時計”が隠されていることを知ったルイス。果たして、二人の魔法使いと “時計”を探し出して謎を解き、世界を救うことができるのか!?

***********************************

出演:ジャック・ブラック、ケイト・ブランシェット、オーウェン・ヴァカーロ、カイル・マクラクラン 他

監督:イーライ・ロス  
提供:アンブリン・エンターテインメント  
原作:ジョン・ベレアーズ「ルイスと不思議の時計」(静山社)
原題:The House with a Clock in Its Walls  

全米公開:9月21日 
日本公開日:
配給:東宝東和 

(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC


『リトル・フォレスト 春夏秋冬』美しい特別な四季が映し出される特報映像到着


映画情報どっとこむ ralph 大自然に囲まれた小さな集落で暮らす一人の女性の姿を描いた“読んで美味しい”大人気漫画・五十嵐大介先生の「リトル・フォレスト」が、ついに海を越え韓国でも映画化!(日本では2014年に橋本愛さんで映画化)

この度、『リトル・フォレスト 春夏秋冬』 という邦題で、2019年初夏、シネマート新宿ほか、全国ロードショーとなります。

本作は、恋愛、就職と何一つ思い通りにいかない主人公ヘウォン(キム・テリ)が、何もかもを後にして故郷に帰り、幼馴染のジェハ(リュ・ジュンヨル)、ウンスク(チン・ギジュ)と共に、春夏秋冬・特別な四季を送り、新たな自分の生き方を探していくストーリー。厳しい現実に疲れ、イライラする都会の生活をしばらく離れて故郷に戻り、幼馴染と再会し、四季の美しい風景の中で旬の食材を使って料理を作り、農業をするなど丁寧な暮らしを心から楽しむ主人公の姿は、同じく日常に疲れているであろう観客たちにとって活力と癒しを与えてくれる。

主演は、パク・チャヌク監督『お嬢さん』のオーディションで1500分の1の競争率を勝ち抜き、センセーションを巻き起こしたキム・テリ。本作では、都会の生活に疲れ、故郷に戻るヒロインを瑞々しく演じており『お嬢さん』や、現在絶賛公開中の『1987、ある闘いの真実』では見られなかった20代の明るく初々しい姿を捉えている。

また共演には日本でも大ヒット公開中『タクシー運転手 ~約束は海を越えて~』他、韓国映画界に欠かせない若手俳優No.1のリュ・ジュンヨル。

そして、そんな韓国映画の注目若手俳優を指揮するのは『グローリーデイ』、『提報者〜ES細胞捏造事件〜』など、社会の中心からはみ出された人間の弱さも抱擁するような演出で話題のイム・スルレ監督がメガフォンを取り、田舎で過ごす特別な四季を優しく映し出し、心を和ませる感動で包み込みます。

映画情報どっとこむ ralph そして、この度、本作の特報映像とティザービジュアルが解禁!

“冬”雪に包まれた故郷に帰ってきた主人公ヘウォンの姿とともに「帰ってきた、故郷に」という台詞から始まる。“春”には新緑の野菜とチーズにエディブルフラワー(食用花)を添えた爽やかなパスタを食べ、“夏”は水撒きをしながら犬を追いかけ、“秋”は夜長と共に友人とお酒を楽しむという、都会の忙しい暮らしから抜け出してきたヘウォンが、悩みながらも田舎ならではの四季を生き生きと暮らす姿が映し出される。


映画情報どっとこむ ralph また併せて解禁されたビジュアルでは、ヘウォン、幼馴染のジェハとウンスクが韓国の田舎の家屋で優しい光に包まれながら縁側に座っている姿が。「あなたはどんな季節を生きていますか?」のキャッチが添えれられている。

また、新鮮な野草の天ぷらや、卵のサンドウィッチ、ハーブティーなど本作に登場する季節に合わせたロハスな料理と共に、へウォンが食事を楽しむ姿を収めている。

ちょっと休んでも、少し違っても、不器用でも大丈夫――。四季折々の風景美と旬の料理と共に綴る、ストレス社会に疲れたすべての人へ送るヒーリングムービーを是非ご期待ください。

リトル・フォレスト 春夏秋冬』 
原題:리틀 포레스트

2019年、初夏 シネマート新宿ほか 全国ロードショー

公式HP: klockworx-asia.com/little-forest/

***********************************

監督:イム・スルレ
出演:キム・テリ(『お嬢さん』『1987、ある闘いの真実』)、リュ・ジュンヨル(『タクシー運転手 ~約束は海を越えて~』)、 チン・ギジュ(「麗<レイ> ~花萌ゆる8人の皇子たち~」)
原作:五十嵐大介「リトル・フォレスト」(講談社「アフタヌーン」所載)
2018年/韓国/103分/カラー/5.1ch/ / 配給:クロックワークス
© 2018 Daisuke Igarashi /Kodansha All Rights Reserved.


「Linked Horizon Live Tour 『進撃の軌跡』 総員集結 凱旋公演」上映決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、今年1月13日、14日に横浜アリーナで行われたライブ「Linked Horizon Live Tour 『進撃の軌跡』 総員集結 凱旋公演」のBlu-ray発売を記念して、全国各地の劇場で「劇場版 Linked Horizon Live Tour 『進撃の軌跡』 総員集結 凱旋公演」の上映が決定しました!

本作は、現在Season3が絶賛放送中のTVアニメ「進撃の巨人」より歴代主題歌5曲を収録した『進撃の軌跡』(LH2ndアルバム)を余す事なく披露したライブ本編【第一壁】の内容を中心に構成!楽曲とシンクロしたアニメ映像と共に、その世界観をお楽しみいただけます。また通常の上映に加え、今回はRevo史上初の試みとなる360°空間に迫力のサウンドを生み出す【ドルビーアトモス】での上映も決定!

ライブ会場の臨場感、さらには映像化の為に加えた特殊音響効果が劇場でしか味わえない、特別なものになっております。

ドルビーアトモスでの上映(全国16箇所)は9月28日から1週間のみの限定となり、通常上映は10月5日より全国各地で順次公開となります。

今回解禁されたポスタービジュアルはTVアニメ「進撃の巨人」 Season2のオープ二ングテーマ「心臓を捧げよ!」のワンシーン。

アニメ映像がスクリーンに映し出され、出演者・観客を含めそこにいる総員の心臓が光り、会場全てがシンクロした何ともアガるビジュアルとなっております!迫力のサウンドを生み出す【ドルビーアトモス】で、ライブ会場さながらの臨場感を体感していただきながら、更にライブ当日には味わえなかった劇場版ならではの映像演出も存分にお楽しみいただけます。

映画情報どっとこむ ralph <上映概要>
【ドルビーアトモス上映】2018年9月28日(金) ~10月4日(木)
【通常上映】2018年10月5日(金) ~全国で順次公開(※詳細は上映劇場をご覧ください)
<チケット情報>
当日鑑賞料金:【ドルビーアトモス上映】3,500円(税込)/【通常上映】2,500円(税込)
※上映時間、チケット購入方法は劇場により異なります。公開日間近になりましたら各劇場ウェブサイトにてご確認下さい。
※前売チケットの販売はございませんのでご了承ください。
※詳細は公式サイト:
https://shingeki.linked-horizon.com

【ドルビーアトモス上映】 9月28日(金)~10月4日(木)

***********************************


企画・制作:ポニーキャニオン/ラップ・プロダクツ
主催:ポニーキャニオン/ラップ・プロダクツ
配給:アジョンス・ドゥ・原生林
宣伝協力:スキップ
上映時間:75分
  


ツィマーンの声優は誰!?『ルイスと不思議の時計』 予想キャンペーン


映画情報どっとこむ ralph ユニバーサル・ピクチャーズとスティーヴン・スピルバーグのアンブリン・エンターテインメントが贈る、マジックファンタジー『ルイスと不思議の時計』が、10月12日(金)に日本公開となります。

両親を亡くした少年ルイスは、叔父であるジョナサンの古い屋敷に住むことになるが、なんと、おじさんは、二流のポンコツだが、不思議な力を使える魔法使いだった。

そして、隣に住むきれいで優しいツィマーマンも魔女。ただし、こちらは一流。
ルイスはそんな二人と時計がいっぱいの屋敷で不思議な暮らしを始める−。
ある日、屋敷に世界を破滅へと導く“時計”が隠されていることを知ったルイス。
果たして、二人の魔法使いと “時計”を探し出して謎を解き、世界を救うことができるのか!?
ポンコツ魔法使いジョナサンおじさんを演じるのは、幅広い演技で定評のあるジャック・ブラック。
魔女のツィマーマンはアカデミー賞に2度輝いたケイト・ブランシェットが演じます。
監督を務めるのは、鬼才イーライ・ロス。


日本語吹替え版では、主人公ルイスの声を高山みなみが務めるほか、松本梨香、矢島晶子、本名陽子など豪華声優陣が集結!さらに先日、ジャック・ブラック演じるポンコツ魔法使いジョナサンを俳優の佐藤二朗さんが務めることが発表され、更なる注目を集めている本作。
しかし、ケイト・ブランシェット演じる魔女のツィマーマンの声を誰が務めるかは未だに発表されておらず、その続報が待ち望まれている中、この度、9月24日(月・祝)に行われる記者会見の場で発表されることが決定!

さらに一足先に、発表される吹替えキャストの声が入った本予告映像を解禁!

実はこのキャスト、数々の映画賞を受賞した女優さん。
映像内では、流石の演技力で頼りになるエリート魔女を演じていることが確認できますが、一体誰なのか?!
そして今回の発表にあたり、予想キャンペーンの実施も決定!

映画情報どっとこむ ralph ⏰ ツィマーンの声優は誰!? 予想キャンペーン概要 ⏰
-キャンペーン期間:2018年9月7日(金)~2018年9月13日(木)


-参加概要:『ルイスと不思議の時計』の公式ツイッターをフォロー。予告映像をみて、指定ハッシュタグをつけ、
予想をツイート。応募者の中から抽選で、正解発表が行われる記者会見の場にご招待!


-キャンペーンサイトURL:
https://lewis-movie.jp/news/2018/09/07/yosou_cp/ 



『ルイスと不思議の時計』

原題:The House with a Clock in Its Walls  

日本公開日:10月12日(金)全国ロードショー
公式HP:lewis-movie.jp
公式Twitter:#ルイスと不思議の時計

***********************************

出演:ジャック・ブラック、ケイト・ブランシェット、オーウェン・ヴァカーロ、カイル・マクラクラン 他
監督:イーライ・ロス  
提供:アンブリン・エンターテインメント  
原作:ジョン・ベレアーズ「ルイスと不思議の時計」(静山社)

全米公開:9月21日 
配給:東宝東和 
(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC


佐藤二朗がポンコツ”魔法使いジョナサンの吹替!!映画『ルイスと不思議の時計』


映画情報どっとこむ ralph スティーヴン・スピルバーグのアンブリン・エンターテインメントが製作を務め、“ハリー・ポッターの原点”ともいわれる、ジョン・ベレアーズ著書を映画化する
『ルイスと不思議の時計』が、10月12日(金)に日本公開となります。

主人公ルイスの声を『名探偵コナン』の江戸川コナン役でも知られる、人気声優の高山みなみさんが務めるほか、松本梨香さん、矢島晶子さん、本名陽子さんと、豪華すぎる声優陣が集結することが発表され、話題の本作。

この度、“ポンコツ”魔法使いのジョナサン演じるジャック・ブラックの吹替えを佐藤二朗さんが挑むことが決定しました!


両親を亡くしたかわいそうな甥のルイスを引き取る愛情深さを持つ反面、ルールを破る者は絶対に許さない、という厳しい一面も持つ、まさに頑固親父。

威厳がありそうで実はポンコツ、という憎めない悲哀たっぷりの“おじさん”を演じられるのは佐藤二朗さんしかいない!!ということで白羽の矢が立ち、今回洋画実写の吹替に初挑戦。

映画情報どっとこむ ralph そんな、魔法使いのジョナサンとの共通点や本作に対する佐藤さんのコメント到着しています。

佐藤二朗さん:子供の時、テレビで夜に洋画を放送していたのですが、その時は吹替を観ていて、吹替でない洋画を初めて観たのは高校を過ぎたくらいでした。当時DVDは無かったし、レンタルビデオ屋さんも無かったので、洋画を観るとなるとテレビで夜やっていた「ゴールデン洋画劇場」や「日曜洋画劇場」の吹替でした。それで夢中になった声優さんもいたので、今回は嬉しいな、光栄だなと思いました。

僕は、ジャック・ブラックさんを『スクール・オブ・ロック』で拝見してすごく良い俳優さんだと思っていたので、光栄だと思ってやりました。ジャック・ブラックさんだから特に何か工夫したということはなく、ジャック・ブラックさんの芝居を見て、感じて、そのままやりました。ジャック・ブラックさんは良い意味でふざけたイメージがありますが、今回は、おちゃらけているけど甥っ子のルイスをすごく大事にしていたりなど、真剣なジャックさんの芝居を見れたので、僕もそこは外さないように一所懸命やりました。

ちょっと胸が躍るような、そして年齢も性別も関係なく皆が楽しめる作品だと思いますので、是非この秋、ご家族やお友達、あるいは恋人と映画館に足を運んでいただけると嬉しいです。すごく心が温まって、心が躍る作品だと思います。

映画情報どっとこむ ralph またこの度、佐藤二朗さんの吹替による特報映像も到着いたしました!
果たして“ポンコツ”魔法使いをどう演じているのか?


映画情報どっとこむ ralph ルイスと不思議の時計

公式HP:
lewis-movie.jp

公式Twitter:
#ルイスと不思議の時計

両親を亡くした少年ルイスは、叔父であるジョナサンの古い屋敷に住むことになるが、なんと、おじさんは、二流のポンコツだが、不思議な力を使える魔法使いだった。そして、隣に住むきれいで優しいツィマーマンも魔女。ただし、こちらは一流。
ルイスはそんな二人と時計がいっぱいの屋敷で不思議な暮らしを始める−。
ある日、屋敷に世界を破滅へと導く“時計”が隠されていることを知ったルイス。
果たして、二人の魔法使いと “時計”を探し出して謎を解き、世界を救うことができるのか!?
ポンコツ魔法使いジョナサンおじさんを演じるのは、幅広い演技で定評のあるジャック・ブラック。
魔女のツィマーマンはアカデミー賞に2度輝いたケイト・ブランシェットが演じます。
監督を務めるのは、鬼才イーライ・ロス。

***********************************

出演:ジャック・ブラック、ケイト・ブランシェット、オーウェン・ヴァカーロ、カイル・マクラクラン 他
日本語吹き替え:高山みなみ、松本梨香、矢島晶子、本名陽子、佐藤二朗 他

監督:イーライ・ロス

提供:アンブリン・エンターテインメント
原作:ジョン・ベレアーズ「ルイスと不思議の時計」(静山社)
原題:The House with a Clock in Its Walls
全米公開:9月21日
日本公開日:10月12日(金)全国ロードショー
配給:東宝東和
(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC