「ら行」カテゴリーアーカイブ

なぜクリエーターはモトーラ世理奈を欲しがるのか・・「風の電話」×「恋恋豆花」クロストークライブ


映画情報どっとこむ ralph 2011年に、岩手県、大槌町在住のガーデンデザイナー・佐々木格氏が自宅の庭に設置した<風の電話>。

死別した従兄弟ともう一度話したいという思いから誕生したその電話は、「天国に繋がる電話」として人々に広まり、東日本大震災以降、3万人を超える人々が、この場所を訪れている。映画『風の電話』(公開中)は、この電話をモチーフにした初めての映像作品。現場の空気感まで切り取る諏訪敦彦監督ならではの手法によって、魂のこもった俳優たちの演技が胸を打つ感動作が誕生しました。

そして、台湾を舞台に描いたヒューマンドラマ『恋恋豆花』(2月22日公開)で監督を務めるのはベラルーシ、ウクライナ、モスクワなど世界を舞台に映画を撮り続けてきた今関あきよし。

この2作品の主演を務めるのは、今年注目の若手女優の中でダントツの個性を放つモトーラ世理奈。奇しくも1月、2月と連続して劇場公開されることを受け、諏訪敦彦監督(『風の電話』)、今関あきよし監督(『恋恋豆花』)による、モトーラ世理奈の魅力を中心に映画作りの世界を存分に語り合うイベントを行いました。

様々な年齢の男女がかけつけ、熱心に耳を傾けていました。それぞれの予告編を織り交ぜ行われたトークショーでは撮影中の本音トークも飛び出すなどして盛り上がりました。イベント後半には、モトーラ世理奈も参加し、両監督との撮影時の秘話も披露しました。

日時:2020年1月23日(火)
場所:Space&Cafeポレポレ坐
登壇:モトーラ世理奈、諏訪敦彦、今関あきよし

映画情報どっとこむ ralph モトーラ世理奈主演の映画が1月、2月と連続して劇場公開されることが決定し、諏訪敦彦監督(『風の電話』公開中)、今関あきよし監督(『恋恋豆花』2/22公開)によるモトーラ世理奈の魅力を中心に映画作りの世界を語り合うトークイベントが開催された。会場には幅広い年代の観客が来場し、両者の映像制作の話題に真剣に耳を傾けていた。

両作品で主演を務める、モトーラ世理奈へ話題が移ると、その魅力を各々の視点から語り合い、彼女の類い稀な存在が強調された。諏訪監督とは同世代でありながら、深い接点はなかったと語る今関監督だったが、『風の電話』に関して「本当に衝撃を受けた。彼女の初期の代表作になりうるだろう」と大絶賛。諏訪監督はオーディションの際には「モトーラさんでほぼ決まっていた」と語る。トークショー後半では現場に駆けつけたモトーラも参加し、撮影時の心境を語った。

『風の電話』でのモトーラを諏訪監督は「相手を感じてちゃんと芝居をすることができる人は、なかなかいない。すごく余裕があるというか、自分自身をオープンにできる。見てる人がいろいろ考え、感じてしまう、自由を観る人に与えてくれるところが素晴らしい。」と評価した。
一方『恋恋豆花』に関してはモトーラ自身が「(自分が)こんなにいろんな表情をしているんだって思った」と感想をこぼすほど素の自分に近い状態だったことが明かされた。『風の電話』とは正反対のキャラクターを演じていることに今関監督は「多才だし恵まれている。場所を吸収する役者。撮影の場に置くことで既に何かが始まってる」と個性を熱弁した。

トークの途中では、現在公開中の映画『猫、かえる Cat’s Home』の今尾偲監督も飛び入りで参加、主演3作品の監督とモトーラが肩を並べる場面もあった。モトーラは、映画『風の電話』で、実際の“風の電話”に行った時のエピソードとして、「撮影で行ったのですが、その時は自分が自分でないように感じた」と撮影時を振り返った。そして、今関監督は「3人の監督のうち誰が一番好き?」と聞き、「なんでそんなこと聞くんですか?」と赤面して戸惑うモトーラに諏訪監督が「自分の映画に出た俳優には、自分の映画が一番だと思って欲しいんですよ」と合いの手を入れ、会場は笑いに包まれた。
異なる印象の作品でも存在感を失わないモトーラ世理奈の魅力が存分に語られるイベントとなった。

映画情報どっとこむ ralph 『風の電話』 1月24日(金)より全国公開中

◆諏訪敦彦
『2/デュオ』(97)で長編監督デビュー。『M/OTHER』(99)で、第52回カンヌ国際映画祭の国際批評家連盟賞を審査員全員一致で受賞。『ライオンは今夜死ぬ』(17)など日本だけでなく、即興演出のアーティストとしてフランスをはじめヨーロッパで圧倒的な評価を受けている。その他の監督作に『M/OTHER』(99)、『H story』(01)、『不完全なふたり』(05)、『ユキとニナ』(09)などがある。



『恋恋豆花』 2月22日(金)より新宿ケイズシネマほか全国順次公開

◆今関あきよし
高校生の頃から8mm映画の自主制作を始め、1979年に制作した『ORANGING’79』がオフシアター・フィルムフェスティバル’79(のちのPFF)で入賞を果たす。その後も自主制作で青春時代を過ごす少女の甘酸っぱさを繊細に描く作品を次々と送り出し、インディーズ界の雄のひとりとして注目を集める。1983年に『アイコ十六歳』でメジャーデビューを果たし、プロとなってからも少女の心を描いた作品を多数世に送り出している。その他の監督作に『グリーン・レクイエム』(88年)、『すももももも』(95年)、『タイム・リープ』(98年)、『『クレヴァニ、愛のトンネル』(14年)、『LAIKA/ライカ』(16年)などがある。

***********************************









良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

柿沼瑛子と金原由佳トークイベント 『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』試写会


映画情報どっとこむ ralph 映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』が2月7日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開いたします。主演は、『ナイロビの蜂』でアカデミー賞助演女優賞受賞、『女王陛下のお気に入り』でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたレイチェル・ワイズと、『きみに読む物語』『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』など話題作に出演、『スポットライト 世紀のスクープ』でアカデミー賞助演女優賞にノミネートのレイチェル・マクアダムス。近年アカデミー賞ノミネートが続く実力派女優のWレイチェルが、繊細かつ大胆な体当たりの演技で“美しき純愛”に挑んでいます。


この度、米人気作家パトリシア・ハイスミスのベストセラー作品で映画化にもなった2人の女性の愛の物語「キャロル」を翻訳された翻訳家の柿沼瑛子さんと、映画ジャーナリストの金原由佳さんをゲストに迎えトークイベントを実施いたしました。
柿沼瑛子と金原由佳トークイベント 『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』試写会
『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』試写会トークイベント
日時:1月22日(水)
場所:ユーロライブ
登壇:
柿沼瑛子(翻訳家/パトリシア・ハイスミス「キャロル」)
金原由佳(映画ジャーナリスト)

映画情報どっとこむ ralph 映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』
米人気作家パトリシア・ハイスミスのベストセラー作品で二人の女性の愛を描いた「キャロル」の翻訳家である柿沼瑛子さんと、映画ジャーナリストの金原由佳さんをゲストに迎えトークイベントを行なった。「キャロル」は映画化もされ、その人気は色褪せることなく愛され続ける作品となっているが、同じように女性二人の愛を描いた作品として本作と並べられることが多い。柿沼さんは、『キャロル』と本作の違いについて「『キャロル』が書かれた時代設定では男性はもちろんのこと女性の同性愛も罪であるとされ、それがバレたら追放されたり、追い込まれて自殺をしてしまう人が出てくるような世界でありました。『キャロル』はそのような時代に書かれた唯一のハッピーエンドの物語なわけです。それに対して本作は、原作が「Disobedience」で《不服従》という意味ですが、『キャロル』の時代とは全く違い、国によっても異なりますが、同性愛は罪ではないし、州によっては結婚も認められる現代の世の中を描いています。そのような現代において、本作のように同性愛が抑圧されることがあるとすれば、それは本作で描かれるような宗教やコミュニティの中で起こりうるということです。」と解説した。

ユダヤ教の中でも特に戒律が厳しいとされる「超正統派」のユダヤコミュニティを描いた本作では同性の恋愛が認められていないことに加え、「既婚者は異性に触れてはいけないとされているので再会した男女がハグをすることが禁止されています。女性はかつらを被って皆同じような髪型をしていて、ファッションも黒っぽくて皆同じような服を着ています。神様からもらった肌にタトゥーを彫ることはご法度とされています。」と、本作で描かれるコミュニティのタブーの多さについて言及した。

原作「Disobedience」ではロニートの職業がファイナンシャルアナリストであったが、映画ではカメラマンになっていることについて柿沼さんは、「ユダヤ教には 目撃してそれを書き留める“書記”という役割の人が存在します。だとするとロニートはカメラによって記録をしていると言えます。自分の捨てた過去、それからこれからの未来、とにかく良いものも悪いものも全てをカメラで記録することによって彼女は“書記”の役割を果たしているのではないかと考えます」と、映画で職業を変えたことに重要な意味が隠されていると分析した。
また「この作品が面白いのは、ある種のはっきりした結末を描かず、観客の立ち位置やこれまでの生き方に委ねているところがあり、ラストについて様々な捉え方ができます」と金原さん。柿沼さんは「希望に満ちたラストでした。エスティはこのまま子供を産んでコミュニティの中で生き続けていくのかと感じた人もいるかもしれないけれど、エスティは自分にとって一番辛い生き方を選んだのだと思います。生まれてくる子が女の子のような気がしてならないのですが、娘だけを自由に育てたいと。それに希望を託して。尚且つ彼女にはそれを守ってくれるドヴィッドもいる。ドヴィッドは妻のすべてを受け入れてくれる。ドヴィッドが『君は自由だ』と叫ぶシーンは感動しました。」と語った。

昨今、“Civil Disobedience”(=市民的不服従)という自分たちの身の丈に合わないルールには服従する必要性はないという市民的な運動という意味の言葉が出てきていることを挙げ、「日本でも女性のハイヒール強制へ反対する♯kuToo運動や、医学部での下駄履かせ問題、無駄な校則は要らないのではという問題など、本作の原題にもなっている《不服従》という問題は日本でも広がっていると思います。」と金原さん。柿沼さんは「単によその国の違う宗教の人たちを描いた作品というよりも、今の日本の社会が抱えている閉塞感を破るには、少しづつ自分が変わっていく必要があって、変わるためのきっかけが見つかる作品なのではと思います」とし、「これは皆に知られてほしい映画です。観ることによって明るくなるものもあります。たくさんの人に観てもらいたいです」とメッセージを送った。

映画情報どっとこむ ralph 『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』
原題:Disobedience

2月7日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー
 ロニート『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』 エステイ 『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』 ストーリー
厳格な超正統派ユダヤ・コミュニティで生まれ育ったロニートとエスティ。
惹かれあっていた二人を、コミュニティの掟は赦さなかった。ロニートはユダヤ教指導者の父と信仰を捨てて故郷を去り、残されたエスティは幼なじみのドヴィッドと結婚してユダヤ社会で生きることとした。月日が流れ、父の死をきっかけにロニートが帰郷し、再会した二人。封印していた熱い想いが溢れ、信仰と愛の間で葛藤する二人が選んだ道とは・・・

***********************************


監督:セバスティアン・レリオ(『グロリアの青春』、『ナチュラル・ウーマン』)
キャスト:レイチェル・ワイズ、レイチェル・マクアダムス、アレッサンドロ・ニヴォラ
プロデューサー:フリーダ・トレスブランコ(『パンズ・ラビリンス』)、エド・ギニー(『女王陛下のお気に入り』、『聖なる鹿殺し キリング・オブ・セイクリッド・ディア』、『ルーム』、『ロブスター』)、レイチェル・ワイズ
2017年/イギリス/英語/DCP/カラー/114分/PG12
© 2018 Channel Four Television Corporation and Candlelight Productions, LLC. All Rights Reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

三島有紀子監督『Red』主人公、塔子の同僚で微妙な駆け引き 柄本佑インタビュー到着


映画情報どっとこむ ralph 「(小鷹は)恋愛でも、行き過ぎない70点くらいを出し続けるようなヤツ(笑)」
柄本佑がバックハグで囁く大人の色気が描くプラトニックな恋愛の形とは?


夏帆『Red』柄本佑 現代女性の恋愛心理描写を巧みに表現し、女性から圧倒的な支持を得る直木賞作家・島本理生先生が、センセーショナルな表現で新境地を開いた「Red」。三島有紀子監督が映画化し、2020年2月21日(金)より新宿バルト9ほかにて全国ロードショーとなります。


大雪の夜、車を走らせる男と女。

先が見えない一夜の道行きは、ふたりの関係そのものだった。
誰もがうらやむ夫、かわいい娘、“何も問題のない生活”を過ごしていた、はずだった村主塔子。10年ぶりにかつて愛した男・鞍田秋彦に再会をする。鞍田は、ずっと行き場のなかった塔子の気持ちを、少しずつほどいていく…。しかし、鞍田には“秘密”があった。現在と過去が交錯しながら向かう先の、誰も想像しなかった“決断”とは。

主人公の塔子役には数々の作品で幅広い役柄を演じてきた女優・夏帆、かつて愛した男・鞍田役には、日本映画界において欠かせない存在の俳優・妻夫木聡。さらに塔子に好意を抱く職場の同僚・小鷹淳役に第73回毎日映画コンクール男優主演賞など数々の賞に輝くなど勢いを見せる柄本佑、塔子の夫・村主真役には、主演映画、ドラマなど数々の作品で活躍を見せ、今年デビュー10周年を迎える間宮祥太朗。
三島監督最新作に、日本映画界きっての実力派俳優が集結した。

映画情報どっとこむ ralph この度、本作で夏帆演じる塔子の同僚で、プラトニックながらも男女の微妙な駆け引きのある関係である小鷹(コダカ)役を演じた柄本佑のインタビューと場面写真が到着。

柄本さんといえば、昨年公開された『火口のふたり』(19/荒井晴彦監督)での激しい濡れ場やNHKドラマ「令和版牡丹灯籠」(19)での色悪な武士など、どこか気になるフェロモンを漂わす役を演じ、話題となっている。本作では、塔子と小鷹のラブシーンこそないが、塔子の心にそっと寄り添う男気感じる小鷹の存在は、「塔子に変化をもたらすキーマンで目が離せない!」、「グイグイ来る感じが印象的」と女性たちの心を鷲掴みにしている。

小鷹は、塔子と鞍田の恋愛関係に唯一気づく重要な人物であり、塔子が夫や恋人には見せない、飾らない素直な顔を引き出してしまう、強引だけれどもどこか憎めない不思議な魅力を持つキャラクターだ。同僚としての距離感をキープしながらも、男女の一線を超えてしまいそうな危うい微妙な関係を楽しみつつ、時に、理解のない夫との夫婦関係に悩む塔子を気遣う優しさをみせる、絶妙なバランス感覚の小鷹。
夏帆『Red』柄本佑
柄本さん:妻夫木さんが演じた鞍田とは対照的で、僕が演じた小鷹は、しゃべり上手で、コミュニケーション力も高い。世の中を渡っていく術をしっかりと持っていて、クレバーな人だなと思っています。だから恋愛でも、行き過ぎない70点くらいを出し続けるようなヤツなのかも(笑)

と立ち回り軽やかに見えるが意外にも“そこそこ”な男だと、演じたキャラクターの印象を語った。
意外にも夏帆との映画共演は初めてだという柄本さんは

柄本さん:僕の中では『天然コケッコー』のイメージで止まっていたのですが、実際にご一緒してみて、現場の立ち姿とか居住まいがすごくかっこよかったです。それでも「守ってあげたい」と思わせる抜け感も少しあって非常に魅力的な方だと思いました。共演させていただいて改めてファンになりました。

と女優・夏帆のイメージも変わっていったと語る。

さらに、演じた役柄について

柄本さん:実は、この役を演じるに当たって髪型も作り込んでいます。事前に監督色々話をさせて頂いて、スラムダンクの宮城リョータみたいなクルクルヘアーにしたいと相談しました(笑)鞍田さんみたいなタイプと対照的だからちょっとある種の抜けの良さみたいなのが欲しかったので。小鷹という人間の世界観をしっかり持っていたので、演じるのはそこまで苦労しませんでした。それより、毎回コテで巻いて、この髪型を作る方が大変だったかもしれません(笑)

と笑いを交えながら自己流の役作りのプロセスを明かした。
夏帆 妻夫木『Red』柄本佑
映画情報どっとこむ ralph 役者・柄本佑の放つ、濃厚な魅力を、ぜひ本編で感じてほしい。

『Red』

公式HP:
redmovie.jp

公式Twitter:
@red_movie2020
R15+

夏帆と妻夫木聡『Red』
【ストーリー】
大雪の夜、車を走らせる男と女。
先が見えない一夜の道行きは、ふたりの関係そのものだった。
誰もがうらやむ夫、かわいい娘、“何も問題のない生活”を過ごしていた、はずだった村主塔子。10年ぶりにかつて愛した男・鞍田秋彦に再会をする。鞍田は、ずっと行き場のなかった塔子の気持ちを、少しずつほどいていく…。しかし、鞍田には“秘密”があった。現在と過去が交錯しながら向かう先の、誰も想像しなかった“決断”とは――。

***********************************

出演:夏帆、妻夫木聡、柄本佑、間宮祥太朗
片岡礼子、酒向 芳、山本郁子/浅野和之、余 貴美子
監督:三島有紀子
原作:島本理生『Red』(中公文庫)
脚本:池田千尋 三島有紀子
企画・製作幹事・配給:日活
制作プロダクション:オフィス・シロウズ
企画協力:フラミンゴ
©2020『Red』製作委員会 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

スーパー戦隊MOVIEパーティー『劇場版 騎士竜戦隊リュウソウジャーVSルパンレンジャーVSパトレンジャー』最新場面写真 解禁


映画情報どっとこむ ralph 2017年公開、スーパー戦隊祭「劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージFromスーパー戦隊」が公開されてから三年の月日を経て、“スーパー戦隊VS(バーサス)映画”(現在テレビ放映しているスーパー戦隊とその前の年にテレビ放映されたスーパー戦隊の競演映画)が帰ってくる。

“スーパー戦隊祭”から“スーパー戦隊MOVIEパーティー”と装いも新たに再登場。
「劇場版 騎士竜戦隊リュウソウジャーVSルパンレンジャーVSパトレンジャー」が、2020年2月8日(土)公開決定しました。
劇場版 騎士竜戦隊リュウソウジャーVSルパンレンジャーVSパトレンジャー 今回、「劇場版 騎士竜戦隊リュウソウジャーVSルパンレンジャーVSパトレンジャー」より3大スーパー戦隊のバトルシーンを押さえた最新場面写真を解禁。

ルパンエックス×リュウソウゴールドによる追加戦士同士の背中合わせのシーンからリュウソウブルー×ルパンブルーによる互いの武器を入れ替えたブルー同士の共闘シーンも!
劇場版 騎士竜戦隊リュウソウジャーVSルパンレンジャーVSパトレンジャー 劇場版 騎士竜戦隊リュウソウジャーVSルパンレンジャーVSパトレンジャー さらには、男たちにも負けず劣らないヒロインたちの結束する姿もあり、本作でしか観れない共闘シーンづくし!
劇場版 騎士竜戦隊リュウソウジャーVSルパンレンジャーVSパトレンジャー また、バンバ(リュウソウブラック)&トワ(リュウソウグリーン)が圭一郎(パトレン1号)&咲也(パトレン2号)と遭遇し確保されている姿も!?バンバと圭一郎という、堅物キャラ同士の掛け合いも本作でしか観れない見所の一つと言える。
そして、今回の悪役“ガニマ・ノシアガルダ”がティラミーゴを捕らえた姿も!?
ガニマは他の騎士竜たちもその身体につけた金庫に捕えている。
映画情報どっとこむ ralph 果たして、リュウソウジャーは騎士竜たちを助け出すことができるのか!?そして、3大スーパー戦隊が集結したお馴染みの爆破シーンにも注目!この先どんな戦いが待ち受けているのか。スーパー戦隊の活躍を是非劇場でお楽しみ下さい
劇場版 騎士竜戦隊リュウソウジャーVSルパンレンジャーVSパトレンジャー
『劇場版 騎士竜戦隊リュウソウジャーVSルパンレンジャーVSパトレンジャー』

2020年2月8日(土)全国ロードショー

公式サイト:
super-sentai-vs-2020.jp

ストーリー
ギャングラーの残党“ガニマ”により、ティラミーゴたち騎士竜が、金庫に閉じ込められてしまった!騎士竜を助け出すために、ガニマと戦うリュウソウジャーたち。しかし、金庫に囚われた騎士竜の力を発動したガニマのパワーに圧倒されてしまう。ガニマを追うバンバとトワの前に現れる国際警察の圭一郎。戦いで傷ついたコウに快盗として協力する魁利。囚われた騎士竜たちに危機が迫る中、期せずして出会うことになった3大スーパー戦隊。この冬、騎士・快盗・警察が入り乱れる熱くクールなバトルを見逃すな!
劇場版 騎士竜戦隊リュウソウジャーVSルパンレンジャーVSパトレンジャー
***********************************


出演:一ノ瀬 颯 網 啓永 尾碕真花 小原唯和 岸田タツヤ 兵頭功海
伊藤あさひ 濱 正悟 工藤 遥 / 結木滉星 横山 涼 奥山かずさ 元木聖也

脚本:香村純子 荒川稔久 
監督:渡辺勝也
配給:東映
スーパー戦隊MOVIEパーティー©テレビ朝日・東映AG・東映 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画『Last Lover ラストラバー』天野花による書き下ろし主題歌「Last Lover」MV 解禁


映画情報どっとこむ ralph 監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールの《シネマプロジェクト》第7弾作品として制作され、映画『カメラを止めるな』と同時イベント上映された映画『きみはなにも悪くないよ』を監督した岡元雄作が、実際に母親を亡くした経験から着想し、死者との向き合い方をテーマに、ロマンスありホラーありのサスペンスムービーである映画『Last Lover ラストラバー』を誕生させました!

2019年8月にアメリカで開催された「ロサンゼルス日本映画祭2019」ではベストアンサンブルアワードを受賞!

そして園子温監督がディレクターを務める話題の愛知県の映画祭「ええじゃないか とよはし映画祭」や、「グアム国際映画祭」のSelect Showcaseにも公式ノミネートされるなど、数々の映画祭から評価されている本作。

12月に行われた「第3回ベルリンモーションピクチャーフェスティバル」でも日本映画として初ノミネートを果たし、更にグランプリとなる最優秀長編作品賞を獲得するという快挙を成し遂げました!!

映画情報どっとこむ ralph そんな本作を彩る主題歌は、八丈島出身のシンガーソングライター天野花が本作のために書き下ろしたその名も「Last Lover」。
切ない中でも希望の見えるが曲に仕上がっております。

この度、天野花も出演し映画のシーンもふんだんに使用した岡元雄作監督撮影によるMVが完成!

愛する人を失った切ない気持ちを、主人公が恋人にむけて書いた手紙のように詩を紡いでおり、天野花が涙を流しながら歌う姿が印象的な、胸に響く映像となっております。

また、作曲家・田中マコトによる映画全編を彩る劇中音楽、主題歌&挿入歌(歌唱:天野花)、さらに劇中では使われなかったアウトテイクスコア等、映画「Last Lover」を彩る音楽の世界を一挙に収録したサウンドトラックの発売も決定しました!

天野花コメント
Last Lover 人生初の映画主題歌を書き下ろしいたしました。
曲は映画の中ではあまり描かれていなかった部分を歌に出来たらと思い主人公が恋人にむけて書いた手紙のように詩を紡ぎました。
大切な人の死に寄り添うのは後悔と愛情だと思います。
乗り越えるのではなく共に生きていくことができるような歌になっていたらいいなぁと思います。
Last Lover_hana_amano
映画情報どっとこむ ralph ロマンス・ホラー・サスペンス

映画『La st Lov er ラストラバー』

2020 年1 月31 日(金)よりテアトル新宿にて2 週間限定レイトショー

ストーリー
朝、美優が目を覚ますと、隣にいるはずの光希がいなかった。いつもふざけている光希のイタズラだと思ったら、夜間運転の事故で亡くなっていた。それからと言うもの美優の周りで殺人事件や、怪奇な現象が起き始める。霊感の強い美優は、何か関連性があるのではないかと思い先輩の小西に相談する。光希とは正反対の真面目な好青年で、そんな親身になってくれる小西に美優は惹かれて行った。

しかしそんな時、イタズラかの様に光希が姿を現す。
美優に未練があり、地縛霊として戻ってきたと言う。また楽しい2人の生活が始まるが、霊との同棲生活は楽しいだけではなかった。
***********************************

(C)ASTROSANDWICH pictures.inc




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

高橋一生&蒼井優、MCなしでトークイベントに挑戦『ロマンスドール』


映画情報どっとこむ ralph ラブドール職人の男と、一目で恋に落ち結婚した妻の日々を描き、型破りな設定とセンセーショナルな展開が大きな話題と共感を呼んだ、タナダユキの小説
  • 『ロマンスドール』


  • 発表から10年を経て、同小説が映画『ロマンスドール』としてタナダ自らが脚本・監督を務める形で実写化。1月13日(祝・月)に公開記念イベントが開催され、主人公・哲雄役の高橋一生と園子役の蒼井優が登壇。MCを立てずに2人で進行を担当しつつ、観客から集められた質問に答え、結婚や恋愛観について語り合った。

    『ロマンスドール』公開記念イベント
    場所:神楽座
    登壇:高橋一生、蒼井優

    映画情報どっとこむ ralph 通常の舞台挨拶とは異なるMCなしのトークイベントとなったが、

    高橋はさん:みなさんの顔がよく見えます。新鮮な気持ちです。

    と微笑みながらコメント。
    客席に晴れ着姿の新成人を見つけた高橋と蒼井が祝福するなど、会場はアットホームな雰囲気に包まれた。

    観客からの最初の質問は、【結婚したいけど、他人と人生を共にするのが怖い】という方からの【この映画に出て、結婚に対する意識が変わったか?】というもの。

    高橋さん:(結婚が)できるかな? という恐怖はあります(苦笑)。この歳になると…。

    と自虐気味に答えつつ

    高橋さん:そもそも結婚に対して、イメージしているものが少ないです。

    と明かし、

    蒼井さん:私もそうでした。

    と同意。トークは劇中の新婚生活のシーンについての話になり、

    高橋さん:去年の1月に蒼井さんと(劇中の)新婚生活の撮影をしたのが楽しかったです。新しいダンボールや荷物を持って帰って『よろしくお願いします』とか言うのは、俳優冥利に尽きるなと思いました。(結婚)したいけど、相手がいないと始まらないですからね。

    と語る高橋さんだが、普段ほとんど外に出ず、家の中で自転車をこいでいることが多いと明かすと、

    蒼井さん:それ(=自転車)を捨てたほうがいい! その脚力で外に出るべき!

    とツッコミが!一方蒼井さんは、独身生活から結婚生活への変化を

    蒼井さん:“車線変更”って感じです。大きく道が変わるというわけでもない感じ。

    と自身の結婚生活を言い表した。

    映画情報どっとこむ ralph 続いて、

    【この映画に出演することを決めた一番の決め手は?】という質問には、高橋さんも蒼井さんもタナダユキ監督の存在が大きかったと即答。

    約19年ぶりとなった共演に関しては、

    高橋さん:お芝居に普段のところからスムーズに入っていけるんです。会話のキャッチボールが多かったけど、キャッチボールの球は一個じゃなく机の下でも2~3個、飛ばしてるような感じでできたのは、相手が蒼井さんだったから。

    とコメント。


    蒼井さん:全く同じことを思ってました。

    と語り、哲雄と園子の食卓での重要なシーンの撮影について

    蒼井さん:延々とやっていたかったです。

    と述懐。互いへの強い信頼を感じさせた。

    さらに【一目ぼれをしたことはありますか?】という質問には、

    高橋さん:あります。だいたい、ファーストインプレッションで『あ、僕はこの人を好きになってしまうんだろうな』というのはブレないんですけど、(恋に落ちる人の)系統が似てるかというとそうでもない。

    と語った。

    蒼井さん:いまはどんな人がいいですか?

    という蒼井さんからの問いには、

    蒼井さん:笑うときにものすごく笑ってくれる人がいい。

    と返答、

    蒼井さん:若いうちはビジュアルや造形美みたいなことが気になるかもしれないけど、ちょっと歳を重ねると、結果、表情筋(が大事になる)。若い子でコンプレックスがある子もいるかもしれないけど、もうちょっとしたら、素材で勝負できる時が来る。

    と同意した。

    また【好きな人への愛情表現はどう表すか? お金? 時間? 言葉?】という質問に、

    高橋さん:お金と時間と言葉は簡単に渡さないでしょうね。それをやったらつまんない。

    と答えると、

    蒼井さん:だから付き合えないんじゃないですか?

    と鋭すぎるツッコミが飛ぶと、会場からは笑いが。

    蒼井さん:私は家族に対しても言葉ですね。家族って横にいて当たり前と思ってたら、意外と言葉で伝えないと伝わってないことが多いけど、きちんと言葉で伝えたら喜んでくれます。

    と“金言”ともいえるアドバイスを口にし、高橋さんも観客も深くうなずいた。

    映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

    蒼井さん:観た方の時間にそっと寄り添うような、『正しい!』と押し付けることなく、そっと寄り添える夢のような映画ができたと思います。

    とアピール。

    高橋さん:人生はどうしても進んでいくけど、つまづいてしまったり、先がわかんなくなった時に、この映画をもう一度見直していただくと、前に一歩だけ進もうかなと思えるんじゃないかと思います。

    と呼びかけ、イベントは温かい拍手に包まれながら幕を閉じた。

    ロマンスドール_メイン_表面_再入稿ol


    『ロマンスドール』

    2020年 1月24日(金)全国ロードショー

    【あらすじ】  
    変わらない⽇常の中で、どうして僕らは、変わってしまったんだろう。
    美人で気立てのいい園子に一目惚れして結婚した哲雄が、彼女にずっと隠し続けている仕事、それはラブドール職人としてドールを作っていること。平穏に過ぎていく日常の中、哲雄は仕事にのめり込み、恋焦がれて結婚したはずの園子とは次第にセックスレスになっていた。いよいよ夫婦の危機かと思ったとき、園子はぽつりと胸の中に抱えていた秘密を打ち明けた。
    僕と妻の、10年の、嘘と秘密と、ほんとの愛。
    変わりゆく男女の感情をリアルに映し出す、美しく儚い、大人のラブストーリー。



    ***********************************

    高橋一生 蒼井優
    浜野謙太 三浦透子 大倉孝ニ ピエール瀧
    きたろう 渡辺えり 

    脚本・監督:タナダユキ
    原作:タナダユキ「ロマンスドール」(角川文庫刊)
    ©2019「ロマンスドール」製作委員会
    配給:KADOKAWA 




    良かったらランキングUPにご協力ください。
     にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

     

    衝撃のレミゼじゃないレミゼ『レ・ミゼラブル』第92回アカデミー賞<国際長編映画賞>にノミネート


    映画情報どっとこむ ralph 2019年のカンヌ国際映画祭で審査員賞に輝き、「コンペ最大のショック!」とセンセーションを巻き起こした話題のフランス映画『レ・ミゼラブル』が、2月28日(金)より新宿武蔵野館、Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか、全国ロードショーとなります。

    本作が、第92回アカデミー賞<国際長編映画賞>にノミネートを果たしました!
    注目の授賞式は2月9日(現地時間)に行われます。

    権力者によって抑圧されている弱者と社会で居場所を失った人々―。
    まさに、“ミゼラブル(悲惨)”な世界の現状を反映した今こそ観るべき問題作が、ついに日本公開!

    ヴィクトル・ユゴーの傑作「レ・ミゼラブル」で知られ、現在は犯罪多発地区の一部となっているパリ郊外のモンフェルメイユを舞台に、現代が抱える闇をリアルに描き、まさに「世界の縮図」ともいえる衝撃作です。
    監督・脚本を務めたのは、モンフェルメイユで生まれ育ち、現在もその地に暮らす、新鋭ラジ・リ監督。本作が初長編監督作品ながら、自身がこの街で体験してきた出来事を圧倒的な緊迫感とスタイリッシュな映像で見事に描き切り、スパイク・リー監督もその才能を認め、アメリカにおけるプロモーションのサポートを買って出るほど。
    第72回カンヌ国際映画祭では「コンペ最大のショック!」と称賛を受けたほどセンセーションを巻き起こし、見事に審査員賞を受賞。その後も、第77回ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞ノミネート、第32回ヨーロッパ映画賞でディスカバリー賞(新人監督賞)受賞、第25回リュミエール賞で最多7部門ノミネートなど、各国の映画祭や賞レースを席巻中だ。11月に公開された本国フランスでは、公開1週目、2週目の週末興行収入ランキングで『アナと雪の女王2』に次ぐ2位にランクイン。公開から1か月程度で同国の観客動員数160万人を突破する大ヒットを記録している。
    マクロン大統領も本作を鑑賞、自国が抱える問題をリアルに描いた本作に反応し、政府に「映画の舞台となった地域の生活条件を改善するためのアイデアを直ちに見つけて行動を起こす」よう求めたという。

    映画情報どっとこむ ralph
    『レ・ミゼラブル』

    公式サイト:
    lesmiserables-movie.com

    公式Twitter&Facebook:@lesmise2019
    #レミゼじゃないレミゼ

    【STORY】  
    パリ郊外に位置するモンフェルメイユ。ヴィクトル・ユゴーの小説「レ・ミゼラブル」の舞台でもあるこの街も、いまや移民や低所得者が多く住む危険な犯罪地域と化していた。犯罪防止班に新しく加わることとなった警官のステファンは、仲間と共にパトロールをするうちに、複数のグループ同士が緊張関係にあることを察知する。そんなある日、イッサという名の少年が引き起こした些細な出来事が大きな騒動へと発展。事件解決へと奮闘するステファンたちだが、事態は取り返しのつかない方向へと進み始めることに……。


    ***********************************

    配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES  
    後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
    監督・脚本:ラジ・リ 
    出演:ダミアン・ボナール、アレクシス・マネンティ、ジェブリル・ゾンガ、ジャンヌ・バリバール
    原題:Les Misérables/2019年/フランス/フランス語/104分/カラー/シネスコ/5.1ch
    ©SRAB FILMS LYLY FILMS RECTANGLE PRODUCTIONS  
      




    良かったらランキングUPにご協力ください。
     にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

     

    英国ロイヤル・バレエ団ダンサー達が贈るバレエ映画『ロミオとジュリエット』2020年春公開へ


    映画情報どっとこむ ralph 美しく儚く―――情熱的に駆け抜けた恋の物語。


    この度、ケネス・マクミラン振付の不朽の名作『ROMEO AND JULIET(原題)』が、邦題『ロミオとジュリエット』として2020年春に日本公開されることが決定しました!
    1965年にコヴェント・ガーデンで初演されたマクミランの『ロミオとジュリエット』は、実に40分間も拍手が鳴りやまず、43回ものカーテンコールが行われるという大成功を収めた。
    ロイヤル・バレエにおいては400回以上も上演され、20世紀バレエの最高傑作と言っても過言ではない。
    そんな、短い生を情熱的に駆け抜けたロミオとジュリエットの物語が、本作では16世紀のヴェローナの街を再現したオールロケで撮影。

    名曲プロコフィエフの音楽に乗せ現代的でスピーディな演出と劇場用映画ならではのカメラワークにより、さらにドラマティックな形で表現された。

    キャストとして登場するのは脇役に至るまで、演劇的バレエでは他の追随を許さない英国ロイヤル・バレエ団を代表するダンサーたち。

    映画『キャッツ』で白猫ヴィクトリア役を演じ話題のプリンシパル・ダンサー、フランチェスカ・ヘイワード、そして期待の若手ファースト・ソリストのウィリアム・ブレイスウェルが、運命に翻弄された恋人たちを演じる。

    また敵役のティボルトには、マシュー・ボーン版『白鳥の湖』で男性の白鳥として主演し、今バレエ界で最も熱い視線を浴びるプリンシパル、マシュー・ボールが登場。

    本作では原作の登場人物の実年齢に近い、若いダンサーたちが主要なキャストとして選ばれ、演技と共にバレエの超絶技巧も披露。
    誰もが知っている「ロミオとジュリエット」の物語が、誰も観たことがない形で生き生きと、鮮やかに銀幕上にバレエ映画として活写される。この画期的な瞬間を見逃さないでほしい。

    2020年春 TOHOシネマズシャンテ他 全国ロードショー

    原題:ROMEO AND JULIET

    公式サイト:
    https://romeo-juliet.jp/


    ***********************************


    監督:マイケル・ナン
    撮影監督:ウィリアム・トレヴィット
    振付:ケネス・マクミラン
    音楽:セルゲイ・プロコフィエフ
    美術:ニコラス・ジョージディアス
    キャスト:フランチェスカ・ヘイワード、ウィリアム・ブレイスウェル、マシュー・ボール、
    マルセリ-ノ・サンベ、ジェームズ・ヘイ、トーマス・ムック、クリストファー・サウンダース、
    クリスティン・マクナリ-、ベネット・ガートサイド、金子扶生 ほか
    配給:東宝東和
    (C)Bradley Waller

      




    良かったらランキングUPにご協力ください。
     にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ