「ら行」カテゴリーアーカイブ

宇宙検疫。映画『ライフ』ブルーレイ&DVD発売記念ニコニコ生放送特番レポ


映画情報どっとこむ ralph 有村昆、黒田有彩、菊池涼子、寺門和夫、関根康人
最新の宇宙研究と比較し、『ライフ』はどれほどリアルなのかを徹底解剖!

「“宇宙検疫”をきちんと扱った映画としては、『ライフ』がおそらく最初だと思います」


ジェイク・ギレンホール、ライアン・レイノルズ、真田広之ら、豪華キャストが集結した SF大作『ライフ』のブルーレイ&DVD が好評発売&レンタル中、デジタル配信中です。

舞台は、無重力の国際宇宙ステーション ISS。ジェイク・ギレンホール、ライアン・レイノルズ、真田広之ら、ハリウッドの第一線で活躍する豪華 キャストが、次第に進化する未知の生命体<カルビン>と死闘を繰り広げる宇宙飛行士を熱演しました。

そんな本作のブルーレイ&DVD発売 を記念して、宇宙の専門家を招いたニコニコ生放送特番『地球外生命体 VS 宇宙飛行士!有村昆&専門家が宇宙の神秘に迫る特番が行われました!

ゲストに、日本人で初めて宇宙へ行った宇宙飛行士・秋山豊寛のバック アップクルーを務めた菊池涼子、宇宙の開発に係る科学技術等の調査 研究を行う一般社団法人・日本宇宙フォーラムより寺門和夫、東京大学 で地球惑星進化学を研究している関根康人准教授、MC として映画 コメンテーターの有村昆、アシスタントに宇宙飛行士を目指すタレントの黒田有彩を迎え、宇宙の神秘に迫ると共に『ライフ』の魅力を語りました。

映画『ライフ』ニコニコ生放送特番』
12月8日(金)
ゲスト:有村昆、黒田有彩、菊池涼子、寺門和夫、関根康人

映画情報どっとこむ ralph 番組では、専門家を中心に本作で登場する国際宇宙ステーション ISS や宇宙飛行士がいかにリアルなのか検証することに。日本人で初めて 宇宙へ行った宇宙飛行士・秋山豊寛と共にソ連で宇宙飛行士の訓練を したという菊地は、本作で登場する宇宙飛行士を

「手慣れた宇宙飛行士 の動きを実に迷いなくやってらっしゃって、それが素晴らしかった。

と評価。

話題が本作で登場するロボットアームのことになると、

菊地さん:若田さんはそれまで(人工衛星をキャッチするために)ロボットアームと船 外活動する宇宙飛行士と両方でしていた作業を、初めてロボットアームだけで成功させたことがあって、ロボットアームの教官を務められ ていたくらいレジェンド的な存在なんです。

と実際の宇宙飛行士・若田光一のロボットアームの腕前についてのエピソードを興奮気味に 披露。また実際のISSと映画に出てくるISSについて

寺門さん:非常に良く似ているんだけども、実際には違う。今のISSを忠実に勉強してうまい具合に改良して作っていますね。

と解説した。
Murakami (Hiroyuki Sanada) in Columbia Pictures’ LIFE.

映画情報どっとこむ ralph 次に「宇宙飛行士のマニュアルの中に、地球外生命体と遭遇したことを想定したマニュアルはあるんですか」と有村が質問すると、

寺門さん:今はないです。あくまでISSに滞在して仕事をして帰ってくるというだけで他の天体との接触はないんです。

と解答。一方で

寺門さん:ただ、 将来は(マニュアルに組み込まれる)可能性があります。映画にもありますが、火星からサンプルを持って帰ってくる際には“宇宙検疫”ということが必要になってくるんです。“宇宙検疫”とは、他の天体から地球に生命を持ち込んだ時に、地球を汚染しないよう プロテクトする。それから逆に地球の生命で他の天体を汚染しないようにする、ということです。非常に厳密に火星からのサンプルを扱う必要があるということが本作では描かれていて、“宇宙検疫”をきちんと扱った映画というのは、(本作が)おそらく最初だと思います。

と説明 した。

関根さん:今ちょうど惑星科学の学会で“宇宙検疫”について議論をしています。火星、エウロパ、タイタン、エンケラドスという 4 つの 天体は生命が存在する可能性があるので、地球から探査機を送るときに非常に気をつけて扱わないといけないという取り決めが あります。

と語るなど、最新の宇宙研究にリンクしている一面も明らかになった。 続いて、地球外生命体に関するトークになると、関根さんは地球外生命体を研究する理由について

関根さん:科学者が地球外生命体を調査 する一つの究極のゴールとして、自分たちが何者かを知りたいという部分があります。そこに地球外生命体を調査する魅力があると思い ます。

とコメント。一方の寺門さんは本作を見て、

寺門さん:カルビンは地球にもいるなと思ったんです。変形菌、また粘菌ともいう不思議な生物が います。

と劇中に登場した地球外生命体・カルビンと似たような性質を持つ生物を連想したそうで、番組内ではその不思議な生態に ついても紹介した。 専門家によるディープなトークの後に

有村さん:色んな SF 作品がある中で、リアリティを追求した、ひょっとしたらこういう 世界があるかもしれないという意味ですごく楽しめました。人間の中に全くの知れない存在が来た時には疑心暗鬼になって しまって、仲間を救うのか、それとも切り捨てるのかという的確な判断を出すことは非常に難しい。地球外生命体・カルビンを通して、こう いうトラブルに陥ったときの人間の本質を問う作品だと思います。

と映画コメンテーターの観点から絶賛した。

映画情報どっとこむ ralph 番組も終盤に差し掛かり、改めて本作を観た感想を聞かれ

関根さん:個人的に一番好きだったシーンは、火星からサンプルが来て、 土壌を小さなカプセルに入れて培養するシーンがあって、あれが私の夢なんです。一番興奮しました。

と自身の夢を熱く語った。これに 対して

有村さん:培養するシーンのどこに興奮したんですか。

と尋ねると

関根さん:火星の泥の色です。そこにものすごく惹かれました。

と専門 家ならではのマニアックなポイントに興奮したことを告白。一方の

黒田さん:最後に『ライフ』というタイトルが付けられた真意が見えてくるよう に感じました。

と、タイトルを通して本作の魅力をアピールした。 その後番組の最後には、本作『ライフ』の本編の一部無料上映が行われ、宇宙の専門家から最新の宇宙研究について学んだ視聴 者は、宇宙への理解を深めて本作を鑑賞している様子だった。
映画情報どっとこむ ralph
『ライフ』 ブルーレイ&DVD&UHD好評発売&レンタル中/デジタル配信中
■ブルーレイ \4,743+税
■DVD 3,800+税
■4K ULTRA HD&ブルーレイ セット(2枚組) \6,800+税
発売元・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
(c) 2017 Skydance Productions, LLC. All Rights Reserved.
***********************************



ジュリア・デュクルノー監督『RAW〜少女のめざめ〜』ポスタービジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、カンヌ国際映画祭にて批評家連盟賞を受賞し、今最も注目を集める新人フランス人女性監督、ジュリア・デュクルノー監督の初長編作品『RAW〜少女のめざめ〜』の公開日が2018年2月2日(金)に決定しました。

TOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国ロードショーとなります。

また、今回ポスタービジュアルも解禁。
主人公ジュスティーヌの強い眼差しが印象的なデザインに加え、“知ってしまった味タブー—。”というフレーズが、ミステリアスな雰囲気を感じさせるポスターとなっている。フランス・パリ出身のジュリア・デュクルノー監督は、フランソワ・オゾンが通ったフランスの名門映画学校「ラ・フェミス」の出身。短編映画『Junior』(11’)でカンヌ国際映画祭のペティットレイル・ドールを受賞し、長編監督デビュー作となる本作では、2016年カンヌ国際映画祭批評家週間でワールドプレミア上映され、スタンディングオベーションが巻き起こり、批評家連盟賞を受賞した。その後もトロント国際映画際を筆頭に様々な映画際で数々の賞を受賞。一躍、注目監督の仲間入りを果たす。海外の映画レビューサイト、ロッテン・トマトでも批評家の評価は90%と高評価を取得。日本では今年のフランス映画祭で初上映となり、チケットは即完。主演を務めるのは、デュクルノー監督の短編映画『Junior』で女優デビューを果たし、本作で演技力の高さを賞賛され、今注目のフランス人若手女優、ギャランス・マリリエが務める。


原題:『GRAVE』英題『RAW』
公式サイト:raw-movie.jp

少女の成長を通じて“究極の愛”が描かれる。16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口にする。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは。

2月2日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー。

***********************************

監督・脚本:ジュリア・デュクルノー
出演:ギャランス・マリリエ、エラ・ルンプフ、ラバ・ナイト・ウフェラ

2016年制作/製作国:フランス・ベルギー/本編尺:98分/カラー/音声:5.1ch/R-15コピーライト:©2016 Petit Film, Rouge International, FraKas Productions. ALL RIGHTS RESERVED.

ユニバーサル映画
配給:パルコ
宣伝:ライトフィルム


『ローズの秘密の頁 』予告編と本ビジュアルが到着


映画情報どっとこむ ralph 『ローズの秘密の頁(ページ) 』 (原題:『The Secret Scripture』 2018年2月3日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国公開)から予告編と本ビジュアルが到着しました!

本作は、『マイ・レフトフット』(89)や『父の祈りを』(93)でアカデミー賞®ノミネートの功績 を持つ巨匠ジム・シェリダンの 5 年ぶりとなる待望の新作。

アイルランドの人気作家セバスチャ ン・バリーがコスタ賞(英国の権威ある文学賞)を受賞した同名小説の映画化作品であり、約 40 年に渡って精神科病院に収容されているある老女の長きに渡って封印されていた衝撃の真実と そこに隠されたたった一つの真実の愛が、現在と過去の時間軸を行き来しながら壮大なスケール で描かれる、ミステリアスな真実と愛の物語です。


今回解禁される予告編では、一人の精神科医の男が過去を失った老女ローズ(ヴァネッサ・レッドグレ イヴ『ジュリエットからの手紙』)と出会うところから始まります。



「自分の子供を殺したことを、理解できていない」老女として約 40 年間精神病院に収容され続けている彼女だったが、精神科医には「私には愛する夫がいて、息子は生きている」とはっきりと主張。最初は取り合わなかったが、偶然 手にすることになった彼女の聖書には 1940 年代、権威や宗教に逆らえば決して生きていけない、 第二次世界大戦下のアイルランドで出会ったマイケル(ジャック・レイナー『シング・ストリー ト 未来へのうた』)とローズ(ルーニー・マーラ『キャロル』 )の甘い日々と周囲との軋轢、そ れでも貫き通した半世紀にも及ぶ愛と真実の物語“が書き綴られていた。

「愛を知れば真実が 見えるはず」と語るローズには、一体どんな過去が秘められているのか。

半世紀のときをこえ て徐々に紐解かれる記憶が、我々に思いがけない驚きと胸を震わす感動をもたらせてくれるかを、感じさせる予告編。

映画情報どっとこむ ralph ポスタービジュアルでは「めくるたびにあふれる、真実と愛」のキャッチコピーとともに、何にも揺るがない強い決意を感じさせる眼差し を持つ 40 年前のローズと、それを貫き通した現在のローズの優しい眼差しの対比が描かれており、思うままに生きることも恋も許されな かった激動の時代を、自らの意思で生き抜いた女性の強さと 優しさと感じさせるものとなってます。


ローズの秘密の頁(ページ)

原題『The Secret Scripture』
公式 HP:rose.ayapro.ne.jp

アイルランド西部にある聖マラキ精神病院。取り壊しが決まり、転院する患者たちの再診のために病院を訪れた精神科医のスティーヴン・グリーン(エリッ ク・バナ)は、赤ん坊殺しの罪で“精神障害犯罪者”として 40 年もの間収容されている老女ローズ・F・クリア(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)を看ることになる。 赤ん坊殺しの罪を否認し続け、自分の名を「ローズ・マクナリティ」と訴え続ける彼女の様子が、一般的な患者と異なることに気付いたグリーン医師は、ロー ズが大切にしている 1 冊の聖書の存在を知り、彼女の過去に興味を持ちはじめる。ローズは何十年にもわたって、聖書のなかに秘かに日記を書き綴ってい たのだ。そして、彼女は日記を辿りながら半世紀前の記憶を遡り、自分の人生を語り始める——

***********************************

監督・脚本:ジム・シェリダン『マイ・レフトフット』『父の祈りを』原作:セバスチャン・バリー「The Secret Scripture」出演:ルーニー・マーラ『キャ ロル』、ヴァネッサ・レッドグレイヴ『ジュリエットからの手紙』、エリック・バナ『ミュンヘン』、ジャック・レイナー『シング・ストリート 未来へのう た』、テオ・ジェームズ『ダイバージェント』2016/アイルランド/スコープサイズ/DCP/108 分/カラー/英語/字幕翻訳:稲田嵯裕里
映倫 G
提供・配給:彩プロ
© 2016 Secret Films Limited
      


ゆく年くる年に。チベット僧侶とお話ししよう『ラサへの歩き方〜祈りの2400km』イベント開催へ!


映画情報どっとこむ ralph 中国で驚きの動員300万人超え!

中国の《芸術映画》の興収記録をつくったチベット語映画『ラサへの歩き方〜祈りの2400km』が12/23(土)よりアンコール公開!!

実際の“村人”出演の巡礼ロードムービーが、『ラ・ラ・ランド』級の大ヒットになったのはなぜ?チベットの小さな村から、聖地ラサ、そしてカイラス山へ。“五体投地”という両手・両膝・額(五体)を地面に投げ伏して祈る仏教でもっとも丁寧な礼拝を繰り返しながら、はるか2400kmを1年もかけて歩く11人の村人の巡礼旅を描いた映画『ラサへの歩き方〜祈りの2400km』。

映画情報どっとこむ ralph 2016年7月、日本で世界最速となる劇場公開が行われると、「映画を見るだけで心が癒される」という声が高まり、2万人に近い観客を動員し、ミニシアター系映画としてはスマッシュヒットに。そして、この日本公開の約1年後、2017年6月26日に中国で公開されると、なんと空前の大ヒットに! 2017年10月現在で、動員300万人超え、興収1億元(約17億円)超えを記録。これはチベット語映画としてはもちろん、中国における「芸術映画」の最高興収記録(出典:北京周報2017.9.21)となった。この300万人超えという数字は、今年の日本映画市場で比べると、アカデミー賞で大きな話題を呼んだ『ラ・ラ・ランド』級のヒット。

これまで中国映画市場で大ヒットする映画と言えば、スター競演やアクション満載のエンタテイメント巨編が中心だったので、なぜ村人自身が出演し、スターもいなければアクションもない、チベット語の巡礼ロードムービーが大ヒットに?

『胡同のひまわり』などで日本にもファンの多い華人チャン・ヤンが監督した『ラサへの歩き方〜祈りの2400km』、映画完成時には「中国で大規模な公開は無理だと思うが、ひとりでも多くの人が見てくれたら」と謙虚に語っていたが、この大ヒットに一番驚いているのは監督自身かもしれない。

本作の日本語字幕を監修したチベット研究者の星泉教授(東京外国語大学教授)は「チャン・ヤン監督のチベット愛あふれる映画『ラサへの歩き方』が中国で大ヒットしたことは嬉しいニュースでした。チベット文化の核心ともいえる利他の心とともに、ごく普通の人びとの物語を映し出したこの映画は、異文化の壁を越え、人の心の奥まで届く力を持つのでは?」とコメント。同じく字幕監修協力を行った在日チベット人のロディ・ギャツォ氏は「『ラサへの歩き方』の大ヒットはチベット人の社会でも大きな話題でした。政治がない映画だから、誰でも見られることが素晴らしい。たくさんの普通の中国人がチベットの文化を知ってくれたら将来的にもっといい関係になれると思います」と語った。

映画情報どっとこむ ralph そしてこのたび、この記録的な中国大ヒットを受け、12月23日(土)より渋谷のシアター・イメージフォーラムでアンコール公開が決定。初日には、年末にふさわしく、チベットの高僧ニチャン・リンポチェ師を迎えてのイベントも開催する。

※詳細は下記のとおり。

■『ラサへの歩き方 祈りの2400km』アンコール公開
12月23日(土)よりシアター・イメージフォーラムにて連日10:50〜上映


■『ラサへの歩き方 祈りの2400km』アンコール公開記念イベント
【ゆく年くる年に。チベット僧侶とお話ししよう】

開催日時:12月23日(土) 13:30~15:00(イベント終了後、茶話会もあり)
会場:イメージフォーラム3階
料金:無料(『ラサへの歩き方~祈りの2400km』映画チケットおよび半券ご提示に限り)/それ以外の方は入場料1,000円
事前予約:
・電話:03-5366-1545(月~金)
・メール:info@moviola.jp 
件名「12/23チベット仏教予約」としていただき、本文にお名前、お電話番号、人数を明記ください。予約完了メールをもってご予約となります。
*当日は13:15までにお越しください。遅れた際、ご予約でも立見になる場合があるそうです。
イベント詳細はこちら

***********************************

監督・脚本:チャン・ヤン 
撮影:グオ・ダーミン 
出演:チベット巡礼の旅をする11人の村人たち
118分/中国/2015/COLOR/チベット語/DCP/16:9/DOLBY 5.1
配給:ムヴィオラ
www.moviola.jp/lhasa


桐谷美玲 鈴木伸之、清原翔らのカワイイに・・・映画『リベンジgirl』完成披露


映画情報どっとこむ ralph 桐谷美玲が2年ぶりに主演を務める映画『リベンジgirl』。

本当に出来立てほやほやの本作のお披露目に桐谷美玲さんをはじめ、鈴木伸之さん、清原翔さん、佐津川愛美さん、竹内愛紗さん、そして本作を手掛けた三木監督らが集結!完成披露試写会が行われました。

映画『リベンジgirl』完成披露イベント
日時:12月7日(木)
場所:丸の内ピカデリー
登壇:桐谷美玲、鈴木伸之、清原翔、佐津川愛美、竹内愛紗、三木康一郎監督

映画情報どっとこむ ralph 客席後方から現れたキャストと監督。
ハイタッチなどに対応した後ステージに!
桐谷さん:この作品。つい一ヶ月ちょっと前まで撮影していて、今日と言う日が迎えられてうれしく思っています。皆さんに観ていただくことドキドキしています。

鈴木さん:今日は皆さんと楽しめたらいいなと思っています。

清原さん:皆さんに観ていただける日が来て本当にワクワクしています。

竹内さん:初めまして!私は今年から仕事をはじめまして、この映画が初めての映画出演でとても緊張しています。このような大きな舞台に立たせていただいてとてもうれしく思っています。

佐津川さん:本当に、撮影が終わって1ヶ月で完成って、本当にあり得ないスケジュールです。無事に完成したことが良かったなと(´▽`) ホッとしています。

三木監督:楽しくてちょっと可愛らしくて。いい感じになる映画に仕上げました!はじめて観ていただくので楽しんでみてください!

映画情報どっとこむ ralph 映画の主人公にも、ターニングポイントがありますが、桐谷さんは?
桐谷さん:高校一年生で事務所にスカウトされたこと。スカウトされていなかったら、ここに立っていないので、ターニングポイントです。

鈴木さんは表情を出さない役。鈴木さんは?
鈴木さん:僕は出しますね。直ぐ。いま、皆さんの前に立てて幸せですもん!感情は出すタイプですね。

と、回答。最近、感情を表に出したのは、家で蜘蛛が出た時だそう。大きな体に似合わず。意外とビビりがばれるエピソード。

監督は桐谷さんの印象を聞かれ

三木監督:桐谷さんは・・・最初会ったときに凄くかわいいなと思いました。そして、撮影の時も凄くかわいいなと思いました。
と、桐谷さんにメロメロな監督はにやにやが止まらないご様子。一方、鈴木さんの印象は?

三木監督:男性に興味ないんで!・・・まじめな方でした。

温度差さの凄さに鈴木さんがっかり。

映画情報どっとこむ ralph 桐谷さんの役は性格以外はパーフェクトガール。と言うことで、桐谷さんの最強なところを聞くと

鈴木さん:47着衣装を桐谷さん来ていますが、どれも似合う。最強です。特に白いライダースを着ているシーン。かわいいです。
清原さん:セリフも出演シーンも多い。その時点で最強!それから僕のお気に入りは白いパーカーを着ている桐谷さん。可愛いです。

と、2人とも白い衣装に惹かれたそうです。ファンの皆さんは、今後白い服を着ていくのが吉かと。

桐谷さんの妹役の竹内さんは
竹内さん:現場でのスイッチのONとOFFすごく早くて見習いたいです。(桐谷さん:白目むいて寝てるよね)疲れているのがわかるので、支えてあげたいなと思っていました。

清原さん:その白目で寝ているのも可愛かったです。

と、桐谷さんへのカワイイがあふれる現場だった様子。ただ、桐谷さん皆のカワイイ口撃にちょっと不満げ。言われ過ぎ?そんな、桐谷さんに大人意見の佐津川さんは、

佐津川さん:一緒の撮影ではOFFなところを見ていなくて、いつも凛としていて、座っていつ時も背筋がピンとしていて。素敵な女性だなと思いました。

と、明かしました。

映画情報どっとこむ ralph イベント当日の12月7日(木)は日本で初めてクリスマスツリーが飾られた“クリスマスツリーの日”。と言うことで皆クリスマスを意識したドレスコードで登壇したそうで、

桐谷さんは、クリスマスなグリーンのドレス!思い出に残ったプレゼントはスーパーファミコン。

竹内さんは、赤にリボンで自分がプレゼントがコンセプト。思い出に残っているのはクッキーとココアとサンタさんへの手紙。

鈴木さんはネクタイの赤。思い出に残っているのはイルミネーション。

清原さんは赤のシャツ。ですが、実は靴下も緑。思い出に残っているのはカラオケ。

佐津川さんは、ちょっとお姉さん。可愛らしい赤は被る可能性があるので、ゴールドのイヤリング。思い出に残っているのは早く寝る

と、監督が気になったのは、桐谷さんのスーパーファミコン。実は子供のころにサンタさんにもらったスーファミが桐谷さんのゲーム人生のスタートだったと語りました。


最後に、

桐谷さん:一生懸命作った映画で、頑張る女の子の成長を描いた映画です!観終わった後、背中を一つ推せているような映画になっていると思います。

との挨拶でイベントを終えました。

映画情報どっとこむ ralph リベンジgirl』 
公式HP:http://revengegirl-movie.jp/ 
Twitter:@revengegirl1223 
Instagram:@revengegirl1223
Facebook:@映画『リベンジgirl』

物語・・・
恋の終わりは、恋のはじまり。選挙に挑む彼女と、その参謀。“本当の恋”が動きだす!
東大首席、ミスキャンパス1位の宝石美輝(桐谷美玲)は誰もが振り返る美女。しかし、極度の性格ブスで、自分だけがそのことに気づいていない残念な“イタイ女”。ある日、イケメンで素敵な斎藤裕雅(清原翔)と恋に落ち、自然と付き合うことに。政治家一家のサラブレットである彼はいつもスマートで、世界一の幸せ者だと思っていたのに…まさかの大失恋!?失恋のリベンジを果たすべく、選挙に挑むことを決意!選挙秘書として出会った門脇俊也(鈴木伸之)がとにかく嫌な男。はじめは嫌なヤツと思っていたのに…美輝は本当の恋に気づくことができるのか!?

***********************************

監督:三木康一郎(『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『覆面系ノイズ』)
原作:清智英・吉田恵里香「リベンジgirl」(KADOKAWA刊)
脚本監修:吉田恵里香(『ヒロイン失格』)
脚本:おかざきさとこ
出演者:桐谷美玲 鈴木伸之 清原翔 馬場ふみか 佐津川愛美/大和田伸也
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 
(C)2017 『リベンジgirl』製作委員会